カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ドラマとか、診察とか。

Amazonビデオをちょくちょく観る。
最近のお気に入りは「チームバチスタの栄光」だ。
tmbat

普段、テレビドラマはあまり観ない。
決まった時間にTVが見られるような生活パターンじゃないし、
録画してまで観る気にもならない。
何より、最近はニュースとテニスくらいでTVをあまり観なくなった。

ということで、移動途中にiPhoneでAmazonビデオだ。

たまたまた目に入ってダウンロードしたチーム・バチスタだが、
これが面白くてハマってしまった。

伊藤淳史演じる田口医師が、仲村トオル演じる厚労省の白鳥に
振り回される姿はハマリ役だ。
MOZUでもそうだったけど、伊藤淳史ってこういう役うまいよね。

伊原剛志の桐生医師もカッコ良くて、
キャストがうまくハマって面白い。

とにかく面白くて、次へ次へと進み、
あっという間にシリーズを見終えてしまった。

ただ最後の謎解きの結果は個々の事情っていうか、
そんなに皆の事情が絡み合うかなぁって感じ。
もっと大きな巨悪的なものとの一騎打ちだったら面白いかもと思った。

最近の医療ドラマって手術シーンで臓器を見せるのね。
血とか注射が何より苦手なワタクシには若干拷問だ。

昔の医療ドラマってそんなシーンあったっけ?
医者の手元だけだったような気がする。
それだけリアルな映像が撮れるようになったってことなのかな。
実際は見たことがないから、何かリアルかも分からないけど。

ちょっと具合悪くなったけど、エグいシーンを
我慢してでも観る価値のあるドラマだった。
次はシリーズ2を観よう。

 

さて某日、ようやく取れた休日に病院へ。
IMG_7037

数ヶ月前からちょっと気になる症状があったのだが、
なかなか休めず、やっと受診することが出来た。

以前にも同様の症状の経験があり、
こりゃちょっとヤバイかもと、
ある程度の覚悟でCTやらレントゲンやらの検査。

近所の専門病院で有名なところなので
大学病院並みに待ち時間が長い。

ようやく呼ばれて診察室へ。
IMG_7034

困った表情の医師。
やっぱりシリアスな結果だったかと、
一瞬最悪のシナリオが浮かぶ。

「えーと、こちらの写真を見てください」

「は・・はい」

「実は・・」

「なんでしょう・・」

「何ともないのです」

「は?」

「何も無いとは言いませんが、問題ないかと」

「で?」

「うーん。どうしましょう」

「何でもないならいいです、もう」

「とりあえず、半年後にCTとレントゲン撮りましょうか」

「はあ・・」

ということで、追い返された。
まあ、何でもないならそれに越したことはない。

この数ヶ月、気になっていたのは何だったのだろう。
医療ドラマを観すぎた影響だろうか。
病は気からとはよく言ったものだ。
疲れたぜ、フゥ・・。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

後輩とか、浸水とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

大会会場でよく会う人がいる。
14歳児の試合を見ていると、寄ってくるオフィシャル。

「タクさん。元気?」

「ダレ?」

「私よ。わかんない?」

学生時代のサークルの後輩だった。
もう30年も前の後輩なんて姿形も変わってるし・・ねえ。(以下自粛)
女子連で審判員をしているらしい。

先日の全日本、関口プロのファミリーボックスに入り、
ふと横を見たら、後輩がラインパーソンだった。
IMG_4306
「頼むぜ、いいジャッジ」とは言わなかったけど、
関口も無事に勝って良かった。

形は違えど昔の仲間がこうして今も
テニスに携わっているのはいいものだ。

 

さて、そんなわけで、船舶検査に向けて振込やら予約やらを終え、
肝心のボートの準備をということで印旛沼へ。

久しぶりだね、マイボート。
IMG_4031

カバーにたくさん水が溜まっているかと思いきやそうでもない。
IMG_4030
良かったぜ。

と、カバーを開けると驚愕の事態が。
IMG_4032
なんと船内に水が溜まっている。
なんで?

