#ULTRA九州へとか、クリニックとか。

Wilsonの#ULTRAできる シルバーコスメラケット。
th_IMG_2108
九州に連れて来た。
穴生ドーム初見参である。

プロコーチ仲間から、プロの皆さん興味津々。
SNSではけっこう拡散してたと思うんだけど、まだまだ知られてない感も。
(Wilson)ミチバさん、まだ伸びしろありまっせ。

 

さて、そんなわけで、四国〜東京、そして北九州の初日。
ニュージェネレーションジュニアスカウトキャラバンの会場を目指す。
つもりが、どこへ行けば良いやらわからない。

と、ホテルのエレベーターで一緒だった方が声をかけて来た。

「穴生ドームの行かれますか?」

「はい。そうなんですが(どうすれば良いやら)」

「タクシーですね。一緒に行きましょう」

よかった。スタッフさんかな。

車中で名刺交換。
IMGアカデミー関係の方で、今晩のセミナーの講師の方だった。
失礼しました。

「フロリダは来られたことありますか?」

「いえ、まだ。一度行ってみたいと思ってはいるのですが」

「ぜひいらしてください。ご案内しますので」

うーん、行けたらいいけど、実現可能性は低いかなぁ。
招待してくれないかな。(くれないよ)

なんてことを思っているうちに穴生ドーム到着。
th_IMG_2094
すごいな、ここ。
なんのための施設なんだろう。

聞けば、もともとの目的は高齢者福祉だそう。
テニスコート5面取ってもバックもサイドも余裕。
ゲートボールコートに合わせてあるらしい。
なるほど。

th_IMG_2097

このイベントは石黒杯の冠がついている。
th_IMG_2098
石黒修さんは故人になってしまったが、
日本プロテニス協会の創始者のひとりであり、初代会長である。

選手としての功績も素晴らしく、ジュニアのすべての年齢カテゴリの日本タイトル、
一般、もちろん全日本選手権も含めたタイトル、
そしてベテランのすべてのタイトルをお持ちという、まさにスーパースター。

そうそう、俳優の石黒賢さんのお父様でもある。

あまりに雲の上の方すぎてワタクシはご挨拶程度しか接点はなく、
本当に雲の上の方になってしまった。
もう少しぐいぐい行っておけばよかったな。後悔。

おっと仕事しなきゃ。
受付を済ませ、久しぶりに再会の皆さんとご挨拶。
日本各所から集まったスタッフのわりには知ってる人多いな。

今回のゲストプロの皆さんも続々登場。

本村剛一プロ、有本尚紀プロは日本リーグで一緒だった。
田村伸也プロ、以前クリニックでご一緒したっけ。ご無沙汰してます。

渡辺功プロ(日本プロテニス協会副会長)も久しぶりにお会いした。

「おお!トミちゃん、元気か?」

「はい。なんとかやってます」

「今はレッスンしてるのか?」

「してません」(キッパリ!)

「怪我すんなよ」

ちゃんづけで呼んでもらえるような仲だったっけ?
光栄です。

そうこうしているうちにクリニックの時間に。
前夜祭的に一般の方向けのクリニックをという企画。
(・・らしい。開始直前に知った。ごめん)

クリニック開始。
th_IMG_2099

ワタクシは有本プロと組み、
サービス&ダブルスフォーメーションを担当。

参加の皆さん全員へのアドバイス。
そしてナイスプレーへの拍手も全員に。
現在、Team RECでは大命題だし、
言ってるワタクシが実践しないとね。

ということで、全力疾走の90分。
汗かいた&喉枯れた。

なんと10数年ぶりのレッスン。
いやぁ、レッスンで楽しいね。
たまにはいいかな。

疲れたけど、まだ初日。
あと2日頑張らなきゃ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

始発便とか、テニス産業セミナーとか。

そんなわけで、出張ウイークである。

先に書いたのと時系列がおかしいけど、
まずは週の前半は四国・高松へ。
10時からのセミナーに出席すべく始発便に乗る。
th_IMG_1880
朝日が眩しいぜ。

居眠りしてる間に到着。
th_IMG_1884
ハロー、高松。
四国って近いね。(そうか?)

