カテゴリー別アーカイブ: ランニング

節制とか、いよいよとか。

2018japantennisleague2ndbanaer
応援よろしくお願いします!

 

兵庫のファーストステージでの夕食。
IMG_1462

IMG_1463
普段の夜はこんなに食べることはない。
会場から部屋に戻って、仕事を終えてから食事をするから
時間も遅くなる。
ホテル出発が早いとランニングも出来ない。
したがって遠征時は太る。

今回からはちょっと気をつけようと思う。
仕事が終わらなければ、無理に外に出ずに
コンビニでおにぎりでも買って部屋で済ませてしまおう。

ファーストステージの夜中の体調不良事件はけっこう衝撃だった。
大好きな鯖にまさかあたるとは。
疲れてるとダメってことがよくわかった。
気をつけよう。

 

さて、そんなテニス日本リーグ・ファーストステージ。
ずいぶん前のことのような気もするし、つい先日のような気もするし、
とにかく何だか、バタバタと毎日をこなしていたら、
あっという間にセカンドステージがやって来た。

セカンドステージは前年上位チーム同士の対戦。
かなり厳しい戦いになりそうだ。

とはいえ、ファーストステージも強豪ぞろいだったから、
正直どうなるかわからない状態で、ドキドキで臨んだので
あまり変わらないけど。

セカンドステージは、ノアインドアさん、三菱電機さん、トップランさんと対戦する。
対戦予測をしても、やはりやってみないと分からないって感じ。

全日本で背中を痛め、ファーストステージの2試合目以降は
ダブルスに回った関口プロもほぼ完調みたいだし、
ひとまずTeam RECの布陣は整った。
IMG_1400

あとは全力でやるだけ。
とにかく、出来るだけ良い順位で決勝に臨みたい。

横浜ってのも兵庫よりはアウェイ感がなくて良い。
お客様もたくさん応援に来ていただけるとうれしいな。
ぜひ会場に足をお運びください。

そんなこんなで、今日は佐藤一平と中村祐樹を拾って会場に向かう。
それにしても荷物が多いぜ。
IMG_2186
新幹線での手持ちよりは制限が少なくていいけど。

今日は練習日、そして金〜日まで天王山だ。
ガンバろうぜ。

カテゴリー: PC, Team REC, ダイエット, テニス, ランニング, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウォーキングとか、式場?とか。

朝時間がなくて走れない日は、
家を出る時間を前倒しして、
会社までのウォーキングを延ばしている。

以前は恵比寿か渋谷から新宿だったのだが、
最近は目黒から新宿まで、おおよそ8kmを歩く。
IMG_2083

IMG_2084

時間が早い方が電車も空いているし、
しばらくはこのパターンかな。

とにかく日の出が早くなってほしい。
あと3kg落としたいのだ。

 

さて、楽しいゴルフの後は恒例の打ち上げである。
IMG_0373

とにかくこのメンバーの時は、
よほどのことがない限り打ち上げは必須である。
ちなみに「よほどのこと」は今まで起きたことがない。
つまり、打ち上げは100%ってことだ。

この日もラウンド後、適当な店を探して予約。

探してくれるのはいつもK女史。
この手の仕切りは彼女に任せておけば、まあ間違いはない。

ということで、一旦帰宅し、荷物を置いて再集合。
店へ。

ん?ここか。
存在は以前から知ってたけど、ここって結婚式場じゃないの?

レストランはいちおう分かれているけど、
いつもの居酒屋とかビストロとは明らかに違う雰囲気。
だいたい他のお客さんはカップルばっかりだ。

IMG_0383

ドリンクはフリーってことだが、シャンパンなどのオシャレ系が多い。
IMG_0385

食事はさすがに美味いしオシャレ。
IMG_0386

IMG_0387

正直、いい歳のグループが来る感じじゃないが、
さらにメンバーが増えて、さらに違う雰囲気に。
IMG_0388
どう見ても、結婚式の面倒な親族席って風景だが、
とても楽しいメンバーなのでご勘弁。

