暑い!とか、敗退とか。

土曜の朝8時半。
千葉市は蘇我のテニスコート。
IMG_6739
いよいよ関東実業団・ビジネスパル関東大会の幕開けである。

それにしても暑い。
朝なのになんでこんなに暑いのだ。
これで2日間、選手はもつのだろうか。
何もしていないのに汗だくである。

ということで、千葉県民のワタクシは現地でチームと合流。
37131105_2023209898009402_9114533524009910272_n

まずはテントを張り、居場所をつくる。
日陰がなければ危険な天気だし。

37110420_2023208544676204_5364752338428887040_n

37107905_2023208604676198_8928559485882990592_n

練習をしていても体力が奪われるんじゃないかというほど。
37076672_2023208354676223_7652810193012523008_n
みんな、そこそこでいいんじゃないかな。

開会式。
37192319_2023543054642753_6222445328776298496_n

役員さんも分かっていて、お話は短め。
ありがとうございます。
36983021_2023208711342854_5080740234342170624_n

プラカードがあったので、記念撮影。
37073144_2023542881309437_6135094172241100800_n

37094593_2023211748009217_18925829224398848_n
全員揃ってちゃんとした顔が出来ないチーム(苦笑)

 

さて、そんな灼熱の中、試合開始。
Team RECはシードのため1回戦は無し。

1回戦を勝ち上がってきた本田技術研究所埼玉さんとの対戦。
37112767_2023542501309475_791176419517399040_o

37111242_2023542407976151_6498902207432228864_n

 

流石に関東大会はどこも強豪。
当たり前だけど楽な戦いはない。

なんとか2-1で勝利。
まずは初回戦クリアである。

そしていよいよ今大会最大の山場。
千葉代表の新日本建設さんとの対戦だ。

新日本建設さんは、実はレックインドアテニススクール上石神井を
建築してくれた会社さん。
だからと言って、手加減してくれるわけもなく、
ガチンコのぶつかり合いが始まった。

ダブルスは武田・平田。
37126528_2023542194642839_6259235443108216832_n

37193406_2023542181309507_653073923662938112_n
こちらは残念ながら敗退。

もうひとつのダブルスは町田・細川。
36963530_2023542714642787_8837758989572767744_n

こちらは勝利。
勝負の行方は奥田のシングルスにかかった。
37062850_2023541967976195_4828996687701737472_n

体育会出身のバリバリの新卒選手との戦いは
一進一退の壮絶なしばきあい。
37118480_2023541954642863_202979673372622848_n

序盤でもたつき、リードを許すも、終盤で追いつく。
しかしまたブレークされ、それをひっくり返すことは出来なかった。
37056494_2023542087976183_4958214743056711680_n
最後は足に痙攣がきて、立っているのがやっとの状態。
気力を振り絞ってはみたが、さすがに無理だった。
残念。
Team REC、ベスト8で敗退である。

うーん、ビジパル初日で土がついたのは初めてじゃないだろうか。
しかし全国大会行きの可能性が無くなったわけではない。

最終日の順位戦で優勝すれば、5位になり滑り込みで全国だ。
まずは全国に出ることが重要。
明日も全力で獲りにいこう。

しかし暑かったね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレー屋とか、決戦前日とか。

某所にて。
IMG_4042
裏道で偶然見つけたカレー屋さん。

時間がなくて入れなかったが、
ちょくちょく行く場所なので近々入ってみようと思う。
バシさん、一緒にいく?

 

さて、メッチャ暑かった金曜日。
Team REC・ビジネスパルチームは会場入りして前日練習。

ワタクシはといえば、
展示会〜会社〜商談〜某所で打ち合わせ〜
レックゴルフスクール水道橋で打ち合わせと、
灼熱の都内をあちこち&バタバタしていた。

夕食は、チーム恒例の決起集会なのだが、
予想通りに間に合わずだった。
残念だが、なにかと詰まっているからしかたがない。

ようやく千葉に戻り、メンバーが泊まっているホテルへ。
オクダコーチからストリンギングのオファーがあり、
ラケットをピックアップするためだ。

試合前日に張るのがオクダコーチのこだわりらしい。
迷惑だ・・・。

ラケットを預かり帰宅。
ストリンギング開始。
IMG_6729

ヨネックス、久しぶりに張ったぜ。
IMG_6731
とりあえず今夜は2本。
ようやく食事ができる、ふう。

裏方は試合中は応援することしかできない。

本格的に動くのは試合が終わった夜。
写真の整理、webへのアップ等々。
そして場合によってはストリンギングとか。
出来ることをしっかりこなして、選手が不安なく戦えるように整えよう。

