カテゴリー別アーカイブ: Team REC

240とか、配信順調とか。

YOKOHAMAで遭遇。
th_IMG_6675
VOLVO240だ。

いいなぁ、いつか乗ってみたいクルマのひとつ。
th_IMG_6677
VOLVOは昔、740ESTATEに乗ってた。
めっちゃ壊れて苦労したけど、雰囲気が大好きだった。

当時、オシャレ職業の人はボルボみたいな感じがあって、
「テニスコーチもボルボでしょ!」って粋がってたっけ。
ああ、昔のボルボにまた乗りたい。

 

さて、ALLREC COACH TOURNAMENTの配信が始まった。

もちろん当日の全試合を公開予定。

結果はまだ公表されていないのだが、
1回戦から順番に公開していくので、
トーナメント進行を追う感じで見ていただけると思う。

すでに数対戦が公開されているので、ぜひアクセスを!

th_花里VS才門

th_宮田VS佐藤

配信はこちらのYouTubeチャンネルから。

Team REC CHANNEL

コーチの試合なのでちゃんと上手いが、
たまに、おいおいというミスもある。
そこがまた皆さんに参考になるのではないかと思う。

一気に流れに乗ってワンサイドな試合もあれば、
めっちゃもつれている試合があるのも面白い。

1セットマッチなので流れもありつつ、長すぎないので見やすいと思う。

ちなみに、全試合をTeam RECプロメンバーの解説をと目論んでいたが、
プロたちにそんな時間があるわけもなく、
準決勝から決勝までの解説をしてもらうことになった。

こちらもお楽しみに!

ここまでは週に2試合ペースで配信していたが、
今日からは毎日予定。
ぜひチェックしてください。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, クルマ, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VANとか、NEW PRESTIGEとか。

新橋だっけ?
VAN JACKETショップ。
th_IMG_6783

ワタクシよりちょっと上の年代に方にはマストアイテムだったはず。
マストアイテムって言葉も久しぶりに使ったぞ。

少し背伸び気味に生きてたワタクシもVANの服を買い漁ってた。
スイングトップ、ブレザー、コットンハンツ、ペニーローファー、中学生の格好じゃないな。

メンズクラブも毎号買ってた。
「街アイ(街のアイビーリーガーズだっけ」にも載りたくて仕方なかった。

th_IMG_6784

いま見てもカッコいいわ。
やっぱりアイビーは基本だね。

 

さて、待ちに待ったHEAD PRESTIGEの発表。

th_HEAD_Prestige_2021_Ecommerce_Banners_JP_1000x1000

と言いながら、あれ?もう発表だっけと若干慌ててブログにアップしたり。

 

で、この新しいPRESTIGE、実はしっかり試打済み。

夏だったっけな。
今はなき大井町スポルでの新製品試打会で打たせてもらった。

IMG_5015

やっぱり、ワタクシといえばPRESTIGE。
PRESTIGEといえばワタクシ。(それはない)

 

ワクワク、ドキドキでの試し打ち。
IMG_5002

機種ごとの細かなインプレは後ほどとして、
シリーズ全体の印象は、メッチャいい!!!!だった。

新機能のオーセチックの恩恵なのか、
プレステージなんだけど、プレシテージほど難しくない。
プレステージの味と良さを残しつつ、やっぱりプレステージだよねって感じ。

IMG_5003

まあ、簡単にいうと、プレステージだけど扱いやすくなった。
でも、ちゃんとプレステージってことだ。
(わかりやすいか?)

 

ちゃんと飛ぶし、ちゃんと食うし、ちゃんとしなる。
IMG_5007

でも調子に乗って適当に打つと、叱ってくれる。
「そんなワタシじゃないですから」って。

 

伝統のプレステージ。
ワタクシも初代から使っていた。

メッチャ高くて、コーチ駆け出しのワタクシには、
清水の舞台でブレークダンスを踊るくらいの覚悟だったけど、やっぱり買った。
当時はどのメーカーさんも契約してくれなかったし。

で、「HEADっていい!!」と思った。
このブランドに契約してもらえるのは一生無理だなとも思った。
実際、この歳になるまで、一度も契約してもらっていない。(苦笑)

まあ、とにかくHEAD PRESTIGEは生涯の憧れであることは間違いない。

IMG_4998

今回のカラーリングは初代を思い起こさせる渋みもありで、
ますますテンションアップのワタクシである。

関口プロもスイッチするのかな。
西脇プロはもう使ってたっけ。
周一パーソナルが届いたら打たせてね。

細かなことは、後のインプレで書くけど、
とにかくPRESTIGEファンのみなさま、ぜひ打つべし!である。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

