カテゴリー別アーカイブ: Team REC

ポスターとか、シャツとか。

日本リーグのポスターが届いた。
IMG_0417
これが届くといよいよって気持ちになる。

ポスター、毎年思うけど、もうちょとクオリテイを何つうか・・。

写真はまあ選び方もセンスなので言わないが、
Tennis Japan Leagueの文字もよく見るとシャギー(ギザギザ)入ってるし、
この辺は何とでもなるものだと思うんだけどな。

実業団テニス最高峰の試合ってことだし、改善よろしくお願いいたします。

 

さて、そんな日本リーグのウェアが少しずつあがってきた。

昨年まではゲームシャツには袖口ワッペンのみだったが、
今年からは背中にロゴを入れることにした。

実業団リーグってことで、コマーシャリズムは基本制限なし。
せっかく大きなロゴを入れられるだから、
ちゃんと入れようってことになったのだ。

まずはプロ選手のウェア。
プロはそれぞれに契約があるので、契約メーカーのウェアにプリント。
色目はチームで揃えるというデ杯方式を採用した。
ちなみに今年はネイビーね。

関口周一プロ
IMG_0003

IMG_0004
Simpsonのウェアである。
チェック部分へのプリントに少し苦労した。

竹島駿朗プロ
IMG_0005

IMG_0006
SRIXONのウェアなのだが、なかなかネイビー系がなく、
シンプルなポロシャツになった。

一部で「体育の先生みたい」という声もあるというか、
広めているのはワタクシだ。

斉藤貴史プロ
IMG_0007

IMG_0008
ROCHEのウェア。

派手なウェアを着ることが多い斉藤プロだが、
今回は統一イメージのため、めずらしく大人の装い。

そして、コーチたちのウェア。
IMG_0271

IMG_0275
Team RECスタッフで揃えたエレッセである。

このウェアはカラーオーダーなので、
他と被らない(はず)。

袖にはTeam RECワッペン。
IMG_0272

反対袖にはコラボしているSWANSアイウェアのロゴ。
IMG_0273

徐々に準備が進み、気持ちも盛り上がってきた。
チームメンバーでの全体練習の日程も決まったし、
しっかり整えて、まずはファーストステージを乗り切ろう。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝!とか、帰れずとか。

トルコに遠征中の斉藤貴史プロからうれしい報告。
AADB9983-1408-4F01-9D97-5E4086403628

ITFトルコフューチャーズのダブルスで準優勝だ。
サインインに「パートナー求む」と書いておいたら
声をかけてくれた相手だそうだ。

シングルスは勝ち星をあげられなかったが、
遠征に出るたびに勝負の感触を戻しているようだ。

斉藤プロは今週もトルコフューチャーズに出場予定。
日本人の少ない大会を選んで武者修行的に回るのも彼らしい。
がんばれ!貴史!

 

さて、昨日も5時に目が覚めた。

なんか体が痛い。
あ、ここは・・

IMG_0416

会社だ。
そうだ、昨日が帰れなかったんだった。
デスクで寝るのはやっぱり無理がある。

昨日は、あるオファーをこなして、それなりに遅くなった。
とっとと帰ろうと思ったら、レックインドア上石神井の
悪い人たちにつかまった。

「少しだけだよ」と言いつつ付き合ったものの
スタートが遅かったのが災いした。

帰り、電車に乗り、一瞬寝てしまった。
大崎でりんかい線に飛び乗る。

「この電車は最終です。東京テレポート止まりです」とのアナウンス。

東京テレポートで放り出されても行き場はない。
飛び降りて、マッハの速度で路線検索。出たのは深夜バスの路線。

こりゃ、意味ないやと判断し、山手線で代々木方面に戻る。

車中、カプセルホテルやサウナを検索。
案外ないのね。
歌舞伎町方面にはあるけど、そこまでは行きたくない。
結局、会社に戻ることにした。

 

