REC FESTAとか、豊洲とか。

今年もやります!もちろん!

th_ポスター

恒例のREC FESTAである。

鈴木貴男プロはもちろん、サプライズゲストも。(?)
クリニックは事前申し込み制だが、
その他イベントは当日参加でOK!
th_タイムスケジュール

5月4日はレックインドアテニススクール上石神井へ!
1日楽しみましょう!
お待ちしています!

さて、iMacを引き取りに渋谷に行った帰り。
せっかくなので寄り道。

久しぶりだな、豊洲のららぽーと。
th_IMG_2169
この辺の開発っぷり、半端ないね。

けっこう近いんだけど、妻と一緒に来るのはいつ以来だろう。
th_IMG_2167
ちょっと寒いけど、晴れていて気持ちが良い。

で、ドッグランで犬たちを見て癒される。
th_IMG_2164
ウチの2匹も連れてきてみたいが、他の犬たちと一緒にしたら
どんなことになるのか想像もつかないのでパス。

犬で癒され、仕事のトラブルの電話でプラマイゼロになったのはヒミツだけど。(苦笑)

ちょっとショッピングモールを見て回るもすぐに飽きる。
最近はこういうところで何か欲しくなるてことが減ってきた。
枯れてきたのか?
それとも、違うところに興味が動いたのか?

あ、でも、ギターは欲しいな。
テレキャスターね。
ひとりでキースリチャーズやっても仕方ないけど。

せっかくなのでランチ。
th_IMG_2173

th_IMG_2174

クルマなのでソフトドリンク。
th_IMG_2171
正しい夫婦デートの姿である。

滞在1時間ちょっと。
さあ、帰ってiMacのセッテイングをしよう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラムとか、シングルスとか。

海沿いのランニングコース。
th_IMG_2230
休日、たまにドラム体験をやっている。

昔は友達のバンドのヘルプで少しだけ叩いたこともあったけど、
どんだけ前なんだって感じ。

久しぶりに触ってみたいが、声をかける勇気がない。
しかも曲は昭和歌謡だし。(笑)

 

さて、早々にダブルスは初戦負けの16歳児。
学校の仲間も応援に来てくれているらしく、親には近寄らない。
まあ、そりゃそうだ。

続いてはシングルス。
th_IMG_2345
もうすぐ試合のようだ。

ひとりアップを始めた。
th_DSC_8956

th_DSC_8958
邪魔しないように望遠で撮影。
所属プロじゃあるまいし、そこまで気遣わなくていいか。

この日の対戦相手は同じクラブの1学年上の選手。
th_DSC_8974

クラブでも試合をしたりしているので、お互いに知り尽くした仲。
ちなみに対戦成績は相手の圧勝だそうだ。
しかし試合は何があるかわからない。
ガンバれ。

おっ!悪くないんじゃない?
th_DSC_8963

th_DSC_8980

と思ったら、徐々に押し込まれブレークダウン。
th_DSC_8968

th_DSC_8993

ペースを変えようと色々やってみたものの
互いを知っているからかひっくり返すには至らず。
th_DSC_9049

残念ながら敗退である。
うーん、なかなか厳しいなぁ。

側から見てると、もっと泥臭く、
何が何でもって感じでやってみたらとも思うが、
おそらくそう見えないだけで、本人は必死なんだろうな。

何にしてもテニスは自分だけで戦うスポーツ。
そもそもあれこれ口出しはしないと決めてるしね。
また練習して次も頑張ろう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, ランニング, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

道具とか、旧車とか。

まったく知らない世界、ダイビング。
先日のHEAD JAPANさんでの講演の事前準備として、
ダイビングについてレクチャーを受けた。

th_IMG_1798

ダイビング用品って一式100万円くらいするそうだ。
レンタルもあるが、多くの方は購入されるそう。
驚いた。

セレブなアクティビティなのね。
担当責任者の方に「一度ご案内しますよ」と言っていただいたが、
もし体験したとしても、その後続くことはなさそうだ。
色んな世界がある。

 

さて、休日。
天気も良いので海沿いをランニング。

海浜公園駐車場を通りかかると何やらやっている。
ランニングを中断し見に行くと。

旧車たちがずらり。
th_IMG_1865

th_IMG_1866
おお!グロリア!セドリック!