 

さて、高松空港からはリムジンバスで高松駅方面へ。
th_IMG_1885
距離感が全然わからないが、
予定では開始時刻ギリギリに到着の予定。

まあ、地方の道だし多少の余裕はあるだろうと思ってたら、ホントにギリギリだった。
th_IMG_1888
席もすっかり埋まっていて、なんとか隙間を見つけて着席。
気づいたら他社さんのスタッフに囲まれてた。
そこのボスから「お!ウチに入った?」と言われた。
入ってません。(キッパリ)

今回は四国テニス事業協会の立ち上げということもあり、
地方開催では最多の参加者だったとか。

講師陣も豪華で、地元企業の経営者の方から
テニス業界の重鎮まで勢揃い。

とてもたくさんの刺激と気づきをもらうことが出来た。
あとは、その刺激をどう具現化して、チームに落とし込むかだな。
頑張ってみようと思う。

夜は懇親パーティー。
th_IMG_1889
いくつになってもペエペエのワタクシ。
あちこちで有難いお言葉いただいたり、喝を入れられたりで、
ペコペコ頭下げまくって疲れたぞ。

 

そんなこんなで初日の夜は更けていき、2日目。
天気も良いので散歩へ。
th_IMG_1890

高松城をぐるりと回る。
th_IMG_1896
中には入らず雰囲気だけを堪能。

一緒に散歩したのは・・・
th_IMG_1892
ネジメコーチ。
どうせ散歩するなら・・・あ、冗談です。
付き合ってくれてありがとう。

2日目は施設見学。
th_IMG_1899

th_IMG_1966

th_IMG_1912

th_IMG_1988
高松から徳島の施設を見せていただいた。
ここでもたくさんのヒントが見つかった。
遠慮なくパクらせていただきます。

途中、吉野川を渡った。
th_IMG_1983
ここはバスフィシングのトーナメントが開催されるビッグフィールド。
ああ、釣りしたいぞ。
その前にボート直さないとだな。

そんな四国とも徳島空港からお別れ。
さすが徳島、阿波踊りのオブジェが。
th_IMG_1992

そして、さすが我がボス。
th_IMG_1991
溶け込んでる。(笑)

ってことで、サヨナラ四国。
th_IMG_2002

ただいま、東京。

で、そのまま帰らないのがTeam REC。
th_IMG_2011
キミたち、飲みすぎだ。

今回のセミナーはすごく良かったな。
色んな刺激があった。
またここから頑張ろうと思った。

さあ、次は九州だ。
遠いぜ。・・・と続いているのだ。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウェブ観戦とか、悪いヤツとか。

日本リーグ最終日。
今年は会場でプレーすることが出来なかった。

1日早くリーグを終え、自宅で仕事をしながら決勝をライブ観戦。
th_IMG_1784
自宅で日本リーグが見られるとは、便利な時代になったものだ。
ちょっと寂しいけどね。
来年は最終日までプレーしよう。

 

さて、某日はレックテニススクール府中へ。
あまり行かない曜日だったので、スタッフさんも会員さんも普段会わない方多数。

いつもTeam RECの応援に来てくれるNさんも受講中。
微妙な距離感で見守ってあげた。(笑)

「あれ?似てるなぁと思ってたけど、やっぱり!
緊張するからテニスしてるとこ見ないで」

って、ワタクシもいちおうコーチなんですけど。
はじめてNさんのプレーを見た。
まだまだ伸びしろあり。
頑張ってください。(ホントだよ)

で、フカダコーチ、カリタコーチとミーティングを終え、
二人からのリクエストをこなす。

入れ替えたPCの設定とかあれこれ。
th_IMG_1865
ピースつくってないで、自分でやれよ。

ちなみに社内のシステムトラブルはなぜかワタクシのところに集まる。

「メールが送信できないんです」とか。

「ポート番号確認してみて」

「ポート番号ってなんですか?」

うーん、リモートで伝えるって難しい。

以前は、ネットが繋がらないってことでネオインドア西新井に行ったら、
ソトヤマコーチは光ケーブルを踏んでたって事件もあったっけ。(笑)

