カテゴリー別アーカイブ: 守谷総一郎プロ

トライとか、チャレンジとか。

いつも同じ行動じゃイカンと思った。
たまにはブラックコーヒー以外を飲んでみよう。
つねにトライの精神ね。

th_IMG_3402

ゼリーもナタデココも好きじゃなかった・・・。
なんでこんなトライしたんだろう。
自分が信じられなくなった、ある日の高島平インドア。

 

さて、この状況にてSNS界隈が賑やかだ。
皆んな、やることないのね。

巷では、プッシュアップチャレンジなるものが流行っている。

医療従事者の皆さんに感謝を込めて、
腕立て伏せをする動画を回していくという企画。
昔でいうと、アイスバケツチャレンジみたいなものかな。

先日、ボスと「あれ、流行ってるけど。回ってきたらたまんないっすね」
なんて話をした。

ボスは、
「万が一、キミに回ってきても、絶対にオレには振らないように」
と念押ししてた。

そんな話をしていたその日に、facebookのアラートが。

誰かが勝手にタグ付けしたか?と思って覗いてみたら・・・
DRkさんから、プッシュアップチャレンジが回ってきていた。
どうやら、ワタクシとナイキの大部長Sさんに回したらしい。

DRKさんからはご丁寧に、
「回しちゃいました。よろしくお願いします!」
と携帯にメッセージまで。

もう!なんでオレなんすか。

とりあえずその日は放っておいた。
お酒飲んじゃったし。

次の日、会社でDRKさんから「お願いしますね」と直接念押し。

断る権利もあると思ったが、さすがにこの同調圧力には勝てない。
しかたない、やるかってことで、他の人のもいくつか見てみた。
ああ、普通に腕立てだけやればいいのね。

ということで、iPhoneをセット。

1回目、iPhoneをCocoさんがペロリとなめてNG。
余計なことしないように。

2回目、録画ボタンを間違えてNG。

3回目
th_IMG_3698
あれ、顔写ってなかった。NG。

4回目
話出したら、Cocoさんが乱入。
th_IMG_3699

出演しなくていいから、あっち行って。
th_IMG_3700

Cocoさんがいなくなったと思ったら、今度はCooさん。
th_IMG_3701
ドアップ&カメラ目線、いらないから。

何度目かのトライでようやくOKテイク。
th_IMG_3702

このまま止めるのもと思ったので、次を指名。

ボスに回そうかとも思ったんだけど、「絶対回さないように」が、
ダチョウ倶楽部の「絶対押すなよ」かどうか判断がつかなかったので
やめておいた。

結局、守谷総一郎プロと正林知大プロに回しておいた。

「回したからお願いね」とLINEを送ったら、
「わかりました!笑」と二人とも返してくれたけど、
ちゃんとやったのかな。

ちなみに、一緒に指名されたナイキのSさんの指名したのはボスだった。
こんな形で戻ってくるなんて・・・笑。
ちゃんとやってた。さすがっす。

1回やったから、もう誰も回さないように!
「絶対押すなよ!」じゃないよ。

カテゴリー: Team REC, インターネット, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マリスタとか、守谷プロとか。

ZOZOマリンスタジアム
th_IMG_3471
新型コロナウィルスの治療に尽力する医療関係者等への
感謝と応援のメッセージを込めたライトアップだそう。
プロ野球然り、様々なスポーツの再開を願う。

 

さて、3月末のこと。
守谷総一郎プロが会社に来てくれた。

あれやこれやの打ち合わせや近況報告など。
あと、以前にお願いしておいた、
本人使用のラケットを持って来てくれた。

グリップにサイン。
th_IMG_2847

ありがとね。
th_IMG_2850

現在の守谷プロの使用ラケットはPRESTIGE PRO。
新しいG360+ PRESTIGEが発売になってスイッチ。
日本リーグの途中からだったかな。

このRADICAL PROは以前の使用モデルということになる。
th_IMG_2857

th_IMG_2851

フレームの2時・10時部分にはウエイトを換装。
th_IMG_2854
けっこうトップヘビーなセッティングっぽい。
パワーを求めたいという感じなのだろうか。
ストリンギングを頼んでいるショップさんでやってもらっているようだ。

スロート部にもショップさんのシール。
th_IMG_2852

フレームトップにはステンシルの飛び散りが。
th_IMG_2856
選手のラケットって、けっこうこの飛び散りが目立つ。
ステンシルは自分で塗るんだっけ?

