遠いとか、勝利とか。

いちおうの休日。
朝から電車を乗り継ぎ2時間ちょっと。

単線の駅に降り立つ。
IMG_5955
いやぁ、遠かった。

遠くの山がキレイだ。
IMG_5936

着いた先は亜細亜大学日の出グランド。
IMG_5937
JAPANフューチャーズの初戦、亜細亜大学国際オープン会場である。

ランキングアップを狙う日本人選手たちに取って
ここから5週間続くフューチャーズは正念場。
ポイントを獲るために皆必死である。

大学主催の大会は手作り感が良い。
IMG_5950

実はこの大会は、我らレック興発も
少しながら協賛させていただいている。
こういう大会はぜひ続けていって欲しいしね。
IMG_5943

コートの後方は広大なグランド。
IMG_5939
いい環境だな、ここ。

 

さて、そうこうしていたら、試合前の竹島プロ。
IMG_5941
花粉症BOYに腰痛オジさんから、とにかく頑張れと激励の図。

試合開始。
DSC_6398
対戦相手は上杉哲平選手。

攻める竹島プロ
DSC_6428

DSC_6426

厳しいラリーの引き合いから積極的に仕掛けて
ファーストセットを6-4で取る。
DSC_6442

DSC_6470

DSC_6531

しかしセカンドセットは拮抗が続く。
DSC_6550

DSC_6566

DSC_6564

DSC_6556
ネットラッシュで突き放しかかるが、なかなかゲームが開かない。

勝負どころ!
DSC_6586

ミス!
DSC_6593
思わずラケットを取り落とす。

ほんのわずかの差ながら、5-7でセットを落とす。
DSC_6629

ファイナルセット。
DSC_6707
頼むぜ、駿朗。

ここで上杉選手にミスが出始め失速気味に。
DSC_6690

一気に攻めて6-0で勝利。
DSC_6824

なんとも疲れる試合だったが、まあ勝ってよかった。
IMG_5948
明日(今日)はいよいよ予選決勝。

とにかく本戦に入って勝ち星を挙げないと
ポイントはゲット出来ない厳しい世界。
まずは本戦入りだ。
頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

RADICAL LTDとか、シーズンインとか。

数年毎にやってくる限定ラケットが発売に。
IMG_6339

見た途端に「なんじゃこのカラー。売る自信ないなぁ」
というワタクシに、担当のK林さん、
「ハイ。やっちゃったって感じもしますが、
これが海外で流行っているカラーなのです。
アシックスの海外モデルとかこんなカラーリング多いですよね」
と妙に説得力のある台詞。

なるほど、そう言われればそうかも。(単純)
232307_Graphene XT Radical MP Ltd. Detail 2

ベースはRADICAL MP。
スペックはそのまま、価格は35,000円。
232307_Graphene XT Radical MP Ltd.

見ているうちに、徐々に欲しくなって来た。
さすがHEADマジック。
1本くらい買っておけば良かったかな。

ちなみにレックでは予定数完売です。
ごめんなさい。

 

さて、1月は日本リーグ・セカンドステージで兵庫へ。
1週開けて日本リーグ・決勝トーナメントで泊まり。
さらには次の週は広島でセミナー。

広島が終われば怒涛の出張ラッシュはひと段落。

と思いきや、慶応チャレンジャー、亜細亜大学フューチャーズ、
早稲田フューチャーズ、甲府フューチャーズ、筑波フューチャーズ、
そして、柏フューチャーズと、いよいよ春の連戦のスタートだ。

通常業務があるので、全ての大会には行けないが、
なんとか業務調整して隙間をつくって会場へ行こうと思う。

そこにビジネスパル東京大会、春の実業団リーグ、
さらにはイベントやら研修やら、あとあれもこれもと、
あと、新しい企画も3〜4本詰めないとなんて、
GWあたりまではそれなりにスケジュール満載。