そんなこんなで設定完了。
夕日がきれいな時間になってしまった。
th_IMG_1867

「じゃあ、行きますか」とフカダコーチ。

「どこに?家?」とかわしに入るワタクシ。

「そんなこと言わずに、付き合いますよ」

「何も頼んでない。健康診断に向けてダイエット中なんだよ」

「そんな不健康な・・大丈夫ですって」

不健康って・・・。

結局押し切られた。
th_IMG_1869
だからピースはいらんて。

そして日本酒に。
th_IMG_1870
悪い顔してる。(笑)

「健康診断の邪魔をするヤツってブログに書かれちゃうんだろうなぁ」
って、確信犯。その通りだ。

まあ楽しかったから良しとしよう。
またね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、Graphene 360+ SPEEDデビュー!とか。

某日の昼ごはん。
ネジメコーチとカレーを食らう。
th_IMG_2183
なぜそんなに難しい顔で食べるのだ?

そういえばキミ、今日は休みのはずだよね。
なんで仕事場にいるの?
ちゃんと休んでね。

 

さて、そんな金曜日。
HEADさんと打ち合わせ。

20数年のお付き合いになるコバヤシさんにも来ていただいて、
あんなこんなの問題を解決方向にすり合わせ。

これでなんとかなるかな。
やっぱり意思疎通がないと、誤解もね・・。
仕切り直して頑張ろう。

で、最後に出て来たのがこちら。
th_IMG_2188

中には・・・
th_IMG_2190
3月発売予定のGraphene 360+ SPEEDシリーズ4機種。

「しばらく預けます」

「どういうこと?」

「そういうことです」

「書けってことね」

さすが長い付き合いである。

ということで、ご紹介。

 

Graphene 360+ SPEED PRO
th_IMG_2191

th_IMG_2193

th_IMG_2195
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■バランス:315mm
■ラケット厚:23mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:18/20
■グリップサイズ:G2,3,4
■価格:38,000円

ツアー系のSPEEDのトップモデル。
ハード目のセッティングはボールを叩いて潰すプレーヤー向き。

守谷総一郎プロだったらこれを選ぶんだろうな。
今はPRESTIGEだけど。

ワタクシは自身の使用モデルとしてPROは使ったことはない。
正直、しんどいから。(笑)
ぜひ若い皆さんにブンブン振ってほしい。

 

Graphene 360+ SPEED MP
th_IMG_2196

th_IMG_2200

th_IMG_2197
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ラケット厚:23mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19
■グリップサイズ:G2,3,4
■価格:35,500円

SPEEDシリーズの中心的モデル。
バランスのとれた扱いやすいスペックに収まっている。
ストリングパターンも16/19なので、スピン系の引っかかりも良い。
SPEEDを知りたければまずここから試打をしてみることをオススメしたい。

ワタクシ的にもここが一番使いやすいかな。
前作のSPEEDがガツガツしてなくてマイルド方向の味付けで好きだったんだけど、
今回はどんな風に進化してるのか、ベンチマークになるのがMPだと思う。

 

Graphene 360+ SPEED S
th_IMG_2202

th_IMG_2204

th_IMG_2203
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:285g
■バランス:320mm
■ラケット厚:25mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19
■グリップサイズ:G1,2
■価格:33,000円

このSシリーズの出現はランナップの幅を劇的に広げてくれた。

スイングスピードやパワーに自信がないプレーヤーは
まったく別の厚ラケやデカラケを選ぶしかなかった時代に
ツアーモデルからの流れを提供したのがS設定だった。

ツアーシリーズでも幅広く伝えるスペックを差し込み、
ユーザー層を拡大したのがこのSの意義だと思う。

ということで、フレームは見た目も少しだけファットだが、
確実にSPEEDの遺伝子が刷り込まれたモデル。
女性にも試してほしいモデルだ。

 

