アリーナとか、シードダウンとか。

今年の楽天ジャパンオープンは2面進行。
会場の都合で若干変則的なレイアウト。

右側がアリーナ1、左側にアリーナ2だ。
IMG_9029

メインコートとサブコートは90度角度を変えてのレイアウト。
IMG_9027
室内だから問題ないのだけど、若干の違和感。

サブコートに行ってみた。
IMG_9026
左側のそそり立つ壁がもったいないなぁ。
壁の上の席からちゃんと見えるのか?

ただ、こういうふうにまとまっていると会場内の移動は楽。
次から東京体育館もありかな。
雨も関係ないし。
あ、観客数が確保できないか。

 

さて、火曜日の3試合目はチリッチ。
この大会の第一シードである。

DSC_7654

この日、錦織は出ないが、
トップシードの試合が見られるのは
それはそれでラッキー。

ただ、チリッチのプレースタイルはそれほど好きじゃ・・。

対戦相手はシュトルフ。
DSC_7658
ドイツの選手だ。

ファーストセットはチリッチ。
DSC_7699

やっぱり強いなぁと思っていたら・・
DSC_7752
セカンドを落とした。

チリッチでもそんなことあるのかと思いつつ、ファイナルセット。
DSC_7778
シュトルフのサービスが爆発。

チリッチもマン振りで防戦するが・・・
DSC_7753

気づけばマッチポイント。
DSC_7776

そしてシュトルフが勝った。
DSC_7784

やっぱりテニスは何が起こるかわからない。
DSC_7790
そのシュトルフも2階戦でシャポバロフに負けてしまった。
世界は層が厚いなぁ。

ということで、シュトルフ。
DSC_7686
バボラ・ピュアドライブにウェア・シューズはディアドラ。

チリッチ
DSC_7665

DSC_7671
HEAD PRESTIGEにウェアシューズはフィラ。

チリッチのプレステも当然ワンオフのフレームだろう。
打ってみたいぜ。
貸してくれないかな。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カフェとか、ホテルとか。

近所のハワイアンカフェ。
IMG_8105

ちょっと歩いて、コーヒーを飲んで、たまにパンケーキ。
IMG_8106

IMG_8107
仕事が詰まっている休日の気分転換に良い。
ただしカロリーは高めなので注意が必要。

 

さて、先日のデ杯応援で泊まった大阪のホテル。
IMG_8254

はじめて宿泊するホテル。
IMG_8423
チェーンではないのかな。

ベッドは広め。
IMG_8220
マットレスは柔らかめ。
もう少し硬くて良いかも。

TVは壁掛け式。
IMG_8221
このタイプだとテーブル上で場所を取らないので助かる。
そういえば、最近は空気清浄機がついているホテルが増えた。

ユニットバス側でなく、部屋側にドレッサーとシンクがある。
IMG_8223
最近はこのタイプ多いのかな。

バスルームはとてもおしゃれなつくり。
IMG_8226
おしゃれ過ぎてちょっと使いづらい。
シャワーヘッドが細過ぎる。
ここは機能優先で良いかなぁ。
ちなみにトイレはとてもキレイ。

ワーキングデスクは広め。
IMG_8222
椅子の高さもちょうど良い。
コンセントも2口あって、充電&PC同時使用OKで使いやすい。
ホテルはこのスペースがとても大事。

あと大事なのはここ。
IMG_8256
ベッドのヘッドボード部分にコンセントが2口。
目覚ましがわりに携帯を使う人にも便利。
ワタクシは目覚まし無しで起きられるけど。

電気系のスイッチも集中しているのもGood。

アメニティ、備品も充実。
IMG_8234
ドライヤーがおしゃれな袋に入っている。
パワーもじゅうぶんでストレス無しだ。

無料スマホも置いてあった。
IMG_8235
使わなかったけど。

そしてとても重宝するのがコーヒー無料サービス。
IMG_8425
毎朝、仕事をしつつのコーヒータイムがルーティンなワタクシ。
いつも3杯はお世話になっていた。

この無料コーヒーコーナーがあるホテル、最近多い。
ポイント高しである。

最近、こういう感じのおしゃれなホテルが増えた。
チェーンのいかにもビジネスユースなホテルだと味気ないけど、
こういうところにだと疲れ方が違うような気がする。

ホテルコルディア大阪、おすすめです。

カテゴリー: デ杯, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ガスケとか、ワウリンカとか。

今年の楽天ジャパンオープン観戦、
第一試合はガスケ。
DSC_7264
対戦相手はクドラ。
多分試合は初めて見る。

びげをはやしてゴツい印象のクドラ。
DSC_7296
26歳だそうだ。
中堅選手って感じかな。

序盤は様子見なのか、互いにキープの展開。
RenderedImage

そしてガスケがブレーク。
しかしブレークバックされ、イラつくガスケ。
タイブレークにもつれながらもセットを取る。

しかしすごいグリップだなぁ。
DSC_7301

ほぼウエスタンて感じ。
DSC_7425
そりゃ、あんだけのスピンもかかるわ。

セカンドセットはガスケペース。
やっぱり地力が違うのか。
DSC_7418
うち終わりの左手の位置がすごい。
「しぇ~!」って知ってる?(50才以上限定)

