カテゴリー別アーカイブ: ストリンギング

ひよことか、ブラックコスメ張り上げ!とか。

ネオインドアテニススクール西新井で遭遇。
th_IMG_4414
日清さんのノベルティね。
これどうしたもらえるんだっけ。
欲しいな。

 

さて、HEADさんから突然届いたブラックコスメラケット。

IMG_4479

IMG_4480

見た感じは、SPEEDシリーズのようでもあり、
いやむしろRADICALシリーズのようでもあり。
そしてなかなかシャープな印象。

ツアー系なのかなって気もする。
何にしても、カッコいい。

とにかく早く打ってみようってことで、
ネオインドア西新井でマシンを借りて張り上げることに。
th_IMG_4500

ストリングはこれ。
th_IMG_4502
HAWKかな、それともLYNX?。
何だろう。

テンションは45P。
th_IMG_4501
まずはこの辺りから様子見ね。

トップ部のバンパーになにか細工?
th_IMG_4503
なだろうこれ。

基本的にはすごく張りやすいストリングパターン。
th_IMG_4504
グロメットのつくりで、絶妙に張りやすい、
張りにくいラケットってあるよね。

HEADのラケットはワタクシ的には張りやすい部類。
まあ、18歳児やら自分のやらがほとんどHEADで慣れてるってのもあるかな。
ただ、HEADは変形しやすいのもあるから注意ね。
th_IMG_4505
それにしても、このマシンも張りやすいな。
ゴーセンのマシンて安いし、張りやすいし、かなりリーズナブル。
ただ故障は若干多いような気もする。
まあ、メンテナンス体制が整っているからいいんだけど。

ということで、張りあがり。
th_IMG_4508

いい感じだ。
コート空いてるかな。
相手も見つけなきゃ。

ヒマそうなの誰かな。
って、みんな忙しいよっ!!

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、マシンメンテとか。

暑い日が増えてきた。
移動途中にアイスを食べる日も。
th_IMG_3992
安いし、美味しいし、ナイスだな、これ。

 

さて、自粛期間中はさすがにテニスも控えめに。
施設に行っても、テニスしようよとはならず・・・。

ラケットもストリングも試打は休憩。
したがって、ストリンギングもめっきり減った。

ボチボチ、ストリングの試打も再開するかってことで、
あらためてツールチェックやらメンテナンスを。

ワタクシの使っているマシンはGOSEN製。
ゴーセンがマシンの製造基地を海外に移す前の最後のモデルである。

最近のゴーセン製のストリングマシンはとても使いやすい。
そして何より安いのが特徴。

安いって言っても、40万円くらいだから、気軽な買い物では無いが、
海外ブランドのストリングマシンは100万円近くするものが多く、
半分程度の価格ってことになるから、普及率も高いと思う。

ただ、剛性感というか、堅牢さはちょっと・・という部分もある。
故障も無くはないし、もう少しガッチリしててもいいのかなと思うことも。

 

で、我が家の国産最終機。
その後に発売された海外製1号機より、圧倒的に故障が少ない。

ちなみにこの製造元の会社さんは現在、ヨネックスさん傘下になっている。
グランドスラムのオフィシャルストリンガー獲得等、
ヨネックスさんがワールドワイドでストリングに力を入れている
ひとつの現れというか、そうなるよねという流れだ。

最近のヨネックスのストリングマシン、高いけど良さそうだもんなぁ。

我が家のこのマシン、壊れたらおそらく修理はできない。
修理出来るであろう方は知っているが、ヨネックスのマシンを担当してるし、
さすがに頼みようがない。

 

ってことで、ちょっとメンテナンスなど。
th_IMG_2334

 

ツールをチェック。
th_IMG_2335
他にもあれこれあるんだけど、主要なものを。
実はストリングカッター、持ってないのね。

切れたストリングを1本ずつ切っていくのって地味にストレス。
キモニーさんのストリングカッター買おうかな。
th_kmnstctr
歯の部分、貝印製なのね。
よさそう。

 

で、掃除道具。
th_IMG_2337
各種ブラシと無水エタノール。

ストリングを挟むクランプ部の掃除用具は、
ケーキ用のバターナイフにベルクロテープを貼ったもの。
th_IMG_2338
これがとても使い勝手が良い。

 