「どこかのテーブルでプロポーズとか始まったらどうする?」

「そりゃ、拍手で祝福でしょ」

「見逃すなよ」

こんなテーブルの側でプロポーズしなきゃいけない不運も
そうそうないぞ。

幸か不幸か、どのカップルにもプロポーズの気配はなく、
ワタクシたちも楽しくデザートまで完食。
IMG_0389

年を締める楽しい会だった。
また集まりましょう。

カテゴリー: ゴルフ, ダイエット, ランニング, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝ランとか、懐かしラケットとか。

朝ランの厳しい季節になった。
寒いし、暗いし、家を出る時間を考えると
走る時間を取るのが難しい。

そんなわけで休日は貴重なランニングの日。
IMG_2077
風が強い日も多いが、一度でも妥協すると
やらなくなってしまうような気がするから、
とにかく走る。

「継続は力なり」「努力に勝る天才なし」は座右の銘なのだ。
今年も頑張ろう。

 

さて、全日本選手権、有明コロシアムのテニスミュージアムに
展示してあった懐かしいラケット。

YAMAHA YFG50(たぶん50だと思う)
IMG_0043
YFG30よりもシャフトが薄くて、フレームがしなった。
15,000円とかそんな値段だったかな。

実はこのYFG50。
お金貯めて、ようやく買って、その日のうちに
自転車の後ろのカゴから落として無くしたという
泣くに泣けない思い出のラケットだ。

ちなみに一番普及していたYFG30は現在も3本くらい保有している。
あの当時は、「ヤマハは飛びすぎちゃって」と思っていたが、
現在、打ってみると、重いし、ダルンダルンで全然飛ばない。
素材の進化ってすごいのね。

YAMAHAラケットで最終的に行き着いたのが、YFG70という、
カーボン素材の最上級モデル。

当時、国産ウッドラケットが6,000円くらいだったのに
YFG70は27,000円もした。
もちろんそんなお金はないから、
数ヶ月、家で皿洗いをしてようやく買った。

このラケットにした途端に嘘のように勝ち始めた・・
ってことはなかったけど。

 

YONEX CARBONEX
IMG_0046
シャフトが赤いのとフレーム下部にラウンドがあるから、
これはカーボネックス2かな。

カーボネックス1はシルバーでフラットなフレーム。
カーボンシートをコンポジットしてあったからなのか、
とても薄いフレームだった。

ちなみに初代カーボネックスはやたらと折れた。
まあ、ウッドラケットの時代は普通にバンバン折れたけどね。

 

FUTABAYA WINNINGSHOT
IMG_0045
名品である。
フタバヤからは、ウイニングショット、ゴーデルンショット、ハイショットと
名品シリーズが出ていて、かなりのシェアをもっていたと思う。

ちなみにワタクシはゴールデンショットは使ったことがある。
正確には、買ったその日の先輩に「貸してみろ」と言われ、
スマッシュのフレームショットでろくに打たないままに折られた。
なぜか弁償もしてくれなかったことは、今も恨んでいる。
理不尽な時代である。

どちらかといえば、カワサキラケット派だったワタクシは、
スーパーリースそしてその後はずっと、Jun Kamiwazumiモデルを使った。
ごついフレームの剛性が好きだったっけ。
実は今も数本持っている。

 

FUTABAYA BLUEVOLLEY
IMG_0044
竹がサンドイッチしてあるというちょっと変わったラケット。
絶妙のしなりがあったらしいが、これは使ったことはない。

当時はマスターストロークとか、けっこう渋めのモデルもあったが、
高校生はあまり使っていなかった気がする。

Wilson Jack kramer
IMG_0049
さすがにこの時代のジャッククレーマーはしらない。

ジャッククレーマー・オートグラフか、
マッケンローが使っていたジャッククレーマー・プロスタッフ
からしか記憶にない。

ウイルソンのラケットは16,000円くらいと、
国産の3倍ちかい値段だった。

テニス部の同期がジャッククレーマーを買った途端に
覚醒して、メッチャ強くなったという事件(?)もあった。
モチベーションと自己暗示なんだろうけど。

昔のラケットを見ながらあれこれ思いを巡らしていると
キリがないというか、あっという間に時間が過ぎていく。

今度、昔のラケットを肴の飲み会でも企画してみようかな。
いいな、楽しそうだ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