とにかく全国へ。
いよいよ決戦である。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

代々木とか、ビジパル関東大会とか。

代々木付近。
駅と明治通りの間付近は路地があったりと昭和の匂い。
IMG_4564

こんな一角があるのね。
IMG_4563

昭和風の飲み屋さんが軒を連ねている。
IMG_4562

IMG_4561

IMG_4560

IMG_4559

一瞬、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだ感じ。

カイフォルニアだって。ナイスなネーミング。
IMG_4558

IMG_4557

いいなぁ。
夏の早めの夕方に飲んだら気分いいだろうね。
今度行ってみよう。

 

さて、今週末はいよいよ決戦である。

Team RECジュニアのメンバーは関東ジュニア選手権。
そしてTeam REC実業団・ビジネスパルチームも関東大会だ。

東京大会では優勝させてもらったレック興発。
DSC_6853
関東大会で上位入賞すれば、8月に行われる全国大会に進出できる。

今大会のメンバーは下記の通り。
奥田・細川・町田・平田・武田・宮田の6名。
東京大会優勝の立役者の梁元コーチは手首の故障のため、
今回はメンバーから外れた。(早く戻ってきてくれ)

会場は千葉県千葉市のフクダ電子ヒルスコート
JR京葉線の蘇我駅が最寄りである。

試合は土日で行われるが、今日は練習日。
チームは今日から現地入りしている。

ワタクシはといえば、仕事が終わらず通常業務。
試合当日にチームと合流予定だ。
うーん、段取り悪いぜ。

加えて、自宅からもさほど遠くないため、
選手のストリンギングなども考慮し、
ホテルには泊まらず、自宅から通いにしてもらった。

 

各地区大会の結果を見るに、常連チームがバタバタと破れているようだ。
新たな時代の波が来ているのか・・・。
足元をすくわれないように、油断せずで戦おう。

とにかくまずは4回目の全国出場を目指して頑張ろう。
あ、頑張るのは選手。
ワタクシは特に何もしていないのだけど。

ぜひ応援に来てください。
よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ローバーとか、Prince X発表!とか。

レンジローバー
IMG_4496

最近よく見る。
IMG_4497
随分、角が取れたんだね。

昔のレンジローバーは、バカ高い、
やたらと壊れるってイメージだったけど、
今はどうなのだろう。

って、上から言うほど縁のあるクルマじゃないけど。

 

さて某日、青山へ。
ん?青山でいいの?ここ。

まあとにかく、Princeさんの展示会だ。
IMG_6659

少し前からあちこちで話題になっていたラケットがついにベールを脱いだ。

ブラックコスメを試打はしていたので、色々と気になっていて、
事前の商談の際に、「値段はいくらになるんですか?」「デザインは?」
「そもそも名前も聞いてないですし」などと、
担当のSさんに食い下がってみたが、何も教えてくれなかった。
(営業マンの鏡だ)

これだけ情報統制されたニューモデルはプリンスさんとしては久しぶり。

そんなラケットがついに全容公開。
IMG_6661
Prince Xシリーズ

試打会の際のブラックコスメ
はPrinceロゴがシンプルに入っているだけで、
「これもカッコいいな、高級感もあるし」と思っていたら、
その雰囲気を継承し、さらに高級感を持たせた感じ。

IMG_6662

なかなかいい感じに仕上がった。
って、なんで上から目線?

