カテゴリー別アーカイブ: テクニック

苦手のスライス 克服法 杉田のデミトロフ戦より

G.デミトロフの嫌なスライス どう打ち返すか
 W&Sオープンのクオーターファイナル、
 杉田は頑張ったが、G.デミトロフに完敗
 
 その大きな要因が、G.デミトロフの打つスライスの対処だった。

 これは一般プレーヤーにも必要な事なので紹介したい。
 逆に杉田ほどのプレーヤーでも嫌がるスライスの効果。

 杉田は非常に打ち難そうにして、ネットにひっかけミスを増やしていた
 G.デミトロフのスライスがどうして打ちにくいのかを、検証しよう。

 打ち難くいと感じたら、スライス返しが一番楽。
 しかし、それでは状況を打破できない。
 打ち抜く必要がある。

スライスの対処法を知るには、スライスの打ち方を覚えるのが一番。
 J.D.ポトロのスライスの活かし方

 自分が打てるようになると、対処法も分かって来る。
Lcsliceswingillust

G.デミトロフのバックハンド、スライスの特徴。
 豪快なバックハンドのトップスピンと同じ構えから打ち出される。
 しっかり肩を入れ、引きつけて打たれるので、コースが読みにくい。
 タイミングがずれる。
Gdbh2ways

スライスマスターカード

 トップスピン、スライスセット

 ネットすれすれの低い弾道で飛び
 入射角が低くコートンの摩擦で少しずれてから、伸びるように見える。
 このため、低く食い込んでくる。
 G.デミトロフのバックハンドは元から定評 がある。

杉田としては、いい感じでバックハンドを振り抜いて打っていたところへ、
 タイミングをずらされて、しかも伸びる。
 G.デミトロフが肩を入れて構えたところで、
 足が止まっててしまう。
 弾むボールを落ち着いて見る。観れたらベター。
 訓練が必要だが。

Risingnormanhitline

 小刻みに脚を動かし続けてリズムを作るべくべきだった。
 ストロークの良い循環と同じ
Stbasic

 タイミングを狂わされて、また同じショットが来ると、思うと
 悪いイメージを思いしてしまう。

 フォアハンドだから起こる、イップス
 あのR.ナダルもなっている。
 リセットして、自信を持って振り抜く事。
 ミスは忘れリセット。
 ここはメンタル.タフネスの問題

Mtcircle

 最近の杉田はそれが出来ているはずだった。
 

トップスピンで打ちにくい。と感じているが;
 弾道を見極め、低くは入れれば良かった。

対抗策としては、
 ボールをよく見て、弾道、弾む弾道を予測し、
 トップスピンの基本、下から上に、振り抜く。
 この時に手打ちになるとネットミスになる。
 錦織圭のJ.D.ポトロ対策  

 トップスピンの打ち方の基本

 運動連鎖のストローク、トップスピンだ。
 

 トップスピン打ち方、レッスンカード
 

正しいコート図下敷きプレゼント 

 これはソフトテニス用。
Softtc

  

スポーツ&アート 
 硬式テニスグッズ  

 2画面マグネット作戦ボード特注版。ロブ表示
Tennie2magscorefullset

 ソフトテニスグッズ  

 セミオーダー、御注に応じて調整。 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マスターズ NHK で放映
 W&Sオープン、

 W&Sオープン
 杉田祐一登場

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, ストローク, テクニック, デミトロフ, 上達, 動画, 杉田祐一 | 投稿者tsukky 05:25 | コメントは受け付けていません。

錦織圭 スカッと快勝 ウィンブルドン2017初戦突破 勝利の格言

錦織 不安払拭の快勝 全英オープンテニス2017
 錦織圭のウィンブルドンが始まった。
 緑の芝生、初日は本当に気持ちが良い。
 テレビで見ていて、気持ちが良いのだから、選手は最高だろう。
Ws000006