終了とか、ベスパとか。

流血騒ぎを起こした額の傷。
ほぼ毎日、病院で洗浄&消毒。

IMG_1873

結構大げさなガーゼを額に貼っての生活。
会う人会う人に「どうしたの?」と聞かれ、
いつも行くコンビニの店員さんにまで心配される始末。

いつ縫合するのだろう。
痛いの嫌だなと思っていたら、医師曰く。

「傷は縫わないことにします。
皮膚の回復力がとても強いので、そのまま待ちましょう」

ということは時間が掛かるってこと?

「土日はどうすれば良いですか?月曜も来れませんが」

「奥様に消毒とガーゼ交換してもらってください。
外科の経験はありますかね?」

「知りません。多分外科は無い・・かな」

「滅菌ガーゼと消毒液で大丈夫でしょう」

ということで、ケア役は妻になった。

週明け、病院へ。

「ああ、よくなりましたね。いちおうこれで終わりってことで」

バンドエイドを貼ってもらって終了。
傷にかさぶたがついてるから、まだバンドエイドは必要だけど、
年越さなくて良かった。

もうこんな思いはゴメンだぜ・・ふう。

 

さて、ウォーキング途中の原宿あたり。
IMG_1662
いいなぁ、ベスパ。
やっぱりこの年代のペスパがいいな。

ベスパを初めて知ったのは、松田優作の探偵物語だったか。
当時はなんとなくこの50Sのイメージだったけど、
今見てみると、工藤ちゃんが乗ってたのは、Pシリーズなのね。

さらにベスパの印象が強いのが、映画「Quadrophenia」。
qdphha001

1979年の作品である。
邦題は「さらば青春の光」だったけど、まあいいタイトルだ。
qdpn01

この映画は、ロンドンのモッズを描いたもの。
デコレートしたベスパに細身のスーツ、そしてモッズコート。

モッズのリーダー役で、ポリスのスティングも出演していた。
いやぁ、カッコ良かった。

あんなカッコしてベスパに乗りたいって、
本気で思ったもんね。

大学生になって、買ったスクーターはもちろん・・・
・・・スズキ・ジェンマだった。

szgm
(実写画像が残っていないので、プラモデル画像)

貧乏学生にはとてもじゃないがベスパは手が出なかった。
あの頃のベスパはすぐに壊れそうで、
日常の足にするのは厳しそうだったし、
何より修理代が出せるだろうかって躊躇が大きかった。

日本製の原付でいちばんベスパっぽいのが
ジェンマってことで、迷わず購入。

この頃はまさにバイクブーム。
そして高速スクーターが各メーカーから次々に発売されていた。

ヤマハ・ジョグ、ホンダ・リード、チャンプ等々、
革ツナギを着て乗ってるヤツも多かった。
あまりにスピードが出過ぎて、
法的規制がかかってしまった時代だ。

そんな中、サスはふにゃふにゃ、
加速もイマイチのジェンマだったけど、
ホントにお気に入りの足だったっけ。

最近はこんなバイク、少ないよなぁ。
やっぱりオールドベスパがいいな。
誰か要らないベスパありませんか?(無いよ)

カテゴリー: スポーツグッズ, バイク, ファミリー, ランニング, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丸の内とか、足元からとか。

丸の内界隈。
IMG_0907
イルミネーションがとてもきれい。
そしてなんとなく品がある。(ような気がする)

オシャレな街だね。
IMG_0906

あまり縁はない場所だけど。
IMG_0908

通過だけじゃなくて、飯でもいってみるかな。

 

