記憶とか、TENNIS SENSORとか。

某日、西新井駅近くの飲み屋で。
IMG_0364
ソトヤマコーチと飲んでいたら、
少し前に退職し、別の道に進んだキヨシが現れた。

元気そうで何より。
新しい道でも頑張って欲しい。

ちなみに次の日、ソトヤマコーチはこの写真を見て、
「あれ?昨日、キヨシきたんですか?全然覚えてない」

マジか。
けっこう深くていい話もしたんだけど、全然覚えてないのね。
もちろんワタクシが払ったことも覚えてないに違いない。
今度、払わせてみようかな。

 

さて、HEADさんからこんなものが届いた。
IMG_0524
HEAD TENNIS SRENSOR

まだ発売前の商品とのことだが、
一部の契約コーチなどにテストを依頼しているようだ。

パッケージを開けるとこんな感じ。
IMG_0526

グリップエンド型のセンサー。
IMG_0527

グリップエンドを外すためのツール。
IMG_0529

充電ケーブル。
IMG_0530

USBポートに挿して充電する。
IMG_0531
グリップエンドとは磁石でカチッとくっつく。

グリップエンドに内蔵されたセンサーが
打球データを計測してくれるそうだ。

データは専用アプリに反映される。
IMG_1141

どんな結果が出るか楽しみだ。
週末に試してみよう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寿司とか、AIとか。

スシローにて。
IMG_0705
タッチパネルを触っていて目に止まったメニュー。

「オムライすし」

何とセンスのないネーミング。
頼んでみた。(頼むのか?)

IMG_0706

寿司飯なのね。
その上に冷凍っぽい卵焼き。
中にはひき肉っぽいものが少し。
まずくはないけど美味くもない。

こういうものを見ると話の種に頼んでしまう性格を何とかしたい・・・

 

さて、AIスピーカーが旬らしい。
aeco
AmazonからもAmazone choが登場。
話しかけると音楽をかけたり、
買い物したりと色々やってくれるらしい。

音楽ってどこから引っ張って来るのだろう?
Amazon Musicかな。
著作権とかあるしね。

ところで、AIスピーカーに話しかけるのって恥ずかしくない?
みんな、Siriとか使ってるのかな。

ワタクシはほとんど使ったことがない。
機械に話しかけている自分の姿はなんだか耐えられなくて。

先日、試しにSiriに話しかけてみたのだが、
滑舌が悪いからなのか、認識度合いが今ひとつだった。

「わかりません。もう一度お願いします」

ちょっとイラっとくるな、このやり取り。
思い切って、大きめに話しかけてみた。

「今晩、何食べたい?」

「私は食事をしなくても生きていけます」

そりゃそうだ。
つまらん。

昔観た漫画や映画の未来は、どこかに話しかければ
電気が点いたり、TVが見られたりしてたけど、
まさにそんな時代に入って来たってことか。

まあ、電話を持ち歩くようになるのも、
昔は考えられなかったしね。

そういう意味では、昔のウッドラケットでは打てないショットが
今のラケットでは打てるようになってるし。

時代はものすごい勢いで進んでいる。
どこらへんまで見られるかな、楽しみだ。

でも、機械に話しかけるのは恥ずかしいぞ。

カテゴリー: オモチャ, 携帯電話, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キーホルダーとか、オーダーとか。

先日、クロゼットから発掘された中にこんなものも。
IMG_9952
HEADのリールキーボルダー。
以前のロゴなので随分古いと思われる。

展示会で配られたものだったかな。
釣りにいいかも。
あ、釣りしてないか。

 

さて、こんなラケットが届いた。
IMG_0257

全体はこんな感じ。
IMG_0262

わかるだろうか。

そう実はこれ、HEAD SPEED MPなのだ。
IMG_0258

IMG_0261

IMG_0266

このSPEED、そんじょそこらのSPEEDじゃない。
IMG_0259
市販にはないカラーと、フレームにはHEAD SELECTの文字。

グリップはレザーテイストの特注。
IMG_0263

グリップエンドのロゴはHEADではない。
IMG_0267

そして、スロート内側には、Team RECの刻印が入っている。
IMG_0260

このラケット、HEADさんからいただいたもの。

本国のスタッフさんとのミーティングや、
あれこれと試打やテストを手伝ってくれたから、
お礼にオリジナルモデルをつくってあげようとのことで、
海外で展開しているオーダー企画でラケットを作成いただいたのだ。

