カテゴリー別アーカイブ: フォーメーション

鹿島の頑張りに ダブルス上達法を見た 組織、フォーメーション

テニス徒然草 フィーリング編 サッカークラブ選手権から学ぶこと
 スーパースター軍団を抑えた、チーム力。ダブルスの極意ですね。
 サッカー、大興奮ですね。
 サッカークラブ選手権、FIFA公認のワールドカップです。
 そこで鹿島アントラースが準優勝
 まず準決勝で、北米代表に完封勝利。 
 攻めのサッカーで完封です。

終わってみれば、レアルマドリッドに敗れての準優勝。
 全チームの中で最多得点が鹿島。
 柴崎選手、ブロンズ。ゴールドが、クリスチャーノロナウド、
 シルバーがマリオ・モドリッチですから、評価が超高いです。
 優勝のレアルマドリッドにリードして、クリスチャーノ・ロナウドを慌てさせました。
 デフェンスの昌子、しっかり止めました。
 特に2得点の柴崎岳、大注目です。
 僕は鹿島アントラースの活躍に、ダブルスの組み込む大事さを見た気がします。
 柴崎は日本代表でプレーをしていますが、本田、岡崎、長谷部らの陰に隠れて、
 あまり目立った存在ではありませんでした。
G22

 でも今回の活躍、何故できたのでしょうか?
 それは鹿島アントラースのチームでの長いプレーがあったからですね。
 土居のクロス、鈴木のサポート、など組み込んだチームならではのコンビネーションが出ました。

サッカーでも、テニスでも Plan → Do → Check → Act大事です。
Dbpdsa

ワールドカップの国代表では、いろいろなチーム、海外から戻る選手などなど、
 直前に合宿はするでしょうけれど、
 阿吽の呼吸になるには、相当な練習時間が必要です。
 阿吽の呼吸、ブライアン.ブラザーズの練習法
 
 日本がUAEに不覚を喫したのは

海外からの選手を戻して、チーム作りの日本と、
 ほぼ同じチームで行動しているUAEとの差と言われています。
 逆に言うと、クリスチャーノ・ロナウド、セルジオ・ラモス、マリオ・モドリッチなどのスタープレーヤーは、
 どこに出されても、ちゃんとプレーできるからスーパースターなんでしょうけれど。

それから鹿島がチームとして凄いと思ったのが、
 勝ちに行っていました。
 負け犬になってはいけない

 普通は日本の代表と言えども、名門チームと対戦すると、守って、チャンスで攻める
 なんて要領の良い事を考えますが、
 鹿島は、相手、レアルマドリッドの名前を恐れず、
 クリスチャーノ・ロナウドの名前を恐れず、プレーしました。
 クリスチャーノ・ロナウドの突破を、鹿島が組織でしっかりつぶして、
 イラついていました。
 延長戦で、ハットトリック達成はさすがですけれど。
 勝ちに行ったからこそ、相手がひるんでスキが出来たんですね。
 これもダブルスで重要な事です。
 ワイドに開くか、
 センターセオリーで中央突破か
Ctlside

気持ちで負けない事ですね。
 スポーツは心.技.体のバランス。
 サッカーは走り続ける、
 テニスも諦めたら負け。フェデラーに初勝利した時の錦織圭
 

相手を恐れない。
 N.ジョコビッチに初勝利した時の錦織圭
 

視野を広く持つことも大事です。
 鹿島の選手達、全員がしっかり全体を見ていました。
 相手はポジションを入れ替えて、揺さぶってきますが、しっかり対応していました。
 ダブルスの時に誰を見る、観るか、凄く大事です。
Dbwhowatch

 ボールの行方にとらわれていると、相手のポーチが見えません。

少し前に、ダブルス上達のコツを紹介しました。
 ダブルス勝利の陣形 基本編  これってそのままサッカーの鹿島の戦い方でしたよね。
1:基本陣形を叩き込め 
 →レアルマドリッドは4バックから攻め上がります。
  それに対抗する鹿島のデフェンスです。
  昌子選手のデフェンス力、クリスチャーノロナウドをしっかり抑えました。

2:ペアの連動      
→相手は個人技できます。スーパースターには1対1では勝てません。
 それに対抗するには数人で組織を作ります

3:陣形の変化に対応 
 →主力選手は自由に動きますが、どこに行っても数人で守備をします。
  運動量が豊富でないと、最後まで戦えません。

4:陣形は流動的 変化するもの 
→ 相手は頻繁にフォーメーションを変えてきます。
  すぐに対応する必要があります。
 ダブルスは陣形を崩すゲームです。
 こんな台形フォーメーションになったらどうしますか?
Bmsoftnewfor1

