ノベルティとか、周一クリニックとか。

ユニクロで買い物をしたらくれた。
th_IMG_4292

タンブラーらしい。
th_IMG_4293

ノベルティにしてはしっかりしたつくり。
th_IMG_4294
ただちょっと小さいかな。
結局使ってない・・・。

 

さて、某日、イベントが開催された。

Team RECプロメンバーによるスペシャルクリニックである。

このクリニックはツアーが中止になっている間、
所属のプロ選手達が、いつも応援してくださっているTeam RECの皆さん
(会員の皆様もTeam RECなのね)に
何か出来ないかということではじまったもの。

プロメンバーの心意気がとても伝わってくる、
そしてこんな時でなければ実現しない企画なのだ。

まず最初を飾ったのは関口周一プロ。
IMG_4816
押しも押されぬTeam RECのエースである。

所属してもう何年になるっけ?
最初に会社で会ったのも随分昔な気がするよ。

募集開始からあっという間に満員御礼というさすが関口プロの枠。
ゲットできた方はラッキーでした。

ということでクリニック開始。
IMG_4794

IMG_4795

デモンストレーションから各ショットの説明。
IMG_4801
なんか上手いこと喋ってる。
鈴木貴男プロと一緒にイベントをこなして、鍛えられたと見える。
いいいぞぉ、周一。

ラリーパートでは個別に細かなアドバイス。
IMG_4805
1対1で打ち合って、自分だけのためにアドバイスをもらえる豪華な時間。
ワタクシもこんな丁寧に接してもらったことはありません。
て、当たり前か。

サービス。
IMG_4813
ガン打ちで参加者の皆さんを威嚇しないように。(笑)

身長は高い方ではないが、サービスの威力はすごい。
会った頃から、毎年威力が増している気がする。
これも貴男さん効果なのだろうか。

ということで、あっという間の80分。
最後は記念などをしつつ終了。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
関口プロ、お疲れ様でした。

IMG_4818
そして誰より疲れたのは、一緒に入ってくれたネジメコーチだろう。
レッスンが終わって自分のデスクに戻った時には
あしたのジョーみたいに灰になってた。
お疲れさま!

あ、そうそう、コート後ろでレッスンを見ていたら、
お客様から「今度は部長さんのレッスン受けてみたいです」と言われた。
ありがたいような、困ったような。
プロクリニックよりも希少なパターンだと思います、はい。

ちなみに、ここからは、守谷総一郎プロ、正林知大プロが続く。
それぞれに複数回組んでいるのでお楽しみに!
あ、もう満員なのか。

実はもうひとり「ボクもやります!」を手を挙げてくれた選手が。
お待たせしました!
鈴木貴男プロクリニックもご用意しました。
詳しくは、レックインドアテニススクール上石神井の案内を見てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

野菜とか、発表! HEAD ニューEXTREME!とか。

おつかれの一杯。
th_IMG_4635
野菜スティックを買ってみた。
健康にいいかもというささやかな抵抗。
意味ないな。

 

さて、巷で話題のHEADブラックコスメラケット。
th_IMG_4508
このモデルの情報がいよいよ解禁になった。

ということで、ジャジャーン!

HEAD EXTREME新シリーズ発表!

th_スクリーンショット 2020-07-12 13.05.41
あれはエクストリームだったのね。

ということで、ラインナップ。

 

Graphene360+ EXTREME TOUR
th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:305g
■バランス:315mm
■ラケット厚:22-23-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(高密度)
■グリップサイズ:G2,3,4
■価格:34,000円

ブラックコスメモデルの正体はまさにこれ。
フレームの薄さからは想像できないほどに扱いやすい。
th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_6

th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_5

th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_4

ワタクシ的にツアーシリーズで使いたいというか、
「使える!」と思ったのは久しぶり。
ツアーモデルが手元に降りてきてくれた感じの1本。
お気に入りっす。

 

Graphene360+ EXTREME MP
th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■バランス:325mm
■ラケット厚:23-26-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G2,3
■価格:33,000円

エクストリームシリーズの旗艦モデル。
セールス的にはこのMPが中心になると思われる。
th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_7

th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_6

事前試打会でいちばん気に入ったのはこのMP。
とにかく扱いやすくバランスも良い。
かなり広いユーザ層にマッチすると思われる。

 

