パーカーとか、その後とか。

HEADのパーカー。
IMG_0899

背面には、HEAD & TOKYOのプリント。
IMG_0901
東京都が進める「東京ブランド」のコラボ商品である。

ジャパンオープンのブースなどで販売された限定品。
ブランド使用権の関係なのか原価も高いらしく、
社員割引価格もないそうで、当然業界割引もない。

清水の舞台から飛び降りるつもりで購入した。
大げさ。

帰宅し15歳児に見せると
「おっ!ありがとうございます!」と持って行ってしまった。
そういうつもりで見せたんじゃないんだけど、
気に入ってもらえてよかったよ。(涙)

 

 

さて、怪我から数日が経った。

全体として快方に向かっているのは間違いのだが、
直後にはなかった症状が徐々に現れてきた。

まずは病院で洗浄。

「ああ、昨日より随分良くなってますね」

「そうですか。あ、イテテテ」

「痛いですよね。洗浄する時はもっと痛いかも」

この先生、話ながらやってくれるのはいいのだけど、
何をするかは言わないので、いきなり傷口にガーゼが当たって
ビックリと痛さで、つい声が出てしまうのだ。

「ああ、1日で随分きれいになったなぁ。ほら」

「昨日は濁ってましたしね」(看護師さん)

「そうですか。あ、イテテテ」

「痛いですよね〜。もう少しガマンしてね〜」

急にやるから痛いんだよ。
「触りますよ」くらい言って欲しい。

「傷も1日でここまで再生しているし、縫わない方がいいかな」

「あ、そうですか。イテ」

「はい。皮膚の回復力すごいですね。20代くらい」

ちょっとうれしい。

「明日も来てくださいね」

縫わないってことは消毒・洗浄が延びるのかな。
年末になるし、厳しいな。
まあ、何にしても、良くなってるってことだ。

しかし傷の回復とは別の場所に症状が。

直後は何でもなかったのに、身体中が痛い。
あちこちに打撲の内出血が。

そんなにあちこち打ったっけ。
膝、腕、肩、身体がバキバキである。

そして傷口付近が痛む。
2日目までは何でも無かったのに、
ズキズキ、ピリピリするようになって来た。
妻によればそんなこともあるらしい。

さらには左まぶた付近が腫れぼったい。
まばたきに違和感が出て来た。
どうやら傷の部分の腫れが降りてきたらしい。
「内出血も降りて来て黄色くなるかもよ」だそうだ。

うーん、そんな簡単じゃないのか。
早く治らないかな。
年は越しちゃうか?
頼むぜ。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シティとか、ALLREC MIXとか。

街で見かけたクルマ。
IMG_0193
HONDA CITY CABRIOLET

ホンダ・シティは日本のカーシーンに3ドア・ハッチバックの
コンパクトカーの大ブームを巻き起こした先駆けの1台。

小さくて背が高い、Drスランプに出てきそうなシルエットを
トールボーイと呼んだのは雑誌ポパイだったと思う。

遊び心満載のクルマにスケボーやらフリスビーやら、
テニスラケットを積んで遊びに行くのが今風って紹介されたけど、
もちろんホイホイとクルマを買うお金も無かったワタクシには
雑誌の中の世界に過ぎなかった。

その後、シティは、シティターボ、シティターボ2(ブルドッグ)、
そしてこのカブリオレと様々なモデルが派生していった。
IMG_0192

あの頃はクルマが憧れだった。
ファミリア、カローラ2、シビック、スターレット等、
遊び心溢れるモデルがたくさんあった。
その中でもホンダはとてもとんがっていて好きだったっけ。

外国車だと、ゴルフとかプジョー205GTIなんかが欲しかった。
もちろんまったく手が出なかったけど。

しかしこのクルマ、コンディションいいなぁ。
乗ってみたいぞ。

 

