カテゴリー別アーカイブ: ギター

歌本とか、大阪入りとか。

神田あたりで。
IMG_7963
懐かしい。
平凡の歌本だ。
表紙は野口五郎か。

昔は平凡、明星の歌本でギターを弾いてた。
コード譜も怪しいのたくさんあったけど、
楽譜も高価だったから、重宝した。

初めて手にしたギターで弾いた曲は・・・
”あのねのね”の「空飛ぶ円盤の唄」だった。

その程度の音楽性で今日まで生きている。

さて、相変わらずバタバタと忙しい。
こんなペースで大阪に行けるのだろうかって感じ。

朝もバタバタで旅支度。
そしてキャリーを引っ張りながらいつものウォーキング。
IMG_9353
とりあえず原宿表参道交差点に旅支度は違和感なし・・かな。

午前中、音速で仕事を片付け、新幹線に飛び乗る。
予定通り、移動中は睡眠を確保。

名古屋あたりで目が覚め、気づけば新大阪。
IMG_9356

靱公園近くのホテルに向け、少し歩いてみた。
IMG_9363

昨年もこのあたり走ったっけなぁなんて。
懐かしい。
IMG_9361

なぜかホテルの部屋が喫煙だったりしたが、
本社スタッフのハッシーが禁煙ルームに間違えられていて
交換して一件落着。

出だしからバタバタの大阪入りだった。

今日は朝から大阪の元全日本選手のベテランの皆様とテニスの予定。
デ杯も自分のテニスも楽しみである。

あとは天気だなぁ。
降るなよぉ。

カテゴリー: ギター, テニス, デ杯, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

70年代とか、散策とか。

1972年の作品なのね。

ということは、まだ小学4年生くらい。
井上陽水と吉田拓郎にハマり始めた頃。

洋楽を聴き始めるのはもう2年先くらい。
それもカーペンターズとビートルスから。

でもこの曲はなぜか心に残っている。
この映像もとてもいい。

ジージャンにベルボトム、ギターはMartinかな。
いいよね、70年代。

ああ、年取ったなぁ。

 

さて、もう随分前になってしまった気もするが、広島。

広島の朝は早い。
いや、自分が早いだけなんだけど。

ここ最近は試合遠征でテニスウェアとシューズの装備が多く、
そのまま朝ランに行けるパターンだったのだけど、
今回はスーツでの出張なのでウェアもシューズもない。

朝に体を動かさないのはどうにも気分が悪いってことで、
窓から見える山に登ることに。

前日リサーチしておいた情報によれば
歴史街道的な散歩コースになっているらしく、
歴史好きなワタクシには最適なコースだ。
IMG_6714

入り口は東照宮。
IMG_6707

いきなりの石段攻撃に息があがる。
IMG_6708

お参りをしつつ本殿横を抜け、裏手へ。
IMG_6711

IMG_6713

ここからが本番なのか。
さらに急な石段を登る。
IMG_6716
急だけど、石段だし、なんとか・・

さらに上へ。
IMG_6717
石段がラフになってきた。

そして急勾配、鳥居は続くけどほぼ山道。
IMG_6718

さこの先、スーツに革靴で行けるのか不安に。
IMG_6720

何度も転びそうになりながらさらに登る。
他に誰もいない。
これを散歩道というのか?
夏だったら間違いなく虫とか野生動物とか出るだろうな。

木の隙間から街を見下ろす。
IMG_6721
結構登った。
そして疲れた。

まだ頂上は遠そうだ。
あとどれくらいで到達なのかが分からないのが辛い。
時間も無くなってきたし、見上げればさらに険しい坂道。

仕方ない。
断念して下山。
下りはさらに怖い。

スーツに革靴なんて山をなめちゃいけませんと
神様に叱られているような気分に。

冬なのに汗だくだ。
運動にはなったけど、気分は中途半端。
明日またチャレンジしてみようか。

そんな広島二日目の朝。

カテゴリー: ギター, 仕事, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

打ち上げとか、恒例行事とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京都実業団・秋季リーグ最終戦を
何とか勝ち切ったレック興発東京チーム。
IMG_3930

大宮駅前のワインバルで打ち上げ。
IMG_3933
前回に引き続き2回目。
行きつけってわけでもないが、
17時前だとここしかやっていないのだ。

いい感じに飲み食いして解散。
IMG_3936

のはずが、DRKさんにつかまる・・・
IMG_3940

どうして飲んだ後にラーメン食うかなぁ。
IMG_3938
もうそんな年じゃないですよ。

それにしてもDRKさんはラーメンが好きだ。
ラーメン大好き小池さんの次くらいにラーメンを食べてると思う。
きっと家ではラーメン風呂に入っているに違いない。

 