ボートってのは構造的には風呂桶みたいなもの。
それが水に浮いている。
船底の栓を開けたまま乗れば浸水する。
逆に栓を閉めたまま上から水を入れれば船内に水が溜まるのは道理。

しかし、ボートを水から揚げたら、船底の栓(ドレンコック)は開け、
余分な水を抜いて、そのまま保管するのが通常。

なのに何で?

船底を覗いてみるとドレンコックが閉まっていた。
ウソだろ〜!
IMG_4036
外すと大量の水が・・・

慌てて他のストレージも確認する。
ライブウェル(生け簀)、水浸し。

そしてバッテリーストレージも。
IMG_4035
マズイじゃん。
ここ電装系とオイルだよ。

ようやく水が抜けて確認。
IMG_4039
ドロドロになったバッテリーとオイルタンク。
配線系はほとんどがちぎれている。

とりあえず全部水を抜いて乾かす。
IMG_4040

参ったなぁ。
船舶検査ではエンジンをかけるわけじゃないから
まあ何とかなるとしても、これじゃ乗れない。

トーナメントに船舶検査を間に合わせるつもりが、
新たな大問題が浮上である。

かくなるうえは、HEADのHにやらせよう。
トーナメントに出るって言ってたのはアイツだし。

そもそも申し込みから振込、そしてボート整備まで人にやらせておいて、
自分はグアムでバカンスってのが気に入らないっていうか不公平だろ。

とりあえず、この惨状の画像をグアムに送りつけよう。
しかし参ったなぁ。

カテゴリー: テニス, ボート, 仲間, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ZOZO PARKとか、読後感想とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

本田圭佑のフットボールパークである。
IMG_9192
なんとウチから徒歩数分の場所にある。

三度の飯よりサッカーが好き・・・
って人間じゃないのが悔やまれる。
でも、本田には会ってみたいな。
IMG_9191

施設名はネーミングライツで、
ファッションブランドZOZO TOWNを運営する
スタートトゥデイが取ったようだ。

余談だが、この会社は創業者がCDの輸入販売から興した。
創業まもない頃、社長さんお会いしたことがあったが、
カジュアルな格好で金髪だったような記憶がある。

その後、あれよあれよという間に成長し、
今や千葉市長からも表彰されるような大企業になられた。
恐るべしな成長スピードである。

先日、この施設でイベントが開催されていた。
IMG_9196
サッカー、フットサル、そして一部テニスもあったようだが、
サッカーという種目の裾野の広さを再認識させらるような賑わいだった。

テニスもこんな拠点が欲しいなぁ。
一歩ずつ頑張ろう。

 

さて、レック本社のハッシーに借りた本。
ybsg
某消費者金融会社をモチーフに書かれたものらしい。

超ワンマンのオーナー経営者とそれを取り巻く社員たち。
外部から招かれた人材とそれをいいように使い捨てるオーナー。
そしてオーナーの腰巾着たちの脱法行為。

登場人物の誰一人として共感できる人物がいない。
ワンマンオーナーとその腰巾着たちは当然ながら、
外部から招かれた雇われ社長も含め、それで良いのかの世界。
これほどに正義の無い会社もなかなか無いだろう。

どの世界でも、どの会社でも、構成しているのは人だから、
保身や打算があるのは仕方が無いと思う。
しかし、それ組織が成長するのかということ。

トップの覚えがめでたいからと取り立てれば、
社員たちは仕事の本質からどんどん離れていく。
まともなことを言う人間はいなくなり、
イエスマンだけが残る。

ポジション追求や他者との比較は結局のところ
疲弊や歪みを生むだけ。

個の欲望なのか、組織の未来なのか、
そこに大義が無い組織は最後は崩壊する。
タイトルの「欲望産業」とは、サラ金利用者の欲望だけではなく、
企業体質とそこに巣食う社員の欲望なのだろう。