 初日に激震。S.バブリンカ敗れる。
 芝に潜む怖さ
 伝統ある芝の殿堂。それがウィンブルドン
Ws000007

ウィンブルドン2017  錦織には苦手のグランドスラム。
 第2週に残るイメージが無いとも語っていた。
 しかし今年は、キッパリと結果を残したいと。

 ウィンブルドン2017 男子シングルス有力シード
 

いつもはもがきながら試合展開。
 少しずつリズムを作る錦織圭。
 傷の痛みもある。
 ゲーリーウエーバーで臀部を痛めた
 

 そのために、前哨戦での試合は超少ない。
 休養、調整、錦織圭には辛い時間だった。
 他のトッププレーヤーは調整 を進めている。
 

そんな心配を拭き飛ばす快勝。
第9シードの錦織圭は貫禄を見せた。
 悠々シードを守る。
錦織圭◎  6-2, 6-2, 6-0 ×M.チェッキナート

Keifworkwim1

 ショットに自信が満ち溢れていた。
 試合中に、相手は芝に慣れていない。
 フットワークが甘く、ラリー戦を望んでいる。
 クレーコーターであると判断。

 ウィンブルドンはシューズ、フットワークの戦い
 

 速攻を仕掛けた。 ネットプレーのポイント効率が良かった。
 結果的に,ウィナーが、アンフォーストエラーを大きく上回る。
 安定指数もアップ

 テニスは確率のスポーツだから 

 サービスゲームから、ぐいぐい引っ張る展開。
 1stサ-ビスも確率が高く、
 ポイント獲得率も上げた。
 数字に出にくいが、相手のリターンミスを多く誘った。

 リターンゲームでは、相手にプレッシャーをかけて、ミスを誘う。

試合のスタッツ、見やすく整理した。
 今年の試合、頑張ってスタッツを整理する。時間があるかなあ?

Keistatswim1

試合後のインタビューで
 「ウィンブルドンは、グランドスラムの中で、
 良い成績を残せていない、
 頑張って今年こそ成績を残したい」

 試合スタッツ  
 この試合スタッツ、いつも新しい、試みがなされている。
 試合のKeysには、勝利に必要な、内容が詰まっている。
 スラムトラッカーの面白さ。 

ただ課題もあった。
 懸案のウィナー狙いのアプローチショットのネットミス。
 ハレでのF.ベルダスコ戦
 
 ネットプレーの決めに甘さがあった。
 強い相手では、ここは切り返してくる。

次の相手は、J.ベネトーを破ったS.スタコフスキー。
 このS.スタコフスキー、予選上がりで、
 決勝では伊藤竜馬をフルセットで破っている。
 仇討ちをお願いしたい。

 勝って兜の緒を締めよ。
Never be proud of your success.

Say

 オリンピックでの錦織圭。  
 次に備えて欲しい。

日本選手では杉田祐一がグランドスラムでの初勝利。この記事はすぐにアップする。
 他の選手は敗れた、
 日比野菜緒はシードのM.キーズに
 ダニエル太郎 は粘りが通ぜず、M・ククシュキン
 尾崎里紗 はD・アレルトバに
 土居美咲 はベテランの K・フリッペンス

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
ダブルス・フォーメーションBook 刷新。
DBフォーメーションBook 内容

DBフォーメーションBook

ソフトテニス用ダブルスフォーメーションDVD
Dbre

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, テクニック, データ分析, 作戦, 全英, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 04:51 | コメントは受け付けていません。

ロペス 光るテクニック スライス クィーンズ2017優勝 シリッチ破った

ビッグサーバーの競演 技が力を破る。 F.ロペス、優勝。
 ウィンブルドン間近。
芝での調整が進む。
 錦織圭は間に合うのか、気になるところ。
 R.フェデラーは優勝で好調さをアピール。
 R.ナダルは休養、A.マレーは初戦敗退。
 N.ジョコビッチは急遽、イーストボーンに出場。
 それぞれの調整が続く。ウィンブルドンの前、
 トッププレーヤーのコンディショニングにも注目だ。
F.ロペスはモデルも務めるイケメンプレーヤー

 テニス界のイケメンプレーヤー

 前哨戦も力が入る。

 芝では攻撃的プレーヤーが上がって来る。
 いつもこの時期、調子を上げる M.シリッチ。
 ウィンブルドン直前、二つの大きな前哨戦。

F.ロペス◎ 4-6,7-6(2),7-6(8) ×M.シリッチ
Lopezcilicscore

 芝で強い、F.ロペス。
 二人とも、サービス力は抜群。

 サービスにも特徴が出ている。
 F.ロペスは
 サースポーのメリットを活かしたスライスサービス。
 長身Lopezserrside

 だから
 角度がつく

 しかも
 右利きの
 バックハンド
 を狙う

 M.シリッチは、厚い当たりで、ウィナー狙いだ。
 
 M.シリッチは22本、F.ロペスは19本のサービスエース。
 しかもダブルフォールトはM.シリッチの1本だけだから凄い。

 試合のデータでは、M.シリッチが押している。
 すり抜けてF.ロペスが勝った感じだ。

大きな差が、バックハンド
 厚い当たりで、攻撃的なM.シリッチ。
 バックハンドスライスが主体のF.ロペス。
 このスライスが弾まずに、M.シリッチがしびれを切らす。

