ホットドックとか、オリジナルマスクとか。

なんだっけ。
ミニストップの新商品。
th_IMG_4160
油が・・・走った後のはしんどい。
普通のホットドックの方が美味しいと思う。(選ぶなよ)

 

さて、そんなわけで、夏場にも対応できるマスクはないと
色々と探してみたりもしたが、なかなか決め手がない。

そんな折、ゴーデンキッズの研修にGODAIさんにお邪魔したところ、
コーチ陣が揃いのマスクをしていた。
よくみたら、なんだかロゴらしきものも入っている。

責任者の高島さんに聞いたところ、
オリジナルでつくったとのこと。

軽いし通気性も良いタイプなので、運動しても息苦しくなりにくいそう。

1枚いただいた。
th_IMG_4247
確かに軽いし、通気性も良さそう。
あまりに通気性が良いと意味がないけど、適度な感じ。

素材はなんだろう、これ。
ガーゼっぽい軽さ。
でも耐久性もあるようだ。

ということで、さっそく製造元の会社さんを紹介してもらった。
スタッフに必要数を聞き取り、注文を入れた。

th_TeamREC
Team RECマスクである。

納品は7月上旬の予定。
待ち遠しいぜ。

で、おそらくスタッフ分で頼んだ分がなくなってしまうので、
お客様にもご利用いただけるように追加製作を決めた。

追加分は、ロゴを変えてみた。
th_trlogo
こっちのタイプね。

 

やっぱり運動中は普通の不織布マスクや布マスクだと厳しい。
コーチもしんどいし、お客様もずっと着けているのは苦しそう。
結局、動くときは外さざるを得ない。
呼吸器系に支障が出るのも困るし。

ということで、夏にも対応なマスクはもうすぐお目見え。
もちろん、それでも呼吸が苦しい時は自己判断で外してください。
会員様価格でご提供の予定なので、お楽しみに!

こんなものを販売するようになるとはなぁ。
とにかく早くワクチンなり治療薬ができて欲しい。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イメージとか、チャットサポートとか。

「ブログでボクのイメージ、ダウンしてますよね」とフカダコーチ。
「そうかな、全部事実だけど」とワタクシ。
th_IMG_3993
「数万人がボクを礼儀知らずの酒飲みって思ってるんですよね」
「大丈夫、数万人もいないから。せいぜい、1日に数千人だよ」
「その数千人が濃いんじゃないですか」

そうなのかな。
まあ、ウソじゃないし、しかたないよ。

 

さて、MacBook。
th_IMG_2952

OSをアップデートしたら、Officeが使えなくなった。
どうやら新しいOSにすると、あるバージョン以前のOfficeは使えなくなるらしい。

しまった!だったらOSアップデートしなかったのに。
どうも新しいものには飛びついてしまう。
事前に情報仕入れておけば良かったな。
まあ、でもアップデートは必要か。

ということで、対応のOfficeを購入。
インストールを試みる。

が、全然うまくいかない。
どうやら別のPCで使っているマイクロソフトアカウントが
紐づけられてしまうようで、「このアカウントはすでに・・」
みたいなアラートが出て、インストールが進まないのだ。

あれこれ試すもダメ。
どうにもこうにも身動きが取れず、しばし放置。
th_IMG_2942
もう飲んじゃえ。
時間をおけばなんとか・・なるわけがない。(笑)

いっそのことと腹を決め、PCを初期化。
th_IMG_2953
すべてをやり直す気持ちで・・・。

お願い、動いて!
th_IMG_2955
しかし、祈るような気持ちでのリカバリーでも
Officeインストールはならず!
こりゃ、どうにもならんね。

かくなるうえは、マイクロソフトさんに聞いてみようってことで、
チャットでのサポートをチョイス。
以前、アップルのサポートがとても良かったし、
天下のマイクロソフトも同じでしょってことだ。

ところが、どうにもマイクロソフトのチャットサポート、
レスポンスがよろしくない。
th_スクリーンショット 2020-04-16 15.38.35
チャット画面のデザインもワクワクしない。
まあ、チャットにワクワク画面はいらないけど。