上昇志向や野心は否定しないけど、
本質を見失わず、「いい仕事」をしなければと
今更ながらに思った一冊だった。

しかし、大義で動く人間が一人くらい出てきても
良さそうなものなのにって感じだったなぁ。

カテゴリー: 未分類, 街歩き, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝ランとか、出会いとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

寒いわ、暗いわで朝のランニングは休みがちだった。
真冬の早朝は犬の散歩か、通勤時のウォーキングが精一杯。

ようやく日の出が早くなり、走れる時期になった。
色んな意味でまた始動しなければ。

ということで、春の到来が感じられる日に海沿いを走る。
IMG_9039

知らぬ間にこんな施設が出来てた。
IMG_9038
結婚式場なのかな。

このコースが一番気持ちいいな。
IMG_9037
少し健康にならなければ。
無理はいけないが、頑張ろう。
さて、今年は健康がテーマである。
いや、むしろこの先の人生のテーマかな。

そんなわけでお酒を飲む機会が減った。
もちろん、禁酒しているわけではなく、
何もない時に自宅で飲むのをやめた程度。
やはり寝付きと寝起きがずいぶん違う。
しばらく続けてみよう。

 

さて、そんな状況以前の、とある日のレック本社。
21時頃、「さてと、帰ろっと」と席を立つ。
と、「3分待ってください」とWさん。

「なんで?」

「軽くいきましょうよ」

「行かないよ。もう遅いし」

「冷たいっすねぇ。
新しく出来た昭和歌謡飲み屋いきませんか?
または、代々木ミルクホール」

「行かないって!」

「じゃあ、10円寿司いきましょうか」

ほとんど人の話を聞いてないWさん。
仕方がないので、「ちょっとだけですよ」と付き合うことに。

IMG_8990

いつもは立ち飲みなのだが、奇跡的に1席空いた。
IMG_8989

しかしまあ、不思議な店だな、ここ。
IMG_8987

今日の10円寿司は何かな?
タコ?
タコは安くてもそんなに食べられないねなんて言いながら、
適当に頼んでビール〜ホッピーを飲む。

と、2席しかないもう一つのテーブルも空いた。
テーブルって言っても、無理やり置いたような
スゴグ小さいテーブルなんだけど。

そこに若い男女が入ってきた。
どうやらこの店は初めてらしい。

男性が「どうすればいいんですか?」というので
「自分でカウンターに注文して、出てきたら取りに行くんだよ」
と教えてあげる。

「ちなみに、今日はタコ1貫10円ね」

「タコっすかぁ」

「いつもだとブリとかびんトロとかなんだけどね」

そんな会話をしながら、狭い席なので何となく話し始める。
聞けば、彼氏は京都の和紙職人だそう。
彼女の方は、ぬいぐるみアーティストだそうだ。

とてもめずらしい職業。
生い立ちから経緯、どんな仕事内容なのか、あれこれ教えてもらう。
彼らにしても、テニス屋さんは初めてで興味があるらしい。

そして荻窪方面の飲み屋の話から、ゴールデン街、
なぜか「SION聴きなよ。いいよ」なんて言いつつ、
フェイスブックでもお友達に。
IMG_8991

気づけばほぼ0時。
慌てて帰途へ。
結局、いつものルートでは帰れず。
まあ、飲み始めが遅かったからなぁ。

それにしても面白い二人だった。
この先、会うかどうかなはわからないけど、
こういう出会いも楽しいなと思った代々木の夜。

でも、もう少し早めにスタートしましょう。
あと、酒量は抑えめにね。

カテゴリー: ランニング, 仲間, , 未分類, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仲間とか、中華とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春節ってことで中国からヤツが帰って来た。
IMG_8432
大学時代の後輩である。

