好物とか、事業所対抗戦とか。

トマトはちょっと・・なんだけど、トマトケチャップは大好きだ。
IMG_6971
ステーキ屋さんによくあるタイプのこれ。
隣に同じタイプのマスタードがあれば最強である。

自宅にも欲しいな。
って、そんな感じの食事ばかりじゃないけど。

 

さて、JAPANフューチャーズもひと段落。

すっかり前の話になってしまったけど、
3月上旬、Team REC事業所対抗戦が開催された。

この大会は今年で28回を迎える歴史あるイベント。
各スクールの代表のスタッフたちが名誉をかけて戦う。

本戦当日の朝。
DSC_1827
緊張した面持ちの選手たち。

実はこの本戦大会の前には予選がある。
つまりここに来るのも大変という大会なのだ。

予選を勝ち上がった各校代表。
DSC_1850
今年もここに来れてまずは良かった。
頑張れ!

ということで試合開始。
試合は男子ダブルス、ミックスまたは女子ダブルスの3本。
2本取れば勝ちである。

定番の円陣。
DSC_1870

DSC_1878
各校で掛け声もそれぞれ。

ユニフォームを揃えているスクールも多い。
DSC_1814

2月で閉校したした厚木校。
DSC_1824
お客様の寄せ書きかな。
ありがとうございます。

チェンジコートのベンチコーチも熱い。
DSC_1886

DSC_1889

DSC_1890
仲間の激励や戦略、テクニカルなアドバイスと様々。

試合は徐々にヒートアップ。
DSC_7368

DSC_7488

DSC_7459

DSC_7382

いやぁ、みんな若いなぁ。
うらやましい。
DSC_6876

DSC_8284

DSC_8268

DSC_7956

応援も熱い。
DSC_1962

DSC_7185

DSC_7327

DSC_1943

ここ最近の傾向だが、女子選手が強いところが勝ち上がる。
DSC_7090

DSC_7248

DSC_8436
で、みんなメチャ上手い。

これまでも全日本選手やインカレ選手、県チャンピオンなど
錚々たる顔ぶれの女子選手が出場。
かなりのレベルなのだ。

決勝は、7CC浦和校と7CC武蔵小杉校。
DSC_8441

DSC_8558

DSC_8496

浦和校が接戦を制し優勝。
DSC_8619

優勝した7CC浦和校。
DSC_2014

どれも素晴らしい試合だった。
仲間の思いを背負って戦う選手たち。
熱い応援。
お客様もたくさん来てくださった。

Team RECを代表するイベントのひとつだ。
ワタクシも若ければ・・いや、ハハハ。

来年はどこが優勝するかな。
本戦にたどり着くのはどこだろう。
今から楽しみである。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エルグランドとか、HEAD DAYとか。

かしわ国際オープントーナメント会場。
カーディーラーがスポンサーらしく車が展示してあった。
IMG_6454

エルグランドかな。
IMG_6455

内装もかなり豪華。
IMG_6453
前席もキャプテンシートだ。

こういう車もいいね。
ただし運転するんじゃなくて後席がいいな。
IMG_6452
いつかは運転手付きの身分に・・・ならないな。

 

さて、某日、豊洲方面へ。
話題の市場などを眺めつつ、目指すは「ららぽーと豊洲」。

この辺りもどんどん変わっていく。
東京オリンピックの時が完成形なのだろうか。
IMG_6494
水上バスに遭遇。

HIMOKOだ。
IMG_6504
松本零士氏がデザインしたらしい。
まさに近未来って感じ。

HIMIKOも一度は乗ってみたいが、こっちは操船してみたい。
IMG_6502
波切りも良さそうだし、エンジンを見るにスピードも出そうだ。
高いんだろうなぁ。

あ、いやいや。
今日の目的はぶらり町歩きじゃなかった。

HEADさんの新製品発表会である。
IMG_6506

場所はららぽーと豊洲のユナイテッドシネマ。
映画館で発表会ってのはテニス界初か。
さすが、HEADさん。
IMG_6507
椅子が良いので快適。
座り心地が良すぎて眠くなりそうなのがちょっと。

何が発表されたかはまだ解禁前なので言えないが、
HEADらしさ満載の新シリーズである。
IMG_6509
4月20日に情報解禁になるので、試打感も含め書いてみたい。