さて、ランニングシューズがへたって来た。
IMG_2171
フィット感が若干ルーズになり、
ソールのクッション性の低下を感じるようになった。

購入したのが昨年の夏だから、ほぼ1年くらいでヘタリを感じる計算。
週7日とはいかないが、週に6日は走っているから、そんなものなのだろう。
競技っぽい本気モードのならば、2ヶ月くらいで履き替えなのかな。

新しいものを買うことも考えたが、年末にむけての整理で、
使ってもいないシューズやらウェアがたくさん発掘されたこともあり、
新しいものはちょっと買いづらい。

何か使えるものはと探していたら、こんなものが出て来た。
IMG_0513
長男が遠足だか合宿だかで必要と買ったものだ。

以降、ほとんど履いておらず新品状態。
サイズもちょうど良いのでこれを併用することにした。

足入れしてみる。
アシックスにしては少し硬いな。
多分、数年放置のせいでソールが硬化しているのだろう。
まあ、履いてるうちにこなれるだろう。

走ってみる。
固めでアシックスぽくない。
とはいえ、へたって柔らかくなりすぎたシューズとはどっちもどっち。

使っえばへたるし、使わなくても劣化する。
やっぱり新しいシューズを履き続けるって大事なんだな。

ランニングっていう「走る」ことに特化した運動だから、
その違いがより明確感じられるってことなんだろう。

テニスだとラケット、ストリングなどの打球感に直結の
フィーリングの方が優先されてしまうのかもしれないが、
素振りで実践的な動きをして比較してみれば
シューズの違いも顕著に感じられるだろう。

フットワークはパフォーマンス直結。
「手ニスは足ニス」と昔の人は言ってたけど、
シューズにももっと気を配った方が良いのだろうなと思う。

シューズは消耗品だ。
ラケットは使い方次第である程度は持つかもしれないが、
ストリング、シューズは使用していてもいなくても
緩やかに機能は低下していく。

パファーマンス向上だけでなく、
怪我や故障の防止にも影響大だと思う。
フットギアにもっとケアをと感じた次第。

ちなみにとうとう子供達と足のサイズが揃ってしまい、
ワタクシのシューズが次々と消費されていく。

まあ、今回書いた通り、たくさん持っていて履ききれずに
自然劣化していくよりは、コンディションの良いうちに
使い倒される方が良いってことで納得することにしよう。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ツーショットとか、博多ランとか。

めずらしく並んでのショット。
IMG_0322
相性がいいのか、悪いのかわからないけど、
あまりくっついてはいない2匹。
まあ、血が繋がってるわけじゃないしね。

 

さて、日課の朝ラン。

「よく毎日走れるね」と言われるが、
走って汗をかかないとどうにも調子が悪い。

前夜のお酒を抜くためって話もあるが、
お酒をってことだけじゃなくて、
デトックスみたいな感じかもしれない。

特に旅先で知らない街を走るのは楽しい。
前夜にGoogle Mapでおおよそのあたりをつけて走る。
名所名跡などを目指すとなお楽しいのだ。

ということで、先日の博多遠征の朝も走ってみた。

駅近くのホテルから、昨晩行ったキャナルシティ博多方面へ。
IMG_9815

福岡城方面へ真っすぐ。
IMG_9821
このあたりが天神?
よくわからないけど。

雰囲気の良い通りを抜け、緑が豊かになって来た。
IMG_9823
おっ、お城っぽい。

これが福岡城らしい。
IMG_9825
石垣の坂を登る。

見晴台みたいな場所があった。
IMG_9828

ここに本丸があったのかな。
IMG_9830
気持ちがいい。

隣の大濠公園に行ってみる。
IMG_9836

外周がランニングコースになっていて、ランナーがたくさんいた。
IMG_9844
いい環境だなぁ。

大きな神社の前を通り帰路へ。
IMG_9849

ホテルに戻って11kmくらい。
IMG_9850
博多(福岡っていうの?)って暮らしやすそうな街だね。

一つだけ後悔は、もう少し先まで走れば福岡ドームだったこと。
次回はそこまで走ってみよう。
次回があるかはわからないけど。

またね、博多の街。

カテゴリー: ランニング, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

武具とか、開発とか。

某所。
武道具店があった。
ちゃんとした武道のお店だが、店頭にはヌンチャク。
IMG_9933
まあ、ちゃんとし武具なんだろう。

最近は怪我をしないように柔らかいものもあるのね。
でもこの柄はどうなんだろう。
IMG_9934
ちゃんとしてると言うべきか、どうか・・微妙だ。

 