事前整備はストリンギングのスムーズさに直結。
しっかり汚れを落とし、各部の動きを滑らかにしておかないと
作業時のストレスが大きく違うのだ。
端折っちゃいけないとこね。

あと、愛用しているパーツがこれ。
th_IMG_2336
単なる皮なんだけど。

こんなふうに使う。
th_IMG_2330
スターティングクランプでストリングを止めるときに
フレームを痛めないように挟むのだ。

これ、パーネルパッドという名前がついている。

実は、Team RECの必須のノット(結び方)のひとつである、
リチャードパーネルノットの考案者のパーネルさんがつくっている。
以前、パーネル氏のサイトでこのパーツを見つけ、購入させていただいたもの。
ものは2〜3,000円くらいだったけど、送料が高かった記憶が・・・。

別にこれじゃなくても、グリップの切れ端でも紙でも
代用品は作れるんだけど、この方がテンション上がるし。

そんなわけで、このマシンにはまだまだ活躍してもらわないと。
いつまでも元気で頑張ってな〜。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ZOOMとか、ZOOMスペースとか。

今はやりのZOOMのピンバッヂ。

th_IMG_3593

というのはウソ。
これ、バスフィッシングのルアーメーカー。
なんとなくタイムリー。

 

さて、そんなわけで、こっちは仕事のZOOM。

自宅でZOOM会議に参加することも増えそうなのだが、
どこでそれをするのかが問題。

いつものワークスペースはそれなりに環境は良い。
th_IMG_1783
Wi-Fiルーターも近く通信速度も問題なし、
iMacもいつぞやの騒動を経て、SSD搭載でサクサク動く。

ただ、この角度で参加すると、後ろはリビングスペースなので、
ちょっとなぁって感じ。
たぶんあれこれ喋ってると犬たちも騒ぐ気がするし。

 

で、実はワタクシiMacにこんな細工をしている。
th_IMG_3587

カメラをテープで目隠し。
th_IMG_3586
クラプトンのFrom The Cradleのシールなのは、特に意味はない。
たまたまCDに貼ってあったのが目についたから。

何かのウイルスが入り込んで、PCを乗っ取られた時に
カメラが悪さをしたら嫌だなと思って、物理的に塞いでみたのだ。

ということで、ワークスペースはなしかな。

 

ソファは?
th_IMG_3598
良い場所を占領してるひとたちが・・・

どいてもらって、ノートPCを膝に載せても。
th_IMG_3425
すました顔で間に割り込んで来る。

ソファもダメだな。

 

やっぱり静かな別室で。
ストリングマシンやらラケットやら、本棚のある部屋はどうだろう。

本棚をバックにするとそれっぽい?
本棚見られるのってけっこう恥ずかしいけど、
まあ、そこまでの解像度じゃないだろうし。
th_IMG_3672

絵面的に遊んでようにしか見えないけど、
ギターを片付ければ何とかなるかな。
あとは、Wi-Fiがどれくらい安定してるかだな。

 

小さなテーブルが要るなと思って、ニトリのネットショップで探す。
いい感じのがあった。
th_scrtbl
約2,000円、安い!買った!

と思ったら、欠品中で6月以降の入荷だって。
マジか!

同じようなこと考えてる人、たくさんいるんだろうな。
ニトリの値段見ちゃうと他のショップで買う気が失せるけど、何とかしなきゃ。

なかなか整わないテレワーク環境である。

やっぱり、こんな話題が多くなるなぁ。

カテゴリー: PC, インターネット, オモチャ, ギター, ストリンギング, 買い物, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満タンとか、引退とか。

不調の原因特定が出来ないままに戻ってきたランクルくん。
ひとまず給油。
th_IMG_2476

満タンまで約80L、1万円オーバー。
th_IMG_2477
高い。
代車のWISHとのギャップが・・・。
燃費も含め、もはや贅沢品なのかもなぁ。
でも、好きなんだな、ランクル。

 

さて、某日。
17歳児のストリングを張る。

昔はマルチ系を張っていたが、1日で切るようになって、
ポリストリングに替えた。
中学の頃だったっけ。

そのうちポリも数日で切るようになった。

「すみません。ガット切れました。張ってもらえますか」

「いつ使う」

「明日です」

即張りかぁ、早起きしてだななんてことも。
ちなみに17歳児、今も敬語を貫いてる。(笑)

