カテゴリー別アーカイブ: ストリンギング

緩すぎとか、マイラケットとか。

某日朝、高輪テニスセンターでテニス。
たまにお声がかかる、あるお方とのテニスである。

IMG_6588
この日は、ブラックコスメのHEAD G360 SPEED MPを持っていった。

以前、身体への負担を考慮して、ナイロンを40ポンドで張ったままの
SPEED MPは気温の上昇もあって柔らかすぎた。

打球感もほとんどなく、フェイスも暴れ気味。
しかたがないので、マッケンローになりきってプレーしてみた。
やっぱりある程度のテンションは必要だ。
またはマメな張り替えだね。

 

さて、そんなわけで、正式コスメのSPEED MPはポリを49ポンド。
IMG_6370

うん、なかなかカッチリでいい感じ。
IMG_6376

今度のSPEEDは以前のモデルよりもストリングパターンも
広がっていて、若干ソフトな打球感だから、とても使いやすい。
いつもはポリを42ポンドのワタクシだが、49ポンドでも快適に打てる。
この進化はかなりのものだと思う。

ちなみに、ローランギャロでもウインブルドンでも
G360 SPEEDを見ることはなかった。

なぜなら、今回のSPEEDは全世界発売日よりも
日本だけが1ヶ月前倒しというウルトラCの戦略だから。
ジョコビッチ、ズベレフがこのデザインのモデルを使うのは
8月の全米の前哨戦からかな。

このHEAD G360 SPEED、ワタクシたちレックテニススクールでも
全校で新製品キャンペーンを展開したところ、かなりの販売数だった。
製品の良さはもちろんだが、HEAD JAPANさんの取り組みのおかげでもあると思う。
ありがとうございました。

ということで、借りていたSPEEDをお返しした。
IMG_6374

実はこのSPEED、発売前のティーザープロモーション期間限定の貸し出し。
「発売前に貸してあげるから、ブログやSNSで宣伝してね」ってことだ。

発売プロモーションもひと段落したので返却。
少しは力になれただろうか。
貸し出しありがとうございました。

 

で、久しぶりに16歳児をテニスに送っていく。
早めに着いたので少し練習しようってことに。

あ、ラケットが・・ない。

えーと、前にストリング試打で張り上げた旧ラジカルがあったな。
さすがにストリングがボヨボヨ。

じゃあ、旧プレステージは・・これもだめだ。

他には・・・あ、モデルチェンジで使わないってことで
借りて来た試打ラケットの旧ピュアドライブは・・
うーん、やっぱり張り替えないとちょっと。

他には・・、これまた型落ちの試打、アエロプロドライブ。うーん。
あとは、肘が痛い時用の旧旧EZONE・・ダメに決まってる。

っつうか、型落ちモデルばっかり・・・。

最近はストリング試打がほとんどだったからなぁ。
気づけば、現行モデル1本も持っていない。
コーチのラケット使用の社内ルールに照らし合わせると完全にアウトだ。
申し訳ない。

家には古いラケットが溢れてるんだけど・・・
やっぱりストリング試打用じゃない、
自分用の現行モデルも持っておかないとね。
さて何にしようかなぁ。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレー屋とか、決戦前日とか。

某所にて。
IMG_4042
裏道で偶然見つけたカレー屋さん。

時間がなくて入れなかったが、
ちょくちょく行く場所なので近々入ってみようと思う。
バシさん、一緒にいく?

 

さて、メッチャ暑かった金曜日。
Team REC・ビジネスパルチームは会場入りして前日練習。

ワタクシはといえば、
展示会〜会社〜商談〜某所で打ち合わせ〜
レックゴルフスクール水道橋で打ち合わせと、
灼熱の都内をあちこち&バタバタしていた。

夕食は、チーム恒例の決起集会なのだが、
予想通りに間に合わずだった。
残念だが、なにかと詰まっているからしかたがない。

ようやく千葉に戻り、メンバーが泊まっているホテルへ。
オクダコーチからストリンギングのオファーがあり、
ラケットをピックアップするためだ。

試合前日に張るのがオクダコーチのこだわりらしい。
迷惑だ・・・。

ラケットを預かり帰宅。
ストリンギング開始。
IMG_6729

ヨネックス、久しぶりに張ったぜ。
IMG_6731
とりあえず今夜は2本。
ようやく食事ができる、ふう。

裏方は試合中は応援することしかできない。

本格的に動くのは試合が終わった夜。
写真の整理、webへのアップ等々。
そして場合によってはストリンギングとか。
出来ることをしっかりこなして、選手が不安なく戦えるように整えよう。

