カテゴリー別アーカイブ: カメラ

準備とか、卒業とか。

いよいよ明日からフランス。
なのになんの準備もしていない。
こう見えて忙しいのよ。

とりあえず持って行っていいものを調べた。
どうやら一眼レフと望遠レンズは持ち込み禁止らしい。
昔は大丈夫だったけど、変わったのね。

実はカメラがいちばんの大荷物で、
機材次第でどんなパッキングをするかが決まるのだが、
持ち込めないとなれば、それはそれで割り切れる。

ということで、レックインドア上石神井からデジカメを借りた。
IMG_5174
小っさい!
バックパックでひいひい言いながら
望遠レンズ持ち歩くのとは大違い。
荷物も劇的に減った。

本当は一眼レフでバシバシ撮りたいけど、
まあ、身軽になったってことで。

あとは、ノートPCとクレジットカードでなんとかなるよね。
(ならないよっ!)

 

さて、斉藤貴史である。
27655441_1920636738266719_3595782043015623752_n

ガッツ溢れるプレーはTeam RECスタッフ、ファンの皆さんからも大人気。
DSC_2457

他のメンバー同様、背中のTeam RECがとても似合う男だ。
DSC_6211
実はその斉藤貴史プロが5月末をもってTeam RECを卒業する。
6月から新しい所属先でプロ活動をするのだ。

ワタクシたちTeam RECの選手サポートの主義主張は、
若手選手のステップアップに力を貸そうというもの。

ランキングが上がり、もっと良いスポンサーがつけば
それを受け、さらに良いプロ活動をすれば良いと思っている。
それがプロだから、引き止めることはしない。

菊池玄吾プロもそうだったし、それは喜ぶべきこと。
ステップを踏んでもっともっと大きくなって欲しいと思う。

斉藤プロ、いや貴史も一緒だ。
そして貴史は貴史なりに悩んだ。
Team RECを好きでいてくれるからこそ悩んだ。

FUTURESの会場でボスとワタクシに言いづらそうに
しかししっかり自分の意思と覚悟を持ってそれを話してくれた。
そしてワタクシたちTeam RECは、
「よかったじゃないか。受けるべきだ。頑張れ!」と言った。

貴史はいいヤツだ。
最初に会社に来た時、挨拶をした瞬間にそう思った。
そしてそれは当たっていた。

契約を結んだ途端に手首の手術をすることになり戦線離脱。
「いいよいいよ、とにかくしっかり治そう」と言ったが、
所属はしたものの1年間は試合をすることはなかった。

そして完治しかけた頃に「引退します」と突然の告白。
泣きながらそういう貴史に、
「まずオレたちに試合を見せてからだろ。地元に帰ってよく考えろ」
といったん帰らせた。

1ヶ月後、もう一度ツアーに戻ることを決めて
「もう一度やります。契約をお願いします」と涙。
そんなの最初からそのつもりだったけどね。

そしてツアー復帰、着々とランキングも上がって来た。

一本気で真面目で熱くて・・まあとにかくそういう男だ。
だからTeam RECを卒業してもみんなで応援する。
玄吾も貴史も縁が切れるんじゃなくて、Team RECのOBってことだ。

みんながんばれ!
どこで戦っていても、皆んなで応援するよ。
日本リーグであたったら敵だけど。(笑)

そんな貴史が挨拶に来てくれた。
IMG_5240

会議で集まっていた社員たちに涙の挨拶。
これはお宝映像なので非公開。

別撮りした挨拶がこちら。

 

パッチはついてないけど、
Team RECを忘れないでくれればそれでいい。

IMG_5242

とにかくがんばれ!
卒業おめでとう。
そしてありがとう!

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カメラとか、レンズとか。

ウェアラブルカメラなんだそうだ。
IMG_3076
GOPROみたいなものかな。

防塵性とか耐衝撃性とかはわかるけど、
こんなゴツいの身体につけたら痛くてしょうがないんじゃないの。
IMG_3075
CASIOさん、G-SHOCKの成功体験に引きずられすぎじゃない?