カラー、ウエイト、バランス、ストリングパターン、
グリップタイプ等々を選び、刻印を指定する。
speedselevcet
これがその時のオーダー画面。
今、ワタクシが使いたいスペックにさせていただいた。

待つこと1ヶ月半くらいだろうか。
HEADさんから届いたのがこれ。

もちろん、もったいないので使っていない。
ありがたく会社に展示させていただいた。
本当は打ってみたいけどガマンである。

このカスタムシステム、日本からのオーダーも可能なのかな。
自分の名前、入れたラケットつくってみようかなぁ。
見る限り、SPEEDだけみたいだけど、PRESTIGEないですか?

カテゴリー: オモチャ, ステーショナリー, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お目見えとか、ライブとか。

Team RECサポートメンバーの西郷幸奈プロが
レックインドアテニススクール上石神井にお目見えする。
Wilsoncourtjack

西郷幸奈プロはWilson契約選手ってこともあり、
ウイルソンさんのコートジャックとのコラボが実現した。

当日はレッスンの中でラリーに入ってくれたり、
アドバイスをしてくれたりの予定。

新製品ラケット試打も、プロとの触れ合いもお楽しみに!

 

さて某日、日比谷公園を歩く。
IMG_9954

ああ、やっぱり今年も雨だ。
このイベント、7割の確率で雨だな。

目的地の日比谷野音の周囲は入場を待つ人の列。
IMG_9956
それなりの年齢の方々ばかりなのがなんとも言えないが、
自分も似たようなものなのだろうと思いつつ、列に並ぶ。

入場。
IMG_9957
雨に反射したステージライトがキレイだぜ。
って、半分ヤケクソだ。

席を探す。
あった、思い切り後ろの端っこだ。
IMG_9960
まあ、顔見たいわけじゃないしと自分を納得させる。

運がいいのか悪いのか、端っこに覆い被さっている木が
雨の直撃を避けてくれる。
IMG_9963

しかしこの雨の中、よく皆んな来るなぁ。
IMG_9961
中高年ばっかり。(笑)

そうこの日は毎年恒例の高中正義師匠の野音ライブなのだ。
雨男の師匠のライブは今年も恒例の雨。

「みんな無理しないでね」みたいなMCでライブが始まり、
今年も師匠のギターを堪能した。

残念なのは雨の影響なのか機材トラブルっぽいのが多かったこと。
あと、寒いからかミスタッチも多かったような。

基本、毎年行っているので、今年は良かったとか、
今年は消化不良とか、どうしても比較してしまうけど、
それでもやっぱりライブはいい。

以前は誰かを誘って行っていたが、雨の確率が異常に高いので、
高中師匠の演奏をホントに聞きたい人じゃないと厳しいってことで
一人で行くことにした。
一人の方がチケットも取りやすいしね。

ということで、毎年のライブに点数をつけるつもりもないけど、
今年はBLUE CURACAOも聴けたし、Dance’ in Jamaicaも良かった。

師匠がライブをしてくれる限りは行き続けよう。
もはや、親戚の集まりとか法事みたいな感じかな。
「正義おじちゃんが来るってよ。じゃあ集まるか」みたいな。

多分人生で一番ライブを見てるのが高中師匠かな。
ライブやめるまで付き合いますぜ。
じゃあ、また来年!

カテゴリー: Team REC, 西郷幸奈プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、スケジュールとか。

美味しいです、これ。
IMG_0707

このシリーズ、高くないのに美味い。
IMG_0709
やるな、グリコ。

暖房の効いた部屋でアイスを食べるのは冬の醍醐味。

北国育ちだったからだろうか。
子供の頃は「冬にアイスなんて」って感じだった。

リビングから一歩廊下に出たら極寒。
納戸においてあるミカンが冷え冷えだったけど、
今は実家に帰ってもそんなことないもんね。

地球も暖かくなり、家も密閉性が上がったんだな。
昭和も終わりだ。
って、とっくに終わってるよっ!