今週末、今日はビジネスパル、
そして亜細亜フューチャーズ予選を竹島プロが戦う。

今日はビジネスパルで有明に行くが、
竹島プロが勝ち上がれば明日は亜細亜フューチャーズに行く予定。

がしかし、実は14歳児も大会に出場予定。
県ジュニアの予選だから大事な試合だ。
聞けば、所属クラブで朝6時から皆でアップして会場に入るらしい。

観に行きたいが・・これば無理かなぁ。
まあ、自分で頑張るだろう。
って、みんなそうだけどね。

そんなわけで、春のベストシーズンに釣りに行けるか
今年もとても微妙。

昨年、雨水が溜まって水没したエンジン部が動くか、
ボートの整備もしなきゃいけないし、
ボート屋のアキラさんからは「カバー、破けてるぞ」
って電話来たから、新しいカバー買っていかなきゃ。

釣りの前にすること満載だな。

春ってどうしてこんなに忙しいのだ。
毎年のことなんだけど、今年もあっぷあっぷな気が。
とりあえず一つずつ丁寧にこなしていくしかないか。

ブログ書いてる時点でそんなに追い込まれてないだろうって
ツッコミは受け付けません。
(ホントのことだから)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ボート, 仕事, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

あれ?とか、ウイルソンとか。

先日のTeam RECプロメンバーによるスタッフ研修の際、
試打ラケットを借りてみた。
IMG_6454

久しぶりのピュアドライブはなかなかいい感じだった。
飛びも良いし、スピンも掛けやすい。
何より扱いやすい。

ラケットの操作性が良く感じる時は
体調もテニスの調子も良いってことが多い。

「おっ、今日のオレ、いけてるかも」と思いつつ、
良くラケットを見て見たら・・・
IMG_6453

ピュアドライブ・チームだった。
単に軽いモデルだっただけかぁ。
最近は細かい文字まで見ないしね。

そんな話を関口プロにしたら爆笑してた。
こんな人がTeam RECのプロ担当でいいのかって思ったのかも。
周一、オレは大丈夫だ。

 

さて某日、レックインドアテニススクール上石神井へ。

ウイルソン契約コーチのミーティングが開催されているのだ。
IMG_6632

ワタクシ、ウイルソン契約コーチではないのだが、
会場を貸し出していることと、限定の新製品の発表があるので
担当のNさんから、来てねと呼び出しがあったのだ。

ミーティングはウイルソンのマーケット戦略、
商品説明から始まり、プレゼンは1時間に及んだ。
こういったことをしっかりとコーチに伝えることは、
一緒にブランドをつくり、育てることには重要なのだろう。
ヘッドさんの契約コーチミーティングもこういうパートがしっかりしてるもんね。

今期のプロモーションのメインは「SPIN」。
IMG_6633
ラケット、ストリングの両面からのアプローチで、
よりスピンが掛かる、思った回転量が得られるというもの。

打球の軌道、スピード、スピン量が測定出来る
トラックマンシステムを持ち込んで、
コンセプトを数値化して示すことで説得力を増している。
IMG_6634
これもウイルソンさんの強みだな。

最後は錦織圭のストリンガーでも知られる細谷氏と
ネット回線を繋いでのインタビュー。
IMG_6638
錦織圭のラケットセッティングから、他の選手の裏話まで
とても興味深く聞けたのはもちろんだけど、
ハイブリッドの効用や1本張り、2本張りの特徴など、
ストリンギングに関するお話はとても参考になった。

後半に質問コーナーがあったので、ノット(結び方)について質問してみた。
細谷さんがどのノットを使用しているのかも興味があったし、
実はストリンガーの方とお話しする機会には必ず聞いているのだ。

