計測とか、打ち上げとか。

REC FESTA、スピードガンコーナーにコーチの計測結果一覧が。
IMG_7067

佐藤一平コーチが最速。
IMG_7068
少し低めに出ることが多いので、
本当はもう少し出てるんじゃないかな。

なぜかワタクシも。
IMG_7069
写真が古いぞ。いつのだ、これ。どっから見つけてきた?
低めに出るのでホントは180キロくらいだと思う。(ウソ)

 

さて、なんだかんだのREC FESTAも無事に閉幕。

最後はプロ、吉崎アナウンサーも一緒にスタッフ皆で締め。
IMG_7175

IMG_7172

このイベントはまだ3回目と歴史は浅いが、
レックの大事なイベントのひとつになった。

皆で準備し作りあげる過程も楽しい。
各校のスタッフが連携出来る数少ない機会でもある。

IMG_7081

IMG_7079

IMG_7077

IMG_7153

IMG_7076

今年は総勢50名強のスタッフが集結。
IMG_7098
皆さん、本当にお疲れ様でした。

恒例の外山シェフの「美味しいなにか」はあまりに人気で、
なかなかスタッフの口に入らないってことで、
最後にスタッフ用に準備。
IMG_7178

豚汁&ビールで軽く打ち上げた。

この後、それぞれに本格的な打ち上げに行ったりと
各所に散って行ったようだが、
何かと力尽きたワタクシは大人しく家に帰った。

帰るまでが、REC FESTAってことで。
お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、ラウンドとか。

レモン牛乳アイスクリーム。
IMG_6374
栃木の名物っぽい。
うまいね、これ。
千葉じゃ見かけないから、滅多に食べられないけど。

 

さて、某日。
「4時半に迎えに行きます」とネオインドア西新井のコバヤシコーチが言う。
早起きはいつものこととはいえ、さすがに早い。

暗いうちから目指すは埼玉。
同じくネオインドアのサトウコーチ、ソトヤマコーチをピックアップ。
東北道に乗り、那須方面へ。

着いた先はここ。
IMG_6339
矢板ICから20分ほど走った先のゴルフ場。

初めて来たけど、なんとも簡素なクラブハウス。
IMG_6342
田舎の貸しコートみたいな受付で先払いでコースフィーを支払う。
その額なんと、2,500円。
メッチャ安い。

乗り場でカートを割り当てられ自分たちでバッグを積む。
IMG_6341

スタート時間は?
ああ、準備が出来たら適当にスタートしてください。
なるほど。

練習場へ。
IMG_6343

打席はない。
各々適当な場所で打つ。
IMG_6348
芝から打てるので案外いいかも。

適当に打って、そろそろ行こうかってことに。
IMG_6353

いちおう記念撮影。
IMG_6354

混んではいないのだけど、やたらとツーサムが多く、
それなりに進行が速い。
急かすような雰囲気はないけど。

コバヤシコーチ。
IMG_6360
一番上手い。
そりゃ年間80ラウンドもしてりゃね。

ソトヤマコーチ
IMG_6361
最近、シニア用のクラブに替えて飛ぶようになった。
いかにもシニアなデザインのドライバーを使っている。
うーん、まあ飛ぶからいいのか。

サトウコーチ
IMG_6362
ゴルフは始めたばかり。
まだまだストレスの溜まるラウンドらしいが、
楽しくはあるようだ。

ラウンドは原則としてスループレー。
ハーフが終わったら、また適当に後半へ。

レストランは無い。
簡単な売店があるだけ・・・なのだが。
IMG_6358
ビール飲んでる。
コバヤシコーチの運転は確信犯か。

ちなみにプレーの方は、ワタクシなかなか好調。
生涯で2番目くらいのスコアが出た。
ミドルのセカンドでグリーンに一直線、
ボールが旗竿に当たった時には「イーグル!?」と思ったほど。

前回、K女史とのラウンドで散々な大敗を喫して以来、
ゴルフは敬遠気味だったけど、少し持ち直した感じ。

それにしてもこのコース、安いし普通にいい。
もう少し季節が進んで芝が生え揃ったらもっと良さそう。
また来よう。

カテゴリー: ゴルフ, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:31 | コメントは受け付けていません。

ギリギリとか、エキシビションとか。

今年もREC FESTAには参加出来なかった関口周一プロ。
昨日まで韓国ソウルのATPチャレンジャーに出場。
本戦1回戦で負けてしまい、今日一旦帰国予定だ。

実は関口プロ、REC FESTAへの参加を模索してくれていた。
ATPチャレンジャー、予選からか本戦ストレートインか微妙な状況。

本戦インなら出国を遅らせることが出来て、REC FESTAに参加可能。
予選からならFESTA当日のフライトで韓国入り。

前日夜遅く、「もしかすると本戦に入れるかも」のメール。
しかし当日朝、「まだ微妙なので、やっぱり今日飛びます」と連絡が。

ギリギリまで参加しようとしてくれていた関口プロにも感謝だ。
まさにこれがTeam RECスピリットである。
ありがとう!