そして今朝。
習慣とは恐ろしいもので、今日も5時に目が覚めた。

さて、どうしよう。
時間はたっぷりある。

顔を洗って、髭を剃って、走りに行くことに。
IMG_0415
明治神宮から代々木公園を周り、山手通りから7kmくらい。
いい汗をかけた。

いちおう妻にメール。
行き倒れたかと心配してるかもしれないし。

5年半勤めて2回目の会社泊。
まあ、許容範囲じゃないかな。

それにしても通勤が無いって素晴らしい。
(って、そういうことか?)
この辺りで一室借りてくれないかな。
狭いワンルームでいいから。

それがダメなら会社に簡易ベッドか寝袋置いていいっすか。
って、家族に怒られるか。

冬だからまだいいけど、夏は汗かくから
このパターンは無理だ。
やっぱり緊急避難部屋があるといいな。
まあ、その前にちゃんとしろよってことか。
申し訳ない。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パーティーとか、ALLREC2日目とか。

ALLREC CHAMPIONSHIPS初日の夜はパーティー。

後半は鈴木プロのトークショー。
IMG_0328

先日の全日本選手権の話、プロ選手の裏話など
質問にも答えつつのマシンガントーク。
IMG_0330

プレゼントコーナーでは鈴木プロの私物も。
DSC_4665

実際に試合で着用したウェアなどお宝争奪戦は大盛り上がり。
DSC_4654rf
ワタクシに欲しいぞ。

飲んで楽しんで、その後は・・それぞれに夜中まで盛り上がったようだ。
明日も頑張りましょう。

 

さて、2日目の朝は前日より少し寒かった。

朝ランから戻ると、もう皆さん朝練中。
元気だなぁ。

2日目は順位別トーナメント。

まずは体操から。
DSC_4681rf

応援旗に見守られながら、試合開始。
DSC_4694rf

コンソレもあるとはいえ、負ければ終了のトーナメント。
昨日よりさらに熱い戦いが。
DSC_4939

DSC_5303

DSC_5032

DSC_4948

男子はレック府中代表ペア、
女子はネオインドア西新井ペアの優勝で幕を閉じた。

DSC_5565

DSC_5559
おめでとうございました。

今年も無事に幕を閉じたALLREC CHAMPIONSHIPSは7回目を迎えた。
来年はさらにグレードアップして皆さんをお迎えしたい。
期待してお待ちください。

DSC_4905
ご参加ありがとうございました!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

山ランとか、ALLREC初日とか。

山梨の朝。
IMG_0299
富士山のシルエットが美しい。
空気が冷たく、若干の躊躇はあったがランニングへ出る。

上り方面へ、走り出す。
IMG_0301
帰りに上りよりも下りの方が楽そうだし。

昨晩のビールとラーメンが効いているのか、思ったように走れない。
高地と上りってこともあるのだろう。

それでもいい汗をかけた。
旅先のランは楽しい。
出来る限り続けていきたい。

 

さて、山梨県は北杜市に来ているのは年にイベント、
ALLREC CHAMPIONSHIPS運営のため。

前日から会場に入り、あれこれ準備し、
各校の予選を勝ち上がって来た参加者の皆さんの到着を待つ。
IMG_0304
風も無く、日向も暖かい最高のテニス日和だ。

これが今年のTシャツ。
IMG_0303

そして2年連続でのゲストは鈴木貴男プロ。
IMG_0307

このトローフィーを目指し2日間の熱い戦いが始まるのだ。
IMG_0336

試合開始。
DSC_3372

DSC_3689

DSC_4541

DSC_3898

DSC_3733
各コート熱戦が繰り広げられる。

今大会は山本光学さんが SWANSサングラスのデモに来てくださった。
DSC_3282

サングラス日和りの晴天のため、皆で試着。
DSC_4533
メイドインジャパンの高品質アイウェアの性能を堪能、
購入予約をされた方も多かった。

初日のリーグ戦後には鈴木プロによるクリニック。
DSC_4592

DSC_4599

全日本選手権で肋骨にヒビが入り、打球は出来ないながらも
そのテニス理論と熱くて面白いトークで皆、目からウロコ。
IMG_0324
ナイターまで食い込む程の大サービスのクリニックだった。

そんなこんなで初日の戦いは終了。
さあ、たくさん食べて飲んで明日の英気を養いましょうのパーティーだ。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ALLRECとか、完成!とか。

昨日はクルマをひたすら西へ走らせ、山梨県北杜市へ。
目的地のクラブヴェルデについた頃にはすっかり暗くなっていた。

今日明日で開催されるALLREC CHAMPIONSHIPS運営のためである。
この大会はレック系列各校から予選を勝ち上がった選手が
自校の威信をかけて戦うというRECの一大イベント。

今年もゲストプロは鈴木貴男選手。
全日本選手権で脇腹を痛めたのでプレーが難しいが、
的確な指導とアドバイス、そしてトークで大会を盛り上げてくれるはず。

2日間の長丁場。
選手の皆さんは怪我の無いように、楽しく真剣に戦ってほしい。
楽しみましょう!