答えは「エイトノットとパーネルノット」だった。
トーナメント会場ではエイトノット、
ご自身のお店ではパーネルノットが多いそうだ。

なぜトーナメントではエイトノットで、
お店ではパーネルノットなのかを聞くのを忘れて
インタビューは終了。

使い分けを聞けば良かった。
大会のオフィシャルストリンガーチームで
ノットが指定されているのかな。

これまでお聞きしたストリンガーさんでも一番多かったのはエイトノットだった。
とは言え、ストリングやラケットの種類で臨機応変に使い分けている印象。
あくまで基本にしているのがエイトノットって感じ。

ちなみにワタクシは、レックオフィシャルではパーネルノット、
自宅では、エイトノットとパーネルノットを使い分けることが多い。
大きく外れてはいないってことでひと安心。

そうそう、限定版の新商品だけど、これはまだ発表不可。
写真も撮ったけど、解禁はもう少し先になる予定。
春満開少し過ぎくらいにご案内出来るかなという感じ。

レックでも少しだけ確保出来そうなので、発表をお楽しみに。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラマとか、診察とか。

Amazonビデオをちょくちょく観る。
最近のお気に入りは「チームバチスタの栄光」だ。
tmbat

普段、テレビドラマはあまり観ない。
決まった時間にTVが見られるような生活パターンじゃないし、
録画してまで観る気にもならない。
何より、最近はニュースとテニスくらいでTVをあまり観なくなった。

ということで、移動途中にiPhoneでAmazonビデオだ。

たまたまた目に入ってダウンロードしたチーム・バチスタだが、
これが面白くてハマってしまった。

伊藤淳史演じる田口医師が、仲村トオル演じる厚労省の白鳥に
振り回される姿はハマリ役だ。
MOZUでもそうだったけど、伊藤淳史ってこういう役うまいよね。

伊原剛志の桐生医師もカッコ良くて、
キャストがうまくハマって面白い。

とにかく面白くて、次へ次へと進み、
あっという間にシリーズを見終えてしまった。

ただ最後の謎解きの結果は個々の事情っていうか、
そんなに皆の事情が絡み合うかなぁって感じ。
もっと大きな巨悪的なものとの一騎打ちだったら面白いかもと思った。

最近の医療ドラマって手術シーンで臓器を見せるのね。
血とか注射が何より苦手なワタクシには若干拷問だ。

昔の医療ドラマってそんなシーンあったっけ?
医者の手元だけだったような気がする。
それだけリアルな映像が撮れるようになったってことなのかな。
実際は見たことがないから、何かリアルかも分からないけど。

ちょっと具合悪くなったけど、エグいシーンを
我慢してでも観る価値のあるドラマだった。
次はシリーズ2を観よう。

 

さて某日、ようやく取れた休日に病院へ。
IMG_7037

数ヶ月前からちょっと気になる症状があったのだが、
なかなか休めず、やっと受診することが出来た。

以前にも同様の症状の経験があり、
こりゃちょっとヤバイかもと、
ある程度の覚悟でCTやらレントゲンやらの検査。

近所の専門病院で有名なところなので
大学病院並みに待ち時間が長い。

ようやく呼ばれて診察室へ。
IMG_7034

困った表情の医師。
やっぱりシリアスな結果だったかと、
一瞬最悪のシナリオが浮かぶ。

「えーと、こちらの写真を見てください」

「は・・はい」

「実は・・」

「なんでしょう・・」

「何ともないのです」

「は?」

「何も無いとは言いませんが、問題ないかと」

「で?」

「うーん。どうしましょう」

「何でもないならいいです、もう」

「とりあえず、半年後にCTとレントゲン撮りましょうか」

「はあ・・」

ということで、追い返された。
まあ、何でもないならそれに越したことはない。

この数ヶ月、気になっていたのは何だったのだろう。
医療ドラマを観すぎた影響だろうか。
病は気からとはよく言ったものだ。
疲れたぜ、フゥ・・。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ファンナイトとか、打ち上げとか。