デイザイン的にも特徴的なこのシャフト部。
IMG_6664

このツイストされたシャフトの効果で、
フォアハンドではフレームが硬く反応して強いショットが、
バックハンド側ではフレームがしなって安定したショットが打てる。

xback

xfore

実際、試打をした時もフォアとバックでは明らかに打感が違った。
説明を聞いていた時は、そんなことができるのだろうかと半信半疑だったが、
なるほどのテクノロジーの実現である。

じゃあ、左利きは?
当然、左利き用の逆のツイストシャフトもある。
IMG_6665
モデル数が倍になるのは販売も製造も何かと大変だが、
テクノロジーの恩恵は大きいのだろうと思う。

形状から、製造工程は複雑そう。
型を合わせてパカっとというわけには行かないだろう。
聞けば、やはり様々な金型を組み合わせて作るのだそうだ。

そんなこともあってか、生産数はそれほど多くない。
店頭在庫の展開はせずに、基本的にメーカーへの発注対応だそうだ。

コンセプトから形状から販売戦略まで型破りなPrince Xシリーズ。
実は今、下記のレックテニススクールで試打出来る。

7CCテニススクール武蔵小杉
7CCテニススクール藤沢
7CCテニススクール武蔵境
高島平インドアテニススクール
ネオインドアテニススクール西新井
レックインドアテニススクール上石神井

そして7月23日からは下記スクールで試打が出来る、

7CCテニススクール溝の口
7CCテニススクール橋本
7CCテニススクール相模原
7CCテニススクール浦和
7CCテニススクール上尾

ちなみに発売は予約8月3日。
予約された方には特典ありである。

ぜひこの不思議なラケットを体感してほしい。
オススメです!

カテゴリー: インプレ, クルマ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

花園とか、ストリンギングブースとか。

花園神社
IMG_4605
朝、見るのも初めてだし、こっちの入り口も初めてだ。
夜中のゴールデン街からのアクセスしか知らなかったし。

健康的なペースに移行しつつある今日この頃。
いいことだ。

 

さて、まだまだあるローランギャロ画像。

1番コートと2番コートの間にあるハウス。
IMG_5612
地階に降りていくと、歴史館やビーチテニス、パデルなどの
アトラクションコーナーがあるのだが、さらにその奥には・・・

オフィシャルストリンギングブースがある。
IMG_5631
ローランギャロのオフィシャルはバボラってことで、
普通は入れないエリアに入れていただいた。

受付カウンター。
IMG_5630
選手やコーチがラケットを持ち込む。

テンション、1本張りor2本張り、張り上げ時間、
張ってほしい時間(前日でもOKとか、当日朝とか)など、
細かく指定していくそうだ。

1日に何本持ち込まれるのかは分からないが、
すべてのリクエストに応えるのは本当に大変だろう。
明け方までかかることもあるっていうのもわかる気がした。

日本から参加されている柞木さん。
IMG_5623
岡山でショップ経営されていて、
グランドスラムのストリンガーとしても超有名なお方。

実は10数年前にあるメーカーさんのイベントで
ニューカレドニアでご一緒した。
名刺をお渡ししてそのことを話したのだが、
ワタクシのことは憶えておられなかった。
当然である。

今大会も錦織圭のラケットを担当されたそうだ。
IMG_5624

IMG_5627

これが圭のラケット。
IMG_5625
スローと内側に「Kei」と入っている。

グリップテープは圭用のオリジナル。
(と、ウイルソンのM氏が言っていた)
IMG_5626
フレームはちょっと長いのかな。
貴重なものを見せていただいた。

マシンはすべてバボラのニューモデル。
IMG_5622
ターンテーブル〜クランプレールが特徴的。
うーん、張ってみたい。

このマシン、先日のダンロップさんの展示会で発表になっていた。
値段はやはりの100万円オーバー。
うむー、ちょっと無理かな。

「良さそうっすね!このマシン」と堤コーチが食いついてきたので、
「起案書出してみな。買ってもらえるかもよ」
と言っておいた。
堤コーチの男気が試されている。(笑)

マシンはそれぞれのストリンガーに割り振られている。
IMG_5621
柞木さんはNo03。

今回のアテンドがオフィシャルのバボラさんだから入れたこの場所。
本当に貴重な経験をありがとうございます。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、ラベルとか。

某所にて。

VESPA50(かな)
IMG_5152

とてもキレイな状態。
IMG_5153
やっぱりVESPAはこの年代がいいね。

お金と時間とガレージがあったら買うんだけど。
(どれも無いわっ!)

 

さて、たまには仕事について考えてみる。
(たまにはかっ?)