とにかく全国へ。
いよいよ決戦である。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

花園とか、ストリンギングブースとか。

花園神社
IMG_4605
朝、見るのも初めてだし、こっちの入り口も初めてだ。
夜中のゴールデン街からのアクセスしか知らなかったし。

健康的なペースに移行しつつある今日この頃。
いいことだ。

 

さて、まだまだあるローランギャロ画像。

1番コートと2番コートの間にあるハウス。
IMG_5612
地階に降りていくと、歴史館やビーチテニス、パデルなどの
アトラクションコーナーがあるのだが、さらにその奥には・・・

オフィシャルストリンギングブースがある。
IMG_5631
ローランギャロのオフィシャルはバボラってことで、
普通は入れないエリアに入れていただいた。

受付カウンター。
IMG_5630
選手やコーチがラケットを持ち込む。

テンション、1本張りor2本張り、張り上げ時間、
張ってほしい時間(前日でもOKとか、当日朝とか)など、
細かく指定していくそうだ。

1日に何本持ち込まれるのかは分からないが、
すべてのリクエストに応えるのは本当に大変だろう。
明け方までかかることもあるっていうのもわかる気がした。

日本から参加されている柞木さん。
IMG_5623
岡山でショップ経営されていて、
グランドスラムのストリンガーとしても超有名なお方。

実は10数年前にあるメーカーさんのイベントで
ニューカレドニアでご一緒した。
名刺をお渡ししてそのことを話したのだが、
ワタクシのことは憶えておられなかった。
当然である。

今大会も錦織圭のラケットを担当されたそうだ。
IMG_5624

IMG_5627

これが圭のラケット。
IMG_5625
スローと内側に「Kei」と入っている。

グリップテープは圭用のオリジナル。
(と、ウイルソンのM氏が言っていた)
IMG_5626
フレームはちょっと長いのかな。
貴重なものを見せていただいた。

マシンはすべてバボラのニューモデル。
IMG_5622
ターンテーブル〜クランプレールが特徴的。
うーん、張ってみたい。

このマシン、先日のダンロップさんの展示会で発表になっていた。
値段はやはりの100万円オーバー。
うむー、ちょっと無理かな。

「良さそうっすね!このマシン」と堤コーチが食いついてきたので、
「起案書出してみな。買ってもらえるかもよ」
と言っておいた。
堤コーチの男気が試されている。(笑)

マシンはそれぞれのストリンガーに割り振られている。
IMG_5621
柞木さんはNo03。

今回のアテンドがオフィシャルのバボラさんだから入れたこの場所。
本当に貴重な経験をありがとうございます。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

LUXILONとか、PROSTAFF登場!とか。

アメアスポーツさんから発表展示会の案内が届いていた。
ウイルソン新製品の発表とルキシロンサミットなる
限定ミーティングがあるらしい。
IMG_5158
ローランギャロ行きの前日かあ。
もちろん伺いまっせ。

ということで、雨の降りだした新宿を歩き到着。
IMG_5259
いつ来てもいいオフォスビルだなぁ。
ウチも引っ越しませんか、ボス。

新製品ラケット・シューズ・アクセサリーのプレゼンが2時間!
それだけ盛りだくさんなラインナップなのだ。(期待してください)

そして、ルキシロン社のトップが来日してのルキシロンサミット。
IMG_5261
同社の歴史から品質管理、開発理念、
さらには開発中のトップシークレットなど。

ルキシロンて医療用糸を作ってるのね。
知らなかった。
そりゃ、品質管理も厳格なわけだ。

そして数々のツアー大会でオフィシャルストリンガーを務める
細谷さんによるトークショー。
IMG_5264
大会の裏話、選手の動向、最近のストリンギング事情など
とても勉強になった。