後輩っていっても年は一緒。
趣味嗜好もとても近く、
ヘラヘラとつるんで遊び歩いていた。

数年前から中国で働いている。
「もう働くのやめるまで中国だね、きっと」と言う。

ちなみにヤツのカミさんも大学時代の仲間。
隣の女子大生だった。
これまたよく一緒に遊び、喧嘩もした。
彼らの別れ話の立会いをさせられたこともあったっけ。

こういうアホな仲間は一生モノである。
帰国した時しか会えないのも適度な距離感でいい。

久しぶりの日本を堪能できたか?
IMG_8433

IMG_8434
あ、連れてったのスペイン料理の店だった。
ごめん。(今気づいた)

そういえば「中国遊びにしてくださいよ」って言ってたな。
行かないよ。

 

さて、日本の中国といえば、横浜中華街である。
先日の施設見学のコースに中華街での昼食が組まれていた。
IMG_8759

向かったのは満珍楼。
IMG_8755
でっかい店だなぁ。

後ろの装飾を撮ろうと思ってたら・・・
IMG_8751
邪魔っす。(笑)

中国三千年の歴史。
IMG_8746

どれも美味しかった。
IMG_8745

前日の重責から解き放たれすっかりリラックスなイシカワ氏。
IMG_8740

お腹も膨れ、バスの待つマリンタワーまで歩く。
せっかくなので是非と案内されたのがここ。
IMG_8760
関帝廟である。

関羽・関聖帝君・関帝聖君を祀っているそうだ。
ここだけじゃなくて国内外、あちこちにあるらしい。
日本の何とか神社みたいな感じなのかな。
IMG_8771

5本のお線香を購入し、順番通りにあげていく。
IMG_8773

勝負事とか商売繁盛にご利益があるとか。
IMG_8775
うーん、なんか仕事が上手くいくような気がして来たぞ。
ありがとうございました。

関帝廟を出てマリンタワーへ向かう。
IMG_8780
さっき腹一杯食べたばかりなのだが、
会長が豚まんを買ってくれた。

お腹いっぱいっすの、久しぶりの中華街。
面白いところだね。

カテゴリー: 仲間, 未分類, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

封印とか、見学とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

テストが近いのだそうだ。

「みんなはだいたい2週間前からテスト勉強するのね。
だからタクは4週間前からはじめるんだよ」

ふーん、子どもの頃、そんな発想なかったなぁ。

本棚
IMG_8982
漫画を読まないように自ら封印。
ガムテープの小ささに微妙な迷いが見えるのは気のせいか?

携帯
IMG_8961
ゲームをしないように封印。
って、電話かかってきたらどうするつもりなのだろう。

やっぱりワタクシ、妻どちらの気質も受け継いでいない13歳児である。

 

さて、新横浜の朝。
IMG_8700
ホテルのレストランからは富士山がキレイに見えた。

前日のセミナーから、この日は施設見学ツアー。
IMG_8702

バスに乗り込み出発。
IMG_8703

最初はあざみ野ローンテニスクラブさん。
IMG_8708
閑静な高級住宅街の中にある高級クラブ。

創業当時はまだ家も少なく山林だったらしいが、
今は住宅街のランドマーク的な存在。
IMG_8713

2回にはパーティールーム。
IMG_8715

ワインセラーもあった。
IMG_8716

すごいな。
今度ご馳走してください。
IMG_8711

このピアノも年代物らしい。
IMG_8712

IMG_8718

ウッドデッキのバーベキューサイトもあったりと
まさにクラブライフといった感じだった。

こんなクラブでテニスを楽しめたらいいなぁ。
きっと無理だけど。

会員制のテニスクラブ運営が厳しい時代ではあるけど、
やはりこういう場所はとても大事だと思う。

 

次に向かったのは、GODAIテニスカレッジさん。
IMG_8733
横浜エリアでは名門老舗スクールである。

コートではコーチ専門学校の学生さんが練習中。
IMG_8726
明日のテニス業界を担う皆さんである。
頑張ってください。

運営について説明をいただいたが、とても勉強になった。
皆、創意工夫を重ね進んでいる。
置いて行かれないように頑張らないと。

最近、情報インプットをサボっていたが、
もう少し外に向けて動くべきと反省。
日々に追われちゃイカンね。

いい刺激をいただいた見学ツアーだった。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ネット通販とか、参画とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ネット通販で注文。
自信がなかったので、4個必要なところをためしに1個だけ。

