ちょい飲みとか、怪我したとか。

「一杯だけいきましょう」とはこの男の常套句。
IMG_9111
一杯だけで済んだことはない。
あれやこれやと話し込んで、日本酒に突入。

うーん、ロックなオレたち。
シェキナベイベー!

日高屋って安いね。
気に入った。

 

さて、ある日。
学校に行っている16歳児から連絡。

怪我をしたらしい。
バスケットボールだか何かで、ふくらはぎを思い切りぶつけたとか。

とりあえず帰って来るように言うも、
自転車にも乗れないくらい痛いという。

本人、「とりあえず病院に行きたい」と言う。

週末だし、病院もやってるかどうか分からない。
一晩様子をみてから受診すればと言うも
「いや、今日診てもらいたい」と言い張る。

ははぁ、明日の練習試合に出たいんだなと気づく。
明日の部活は他校との練習試合。
それに出場したいから、今日中に病院に行ってしまえとの作戦らしい。

今日行こうが明日行こうが、それほど結果は変わらないが、
受診結果で打撲程度で大したことがないとなれば、
無理をしてでも試合をするつもりなのだろう。

そうまでして試合したいのか。
そもそもそんな状態で試合に出たら仲間にも悪いだろうに。

学校に迎えにいく。
IMG_8561
自転車を引いて、足を引き摺る16歳児。

病院に行きたいと言い張るので、妻が連れていくことに。
ワタクシは自転車を受け取って自宅へ。

受診結果は骨には異常なしの打撲。
大したことがなくてよかった。

それにしても彼はよく怪我をする。
原因はいつもハンドボールとかバスケットボールとか、
友人と遊んでいてのことばかり。

しかもなぜか試合前が多い。
以前は指の骨にヒビを入れて3大会くらいを棒に振った。
今回は練習試合だからまだ良いが、もう少し大事にして欲しいぞ。

思えば、スポンジボールで始めたテニス。
ジュニアもあと2年でおしまいだ。
早いなぁ。(しみじみ)

最近はほとんど関わってあげられないけど、
限りあるジュニア期間を楽しんで欲しい。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、テスターとか。

ずっと気になっているバイクのひとつ。
IMG_6908
HONDA ZOOMER

いじりようで色んな顔になりそうなバイク。
ミリタリー風、サーファー風とか。
写真のこれもいい感じだなぁ。

ああ、楽しそうだ。
欲しい。
誰かいらないZOOMERありませんか?

 

さて某日、都内某所へ向う予定が、
朝からいたるところで電車がストップ。

海沿いの京葉線がストップ。
陸側の京成線も人身事故だか架線事故だかでストップ。
総武線もかなりの遅延との情報。

千葉から都内方向への路線がほぼ壊滅。
マジか。
遅れるわけにはいかない用事なので、かなり焦る。

かくなるうえは車も考えたが、きっとこの影響でひどい渋滞のはず。
仕方がない、遅延でも動いている総武線にかけることに。

運良く電車が来た。
途中止まったりもしながら、なんとか目的の駅へ。

ということで、この日のお役目。
IMG_9047
日本プロテニス協会のプロテストのテスターとしてお呼びがかかったのだ。

プロテスト・テスターはいつも緊張する。
職業的な資格の付与を判定するのだから、その責任は重い。
受験生が緊張しているのは当然だけど、実はテスターも緊張するのだ。

皆さんにはとにかく最高のパフォーマンスで高得点を取ってほしい。
出来てないものを出来ているとは判定できないし、
判定に迷いが出ないほどの結果が一番ありがたい。

互いに緊張の時間を過ごし、なんとかお役目終了。
ふう、とりあえず今年のノルマは果たしたかなぁ。

終了後、テスター仲間で打ち上げ。
IMG_9051

おしぼりが有料ってめずらしい店。
IMG_9049
たしかに安いけど。

ひとりは先に帰ってしまったが、この日のメンバー。
IMG_9054
久しぶりに色々話したけど、皆それぞれの場所で
苦労はありつつもとても頑張っている。

さすがに若手と言える歳じゃなくなったけど、
これからのテニス業界を支えていく中堅たちだ。

皆に元気をもらって帰宅の途へ。
IMG_9056
まだ電車止まってた・・・。
自宅とは逆方向は動いているようなので、
とりあえず迂回で帰宅。

もらった元気を半分ほど使ってしまったけど、楽しい夜だった。
また、会いましょう。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飯とか、Spotifyとか。