ラケットをRADICALからPRESTIGEに替えてから、
少し長持ちするようになったが、やはり消耗は早い。

この日も時間を見つけて張り上げ。
th_IMG_2306

そんな中、各所のジュニア大会中止の知らせが入る。
千葉県ジュニアも中止なってしまった。

彼のジュニア最後の公認大会がなくなった。
つまりジュニアテニス卒業である。
こんな形で。

年明けの白子の大会。
「これ含めてあと2大会か。早いなぁ」なんて見てた。
最後の県ジュニアはどこまでいけるかな、頑張って欲しいって思ってたけど、
いきなり引退の日がやってきてしまった。

関東大会はランキングで決めるそうだ。
彼のランキングはカテゴリ内で30位代。
関東には届かない。

まあでも大会がないのだから、ランキング以外に基準はない。
妥当だ。

まだインターハイ予選は残っているが、学校系の試合はまたちょっと違う。
きっとそこまでやるんだろうけど。

やっぱりジュニア公認大会が終わるのが気持ち的には大きい。

学校系の試合は関わらなかったけど、公認大会はできる限りついていった。
あんな試合、こんな試合。
泣いたり、喜んだり、怒ったり。
負けてそのままクラブに行ってコート借りて練習したり。

そんなことを思いながら張り上げた。
th_IMG_2307

彼のラケットを張るのもあと数本かな。

大会が無くなったことを受けても淡々としている17歳だが、
この先、テニスはやるんだろうか。
「色んなことをしたい」と言ってたから、やらないかもな。

まあでも、テニスがあって良かった。
テニスがなかったらここまで関われなかったと思う。

関わらせてくれてありがとう。
最後の試合まで頑張って欲しい。
試合があればだけど。

カテゴリー: クルマ, ストリンギング, テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

試打ストリングとか、インソールとか。

「#ダンロップ、ストリングはじめるってよ」
「桐島部活やめるってよ」ふうに言ってみた。
th_IMG_2358
そんなダンロップさん怒涛のリリース6機種のサンプルが届いた。
6機種試打ってけっこう大変だな。
いつ張る?いつ打つ?(目処立ってません)

 

さて、このたびTeam RECがコラボすることになった商品。
th_IMG_2630

SUSASブランドの高性能インソール、S-Balanceである。
このS-Balanceインソール、何度か測定会販売会を実施していたのだが、
試してみての実感がわかりやすく、お客様も好評をいただいていた。
足もとの強化はパフォーマンス直結ってことだ。

で、今回、SUSASさんがTeam REC日本リーグチーム、実業団チームの
サポートをしてくださることとなった。

早速。ワタクシもノンオーダータイプをテスト。
th_IMG_2631

オールスポーツ用というものらしい。
th_IMG_2632
足先部分は素材はソフト。

アーチは硬めで高め。
th_IMG_2633
ここがキモなのかな。

ソール表面の質感はしっとり。
th_IMG_2634
シューズの中で足が遊びにくいような気がする。

アシックスのシューズに入れてみることにした。
th_IMG_2637
ゴルフシューズという手もあるが、頻度が・・ね。
もともとのインソールを出してみる。
th_IMG_2645
ロゴが消えかかっていて、足形っぽいのもついている。
それほど酷使してないのに、ここまでへたるのね。

で、入れ替えようとしたら入らない。
説明書を読んでみた。(最初に読むように)
なるほど、最初のインソールを合わせてカットするのね。
th_IMG_2646

難しいな、まあこんなもんか。
th_IMG_2647

装着完了。
th_IMG_2649

ちょっとだけ足を入れてみた。

なんと!シューズが別物に感じる。

もともとは、アディダス・アディバリケード信者だったワタクシ。
ゴツめのシューズが好みで、ここまで来た。

最近はアシックスを履くようになったが、
やはり選ぶのはいちばんゴツめのGEL-RESOLUTIONシリーズ。

足に馴染みの良いゲルレゾ。
アディダスほどのカッチリ感はないが、
インソールとの合わせ技で剛性感が増した気がする。

これはいいかも。
実際にプレーしてみたらどうだろう。
期待が膨らむぜ。

問題は、いつテニスするのかってことだな。(そこかっ!)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エアコンとか、ALU POWER比較試打!とか。

某日、自宅でストリンギング。
けっこう寒い日だったので、エアコンをつけて張っていた。

が、全然暖かくならない。
むしろ、エアコンからは涼風の感触。

なんかおかしいなと思ってリモコンを見る。
th_IMG_2331
冷房になってるじゃないかぁ!