 

さて、昨晩、東北から関東に戻ってきた。

とにかく何かとバタバタな今日この頃。

先日は大阪で日本テニス事業協会の発行するライセンス講習会の講師。
何回やっても緊張する講義を終え、次の日はテストの試験管。
IMG_0438

終了後は東京に戻ってレックゴルフ水道橋へ。
HPリニューアル用の写真撮影。

明けて先週月曜は日本プロテニス協会のセミナーの仕切り。
IMG_0715 IMG_0781
東京地区会の地区長になって最初のセミナーなので、
なんとか成功させなければとのプレーッシャーもありつつ、
鈴木貴男プロ、谷講師のおかげでなんとか無事終了。

次の日は4時起きで会社のゴルフコンペ。
IMG_0797
お取引先様にも喜んでもらえて良かったけど、
いつもより緊張のラウンドだったからか、
次の日はひどい筋肉痛だった。

この週末は、ある仕事で東北方面へ行っていた。
IMG_0920
週明けの今日は会社の会議があるので、
中一日戻ってまた東北へとんぼ返り。
数日は東北滞在の予定だ。

順調に仕事が進めば東京に戻れるが、
次の日は日本リーグの必勝祈願で柴又帝釈天へ。

週が明ければ、日本リーグで兵庫入り。
試合はしないけど、まあ疲れるのよね。
今年はこれまでにないほどの熾烈な戦いになりそうだし。

年内は走るしかないな。
12月30日くらいにはゆっくり出来るかな。
頑張れ、オレ。

 

カテゴリー: 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

痛いとか、進呈とか。

膝痛い。
IMG_9888
じゃあ、走るなよ。

湿布してまで走るかってのが正論なんだろうけど、
一度妥協するとダメになりそうな気がして・・・。

そうして自分を追い詰めるのもいけないのかな。
もう少しゆるく生きますか。

 

さて、先日。
クローゼットを整理して、大量の服を捨てた。
多くはTシャツだけど、一度も着ていないものもたくさんあった。

会社で揃えたゲームシャツも。
IMG_9946
これは2世代前のモデル。
シンプソンさんに作ってもらった。

袖のロゴがワッペンじゃなくてプリントなので、
ゴワゴワしなくて良い。

生地自体は少し厚手なので、首回りが少し気になるというか、
もう少し軽いといいかなっていうのもあるが、
その分、ヘタらないので、今も愛用しているスタッフも多い。

これは前回のユニフォーム。
IMG_9947
薄手、軽くてとても動きやすい。
かなりスリムなシルエットで、若干着る人を選ぶ。
まあ、テニスコーチだからうちのスタッフは大丈夫・・と信じたい。

これくらい薄くて軽い生地が好みだなぁ。
昔から試合の時は出来るだけ何も着けたくないってタイプ。
時計着けて試合する選手もいるけど、ワタクシ的には考えられない。

まあ、とにかく軽くていいシャツだ。

このウェアたち、ご覧の通り一度も着ていない。
もらっているわけじゃなくて、ちゃんと買ってるのにもったいない。

でも、今後もおそらく着ない。
RECロゴのウェアは15歳児が試合で着るわけにもいかない。

ということで、スタッフにあげることにした。

社内メーリングリストで「これあげます」とメールを送ったら、
数人から速攻で返事が来た。
先着順じゃないけど。

複数枚あったので、とりあえず希望者には渡った。
着てもらえるところに行けて、シャツも本望だろう。

ちなみに今年のウェアもまだ一度も着ていない。
IMG_0271
うーん、テニスしろよって感じか。

とあるオファーでコートに出てもいるんだけど、
試合するわけじゃないのから、着ないのよね。

よし、試合するか!(ウソ)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新機種とか、Wilson Natural登場!とか。

どうだろう、iPhone X。
IMG_0409
発表当初は少し心が動いたけど、結局何もしてない。

iPhone7はSuica機能が搭載されたという意味で、
買い替えの動機になったけど、
今回の8とXは機能的な革新性が感じられずだ。

顔認証とかあまり興味ないし、全面ガラスパネルは
落としたらすぐに壊れそうだ。

何より高いよね。
大した変化も感じられない携帯にそんなに出せませんぜ。

 

さて先日のこと。

ストリング打ち比べ。
IMG_0075
ラケットはワタクシ的ベンチマークのHEAD RADICAL MP。
HEADさん、貸し出しありがとうございます。

ストリング3本合計で36,000円の試打である。
って、ラケット買えちゃうぜ。

1張り12,000円のストリングは巷で話題のナチュラル。
IMG_0077

ウイルソンとルキシロンから新たにリリースされたナチュラルストリングだ。

このストリング、何が違うかというと、原料から違う。

オーガニック・グラス・フェド・カウという
自然の牧草で飼育された牛の腸を使用している。

そのため原料になる牛の腸には、
βカロチン、ビタミンE、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれていて、
ストリングの打球感・耐久性を向上させるのだそうだ。