ちなみに次の日、この日プレゼンをしたユルゲンさんと、
ラケットのデザイン担当のウルフギャングさん(すごい名前)と
新宿のホテルでミーティングをした。

日本市場や販売状況について意見を聞きたいとのことだったけど、
本国HEADの考えていることの先進性なども確認できて勉強になった。

まだまだ先を行くHEADさん。
今後も楽しみである。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メジャーとか、プロジェクト始動とか。

有楽町。
IMG_6064

テニスもメジャーになったなぁ。
というか、錦織圭がメジャースポーツ選手ってことか。

テニスをもっとメジャーに!
と思いつつ、次の予定へ向かう。
頑張ろう。

 

さて、こんなプロジェクトが立ち上がった。
rtpcpn
ラケットチューンナップ・プロジェクトである。

千葉にあるチューンナップショップ、RACKET STUDIOさんとコラボし、
レックテニススクールでもラケットチューンナップを受け付けが始まる。

メニューは、ロング加工、シュート加工、グリップチューン、
バランス調整等々、多岐に渡る。
一度に書ききれないので、少しずつ紹介していこうと思う。

工房はこんな感じ。
IMG_5746

IMG_5869

IMG_5866

IMG_5862

IMG_5747
様々なツールに溢れ、まさに工房。

これはグリップの型。
IMG_5870
全てのラケットブランドの型があり、
HEADラケットにWilson型のグリップなど自由自在。
サイズもなんとG7まであるそうだ。

加工サンプル。
IMG_6996

ラケットはストリング、グリップ、グロメット、ウエイトなど
全てが取り去られ、一旦丸裸にされて調整が加えられる。

こちらはロング加工かな。
IMG_6997
カーボンで指定の長さに加工が可能。
選手のリクエストもロング加工が多いようだ。

工房にはプロ選手使用機がズラリと並ぶ。
名前は言えないが、多くのプロ選手のラケットが
ここでチューニングされて選手の手に渡る。

実はワタクシも実験的にある加工を施してもらった。
確かに違いは明確。
後日、体験談をご紹介しようと思う。

チューンナップ受け付けは下記まで。

レックインドアテニススクール上石神井
ネオインドアテニススクール西新井
高島平インドアテニススクール
レックテニススクール府中

チューンナップは繊細な調整が必要なので、
コーチと大枠での方向性を話し合っていただいた後、
工房のテクニカルスタッフと綿密な打ち合わせ、
そして作業に入るという流れである。

値段なりの価値があるのは間違いなし。
ぜひ一度お試しください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シェフとか、買い替えとか。

先日のREC FESTAのご案内記事

ブログを読んでいた外山コーチからクレーム。

「ボクの担当パートの記載がありませんが」

申し訳ない。
もちろん恒例の「外山シェフの美味しいなにか」もあります。
IMG_5710 8.48.48

IMG_0446

「裏で一人で作っていると寂しいんですよねぇ」

「表でオープンキッチンやる?手際とか色々とバレるけど」

「やめときます」

ということで、お楽しみに!

 

さて、このところ我が家の家電が次々に壊れていく。
経年といえばそれまでなのだが、物入りの春に出費がかさむのは正直痛い。

次は掃除機。
IMG_6963

妻によれば、
「毎日、頑張ってと声をかけながら使っているけど、最近吸引力が・・」
とのこと。

そりゃ10年も使ってればね。
・・ではなく、ボースがボロボロ。
IMG_6962
恐ろしく貧乏くさい補修がしてある。

犯人たち。
IMG_7026
大きな音がダメなのか、掃除機は敵らしい。

掃除を始めるとワンワンと大騒ぎ。
怖いのか周辺を駆け回るだけで近づかないのだが、
電源を切った瞬間に噛み付いてくる。
そしてボースがボロボロにというわけ。

さすがにもうダメだねってことで、いよいよ買い換えることに。
IMG_6960
妻が以前から欲しがっていたダイソンである。

なんかすごい形状だな。
IMG_6959
デザインなのか、機能ゆえなのか分からないけど。

決め手はここ。
IMG_6961
ホースではなく金属の筒になっている。
これなら噛まれても安心。

ということで、使ってみた。

当たり前だけど、吸引力は素晴らしい。
音は、まあこんなものかな。

ゴツイ外観通り、ちょっと重い。
バッテリー内蔵だから仕方ないけど、
長時間は厳しいんじゃないかなってくらい重い。

犬たちは・・相変わらず吠えまくる。
そして噛み付く。
今度は穴はあかない。

ほとんどがキミたちの抜け毛の掃除なのだよ。
むしろ味方だと思うんだけどね。
ネットの動画だと掃除機に吸われて気持ち良さそうな犬もいるのに。
掃除機でブラッシングが出来たらどんなに楽だろうと思うが、まず無理だ。
仲良くしておくれ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