某日の昼食。
IMG_9110
移動途中の西武線の駅ホーム。
乗り換えの3分待ちの間に終了。
うーん、ちょっと寂しい。

 

さて、新しいアプリを入れてみた。

IMG_9153
Spotify

音楽ストリーミングサービスである。
4000万以上の配信曲があり、しかも無料版もあるってことでトライ。

アプリをインストールし、メールアドレスを登録。
必要最低限の情報を入れてアカウント作成完了。
とても簡単である。

取り合えずあれこれいじってみる。
IMG_9154
好きなアーティストを選ぶと色々提案してくれるらしい。

プレイリストがあった。
IMG_9156
80年代ミュージックをチョイス。

あとは勝手に曲が流れてくる。

カモン・アイリーン、懐かしい!
IMG_9155

カルチャークラブも居酒屋でよく流れてた。
IMG_9157

Every Breath You Take
IMG_9158
ベストヒットUSAを思い出すなぁ。

すごいな、これ。

別のプレイリストを試す。

ユーミンがあった。
IMG_9160
流線型80、懐かしい!

パールピアス
IMG_9159
別れる彼氏の部屋にそっとピアスを置いていくような女とは
付き合いたくないけど・・・。

現在、Time Machineツアーで全国を回っているユーミン。
時代を超えてやっぱりすごい存在だ。
歌は上手くないけど。

最後にこれ。
IMG_9162
よくディスコでかかってた。
そんなに通ったわけじゃないけど。

80年代って誰も彼もが浮かれてとんでもない時代だったけど、
音楽はこの頃がいいなぁ。
なんてことを思ったりしたSpotify。

それにしてもこれがタダってすごいな。
有料のプレミアムプランだと広告が入らないとか、
曲順がシャッフルではなく指定できるとか機能があるらしいけど、
とりあえずこれでじゅうぶんだな。

まだ仕組みがよくわかっていないけど、
自宅のwi-fi環境ではまったく不自由なし。
外で立ち上げてみたら、ブツブツと止まって上手くいかなかった。
データ通信、どれくらい使うんだろうね。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

行列とか、BabolaT PUREAEROインプレとか。

早朝ウォーキングの明治通り。
IMG_9092
すごい行列。

先頭は・・
IMG_9093
シューズショップらしい。
ナイキの何かが発売になるのかな。

転売屋もたくさん並んでいるんだろうね。
あれはダメだと思うよ、ホント。

 

さて、今年は黄色なのか?

HEAD EXTREMEに先駆けて発売になった黄色いラケットがこれ。
IMG_8022
やっぱり黄色はコート映えするね。

BabolaT PUREAERO
IMG_8016

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:23-261mm
■ウエイト:300g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2・3・4
■価格:34,000円

ピュアドライブと並ぶバボラの2枚看板、
ナダルの片腕、言わずと知れたPUREAEROである。

いわゆる黄金スペックのこのモデル。
ピュアドライブとはうまい具合に味付けが分かれていて、
それぞれに根強いファンを持つモデルだ。

前回モデルのPUREAEROは、フレーム形状も含めかなりの部分をチェンジした。
結果、パワーは出たがフィーリング的にかなり硬質に進化。
しなり感とスピンを求めていたPUREAEROファンには
大きな違和感と戸惑いがあったとか。
実際、ニューモデルへのスイッチが遅れる選手も多かったという、
賛否両論の前PUREAEROというのが正直なところ。

