カテゴリー別アーカイブ: 守谷総一郎プロ

TRC公開とか、PHANTOM GRAPHITE97続インプレとか。

Team REC CHALLENGEも終盤戦、
ラウンドも10まで進んだ。

ということで、最新の対戦はこの二人。
th_守谷VS佐藤LINE

守谷総一郎vs佐藤一平。

普通に考えると、若いし現役プロの守谷プロが有利だけど、
そうはいかないのが10ポイントタイブレークの面白さ。

で、今回は解説が、鈴木貴男プロと関口周一プロというコート以上の豪華さ。

そろそろ順位も見えてきた終盤戦。
ぜひご覧ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

ようやく試打ができたが、1ショット目がネットの下半分までしか
ボールが飛ばないと言う、グラファイトの洗礼を浴びた。

気を取り直して、徐々にアジャスト。
なんとかまともに飛ばせるようになったが、
やっぱりやわなラケットじゃなかった。

しっかり振って、しっかり潰して、ちゃんと鬱・・じゃない、打つ。
ああ、そうだったよね、グラファイト。
最新のテクノロジーを搭載しても、この基本は変わらなかった。

ということで、ネットプレーとサービスを。

 

アプローチから前に。
th_IMG_0760
腰高だなぁ。
加えて、コートサイドでボスが見ててやりづらいぜ。

ローボレーから前へ。

飛ばないことはない。
ただ、それなりに腕を送らないと深く行かないかな。
当てるだけでパシューン!と飛んでくれるってことはない。
わかってたことだけど。

ただ、芯を食って当たった時の快感はなんともいえない。
th_IMG_0771
ボールもしっかり伸びて滑るし、理想のボールが飛んでいく。
確率は別としてだけど。

ドロップ系やアングルについては感覚がダイレクトなので
案外コントロールしやすいと思う。
当たった途端に出ていっちゃう感じじゃないのは
感覚が重要なショットでは生きるって感じだ。

スマッシュは早め早めの準備が必要。(って、レッスンか?)
持ち重りのしないトップライト気味とはいえ、やはり全重はあるから
ボレーのような小さい動きじゃないスマッシュだと速めに反応したほうがいい。

それなりの頑張りは必要だけど、サボらず扱えればとても良いと思う。
それが続くかが問題なんだけど。

 

そしてサービス!
th_スクリーンショット 2021-02-28 7.59.33
(写真はケンスケコーチ)

ごめん。これは最後まで思ったように打てなかった。
「打てなかった」というのがキモで、
思ったようなサービスが飛んで行かなかったわけではない。

感触的に「ああ、気持ちいいなぁ」みたいな抜け感とか、
バコン!と「ボール潰してやったぜ」みいなストロング缶・・・
じゃないストロング感までには至らなかったということ。

ワタクシ的にはサービスは、スパーン!という球離れと、
バシュ!!っていう引っかかり感が好きだなんだけど、
トップに重みがないので、自分でヘッドを回していかなければならないから、
それなりのスイングパワーが必要になるのが厳しいところ。

ただ、打球はそれなりに速いし、回転もかかって、曲がるし、落ちた。
ウエイトによるスイングスピードのズレをアジャスト出来れば
問題ないような気がするけど、
時間的にそこには至らなかったというのが現実。

おそらく打ち込んでいくことで徐々に自分のテニスになっていくのだと思う。

 

ひと通り打ってみて、やっぱり簡単じゃないけど、
しっかり打てればすごい武器になる。
・・・のだろうなと思った。

ルックスにひと目惚れしてアタックしてみたら、実は手強くて、
ちゃんと本気でアタックしないと応えてくれないみたいな・・・なんのたとえだ?