チェンジコートはグリップテープ巻きかえ。
DSC_7386
忙しいだろうに、この動作が集中のルーティンなのだろうか。
そういえば、昔だとゲルライティスもそうだったっけ?

ウェアはルコック。
DSC_7283
日本のルコックとマークが違う。
本国フランスはそうなのだろうか。

シューズはアシックス。
DSC_7280
ゲルレゾリューションシリーズだろうか。

ラケットはHEAD EXTREME。
DSC_7286
ガスケといえばスピンモデルのEXTREMEだよね。
多分、オジリナルフレームだと思うけど。
(フェイス部の厚みが大きい気がする)

結局、ストレート勝ち。
とにかくガスケのテニスはかっこいい。
好きな選手のひとりだ。
こんな間近で見られて良かった。
あんなバックハンド打ちたいものだ。
グリップ厚くしてみるか。(無理だって)

 

さて、続いての登場はワウリンカ。
DSC_7545

ワウリンカのバックハンドも絶品だ。
DSC_7502
特にダウンザラインは芸術品。
まさに糸を引くようにライン際に飛んでいく。

サービスはあまりジャンプしない。
DSC_7476
近くで見たの初めてだからよく分からないけど、
こんなもんなのだろうか。
それともどこか痛めてる?
まあ、これでもじゅうぶんな威力だけどね。

ヨネックスのフル契約のワウリンカ。
シューズもエクリプション2。
DSC_7470
若干ゴツいけど、安心感があるモデルなので
ワタクシ的にも好きなタイプのシューズ。

ウェアにはスポンサーロゴがたくさんついている。
DSC_7515
当然、ルール内なんだろうけど、数が多いような。
そういう選手多いよね。
ルール変わった?

たまに序盤戦でポロッと負けてしまうワウリンカだが、
この日はフリッツを圧倒。
DSC_7566

ストレートで勝利。
強いね、やっぱり。
DSC_7603

DSC_7608

で、人気もすごい。
IMG_9023

試合が終わった瞬間に出入り口付近に皆が殺到。
DSC_7649
おいおい危なくないかって気もするけど、
これだけ盛り上がってくれるのはうれしい限りである。

今年の会場は、有明にはない選手との距離感が味わえる。
有明のテニスパーク感もいいけど、
これはこれでいいかもね。

来てみて良かった。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つかまったとか、祇園ナイトとか。

大阪ナイト。

ホテルに戻ると、お誘いが。
IMG_8407
よく飲み、よく食べ、よく遊ぶ人たち。
もう若くないワタクシはついていけない。

と言いながら、12時過ぎまで飲んだっけ?
もはや時間の記憶も・・

 

さて、そんな悪い人たちにつかまる前、
ワタクシは大事な友人と再会していた。

昔の仕事仲間。
今は大阪で会社を営むハセガワくんだ。

大変な時も、しんどい時も、辛い時も一緒に頑張った。
って、辛いことばっかりかいっ!
一緒に喜んだこともたくさんあったよね。(ってことで)

愛車でホテルに迎えにきてもらう。

IMG_8365

「お待たせしました。では、まいりましょう」
と高速に乗り、一路東へ。
IMG_8367

IMG_8368

ついたのは・・・
IMG_8370

IMG_8371
京都である。
大阪から1時間くらいで行ける距離なのね。

そして祇園。
IMG_8381

IMG_8384
なんかとてもいい雰囲気だぞ。
The京都って感じ。

「ここ予約しておきました。
ホントは川床にお連れしたかったんですけど、どこもいっぱいで」
IMG_8386
いや、じゅうぶんです。
気使わせて申し訳ない。

2階の部屋に通される。
IMG_8392

窓から路地を見下ろせば、これまた雰囲気満点。
IMG_8387

美味しい食事とワインを楽しんだ。
IMG_8388

 