 

5:サービス陣形 主導権をとる 
→ ボールを持ったら攻める。
  一度下げてから展開する、今までの日本のチームと違いました。
  攻撃を常に視野に置いてます。これが鹿島の強みです。

バドミントン 金メダルペアに学ぶダブルス

2016 今年のテニス、ニュース

★☆★  ダブルス上達 アドバイス ★☆★
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 ダブルスの試合形式練習、ドリル豊富。ダブルス陣形小冊子、プレゼント中!
Db_2

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版   

 ダブルス陣形アラカルト 

 作戦ボードの総合案内

 新年度のシステム手帳、お任せください。
A5smemoc1wbmatch

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 もう少ししたらスキーです。
フィーリングスキーもよろしくお願いします。
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, イラスト, ダブルス, フォーメーション, 上達, 作戦, 陣形 | 投稿者tsukky 22:59 | コメントは受け付けていません。

ダブルス上達のコツPart5 サービスゲーム どう攻めるか 

ダブルス上達法 Part5 ダブルスはサービス。
 テニス、ダブルス、重要なのはサービスです。
 5回に分けてダブルスの上達法をお伝えしてきました。
 最近のトッププレーヤーの良く使う、変則陣形を多く取り入れました。
 ブライアン.ブラザーズはコーチとこんな練習をしていました。
 アイフォーメーションですね。
Bbifor1_2

 
 まだ皆さんは。雁行陣主体かもしれませんが、
 少しずつ、陣形を使いこなして欲しいです。

 Part4で積極的に攻めるリターンをお伝えしました。
 ダブルスはサービスが優位。
 特に1stサ-ビスでは圧倒的。
 だから開き直ってリターンから攻めよう。そんな開き直りも大切です。

ダブルス上達法のおさらいとまとめ
ダブルス勝利の陣形 基本編
 ダブルスDb5ser

 基本
 戦術、
 戦略
 陣形 そして
 ペアリング
 1:基本陣形を叩き込め 
 2:ダブルスは斜め ペアの連動
 
 3:陣形の変化に自由に対応 
 4:陣形は流動的 変化するもの  
 5:サービス陣形 主導権をとる これが今回。

サービス陣形 主導権をとる
今回は、もっともっと積極的に、前衛が動くパターンを作り、
 相手を幻惑しようと言う作戦です。
 まずサービス側の攻撃パターンとして有効なのは、ポーチですね。
 ポーチの達人になりましょう。
Db_poach

最近のダブルス、前衛が止まる事はないですね。
 皆さん、前衛でフリーズしていませんか?
 積極的に動くのは、青山修子選手ですね。
 
 ポーチのタイミングが良いのはクルム伊達選手です。
 

 膝の手術から復活を目指しています。応援しましょう。
 クルム伊達 公式サイト 

皆さんも分かると思いますが、前衛がチョロチョロ動き回る相手ってやりにくいでしょう。
 前衛が動くと考えただけでミスが増えるものです。
 ポーチすると見せかけて、ストレートケア。
 これは相手が結構はまる作戦ですよ。
 ポーチする、しないは、サーバーとよく相談してください。
前衛の動きに合わせて、サーバーはフォローします。
 サインプレー有効ですよ。
 練習するだけでも効果的です。
サインプレーのメリットDb_sign

 ペアリングが良くなる
 ダブルスの共同意識
 相手を幻惑させる
 ペアの連動性が出る
 相手にサインを出すことを教えるだけでも効果的.

 一番簡単なのはサービスゲームの並行陣、サーブ&ボレーですね。
 テニス、ダブルスの優位点、サービスボレーでネットに詰めて、
 前衛と合わせて攻撃の拠点を増やします。
 サーブ&ボレーを難しいと思っている方が多いですが、
 前に詰める事はそれほど難しい事ではありません。
 ブライアン.ブラザーズが教えるダブルス。
 前衛陣  

 難しいのはサーブ&ボレーで前に詰めた次の1stボレ-です。
 ここはネットからまだ遠い、サービスライン付近ですから、ネットを越える、ロングボレーに慣れる必要があります。
 ネットまでの距離感ですね。これをしっかり抑えておきましょう。
 サーブ&ボレーは慣れで結構できてきます。
 サーブ&ボレーのコツ
 ボールを作る。1stボレ-でしっかり相手後衛を下げる、
 前衛を攻撃しやすくなりました。
 サーブ&ボレーで前衛陣でネットを先に取りましょう。
 ダブルスは陣取りゲームですから。
 相手も、ロブで皆さんを揺さぶってくるでしょうけれど、
 すぐに、お願いで、ポジションチェンジするのではなく、
 せっかく奪ったネットポジション。出来るだけ、ベースラインまで下げられずに、
 ハイボレーで対抗したいですね。
Db112