やり取りも何となく途切れ途切れ。
複数名を相手にやり取りしてるのかなって感じ。
アップルの寄り添い感とはずいぶんと違う。
社風なんだろうか。

途切れつつ、ワクワクもせずで対応は進み、
何が何だかわからないが、問題は解決したっぽい。

ダウンロード〜インストールにようやく進んでところで、
なぜかチャットがダウンした。

最後のお礼も言いたかったけど、まあいいや。
そんな感じのやり取りだった。

以前のソフトバンクのチャットサービスもそれなりだったけど、
マイクロソフトはさらにもうひとつだった。

アップルのサポートって最強とあらためて思った問題解決だった。
解決したのに文句言うなよ。(だね。ごめん)

カテゴリー: PC, インターネット, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サワーとか、ブラックコスメ試打!とか。

味が変わるレモンサワーだって。
th_IMG_4513
キャッチコピーに惹かれて買ってみた。
たしかに味が・・・分かんないな。

 

さて、そんなわけでHEADさんからの
ブラックコスメラケットを張り上げた。
th_IMG_4508
全体にバランスの良いシルエット。

フレームもあまり厚めじゃない。
th_IMG_4511
黒の艶消しモデルって硬そうに見えるな。
それだけに攻撃的な印象ではあるんだけど。

何となく、各部はRADICALに似ている気がする。
IMG_4479
でも、発売サイクルからはRADICALじゃないよね、たぶん。

 

ということで、空きコートを確認。
奇跡的に1面30分だけ空いていた。

え〜と、相手は・・・と。
奇跡的にヒマそうだったナカガワコーチをつかまえた。

「張り上がっちゃったなぁ」

「おっ、なんですか?これ」

「HEAD契約のナカガワくんとしては、やっぱり打ちたい?」

「そう・・ですね」

「ヒマなの?」

「ヒマではないですが、少し大丈夫です」

(ゴールデンキッズの準備あるんだけど・・・)
という心の声というか、ささやかな抵抗を無視して、
ナカガワコーチをコートに引き摺り出すことに成功。

 

早速試打。

硬くない!
フェイスがしっかりボールをくわえる!

なに?これ。
見た感じと全然違うぞ。

艶消しブラックと薄めのフレームから、
けっこうガチガチの打球感をそうぞうしていたのだけど、
実際にはまったく反対の打球感。

柔かいというよりは、「食いつく」という方があってるかな。
フェイスにボールがめり込む感触、
そしてその後にしっかりとボールを弾き出す。

なんていうのかな・・
ゴツメだけど硬くないフレームのラケットが
ボールをくわえるような感触というか。

うーん、昔でいうと、クナイスル・ホワイトスターみたいな。

ゴツメのシャフトから正面から見て厚めのフレーム、
なのに素材自体の硬さは感じられなくて、
ボールをしっかりくわえ込む。

素材の硬さじゃなくて、フレーム構造で剛性を出しつつ、
フェイスがボールをしっかりくわえて飛ばすみたいな感じ。

例えのモデルが古すぎて、一定の年齢にしか分からないか。(ごめん)

 

そんなゴツメのフレームながら硬くないという不思議な感触を
このシャープなフレームが実現している不思議なラケット。
グロメットでストリングの可動域を広げたりしてるのかな。

とにかくフェイスが食う感じは安心感につながるし、
スピンもよりかかる感じがする。

ボールの軌道も自然に振り上げるだけで、
しっかりループ気味に飛び、ちゃんと落ちてくれる。
スナップバックもより効きやすくなっているのだろうか。

簡単にいうと、柔らかさを感じるフレーム、
そしてスピンが掛かりやすい食いつき方になっている感じ。

 

ボレーもボールをくわえてくれるから安心感が大きい。
パシッとシャープな球離れというよりは、グッとくわえて押し出す感じ。
タッチショットもコントロールしやすい感じがした。

特にバックスピン多めのドロップボレーは驚くほどにボールが戻った。
これ、ダブルスなんかで相手を動かしたい場合などはより安心安全な気がする。

 

そしてこれまた良かったのはサービス。
食いつきがあるからなのか、非常にコントローラブル。

フラットもセンターにきれいに入ってくれる。
少し大袈裟に肘手首を使いヘッドを走らせると、
ズドンと直線的な打球が飛んでいってくれる。

スライス系もフェイスの少し上の方で
ボールの斜め上を叩いてあげると、
キレイにコートの外に切れていく。

スピン量が多めだから、サイドライン手前の方に落としやすいので、
より相手を追い出せるサービスが打てる気がした。
実際、ナカガワコーチからエースを取った。
(気を遣ってくれたわけではない・・・と信じたい)