そりゃ寒いわけだ。

暖房運転に切り替えたら温風が出て来た。
当たり前だけど。
th_IMG_2332

しかしこの時期で冷房モードにはしないよね。
何らかのワナなのか?

 

さて、そんな寒い思いをしつつ張り上げたのが、LUXILON ALU POWER115。
th_IMG_2329

Wilsonのミチバさんから
「115×130のハイブリッドと比べてみてください」
と送っていただいたものだ。

早速、高島平インドアテニススクールに持ち込んで試打を。
th_IMG_2594

右がALUPOWER115x130のハイブリッド。
左が縦横ともにALUPOWER115である。
th_IMG_2595

最初はミヤタコーチに相手してもらっていたのだが、
レッスンの準備があるということで、隣のコートへ乱入。

練習中のアサノコーチ、ミヤウチコーチに相手してもらいつつ、
試打もしてもらった。
th_IMG_2601

で、感想。

縦横ともに細ゲージしたら、かなり乾いたフィーリングで硬さが出ると思っていた。
つまり、115×130のハイブリッドよりもキンキンな打球感をイメージしていた。
そしてより引っかかってスピンがかかるって予想。

ちなみにラケットは同じCRASH100。
テンションもどちらも48P。

打ってみて驚いた。

縦横115、柔らかい!
張り上げの時にも柔らかくて張りやすいと思ってたけど、
仕上がりもソフトなフィーリングになっている。

ハイブリッドの方は、横糸の130ゲージが面圧を出してくれて
しっかり感というか面剛性高めな感じ。
インパクト時、パン!とボールを潰してくれる感じになる。

一方、縦横115はボールを一瞬たわんでボールをくわえる感じが強い。
明らかにハイブリッドよりも柔らかい打球感。

ふーん、なるほど、そうか。
ゲージの細さは反発感ではなく、フィーリングに振れるのね。
言われてみれば、細い分たわむだろうから、そうなんだろうけど、
見事に予想は外れた。

th_IMG_2610

そしてスピン。
これは明らかに縦横115の方がかかる。
いや、引っかかるという表現の方が正しいかな。

ボールの軌道、上がり方が縦横115の方が上に振れている。
同じスイングをしても、それだけ引っかかって軌道が上がるようだ。
そして落ち方も大きい。

ハイブリッドの方はそこまで高く上がらない。
おそらく面剛性が高い分、潰す要素が強いんじゃないだろうか。
ただし、しっかり感が強いので、自ら打ってる感じは大きい。

ソフト感とスピンを求めるなら縦横115ゲージ。
スピン時の引っ掛かりを維持しつつ、面剛性が欲しいなら縦115x横130のハイブリッドかな。

選手系のパワーヒッターは縦横115だと頼りなく感じると思う。
おそらくすぐ切れちゃうし。

しっかり潰して打ちたいタイプにはハイブリッドがオススメだ。
逆に縦横115は女性プレーヤーにもじゅうぶん使えるんじゃないかと思う。

横糸のゲージでここまでフィーリングが違うってのは新たな発見だったな。
個人的にはどうだろう。
そこまでソフトじゃなくていいから、やっぱりハイブリッドかな。

ちなみにアサノコーチは、
「自分はグリグリのスピン系じゃないけど、勝手にスピンがかかる」
ってことだった。
もちろん、その傾向は強いのは縦横115のほうね。

ストリングって奥が深い。
同じストリングのゲージ違いでもかなりのバリエーションが組めそう。
あらためて目からウロコの試打だったな。

ミヤウチコーチ、アサノコーチ、お相手ありがとう。
th_IMG_2614

ウイルソンさん、ありがとうございました。
もうちょと打ち込んだらラケットお返ししますね。

#アルパワー最強説 #PR

カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

電動とか、関口プロパーソナルとか。

ランニング途中。
近所の公園で。
IMG_2050
ビジネス情報番組で見たやつだ。

電動式のシェアスケーター。
スケーターでいいのかは分からないけど。
IMG_2049

どうやって借りるんだろう。
IMG_2051
ちょっと興味あり。
でも、その分走ったほうがいいな。

 