フェアレディZも。
th_IMG_1867

th_IMG_1868
Zは初代の240が一番カッコいいけど、この2代目もいい。

これはかなりレア。
th_IMG_1871

スカイライン・ワゴン
th_IMG_1873
70年代の車じゃないかな。
子供の頃に見かけた記憶があるから。

この頃から「バン」じゃなくて「ワゴン」もあったのね。
th_IMG_1874

th_IMG_1872

商用車のイメージの強いバンタイプがオシャレなワゴンになったのって、
ボルボが入ってきて、スバル・レガシーが発売になってって思ってたけど、
そういえばこの時代もこのスカイラインとか、こんなのもあったっけ。
th_IMG_1881
これなんだろ。
セドリックワゴンかな。

ちなみにワタクシ、ランクルに乗る前はワゴンタイプを乗り継いできた。
ブルーバードワゴン(サイドがウッドパネルのやつ)、三菱シャリオ、
レガシー、ボルボ740、セプターワゴン、ああ、懐かしい。

やっぱりミニバンよりもワゴンの雰囲気が好きかな。
いつかセカンドカーにVOLVO240の赤が欲しい。(いつだ?)

しばし妄想しつつ・・・おっ!
th_IMG_1879

th_IMG_1878

ビートルかぁ。
これもいいなぁ。
th_IMG_1869

旧車ってとても贅沢な趣味だよね。
こんなクルマたちを保有していじれるなんてうらやましい。

ワーゲンバスで海沿いの道を流すオヤジになりたいぞ。
時間、お金、ガレージ・・いろいろ必要だなぁ。
いつか・・きっとね。
頑張ろう。

そんな妄想をした旧車ミーティング会場。

カテゴリー: クルマ, スポーツ, スポーツグッズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

旅とか、開幕戦とか。

であっという間に東京実業団春季リーグの開幕である。

今季、レック興発東京は2部リーグに昇格。
通常業務が手一杯でメンバーを揃えるのがとても苦しい台所事情に加え、
上部リーグのレベルは高く、苦しい戦いを強いられながらの昇格だった。

そして今季もさらに厳しい戦いになるのは目に見えている。
とにかく一戦ずつ全力で行くべしである。

初戦の会場は北八王子。
th_IMG_3072
自宅から電車に揺られて2時間超。
遠い・・・。
ほぼ旅だな。

まあ、千葉が遠いんだけどさ。

 
さて、今回対戦させていたただくのはオリンパスさん。
コートに案内していただいたのだが、既視感が。
th_IMG_3071
6年前だったか、現日本リーグチームでここで対戦していた。
懐かしいな。

それにしても大企業ってすごいな。
コートもハード4面。
羨ましい。
あ、ウチの会社もテニスコートはたくさんあるか。

今回のメンバー。
th_DSC_1326
送り出してくれた各スクールの皆のためにも全力で勝ちに行こう。

ちなみにウェアは前々日に届いたばかりの出来立てホヤホヤ。
日本リーグチームと同じモデルをオーダーしたものだ。

試合開始。

ダブルス1 武田、奥田
th_DSC_1397

th_DSC_1362

やっぱり2部は強い。
なかなか相手を崩せず、こちらにペースを持ってこれない。
th_DSC_1410

th_DSC_1582
わずかの差だったが、6(5)−7 3−6で敗退。
試合時間がメッチャ長かったので、
シングルスも戦う奥田コーチの体力が心配。

ダブルス2 町田、平田
th_DSC_1344

あっさりファーストセットを取り、これはいい感じだと思いきや、
セカンドセットを3-6で落とす。
調子こいたか?(平田コーチの得意技)
th_DSC_1445

th_56353987_2220882964908760_378292636303228928_o

まさかのスーパータイブレーク突入。
ここから気合を入れ直し、10-0で勝利。
ジェットコースターな展開ながら1勝1敗へ。

シングルス3 山本靖昌コーチ
th_DSC_1879

th_DSC_1852

前季リーグから参戦もニューカマー。
th_DSC_1933
クールな試合運びで淡々とポイントを重ね、6−3 6−4で勝利。
素晴らしい。
これで王手である。

シングルス2 山本遼介コーチ。
th_DSC_1626
この日は実業団デビュー戦。

ベンチの平田コーチからチェンジコートの度に
Team RECの歴史を語られるという洗礼。
th_DSC_1679

マッチポイントからなかなか決められない状態が続いたが、
なんとか振り切って、6−3 6−4で勝利。
th_DSC_1755

多少緊張もあったようだが、チームの勝利を決めてくれた。
th_DSC_2005

最後はシングルス1、奥田コーチ
th_DSC_2067

th_DSC_2157

序盤、順調にゲームを重ねる。
th_DSC_2097

が、しかし心配されていた事態が。
足に痙攣が来た。
しかも相手は粘りモード。

なかなかゲームが取れない。
マッチポイントも逃す。

勝負をかけて一発打ち込むも決まらない。
th_DSC_2210

とうとうサービスが打てなくなった。
アンダーハンドサーブでしのぐ。

そしてタイブレークへ。
最後は気合のみ。
th_DSC_2294
勝利!
6−4 7ー6(7)と壮絶な試合だった。
ファイナルに入ったらリタイヤ必至だったが、よく振り切った。