今回のモデルはどう変わっているのか。
さらに硬く?以前に寄せた?
興味津々だ。

このシャフトからフェイスにかけての
独特な形状がまさしくPUREAERO。
IMG_8017

IMG_8018

IMG_8019

IMG_8020

今回はより快適な振動吸収を求め、
コアテックスはフェイスの9時・3時方向に設置。
これまではグリップ内部やグリップ上部だったり、
PUREDRIVE ではシャフトに搭載されていることを考えても
ラケット特性を突き詰めてのセッティングであることがわかる。

打ってみた。

コーチたちの練習に混ぜてもらう。
サービス〜クロスラリーのドリル。

ゲッ!飛ぶ!

記念すべき1球目は思い切りフォルトだった。
しかもベースライン付近まで。

そして打球衝撃が少ない。
簡単に言うとソフト。
本当に味付けが変わっている。

実はこれまであまりPUREAEROを使い込んだことはないのだが、
AEROPRODRIVEと比較すると確かにPUREAEROは硬く感じた。
攻撃力が増したという考え方もあるが、
あの感触が好きなユーザーには違和感だったろう。

その違和感は完全に払拭されたと思う。
と言っても先祖返りしたわけでもなく、
適度なソフト感と飛びの良さ、そしてスピン性能はもちろん進化している。

思い切り吹っ飛んでしまったサービスを調整しながら、
スピン量を変えたりしてストロークへ。

やはりスピンに関しては一級品だ。
自然にスピンがかかる。

スピン性能が良いということは、
スピンを意識して無理に振らなくて良いといいうこと。
無理をしないということはプレーヤーの余裕、安心感につながる。

高い弾道のムーンボールもしっかり深くコートに収まる。
特筆すべきは短い起動で鋭く落ちるトップスピン。
意識的にスピン量を増やせば、ヘビースピンがかかって
一気に落ちるスピンが生まれる。
これはパッシングショットやアングルショットに恩恵大である。

そしてスライスも乗りが良い。
カツッと一瞬掴んで、グイっと乗って、シューと出て行く。(長島か!)
糸を引くような軌道がたまらないスライスが打てる。
この感覚、ゴリゴリのトップスピナーの若手だけでなく、
バックハンドをスライスで展開するベテランプレーヤーにもオススメだ。

とにかく安心して振れるのは大きなアドバンテージ。
回転を駆使してこその安定感、
そしてここぞという場面で振り切れる信頼感を兼ね備えていると思う。

ネットプレーは少しだるいのかなと思ったがそんなことはなかった。
掴み感がコントロールに良い影響を与えている。
決してボールの打ち出し、キレが悪いということもない。

試打してみて、かなりオールラウンドなラケットだと思った。
フレーム形状やナダル使用機ということで、
一方に特徴的なラケット思いきや、実はそうでもない。

デザインや先入観を取っ払って打ってみれば
オールラウンドに頼れる1本だというこがわかるだろう。

このシリーズ、軽量版のLITEやTEAMもあるので
女性プレーヤーにもじゅうぶん対応できると思う。

特に、TEAMは285gと絶妙なスペックなので、
300gはちょっとという方はぜひお試しいただきたい。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

看板とか、ジャパンオープン スナップその2とか。

ウォーキングコースの渋谷界隈。
IMG_9107
この店の前を通るたびに、申し訳ないって気持ちになる。
ホントすみませんね。

 

さて、もう日本のテニスシーンは全日本選手権に向いているが、
楽天ジャパンオープンのスナップその2など。

コートサイドに見慣れないボックスが。
DSC_7401

DSC_7390

DSC_7391

位置的にラインを検知しているのだろうと思っていたが、
やはりチャレンジシステムだった。

いつものシステムはCGだが、これは映像判定タイプ。
DSC_7400
右画面のスーパースローが左画面の判定に反映される。

サイドラインはネットにカメラがある。
DSC_7394

チャレンジシステムってこういうタイプもあるのね。
ちなみにこれまでのシステムにはソニーも関わっていたと聞いた。
まあ、一社独占じゃないのはいいことだ。
DSC_7922
これがメーカー名なのかな。

