カテゴリー別アーカイブ: Team REC

ゴルフスクールとか、ジョコとか。

レックゴルフスクール水道橋へ。
IMG_4792
三浦プロと打ち合わせ。

現在、システムの入れ替えの手配中。
近日中のスイング解析システムが劇的に進化する予定。
お楽しみに。

こじんまりとした大人の雰囲気のレックゴルフスクール水道橋
IMG_4791
丁寧な指導がモットーのプロと、
ホスピタリティあふれるフロントスタッフでお出迎えします。

お待ちしております!

 

さて、ローランギャロ。
この日は圭がティームに敗れてしまった。
試合を観た限りはこの日はティームの日だった。
仕方ないという感じ。

ナダル、ティーム、デルポトロ、圭、ズベレフ、カチャノフ、
女子もアザレンカ、シャラポワなど主だった選手は見ることが出来た。

そしていよいよ最後はジョコビッチだ。
対戦相手はベルダスコだから、良い試合になる予感バリバリ。
DSC_3773

ローランギャロの締めにふさわしいカードだ。
よかった。
DSC_3774

DSC_3776

期待いっぱいのうちに試合開始。
DSC_3781

が、どうもお互いピリッとしない。
DSC_3827

IMG_6040

ミスも多いし、球威もいまいち・・かな。
IMG_6041

DSC_3842

DSC_3889

DSC_3850

陣営も渋い顔。
DSC_4001

DSC_4002

何だろう。
明らかに前の試合の方がハイレベルのボールが行き交っていた。
DSC_3911

DSC_3919

やはりジョコビッチの完全復活は遠いのか?
IMG_6038

打球音も低く鈍い。
テンション下げたのかな。
キレが感じられない。

エースも少なく、正直凡戦の印象。
最終的にはゲームセットを見ずに会場を後にした。

こりゃ、ジョコビッチの優勝はないなと思った。
数日後、やっぱり負けた。

ジョコビッチってこんなじゃないよね。
試合数絞ってもいいけど、復活してほしいな。
待ってるよ。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パリランとか、入場!とか。

パリの初日夜。
時差ボケが修正できていないのか、
何度も目がさめる。

仕方がないのでPCを開いて仕事。
IMG_5364
日本は昼間なのでやたらとレスポンスが良く、
けっきょくPCの前に釘付け。
まあ、リアルタイムでことが進んだのでよしとしよう。

夜はいつまでも明かるいのだけど、日の出は少し遅い。
IMG_5368

7時、ダンロップスポーツのSさんと朝ラン。
IMG_5372

IMG_5380

距離感がよくわからないのだけど、
とりあえずセーヌ川沿いエッフェル塔を目ざす。
IMG_5384

近づいてきた。
IMG_5411

折り返し点に到着
IMG_5428

テニスボールがいいね。

 

さて、そんなわけで、午前中はミーティングやら視察。
いよいよローランギャロに入る。

IMG_5507
それにしてもすごい行列。

テロ厳戒態勢らしく、3回もボディチェックをされた。
IMG_5553

ひさしぶり!ローランギャロ。
IMG_5556

IMG_5654

IMG_5650

IMG_5598

IMG_5597

IMG_5593

IMG_5575

IMG_5563

色々あったけど、パリの夜は忙しいので、詳しくはまた今度!
とにかく楽しい。
今日はナダル見られるかな。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

荷造りとか、DECIMAとか。

今日こそフランス行きの準備をしようと思っていた。
仕事もチャッチャと終わらせてと・・・終わらなかった。

もういい加減帰って準備しなきゃと、「じゃ、お先です」と言うと、
「えっ?ウソでしょ。冷たいものでも飲みましょうよ」とDRKさん。

「ホント、準備しないと」

「まあまあ、明日もあるじゃないですか」

「明日はウイルソンの展示会なのよ」

「大丈夫ですって」

何が大丈夫なんだかわらないが、こういうことに。
IMG_5247
取締役だし、逆らえないよね。
これって、アルハラ?(ウソ)