ちょっと振ってみたが、まあまあなハードスペック。
さすがプロ仕様って感じだった。

他の選手のモデルと一緒に飾らせてもらった。
th_IMG_2863
左上から、シャラポワ、鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、
下が、大坂なおみ、そして守谷総一郎プロだ。
関口プロ、正林プロはそのうちかな。

プロツアーも7月までは中止が決まり、先が見えない状況が続いている。
守谷プロも、この頃まではプライベートコート等、
練習場所もなんとか確保できていたが、最近は厳しいようなことだった。

もちろん、他の選手たちも同様の苦労を抱えている。

環境もそうだが、試合はいつあるか分からない状態自体、
すべての選手にとって初めてのこと。
モチベーションを維持するのにも苦労があるだろう。

そんな中でも、それぞれが何とか出来ることをやっている。
実際、今はそれしかない。

明けない夜はないと信じ、まずは備えよう。
Team RECプロメンバーの応援に行ける日が早く来ますように。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、日本リーグスナップとか。

Team RECキーホルダーが完成。
IMG_1821
大きさはプレートの左右幅で5cm。
バッグのジッパーなんかにちょうど良いサイズ。

先日、スタッフにアンケートを取った結果を参考に決めた。
th_IMG_0740

って、実はこのタイプはアンケートに無かった。
「フック位置は横のほうが良いんじゃ」との意見を取り入れた結果である。
うん、なかなかいいじゃん。

まもなくスクールでも販売予定。
数に限りがあるので、お早めにどうぞ。

 

さて、テニス日本リーグも終了。

なんとなく気が抜けた日々を・・・送れるわけもなく、
日常の仕事に追われまくる日々に戻ってきた。
いや、リーグ中も昼間出来ない仕事を朝晩やってるから、
変わらないって言えばそうなんだけど。

ということで、リーグを思い出しながら・・・

Team RECでは、大会初日前日の夜にメンバー全員で
決起集会として一緒に夕食を食べるのが恒例。

それ以降は、各々に夕食をとる。
松屋とか吉野家とかラーメンとか・・・って大丈夫か?(笑)
実はどこで何を食べてるかはよく知らない。
それぞれに体調を考えてやっていると思う。

で、ワタクシは今年はこんな感じ。
IMG_1709
ほとんど部屋でコーヒーを飲みながらSURFACE PROとお友達だった。
フロントにセルフサービスのコーヒーメーカーがあり飲み放題なのはとても重宝した。

食事は下のコンビニか昼のおにぎりに余りを。
時間と気力がある時は下階のデニーズへ。
めずらしくお酒はほとんど飲まなかった。

おかげで3kg痩せた。
いいかも、このダイエット方法。

今年はストリンガールームの場所が変わった。
いつも荷物を置いたりしているトリートメントルーム(フィジカルケア)に
ストリンガールームも一緒になった。

これがケア用ベッド。
DSC_0899

IMG_1710
正林プロ、これはただ寝転がってるだけ。邪魔してる(笑)

Team RECは最初の年から、荏原トレーナーがついてくれている。
IMG_1725
選手たが普段もお世話になっているトレーナーさんなので安心。
スーパーサポートに感謝である。

選手たちはここで最初のストレッチを行う。
IMG_1712
関口プロ、正林プロ。
ストレッチマットは選手たちの必需品。
巻くタイプ、畳むタイプ、皆バッグに入れている。

練習時間をコートサイドで待つ。
IMG_1716
他チームの選手の状態などを観察。
練習のやり方でオーダーもだいたいわかる。

会場の横浜国際プールは寒かった。
東京体育館は空調が入って暖かいのに。
IMG_1726
オフィシャルのWさんに、「なんで空調入れてくれないの?」と聞いたら、
コートサーフェースが温度変化でめくれてしまう可能性があるからなんだそうだ。
なるほど、暖房費ケチってるわけじゃないのね。

