カテゴリー別アーカイブ: カメラ

椅子とか、動きとか。

カメラ用に折畳み椅子を購入。
IMG_5286
以前は脚立だったのだが、大きいし、
人混みで高さを稼ぎたいとき以外はかさばるってことで
よく見るこのタイプにしてみた。

なるほど、軽いしコンパクトだし便利。
Team RECステッカーも貼ってみた。
遠征には持っていかないと思うけど、重宝してます。

 

さて、ちょっと考えてみた。

実はワタクシ、ひとつのチームを担当している。

チームメンバーは各所、各業務に渡っていて、同一のものではないが、
組織的にはひとつのチームとして括られている。

ワタクシはそのチームにおいて責任をとる人だったりする。
つまり責任者ってことだ。

とはいえ、意識はサポーターまたはメンターという感じ。
上司として君臨する、人を支配するという感覚はあまりない。

皆、大人なので個々の役割と責任は分かっているし、
それぞれのミッションを完遂するためにすべきことをする。
つまりそれぞれが機能すればチームとしても結果が出る。

ワタクシの役割はそのための環境整備をすること、
ズレが見えたら早期に修正すること、
困った時は助言する、助けること。
そして最後に何らかの問題があれば責任を取ることだ。

平たく言うと、問題が起きたり、迷ったり、困った時に何かしてくれる人である。
基本的にはうまくいっている時には存在感がない人ってことだから、
成果をあげた時はそれぞれが自分の成果として受け入れられる。
プロセスを存在感無しにサポート出来れば良いと思う。

だから、自ら動く人だとサポートしやすい。

すでに動いていること(人)は多少方向性がずれても
ハンドルを少し触ってあげれば良い方向に動き続ける。

そのスピードが速い人は多少ハンドリングに苦労はするが、
それでも上手く方向を見つければ、より早くゴールにたどり着ける。

一方で、「動かないこと(人)」はどうしようもない。

メッチャ遅くとも動いている、動こうと努力しているならば
加速をつけてあげる、ハンドルを支えてあげることで前に進めるが、
動きがない、後ろ向きのことをしている場合はどうにもしようがない。

0,1ミリでも動いていれば、何かの拍子に一気に加速する可能性もあるが、
動かないことは「0」であり、何を掛けてもゼロ。
後ろ向きの「マイナス」をプラスに転じるのも難しい。

結局のところ、動くかどうか、前に進むかどうかは本人の中にしか要素はない。
「やる気」だけは代わってあげられないのだ。

本当にやる気がない、動かないのであれば、仕事の振りようがない。

職場は学校ではない。
「○○君は〜どうしてやらないのかな?」と諭してくれたりはしない。
結局は仕事の幅が狭まっていくことになってしまう。

「やればデキる子」ではなく、どんな形でも「やる子」であるべき。
給料もらってるんだから。

そうでなければ報酬を得てはいけない。
だから一歩でも前に進むこと、その努力をすること。
そこから先が見えるのだと思う。

「ゼロ」は「永遠にゼロ」なのね。
映画のタイトルみたいだけど。。

思い通りにやりたいことだけってのはなかなか無い。
とにかく動いてみることだなと思う、2017年の年明け。

カテゴリー: カメラ, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アプリとか、生活習慣とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社で購入してもらったNikon D500。
IMG_1135
最新のデジタルもののすごさを思い知る日々である。

ピントも速いし、何より明るい。
IMG_3662
室内&夜なのにこのクオリティはD300Sではまず無理。
いやぁ、素晴らしい。

で、待ち望んでいた機能がようやくリリースに。
sb
Snap Bridge
カメラから携帯に画像を転送できるアプリである。

当初はアンドロイド用のみのリリース。
iOS用は夏以降との話だった。
そして待つこと半年、ようやくiPhoneで使えるようになった。

さっそくダウンロードしてテスト。
IMG_3531
まずはカメラとiPhoneを同期。

Bluetoothで画像がカメラからiPhoneに転送される。
サムネイルを見ながら、必要な画像を選択し取り込む。

取り込みに多少時間は掛かるが、
これまではノートPCでやっていたことが
カメラとiPhoneで完結するのは素晴らしい。
高画質の画像をそのままSNSにアップできるのはありがたい。