Graphene360+ EXTREME MP LITE
th_235330_Graphene_360_Extreme_MP_LITE_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:285g
■バランス:325mm
■ラケット厚:22-23-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:32,000円

MPと同じフレームの軽量モデル。
最近のHEADさんの戦略ではこのセッティングが多い。

実際、MPと同じフィーリングで軽量なら女性層にもマッチするし、
ジュニアプレーヤーにもいいと思う。

打球感は若干乾いた感じかもしれないが、
食いつき感はしっかりあるので、
エクストリームフィーリングはしっかりある。

 

Graphene360+ EXTREME S
th_235340_Graphene_360_Extreme_S_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:105平方インチ
■ウエイト:275g
■バランス:340mm
■ラケット厚:23-26-22mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:32,000円

MPより若干フェイスサイズが大きく、軽いのがS。
プレステージもそうだが、Sモデルは対象層を劇的に広げたと思う。
今回のSは新しいモールド(型)での新登場。

飛びも良いけど、食いつきも良いという良いとこ取りのマルチパーパスモデル。
ダブルス中心も女性プレーヤーにオススメかな。

 

Graphene360+ EXTREME PWR
th_235360_Graphene_360_Extreme_PWR_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:115平方インチ
■ウエイト:230g
■バランス:375mm
■ラケット厚:29mm
■ラケット長:27.7inch
■ストリングパターン:16/19(FAN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:37,000円

シリーズ中、ちょっと毛色が違うのが、このPWR(パワー)モデル。
ビッグフェイス&ファットフレームで、楽チンテニスを実現している。
さすがにワタクシはチョイスしないが、シニア層にオススメの1本。
かなり飛びが良いうえに、粘りもあるってのはそうそうないと思う。

 

そんなわけで、ブラックコスメモデルの真相が明らかになった。
実はエクストリームは、これまでワタクシ使用モデルにしたことはない。
まあ、ワタクシが選ぶかどうかはどうでもいいんだけど、
そんなワタクシ目からウロコの食いつき感は、これぞエクストリーム!という感じだった。
th_IMG_4311

とにかく安心感いっぱい。
打てば入るラケットという感じニューエクストリーム。
ぜひお試しいただきたい。

もちろん、レックテニススクールのラケットキャンペーンにも登場予定。
お楽しみに!

#HEADTENNIS #全身スピン #おちるはねるまがる #いつもより多く回しております #TeamREC

カテゴリー: Team REC, インターネット, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

黒カレーとか、Classicとか。

カレーが好きだ。年間360食でも大丈夫。(わかったって!)
th_IMG_4602
某所での黒カレー。
名前に地名が入っていたので、そこは割愛。
もう少し辛くてもいいかな。
また行ってみようっと。

 

さて、某日。
近所のアウトレットへ。

コロナ休業でどこのブランドも在庫過多なのだろうか。
なんだか、投売り状態の店も多いぞ。

アディダス&リーボックショップへ。

アディダスにはめぼしいものはなかったけど、
久しぶりのリーボッックは・・・。

なんか懐かしい。
th_IMG_4613
クラシックデザインに往年のリーボックロゴ。
80年代、こぞって履いてたよね。
もちろん、ワタクシも「流行りものには乗っておけ」という
亡くなったジイちゃんの遺言にしたがって、ハイカットなんぞを履いてた。

で、ちょうど80年代っぽいスニーカーが欲しかったので、
超お得価格でスニーカーをゲット。
th_IMG_4622

これぞリーボックの王道モデル、CLASSIC。
th_IMG_4623
懐かしさ満点。

いいわぁ。
th_IMG_4625

th_IMG_4626

th_IMG_4627

80年代の代々木公園やら原宿やら渋谷には、このロゴが溢れてた。
th_IMG_4628

th_IMG_4629

当時はまあまあ高かったよね。
今回はいくらだっけ。
とにかく激安だった。
ああ、良い買い物したぜ。

今年の夏は、これ履いて、短パン履いて、Tシャツかアロハだな。
いいだろ?Cocoさん。
th_IMG_4631
興味ないですか。
ああ、そうですか。

カテゴリー: シューズ, スポーツグッズ, , 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テニスコートとか、アイビーとか。