 

さて、カメラといえば壊れたレンズ。

ビジネスパルの初日には間に合わなかったが、
某日、ようやく届いた。

IMG_3430

事前に故障の症状とどこを直したかのメールが来るのは親切。
なんとなくモノづくりメーカーの姿勢を感じたりした。

新規購入品ではないが、なんとなくワクワクしながら開封。
IMG_3431

おかえり!
IMG_3432

実はレンズフードが緩んできて、
そろそろ交換かなと思いつつ、あえて取り外して送ってみた。
新しいものをつけてくれるかもと期待していたのだが、それはなかった。
IMG_3433
誰かのブログで、「レンズブードまでいただきました」
と書いてあったんだけどなぁ、残念。

請求書を見ると、オートフォーカスのファームウェアの
バージョンアップもしてくれたらしい。
IMG_3434
ありがとうございます。

早速装着。
試しに撮影してみた。

若干フォーカスの感触が変わった。
以前は、「カリカリ、ピタ」という感じだったのだが、
「ニュルニュル、ピタ」という感じに変わった。

モーター駆動がAi駆動になったみたいな。
そんなわけないけど。

多少お金はかかったけど、これでしばらくは大丈夫かな。
機械は故障がつきものだけど、カメラ系は何かと高いのでもう壊れないで欲しい。

カテゴリー: カメラ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、レンズとか。

日本リーグ・ダイジェスト動画完成した。

何かと思い出すこともあったり。
選手たちは今週からジャパンフューチャーズ。
切り替えて頑張れ!

ワタクシも今日はお休みなので、
亜細亜フューチャーズに行く予定。
何かと忙しい春先である。

 

さて結局、壊れたレンズの修理はビジネスパル初日に間に合わず。

仕方がないので、昔買った望遠レンズを持ち出した。
IMG_3381
300mm望遠。
カメラを始めて4年後くらいに買ったものだろうか。

無いよりマシかってことで使ってみたが、
久しぶりに使ってみてビックリ。

結構伝えるじゃん・・・の正反対。
全然ダメだった。

ピントが全然追いつかない。
というより、うんともすんとも言わない。
成功率50%くらいじゃないだろうか。
IMG_3382

晴天の野外でこれだから、
室内じゃまったく使い物にならないだろう。

うーん、こんなに違うのか。
やっぱりそれなりの値段の意味はあるのね。

キタザワ師匠の「レンズでフォーカスの速さ全然違うよ」
との言葉がよく分かった。

おかげで撮影数は激減。(苦笑)
まあ、しょうがないか。

それにしても昔はよくこれで撮ってたな。
子供の写真とかボートの写真ばかりで、
テニスはあまり撮ってなかったのかな。

何にしても、修理に出して正解だ。
ところでいつ届くのだ?

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仲間とか、修理とか。

japan4

テニス日本リーグ4位でフィニッシュしました。
応援ありがとうございました。

 

しばらく前のこと。
釣り仲間で新年会をした。

昔は毎晩ファミレスでウダウダと釣りの話をしたり、
誰かの家に行って、釣り具をいじりながらゴロゴロしてたが、
皆家庭を持ち、仕事も忙しくて、そんなこともなくなった。

って言っても、あの頃20代だったしね。
いちばん年上のワタクシでも30歳ちょっとだった。
この歳になってそんなだったら怖いよね。

このメンバーで集まるのも年に1回くらい。
IMG_2064
それぞれに釣りはしているみたいだけど、
海釣りに転向したり、レンタルボートでのダム湖だったりと、
印旛沼にバスボート置いてってのはワタクシだけになった。

なのにいちばん釣りをしていないのはワタクシである。
今年は釣りをしよう。
みんな、一緒にボートに乗っておくれ。
疲れるから、操船を交代しながら釣ろうよ。
(ジジイだなぁ)

 

さて、壊れたカメラのレンズ。
IMG_3074

もう見切りをつけて買い換えるか、修理に出すか。
はたまたこのレンズなしで行くか、あれこれ悩む。

とはいえ、この望遠レンズはテニス撮影のあらゆる場面に持っていく外せないもの。
一番出番の多いレンズだから、無しの選択はない。
それだけ使っているから故障もするってことなんだろうし。

結局、修理に出すことに決めた。
修理代がとても高かったら、また考えようってことで。

SIGMAのサポートセンターを検索、福島は会津に送るらしい。
レンズだからちゃんと梱包しないと・・・

いい感じの日本酒の箱があった。
IMG_3190
梱包〜送り出し。

数日して、SIGMAからメール。
「フォーカス切り替えスイッチの不良。有償修理だけどやる?」
とのこと。

SIGMAのサポートは、「〜円以上掛かるなら修理前に教えて」
と記載するとこうして連絡をくれるのだ。

お金は掛かるが、買うよりは安いので頼むことに。

2週間くらい掛かるらしいが、
それだとビジネスパル東京予選には間に合わない。

「仕事で使うのでなるべく早くお願い」と返信。
「来週までに」とは書かなかったが、早いとありがたい。

しかしカメラとかレンズの故障はホントに困る。
人間なら自然治癒もあるけど、機械は勝手に治らないし。

 