バッテリーの消耗が多少心配だが、とても便利なアプリだと思う。
時代の進化ってすごいな。

 

さて、始まりは春先の健康診断だった。

血圧測定をすると担当医が首をひねった。

「あれ?もう一度測りましょう」

そしてさらにもう一度。

「具合悪くないですか?」

看護師さんたちがバタバタし始めた。

「先生に検査を継続して良いか聞いてきますね」

どうやら血圧が高かったらしい。

検査はそのまま継続されたが、血圧高めの診断は変わらず。
「日常生活で異常は感じませんか?」と言われると、そんな気もしてきたり。

「歳をとれば皆んな血圧上がるんだよ」という話もあるが、
そうも言ってられないってことで、あれこれ調べた。

塩分を控えることと、減量が良いらしい。
そして、毎朝のランニングを強化。
加えて、恵比寿から新宿まで約6kmのウォーキングを追加。
一日あたり20kmの自力移動を目標にしてみた。

食事は若干控えめ。
豆腐や納豆中心。
カップラーメン系は一切やめた。
お酒は飲むが、食べ過ぎないように注意した。

3ヶ月経過。
10kgの減量に成功。
BMI値も標準になった。

血圧も降下気味。
先日はかかりつけの医師に
「うん。下がりましたね。努力は報われる。このまま行きましょう」
と言われた。

問題がもうひとつ。
尿酸値が高めらしいってことが血液検査で発覚。
つまり痛風予備軍。

痛風にはなったことはないが大変らしい。

医師が言った。

「まず今から本屋に言って痛風の本を買ってください。
ナントカ委員会とか、民間療法とか、そういうのはダメです。
ネットもダメです。嘘が多いから。
ちゃんと名前を出している医師の本を買って勉強してください。
そして自分なりに実践してください。
じゃ、来月また来てください」

早速、本を購入。
なるほどねぇ。

ビールを控え、甲殻類を控え・・・いちおう努力してみた。

1ヶ月後、受診。
F医師が言った。

「1ヶ月経ちました。自信はありますか?」

「いや、無いです。家ではビールをやめましたが、
飲み屋に行けば、とりあえずビールねって出て来ますから」

「そうですか・・・。結果です。正常値内に収まりました。
努力は報われる。今回ダメなら薬出そうと思いましたが、無しで行きましょう。
このまま維持してくださいね
まあ、男の付き合いのビールで乾杯は良しとしましょう」

なるほど、結局は日々をどう過ごすかなのね。
運動然り、体重然り、食事然り、お酒然り。
要はやるかやらないかの単純なロジックである。

とりあえず、この半年は無駄じゃなかったかな。
出来る範囲で自分に約束したことをしただけ。
そんなに辛くも無い。
体も軽いし、このペースで生きていこうと思う。

カテゴリー: PC, カメラ, ダイエット | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

献立とか、再会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングから戻ると朝食が出来ていた。
IMG_2360
14歳児の夏休みの宿題らしい。

家事体験として、掃除、洗濯、料理を1日を通してやるのだそうだ。
ちなみに料理は栄養バランスを考えた献立づくりも含まれるらしい。

ということで、14歳児の考えた夕食の献立は、
肉じゃが・カボチャの煮物・おひたし・・って、
お前は田舎のおばあちゃんかっ!

実は14歳児はこういう渋い系の食べ物が大好き。
ワタクシとは真逆の嗜好を持っている。
IMG_2361
気づけば包丁も器用に使いこなす14歳児。
家庭料理の店でもやれば良いのに。

 

さて、某日。
昔の仲間から連絡があった。

仲間というか、当時は部下だったのだが、
今は二人ともその場離れて、それぞれの道を進んでいるので、
部下とか後輩っていう感じではない。

今は大阪で起業し頑張っているハセガワくん。
何でも急な東京出張が決まったらしく、ぜひ会いたいとのこと。

実はこの日は鈴木貴男プロ・関口周一プロによるスタッフ研修会。
終了後は両プロを交えて懇親会の予定だったのだが、
まあ、懇親会はワタクシなどはいてもいなくても関係ないってことで、
ハセガワくんとの約束を優先させてもらうことにした。