いちおう管理職。
いい歳だから管理職歴もまあまあ長い。

で、管理職ってなに?ってこと。

おそらく管理職ってキャリアやスキルとはちょっと違う。

転職しようとして、何をアピール出来るかって考えたら
「管理職やってました」とは言うかもしれないけど、
「スキルは管理職です」とは言わないだろう。
笑われるわ、きっと。

管理職はスキルとはちょっと違う。
能力ともちょっと違うかな。
キャリアといえばキャリアかもしれないけど、
出来ることにアタリをつける少しの参考程度にしかならないと思う。

簡単に言うと、管理職はキャリアや能力じゃなくて、
「その役割をしたことがある」程度の名称に過ぎない。

キモは、じゃあそのポジションで何をしたのかということ。
システムを構築した、数値を上げた、仕組みを改革した、
制度を作り上げた、人材を輩出した等々。
組織に利益を与えたことについて具体的に言えないと、
キャリアの説明にはならないんじゃないかなと思う。

チームを率いていたというのは現象に過ぎない。
何を発想し、生み出し、そのチームを稼働させ、何を成し得たか。
それがすべて。

管理職はポジション名であり、イコール能力とは言い難い。
とりあえずの管理職って人も世の中にはわんさかいるだろうし、実際そう思う。

何かを生み出す能力は持っているか。
管理職だから、人にやらせる、人を使うだけだと、どんどん力は落ちる。
仕事を割り振るのはチームにおいては管理職の仕事だが、
自分はまったく出来ないのに、理解していないのに・・
ではリーダーとしては心もとない。

「手に職」的なプレーヤー部分と組織運営能力のバランスが大事なんじゃないかなと思う。
やらない、出来ない、汗かかない、その覚悟がないリーダーに仕事を振られて、
能力を問われてもなぁってなるだろうし。

管理職経験はラベルの一部分でしかない。
酒瓶の後ろ側の下の方に貼ってある生産地程度の情報かな。
表のラベルにちゃんと書けるスキルを磨き続けなければ。

管理職は忙しい。
それは事実だし、仕方ない。

ただその部分だけに忙殺されたり、
マインドまでどっぷり浸かってしまうと、
「管理職」のポジション表示ラベルが取れた時に何も残っていないかも。
そんな危機感は持ち続けないとだなぁ・・・。

と思ったりした。

カテゴリー: バイク, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スイーツとか、Team REC Tシャツとか。

ファミマ スイーツコレクション。
IMG_6633
クレームブリュレである。
クレームって名前はちょっとドキッとするけど。

キャラメルのプレートみたいなのが別になっている。
IMG_6634

これを乗せて食す。
IMG_6636
美味し、甘し、カロリー高そう。
コンビニスイーツ侮れない。

それにしても、いつからスイーツなんて洒落た言い方になった?
ちょっと前まではお菓子とかデザートだったよね。

 

さて、Team REC Tシャツ2018年モデルが完成した。

こちらは定番ロゴ。
IMG_6609

Wilsonの赤い四角の中にWのロゴを「ボックスW」というらしい。
Team RECでもこのタイプをボックスロゴと呼んでいる。

ちなみに、これまでと若干ロゴのサイズ感を変えてみた。
微妙な違いだが、少し大人っぽい感じになったと思う。
袖の「09」ロゴは定番ね。

ワタクシが購入したのは、前回は別ロゴで人気のあった
ネイビーxピンクの組み合わせ。

今回初登場のステンシルロゴ。
IMG_6610
どうしてこれまで作らなかったのだろうと思うほどに
しっくりくるデザイン。(だよね?)

90年代のトラッドテイストもありでいい感じじゃないかな。
これを選んだスタッフも多数だった。

そして、Team09ロゴ。
IMG_6613
Team 09を前面に持って来たのは初めて。

上2点とはうって変わってPOPな感じに仕上がった。
スポーツ系のイメージかな。

ワタクシが購入したのはこの3タイプだが、
カラーバリエーションは他もにある。

基本的には受注生産なのだが、少しだけ余分に製作したものを
TENNISSHOP 09で販売中。

この在庫がなくなり次第終了。
興味のある方はお早めに!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

工事とか、霊感とか。

パリの街角。
IMG_5459
建物の修繕工事中らしい。

ポリバケツをつなげたようなパイプのようなものはなんだろう。
コンクリとか水とか流すのかな。
大丈夫か?パリ。

中国の竹で組んだ足場よりは怖くないけど。
今も中国の工事現場の足場は竹なのだろうか。

 

