カテゴリー別アーカイブ: インターネット

AIとか、マシンとか。

発泡酒
IMG_8716
AIが気の合うバーチャル飲み仲間を紹介してくれるそうだ。
知らない人とチャットしながら飲む気になんかなんないし、
AIに紹介してもらいたいとも思わないけどなぁ。

世の中の人たちってそんなに社交的なのか?
はたまた繋がりに飢えてるのか?
今でじゅうぶんです、ワタクシ。

 

さて、ネオインドアテニススクール西新井。

コートで何やら組み立て中。
IMG_8621

パイプでフレームを組み立てて、ネットを張ってと。
IMG_8623

完成!
IMG_8624
テニスマシン・マイオートテニスである。

ネット下部に設置されたボックスから、
トスバッティングよろしくボールが出てくる。
IMG_8632

それをネットに向かって打つ。
ボールはネットを伝ってボックスに入り、
また打ち出されるという仕組み。

早速試してみる。
IMG_8627
レッスンを受けているM支配人にも優しいボール。
バネの調整で、ボレーもスマッシュもいける。

ハナザトコーチのハードヒットでも大丈夫。
IMG_8628

2人組で交互にアプローチ〜ボレーもいける。
IMG_8630

ボールは通常のイエローからオレンジボールまでOK。
何より、ボール拾いが必要ないのは効率的。
反復練習にはもってこいである。

ということで、これをレッスンで導入する予定。
フォーム形成等、きっとあなたのお役に立つはず。
お楽しみに!

カテゴリー: インターネット, テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

インスタとか、G-TOUR3とか。

最近のマイブームはインスタ。

コーギー系をフォローしまくって、癒されるのだ。
IMG_7775
コーギーのオンパレードなマイインスタ。

どうしてコーギーってこんなにカワイイのだ。
IMG_7854

日常に揉まれて疲れた心を癒してくれる。
はあぁ、一日中コーギーの子犬と遊びたい。
って、ウチに2匹いるけど。
IMG_761006

 

さて、ゴーセンから新しいストリングが発売になる。
IMG_7668

G-TOUR3
昨年発売になったG-TOUR1のセカンドモデルだ。

コンセプトは下記の通り。(ゴーセンさんのサイトから)

〜〜〜 G-TOUR3 〜〜〜

多くのプレイヤーに
「勝つ」喜びを。

テニスとは対戦競技であり、自分との闘いである。
精神の状態により、プレイの質は大きく変わる。

もし、信頼できるガットに出会えたならば、
プレイの質は安定し、より勝利へ近づく。

「勝つ」ために追究したのは、
インパクト時の「感覚」

今回重視したのは「感覚」。
特にプレイヤーのインパクト時の表現としてよく使われるのは、
「打感(打球感)が良い/悪い」・「軽く感じる・重く感じる」
「打ちやすい/打ちにくい」など、感性的な表現である。

それは一体どうすれば良いと言ってもらえるのか?
その「感覚」を追究し、多くのプレイヤーが信頼できる
オールラウンドなポリエステルガットを目指し辿り着いたのが
「G-TOUR3」である。

それは、打球感×初速

多くのプレイヤーに良いと言ってもらえる
「感覚」作りを目指したGOSENが導き出した
答えの一つが「打球感×初速」。

「くいつく打球感」と「最適なボールの反発性(=初速)」という
相反する2つの要素が掛け合わさり生まれるインパクト時の「信頼性」である。

信頼性が高まることでよりアグレッシブに、
ポジティブにプレイが出来、今まで取れなかったポイントを奪取していく。
その積み重ねが「勝利」への近道である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで、とても良さそうな期待の新製品。
展示会で預かったサンプルを張ってみた。
IMG_7684

G-TOUR1はブラックだったが、G-TOUR3は鮮やかなイエロー。
IMG_7687

もう1本のストリングは秘密の逸品。
近々、ご紹介できると思う。

打ってみた。

打ちやすい!クセがない!

昨年発売のG-TOUR1は選手がこぞって使用するなど、
かなりハードなモデルだったが、
このG-TOUR3はとても扱いやすい。

何だろう?
食いつくのに飛ぶ。
不思議な感覚だ。

どうやら、ゲージの特徴が出ているらしい。
ということで、また製品コンセプトの紹介。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「感覚」を実現する
細ゲージへの挑戦。

「感覚」=打球感×初速だという答えに辿り着いたGOSENが
それを実現させるために取った選択は「細ゲージ化」。

G-TOUR3は1.23 / 1.18mmの2ゲージ展開。

1.25mmがトレンドではあるが、0.02mm細くすることで、
より反発性を持たせることを選択した。
細くすることで打球感の硬化・耐久性の減少というリスクが一般的には伴うが、
今回のG-TOUR3はその問題点を解消することに成功した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということだそうだ。
そのゲージの感触を実現したのが、
ハイ・ピュリティ・ポリマー・ソフトポリエステル
という素材らしいが、まあその辺はゴーセンさんのサイトで
ご確認いただきたい。