とにかく、ルックスのままに素晴らしいラケットだった。
本気で付き合ってみてねってことだ。

グラファイト好きなら絶対に打ってみるべしである。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

昭島とか、竹島プロシーズンインとか。

休日。
朝も早よから電車の旅。

2時間弱、西へ向かい着いた先は昭島。
前回来た時は落ち葉の絨毯だったけど、スッキリな銀杏並木。
th_IMG_0560
しかしいい天気。

昭島ならではの飛行機も。
th_DSC_3453

ようやくシーズン開幕だ。
こんな状況だけど、今年も頑張ろう。

 

さて、そんな昭島は昭和の森テニスクラブ。
Team RECの竹島プロのシーズン開幕戦が行われていた。

連日、報告をもらっていたのだが、なかなか応援に行けず。
ようやく休日にあたったので、急遽応援に行くことにした。

天気はいいが、風が強めの昭和の森。
th_IMG_0561
頑張れよ〜。

試合開始。
th_DSC_3353

相手は松村選手。
th_DSC_3318
フルスイングのファイターだ。

まずは竹島プロのペースで試合が始まった。
th_DSC_3481

しっかり繋いで、機を見てネットへ。
th_DSC_3370
駿朗パターン(by関口プロ)である。

ファーストセットは6-2。
th_DSC_3515
いい感じ。
このまま一気に行きたいところ。

 

が、セカンドセット、さらに風が強くなり、両選手ともに難しい状況に。
th_DSC_3545
竹島プロも対応しきれずミスも増えてきた。

セカンドセットは2-6。
一気に形勢が逆転してしまった。

 

ファイナルセット。
th_IMG_0565
先にサービスを落としたのは竹島プロ。

追う展開になってしまうも、なかなか突破口が見つからない。
th_DSC_3266

ビハインドのまま終盤へ。
th_DSC_3601

途中、兆しも見えたが、振り切られ敗退。
th_DSC_3602
うーん、残念。
いい感じでスタートしただけに悔やまれる。

「とても悲しいです」とは本人の弁。
また次だね。

でも、久しぶりに試合が観られてよかった。
やっぱりテニスコートの熱い空気はいい。
まだまだ状況は見えないけど、スポーツの強さを信じたい。

そして、Team RECメンバーの活躍もね。

 

竹島プロの次の試合は3月のロイヤルSC(埼玉)の予定。
守谷プロ、正林プロも出場予定なので、ぜひ応援をお願いします!!

しかし遠いぜ、昭島・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラウンド6とか、レッくん第3弾とか。

Team REC CHALLENGEも後半戦に入ってきた。
週末、ROUND6が公開された。

th_正林VS佐藤LINE

対戦するのは、一平コーチと正林プロ。
両者ともまだ勝ち星が無いので、ある意味崖っぷちの対戦。
なかなか面白い対戦になった。

Team REC CHALLENGE【ROUND6】佐藤一平vs正林知大

ぜひご覧ください。

 

さて、昨年末にデビューしたTeam RECマスコットのレッくん。

th_rekkundebut

スクール内のあちこちで見かけるようになった。
th_IMG_9025 th_IMG_9024

最近はマスクをしたレッくんも登場。
感染症予防にひとやく買っている。

 

で、レッくん企画第3弾がはじまった。

th_落書きコンテスト案内POP

レッくん落書きコンテスト〜!!

 

今回はレッくんをいじってしまおうという企画。

応募の台紙はこんな感じ。
th_1
小さめで色抜きのレッくん。

ここに色をつけるもよし、何かを持たせるもよし、
背景を書き込んで物語の舞台に立たせるもよし、
様々なレッくんを描いてしまおうという趣向。

そうだなぁ、子供の頃、教科書の偉人の写真に髭を生やしたり、
帽子をかぶせたり、サングラスかけさせたり、落書きしたよね。
そんな感じで遊んでしまおうという企画である。

 

描きやすいポーズがあると思うので、4種類をご用意。
th_3

th_2

th_4

いちばんイメージが湧きやすい台紙を使ってください。

 

応募は各校のポストへ。
またはメールでも受け付ける。
PDF、画像など形式も自由。

締め切りは2月末日。
応募作品を審査し、入賞の方には豪華な粗品をプレゼント。

th_レッくん落書きinsta

たくさんのご応募、お待ちしてます!