そんなわけで、まさに前日。
ウイルソンさんの新製品発表会、ルキシロンサミットからダッシュで帰宅。
ようやく荷造り。

って言っても、10分で終わった。
IMG_5267
日本リーグより軽装だ。(大丈夫か?)
まあ、着替えとノートPCがあればね。

ということで、今日パリへ発つ。
色んなことが目論見通りならば、
現地からブログ更新をしようと思う。

書き溜めてあったっぽい日本の話題だったら、
ワインを飲み過ぎたと思って欲しい。

では行ってきます。
12時間のフライト、キツイ・・・。

 

さて、そんなわけでローランギャロ真っ最中だ。

Team RECメンバーでは鈴木貴男プロが解説で大活躍。
日本のスタジオからだから現地では会えないが、
「楽しんできてください。解説しながら客席にいるの探します」とのこと。
手振りますね。

それにしてもナダルは強い。
一時的にツアーを離れていたのに、この強さ。
やっぱりナダル、フェデラーは別格な感じだする。

完全復帰に向けて少し苦しんでいるジョコビッチも
徐々にパフォーマンスを上げてくるだろう。

圭にとってはまた大変な状況だが、
そこを突破して、まずはトップ10に戻って欲しい。

ということで、クレーの絶対王者のモデル。
IMG_4417

PUREAERO FRENCHOPEN DECIMA
IMG_4424

今年のフレンチオープンに向けてナダルが使用する
スペシャルバージョンのPUREAEROだ。
IMG_4425

スペックは現行のPUREAEROと同じだが、
各部のデザインがスペシャル仕様。

フェイスサイドにはナダルの獲得トロフィーのモチーフ。
IMG_4420

フレーム上部にはDECIMAの文字。
IMG_4421
ちなみにDECIMAというのは「10」という意味。
ナダルの全仏10勝を記念したモデルってことだ。

フレームサイドにも10の文字。
IMG_4419

ローランギャロのロゴも入っている。
IMG_4422
バボラはフレンチオープンのオフィシャルだしね。

この限定モデル、レック各校にも若干入荷。
ちょうど今はラケットキャンペーン中なので、
会員&キャンペーン特別価格で購入可能。

しかも購入された方にはオリジナルTシャツをプレゼント。
IMG_4429

IMG_4431
買いでしょ、これ。

数量限定なので興味のある方はお早めにどうぞ。
2本揃えたい方にも、今のうちなら対応可能です。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準備とか、卒業とか。

いよいよ明日からフランス。
なのになんの準備もしていない。
こう見えて忙しいのよ。

とりあえず持って行っていいものを調べた。
どうやら一眼レフと望遠レンズは持ち込み禁止らしい。
昔は大丈夫だったけど、変わったのね。

実はカメラがいちばんの大荷物で、
機材次第でどんなパッキングをするかが決まるのだが、
持ち込めないとなれば、それはそれで割り切れる。

ということで、レックインドア上石神井からデジカメを借りた。
IMG_5174
小っさい!
バックパックでひいひい言いながら
望遠レンズ持ち歩くのとは大違い。
荷物も劇的に減った。

本当は一眼レフでバシバシ撮りたいけど、
まあ、身軽になったってことで。

あとは、ノートPCとクレジットカードでなんとかなるよね。
(ならないよっ!)