日本リーグ・決勝トーナメント初日の夜、
Team RECファンミーティングが開催された。

決勝トーナメント1回戦終了後の夜、
Team RECアドバイザーの鈴木貴男プロ、
そして選手たちを交えての食事会。

開催されたのは東京体育館の敷地内にあるグッドモーニングカフェ
DSC_2783
こんな雰囲気の良い店があったのね。

試合後、身体のケアを終えた選手たちも参加。
DSC_2781
賑やかな会になった。

まずは乾杯。
DSC_2794

そして選手たちの挨拶。
DSC_2798

DSC_2800

DSC_2815

鈴木貴男プロのインタビュー&解説で、
今日の試合を振り開けるコーナー。
IMG_6567

DSC_2833

皆で食事と飲み物を楽しみながら、あっという間の2時間。
DSC_2811

最後はプロからのプレゼントグッズの抽選会もあり、
皆さん大満足だったようだ。

こういう機会を持てるのもTeam RECならでは。
来年の日本リーグも決勝トーナメントの進出して、
今度は勝利の夜としてイベントを開催したいな。

皆さん、ご参加ありがとうございました。

 

さて、そんなイベントを終え、
店を出たらお腹が空いていることに気づいた。

ワタクシを含め、レック本社スタッフは
ソフトドリンク1杯のみでイベントを運営をしてたんだっけ。

打ち上げをしましょうと千駄ヶ谷付近を彷徨うも
金曜の夜ってことで、目ぼしい店はどこも満席。

結局、本拠地の代々木駅方面へ。
と、Kさんが半地下の良さげな店を発見。
IMG_6574

なんとか席も確保出来た。
IMG_6570

チーズをつまみにワインで乾杯。
IMG_6571
ふう、やっと落ち着いたぜ。

決勝トーナメントに向けて、ここ最近は本社スタッフも大忙し。
通常業務をこなしながら、あれこれ準備をしてくれた。

試合は残念だったけど、たくさん応援に来てくださったし、
イベントも喜んでいただけて良かったねなんて話しながら、
皆でつくっているTeam REC、日本リーグをあらためて思ったりした。
ホントにお疲れ様でした。

ということで、なかなか良い店を見つけることができた。
また行きましょう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

やっちまったとか、ようやくとか。

週末、有明へ。

駅を降りると、東京マラソンのプレイベントだろうか。
ビッグサイト方面が賑やかだ。
IMG_7041

そんな喧騒を背に有明テニスの森へ。
IMG_7042
しかし年間どれくらいここに来てるだろうか。
近くて良かったといつも思う。

この日はビジネスパル東京大会初日。
とにかく厳しい東京大会。
決勝に出ないと関東大会がないってのは
東京の出場数とレベルを思うに何とかならないのかと思う。

選手も集まり、ミーティングを待つ。

と、メールが入った。
長男の大学受験の最後の発表だ。

慌てて携帯を取り出すと、滑って落ちた。
見事にガラスが割れた。
IMG_7047
受験の結果も滑って落ちてた。
ウマい!(うまくないよ)

液晶割ったのは初めてだ。
iPhone8の発売まで持たせようと、
iPhone7への乗り換えを我慢してたのに。
ああ、ショック。
いや長男の結果にショック受けろよ。

 