ちなみに撮影機材は会社の備品と私物が混在しているのだが、
このレンズは私物。
つまり修理は自腹ってことだ。

いっそ会社備品として新しいレンズの購入を申請してみようかとも思ったが、
それはつまり自分のレンズが無くなるということ。
担当や環境が変われば備品は会社に戻すわけで、その後が困る。
9割方、仕事でしか使わないとはいえ、やっぱり修理が正解だ。

結局ビジネスパルの初日には間に合わなかった。
早く元気になって戻ってきてほしい。
待ってるぞ〜。

カテゴリー: カメラ, テニス, 仕事, 仲間, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

限定とか、故障とか。

japan4

テニス日本リーグ4位でフィニッシュしました。
応援ありがとうございました!

 

買ってみた。
IMG_2973
ビールって季節企画もの多いよね。

香りとコクがあるらしい。
IMG_2974
季節ものってだいたいこういう方向性。

美味しいけど、特徴ありすぎかなぁ。
いつもの発泡酒で大丈夫です、ワタクシ。

 

さて、日本リーグ決勝トーナメント初日。
伊予銀行さんとの対戦中にカメラの具合が悪くなった。

ピントが合わないのだ。
ファインダー越しの画像がぼんやりしたまま
一向に鮮明にならず、写真が撮れない。

試しにシャッターを切るも、見たままのピンボケ写真。
望遠だからピンボケというよりも、何がなんだかわからない状態。

マニュアルフォーカスモードにして
手動でピントを合わせることは可能だが、
テニスの不規則な動きを手動で追うことは不可能。
これでは写真は撮れない。

慌てて検索して対処法を探すも、よくわからない。

勝手に師匠と呼んでいるプロカメラマンの北澤さんに見せると、
「うーん、レンズの故障かなぁ。修理に出すか、買い替えだね。
修理するより、今のモデル買ったほうがいいんじゃないかな」
とのこと。

そして親切にもレンズを貸してくれた。

「単焦点の望遠じゃダブルス撮れないでしょ。
ウチのチーム、今日はもう終わったから使ってていいよ」

なんて優しいんだ。(涙)

とりあえず初日はなんとかしのぐ。
しかし明日は師匠のチームと対戦だから、
レンズを借りるのは無理。

さあ困った。
確かに修理では明日には間に合わない。

ここは新宿。
カメラ屋はたくさんある。
新品を買うか。
はたまた中古を探すか。

仕事を片付け、カメラ屋を回ってみる。
うーん、新品だと20万円オーバー、中古でも10万円超え。
気軽に買える金額じゃないなぁ。

師匠のアドバイスの
「接点部をクリーニングしてみたら」
に一縷の期待を持ち、接点磨きを東急ハンズで購入。
IMG_3121

そしてクリーニング。
IMG_3123

変わらない・・・やっぱりダメだ。

とりあえず、カメラの再起動やレンズの再装着などで
オートフォーカスが動くことがあるっていうか、癖を見つけ出す。

ひとまずこれでしのぐしかない。
IMG_3074
かなり無理はあるけど、買い替えはちょっと。

結局だましだましで最終日まで乗り切ったが、
根本的な問題は解決していない。

はぁ、買い替えか修理か。
いくら掛かるのか・・・憂鬱だぜ。

カテゴリー: カメラ, テニス, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

資格とか、レンズとか。

2018japantennisleaguebanerー
テニス日本リーグ、いよいよ決勝!
応援よろしくお願いします!

 

文部大臣認定のテニス教師資格を持っていると
定期的にこの冊子が送られてくる。
IMG_0903
年末には手帳も入っていて、これを見ると
今回も更新できたんだなと思う。

この資格は日本プロテニス協会の資格と連動だけど、
年間を通じて、セミナーなどに参加して
更新に必要なポイントを獲得しなければ更新できないのだ。

とはいえ、ワタクシの場合、研修や協会活動には
けっこう参加しているので、ポイントは楽々クリア。
人にあげたいくらいである。

しかし資格更新てお金かかるよね。
たくさん持ってると何かと大変だ。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージが終わった。
ワタクシもスタッフとしてチームに帯同。
IMG_2203
試合中のほとんどは写真を撮っていた。

ホテルに選手を送り届けてからは、
写真の整理やら、昼間できなかった日常業務やら。

 

