男子は明日 準決勝

錦織がマレーに負けて、やはり、力が抜けたという感じが残っている。

それでも、今日は女子の準決勝で 男子は明日だ。

力が入り過ぎなく、落ち着いて準決勝戦を観れるだろう。

マレー対バブリンカ、ティエム対ナダル。

特にティエム対ナダル戦は新旧のクレーコートスペシャリストの対戦となり、注目している。

また、今大会はバブリンカの調子が良く、マレーは余程調子を上げないと 勝つことが難しいかもしれない。

予想としては、バブリンカとナダルの決勝戦となるのではないかな?

誰が勝ってもおかしくない力を持っており、予想することがはばかれるが....。

とにかく明日の準決勝戦が楽しみだ。

IMG_1843

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 01:15 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

銀座和光にローランギャロス

「銀座の和光にローランギャロスのディスプレイがされている」と、写真が送られて来た。

それ位、日本におけるテニスの認知度が上がったということの表れか?

フレンチオープンのオフィシャル ウォッチがロンジン。

その時計のロンジンの宣伝を兼ねて、大がかりなフレンチオープンのディスプレイをしているのだとおもう。

なかなか、素敵じゃないか!

もうそろそろ、錦織 対 マレーの試合が始まる。

楽しみだ!

IMG_2152

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 01:11 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

マナー

フェデラーやナダルは、試合中どんなに苛立っても、調子が悪かったとしても、ラケットを投げるというシーンを見たことがない。

確かに、ジョコビッチやバブリンカのトップのプレーヤーでも、ラケットを叩き折るシーンを何度も見ている。

自分のプレーを表現出来ない時によく見かけるシーンだが...。

しかし、何度見ても観客サイドからすると、気持ちの良いものではない。

どちらかと言えば、不快だ。

自分のプレーを表現出来ず、苛立ちを他に当たれないから、最終的にはラケットにぶつける?

ラケットが無ければ、良いプレーは見せられないのだから、苦しい練習を共にして来たラケットを地面に叩きつけるのは、如何なものか?

しかも、錦織は そのラケットメーカーと契約して 沢山のスポンサー料も頂いている事を考えれば、絶対にしてはいけない行為ではないのかな?

今や日本で、全種目のスポーツの中で最も人気のあるスポーツマンの一人である 錦織には、どんな理由があろうとも、してもらいたくない行為ではある。

錦織に憧れて、プロテニスプレーヤーを目指す子供が増えている。

そんな子達に、錦織が怒ってラケットを折ってしまう姿を見せたくないよね。

昨日ベルダスコを倒し、ベスト8に進んだ錦織。

本当に素晴らしいプレーヤーである事は間違いない。

俺も応援している。

でも、今回のラケットを叩き折ったシーンは、俺の頭から離れない。

IMG_2142

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 02:05 | 3件のコメント
西尾茂之BlogTOPへ

錦織が苦しみながらベスト8へ

錦織がクレーコート巧者、スペインのベルダスコと対戦した。

第1セットをベルダスコに簡単に奪われたが、第2セットから立ち直り
0-6.6-4.6-4.6-0で勝利した。

怪我をしていたこともあり、ベルダスコにセットを奪われた時は、フィジカルに不安が感じられる内容であった。

3年前の全米オープンで決勝へ進んだ時もこんな感じであったか?と思われる。

第2セット以降は、素晴らしい内容であった。

準々決勝はマレーと対戦するが、十分にチャンスはあると思われる。

一生懸命応援したいと思う。

優勝を目指して、頑張れ錦織!

IMG_1807 IMG_1808 IMG_1810 IMG_1815

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 01:39 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

4大学のテニス部OB戦を訪問

僕がツアーを回っていた時のスポンサーが西武百貨店だったのだが、その時のマネージャーとは今でも友人として付き合っています。

その友人、正清さんから「4大学のOB戦があるから、是非、顔だけでも出して!」と打診があり会場である成城大学まで行ってきました。

4大学とは武蔵、成城、成蹊、そして学習院大学で、年に1度OB戦を行なっているそうです。

会場へ行ってみると、東京ローンテニスクラブのメンバー塚原親子も出場されていて、楽しそうにされていました。

当の正清さんも「活躍した!」と自分で申告していたので、きっと大活躍だったのでしょう?