外に出てみた。
IMG_8979

新しくてきれいだなぁ。
IMG_8980

ステーキ丼。
IMG_8983
安くはない。
買ってないけど。
ちなみにテニスといえばの定番、ケバブも出ていた。

すごい人だかり。
IMG_8984

錦織圭登場。
IMG_8991
この日、試合は無かったが、こういう仕事もあるのね。
大変だな。

振り向くと、横にマイケルチャンが。
IMG_8988
サインか一緒に写真を撮りたかったが、
すぐに行ってしまった。
残念。

物販ブース。
フィラは問屋さんが担当していた。
IMG_8997

ミズノさん。
IMG_8998

ラケットが飾ってあった。
IMG_8999

レンドルプロも懐かしいが、ブラックジャックも懐かしい。
IMG_9002
高校生の時、アラキくんが使ってた。
あの頃はまだオープンスロートじゃないウッドだったけ。

バボラさん
IMG_9003
時間がなくて寄れなかった。

ヨネックさん。
IMG_9005
全豪オープンのオフィシャルになったりと、
最近はグローバル戦略強化路線のヨネックスさん。

大坂なおみの全米優勝はヨネックスさんにとっても大快挙。
IMG_9004

オープンカフェ。
IMG_9006

ほとんど人がいなかった。
IMG_9007

IMG_9008
ちょっと寂しい。
グランドスラムだと人で溢れてるんだけどなぁ。

コート2面進行の今年の楽天ジャパンオープン。
ちょっと遠いけど、ここも悪くないなぁと思った次第。
来年はリニューアルした有明かぁ。
それも楽しみだ。

カテゴリー: テニス, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ロゴとか、携帯ホルダーとか、

楽天ジャパンオープンのミネラルウォーター。
IMG_9138
右が昨年、左が今年だ。

楽天てロゴ変わったのね。
下のラインは「一(イチ)」らしい。
一番とか唯一とかそんな想いだとか。

どこかで見たような気もするけど、何に似てるんだろう。

 

さて、クルマの携帯ホルダーが壊れた。
IMG_8060
架台の粘着力が無くなり、いきなり落ちてくる。

フロントウインドウならくっつくかと思い、
試してみるも、やはり落ちてくる。
IMG_8061
そもそもこれは違反なので不採用だけど。

仕方がないので新機種購入。
IMG_8062
丈夫そうなものをチョイス。

粘着力が強いので、柔かいダッシュボードには使用しないでくださいと
説明書に書いてあった。
IMG_8064

もうくっつけちゃったよ。
IMG_8065

ゴツイな。
IMG_8066

アームが伸びる。
IMG_8067
もはや武器的なギミック。
ガンダムに出てきそうだ。

まあ、これでしばらくいけるだろう。
IMG_8068
二度と外せないかもしれないけど。
(どうしよう)

カテゴリー: クルマ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

牧場ミルクとか、ジャパンオープン スナップとか。

ミルク味アイス。
IMG_8069
シンプルかつ濃厚。
ウマイね、これ。
オススメです。

 

さて、楽天ジャパンオープンのスナップなどを。

オフシャルカーはプジョー。
IMG_8947

昔はプジョーといえばコショー(故障)ってイメージだったが、
最近のプジョーはそうでもないのだろうか。
IMG_8948
デザイン的にはローバーっぽい感じになったね。

そうそう、80年代のハッチバックブームの頃のプジョー205はカッコよかったなぁ。
ファミリアXG、ゴルフ、スターレット、カローラ2、ミラージュ、etc。
その中でも205は飛び抜けた雰囲気を持ってたっけ。
ああ、懐かしい・・・って、また妄想ぐせが。