最終日、プロカメラマンのキタザワさんと並んで撮影。
キタザワさんは何かと声をかけてくださるカメラの師匠。

この日もセッティングを色々と教えてくれた。

「ここをこうすると、もっと明るく撮れるよ。
あと、絞りは開放にしないほうがシャープになるから」

アドバイス通りにセッティングしたら、
撮りやすいし、ハズレも少ない。
昨日までとは違った世界での撮影になった。
さすがプロである。

さらにはなんとレンズまで貸してくれた。

IMG_2419

「ダブルスまで使ってていいよ。
被写体を追うスピード全然違うから」

ホントだ。
DSC_3384 DSC_3261

動きの速い選手に的確にピントを合わせてくれる。
うーん、やっぱりレンズで違うんだなぁ。

いいなぁ、これ。
キタザワ師匠によれば20万円ちょっとくらい。
家族会議にかけてみるか。

荷物は増えるけど、いいものは良い。
IMG_2186
悩みどころである。

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

無二のとか、写真とか。

全日本選手権会場のテニスミュージアム。
IMG_0051
福田雅之助先生の著書。

そして有名なこの言葉。
IMG_0054
これまでに自分は何球打ったのだろう。
そしてこれから何球打つのだろう。
すべてをこのつもりで打てるように頑張ろうと思ったりした。

 

さて、iMacの写真アプリの調子がよろしくない。

同期に漏れがあるというか、引っかかるというか・・
なんだろう?
容量制限とかあるのかな。

バックアップの意味もあって、
Googleフォトをもっと活用することに。

ついでに外付けHDDのプライベート画像も
Googleフォトに同期させておくことにした。

Googleフォトは容量制限が無いので、
オリジナルサイズにこだわらなければ、
無限に画像を保存出来るのだ。

同期アプリをインストールし、バックアップで同期させる。
どうやら数万枚もの画像があるらしい。
いつまでたっても同期が完了せず、結局10日ほど掛かって完了。

これで全ての写真が手元で見られるようになった。
そんなに見ないけど。

昔の写真を見てていて、ふと思った。

この頃の写真の方が良いっていうか、好きだな。
DSC_1244

DSC_1250

特段のテクニックもないし、
カメラだってエントリーモデルの安い一眼レフなんだけど、
なんとなく雰囲気が・・いいかな。
ちなみにこの頃のカメラはこれ。
IMG_1672
Nikon D50

全豪オープンを見に行く時に買った、初めての一眼レフ。
安いながらも初めての一眼レフの写りには感動した。
あちこち持って歩き、たくさん写真を撮った。
IMG_1673

IMG_1674

単焦点レンズをつけてバシャバシャ撮りまくった。
IMG_1676
このレンズは今も現役。
とても気に入っている。

ボディはシャッターも表示がはげてしまい、
グリップもツルツルになった。
それだけ使ったってことなんだろう。

今は格段に機材も高価で最新なものになったから、
クオリティとしてはもっと向上はしているのだろう。

iPhoneのカメラだって、以前のコンデジ以上の画質だし、
普段からデジカメを持ち歩くことがなくなり、
撮影も驚異的に手軽になった。

もちろん仕事で使うことが多いので、そうじゃなければなんだけど、
昔の写真もそれはそれで良い味だなぁと思った次第。
自画自賛じゃなくてね。

今や遠慮なくワタクシにボールを
打ち込んでくる15歳児もこんなだったなぁ。
DSC_3773

懐かしい・・。

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

椅子とか、動きとか。

カメラ用に折畳み椅子を購入。
IMG_5286
以前は脚立だったのだが、大きいし、
人混みで高さを稼ぎたいとき以外はかさばるってことで
よく見るこのタイプにしてみた。

なるほど、軽いしコンパクトだし便利。
Team RECステッカーも貼ってみた。
遠征には持っていかないと思うけど、重宝してます。

 

さて、ちょっと考えてみた。

実はワタクシ、ひとつのチームを担当している。

チームメンバーは各所、各業務に渡っていて、同一のものではないが、
組織的にはひとつのチームとして括られている。

ワタクシはそのチームにおいて責任をとる人だったりする。
つまり責任者ってことだ。

とはいえ、意識はサポーターまたはメンターという感じ。
上司として君臨する、人を支配するという感覚はあまりない。

皆、大人なので個々の役割と責任は分かっているし、
それぞれのミッションを完遂するためにすべきことをする。
つまりそれぞれが機能すればチームとしても結果が出る。

ワタクシの役割はそのための環境整備をすること、
ズレが見えたら早期に修正すること、
困った時は助言する、助けること。
そして最後に何らかの問題があれば責任を取ることだ。