さて、朝のランニングコース。
IMG_9338
新しい街が出来る。

街の核となる公園はすでに完成。
最初はタワーマンションが出来るらしい。
IMG_9337
少しずつ育っていくタワー。
この写真は夏の終わり頃。
今はもっと伸びている。

モデルルームも出来上がった。
IMG_9343

モデルルームの隣にも何やらお店のようなものが。
IMG_9339

ブリュワリーって書いてある。
IMG_9342
色んなビールを飲みながら食事ができるらしい。
いいね、ここ。
家からもすぐだし、今度来てみよう。

隣の区画にはキャンピングトレーラーとガーデンテーブル。
IMG_9669
バーベキューサイトみたいなものが出来るのか。

まだ何もないこ区画。
IMG_9664
様々な企画で徐々に盛り上げるってことなんだろう。

そういえば、この区画の隣のワタクシの住む街も
引っ越して来た当初はまだ空き地だらけで、人も少なかったっけ。

今はほぼ開発も終わり、空き地はほとんど無くなった。
子供達も育ち、溢れかえっていた小学校も落ち着いてきた。
この新しい区画も子供達の声で賑やかになるのかな。
楽しみだ。

カテゴリー: ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、準備とか。

ランニングの途中で。

IMG_8021-1
ハーレーだ。
かなりカスタムしてある。

ショベルヘッドだね。
IMG_8022

天気の良い日に海沿いを走ったら気持ち良さそう。
まさにこの日がこんな感じ。

ハーレー、一度は乗ってみたい。
大型免許無いんだよね、実は。

 

さて、久しぶりに14歳児を試合に送って行った。

公式戦ではなく、所属クラブが運営するランク戦。

とはいえ、毎回のポイントでランキングが決まり、
カテゴリ分けされての対戦なので、同レベルの対戦で
かなりの接戦続きという過酷な大会なのだ。

この日も練習を見ただけで、
ひと筋縄では行かなそうなメンバーばかり。

まあ、それはそれでお互い様だし、
上に行けばそういうことばかりだから、頑張るしかない。

1試合目、惜しいところで負け。

2試合目、まったく波に乗れずに負け。
IMG_9596

泣きそうな顔でこちらに来る。

「負けました」

「うん。どうだった?」

「ダメでした」

「何が?」

「全部です」

「それじゃ対策の立てようがないよね」

「はい・・」

「落ち着いて振り返って見れば」

タオルを被って、泣いているのか動かない15歳児。

3試合目をコールされ、コートへ。

直前までタオルを被って座り込んでいて動けるわけもなく、
まったく噛み合わずに負け。

最後の試合もかなり強い同クラブの選手。
まさかの全敗の危機だ。

「どうだった?」

「ダメでした」

「そりゃそうでしょ。
直前まで座り込んでて動けるわけがない。
トーナメントじゃないんだし、まだ試合があるんだから、
落ち込む前に次のこと考えたほうがいいでしょ」

ようやく動き出す15歳児。
IMG_9604

最後は勝てないんじゃないかと思った選手に圧勝。
これはこれで意外だったけど、トーナメントなら
初戦で負ければおしまいだしね。

出だしから気持ちも身体もダッシュできないとね。
準備をしっかりってことかな。

泣いたり頑張ったり、忙しい一日だった。

あとは、クラブの練習をして終了・・・
と思ったら、「練習してもらえませんか」と15歳児。
IMG_9892.HEIC

それこそ、身体も気持ちも準備出来てないぞのワタクシ。
思うようにボールを打てず、動けずで、
準備の大事さをあらためて痛感したのだった。
(ワザとか?)