数日後、納品。
IMG_6719
まったくサイズが合わず。
予想されたダメダメ展開。

実は以前にも4個無駄に買っている。
やっぱりネットじゃダメだね。
ネジ経がよく分からん。

結局、ホームセンターに行き、店員さんに聞いて購入。
IMG_6842
OK、ぴったりだ。

1年越しで無事に完成。
IMG_6843
そう、ストリングマシンを移動式に改良。

13歳児の部屋に置いているのだが、
彼も少しずつプライベートライフに目覚めてきたようなので
いつでも移動出来るようにしたというわけ。

しかし何でもネット通販じゃないのね。
やっぱり実店舗でプロに聞いた方が早いこともあるのだなと痛感。
うまく使い分けなきゃ。

 

さて某日、全事業所の責任者が集まっての会議。

午前中は全体会議から分科会。
午後はオンコート研修である。

会社の端っこで目立たぬように生きているワタクシだが、
終日黙っているわけにもいかないのがツラいところ。

午前の全体会議は一部パートで通達を、
事業部に分かれての分科会は進行役をしなければいけない。

進行役をさせてもらうようになってから、
進行方法やルールを少し変えた。

議事や課題は事前に配信、内容はあらかじめ頭に入れてくる、
資料に書いてあることはあらためて発言しない、
各議事において到達しなければいけないゴール(結論)を決めておく、
発言は正しい日本語にこだわる、
発言は結論から先に述べる、
すべての決定事項には期限を設定する等々。

ようするに、報告会議ではなく「決める会議」にしようということと、
無駄をできる限り排除しようということ。

結論(成果)を出すことも、ルールももあらためて見てみれば
当たり前のことなのだが、なかなかこれが難しい。

人は誰でも自分のペースで発言したいし、
これまで長年積み上げてきたものは捨てられないし、
変えるのもとても難しい。

とはいえ、会議やミーティングなど人が集まることはコストがかかる。
それが責任者レベルのメンバーとなれば、そのコストは膨大。
集まること、顔を合わせること、単に話し合うことだけでは
そのコストに見合う成果とは程遠い。

会社が必要だと認めての会議でありコストだから、
その分の成果を出さなければドブに捨てるのと同じ。
やはり成果、結論ありきにこだわる必要がある。

そんなプレッシャーもありつつの進行なのだ。
しかし毎回思うように進むわけもなく、
試行錯誤、反省、改善の修行の場だったりもする。

オンコート研修も同様。
研修担当チームでテーマを絞り、準備し、直前まで手を入れ実施。
IMG_6848

もちろん皆に伝えるだけでなく、巻き込み、発言、参加を促す。
IMG_6847

しかし、研修担当者から指名しないと、いつしか発言者が絞られていく。
常に挙手し発言するのは数名、その他は聞くのみという構図になりがち。

自信がないのか、間違ったことを言って恥をかきたくないのか、
すでに分かっているから今更と思うのか、理由はわからないが
社内外問わず、セミナーでも発言、質問をするのは一部のみになる。

ボスが言った。
「会社に参画するのだ」と。

「ぶら下がるな」ということだろう。
まだ年商十数億円の会社である。
スタッフ全員合わせても500人もいない。
ぶら下がれる規模じゃないぞということなのだろう。

発言の数、会議の質、結論の有無が
「参画」を計るひとつの指標じゃないかと思う。
そしてそれを促すのは進行役の大きな仕事。
まだまだだなと反省しきりである。

真剣勝負の土俵に立とう。
どうこの場を切り抜けるか、やり過ごすかではない。
今日この日、この場で何を生み出せる自分かにこだわろう。
それが「参画」である。

真剣勝負ですり減るけど、終わった時に達成感のある会議にしたい。
そうすれば、打ち上げのビールもさらに美味いだろう。
出し切ろう。

カテゴリー: ストリンギング, 仕事, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

セイコーとか、山越えとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんな時計が発売になるらしい。
satnndlted
SEIKO ASTRON Novak Djokovic 2015 Limited Edition