さて、ふと昔のことを思い出した。

20代後半の頃、プライベートでとても良くないことが続き、
ちょっと精神的にも落ち込んでいた時期があった。

当然まだコーチとしてコートに出ていた頃なので
それでもレッスンは普通にやっていた。

しかし、かなり痩せてしまったり、やはり表情にも出ていたのだろうか。
心配した会員さん(40代くらいの女性)が声をかけてくれた。

「コーチ元気ないね。心配ごと?」

お客様なので詳しい話はしなかったのだが、
悩み事なら、ある人を紹介してあげるという。

「聞いてもらうだけでもきっと楽になるし、
何よりすごく霊感が強いのよその人」

そういうことにあまり興味もなかったのだが、
実際かなり参っていたこともあったし、
心配してくれているってこともあって
紹介の人物に会うことにした。

 

後日、ある場所で紹介され、その人に会った。
50歳くらいの小柄な女性。

話をしようとすると、ここではなく、
二人だけで話せる場所が良いと言う。
まあ、そういうものかと思い、ではどこがと聞くと
静かなら車の中でも良いとのこと。

ワタクシの車に乗り、近く公園の駐車場へ。

質問などを受けながら、ポツリポツリと
現在の状況を少しずつ話す。

ひとしきり話を終え、相手が言う。

あなたは母親の影響を強く受けている。
(なるほどそうかも)

左半身に病気が起こる可能性もある。
(そうなの?医者でもないのに)

あなたはとても感受性が強いタイプ。
(そうかもね)

守ってくれているご先祖様が強いのは幸運。
(ご先祖様はおじいちゃんくらいまでしか知らないけど)

親とご先祖様は大事にしなければいけない。
(うん、たしかにそうだ)

お墓まいりには行ってるか?
(そういえば全然行っていない)

結婚するなら細面じゃない人が良い。
(良かった。そっちは好みじゃない)

ワタクシの話に共感しながら、挟んで来る言葉は
なるほどそうかと思うことも多く、
聞いてもらって良かったかもとも思った。

 

小1時間の話を終え、最後に「結局どうすれば良いか」の話になり、
彼女が言った。

「運気をあげましょう。そのためにはこれを」

取り出したのは、印鑑のパンフレット。
象牙の良い印鑑は運気を上げるという。

その瞬間に目が覚めた。

なるほどそういう商売なのね。

印鑑自体も高くて買える額ではなかったし、
ローンを組んで作った印鑑で運気が上がるとは思えなかった。
じゃあ、外国人はどうやって運気上げてんのと。

丁寧にお断りして別れた。
話をした料金は1万円くらいだったか、それは払った。
まあ、愚痴ぶつけ料&社会勉強代だと思えば高くはない。

きっと紹介してくれた会員さんは本気で心配してくれたのだと思う。
ご自身が高い印鑑を買っていたのかは知らないが、
彼女の霊感とやらを信じてのことなのだろう。

 

しかしワタクシの針は逆方向に振れた。

悩みには正面から向き合う。
解決は論理的かつ具体的な方策以外にない。
何かにすがっても現実は変わらない。
印鑑やツボで運命が変わるなんてことはあり得ない。

それから、この手のこと一切を信じなくなった。
朝の番組でやっている星座占いも大きなお世話だ。
ラッキーアイテムのオムライス食って幸せになるわけなかろう。
(血糖値が上がって幸せな気分になるだけだ)

初回の話で最後の印鑑がなかったら、
また聞いてもらっていたかもしれない。
2回、3回と話を聞いてもらっての後だったら
冷静に判断できたかどうかは分からない。

何れにしても、そっちの価値観に乏しいことが幸いだった。

心が弱っている人の操縦というか洗脳って
こうするのかってことが見えたのは収穫だったし、
すがる気持ちからは生まれるものはないことも再確認できた。

結局は自分が決め、自分で動くことだと思った。
その時決めたことは今の変わらない。

変な意味で良い人を紹介してもらって良かったなと思った
もうすぐ30歳の冬だった。

カテゴリー: , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アドバイスとか、ゴジラとか。

ソトヤマコーチ
IMG_4930
酒飲みのイメージが強いソトヤマコーチだが、実はその通りだ。

たまに二人で飲む。
酔っ払いながら、あれこれ話す。

よく説教される。
酔っ払ってるけど、中身は的を射ている。
いつも的確なアドバイスありがとうございます。

ちなみに次の日、本人は何言ったか覚えてない。
忘れたふりかもしれないけど。

 

