カテゴリー別アーカイブ: ライブ

編成とか、BX発売!とか。

ランニングニコースの海浜公園には野外ステージがある。
ここは一般の人も自由に借りられるらしい。
たまにアマチュアバンドのライブなんかもやっている。

この日も何かあるらしい。
th_IMG_0898
まだ朝だったのでリハーサルかな。

hip-hopとか何だろうか。
ギターもドラムもない。
編成はDJブースとスピーカーのみ。

最近は楽器が売れなくなったと聞いた。
そりゃそうだと思った。

 

さて、X-BLADEといえばブリヂストンのフラッグシップモデル。
これまでに数々の名品を輩出してきたシリーズだ。

そしてこの度、X-BLADE BXシリーズが発売になった。

今回のBXシリーズはボックス形状フレームのツアーモデルという
ある意味、王道パターンに仕上がった。

ちなみに、「BX」というコードは歴史あるネーミング。
その昔・・・たしか30年前くらい。
BXというツアーモデルがあった。

ブラック&ホワイトのフレーム。
縦長のフェイス。
粗めのストリングパターン。
40,000円くらいしたと思う。

おぼろげな記憶だが、白戸プロが使っていたと思う。
今度、ご本人に聞いてみよう。

そして実はワタクシも使っていた。
どこのメーカーさんにも契約してもらえなかった超下積み時代だったから、
かなり無理をして買ったのを憶えている。

当時のラケットにしてかなりフレーム剛性が高く、
粗めのストリングパターンと相まって、
メッチャ攻撃的なラケットだった。

あ、ワタクシのテニスがメッチャ攻撃的だったかは別ね。

ということで、ブリヂストンさんが「BX」を冠するってことは
それだけ自信作であり、気合いが入っていることだと勝手に解釈。

それが証拠に日本リーグで展示会に行けなかったってことで、
担当のSさんが、わざわざ発売前の試打ラケットを持って、
レックインドアテニススクール上石神井まで来てくれたほど。

ということで、期待の新製品を皆で試打させていただいた。
th_IMG_1835

今回のBXシリーズは3機種。
まずはその中の1本。

X-BLADE BX305
th_IMG_1805

th_IMG_1807

■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:305g
■バランス:315mm
■フレーム厚:21-21-21mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップサイズ:2、3
■価格:32,000円(税抜)

本シリーズの最上位モデル。

早速試打。

メッチャしなる。
メッチャ粘る。

ウッドラケットとは言わないが、ボールの乗りが半端じゃない。
なるほど、ブリヂストンさん、こう来たかという感じ。

前作(といっても継続モデル)のRSはラウンドフレームで
弾き感も強かったが、今回大胆な味付け変更である。

この感触、しっかりスイングしてボールコントロールしたい
昔のラケットを知っているプレーヤーにはたまらないと思う。

一方、最近の硬め高反発のフレームに慣れたプレーヤーには
少し違和感があるかもしれないが、逆に思い切りボールを叩いて
つぶせるのかもしれない。

フラットドライブ気味を意識して、振り切ればあら不思議。
糸を引くようにボールがライン際にしっかり落ちてくれる。

個人的には少ししなりが強いかなという気もしたが、
違和感というほどではなく、慣れれば問題無しだろうって程度。

ウイルソンのCLASHシリーズもしなり系だが、
CLASHよりは全体にしなって攻撃方向に振った感じかな。

ボレーはしっかり捉えて押すイメージ。
単に合わせただけだとちょっと不安。
しっかり捉えて一瞬グッと押す感じで伸びのあるボールが出て行く。
ファーストボレーでしっかり運ぶ感じのイーメジかな。

サービスは振り切ればズドンと思いボールが飛んでいく。
フルスイングでボールを捉えた感触は快感に近いものがある。
くわえて潰して回転もしっかりかかる。

全体に振って乗せる、咥えさせる、潰すイメージだろうか。
コントロール感は非常に強い。

ウエイトが305gなのでそれなりに取り回せるプレーヤー向けだと思うが、
「最近のラケットはパンパン飛んじゃって(どこにいくやら)」と思っている方、
最新技術とあの頃の感触のミックスは懐かしくて新鮮だと思う。

シリーズスタンダードになる予感満々のBXシリーズ、オススメですぞ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ライブ, ランニング, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SWINGとか、45年越しとか。