ジョコビッチってセイコーと契約してたのね。
satnnditdbck
裏蓋にはサインとシリアルナンバーが入っているそう。
3,000本限定で195,000円だそうだ。

買えないなぁ。
デザインも好みじゃないからいいや。
ゴールドはちょっとね。
(負け惜しみではない)

最近、黒い時計が欲しいなと思っている。
セイコーアストロンだったら、
流星ワゴンで西島秀俊がしていたこれが欲しい。
skastn
でも、これも20万円くらいするのね。
サンタさん、来ないかな。(来ないよ)
はあぁ。

 

さて、遠征やらイベントやら研修会やら
全日本テニス選手権やら慶應チャレンジャーやらと
次から次へと山というか波がやってきて、
体調が悪くても倒れるのは来月だなぁなんて日が続いた。

で、締めにはこんなお役目が・・・
IMG_6621
所属する日本テニス事業協会の発行する
ライセンス講習会&テストの講師である。

ワタクシにお呼びがかかった科目は、
これまでずっと、とてもお世話になっている同業他社の
SクリエイトのK社長がおひとりで担当していたのだが、
「内容の分量が増えたし、半分頼むわ」ってことに。

「いや、それはちょっと」と言うと、
「お前さんところのボスの了解は取ってあるから。よろしくな」
うむー、トップ会談で決まっていたのか。
売り渡された気分だ。

担当するのは1科目の半分とはいえ、
皆さんの前で1時間も講義をしなければいけない。

ボスに
「場をほぐすために、面白いこと言った方がいいすか?」
と聞くと、
「そういうのはいらない。そもそも皆んな真剣だから笑ってくれないし」
とのこと。
どうやらすでに試したらしい。(笑)

そんなわけで、緊張感マックスの当日。
前半はK社長が概念を講義。
なぜか予定時間より10分も早く終えて、
ワタクシにバトンタッチ。

緊張しつつも、なんとか1時間の講義を終えた。
最後の山にしてはかなりの難易度。
めっちゃ疲れた。

空けて次の日、再び会場へ。
2日目は試験管。
昨日の講義のテストである。

昨日よりもさらに緊張感が漂う空気の中、
黙って皆さんを見守る。

その後、採点。
判定が難しい回答などもあり、また四苦八苦。
まあ、ライセンスを発行するわけだから、
お互いに真剣なのは当たり前なのだけど。
IMG_6624
そんなこんなでようやくお役御免。

なんとなく山を越えたような・・・
今週末こそ腑抜けになって、リフレッシュしようと思う。
週明けからまたいくつも山が来るしね。

頑張った、オレ。
そして頑張れ、オレ。

カテゴリー: 仕事, 時計, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

犬とか、ALLREC開幕とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「お散歩」のキーワードに嬉しそうなCooさん。
IMG_6134

おやつのためにひたすら「待て」をする。
IMG_6234
Cooさんはこのまま5分でも待てる。

自由人のCocoさんはぜんぜん待てない。
IMG_6232
よそ見をすると、おやつを持っていた手に
パクッと食らいつく。

遊び疲れたのか、ソファーを占領して寝る。
IMG_6238
我々は彼女たちにとても大きな幸せをもらっているけど。
彼女たちもウチに来て幸せだと思っているといいな。
幸せそうな顔して寝てるから大丈夫か。
長生きしておくれ。

 

さて、体調が悪いままにALLREC CHAMPIONSHIPSの初日である。

この大会は各校の予選を勝ち抜いてきた代表ペアが戦うスタイル。
優勝者には春先に行われる、首都圏のテニススクール合同の大会に
レック代表として出場という栄誉が与えられる。

コートに張られた応援フラッグにも各校の意気込みとプライドが。
DSC_6285

DSC_6284

DSC_6283

DSC_6282

そして今大会にはTeam RECの竹島駿朗プロがゲスト参加。
DSC_5693
2日間、参加者の皆様とテニスを楽しんでくれるという
豪華なイベントなのだ。

って、カマキリつかまえて喜んでる。
DSC_5676
子供かっ!