研修会とか、ツールとか。

某日、レックンドアテニススクール上石神井にて、
東京都テニス事業協会のセミナーが開催された。

このセミナーはユニークなテーマが多く、
昨年はヨガ体験、その前は歩き方走り方教室だった。

そして今年は・・・
IMG_6113
空手である。

素敵な女性師範が講師。
一見優しく華やかだが、型そのものはメッチャきつい。
IMG_6116
動き続けるテニスと違って、
静止状態と一気に動くのを交互に続けるのって難しい。

型もかなり細かな部分まで決まっているのと、
意識をどこに持っていくかってのもあって、
なるほど武道だなぁって感じ。

最後に見せてもらった先生の型。
IMG_6120
凄みと美しさが両立した素晴らしいものだった。

こんな美しい顔をして話すことはエグい。
過酷な修行、何度も骨を折った話や、
人を殺せる技を持っていることを分かって振舞うべきなど、
ギャップがすごかった。

ちなみに繰り出す技はまさに電光石火。
一気に懐に飛び込んできて、気づいた瞬間には拳が入っている。
極めるとこうなるのね。

とても貴重な体験をさせてもらった。
それほど長い時間を経験したわけでもないのに、
股関節が筋肉痛になったのはヒミツだ。

 

さて、先日のこと。
レックゴルフスクール水道橋で打ち合わせ。
IMG_5891

あれこれ終えて、新たに導入したツールを試してみた。
IMG_5892

ネットでよく宣伝しているレーザーパットってやつ。
パターのシャフトに取り付けた本体からレーザービームが出て、
それが曲がらないようにスイングするという仕組み。

ネットの広告動画だと、ラインがキレイに出て
それに沿ってボールが打ち出されていくので、
そういうものなのかと思っていたのだが・・・

自分の感覚でテイクバックすると、
レーザーのラインがボールを外れて別の方を向く。
つまり、いつものスイングは真っ直ぐじゃないってこと。

かなり意識してストレートにスイングしていたつもりだったけど、
全然違うってことが視覚的に分かった。

ラインが真っ直ぐに出るようにスイングしてみたが、かなりの違和感。
しかしこれが正しいラインなのだ。
IMG_5893

目からウロコとはこのこと。
これでかなりパッティングの精度が上がるはず。(ホントか?)

このレーザーパットもそうだが、
ゴルフの練習器具って多種多様で面白い。
しかも効果ありそうだし。

ちなみに、この日もいつもの通り、
アイアンもドライバーも1球も打たずじまい。
せっかく行ったのに・・・
こういうことだから上手くならないのだな、きっと。

カテゴリー: ゴルフ, スポーツ, スポーツグッズ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新企画とか、Woodieとか。

この度、こんなことを始める。
rtptz
ワタクシも試してみたが、なかなか面白く希少な企画。
詳細は徐々に公開予定。
お楽しみに!

 

さて、ラケット繋がりで、懐かしラケット。

Prince Woodie
IMG_6343

何とも懐かしいラケットだ。
IMG_6348

ウッドでこのフェイスサイズの強度を出すのだから
何層にもなっていて、やっぱり重い。
IMG_6344

ブリッジのホールが互い違いになってる。
IMG_6346
これってどういう効果なんだろう。

今更だけどウッドラケットってグロメットないよね。
IMG_6345
ストリングの振動ってどうだったっけ?
ウッド素材だから吸収してくれたのかな。

少なくとも「ビーン!」て感じは無かったよね。
昔何度か打ったことはあるけど、よく覚えてない。
どんなだったけな。

ウッドからカーボンへの移行期のこの時代、
そしてその前のウッド時代を思うと、
ラケットの進化ってすごいな。

高校生の頃、「あんなショット、外人しか打てないよ」と思っていたのが、
ラケットの進化でかなり近づいたのが事実。
まあ、それに伴って、トッププレーヤーのプレーも
格段に進歩してるから同じなんだけど。