お店の方に「軽く飲める店紹介してください」と頼むと連れて行ってくれた。
IMG_8399

いい感じの店。
IMG_8400

オープンしてまだ間もないそうだ。
IMG_8402

IMG_8403

京都って他では味わえない空気がある。
外国の方がとても多いけど、しらない日本て感じ。

ノンアルコールで案内してくれたハセガワくん、本当にありがとう。
東京に来る時は連絡してね、

いやぁ、とても良い夜だった。
ホテルに戻ってつかまるまでは・・・。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

今年もとか、会場へとか。

有明テニスの森公園がオリンピックに向けて工事中のため、
楽天ジャパンオープンは調布に会場を移した。

有明が近すぎただけなんだけど、調布はやっぱり遠い。
今年は席数も少ないらしいし、観戦は無しかなと思っていたら。

IMG_8935

今年も席を分けていただいた。
IMG_8937
ロイヤルシートという表記ではなく、インビテーションなのね。
前からこうだったっけ?
なんにしても、今年も行けることになった。
ありがとうございます。

 

さて、そんなわけで火曜日は会場へ。

京王線飛田給駅。
IMG_8945
降りたの初めてかな。

いいところだ、調布。
IMG_8946

5分もかからず会場に到着。

味スタの隣なのね。
IMG_8950

入口がわからずしばしウロウロ。
インフォメーションで聞くも、担当スタッフさんもわからず。
ようやく1階駐車場奥が入り口と判明。
IMG_8952
これも初めての会場らしく良しかな。

受付を済ませ会場内へ。
IMG_9010

IMG_9011
コートサイドのスタンドは仮設。

席の入り口は選手入場口と同じところ。
IMG_9012

IMG_9014
横には大きなカップヌードルがあった。

席へ。
IMG_8957

前から二列目。
有明よりこじんまりだから、めっちゃコートが近い。
IMG_8953
これはよく見えそうだ。

テーブル付きのボックスシートのようなものなどもあり、
イベント感も演出された会場内。
DSC_7274

DSC_7276
施設もきれいだし、いい雰囲気。

平日ながらお客様もたくさん入っている。
DSC_7747

DSC_7749

運営サイドとしては席数が少ないので
やっぱり有明がよいのだろうけど、ここも悪くないんじゃないかな。
ワタクシとして行きやすさから断然有明だけど。

さあ、まずはガスケからだ。

カテゴリー: スポーツ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ステッチとか、DUNLOP ニューCXシリーズ試打!とか。

リーバイスショップにて。
IMG_8087
バックポケットにアーキュエストステッチが入っていないモデルもあるのね。
「こんなのリーバイスじゃないっ!」と言いたくなるのは、
私が古い人ってことなのか?

いや、アーキュエストステッチあってのリーバイスでしょ、やっぱり。

 

さて、ダンロップさんの方針説明発表会の後は
となりの高輪テニスセンターに場所を移しての試打会である。

先週に引き続き、メッチャお高いプライベートコートに入る。

おっ、貴男さん。
IMG_8794
こういう時は看板選手の鈴木貴男プロなのね、うんうん。

で発表された4機種。

CX200
IMG_8796

cx200
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:305g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:33,000円

 

CX200 TOUR
IMG_8832

cx200tour
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20.5 mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:34,000円

 

CX200LS
IMG_8824

cx200ls
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

 

CX400
IMG_8811

cx400
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

これまでのCXシリーズの2.0 4.0などの名称が、200、400に変わった。
頭の数字を目安にしてもらえればわかりやすいと思う。

若干剛性を落とし、スイートスポットを広げたそうだ。
デザイン的にはDUNLOPのステンシルから延長された場所に
カラーアクセントを持ってきた。
最近、多いよね、これ系のデザイン。

球出し、ラリーで試打。
確かに少し柔らかくなっている・・・のかな。
前モデルがけっこうカンカンだったから、
そういう意味では扱いやすくなっているのかもしれない。

ただ、つや消しブラックがプレステージっぽくて
硬めの先入観が拭いきれなくてちょっと苦労した。

何にしても、200シリーズはツアーモデルだから
それなりの覚悟でしっかり打つべしのラケットだ。

CX400はかなりオールラウンダーかな。
打ってよし、スライスよしで心地よさは前モデルを継承している。

IMG_8844
次の日、電話で鈴木プロと感想をあれこれ。
それなりに似た感想なのは良かったというか、嬉しかったというか。

鈴木プロも当然この新シリーズにスイッチするそう。
おそらくネーム入りの特注モデルなのだろけど。

ちなみに鈴木プロのスペックはフレームはかなり重め(390g)、
バランスはトップライト、グリップはエンドキャップを太くしたオリジナル加工、
ストリングはナチュラルをローテンション(44lbsだったかな)で張り上げ。