休日のランニング。
IMG_3908
近所のスポーツ公園へ。

ここは野球場も兼ねた多目的グランド、
バスケットボールコート、そしてテニスコートがある。
IMG_3909

テニスコート入り口のボードは、4月で止まっていた。
IMG_3910
もう再開してるのかな。
またスポーツが楽しめる日常になってほしい。
テニスは安全でしょ。

 

さて、ブルックスブラザーズが破綻したってよってニュースが流れてきた。

けっこうなショックを受けた。

ブルックスブラザーズといえば、アイビー御用達の筆頭ブランド。
ボタンダウンシャツ、ブレザーとアイビー定番アイテムは
「ブルックスブラザーズでとどめをさす」的な表現が
雑誌メンズクラブの定型文だったほど。(ホントか?)

小学校の頃からアイビー少年だったワタクシ。
ジーンズも履いたが、コットンパンツにボタンダウンシャツ、
ブレザーにローファーなんて格好もしていた。

そうそう、昔はコットンパンツって言ってた。
今はチノパンていうけどね。

ちなみに、カトパン(加藤綾子)も好きです。
何年か前のジャパンオープンのロイヤルボックスで
至近距離で見たけど、メッチャかわいかった。
メッチャ話が逸れた。

で、アイビーである。

田舎の小学生ながら、ファッションに目覚めたワタクシ。
県庁所在地とはいえ東北の片田舎の福島市じゃ、
思ったような洋服は売っていない。

そこで東北一の都市、仙台に遠征である。
当時は新幹線なんて未来の乗り物は無かったから、
在来線に揺られて、はるばる仙台に旅行である。

で、向かうのはデパートの中に入っていたVAN JACKET。
当時の日本の若者にとっては、アイビーといえばVAN。
VAN無くしては日本のアイビーは語れないというほどに
一世を風靡したブランドである。

そこで、なんとか貯めたお小遣いを、ボタンダウンのシャツや
コットンパンツ(あ、当時は「コッパン」って言ってた)を買うのだ。

そして、必ず買うのがこれ。
IMG_0276
ステッカーね。

このタイプがVANの代表的なステッカー。
「FOR THE ACTUVE MAN AND THE MAN OF GOOD TASTE」
ってキャチフレーズがカッコよかった。

ワタクシ、このステッカー、中学校の通学カバンに貼ってた。
中学のカバンは、愛と誠の漫画に出てくる高校生が持つような革カバンじゃなくて、
金八先生の中学みたいな肩掛けの布カバンだったけど。
今考えるとかなりダサいな。

あとこのタイプ。
IMG_0277

これもカッコよかったなぁ。
ああ、懐かしい。
今もこれ、きれいな状態であるけど、もったいなくてどこにも貼れない。

あの頃って、VANで買い物をした時の紙袋すらオシャレだった。
大事に大事にシワにならないように、紙袋をバッグ替わりに使ってた。

こんなテープすらカッコよかったもんね。
IMG_0275

大学生になって東京(正確には千葉)に出てきて、
田中康夫の「なんとなくクリスタル」がベストセラーになって、
VANよりもブルックスブラザースとか、リーガルよりもコールハーンとか、
VANのスイングトップよりも、バラクーダのG9ジャケットとか、
色んなことを知ったけど、やっぱりアイビーテイストは今も好きだ。

その頃みたいに、皆んなが右向け右で、同じファッションをする時代じゃないから
アパレルも生き残りが難しいんだろうけど、アイビーってのはそれでも永遠って思ってた。

ブルックスブラザースの倒産はなんともショックなニュースだった。
同社の日本法人のリリースによると、本国は倒産したけど、
日本はそのままみたいなことだった。

どんな仕組みなのかよくわからないけど、
完全にブランドがなくなるわけじゃないのね。
よかった。

アイビーよ、永遠なれ!・・・だな。

カテゴリー: スポーツ, テニス, ランニング, , 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画公開とか、HEADブラックコスメ試打とか。