Graphene 360+ SPEED MPLITE
th_IMG_2207

th_IMG_2210

th_IMG_2209
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:275g
■バランス:330mm
■ラケット厚:23mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19
■グリップサイズ:G1,2
■価格:33,000円

MPLITEはライトスペックだが、Sとはちょと違う。
なんていうか、味付けはMPそのままにライトスペックにした感じ。
Sは味付けというか飛びなんかももうちょっと扱いやすく変えている。

Sは女性層にも広く使ってほしいイメージ。
MPLITEはMPを振り回すにはもうちょっとのジュニア選手って感じかな。
少しドライな打感がMPLITEってのがワタクシ的な位置付け。

 

で、ここまで読んで、お気付きのあなた。

そう、ワタクシまだ試打してないのね。
だからスペック的な感想しか書けていない。
申し訳ない。

今回のテクノロジー、Graphene 360+って、
モデルによってフィーリングの方向がずいぶん違っている気が。

RADICALはけっこう硬いというかドライ方向の味だし、
一方、PRESTIGEはしっとりしなり系に感じる。
おそらくPRESTIGEはビーム(ラケット厚)が絞られたってのもあると思うけど。

で、このSPEED、どんな進化を見せてくれるか楽しみだ。

さてどこで試打するかな。
みんな、試打付き合ってね。
インプレ、もう少々お待ちください。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

荷物とか、北九州へとか。

四国から戻ったと思ったら、北九州へ出張である。
th_IMG_2057
しかもラケット持って。

ラケットを抱えて出張なんて何十年ぶりだろう。
けっこう荷物になるね。

今回は日本プロテニス協会のジュニアイベントのお手伝い。

事務局のMさんに、
「変な質問かもしれませんけど、ラケット持っていった方がいいですか?」
と聞くと、
「はい、持って来てください。できればオフィシャルのY社のラケットを」
との返事。
(「当たり前です!」という表情だった気が・・申し訳ない)
Y社のラケット持ってないっす。ゴメン。

 

さて、そんなわけで、北九州へ。
自宅から数分の場所に空港行きリムジンバスの停留所があるのはとても便利。

th_IMG_2064

が、思いの外、湾岸線が混んでいて焦る。
バスも高速を降りて迂回路へ。
間に合うのか?

冷や汗かいたが、そこはプロ。
ちゃんと間に合った。ふう。
th_IMG_2069

今週3回目の飛行機か。
コロナウイルスとか言ってる時に3回もねぇ。
th_IMG_2071

寝ている間にあっという間に福岡空港へ。
th_IMG_2077
せっかくなので表に出てみる。
ああ、懐かしい。

ヒラタコーチ、カリタコーチの全日本ベテランの
応援で来たのは一昨年だっけな。
この辺から大濠公園までランニングしたな。

で、どこに行けばいいんだっけ?
ここから先のこと、全然気にしてなかった。

たしか会場は北九州。
野生のカンで北九州を目指す。
th_IMG_2075

きれいで速そうな特急もあったけど、タッチの差で乗れず。
th_IMG_2078

区間準急ってのに乗る。
th_IMG_2080
田園風景の中をノンビリと・・・って、いつまでも着かない。
もしかして乗り過ごした?

不安になりつつ1時間半ちかく。
ようやく目的地の黒崎駅に着いた。
あとで聞いたら、特急に乗るのが標準らしい。
th_IMG_2085
けっこう大きな街だな、ここ。

ホテルを探す。
th_IMG_2086
あった!
チェックインしようと思ったら、「別館のほうです」だって。

再び街をうろつく。
th_IMG_2089
発見!