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

山ランとか、ALLREC初日とか。

山梨の朝。
IMG_0299
富士山のシルエットが美しい。
空気が冷たく、若干の躊躇はあったがランニングへ出る。

上り方面へ、走り出す。
IMG_0301
帰りに上りよりも下りの方が楽そうだし。

昨晩のビールとラーメンが効いているのか、思ったように走れない。
高地と上りってこともあるのだろう。

それでもいい汗をかけた。
旅先のランは楽しい。
出来る限り続けていきたい。

 

さて、山梨県は北杜市に来ているのは年にイベント、
ALLREC CHAMPIONSHIPS運営のため。

前日から会場に入り、あれこれ準備し、
各校の予選を勝ち上がって来た参加者の皆さんの到着を待つ。
IMG_0304
風も無く、日向も暖かい最高のテニス日和だ。

これが今年のTシャツ。
IMG_0303

そして2年連続でのゲストは鈴木貴男プロ。
IMG_0307

このトローフィーを目指し2日間の熱い戦いが始まるのだ。
IMG_0336

試合開始。
DSC_3372

DSC_3689

DSC_4541

DSC_3898

DSC_3733
各コート熱戦が繰り広げられる。

今大会は山本光学さんが SWANSサングラスのデモに来てくださった。
DSC_3282

サングラス日和りの晴天のため、皆で試着。
DSC_4533
メイドインジャパンの高品質アイウェアの性能を堪能、
購入予約をされた方も多かった。

初日のリーグ戦後には鈴木プロによるクリニック。
DSC_4592

DSC_4599

全日本選手権で肋骨にヒビが入り、打球は出来ないながらも
そのテニス理論と熱くて面白いトークで皆、目からウロコ。
IMG_0324
ナイターまで食い込む程の大サービスのクリニックだった。

そんなこんなで初日の戦いは終了。
さあ、たくさん食べて飲んで明日の英気を養いましょうのパーティーだ。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランニングとか、休日とか。

ここ最近、大阪やら雨やらで、朝のランニングが飛び飛びに。

走れない分、節制しているかというとそうでもなく、
若干体重もオーバー気味に。

ようやく晴れて、仕切り直しの朝ランスタートである。
IMG_9565
初秋の朝の空気はとても気持ちが良い。
空も高くなったなぁ。
すっかり秋である。

とりあえず3kgは急いで落とそう。
食べ物もしばらくは抑え気味にしよう。

 

さて、そんなこんなで休日。

いつものように5時に起床。
水を飲み、コーヒーを淹れてもらい、まずはPCに向かう。

そのうちに犬たちが散歩に連れて行けと騒ぎ出す。
散歩を終えて、もうひと仕事。

ようやくランニングに出ることが出来た。
IMG_9571
今日は軽く10km。
涼しくなったので走りやすい。

家に戻りさらにひと仕事。

キリの良いところで有明で開催中の東レPPOに行こうと思っていたのだが、
全然キリの良いところが見つからない上に、電話&メールが途切れない。

そんなこんなをしているうちに時間が過ぎてしまった。
IMG_9572

今からでも有明に行けないことはないが、
夕方はリコール修理に出したクルマを
引き取りに行かなければいけない。

結局、有明は諦めてこのまま仕事を片付けることに。

平日の休みは静かで良いけど、世間は皆仕事をしているし、
こちらが休みってことは知らないから、普通に連絡が来るので
結局、仕事ってパターンになる。

「今日は休み!」と電話もメールも無視ってわけにも行かないし、
なかなか難しいものである。

有明に行きたかったなぁ。
あ、でも今日、有明だ。

そう、今日はテニスの日

今年も有明テニスの森はテニスの日のイベントが開催される。
http://www.tennisday.jp/2017/info/ariake.html

事前申し込みが必要なイベントもあるが、
当日来場で参加可能なイベントもたくさんある。
お時間のある方はぜひ有明にいらしてください。

ワタクシにカメラマンとしてフラフラしている予定。
有明でお会いしましょう!

しかし秋ってどうしてこんなに忙しいのだろう。

カテゴリー: テニス, ランニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。