さて、全日本テニス選手権の有明から日比谷へ。
公園を抜け、目指すは一番奥の野外音楽堂。

この日は高中正義師匠の恒例の野音ライブ。
IMG_4115
毎年1回の野音はもはや外すことの出来ない重要行事。
師匠が野音を演るうちはワタクシもお付き合いするつもり。
少し寒くなった野音はそんなであろう人で満員だ。

今年の救いは雨じゃないこと。
スーパー雨男の高中師匠、これまで何度も
雨の中、カッパを着て演奏を聴いたことか。

ライブは、師匠の「晴れっていいねぇ」というひと言から始まった。
そして、「歌もない音楽を2時間半も聞きに来てくれてありがとう(笑)」と。

IMG_4114
(写真は開演前です)

座席が何と一番後ろだったので、座っている必要もないと、
立見席でビールを飲みながら聴いた。
後半はけっこう酔っ払ってたような。

高中師匠のライブは何回目だろう。
人生で一番多くのライブを見ているアーティストが高中師匠だと思う。
ちなみに2位はブライアン・アダムス、3位は・・エリック・クラプトン、
4位がハウンドドッグかなぁ。

まあとにかくそれだけ観ていれば、当たりの年もハズレの年もある。
それも含めて、演ってくれる限りは聴きに行きたい。

今年も良かった。
欲を言えば、もう少し早い時期にお願いしたい。
ビールを飲み過ぎてもトイレが近くならない季節に。
夏の空気の中でビール片手にってのがいいな。

また来年も来ます。

カテゴリー: ギター, テニス, ライブ, 仲間, , 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

練習とか、メンテナンスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

13歳児を練習に連れていく。
ちょっと離れたクラブ、しかも道が混むので
1時間半は覚悟しなければならない。

テニスがしたくてたまらない13歳児。
練習前に練習がしたいらしくレンタルコートで練習。
早めに着いた時もコートが空いていればレンタルし練習。
IMG_6653
まあ、テニスがしくてたまらないのは良いことだ。

ということで先日。
「今日もコート借りる?」と聞くと
「今日はいい。勉強するから」とのこと。

本当はワタクシがテニスをしたかったのだが、見事にあっさり断られた。
どうやら期末テストの勉強をしたいらしい。

そういえば彼はテスト前は自主的に練習を休む。
あんなにテニスがしたいのにテスト前はピタッと止める。
そしてテストが終わるとまた練習に行く。

自分の中で、その時にすべきことの優先順位が明確らしい。
さすが学年トップクラスだけのことはある。
大人のワタクシにも出来ないぞ。

ということで、練習前練習は無しにして普通の時間に出たのだが、
思いのほか順調に車が流れ、早めについた。
そんなこともあろうかと、ワタクシもテニスの準備をしてきたので
30分だけ練習をした。
IMG_6657
基本的には13歳児の練習なのだが、ワタクシの調整にもいい感じだ。
本人が望んでくれるうちはボールを打ち合いたい。

 

さて、実家から送ってもらったマイファーストギター。
IMG_6668
弦はサビサビ、チューニングもメチャクチャ。
何年も触っていなかったから仕方ないのだが、
せっかく手元に戻ってきたのでメンテナンスをすることに。

まずはギタークリーナーで丁寧に磨く。
もともと高級ギターではないし、
40年前のギターなので限界はあるが
まあまあきれいになった。

でこれを買ってきた。
IMG_6629
弦はマーチンのアコースティックSPにした。
音の伸びが違うらしいが、そんなレベルのギターではない。

そしてチューニングメーター。
IMG_6630
寺内タケシ御大は、
「チューニングは機械使っちゃダメ。耳、悪くなっからな」
と茨城訛りで仰るらしいが。
もともと大した耳を持っていないワタクシには
チューニングメーターは必須である。

しかしチューニングメーター、安くなったね。
1,000円しないってすごいな。

あとはブリッヂのピン。
IMG_6667
1本だけ色が違うし、高いものじゃないので
この際、交換してしまおうというわけ。

ということで、シコシコと弦を張り替える。
IMG_6672

チューニングメーター、めっちゃ便利。
IMG_6670

久しぶりに弾く。
IMG_6675
あれ?こんなにゴツいネックだったっけ。
あんがい覚えてないもんだな。

この日は張って少し触っただけで終了。
今度休みの日にちゃんと弾いてみよう。

しかしギターの匂いって何年経っても変わらないんだなぁ。
昔にタイムスリップしそうな匂いがした。

カテゴリー: ギター, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

暗いとか、休日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某所のファストフード店。
IMG_6326
これで営業中。

外照明点け忘れななのか?
でも、店内もかなり暗かった。

中国のコンビニくらい暗い。
こんなに暗くていいのかな。
他人事ながら心配になってしまった後楽園前。

 