ようやく宿にたどり着いた。
th_IMG_2090

th_IMG_2092

ひと眠りして・・ってわけにもいかない。
会場に行かなきゃ。
夜、レッスンするんだよね。
メッチャ久しぶりなんだけど。

3日間、頑張ろう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

国立競技場とか、お付き合いとか。

日課の通勤ウォーキング。
この日は国立競技場をかすめてみた。
th_IMG_2162
オリンピック、出来るのかな。
ここまで来て他都市開催とかはやめてほしい。

1年延びるほうがまだいいな。
となると、日本リーグの東京体育館使用はさらに1年延びるのか・・微妙。

 

さて、テニス界は狭い。

こんなワタクシでも長年テニス界の端っこにいさせてもらうと
それなりに知り合いも増える。

そんな中には、学生時代にテニス雑誌で見ていた方や、
試合を観に行き、憧れていた名選手だったかたも多数。

それこそ、福井烈プロは初めてサインをもらった大スターだし、
そんなお方に顔を覚えてもらい、会うたびにお声がけいただけるなんてのは
とても恐れ多いとしか言いようがない。

ちなみに福井さん、このブログも読んでくださっているらしいから下手なことは書けない。
いや、下手なことはないです。すみません。

他にも、高校時代、別次元の強豪選手だった方々も多数。

名門柳川高校のエース選手だった、現在ブリヂストンスポーツの偉い方、Hさんとか、
泥臭い高校テニス界に彗星の如く現れ、都会的なセンスと異次元のプレーで
優勝をかっさらっていったFさんとか、そりゃもう憧れというか、
雲の上の方々と仕事させていただくなんて、思いもよらないことだった。

まあ、この仕事してると毎日が恐れ多いって感じなのだ。

そんな中、先日、ストリングメーカーのSさんと飲んだ。
Sさんは関西の強豪校のエースだったかた。

柳川商業が圧倒的な強さを誇っていた頃、
ある日突然、顧問の先生がソフトテニスから硬式テニス部への転向を宣言。
そこからあっという間に、インターハイに出場〜ベスト8に躍り出た学校の選手だった。

その時のインターハイ、なんとワタクシの地元開催。
テニスを始めたばかりの高校一年生のワタクシは補助役員として
弁当運びをしながらも、全国レベルのテニスを見ることが出来た貴重な夏だった。

そのインターハイで、カワサキラケットのカバーに福井プロにサインもらい、
柳川商業の強さに驚き、エースのHさんのプレーに驚き、
東京のクラブテニスの異次元ぶりに度肝抜かれ、
関西の新興校の勢いに衝撃を受けた。

高校〜大学と名門の名選手だったSさん。
ストリングメーカーに入社されて、現在にいたる。

実はワタクシのコーチかけ出し時代から担当いただいていたというご縁。
つまり、お互いに20代からのお付き合いということになる。

ありがたいことに、現在の仕事上では担当していただき、
こうして定例で年に数回お酒もご一緒させていただいている。

いつもは神田界隈で飲むのだが、今回は趣向を変えて秋葉原。
IMG_1606
何やら、女性グループが路上パフォーマンスを
繰り広げるのを見下ろしながらあれこれ話す。

聞けば、Sさんももうすぐ定年を迎えるのだそうだ。
IMG_1603

そうか、もうそんな歳なんですねなんて。
まあ、それを言えば、ワタクシも数年年下なだけだから変わらないんだなぁ。

なんかちょっと寂しいね。
たぶん、メーカーさん関係では一番古くからのお知り合いだし、
Sさんの試合も観に行ってたし。

学校ラインでの先輩後輩ではないので、全然怖くはないけど、
やっぱりお世話になった先輩感は強い。

この先、まだまだ色んなことがあると思うけど、
変わらずお付き合いさせていただければと思った。

定例会の頻度増やしましょう。
まだ教えて欲しいことがたくさんあります。
これからもよろしくお願いいたします。

ちょっと酔っ払った。

カテゴリー: スポーツ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士山とか、原因判明とか。

朝ラン。
th_IMG_1769

海沿いの空気は冷たいが、空気が澄んでいて最高の景色。
th_IMG_1770
東京の街並み、遠くには富士山がくっきり。
いい眺めだ。
って、止まってると身体が冷えるな。
ラン再開。

 

