競技場とか、高校生とか。

1st

いよいよ開幕!
応援よろしくお願いたします!

 

国立競技場
IMG_9733
随分と出来上がって来た。

とはいえ、東京オリンピックは2年後。
都内のスポーツ施設の多くが改修で使えないのは痛い。

いよいよ始まる日本リーグも
今年は東京体育館が使えないのがちょっと残念。

 

さて、16歳児の部屋。
IMG_9787
壁には圭のポスター。

床は定期テスト終了後の惨状。
IMG_9282
まさに戦いのあとって感じ。

家の中を移動しながら勉強をし、
ベッドで布団にくるまってテキストを読み込む。

最近はどう勉強しているのかあまり見ていないが、
少し前までは科目と内容ごとに消し込み表をつくって
チェックを入れていた。

こだわりはノートとファイル。
同じブランドのもので完璧に揃えている。
別のものではダメなんだそうだ。

これで彼はなかなか成績が良いのだが、
ある意味面倒なヤツである。

 

彼の一日。

朝早く起き、勉強する。
日によっては部活の朝練に行く。
学校が終わって部活動。
部活を終えて、テニスクラブへ。
テニスクラブの練習を終え、22時ごろ帰宅。
帰りの車の中で食事をし、風呂に入り、勉強をして就寝。
そしてまた早起きの繰り返し。

正直、キツくないのか?と思う。

先日の保護者面接で彼の生活パターンを先生に説明したら、
学校生活と成績から、そんなにテニスをしているとは思わなかったと
驚いていたそうだ。

たまに友だちと遊びにも行っているようだけど、
高校生ってこんなに忙しかったっけって思う。

本人が望んでいることなので応援してあげようと思うけど、
身体を壊さないようにして欲しい。

先日、腰が痛いというのでマッサージ。
IMG_9788
お尻横を強めに押したら悶絶していた。(笑)

まあ、何にしても打ち込めることがあるのは良いことだ。
頑張れよ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

昼寝とか、圭とか。

1st

いよいよ開幕!
応援よろしくお願いたします!

 

すっかり冬の日差し。
IMG_0201
絶妙に陽を浴びて寝ているCocoさん。

Cooさんは定位置のソファで陽を浴びている。
IMG_0204
犬って日にどれくらい寝てるんだろう。
うらやましい。

 

さて、錦織圭のラケットチェンジ発表会は
次の日、あちこちのメディアでニュースになっていた。
やっぱり圭ってニュースバリューあるんだなぁ。

ということで、会場にかざってあった圭の歴代使用機。
IMG_0196

懐かしいモデルが並ぶ。
DSC_6775

DSC_6773

こちらは現行機。
IMG_0193

今年はカモフラージュカラーで戦った。
IMG_0195
グリップテープ上部のシルエットは圭だけのオリジナル。

おっ、ファイナルズで使用したモデルだって。
IMG_0194

実は例のダズルペイントのプロトタイプも試打をしていた。
IMG_0156

IMG_0152
軽すぎるのか、最初は引っ掛けたりしていたが、
徐々にフィーリングをつかんだ様子。

ウイルソンの道場さんに感想を伝えてたけど、
いい感じだったようだ。
IMG_0161

IMG_0164
まあ、このモデルにスイッチはないだろうけど。

とにかく来季のラケットはULTRA TOUR 95CV。
DSC_6832

IMG_0197
ブルーのラケットで暴れてほしい。

ちなみに現在、レックテニススクールでラケットキャンペーン実施中なのだが、
先週までの販売1位は、このULTRA TOURシリーズ。
まだ発売前なのに1位とは恐るべしである。

各校で全機種試打できるので、ぜひ試してみてください。
かなり扱いやすいです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SWINGとか、45年越しとか。

水道橋付近で気になっているお店。
IMG_9583
ビールと良い音楽の予感。
一度入ってみたいと思う。

 

さて、そんな水道橋はレックゴルフスクールがある街だが、
この日は線路向こうへ。
IMG_9585
目指すは東京ドーム。
それにしてもすごい人混み。

目的はこれ。
IMG_9589
初めてビートルズを聴いた日から45年越し。
いよいよポールに会えるのだ。

会場へ。
あ、その前にポールに乾杯しなきゃ。
IMG_9590

席はいちおう1階(っていうのかな)
IMG_9601

まあ上よりは全然いいか。
IMG_9604
相変わらず広いなぁ、東京ドーム。
音響大丈夫かな。

ステージ横方向だけど、なんとか見えるか。
とはいえ肉眼は無理ってことで、ちゃんと準備してきた。
IMG_9609
結果的には何とか見えたって感じ。
ステージ横のビジョンを見るとちょうど良いって感じだった。