さて、そうこうしているうちにミーティング。
IMG_7046

いちおうシードをもらっているので2回戦から。

でもどこも強豪だし、さっそく第1シードがコケてるから
どのラウンドでも油断は出来ない。
実業団は強い選手が入社したら一気に勢力が変わるからね。

ということで、初戦は皆フワフワした感じのプレー。
地に足ついていない感満載ながら、何とか3-0で勝利。
まずいんじゃないの、こんな試合してたら。

少し厳しめの表情をつくり喝を入れる。
最初からいいプレーしようぜ。

2回戦は2面進行。
ビジネスパルは、シングルス1本、ダブルス2本で行われ、
2勝したチームの勝利となる。

シングルスは宮田コーチ。
DSC_4644

これが思わぬ大苦戦。
DSC_4334443
いきなり0-4のビハインド。
必死で巻き返しを図るも、相手も上手いし、
簡単に流れは変わりそうにない。

手前のダブルスは、堀尾コーチ・才門コーチ。
DSC_4593

前の試合を引きずってか、イマイチ調子が出ていない。
すでにワンブレークされて劣勢だし。

こりゃまずい。
最後のダブルスは計算出来るけど、
その前で2敗は何としてでも避けなければ。

なかなか反撃の糸口が見つからないシングルス。
徐々にペースが上がって来たダブルス。
DSC_4697

両睨みの厳しい時間が過ぎる。
そしてシングルスは敗退。
戻しきれなかった。

こうなったらこのダブルスを取るしかない。
DSC_4605
頼むぜ、堀尾。

勝てよ、才門。
DSC_4667

勝負所でようやくブレーク。
DSC_4707
何とか勝った。
これで1-1のタイ。

最後の苅田コーチ・武田コーチに託す。
DSC_4744

DSC_4823

試合序盤から飛ばす二人。
DSC_4777

さすが全国大会メンバーは安定のプレー。
DSC_4540

一気に攻め込み勝利。
DSC_4831
いやぁ、ドキドキしたぜ。

聞いたら、相手チームは東京2部にいるらしい。
そりゃ、強いわ。

ということで、何とか初日はクリア。
DSC_4851

4回戦は今度の土曜日。
同じ有明だ。
仕事柄、メンバーは週替わりになるが、何とか勝ち抜けよう。

ああ、携帯どうする?

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

坂道とか、激戦とか。

休日。(いちおうだけど)
朝も早よから電車を乗り継ぎ、目指すは日吉。

1時間ちょっとで到着。
案外近いな。

改札を出て慶應大学のキャンパスの奥へ。
IMG_5724

いつ来ても素敵なキャンパスだ。
そういえば、14歳児が「大学、慶応もいいな」って言ってた。
「あそこは金持ちばかりだから、学力はともかくウチにはどうかな」
って言っておいた。

なんてことを思い出しながら、さらに奥へ。
IMG_5725
そう、慶応チャレンジャーが開催中。
今日はTeam RECの関口周一プロの予選2回戦なのだ。

さらに奥へ。
そして長い坂を降りる。
IMG_5726
坐骨神経痛なのか、ひどい腰痛を患っているボスは、
「あの坂は無理だ。応援頼む」ってことで欠場。
鍼灸じゃなくて整形外科に行った方がいいですよ。

コートに到着。
IMG_5727
若干息が・・やっぱり無理でしたね。

選手はコートで練習中。
オフィシャルは準備中だ。
IMG_5729
いよいよ数週間に渡る国内大会のシーズンイン。
楽しみな春がやって来た。

 

さて、Team RECの関口周一プロは第1試合にオーダーされた。
DSC_4863

対戦相手は、Jimmy Wang。
DSC_4876
かなりタフな対戦相手。

関口プロのサポートも兼ねて会場に来ていた鈴木貴男プロも
「今年はレベルが高いです」とのこと。
そういえば、前日の関口プロからのメールにも
「なんで予選でこんなレベルなのって感じです」って書いてあった。