 バックハンド、F.ロペスの進化

 M.シリッチの強打を
 守り切った。
Lopezbsslice

 

 A.ズべレフのハードヒットを抑え込んだ、R.フェデラーとの試合と似ている。
 バックハンド、スライスの妙味だ。
 
 

 非常に厚い当たりで、ゲームを支配する、M.シリッチ。
 F.ロペスは、バックハンドスライスで耐える。
 要所を素晴らしい、アプローチショット、
 ネットプレーで仕上げる、M.シリッチ。
 どう見ても、M.シリッチが押している。
 しかし、F.ロペスはスライスで粘る。
 観客からもその驚異的な粘りに拍手。

 観客を味方につけるのは強い。
 気がつけば大逆転。

 F.ロペス 錦織圭戦から
 サースポーを活かす。  

 F.ロペスは、G.デミトロフ戦でも僅差の勝利。
 ダイビングボレーの離れ業。
 ハイライト動画  

 試合のスタッツ ロンドンのスタッツ

ハイライト動画

サービス力アップ法
サービスのイメージをつかむ
 

サービス力強化法  
 日本人は打ち上げ動作から。

肩を回すイメージをつかむ。
 
 遠投でサービス力アップ。F.ロペスの強化法

 サービス力アップ

テニス上達アイテム
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmserbasicposition

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon Champion ship 公式サイト

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: イメージ, ウィンブルドン, サービス, タッチ, テクニック, 動画, 勝因 | 投稿者tsukky 08:31 | コメントは受け付けていません。

フェデラー ウィンブルドン準備完了 Halle ファイナル、ズべレフ戦 かく戦えり

R.フェデラー 強さ。ウィンブルドンに万全
前哨戦、ゲーリーウエーバーOpen2017 
完全勝利で締めくくる
 ベテランの強さ。
 頭脳的なプレー。
 よりオールラウンダーに。
 R.フェデラーが尊敬する、P.サンプラスとの比較
 

 R.フェデラーvs A.ズべレフ戦
強さ満開 試合内容。

 R.フェデラー、試合展開の上手さ。 

 まずA.ズべレフのビッグサーブを軽くいなすリターン。
 リターンでは無理に回り込まず。
緩いリターンで、タイミングをずらす作戦だ。
 打ち気にはやる、Say

 若いA.ズべレフ、
 ついついりきんでしまう。
 アンフォーストエラー
 が急激に増えた。
 本人もイライラ感
 を募らす。
 ハードヒッターと
 対戦する時のセオリー

 R.フェデラーのリターン、
 フォアも強打せず、丁寧に、合わせる。
 スイスのお家芸、ブロックリターンだ。
 

前半は、A.ズべレフの打ち気をそらす。
 敢えてネットプレーに出ない。
 中盤、ドロップショットで相手を振り回す。
 後半は、速攻で慌てさせる。
 緩い展開にA.ズべレフが合ってきた頃、
 

前半の武器は、バックハンド、スライス 7色のスライス。
 滑るスライスではなく、ゆるく深くはいるスライス
スライスマスターカード 

中盤の武器は、ドロップショット
 読まれてもドロップショット。
 R.フェデラーが凄いのは、ドロップを打った次
 錦織圭もこうしたら効果的と思うが。
 

 ドロップショットの後、ポジションを前にして、
 ネット戦にも備えている。
 強引には打ち合わない。

後半の武器は、フォアに回り込む強打
 緩いボールで、相手のタイミングをずらす。
 相手が焦ったところで、得意の強打。

 速攻、3球目攻撃 
 サービスからRf3rdattackhalle

 相手を
 外に押し出し、
 展開
 バックを攻める

 ネットプレー
 が上手いので
 相手には
 大きなプレッシャー

 
 サーブ&ボレー 
 前半からRfsvoaz

 サーブ&ボレー
 に出たら、
 A.ズべレフは
 待ち構えている

 そこで
 緩いボールを
 多用。

 後半、
 サーブ&ボレーで一気に勝負。
 サービス力アップ
 勝利の法則シングルス

 フォアに回り込む。
 この時はA.ズべレフは完全にタイミングをずらされていた。
Rffsre3ways
 R.フェデラーが肩を入れて構えた時点で、
 A.ズべレフの足が止まる。