19時開演なのに、なかなか始まらない。
ポール、大丈夫か。

ようやく開演。

そして、A Hard Day’s Night。
ぶっ飛んだ。
涙が出た。
ああ、来て良かった。

どちらかといえばジョン派だったけど、
やっぱりポールはビートルズの象徴だ。

生でビートルズの曲が聴ける幸せ。
Blackbird、Eleanor Rigby、Back In The U.S.S.R.とか。

ウイングス時代の曲も良かったなぁ。
Band On The Run、Live And Let Dieもね。

アンコールの、I Saw Her Standing There、
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
そして最後の Golden Slumbers/Carry That Weight/The Endまで、
感動しっぱなし。

やはりビートルズは偉大だ。
そしてポールが生きていて、日本に来てくれたことに感謝しよう。

人生で10本の指に入るライブだったぜ。
(けっこうあるのね)

カテゴリー: ライブ, , 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミニフェイスとか、いよいよ日本リーグとか。

札幌プロテストの会場にあったラケット。
IMG_9533
トレーニング用のミニフェイスラケット。

ちょっと打ってみたかったが、時間がなくて断念。
こういう道具をもっとうまく使いたいなと思った。

上達いただくための方法はたくさんあるはず。
意識改革とさらなる精進が必要だな。

 

さて、気づけば目前に迫っていた。

今年も熱い戦いが始まる。
そう、テニス日本リーグである。

ワタクシたちレック興発は日本リーグ参戦してもう4年目になる。

はじまりはコーチたちの試合経験のために参加した東京実業団リーグ。
最初の頃はまさにテニス愛好家の皆さんのチームと戦い、徐々に昇格。
(ワタクシはこの頃は知らないのだけど)

4部、3部と上がり徐々に厳しい戦いが増え、
様々な悔しい思いもしながら、気づけば1部リーグへ。
そして関東実業団、全国実業団を勝ち上がり日本リーグである。

今年もその季節がやって来た。

予選リーグ組み合わせ
jtlbb
今年も厳しいなぁ。
楽な相手なんてひとつもないけど。

ここ1〜2年、各チームの補強合戦熾烈さを増しているようで、
色々な選手が移籍したり、参戦したりと動きが激しい。
Team RECはあまり選手の入れ替えは多くはないが、
それでも今年は守谷総一郎プロが加入した。

今年はこのメンバーで戦う。
1st stage
まずは決勝トーナメント出場が目標。
とにかく熾烈な予選を勝ち上がることだ。
1勝、1セット、1ゲームでも多く勝ち取りたい。

チーム発足当初とはメンバーも違うが、思いのタスキはつながっている。
プロもコーチもスタッフも全員Team RECとして参加の日本リーグである。

もちろん、お客様もTeam RECメンバー。
気持ちを同じくして応援してくださる姿に毎年感謝&感動である。
ぜひ今年も後押しをお願いします。

ファーストステージは、12月6日(木)~9日(日)。
試合順はこちらから。
http://files.tennis-jl.jp/pdf/2018/mb1.pdf

入場は無料です。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

濃いとか、オフィシャルウェアとか。

休日。
近所のアウトレットでランチ。

ローストビーフのプレート。
IMG_9227
美味しいけど、ローストビーフってソースが濃いよね。
東京チカラめしのローストビーフ丼も濃かったけど。(比べるなよ)

塩味とかどうなんでしょ?

