準決勝へ

こんばんは!貴男です。
今日の内山の試合は4ラウンド目だったので、17時過ぎに始まりました。相手のサーブから始まり、5-5までサービスキープが続きましたが、第11ゲームをブレークしたことで一気に流れを掴み、第2セットの4-0まで7ゲーム連取でした。第2セットは、2ブレークアップのまま危なげなく試合を進めることが出来ました。ネットプレーを試みた時に相手のパッシングショットで何度か抜かれる場面もありましたが、ストローク戦でのボールの打ち分けが良かったし、サーブの強さが前面に出た内容でした。
さて明日の準決勝は、第2シードのクラーン(アメリカ)です。左利きの選手でサーブとフォアハンドを軸に戦い、バックハンドは、スライスを多用するタイプです。相手のスタイルに対応することは大切ですが、内山としては、レベルの高いプレーが出来ているので、あまり考え過ぎずに駆け引きを楽しんでほしいと思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:46 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

準々決勝へ

こんばんは!貴男です。
今日行われた内山の3回戦は、7-6(5)・6-3で勝利し、明日の準々決勝に進みました。第1セット序盤で先にブレークポイントを握りましたが、相手の強力なサーブで凌がれてブレークすることが出来ずにタイブレークに入りました。内山のダブルフォルトでミニブレークを許し1-4とリードされましたが、すぐにミニブレークを返しました。4-5から2ポイント連続でサービスポイントで取って6-5とリードし、セットポイントでは、相手にプレッシャーがかかりダブルフォルトとなりました。
第2セットでは、第1セットを取れたことでプレーに少し余裕が出てきて先にブレークし、そのままサービスキープで締めました。相手のパワーサーブに苦しめられた場面が多かったですが、最後まで我慢強く戦えたのは大切なことだと思います。明日は、左利きでストロークが堅実な選手ですが、ここまでと変わらずサーブを軸に内山らしいテニスで戦えるようにサポートしたいと思います。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:02 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

3回戦へ

こんばんは!貴男です。
今日の内山の2回戦は、中国のウー・ディーに6-2・6-1で勝利し、明日の3回戦に進みました。1ゲーム目から良い立ち上がりで、相手の速いテンポのラリーにも怯むことなく強く打って体も動いていたし、サーブを軸としたゲーム運びも良かったです。リターンからの仕掛けやバックハンドスライスの精度も以前よりもレベルアップしたので、次の試合も楽しみです。ニンボーの気温そのものが低くなってきたので、体調面に気を付けて明日に備えたいと思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 17:50 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

2回戦に向けて

こんにちは!貴男です。
今日のニンボーは、風が強くて気温が低く日陰は肌寒いほどでした。内山は試合がなかったので、12時から伊藤選手と練習しました。昨日感じたボールの違いを今日の練習では修正していましたし、練習後は、体のケアーをして明日の試合に備えています。2回戦の相手のウー・ディーですが、バックハンドのコントロールの良さに加えてラリー戦になるとボールの予測がいい選手です。内山にとって武器でもあるサーブを軸に試合の主導権が握れるように、ラリー戦からのおもいきったプレーと必要な時のネットプレーでプレッシャーをかけれるのが理想です。相手も対策をしてくるでしょうから、試合の中での駆け引きも大事になると思います。気を抜かず良い準備をして頑張ります!!
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 17:05 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

メドベージェフ

こんばんは!貴男です。
今日は、11時から内山がアメリカのクラーンと練習を行いました。今大会の使用球が楽天オープンとNTCで使用していたボールよりも軟らかいので、その感触を確かめるように基本練習をしてから、ゲーム練習に入りました。本戦の試合を何試合か観戦しましたが、やはりボールの飛び具合や感触に違和感のあるミスも多く見られたので、明日の練習でも神経質になり過ぎない程度に調整することです。
さて先週のATP1000上海マスターズでは、好調を維持しているメドベージェフがズベレフにストレートで勝利し優勝しました。これでATP500ワシントン・ATP1000モントリオール・ATP1000シンシナティ・全米オープン・ATP250セントピーターズバーグ・ATP1000上海と6大会連続で決勝に進出していて、優勝3回の準優勝が3回という素晴らしい勝ちっぷりです。このままの調子で駆け抜けたら、他の上位選手の動向もありますが、1位になっても不思議ではないほどです。テニスには、プレースタイルも含めた相性というものがありますが、トップ3のジョコビッチ・ナダル・フェデラーでさえも一番対戦したくない相手がメドベージェフかもしれませんね。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:24 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

