カテゴリー別アーカイブ: フェドカップ

一平ちゃんとか、スナップその2とか。

某所にて。
IMG_3997

一平ちゃんか。
庶民的でいい感じの佇まい。
もちろん、入ってはいない。

それにしても一番搾り300円は安すぎないか?

さて、FEDCUPスナップその2。

ダンロップさんのブース。
IMG_4134
人が多くて近づけなかったけど、何か売っていたのだろうか。
以前、担当していただいたことのあるTさんがいらした。
久しぶりにお見かけした。
お元気そうで何より。

テニスといえばケバブ・・・なのか?
IMG_4136
有明はもちろん、盛岡のデ杯でも、そしてここでもケバブ。
JTAといえばケバブなのかな。

ここのお店の感じも有明っぽい。
IMG_4136

練習コート前はすごい人だかり。
IMG_4164
日本リーグもこれくらいだったらうれしいな。

いつもは周囲のコート脇にある観客席が最上段に設置された。
IMG_4167
もともとそういうためのものなのか、
うまい具合にはまっていた。

応援団。
IMG_4132
よく見ると、フカダコーチがピースサイン。
何かをせずにはいられない男、それがフカダ。

太鼓とラッパは必需品。
IMG_4183
国内開催の場合は会場かホテルに送る。
持ち歩かなくて良くなったのは助かる。

デカ顔パネルは持ち運びが大変だそうだ。
31466950_1656065901136913_6649325315191472128_n
頭が下がる。
ありがとうございます。

小さいほうの日の丸を持ってきた。
IMG_4175

それでも大きすぎて端を折って広げた。
IMG_4177
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ちなみに応援団はかなりTVに写っていたとか。
何方かが撮ったニュースの画像を見たが、
ワタクシだけ立ち上がっていない瞬間で、
やる気がないように写っていたのがちょっと・・・。

試合後の大坂選手。
IMG_4212
スピーチもキュートだし、応援も一所懸命だし、
ちゃんとファンサービスもしてくれる。
かなり好感度アップ。

そんなFEDCUPだった。

カテゴリー: Team REC, テニス, フェドカップ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シナプソロジーとか、スナップとか。

社員会議にて。
IMG_3656
座学研修のアイスブレークにシナプソロジー。

皆、とても楽しそう。
IMG_3654
皆の表情を見て、あらためて良いプログラムだと実感。
さあ、研修がんばりましょう。

 

さて、もはや随分前になったしまった気もするけど、
FEDCUPのスナップなどを。

ビンーズドームはクルマが必需品。
新神戸でレンタカーを借りてホテルへ。
ホテルとビンーズドームの往復はレンタカー。

いつもは選手の荷物が多いのでミニバンなのだが、
今回はほとんど荷物がないのでカローラ。
IMG_4093
立っているのは運転手さん。
ビーンズドームの往復で運転しなかったの初めて。
乗ってるだけって楽でいいな。

 

日本リーグの時と違ってドーム横に車が停められなかった。
初めて歩いて渡った会場前の橋。
IMG_4095
なかなかの絶景だ。

ドームエントランスの床。
IMG_4101
テニスボール柄なのね。
知らなかった。
いつもは裏から出入りしているし。

 

定番になった写真コーナー。
IMG_4104
いいよね、こういうサービス。
ワタクシは撮ってないけど。

 

日清さんが配っていた。(らしい)
IMG_4111
大坂なおみ選手のファイル。
けっこうな人気だった。

 

エレッセさんのブース横のパネル。
IMG_4162
サイン入りだ。
会場入りしてから撮影して作ったんだろう。
大坂なおみ選手、ここまで大きくないでしょ。

ブースには、Team RECのユニフォームを担当してくれたSさんがいた。
とても忙しそうだったので、あまり話は出来なかった。
Tシャツ、飛ぶように売れてましたね。

長くなったので、この辺で。

カテゴリー: Team REC, テニス, フェドカップ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウェーブとか、決戦とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

FEDCUPプレーオフ2日目。
最終試合の前に会場内でウェーブが起こる。
31416850_1656065364470300_5121996556316180480_n

ジュニア応援団が仕掛けたウェーブに会場が一体になる。
IMG_4194
グランドスラムではよく見る光景だが、日本の試合ではめずらしい。
いい雰囲気で最終のダブルスに入れそうだ。
ジュニア応援団、GOOD JOB!