前衛との連携
 サーバーは前衛を活かす
相手の心理をよく考えて欲しいのです。
 レシーバーはいろいろ考えます。どんなサービスが来るのだろう。
 ポーチに動くのでは?
 その様なプレッシャーをレシーバーに与え続けましょう。
 
定番と逆の使い分け
 相手もセオリーは理解
 だから逆を活かす
 読みを外す
サービスの定番 1stサ-ビス
 1:レシーブの苦手にサービスを打つ
 2:センターに打ち、前衛を動かす
 3:ワイドに打ちオープンコートを作る
立場がレシーブ側とイーブンになりますが
サービスの定番、2ndサービス
 1:多少甘くても入れに来る
 2:スピンをかけて弾ませる

Dbre

読みを外す意味では
右サイドでは、ワイドの使い方になりますね。
 レシーバーがどの位置に立つかで判断します。
 バックハンドが苦手なレシーバーは右サイド、シングルスのサイドラインよりも内側に立ちます。
 左サイドでは、アレー付近に立つとそうですね。
 敢えて、相手位の得意側にサービスを打つ。
 フォア側多いでしょうけれど、相手の油断と角度が必要。

 レシーブの時に、敢えてポジションを動かして、相手の予測を外してください。

 サーブ&ボレー、見せかけでも良いですから、出る姿勢を見せる事が大事です。
本日の御教訓 サービス優位の法則、時々逆を
まずは定番をしっかり、そして逆
1:相手の苦手 と思わせて
2:センターで前衛が と思わせて
3:サーブ&ボレーする姿勢を

テニス上達教訓集 
テニス上達アドバイス 

 ダブルス・フォーメーション・ブック 硬式テニス用
 ダブルスの流れ、相手には癖があります。
 
 ダブルス・フォーメーション・ブック ソフトテニス専用 
 ソフトテニスは最初の2ゲームで、全てを把握。 
 ソフトテニス専用の作戦ボード、でも試合コートは硬式テニス。大丈夫ですよ。

Softtwbcbird

 フォーメーションBook詳しい内容

月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, イラスト, エッセイ, コーチ, ダブルス, フォーメーション, 上達, 作戦, 戦略, 陣形 | 投稿者tsukky 23:09 | コメントは受け付けていません。

サッカー鹿島の勝利に学ぶ ダブルスの上達法 組織、ペアリング

鹿島の頑張りにダブルスの上達法を見つける
 サッカーFIFAクラブ選手権WC
 ワールドカップの決勝に鹿島が上がっています。
 快挙です。
 快挙と言えば、このブログ、お陰様で、上位1,2,3位です。
 皆さんに大感謝です。
1216

 今年のベストマッチ A.マレー、M.ラオニッチ

 ダブルスの上達法

 錦織圭のトップニュース

サッカー、鹿島アントラース、見事な勝利。
 ハラハラドキドキ、攻められっぱなしでしたが、
 少ないチャンスから、3点もぎ取りました。デフェンス力の勝利ですね。
 
 鹿島は、しっかり組織で守っていました。
 決勝で当たる、レアルマドリッド、スター軍団ですね。
 

 ゴールを決めた、ベンゼマ、クリスチャーノ・ロナウド、
 テニスで言えば、ショットの速さが違います。
 まさにF1の世界です。

  テニスプレーヤーで言えば、ビッグサーバーが当たり前。
 A.マレー
 今年の後半強過ぎ、24連勝で、来年に継続。

 N.ジョコビッチ 
 今年の前半、強過ぎました。

 急上昇中のM.ラオニッチでしょう。
 圧倒的なサービス力。

 サッカーのワールドカップも面白いですが、
 ワールドカップは各地でプレーしているトッププレーヤーが戻ってきて、新しい組織でプレー。
 もちろんトッププレーヤーですから、対応力は有るでしょうけれど。
 その点、クラブ選手権、面白いです。FIFA クラブワールドカップです。
 同じクラブで日常的にプレーしていますから、
 プレーに流れがあります。

日本は錦織圭選手の頑張りが見本ですが、
 俊敏性、読み、が強みです
 ダブルスでは組織力です
  ポーチは、コーナーキックにタイミングを合わせるのに似ています。
 攻守の切り替えをしっかり
Saydb

 
 