それにしても、このラケットを女子選手が振り回してたってのはすごい。
ガブリエラ・サバティーニ、カーリン・バセットなんかが使ってたんだっけ。

サバティーニはその後、グラファイトになって、さらにYAMAHAだよね。
契約更新のタイミングでUSオープンに優勝して金額が跳ね上がったとか。

バセットは、ダブルスのスペシャリスト、ロバートセグソと結婚した。
「あんな美人がなんでセグソと・・・」と思ったっけ。

この時代、アイドルっぽい女子プレーヤーがたくさん出てきた。
マニュエラ・マレーバやらリサ・ボンダーとか。
ボンダーはミズノとラケット契約してた。
カッシーニだっけ。

テニスそのものがメディア的にキャッチーなアイコンだった時代。
懐かしい。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パックマンとか、本戦とか。

今年のエイプリールフールはあまり話題がなかったような。

朝、妻が「なにこれ?」と。
iPhoneを見るとGoogle Mapをパックマンを走り回っている。

変なウイルスでも踏んだかと、自分のiPhoneを見ると。
IMG_6375
ホントだ。
検索してみたら、エイプリルフール企画らしい。

プレーしてみた。
IMG_6378
本物の地図を上を走り回るパックマン。
ビジュアル的には面白いけどすぐに飽きた。
もともとゲームはあまりしないのだ。

その他はあまり面白いネタ無かったな。

ITF、プロテニス選手の数を大幅削減へ 1万4000人から1500人に
って記事が出てて、これもエイプリルフールネタかと思ったら、
どうやらそうではないらしい。
プロツアー、どうなっちゃうんだろう。

 

さて、かしわ国際テニストーナメント。
月曜日は本戦1回戦。

鈴木貴男プロは試合無し。
竹島駿朗プロは2ラウンド目にオーダーされた。

対戦相手は菊池玄吾プロ。
ジュニア時代からの盟友、ダブルスのパートナーでもあり、
昨年まではTeam RECの仲間である。

ここで玄吾かぁと思っても仕方ない。
このドロー数じゃ、じゅうぶんあることだよね。

朝、会場入りの前にコンビニに寄ったら、
奥プロ、竹島プロ、菊池プロが買い物してた。

歩いてきたらしいので、「乗ってく?」と言うと、
3人仲良く乗ってきた。
まあ、それほどの仲ってこと。
とにかくお互い頑張れって感じだ。

会場入り。
IMG_6469
本戦からは入場料が掛かるのね。

試合開始。
17620278_1750392895291105_8199694642081910502_o

17493242_1750392558624472_6909713376246754744_o

互いに固い感じもあるが、より固かったのは竹島プロ。
17436160_1750392311957830_2120057068501072993_o
序盤はまったく噛み合わずミスを連発。
なんとファーストセットは0-6。
マジか。

お互いを一番知っている対戦とはいえ、それは無かろう。
なんとかセカンドセットをと思いつつ見守る。

セカンド序盤も上がり切らず悪い予感。
17620149_1750393015291093_8902179526804751214_o

鈴木貴男プロも見守る。
17620281_1750392948624433_4799638048251440569_o
「駿朗、どうでしょう?」と聞くも、
「ファーストは見てないので、何がどうしたのか分からないです」って。

セカンドもサービスを落とし追いかける展開に。
と、ここで開き直ったか、積極的な攻めに出始める。
17546760_1750392661957795_1498282460094390888_o

徐々に菊池プロもミスが出始め戦況が変わり始めた。
17637148_1750392421957819_3500758853495204260_o

しかし勝負どころで菊池プロのサービスが連続して
際どいところに決まり、万事休す。
17547012_1750392811957780_4534690515902288563_o

セカンドセット4-6で敗退である。
17795763_1750393085291086_6400434344874010082_n

これで竹島プロの5週間のJAPANフューチャーズシリーズは終了。
シングルスはきびしい局面が多かったが、ダブルスは早稲田で準優勝。
微妙な成績かもしれないが、次に向けて頑張って欲しい。

ちなみに、昨日に本戦1回戦を戦った鈴木貴男プロは岡村選手に勝ったようだ。
さすがレジェンド。
何とか2回戦は応援に行きたいが、ちょっと無理かなぁ。
ぜひこの先も勝ち上がってください。
どこかのタイミングで行きますのでお願いします。