 

さて、奈良選手が意地を見せ、勝敗をタイに持ち込んだ日本チーム。
勝負は最終のダブルスに掛かった。

イギリスチームは選手交代。
シングルス1,2のコンタ選手、ワトソン選手がダブルスも戦う。
31387990_1656065331136970_7059662831339175936_n

かつて日本チームが、当時No1のグラフを擁するドイツを破った
伝説的なフェドカップもこのパターンだった。
ある年齢の方々はあの有明が頭に浮かんだのではないだろうか。

対する日本チームはオーダー通り、加藤選手・二宮選手。
31416807_1656065351136968_1441781110647291904_n
ダブルスの成績を考えれば順当だと思う。

いよいよ運命の一戦。
31417042_1656065534470283_6949655855461564416_n

とここで、ちょっとしたアクシデント。
31387665_1656065527803617_5389437254940753920_n
選手がフォトセッショなしにウォーミングアップに入ってしまった。

ネット横で待ち構えていたカメラマンの皆さんも慌てて、
選手に声をかけるが、そのままエンドラインへ。
それほどに普通の状況ではなかったということなのだろう。

 

試合開始。
ファーストゲーム、パワーに押されるで出しながらも
サービスをブレークして良い出だし。
31398344_1656065517803618_5322380411584643072_o

31369671_1656065641136939_5052713068769837056_o

31431634_1656065691136934_4032948864737607680_n
しかしリードを守りきれず、3-6で落とす。

やはりイギリスペアは強い。

31381116_1656065857803584_1914728929164263424_n
しかしセカンドセットはボレーヤーへのアタックなど
積極的な攻めに徹し、6-3で取り返す。

31431671_1656065657803604_4848313350360137728_n

31369123_1656066154470221_6001936201651585024_n

勝負はファイナルセットへ。
31384176_1656065994470237_4731285254004801536_o

31398201_1656065881136915_2307865075521683456_n

互いに譲らない展開からブレークポイントのピンチも。
しかしそこから奇跡のまくりでキープ。
31433069_1656065981136905_716463479128588288_o

31433680_1656065754470261_5948756994629304320_o

いける!応援団も必死で後押し。
31466950_1656065901136913_6649325315191472128_n

31349696_1656066007803569_1998359969711259648_o

植田さん、福井さんも立ち上がって応援。
31400889_1656066194470217_4846418458033782784_n

最後はまで攻め切った日本ペア。
31369123_1656066154470221_6001936201651585024_n

ファイナルセットは、6-3で勝利!
31432194_1656066271136876_833825663810011136_n

31433070_1656066297803540_957803077379817472_n

日本、ワールドグループに昇格である。
31394674_1656066314470205_1330674597372100608_n

すっかり暗くなってしまったビーンズドームだが、
最高の結果が出てよかった。

土橋監督も感極まって声が震えていた。
IMG_4208
とにかくおめでとう!良かった、良かった!

さあ、急いで帰らないと。

カテゴリー: Team REC, テニス, フェドカップ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

表彰とか、勝った!とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

FEDCUPプレーオフ2日目。
試合の前に表彰が執り行われた。

プレゼンターは、ITFの偉い方(名前忘れました。すみません)と福井プロ。
31318093_1654381004638736_6156485883924054016_o

表彰されたのは畠中君代さん。
31290703_1654381117972058_4027850897471045632_n
Fed Cup Commitment Award
ワールドグループで20試合以上出場、またはゾーンも含め、
国別対抗戦に40試合以上出場した選手が表彰されるものだそう。

素晴らしいことである。
31392330_1654381124638724_2310038509362085888_n
選手としての素晴らしい功績もさることながら、
現役時代を存じ上げないワタクシにとっては、
数々の名選手を育て上げた名コーチという印象も強い。

特に女子選手は占部奈美選手や小畑選手など、畠中さんに育てられた方も多く、
ワタクシたち的には「畠中先生」という呼び方がなんとなくしっくりくるのだが、
あらためて名選手であったことを思わせてくれた表彰だった。

おめでとうございました。

 

さて、そんなFEDCUPプレーオフ2日目の第2試合は、
奈良くるみ選手対ヘザーワトソン選手。

31390051_1656061641137339_8363872858140573696_o

31466637_1656061547804015_3565262656036143104_o

日本は前の試合で大坂選手が破れ、崖っぷちに追い込まれた。

そんな中、奈良くるみ選手には相当のプレッシャーがかかっていたはず。
そしてチーム最年長としてのリーダー的な責任感。
さらには、前日の試合で破れている悔しさなど、
様々な思いを背負っての試合だったのではないだろうか。