スピンも上からしっかり落として、
キック気味に跳ねさせることができた。
やっぱりよく回転が掛かるなぁという感じ。

とにかくこのラケット、よく「食いつく」。
このフレーム厚でくいつきが良いっていうのが、とても不思議。
肘や手首にも負担が少なそうだし、頼れる武器になりそうな予感。

正式版、いつ出るのだろう。
楽しみである。

 

ナカガワコーチも気に入ったようだ。
th_IMG_4512
フレームを隠しちゃう持ち方が、まだまだ甘いな。(笑)

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シートとか、担当氏とか。

日比谷線。
th_IMG_4223
シートは2席ずつ分割で動かせるタイプだった。
進行方向だったり、ボックス席になるんだよね。
がっちりマンデーで見たんだっけな。
テンションあがった。

 

さて、先日のこと。
ダンロップさんの営業担当R嬢から電話。

このR嬢、実は元Team RECスタッフ。
学生時代、藤沢校で長らくコーチをしてくれて、
卒業〜ダンロップスポーツさんに入社した。

もう何年目だろう。
持ち前の愛嬌と押しの強さで営業成績もトップクラスだと思う。

実際、彼女が担当してから、Team RECでのダンロップさんのシェアは一気に上がった。
th_IMG_9377

「そりゃ無理でしょ」と言いたくなる提案もどんどんぶつけて来る。
ワタクシが「ちょっと無理」というと、
後ろからボスが「出来るだけ聞いてあげたら」と言う。
ボスまで味方につけてる・・・おそるべし。(笑)

Team REC内でも知り合いの多いR嬢、彼女が販売応援に来るとなると、
スタッフが「Rが来るなら助けてあげないと」と皆でサポートする。
OGのメリットも存分に活かしてるし。

 

そんなR嬢からの電話。

「新しいストリングどうですか?」

「打ったけど、うーん微妙」

「どのへんが?」

「悪くはないけど、決め手が」

「ちゃんと打ってくれました?」

「打ったよ。緊急事態宣言前で忘れかけてるけど」

「もう1回打ってもらえます?」

「いいよ。まだサンプルあるから張ってみる」

「いやちょっと待ってください。会社に張り上げたのがあったはず」

「張るから大丈夫だって」

「いやいや、今週どこのスクールに行きますか?」

「明後日、レック上石神井に行く予定だけど・・」

「試打ラケット送っておきます!」

「いや、試打する時間が・・コートの空きもわからないし」

「えーと、11本送っておきます」

もはや聞いてない。さすが豪腕営業マン。(笑)

 

ということで、こんな強引さもありつつ、
関係がささくれないのがR嬢のすごいところ。

これまで様々な方に担当いただいたけど、
その中でも「デキる」なと感じたひとり。
って、エラそうでごめん。
R嬢に学ぶ、仕事デキる術。

まず仕事が早い。

とにかくレスポンスが早いのは第一条件。
「あれどうなってます?」はストレスでしかないから。
これまでお付き合いした担当氏で、デキる人は皆、レスポンスが早かった。
逆にこちらから何度も確認しなきゃいけない人は・・・ね。

トアルソンのI氏、ウイルソンのT氏も爆速のレスポンスだ。
見習いたいと思う。

そして抜けがない。
言ったことはもれなく対応してくれる。
「忘れてました」はほぼ無し。
皆、たくさんの担当先を持っているから大変だと思うけど、
漏れや抜けがないのは大きなアドバンテージだ。
まあ、普通のことなんだけど、世の中、そうじゃない人も多いので。

そしてマメ。
必要なことはもちろんだけど、そうでない時も情報共有してもらえる。

 

今回、特に感じたのは、緊急事態宣言の自粛中。
メーカーさんも軒並み在宅勤務。
営業もままならない。

そんな中、連絡をくれる方と音沙汰無しの方。
お互いほぼ休業中だから、動きもないのだが、
マメに連絡をくれて、情報を共有してくれる担当者も数社。

「スクールどうですか?」
「他社さんの状況わかります?」
「何かできることありますか?」

動きがない中でも繋がっていれば、再開出来そうな前段から動ける。
結果、再開と同時に様々なことを仕掛けられる。
音沙汰無しの方とは再開してようやくって感じだから、
連携していた方とは何歩も違ってしまう。