それにしても、このシリーズ期間は何かと予定が詰まって大変。
もうあっぷあっぷだぜ。

ガンバレ、オレ。
駿朗もガンバレよ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 携帯電話, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オフショットとか、予選決勝とか。

かしわ国際オープントーナメント。

写真は試合後のオフショット。
IMG_6437
試合を振り返る貴男さんとボス。
激闘の様子は後述。

芝生で寛ぐ竹島プロ。
IMG_6432
優しい視線の先には昨年誕生した長男くん。
メッチャカワイイ。

厳しい戦いの中、つかの間の時間だ。

 

さて、大会2日目は予選決勝。
前日の極寒&雨天とは打って変わっての素晴らしい天気。
春の大会らしくなった。
17626294_1749743355356059_326100179489196832_n
この日は竹島プロと鈴木プロが横並びで試合。
運営側の配慮ではないと思うけど、見やすくてありがたい。

竹島プロは前日の好調を維持。
17492614_1749746945355700_6784682106121181176_o

粘り系の相手に付き合いつつ、しっかりポイントを重ねていく。
17620268_1749746695355725_2942176804559614177_o

17546674_1749746298689098_5072015640961821038_o

ファーストセットは6-1。
17622101_1749746288689099_8193339124248823889_o

セカンドセットに入っても竹島プロのペース。
17636781_1749746365355758_3803777911824787541_o

IMG_6425

17758470_1749746805355714_4346638132775013418_o

そしてセカンドセットも6-1。
無事に本戦進出を決めた。
17546674_1749746298689098_5072015640961821038_o

「ラリーに付き合っていっても問題ないと思いました」とのこと。
思うようなプレーに近づいてきたようだ。

一方、鈴木貴男プロは大接戦。
IMG_6428

17621858_1749740745356320_3384387373163359965_o 17621856_1749741828689545_2732610772267478890_o

互いに譲らすファーストセットはタイブレーク。
17635086_1749741315356263_7346772672651145675_o 17635087_1749741465356248_1077922730549123_o

鈴木プロのネットプレーが炸裂し、ファーストセットを取る。

セカンドセット。
互いにブレーク、そしてブレークバックという譲らない展開。
17636767_1749743002022761_7264895488335242054_o

17635494_1749741045356290_3763146811492749268_o

なんとセカンドセットもタイブレークに。
17545372_1749741742022887_370833069489417443_o

このセットは僅差で落とす。

バスルームブレイクを取り、ファイナルセット。
IMG_6429

離せそうで、なかなか突き放せない。
それにしても鈴木プロの試合はいつも観客が多い。

ファイバルも序盤は一進一退。
17637104_1749741908689537_5639607791549186711_o

終盤で鈴木プロが相手サービスブレーク。

試合時間はもうすぐ3時間になる。
鈴木プロもポイント毎に呼吸を整え、自らに気合を入れる。
かなり苦しそうだ。
17632454_1749743185356076_4292677756378145839_o
5−4からのサービスゲーム。
ネットラッシュでプレッシャーを掛ける。
まさに怒涛の攻め。
すごい圧力。

マッチポイントを押さえゲームセット。
最後まで攻めを貫いての勝利。
17626378_1749740155356379_32376864567565465_n

思わずコートに倒れこむ。
試合後、声を掛けたら、「テニス人生で一番疲れました」とのこと。

観ている方は3時間も楽しませてもらって良かったけど、
そりゃあシンドイよね。

2人揃って予選を勝ち上がった日曜日。
しっかり体力を回復させて本戦に臨んで欲しい。
ガンバレ、Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

竹島プロとか、鈴木プロとか。

かしわ国際テニストーナメント。
JAPANフューチャーズシリーズも最終戦である。

予選初日の土曜日の朝は雨。
ただし予報は昼で回復ということで会場へ。

到着時はやはり雨。
しかし程なくあがり、選手も練習を開始。
IMG_6379

鈴木プロ、竹島プロも隣同士で練習。
IMG_6398

そして、竹島駿朗プロの1回戦が始まった。
DSC_1355

IMG_6409

序盤から攻める竹島プロ。
DSC_1998

なんか、ピリッとしてるかも。
咳き込んでるのを除いては・・ね。

対戦相手のミスを引き出す。
DSC_1718

竹島プロのペースで試合は進む。
DSC_1696

DSC_1655

DSC_1573

DSC_1390

DSC_1388

DSC_1386

DSC_2002

試合は、6-1 6-1で竹島プロの勝利。
良い出だしである。
IMG_6415
明日の予選決勝も頑張ろう。

 