さて、関口周一プロのパーソナルモデル。

HEAD PRESITGE(PRO)
th_DSC_5814

グリップは市販品の扁平から丸型に。
th_DSC_5817
おそらくプリンス系の形だ。
そしてレザー仕様。

ストリングは縦ナチュラル、横ポリ。
th_DSC_5820

ちなみにバンパーはボロボロ。(笑)
th_DSC_5835

で、プロのパーソナルモデルってどんなだろうってことで、
このラケットでテニスをしてみた。
th_IMG_0555

相手は色々。
ジュニア選手から一般まで混ぜこぜで約4時間。
アップの後、ずっとダブルスだ。

感想は・・・使いやすい。

ウエイトは市販品よりちょいと重いのだと思うが、そんなに持ち重りはしない。
関口プロのリクエストで若干トップライト気味のセッティングが効いていて、
取り回しが非常に良い感じになっている。

ちなみにワタクシも少しトップライト気味が好み。
ヘッドに振り回される感じがあまり好きではないのだ。

そんなセッティングなので、スイング自体の不自然さや苦労もない。
思うように自然に振れるのにはちょっとびっくりするくらいの使いやすさ。

グリップサイズは3なので、ワタクシにはちょっと太い。
形状も丸型なので、長年のHEADユーザーなので違和感も。

太さに関して言えば、巻き上げたグリップテープが
ウエットタイプで厚みがあるので太い感じがするのだと思う。

関口プロもそんなに手が大きいわけでないと思うのになぜ?と思ったのだが、
グリップテープはいつもトーナー社のドライグリップ。
IMG_1689
かなり薄手のグリップテープなので、ちょうど良いのだろう。
おそらく0.5サイズくらいは違うと思う。

レザーグリップはきつめに巻いてあるのか、
それなりに角がしっかり出ていて、
すっかりやわになってしまったワタクシの手には厳しいかも。

とはいえ、フワフワのリプレースメントグリップは好きじゃないので、
レザーまではいなくても、ギュッと引っ張って薄く巻き直したものか、
クッション性がない薄手のグリップテープくらいがいいかな。

薄手の元グリップといえば、ディスカウントショップで売っているような
量販品に巻いてるようなツルツルのクッション性ほぼゼロのグリップがちょうど良い。
たぶんそんなに高くないし、オーバーグリップ巻くのが前提なら、
絶妙なクッション性とダイレクト感を得られると思う。

この元グリップ、ラケットマイスターさんがストックしてたはず。

あ、話がそれた。
関口プロによれば、レザーでも使い込んでいけば、
握り締めでグリップが痩せてくるし、コンディションは変わるとのこと。
たしかにあれだけのプレーをし続ければそうだよね。

ということで、今回はあえて関口プロ仕様そのままで、
ストリングも張り替えずで打った。

振りやすい&飛ぶってのが大きな印象。
もちろんプレステージなので楽なラケットじゃないけど、
一緒に打った最新のG360+ PRESITGEよりは剛性が高く、弾き感が強い。

で、一番気に入ったのは回転系の引っ掛かり具合。

トップスピンもそうなんだけど、特にスライスの伸びが半端ない。

シンセティンクを張り上げたG360+ PRESITGEは多少の押し出しと
打ち上げを意識しないとネットギリギリに超えていかないのだが、
関口プロパーソナルは、カッ!と合わせただけで、ネットギリギリを
滑るようにボールが飛び、ベースラインまで糸を引くように伸びていく。

実際には違うのだと思うが、ボールがホップするような極端な感触も。
こんなに引っかかって伸びてくれるスライスがいつも打てたらいいだろうなって感じ。

ラケット自体の扱いやすさもそうなんだけど、
一番印象に残ったのが、この引っ掛かりの良さだった。

縦横ナチュラルの鈴木貴男プロは、
「ナチュラルだからこそ打てるボクのスライス」
とよく仰るのだが、その言葉をあたらめて感じた
関口プロのナチュラルハイブリッドセッティングだった。