とにかく負けられない。
負けた瞬間にチームも負ける。
一歩も引けない状況だ。

そして攻める奈良選手。
31357806_1656061527804017_8499402264857804800_o

前に入り、叩く、攻める。
31381145_1656061844470652_8443111697626955776_o

昨日、コンタ選手に押し込まれていたのが嘘のような攻めの試合。
31384211_1656062167803953_270023313999265792_o

ワトソン選手も攻める。
31400883_1656061761137327_6271460247177527296_o

さらに攻める奈良選手。
31369411_1656062017803968_6015325839506276352_o

ファーストセットはタイブレーク。
奈良選手が序盤の劣勢を跳ね返し奪取。
31472521_1656061731137330_6540332247948460032_o

セカンドセットも奈良選手ペースながら、
途中、ワトソン選手が追いつく。
31398090_1656061627804007_1473446534426132480_o

しかしここからさらにギアを上げた奈良選手。
31301492_1656062181137285_2697851907044540416_o

31384140_1656062034470633_4128673287649624064_o

ガッツポーズ連発。
31482728_1656061751137328_3188369771049517056_o

31472521_1656061731137330_6540332247948460032_o

最後はワトソン選手を振り切った。
31384147_1656062207803949_5834923383279583232_n

素晴らしい試合だった。
31416693_1656062291137274_1068392519542243328_n

31402772_1656062304470606_6376081342655889408_n

崖っぷちの日本チームの風を完全に変えた。
ランキングだけではない中心的な存在感を示した。

31381217_1656062334470603_1602079357537353728_n

さすが奈良選手。
31369410_1656062421137261_1503504601054183424_o

これで勝負はダブルスへ。
すっかり時間も遅くなり、東京へ戻れるのかという不安もあるが、
こうなったら何時になってでも勝利を信じて付き合おうと思った応援団だった。

カテゴリー: テニス, フェドカップ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

引っ越す?とか、2日目とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

FEDCUPプレーオフ・2日目の朝もランニング。

ホテルから今日はひと駅隣のニュータウンを目指す。
IMG_4146

とにかく素晴らしい天気。
IMG_4148
風も無いし、湿度も低いし、気持ちよく汗をかける。
このあたりはとても暮らしやすそうな街だなぁ。

ちょっと不動産価格を調べてみた。
あまり関東と変わらないのね。
うーん、・・・いや、引っ越さないよ。
IMG_4151
なんだかんだで今朝も10kmちょっと。
いい汗かいたぜ。

 

さて、そんなわけでFEDCUPプレーオフ2日目。
前日のシングルスは1勝1敗とタイ。
まずは初戦を取って王手をかけたいところだ。

会場に入ると日本チームが練習中。
31277587_1654380884638748_5558684109141704704_n
いよいよ正念場。
ガンバろう。

日の丸を広げたり、あれこれしているうちに試合開始。
第1試合はNo1同士、大坂選手とコンタ選手だ。
31337771_1654381101305393_2310432813129662464_n

31390244_1654381271305376_3054865810779537408_n

大きいね、二人とも。
31317934_1654381274638709_6678070629360467968_o

試合開始。
昨日はパワーショット、高速サービス連発の大坂選手だったが、
どうも今日はピリッとしない立ち上がり。
31302030_1654381381305365_5038833503995691008_o

31318146_1654382094638627_5993952278355116032_o
追い込まれる、食い込まれる場面も少なくない。

それだけコンタ選手が強いっていうか、
良いってことなんだろうけど。
31282793_1654381477972022_4103265493782102016_o

相変わらずどんどん前に入って叩いてくるコンタ選手。
31292742_1654381491305354_5725977380288200704_o

守勢が多くなる大坂選手。
31328501_1654381561305347_2567357580682723328_o

こんな表情も少なくない。
31381102_1654381591305344_684095123822215168_o

土橋監督も必死。
31275743_1654381394638697_640450658297708544_n

ベンチも必死で応援。
31287222_1654381711305332_4402598364688941056_n

ワタクシたち応援団も必死で後押し。
IMG_4182

ジュニア応援団も声を張り上げる。
31347299_1654381624638674_1396154938622476288_n

大坂選手も必死で巻き返しを図る。
31357588_1654381364638700_3276846952045608960_o

が、残念ながら3-6 3-6で敗退。
31391239_1654382117971958_6922866950435504128_n
当たるとすごいけど、まだ若干波があるのかな。
でもその当たるとすごいってのがトップに行くには必要なのかも。
今日はちょっとハズレも多かったって感じ。

イギリス王手。
もう後がない日本。
とにかく奈良選手に頑張ってもらって、望みをつなごう。

そう簡単じゃないのはわかっていたことだ。
がんばろう!

カテゴリー: テニス, フェドカップ, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。