 

さて、頼んでおいたウェアが届いた。

パーカー
IMG_9784

パンツ
IMG_9782

それぞれにJPTAのロゴ。
IMG_9785

IMG_9783

JPTAってのは、JAPAN PROFESSIONAL TENNIS ASSOCIATION。
日本プロテニス協会ってこと。

毎年、プロ協会からオフィシャルウェアが販売される。
長らくウェアを購入していなかったワタクシ。
プロテストやら何らかの行事の時に肩身の狭い思いをすることが多く、
ここ2年ばかりはウェアを購入することにしているのだ。

ちなみにプロテニス協会のウェアのオフィシャルはヨネックスさん。
ヨネックスのウェアは細部に工夫がされていてとても着やすい。
シルエットも今風だし、着心地もとても良い。

加えて、とにかく素材と機能が良い。
IMG_9786
このウェアに搭載されているヒートカプセルという素材は秀逸。
とにかく暖かい。
他の素材とは明らかに体感温度が違う。

以前、この素材でオリジナルでユニフォームを作れないかと
ヨネックスさんにお願いしてみたが、特殊な素材なので
数を揃えにくいということで断られた。
もしかしたらプロパー以外には使えないのかもしれない。

そんなわけで、この冬もこのウェアで乗り切れそうだ。

その昔、プロテニス協会のメンバーになると、
毎年オフィシャルウェアがもらえた。

ワタクシの時代はYAMAHAのウェアだったかな。
背中にプロ協会のロゴが入ったウェアはとても誇らしかったし、
それだけでプロ協会に入ってよかったなと思った。

思えば、1,000人を超える会員にウェアを配布するなんて
恐ろしく太っ腹なことだし、今の時代では絶対にないだろうなと思う。

それだけの持ち出しをしてオフィシャルスポンサーにどれだけの
メリットを返せるかというのも疑問だし、
今のように受注生産〜会員価格で買ってもらうのが自然なのだと思う。

そりゃ、もらえれば嬉しいが、それ以上に大事なのは、
オフィシャルウェアを着ることに誇りを感じられる組織であることだと思う。

プロテニスコーチの社会的地位は上がったのか。
ちゃんと食べていける職業になったのか。
プロとしての誇りと、それに見合う努力はしているか。

職業としてはある程度確立してきた。
しかしそれはインドアテニススクール事業者が増えたからであり、
プロコーチが何かをしたからではない。

プロということはそれで飯が食えること。
そのために会員は何ができるか。
協会は何ができるか。
双方、すべきことはたくさんあるような気がする。

本当の意味でのプロフェッショナルにならなければいけない。
頑張ろう。

カテゴリー: テニス, 仕事, , 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スポルとか、圭とか。

大井町・スポル。
IMG_0076
各種スポーツのテーマパーク。
TBSが企画した複合スポーツ施設だ。

実は初めて敷地に踏み込んだ。
期間限定なのがもったいない。
長期でウチに運営させてもらえませんか。

 

さて、昨日なぜスポルに来たか。
目的はここ。
IMG_0078
テニスコートである。

受付を済ませ、奥のコートへ。
IMG_0082
報道陣がワンサカ。
錦織圭が新たに使用するラケットの発表会が行われるのだ。

暫し待って、圭の登場。
DSC_6701
アメアスポーツの岸野社長とのツーショット。

ニューラケットのプレゼンからの道場さんとのトークショー。
DSC_6722

DSC_6743

今回、圭が選んだのは、ULTRA TOUR95CV。
DSC_6729
「バウンド後のボールの伸びが欲しい」との圭のリクエストを具現化したとのこと。

今モデルのキモであるクラッシュゾーン搭載のブリッヂ部を凝視。
DSC_6770

続いてヒッティング。
DSC_6760
軽くのラリーだったけど、こんな至近距離で見られるとは超ラッキー。

発表会が終わり、2部はジュニア選手たちとのディスカッション。
DSC_6825
なかなかためになる質問と受け答えだった。

さらには圭のバースデーサプライズ。
IMG_0135
ULTRA TOURをあしらったケーキが登場。
結婚式ばりに食べさせてもらう。

最後はめざましTVの取材。
IMG_0174
次から次へトップアスリートは大変だ。

新たな武器を手に、来シーズンはさらに頑張って欲しい。
IMG_0197
頑張れ!圭!