試合開始。
DSC_4920

序盤は圧倒的なWang選手ペース。
DSC_4891

DSC_4886

いきなりのサービスダウンから、ラリーの主導権を握られる展開。
DSC_4951

ファーストセットは防戦一方で2-6。
DSC_4976

DSC_5018
いや、こりゃ厳しいわという空気。

そしてセカンドセットもリードされ、嫌な予感が。

が、ここから関口プロ、怒涛のまくり。
DSC_5072

DSC_5118

DSC_5224

DSC_5232

ブレークバックからタイに持ち込み、
勝負はタイブレークに。
DSC_5235
しかしマッチポイントを握られ、崖っぷち。

ところがどっこい、起死回生のショットが決まり、
タイブレークを取って、セットオール。
DSC_5250

DSC_5255

マジか!スゴイぞ周一!(胃が痛い)
DSC_5322

ファイナルセット序盤で仕事の電話。
こんな時に・・・
電話を終えコートに戻ると、関口プロの3-0リード。
DSC_5307

そして、Wang選手のMTO。
DSC_5332
背中を痛めたらしい。

そこからは周一劇場。
一気に攻め込み、6-2でファイナルセットを制した。
DSC_5378

いやぁ、よく勝った。
素晴らしい。
DSC_5396

鈴木プロ曰く、「必死に食らいつけばこんなご褒美もあります」とのこと。
とにかく予選決勝に進出だ。
DSC_5405
本戦に上がって、しっかりポイントを稼ごう。

今日も頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

春とか、メガネとか。

一昨日も強風が吹き荒れた。

気象予報士によれば、春一番、春二番、春三番、
そして春本番だとか。

昨日は雪がチラついたりと
行ったり来たりの天気。

しかし公園はもうこんなだ。
IMG_7032

こちらは近所のホテルの河津桜。
IMG_6964
この辺りで一番早く咲く。
提灯はイマイチだけど。

確実に春は近づいている。

 

さて、春といえば忘れ物だ。(そうか?)

なぜか最近、メガネが無くなっていく。
遠征やら出張が多いのもあるのか、
どこかに行くたびにメガネが壊れたり、無くしたり。

もともと数本を使いまわしてはいるのだが、
さすがに手持ちがあやしくなってきた。
少し前に作ったものは度数も合わなくなってきているしね。

妻からは「首から下げておいたら」と言われたが、
カッコ悪いし、首から何かを下げるのが苦手なのだ。

ということで、メガネ屋へ。

無くしてもダメージが少ないように
メガネはZOFFかJINSで買うことにしている。
今回は一番近いZOFFへ。
IMG_6628

以前のデータつくっても良いのだが、
せっかくなので新たに測定してもらった。
IMG_6629
やっぱり度は進んでいた。
一体どこまで行くのだろう。
若干不安も。

ということで、出来上がり。
IMG_7035
軽くてマスクに干渉しないこと、ソフト素材で折れないこと、
飽きのこないオーソドクスなタイプってことで選んだら、
全然面白くないフレームになってしまった。

まあ、ビジネス用だから面白くなていいか。
それにしても、これで1万円以下。
子供の頃って、確か3〜4万したよね。メガネ。
モノの値段て不思議だ。

今度は無くさないように気をつけよう。
飲んだ帰りも注意だ。
りんかい線の忘れ物保管所にワタクシのメガネ、何本あるんだろう。

カテゴリー: 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サチモスとか、立ち位置とか。

最近のお気に入り。

サチモスの”STAY TUNE”

なんか聞いたことあると思ったら、CMで使ってたのね。
とても良かったので、他の曲も聴いてみたけど、すごく良い。

色んなジャンルのテイストが詰まった、
いい意味で捉えどころがない感じが気に入った。
休日の午後にまったり聴くとか、
夜のドライブのBGMなんかに合うそうだ。
ドライブなんてしないけど。

CD、揃えるかぁ。
久々に良い出会い。

 

さて、しばらく前のこと。
「大いに不満だ」とその人は言う。

久しぶりに一緒に入った新宿のBar。
バーボンを前にして、そんな言葉から話は始まった。

「何がですか?」

「どうしてそんなに後ろへ下がろうとする?」

「前に出ると面倒だからです」

「面倒?」

「目立てば、叩かれたり、引っ張れられたりしますので」

「いいじゃんか。それだけのことやってるんなら」

「地味にいい仕事したいんです。
給料はたくさん欲しいけど、ポジションは要りません」

「それはないな。ポジションと責任と報酬はセットだ」

うーん、今日は退いてくれなさそうだ。

 