R.フェデラー、フォアに回り込む 多い選択肢。
 基本のフォアの打ち方  

 ビッグ4の実力 強さと個性  

 R.フェデラー A.ズべレフ ハイライト動画

R.フェデラーのベストショット Halle 2017

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ウィンブルドン, ストローク, テクニック, フェデラー, 作戦, 動画, 戦略 | 投稿者tsukky 12:22 | コメントは受け付けていません。

ナダルの強さ分析 サービス、リターン、ストローク

R.ナダルの強さ、解析。ロランギャロス2017決勝から。
 S.バブリンカ戦。
R.ナダルの強さは、どこから?
 ロランギャロスの優勝で、ランキングを2位に戻し、
 Raceランキングでは1位で早々と、ファイナル進出を決めた。
 いつもならウィンブルドンに合わせて、
 前哨戦で調整するが、今年は休養で挑む。

強いR.ナダル、名言集  
1:R.ナダルのポジション
 普段なら、ベースライン後方がナダルのポジション。
 どこでプレーするか、プレーヤーの守るゾーン研究。
 R.フェデラーとの比較が一番分かりやすい。
  ゾーンって何だ。  
  ゾーン研究 R.ナダルvsR.フェデラー 
 当時は非常識の、R.ナダルのゾーン 
Nadalrfattackzone

 今では、D.ティエム、A.ズベレフの常識。 

 2009年、強い二人の対決  

 守備のゾーンで、D.ティエムに勝つ 
 
 先にベースラインの内側に入りたい、S.バブリンカ だったが。

普通なら、ナダルは後ろ。
Nadalnormalposition

しかしこの試合積極的に動く
Nadalzoneattack

 

ここで守り切る。
 S.バブリンカ戦なら、相手のネットプレーを待って、パッシングショット
 
 しかし今回は、先に仕掛けた。
 それがこのネットプレーの多さと、仕留める決定率。
 R.ナダルのスウィングボレー  
Nadalnetvo

2:ストローク勝負
 トッププレーヤーの中でも1,2を争う、S.バブリンカのストローク力。
 全仏でも調子良く、打ち抜いてきた。
 ストロークに自信のある、S.バブリンカ。
  デフェンス力のA.マレーを撃破  

 普通の選手なら避ける、R.ナダルのフォアハンドを避けずに、
 真っ向勝負。
 右利きのS.バブリンカ、サースポーのR.ナダル。
 左サイドのクロスの打ち合いになる。

Nadalsw

ピンポイントカウンター ナダルICBM
Nadalpinpicbm

3:サービス力でS.バブリンカ越す
 リターンの人と思われている、R.ナダル。
 しかし、今回、サービスエースでもS.バブリンカを上回り、
 ダブルフォールトは0。
 基本に忠実なサービス

 去年ATPファイナルを断念した とは思えない、復活ぶり
 
 S.バブリンカ戦、試合スタッツ  
 この安定性がR.ナダルの攻撃力のベーシック だ。
 

凄いのがセカンドサーブのポイント獲得率。65%。
 基本に忠実Nadalserrg

 1stサ-ビス
 確率が超高い。
 脚部の曲げ伸ばし
 運動連鎖
 2ndサービス
 強烈なキックサーブ

リターン上達法 R.ナダルはリターンでも51%を獲得。
 サービス力のS.バブリンカも形なし。
 リターンの基本  

 リターンのポジション 

 リターンのタイミング 

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。

 テニススクール生徒手帳  
Noteser

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭、出場。嫌な相手、F.ベルダスコと対戦。
 ロランギャロス2017で大苦戦

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: サービス, ストローク, テクニック, ナダル, バブリンカ, リターン, 上達, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 06:08 | コメントは受け付けていません。

錦織 絶対に勝ちたいK.アンダーソン戦 ジュネーブ、データは有利

錦織のクレーでの戦い、前哨戦 ジュネーブ
K.アンダーソン戦、元10位のビッグサーバー、対策は 
 具体的な作戦は?
 トッププレーヤーは必死の調整を続けている。
 ゆっくり休養に入ったのは、
 A.マレー、N.ジョコビッチ、R.ナダル
 R.フェデラーはウィンブルドンに専念するために
欠場を表明した。

さて、必死もがく錦織。普段なら全仏前に、
 休養を入れて調整だが、少し焦りが見える。
 ジュネーブに参戦
 初戦の2回戦は、しぶとい、M.ククシキンを一蹴
 調子の良さをアピールした。