久しぶりの乾杯。
IMG_2466
実はあんまり飲めないんだけどね。

ハセガワくんの結婚式以来かなぁ。
互いの近況報告から仕事のことなど、あれこれ話す。

実は、以前の会社を「自分で会社をつくります」と言って退職。
紆余曲折はあったようだが、目標に向かって着実にキャリアを積み上げ、起業。
現在は7期目を迎えたそうだ。
IMG_2464

オフィスを構え、従業員さんも抱え、立派な経営者である。
IMG_2465

仕事も順調なようでひと安心。
と言うと、上からで偉そうだが、
実は会うたびに大きな男になっていく彼に
いつも感心したり、刺激をもらったり、焦ったり。

やはり経営者として修羅場をくぐっているというか、
大きな責任を負ってここまで来たことは大きいのだろう。

「物欲もあるし、ええカッコもしたいし、まだまだです」と言いながらも
「景気が悪いとか、業績ってそういうことじゃないと思うんです。
一所懸命やってたら、どんな時でもやっぱり伸びるんです。
伸びないってのは、やってないからなんだと思うんです」と言ってのける。

すべきことを全力でやっているからこそ言える言葉なのだろう。

いつもながら、己の甘さを恥じ入り、刺激をもらうことになる。
まさに貴重な友人である。
IMG_2468
本人は「色々と鍛えていただいて」と言うが、
ワタクシの方がそのうち「師匠」と呼びそうな勢いである。
いや、もうそうかな。

いい加減なサラリーマン人生のワタクシとはエライ違いである。
こっちも頑張らないとなぁ、ホントに。
また、会おう!

カテゴリー: カメラ, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動向とか、D500とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Team RECプロメンバー動向。

ウズベキスタンのATPチャレンジャーに出場中の関口周一プロは
1回戦を勝ち上がり、今日2回戦に臨む。
空港から車で6時間という長時間移動はキツかっただろうが、
しっかりポイントを稼いできてほしい。

国内では、昭和の森フューチャーズが開催中。
菊池玄吾プロはシングルス1回戦勝ち上がり。
竹島駿朗・菊池玄吾で臨んだダブルスは、
吉備・仁木ペアに敗退。

竹島駿朗プロは今日、綿貫プロとの
シングルス1回戦に臨む。
勝とう!

そして鈴木貴男プロ。
BS朝日でのゲイリウェーバーオープンの
錦織圭の試合の解説で活躍中。
2回戦も解説をする予定だそうだ。

貴男さんの選手目線の非常に細かい分析は
まさに「ためになる解説」。
ぜひご覧ください。

ということで、あちこちで活躍中のTeam RECメンバー。
国内フューチャーズが終われば、またポイントを求めて世界へ旅発つ。
良い報告を期待したいと思う。

 

さて、カメラである。

大枚はたいて購入した愛機、D300Sもかなり使い込んで、
それなりに古くなってきた。

その後、APS機の上位機種を出さなくなったNikonさん。
このままDXフォーマットは見捨てられるのか、
いやしかし、今さらレンズから何からFX機に乗り換えるような
財力はどこにもないし・・・と、D300Sをメイン機に大事に使っていた。

そしてついに、DX機最上級機種が発売になった。
いやぁ待ってたよ!

とは言うものの、先立つものがない。
25万円かぁ・・しばし思案。

うん、9割方が仕事での使用なのだから、
会社の備品として買ってもらおうと決めた。

思い切って起案書を出してみたところ、ポンと承認印。
ボス、ありがとうございます。

待ちに待ったD500。
IMG_1132

開封の儀。
IMG_1134

素晴らしい!
IMG_1135
いやまあ、普通の高級カメラなんだけど。

操作系はD300と微妙に違っている。
IMG_1139

IMG_1140

液晶モニター、チルトするのね。
IMG_1143

付属品。
IMG_1137
バッテリーはD7100と共通だ。
よかった。

なんと、カメラからスマフォに画像を飛ばせるらしい。
IMG_1146
と思ったら、アプリはAndroid機のみで、iPhone版は夏頃だそうだ。
どうして?
iPhoneの方がメジャーじゃないのかなぁ。
頼みますよ、Nikonさん。