関口周一プロの、HEADブラックコスメラケットのインプレ。
th_IMG_4789

SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNELで公開になった。

忖度なしでのインプレってことだが、なかなかいいところ突いてたと思う。
さすがプロ・・・って、当たり前か。

ちなみに球出しで出演しているのはワタクシなのだが、
あまりに小さくて、なんだか分からない。(笑)
協力者とかでテロップ出してれないかな。

 

さて、そんなわけで、巷で噂のHEADブラックコスメラケット。
th_IMG_4511

関口周一プロが相手という豪華なんだか、
地獄なんだかわらない状態であらためて試打をした。

たぶん、まだ細かいこと言っちゃいけないんだと思うので、
画像も大雑把なものだけにしておくが、なかなか良いのは間違いない。
th_IMG_4508

フォルム的にはまあまあシャープでツアー系っぽい。
ラジカルっぽくも見えるし、スピードみたいな気もする。

で、実際に打ってみると、その系譜のどちらでもない感じ。

とにかく、球持ちっていうか、食いつき感ていうか、粘りがすごい。
フェイスがしっかりとボールを食ってくれて、飛び出す感じ。

表現的には「柔かい」とも言えるのかな。
ボールがフェイスにめり込む感じもある。

WilsonのCLASHを初めて打った時もこんな感じだったかな。
でも、CLASHはフレームのしなりが食いつき感になってたけど、
このブラックコスメはフレーム剛性は高め、フェイスがくわえる感じ。
CLASHとはちょっと違うかな。

なんだろう。
ストリングパターンなのだろうか。
グロメットなのだろうか。
フェイスのボールの捉え方がこれまでのどれとも違うような。

そんな食いつき感のおかげで、安心感は非常に高い。
当然、スピンもよく掛かるので、振れば振るほど入る感じ。
飛び出し感は少し鈍いかもしれないが、
ことスピン、そしてコントロール的には高次元の安定性を持っていると思う。

関口プロの試打でも、プレステージの弾き感とは違って、
ブラックコスメは一瞬遅れてボールが出てくる感じ。
そしてトップスピンの落ち方が明確に大きい。

実際、ワタクシも関口プロパーソナルのプレステージと打ち比べたが、
ボールの飛び出し感はプレステージ、スピンと安定性はブラックコスメという感じだった。

このラケット、フレームの薄さからは想像つかないくらい扱いやすい。
どんなモデルで出てくるのかはまだヒミツだが、
ワタクシもじゅうぶん使いたくなる1本であることは間違いない。

HEADのK林さんによれば、「もう数日で情報を解禁します」ってことなので、
気になっている皆さん、あちこちにアンテナ張っておいてください。
お楽しみに!

#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております
#HEADTENNIS
#TeamREC

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エコ?とか、荒んでる?とか。

ペーパーレス推進派である。

Zoom会議でもペーパーレスを実践。
th_IMG_4759
が、資料を見ながら話すためにノートPCが2台要る。
これって効率良いっていうのか?

 

さて、また東京の感染者数が増加している。

何ヶ月ぶりの100人超えから、あっという間に200人を超える
記録更新をしてしまった。

感染者数と検査数、そして陽性率と多面的な分析が必要だと思うのだが、
どうしても感染数ばかりがクローズアップされるので、非常事態感が強まっている。

メーカーさんもまだテレワーク体制のところが多い。
この状況でそれはまだ延びそうな気もする。

また、あのガラガラの通勤電車にもどるのだろうか。
最近、少し混んできたなと思っていたら、昨日はまたガラガラだった。
会社から在宅指示が出た人が多いのだろうか。
また不穏な空気が流れ始めた。
まあ、電車が空いてるのは有難いんだけど。

 

新宿駅の「ぶつかり男」ってのがSNSに流れた。

人混みを歩いていて、女性にぶつかって歩く男の姿。
SNSで見たけど、若い女性ばかりを狙って、明らかにわざとぶつかっている。

何してんだ?こいつ。
自分より力のなさそうな相手を選んで、ぶつかって回る。
とても気分が悪くなった。
どんだけ心が荒んでいるのだろう。

 