最後に、ルキシロン社長さんから
LUXILON 2018MEISTERのプレートをいただいた。
IMG_5262
(レックインドアテニススクール上石神井に飾ってあります)

やっぱり、情報とマニュアルは常にアップデートだな。
ローランギャロでもバボラがオフィシャルストリンガーなので
おそらくストリンギングブースに入れるだろうから、
色々と情報を入れてこようと思った。

頭が疲れたけど、勉強になったアメアスポーツさん訪問だった。

 

さて、そんなアメアさん訪問の際に発表されたのが、
名機 Wilson PROSTAFFである。

昨日、情報解禁になったので、ご紹介。

PROSTAFF RF97 AUTOGRAGH
PSRF97FPSRF97

■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウェイト:340g
■バランス:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:21.5mm
■ストリングパターン16×19
■グリップサイズ:G2 / G3
■価格:42,000円

 

PROSTAFF 97CV
PS97CVF PS97CV
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウェイト:315g
■バランス:310mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:21.5mm
■ストリングパターン16×19
■グリップサイズ:G2 / G3
■価格:38,000円

 

PROSTAFF 97L
PS97Lf

PS97L
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウェイト:290g
■バランス:325mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:23mm
■ストリングパターン16×19
■グリップサイズ:G1 / G2
■価格:35,000円

前モデルのブラックも高級感があって良かったが、
今回はタキシードブラックにホワイトをかけてきた。

おそしく斬新とは言わないが、オーソドクスさを維持しながら、
タキシードブラックのベルベットペイントで名機ぶりを主張している。

今回も「L」バージョンを配し、女性層にもアピール。
このモデル、結構人気なんだよね。

と言いつつ、実はまだ打っていないので打感は不明。
来週、レックインドアテニススクール上石神井で試打会があるので
ワタクシも参加予定。
インプレも書こうと思うのでお楽しみに!

しかしまあ、各社から楽しみなモデルが目白押しの春から夏。
楽しいけど、迷うね。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バッグとか、張り上げとか。

HEADさんからお預かりしたブラックコスメのSPEED。
セットの中にはツアーケースも入っていた。
IMG_5120
最近はツアーケースを使うことはあまりない。
しかもとても爽やかなデザインで、
ワタクシには似合わなさそう。
シャラポワなんかが持ったら映えるんだろうね。

それにしても最近のツアーケースは軽くなった。
使いやすそうだ。

 

さて、そんなわけでブラックコスメのSPEED。
WebやSNSのあちこちで話題になっている。

日本で90セットって言ってたけど、
本当なのかなと思うくらい目にする。
まさにHEADさんの思惑通りって感じだ。

ということで、ようやく張り上げる時間が出来た。
IMG_5121

同梱されていたストリングは2種類。
IMG_5122
ポリとナイロン。

どっちにしようかな。
迷ったけど、結局ナイロンにした。
IMG_5123
最初はソフト目で試してみようってのと、
張り上げ時間が多少短くて済むからだ。

ストリンギング開始。
IMG_5124

張りやすいね・・・
って、ラケット、ストリング、どっちを褒めてるんだか。
IMG_5139

ラケットによっては、不具合ではないのだけど
微妙に張りづらいものがあるのも事実。
このラケットはとてもスムースだ。
ポイント高し。
IMG_5126

最後のノットは横糸で留めてみた。
IMG_5127
いつもは縦糸で留めるのだが、今回はあえて横糸。
ちょっと理由があってなんだけど、
分かる人には分かるでいいかな。

ちなみにノットはリチャードパーネルノット。
Team REC標準のノットのひとつである。

完成。
IMG_5128
とても精悍なフォルム。
ラケットってこういう佇まい、大事だよね。
さてと試打しますか。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