でも、なんとかしてほしいな。
特に観客席ね。

ワタクシの荷物。
IMG_1642
カメラ3台、ビデオカメラ1台、PC、バッテリー等々、
レンズ5本、一脚、折りたたみ椅子、ウェアやらあれこれ。

ホテルには着替えや仕事道具を置いてきている。
車で行く横浜だからの荷物の多さ。
兵庫遠征の時は絞らないと運べない。

プロカメラマンの皆さん。
IMG_1708
プロカメラマンの動きを見てすごいなと思ったのは、撮影した写真に確認の速さ。
シャッターを切った後に、素早く再生してピントやらあれこれを確認している。
多分、ボツショットは削除していくのだろう。
ワタクシも確認しつつ、削除はするが圧倒的に動作の速さが違う。
さすがプロ。

カメラは圧倒的にキャノン派(白レンズ)が多い。
ちなみにワタクシはNikon派。
色々と教えてくださる師匠の北沢プロカメラマンも少ないNikon派。
師匠も「そろそろSONYのミラーレスかな」と仰ってた。

最近、SONY派も増えてきた。
軽いし、静かだし、性能もかなり良いらしい。
ただブランドを変えるにはかなりの費用が・・ね。

てなわけで、今年は5位だった。
昨年も5位だった。
4位以内、つまり1回戦を勝って日曜日にプレーが出来たのは
まだ一度しか経験がない。

定位置っぽい5位を来年は何とか破りたい。
出来ないことはないと思う。
すべきことをまたしっかりやろう。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラーメンとか、HEAD PRESTIGEとか。

味噌ラーメン。
IMG_1235
二郎系ではないが、かなりのガッツリ系。

写真が出てきたけど、いったいいつ食べたんだっけ?
よく覚えていない。

たぶん、飲んだ帰りなんだろうな。
普段、出来る限りの節制を意識しているのに、
一番ダメなパターンだ。反省。

 

さて、今回の日本リーグでは新しいラケットのお披露目が多かった。

特にHEAD PRESTIGEはドンピシャのタイミングで発売になったため、
あちこちのコートで赤いラケットが振られていた。

山喜さんの沼尻プロは黒いPRESTIGEのままだった。
th_DSC_3959
聞いたら、「まだ試打の途中で完全にフィットしていないんです」とのこと。
日本リーグが終ってから変えるんだそうだ。

それにしても沼尻プロのシングルバックハンドは美しい。
理想的なバックハンドだと思う。
ファイターなのもいいね。

Team RECのHEAD契約選手も新しいG360+ PRESTIGEにスイッチしていた。
ファーストステージの時は迷ってけど。
th_IMG_9627
迷ってる表情じゃないな(笑)

セカンドステージからはしっかりチェンジしていた。
th_DSC_1398
ちなみにあまり試打はしていないって言ってた。
かなりフィーリング変わってるけど大丈夫なのか?

「総一郎はコロコロラケット変えるから大丈夫なんですよ」
と、他のチームのプロが言ってた。

ということで、関口プロ。
th_IMG_1084

控え室の傍には新しいPRESIGE。
th_IMG_1083

練習の時に見せてもらった。
th_DSC_8309

PRESTIGE PRO モールドらしい。
th_IMG_1077

th_IMG_1076

th_IMG_1075

市販品はマット(つや消し)塗装だが、
関口プロパーソナルはオールグロス(艶出し)塗装。
th_IMG_1074

グリップもHEADタイプではない。
th_IMG_1079
巻いているのはトーナーグリップ。

ドライグリップ派で大量に持ち歩いている。
IMG_1689

皆んなで、「おお!」となったのがロゴプリント。
th_IMG_1073
これまでは、PRESTIGE Sのロゴだったが、
今回のモデルは、PRESTIGEのみ。
これはカッコいい!

「僕のと交換しませんか」と守谷プロ。
総一郎、何言ってる?(笑)

やっぱりプレステかっこいいな。
th_IMG_1072
で、周一スペック、案外打ちやすいんだよね。

新しいラケットで今年も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

観客席とか、最終試合とか。

決勝トーナメントの週末は観客も多い。
th_IMG_1751

チームの会社の方もそうだが、観戦の方も多い。
th_IMG_1750

th_IMG_1752
このレベルの試合が無料で見られるだもんね。
しかもちゃんとした観客席で。

もっと応援に来ていただけるようなチームにしたいな。
で、試合後、皆さんで楽しく何かしたい。
打ち上げとか。
宿題にします。

 