「何がそうさせるのだ」

「仕事はちゃんとやります。
与えられたミッションは期待以上の結果を出したい。
それは約束します」

「それは分かる。
あなたがウチに来てから、たくさんのことが変わった」

「でも、そうして頑張ると、ある時点から尻尾を踏まれたりする」

「なんで?」

「そう言うことが面白くない人もいるってことです」

「悪いけどウチは違う。少なくともオレとしてはもっとやれって思うんだけど」

「もちろんやりますけど、目立つのはちょっと。
昨日今日入ったような立場ですし、影からしっかり支えます」

「6年目にもなって何言ってる。のんびりさせる気ないから」

 

どうも、社内的に引き過ぎらしい。
仕事そのものは引いてはいないし、むしろ逆のつもりなのだが、
様々な場面で前に出ようとしないのがよろしくないそうだ。

ハーパー12年のロックをお代わりした。
ボスはソーダ割りを3杯目だ。

 

とにかく余計なことを気にせずに、もっとやれってことらしい。
もちろんワタクシもそのつもりでやってきているし、これからも変わらない。
目立ちたいとか、そういう要素はあまりないってこと。

最終的な評価は周囲が勝手にするものだし、
次代に残るのは人じゃなくて仕事っていうか成果の部分だと思う。

この会社のメンバーに加わる時に言われたこと、ミッションを忘れたことはない。
全てはそこに向かって動いているつもり。

どこに名前が出るとか、自分がどうなるとかは
ひとまず置いておいて動き続けようと、
あらためて心に決めた新宿の夜。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジーンズとか、データとか。

壁面に突き出たヘソ。
IMG_6296

正体はジーンズのリベットのオブジェ。
リーバイスショップの店頭である。
IMG_6295

ワタクシの年代はジーンズといえばリーバイス。
LeeやWranglerもいいけど、やっぱりリーバイスに戻る。

大学生の頃はイタカジが流行って、CLOSEDのPedal Pusherも履いたし、
アルマーニやカルバンクラインのデザイナージーンズも履いた。
ハリウッドランチマーケットのジーンズも良かったし、
バスフィッシングを始めてからは、エビスジーンズも履いた。

でも、今も履いてるのはリーバイス。
お気に入りは503BXXだ。

少しルーズなシルエット、ボタンフライ、隠しリベット、赤耳の
限定生産モデルなので、たぶんもう手に入らないけど、
数本持ってるから一生持つかな。

いい歳こいても履けるのがジーンズ。
そしてリーバイス。
って、勝手に思ってる。

ただしずっと履ける体型維持が前提。
とりあえず20年ものが履けてるワタクシ、エライぞ。

 

さて、先日のラケット選定会の夕方。
こんなマシンが持ち込まれ、測定会が行われた。
IMG_6288
ウイルソンさん所有のトラックマンである。

この機械、飛んでいくボールを追尾し、
軌道やスピード、回転などが細かく分析出来る。
IMG_6289

聞いた話だと、イージス艦に搭載されている
ロケット追尾システムと同じだとか。
軍用といえば、カーナビのGPSもそうだし、
民生機への汎用性も高いのね。

今回の目的は、ストリングのパターンの違いによる、
打球の変化を理解すること。

ナチュラルxポリ・ポリxナチュラル・ナイロンxポリ・ポリxナイロン

上記のパターン違いで打球し、データを採った。
IMG_6292

それぞれのパターンによるボールの打ち出し方向や回転の違い。
スイングスピードの違いによる適正パターンの違いは興味深いものだった。
IMG_6291

プレーヤーのタイプによって合うものは違うってことは
コーチたちも感覚的には理解していたけど、
こうして数値で見せられると、あらためて納得である。
IMG_6290
紙芝居に群がる昭和の子供たち状態のスタッフたち。

きっと、皆様それぞれに適正なアドバイスをしてくれるはず。
ストリングキャンペーン中の今、ぜひご相談ください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。