来社とか、ハイブリッドとか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

年末から年明けにかけてツアーに出ていた関口プロ。
一旦帰国し、レック本社に顔を出してくれた。
IMG_5971

今回の遠征は、ITFツアーで準優勝、そしてATP CHALLENGERでベスト8と
実りのあるツアーになったのではないかと思う。
この成績を安定、継続的に出せればグランドスラム予選にも手が届くだろう。
今年はさらに頑張って欲しい。

そして話は日本リーグセカンドステージへ。
前大会の上位チームとの対戦ということで
互いに知った相手チームメンバーのオーダーを予想したり、
こちらのオーダーを考えて見たり。

もちろん、関口プロには全勝を期待している。
よろしくね!エース。
ひとつでも上位でリーグを抜けよう!

 

さて、久しぶりのストリングパターン。

何が久しぶりかって言うと、ハイブリッドパターン。
IMG_5772

最近は試打ストリングを張ることが多かったのと、
ここ数年はポリストリング(HEAD SONICPRO)が標準だったのだが、
今回は2パターンのハイブリッドで張ってみた。

トニックプラスx4Gソフト
IMG_5774

トニックプラスxアルパワーソフト
IMG_5775

実はレックでハイブリッドパターンを導入しようと思っていて、
そのためにいくつかのパターンをテストすることになったのだ。

やはりナチュラルのフィーリングは他には変えがたい。
そこにポリ系のカッチリ感も加えたラインナップも必要だろうってこと。

簡単に言うと、トニックプラスx4Gソフトは錦織圭タイプ。
圭のナチュラルはウイルソンなので、あくまで「圭タイプ」だけど。

そして、トニックプラスxアルパワーソフトはジョコビッチ系かな。
ジョコビッチはルキシロンと契約はしていないし、
正確には「ソフト」じゃなくて「アルパワー」だから
あくまで「ジョコビッチタイプ」ってことだろうか。

 

テンションはいつもより、4ポンド高めの47ポンド。
皆に試打してもらう前提なので、少し上げてみた。
IMG_5777
同じ条件で比較したかったので、HEADさんにPRESTIGE Sを借りた。

ありがとうございます。

14歳児との練習で初打ち。
IMG_5789

ちょっと固かった。
気温が低いってのもあるけど。

少し打ってこなれてきたところで、感触が分かってきた。
やっぱりナチュラルはいい!
そしてハイブリッドも正解。

縦横ナチュラルだとポリに慣れた腕には
少し柔かいと言うか、くわえすぎる。

ナチュラルのホールド感にポリのカッチリ感がミックスされて、
絶妙な打球感を生み出している。
多くの選手がハイブリッドにしているものわかる気がする。

 

そして2タイプの違い。

簡単に言うと、4Gソフトは「球ノリの良さ」。
ボールをくわえる感触はナチュラルのものではあるが、
さらに4Gソフトがアシストし、フェイスにボールを乗せてくれる。

トップスピンもそうだが、スライスではさらに顕著にそのフィーリングが。
ギュッとフェイスに乗ったボールが、しっかり回転を得て出て行く。
ベースライン深くに滑るという、まさに理想のスライスをアシストしてくれる。

そして、アルパワーソフトは「潰し系」。
アルパワーの「ソフト」ながら、4Gソフトと比べると、しっかり感は強い。

ブレないフェイスがボールを潰しながら打ち出してくれる。
とはいえ、腕にガツンと厳しい衝撃が来るのは、ナチュラルが緩和してくれる。
スピンは引っ掛けるよりも、潰してかけるイメージ。
どちらかといえば、ハードヒッターに好まれるのかな。

何にしても、ナチュラルとポリの融合はなるほどという感じ。
これに、ナイロンマルチのパターンも組み込むと、
かなりの幅で選択肢が増えて面白いことになりそうだ。

最近ちょっとご無沙汰だったハイブリッドパターン。
いいね!これ。

次回のストリングキャンペーンをお楽しみに!