普通の人が使うようなスペックではない。
何度かお借りして使ってみたが、バランスのせいなのか、
短時間打つぶんには、鈴木プロになった気分でスライスが打てる。(ホントか?)
しかし、30分も使うと腕がパンパンになるんじゃないだろうか。

話が逸れた。

今回のCXシリーズ。
まず、デザインがカッコいいし、
(若干)扱いやすくなったツアーシリーズってことで
期待大の新製品である。

あ、そうそう、ブランド的には、DINLOPはラケットブランド名、
SRIXONは「POWERED BY SRIXON」という形になるそうである。
JAPANスペックのモデルにはSRIXONがサブブランドでつくのかな。
うーん、いまだによくわかっていない。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ライオンズとか、城ランとか。

レックインドアテニススクール上石神井へ。
西武線を待つ。

おっ!ライオンズ列車。
IMG_8774

シートもライオンズだ。
IMG_8775
グループ会社ならではだなぁ。

実は千葉も京葉線沿いにプロスポーツチームが目白押し。
KEIYO TEAM 6
やっぱりスポーツは地域と一緒に盛り上がれるのがいいね。

そしてナショナルチームは国全体でね。
デ杯もフェドも次の勝負は2月。
がんばれ!

 

さて、朝ランは旅先の楽しみのひとつ。
いつものように5時に起きて、メールチェックやらあれこれ仕事を片付けて走りに出る。

大阪2日目の朝。
天気が心配だったが、なんとか大丈夫そうってことでランニングへ。
せっかくの大阪なのでお城方面へ行くことに。

北浜通り(だっけ?)をひた走る。
IMG_8305

IMG_8306

城っぽい雰囲気が漂い始めた。
IMG_8307

お堀沿いに中へ。
IMG_8311
なんだこの船。
金色のエンジンついてるけど。

遊覧船のようだ。
IMG_8315
楽しそう。

天守閣方面へ。
IMG_8312

着いた。
IMG_8316
会津城とはまた違った趣。

タイムカプセルだって。
IMG_8317

ホテル方面へ戻る。
IMG_8318

街の雰囲気を味わいたいので、あえて街中の細い通りへ。
IMG_8322

IMG_8324

IMG_8323
いい感じだなぁ、このあたり。

御堂筋を超えて戻る。
IMG_8333
朝市だろうか。

それにしても大阪の街は走りやすい。
道路がキレイに交差しているから、
大体の方向へ行けば必ず目指すところへ着く。
東京じゃこうはいかない。

なんだかんだで10kmくらいかな。
いい汗かいた。

カテゴリー: スポーツ, テニス, デ杯, フェドカップ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テラスとか、発表会とか。

ホテルのカフェテラス。
IMG_8855
こんなところで優雅に朝食を。
入り口付近は海外のホテルの香り。
いいね。

 

さて、そんなホテルがどこかというと。
IMG_8784
グランドプリンスホテル新高輪である。

この日はダンロップさんの発表会。
IMG_8783

ホテルのホールを使用しての発表会はめずらしいのだが、
ここ最近のダンロップスポーツさんは、統合やブランド買収、
スポーツクラブ事業進出など、様々な変化を見せていて、
DUNLOPブランドの位置付けも少しずつ変わってきている。

今回、その戦略も含めた新製品の発表会とのことだ。
IMG_8785
ダンロップスポーツさんが持つブランドは様々。

その中でも、テニスにはDUNLOPとSRIXONがあり、
後発ブランドのSRIXONもずいぶんとテニス界に定着してきた。

しかし、ダンロップさんがDUNLOPブランドを買収した昨年から、
選手がラケットに入れるステンシルは徐々にSRIXONからDUNLOPに変わってきた。

最初はグランドスラム出場選手から。
そして多くの契約プロ選手。
続いて契約コーチもSRIXONからDUNLOPのステンシルに。

ラケットはSRIXON、ステンシルはDUNLOPとはこれいかに。
微妙な混乱もありつつの、ブランド展開だったが、
そのあたりも整理され発表になるらしい。

ということで、プレゼン開始。
IMG_8787
まずは住友ゴムグループの戦略。

そしてDUNLOPとしての戦略。
IMG_8788

続いて新製品ラケット CXシリーズの発表。
IMG_8789

IMG_8850

トドメにIMGアカデミーの提携、
さらには全豪オープンオフィシャルスポンサーの発表。
IMG_8792

IMG_8848
うーん、すごいな、ダンロップさん。
さすが大企業グループだ。

今後の展開にさらなる期待が高まりつつ、
期待の新製品の試打会へ向かうのだった。
楽しみだぜ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