名古屋とか、日本リーグ迫るとか。

日本プロテニス協会・事務局のSさんにもらった。

th_IMG_7198

そうか、先週は名古屋でプロテストだったのね。
事務局って大変だよね。
ホント頭が下がる。
優秀なメンバーばかりで良かった。

 

さて、いよいよ日本リーグが近づいてきた。

ポスターも届いてテンションも上がる。

th_IMG_8230

昨年は開催数日前で突然の中止だったからなぁ。
今年は大丈夫だよね。

 

そんな中、実業団委員会から通達。

「全日本選手権みたいに業者に頼んでのライブ配信は予算的に無理。
よって、各チームでライブ配信してください。
配信URLは事務局で取りまとめます。
LANケーブルは1チーム1本準備します」

マジか。
あんなバカ高いエントリーフィー払ってるのに。

全チーム配信チャンネルや設備を持っているわけじゃないだろうし、
皆、困ってるんじゃないかなぁ。

ちなみに、Team RECはYouTubeチャンネル持ってるけど、
ライブ配信設備はないので、同じくワタクシも困っている状態に。

 

実業団委員会に問い合わせてみた。

「カメラはバックフェンスの外ですか?
そうならば、バックフェンスの高さを教えてください。
あと、LANケーブルはどこまで延びていますか?
電源が無いと配信出来ないですが、それは準備いただけるのか?」

次の日、まあ、あっさりとよくわからない返信だけが来た。
ビーンズドームに行ってサイズを測るわけにもいかないし、
記憶と想像を駆使して、必要と思われるものを揃えるしかない。

 

ということで、色々と調べつつ、分かったものから揃えていく。
th_IMG_8267

高さのある三脚も用意した。
たぶんバックフェンス3〜4mだよね。(そういうことも教えてくれない)

 

これでパーツがつくのかな。
th_IMG_8268

 

これでカメラに接続できるのか?
th_IMG_8271

 

だいたい、LANもじゅうぶんな速度出てるんだろうか?
全日本選手権の配信も業者さんに委託したのに大変だったって聞いたし。

日程は迫っているし、通常業務もあるし、ほぼパニック状態なワタクシである。
ああ、焦るぜ。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, カメラ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

配信開始!とか、HEADブラックコスメ&ラクシアとか。

ALLREC COACH TOURNAMENT、配信開始!

th_th_LINE

全14試合(だっけ?)を Team REC CHANNELで順次配信。

週に2試合を目安に公開していく予定なのでお楽しみに!

オープニングを飾るのは、平田コーチ(浦和)vs山本コーチ(府中)。
熱い戦いをどうぞ。

準決勝以降は、Team RECプロメンバーによる解説マッチになる。
こちらもお楽しみに!

Team REC CHANNEL

 

さて、HEADのブラックコスメラケット。

ワタクシの好みのG1.8サイズに勝手に調整。
続いてはストリングを張り替えることに。

最初についていたポリ(?)ストリングもかなり良かったのだが、
ナイロンマルチ系を張ったらどうなるか知りたかったのだ。

チョイスしたのはこちら。
th_IMG_7942

ラクシアアシスト〜!

ゴーセンから新発売になったマルチストリング。
柔らかな打球感と飛びが特徴の期待の新製品。

今回はスタンダードでと、ゲージは1.30mmをチョイス。
他には、1.25mmゲージがある。
カラーもナチュラルとブラックの2色ね。

 

テンションは43ポンド。
th_IMG_7944
最近、肩も痛いし・・・

 

張りやすいね、これ。
th_IMG_7945
めっちゃしなやかな糸だ。

 

張り上がり!
th_IMG_7947
ストリングの滑りも良さそうだし、期待大。

 

次の日、さっそく打ってみる。
th_IMG_7949

柔らかい!この振動の少なさはなに?

もともとこのブラックコスメラケットは扱いやすい、
飛びも良いって感じだったけど、さらに優しく使いやすくなった。

このボックス形状と、特殊なスロートがこの扱いやすさを出してるのかな。
さらに幅広い層にマッチしそうな顔が見えた。
いいかもよ、このセッティング。

ただ、個人的には優しすぎるような気も。
もう少しだけ、ガツン!パーン!って感じがあっても良い。
(無理してないよ)

1.25mmをもうちょっと強めで良かったかも。
でも、調整していいところを見つけたら、爽快テニスができそう。

ゴーセン・ラクシアの優しさと、HEADブラックコスメの扱いやすさ。
いいとこ取りのマルチパーパスセッティングかもね。

ところで、このブラックコスメ、いつ発売になるの?