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, バイク, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストリンギングとか、30年とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「ストリングが切れました。張ってください」と14歳児。
IMG_2988
ポリにしたとはいえ、やっぱり切れる。

これから先、もっと消費するんだろうな。
家にストリングマシンがあって良かった。
どうか壊れませんように。

ちなみに、14歳児のリクエストはなかなか細かい。

「もう少しだけ飛んで、スピンが引っかかるようにお願いします」

言い方は敬語だけど、とんでもないこと言ってるぞ。
その前に打ち方考えろよ。

 

さて、帰省最後の夜。
30年ぶりの友人と、人生で初めて飲んだ。

アライくんとは小学校2年生からの仲。
ワタクシが転校してきた学校で同じクラスになり、
ボーリングが縁で家族ぐるみの付き合いに。

アライくんは小学校中学校とサッカー部。
ワタクシはバスケットボール部だった。

同じ高校に入り、二人ともサッカーもバスケもやめるつもりだった。
じゃあ、楽しそうなテニスでもと安直にテニス部に入部。
いや正確にはまだ部にもなっておらず「テニス愛好会」だった。

「愛好会だし楽しくて楽そう。女子もいそうだし」というのは完全な勘違い。
連日、素振りとランニング、そしてコート作りという
想像とは全然違うテニス部生活が幕を開けた。

それでもお互いテニスが性に合ったのか、
テニス漬けの生活で毎日が過ぎていった。

そしてもう少しのところでインターハイを逃し、
ワタクシたちの高校テニスは幕を閉じた。

大学はバラバラ。
最初の頃こそ帰省しては会ったものの、
ワタクシは関東の生活が楽しすぎでまったく帰省せず、
徐々に疎遠になっていった。

昨年か今年か、facebookでつながり、互いの生存を確認。
ようやく再開となったというわけ。

昔は(大っぴらに)酒を酌み交わすような年齢ではなかったので
こうして飲みに行くような付き合いは初めてなのだ。
IMG_2547

海鮮をつまみながらこれまでの人生を報告し合う。
自分のこと、家族のこと、仕事のこと・・・
IMG_2549

ほとんど料理も食べず30年の隙間を埋める。
IMG_2546

ヤツが言った。

「お前をfacebookで見つけてさ、今もテニスで食ってるって、
すげえなぁっていうか、うれしかったよ」

「色んな人に出会って、助けてもらって、
こうしてテニスに関わっていられるって、
ラッキーっていうか、感謝感謝って感じだよなぁ」

それぞれに道があって、それぞれに信じて、もがいて、
ヤツはそこに東日本大震災があって・・・
1日ずれて辞令が出た赴任地に着いていたら、
津波にのまれていただろうってことも聞いた。

まあまあ飲んでヤツが言った。

「もう一軒行こう」

「いいよ、まだ早いしね」

楽しい夜である。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レビンとか、ワックスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所で見かけたクルマ。
IMG_9872

カローラ・レビン
IMG_9874
AE92っていうのかな。

1990年頃、一世を風靡したクルマである。
IMG_9873
少し調べてみたら、大ヒットのラグジュアリーカー、
ソアラを模したデザインらしい。
なるほどたしかに。

このAPEXバージョンは、前モデルのAE86から
リアやボディサイドに散々と輝くようになった気がする。
IMG_9875
この頃のカローラってグレードや車種名がステッカーなのね。

リアシート後方にはお約束のPIONEERのスピーカー。
IMG_9876
私も初めて買ったカローラのリアには
KENWOODのスピーカーを積んでたっけ。

このブランドロゴが大きく描いているのがカッコ良かったんだけど、
実際はリアウインドウにスモークを入れたるするので
見えなかったんじゃないだろうか。

ワタクシ、この手のクルマに乗ったのは最初の1台だけ。
以降はステーションワゴンか4WDを乗り継いできた。

ワタクシの好みとは完全に方向性は違ったけど、
ホンダ・プレリュードなんかと並んで
当時を象徴するクルマであったことは間違いない。
懐かしいね。

 