さて、そんなわけでいよいよ日本リーグ最終試合。
竹島選手、正林選手のダブルスである。

th_DSC_1784

対するは、片山選手、飯野選手ペア。
th_DSC_1770
飯野選手は今期で引退だったのか。
だからの片山選手とのダブルスなのか。

試合は伊予銀行ペース。
th_DSC_1798

th_DSC_1795
なかなか突破口を見出せず、ズルズルと後退していく。
強いわ、片山・飯野。

なんとか食い下がろうとする竹島・正林。
th_DSC_1809

th_DSC_1842

しかし要所で攻め込まれ、ゲームを取り返せない。

th_DSC_1868

th_DSC_1882

残念ながら、一方的に押し捲られ、ストレートで敗退。
th_DSC_1900
いや、強かった。
今日は相手の日だった。

まずはチームが勝てたのでよしとしよう。
th_DSC_1925

そんなわけで、今年の日本リーグは5位でフィニッシュ。
th_DSC_1944

th_DSC_1952

長かったような、終わってみれば短かったような。
th_DSC_1977
また来年、もっと強くなってここに戻ってこよう。

たくさんのサポート、ありがとうございました。
これからもTeam RECとして一緒にお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝旗とか、アクシデントとか。

リーグ中はほとんどコートサイドにいるので
あまり外には出ないのだが、せっかくなので。
th_IMG_1746

th_IMG_1747

th_IMG_1765
いつかあの優勝旗を手にしてみたい。

 

さて、テニス日本リーグ・順位戦。
第一試合を辛くも取り、2試合はシングルス1、関口周一選手の登場だ。
th_DSC_1515

正直、今季のリーグはあまり調子がよくない。
全豪オープン出場を目指し、遠征、連戦続きからチームに合流。
疲れもあったのだと思う。
思うように勝ち星挙げられない場面もあった。

とはいえ、やっぱり頼れるエース。
最後はしっかり勝利を決めてほしいところだ。

th_DSC_1536

th_DSC_1543
対戦するのは河野優平選手。
あえてNo1の片山選手をダブルスに持って来たところに戦略が見え隠れする。

試合は関口選手のペースで進む。
th_DSC_1539

ネットラッシュしてくる河野選手にパスを浴びせ、
ファーストセットを6-4で取る。
ワンブレークでのセット奪取だが、このペースならいけるだろうと思いながら見ていた。

がしかし、セカンドセット。
まさかの失速。
どうも様子がおかしい。

とうとうトレーナーを要請。
MTOを取り、治療に入った。

どうやら腹筋を痛めたらしい。
そういえば、朝、腹筋気にしてたな。

なんとか試合再開。
th_DSC_1561

th_DSC_1585

しかし、あまり良い感じはしない。

チームの荏原トレーナーによれば、
「あまり良くないです。できればやめたいレベル」とのこと。

ゲームもイーブンのままとうとうタイブレークへ。

コートサイドからオフィシャルも心配そうに見ている。
いつリタイヤしてもおかしくないかも。
th_DSC_1618

しかし、最後はしっかり締めて勝負をつけてくれた。
チームも勝利である。

「大丈夫か?」と声をかける。
「個人戦ならやめてました」とのこと。

頑張った。
お疲れ様!

最後のダブルスもしっかり勝って締めよう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援団とか、順位戦開始とか。

Team REC応援団。
th_DSC_1121
本社スタッフ、そのご家族が音頭を取ってくれている。
設営から受付から、ワタクシたちチームスタッフが手が回らないところを
すべてカバーしてくれている。
ホントに有難い。

そして応援に来てくださった皆様。
ほとんど観客席に行けなかったので、
おひとりずつにお礼も言えなかったけど、
本当にありがとうございました。

 

さて、そんなわけで決勝トーナメントは1回戦で敗退し、順位戦に回った2日目。
対戦するのは伊予銀行さん。
th_DSC_0935
片山プロを擁する日本リーグ最多出場の古豪チームだ。