#headyougotthis
#ぼくに任せて
#きみならできる
#headtennis
#headracket
#ニューモデルラケット

カテゴリー: Team REC, インプレ, ストリンギング, スポーツグッズ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鈴木プロとか、ピキッ!とか。

鈴木プロの契約ウェアのmoveさんがイメージカットを製作。

th_IMG_7864

いい感じだ。
どこを切り取っても絵になるなぁ。
さすがである。

 

さて、ピキッと来た。
腰がだ。

車からカメラ機材を降ろし、持ち上げようと屈んだ瞬間に腰が軽い衝撃が走った。
まだ何も持ち上げてもおらず、本当に屈んだだけなのに・・・

大きな衝撃ではないけど、ぎっくり腰に向けて崖っぷちな感じ。
うっかり変な姿勢や衝撃を与えた途端に、
ぎっくり腰側の崖下に転げ落ちそうな予感満載。

湿布を貼り、痛み止めを飲み、変な体制にならないように
気をつけながら1週間生活をしてみたが、いっこうに良くならない。

週末にゴルフもしたが(したのか?)、思い切りクラブを振れない。
スコアはいつもとあまり変わらなかったけど。

 

週明け、各メーカーさんにお越しいただいて、
ラケットキャンペーンに向けた選定試打会があったのだが、
さすがにボールを打つのはやめておいた。

ほとんどのモデルはすでに試打をしているのでいいんだけど。

メーカーのスタッフさんには「どうして打たないんですか?」と聞かれたが、
「軽いぎっくり腰で」と言うのも恥ずかしかったので、
「皆がたくさん打てるように」とウソをついておいた。

ボスには「腰が痛いのか?」とバレてたけど。

 

しかしまいったな。
五十肩に加えて、ぎっくり腰かぁ。
ジイサンじゃん。

ちなみに五十肩は60歳になると治るという噂があるけどホント?
たぶんウソ。名前が変わるだけだよね。

ひどくはならないが、良くもならないこの状況。
いつまで続くのか?

 

ある夜、痛みのために、よいしょと打っていた寝返り。
仰向けの体制で、腰をほんの少し、体感的には1センチもないくらい
微妙に持ち上げてみたところ、背骨と腰の骨が「コキッ」とハマったような感触。
外れかけていたパーツがハマったような。

ん?なに?この感触。

そこからウソのように痛みが引いた。
完全に引いたわけではないが、
一歩間違えばギックリという感じはなくなった。

あのとき、屈んだ拍子に関節の何かがずれたのか?
それが元に戻ったのだろうか。

漫画やドラマで、整体師が「エイっ!」ってズレを直したりするのって、
ほとんどウソの世界だと思ってたけど、もしかしてこういうことなのか?

 

これ、自分で意図的に出来たらすごいな。
でも寝ぼけていたし、再現は難しそう。

まあ、何にしても戻って良かった。
とはいえ、どうしてどこかが外れた感じになったのだろう。
歳のせいかな。
あらためてダイエットして腹筋、背筋をつけなおそうと思った秋である。

 

カテゴリー: Team REC, ダイエット, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キースへリングとか、ALLRECコーチトーナメント本戦とか。

ボスにもらったお土産。
th_IMG_7788
キースヘリングは大好きだ。
部屋のあちこちに彼の作品を飾っている。

キースヘリング美術館があるらしい。
今度行ってみようっと。

 

さて、先日、Team RECのNo1コーチを決める
ALLRECコーチトーナメントの本戦大会が開催された。

本来はたくさんの皆さんにコートサイドで応援してほしかったのだが、
この状況下においては難しいと判断し、第1回の今回は無観客での開催となった。

選手と付き添いひとりまでの制限付きで集合しての開会式。
DSC_3070

それでもこんな人数にはなるんだけど。
DSC_3079

試合はワンセットマッチ(5-5タイブレーク)という特別ルールで行われた。
春に行われたJPTT・盛田杯も、先日のみらいカップもワンセットだったけど、
こういう短い試合も見やすいし、悪くないと思うな。

 