さて、怪我も回復しきらぬまま、毎日普通に仕事をしている。
熱があるわけでもなく、動けないわけでもないから、まあ普通のことだ。

それにしても年末ってどうして忙しいのだろう。
たかだか5日くらい企業活動が休みになるだけなのにね。

そんなわけで、今日はレックインドアテニススクール上石神井で
ALLREC MIX 2017の運営である。
allrecmix

この大会、ワタクシがこの会社に来た年が第1回だから、
今年で6回目の開催になる。

各校からエントリーの強豪がミックスダブルスで腕を競う。
毎年レベルが上がっているのは運営側としても嬉しい限りだ。

そして単に試合だけでは終わらないのがREC流。

昨年はこんな感じでクリスマスムードいっぱいでお送りした。

IMG_5702

 

IMG_5700

IMG_5710 8.48.48

IMG_5698 8.48.48

IMG_5705 8.48.48

 

IMG_5697

 

IMG_5694

 

DSC_8574

DSC_8234

DSC_8207

もちろん今年も、「シェフ・ソトヤマの美味しいなにか」も
プレゼントも多数用意している。

楽しい年の瀬の1日にしたい。
ご参加の皆様、お楽しみに!

カテゴリー: クルマ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、治療とか。

テニス日本リーグ・ファーストステージのダイジェスト動画が出来た。

これまでTeam RECは常にテッパンというか
王道のオーダーで戦ってきたが、今回はパターンを変えてみた。

このフレキシブルなオーダーで全勝出来たのは本当に大きい。
戦い方の幅が広がったし、相手も予測しづらくなったと思う。

セカンドステージは前年上位陣同士の戦い。
個々のパフォーマンス、チーム力、戦略、
あらゆる要素を駆使して勝ちに行く。

1月19日(金)~21日(日)
横浜国際プール
(神奈川県横浜市都筑区北山田7-3-1)

ぜひ応援にいらしてください。
よろしくお願いいたします!

 

さて、久々に大きな怪我をした休日。

明けて次の日、近所の病院へ。
この病院はいつも混んでいてなかなか予約が取れない。

8時からネット予約開始ってことで、PCの前で待ち構えて、
時報と同時にリロードし、予約ボタンを押す。
おそらくかかった時間は3秒強。
なのに7人待ちって・・・。

妻からの「最初から行ってた方がいいよ」とのアドバイスで、開院時間に行く。
なるほどすぐに呼ばれた。

ベッドに寝かされ、先生が患部を診察。

「ああ、これ骨が見えてますね〜。派手にやりましたね〜」

「骨?」

「骨っていうか、正確には頭蓋骨の骨膜。
骨ってこういう構造になっていて・・・」

と絵を描こうとする。
いいです、今は。

「縫いますか?」

「いや、縫えないですね」

「なんで?」

「傷口に砂利がいっぱい入ってるから、まずこれを出さないと」

「砂利ですか」

「この状態で半日経ってると感染が怖いから、傷を閉じられないんです」

やっぱり救急車呼べばよかったのか。

「とりあえず、洗って、砂利とります」

治療

「少し痛いですよ」

「すごく痛いです。イテテテ」

「痛いですよね〜。も少しガマンね〜」
と看護師さん。
オレは子供かっ!

「はい、じゃあしばらく洗浄と消毒に通ってください。
その後に縫います」

「やっぱり縫いますか?(やだなぁ)」

「ええ、縫います。このままじゃ再生しないかもしれないんで」

レントゲンでは骨に異常はなし。
よかった。

「先生、やっちゃいけないことありますか?」

「洗髪は我慢してください。あとお酒」

「はあ・・」
(頭はラップでカバーして洗おう。酒は仕方ない。いい機会かも)

「お酒は血流が良くなって痛みが増しますから」

「他には何か制限ありますか?」

「え〜と、もうぶつけないでください」

わかっとるわ!