結局、こんな状況だからを、「何も出来ない」なのか、
「何かで出来ることないかな」のどちらに考えて動くかだ。
在宅勤務でも成果があげられるかどうは、そこで違いが出るような気がした。

 

とまあ、そんなこんなで有能なR嬢。
なんと転職をするらしい。

残念で仕方ないが、新たなフィールドでチャレンジしたいそうだ。
R嬢らしいな。

「デキる」定義は基本、どこでも一緒。
きっと彼女なら成功するだろう。
新たなステージでの活躍を祈りたい。

退職まであと2週間なのに
強引にストリング試打を押してくるあなたなら
どこでも大丈夫だと思うよ。
がんばれ〜!

カテゴリー: インプレ, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ひよことか、ブラックコスメ張り上げ!とか。

ネオインドアテニススクール西新井で遭遇。
th_IMG_4414
日清さんのノベルティね。
これどうしたもらえるんだっけ。
欲しいな。

 

さて、HEADさんから突然届いたブラックコスメラケット。

IMG_4479

IMG_4480

見た感じは、SPEEDシリーズのようでもあり、
いやむしろRADICALシリーズのようでもあり。
そしてなかなかシャープな印象。

ツアー系なのかなって気もする。
何にしても、カッコいい。

とにかく早く打ってみようってことで、
ネオインドア西新井でマシンを借りて張り上げることに。
th_IMG_4500

ストリングはこれ。
th_IMG_4502
HAWKかな、それともLYNX?。
何だろう。

テンションは45P。
th_IMG_4501
まずはこの辺りから様子見ね。

トップ部のバンパーになにか細工?
th_IMG_4503
なだろうこれ。

基本的にはすごく張りやすいストリングパターン。
th_IMG_4504
グロメットのつくりで、絶妙に張りやすい、
張りにくいラケットってあるよね。

HEADのラケットはワタクシ的には張りやすい部類。
まあ、18歳児やら自分のやらがほとんどHEADで慣れてるってのもあるかな。
ただ、HEADは変形しやすいのもあるから注意ね。
th_IMG_4505
それにしても、このマシンも張りやすいな。
ゴーセンのマシンて安いし、張りやすいし、かなりリーズナブル。
ただ故障は若干多いような気もする。
まあ、メンテナンス体制が整っているからいいんだけど。

ということで、張りあがり。
th_IMG_4508

いい感じだ。
コート空いてるかな。
相手も見つけなきゃ。

ヒマそうなの誰かな。
って、みんな忙しいよっ!!

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

見えた!とか、常連とか。

先日のブルーインパルス東京飛行。
都庁に向かって北方向に飛ぶらしいってことで、
レック本社前で空を見上げる。

キタ〜!
th_IMG_4151
ドンピシャだった。

この企画については賛否両論あるようだけど、
かかったお金、350万円だっけ?
ワタクシ的にはあり。
少しでも元気にならないと。

 

さて、カレーの話を書いていて思い出した。

ワタクシ、気に入った店が出来ると、とことん通い詰めるタイプ。

そして決して店の方と仲良くならない。(笑)
黙って食べて、「ごちそうさまでした」とだけ言い、店を出る。

先日紹介したカレー屋さんのサーラもかなり通ったけど、
マスターと喋ったのは一度だけ。

「あ、ミニパト来ましたよ。車大丈夫ですか?」
「ほんとだ」

これだけだ。(笑)

 

すごく昔、何年も通っていた定食屋があった。
何の変哲もないロードサイドの小さな定食屋さん。
息子さんとお母さん(たぶん)の二人でやっていた。

まあまあ夜遅くまでやっていたので、
ナイターレッスンを終えてから寄ってもやっていたのも、
通い詰めた理由のひとつ。

で、頼むのは、コロッケ定食か玉子カレーのどっちか。
ホントにその2択だけで何年も通った。

そして、お母さんとも息子さんとも会話はゼロ。(笑)

調理担当でカウンターの中にいる息子さんも
お客さんに話しかけるようなタイプじゃないから、
あれこれ話しかけられなくて、気楽で良かった。
何年も通って、それはそれで不自然だけど。