 

さて、斉藤貴史である。
27655441_1920636738266719_3595782043015623752_n

ガッツ溢れるプレーはTeam RECスタッフ、ファンの皆さんからも大人気。
DSC_2457

他のメンバー同様、背中のTeam RECがとても似合う男だ。
DSC_6211
実はその斉藤貴史プロが5月末をもってTeam RECを卒業する。
6月から新しい所属先でプロ活動をするのだ。

ワタクシたちTeam RECの選手サポートの主義主張は、
若手選手のステップアップに力を貸そうというもの。

ランキングが上がり、もっと良いスポンサーがつけば
それを受け、さらに良いプロ活動をすれば良いと思っている。
それがプロだから、引き止めることはしない。

菊池玄吾プロもそうだったし、それは喜ぶべきこと。
ステップを踏んでもっともっと大きくなって欲しいと思う。

斉藤プロ、いや貴史も一緒だ。
そして貴史は貴史なりに悩んだ。
Team RECを好きでいてくれるからこそ悩んだ。

FUTURESの会場でボスとワタクシに言いづらそうに
しかししっかり自分の意思と覚悟を持ってそれを話してくれた。
そしてワタクシたちTeam RECは、
「よかったじゃないか。受けるべきだ。頑張れ!」と言った。

貴史はいいヤツだ。
最初に会社に来た時、挨拶をした瞬間にそう思った。
そしてそれは当たっていた。

契約を結んだ途端に手首の手術をすることになり戦線離脱。
「いいよいいよ、とにかくしっかり治そう」と言ったが、
所属はしたものの1年間は試合をすることはなかった。

そして完治しかけた頃に「引退します」と突然の告白。
泣きながらそういう貴史に、
「まずオレたちに試合を見せてからだろ。地元に帰ってよく考えろ」
といったん帰らせた。

1ヶ月後、もう一度ツアーに戻ることを決めて
「もう一度やります。契約をお願いします」と涙。
そんなの最初からそのつもりだったけどね。

そしてツアー復帰、着々とランキングも上がって来た。

一本気で真面目で熱くて・・まあとにかくそういう男だ。
だからTeam RECを卒業してもみんなで応援する。
玄吾も貴史も縁が切れるんじゃなくて、Team RECのOBってことだ。

みんながんばれ!
どこで戦っていても、皆んなで応援するよ。
日本リーグであたったら敵だけど。(笑)

そんな貴史が挨拶に来てくれた。
IMG_5240

会議で集まっていた社員たちに涙の挨拶。
これはお宝映像なので非公開。

別撮りした挨拶がこちら。

 

パッチはついてないけど、
Team RECを忘れないでくれればそれでいい。

IMG_5242

とにかくがんばれ!
卒業おめでとう。
そしてありがとう!

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キーホルダーとか、処分とか。

Team RECキーホルダー。
IMG_5016
製品版ではなく、サンプルだけど。
どうでしょ?これ。
欲しい?

 

さて、絶賛断捨離中である。

まずは大量にTシャツを捨てた。

テニスウェアも捨てた。
昔のプロテニス協会のオフィシャルウェアも
シルエットがちょっとってことで捨てたものも多い。

その他、ポロシャツなんかも、歴史的な価値のあるもの以外は捨てた。

ところで、歴史的な価値って?

ナイキがテニスウェアに進出して最初に出した
マッケンローモデルのウォームアップとかポロシャツとか、
あとはグランドスラム会場で買ったTシャツとか。
自分的な歴史的価値だけど。
とはいえ、テニスウェア以上に場所を取るもの。
それは・・・釣り用ウェアだ。

外の遊びなので防寒具なんかは特に分厚くてかさばる。
思い起こせば、始めたのが90年代だから、
すっかり着なくなったウェアもシルエットが古い。

当時のバスフィッシングには定番だったこれ。
IMG_3751
もうすっかり着てない。
たぶんこれからも着ない。

でも、思い出のアイテムでもあるしと葛藤。

大会に出ていた頃のワッペン。
IMG_3753

乗っていたボートのブランド。
IMG_3752

背中にはボートのワッペン。
IMG_3754

もう1着あった。
IMG_3755

IMG_3757

パスプロ・沢村さんが経営する河口湖のショップのモデル。
IMG_3758

契約もしていないのにメーカーのワッペン。
IMG_3756

これももう着ないね。
写真だけ残せばいいかと、断腸の思いで処分。

ワッペンだけ残した。
IMG_3759
未練がましくてごめん。

それより今年釣りしてないぞ。
そっちの方が大問題だ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バッグとか、張り上げとか。