しばらく不自由な生活が続きそうだ。
年末で忙しいのに・・・。
まいったね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

びっくりとか、有明とか。

ゴダイゴってまだやってたのね。
IMG_0012
驚いた。
ほとんどメンバーが変わっていないのもすごい。

さらに驚いたのはこちら。
IMG_0011
なにわエキスプレスも小学生の頃からやってるような。
すばらしい!

 

さて、しばらく前のことになってしまったが、
11月、有明でジュニアイベントが開催された。

このイベントはジュニアテニスの普及のために
日本テニス事業協会が主催しているもの。
毎年、たくさんのジュニア達にテニスを楽しんでもらっている。

コーチは首都圏を中心に各スクールから参加。
IMG_9907
若手からベテランまで多くのコーチ達が協力しての開催だ。

このイベント、Japan Openが終わった次の日に開催される。
そのため、会場はまだJapan Openの設営のまま。
IMG_9898

IMG_9899

IMG_9901

正確には撤収作業が行われている中でレッスンが進行するのだ。

そのため、コロシアムコートでのクラスは
出場選手の雰囲気を味わうことができる。
IMG_9915

選手入場口。
IMG_9909

記念撮影の人気スポットになっている。
IMG_9912

会場内のあちこちはまだ機材が置いてある。
IMG_9906

IMG_9905

IMG_9902

IMG_9928
こういう裏舞台ってなかなか見られないよね。
しかし大会の運営って大変なんだなぁ。

ジュニアの皆には楽しんでもらえたと思う。
IMG_9919

このイベントで、現在の有明でのイベントはおしまい。
オリンピックに向けて改修工事に入るため、
この有明テニスの森ともさようならだ。

ありがとう、有明。
新しいコートでまた会いましょう。

カテゴリー: テニス, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

旗とか、やっちまったとか。

日本リーグ会場に設置される出場チーム旗。
IMG_1349
「テニス部」と入れるのがルール。
これを入れないと、企業ロゴとなって、
会場の広告掲出規定に抵触してしまうらしい。

なるほどねぇ・・・と思いつつも、そうかなぁなんて。
ウェアへのコマーシャルロゴの露出は制限ないのにね。

 

さて・・・。

「あっ!やっちまった」と思った時はもう遅かった。

不思議と痛みはない。
ただ、予想した通り、額から生暖かい感触。
手を当てると、手のひら一面にベッタリと血。

服を汚さないように慌てて下を向くと、
ボタボタと地面が赤く染まっていく。

横にいた15歳児が慌てて、
「あ、血です。何をすればいいですか」
と言う。

なんでこんな時にも敬語なのか?(笑)と思いつつ、
「フロントでタオル借りて来て」とお願いする。

 

久しぶりの休みだった。

出張続きであまり家にいられず、
ようやく休日にたどり着いた。

久々に15歳児の練習前の練習に付き合える。

少し早めにクラブに着き、コートを借りる。
ボールを出し、車に戻ろうとしたところ、15歳児とすれ違う。
彼をかわして、横のコンクリートの段差をヒョイッと飛び越えた。

IMG_1682

はずだったが、足が引っかかった。
バランスを崩し、手をつく・・
はずだったが、そこには段差が切れた空間。
正確には角だった。

ヤバイと思い、左の手すりに手を伸ばすもキャッチ失敗。
さらに下の段の地面に手をつく。

倒れたというより、頭から逆さに地面に突っ込んだ体制。
勢いが強く、体が止まらない。

目の前に現れたのは、土台で置いてあるコンクリートブロック。
IMG_1683

角が目の前に迫るも、勢いを止め切れない。
額に鈍い衝撃が走った。
最初に思ったのは、「まずい、これ確実に血が出るパターン」てこと。
予想通りの流血戦になってしまった。

 

クラブのコーチが新しいタオルを持って来てくれた。
額を押さえると、見る見る真っ赤に染まって行く。
手も血だらけ、おそらく顔も。

水道を借りて勘で患部を流すも血は止まらない。
「救急車呼びましょうか?」とコーチ。

救急病院に行かなきゃダメかなぁ。
救急車、人生初体験か。
でも、クラブに迷惑かかるし。
縫わないといけないくらいの傷なんだろうか。
あ、もしかして脳波も見てもらわないとかも。