開会式を終え、記念撮影。
DSC_5714
今年の大会Tシャツはネイビーボデイにピンクでプリント。
なかなかいい感じに仕上がった。

試合開始。
DSC_5715

DSC_5984

DSC_5956
各コートで熱い戦いが繰り広げられる。

試合がひと通り落ち着いたところで竹島プロ登場。
DSC_6389

DSC_6404
苅田コーチとダブルス組んで、参加者の皆さんと試合。

「やっぱりプロだわ」「すげ〜」のオンパレードで
1ゲームも落とすことなく、男子全ペアと試合を終えた。
DSC_6494

「楽しく真剣に」というレックのモットーそのままに
とても良い時間が過ごせたと思う。
DSC_6417
そんなわけで初日は終了。

参加者の皆様も竹島プロもお疲れ様でした。
夜はパーティーでハジけてください。

ああ、体調悪い・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 未分類, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルファとか、SRIXON REVO CX2.0インプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝ランの途中、見かけたクルマ。
IMG_2837

アルファロメオ・クアドリフォリオ ヴェルデ(かな?)
IMG_2841

IMG_2842
カッコいいなぁ。

イエローボディにブレーキキャリパーのレッドが
良いアクセントになっている。
IMG_2840

リアフェンダーにさりげなくニュルブルクリンクのステッカー。
IMG_2843

アルファロメオのイタリアンレッドやイエローは、
石畳の街並みに良く似合う。
こんなクルマを小粋に乗りこなすイカしたオヤジになりたいぜ。
(どっちかっていうと、イカれたオヤジなんだけどね)

 

さて、現在、レック各校ではラケットキャンペーン中。
コートにたくさんの試打ラケットが設置してあるので
ぜひお試しいただきたい。

ということで、ワタクシも巡回の際に気になるモデルを次々と試打。
今回はこちら。
IMG_2861

スリクソンの新製品である。
ダンロップブランドから移行してきたスリクソンブランド。
最初は、ゴルフでは有名ブランドだがテニスではどうなのだろうと思ったが、
すっかり市場に根付いた感のあるスリクソンブランド。

一般プレーヤーの集まる大きな大会や
有明などでもその使用率は非常に高くなったように思う。
特に試合に出るレベルの一般プレーヤーの使用率が高いように感じるのは、
その機能が高く評価されているということだろう。

ボール、アパレル、その他アクセサリーも徐々に
スリンクソンブランドの比率が高まっていて、
ダンロップさんの戦略が垣間見える昨今である。

 

SRIXON REVO CX2.0
IMG_2868
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:305g
■バランス:310mm
■ストリング:16×19
■グリップサイズ:2/3
■価格:35,640円

スリクソンのツアースペックシリーズ上位機種である。

前モデルのXシリーズからCXシリーズへさらに進化を遂げたこのモデル。
IMG_2867
新搭載のソニックコア素材がさらなる復元力を実現し、
ボールスピードを5%(メーカー発表は速度表記)ほどアップさせたらしい。

最近の新製品て、「〜%アップ」表記が多いけど、流行りなのかな。
もともとはゴルフクラブの性能説明に多かったような気がするけど、
ショットシチュエーションが多岐にわたるテニスでも
そのままはまるのだろうかという疑問もあるのが正直なところ。

サービスは再現性が高いので比較しやすいけど、
ラリーのボールはどうなんだろうね。
ただ、ウイルソンのトラックマンやダンロップのスイングラボなど、
高い精度でショットが計測出来るようになったのも
大きな理由のひとつなのかもしれない。