ワタクシも何か描いてみようっと。(画才はないよ)

カテゴリー: Team REC, テニス, レッくん, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

松林とか、モノマネとか。

冬ランは空気が痛いけど、景色は素晴らしい。
th_IMG_9386
人口の浜だけどね。

木に間から臨む富士山を撮ってみた。
th_IMG_9384

ヤシの木だと良かったんだけどな。
松の木だと、金色夜叉(貫一お宮)感が・・・。

 

さて、某日夜、Team REC CHALLENGEの撮影。

守谷総一郎プロがストレッチをしながら携帯をガン見。
th_IMG_0019

携帯を置いて、何やらしはじめた。
th_IMG_0021

何してんの?
th_IMG_0020

どうやらモノマネの練習をしているらしい。

 

これは・・・ああ、分かる、分かる。
th_IMG_0016

th_IMG_0017
力の抜けた感じの左手が絶妙に似てる。

 

これはあのお方?
th_IMG_0024

 

これは・・ああ、分かる。
th_IMG_0022

総一郎、モノマネうまい!

 

せっかくなので動画に収めることに。
動画はTeam RECのインスタとFacebookページにアップしてあるので、ぜひどうぞ。
th_スクリーンショット 2021-01-23 12.31.41
分かる人にしか分からないモノマネだけど。(笑)

実はTeam RECメンバー以外にも絶妙に似てるのがたくさんあったのだけど、
あとで怒られるかもってことで、メンバーだけにしておいた。

観たい方は、守谷プロに会った時に頼んで観てください。
男前でとっつきにくい感じがあるかもしれないけど、
実はよくしゃべるし、面白い若者だったるする。

Team RECのインスタFacebookページのフォロー、よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寒い!とか、インスタライブ&ラウンド5とか。

さぶいね〜。
th_スクリーンショット 2021-01-22 20.34.09
氷点下じゃないと、今日はまだマシかなって感じ。
早く春にならないかな。

 

さて、いよいよ今年最初のグランドスラム、全豪オープンが近づいてきた。
選手移動のチャーター機で陽性が出て、ホテルから出られない選手もいたり、
いろいろな制限があるようで、何とか無事に開催されることを祈るばかりだ。

Team RECの鈴木貴男プロも、内山選手のコーチとして現地入り。
外出時間も限られた中で、練習もこなせているらしい。

 

そして、この状況だから実現した企画も。

鈴木貴男インスタライブ!
th_IMG_0163
ホテルにカンヅメになっている時間を利用してライブ配信をしてくれた。

土曜日はたまたまインスタグラムを開いたら、
案内が飛んできたのでログイン。

入った途端に、名指しで挨拶してくれた。本名で。(笑)

コメントにもちゃんと答えてくれたりと、
長い時間しっかり皆に付き合ってくれて、
視聴していた方は大満足だったと思う。

終了間際には関口プロも入ってきたりと面白い配信だった。
th_IMG_0165

 

そして次の日も同じ時間帯にライブ開催。
th_IMG_0172
あれこれしながらの視聴だったけど、森上プロも参加し、深い話が聞けた。

 

しかも夕方は練習コートからライブ配信。
IMG_0176

画角に限界があって、プレーの詳細までは見られなかったけど、
雰囲気はじゅうぶんに伝わってきた。

アクセスした人、ラッキーだったと思う。

平日はやってくれるかわからないけど、ぜひまだ参加したい。
オーストラリアの鈴木プロとやりとり出来るって、めちゃ貴重だし面白い。

ちなみにワタクシ、Facebookはまあまあ閉じてるけど、Instagramはノーガード。
興味のある方はアカウント探してみてください。(って、興味ないか)

とにかく、鈴木プロのアカウントは要チェックである。

 

そしてこちらも熱い戦い、Team REC CHALLENGE。

なんとか毎週公開しているのだが、今週はラウンド5!!
いよいよ正林知大プロが登場。
守谷プロと熱い戦いを繰り広げている。

th_守谷VS正林LINE

Team REC CHALLENGE【ROUND5】 守谷総一郎vs正林知大

二人の駆け引きと、一平コーチのつたない解説をお楽しみください。(笑)

寒い日本だけど、テニスで少しでもホットに盛り上げたいな。
ぜひご視聴、チャンネル登録をお願いいたします。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, クルマ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