ロイヤルシートとはいえ仮設スタンド。
IMG_8968
座布団もいつもとちょっと違う。
いちおうこんなカバーもあるのね。

ベースライン後方の二列目に座らせてもらった。
IMG_8974

やたらとボールが飛び込んでくる。
IMG_8971
その度に拾ってボーラーに渡す。
面倒な気もするがライブ感もあって楽しい。
プロ野球みたいに拾った人にあげるわけにはいかないのが残念。

VIPラウンジ
IMG_8978
例年通り、女子プロ選手の皆さんが席に案内してくれる。
微妙に知っている方々がドレスアップし、
案内してくれるのは妙に気恥ずかしい。(お互いに)

ラウンジの中。
IMG_8976

IMG_8977
ドリンク&軽食コーナーがある。

チーズ美味しかった。
IMG_8975
ワインもちょっといただきました。
ごちそうさまでした。

今年のビジョンは映画風でかっこよかった。
DSC_7650

福井さんとレック本社のハッシー。
IMG_9024
「福井さん、写真撮っていいっすか」というと、
必ず「一緒に撮ろうよ」とおっしゃる。

オンコートMCの方。(名前しらない。すみません)
DSC_7642
この方がMCになってから、盛り上がるようになった。
ボスが「あの彼、ウチのイベントに来てくれるかな」って言ってた。

REC FESTA、オファーしてみようかな。
東レPPOのMCの安井まみ子さんもいいなぁ。

長くなったのでこのへんで。

カテゴリー: テニス, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

挑戦とか、HEAD G360 EXTREME MPインプレ!

すき家にて。
IMG_8206
ドリ牛に挑戦。

想像通りの味。
それ以上でもそれ以下でも無し。
まずくはないけど、もう頼まないと思う。

 

さて、HEADさんから発売になった新製品。

HEADの黄色といえば・・
IMG_9182
そう、EXTREMEだ。

HEAD EXTREME MP
IMG_9176
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:23-26-21mm
■ウエイト:300g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:33,000円

先日のジャパンオープンにも出場したガスケの片腕、
EXTREMEが満を持してリニューアル。
当然、搭載システムはG360である。

G360 SPEEDではけっこう味付けが変わり、
扱いやすくなることがわかったG360シリーズ。
今回のEXTREMEはどんな変化を遂げているか楽しみにしていた。

実はこれまでEXTREMEを自分使用機としたことはない。
使えるうちはPRESTIGEで頑張りたいし、
フレームの厚みがちょっとなぁみたいな感じもあったしね。

ただ今回のEXTREMEは展示会で見た時にけっこうビビッと来た。
「おお!かっこいいじゃん!」
ソリッドなイエローは潔いし、めっちゃ目立つ。
最近の流行りではあるけど、EXTREMEはこのパターンが
すごく活きているんじゃないかなって思った。

ということで、いよいよ発売になったEXTREMEの試打が届いたのだ。

黄色ってけっこう大きく見える。
IMG_9178
100インチ以上に見えるのは安心感かな。
その分、シャープな感じは少ないけど。

ビームは、23-26-21mmのテーパード。
IMG_9184
この厚みの変化が絶妙なしなり感と食いつきを生み出すのだ。たぶん。

フェイスは安心の若干縦長。
IMG_9180
個人的には横に広がっているよりも好み。
ただこの厚みのフレーム・・どうなんだろう?
ミスヒット増えるんじゃないかなぁ。

ってことで、打ってみた。

入る!入る!驚いた!