話がそれたが、このCX2.0には幾つかのバリエーションがある。
ジュニア用は別として、2.0、2.0+、2.0Tour、2.0LS、
さらにはケビンアンダーソンモデルなどの限定版もある。

ひとつのシリーズで様々なラインナップを揃えるのは
HEADなどにも言えることだが、気にいったシリーズから
自分に合うものを選べるというメリットは大きいと思う。

で、今回の試打はその中のスタンダードモデル2.0である。
IMG_2862
大好物のボックスフレーム。
トップに向かって1mmだけ薄くなるビーム。

16×19のスタンダードなストリングパターン。
IMG_2863

フェイス部分も気をてらった形状ではない。
IMG_2865
非常にスタンダードなフレームである。

 

打ってみた。

いいね!これ。

実はREVO2.0ってちょっと扱いづらいというイメージがあった。
重いし、硬いし、寄る年波にはしんどいなぁって。

しかしこのCXはちょっと違う。
取り回しも良いし、ボールのホールドは当然として抜けが良い。

ブックスフレーム、ツアー系モデルだと、
フェイスがボールをしっかり捉える反面、
飛びがスポイルされるというか、
自分でしっかり飛ばさなければいけない感じも強い。

しかしこのCX2.0は、ボックスフレーム特有の粘りを持ちつつ、
ボールの打ち出しも非常に良い。
これがソニックコアの恩恵なのだろうか。

もうひとつの理由はウエイト設定の変化かもしれない。
前モデルよりも5g軽くなったウエイトが思いの外
取り回しに良い効果を与えているように思う。

当然、スイングスピードも上がるわけで、
その分が飛びの良さにつながっているのかも。

いずれにしてもこのラケットへのハードルが
1.5段くらいは下がったように思う。
これまで「こういうラケット、好きだけど、無理だよねぇ」
と思っていた方もぜひ打ってみることをおすすめしたい。

基本的には「普通に良い」ラケット。
不必要に飛ぶだけでもないし、飛ばないわけでもない。
振った分だけ、しっかりボールが応えてくれる。

特徴がないということではなく、
プレーヤーのまま、そこにひと味のアシストを加え
ショットを成立させてくれるイメージ。

この潰し感と飛び感のバランスは絶妙。
感覚のアジャストがほとんど要らないくらいに
すんなり入り込めるラケットである。

スピンがスイングスピードが上がる分、掛かりも良い。
潰してのエッグボール系のスピンもベースライン付近でしっかり落ちるし、
ネットプレーヤーに対して浅く引っ掛けたいスピンも問題ない。
非常にオールマイティな感触。

2.0といえば鈴木貴男プロだが、スライスの乗りも良い。
低いところから持ち上げる、高いところから押さえ込む、
どちらもバウンド後に鋭く伸びてくれる。

ボレーは少しだけ押し込む感じ。
暑ラケではないので、合わせただけでは物足りない。
グイッと押し込むイメージで低く滑らすショットを打つ感じ。

ラケットが素直に反応してくれるので、
ドロップ、アングルもそのまま打てば思い通りの軌道を描く。

サービスはキレキレという感じ。
フェイス上部でボールを打つとフラットもスピン系も
ボールに集中した感触で意図した軌道を描く。
このコントロール性の高さは大きな武器になるのではないだろうか。

とにかく、バランスの取れたラケットである。
つまりは思ったように打てるということ。

オールラウンドにすべてをこなしたい男性プレーヤーには
一度試打をしてみることをオススメする。
スイングコントロールのままにボールを操る楽しさに目覚めるかもしれない。

ちなみに鈴木貴男プロの仕様機はCX2.0TOUR。
IMG_2678
もちろん市販スペックではないスペシャルエディション。
メチャ重いのだけど、振れればすごいボールがいく。
振れないけどね。(涙)

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。