色んな思いが頭をめぐるも、気を失ってもいないし、
気持ち悪くもないので、救急車を呼ぶのはもう少し待つことに。

「ごめん、練習できなくなっちゃった」

「いや、大丈夫です。それより傷は大丈夫ですか」

相変わらず敬語である。

 

タオルをもう1枚もらい、押さえつける。
少し出血量が減った気がする。

妻に電話して事情を話し、指示を仰ぐ。

「救急病院に行った方がいい気がするけど」

「うーん、でもこれから練習だしなぁ」

「そんな場合なの?」

「とりあえず、圧迫しながら車の中で安静にしてる」

落ち着いて確認すると、あちこちに裂傷。
幸いウェアに破損はない。

恐る恐る鏡を見た。
ブロックの角の形に額が切れて凹んでいる。

 

妻に写真を送る。

「こんな感じ」

「写真じゃよくわからない」

「縫うかな」

「多分、そういうレベル」

「テープじゃダメ?」

「多分ダメ」

「とりあえず練習終わったら帰る」

「明日は病院だね」

少し出血が治まってきたのと、手が疲れたので、
タオルをハチマキ状にして巻いた。
IMG_1686
選手たちは「変なお父さん」と思ってるだろうけど、仕方ない。

家に帰って、絆創膏を当て包帯を巻いてもらった。
25497936_1526379867438851_2710576421956217985_n
ブルーハーツみたいだな。(言ってる場合か!)

人差指と中指が腫れているので湿布。
妻が2本まとめて湿布をまこうとした。

「それじゃキーボード打てないじゃん!」

「え?この期に及んで仕事するの?」

「週明けに向けてやることあるんだよ」

IMG_1688
ピースサインではない。
念のため。

 

とりあえず、夜中に異変が起きないことを祈ろう。

怪我もショックだけど、一番ショックなのは、
自分が軽く飛び越えようと思った段差に足が引っかかったこと。
自分のイメージほどに足が上がっていない。
これって衰えてるってことなんだろうか。

きっと傷の再生も遅いんだろうなぁ
はあ、なんかすごくショックだ。。

傷残るんだろうか。
「天下御免の向こう傷!」とかシャレになんないぞ。
いや形からして、漫画の怒ってる人みたいなマークかも。
ネタができたとか、面白がってる場合じゃない。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルフィーとか、エアコンとか。

朝ランの途中で遭遇。
IMG_0711
THE ALFEEのツアートラックらしい。

なんかスゴいデザインだな。
高見沢さんの趣味なのだろうか。

アルフィーというか、坂崎さんのフォーク&ギター番組は
ウェブでよく観るけど、ライブは行ったことがない。
一度、行ってみたい気も。
どんななんだろう。

 

さて、リビングのエアコンの調子が悪い。
冷房も暖房も奥の方からキュルキュルと苦しそうな音がする。
正直、とてもうるさい。

このエアコンも引っ越したときに買ったからもう15年選手。
いい加減寿命かも。

とはいえ、エアコンて高い。
我が家のリビングはリフォームで和室をぶち抜いて
広げてしまったので、結構な広さ。

面積から対応機種を探すと30万円オーバー。
とてもじゃないが、ホイホイと買い換えられるもんじゃないってことで、
2年ほどはキュルキュルと付き合ってきたが、そろそろ限界。

ある日、イオンモールを歩いていたら、こんな張り紙が。

IMG_0394
横浜ベイスターズ・日本リーグ進出記念セール!(だったかな)