 

さて、2017年モデルのTeam RECスタッフウェアが完成した。
DSC_2268

今回もゲームシャツ、パンツはエレッセ。
モデルはレックインドア上石神井の美男美女3名だ。
DSC_2272
(梁元コーチ・阿部コーチ・佐藤コーチ)

実はこのモデル、セミオーダー。
エレッセさんのカラーオーダーシステムで、
カラーを選んでつくったものだ。

エレッセ・カラーオーダーサイトはこちら。

ELLESSE COLOR SIMULATOR

案内に沿って、画像を見ながら好みのカラーを選び、
コーディネートが出来る。

気に入ったら数を記入しオーダーまで進む。
オーダーシートは取り扱いのショップまで持って行く必要があるが、
数量は1枚から可能。
納期は30〜40日と多少かかるが、オーダーならこんなものだろう。

チームで揃えるも良し、自分だけの1枚を作るのも良し。
このシステム、まだあまり知られていないかもしれないが、
かなりオススメである。

実際着用してみたが、生地もつくりもしっかりしていて
着心地も大満足の1枚である。

Team RECと同じカラーでも、違ったカラーでも、
ぜひ一度シュミレーターを試してみてほしい。
絵を見るとかなり欲しくなるのは間違いなしである。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

契約締結とか、全日本スナップとか。

すでに公式サイトではリリースしたが、
このたびTeam RECプロメンバーに新しい仲間が加わった。

nakamurayuki

中村祐樹プロである。

中村プロは、1992年生まれの25歳。
プロメンバーでは関口プロのひとつ下になるのかな。

大学卒業後にプロに転向。
有望な若手プロのひとりである。

nakamura001

実はワタクシが中村プロを初めてみたのは、まだプロ転校前の初冬。
とある都内のクラブにJOP大会の準決勝を観に行った時。

このころはまだTeam RECに男子プロメンバーはおらず、
良い選手がいればとスカウティング的な思いもあり、
まさに中村選手を見に行ったのだが、
話をするタイミングが無く、そのまま疎遠に。

その後、Team RECは鈴木貴男プロ、関口周一プロ、
そして竹島駿朗プロと契約をし、現在の原型が出来上がった。

あれから数年を経て、中村プロと縁が繋がり、
今回の契約に至ったことは、個人的にも嬉しい思いもある。

今後、中村プロはジュニアチームのコーチなどもこなしながら、
選手活動を続けていくことになる。

一時期、怪我で苦しんだようだが、心機一転さらに飛躍の機会にして欲しい。
頑張れ!ユウキ!

 

さて、今年の全日本も閉幕した。
来年は有明では無く、大阪・ITC靭テニスセンターでの開催。
うーん、行けるかなぁ・・1週間は無理だよなぁ。
まあ、来年考えればいいか。