さて、ストリングである。

テクニファイバーから発売された新機種を試打してみた。
IMG_9984
自宅で張り上げ。

ラケットはネオインドアから借りてきた
型落ちのバボラ・アロロプロドライブである。
最近は試打のベンチマーク機はこれ。
借り物ってところが泣けるけど。

このストリングは、PRO RED CODE WAXという。
tfprcw
ヒット機種、PRO RED CODEにワックスを含浸させ
スナップバック効果をさらにアップ、持続力も増したらしい。
つまりスピン性能がより増し、より続くということ。

張り上げ感は、気のせいだろうか、ワックスな感じ。
いや多分気のせいじゃないと思う。
手にワックスがつくような感触がある。

とはいえ、多くのストリングは表面に
オイルを塗っていあったりするので、
それを思えば、気にならない・・かな。

張り上げはそれほど硬さを感じない。
ポリのパツパツ感がさほどないため
使用可能層の広さを予感させる。

張り上がり。
IMG_9985
ストリングをずらすと、ヌメッとした感触。
確かにワックスが効いていそうな予感。

実は、個人的にはスナップバックというものに懐疑的である。

動画で見るようにイパクトの瞬間に
あんなにストリングがズレて戻るのかとも思うし、
その動きでスピンがかかるほどに接触時間があるのも
うーん、そうかなぁという感じ。

とはいえ、ストリングのズレが少ないこと、
いやほとんど無いのは大きなメリットだと思う。
1ポイント毎にガシガシと縦糸を直していたのは
もはや過去の光景になった。

さて、スピンへの期待を持ちつつ試打。

スピンは分からないが、打球感は良い。
それなりにハードな打感を覚悟して打ったのだが、
非常にソフトな打球感に驚いた。

ボールを適度に包み咥える感触はポリっぽく無い。
あくまでポリ比較だが、このソフト感は他には無いかも。

言ってみれば、ルキシロン4G系とは対極の打球感。
4Gはシャープにボールを一瞬で打ち出す感触で、打球音も高い。
一方、このプロレッドコードワックスは、しっかり咥えて押し出す感じ。
打球音もそれほど高くは無い。

2週間ほど、飛び飛びに使用しているが、
テンション維持性能も悪くなさそうだ。
最初の打球感が損なわれずに残っている。

ワックスを含浸させるとこんなソフトな打球感になるのか。
悪くない。

スピンを掛けつつ、コントロール性に安心感が欲しいプレーヤーにオススメ。
あくまで個人的な感触だが、腕や肘にも負担の少ないストリングのように思う。
(ポリストリングとしては・・だけど)

ちなみにこのストリング、試打が届いたタイミングの関係で
まだレック各校では取り扱いは無い。
現在、各所のコーチたちが試打をしているところ。
結果次第でお目見えかもというところである。

カテゴリー: クルマ, ストリンギング, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

張り上げとか、写真その1とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグに向けて出発前夜。
長男からLINE。

「今日ガット張れますか?」

「いいよ。自分で張る?」

「塾の後なので、自分で張ると時間がかかって遅くなるので」

「じゃあ、張ってあげるよ」

「ありがとうございます」

ということで、帰宅後に張り上げ。
IMG_7879
これは長男のラケットではない。

「誰の?」と聞くと「部室にあるやつ」と言う。
きっと友達のだろう。
小遣い稼いでるのかな。
自分で張って稼げるようになったらどうだろう。

張り上がったタイミングで13歳児が練習から帰ってきた。

「ガット張ってもらえますか?」

「切れた?」

「切れてないけど、ポリにして欲しい」

「帰ってきてからじゃダメ?」

「週末、練習試合に行くのでお願いします」

結局、出発の朝に張り替え。
IMG_7880

ポリが良いのだそうだ。
IMG_7881
ずれない、切れない、飛びすぎないのが良いらしい。

ナイロンマルチだって売るほどあるから
いくら切っても良いのだけど、ポリが良いそうだ。
いちおう分かるのね。

ストリングマシンがあって良かった。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージ。
試合以外の写真。

今回の遠征バッグ。
IMG_7920
RIMOWAのキャリーだとカメラ機材が入りきらず、
カメラ専用キャリ−2台を両手で転がすわけにもいかないので
少し大きめのキャリーにした。