Team RECは昨年も5位だったので、この勝負はきっちり勝って
昨年の成績を下回らないようにしたいところ。

泣いても笑っても、これが今期最終戦。
全力で行こう。

この日も考え得るベストオーダーを組んだ。
まずはシングルス2の守谷総一郎でしっかり勢いをつける作戦である。

th_DSC_1139

がしかし、序盤、なかなかペースに乗れない。
th_DSC_0979

乗れないどころか、ミス連発で天を仰ぐ場面が頻発。
th_DSC_1245

もちろん相手の大塚健太郎選手も強いが、
正直、守谷選手が独り相撲をしている感じも。
th_DSC_1216

どうした、総一郎。

竹島プロもベンチで必死にアドバイス。
th_DSC_1115

しかし状況は変わらず、3-6でファーストセットを落としてしまう。
th_DSC_0963

冷静に見えるベンチコーチの竹島プロ。
th_DSC_1158
試合後、「実はもう何言えばいいかわからなかった」とのこと。
それほど序盤は荒れていたってことだ。

総一郎がダウンするとチーム全体の空気に響く。
もうあとがないセカンドセット。
なんとかしてくれ。

th_DSC_1311

 

まだまだこちらのペースにはならないが、
なんとかセカンドを6-4で取り返す。

なんとか首の皮一枚で繋がってファイナルセット。
ここからは怒涛の攻め開始!
th_DSC_1333

th_DSC_1398

一気に前に行き勝負をかける。
th_DSC_1408

th_DSC_1415

大塚選手が足に来てしまったのもあり、勝負どころと見てさらに攻める。
th_DSC_1431

そしてファイナルセットは6-0。
th_DSC_1486

長いよ!
で、疲れたよ!
でも勝ってよかった。
th_DSC_1510

「ボク、ファーストセットがグダグダになっちゃうことが多いんですよね」
って、よく言ってるけど、まさにそんな感じだったかな。
th_DSC_8077

あれだけ心配させておいて、最後の決め顔をつくるヤツ。

とにかく先行出来てよかった。
次は周一がしっかり勝って決めるだけ。

と思ったら、思わぬ展開が・・・(続く)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援団とか、日本リーグ決勝トーナメント初戦とか。

th_決勝

いよいよファイナル!
テニス日本リーグ決勝トーナメント、本日は午後から順位戦!
Team RECの応援、よろしくお願いいたします!

 

いよいよテニス日本リーグ・決勝トーナメント初日を迎えた。

本社スタッフも総出で、応援準備やら。
IMG_1685

IMG_1686

IMG_1662

IMG_1647

もちろん、スクールでは通常レッスンが行われているので、
スタッフ全員が来られるわけではない。
そんな中でも皆、時間をつくって会場に来てくれる。
それがTeam REC。有り難い。

 

さて、そんなこんなでバタバタと準備をしているうちにあっという間に試合時刻。

対戦するのは、逆ブロックから1位で上がってきた橋本総業ホールディングスさん。
参戦3年前かな。
選手補強も強力で一気に順位を上げてきたチーム。

我がTeam RECはブロック4位ということで、
反対側の1位と当たる仕組みなのだ。

だから言うわけじゃないけど、予選リーグの順位で
決勝に入る場所がすべて決まっているルールは変えた方が良いと思う。
双方のブロックの予選状況を見て、どこがこう来そうだから、
じゃあ、順位調整でこの対戦は落としても・・など、星調整が起こりかねない。
それもルール内とはいえ、ちょっと本質と違うと思うんだけけど。

双方の1位または2位まではシードとして、
あとは抽選のほうが怪しいことが起きないと思うのだが、
どうにかならないものか。

まあ、とにかくそういうわけで1回戦。

まずはシングルス2、守谷総一郎選手。
DSC_9803
対戦するのは、斉藤貴史選手。
以前はTeam RECの頼れるNo2だった貴史。
うーん、複雑。

試合開始。
DSC_9880

DSC_9817

出だしはイーブンに見えたが、
徐々に斉藤選手ペースに引き込まれていく。
DSC_9864

DSC_9873
悪くはないのだが、要所でミスをさせられる。

思うようにいかず、ストレスだけが積み上がっていく。
DSC_9908

DSC_9967
なんだ、この展開は・・。

そして小指を負傷でMTO。
DSC_9983

最後まで守谷選手ペースに引き戻すことは出来ず、
ストレートで敗退。
DSC_0030

試合後、ワタクシのところに来た総一郎。

「ストレスだらけの試合でした。どうすれば良かったんすか、オレ」
って、聞かれてもなぁ。

頑張ったけど、今日は貴史に絡めとられた感じ。
中に入っていって、バックのストレートとか、ほとんどなかったもんね。
そういう日もあるってことだ。
・・・としか言えなかった。ごめん。