HEADさんからお預かりしたブラックコスメのSPEED。
セットの中にはツアーケースも入っていた。
IMG_5120
最近はツアーケースを使うことはあまりない。
しかもとても爽やかなデザインで、
ワタクシには似合わなさそう。
シャラポワなんかが持ったら映えるんだろうね。

それにしても最近のツアーケースは軽くなった。
使いやすそうだ。

 

さて、そんなわけでブラックコスメのSPEED。
WebやSNSのあちこちで話題になっている。

日本で90セットって言ってたけど、
本当なのかなと思うくらい目にする。
まさにHEADさんの思惑通りって感じだ。

ということで、ようやく張り上げる時間が出来た。
IMG_5121

同梱されていたストリングは2種類。
IMG_5122
ポリとナイロン。

どっちにしようかな。
迷ったけど、結局ナイロンにした。
IMG_5123
最初はソフト目で試してみようってのと、
張り上げ時間が多少短くて済むからだ。

ストリンギング開始。
IMG_5124

張りやすいね・・・
って、ラケット、ストリング、どっちを褒めてるんだか。
IMG_5139

ラケットによっては、不具合ではないのだけど
微妙に張りづらいものがあるのも事実。
このラケットはとてもスムースだ。
ポイント高し。
IMG_5126

最後のノットは横糸で留めてみた。
IMG_5127
いつもは縦糸で留めるのだが、今回はあえて横糸。
ちょっと理由があってなんだけど、
分かる人には分かるでいいかな。

ちなみにノットはリチャードパーネルノット。
Team REC標準のノットのひとつである。

完成。
IMG_5128
とても精悍なフォルム。
ラケットってこういう佇まい、大事だよね。
さてと試打しますか。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

男子決勝とか、女子決勝とか。

日曜日、電車を乗り継ぎ、柏へ。

北柏駅から歩く。
IMG_5095
4km弱の道のり。
晴天でカラッとしていて気持ちが良い。

目的地に到着。
32932579_1977064272623965_3908591088864067584_n
吉田記念テニス研修センター。

ここで、全国選抜ジュニア選手権大会が開催されているのだ。
32974757_1977064249290634_5535982655771770880_n
Team RECからは阿出川選手と石井選手の2名が出場。

なかなか観に来れなかったのだが、
前日、石井さやか選手の決勝進出の報告を受け、
応援に来てみたというわけ。

この大会は世界大会出場の選考会も兼ねている重要な大会。
12歳以下、14歳以下それぞれ32ドローという狭き門。
32948293_1977064289290630_6358820238460452864_n
そこにチームから2名出場というのもすごい。
阿出川選手はベスト16で惜しくも敗退だったが、
石井選手は堂々の決勝進出。
素晴らしい。

しかしいつ来ても素晴らしいクラブである。
IMG_5108

テニスの空気というか何と言うか、海外のクラブみたいだ。
32911919_1977064355957290_1012373200970973184_n
海外のクラブはそれほど行ったことはないけど。

まずは男子決勝から。
IMG_5109

すごいな。
今の14歳以下ってこんなレベルなのね。
IMG_5110
男子決勝はフルセットの戦いの末、
第1シードのジョーンズ選手が優勝。
どちらも素晴らしいプレーだった。
おめでとう。

 

さて、続いていよいよ女子決勝。
33097328_1977063645957361_8617753297039654912_n
宮様が観戦に来られているので、ロイヤルボックスに一礼。

石井選手と対戦するのは虫賀選手。
33059035_1977063665957359_4009457390788280320_n
全国大会では何度も当たっている組み合わせ。
全日本ジュニアでは石井選手が勝っている。