 

さて、REC FESTAのメインイベントとも言えるのがエキシビションマッチ。
毎年、プロとコーチの熱い戦いが繰り広げられる。

今年は少し趣向を変えて、10ポイントタイブレークを軸に
たくさんの組み合わせの試合を楽しんでいただこうということに。

プロ、コーチ混合ペアのゲーム。
DSC_6319

DSC_6409

鈴木プロと組むの緊張するだろうね。
DSC_6386
梁元コーチ、よく頑張った。

プロ対コーチの対戦。
DSC_6417

DSC_6453
なかなか良い試合が見られた。

シングルス対戦では予定外の細川コーチも参戦。
DSC_3072

DSC_6359
竹島プロにはさすがに歯が立たなかったけど。

Team RECらしく、「楽しく真剣に」な対戦を
楽しんでいただけたと思う。
DSC_6466

DSC_6366

DSC_3042

選手、解説席の絶妙なコンビネーションがナイスな時間だった。
来年は関口プロのプレーも観られるかも。
少しだけ期待しておこう。

カテゴリー: Team REC, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

焼酎とか、ノートPCとか。

実家からもらって来た焼酎。
IMG_6241
「蟻」だって。
めずらしい名前だな。

焼酎通ってわけじゃないので、
実はよく分かってないのだけど美味しかった。

ボトルの裏にこんなものが。
IMG_6244
酒飲んでる時に説教するなよって気もするが、
なかなか良いこと書いてある。

日々の積み重ねが大事なのね。
おっしゃる通りです、ハイ。

 

さて、最近の大学は入学時にPCを用意しなければいけないらしい。

3月、バタバタしていて何かと後手に回り、
いよいよPCを準備しなければとなる。

学校から配布された必要スペックによれば、
OSはWindowsのみ、MacはNG、ディスクドライブも必要なようだ。

うーん、今時ディスクドライブなんて使うのだろうか。
ドライブついただけで厚み倍増だしなぁ。

大学生協でのPC販売サイトを見ると、
推奨機種はPanasonicのLet’s NOTE。
ドライブ付きで携帯性を考えると妥当な線。
しかもスペック的にはかなり安い。
さすが一括購入。

ならばここでと思ったら、今からの申し込みだと
初回の授業に間に合わないかもしれないことが判明。

あらためて別モデルを探すも、最近のノートPCってドライブ無しが多く、
ドライブが付いているタイプは高級松花堂弁当くらいに一気に大きくなる。

「ドライブなんて、いつも使うわけじゃないからこれでどう?」
と、外付けのポータブルドライブを渡すと「これでいい」と言う。
一気に選択肢が広がった。

結局、選んだのはASUS Zen BOOK。
IMG_6230

MacBook似の薄型タイプ。
IMG_6232

というか、デザイン的にはほぼMacBookだね。
IMG_6235

「おとうさん、お願いします」と、丸投げの長男。
IMG_6239
ワタクシがあれこれセッティング。

なかなか良いね、このPC。
ワタクシが使っているノートPCとの圧倒的な違いはパッド。
IMG_6238
滑らかに、思ったようにカーソルが動く。

この質感はMacに匹敵する。
ワタクシのNECはザラザラでカーソルが吹っ飛んだりするし、
これはすごいストレスだ。

ただ、このパッドとボディの質感故にMac並みに重い。
一方、NECは軽いがプラスチック感が半端なく安っっぽい。
値段はNECが倍以上だけどね。

どっちが良いのか・・・微妙なところだ。

カテゴリー: PC, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャンペーンとか、クリニックとか。

レック各校でラケット&ストリングキャンペーンが始まった。

今回も強力ラインナップで皆様のテニスライフをサポート。
何でもコーチにご相談ください。
答えられないことはありません(キッパリ!)
と、若干プレッシャーをかけてみる。