水道橋付近で気になっているお店。
IMG_9583
ビールと良い音楽の予感。
一度入ってみたいと思う。

 

さて、そんな水道橋はレックゴルフスクールがある街だが、
この日は線路向こうへ。
IMG_9585
目指すは東京ドーム。
それにしてもすごい人混み。

目的はこれ。
IMG_9589
初めてビートルズを聴いた日から45年越し。
いよいよポールに会えるのだ。

会場へ。
あ、その前にポールに乾杯しなきゃ。
IMG_9590

席はいちおう1階(っていうのかな)
IMG_9601

まあ上よりは全然いいか。
IMG_9604
相変わらず広いなぁ、東京ドーム。
音響大丈夫かな。

ステージ横方向だけど、なんとか見えるか。
とはいえ肉眼は無理ってことで、ちゃんと準備してきた。
IMG_9609
結果的には何とか見えたって感じ。
ステージ横のビジョンを見るとちょうど良いって感じだった。

19時開演なのに、なかなか始まらない。
ポール、大丈夫か。

ようやく開演。

そして、A Hard Day’s Night。
ぶっ飛んだ。
涙が出た。
ああ、来て良かった。

どちらかといえばジョン派だったけど、
やっぱりポールはビートルズの象徴だ。

生でビートルズの曲が聴ける幸せ。
Blackbird、Eleanor Rigby、Back In The U.S.S.R.とか。

ウイングス時代の曲も良かったなぁ。
Band On The Run、Live And Let Dieもね。

アンコールの、I Saw Her Standing There、
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
そして最後の Golden Slumbers/Carry That Weight/The Endまで、
感動しっぱなし。

やはりビートルズは偉大だ。
そしてポールが生きていて、日本に来てくれたことに感謝しよう。

人生で10本の指に入るライブだったぜ。
(けっこうあるのね)

カテゴリー: ライブ, , 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

打ち上げとか、恒例行事とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京都実業団・秋季リーグ最終戦を
何とか勝ち切ったレック興発東京チーム。
IMG_3930

大宮駅前のワインバルで打ち上げ。
IMG_3933
前回に引き続き2回目。
行きつけってわけでもないが、
17時前だとここしかやっていないのだ。

いい感じに飲み食いして解散。
IMG_3936

のはずが、DRKさんにつかまる・・・
IMG_3940

どうして飲んだ後にラーメン食うかなぁ。
IMG_3938
もうそんな年じゃないですよ。

それにしてもDRKさんはラーメンが好きだ。
ラーメン大好き小池さんの次くらいにラーメンを食べてると思う。
きっと家ではラーメン風呂に入っているに違いない。

 

さて、全日本テニス選手権の有明から日比谷へ。
公園を抜け、目指すは一番奥の野外音楽堂。

この日は高中正義師匠の恒例の野音ライブ。
IMG_4115
毎年1回の野音はもはや外すことの出来ない重要行事。
師匠が野音を演るうちはワタクシもお付き合いするつもり。
少し寒くなった野音はそんなであろう人で満員だ。

今年の救いは雨じゃないこと。
スーパー雨男の高中師匠、これまで何度も
雨の中、カッパを着て演奏を聴いたことか。

ライブは、師匠の「晴れっていいねぇ」というひと言から始まった。
そして、「歌もない音楽を2時間半も聞きに来てくれてありがとう(笑)」と。

IMG_4114
(写真は開演前です)

座席が何と一番後ろだったので、座っている必要もないと、
立見席でビールを飲みながら聴いた。
後半はけっこう酔っ払ってたような。

高中師匠のライブは何回目だろう。
人生で一番多くのライブを見ているアーティストが高中師匠だと思う。
ちなみに2位はブライアン・アダムス、3位は・・エリック・クラプトン、
4位がハウンドドッグかなぁ。

まあとにかくそれだけ観ていれば、当たりの年もハズレの年もある。
それも含めて、演ってくれる限りは聴きに行きたい。

今年も良かった。
欲を言えば、もう少し早い時期にお願いしたい。
ビールを飲み過ぎてもトイレが近くならない季節に。
夏の空気の中でビール片手にってのがいいな。

また来年も来ます。

カテゴリー: ギター, テニス, ライブ, 仲間, , 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。