バッテリーグリップ。
IMG_1154
これは必需品。

マニュアルを読むのももどかしく、レンズ装着。
IMG_1157

とりあえず、近くにあるものを撮ってみる。
DSC_0001
ちゃんとカメラ目線のCooさん。
夜の室内、ノーフラッシュでこの写りはすごい。

こっちも。
DSC_0013
これまたカメラ目線のCocoさん。
高級カメラだとポーズをとるらしい。
写りいいなぁ。

で、カメラのグレードには興味のない14歳児。
DSC_0002
ありがた迷惑な抱擁。

まだ使いこなしていないけど、すごいね、これ。
さすがNikonがDX機のフラッグシップとして開発しただけはある。
あとは腕だね。
それは高級機でもどうしようもないのだ。

カテゴリー: Team REC, カメラ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カフェとか、とうとう発売!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

コンビニのコーヒーを買うようになった。
IMG_8377
店内に豆を挽く香ばしい香りが漂いコーヒーが落ちる。

味もなかなか。
つい、隣のドーナツにも手が伸びそうに。

コンビニは専門店の領域を次々と侵食していくが、
カフェスタイルもなかなかのものだ。

やっぱり数と資本力なのかなぁ。
恐るべし。

 

さて、日本リーグから戻り、カメラを整理していたところ、異変に気付く。
接眼目当てが壊れていた。
IMG_8565

レールがパキッと折れて装着不能に。
IMG_8564

バッグから出し入れする時に引っかかったりして折れたのだろう。
このパーツ、壊れたり無くしたりが本当に多い。
高価なパーツではないが、ちょっとツラい。

もう少し丈夫に簡単に取れないようにならないものか。
頼みます、Nikonさん。

 

そしてとうとうD300Sの後継機が発売になる。
nd5
D500

D300s以降、DX機上級機種の開発をやめてしまったかと思うほどに新機種が出ず、
FX機に移行するにも、素人カメラマンではレンズを買い換えるわけにもいかず
どうすれば良いの?という状態だったが、満を持しての発表である。

現在使用中のDXシリーズ中級機種のD7100も明るくて
スナップショット的な使い方には良いのだけど、
フォーカスが遅すぎて、正直スポーツ撮影にはダメダメ。
特に室内での撮影はストレス溜まりまくり。
IMG_8503
結局、古い方のD300sを多用という状況。

ところが最近、ボディ内部から「チン!」という
電子音ではない昭和チックな不思議な音がする。
まさか壊れる前兆?と思っていたが、
それもD500の登場で安心である。

と、言いつつ「買えればね」というところは全くクリアされていない。
4月発売だが、予約殺到でしばらくは手元に来ないらしいし、
そもそも実勢価格20万円のカメラをポンと買えるわけもなく・・
まあ、レビューなどを眺めて楽しむことにしよう。

何にしてもDX機のフラッグシップモデルの発売は嬉しい限りだ。
ありがとう、Nikonさん。

カテゴリー: カメラ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カメラ小僧とか、2週連続とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ALLREC CHAMPIONSHIPSでの竹島プロ。
IMG_6286
あれこれカメラについて聞いてきたので
「撮ってみれば」と渡してみた。

「おー、すごい」「キレイに見える」
と喜んでカシャカシャ撮影していた。
IMG_6287
新たな道が拓けたか?
ほとんどピンボケだったけど。(笑)

 

さて、2週連続のゴルフである。
4ヶ月ぶりのラウンドの後、連続ってのも極端だが、
この日は、エレッセのNさん、リーボックのMさん
そして元フォルクル、現在自由人のK女史である。
IMG_6304

まずは練習。
朝の練習を真面目にやるようになっただけでも
ワタクシ的にはかなりの成長なのだ。
IMG_6300
練習場に行ったら、テニスコートだった。
「もう使わないからね、練習場にしたの」って
ちょっと寂しいぞ。