 次の対戦は、K.アンダーソン。
 怪我から回復途上とは言え、ローマでも活躍。
 アメリカの伸び盛り若手、J.ドナルドソンにフルセット勝ち。
  15本のサービスエースを放っている。これは要注意。
  ビッグサーバーの油断できない相手。
1203cm 超長身、もちろんビッグサーバー。
 2015年には10位まで上げている。
 身長とサービスの相関関係  
K.アンダーソン 203㎝ 錦織圭177cm
 錦織圭にはSerheightkeikevin

 打ち上げ感覚の
 スピンサービス
 が必要。

 長身
 アンダーソンは
 フラットサーブ
 が可能。

 それは
 仕方がない。

 残念ながら、テニスは、長身有利

 ハードコートでは特に。 

 しかし、クレーコートでは、サービス力は20%減。
 錦織圭のリターン力が活きる

 ただ、クレーコートは錦織圭が得意で、
 錦織圭の1stサ-ビスが普通に入っていれば大丈夫。
 サービスエース10本は覚悟の内。

それを証明するのがElo 強さ比較 

Keikandelo

 

 後は自分を信じる事  

 錦織の3勝1敗。 
 錦織9位、最高4位 アンダーソン62位、最高10位
 直近は今年のマイアミ 錦織圭のストレート勝ち

 2015はメンフィスの決勝で、3連覇の記念になる大会だった。

 負けたのは、少しの油断から、上海のマスターズ

 同じ轍は踏まないだろう。
本日の御教訓 K.アンダーソン戦
 まずは自分を信じる事。
Sayingchandepace

 試合に入り方要注意
  錦織圭は序盤がペース作りが下手。
 最初のゲーム、リターンで崩す
 錦織圭は1stサ-ビスの確率を上げる

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Wb2magimage

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。

A5memoc2cbird2

もちろん,ソフトテニス用も準備。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, コンディショニング, テクニック, データ分析, 予想, 作戦, 作戦ボード, 動画, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:53 | コメントは受け付けていません。

超破壊力 D.ティエム バックハンド分析 ストローク上達のヒント

D.ティエム 強烈バックハンド トルネード 技術解説
 D.ティエムのテニス、気持ち良い。
 スカッと振り抜き。Photo

 爽快
 バックハンド。
 魅力あふれる
 バックハンド、
 エッセー風技術解説。

ナダルを打ち抜いたバックハンド。
 マドリッドオープンではファイナルで敗れた が、
 

 ここローマで、雪辱。試合の対応力も見せている。
 
 R.ナダルは、疲れていて、本調子ではなったと語ったが。

あのナダルのフォアのラケットを弾いた。
 D.ティエム、サービス、ストローク、ネットプレーも上手い。
 完全にトップを伺える選手。

 特にストロークは強烈、
 あの後ろからウィナーを打ち込んでくるのだから。
 R.ナダルを破った、D.ティエム。そんな予感がした。  
バックハンドに注目したい。
 まず感心するのが、バックハンドのリターン。
 強烈なサービスに対峙する時は、ブロックリターン。
Thiembsreblock_2

 面を合わせて、コース重視。
 でも面がぶれないので、スピードもある。
 S.バブリンカ、R.フェデラー並の安定感がある。
 

 リターンのポジショニング

 圧巻が、風車のような大きなスウィング。
 トルネードバックハンドとなずけた。
 全身を使って、ラケットの軌道を大きくする。

 一見,オープンスタンスで風車の様に振り回す感じがあったが、
 良く見ると、
 比較的オーソドックスなスクエアスタンス、
 コンパクトなテイクバックから、スウィングスピードが超速い。
 その惰性でフォロースルーが大きくなる。
 フォロースルーは回転を使って力を逃がしている。

Thiembstrunade

 ストロークの科学
 ストロークの運動連鎖はしっかり使い、インパクトの面はほぼ垂直。
 

 オープンスタンスを多用するのは、
 走らされ、そうさせられている、余裕がないからだ。
 トッププレーヤーの練習を見れば良く分かるが、きちんとスクエアスタンスで、
 体重移動を確認して打っている。
 ナダルのストロークの基本  
 
片手打ちバックハンドの基本 R.フェデラー
  
 フォロースルーの大きさ、S.バブリンカ、R.フェデラーのバックハンドとの大きな違いだ。
 打点に入る、フットワークが見事。
 ステップバックして、
 打点を予測。
 そこからステップインして、きっちり体重移動。
 基本通りだ。
Thiembsfullattack