IMG_2137

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 00:00 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

錦織が苦戦

韓国の若手、チョン・ヒョンと対戦している錦織。

今年のチョンは クレーコート シーズンに入り調子が良く、好調なナダルとも好勝負をしている。

錦織はご存知の通り 手首の怪我のこともあり、今年のクレーコートの成績は 決して良いものではない。

ただ、3年前の全米オープンで決勝戦に進んだ時も、怪我で決して良い調子とは言えず、棄権さえ考えていた。

今年と少し似た状況と考えられないだろうか?

確かに今年の錦織は以前と比べ、イージーミスが増えている。

現に今日もミスを重ねながらも、要所要所を抑え、第1セット7-5. 第2セット6-4と取り、順調かと思われた。

第3セットは、ミスさえなければ取れていたし、取らなきゃいけなかった。

結局、第3セットを6-7のタイブレークで落としチョンに セットを奪われた。

それからの錦織は体力的にも精神的にもガクッと落ち、第4セットは2ブレイクされ0-3と劣勢だ。

丁度その時、雨が激しく降り始め 現在も中断している。

錦織にとっては 恵みの雨だったと言えよう。

第4セットは捨てても、第5セットでしっかりとしたプレーを復活させ、勝利してもらいたい。

本人もよくわかっていると思うが、アンフォースト エラーがやはり多い。

チョンの球は確かに力強いが、錦織のような柔軟なプレーと経験はチョンには無い。

しっかりと錦織の幅の広いプレーをすれば、勝利できると信じる。

ただ、チョンは体力もあり、決して諦めない。

錦織にしっかりと勝ってもらいたい!

IMG_2133 IMG_2136IMG_2130

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 02:14 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

ジョコビッチ苦戦ナウ

ジョコビッチは アルゼンチンのガッツマン 、シュワルツマンと対戦している。

170センチ位の身長で、身体全体で全力でボールをヒットするシュワルツマンに大苦戦中。

コートをところ狭しと動き回り、ジョコビッチに全く引けを取らないストロークで応戦。

素晴らしい試合を展開している。

現在、ジョコビッチから、5-7.6-3.3-6.4-1で試合が進んでいる。

ジョコビッチは、苦しんでいるが、シュワルツマンの炎のガッツとストークをしっかり受け止めながらやっている感じがする。

もちろん、結果は誰もわからないが、第5セットまでもつれて、結局はジョコビッチが勝つのではないかと僕は思う。

結果は明日の朝の楽しみとして、寝ることにする。

明日の朝、早くなければ起きて見ていられるのに....

 

IMG_2121 IMG_2122 IMG_2123

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 01:59 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

おまじない

ナダルは すごく几帳面で、自分の着たユニフォームを丁寧にバックにしまったり、ドリンクのボトルの置く位置、向き等、神経質と思えるくらいで、まるでおまじないでもするように振舞っている。

スポーツマンには往々にして見られるが、これほどまでに几帳面で神経質なプレーヤーも珍しい。

そこが素敵なのかもしれない。

IMG_2083IMG_2088

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 00:08 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

ジョコビッチは順当に3回戦へ

ジョコビッチは曲者ポルトガルのソーサと対戦した。

ジョコビッチのテニスの調子は「以前と比べれば まだまだでは?」とも思うが、全仏でのテニスは 1回戦からしっかりとしている。

ジョコビッチは守りも攻撃もなかなかのものであった。

コーチもアガシに変わり、テニスがフレッシュな感じがした。

スコアもソーサに対して6-1.6-4.6-3とストレート勝ちであった.

今後の戦いに期待が持てるジョコビッチであった。

IMG_2123

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 01:33 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ

リナの誕生祝い

トーナメントクラスのリナは、明日が9歳の誕生日。

リナは、明日 テニスカレッジに来ないので、今日 スタッフと共にリナの誕生日を祝った。

リナ、誕生日おめでとう!

IMG_2074 IMG_2075

カテゴリー: 未分類 | 投稿者西尾茂之 00:48 | コメントは受け付けていません。
西尾茂之BlogTOPへ