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スナックとか、ALL RECとか。

「餃子のまんま」だって。
IMG_9235
激しく惹かれたが、買わなかった。
数日経った今でも気になる・・。

 

さて、札幌から戻った週の後半は一路山梨へ。
IMG_9638
ついた先は北杜市のクラブヴェルデさん。

今年もここで、ALLREC CHAMPIONSHIPSが開催されるのだ。
IMG_9643

この大会は、レック系列各校からの代表ペアで行われるダブルス大会。
IMG_9647

IMG_9665

初日のリーグ戦、2日目の順位トーナメントでREC ナンバー1を決めるのだ。
IMG_9668

今年のALLREC Tシャツ。
IMG_9652
ちょっとイメージをかえてみた。

開会式
IMG_9670

今年もゲストは鈴木貴男プロ。
IMG_9675

熱い試合の後、鈴木プロの熱いクリニック。
DSC_9162

IMG_9697

IMG_9689

夜はパーティー。
IMG_9702

IMG_9703
ここでも鈴木プロのトークショー。
興味深い話がたくさん聞けた。

さらにはジャンケン大会で鈴木プロ使用ラケットのプレゼントも。
いいなぁ、欲しいぞ。

2日目は鈴木プロのウォーミングアップメニューでスタート。
IMG_9716

熱戦の末、男子優勝は7CC武蔵小杉代表ペア。
DSC_9809

女子優勝は、ネオインドアテニススクール西新井代表ペア。
DSC_9800
なんと、5連覇である。
彼女たちを破るペアは出て来るのだろうか。

そんなわけで今年のALLRECも無事に終了。
参加者の皆様、ありがとうございました。
IMG_9714

鈴木プロもありがとうございました。
IMG_9656

ALLRECの名に恥じないように、
来年はもっと良い大会にグレードアップしたいと思う。
お楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

糖分とか、試合&練習とか。

休日。
なぜか朝からPCにへばりつきっぱなし。
頭が疲れたので糖分補給。
IMG_9581
コンビニのモンブランもけっこういける。
もうひと頑張りかな。

 

さて、某日。

16歳児の試合へ。
たまたま休みだったのと、会場が所属クラブだったので
夜の練習に連れて行きがてらついていった。

今大会から年齢カテゴリが上がった16歳児。
以前から少しずつ18歳以下にもエントリーしていたけど、
はたしてどこまで出来るかなって感じ。

エントリーまで時間があったので、他の試合を眺める。
IMG_9318

さすが18歳以下、ボールは速いし、とにかく上手い。
強打に加え、スライス、ドロップなども絶妙に織り交ぜる。
昔の18歳ってこんなにこなれてなかったよなぁ。

そうこうしているうちに試合開始。
IMG_9319

いつも淡々としている16歳児。
緊張しているのかいないのか、よく分からないが、
いつもの感じで試合が始まった。
IMG_9328
立ち上がりは互いにキープで均衡状態。

勝負所でポイントを制してリード。
小さいけどガッツポーズとかするようになったのね。

最後は相手のショットがサイドアウトし勝利。
何とか初戦突破である。

少し緊張が解けた様子で次の試合を待つ。
次の相手は前大会の優勝者らしい。
調べてみるとあちこちの大会で入賞多数の子のようだ。

最近は対戦相手の名前を検索するとある程度の情報が入る。
いいんだか悪いんだか・・。
16歳児が相手情報を調べているかどうかは知らないけど。

ということで、2回戦。

IMG_9348

強い、かなり強い。
要所でサービスエースでポイントを取るし、
一発狙った時のフォアは半端じゃないスピード。
すべてに余裕もあって、搭載エンジンが違うって感じ。

IMG_9351

16歳児も必死に食らいついて、突破口を探す。
IMG_9360

結果は敗退。
食らいつく一歩手前でことごとく跳ね返された。

しかし最近は強い相手と対戦することも増えた。
ひとつずつ経験を積んで前に進んで欲しい。

この日の試合予定がすべて終わった。
16歳児がワタクシのところに来て、「練習したいです」というので
コートをレンタルすることに。

試合に出ていた同じチームの選手がいたので、
一緒に練習しないかって誘ってみたら「やりたいです」という。

彼は千葉県でも1、2位の上位校のテニス部。
この日、学校のナンバー2の子も来ていて、
一緒にいいですってことで、3人をコートに入れて練習。

二人ともメッチャ上手いし、とてもいい子たち。
16歳児にとってはすごく良い練習になったと思う。

何より楽しそうに自分たちを追い込むジュニアたちを見るのは
ワタクシもうれしいし、前向きになれる。
頑張れよ、みんな。

ちなみにそんなわけで、ワタクシはボールを打たずに
球出しとコート代支払い係だった。
強豪ジュニアと打ちたかったなぁ。
ちょっと残念。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、戦友とか。