 しかも肩甲骨が抜群の柔軟性。
 柔軟な肩甲骨。Thiem

 可動範囲を広げ、
 スウィングスピード
 をアップ。
 大きなパワーと、
 怪我しにくい、
 要因となる。
 片手打ち J.エナンを思い出す。

片手打ちバックハンドの名手に共通する点
 

D.ティエムは、振り抜きが大きい。
 S.バブリンカ、R.フェデラーは大きなスウィングでも面は残しているが、
 D.ティエムは右手首を開放するように、振り抜いている。
 スウィングスピードが速いためだろう。
 ここは一般プレーヤーは真似をしない方が良い。

 しかし、軸がしっかりして、
 体重移動をしっかりしているのが分かる。

 ボールの打点に入ったら、左手を添えてテイクバック。
 打ちたいコースはすでに頭の中にインプット。
 肩を入れて、相手にコースを隠すようにして、一気に振り抜く。
 これでナダルも逆を突かれていた。
 
テニス上達のヒント
 上達のための基本、マニフェストって  

 ストローク、上達法 テニスの科学を知ろう。

 ストローク、インパクトの科学 

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん,ソフトテニス用も準備。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト
 錦織圭選手、第7シード。2回戦から登場です。手首がどれ位回復しているかですね。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, エッセイ, ストローク, ティエム, テクニック, フィーリング, 上達, 科学 | 投稿者tsukky 07:53 | コメントは受け付けていません。

錦織 回復途上 J.D.ポトロに無念 イタリア国際マスターズ 2017

イタリア国際 錦織、J.D.ポトロの強打に屈する。
 去年に引き続きベスト8進出ならず。
 クレーコートのマスターズ、全仏直前の調整。トッププレーヤーが勝ち上がっている。
 S.バブリンカは敗れたが、
 N.ジョコビッチ、R.ナダル、D.ティエム、ズベレフと本命が勝ち上がる。
 手首の故障が心配される、錦織圭。
 まだ、本調子ではないが、全仏へ、頑張りを見せた。
 去年ローマ。伸び盛りのD.ティエムに打ち勝つ
  

 N.ジョコビッチに惜敗 

 最新ランキング 2017 5月第3週 ナダルの強さ
 

過去は錦織圭の1勝4敗
 去年バーゼルで初めて破ったが。
 この時は、ブレークさせず完璧な勝利。  
 J.D.ポトロの強打に屈した。
 J.D.ポトロ自身、クレーコートでKeiに勝てたことで喜んでいる。
 手首の故障で、凄い努力をしてきたと、錦織圭へのいたわりも見せた。

 二人は、手首の腱鞘炎で、休場を余儀なくされている。
 J.D.ポトロは、左右の両手。
 その復活にはドラマがあった。
 リオでN.ジョコビッチを破る
 皮肉な事に、その後、N.ジョコビッチは不調にあえぐ。
 と言うか、その時に、すでに右ひじに疲労がたまっていたようだ。

錦織圭の練習風景 ハイライト動画  
 the-perfectionist完璧を目指す男として紹介。
J.D.ポトロ戦の対策が見える。ビッグサーバー対策。
 フォアに回り込む、
 逆クロス、バックハンドスライス、丁寧に練習していた。

錦織圭◎ 6-7 (4-7), 3-6 ×J.D.ポトロ
Depkeipomascore

 J.D.ポトロの長身を活かした強烈なフラットサーブ。
 8本のサービスエースは凄い。クレーコート。しかもリターンが得意の錦織圭から。

 J.D.ポトロと錦織圭のサービス比較  

Depserhiposition

 ブレークチャンスが錦織圭は2回の全てをゲットするも、
 J.D.ポトロは5回のチャンスで、3回活かした。
 1stサ-ビスはさすがにJ.D.ポトロ。
 錦織圭は得意の2ndサービスではポイント獲得率で上回ったが。
 お互いに少しでも浅くなると、ウィナーが飛んでくる。
 バックハンドの打合いから、浅くなったボールを、どちらが先に、回り込んで逆クロス、
 ダウンザラインに打ち抜くかが勝負の分岐点。
Keifsroma