振っても入るし、スライスも入る。
何をしているわけでもないのに、ボールがコートに収まる。

スピンモデルって謳い文句だけど、正直その感覚はあまりない。
普通に打っているのに、普通に入るのだ。
たぶん勝手にいつもよりスピンがかかっているんだと思う。

 

意識的にトップスピンを打ってみる。
セミムーンボールみたいに高い弾道で、
グインと落ちてコートに収まった。

意識すると極端な弾道になるのね。
そこまでは要らないっていうか、普通にスピンを打てば
ラケットが勝手にボールを納めてくれる感じ。

このヘビーなスピン感覚はベースラインでのチェンジオブペースか、
あと一番有効だったのはパッシングショットだ。

相手をしてくれた栗田コーチが
ネットとサービスラインの中間の少し前のポジションで
ボレーをしているところに、ハーフボレーになるパスが簡単に打てる。

この落ちっぷりはなかなか。
アングルへのパスは打たなかったけど、たぶんすごく有効だと思う。
すごいな、これ。

 

G360ということで、3時・9時・12時そして
シャフト部にグラフェンが搭載されたということで、
おそらく面剛性は上がっているのだと思うんだけど、
硬い感触が少ないっていうか、むしろ柔らかく感じるのが不思議。

これはG360 SPEEDも同じで、前モデルよりも格段に扱い安くなっている。
この進化ぶりはツアー系モデルながら対象層を確実に広げたんじゃないだろうか。

このEXTREMEもかなりフェイスがくわえるっていうか、
ストリングにぐいっと乗る感じがする。
ひとつはストリングがナイロン系ってこともあるだろうけど、
面剛性の分、フェイス(ストリング)がたわむっていうか、
くってくれるんじゃないだろうか。

この食いつき感と勝手に回転感は、絶大なる安心感として
プレーヤーに大きな恩恵をもたらしてくれると思う。
とにかく、どんどん振りたくなるラケットだ。

 

ボレーも案外キレが良い。
食いつく感じが強かったので、ボレーはダルいかなと思ったら、あら不思議。
シュパン、シュパンと滑って伸びていくボールが出ていく。

スイング幅が小さいショットはフェイスが食い過ぎないのかな。
かなり気持ちよくボールが伸びてくれる。

 

最後にサービスを打ってみた。

最初は全然飛ばず、全然入らずだった。
感触もなんかダルいし、ダメじゃんこれって感じ。

体が暖まっていないからかなと思いつつ、
あれこれ打ち方や球種を変えながら打ってみる。

わかった!

フェイスのトップ部で打つのがキモなのだ。
このフェイ形状だからか、手元部は若干ぼんやりした感触になりがち。
特に振り幅の大きなサービスはその差が顕著なのかも。

意識的にかなりフェイストップ部で打ってみたら、
ボールの中心を打ち抜くような集中した感触で、
スピン、スライス系もバシュっと気持ちよく飛ぶようになった。

 

色んな顔を持つ不思議なラケットだ。

実は1球目を打った時、一世を風靡したHEAD史上最大(?)のヒットモデル、
TiS6の感触がほんの少し感じられた気がした。
あの名品の安心感がブワッと蘇ったのだ。

とにかく安心ラケットだなと思った。
どんどん振って、どんどん入る。
テニスが楽しくなるラケットだ。

鮮やかな黄色もPOPだし、コートでもメッチャ映えると思う。
ちなみに相手がネットでこれを振り回すと少しうざい。(笑)
だから自分が使ったらブンブン振って、最後はネットに出ようと思った。

これまでEXTREMEシリーズをマイラケットにしたことはないが、
このG360 EXTREME MPはかなり気に入った。
ここ最近では1、2位に入るくらいに良いと思ったラケットだ。
(いいなぁ。買うか)

オススメです!

*実は「S」も打ったんだけど、それはまた今度。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カラオケとか、ワッペンとか。

大阪の夜。
カラオケに行った。
IMG_8299
オグラくんが熱唱。

続いて服部さんが歌ってくれた。
IMG_8301
彼女はプロのシンガーである。
当然上手い。
タダでは申し訳ないくらい。

ちなみに高島平インドアテニススクールに行くと会えます。
フロントでもコートでも歌ってはくれませんけど。

ちなみに、この店で座った席がモニタの真下。
頭をあげるとモニターが隠れて歌詞が読めない。
結果、ずっと俯き加減に。

「あまりノッテませんでしたよね」

そうじゃないのよ。
ポジションがね。

 