とにかく、細いのにカンカン言わず、
しっかり咥えて飛ばしてくれる。

さらには細いゆえの引っかかり感もありの、
一粒で何度も美味しいストリングである。

思い切り打ってもフェイスも暴れないし、
かとってハード過ぎないバランスは特筆ものである。
いやぁ、なかなかいいんじゃないかな、これ。

選手層というよりは一般プレーヤーの中級くらいから
じゅうぶんに使えるモデルだと思う。

ゴーセンさんに、
「どうして1の後に2じゃなくて3なんですか?」
と聞いてみた。

「うーん、何でしょう?奇数が多いですよね、ネーミングって。
次に出るとしたら5じゃないですかね」だって。

あんまり意味はないらしい。

扱いやすいポリストリングをオールラウンドに使い方にオススメかな。
価格は2,500円と、これまたナイスバランスである。
発売は7月下旬予定。
ぜひお試しください。

カテゴリー: Instagram, インターネット, テニス, テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

遅いとか、夏毛とか。

SoftBankに変更した自宅のネット環境。
IMG_6172

Wi-Fiの範囲が広がったのは良いが、
時間帯によってはスピードが出なくなってきた。

JCOMがスピードが出ないから乗り換えたのだが、
これじゃ一緒かなぁ。

やっぱりマンションタイプだと限界があるのだろうか。
元々の回線はNTTフレッツだし、皆が使う時間は仕方がないのか。
って、昭和の水道かよっ!
なんとかしてほしい。

 

さて、我が家のCooさんはもう9歳。
人間でいうともう中年。

散歩に行くと落ち着きのない彼女だが
家の中ではまったりモードが増えてきたような。
IMG_7766
今日もバルコニーに向いた窓に顎を乗せ、
物思いにふけっている。

横から写真を撮ろうとしたら・・
IMG_7772
「なに?のんびりしてたのに」

そんな風に歳とっていくのもいいかもね。

Cooさんが物思いにふけると、Cocoさんも静かになる。
IMG_761006

写真だと穏やかに時が流れているように見えるが・・・
IMG_7614

実は二匹とも夏毛に生え変わりの季節。
細かい毛が抜けてホワホワと部屋に漂っている。

こりゃたまらんと、妻が二匹をシャンプーしたら、
さらに細かい毛が部屋の中をホワホワ、ホワホワ・・・ぐあぁたまらん!

犬と暮らすって楽しいけど大変だ。

カテゴリー: PC, インターネット, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

狙いとか、解約とか。

じっと何かを見つめ待つ、CooさんとCocoさん。
IMG_6657

ワタクシの食べているタイ焼きが目当て。
こぼさないって。
いや、こぼすか。

パンの耳とかタイ焼きの耳とか大好きだよねぇ、キミたち。
微動だにしない感じが少し怖い。

 

さて某日、いちおう休みにした。

が、半日自宅待機。
インターネットの工事が入るのだ。

数年間、ケーブルTVのインターネットサービスを利用してきた。
その前はNTTのフレッツ光だった。

フレッツ光に不満はなかったが、
ケーブルTVと抱き合わせだと安いってことで変更した。

が、ここ最近、あまり状態がよろしくない。
速度は出ないし、通信もブチブチ切れる。
繋ぎ直しがやたらと増えた。

調べてみると、どうも評判がよろしくない。
マンション内のネットワークなので、
一斉に使用する時間はやたらと遅くなるらしいが、
それでも限度ってものが・・って感じ。

落として割ってしまったiPhoneを機種変する際に勧められた
ソフトバンクのインターネットサービスが良さそうだったので
変更することにした。

評判を見ても素晴らしく良いわけではないらしが、
今以上に悪くなることも無いだろうってことでチャレンジだ。

この日は終端装置の設置。
IMG_6174
なるほど。回線はNTT光なのね。

後日、ルーターが送られてきて自分で設置。
IMG_6172
速度はメッチャ速くは無いけど、まああまあかな。

ルーターが新しいからか、接続は良くなった。
ついでに、2G帯はこれまで届かなかった寝室方面まで
しっかりWi-Fiが届くようになったのは大きい。
しばらくは使ってみよう。

それにしても、ケーブルTVの解約には往生した。
インターネットだけ解約して、TVはそのまま使うって言ってるのに
あれやこれやと難しい説明して、契約をし直させようとする。

「〜して、〜して、こうなると月に200円お得です」

「月に200円お得って言われても、
このネット環境じゃダメだからやめるんです」

「では、TVの受信機を新しいものに交換して、
チャンネルが2つ減りますけど料金はお得に」

「だからTVはそのままで大丈夫ですって」

「では、違うプランを・・・」

「とにかく、インターネット回線の解約をしたいの!
TVは継続するって言ってるでしょ」

「しつこいようで申し訳ありませんが、
ではこちらのライトプランに・・・」

「いや、だからネットだけでいいって」

30分以上押し問答だ。

そもそもネットの解約申し込みが何故ウェブで出来ないのだ。
電話しろって言うから電話かけたって、全然繋がらないし。
こう言うやり方って確実にリピートを阻害してると思う。

習い事も携帯もネット環境もやめる時の対応がとても大事。
会社辞めるのだって同じ。
辞めるんだからって酷い仕打ちしたりじゃ会社の品格を疑われるし、
辞める側も後を濁ようじゃ人間性を疑われる。

とにかくこのしつこい対応で、
このケーブルTVのサービスには二度と戻らないって決めた。
もう少しマーケティングした方がいいと思うよ、JCOMさん。

カテゴリー: インターネット, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。