ニンボーより

こんばんは!貴男です。
今日の午後の飛行機で無事に中国のニンボーに到着しました。台風の影響で朝の時点では、成田空港まで辿り着けるか分からない状況でしたが、幸いにもリムジンバスが動いていたお陰で助かりました。約3時間半ほどのフライトでニンボーに着き、タクシーでホテルに移動して夕食を済ませました。それほど気温が東京と変わりませんが、体調管理に気を付けて、内山のサポートをしたいと思います。内山の初戦は、火曜日以降なので、明日の練習でボールとコートサーフェスの感触に少しでも慣れればと思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:45 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

台風

こんばんは!貴男です。
台風19号の影響で中国のニンボーに今日の飛行機で移動する予定でしたが、飛行機が欠航になったので、明日以降の移動を予定しています。ただこれだけ大きな台風で大雨と風の影響で今後どのようになるかは分からないので、身の安全を第一に考えて行動したいと思います。少しでも被害が広がらないことを願います。
それでは、また・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 16:20 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

堀越高校テニス部

おはようございます!貴男です。
昨日は、内山が10時から練習だったので、その前に必要なことを30分ほど行いました。急にショットの質が良くなるわけではないし、寝て起きたら出来た!なんてことはない世界なので、日々の積み重ねを大切に努力を続けます。コーチは、選手以上に根気強くないといけないと思いますが、そんな中にも様々なアイデアを駆使したいと思います。
さて昨日の夜ですが、久しぶりに堀越高校テニス部の集まりがありました。実は、高校を卒業してから集まる機会を作ってくれた同期が先週亡くなりました。急なことだったので信じることが出来なかったし、9日に会おうと約束していたので、本当に本当に残念です。彼の気持ちに応えるためにも、この仲間を大切にしていきたいと思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 08:09 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

練習・グアムキャンプ

こんばんは!貴男です。
今日は、ナショナルトレーニングセンターで内山の練習に帯同しました。楽天オープン後のオフ明けでしたが、動きも良かったし、感触も悪くはありません。添田と約2時間ほど打ち合った後に、バックハンドスライスの確認を行い充実した内容でした。次の大会は、14日の週に行われるニンボーチャレンジャー(中国)なので、しっかり準備したいと思います。ちょっと台風が心配ですが・・・・・。
さて以前にもお伝えしたと思いますが、11月29日(金)から12月1日(日)の週末を利用して、グアムでのテニスキャンプを予定しています。僕が38歳の時に初めてフューチャーズのシングルスで優勝した場所でもあり、テニスだけではなく買い物やプール・ビーチなどの自由時間もあるので、一緒に週末を満喫しませんか?詳細は、ホームページの左側に載せていますので、ぜひチェックしてください。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 18:30 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

RECジュニアチーム

おはようございます!貴男です。
昨日は、久しぶりにREC上石神井にてジュニアチームの練習に参加してきました。ジュニア達が成長している姿を見るのは嬉しいことであり、身長が伸びて体が逞しくなっていることで解決されるショットも増えています。夏の試合が一段落して、来年に向けた準備に入っていきますが、試合の結果に囚われ過ぎずにテニスのレベルアップを最優先に考えていけなければいけないと思います。どうしても勝ちたい負けたくないという思いが強くなってしまうので、コーチはもちろんのこと家族の考え方も大切になります。Team RECにとって少しでも僕の経験や考え方がプラスになるように、これからも努力していきたいと思います。
さて楽天オープンは、ジョコビッチの強さを確認するような決勝戦で幕を閉じました。上石神井のインドアコートでテレビ観戦していましたが、予選から勝ち上がってきたミルマンの頑張りをしっかり受け止めながらもサーブ力で差をつけて、ストローク戦では、左右に相手を揺さぶる中にもバックハンドのスライスも混ぜて主導権を渡しませんでした。これでビック4と呼ばれたフェデラー・ナダル・マレーに続いて、ジョコビッチが優勝したことになります。その優勝者の中に錦織もいるわけですから、右肘を回復させて元気な姿を見たいです。けっして焦らずにお願いします。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 10:43 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP