カテゴリー別アーカイブ: 守谷総一郎プロ

コーナーとか、Team REC Tシャツとか。

テニス漫画「BREAKBACK」コーナーがRECテニススクール各校に増殖中。

作者のkASA先生から送っていただいた
サイン入りの複製原画と一緒にコミックが置いてある。

こちらは、NEOインドアテニススクール西新井
th_IMG_4918

こちらは、高島平インドアテニススクール
th_IMG_5084

これはRECテニススクール府中ね。
th_IMG_5074

バナーも作成し、HPリンクも貼ってある。
th_BBbanner01

現在4巻まで発売中。
テニスをする方ならなおさらの読み応えの作品。
ぜひお読みください。

BREAKBACK x Team RECのコラボ企画とか出来ないかな。
KASA先生に相談してみようか。

 

さて、今年もこの季節がやってきた。
って、まあまあバラバラな時期での企画だけど・・。

そう、Team REC Tシャツ2019年モデルの発表である。

今年の基本デザインはこちら。
th_拡大1
メインロゴは2種類。
袖におなじみの09ロゴを配してある。

09ロゴは今回若干アレンジしてみたが、
なかなかいい感じに仕上がったと思う。

ボディも2タイプ。
TシャツとロンTである。

Tシャツをつくれば「ロンTないの?」と聞かれ、
ロンTをつくると「今度、Tシャツいつ?」と聞かれることが多いので、
今回は同時発売にさせていただいた。
これで文句ないっすよね。

 

カラーはこんな感じ。
th_スクリーンショット 2019-06-13 7.35.16

実はこれも毎回あれこれご意見をいただく。

「ねえねえ、女性のこと考えないで色決めてるでしょ」
いつもTeam RECの応援にきてくださる女子のみなさん、なかなか辛口である。
図星なんだけど。

そんなわけで、今回は女性目線も取り入れてのカラー展開。
どうすか?これで。

このTeam REC Tシャツは現在、RECテニススクール全校で予約受け付け中。
多少多めには作る予定ではいるが、在庫分はいつもあっという間になくなってしまう。
確実に手に入れたい方は、6月23日までに各校フロントへどうぞ。

 

さらに、毎夏恒例の実業団団体戦ビジネスパル
昨年の全国大会で準優勝だったので、
今年8月の松山市での全国大会にストレートイン。

で、恒例のビジパルメンバー用のTeam REC Tシャツをつくる。
th_スクリーンショット 2019-06-13 7.33.57

初のカモフラ柄に背中に09ロゴ。
なかなかカッコイイ。

スタッフに見せたら、「ビジパルメンバーだけなんてずるい。欲しいっす」の声多数。
急遽、スタッフからも受注を取ることにした。
在庫が足りるのか心配だけど。

ちなみにこのバージョン、ボディは別確保なので一般販売は無し。
ごめんなさい。

そんなこんなで、カラバリ豊富なTeam REC Tシャツ、絶賛受け付け中です。
お申し込みは各校フロントまで。

これを着てぜひ松山に応援に来てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝とか、家とか。

最近好調の関口周一プロがITF香港で決勝進出。
相手は今井選手だ。

休日だったのでライブスコアで応援しつつ念を送ったのだが、
残念ながらストレートで敗退。

ほどなくしてメッセージ。
「写真ある?」と聞いたら「あります!」と数枚送ってくれた。

th_62258287_595615250960415_2960559427154870272_n

th_62200636_465896177520128_3743247908963614720_n

th_62126330_536088456919498_6837048727857790976_n

th_62063711_2189895431231207_7277853101325811712_n

th_62004833_476249636445009_7909643280193683456_n

なぜかラーメン(?)の写真も。
th_62118381_2297735157221343_2201890073207635968_n
「会場の隣にあって、メッチャうまいんです」って、行けないわっ!

とにかく今週も勝ち上がって良かった。
ITFランキングも急上昇だし、
ATPチャレンジャーに手がかかるところまで来た。
頑張れ!周一。

ちなみにTeam RECの竹島駿朗プロ、守谷総一郎プロは
今週、ITF昭島(昭和の森テニスクラブ)に出場予定。
ぜひ応援お願いします!

 

さて、何とか実現した日帰り帰省
家のこと、仕事のこと、親のこと、自分たちのことなど、あれこれ話し、聞いた。
th_IMG_2730221

さすが我が親、あれこれ考えていて、
自分たちに何かあった場合の葬儀のことまで決めてあった。

うむー、さすがである。

兄弟もいるので勝手に決めるわけにもいかないが、
親が自分で決めたことならそれはそれで尊重しないと。

家のこと、仕事のこと。
そんなことも考えなければいけない時期なのね。

仕事のことも細かく聞いたのは初めてだった。
貸金庫、初めて見たぜ。
ちなみに銀行さんとの付き合いで借りたってことで
特に財産があるわけではない。

ひと通りの話を終えて、クルマを借りて妻とドライブがてら話すことに。
th_IMG_2735

慣れていないクルマで窓の曇り取りすら四苦八苦。
th_IMG_2737
よく分からん。

 

母親はワタクシが大学で家を出るまでは、家で洋裁の内職をしていた専業主婦。
たくさんの苦労をしながら自分の仕事をつくっていった。
おそらく50歳の頃じゃないだろうか。

現在は、クルマで講演会場に乗り付け、
数百人の前でパワーポイントを使って講演もしているらしい。
いい歳だが、仕事も遊びもいまだ現役。
きっと遊びもできるようになったのは、ずっと後のことなのだろうと思う。
たいした人である。

そんなことを話しながら戻ると、雨が雪に変わっていた。
th_IMG_2746

そろそろ帰ろうと食事がてら駅まで送ってもらう。
th_IMG_2753

色々考えること、やることがあるなぁ。
th_IMG_2758
また来ます。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、NEW CLASH発表!とか。

ITF World Tennis Tour Porsche Karuizawa Open 2019
守谷総一郎選手がダブルスで優勝した。

写真はTeam REC Facebookページからどうぞ。
https://www.facebook.com/teamrec09/

この大会、シングルスもベスト4。
国体予選があったが、怪我以降、ITFツアーは復帰戦。
良い形でツアー復帰ができてよかった。

実はシングルスベスト4に入った日、本人から「明日、来られますか?」
とのメッセージが入ったのだが、土曜日はどうしても行けずだったので、
「決勝に行ったら行くよ。頑張れ!」と返しておいた。

無理してでも土曜に行けばよかったかな。
また、チャンスもあるか。
次のグアムも頑張れ!

おめでとう!

 

さて、新製品はこれだけではない。
続いては、大好評のCLASHシリーズの新ラインナップたち。

CLASH98
th_WR008611U_0_Clash_98_BL_RD_GY

th_WR008611U_1_Clash_98_BL_RD_GY
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:310g
■フレーム長:27インチ
■バランス:306mm
■フレーム厚:23.5mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリング:16×19
■価格;32,000円

CLASH発売時から「もう少しツアー系を」との声も多かったが、
フェイスサイズ98、ウエイト310g、フレーム厚も若干薄めの23,5mm
のドンピシャモデルが発売になる。

すでに試打をさせてもらったが、CLASHのしなり感はそのままに、
より振り抜き易く、よりしっかりした打球感で、攻撃的な要素が
強まったモデルに仕上がっている。

日本リーグ決勝で、ケビンキング選手が使用していたが、
選手層にもさらに使用者が増えそうな予感がする。

CLASH100L
th_WR008711U_0_Clash_100L_BL_RD_GY

th_WR008711U_1_Clash_100L_BL_RD_GY
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:280g
■フレーム長:27インチ
■バランス:315mm
■フレーム厚:24mm
■グリップサイズ:G1/G2
■ストリング:16×19
■価格;32,000円

CLASH100のライトウエイトモデル。
最初のモデルだと扱いきれない女性層にも使い易くなった。
粘りと飛びがバランよくセッティングされているので、
安定してプレーできるモデルだと思う。

 

CLASH108
th_WR008811U_0_Clash_108_BL_RD_GY

th_WR008811U_1_Clash_108_BL_RD_GY
■フェイスサイズ:108平方インチ
■ウエイト:280g
■フレーム長:27,25インチ
■バランス:335mm
■フレーム厚:24mm
■グリップサイズ:G1/G2
■ストリング:16×19
■価格;32,000円

ビッグフェイス&ロングタイプ。
0,25インチロングのボディながら取り回しづらさはなく、
ロングボディの恩恵をしっかり感じられた。
ロングの分、しなり過ぎを感じないのが絶妙な味付け。

CLASHのテクノロジーはむしろこっちのタイプで
より生きるんじゃないかと思ったほど。

ということで、大好評のCLASHシリーズに3タイプが追加。
多くのプレーヤー層をカバーするラインナップになった。

製品情報動画がこちら。

道場さん、大活躍。

問題は、CLASHシリーズ発売当初から慢性的な品薄状態が続いていること。
未だ店頭には在庫がない状態も多々あると聞く。

まあ、昔みたいに大量につくって余れば・・
みたいな時代じゃないから仕方ないとはいえ、
まだまだ飢餓状態が続くCLASHシリーズ。

近々REC各校には試打が到着予定。在庫もある程度確保している。
それほど大量の確保ではないので、気に入った方はお早めの決断をお勧めしたい。
何にしてもお楽しみにお待ちください!

いいモノがたくさんの初夏。
ぜひあれこれ楽しんでください。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

打ち上げとか、BREAK BACKとか。

無事に閉幕したREC FESTA2019。

片付けを終え、スタッフで軽く打ち上げ。
th_DSC_4625

th_DSC_4627
プロの皆さんも参加してくれた。

軽く飲みながら、最後は鈴木プロのウェア争奪じゃんけん大会。
th_IMG_4242

th_IMG_4245

かなり盛り上がった。

th_IMG_4244
宇野プロも参加してる。(笑)

 

さて、そんなREC FESTA。

「テニスの拳」さん以外にも、もうひとり影のゲストが来られていた。

th_IMG_4227

少年チャンピオンで連載中の漫画「BREAK BACK」の作者、KASAさんである。

BREAK BACKはテニスをテーマにした物語。
かつて天才と呼ばれ、世界ランク7位まで上り詰めたたテニスプレーヤー、
上條紗季が、1億円の借金を返すために、無名の高校のテニス部を
日本1位にさせていくというストーリー。

現在、コミックは4巻まで発売されていて、話はまだ序盤という感じだが、
それぞれのキャラクターも確立されていて、読み応えじゅうぶん。

この漫画を描いているKASAさんが実は来場されていた。

もともとテニスプレーヤーだったKASA先生。
一時は、ギレルモ・コリアのテニスキャンプに武者修行に行っていたなど本格派。
当然、漫画に出てくる技術論もホンモノ。
テニスの知識がある人も違和感なく、いや入り込んで読める内容になっているのは
そういうことなのだ。

KASA先生は、他にもテニスクラシック誌で「NO TENNIS NO LIFE」という
実在の選手やコーチを紹介するコーナーも担当している。
そのうち、Team RECの選手やコーチも登場するかも。
先生、お願いします。

当日はコミックを寄贈いただき、その場でサインもしてくれた。
th_IMG_4228

このサイン本は、レックインドア上石神井、ネオインドア西新井、高島平インドアの
フロント周りに置いてあるので、ぜひ手にとって見てほしい。

実はコミックに加えて原画サインもくださった。
th_IMG_4229
これはレックインドアテニススクール上石神井に飾ってある。

シャイなKASA先生は顔出しなしで活動されているが、
コミックは各書店で絶賛販売中。
ぜひとも手にとっていただきたい。
面白いよ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 読書, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

幌とか、さらなるゲストとか。

スズキ・ジムニー幌タイプ。
th_IMG_2330

昔は運転席の上も幌のタイプのジムニーがあったが、
安全基準やらの関係でなくなったとか。
やっぱり幌タイプがジープ系っぽくていいよね。
楽しそうなクルマだ。

 

さて、REC FESTA2019。
表には出ていただくことはなかったのだが、
さらなるゲストが来られていた。

テニスYOUTUBERの「テニスの拳(けん)」さん。

テニスの拳

少し前までは「テニスのゴンちゃん」としてチャンネルを開設。
様々なテニス動画をアップしていた。

会社の先輩後輩で始めたYOUTUBEだったが、
すごい勢いでチャンネル登録者が増え、一気にメジャーYOUTUBERに。

実はTeam RECの一平コーチもゴンちゃんと対戦で出演。

ワタクシも2度ほど出演させていただいたこともある。

まあ、ワタクシの出演が何かの足しになったのかはわからないが、
とにかく人気テニスYOUTUBERの位置を確立していた「テニスのゴンちゃん」。

がしかし、本業も忙しくなったこともあってか、ゴンちゃんが引退。

テニスのゴンちゃんも閉鎖か!と思いきや、
プロデューサーとして裏方だったKさんが演者になり、
「テニスの拳」として再スタート。
現在も様々なテニスネタを配信し続けている。

それにしてもチャンネル登録者数31,000人てすごいな。

そんなテニスの拳さんとのやりとりの中で、
「REC FESTA来ませんか?」と聞いてみたら、
「ぜひ!」ということで、今回の取材が実現した。

鈴木プロに張り付きで撮影しているのが、テニスの拳さん。
th_DSC_4499

近々、当日の模様がアップされる予定である。

で、せっかくなので、視聴者プレゼントをしようという話になり、
こちらを用意させていただいた。
th_IMG_4232

ゲストプロのサイン入りREC FESTATシャツ。
サイズは小さいものしかないのだが、
ぜひ動画が公開されたら応募してほしい。

今後もテニスの拳さんとは、様々コラボしていく予定。
お楽しみに!

ということで、テニスの拳さん、ありがとうございました!

カテゴリー: Team REC, インターネット, クルマ, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大吟醸とか、REC FESTAスナップとか。

最近のちょっとしたお気に入り。
th_IMG_2501
大吟醸のちょい飲みボトル。
ワインみたいで美味しい。

日本酒を飲めるようになったのは、ここ1年くらい。
昔は嫌いだったんだけど・・なぜだろう。
とはいえ、飲みすぎるとえらいことになるので要注意だ。

 

さて、REC FESTA2019のスナップなど。
今年はゲストプロが4名と豪華な布陣だった。
そのため、多くの皆さんにプロと触れ合っていただけたんじゃないかと思う。

鈴木貴男プロ
th_DSC_3640
REC FESTAだけは毎年スケジュールを空けてくれる鈴木プロ。
メチャクチャ忙しいのにありがとうございます。

宇野真彩プロ・西郷幸奈プロ
th_DSC_3641
宇野プロはHEAD Japanさんのご協力で参加が実現。
西郷プロは拠点のスペイン・マヨルカから帰国中という奇跡のタイミング。

守谷総一郎プロ
th_DSC_3639
守谷プロもツアーから1週早く帰国したタイミングでの参加。
超ラッキーなタイミングだった。
怪我での帰国だからラッキーじゃないか。

とにかく全プロが全力フル稼働。
th_DSC_3973

th_DSC_4000

th_DSC_3991

クリニックでのアドバイスから、皆さんとのラリー。
th_DSC_4016

th_DSC_4023

th_DSC_4581

th_DSC_4592

th_DSC_4589

コーチ陣も参加者の皆さんと楽しく打ち合った。
th_DSC_4007

th_DSC_4011

 

そしてダブルスでプロに挑戦コーナー。
th_DSC_4067

th_DSC_4154

th_DSC_4132

th_DSC_4090

鈴木プロと組むのは緊張するだろうなぁ。
th_DSC_4027
昔、イベントで福井烈プロと組んだ時、
生涯で一番緊張のダブルスだったことを思い出した。

 

エキシビションも見応えがあった。
th_DSC_7219

プロも楽しんでくれているのがとても良かったかな。
th_DSC_7220
th_IMG_4193

th_IMG_4240

ここまでゲストプロが揃うのはなかなか無いかもしれないが、
こんなに盛り上がったのは人数じゃなくて、
プロの皆さんそれぞれのホスピタリティと
エンターテイメント性があってのこと。
th_IMG_4235

本当にありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 西郷幸奈プロ, , 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

股抜きとか、エキシビションとか。

REC FESTAにて。
th_DSC_4169
守谷プロ、股抜き!
うまいなやっぱり。

鈴木貴男プロから「違和感あるなら打たなくていいよ」と言われながらも、
少しでも空きがあるとついラリーをしてしまう守谷プロ。
どんだけテニスが好きなんだ。

 

さて、そんなREC FESTA2019。
メインイベントとも言えるエキシビションマッチ。

今年は鈴木プロの提案もあり、タイブレーク形式のショートゲームを
組み合わせを変えつつ、たくさん見ていただくことに。

th_DSC_4194

th_DSC_4223

th_DSC_4207

th_DSC_4203

th_DSC_4230

序盤はダブルス。
コーチ同士、プロとコーチのミックス等々。
様々な組み合わせで楽しんでいただいた。

実況席には試合の無いプロに入ってもらった。
th_DSC_4232
「今日はトークで勝負します」の守谷プロ。
けっこう辛口で笑えた。

大活躍の角田コーチ。
th_DSC_4235

th_DSC_4241

th_DSC_4309
男子プレーヤー相手にリターンエースを連発してた。

貴男さんもビックリである。
th_DSC_4359

いつも全力プレーの西郷プロ。
th_DSC_4250

th_DSC_4273

th_DSC_4279

th_DSC_4277
さすがダブルスが得意というプレーの連発だった。

宇野プロ。
th_DSC_4315

th_DSC_4342

th_DSC_4320
スマートでクレーバーなプレーが光った。

貴男さんと組むのは緊張するよね。
th_DSC_4418

th_DSC_4394

th_DSC_4373

th_DSC_4369

今回は宮田コーチがその任を。
鈴木プロの圧に負けてダブルフォルト。
パートナーなんだけど。(笑)

 

ファイナルは、鈴木プロと一平コーチのシングルス。
th_DSC_4465

th_DSC_4479

th_DSC_4483
この試合は見応えがあった。

一平コーチがサービスエースを連発し、序盤は鈴木プロを圧倒。
鈴木プロは着実にサービスキープし、勝負所を伺う。

ここぞというところで一平コーチのサービスをブレーク。
最後は怒涛のサービスゲームで有無を言わさず締めた。

いやぁ、すごい!
プロの試合運びってこういうことなんだな。
ぐうの音も出ない。

この日、この試合を生で見た方は幸せ者。
これぞエキシビという素晴らしい展開だった。

そんなREC FESTAもそろそろクライマックスだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

久々にとか、REC FESTA開幕!とか。

裏原宿にて。
th_IMG_2207
「ROAD TO NOWHERE」

TALKING HEADSだね。
この曲、HONDA CITYのCMにも使われてた。

TALKING HEADS、かっこよかったなぁ。
洗練されてて前衛的で、都会的なテイストが新しかった。
解散後のデビッドバーンだけじゃなくて、TOMTOM CLUBも良かった。

久しぶりに聞いてみたけど、やっぱり良かった。
オススメです。

 

さて、いよいよREC FESTA当日が来た。

前日の準備が遅くなったら泊まろうと寝袋を準備してきたが、
その必要もなく無事に帰宅出来た。

ということで当日。

スタッフも揃い、最終チェック。
th_IMG_4213

ゲストプロも会場入り。
th_DSC_3620
左から、ピラティスの玉乃先生、守谷総一郎プロ、宇野真彩プロ、
西郷幸奈プロ、鈴木貴男プロである。

守谷プロはツアーから1週早く帰国したので、
参加をお願いしてみたら「行きます!」と快諾。
ええヤツやぁ。

スタッフミーティング。
th_IMG_4172
この日のために各校から集まってくれた。

ボスからのお言葉。
th_DSC_3623
各校を守ってくれ送り出してくれたスタッフもいるということ。
まさにALLRECなイベント。
全員で頑張ろうということをあらためて確認。

頑張ろうの1枚。
th_DSC_3638

イベント開始。
th_IMG_4186

各種アトラクションはすぐに長蛇の列。

ターゲットナインが一番人気だったかな。
th_DSC_3757

th_DSC_4600

今回初お目見えのアーチェリー。
th_DSC_3863

弓をひくのにけっこう力がいるので、
子供達には銃タイプが用意されている。
th_IMG_4166

th_DSC_3861

ボスも挑戦。
th_IMG_4164
「面白いな!これ」
気に入ってた。(笑)

イチジョーさんのお手玉コーナー。
th_IMG_4219
いつも昭和なアトラクション担当のイチジョーさん。
カラオケも昭和歌謡のオンパレードだ。

カップスタック。
th_DSC_3763

th_IMG_4195
西郷プロ、宇野プロも挑戦。

東京メガネさんのVトレーニング。
th_DSC_3769

th_IMG_4207
宇野プロが挑戦。
アスリートだからさぞや高スコアだったはず。(未確認)

体力測定コーナー。
th_DSC_3761

th_DSC_3852
ワタクシも体前屈に挑戦。
マイナス15センチだった。
年齢のせいではない。
子供の頃からマイナスだった。

ピラティスコーナー。
th_DSC_3765

th_DSC_3784
今年は親子での参加が多かった。
子供達の柔軟性に親御さんたちは大汗。

スピードガン&的当て。
th_DSC_3752
奥のコートだったが人気コーナーのひとつ。

外山シェフの豚汁。
th_DSC_3869

th_IMG_4187
豚汁でこの格好はシェフじゃないか。
最近はニシザキコーチと夫婦料亭みたいになっている。

かき氷。
th_IMG_4199
ホンザワコーチの職人芸が光る。

わたあめ。
th_IMG_4201
気温が高いと溶けてしまい作り置きができないことが判明。
受注生産で大変だったかな。

ドリンクコーナー。
th_IMG_4200
若手とベテランのナイスコンビ。

たこ焼き。
th_IMG_4223
美味しかった。
大人気で焼きっぱなしだった。

コロコロ焼き。
th_IMG_4198
中にチョコレートの甘い系。
子供達にも大人気。

各種アトラクションを回ってスタンプを集めるとクジを引ける。
th_DSC_3866
ご協賛いただいたメーカー様、ありがとうございました。

全体MCはこのお方。
th_DSC_7195
なぜかRECスタッフではなく、 HEAD Japanのコバヤシさん。
このイベントも皆勤賞。
もう20数年の付き合いになるが、今回も無茶振りでお願いした。
申し訳ないっす。

そんなこんなで大にぎわいの会場。
コート上ではプロクリニックが始まっていたが、
長くなったので、それはまた次で。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マイウェイとか、本日開催!とか。

喫茶・マイウェイ。
場所は忘れた。
th_IMG_2398
こういうお店は残って欲しい。

昔、「ちょっとマイウェイ」ってドラマがあった。
小さな洋食レストランの奮闘記。
桃井かおり、八千草薫、緒形拳、秋野太作、岸本加世子、
豪華メンバーでのドラマだった。

土曜の夜、毎週観てたなぁ。
あの頃の桃井かおりってすごく良かった。
ドラマの中でもタバコ吸いまくってて怖そうだったけど。
(今じゃ絶対無いな)

主題歌の「夜明けのマイウェイ」流行った。
オープニングの倉多江美のイラストも良かった。
懐かしい。

あ、写真の店とは無関係。
店名であれこれ思い出しただけ。

 

さて、いよいよ本日開催、REC FESTA2019!
前日夜は皆で準備。

th_IMG_4156
フロントスタッフの力作でお出迎え。

各種アトラクションの設営。
th_IMG_4155

th_IMG_4151

今年新たにお目見えはこちら。
th_IMG_4149
アーチェリー。

空気で浮いたターゲットを射落すゲーム。
th_IMG_4157
結構力要るけど大丈夫かな。

恒例の外山シェフも仕込み中。
th_IMG_4135

スタンプラリーの景品もたくさんご用意。
th_IMG_4133

フードコーナーもリハーサル完了。
th_IMG_4132

そして今年のTシャツ。
th_IMG_4147
Tシャツはクリニックご参加の方のみ。
ごめんなさい。

ゲストプロも準備万端。
スタッフ一同、全力で楽しい一日にします。
ご来場お待ちしております!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 街歩き, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストーンズとか、守谷プロ参加!とか。

th_banar

 

明治通りにて。
th_IMG_2423

th_IMG_2425
ROLLING STONESのバス。
乗れるのか?

ストーンズのロゴ(Lips and Tongue)って永遠だな。
ワタクシ、どちらかといえばBEATLES派だけど、
このロゴはカッコいい。

 

さて、いよいよ明日に迫ったREC FESTA2019。

スタッフは準備に余念がない。
それぞれのパートであれこれ仕込み中。

運営責任者のフカダコーチ、タケダコーチも休日返上で
動き回っていくれている。

そんな準備の最中、ビッグニュースが。

Team RECの守谷総一郎プロの参加が急遽決まったのだ。
59295626_2237743013222755_9080377109393702912_o

実は、守谷プロ、春先の股関節の怪我からツアー復帰し、
まずは2週、大会に出場予定だったが、現地入り後の練習で
別の部位に違和感が出た。

不安を抱えたまま試合には臨んだが、
やはり痛みは引かず、試合はリタイアとなった。
もう1週の予定もあったが、まずは診断と治療ということで、
1週早めて帰国するとの連絡があった。

スケジュールが許すならば、REC FESTAに顔を出せないかと聞いたところ、
「行きます!」とのうれしい返事。
急遽の参加と相成った。

本人、「プレーできる準備して行きます」とのことだが、
そこは無理しないで欲しいので、当日のプレーはお約束できないが、
出来る範囲で色々と頑張ってくれる予定。

きっとトークショーもフォトセッションもOKだと思う。
ぜひ守谷プロとの触れ合いも楽しんで欲しい。
ということで、とても豪華な布陣でのREC FESTA。
5月4日はレックインドアテニススクール上石神井でお会いしましょう。

もちろんワタクシもいます。(地味に)
興味のある方は声をかけてみてください。

お待ちしております!

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。