クロスコートで両手打ちバックハンドの打合い。
 難しいボールはスライスで、
 少しでも浅くなると、攻められる。緊迫したラリーだ。
 錦織圭に少しミスが目だった。
 いらだつ様子がうかがえた。 
 体調が万全ではないので、自分自身に歯がゆかったのだろう。
 メンタルタフネスに、まだまだの点がある。 
 J.D.ポトロは冷静に戦っている。
錦織圭 フォアに回り込む 

 2回戦では、D.フェレールにストレート勝ちで、手首の心配を払拭させたが。
 敗れたのは仕方がないが、クレーコートの本番御ロランギャロスに向けて、
 手首は回復している。

 マドリッドオープンでの完勝。D.フェレール戦。

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん、ソフトテニス用も準備。

Swbbirdlob

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト
 R.ナダル、N.ジョコビッチ、D.ティエム、ズベレフ、
 注目の選手。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: J.D.ポトロ, クレーコート, スコア, テクニック, 動画, 敗因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 06:11 | コメントは受け付けていません。

ナダル クレーの怪物復活 ティエム封じ込め マドリッドオープン2017

R.ナダル 破竹の3連勝 破格の強さ
 R.ナダルの強さ、クレーコートの新局面。

 クレーコートシーズン、無傷の3連続優勝、15連勝。
 今年に入って29勝5敗で、RaceはついにR.フェデラーを抜いてトップに立った。
 前週のランキング

ナダルのクレーコートの記録がやばい。
 モンテカルロ 10勝目
 バルセロナオープン 10勝目
 マドリッドオープン  5勝目
 これで、マスターズ30勝で、N.ジョコビッチに並んだ。
 この二人通算50試合目。これはいかにこの二人が強いかを物語るもの。
 R.ナダルとN.ジョコビッチのライバル関係 2014 N.ジョコビッチが強くなり始めた。

 2016年 二人のライバル関係  

準決勝で、N.ジョコビッチに3年ぶりに打ち勝ったのが大きい。
 去年の感じでは、もうR.ナダルはN.ジョコビッチに勝てないのではと思わせる。
 N.ジョコビッチの強さ。
 それほど、N.ジョコビッチは強かった。

しかし、この人クレーコートで強い。 今年のクレーコートシーズン、破竹の連勝。

 気がつけば、クレーコートの人、R.ナダル
まさにKing ob Clay.
最高潮のギアで挑んだ、D.ティエム。
バルセロナオープンのファイナルと同じ組み合わせ。
 

 
引き締まった良い試合。マドリッドオープン決勝。

R.ナダル◎ 7-6(8) 6-4 D.ティエム
Nasalthiemscoremo

 攻めていたのは、D.ティエム。
 ベースラインの打合いから一歩も引けを取らない。
 準決勝デ、P.クエバスをベースライン後方に釘付けにした、ストローク。
 R.ナダル戦の常識、R.ナダルのバックハンドを攻める。

 あのR.ナダルが4回もダブルフォールトをしたのは珍しい。
 1stサ-ビスの確率も上がらない。
 D.ティエムのリターンがプレッシャーになっている。

 第1セット、1ブレークずつで、競り勝ったのが大きい。
 タイブレークも10-8。
 最初にブレークしたのは、D.ティエム。
 しかしR.ナダルは焦らない、落ち着いてブレークバック。
 イーブンに戻した。
 ウィナーはD.ティエムが16本で、R.ナダルの4本を抑えたが、
 21本のアンフォーストエラーが大きかった。

 第2セット、ブレークチャンスが多かったのはD.ティエム、
 R.ナダルは少ないチャンスをものにして、勝ち切った。
 D.ティエムはブレークチャンスを1回しかつかめなかった。
 これはR.ナダルの得意の試合展開。
 集中力のある証拠。

Nasalthiemstats

テニスはゾーンの戦い。
 D.ティエムがR.ナダルを破った・。ブエノスアイレス、クレーコート

Zonenadal_2

 

 システム5を知ると面白い。

この二人、強烈なベースライン後方のストローカー
 D.ティエムの良い点
 D.フェレールを破る

 フォアが超強力だが、バックハンド、
 片手打ちで左右に打ち分ける。
 ハードヒットも強い。
 最近は、R.ナダル同じような、中ロブも多用。
 展開を作る。  

Thiembsbasic

 R.ナダルの良い点 
 エッグボール、
 フォアに回り込む
 何より、アンフォーストエラーが少ない事。

 ボール出しマニュアル、フォアに回り込むドリルも豊富に紹介。
Bmdbfsreverse_2

次のローマへと弾みをつけた。
最終目標は、ロランギャロス。

R.ナダルのハイライト動画

D.ティエムのホットショット ハイライト動画
素晴らしい、ドロップボレー

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

Twb2mag

 これはオプションのマグネット全てが入っています。

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん、ソフトテニス用も準備。
B7tennisscoremagstats