ラウンド開始。
IMG_6301
今日の目標は、風邪が抜けきっていないので
最後まで倒れずに無事にラウンドすることと、
いつもの通りK女史に勝つことである。

試合は・・じゃない、ラウンドは序盤からデッドヒート。
ほとんど差のないままに、しかし少しずつリードするワタクシ。
前半は5打差をつけてフィニッシュである。

後半、「負けないわよっ!」と追い上げるK女史。
若干動揺しリードを許す。

最終ホールを残し、3打負け。
トータルでも2打しかリードがない。

まずい。
このロングホールは絶対にミスは出来ない。

セカンドショットで二人とも花道に。
「アプローチ勝負だな」なんて話ながら、第3打。

二人して同じバンカーに入る。
ワタクシはなんとかアウト。

K女史、痛恨のミスで再度バンカーから。
しかもアゴのすぐそばでライは目玉。
グリーン方向は諦めて横にアウト。

ここで勝負あり。
このところ連勝である。
・・・って、同じティーから打ってるんだけどね。
レディースティーから打たれたらおそらく80台。
確実に負けると思う。

エレッセのNさんは今日も上手。
IMG_6305
右側に池の続くホールで2回池に入れたのはご愛嬌。
それでもちゃんとスコアをまとめてくるから大したものだ。

リーボックのMさんは生涯ベスト更新だそうだ。
いい同伴者に恵まれて・・・とは言っていなかったけど。

とにかく体調不良の中、K女史に勝てたのは大きい。
頑張ったぜ、オレ。

帰り道。

「ああ、くやしいなぁ。今度は負けないよ」

「いつでも挑戦に応じてあげようじゃないか。じゃあまた!」

「え?反省会は?」

「反省することは何もない」

「Nさんも店決まったら教えてって言ってたし。
どうしても体調悪いから帰るって言うなら止めないけど」

はいはい、付き合いますよ。
ってことで、Nさんもいったん車を置いてきて合流。
IMG_6309
飲んだね、飲んだ。
ほとんど食べずにひたすら飲んだ。
k女史得意の呑んべえパターンである。

酒は負けってことは認めよう。
悔しくないけどな。

あんな話、こんな話でとても楽しい時間だった。
また行きましょう。

カテゴリー: カメラ, ゴルフ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

失せ物とか、合宿とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

カメラネタが続いているけど・・・

カメラのパーツで失くすもの1位は文句無しに接眼目当てだが、
第2位はレンズキャップである。

これまで何個のレンズキャップを無くしたことか。

以前、プロカメラマンのバッグを見せてもらった時、
ほとんどキャップが付いていないことに驚いたが、
そこはプロ用のボックスだからこそなのだろう。
素人のワタクシにはキャップ無しは怖くて出来ない。

ということで、先日も無くなったキャップを購入。
IMG_3879
そんなに高いものではないが、それはそれでもったいない。
580円あったら昼メシ1回食べられるしね。

入ってる先から、昨日もキャップが行方不明に。
IMG_3882
なんとかならないものか。

そういえば、今朝、13歳児が家の鍵を無くしたとかで
妻に叱られていたが、モノを失くす血だけはひいているようだ。
これって男子の特徴なのだから仕方がないのだよ。
許して。

 

さて、8月の最高気温更新かというメッチャ暑い日。
13歳児とワタクシは千葉は白子に向かっていた。

前日から合宿を張っているテニス部の練習に合流するためである。

もともと13歳児の通う学校は中学にはテニス部が無い。
高校になるとテニス部があるのだが
おそらくコートが2面しかないことが理由なのだろう。

本人はクラブで練習するつもりなので特に問題はないのだが、
先日、テニス部の顧問の先生から声を掛けられたそうだ。
「テニスやってるの?良かったら合宿に参加しないか?」

ジュニアの大会のドローを眺めていて
名前を見つけての声を掛けてくれたようだ。

中等部なので、高等部の生徒と一緒に宿泊は出来ないが
日帰りでの参加となったわけである。

果たして高等部のお兄さん達と一緒に練習出来るのかと
若干の不安もありつつも本人はやる気満々。
生徒達がまだ来ていないコートサイドでラニンニング〜ストレッチ、
そして素振りを始めている。

出てきた高等部のお姉さんたちに
「かわいい〜!」などと言われながら
皆に紹介してもらい練習開始。
IMG_4159
灼熱のコートで5時間の練習をこなした。

しかしこの暑い中、長い休憩も取らずによくそんなに練習するものだ。
誰も体調を崩した様子も無いのは若さなのかな。

ちなみに何もせずに5時間見ているワタクシは地獄。
PCを開こうにもあまりに暑すぎて無理。

加えて、第3顧問の先生(女性)は13歳児の担任。
テニスをまったくしない方とのことで、
「練習が始まると特にやることが無いのです」と
ずっとワタクシの横で13歳児の話をしている。