ウチにつけられそうなエアコンがお買い得価格に。
これ以上安いものには出会わないだろうってことで、
30秒の首脳会議の結果、購入を決定。

うん、いい買い物したぜ。

後日、白クマくんがやってきた。
IMG_0519
デカイな。

吹き出し口も飛行機の主翼ばりに複雑に動く。
IMG_0519

なんでも、人の位置を感知して、
適正な場所に風を送っくれるらしい。
IMG_0522
これがそのセンサー部。
ほぼガンダムだな。

使い終わると自分でフィルターを掃除するらしい。
時代は進んだなぁ。

これで今年の冬は静かに暖まれる。
TVの音量も大きくしないで済むのは有難いぞ。

しかし何かと出費がありますなぁ。
部屋は暖かいけど、財布は寒いぜ。

カテゴリー: ファミリー, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

デニムとか、日本リーグスナップとか。

明治通りのリーバイスショップ。
IMG_1278
あったかいジーンズってなんだよ。
そんなのデニムじゃないよね。

リーバイスがそんなの出す時代になったのね。
ユニクロじゃないんだから。
ちょっと残念。

 

さて、日本リーグのスナップなど。

会場のビーンズドーム。
IMG_1393

IMG_1390
どでかいドームにテニスコートが配置してある。
防災避難施設だそうだけど、とにかく寒い。

こんな大きなドームに空調を効かせるのは確かに無理。
で、こんなものが各所に配置してある。
IMG_1436

IMG_1437
ぬく助くんて言うのか。
なんとも言えないネーミング。

 

今回もTeam RECカーで会場入り。
IMG_1380
マグネットシートなんだけど、
遠征でも使えるこのシステムはオススメ。

 

斉藤貴史プロ。
IMG_1387

DSC_6912
いつも何かしらのトレーニングやストレッチをしている。

そのためか、かなりの細マッチョ。
中村プロもそのボディに興味津々・・て、変な意味じゃないよ。

 

ダブルスに出場した佐藤一平コーチ、井原力コーチ。
DSC_8928
ウェアが微妙に揃っていない。

実は井原コーチは前日から風邪気味、当日はヘロヘロだった。
チェンジコートでベンチに戻ってくる目も虚ろな感じ。
ウェアが揃っていないのはそのせいかも・・。

次の日、佐藤コーチ、井原コーチともに発熱でダウン。
社員研修を欠席した。
疲れてたのね。

今回は全員のゲームシャツにロゴを入れた。
DSC_6360
皆でTeam RECの看板を背負うのは気合が入る。
ちなみにワタクシたちのシャツの背中も同じく
ロゴが入ってたのだが、一度もアップを脱ぐこともなく、
お披露目の機会はなかった。
(そりゃそうだ)

 

Team RECは仲が良く、ノリも良い。

日替わりのヒーローを囲んで1枚。
25152142_907885106035137_8347421345930524485_n
ユウキ、よくやった!

次の日はこれ。
IMG_1628
橋本総業ホールディングスさんとの勝負に競り勝った
関口プロと竹島プロを囲んで。

最終日はこちら。
24899822_908871709269810_46801022619779611_n
協和発酵キリンさんとの最終ダブルスに
競り負けた、一平、リキを囲んで。

そんな楽しいTeam REC、次は横浜決戦に臨む。
楽しく真剣に頑張ろう!

応援よろしくお願いします!
ぜひ

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士山とか、ユウキ!とか。

日本リーグに向かう朝。
とても天気が良かった。
IMG_1285
富士山がとてもキレイだったけど、
こんな写真しか撮れなかった。
新幹線からベストショットポイントってどの辺なんだろう。

 