だから会話は、
「いらしゃませ」
「コロッケ定食(または玉子カレー)ください」
「ありがとうございました」
「ごちそうさまでした」
のみである。

 

実は一度だけそれ以外の会話があった。

どうしてだか、正月にご飯を食べにいった。
世間は正月だったけど、一人暮らしのワタクシはいつものようにその店へ。

コロッケ定食を食べ、さあ帰ろうかと思ったら、カウンターの中の息子さんが、
「あけましておめでとうございます。これどうぞ」とミカンをくれた。
ちょっと驚きつつ、「あ、ありがとうございます」と受け取った。

精一杯の常連さんへのサービスだったのだろうか。
別にあれこれ話さなくても、こんな常連さんでじゅうぶんだなと、
ちょっと心が暖かくなった正月だった。

今はもうその店はない。
いい店だったな、ロード。(店名、今思い出した)

 

その昔、サイゼリヤの1号店にも毎晩通ったっけ。

頼むのは、カニサラダと焼肉ライス。
とにかく毎晩、それオンリー。

ついには注文すらしなくなった。
座れば、水とカニサラダと焼肉ライスが自動的に出てきた。(笑)

昔はマスター(たぶん現社長)は一品ずつフライパンを振ってつくってくれた。
ホントに美味しかった。
だから毎晩食べられた。

フロアを担当していた牧伸二似のウエイターさん(たぶん弟さん)が、
絶妙のサーブをしてくれた。

常連のペースを分かってくれて絶対にはずさない。
「お水ください」って言ったことないもんね。

特段、仲良くしてたわけじゃないけど、
ちょっとしたやり取りだけで、居心地の良い店だった。
常連ぽくするわけでもなく、特別扱いも無い、絶妙な距離感だった。
(注文してないけど)

今はもうすっかり違う店になっちゃったのが残念。
まあ、どこかで舵切ったんだよね。

ということで、色んなお店で静かなる常連だったりした昔だった。

カテゴリー: , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

豪華イベントとか、メンバー近況とか。

休校明けの特別企画!
th_プロ補講

Team RECプロメンバーによる補講イベントが開催される。

ツアー再開を待ちながら各々練習していたメンバー。
「これだけ日本にいるのはこの機会だけだし、何か出来ることないですか」
と有難い申し入れが。

ならば、スクール会員の皆さんとのテニスでしょということで急遽企画。
テニスを楽しんでもらい、プロたちのことを知ってもらい、
もっとTeam RECを選手を応援してもらいたい。

そんなプロたちの思いと心意気も詰まった企画。
ぜひお申込みください。

*今回はレックインドアテニススクール上石神井の会員様のみです。
ごめんなさい。
他校と一般の方向けはまた検討しますね。

 

さて、そんなTeam RECプロメンバーの近況など。

ATP,WTA,ITFが8月からのツアー再開を発表した。
おそらく様々な制限やケアのもとでのトーナメントになると思われるが、
まずは一歩前に進んだということで、少し安心した。

Team RECメンバーも最大限のケアをしつつ、
ツアー生活に戻っていってほしい。

ちなみにこの期間中、Team RECプロメンバーは何をしていたかと言うと、
やることがないから寝てばかりいた・・・わけはない。

各々、じゅうぶんではない環境ながらコートを確保し、
練習〜トレーニングの日々を送っていた。

鈴木プロは、先日、こんな活動を開始。

th_スクリーンショット 2020-06-21 17.45.23
スターテニスアカデミー

YOUTUBEで新番組を立ち上げ。
小野田プロと一緒にテニス深いところまで掘り下げた番組を配信。
技術の深い部分、感覚的な部分、裏話など、情報満載。

正直、無料配信で良いのだろうかと思うくらいの内容。
いいんですか?貴男さん。

ということで、かなりオススメの新番組である。
その他、徐々にクリニック等も再開方向のようなので、
鈴木プロの直接指導を受けられる機会もあるかも。
お楽しみに!