さて、ふと愛車のメーターを見たら。
th_IMG_1146
177,778km。
キリ番見逃したけど、もう18万キロ近いのね。

ランクルにとっては、なんてことない距離だけど、
細かな部分は微妙にへたってきた。

一番の問題の横滑り防止装置の誤作動はいまだ未解決。
相変わらず、首都高を中心に危ない挙動を繰り返している。

車検をお願いしているGSでも、トヨタのディーラーでも原因はわからず。
「症状出ませんでした。コンピューターもエラーなし」との回答。
絶対ここで出るってところはきっと走ってくれてないんだろうな。

どうにも打つ手がなく、加えて日本リーグや通常業務でバタバタで、
結局そのままになっていた。
とはいえ、やっぱり怖いし、かといって買い替えもしたくないし、
どうしたものかと思案していて閃いた。

そうだ!京都に行こう・・じゃなくて、買った車屋さんに相談しよう。
この車を購入したのはランドルーザーを専門に扱っているお店。
歴代のランドクルーザー&セコイア5台はすべてここで買っている。

当時の担当者がまだいるのかがわからないので、
公式HPの問い合わせにメールを送ってみた。

横滑り防止装置が誤作動を繰り返し怖くて乗れない。
同様の症状は聞いたことがあるか。
お宅でランクルを5台(も)購入している。
町工場、ディーラーでも分からないと言われた。
専門店の知識に頼るしかすべがないこと。

みたいなことを丁寧に書いてみた。

次の日、早速携帯に連絡が。

「そのような症状は例がないが、とにかく見てみます」とのこと。
早速入庫日を決めた。

「代車はいりますか?」というので、「お金はかかります?」と聞いたら、
無料だそうなので、お願いする。
そもそも車置いてきたら、どうやって帰るの?って場所だし。

ということで、車を持っていく。
th_IMG_1806
久しぶりだな、この店。

あらためて症状を細かく伝える。
「湾岸から外環に入るか、辰巳から首都高に入って走ってください。確実にそこで出るので」
もう、症状出ませんは嫌だ。

で、代車を受けとる。

実は代車に期待していた。
ランクルやJEEP専門店だし、乗ったとことのない四駆かななんて。

「こちらです」と案内された代車。
th_IMG_1818
WISHだった・・・。
普通じゃん。若干テンションダウン。

まあいいや。
借りられるだけでも良しとしよう。
ということで、車を託して帰る。

早速、夕方電話が。

「コンピューターにエラー記録が出ました。VSCとTRCの誤作動ですね」

やっぱり。
でも、ディーラーでも出なかったのに・・専門店おそるべし。

「エラーは確認できましたが、コンピューターなのでウチでは手が出ません。
ディーラーに持ち込みを依頼したので、それで良いですか」とのこと。
ああ、やっぱりそこはディーラーなのね。
そりゃそうだ。

ディーラーの工場に空きがなく、入庫は10日後らしい。
代車はずっと借りていていいってことなので、しばらくはWISH生活に。

コンピューター交換になるのだろうか。
いったいいくらかかるかな・・・不安である。
お願い安く済んで。

でも半年続いたトラブルもこれで解決かな。

カテゴリー: クルマ, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丼とか、#アルパワー最強説インプレ!とか。

駅前にて。
th_IMG_0750

th_IMG_0751

th_IMG_0754

D-1グランプリだって。
丼もののイベントらしい。
th_IMG_0753
美味しそう。
でも、どれもまあまあ高い。
丼は500円くらいまでかなぁ。

 

さて、Wilsonさんから届いた #アルパワー最強説 のストリング。

今回届いた130と115ゲージをハイブリッドでCLASH100に張ってみた。

メインに115。
th_IMG_1572

クロスに130。
th_IMG_1573

th_IMG_1574
新色のアイスブルー、なかなか良い。

張りあがり。
th_IMG_1577

で、早速、17歳児との練習で打ってみた。
th_IMG_1586

おお!いいぞ!(何がだ?)