しかしこのレベルは実力が拮抗。
その日の調子でどちらに転ぶかわからない。

試合開始。
32927715_1977063759290683_1719179476199276544_n

33038947_1977063829290676_9021293615124578304_n
序盤、いまひとつ調子の上がらない感じの石井選手。

対する虫賀選手はスタートからフルパワー。
33020178_1977063912624001_105410166869983232_n
何とファーストセットは6-1で虫賀選手。

セカンドセット、一気に突き放しにかかる虫賀選手に
何とか食らいつく石井選手。
32926055_1977063735957352_3337142477495730176_n

32921376_1977064009290658_8214649364811874304_n

ようやくエンジンがかかったか、ガッツポーズも出始めた。
32984767_1977064065957319_7111472446305206272_n

劣勢から、4-4に追いつく。
32983951_1977063979290661_1822028562660589568_n

33085450_1977064185957307_6292713506294726656_n

しかしまたサービスをブレークされる。
33146701_1977063899290669_394414298559938560_n
そしてセカンドセットは4-6。

うーん残念ながら準優勝。
33061426_1977064205957305_7923019994491781120_n

しかしカテゴリをあげての年でこの成績は素晴らしい。
プレー自体も進化しているようだが、
一方で課題も山積みなように見えた。
つまりは伸び代がたくさんあるってことだ。

ここからまだまだ試合は続く。
33035546_1977064342623958_5899962755942711296_n
きっともっともっと素晴らしいプレーができるはず。
頑張れ!

一平コーチもお疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、研修会とか。

某所にて遭遇。
IMG_4986
はじめて見た。
いちおう原付バイクらしい。
ナンバーついてるし。

タンク部。
IMG_4988

エンジン。
IMG_4987
ん?日本製?

乗ってみたい。

 

さて、某日はTeam RECスタッフ研修会。

講師は鈴木貴男プロ。
IMG_4401

遠征から帰国中の関口プロも参加してくれた。
IMG_4379

今回のテーマはボールコントロール。
IMG_4387
ラリーの中でいかにボールを思ったように運ぶか。
どんな意図を持って狙いを決めるかなど。
コーチとしてのラリー技術の基本を再確認していく。

鈴木プロの絶品デモに釘付け。
IMG_4390

関口プロもたくさんのアドバイスをくれた。
IMG_4402

最後に鈴木プロ使用ウェアをプレゼント。
IMG_4407

何とも贅沢な研修会。
この日に得たことはしっかりレッスンに活かしましょう。
IMG_4375

鈴木プロ、関口プロ、ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 仕事, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

畳とか、反省会とか。

某所にて。
IMG_3998
畳屋さんね。
駅から少し路地に入った商店街にあった。

畳って、減ってるんだろうね。
我が家も畳ないし。

でも、ちょっとした小上がりに畳は憧れ。
少しでも畳スペースがあると落ち着くよね。

ちなみに実家にはそういうスペースがある。
IMG_1754
薪ストーブの後ろのスペースに琉球畳の小上がり。
お気に入りのスペースである。

実家、帰ってないなぁ。

 

さて、東京実業団春季リーグ最終戦は立川だった。
朝は2kmほどの道を歩いて行ったが、
帰りは誰も歩こうとはせずタクシー。

IMG_4486

立川って都会なんだね。
駅前から立飛までの開発っぷりがすごい。
千葉からはメッチャ遠いけど。

で、まだ日は高いけど、リーグ戦も全勝してフィニッシュだし、
喉も渇いたし、打ち上げようってことに。

駅前にこんな店が。
IMG_4487

即決で階段を降りていくボスとDRKさん。
IMG_4488

店内は昭和な世界観。
IMG_4495

おじさんかも若い女性もみんないい感じでほろ酔い。
IMG_4489

値段はまあ普通。
IMG_4490

ハムカツ。
IMG_4492

何やらのハイボール。
IMG_4493

そして反省会なのに反省していないヒラタコーチ。
IMG_4494
隣はひたすら飲んで食べるマチダコーチ。
まあ、全勝だから良しとしよう。

明るいうちから結構酔っ払った。
侮れないな、立川。

帰りは中央線快速で東京駅へ。

目が覚めたら、豊田行きの新宿駅だった。
どうして逆方向?
時空が歪んでいるのか?
(寝過ごして折り返しただけです)