ちなみに見た目もかなりクリア。
試しに少し折り曲げげてみても屈曲部分が白くなることはない。
コーティングもかなり良いようだ。

で、ウイルソンとルキシロンの違いは・・・

ルキシロンはハイブリッドを前提としていて、
摩擦係数が低いコーティングが施されている。
つまりスピン性能により影響を与える
スナップバックが起こりやすい仕様になっているのだ。

そして繊維は9本で構成され、かなり細かい。

一方、ウイルソンは単張り前提。
繊維は8本、ルキシロンとは差別化してある。
今回、このストリングを新たにラインナップに投入すべく
皆で試打をしようってことになったわけ。

IMG_0080

ユーザーの方には関係ないけど、張り上げも非常にしやすい。
ナチュラルを張り上げる際はより気遣いも多いのだが、
癖もなく、キレイに動いてくれるのでとても張りやすい。
品質を象徴した変化だと思う。

 

一体、どれだけ違うのか?
興味津々で打ってみる。

違う!明らかに違う。

シャープなのに食いつく。
食いつくけどダルくない。

ナチュラルなので当然振動も少ない。
抜けるようなフィーリングが心地よく手元に伝わってくる。

ナチュラルの本来ってこんな感じだったなぁ。
でも、遠い昔のコーティングの薄いナチュラル、
パシフィックとかはすぐに切れてしまったっけ。

そんな感触を残しつつ、しっかりしたコーティングで
耐久性もありそうなのが、最新のナチュラルなのだろう。

ではまず、ルキシロンとウイルソンの違い。

簡単にいうと、ルキシロンはシャープ、ウイルソンはホールド。
摩擦係数なのか、繊維の数なのか、明らかに打感は違う。
ルキシロンはより先鋭的、ウイルソンはよりナチュラルっぽい。

ルキシロンは16と17の2ゲージを試したが、
当然ながら17ゲージはシャープ。
16のほうがナチュラルを感じられるのかな。
切れると財布に厳しいし。

ということで、採用になったのが、Wilson Natural16。
IMG_0794
より食いつくナチュラルフィーリングを感じて欲しいとい理由だ。
ちなみにフェデラー、錦織圭もこちらのナチュラルをチョイスしている。

今回のキャンペーンではレック全校で、
このナチュラルを張り上げた試打ラケットを用意した。
IMG_0793
ぜひ、より進化したナチュラルストリングを感じていただきたい。

正直、価格は高いが、ナチュラルはテンション維持性能も高いし、
コーティングもしっかりしているので、結果的に割高になることもないと思う。

まずは試打を!
オススメです!

カテゴリー: テニス, テニス用品, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援お願いします!とか、鎌倉とか。

日本リーグ、Team RECのポスターを作成。
japanleague2017001

ビーンズドームは無理でも、
セカンドステージの横浜国際プールはぜひお越しください。

皆さんの力が必要です。
よろしくお願いいたします!

 

さて、結婚20周年の旅。

早々に箱根神社詣りを済ませ、さてこれからどうしようかと。
つまりいつも計画無しで動く二人なのだ。

このまま湘南方面に戻りれば、昼前には七里ヶ浜あたりだし、
珊瑚礁のカレーを食べようってことに。

見事に開店時刻の少し前に珊瑚礁へ。
しかし店の前は開店を待つ長蛇の列。
ウソだろ。

人混みと並ぶことが嫌いな二人。
速攻で退却を決め、そのまま鎌倉方面へ。

とりあえず鶴岡八幡宮へ。
IMG_9312

ここもすごい人。
平日なのに。
ああ、海外の方が多いのね。

まずは腹ごしらえ。
IMG_9304

湘南といえばしらす丼。
IMG_9309
江ノ島に行けば良かったかな。

蕎麦も美味かった。
IMG_9311

腹も満ちて、鶴岡八幡宮へ。
IMG_9318

前は海、後ろは山。
天然の要塞、鎌倉。
IMG_9320
この地に幕府を開いた頼朝に思いを馳せるワタクシ。
歴史にまったく興味のない妻。
それぞれ勝手な感想で鎌倉を後にする。(笑)