一平ちゃんわさびとか、撮影とか。

焼きそばは一平ちゃん派だ。

新しいのが売ってたんで、買ってみた。
th_IMG_8758

完成!
th_IMG_8759
思い切りむせた。
わさびが目にしみる。

普通の一平ちゃんが好きです。

 

さて、順調・・・ではないけど、何とか撮影が進んでいるTeam REC CHALLENGE。

とにかく時間がないので、チャッチャと撮らないと終わらない。
事前にある程度、打ち合わせしておいてこんなカットも。
th_DSC_3108

ATP  FINALみたいにしたかったのだけど、
右端の知大のホノボノ感のおかげで、童話の表紙みたいな雰囲気に・・・
モノクロにしてごまかすかな。

ならば、選手毎のカットくらいはと、
「迫力っていうか、戦い直前の空気でね」
と、リクエストして個別撮影。

 

守谷総一郎プロ
th_DSC_3083
さすが、絵になる男である。
よっ!男前!!

 

竹島駿朗プロ
th_DSC_3061
駿朗にしては頑張ってる。
無理あるけど。

 

佐藤一平コーチ
th_DSC_3092
いいよ〜!一平。(男前だしな)

 

正林知大プロ
th_DSC_3099
う〜ん、なんで童話感が出るんだろう・・・(笑)

 

締めは、関口周一プロ
th_DSC_3077
笑いが堪えられない男。
毎回、こうだよね。

こんな感じだけど、まあいい雰囲気で撮影は進んでいる。

細かな部分ではトラブルというか問題山積み。

ビデオのが画角的にコート全体がうまく入りきらないとか、
3mの高さからワタクシのiPhoneが落ちたとか、
その衝撃で買ったばかりの外付けマイクが壊れたとか、
iPhoneの動画が使い物になるのかとか、
困ったもんだのオンパレード。

でも、おかげさまで多くの対戦の収録を終えることができた。
あとは編集だな。
ホンドーくん、よろしくね!

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 買い物, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

60年代とか、桐山プロ登場!とか。

某イタリアンの店頭。
th_IMG_7384
この手のアイテムが大好きだ。
60年代っぽいやつね。

ネオン管のサインもいいなぁ。
自宅のワークスペース、60年代っぽく改装するか。
怒られるな・・・

 

さて、そんなこんなで、アメリカのバスプロ 桐山孝太郎氏とのテニスが実現。

当日は14時集合だったのだけど、13時に桐山プロからメール。
「着いちゃいました。うれしくて」
どんだけ気合い入ってんだろう。(笑)

Team RECのプロメンバーには事前に
「テニスで言うと錦織圭みたいなバスプロが来ます」
と情報注入済み。(わかりやすい?)

で、桐山プロ登場。
th_IMG_9194

ラケットも2本持参。
アメリカから持って帰って来たそうだ。
やる気満々だね。

さっそくプレー開始。
テニス好きとはいえ、どんだけできるのか?

th_IMG_9171
なかなかのハードヒッター。
ヘビートップスピンで強烈なフォアを打ち込んでくる。

しかも休まない。(笑)
th_IMG_9568
「休憩しましょうか」と言わないと、ずっと打ってる。
こっちが持たないぜ、ふう。

 

プロメンバーの練習がひと区切りのところで紹介。
テニスのこと。バスフィッシングのことなど、異種プロ談義。

途中、プロメンバーの練習に入れてもらい、ダブルス形式を楽しんでもらった。
サービス練習では自らレシーブに入り、プロのサービスを堪能。
th_IMG_9570
コースを予告して打ったらけっこう返してた。
びっくり。