さて、今年のTeam RECは中村祐樹プロも加わり、
さらに強く、さらに楽しくなった。

最初に会った時、「人見知りなので・・」と、口が重かった中村プロ。
面接で口が重いって・・・大丈夫か?と思ったのはヒミツだ。

まあ、Team RECはスタッフもプロも楽しいメンバーばかりだし、
入ってしまえば、なんとでもなるかなと臨んだファーストステージ。

目論見通り、皆で中村プロをイジり・・じゃない歓迎し、
徐々に中村プロも場に馴染んできた。

勝敗が分かれ目になりそうな厳しい場面の起用。
そして大接戦の連続。
皆で中村プロを応援で後押し。

「ユウキ!行け〜!」
「ユウキ!オレたちがついてるぞ〜!」
「ユウキ!足動かせ!(笑)」

そのためかは分からないが、
すっかりチームに溶け込んだユウキ。
徐々にユニークさもわかってきた。

ボディビルドにはまっているユウキ。
24852546_1886588655004861_986220441679806886_n
橋本総業の松尾プロの次にマッチョ。
そんなに鍛えてどうする?
テニスはガン打ちというよりも、柔らかいフォームで
相手の嫌なところを突いていくタイプなので、
筋肉いらないと思うんだけど。

レンズを向けると「あ、ここ撮るんですか」と照れる。
IMG_1533

ちなみに、ビデオカメラを向けると、
「あ、やばい」と言って動きが止まる。
昔の人かっ!

関口プロのチューブを借りてトレーニング。
IMG_1544
「どうやるんですか?これ」
って、チューブよりもダンベルなんだろうな。

 

3日目の大接戦でシューズが限界に達したユウキ。

「もうダメかも」

「替えのシューズは?」

「無いっす」

「こんな足袋みたいになったの履いてるのに、替え持ってきてないの?」

「大丈夫かと思って」

大丈夫じゃないだろ、どう見ても・・・

ってことで、あちこち電話してシューズ探す。
28,5センチなんてそうそう無いぞ。

結局、神戸元町のフィールドさんで見つかった。
選手たちをホテルに送り、そのままユウキと神戸へ。

イルミネーションの季節だからか、大渋滞の元町付近。
ようやく店へ。

自分のと同じモデルを試履きしたユウキ。

「ちょっと小さくなりましたか?これ」

キミのシューズがヘタリ過ぎてただけだよっ!

次の日の試合の序盤、首をひねりながらプレーする。
どうやら止まり過ぎてスライドがしづらいらしい。
普通だからこれが。

やたらとサーフェースで足を擦って
後半は少し慣れたようだけど、世話がやけるぜ。

そんなこんな色々ありながら、仲間になったユウキ。
セカンドステージも頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ゲームとか、旅人とか。

ウォーキング途中の明治通りで。
IMG_0407
懐かしい雰囲気のゲーム機。

パックマンだ。
IMG_0408
アーケードゲームでもあったのね。
TVゲームでしかやったことないや。

ゲームといえば・・・実はあまりやり込んだことがない。
初代スーパーマリオもコンプリートしてないし。

そうだなぁ。
大学生の頃、よく行った喫茶店でギャラガはよくやった。
あと麻雀ゲーム。

コーヒーとタバコとテーブルゲーム。
昭和だなぁ。

 