少し乾いた感じの打球感は心地よい飛びを感じさせてくれる。
この弾き感はやはり細ゲージならでは。
キレの良いフィーリングはスピード感のあるプレーが実現しそうな気にさせてくれる。
いいかも。

そして、何より期待していたのはスピン性能。

ビンゴ!
しっかり引っかかる!
ストリングがボールの表面を引っ掛けてスピンがかかる感じ。
これぞ、想像していたフィーリングである。

実は今年に入ってからナチュラルを再度試していた。
ナチュラルは振動吸収性も含め、トータルでやはり良い。

特に見直したのはスピン性能。
鈴木プロも言うように、ボールへの引っ掛かりが明らかに違う。
そう言う意味でもナチュラルの良さ再認識をしていたところ。

そこまでとは言わないが、この細ゲージのアルパワーも
かなりの引っ掛かり感があり、
自分の感覚から1割増しくらいのスピン感がある。
(注:個人の感想です)

ということで、再度確かめようと、
レックインドアテニススクール上石神井に持っていって試打。

th_IMG_1844

th_IMG_1852

うん、やっぱりいい!
回転系を意識しているからかもしれないが、
スライスのボールの伸びもいいし、トップスピンの落ちぐあいもいい。

縦横ゲージ違いのハイブリッドいいかもね。
縦横115のセッティングとの違いも試してみると良いかもと思った。
ウイルソンさん、115もう1張送ってもらえませんか。

トップ選手のスタンダードの地位を確立しているアルパワーだが、
これでさらに幅が広がり、痒いところに手が届くようになった。
恐るべし、LUXILON!

そうそう、試打はビジネスパルに向けて練習に来ていた
タケダコーチのコートに無理やり入れてもらった。
th_IMG_1836
ごめんね、タケちゃん。
ありがとう。

#アルパワー史上最強説 #luxilonstring #wilsontennis

カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、日本リーグスナップとか。

Team RECキーホルダーが完成。
IMG_1821
大きさはプレートの左右幅で5cm。
バッグのジッパーなんかにちょうど良いサイズ。

先日、スタッフにアンケートを取った結果を参考に決めた。
th_IMG_0740

って、実はこのタイプはアンケートに無かった。
「フック位置は横のほうが良いんじゃ」との意見を取り入れた結果である。
うん、なかなかいいじゃん。

まもなくスクールでも販売予定。
数に限りがあるので、お早めにどうぞ。

 

さて、テニス日本リーグも終了。

なんとなく気が抜けた日々を・・・送れるわけもなく、
日常の仕事に追われまくる日々に戻ってきた。
いや、リーグ中も昼間出来ない仕事を朝晩やってるから、
変わらないって言えばそうなんだけど。

ということで、リーグを思い出しながら・・・

Team RECでは、大会初日前日の夜にメンバー全員で
決起集会として一緒に夕食を食べるのが恒例。

それ以降は、各々に夕食をとる。
松屋とか吉野家とかラーメンとか・・・って大丈夫か?(笑)
実はどこで何を食べてるかはよく知らない。
それぞれに体調を考えてやっていると思う。

で、ワタクシは今年はこんな感じ。
IMG_1709
ほとんど部屋でコーヒーを飲みながらSURFACE PROとお友達だった。
フロントにセルフサービスのコーヒーメーカーがあり飲み放題なのはとても重宝した。

食事は下のコンビニか昼のおにぎりに余りを。
時間と気力がある時は下階のデニーズへ。
めずらしくお酒はほとんど飲まなかった。

おかげで3kg痩せた。
いいかも、このダイエット方法。

今年はストリンガールームの場所が変わった。
いつも荷物を置いたりしているトリートメントルーム(フィジカルケア)に
ストリンガールームも一緒になった。

これがケア用ベッド。
DSC_0899

IMG_1710
正林プロ、これはただ寝転がってるだけ。邪魔してる(笑)

Team RECは最初の年から、荏原トレーナーがついてくれている。
IMG_1725
選手たが普段もお世話になっているトレーナーさんなので安心。
スーパーサポートに感謝である。

選手たちはここで最初のストレッチを行う。
IMG_1712
関口プロ、正林プロ。
ストレッチマットは選手たちの必需品。
巻くタイプ、畳むタイプ、皆バッグに入れている。