しばしプロの洗礼を浴び、ヘロヘロになりながら、「最高です!」だって。
th_IMG_9572
喜んでもらえてよかった。

最後はなんと鈴木プロのプライベートレッスンも。
th_IMG_9200
鈴木プロの真骨頂のサービス直伝てかなり贅沢。

鈴木プロからは、
「あのハードヒットは、まさにアメリカで覚えたって感じですね。
日本だったら、まず入れましょうから始まっちゃうからね」
と、お褒めの言葉。

そうそう、Team REC x テニスの日フォトコンの景品を。
アメリカにどうやって送ろうかって考えてたんだけど、渡せてよかった。
th_IMG_9205

メッチャ喜んでくれて、
「来シーズンのトーナメントシャツにTeam REC入れたいなぁ」
だって。
普通だったら、契約金いくら掛かるんだろう。

そんなこんなでテニスを堪能してくれた桐山プロ。

「なんて呼べばいいの?アメリカではなんて呼ばれてます?」
と聞いたら、「KOTA(コータ)でいいです」だって。

これからは、「KOTAさん」と呼ばせてもらう仲に。
th_IMG_9152

日本での拠点というか、ボートを置いてるのは琵琶湖だそう。
「琵琶湖に来てもらえればいつでもご一緒できます」とのこと。
うーん、さすがアメリカの距離感。
気軽には行けないけど、ぜひ釣りも実現させたい。

バス釣り好きにはミュージシャンやスポーツ選手も多い。
阪神タイガースの選手たちもよく琵琶湖で釣りしてるし、
奥田民生も反町隆史もバス釣り好きで有名。
KOTAさんも繋がりあるのかな。

テニスとバス釣り。
何かコラボできたらいいな。
楽しみが増えた。

カテゴリー: Team REC, オモチャ, スポーツ, テニス, ファミリー, ボート, 守谷総一郎プロ, 街歩き, 釣り, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アプデとか、第2試合配信!とか。

Instagramがアップデート。
th_IMG_8580
ん?どこから投稿すればいいの?

見つかったのは次の日。
画面の下から上に「+」が移動してた。
アップデートって微妙に困るよね。

 

さて、Team REC CHALLENGEの配信が始まった。

th_teamrecchallenge本POP

 

元旦の夜には第2試合の配信開始。
th_関口VS佐藤LINE

対戦するのは、関口周一プロと佐藤一平コーチ

実力は関口選手の方が上だけど、スーパータイブレークなので、
点差が離れ難いし、何が起こるか分からない。

なかなか面白い対戦になっているので、ぜひご覧ください。

 

そんなTeam REC CHALLENGE、
いちばんの不安は、選手たちのスケジュールが合うかどうかってこと。

この状況で試合もままならないとはいえ、関口プロはツアーに出る予定だし、
いったん海外に出てしまえば、隔離期間などでかなり拘束される。

2月中の完結を目指しての長丁場とはいえ、
全対戦を撮り終えられるのだろうかがいまだに不安。

 

そんな中、なんとか撮影は進んでいる。

先日は奇跡的に皆のスケジュールが合った。
とはいえ、時間制限などもあって、バタバタの対戦〜撮影。

 

ということで、試合を観ながら、解説をしながら、和気藹々の雰囲気。
th_DSC_3131
ちゃんと距離とってる。

th_DSC_3135

 

もちろん試合は超真剣の大迫力。
th_DSC_3127
スーパータイブレークならではの駆け引きも見えたりして、
なかなか興味深い展開になっている。

 

実はこんなこともしてもらった。
th_DSC_3155

ダブルス、観たいよね?
こちらもお楽しみに!!

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!!

th_スクリーンショット 2021-01-02 12.14.42
Team REC CHANNEL

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 携帯電話, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

配信開始!とか、桐山孝太郎プロとか。

テニス日本リーグ中止を受け、急遽企画されたTeam REC CHALLENGE。

th_teamrecchallenge本POP

試合は5選手の総当たりのスーパータイブレーク。
ポイント制で順位が決まる。

選手たちのスケジュール調整等、なかなか難しいのだけど、
少しずつ試合も始まった。

そしていよいよ配信が始まった。

th_TeamRECCHALLENGESQ

オープニンングを飾るのは、竹島駿朗 vs 佐藤一平。

なかなか面白い試合になった。
関口プロのつぶやき解説も見ものである。

動画はこちら。

ぜひご覧ください。
チャンネル登録もよろしくお願いいたします!