 

関口周一プロも練習場所を変えながら、練習&トレーニングの日々。
実はレックインドアテニススクール上石神井にもちょくちょく来ていた。

これはある日のトレーニング風景。
th_スクリーンショット 2020-06-21 17.34.30

楽しそうだけど、キツイのね。
th_スクリーンショット 2020-06-21 17.34.43

先日は、添田プロと一緒にひたすらトレーニング。

「終了です。ありがとうございました」
「あれ?ボール打たないの?」
「テニスは午前中、しっかりやってきました」

残念。
添田プロと関口プロのラリー見たかったな。
チャンスがあれば割り込んで一緒に打たせてもらおうと思ったのに。(無謀)

休業中、何かできないかと考えた関口プロ。
こんなことにもチャレンジ。
th_EaJjpwpVcAAy4NU

Uber Eatsの配達である。
th_shuichiscrshot
周一、嬉しそうだ。

「トレーニングにもなるし、いいかも」
って言ってたけど、ホントにやったのね。
いい経験だね。

 

で、実は守谷総一郎プロもUber Eatsの配達をしていたそうだ。

https://www.instagram.com/p/CBk0cmcpJGo/?utm_source=ig_web_copy_link

先日、会社に来た時に、
「時間が余っちゃって。何かアルバイトないですか?」
と言っていた。

スクールも休校中でイベントも組んであげられず、
「再開したらイベントやろうね」と言っていたのだが、そういえばあの時、
「Uber Eatsの配達やろうかと思うんですよね。トレーニングにもなるし」
って言ってたな。
ホントにやったのね。

ということで、様々な活動をしていたプロメンバーもツアーに向けて動き出す。
皆、またここから頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

たい焼きとか、HEADの全身スピンとか。

久しぶりにたい焼き屋さんが出てた。

おじさんによると、「保健所がうるさくて大変だった」とのこと。
感染防止指導が半端なかったそうだ。
移動販売も許可事業だから、まあそうなんだろう。

「大変でしたね〜。でも良かった」と言ったら、2匹おまけしてくれたそうだ。
th_IMG_4213

おかげで数日間、スイーツタイムはたい焼き。
th_IMG_4289
おじさん、また来てね。

 

さて、雨の金曜日。
前日夜にレックインドアテニススクール上石神井から報告。
「HEADさんからあやしい荷物が届いています」

というのは冗談だが、何やら届いたらしい。
ちょうど備品等々を運ばなければいけなかったので
納品をかねてブツをピックアップ。

どうやらラケットっぽい。
IMG_4476

たまらずその場で開封の儀。
IMG_4477
やっぱりラケットだ。

バリバリと・・・ウソ、丁寧に袋から出す。
IMG_4478
なんだこれ?
黒塗りで機種名も何もない。
ブラックコスメモデル、これで何回目だろう。

この前、試打したスピン系のアレかなと思いつつも、
ちょっとフレームが薄いような。
IMG_4479

バランスも良くてシャープな印象。
ツアー系モデルっぽい。
IMG_4480
つや消しブラックって強そうに見えるよね。

ストリングもついてた。
IMG_4484
これ張ってねってことね。
指定なんだな。

で、これをどうすればいいのだろう・・・。
と考えていたら、「中に何か書面入ってましたよ」とネジメコーチ。

あ、ほんとだ。
これちゃんと読まなきゃダメなやつね。
IMG_4486
そうですか、セレクテッドメンバーに選んでいただいて光栄っす。

で、このラケットの正体というか詳細はもう少し先の解禁らしい。
中に公開して良いキーワードというか、ハッシュタグの案内があった。

#HEADTENNIS
#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております

って、染の助染太郎?
おもしろ系に振ってるのか?

キーワードとは裏腹に現物はシリアスプレーヤー向けのような気がする。
ああ、早く打ちたい。
でも、次の巡回先に行かなきゃ。
とても楽しみなHEADのブラックコスメモデルである。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホームにてとか、OSHMAN’S 復活!とか。

渋谷駅・埼京線ホームが移動した。
以前のホームの位置は大きく恵比寿よりだった。
ほぼ、渋寿(しぶす)だったよね。
th_IMG_4256
ハチ公前出口もすぐそば。
素晴らしい。

あとは東京駅・京葉線ホームをなんとかして欲しい。
あれは東京駅じゃなくて有楽町だよ。

 