ああ、びっくりした。
そんな実業団春季リーグ最終戦。

秋は3部。
楽じゃないのは分かっている。
秋も全力で頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

OB OG会とか、新製品ストリングとか。

レック興発・スタッフOB/OG会のfacebookグループが立ち上がった。
recobog01
レック興発OB・OG会

元スタッフの皆さんの交流の場になればと思って開設したのだが、
開設2日でメンバーが400名を超えた。

まあ、45年の歴史を持つスクールだから卒業生も多い。
テニスコートや試合会場でも元スタッフさんという方に会うことも多いしね。

テニスメーカーさんにもOB/OGがいて、
レック興発の担当をしてくれていたりもする。
若手だとワタクシがコーチテストを担当した方も。

もっと昔のOBだと議員さんとか。
とにかく幅広い。

このfacebookグループ、基本的に非公開の承認制なのだけど、
たくさんの卒業生の方々に集まってもらえたらうれしい。

様子を見て、何かイベントや交流会をしましょう。
お楽しみに!

 

さて、某日。
早朝から高輪テニスセンターでテニス。
IMG_3973

たまに呼んでいただける定例テニスである。
今回、メンバーが揃わなかったらしく、お声がかかった。

メンバーはテニス界のとても偉い方。
普通ならばワタクシなどは会話をすることなどないだろう。

そんなお方とダブルスを組ませていただいた。
「7割動いてね」と言われれば、「わかりました」以外に答えはない。

もうお幾つなのだろう。
80歳は超えられたと聞いた。

さすがに全面走るのはという感じだが、追いつけばちゃんと返球される。
思い切りの良いショットでストレートアタック。
見事に抜いて笑顔でガッツポーズ。
プレーを楽しんでおられる姿はスポーツの本質が感じられる。

錦織圭をはじめ。数々の選手をサポート、輩出されたのは
テニスへの愛情を持っておられるからなのだろうと。
お会いするたびに思う。

そんなテニスで使ったラケットがこちら。
IMG_3974

ラケットは型落ちのHEAD RADICALだが、ストリングはひと味違う。

実は今月から取り扱いを始めた新製品。
その名も「TECRELAX(テックリラックス)」。

ゴーセンの名品、テックガットの名を配したストリングは、
テックの「ソフト&ホールド」の感触をより突き詰めたモデル。

テックガット特有の極細繊維のマルチフィラメントに
スパイラルをミックスし、より振動吸収性を高めた。

ゲージは1.25mmと細め。
ハードヒットする男性プレーヤーだとすぐに切れてしまうかもしれないが、
タッチを追求したい女性プレーヤーにはジャストフィットだと思う。

女性プレーヤーでも数ヶ月で切れるかもしれないが、そこがミソ。
女性プレーヤーはストリングを切ることがとても少ない。
それだけに張り替え時期がわかりにくい。
このストリングはフィーリングを維持しつつ、あるところで切れる。(可能性が高い)
だから張り替え時期がわかりやすいのだ。

自らのプレーでストリングが切れるのもテニスの醍醐味。
男女問わずのエントリープレーヤーや女性層にもそれを味わってほしい。

カラーは4タイプ。
IMG_4700
ブルー・ピンク・イエロー・ブラック。
すべてにキラキラなスパイラルが入っている。

実はこのストリング、カタログに載っているプロパー商品ではなく、
このコンセプトのためにつくられたセミオーダー品。
テニスショップさんや他のテニススクールさんでの取り扱いはほぼない。

そのため各色限定数の販売。
完売の場合は次のキャンペーンまでお待ちいただくことになる。

「タッチ&ソフト」が欲しい方、ぜひこの機会にお試しくださいなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。