今回、テクニファイバーストリング張り上げの方には
くじ引きのチャンスが。
18301210_1309104019143709_8487087714515249516_n
テクニファイバーオリジナルの何かいいものが当たります。
安定のソフト感、TGVもおすすめです。

 

さて、REC FESTAではプロ選手によるクリニックが大好評。
人気のあまりあっという間に満員になってしまうので、
このパートだけはスクール会員様限定である。

今年は、鈴木プロ、竹島プロ、斉藤プロの3名が担当。
どのレーンに入っても満足な贅沢クリニックとなった。

相変わらず熱血指導の鈴木プロ。
DSC_6062

お客様との打ち合いもなかなか厳しい。
DSC_6255
そして皆、(やられても)楽しそう。

鈴木プロのテニス論もしっかり聞けて
中身の濃い時間になったと思う。
DSC_5970

竹島プロもフル回転。
ジュニア達にも丁寧な指導。
DSC_5935

いいお兄さんて感じだ。
DSC_6041

斉藤プロは指導プラス一緒に楽しむ派。
DSC_6214

あっという間にジュニアたちと馴染んでいた。
DSC_6032

プロクリニックは時間の限りもあり、
2セッション、各回24名様のみが精一杯。
今度、プロクリニックのみのワンデイや
ハーフデイのイベントを組むのもいいかも。

写真で分かるように、REC FESTAオリジナルTシャツが参加賞。
クリニック参加者のみ手に入れられるのだ。

REC FESTAはそんな楽しいクリニックから幕を開ける。
プロの皆さん、朝からハイテンション、ありがとうございます。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ギブソンとか、アトラクションとか。

ギブソンのスピーカーだって。
IMG_7017
ウッド素材じゃないと思うけど、
レッドサンバースト&トラ杢だ。

まさにギブソンて感じではあるけど、
ちょっと安易というかステレオタイプだなぁ。

ステレオだけに・・・(上手くないよ)

 

さて、思い返せばあっという間のREC FESTA2017。
少し振り返ってみる。

アトラクションは毎年少しずつ変化&進化している。

今年初お目見えのピラティス。
DSC_3018
数セッションに時間を区切って実施してもらったのだが、
毎回満員の大盛況ぶり。
やはり美容と健康は皆が興味のあるところらしい。

玉乃真理子インストラクターは、
鈴木貴男プロのピラティスの先生でもある。
DSC_6198

興味のある方は、玉乃先生のスタジオまでどうぞ。
ピラティス&リンパケア Fun☆Body

第1回から大人気の段ボール迷路。
DSC_6102

子供達にはちょうど良いサイズらしい。
DSC_6172

結構な勢いで皆クリアしていく。
DSC_6011

親子の誘導作戦も楽しい。
DSC_6014

昨年からお目見えのけん玉。
DSC_6020
イチジョーさんのノリとホスピタリティが絶品のコーナー。

ダルマ落とし。
DSC_5907

毎年ダルマが微妙に違うのは大人の事情。
(単にレンタル先が変わっただけなんだけど)
DSC_6010

脳の活性化プログラム、シナプソロジーコーナーは
オカノコーチ、ネジメコーチが担当。
DSC_3033

上手くできなくてもOK。
DSC_3035

ついつい皆、笑顔に。
DSC_3031
それが大事。

エグチコーチ担当のスリリングタワー。
18221849_1768266446837083_6856615334119054093_n
昨年のペットボトルボーリングから模様替え。
なかなかむずかしい。

フカダコーチ担当はワンパットチャレンジ。
18221880_1768266510170410_1906639921963954226_n
子供たちにガイドレーンがあるところが優しさ。

ちなみに鈴木貴男プロも挑戦。
入らなかった。
テニスのようにはいかないか。

4番コートではスピードガンやストラックアウトやら。
DSC_5997
一番奥のコートながら大人気。
いつも順番待ちの列が出来ていた。

とまあ、周りきるにはなかなか大変なメニュー。
楽しんでいただけたかな。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

暑いとか、無事終了!とか。

REC FESTA前夜は近所のホテルに泊まった。
IMG_7070
昨年は朝の暴風雨で電車がストップ。
会場にたどり着かないかもという事態に。

準備やら何らもあるし、大事をとって宿泊することに。
ちょっともったいないけど、リスクは回避しておこう。

初めて泊まったホテルだったけど、やたらと部屋が暑かった。
寝るときに冷房を入れたほど。
何だろ、この温度設定。

 