このキャリーバッグ、5〜6年前にプリンスさんが売り出したもの。
O3シリーズが発売された時で、前面に「3」のシールも貼ってあったが、
それは速攻で剥がしてしまった。

前面にappleとReam RECのステッカー、
上面には会社ロゴステッカーを貼ってみた。
IMG_7919
Team RECのカッティングシート、作ろうかな。

今回のホテル。
IMG_7923
駅前なのと部屋が広くて良かった。

朝食バイキングはおそろしく長い行列になるのがちょっと。
海外からの旅行者の方が食器などの勝手が分からないのと、
あるものすべてを皿に盛ってしまうので、
トレイの前にたどり着いても既に何も無いことも多かった。
外国の方々は逞しい。

駅前には食事スポットもコンビニもあり便利。
初日の食事はプロたち推薦のイタリアン。
IMG_7925

生パスタが美味しい店だったが、おしゃれな感じで量は少なめ。
若い選手たちの前に皿が置かれると、一瞬で空になっていた。
IMG_7929
食べ放題選手権か?

しばしば携帯をチェックする関口プロ。
IMG_7928
移動中もマメにチェックしていたのは全豪オープンの経過。
選手情報にも詳しく、話をすると勉強になることが多かった。

玄吾プロが持つのはジャンボ餃子・・ではなくピザ。
IMG_7930
これも瞬殺だった。

カニのパスタ。
IMG_7931
玄吾プロの手に注目。

ああ、食ったぜ〜!という表情。
IMG_7934
確かに食べた。
それだけ動くからねぇ。

ワタクシはこれまでの反省を生かし、お酒は少しだけ。
帰りにコーヒーを買って部屋で仕事をした。
このパターンだとなんとか業務も進む。

本社も現場も普通に動いているし、
遠征だから何も出来ないってわけにはいかないしね。

ホテルのWi-Fiもバリバリ、
会場でもポケットWi-Fiの電波状況が良いのは助かった。
そんなこんなで初日が終わっていった。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

張り替えとか、レールとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

13歳児のテスト期間が終了したそうだ。

あれだけ好きなテニスなのだが、テスト1週間は練習を休むという。
そして勉強の合間にミニチュアラケットで素振りをしている。
練習行けばいいのに。

ということで、ようやくテニス再開。
ストリングを張り替える。
IMG_7200

片方のラケットばかり使うので、
両方一緒に張り替え、グリップも巻き替え、
振動止めも逆につけておいた。

これで両方使うようになるかな。
いや、気づくよねやっぱり。

ついでにワタクシのラケットも張替え。
IMG_7201
テストしたいストリングがあったので
ベンチマークのラジカルに張り上げる。
あ、あくまでワタクシの中での標準ラケットがラジカルMPってことだけど。

次の日、長男からメール。

「ガット張っていいですか?」

「いいよ。夜なら見ててあげる」

このところ張ってなかったので、1時間かかった。
IMG_7319
ポイントは長男のラケットではなく、部活仲間のラケットってこと。
ガット張りで小遣いを稼いでいる疑惑が浮上したが、黙っておいた。
それくらいの技術を身につけてくれたら逆にウレシイけどね。

そんなわけでめずらしく連日稼働のストリンギングマシンだった。

 

さて、今日はクリスマスイブ。
もはやクリスマスだからなんだってこともなく、
年末のバタバタに対応することだけで手いっぱいが毎年のことだ。

今年はどんなだったか、いい仕事が出来たか、
役に立てたのかなど、少し振り返ってみたりした。
終わりはないとはいえ、やはり満足はないなぁ。

今年もたくさんの方にお世話になった。
先日、ある会社の経営者の方に飲みに連れて行ってもらった。
久しぶりのサシ飲みである。

色々な話を聞かせていただた。
そして思った。
経営者は大変なのだと。
もちろんご本人はそんなことは言わないけど。

よく読み聞きする経営者の思い。

「自分が経営者だと思って仕事をして欲しい」
「経営者感覚を持ったリーダーになって欲しい」
「自分の財布から出すと思ってお金を使って欲しい」

うむー、それはきっと無理だ。
経営者が実際に背負っている責任とリスク、
プレッシャー、そして感覚は想像することは出来ても、
おそらく本当のところは分からないし、本質は理解出来ない。