ということで、全日本選手権のスナップなど。

とにかく雨の多かった大会だった。
IMG_0060
コートを移したり、運営側は大変な苦労だったと思う。
寒い上に雨はもう勘弁して欲しい。

新たにTeam RECに加わった西郷プロ。
IMG_0015
今回の結果は残念だったが、来年また頑張って欲しい。

今後の予定としては、まずは安藤証券オープン
実はエントリーしない予定だったのだが、急遽出場に。
シングルスはWC申請中。
もらえるといいね。

準決勝の日はジュニアで頑張っている妹さんと観戦。
IMG_0239.HEIC
ふたりのダブルスで大会に出るのが目標なんだとか。
頑張ってね。

予選のコロシアム。
IMG_0061.HEIC
観客は少ない。
平日だし、雨だし、仕方ないけど。
予選もいい試合がたくさんあるのにね。

晴れた日は観客が多めに感じた。
IMG_0153

IMG_0148
数年前に錦織ブレイクの時ほどではないが、
天気の良い本戦は人が入るのはありがたい。
貴男さんの試合はダントツに観客が多い。

関口プロの試合後。
IMG_0172.HEIC
鈴木プロとトレーナーの横山さんと。
心強いメンバーだ。

竹島駿朗プロの試合後。
IMG_0176.HEIC
一昨年までチームメンバーだった菊池玄吾プロも一緒に。
こうして皆でのショットが撮れるのは、チームぽくて良い。

晴れた日は暑かった。
IMG_0166

IMG_0184

崩れると寒いが晴れると暑い。
ローランギャロみたい。
1回しか行ったことないけど。

全日本が終わると祭りの後って感じだよね。
あ、今日からALLREC CHAMPIONSHIPSで山梨だった。
感傷に浸ってる場合じゃない。
準備しなきゃ・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

BMWとか、姿勢とか。

朝ランの帰り道。
海沿いの風が気持ち良い。
IMG_9113
駐車場にいい感じのクルマが並んでいる。

これ、何だろう。
IMG_9114

BMWだった。
IMG_9115
キレイだな。
何年代のクルマなのかな。
こういうのもいいよね。

ああ、ワーゲンバス欲しい。

 

さて、以前に斉藤貴史プロにこんな話をしたことがある。

「拠点、東京に移してみれば?
地元もいいけど、練習相手とか困らない?
こっちならプロ選手も多いし、Team RECメンバーもいるし、
何かといいんじゃない」

斉藤プロはこう言った。

「そういう気持ちがないわけじゃないんですけど、
今は地元拠点でやろうかなと思ってます。

練習相手も、ボクは誰とやっても同じというか、
結局は自分がどんな意識で練習に望むかが大事で、
このレベルの相手じゃなきゃとは思わないんです。
今ある環境で何か出来るか、その中で精一杯やろうかなって。

試合に行けば会場で練習出来ますし、東京に出てきた時には
(鈴木)貴男さんも練習に誘ってくれますし」

大人だなぁ、キミ。
二十歳そこそこの若者のセリフじゃないと驚いた記憶がある。

もちろん、欲がないわけじゃない。
向上心も人一倍だと思う。
何よりも自分の姿勢ってことなんだろう。

 

ジュニアテニスでこんな場面に出くわすことも少なくない。

保護者が・・・
「うちの子の相手になる子がいない」
「うちの子は自分より上手い子と打たせてほしい」

では、「うちの子」と打たされてる「うちの子より上手い子」は
自分よりヘタな子と打ってることになるが、その辺りの論理は別らしい。

ジュニア選手でもいる。

自分より格下の選手とラリーを組まされたり、
練習マッチを組まれると、バカにした態度で試合をしたり、
プレーがいい加減になる選手。

見ていて、本人が思うほど力の差もないのに、
せっかくの練習機会をドブに捨てているとしか思えないプレー。
お前はどんだけ上手いつもりなのって。

そのバカにした相手に本番でも負けてクサる姿も見た。
結局、そういう姿勢じゃ伸びないのだ。

 

自分にどう向き合うか。
今、自分が出来ることは何か。
そういう姿勢があるかどうかは、とても大事だと思う。

最後に崩れない選手がどちらのタイプか。
想像に難くない。

そういう意味では前述の斉藤プロの回答には考えさせられた。
きっと彼はブレずにテニスと向き合えるのだろう。
苦しい場面も乗り越えるに違いない。

すべては姿勢である。
すべては自分なのだ。

ワタクシも頑張らないと。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝とか、ブースとか。

全日本選手権男子シングルスは高橋選手の優勝で幕を閉じた。
DSC_2576

上杉選手との準決勝も観たが、まさにしばき合い。
DSC_2592

DSC_2630
どえらい若手が出てきたものだという印象。
中堅選手もますます大変になりそう。

その中で江原選手の試合運びは光った。
DSC_2907
特に逆境から自分に流れを引き寄せる粘りはすごかった。

関口選手もそうだが、皆素晴らしいプレーだった。
全日本選手権、もっと見にきて欲しい。
間近で見られるし、とても刺激になると思う。

 