なんとか開幕戦勝利である。
想像はしてたけど、やっぱり2部は厳しい。

次は4月21日(日)19時〜 高島平インドアテニススクールで対戦。
ぜひ応援に来てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

再開とか、ダブルスとか。

休日。
th_IMG_2235-EFFECTS
ようやく暖かくなってきたので朝ラン再開。
このところウォーキング中心だったのでちょっときつい。
徐々に慣らさなきゃ。

 

さて、いちおう休日。

5時半にクルマを出し、16歳児をクラブへ。
春の大会シーズンが始まり、この日は県ジュニア。
皆で早朝練習をしてから会場に行くのだそうだ。

th_IMG_2338

年末もそうだったが、節目の試合の日にはこういうことしてくれる。
コーチには感謝である。
やっぱりジュニア指導は情熱だな。

ということで、早朝練習を終え会場へ。
th_IMG_2340

この日は単複予選。
ダブルスは同じ部活の仲間。
先生からしばらく一緒に組むように勧められているらしい。
そういえば公式戦のダブルス見るの初めてかな。

コールされコートへ。
th_DSC_8899

ウェア、全然揃っていないのね。
th_DSC_8902
いや、これでも揃えてるのか?
よくわからん。

試合開始。
th_DSC_8904

th_DSC_8907

それほど力の差があるとも思えないが、なかなか決め手が見つからない。
th_DSC_8915

笑顔。
試合中、こんな顔するのか。
th_DSC_8921
シングルスでは見られない表情だ。

ネットポジションがサイドに寄り過ぎ。
これではリターンにまったくプレッシャーがかからない。
th_DSC_8929
この辺りがダブルスしてないってことなんだろうか。

「もっとセンターに立て!」
「動かないとプレッシャーかけられないぞ」
「思い切ってポーチに出ろ」
心の声はあれど、見守るだけ。
まあ、テニスってそういう競技なんだけど。

勝負所で押し切られ崖っぷち。
th_IMG_2344

もう少しの場面もありつつ・・・
th_DSC_8942

押し戻せずにゲームセット。
th_DSC_8951
ふたりともあまりダブルスを知らない感いっぱい。
学校的には固定ペアなんだろうから、
場数を踏んでコンビネーションつくっていくことかな。

次のシングルスも全力で頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

龍とか、フットルックとか。

本棚の隅っこで発見。
th_IMG_2691

村上龍、昔はたくさん読んだ。
氏がテニス好きだったってこともあったし。

こんなのもあったよね。

懐かしい。
またテニスのテーマで書いてくれないかな。

 

さて、先日の会議。
th_IMG_2604
終了後なので和やかな空気。
会議は緊張感持ってちゃんとやってます。たぶん。

最後のプログラムはアメアスポーツ(ウイルソン)さんによるプレゼン。

新たなに導入した足型測定器による企画、
「フットルック」のご紹介である。

医療機器である測定器で足のサイズ、圧などを測定し、
最適なサイズのシューズを提案するというもの。

まずは岡野コーチの足で試すことに。
th_IMG_2605
足元にあるのが測定器である。

靴下を脱いで乗る。
th_IMG_2606
足の位置を整えて・・。

自然な姿勢で立つ。
th_IMG_2607
どう考えても自然じゃない。
なぜ威張ってる?

で、スキャン。
th_IMG_2608

測定データがこちら。
th_IMG_2609

これを加工すると、足圧が出る。
th_IMG_2610
標準的な良い足らしい。
人類だったのだな、やっぱり。

サイズを細かく出す。
th_IMG_2612

普段の自分のサイズとは若干違ったのかな。
これでジャストフィットのシューズが見つかる仕組みだ。

なるほどねぇ〜と、、皆で感心。
th_IMG_2615
自分の思い込んでいるサイズとの違いを知ることはとても大事。
フットワークのパフォーマンスにも影響するし、故障回避にもなる。

この測定イベントは無料。
RECテニススクールの数校で実施予定。
予約制なので、案内が出たらお早めにお申し込みくださいなのだ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