秋田犬とか、テニスの日・ジュニアクリニックとか。

秋田犬。
IMG_7128
メッチャ可愛い。
組んず解れつ遊んでみたい。

 

さて、ネオインドアテニススクール西新井・テニスの日イベントも大詰め。

午後はジュニア会員対象にプロクリニック。
IMG_8693

関口プロのデモに驚きの声とため息。
DSC_7131
やっぱり皆んなボールを見ちゃうのね。
打ち方を見るんだよ。

西郷プロも細かくアドバイス。
DSC_7144

そして全員とラリー。
皆とても一所懸命、そして楽しそうだった。
良かった。
IMG_8726

最後はじゃんけん大会。
IMG_8733
子供達のテンションの上がりっぷりに関口プロ、大爆笑。

最後は花束贈呈のサプライズ。
DSC_7196

かわいいコメントがすごく良かった。

皆で記念撮影。
DSC_7206

プロも子供達もとても楽しそうだった。
DSC_7209
やっぱりいいね、こういうの。
プロとラリー、良い思い出になったはず。

関口プロも子供の頃、初めてプロと打ってもらったことは忘れていないそうだ。
(ちなみに相手は右近プロだったそう)

きっと両プロのファンも増えたと思う。
ぜひ試合の応援もよろしくお願いします。

あっという間に1日が終わったテニスの日イベント。

ご協力いただいたHEAD JAPANさんもありがとうございました。
DSC_7231

一番疲れたであろうクリニック司会のナカガワコーチ。
DSC_7232
最高のMCだった。

正木支配人もありがとうございました。
DSC_7251

前々から準備し、スタッフ皆で作り上げたこのイベント。
本当にお疲れ様でした。

ご来場の皆様、ありがとうございました。
これからもネオインドアテニススクール西新井をよろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, , 西郷幸奈プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

辛味とか、撮り比べとか。

品川にて。
昼食抜きかなと思っていたのだが、時間ができたので昼食。
何となくというか、席が空いてる店に入った。

担々麺。
IMG_7129
メッチャ辛い。
辛いのは嫌いじゃないが、ちょっと違う辛さ。
うーーん、今日で最後かな。

 

さて、こんなものを引っ張り出してみた。

IMG_8747
マイファースト一眼レフ「Nikon D50」
初めてのグランドスラム視察、全豪オープンに行くときに買ったものだ。

最初はレンズが2本ついたセットで購入。
まさに初心者キットでスタート。
それから少しずつレンズを買い足し、徐々にカメラにハマっていった。

このD50とシグマの単焦点レンズはとても気に入っていた組み合わせ。
開放での撮影はとてもいい感じの写真で大好きだった。

Google Photoで昔の写真を見ていたら、
この組み合わせで撮った写真があれこれ出てきた。
ああ、こんな時代もあったなと思いつつ、
カメラケースの奥からD50を引っ張り出してみたというわけ。

まさに愛機としてどこに行くにも連れて行ったD50。
すっかりボディも擦り切れ気味でシャッターの表示も消えている。
IMG_8749

シャッターを切ってみると、「カッシャーン」と鈍い音。
当時はこんなゆるい感じのシャッターでもじゅうぶんだったのね。

 

Cooさんを撮ってみた。
IMG_8751
モニター、ちっちゃい!
当時はこの大きさでも問題なかったけど、
今はとてもじゃないけど、裸眼じゃ見れないぞ。
よる年波を感じてちょっとショック。

 

休日の買い物に持ち出してみた。
目的は、iPhoneのカメラとの比較。

今やへたなコンパクトデジカメよりも
iPhoneのカメラのほうが使い勝手も良いし、
画質的にも遜色ないから、普段遣いはiPhoneでじゅうぶん。

ならば一眼レフとiPhoneてどうなのよってことで
近所のショッピングモールに持ち出してみた。

D50
DSC_0613

iPhone
IMG_8772

D50
DSC_0611

iPhone
IMG_8771

D50(ローストビーフ丼)
DSC_0602
レンズの関係で寄れなかった。

iPhone
IMG_8752

うーん、携帯性、利便性、画質等々、色んな意味で
普段遣いはiPhoneでじゅうぶんかなぁ。

テニスの試合とかイベントとか、仕事の場面では
最新の一眼レフが必須だけどね。

時代は進んだなぁ。
もうこれを使う場面も無いのかもね。
でも、この最初のカメラはずっと持っていようと思う。
たまに使ってあげるからね。

カテゴリー: カメラ, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。