お取引先様が新たにお店を出した。

ジュプレ
アイスクリーム屋さんだ。

先日、商談の際にいただいた。
IMG_9284

高級アイスだね。
IMG_9285
甘すぎず、とても上品なスイーツって感じ。

こんなものも。
IMG_9288
パーティーとかお土産に良さそう。

大泉学園のお近くの方、ぜひ足をお運びください。

 

さて、もういい歳になったワタクシ。

かれこれ30年以上、テニスに携わらせていただいている。
テニスコーチで食っていこうと決めた23歳の時には、
いつまで出来る仕事だろうと思ったけど、
こうして今もテニス界で生きている。
ある意味、奇跡かも。

迷い、憤り、必死に生きて来た20代から30代。
この頃に知り合ったテニス業界仲間はとても大事な存在だ。

先日、そんな方と水道橋界隈で落ち合った。
IMG_9204-1
HEAD社のKさん。
ずっとHEADブランドと共に歩んできているすごい方。

ワイン&イタリアンで語り合う。
IMG_9205

IMG_9200

IMG_9201

出会った頃はお互い若かったけど、
もうオジサンの域に入った・・・よね、完璧に。

でも、仕事に対しては変わらず熱い。
あの頃から変わらずだ。

ある意味、ワタクシのテニスを支えてくれたKさん。
お互いもっと頑張りましょうなんて話をした。

テニスを愛する気持ちを大事にまだ頑張りましょう。
引き続きよろしくお願いします。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

流木とか、感想とか。

ランニング途中の海岸。
IMG_9291
かなり大きな流木。

どこからか流れて来たのだろうか。
引き揚げるのも大変そうな大きさ。
こんなのが波と一緒に襲って来たら怖いぞ。

 

さて、例の映画を観た。
128029d9be78b54d
ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

感想。
面白かったし、面白くなかった。

ボルグはけっこう似てたかな。
マッケンローはどうなろう。
コナーズは全然違うなぁ。
ゲルライティスは雰囲気出てた。

まあ、そっくりさん映画じゃないだろうから、
そこを求めちゃいけないんだよね、きっと。

この映画のメインコンテンツである1980年のウインブルドン決勝。
もちろん伝説の試合であり、ワタクシとしてのテニス史においても
絶対に外せないものであることは確か。

ボルグはほぼ神のような存在に見えたし、
マッケンローは未来から来た破壊者に見えた。

これだけ対照的な二人がぶつかり合う様が
現実のスポーツの世界で見られるのは
本当に幸せなことだし、ある意味奇跡的な時代だったと思う。

そんな時代のど真ん中にいたからこそ、
この映画を見ようと思うのは必然だけど、
テニスというスポーツ、そしてこの時代を体験していない人は
果たして見ようと思うのか、果たして見てどう思うのだろう。

面白かったというのは、時代を思い出しながら、
懐かしみながら見られたからであり、
面白くなかったというのは、これがテニスじゃなかったら、
この時代を知らなかったら、どういう感想を持つのだろうと思ったから。

王者のプレッシャーはある意味ありふれたテーマだし、
そこに深く切り込んだわけでもないような気もした。
まあ、普通の展開だ。

あとは、テニスのシーンはやはり難しいなと思った。

ボルグのサービスのモーションへの入り方はちょっと違う。
ラケットを低く構えて、少し早く顎が上がってモーションに入る。
ヒョコッとアクションがあっての入り方じゃない。

マッケンローのバックハンドで非利き腕がラケットから離れるのが早すぎる。
テイクバックからフォワードスイングに入る前に右手がラケットから離れるので、
左手1本で引いて振ってに見えてしまうのは惜しい。

フォームの粗が目立たないようにカット割りと
カメラワークに工夫がされているのだろうけど、
ボルグ、マッケンローのフォームは、嫌という程に
インプットされているので、ちょっとの違いがすごく気になったりして。

とにかくあまりに有名な試合、あまりに有名な二人だけに
ノイズが発生しすぎて映画に入り込むのが難しかった。

きっと、あの時代のあの二人は映画以上に映画だったのだ。
ボルグがテニスシーンに現れ、マッケンローが台頭してくる。
現実があまりにドラマチック過ぎた。

きっとフィクションでそれを超えることはできないのだ。
あんなドラマチックでスリリングな時代があったってことで良いじゃないか。
と思ったりしたボルグ/マッケンロー。

カテゴリー: 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。