 

さて、先日のTeam REC練習会。

th_IMG_9151

見慣れない人が。
あ、見慣れないひとりはワタクシです。

あともうひとり。
鈴木プロ、関口プロにはさまれたお方。

実はこの方、バスフィッシングのプロトーナメンター、桐山孝太郎プロ。

アメリカを拠点にし、本場アメリカのバスフィッシングトーナメントに参戦。
もう渡米して長く、人生の大半をアメリカで生活している。

アメリカのバスフィッシングトーナメントのトッププロとして活躍している
テニスでいうと錦織圭のような存在。
kiriyama_kotaro
BASS MASTERプロフィール

A Day On the Water With Bassmaster Elite Pro Kota Kiriyama

そんな桐山プロと知り合ったのは、2011年。

日本のトーナメントに招待出場したときだ。

写真でわかる通り、トッププロは使用するあらゆるものにスポンサーがつく。
ロッド(釣竿)、リール、ルアーはもちろん、サングラスやウェア、
さらにはボート、エンジン、乗っている車までサポートされている。

その中でライン(釣り糸)の契約がテニスメーカーでもある
TOALSONさんということで、
当時のTOALSONさんの担当者に紹介いただいた。

「ALLSTAR CLASSICに桐谷プロが来日します。
桐谷プロ、テニスも大好きなんで紹介しますよ」
ってことで、大会会場にお邪魔したのが始まり。

 

懐かしいので写真などを。

日本のバストーナメントでここまで派手に
演出されているのはめずらしいのだけど。
th_DSC_5034

th_DSC_4872

桐山プロ、帰着。
th_DSC_4989

th_DSC_4993

ウェイイン(検量)ショーの後、ブースで紹介いただいた。
th_DSC_5045

この時は、トーナメント中だし、
さすがにテニスをしようってことにはならずに、
連絡先を交換して別れたのだが、その後Facebookで繋がって、
互いにいいね!したりの仲だった。

アメリカでもテニスはよくやっているらしく、
Team RECのフォトコンにもテニスの写真を送ってくれたりしていた。

先日、HEADの新しいRADICALの画像をアップしたら
「新しいラケットですね!」とメッセージをくれた。

「今度一緒にテニスしましょう」と返したら、
「ぜひ!実は帰国中なのです」とのこと。

「急ですが、明日、Team RECのプロメンバーが練習します。遊びに来ませんか?」
とダメもとで言ってみたら「ぜひ伺います!」ってことで再開となったというわけ。

ワタクシ的にはバスフィッシング界の錦織圭に会えるってことでワクワクだし、
桐山プロもテニスのプロを間近で見られるってことでワクワクという、
双方ワクワクが実現したのだ。

ああ、なんか繋がりが広がるっていいね。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, ボート, 守谷総一郎プロ, 釣り, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

白湯とか、練習2回目とか。

起き抜けは500mlのペットボトルの水を飲むのだが、
1週間前くらいからこっちに変更。

th_IMG_8991

白湯である。
冷たい水より吸収がよく、身体が冷えず、優しいらしい。
と、B’zの稲葉さんが対談番組で言ってたから。(ミーハー)

実感は・・今のところなし。

 

さて、年末から年始にかけてあれこれ動いているTeam REC。
メンバーも練習や試合やイベントでなかなか忙しいらしい。

で、初の試み Team REC CHALLENGEもはじまった。
th_teamrecchallenge本POP

試合はまだ序盤だけど、なかなか面白い対戦もあったりして、
絶賛、構成、編集中なので、公開を楽しみに待っていただきたい。

 

で、先日は第2回メンバー練習をした。

各々アップを開始。
th_IMG_9417
撮影機材が写っちゃってる。ゴメン。

 

練習開始。

メッチャボール速い。
仲間に入れてもらおうと思ったけど、やめておいた。

アップからラリー、ポイント練習とひと通り行った。
th_IMG_9449
やっぱり真剣な空気はいいなぁ。

ということで、練習の動画をアップした。
th_LINE1

動画はこちら

編集で面白い感じになっているけど、
ちゃんと真剣に練習したので、誤解のないように。

 

動画は短めにしたので、実は後編がある。
後編はポイント練習中心なので、違った見応えがあると思う。
こちらも近々公開予定なのでお楽しみに!

試合の様子はもうちょっとお待ちください。
すごいっすよ、やっぱし。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。