さて、丸の内付近。
IMG_5014
とある方と待ち合わせの店を探して彷徨う。

この辺りはまともにGPSを拾わない。
高層ビルだらけだからなんだろうな。
とても不便。

途中、こんな一角が。
IMG_5003
工事現場の壁一面にゴジラ。

いや、懐かしい。

この年代は記憶にない。
IMG_5012

ギリギリこのへんから記憶あり。
IMG_5011

懐かしい。
IMG_5009

IMG_5008
小学生の夏休みの定番だったよね。

で、あれもこれもでカオスな頃。
IMG_5007

IMG_5006

IMG_5005
みんな揃えばいいってもんじゃないって思ってた。

 

このあたりから社会的なメッセージ色が。
IMG_5004

さらに宇宙的なものが絡んでくる。
IMG_5002

IMG_5001

で、キングギドラ。
IMG_4999
敵役だけど、カッコよかった。
ヤマタノオロチモチーフなのかな。

これはリメークなのかな。
IMG_4998

IMG_4997

こうしてみるとゴジラって日本文化の象徴のひとつかも。
でも実はワタクシ、東映派じゃなくて、大映のガメラ派だった。

今にして思えば、ガメラの敵役のギロンとかバイラスとか、
無茶苦茶なキャラクターだったなぁ。
それでも、夢中になって見てたっけ。
昭和だね。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

祭りとか、ローランギャロスナップその4とか。

レックテニススクール府中へ。

大国魂神社で祭りの準備をしていた。
IMG_4542
さすが国府、そして東京五社の一社だけあって大規模。

屋台もメッチャ大きい。
IMG_4543

お化け屋敷、久しぶりに見た。
IMG_4546
お化け屋敷はアトラクションとしては
今もありなんだろう。

子供の頃、お祭りに必ず出ていた見世物小屋って今もあるのかな。
人権とか動物愛護とか、今の時代の規制では難しそう。
子供頃からビビりで入ったことはないけど、
こういう文化は細々でも残ってほしいな。

 

さて、ローランギャロのスナップ。
もうその4になるけど、まだある。

正面入り口。
IMG_5503
毎年のことなんだろうけど、行列。
たぶんテロ対策で年々長くなっている。
安心のためには仕方ない。

選手が写真を撮ってる壁。
IMG_5640
以前に来た時は無かった。

いちおう記念写真。
IMG_5643

ローランギャロ界隈。
IMG_5723

IMG_5744

IMG_5724
この辺りはパリの青山らしい。

ここに住めれば成功者だそうだ。
たしかに高そうな家ばかり。
「億単位が最低でしょうね」とのこと。

会場でなんやらレポートしていたおじさん。
IMG_5791
有名な方らしい。(手前)

イモトのWi-Fi
IMG_5888
メッチャ重宝した。
海外では必須。

ホテルのシャワールーム。
IMG_5915
なぜかシャンプーがなかった。
最後まで石鹸で頭を洗った。

なぜかドアもない。
どうしてだろう。

ちなみにシャワーヘッドをかけるフックが低い位置にしかない。
頭洗う時、どうするの?
最終日の前に教えてもらったんだけど、
スイッチを切り替えると天井の穴からお湯が降ってくる。
早く教えてよ。

ラニングの帰り。道に迷って街中に。
IMG_5952
果物屋さんがいかにもにパリ。

なんとなくパリっぽい一枚。
IMG_5907

センターコートで圭の試合を観戦。
TV東京の中継に映っていたらしい。
IMG_6034
日本からスクリーンショットが届いた。
よく見てるな、みんな。

フィットネスクラブだろうか。
IMG_5948
相撲レスラーてアスリートの象徴なのか?
不思議な感覚。

指定席のセンターコート、1番コート、スザンヌランランは
出るたびにこのチケットを渡される。
IMG_6017
これがないと再入場できない。
使いまわしでの不正入場防止のため。
なるほど良いシステムだ。

なんてことを書いてるうちにウインブルドンである。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。