で、コート上はめっちゃ熱いバトルが。

DSC_3318

DSC_3356

付き添いコーチはベンチに入ってアドバイス。
DSC_3363
これも代表戦ならでは。

 

優勝する気満々だった山本コーチ。(府中)
DSC_3292
結果は・・・ヒミツ。

浦和校内の予選でスーパーシードに入り、勝ち上がった平田コーチ。
DSC_3258

高島平はやっぱり宮田コーチなのね。
DSC_3296

各校からの代表が勢揃い。
DSC_3311
カッコいいわ、片手バック。

唯一の女性選手。
DSC_3570
サービスが無茶苦茶速かった。

皆、めっちゃ元気。
DSC_3423

DSC_3543

DSC_3436

テクニックもこなれていて上手い。
DSC_3583

DSC_3734

DSC_3730

まあ、コーチだから当たり前か。

 

すべての試合はこれからYouTube・Team REC CHANNELで配信するので、
結果は書けないけど、いい大会になったと思う。

IMG_7241

取り急ぎ、ダイジェストが出来たので、
こちらを見てウォーミングアップしてください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

セミナー開催!とか、大会終了とか。

12月20日(月)14時〜17時、レックインドアテニススクール上石神井にて、
日本プロテニス協会の資質向上セミナーが開催される。

th_プロ指導セミナー

講師は、亜細亜大学・テニス部監督の堀内先生。
プロテニス協会としては、シリーズでセミナーをお願いしている。

前回はコロナ禍で大学のリーグ戦が延期になり、
オンコートセミナーも中止になってしまったが、
ようやく日程調整が出来て、12月に開催の運びとなった。

動画は前回のセミナーの様子。

堀内先生ならではの様々なツールを使っての矯正法などはとても面白く、
プロコーチだけでなく、多くの指導者にためになると思う。

申し込みはこちらからどうぞ。

オンコートセミナーのご案内(東京地区)

当日はワタクシもいます。
一緒に勉強しましょう。
お待ちしております。

 

さて、いまだTeam RECとして勝ち星のない全日本選手権。

いよいよエース、関口周一プロの登場だ。

鈴木貴男プロにコーチについてもらい、
TTC(柏市)でのみらいカップから、四日市で合宿、
そして兵庫に乗り込んで気合はじゅうぶん。(だと思う)

今大会は第2シード。
優勝の期待が高まるところだ。

 

ワタクシも自分の朝テニスを終えて、YouTubeで応援。
仕事をしながらなので、片目で見ての応援なのだが、
序盤から大接戦で、要所は全画面で応援したりと忙しい。

th_IMG_7970

途中、来客があったり、ウェブ会議があったりと、
どちらにも集中できずで、昨日お会いした方、ごめんなさい。

 

試合は、5-7 7-6、そしてファイナルもタイブレークへ。

th_スクリーンショット 2021-11-02 14.34.55

心臓に悪い。
とにかく勝ってくれ。

リードしては追いつかれ、なかなか突き離せない。
相手の齊藤選手って、正林プロと一緒にむさしの村LTCで練習している子だよね。
強いな。

 

ファイナルタイブレーク、序盤はミニブレークでリードしたが、
その後、追いつかれてイーブンに。

最後のポイントでミスが出て、なんと敗退。
th_スクリーンショット 2021-11-02 14.38.01

いや、ちょっとショック大きいわ。
本人がいちばんショックだろうけど。

やっぱり全日本は甘くないね。
まずはしっかり休んで、回復して、次に備えよう。

チームとして残るは守谷プロのダブルスのみ。
総一郎、優勝しちゃえ!!

と思ったら、ダブルスも負けてしまった。
Team REC、ひとつも勝ち星なく、今年の全日本は終了である。

厳しいな。
皆、しっかり休んで、次に向けて動き出そう。
おつかれさま!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チームロゴとか、レンズ修理とか。

全日本選手権。
実はTeam RECはサポーターとして協賛させていただいている。
金額は・・・言わないけど、まあまあ高い。

そんなわけで、オフィシャルサイトにも会場にも
Team RECもロゴが設置されているというわけ。

関口プロのインスタグラムから。
th_250906506_4208128485964432_5762518380882862195_n
ロゴがリポビタンカラーになってる。
イラストレーターでチームカラーのロゴを作って送ったんだけどなぁ。
まあ、メインスポンサーに合わせるのは普通のこと。
仕方ないか。

しかし違和感あるな。

 