まあ、13歳児のネタはたくさんあるのだが、
それでも何時間も話が持つわけもなく、
こんなことなら、いっそコーチで参加すれば良かったかと思ったり。

そんなこんなで練習終了。
先生からは「なかなか上手いね。高校あがったらぜひテニス部へ」と。
ついでに「月末に〜高校と練習試合をするので、参加しないか?」とのお誘いも。

皆が夕食の準備を始めた頃、挨拶をし帰途につく。
IMG_4161
年の離れた先輩達と一緒に頑張るのも良い経験かな。
しかし暑かったぜ、ふう。

カテゴリー: カメラ, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ソウルフード?とか、直った!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

井原コーチが優勝したDUNLOP SRIXON社会人テニス選手権の帰り。
昼飯でもと東小金井駅へ。

ワタクシ的にはまず降り立つことはないであろう駅。
まったく勝手がわからないってことで、
ジモティの本社スタッフWさんの案内で中華料理屋へ。

4人なのに頼みすぎか?
IMG_4084
東小金井・宝華

地元の有名店らしい。
たしかにそんなにきれいでもなく、昼時でもないのに常に満席。

名物の油そば。
IMG_4082
うん、旨い。

しかしそれ以上に美味かったのは回鍋肉。
味噌とラー油が絶妙に絡んだ甘辛さ。
ご飯何杯でもいけそうな極上メニューだった。

Wさんによると、油そばは東小金井のソウルフードで、
駅周辺には中華有名店が3軒あり、
中華トライアングルと呼ばれているとのことだが、
多分Wさんがそう言っているだけだと思う。(笑)

何にしても美味かった。
あまり縁のない場所だけど、試合の帰りにまた寄ってみたい。

ということで、優勝&満腹でご満悦の井原コーチ。
IMG_4083
カメラ目線が怖いぞ。
ビジネスパル全国大会、実業団関東リーグも頑張ろう!

 

さて、カメラのレンズフードが緩んでしまい上手く留まらない。
しばらく前というか、買ってすぐにそんな感じになってしまった。
IMG_4313

調べてみたら、数年前のSIGMAレンズには多い症状らしい。
IMG_3870
最近のものでは解消されているらしく、
同様の症状が出た場合はメーカーで交換対応をしてくれるとか。

ワタクシの場合、もう何年も使っているから
きっと保証交換対応にはならないだろう。
すぐにSIGMAに聞けば良かった。

問題はレンズフードなのか、それともレンズ側の切り込みなのか、
どちらかのクリアランスが甘いのだろうが、よくわからない。
フードを買っても症状が変わらなければショックだし、
とはいえ、レンズ側では簡単に買い換えることも出来ない。

困った時のgoogle先生ってことで、さっそく検索。
どうやらフードの問題らしい。

しかしフードを買うのももったいない。
ってことで、さらに検索。

レンズ側に輪ゴムをはめるとか、色んな応急法が出てきた。
最終的に選んだのがこの方法。
IMG_3871
スリット部にセロハンテープを貼る。
なんとこれだけで緩みが解消。
費用0円である。

おそらくずっと持続することもないだろうが。
セロハンテープならいくらでも貼り替えられる。
なんとも得した気分の修復作業である。

カテゴリー: カメラ, テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コダワリとか、復活とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

基本的に親に対してはほぼ敬語で律儀な13歳児。

通学鞄にすべての教科書を詰め込み、
10kg近い鞄で毎日通学するところも妙に律儀で変わり者。

「学校に教科書置いてきなよ」と言うと、
「イヤだ!これがコダワリなの!」と一蹴された。

そんな13歳児のコダワリ。
DSC_4659cp
テニスウェアのボタンをすべて留める。

どんなに暑くても、どんなに試合が競っても、
どんなに疲れても、常に第一ボタンまでビシッと留まっている。

お前は、ミカエル・ペルンフォルスかっ!とツッコミたいところだが、
13歳児はおろか、ある年齢限定な名前だろうからやめておく。

「暑いでしょ。ボタン開ければ?」と言ってみた。
「いいよ。コダワリなの!」と予想通りのお答え。

試合を観にきた白川コーチが
「ずいぶんビシッと着こなしてますね」
と苦笑いしていたのは本人には言わないでおこう。

 

そんな13歳児と試合後にファミレスに。
IMG_4112
狙いではなく、水を飲む時はいつも両手。
キミの前世は小笠原流の師範かなにかなのか?