忖度とか、人材とか。

RECインドアテニススクール上石神井のスタッフルームにあった。
どなたかのお土産らしい。
th_IMG_2220
「忖度」ねぇ・・・なかなか難しい問題だ。

最近またニュースで聞くワード。
正論では「忖度なんて」だけど、世の中は忖度で溢れてるんだなぁ。
配慮とか慮りとか長幼の序は忘れちゃいけないと思うけどね。

 

さて、桜である。
th_IMG_2530

4月、この時期は色んなことが動く時期。
ワタクシも桜を見ると、自身の節目の季節を思い出す。

新卒での就職もそうだが、テニスコーチとして
ひとつの転機の時も桜満開だった。

今年の4月も様々な動きが。
お取引先様にも人事異動やらなんやら。
異動は昇進もあったりで、寂しいがおめでたいこともあるが、
中には退職という話で驚くこともちらほら。

離職について考えてみた。

離職率の高い組織には、やはり何らかの要因(問題)がある。
組織の変わり目、過渡期の場合もあるだろう。
しかし恒常的に離職率の高い組織には別の要因があると思う。

最近、腹に落ちた話を聞いた。

「旬の(だった)人間を使い捨てる」

その時々で、誰かをもてはやし、使い倒し、
飽きたらハズしにかかり居場所を奪う。
それまでのことを否定し、次の「旬」に飛び移る。

そんな組織あるのか?と思うが、ある。
実は程度の差こそあれ、そういう傾向の組織は確実に存在するし、
そういう傾向のリーダーもいる。
会社に限らず、小規模のチームでも同じだ。

そのような組織は離職率が高く、硬直化する。

判断するのは簡単だ。

「あの人、あんな(センター)ポジションにいたのに」
「あの人がまさかやめるなんて」
そういうことが多いのは「旬だけ使い倒して使い捨て」組織の可能性がある。

周囲はそれを見ている。
そして次の使い捨てにならないように振舞い始める。

目立たない。
物申さない。
センターに立たない。
チャレンジしない。
意向に沿う正解だけを探す。

そんな組織が永続的に成長するのは難しい。
常に外的要因は変化するし、軌道修正は必要だが、
都度都度、節目節目で人材を使い捨てする組織に成長する未来はないだろう。

使い捨てってのは、次々に「首を切る」ことばかりじゃない。
ポシション、役割を奪う、閑職に追いやるのも同じ。

メンバーもチームも良い時もあれば悪い時もある。
その度に持ち上げたり、落としたり、叩いたりをしては
周囲も前に向けないんじゃないかと思う。

いきなり人の能力がゼロになるわけもない。
スランプや方向性がずれ始めていたらサポートし修正すること。
ようは使い切れていないだけ。
つまりはリーダーの責任である。

世間は常に人材不足だ。
人を消費するチームは常に「旬の人間」を探す。
しかしそうそう人材が転がっているわけもなく、
そいいうチームに加わろうとも思わないだろうから、
ずっと人材不足は続く。

目標があっての発展的離職はいいが、
メンバー落ち感による離脱、愛想尽かし離脱は残った人間も不安になる。

希望に満ちた春でもあるが、残念な春の話も耳にする。
とある場所でとある方にお会いして、話を聞いて、
常に自分を振り返り、チームの成長を考えようとあらためて思った次第。
みんなで頑張ろう。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

強風とか、試合開始とか。

今年のかしわ国際オープンテニストーナメント。
th_DSC_0894
毎年のことながら桜がきれいなのだが・・・

風がすごくて、コート上の落ち葉がとても多い。
th_DSC_0870

これをチェンジコートのたびに掃き掃除するのはとても大変。
とはいえ、選手も気になるレベルだから仕方ない。
th_DSC_0631
大会運営は大変である。

 