さて、日本リーグ・ファーストステージもやっと終わり、
通常業務に戻ったわけだが、今ひとつ落ち着かないというか、
ヘロヘロな状態から回復しきっていないような。

それにしてもこの数週間、
人生で一番新幹線に乗ったんじゃないだろうか。

スタートは東北方面。

装備はこんな感じ。
IMG_0913

IMG_0915

IMG_0916

まあまあ軽装・・でもないか。
ラケット持って遠方って久しぶりだな。

ちなみにノートPC2台持ちなのは、
Windows機の調子が今ひとつだから。
旅先で壊れたら、どうにも身動きが取れないしね。
って、この分が結構負担だよなぁ。

新幹線に乗り、北へ。
IMG_0929

あっという間に故郷の駅をスルー。
ハヤブサってすごいね、驚いた。

目的に着いたら、そのままコートへ。
IMG_0953
ナイターまでオファーをこなす。
やっぱり夜は寒い。

ホテルへ。
IMG_0958
部屋はまあまあ。
でも、毎日朝5時にホテル出発なので、ホントに寝るだけ。

で、2日いて、1日戻り。
仕事してまた東北へ。
また東京に戻り2日あけて東北へ戻りと、
しばらくそんな感じが続く。

そしてようやく東北の仕事をコンプリート。
2日あけて日本リーグのために兵庫へ。

これが日本リーグの装備。
IMG_1281

ノートPC 2台
一眼レフカメラ 2台
レンズ 4本
撮影用椅子
一脚
周辺機器 たくさん

余ったスペースに着替えを無理やり詰め込んだけど、
これだけよく入ったな。
しかし重い。
引っ張っていても重いので、持ち上げるのは無理。
階段は地獄だった。

東北は基本的に一日中テニスコートにいた。
こんなことも久しぶりかも。

日本リーグも試合をしてるわけじゃないけど、
夜と早朝は通常業務をこなさなければいけないので
単純にいつもよりも時間はない。

そんな感じで移動やら不規則な時間帯やらが続いて、
さすがちょっとしんどかった。
そりゃ、大好きなシメサバでも当たるわって。

週が明けて今週も普通に仕事。
週末までなんとか頑張って、休日で回復しなければ。

まあまあ大変だったけど、何かと貴重な体験も出来たし、
良い出会いもあった。

東北の仕事については詳しいことは書けないが、
時期が来れば言えるようになるだろう。

とにかくひとつ山は越えたかな。
今年もあと少し。
最後まで走ろう。

カテゴリー: オモチャ, スポーツ, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チラシとか、ミーティングとか。

ライブの楽しみに入り口で配っているチラシがある。

高中正義師匠のライブでは、年末のライブのチラシが配られた。
IMG_0010
こりゃ、行くしかないでしょ。
と思ったら、この日はイベントだった。
無理だな、残念。

 

さて、今年はメーカーさんの本社(本国)の方と
ミーティングする機会が多い。

海外には日本のテニススクールのような
コーチ1名が多人数を教えるようなビジネスモデルが無いこと、
そして、テニススクールやクラブでの商品販売のボリュームが
日本ほど大きく無いために、聞きたいことも多いのだろう。

先日は、オーストリアのH社、
シカゴのW社の方とミーティングの機会をいただいた。
もちろん日本のスタッフが通訳してくれてだけど。

本国の方々はミーティングでもかなりアグレッシブ。
スクールビジネスの細かな部分、商品の動向、販売戦略など、
かなりつっこんが質問が多い。

加えて、次なる商品はどんなものが良いか、
日本市場でヒットするスペックは?カラーは?
どんなサポートやプロモーションをすれば効果的かなど、
具体的な意見も求められる。

主にボスが日本のテニス業界やスポーツ市場の現状や
スクール経営手法などのレクチャーをし、
ワタクシは販売手法や個々の商品についての話をするという感じ。

こちらが迂闊なアイデアを出そうものなら、
そのまま商品化されるのではという空気もあり、
それを販売しなければいけない日本スタッフは
若干顔が引きつってたりして。

実際、次の来日時にはプロトタイプのラケットや、
カラーサンプルを持ってきて、試打や意見を求められるから
意見もより真剣にってことになる。

あるミーティングでは随分と先の製品まで見せられて、
メーカーさんの商品開発って何年先まで決まってるのだろうと
驚いたりと、こちらも勉強になることも多い。

先日は、グリップテープや振動止めなどの試作品もテストも。
「遠慮なく意見を言ってください」と言われたので、
本当に遠慮なくダメな部分もフィードバックさせていただいけど、
そのまま本国に伝えたんだろうか。
怒ってないかな。

きっと、ウチの会社だけじゃなくて、
何社もミーティングしてるんだろうけど、
なんにしても意見がピックアップされることはありがたい。

少しでも役に立ててもらえればウレシい。
ちなみに、先日試打させてもらったプロトタイプは
来年あたり製品化されるという噂も。
楽しみである。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。