さて、そんなわけで今年のREC FESTAも無事に終わった。
DSC_6640
ご来場いただいたたくさんのお客様に感謝。
楽しんでいただけたんじゃないかと思う。

写真は閉会式まで残ってくださった皆さん。
ありがとうございました。

Team RECメンバーのゲストプロもフル回転で動いていただいた。

鈴木貴男プロ
DSC_6504

竹島駿朗プロ
DSC_6552

斉藤貴史プロ
DSC_6262

今年はMCに、WOWOWテニス中継でもお馴染みの吉崎アナウンサー。
IMG_7088

鈴木プロのピラティスインストラクター、玉乃さんも登場。
IMG_7087

そしてたくさんのスタッフ。
IMG_7081

IMG_7079

IMG_7077

IMG_7076

DSC_6477
紹介仕切れないほどのたくさんのスタッフが携わってくれた。

皆でつくりあげた1日はとても濃いものだった。
また来年も皆さんに喜んでいただけるイベントにしよう。
まずはお疲れ様でした。

ワタクシも若干燃え尽き気味である。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キスチョコとか、準備OKとか。

とある日の夕食。

IMG_6087

いつもこんな感じなわけでは無い。
当たり前か。

キスチョコ、久しぶりに見たぞ。
IMG_6092
今もあるんだね。

ところでこの紙って何のためにあるのかな。
取りやすくしてるのだろうか。

キスチョコって名前は?

子供の頃から食べてるけど、初めて疑問に思った。
誰か教えてください。

 

さて、いよいよ今日はREC FESTA。

昨日は皆で会場設営。
1回目に比べると随分と手際も良くなった。
最初は夜中2時でも終わってなかったからね。

ワンパットゴルフコーナーは深田コーチ。
IMG_7047

ダルマ落とし。
IMG_7038
細川コーチのパワーショット。

恒例のダンボール迷路。
IMG_7045

ダンボールスペシャリストなメンバー。
IMG_7046

今年はピラティス体験コーナーも。
IMG_7057

アトラクションを体験するとクジが引ける。
IMG_7065

景品はこちら。
IMG_7064

レックのイベントといえばうまい棒。
IMG_7063
今年はバスクリンもプレゼント。
間違って食べないように。

斉藤プロが登場。
IMG_7048

ひと通り遊んで回っていた。
IMG_7061

IMG_7054

IMG_7056
ゴルフのセンスは無いらしい。

今年は音響機材も増強。
IMG_7066

選手にはヘッドセットマイクも準備。
IMG_7052
試合中のつぶやきなども聞いてもらえるようにした。
竹島プロが何をつぶやいているのか興味ありだ。

外には、ポッポコーン、かき氷、綿菓子コーナー。
IMG_7060

そんな盛りだくさんのREC FESTAは10時スタート。
プロクリニック以外はどなたでも参加自由。
ぜひお越しください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スピードとか、ヤニックとか。

一昨日のレックインドアテニススクール上石神井。

梁元コーチ、細川コーチの練習の合間にREC FESTAのリハーサル。
IMG_7020
スピードガンコンテストである。

速さを競うルールではないが、そこはコーチ。
つい皆で最速コンテストとなってしまう。

いい数値を出すコツをつかんだ細川コーチ。
IMG_7022
170km/h後半だったかな。

コツを掴めない梁元コーチ。
IMG_7023
延々156km/hを出し続けていた。
そんなに遅くないはずなんだけどね。

実はワタクシもやってみたが140km/h台後半。
まあ、スーツだったからね。(言い訳)

と言うことで、今日はREC FESTA前日の最終準備。
毎年手際は良くなっているので夜中まではかからないと思うが、
しっかり寝られる時間に終えて、明日に備えよう。

今年のREC FESTAは新しい試みも盛りだくさん。
お待ちしています!

 

さて、RACKET STUDIOさんは宝箱。
前回お邪魔した時も面白いもの、懐かしいものを見せてもらった。

特徴的な3本スロート。
一定年齢以上の方ならピンと来るはず。
IMG_5984

ルコックスポルティフのラケットだ。
IMG_5986
ルコックといえば、最近の日本では綿貫陽介プロのウェアだが、
当時はヤニック・ノアがメインキャラクター。

このラケットもヤニック・ノアモデル。
IMG_5982
ブリッヂ部にはオートグラフ。

ここにもノアの名前が。
IMG_5983

ここもか。
IMG_5985
どんだけ入れるんだよ。

このラケットの最大の特徴の3本スロートは、
おそらく強度を出すためのものだと思うが、
このタイプは、後にも先にも見たことがない。

通常、スロート部の剛性を高めるためには
スロート中央部に横にもう1本ブリッヂを渡す。

Prince Graphite,BORON、BRIDGESTONE PROBEAM、
Wimbledon ALLPRO,SUPER SERVEなど、当時はこのタイプが多かった。
ちなみにPrince BORONとWimbledon SUPER SERVEはブリッヂ2本増しだ。