顔はそっくりと言われることが多いのだけれど、
あらゆる行動様式がワタクシたち夫婦の子供には思えないのだが・・・
キミはどこからやって来たのだ?

 

さて、安物買いのなんとかで、壊れてしまったカメラのバッテリーグリップ。
無理やり壊して外した
のは良いが純正品はすでに販売終了。
中古品を探すことに。

見つけたのは、カメラのキタムラさんのネットショップ。
D300Sはヒット機種だけあって中古品も豊富である。
ボディもここで中古買えばよかったかな。

ってことで、届いた。
IMG_3960
コピー品とはやはりつくりが違う。(気がした)
IMG_3961

コピー品にもNikonて入ってたっけ?
IMG_3970

装着!
IMG_3968
シャッターのレスポンスが全然違う。
コピー品はしっかり押し込まないと切れなかったけど、
純正品は軽く押し込むだけでシャッターが切れる。
慣れてないので無駄なショットが増えるほど。
これぞ純正って感じだ。

やっぱりちゃんとしたもの使わないとダメだね。
フランク三浦買っておいて言うのもなんだけど。

とにかくこれでD300s復活である。
カメラは出番が多いからね。
あとはレンズフードの緩みだな。
なんとかしなきゃ。

カテゴリー: カメラ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

外したとか、調整とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

取り付けネジのギアが壊れ、外れなくなってしまったバッテリーグリップ
会社で新しいものを買ってもらえることになったのは良いのだが、
まずは外れないグリップを何とかしなければいけない。

ネットで調べた通り、方法は「壊す!」のみ。
IMG_3860

カメラ本体まで壊してしまいそうで怖いのだが、
とにかく外さないことには進まないってことで挑戦。
IMG_3861
まずはバッテリートレイを抜く。

そして取り付けダイヤルの隙間にマイナスドライバーをねじ込む。
IMG_3862
本体に影響が出ないように気をつけながら
グリグリとこじり続ける。

これが、いざ壊そうと思うとなかなか壊れない。
IMG_3864
プラスチックの破片が飛び散り不安になるが、
ここまで来たらやめられない。

なんとかグラつくところまで来たので
ネジ部をプライヤーで挟み外す。
IMG_3863

ということで、ようやく外れた。
IMG_3866
なんとかカメラ本体も無事。
安物のコピー品にしては案外壊れにくかったな。
ならばギアの剛性も上げて欲しいものだ。
ふう。

 

さて、夏の大会でことごとく撃沈している13歳児。
体格の大きな子との対戦が多いせいか、
最近どうも打ち負け感があり、もう少しパワーアップしたいらしい。

彼の使用機は一世代前のHEAD SPEED REVPRO。
グリップは1である。

体も少しずつ大きくなってきたし、
もう少しパワーの出そうなラケットを試すかということに。
IMG_3808
ということで、手持ちのRADICAL MPを使ってみることにした。

せっかくなのでストリングも張り替え。
IMG_3809

とりあえず、今日の練習はずっとこれ使ってみて。
すごく疲れるようだと300gはまだ無理ってことだと思う。
ただ振れればボールの威力は増すんじゃないかなぁと渡す。

 

練習開始。
まあ、なんとか振れるようだ。

練習中盤。
気づいたら前のラケットに戻してた。
最後まで使ってみって言ったのに。

「やっぱりちょっと重い」とのこと。
うーん、いきなり40gアップはきつかったか。

「どれくらいがいいんだろうねぇ」と言うと、
「370gから380gくらいかなぁ」と知ったようなことを言う。

ならばひとまずは手持ちのラケットをチューンしようってことに。
IMG_4146

5gのレッドテープを2枚用意。
さらに2分割。
IMG_4150

打ち負けた時に面ブレがするというので、
フレームサイドに貼り付け。
IMG_4151

あと、グリップももう細すぎるってことで、
G2まではいかない程度のG1,5くらいにした。

「これでいけそう?」と聞くと、
素振りをしながら「いい感じかも」

ちょうど明日は高等部の練習に合宿に混ぜてもらえる日。
お兄さんたちのボールを受けられるか試してみよう。

カテゴリー: カメラ, テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。