だから経営者と完全にシンクロした感覚で仕事が出来る社員はいない。
そういうつもりで仕事をしたいという人はいると思う。
しかし本当に経営者そのままの感覚を持っていたら
きっとその人はすでに起業し経営していると思う。

ワタクシも自分の会社だったらどうする、
自分のお金だったらと思って仕事をしようと思っている。
しかしワタクシは経営者になったことはない。
やはりどこかで完全に理解するのは無理なのだろうと思う。

あるベンチャーの方に誘われたことがある。
結果的にその時の自分の仕事を取り、その話は辞退したのだが、
その時に色々と話を聞いたことはとても勉強になった。

仕事には仕事も作業もあるけど資金繰りもあります。
自分のお金をつっこんで、リスク背負って、支払い考えて眠れない。
そんなこともしょっちゅうでした。
サラリーマンとは仕事の根本が違うのです。

そうなのだろう。
と書きながら・・・でもきっと分かっていないのだ。

自分のお金でリスクを取って事を動かそうとしたことがある。
しかしそれは叶わなかった。
させてもらえなかった。

サラリーマン(一社員)がすべきことではなかったらしい。
ああそうか、リスクを取ることは出来ないのだなと思った。
経営とサラリーマンとはまったく別物なのだ。

ワタクシはサラリーマンである。
でもその中で最大の責任と意識を持って仕事をしたいと思う。
それこそ、本当は分かっていない責任を想像してである。

上司は部下にこう言う。

「自分が上司の立場になったことを想像してジャッジしろ」
「自分がトップとしてチームを率いることを想像しろ」
「会社の立場に立って、広い視線を持て」

いや、無理でしょ。
でもワタクシも若手の皆に言ってしまう。
「5年後、自分が事業所のトップになっていると思って
今日の研修を受けましょう」

バカな話である。
人は自分の歩いた道しか経験値にならないのだ。

なったこともない上司や、やったこともない経営、
それを理解しろということがそもそも乱暴な理屈だ。

最近こう思う。
キャリアアップっていうのはひとつの線路じゃないなってこと。

新人社員〜中堅社員〜監督職〜管理職〜上級管理職〜役員〜代表

こんな風に書くと、キャリアって繋がっているように見えるが、
全然別物だと思う。

おそらく昭和30年代、高度成長期のサラリーマンのキャリアは繋がっていた。
目の前の仕事を一所懸命こなしていればキャリアアップできた。
あるいは、この人と見込んだ上司に小判鮫のようにくっつくか、
派閥に入っていれば、天から蜘蛛の糸が降りてきたのかもしれない。
しかし、もうそんなことでキャリアが構築される時代ではない。

プレーヤーの延長上にマネージャーはいない。
望まれるのは全く別のスキルだ。

マネージャーの延長上に統括はない。
さらにまた別のスキルが必要になる。

統括の上に経営者はない。
それこそそれには何が必要なのかは分からない。

それぞれのキャリアにおいて必要なことはレールを乗り換えることだ。
優秀なプレーヤーが優秀なマネジメントが出来るわけではない。

優秀なコーチがそのまま優秀なマネージャーにはならない。
マネージャーとしてのスキルは別のレールの先にある。

結局のところ、腹を決めてトライしないと道は拓けない。
今のレールの先に別の目標の答えもゴールもない。

やったことがないから分からない。
本を読み、経験者に教えを請い、学ぶ姿勢があれば
ある程度まではなんとかなるだろう。
そして気づけば別のレールを走っている。

変えるのだ。
それこそがパラダイムシフト。

偉い人のことはよくわからないが、
いい仕事をしながら前に進もうと思ったクリスマスイブ。

実はクリスマスっぽい話を書こうと思ったのだが、全然違ってしまった。
申し訳ない。

カテゴリー: ストリンギング, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。