さて、久々にお座敷がかかった。

何かと忙しくてなかなかお手伝いが出来ていない
日本プロテニス協会のプロテスト・テスターである。

昨年はあまりに参加が少なく、委員長からご指名で
札幌のテストに行かされるというハプニング。

今年もまだ協力出来ていなかったところ、
そろそろお願いしますねってことでお声がけ。

場所も都内だし、ここで行っておいた方が良いだろってことで
お受けすることにした。
で、気づく。

今年からテスターはオフィシャルウェアのヨネックス着用。
テスターワッペンも着けなければいけなくなっていたのだった。
IMG_8939

残念ながら、ヨネックスのウェアはほとんど持っていない。
一昨年、久しぶりに購入したウォームアップのみ。

まさか冬用のアップでインドアってのもおかしいし、
ポロシャツがないと無理。
仕方がないので、ポロシャツを1枚購入。
IMG_8940

アイロンで貼り付け。
IMG_8941

なんかデカいな、これ。
IMG_8943

もう1枚あったので、オフィシャルウェアのアップにも。
IMG_8942
とりあえずこれで大丈夫だろう。

しかし、たまにしか行かないと、準備だけで大騒ぎだなぁ。
もう少し手伝うようにしますね。
すみません。

カテゴリー: テニス, 仕事, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ユニフォームとか、最終日とか。

何だか随分前のことのような気がするデ杯・大阪。

このシャツいいよね。
DSC_5562
歴代で一番カッコいいかも。

ちなみにTeam RECのゲームウェアもここ数年はエレッセ。
最初はプロパーだったけど、最近はカラーオーダーモデルだ。
今年の日本リーグウェアも発注済み。
どんな感じになるのか・・お楽しみに。

 

さて、そんなデ杯、最終日は勝敗が決したあとだったので、
ルールにより、3セットマッチ1試合のみ。
その一試合も、綿貫選手がデビュー戦を圧勝で飾ったため、
あっという間に終わってしまった。

まあ、早く帰れるからいいかと思いつつ、
今日のチケットを買った人はちょっとかわいそうかなと思ったり。

TVインタビューも終え、すでに会場はリラックスムード。
DSC_5765

DSC_5773

と、場内アナウンス。
「両国選手のご厚意で今からエキシビションのミックスダブルスを行います」

何とも粋な計らい。
しかし、ミックスダブルスって、女子選手どうするの?

選手入場。
DSC_5784
綿貫選手、田島選手がボスニアのウェアを着てる。

そしてボスニア選手が。
DSC_5789

なるほど、こういうミックスね。
DSC_5798

試合は1セットのダブルス。
DSC_5826

DSC_5808

正直、本気のショットはほとんどなかったけど、
選手たちはエンターテイメントに徹し、皆を楽しませてくれた。

DSC_5830

DSC_5842

ホークアイ(チャレンジシステム)までパフォーマンス。
DSC_5844

純粋に楽しかったという方もいれば、こういうのじゃなくて、
本気の試合を見たいのだという方もいるだろう。
見方は様々かもしれないが、選手たちがそこまで考えてくれたことは素晴らしい。

ボスニアヘルツェゴビナも負けてもさっさと帰らずに
アウェイでこんなことまでしてくれるなんて、
本当に素晴らしいと思う。

最後は日の丸を持って、写真まで撮ってたし。
ボスニアを応援したくなってしまった。

こういうのが国際試合の良いところ。
国を背負って戦う。
そして勝敗が決まったら双方ノーサイドで称え合う。
それがスポーツだ。

デ杯っていいなと思った最終日だった。
IMG_8479

そうそう、来年の対戦相手は中国。
会場も中国だそうだ。
果たしてどんなことになるのか。
スポーツマンシップ溢れた対戦になることを期待したい。

カテゴリー: テニス, デ杯 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。