練習時間をコートサイドで待つ。
IMG_1716
他チームの選手の状態などを観察。
練習のやり方でオーダーもだいたいわかる。

会場の横浜国際プールは寒かった。
東京体育館は空調が入って暖かいのに。
IMG_1726
オフィシャルのWさんに、「なんで空調入れてくれないの?」と聞いたら、
コートサーフェースが温度変化でめくれてしまう可能性があるからなんだそうだ。
なるほど、暖房費ケチってるわけじゃないのね。

でも、なんとかしてほしいな。
特に観客席ね。

ワタクシの荷物。
IMG_1642
カメラ3台、ビデオカメラ1台、PC、バッテリー等々、
レンズ5本、一脚、折りたたみ椅子、ウェアやらあれこれ。

ホテルには着替えや仕事道具を置いてきている。
車で行く横浜だからの荷物の多さ。
兵庫遠征の時は絞らないと運べない。

プロカメラマンの皆さん。
IMG_1708
プロカメラマンの動きを見てすごいなと思ったのは、撮影した写真に確認の速さ。
シャッターを切った後に、素早く再生してピントやらあれこれを確認している。
多分、ボツショットは削除していくのだろう。
ワタクシも確認しつつ、削除はするが圧倒的に動作の速さが違う。
さすがプロ。

カメラは圧倒的にキャノン派(白レンズ)が多い。
ちなみにワタクシはNikon派。
色々と教えてくださる師匠の北沢プロカメラマンも少ないNikon派。
師匠も「そろそろSONYのミラーレスかな」と仰ってた。

最近、SONY派も増えてきた。
軽いし、静かだし、性能もかなり良いらしい。
ただブランドを変えるにはかなりの費用が・・ね。

てなわけで、今年は5位だった。
昨年も5位だった。
4位以内、つまり1回戦を勝って日曜日にプレーが出来たのは
まだ一度しか経験がない。

定位置っぽい5位を来年は何とか破りたい。
出来ないことはないと思う。
すべきことをまたしっかりやろう。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

餅つきとか、#ULTRAできる 張り替えとか。

毎年恒例の。
th_IMG_0749

餅つき大会。
th_IMG_0745

まだ子供たちが多い街だな、ここは。
th_IMG_0747
子供の姿が多いっていいね。

 

さて、#ULTRAできる プロジェクトのシルバーコスメラケット。
勝手にプロジェクトにしてるけど大丈夫?
IMG_1581

前回はナイロンマルチストリング張り上がりのままに試打。
なるほどの打球感だったが、さらなる深みを求めて、
ストリングを張り替えることに。
IMG_1788

今回、チョイスしたのは、LUXILON SMART125。
IMG_1789

ポリの中でも柔らかめの特性を持つストリングから
試してみようという趣向である。
もちろん、その先にはアルパワー等、バリバリのポリも試すつもり。

ということで張り上がり。
IMG_1790

レックインドアテニススクール上石神井にて試打。
th_IMG_1858

相手は、武田コーチと田上コーチ。
二人の練習に無理やり割り込んだ。ごめん。
th_IMG_1852

うんナイロンマルチストリングより確実にしっかりした。

面剛性があがりつつも、咥え感はしっかりある。
ストリング自体のたわみというか、伸びが抑えられたものの
フレーム特性によると思われるソフト感がより浮き立つ感じだろうか。

これくらいが男性にはいいのかも。
フルスイングでも負け過ぎない感じがいいし。

女性ユーザーには、マイロンマルチ系でソフト感を押し出すのがオススメ。
つまり、セッティングで幅広い層にマッチするラケットという印象である。

極端に飛び出たフィーリングではなく、全体的にまろやかで使いやすい。
とにかく扱いやすさが前面にあるモデルだと思う。

次はポリストリグに張り替えて打ってみたいと思う。
今度はどんな表情を見せてくれるか楽しみである。

#ULTRAできる #PR #Wilsontennis #LUXILONSMART

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。