振動吸収性や食いつきはよく言われるが、
食いつきというより「引っ掛かり感」と言っていいくらいの
明確な特性をあらためて感じることが出来た。

当然、サービスにおける引っ掛かりも大きく、
スライス、スピンともに回転のコントロールがいきやすい。

やっぱりナチュラルは違う。
縦横じゃなくハイブリッドでもじゅうぶんその恩恵に預かれるはず。

ということで、現在RECテニススクールで実施中のストリングキャンペーンでは、
「やっぱりナチュラル!」って提案をさせていただいている。

プレーのレベルを一枚引き上げてくれるナチュラルストリング。
あなたもスピンマスターになれるかも。
一度お試しください。

って、宣伝かいっ!(まあ、でもホントです)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丼とか、#アルパワー最強説インプレ!とか。

駅前にて。
th_IMG_0750

th_IMG_0751

th_IMG_0754

D-1グランプリだって。
丼もののイベントらしい。
th_IMG_0753
美味しそう。
でも、どれもまあまあ高い。
丼は500円くらいまでかなぁ。

 

さて、Wilsonさんから届いた #アルパワー最強説 のストリング。

今回届いた130と115ゲージをハイブリッドでCLASH100に張ってみた。

メインに115。
th_IMG_1572

クロスに130。
th_IMG_1573

th_IMG_1574
新色のアイスブルー、なかなか良い。

張りあがり。
th_IMG_1577

で、早速、17歳児との練習で打ってみた。
th_IMG_1586

おお!いいぞ!(何がだ?)

少し乾いた感じの打球感は心地よい飛びを感じさせてくれる。
この弾き感はやはり細ゲージならでは。
キレの良いフィーリングはスピード感のあるプレーが実現しそうな気にさせてくれる。
いいかも。

そして、何より期待していたのはスピン性能。

ビンゴ!
しっかり引っかかる!
ストリングがボールの表面を引っ掛けてスピンがかかる感じ。
これぞ、想像していたフィーリングである。

実は今年に入ってからナチュラルを再度試していた。
ナチュラルは振動吸収性も含め、トータルでやはり良い。

特に見直したのはスピン性能。
鈴木プロも言うように、ボールへの引っ掛かりが明らかに違う。
そう言う意味でもナチュラルの良さ再認識をしていたところ。

そこまでとは言わないが、この細ゲージのアルパワーも
かなりの引っ掛かり感があり、
自分の感覚から1割増しくらいのスピン感がある。
(注:個人の感想です)

ということで、再度確かめようと、
レックインドアテニススクール上石神井に持っていって試打。

th_IMG_1844

th_IMG_1852

うん、やっぱりいい!
回転系を意識しているからかもしれないが、
スライスのボールの伸びもいいし、トップスピンの落ちぐあいもいい。

縦横ゲージ違いのハイブリッドいいかもね。
縦横115のセッティングとの違いも試してみると良いかもと思った。
ウイルソンさん、115もう1張送ってもらえませんか。

トップ選手のスタンダードの地位を確立しているアルパワーだが、
これでさらに幅が広がり、痒いところに手が届くようになった。
恐るべし、LUXILON!

そうそう、試打はビジネスパルに向けて練習に来ていた
タケダコーチのコートに無理やり入れてもらった。
th_IMG_1836
ごめんね、タケちゃん。
ありがとう。

#アルパワー史上最強説 #luxilonstring #wilsontennis

カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポストとか、試打!とか。

先日のLINEアカウントの案内。
よく考えたら、スマホのブラウザ画面にQRコードが表示されても
それは読み込めないことに気づいた。(そりゃそうだ)

LINEの「友達追加」〜「ID検索」で、@rec-tennis で検索してください。

登録よろしくお願いいたします!

 

松山空港にて。
th_IMG_7114
松山の街のあちこちにあった。
さすが俳句県。
(ていう言い方あり?)