さて、カメラである。

長引くコロナ禍のため、ツアーも中止、イベントも中止が続き、
カメラもほとんど出番がなかった。

昔だったら、子供の写真を撮ったりもしたが、
今は仕事以外でカメラを使うことはまずないので、
この状況下ではしばらくお休み状態だった。

 

先日、イベントのため久しぶりにカメラを出した。
th_IMG_7394
まあまあ、くたびれたな。
もう何年使い倒したっけ。

他の2台はほぼ経年劣化でアウト状態。
これがとりあえず実用レベルの1台になってしまった。

なんてことを考えながら、チェックしていたら。

あれ?
レンズのズームリングがうまく動かない。
回らないわけではないが、途中でひっかかりがあって、
無理に回すと壊れそうな予感。

 

このままだと完全に壊れそうだったので、修理に出すことに。

SIGMAレンズの公式サイトで修理方法を調べる。
あれあれ?修理可能製品にこのレンズが載っていない。
どういうこと?

しかたがないので、問い合わせ窓口にメールを送る。

「下記のレンズを愛用しております。
SIGMA DC 18-50mm 1:2.8
ズームリングを回すと引っかかりが出るようになりました。
こちら点検修理をお願いできますでしょうか。」

 

翌日、丁寧な回答。

「早速ですがこの度ご連絡をいただきました症状から察しますに
ズーム駆動系のメカパーツの交換が必要になると思われますが、
誠に申し訳ございません、当モデルは、生産完了から相応の年月が
経過しており、部品在庫が既に払底しており、修理はもとより
分解することが出来ません。」

そうなの?
そんなに古いっけ?これ。

クルマと違ってレンズやカメラって古くなると修理できないの?
それとも、SIGMAさんがそういう会社なのか。
何しても困ったぞ。

 

そして、さすがSIGMAさん。
さらにご丁寧な提案が。

「ご愛用いただいております旧製品に
修理不能の故障などがあった際に、当該製品をお引き取りし現行モデルを
割引して直接販売させていただくサービスもございます。

現在弊社にて、お持ちのレンズと全く同じタイプの後継モデルは
ございませんが、ニコンD500でご使用いただけ、大口径の標準ズーム
というカテゴリーにて、下記の製品が対象となります。

18-35mm F1.8 DC HSM | Art ニコン用

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/a013_18_35_18/

代替販売価格:72,910円(税込)

24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art ニコン用

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/a017_24_70_28/

代替販売価格:134,200円(税込)

もし、ご利用いただけるようでしたら、ご面倒をおかけしますが現在お持ちの
18-50mm F2.8 EX DC ニコン用を弊社までお送りいただき、弊社から新たに
ご用命いただいた製品を佐川急便のeコレクト(代引き)便にてお送りする
流れとなります」

なんと親切な!すばらしい!
でもね、高いよ・・・今は買えないな。(涙)

この標準ズームレンズがないとなぁ。
どうしたものか。

 

カメラやレンズって古いモデルもたくさん出回ってるから、
それなりに長く使えるものなんだと思ってたんだけど、
そういうものじゃないのかな。

ボートもカメラも久しぶりだと色々あるね。

日本リーグまでにはなんとかしなきゃ。
まあ、写真も無きゃ無いでいいか。(よくないよ)

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

立食い蕎麦とか、全日本初日・2日目とか。

某電鉄系の立ち食い蕎麦屋。
th_IMG_7845
初めて入ってみた。

こういう昔ながらの立ち食いクオリティの蕎麦、まだあるのね。
かき揚げもペラペラだし、残しちゃった。
ごめんなさい。

小諸そば、箱根そば、蕎麦一・・・とか、
最近の立ち食いそばはレベルが高いのになぁ。
あ、どこかは書きません。(わかっちゃうか)

 

さて、いよいよ全日本テニス選手権が開幕。

今年も無観客。
この状況では仕方ないが、応援にいけないのが残念。
どっちにしてもビーンズドーム(兵庫県)だから、気軽には行けないけど。

無観客、そして全日本選手権を盛り上げるプロジェクトを
日本テニス協会が立ち上げたこともあり、
ライブ配信が充実の大会になった。

この企画はとても良い。
週末、仕事をしつつライブでTeam RECメンバーを応援。

 

まずは守谷プロ。
th_IMG_7883

対するは片山プロ。
怒涛のフォアハンドのガン打ちに序盤から押し込まれる。
th_IMG_7882
反撃の糸口が見つからず、ストレートで敗退。
今日の片山プロは強かった。
残念!