さて、寒風吹きすさぶ中、ようやく関口周一選手の試合が始まった。
th_DSC_0635

仁木選手とはITF早稲田の準決勝での対戦以来。
この組み合わせが1回戦というのだからツアーは厳しい。

th_DSC_0697

th_DSC_0719

序盤から関口選手が飛ばし、ファーストセットを6-2で取る。
調子は良いようだ。

セカンドセット、若干ペースダウン。
th_DSC_0751

th_DSC_0840

th_DSC_0877

仁木選手の怒涛の攻めに押し込まれる場面が増える。
th_DSC_0921

th_DSC_1111

th_DSC_1076

th_DSC_1038
セカンドセットは6-3で仁木選手。

勝負はファイナルへ。
th_DSC_1124

th_DSC_1152

th_DSC_1153

要所で良いプレーもあったが、不幸なネットインや
微妙なジャッジ(これは双方)もあり、いきなり1-4。
大丈夫か?周一。
th_DSC_1256

しかしここから気合いでイーブンに戻す。
th_DSC_1197

th_DSC_1235

th_DSC_1215

リードし、キープしていけば勝ちが見えるところまで来るも
サービスを落とし、タイブレークに。

th_DSC_1262

th_DSC_1272

序盤リードするも攻め込まれゲームセット。
th_DSC_1282
惜しい試合だった。

でも、ファイナル1-4からよく戻した。
本人によれば、プレーは悪くなかったそうなので次に繋げて欲しい。

次は日本シリーズ最終戦の松山。
頑張れ!周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビートルとか、かしわ国際とか。

大会会場にて。
IMG_2807
プロモーションカー。
こういうの REDBULL にもあった。
車はMINIだった。

BEETLEもいいね。

 

さて、そんなわけで、この日はここへ。
IMG_2803
柏はTTC(吉田記念テニス研修センター)である。

ITFツアーも亜細亜から始まり、早稲田、筑波、甲府と来て
5戦目のかしわ国際オープンテニストーナメントに入った。
このジャパンシリーズ、全戦参加はかなり厳しいようで
選手たちもランキングとスケジュールを見ながら大会を選んでいる感じ。

ワタクシは様子を見ているわけではないが、
今年はなかなか時間が取れずに、早稲田の2日間のみの応援。

今大会はTeam RECからの出場は関口プロのみ。
本戦からだし、おそらく初戦は水曜日になるだろうってことで調整。
読み通りに5番コートの3試合目にスケジューリングされた。
そしてようやく柏に来れたというわけ。

あ、そうか。この大会は観戦有料だった。
1,100円支払って入場。
あとでボスに聞いたら選手の関係者は申し出れば無料だったらしい。失敗。

ここTTCは1、2番コートに屋根がかけられインドア化した。
IMG_2805

天井高17mだそうだ。
IMG_2813

IMG_2814
公式戦対応だとこうなるのか。
すごいな。

会場はかなりの観客数。
IMG_2815

IMG_2811
平日なのに素晴らしい。

それにしても寒い。
晴れてはいるが風がメッチャ強くて冷たい。
IMG_2816

IMG_2819

Team REC卒業生の菊池玄吾選手の試合を見つつ関口選手の試合を待つ。
IMG_2824

IMG_2823

関口選手の予定コートで前の試合が始まり移動。
IMG_2827

かなりの熱戦。
ファイナルに入る。

なかなか試合が始まらない。
それにしても寒い。
写真ではこの寒さが伝わらないのが残念。う〜。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テニスボーイとか、一緒にとか。

漫画「テニスボーイ」
th_IMG_2469
強引な必殺技もあったりしたけど、面白かった。

車とかファッションとか80年代っぽい。
「テニス=オシャレ」みたいな時代。

皆が浮かれてた時代だ。
ワタクシもそれなりに浮かれてた。
まあ、楽しい時代だったよね。

ちなみに、ネオインドアテニススクール西新井で読めます。

 

さて、某日。
ネジメコーチと一緒に高島平インドアテニススクールを出る。

時はもう夕方というか宵の口。
駅に着いて改札を入ろうとしたらネジメコーチが言った。

「どうしようかなぁ。最近ご一緒してないし」

「どういうこと?」

「最近、一緒に飲んでないじゃないですか」

「そう?先週も社員研修の打ち上げで一緒に飲んだじゃん」

「あ、あれは・・ねえ」

どうやら、オフィシャルな会はカウントされないらしい。

「でも悩んでも、その手に持ってるラケット、
ネオインドアテニススクール西新井に届けなきゃいけないんでしょ」

「そうなんですよね〜」

「西新井までは付き合わないよ」

「うーん。仕方ないガマンするか。でもなぁ。いや行かねば」

ほとんど独り言。(笑)
残念でした。

いやでも、この前もさ・・・
th_IMG_2222

高田馬場で飲んだでしょ。
th_IMG_2224

しかも、どこかに電話してると思ったら。
th_IMG_2221

メンバー増えてるし。
th_IMG_2225

まあ、リニューアル決起集会&ヨシムラコーチ異動激励会ってことでいいんだけど。
あ、この時点で異動って決まってたっけ?
憶えてないや。

しかし皆、本当によく働くね。
頭がさがる。

よく働き、よく飲んで、しっかり休みもとってね。
人生はメリハリが大事だぞ。
って、お前が言うなって感じかな。
申し訳ない。

また今度ご一緒しましょう。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 読書, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。