実際、都心の駅では嫌な思いをすることも多い。

先日は、高田馬場駅で山手線に乗ろうと、ホームへの階段を上っていたら、
中年男性がすれ違いざまに幅寄せしてきて、
わざとヒザを出してきて、ワタクシの太ももを膝蹴りした。

どう考えても意図的だったので、「おい!」と大きな声を出したら
一瞬立ち止まりこっちを振り向いた。
そしてあっという間に改札方面に逃げた。

時間がなかったので、追いかけることはしなかったけど、
逃げるくらいなら、そんなことするなよと思った。
しばらく気分が悪かったぞ。

一昨日は新木場駅のホームのベンチに座っていたら、
通りすがりのサラリーマンが、ワタクシの膝にドカッとカバンをぶつけて通り過ぎた。
おそらくわざとである。
「ぶつかってしまった」のなら、ふつうは謝るなり、最低でも会釈くらいはするだろう。
あそこまでぶつけておいて、無視していってしまうのは、意図的に他ならない。

なんだか、そういう輩が多い気がする。
混んでる駅の乗り換え、階段でも押したりぶつかったり、
それもわざとって感じのが少なくない。

みんな、どれだけイライラしてるのか?
そんなことして気が晴れるのか?
電車でイライラするならタクシーに乗るか、ハイヤー雇えよ。

余計なことで神経がすり減っていく。
どうして、「おたがいさま」って思えないのかな。
こんな日本でいいのか。

はあ、今日も通勤と移動で神経がすり減ったぜ。
気持ちの持ちようで、もっと幸せになれると思うよ。

カテゴリー: PC, インターネット, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

直った?とか、久々とか。

某日、5時過ぎに家を出て東北自動車道を北へ。
th_IMG_4636
相変わらず調子の悪いままのランクルくんなのだが、
なぜかこの日は症状が出ず。

もしかして、直った?
クルマって自然治癒力あるの?(ないよ)

 

さて、東北自動車道を北上し、着いた先はここ。
th_IMG_4638
栃木県は、プレステージカントリークラブ。

なんかすごい門構えだな。
メッチャ豪華。

クラブハウスから駐車場にクルマを入れると
カートで迎えに来てくれるのも高級クラブ感満載。
ちょっと電話したかったので、丁重にお断りしたけど。

クラブハウスの中も豪華。
th_IMG_4639
宝塚みたいだ。(乏しい知識からのイメージ)

ということで、小雨降る中、練習開始。
th_IMG_4642
こんなワタクシでもいちおう練習はする。
なぜかっていうと、前回のラウンド以来、一度もクラブを握っていないから。
少しはやる気出せよって気もするけど。

しかしきれいなコースだなぁ。
th_IMG_4641

今回は、GODAIさんとご一緒させていただいた。

もともとGODAIさんとは日本プロテニス協会絡みでお付き合いは長い。
司令塔のヨシダさんはプロテストの委員長なので、
プロテストでご一緒させていただくことが多いのだが、
ゴルフをご一緒するのは今回が初めてか、
数十年前にプロテニス協会の地区会関係でご一緒した以来。
(全然覚えてない)

今回、Team RECがゴールデンキッズを導入するのを機に、
一度一緒にラウンドをということになったのだ。

あいにくの天気ではあったけど、大雨ではなく、
レインウェアを着たり脱いだり程度のコンディション。

まあ、雨だろうが、特に何も変わらず、低空飛行なのがワタクシ。
なんてことはない。

ヨシダさん。
th_IMG_4646
ここのメンバーさんなんだそう。
ああ、それでこのコースだったんですね。

さすがホームコースってこともあるんだろうけど、
安定のショット&スコア。
さすがです。

ゴールデンキッズの創始者、タカシマさん。
th_IMG_4665
十種競技のトップランカーだっただけあって、運動能力は半端ない。
メッチャ飛ばしてた。
アスリート感がすごい。

で、ボス。
th_IMG_4647
安定のプレーは年の功か。
ラウンド数がちがうもんね。

グリーンは難しかったけど、楽しくプレーできた。
th_IMG_4655

ショートコースのティーグラウンドには
必ずティーがあったりと、親切設定。
th_IMG_4644
少し余計にもらってきた。
しばらくショートティには困らないな。

スコアはいつも通り。
やっぱり安定してる。
やってもやらなくても変わらないのがワタクシのすごいところ。

th_IMG_4668
楽しくラウンドできた。

ゴルフって楽しいね。
たぶん練習はしないけど。

ってことで、新たな取り組みのゴールデンキッズ
あらためて頑張ろうと思った。

皆さんに喜んでいただけるプログラムと確信している。
ぜひ、お子様の能力開発にどうぞ!