 ダブルスに強くなるドリル  

サッカーを見ていると、組織力が良く分かります。
 一人ではゴールできません。
 なでしこJapanが強かった時が見本です。  

 初めてのビデオ判定で、PKをもらい、土居が落ち着いて決めました。
 テニスではチャレンジシステムで当たり前ですが、
 
 
 野球に続き、サッカーにも取り入れられるようです。
 スポーツが変わりますね。
 これってテニスのダブルスにも言えますよね。
 組織と言えばダブルスでしょう。 
 ペアリングです。
 リオで活躍した、バドミントン 高松ペア
 
Sayingdbattackdefence

本日の御教訓 サッカーに学ぶ組織
 デフェンスは組織的に、攻撃は個性的に
 1:体力差はペアリングでカバー
 2:戦略、戦術を持つ
 3:ポイントで使い分ける

サッカー、野球、ソフトボールなどのシステム手帳2017
 

各種スポーツ作戦ボード 各種スポーツに対応しています。
 指導者向け 作戦ボード  
 
 皆さんのダブルス上達に、役立ちます。

 テニス作戦ボードの内容  
 テニスコーチが作る、実用本位。
Boardimage
 ロブの表示も可能です。

 ジュニアにはシングルスのコート図が必要です。ジュニア用シングルス作戦ボード

 作戦ボード入りテニスノート 

テニスシステム手帳 2017年
 作戦ボード、マグネット対応も
 正しいコート図、スコア、選手、コーチに使い勝手満点

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
A5smemoc1bird2

 テニス システム手帳2017 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, イラスト, ダニエル, フォーメーション, リターン, 上達, 作戦, 陣形 | 投稿者tsukky 13:58 | コメントは受け付けていません。

ダブルス強化書 陣形の妙Part3 攻守の使い分け ソフトテニスにも

陣形の変化に自由に対応 ダブルス上達法Part3
 好評のダブルス上達法です。ソフトテニスにも共通しています。

 羽生結弦選手、今季世界最高、いつも出している気がしますが。
 グランプリファイナル2016 フランス、マルセイユ大会。首位発進。
 
 飽くなき上昇志向。素晴らしいですね。
 皆さんもMoondbessey

 ダブルス発展
 させましょう。
 ダブルスの陣形を、
 基本から
 おさらいしています。
 今日は3番目ですね

ダブルス勝利の陣形 基本編
 1:基本陣形を叩き込め
 
 2:ダブルスは斜め ペアの連動
 
 3:陣形のDbno3

 変化に自由
 に対応

 4:陣形は
 流動的
  変化するもの

 5:サービス陣形
  主導権をとる

得意の陣形をまず作る
 ダブルスの陣形のベーシックな考え方です。
 戦略、戦術の方針を、ペアで相談しましょう。

Saydb

 
サービス時
 テニスはサービスが有利なスポーツ。バレーボールと違いますね。
 卓球、バドミントンでもイーブンでしょう。
 さらにダブルスは有利です。
 オリンピック優勝の、タカマツ組。陣形の勝利です。
Badtakamatsu

 このサービスのアドバンテージをどう活かすか。
 サーバーが、前衛をどう使うか、連係プレーですね。
 トッププレーヤーが良く使うこの陣形、皆さんもお試しください。
 
 新しい局面が見えてきます。
レシーブ、リターンの言葉が僕は好きですが、
 リターン、テクニックは守備ですが、気持ちは攻めです

 レシーブ時 ダブルスで一番難しい局面です。
 相手の前衛が気になりますよね。
 だから、陣形なんです。
 相手の1stサ-ビスでは守りましょう。
 トッププレーヤーのとるこの陣形が役に立ちます。
  どんな陣形でしょうか?

Saydb2stay

  
 ダブルスならではの気の持ちよう。ダブルスマインドですね。

 このポジショニングを覚えましょう。
Db3

 

 知ってましたか? 皆さんお得意な雁行陣、

 雁行陣の方は実は動きが大変なんです。
 
 正しい前衛の動きは疲れますよ。

テニス上達教訓集 
テニス上達アドバイス 

ダブルス、強くなるには発想の転換を!
Dbformationbookproposal1

 ダブルス・フォーメーション・ブック 硬式テニス用
 ダブルスの流れ、相手には癖があります。
 
 ダブルス・フォーメーション・ブック ソフトテニス専用 
 ソフトテニスは最初の2ゲームで、全てを把握。 

 フォーメーションBook詳しい内容

月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
      IPTLの公式サイト 
チーム内容、成績、写真、ハイライト動画があります。

IPTL、wowow放映時間

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

カテゴリー: イメージ, イラスト, エッセイ, コーチ, ソフトテニス, ダブルス, フォーメーション, 上達, 作戦ボード, 部活, 陣形 | 投稿者tsukky 08:33 | コメントは受け付けていません。