カテゴリー別アーカイブ: プリスコバ

新女王 ケーバー USオープン2016制し セレナ抜く

USオープン2016   A.ケーバー、セレナを抜きNO1!
 女子シングルス決勝 A.ケーバー、
 好調の勝ち上がりを見せるプリスコバを下す。
 広島フィーバーが凄い。女子力が凄いとか。

 女子シングルスの試合、見ていると参考になる。
 ラリーが良く続くので、試合展開を学べる
 
 A.ケーバーが長身のK.プリスコバを下す。
 セミファイナルでは女王セレナ破っている。 6-2,7-6(5)。

 セレナは去年もセミファイナルで負けている
 
 あの女王、セレナから、3ダウンを奪ったのだから凄い。
 一方、A.ケーバーがC.ウォズアニッキを破っての決勝だ。
 A.ケーバーとC.ウォズアニッキの共通点。それはデフェンス力。
 A.ケーバーは、A.マレー並のデフェンス力
 最近はカウンターが上手くなった。

A.ケーバー◎ 6-3,4-6,6-4  ×K.プリスコバ
Kerberplisscore

 女子シングルス、ストローク戦、
 ラリーが良く続く。
 特にA.ケーバーはしつこいほどにボールを追いかける。
 走った距離でプリスコバよりも5%多い。粘っている証拠だ。
 錦織圭選手は、逆に相手よりも少ない事が多い。
 これはベースラインに入って、コートを狭く使っている。
Kerberlowposition1

 この低いポジション、A.ラドバンスカ級

 長身をPliskobaser

 活かして
 サービスエース
 を狙う
 プリスコバ

 女子で
 ここまで
 フラットサービスを
 打てる選手
 は少ない。

身長とサービス

 走行距離まで分かる、スラムトラッカーの凄さだ
 

 非常に面白い試合だった。
 過去は4勝3敗でA.ケーバーがリード。
 直近のシンシナティでは、プリスコバが簡単に勝っていたが。

 浅いボールが来た時に、一気に攻撃が始まる。
 ウィナーでは40と21のA.ケーバーを圧倒。
 ネットプレーでのウィナーも多い。
 攻めるプリスコバ、守るA.ケーバーが見える。
 久し振りに、女子シングルスでネットプレーを多く見せる選手を見た。

 ネットプレーは瞬間的だし、フィーリング、タッチを鍛えてくれる
 ダブルスにも使えるし、期待したい。

 ラリーのスタッツ  
Kerberpliskovastats

 しかし、攻めても攻めても、ボールが返って来る。これがA.ケーバーの強み。
 アンフォーストエラーは、極端に少ない。 プリスコバ47、A.ケーバーはたったの17。

 一般プレーヤーも含めて凡ミスを減らすこれが勝利の法則の第一だ。
 

 A.ケーバーは勝利の直後、直ぐに陣営に走った。
 コーチとハグ、よっぽどうれしかったのだろう。

 A.ケーバーは語る、私のテニスは2011,ここUSオープンから始まった。
 この時72位、いつか優勝したいと夢を持った。

A.ケーバーは今年グランドスラム2勝目。
 オーストラリアンオープンで優勝。
 ウィンブルドン準優勝  
 リオ五輪 銀メダル

ランキングも1位に、ダブルラッキーだ。
Kerberno1

 このプリスコバに、土居美咲はウィンブルドンで勝っている
 
 と言う事は。土居美咲にも大いに期待が出来ると言う事だ。

 ハイライト動画、USオープン、女子シングルス決勝 

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要 テニスコーチ40年のキャリアが生んだ、テニスグッズ
 テニスの指導、上達を、より合理的に、簡単に、便利に

サークル、部活で大人気の、作戦ボード2画面特注版

 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 メンタル.タフネスの方法、硬式テニス、ソフトテニスに分けて紹介しています。

 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

Dbmemo

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

★☆★ USオープン2016が良く分かるリンク集 ★☆★
 wowow on line

 USオープン 

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ケルバー, スコア, データ分析, プリスコバ, 作戦, 勝因, 戦略, USオープン | 投稿者tsukky 05:29 | コメントは受け付けていません。