さて、休日である。
切羽詰まった予定の無い週末はとても久しぶりな気が・・

ということで、妻と近所のショッピングモールへ。
用事を済ませつつフラフラする。
(注:弱っているわけではない)

以前、ガンダムカフェだったところが、
元町珈琲になっていた。
IMG_6641
こういう系統の喫茶店増えたよね。
しかしモールの中に出店して採算取れるのかな。

JINSへ行く。
IMG_5355
レンズの外れたメガネを直してもらう。

「取り外しは片手でされることが多いでしょうか?」

「うーん、そうでもないですけど」

「片手で取り外しされますと、
力が偏ってレンズが外れる場合がございます」

「そうなんですか」

「ケースに入れずにカバンの中などに入れておきましても
やはりレンズが外れることがあります」

「そうですか、けっこう弱いんですねぇ。気をつけます」

「なにかございましたら、いつでもどうぞ」

丁寧な対応、ありがとうございました。
ベッドに寝転んだ時に背中で押し潰して
レンズが外れたことを白状しなくてごめんなさい。

目当ての楽器屋へ。
ギターのパーツを購入。

縁のない高級ギターを見て回る。
IMG_6643
ギブソン・レスポール。
本物はいいね、やっぱり。
年取って重くて抱えられなくなる前に欲しい。

テレキャスは軽いからもう少し後でもいいかな。
IMG_6642
って、どういう基準なんだよっ!

いつかは持ちたいGibson・J45。
IMG_6644
ああ、よだれが・・・
これか、Martinの000サイズが欲しい。
死ぬまでに手に入れよう。

なんてことを思いつつ、さらにフラフラ。
(注:弱ってません)

スターバックスへ。
IMG_6646

ここのスタバは蔦屋書店と一緒になっていて、
コーヒーを飲みつつ、座り読みが出来る。
IMG_6651
最強の組み合わせというか夢のような空間である。

小一時間だったが、大したお金も使わずリフレッシュ。
良い休日である。
毎週こんな時間があるといいね。

カテゴリー: ギター, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

手紙とか、減点とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

お手紙をいただいた。
とても温かい手紙。

思えば、ウチのスタッフって、自分の子供でもおかしくない歳。
つまりは親御さんは同年代ってことだ。

大事なお子さんを預かっているってことなんだよな。
ワタクシもいい加減ながら人の親だから、
子供を思う気持ちはいちおう分かるつもり。

皆んなが生き生きと楽しく、一緒に苦労しながら
ずっと頑張れる会社にしなければと思った。

そんなことをあらためて思わせていただいた手紙に
ちょっと涙が出た。

きっと大丈夫です。
皆んなで前に進みます。
ボスの言う通り、テニスに携わって一生食っていける会社にします。
見守ってあげてください。

 

さて、そんなことがあったからではないけど、
久しぶりに実家に電話をしてみた。

で、頼みごとをした。
数日後、頼みごとが届いた。

人生初のフォークギター。
IMG_5911
中学校の入学祝いに買ってもらったものだ。

1974年製のモーリス。
IMG_5916
谷村新司が「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」と
ラジオで言っていたが、スーパースターにはなれなかったな。

ピックガードは井上揚水のギルドに憧れて自分で貼り替えた。
IMG_5915
ちょっとずれているのがご愛敬。

ブリッヂのピンも交換した。
IMG_5914
1弦だけなくしてしまってオリジナル。

ヘッドには倒した時の打痕。
IMG_5913
マジックで塗ってごまかした。

ボディ下部にはレコードラックの上に落として空いてしまった穴。
IMG_5917

ハードケースは新聞配達をして買った。
IMG_5907
ファイアストンのステッカーはカーショップで買った。

ギターはモーリスなのに、ケースはYAMAHA。
IMG_5909
たしか1万円だったと思う。

実はこのギターが12,000円くらいだったから、
本体とケースが同じ値段てことだ。

40年前だからきっとそれなりの値段だったのだと思う。
中学入学で何かと物入りの時にこのギターを買い与えるのは
そんなに簡単なことじゃなかったんじゃないかなと今になって思う。(遅いよ)

当時は拓郎や陽水が弾いていたような
もっとインレイが施されたギターが欲しいなと思ったものの
毎日毎日、このギターをいじり倒した。

その後、大人になって、高嶺の花だったギターも買えるようになったけど、
このギターはずっと実家で待っていた。

久しぶりに持ったモーリスの弦は錆び錆びで指が痛かったが、
あの時の音で「断絶」のイントロを奏でてくれた。

今になってようやく本当に親の苦労の少しが分かったような気がした。
そんな何かを自分の子供たちに残せたらなと思った。

まずは弦を張り替えよう。

カテゴリー: Team REC, ギター | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。