ここ最近、このブリッヂ増しタイプは少なくなった。
軽量化や素材の進化で構造的な強化が必要なくなったのかもしれない。

確かに、80年代のラケットって、カーボンでも今ほどカッチリしていないし、
重いものも多いから、ここ20年くらいのカーボンの進化は革新的なのだろう。

で、このルコックの3本スロートだが、どこまでその役割を果たしているのかは知らない。
そして、このラケットを使っていた選手は、ノア以外に知らない。
まさしくルコック=ノアな時代だったんじゃないかと思う。

それにしてもノアはカッコよかった。

流れるような打ち方でもなかったような気もするし、
あの体格ならもっとスゴイボールも打てたかもと思うが、
赤土にまみれながらのガッツ溢れるプレーは見るものを釘付けにした。

切り落とすようなバックのスライスは真似してみたけど、
バウンド後、全然滑らずに止まってしまったのを憶えている。
どうやって打ってたんだろうね。

デ杯、フランス戦で見た監督ノアは相変わらずカッコよかった。
DSC_1269
勝負が決してしまった3日目は、ノアのテニスを見たかったという
不謹慎な思いを持ったオールドファンも多かったんじゃないだろうか。

ちなみにワタクシ、20代前半の頃、ルコックのラケットを使っていた。
このタイプじゃなくて、ウッドの1本シャフトのタイプ。
シャフトがブルーでキレイだったのと、
やはりヤニックノアと書いてあったを憶えている。

そういえばウェアもルコックを来ていた。
ノアが来ていた縦のピンストライプのタイプ。

懐かしいな。
それにしても、どうしてルコックのラケットを使っていたのか、
その経緯はまったく憶えていない。

当然、契約なんてしてもらえるわけもないから、
自分で買ったのだと思うんだけど、記憶がない。
歳とったね、オレ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

社章とか、6年とか。

サンプルが出来た。
IMG_6931
社章である。
創業44年目にして初の社章だそうだ。
皆、無くさないようにね。

実は密かにTeam RECピンバッジも作ろうと企んでいる。
欲しい人、いるかな。

 

さて、仕事の帰り、新宿駅から街を見る。
IMG_6338

5月になった。
この景色も6年目。
そう、今の会社のメンバーになって早6年になろうとしている。

いい年での転職だから、
右も左も分からないってことはなかったし、
知らない人たちの中に入っていったわけじゃ無いから、
まあそれなりに心の準備は出来て、入りにくくはなかった。

それでも中に入ってみれば、知らないこともたくさんあるし、
文化の違いに戸惑うことも多かった。
色んな人に恵まれ、助けられてここまで来たって感じだ。

昔から3年ひと区切りで物事を考える。
目標にした3年後に一定の成果が見えるか。
無ければ何らかの方向転換を、そうならないように具体的に頑張る。
そんなことを積み上げて来た。

3年目を終えた時はそれなりに納得。
6年目を終えようとしている今現在はどうだろう。

何か残せたか?
何かを変えることは出来たか?
組織に貢献出来ているか?

自分はどうだ?
思うような動きは出来たか?
思うような成果を出せたか?
どんな存在になれたか。

またひとつの節目がやって来た。
自分の棚卸しをしよう。
そしてさらに前に進まなければ。

最近、あと何年働けるのだろうと思うことが多い。
サラーマンだから、確実にリタイヤの日はやってくる。
会社の節目がその日だとすれば、その日は遠くない。

その後の人生はどうする。
リスタートの準備は?
色々なことが頭を巡る。

会社、組織の方向性にベクトルを合わせ、
自分自身と組織、両者win-winの何かを残して次に進めればと思う。

そのためには今歩く道がそこに繋がっていることだ。
地力をつけよう、キャリアを積もう。
組織に貢献しながら、組織に頼らない生き方だと思う。

あ、あとは次の世代の皆んなに繋ぐことだ。
これは自らの引き際とセットらしい。
大事なミッションだ。

そんな節目の6年目も終わろうとしている。
早いね。

カテゴリー: 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。