さて、時間軸がメチャクチャだが、楽天ジャパンオープン。

会場にはたくさんのブースが立ち並ぶ。
IMG_9752

多くはテニスメーカーさんのブースなので、
やはりご挨拶は欠かせないでしょってことでひと回り。

ここ数年ですっかりグローバル化の感があるヨネックスさん。
IMG_9754
外国人スタッフも増えたらしい。
部署名もグローバルな感じだし、
すっかりワールドワイドな会社なのね。

芝生広場には大型ビジョンが設置され、
ビーチチェアに寝そべっての観戦ができる。
IMG_9757
季節的に夜はちょっと厳しいかな。
でもいいアイデアだと思う。
知り合いも多いので、寝そべるのはやめておいた。

日清さんのブース。
IMG_9759
錦織圭宛のメッッセージが書き込めるオブジェ。

バボラさん。
IMG_9760
夏に発売になった新しいビュアドライブはかなり売れた。
味付けは少し変わったが、ピュアドラファンには良い進化だったようだ。

試打をしないで、迷わず買う方も多いのが人気をうかがわせる。
杉田選手はいつ持ち替えるのかな。

HEADさん
IMG_9761
今年はカップやボトルなどのオリジナル小物が充実していた。
ジャパンオープンオリジナルではなかったので、
何かのイベントで買える機会もあるかも。
近々だと、HEAT JAPANかな。

Twaron(トワロン)を搭載した
新しいテキストリームシリーズが好評なプリンスさん。
IMG_9763
ブース内に試打コーナーがあったりと工夫が見られた。

スマホに貼れるステッカーを配っていた。
IMG_9776
ちゃんとした素材なので結構原価高かったのではと思われる。

ウイルソンさんはブース前でフェデラーのポスターを配布。
IMG_9764
どうですか!?と言われたので、丁重にお断りした。
って、分かってるじゃないですか。

内部は展示も。

これはフェデラー使用実機。
IMG_9765
確かナスダックオープンの時のだったかな。
昔、貸し出してもらって展示したことがある。

こちらは圭ヒストリー。
IMG_9768
かなりのお宝コレクション。

新製品ストリング、G-TOUR3が好評のゴーセンさん。
IMG_9770
G-TOUR3、ワタクシも試打したが、柔らかくて扱いやすい。
最近の柔らかめのポリは優れものが多い。
ヨネックスさんのPOLYTOUR PROも良かった。

ゴーセンのTさん。
IMG_9769
デ杯、フェドでもご存知の方も多いのでは。
日本チームのストリンガーである。

昔は営業担当をしてもらっていた。
もう20年以上の付き合いかな。

そんなこんなで1周回るうちに試合が終わってしまうのが、
恒例の挨拶回りなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

決勝とか、準決勝とか。

全日本選手権も大詰め。
土曜日は女子決勝と男子準決勝が行われる。

会場はまあまあの観客数。
日本一を決める大会だからもっととも思うが、
雨の中、来場くださったテニスファンの方々に感謝である。
IMG_0240.HEIC

女子決勝は3度目の正直で優勝を狙う今西選手と、
怪我からのリハビリ中ながら決勝まで上がってきた秋田選手の対戦。
DSC_2388

DSC_2436

互いに譲らぬ展開でファイナルセットへ。
DSC_2452

打ち抜く秋田選手とカウンターを繰り出す今西選手の戦いは、
今西選手が耐えて優勝を決めた。
DSC_2478

2回の決勝敗退での今回の3回目の決勝は
プレシャーも相当なものだったと思うが、見事な優勝だった。
素晴らしい。
DSC_2530

 

さて、続いての男子準決勝は高橋選手が
上杉選手を圧倒して決勝進出を決めた。
新時代を象徴するかのようなすごいラリーだった。
恐るべしだな。

そしていよいよTeam REC 関口周一選手の準決勝に。
ワタクシたちもファミリーボックスに移動し応援。
IMG_0252.HEIC
うーん、見づらいな、この席。

選手入場。
22813960_1864325923897801_1298054407991962940_n
対戦相手はジュニア時代から幾多の戦いを繰り広げてきた江原選手。
昨年の全日本では関口選手が勝ったが、果たして今回は。