 

さて、某日。
自宅でシコシコとストリンギング。

th_IMG_6470

試打ストリングである。
th_IMG_6468

取り扱い提案をいただいたストリングは一定条件で張り上げて、
Team RECスタッフで試打をする。

打球感(飛び・回転・ソフト感、その他あれこれ)を規定の評価シートで
段階評価し、取り扱いした方が良いかどうかを集計する。

性能は?価格は?カテゴリ的にハマるところはあるか?など、
お客様に良い提案が出来るかをイメージしながら決めていく。

やはりお客様のプレーや状態をいちばん知っているのはコーチ。
コーチングスタッフの評価が高くないとねということ。

けっこう皆、辛口な時もあり、ハードルも高いが、
やはり皆が認めたものはお客様にも喜ばれるのだ。

ということで、張り上げてミーティングに持ち込む。
th_IMG_6471

皆、なかなか良いところを突いてる。
もちろんこの評価はそのままメーカーさんにフィードバックさせていただく。
取り扱いの有無もそうだが、また次の提案にも繋げていただけるのが大事なのだ。

ということで後日、17歳児の相手をする機会があったので、
まとめて試打をしてみた。
台風前夜だけど。
th_IMG_7293

なるほどなぁ。
th_IMG_7296

th_IMG_7302

th_IMG_7300

th_IMG_7297

1本ずつメモをしつつ、順番に打つ。
(練習にならないね。ゴメン)
同一カテゴリーじゃないので比較はないのだが、
どんな層にどうハマるかを考えつつ、試打。

まずは自分の打球感覚をセットするところからかな。
しばらく打ち込んでからじゃないとわかんないや。
うーん、普段からもう少しボールを打つ機会を増やさないとだなぁ。

最近は柔らかめのポリも増えて、一定のシェアを維持するようになったけど、
飛び系のマルチってやっぱりいいね。
ストリング選びも終わりがない感じなだなぁ。

と言いつつ、標準はHEADのSONIC PRO(ポリ)なんだよね。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

W.Oとか、#BLADERの覚醒、張り上げ!とか。

大会出場中のTeam RECのプロメンバーからは日々報告が入るが、
選手たちの動向は、ATP、WTA、ITF、JTAサイトで常に追っている。

結果を見て、FacebookやLINEでメッセージを送るとすぐに返事がある。

ネット環境が今ひとつな国だと返事がなかなか来ないこともあるけど、
最近はほとんどの国で環境が整っているので、問題なし。

決勝戦のライブスコアを見てメッセージを送ると、
表彰式終、すぐに写真が届く。
便利な時代になったものだ。

先週、ウズベキスタンのATP Fergana Challengerに出場していた関口周一プロ。
ATPのサイトを見たら、W.Oで2回戦敗退。

ドローを見ると「pulled muscle(肉離れ)」。
まじか。
慌ててメッセージを送る。

「大丈夫?」
程なく返信。

「今、成田に着きました。怪我ですけど、そんなにひどくはないと思います」

次の日の診断も深刻ではなくひと安心。
良かった。
ここまで順調にポイント稼いでるし、
なんとか良いペースで頑張って欲しい。

 

さて、Wilsonから届いたブラックコスメラケット。
th_IMG_5333

早速張り上げることに。

同梱されていたストリングは、Wilson DUO POWER。
th_IMG_5353
ALU POWER125とNXT POWER16のハイブリッド。

最初は縦横同じで柔らかめのポリを張ろうと思ったのだが、
これを入れてくれたということは、
それなりの意図があるのだろうということで、
まずはこのセッティングを試してみることに。

メインにALUPOWER、クロスにNXTPOWER。
th_IMG_5355

テンションは48ポンド。
th_IMG_5354
ワタクシ的には若干ハイテンションのセッティングだが、
このラケットの方向性はツアー系、プレーヤーモデルだろうってことで、
それなりのテンションにしてみた。
後日、色々試してみればいいしね。

ストリングパターンは、16×19。
たしかテイスティングイベントでは、18×20もあったような。
ワタクシにはきっとこちらの方が合っている。
スピン系もひっかりそうだし。

それにしてもハイブリッドのクロスにナイロンマルチって張りやすいなぁ。
ストリングを長く取り回さないでいいし、クロスがメチャ通しやすい。

ということで、あっという間に出来上がり。
th_IMG_5369

邪魔だって。
th_IMG_5361

th_IMG_5365
交互に来なくていいから。

グリップテープはWilsonのPROOVER GRIPがなかったので、
展示会でもらったサンプルを巻いてみた。
th_IMG_5366

うん、いい感じだ。

さて、試打に行くか。
相手は17歳児だな。

#BLADERの覚醒
楽しみである。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。