 

続いて登場は正林プロ。
th_IMG_7884

拠点のむさしの村LTCで毎日追い込んで、
自分的にもかなりの成長がということで、満を持しての全日本。

ただ、相手は江原プロ。
全日本選手権覇者でもあり、ここ最近の大会でも必ず上位入賞の猛者。

正林プロ、行けそう!との展開もあったが、
肝心なところでポイントを落とさない江原プロの試合巧者ぶりにつかまり、
ストレートで敗退となった。

 

空けて2日目。

新加入の西脇プロが登場。

実は前日夜に電話があった。

「パッチはウォームアップにもつけたほうがいいですか?」

「アップはどっちでもいいよ。アイロンどうした?」

「アイロンのあるホテルに移動しました」

どこのホテルでも聞いたらアイロン貸してくれると思うけど・・・

 

そんなやりとりがありつつ。試合開始。
th_IMG_7929

対するは筑波大学の田形選手。
一進一退の展開でファーストセットはタイブレークになり、惜しくも落とす。
セカンドは肝心なところでサービスダウン。
そのまま押し切られてゲームセット。
田形選手、強かった。

 

そんなハラハラな試合の途中、ボスからLINE。
「駿朗、サービス落とした」

竹島プロのダブルスも始まっていた。
th_IMG_7931
2面展開で応援。
仕事は中断である。

相手はシードの清水・羽澤ペア。
うまくかみ合わず、3-6 3-6で敗退。

 

大会2日目、いまだTeam RECの勝ち星は見えずである。

全日本だからそりゃ厳しいのは当たり前。
ダブルスも残っているし、関口プロ、竹島プロのシングルスもある。
まだまだここから。
がんばろう!Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

進化とか、全日本開幕!とか。

入社以来の懸案事項だったステープラー問題。
ちゃんと留められる確率が50%程度だったのね。

とはいえ、あまり会社にいないし、紙での提出も減ってきたので、
そのまま9年経ってしまった。

先日、ようやく新調。
th_IMG_3391

力もいらないし、なんとこんなキレイに留まる。
th_IMG_3392
文具ってどんどん進化してるのね。

 

さて、全日本選手権が始まった。

昨年は有明のインドアコート。
もちろん無観客。
どうやら関係者枠があって、選手帯同で入れたらしいのだけど、
勝ち上がりが読めないわ、時間がないわで、結局行けなかった。

そして今年はブルボンビーンズドーム。
日本リーグで勝手知ったる会場だけど、さすがに遠い。

そして今年も無観客。
やはり関係者枠があるようなのだけど、気軽に行ける場所ではない。
決勝まで残りましたってことなら考えなくもないけど。

ということで、遠くから皆の活躍を祈る今週になりそうだ。

 

ちなみに今年はTeam RECから5人の選手が出場。

関口プロは第2シード。
誰が勝ってもおかしくないメンバーだけど、
ここ数年、出場すればベスト4には入っているので、
今年もじゅうぶんチャンスあり。

今回はコーチに鈴木貴男プロを迎え、Team REC体制で優勝を狙う。

 

竹島プロは単複出場。
ペアは菊池玄吾プロ。
テッパンの二人でダブルスも優勝狙えると思う。

 

そして、正林プロ、守谷プロ、西脇プロも出場。

で、ドローを見たら、全員がボトムハーフに固まっている。
なんでこんな・・・って、スクールの大会じゃないから、所属は関係ないよね。
これだと、Team REC同士の決勝はないけど仕方ない。

 

そんなこんなの大会直前。
関口プロからLINE。

「Team RECのワッペンなくなりました〜。送ってください」

「どこに?」

「ホテルに」

ウェア変わったんだったね。
早めに聞いてあげればよかった。
なんとか間に合うかな。

 

ふと、西脇プロの顔が浮かんだ。

「ワッペン送ったっけ?」

「いえ、もらってません」

言えよ。(笑)

「ホテルに送るよ」

「ホテル決めてません」

ウソでしょ、間に合うのか?

「大会事務局に送ってください」

「そんなのあり?」

「たぶん」

大丈夫かいな。
まあ、日本テニス協会には知り合いも多いから、なんとかなるか。

結局、ホテルが決まって無事に届いたらしい。

「アイロンがありません」

それは知らん。自分でなんとかせい。

 

そんなバタバタの全日本。
1回でも多く勝ち上がってほしい。
がんばれよ〜!

カテゴリー: Team REC, ステーショナリー, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 西脇一樹プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。