カテゴリー: Team REC, クルマ, ゴルフ, テニス, トレーニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

卓球とか、関口プロとラリーとか。

スポーツショップを視察に。

卓球も球出しマシンあるのね。
th_IMG_4204

ラケット、いくらくらいするんだろう。
th_IMG_4205
2万円オーバー!高いのね。
しかも、カーボンが入ってるって。

知らなかった。
時代は進んでいる。

卓球クラス、開講したいんだよね。
もっと勉強しなきゃ。

 

 

さて、そんなわけで、Team RECの関口周一プロ。

テニス365ネットのワッキーテニスチャンネルの収録をサクッと終え、
自らのYOTUBE CHANNEL「SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL
のHEADブラックコスメモデルのインプレ撮影も順調(そうか?)に終わった。

「おつかれ!」

「ありがとうございました」

「ところで、オレもう1回このブラックコスメ打ちたいんだよね」

「そんなに打っていないんですか」

「うん。ということで、テニスするか!周一くん」

「いいっすよ」

 

実は関口プロとはほとんどラリーをしたことがない。
もしかしたら一度も無いかも。

だいたい関口プロと一緒にいるのはツアー会場か日本リーグ。

試合前の選手はルーティンも持っているし、場合によってはピリピリしている。
関口プロは試合に向けて集中していくと、近寄りがたい空気も発するタイプ。
そういう時は無理に話しかけずに放っておくことにしている。

練習も空き間もないことはないが、
さすがに真剣勝負の場所で「ちょっと打つか」と言えない。

あ、でも何故か竹島プロには「駿朗、ちょっと打ってあげようか」とは言う。
駿朗も「お願いします!鍛えてください」とか合わせてくれるし。(笑)
キャラクターによるってことか。

ただ、駿朗のワタクシと打つときの手抜き感は半端ない。
この辺の演技力はまだまだだなと思う。(必要か?)
斉藤貴史プロはワタクシと打っても一所懸命感出してくれるんだけどな。

 

そんなわけで、関口プロとは初対戦。

ワタクシがブラックコスメ、関口プロは自分のプレステージでラリー開始。

もちろん、関口プロはフルパワーでは打っていないが、
やたらとボールが伸びてくる。
必死で返すも、かなり重い感触。

ただでさえ、食いつきのあるブラックコスメモデルが
さらに食いつく感じが強調されている気がするが、
飛びは悪くないのが救いって感じ。
流して返せるボールがほとんどないってツライね。

そして時おり見せるハードヒット。
クロスコートのコーナーギリギリに直線的で
恐ろしく速いボールが突き刺さる。
まあ、こういうボールは無視するので問題ないんだけど。(苦笑)

しばらく打ち合ったら、もう汗だく。
いやいや、プロとのラリーを堪能させてもらった。

th_IMG_4789

「ラストね〜。周一、ありがとう」と言ったら、
黙って自分のプレステージを差し出し、
ワタクシの持っていたブラックコスメを奪い取る。

もしかして、交換してまた打とうってこと?
しかも、周一パーソナルのプレステージ使えってか?

そんなわけで後半戦。
そろそろ倒れていいっすか?