平たく言うと、問題が起きたり、迷ったり、困った時に何かしてくれる人である。
基本的にはうまくいっている時には存在感がない人ってことだから、
成果をあげた時はそれぞれが自分の成果として受け入れられる。
プロセスを存在感無しにサポート出来れば良いと思う。

だから、自ら動く人だとサポートしやすい。

すでに動いていること(人)は多少方向性がずれても
ハンドルを少し触ってあげれば良い方向に動き続ける。

そのスピードが速い人は多少ハンドリングに苦労はするが、
それでも上手く方向を見つければ、より早くゴールにたどり着ける。

一方で、「動かないこと(人)」はどうしようもない。

メッチャ遅くとも動いている、動こうと努力しているならば
加速をつけてあげる、ハンドルを支えてあげることで前に進めるが、
動きがない、後ろ向きのことをしている場合はどうにもしようがない。

0,1ミリでも動いていれば、何かの拍子に一気に加速する可能性もあるが、
動かないことは「0」であり、何を掛けてもゼロ。
後ろ向きの「マイナス」をプラスに転じるのも難しい。

結局のところ、動くかどうか、前に進むかどうかは本人の中にしか要素はない。
「やる気」だけは代わってあげられないのだ。

本当にやる気がない、動かないのであれば、仕事の振りようがない。

職場は学校ではない。
「○○君は〜どうしてやらないのかな?」と諭してくれたりはしない。
結局は仕事の幅が狭まっていくことになってしまう。

「やればデキる子」ではなく、どんな形でも「やる子」であるべき。
給料もらってるんだから。

そうでなければ報酬を得てはいけない。
だから一歩でも前に進むこと、その努力をすること。
そこから先が見えるのだと思う。

「ゼロ」は「永遠にゼロ」なのね。
映画のタイトルみたいだけど。。

思い通りにやりたいことだけってのはなかなか無い。
とにかく動いてみることだなと思う、2017年の年明け。

カテゴリー: カメラ, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アプリとか、生活習慣とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社で購入してもらったNikon D500。
IMG_1135
最新のデジタルもののすごさを思い知る日々である。

ピントも速いし、何より明るい。
IMG_3662
室内&夜なのにこのクオリティはD300Sではまず無理。
いやぁ、素晴らしい。

で、待ち望んでいた機能がようやくリリースに。
sb
Snap Bridge
カメラから携帯に画像を転送できるアプリである。

当初はアンドロイド用のみのリリース。
iOS用は夏以降との話だった。
そして待つこと半年、ようやくiPhoneで使えるようになった。

さっそくダウンロードしてテスト。
IMG_3531
まずはカメラとiPhoneを同期。

Bluetoothで画像がカメラからiPhoneに転送される。
サムネイルを見ながら、必要な画像を選択し取り込む。

取り込みに多少時間は掛かるが、
これまではノートPCでやっていたことが
カメラとiPhoneで完結するのは素晴らしい。
高画質の画像をそのままSNSにアップできるのはありがたい。

バッテリーの消耗が多少心配だが、とても便利なアプリだと思う。
時代の進化ってすごいな。

 

さて、始まりは春先の健康診断だった。

血圧測定をすると担当医が首をひねった。

「あれ?もう一度測りましょう」

そしてさらにもう一度。

「具合悪くないですか?」

看護師さんたちがバタバタし始めた。

「先生に検査を継続して良いか聞いてきますね」

どうやら血圧が高かったらしい。

検査はそのまま継続されたが、血圧高めの診断は変わらず。
「日常生活で異常は感じませんか?」と言われると、そんな気もしてきたり。

「歳をとれば皆んな血圧上がるんだよ」という話もあるが、
そうも言ってられないってことで、あれこれ調べた。

塩分を控えることと、減量が良いらしい。
そして、毎朝のランニングを強化。
加えて、恵比寿から新宿まで約6kmのウォーキングを追加。
一日あたり20kmの自力移動を目標にしてみた。