さて、そんなわけで、創業の地、原宿に復活したOSHMAN’S

ちょっと寄ってみた。
th_IMG_4265
場所はまさしく原宿駅前。
以前とほぼ同じ場所だ。

懐かしいロゴ。
th_IMG_4258

店内は相変わらずワクワクの宝庫。
th_IMG_4259

th_IMG_4261

th_IMG_4260
ああ、もういるだけで幸せだぞ。

ディスプレイもいちいちオシャレ。
th_IMG_4263
いいなぁ、こういうの。

で、何も買わないのもなんなので開店祝いに。
th_IMG_4264
袋も昔のままのデザインだ。
昔を知る人にはたまらないし、知らない人にもオシャレだよね。

ということで購入したのがこちら。
th_IMG_4278
3Pソックス、900円也。
もうちょっとお金使えよって気もしたが、
夏のアイテムにこれは外せないでしょ。

お気に入りの短パンにスニーカーには
やっぱりこのソックスだよね。
グレー系も好みだし。

実は昔も着ていたOSHMAN’SロゴのTシャツが欲しかったのだが、
昔と違ってあまり置いていなかった。
メジャーブランドとのコラボっぽいのが一部あっただけ。
コットンぽくて少し厚手だったので今回はパス。
th_IMG_4262

でも、やっぱり欲しいかな。
また見に行こう。

 

そういえば、昔、OSHMAN’SのTシャツをいち早く買って、
サークルの練習に着て行ったら、後輩が言った。

「おっ、先輩そのTシャツ!」

「うん、なになに?」(気づいてくれたか)

「大島に行ったんですか?」

「行ってねえよっ!」

そんな時代だった。(どんな?)

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

無視とか、マスクとか。

ランニングの途中。
散歩中の犬に遭遇。
th_IMG_3299

なんだかとてもかわいいので近くに行ってみた。
th_IMG_3302
完全無視だった。(笑)
でも可愛かったな。

 

さて、すっかり必需品になったマスク。

一時は品切れ状態でメッチャ高かったというか、
そもそも手に入らなかった。

我が家にはもともとストックがあったから、
なくなることはなかったけど、
高いなと思いながらも念のために購入したものも。

この状況がいつまで続くのかわからなかった頃、
これは何らかの手を打たなければばと思いながら、
ウェブでマスクの予約サイトを発見し、ポチってみた。

 

数週間後、ブツが届いた。
th_IMG_3901

発送元は・・
th_IMG_3902
バスフィッシングをする人で知らない人はいない
超メジャーなルアーメーカー、ゲーリーヤマモトである。

ゲーリーヤマモトがマスクというか、
フェイスガード的なものをつくるという情報を見つけ、
「受注生産だから欲しい人は予約してね」ってことで確保したというわけ。
ゲーリーロゴ入りのマスクなんてカッコいいじゃん。

 

ワクワクしながら開けてみる。
th_IMG_3903
2つ頼んだのね。

開封!
th_IMG_3904
おお!いいじゃん。

ロゴもいい感じ。
th_IMG_3905

早速、装着してみる。

ん?ちょっと固めだな。息も苦しいぞ。

ネオプレーン素材だから、まあそんなものなのだろう。
洗って何度も使えるってことだから素材が厚めなのも仕方ないかな。

コーチの練習にこれをして参加してみた。

息苦しくて倒れるかと思った。
ほんの少しの間で汗でグシャグシャになったけど、
まあこれはどこマスクでも一緒。
洗えるから問題ない。

困ったのは声の通りにくさ。
マスクが口の動きを阻害する。
素材に逆らうようにしっかり大きめに口を開けないとうまく話せない。
ワタクシ、東北人なので、普段はあまり張って話さないからなおさら。(張れよ!)

そしてなにより呼吸が苦しくてダメ。
これ、運動時と夏は無理だな。
倒れちゃうよ。

冬は防寒性もあっていいかもってことで、
ひとまず控えに回ってもらうことにした。

 

コーチたちにはレッスン時、マスクをしてもらっているけど、
不織布のマスクはすぐに汗でびしょびしょになるし、
濡れたマスクは呼吸ができず危険。

ランニングなどで使うフェイスガードも良さそうだけど、
存在感があまりに大きいのと、表情がほとんど見えなくなっちゃうのがなぁ。

ということで、新しいテニススクールの形におけるマスクは大きな課題である。
安全、安心、そしてスタッフの健康のバランスを取らないとね。

そんな中、救世主的なマスクに出会うことになるのだけど、
その話はまた今度に。

カテゴリー: ランニング, , 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。