さて、竹島プロがセカンドセットに入ったところで、
5番コートを見ると鈴木プロがアップ中。

あれ?早い。
前の試合の選手がリタイヤしてしまったらしい。

DSC_2106

思い外の早い出番にも対応する鈴木プロ。
いつでも出られるようにとの準備もプロである。
DSC_1900

DSC_1890

鈴木プロの試合はいつも観客も多い。
DSC_2233

ネットプレー、ドロップ、アングル、鬼スライスと、
この日も貴男劇場の開幕である。
DSC_2117

 

DSC_2283

DSC_1890

いやぁ、楽しい。
いつまでも見ていたい感じ。

DSC_2294

DSC_2287

マッチポイントもキッチリとネットで決め、6-1 6-4で勝利。
DSC_2299

素晴らしい試合だった。
DSC_2311
Team RECの両プロが勝って、ほっと一息の初日。
さあ、明日も勝って本戦に行こう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ボールとか、壊れた?とか。

しばらく前、ブリヂストンさんの展示会でいただいた。
IMG_5980
タイガーウッズとボール使用契約を結んだそうだ。

相当高額な契約金何だろうな。
想像もつかないけど。

以前、プロのラウンドレッスンを受けた時に、
「ボールはいつも同じもの、新しいものを使ってください」
とアドバイスをもらった。

拾ったボールは湿気を含んでしまっているからダメなんだそうだ。
あんな硬いボールが湿気を吸うのか。

そういえば、ブリヂストンスポーツのHさんにも
「ボールで10打は変わるよ」とも言われた。
たぶんそれなりにうまい人の話だと思うけど。

ちなみにテニスボールの感触はわかるけど、
ゴルフボールの違いはまったく分からない。
そもそも同じ当たり方しないしなぁ。

 

さて、愛用のBluetoothイヤホン。
IMG_5932
3,000円もしない安物だけど、
そもそもワイヤレスに音質も期待していないし、
イヤホンてすぐに壊れる消耗品だからじゅうぶんだ。
実際これも2回壊れて、1回は無償交換、1回は買い直している。

で、先日突然電源が落ちて起動しなくなった。
何をしてもうんともすんとも言わず、
ああまた壊れちゃったなぁと思いつつ、
販売元のアドレスを探してメールを送ってみた。

「あんたのところもイヤホン、電源が入らなくなった。
何してもうんともすんとも言わない。
安物とはいえ、あまりに壊れるのが早く無いかな。
交換してちょ」

という意味合いのことを、丁寧な言い回しの行間に
若干の抗議の匂いもちりばめた絶妙な文章で送ってみた。

と、次の日に回答。

「うちの商品使ってくれてありがと。
ところで、キミは再起動って知ってるか。
充電しながら、あのボタンとこのボタンを同時に長押ししてみ。
初期状態に戻るから、もしかすると直るかもよ」

という意味合いのことが、とても丁寧な文章で返ってきた。

そんな操作方法があったのか。
そもそも最初に入っていた箱なんて、
なんの化粧もされていない段ボール箱だから、
説明書と一緒にとっとと捨ててしまった。

さっそく言われた通りの操作を試す。

なんとあっさり直った。
若干の抗議を練りこんだことを反省し、メールを送る。

「素早い対応ありがとう。
言われた通りにやってみたら直ったよ。
壊れた、交換してくれなんて言ってゴメンよ」

という意味合いのことを丁寧に伏してお詫びって感じで送った。

さっそく返信が届く。

「直ったんなら良かった。
安物だけど、まあ大事に使ってくれよ。
また何かあったらいつでも連絡くれな」

という意味合いのことが丁寧に書いてあった。

素早く的確な対応、素晴らしい。
どんな言い方しても安物のイヤホンだけど、
まだ使い続けようと思った。

ただねぇ・・壊れたと思って、
違うメーカーのイヤホン注文しちゃったんだよね。
ちょっと早まっちゃたかな。

カテゴリー: ゴルフ, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。