食事は若干控えめ。
豆腐や納豆中心。
カップラーメン系は一切やめた。
お酒は飲むが、食べ過ぎないように注意した。

3ヶ月経過。
10kgの減量に成功。
BMI値も標準になった。

血圧も降下気味。
先日はかかりつけの医師に
「うん。下がりましたね。努力は報われる。このまま行きましょう」
と言われた。

問題がもうひとつ。
尿酸値が高めらしいってことが血液検査で発覚。
つまり痛風予備軍。

痛風にはなったことはないが大変らしい。

医師が言った。

「まず今から本屋に言って痛風の本を買ってください。
ナントカ委員会とか、民間療法とか、そういうのはダメです。
ネットもダメです。嘘が多いから。
ちゃんと名前を出している医師の本を買って勉強してください。
そして自分なりに実践してください。
じゃ、来月また来てください」

早速、本を購入。
なるほどねぇ。

ビールを控え、甲殻類を控え・・・いちおう努力してみた。

1ヶ月後、受診。
F医師が言った。

「1ヶ月経ちました。自信はありますか?」

「いや、無いです。家ではビールをやめましたが、
飲み屋に行けば、とりあえずビールねって出て来ますから」

「そうですか・・・。結果です。正常値内に収まりました。
努力は報われる。今回ダメなら薬出そうと思いましたが、無しで行きましょう。
このまま維持してくださいね
まあ、男の付き合いのビールで乾杯は良しとしましょう」

なるほど、結局は日々をどう過ごすかなのね。
運動然り、体重然り、食事然り、お酒然り。
要はやるかやらないかの単純なロジックである。

とりあえず、この半年は無駄じゃなかったかな。
出来る範囲で自分に約束したことをしただけ。
そんなに辛くも無い。
体も軽いし、このペースで生きていこうと思う。

カテゴリー: PC, カメラ, ダイエット | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

献立とか、再会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングから戻ると朝食が出来ていた。
IMG_2360
14歳児の夏休みの宿題らしい。

家事体験として、掃除、洗濯、料理を1日を通してやるのだそうだ。
ちなみに料理は栄養バランスを考えた献立づくりも含まれるらしい。

ということで、14歳児の考えた夕食の献立は、
肉じゃが・カボチャの煮物・おひたし・・って、
お前は田舎のおばあちゃんかっ!

実は14歳児はこういう渋い系の食べ物が大好き。
ワタクシとは真逆の嗜好を持っている。
IMG_2361
気づけば包丁も器用に使いこなす14歳児。
家庭料理の店でもやれば良いのに。

 

さて、某日。
昔の仲間から連絡があった。

仲間というか、当時は部下だったのだが、
今は二人ともその場離れて、それぞれの道を進んでいるので、
部下とか後輩っていう感じではない。

今は大阪で起業し頑張っているハセガワくん。
何でも急な東京出張が決まったらしく、ぜひ会いたいとのこと。

実はこの日は鈴木貴男プロ・関口周一プロによるスタッフ研修会。
終了後は両プロを交えて懇親会の予定だったのだが、
まあ、懇親会はワタクシなどはいてもいなくても関係ないってことで、
ハセガワくんとの約束を優先させてもらうことにした。

久しぶりの乾杯。
IMG_2466
実はあんまり飲めないんだけどね。

ハセガワくんの結婚式以来かなぁ。
互いの近況報告から仕事のことなど、あれこれ話す。

実は、以前の会社を「自分で会社をつくります」と言って退職。
紆余曲折はあったようだが、目標に向かって着実にキャリアを積み上げ、起業。
現在は7期目を迎えたそうだ。
IMG_2464

オフィスを構え、従業員さんも抱え、立派な経営者である。
IMG_2465

仕事も順調なようでひと安心。
と言うと、上からで偉そうだが、
実は会うたびに大きな男になっていく彼に
いつも感心したり、刺激をもらったり、焦ったり。

やはり経営者として修羅場をくぐっているというか、
大きな責任を負ってここまで来たことは大きいのだろう。

「物欲もあるし、ええカッコもしたいし、まだまだです」と言いながらも
「景気が悪いとか、業績ってそういうことじゃないと思うんです。
一所懸命やってたら、どんな時でもやっぱり伸びるんです。
伸びないってのは、やってないからなんだと思うんです」と言ってのける。

すべきことを全力でやっているからこそ言える言葉なのだろう。

いつもながら、己の甘さを恥じ入り、刺激をもらうことになる。
まさに貴重な友人である。
IMG_2468
本人は「色々と鍛えていただいて」と言うが、
ワタクシの方がそのうち「師匠」と呼びそうな勢いである。
いや、もうそうかな。

いい加減なサラリーマン人生のワタクシとはエライ違いである。
こっちも頑張らないとなぁ、ホントに。
また、会おう!

カテゴリー: カメラ, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。