さて、次は?
じゃあ、戻り方向でお台場でも。

お目当てのTOYOTA MEGA WEBに行くも
ビーナスフォート自体休みだった。
詰めが甘いな、オレたち。

結局、ららぽーと・TOUKYO BAYへ。
って、もはや思い切り地元だし。

たった2日間だったど、いい旅だった。
20年前のバス釣り旅行の2日間を思えば、妻孝行したかも。
楽しかった。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ツーショットとか、博多ランとか。

めずらしく並んでのショット。
IMG_0322
相性がいいのか、悪いのかわからないけど、
あまりくっついてはいない2匹。
まあ、血が繋がってるわけじゃないしね。

 

さて、日課の朝ラン。

「よく毎日走れるね」と言われるが、
走って汗をかかないとどうにも調子が悪い。

前夜のお酒を抜くためって話もあるが、
お酒をってことだけじゃなくて、
デトックスみたいな感じかもしれない。

特に旅先で知らない街を走るのは楽しい。
前夜にGoogle Mapでおおよそのあたりをつけて走る。
名所名跡などを目指すとなお楽しいのだ。

ということで、先日の博多遠征の朝も走ってみた。

駅近くのホテルから、昨晩行ったキャナルシティ博多方面へ。
IMG_9815

福岡城方面へ真っすぐ。
IMG_9821
このあたりが天神?
よくわからないけど。

雰囲気の良い通りを抜け、緑が豊かになって来た。
IMG_9823
おっ、お城っぽい。

これが福岡城らしい。
IMG_9825
石垣の坂を登る。

見晴台みたいな場所があった。
IMG_9828

ここに本丸があったのかな。
IMG_9830
気持ちがいい。

隣の大濠公園に行ってみる。
IMG_9836

外周がランニングコースになっていて、ランナーがたくさんいた。
IMG_9844
いい環境だなぁ。

大きな神社の前を通り帰路へ。
IMG_9849

ホテルに戻って11kmくらい。
IMG_9850
博多(福岡っていうの?)って暮らしやすそうな街だね。

一つだけ後悔は、もう少し先まで走れば福岡ドームだったこと。
次回はそこまで走ってみよう。
次回があるかはわからないけど。

またね、博多の街。

カテゴリー: ランニング, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポスターとか、シャツとか。

日本リーグのポスターが届いた。
IMG_0417
これが届くといよいよって気持ちになる。

ポスター、毎年思うけど、もうちょとクオリテイを何つうか・・。

写真はまあ選び方もセンスなので言わないが、
Tennis Japan Leagueの文字もよく見るとシャギー(ギザギザ)入ってるし、
この辺は何とでもなるものだと思うんだけどな。

実業団テニス最高峰の試合ってことだし、改善よろしくお願いいたします。

 

さて、そんな日本リーグのウェアが少しずつあがってきた。

昨年まではゲームシャツには袖口ワッペンのみだったが、
今年からは背中にロゴを入れることにした。

実業団リーグってことで、コマーシャリズムは基本制限なし。
せっかく大きなロゴを入れられるだから、
ちゃんと入れようってことになったのだ。

まずはプロ選手のウェア。
プロはそれぞれに契約があるので、契約メーカーのウェアにプリント。
色目はチームで揃えるというデ杯方式を採用した。
ちなみに今年はネイビーね。

関口周一プロ
IMG_0003

IMG_0004
Simpsonのウェアである。
チェック部分へのプリントに少し苦労した。

竹島駿朗プロ
IMG_0005

IMG_0006
SRIXONのウェアなのだが、なかなかネイビー系がなく、
シンプルなポロシャツになった。

一部で「体育の先生みたい」という声もあるというか、
広めているのはワタクシだ。

斉藤貴史プロ
IMG_0007

IMG_0008
ROCHEのウェア。

派手なウェアを着ることが多い斉藤プロだが、
今回は統一イメージのため、めずらしく大人の装い。

そして、コーチたちのウェア。
IMG_0271

IMG_0275
Team RECスタッフで揃えたエレッセである。

このウェアはカラーオーダーなので、
他と被らない(はず)。

袖にはTeam RECワッペン。
IMG_0272

反対袖にはコラボしているSWANSアイウェアのロゴ。
IMG_0273

徐々に準備が進み、気持ちも盛り上がってきた。
チームメンバーでの全体練習の日程も決まったし、
しっかり整えて、まずはファーストステージを乗り切ろう。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。