試合はいきなり関口選手ペース。
22904638_1864326933897700_9119548163940229475_o

チャンスを叩いて前へ。
22851944_1864326813897712_2249161067850633299_n

一気に5-2とリード。
22829331_1864326057231121_8557397485356586719_o
これはいけるかもと思いきや、江原選手も並大抵ではない。
22829773_1864326153897778_1019250926476083940_o
前に出る関口選手にパスを浴びせ、自分もネットラッシュ。
徐々に自分のペースに持っていく。

ファーストセットはタイブレーク。
そして江原選手が取る。
22851681_1864326607231066_868047535721903251_n

セカンドセットは江原選手のペース。
22904708_1864326140564446_375479556404169317_o

関口選手は必死で追いかける。
何度ものブレークチャンスをなかなかものにできない。
22792406_1864327007231026_5227764758231051858_o

もう少しのところで江原選手ナイスショットにやられる。

最後まで崩せなかった。
いや最後まで江原選手が踏ん張った。
22815312_1980433462227998_1947824511362633878_n

今対戦の軍配は江原選手に。
22894437_1864327073897686_3560911290876253442_n

いい試合だった。
22885856_1864327077231019_1508962916434220850_n

大会序盤に腹筋を痛めていた関口選手。
痛み止めを飲みながらここまでよく頑張った。
22789074_1864327087231018_594710771921217263_n
大事を取って、この先のツアーはキャンセルしたそうだ。
12月の日本リーグに向けて休養、回復、調整に入る。

Team RECにとっても長い1週間が終わった。
各メンバーそれぞれの場所で戦い、またリーグに集う。
さらに強くなって会おう。
お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

晴天とか、よし勝った!とか。

全日本選手権、関口プロの試合は4ラウンド目ということで、
めずらしく朝から会社へ。(って、普通だろっ!)

午前中の商談を済ませ、溜まりに溜まったあれこれを片付け・・・(片付かないけど)。
試合進行を睨みながら、もうひとつの準々決勝が始まったあたりで有明へ。

昨日今日は快晴。
22730588_1863530473977346_8931196833593243782_n
日なたは半袖でも暑いくらい。
毎日こんなだったらいいのにね。

伊藤選手と江原選手の試合はお互い恐ろしく硬くなっているように見えた。
普段ならしないであろうダブルフォルトやボレーミスが山積み。
これこそが全日本の重圧なのかもしれない。

試合は江原選手が押し切った。
第1シードが破れる波乱というのか。
でもこの辺りまで来ると、もはや紙一重だよね。

 

さて、いよいよ関口プロの準々決勝が始まる。
22852103_1863529690644091_6412768143248737086_n

対戦相手はWCで出場の18歳、いや19歳だっけ?
とにかく若い羽澤選手。
今回の台風の目でもある。
22780402_1863529683977425_5117625354755469677_n

怖いもの無しの若者相手は何が起こるか分からない。
調子に乗せないように序盤から叩いて欲しいと願いつつ、試合が始まった。
22829515_1863529687310758_4796551300589740965_o

いきなりの相手サービスのブレークで幕が開いた。
22852126_1863530340644026_5033958685569739048_n
機を見て一気にネットラッシュの場面も多く、
昨日の試合とは打って変わって強気の展開。

しっかり要所を締めファーストセットを取る。
22829098_1863530270644033_7332651634363863310_o

セカンドセット、いきなりサービスをブレークするも
すぐにブレークバックされる。
22792207_1863529917310735_1117145261373552281_o

ちょっと心配な展開になりそうだったが、
攻撃の手を緩めない関口プロ。
22770865_1863529920644068_129614445001529976_o

さらに前へ。
そしてガッツポーズ連発。
22730404_1863530190644041_2409364426436940681_n

22791951_1863530187310708_7133705162822796919_o

最後まで展開を支配しゲームセット。
22814050_1863530347310692_2731752989155492329_n

見事な勝利だった。
22815296_1863530437310683_8771597505219417390_n

さあ、今年もここまで来た、
今日の準決勝は昨年も対戦した江原選手と。
今年も勝とう!
頑張れ、周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。