もうお腹いっぱい。
楽しいような地獄のような、夢のような時間を過ごさせてもらった。
息も絶え絶えに、ラケットの感想などを話し合う。
th_IMG_4790
関口プロ的には食いつきが良すぎるようだ。
やっぱりまだプレステージがいいなってことだった。

うん、周一パーソナル、けっこう打ちやすいよね。
冗談抜きで、そんなに扱いにくいセッティングじゃないんだよね。

ワタクシ的には、食いつきとスピンのブラックコスメはけっこう気に入った。
フレームが薄めなわりにはソフトだし、使いやすいと思う。
正規版の発表、発売が楽しみだ。

 

ちなみにその日夜から身体のあちこちがギシギシと痛かった。
次の日の通勤は電車で座ってても腰が痛くて・・もう。
それだけプロはすごいってことね。

関口プロ、またお願いします。
今度は試合をしよう。(無謀)

#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております
#HEADTENNIS
#TeamREC

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

体操とか、ゴルフグッズとか。

休日、海沿いを朝ラン。

ご夫婦なのか。
ラジオ体操してた。
th_IMG_4606
なんとなくほのぼの。
いいね。

 

さて、そんな休日。
あれこれ仕事を片付けて、ランニング。
帰ってきてシャワーを浴びて、またiMacに向かった。

Googleカレンダーで次週の予定を確認したら・・・
あ、明日ゴルフだった。(汗)

えーと、クラブあったっけ。(あるよ)
ボールは?(たぶんない)
ティーもなかったような。
グローブは?(前回のラウンドでボロボロだったような)

こりゃまずい。
練習はいいとしして(よくないよ)、道具がないのはまずい。

そういえば近所に二木ゴルフがあったっけ。
th_IMG_4607
自転車を走らせる。
こういところ、自転車で来る人少ないっぽい。

 

ゴルフショップも感染症対策で少し様子が違っていた。

まずグローブのサイズ合わせのサンプルがなくなっていた。
そりゃそうなんだけど、自分のサイズなんて知らないよね、普通。

何センチって書いてあっても全然わからない。
どうしよう。

セール品のワゴンにノンパッケージのグローブがあったので、
いくつかはめてみた。
よくわかないけど、少しキツめのを選ぶ。
たぶん、使ってると伸びるよね。
th_IMG_4611

ティーは・・・と。
どんな長さ使ってたか忘れてる。
ちょっと高めくらい?
th_IMG_4610
マグネットで上半分がはずれるヤツを初めて買ってみた。

ボールは・・と。
黄色だったら、なんでもいいや。
th_IMG_4609
もちろん、ユーズドね。

ということで、明日のラウンドはこれでカンペキ。
th_IMG_4608
って、どんだけいい加減なんだ。

テニスグッズに比べるとかなり適当だな。
申し訳ない。

まあでも、久しぶりに自転車に乗ってあげられてよかった。
って、そっちかいっ!

カテゴリー: ゴルフ, ランニング, 自転車, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イヤホンとか、Zoomとか、

Bluetoothイヤホンが耳から外れて落ちた。
パカっと割れたというか、カバーが外れてしまった。
th_IMG_2591
ふーん、こんな作りなのね。
バネが昭和のオモチャ感も。

もうダメかなと思いながら、パチッとはめてみたら
何事もなかったかのように使えた。
これも昭和のオモチャっぽい。

 

さて、Zoomで社内会議。
th_IMG_3912
はじめてのトライだったけど、分かりやすいし良かったんじゃないかな。

今は皆、自宅にWiFiが飛んでるので
通信環境に問題があるスタッフはいなかったし、
集まるためのコストは時間もお金もバカにならないから、
対面とうまく使え分ければアリだな。

もちろん、オンコート研修とかその場に集まらないといけない時はあるけど、
通達や意見交換ならこれでじゅうぶんかなと思った。

白熱して互いに意見をかぶせてとなると混乱しそうだけど、
ファシリテーターがちゃんと仕切れば問題ないと思う。

ここしばらくは業界団体の会議もZoom。

大御所メンバーばかりで、ワタクシほとんど発言しなかったけど。
カメラの前に写真パネル置いといてもわかんないんじゃないだろうか。

これなら会社に行く必要もないなぁ。
むしろ同じ事務所で複数名が参加してる方が
ハウリングやらで混乱しそうだ。
(だからヘッドセットは必須ね)

思ったほどマイナスもないし、いいんじゃないかな。
上だけちゃんとしたシャツ着てればOKだし。

あ、あとは飲みたい人たちの対応くらいか。
皆で乾杯してのTeam RECだったりするからね。

でも、「じゃあ、夜は新宿に集合!」とかはナシで!(笑)

いいよ!Zoom.

カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。