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

お陰様で、テニス人気ブログ、上位10位に4つのブログ
 
 有り難うございます。皆様の声援のお蔭です。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

お問合せは、スポーツ&アート までどうぞ。お気軽に。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 次はローマ、ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, ティエム, テクニック, データ分析, ナダル, 作戦, 動画, 戦略 | 投稿者tsukky 10:58 | コメントは受け付けていません。

土居美咲 やったね、M.キーズを下す マドリッドオープン2017

土居美咲、大金星、シードの若手M.キーズ、破る。
 M.キーズは、長身で、ダイナミックに攻撃を仕掛ける、アメリカン。
 それもそのはず、L.ダベンポートがコーチだ。

 長身を活かした、200キロ近い高速サービスからの速い展開が持ち味の選手。
 一方土居美咲は、サースポーを活かして、
 フットワークでボールを拾いまくり、少しずつ展開を作っていくタイプ。

上位ランクの選手と試合する時の見本となる展開。
 これは一般プレーヤーに参考になる。
 相手にビビらない。
 確かに相手は強い。だからこそ、チャレンジ精神で。
 失うものはない。

相手も同じ人間
 相手が大きく見えてしまうものだが、
 勝負するのは、自分の心。相手だって同じ人間。

1:自分のテニスを貫く
 自分を信じて、自分のテニスを貫こう。
 小細工で勝てる相手ではない。
 それよりも自分を信じてプレーすることだ。
 土居美咲、サースポーを活かす 

2:デュースゲーム、嫌らしく、しつこく
 勝利の法則、それは競ったゲームに強い事。
 デュースゲームの大事さ

3:ミスを悔やまない
 ミスをすると、後に引きずりやすい。
 失ったポイントは返ってこない。
 次のポイントに集中する事。
 ナダルの教える、勝利の法則  

Say

 
土居美咲、去年は好調で、最高ランク30位まで上げる。
 ダブルスも良い。    

クレーコートでシードのサファロバを破った
  

 ウィンブルドン2016では、best16
 今年は調子に乗れない。
 初戦負けが続く。
 ランキングは何とか維持しているい感じ。

 モヤモヤ感を引きずったまま、入ったマドリッド。
 男子はマスターズが行われている。

 相手は、勢いのある、M.キーズ。
 去年のUSオープン、大坂なおみに大逆転勝ち
 

土居美咲◎ 6-4,4-6,6-4  ×M.キーズ
Keysscore

 第1セット、M.キーズのダブルフォールトにも助けられた格好で、先行する。

 ブレーク合戦、もつれた展開、土居美咲が慣れている。
 数字的に観ると、サービス、レシーブとも、M.キーズが少し上。

 粘った土居美咲が競ったゲームを奪って、少しずつ、M.キーズの打ち気を削いでいく。

 第2セット、M.キーズがサービスを持ち直し、1-1のタイに。
 勝利の法則 

 ここから土居美咲が開き直った。
 持ち前の攻撃力、フットワークで、M.キーズの攻撃を跳ね返し、
 やる気を失わせて行く。
サービスからの速攻、フォアに回り込むが活きる。サースポー。
St

 チャンスボールでは前に出て、ネットプレーも鮮やかに決めた。

リターンゲーム、2ndサービスはフォアに回り込む、決めに行く。
 これがキーズのダブルフォールトを呼んだ。
Rerefs

 試合に勝つリターン

本日の御教訓 相手にビビらない
相手も同じ人間
1:自分のテニスを貫く
2:デュースゲーム、嫌らしく、しつこく
3:ミスを悔やまない

土居美咲、金星 M.Keys戦、動画

 テニス上達のヒント 
 練習は本番のつもりで、
 本番は、練習の気持ちで、

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

 ロブの立体表示が大好評。

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マドリッドオープン オフィシャルサイト 
 錦織圭が出場予定、強豪がそろい踏みするが、
 NHK、テニス、マスターズ
 5月9日、(火)から放映予定。錦織圭の試合中心。

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: WTA, クレーコート, スコア, ストローク, テクニック, 作戦, 動画, 勝因, 土居美咲 | 投稿者tsukky 21:02 | コメントは受け付けていません。