 

後がなくなった我がチーム。
シングルス1の関口周一選手に望みを託す。

DSC_0040

相手はリー・ゼ選手。
DSC_0087
中国の代表選手でもある強豪だ。

ファーストセット、互いに譲らずタイブレークへ。
DSC_0176

DSC_0232

DSC_0221

これはイケル!と思いきや、後半で突き放される。
DSC_0157

もう少しのところで。タイブレークを落としてしまう。
DSC_0039

いよいよ崖っぷち。
必死でくらいつく。
DSC_0356

DSC_0405

DSC_0410

後がない。頑張れ!
DSC_0246

しかし追いきれずに敗退。
DSC_0418

チームの負けも決まってしまった。
残念。

最後のダブルスだけでも取ろうと、竹島選手、正林選手。
DSC_0442

DSC_0446

DSC_0470

ファーストセットは先にブレークし、5-2まで追い詰める。
DSC_0536

DSC_0609
しかしまさかの猛攻にあい、タイブレークで取られてしまう。

セカンドセットはこちらのペース。
DSC_0653

DSC_0720

DSC_0686

DSC_0679
6-2で取り返す。

ファイナルは10ポイントタイブレーク。
何とか取ってほしい。
DSC_0753

DSC_0806

DSC_0831

が、序盤から一気に押しまくられて敗退。

それぞれの試合に勝機がなかったわけではないが、結果は0-3での敗退。
正直、とても悔しいが、やはり橋本総業さんは強かったということだろう。

これで決勝トーナメントは初戦敗退。
結果は結果として、切り替えて順位戦に臨もう。
DSC_0895

今日も応援に来てくださったたくさんの皆さんに
しっかりとファイトしているところをお見せします。
よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

会場入りとか、練習とか。

th_決勝

いよいよファイナル!
テニス日本リーグ決勝トーナメント、いよいよ今日から!
Team RECの応援、よろしくお願いいたします!

 

バタバタと日々を過ごしているうちに日本リーグ決勝トーナメントに。

前日もちょっとお付き合いがあったりして、全然準備が出来ておらず、
とりあえずの荷物を積み込んでの出発である。
まあ、カメラと財布とPCがあれば何とかなるか。

ということで会場入り。
この前来たばかりの気も。(実際そうだ)

ミーティング
IMG_1611
ここまで来たら全力で戦うのみ。
応援してくださるたくさんのTeam RECメンバーに応えられるよう
ファイトしようと確認。

各々にアップ&ケア。
IMG_1615

正林プロも体調は良さそうだ。
IMG_1616

顔をつくってストレッチをしていた関口プロ。
しばらく粘ると・・やっぱり笑顔。
IMG_1619

一平コーチ、力コーチは何やら相談。
IMG_1617

マイペースの竹島プロ。
IMG_1620
チームの雰囲気も良い。

 

さて、そんなこんなで前日練習開始。
IMG_1625

IMG_1634

IMG_1631

IMG_1629

明日の試合コートの1番での練習だ。
ちょっと暗いんだよなぁ、1番コート。

状態を確かめながら1時間半、しっかり動いた。
DSC_9749

DSC_9740

って、なんで審判台?
DSC_9743

まあ、みんないい感じだ。
DSC_9761

DSC_9762

明日は10時から、橋本総業ホールディングスさんとの対戦。
トーナメントだから負ければ終わり。(順位戦はあるけど)

総力戦でいこう!勝つぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよ決勝!とか、17歳児2回戦とか。

th_決勝

いよいよファイナル!
テニス日本リーグ決勝トーナメント、
Team RECの応援、よろしくお願いいたします!

ということで、あっという間に日本リーグ・決勝トーナメントがやってくる。

th_final stage

予選リーグは厳しい戦いばかりだったけど、決勝はもっと厳しい戦いになる。
当たり前か。

初戦は橋本総業ホールディングスさん。
Team REC卒業生の燃える男、斉藤貴史もいるし、
竹内研人プロも新規加入の強豪チーム。
予選は1位抜けしている。

とにかく全力で戦うのみ。
Team REC魂を見せたいと思う。

会場は横浜国際プール。
2月7日(金)が1回戦、入場無料です。
応援、よろしくお願いします!

 

さて、こっちは17歳児。
最後のむさしの村トーナメント。

初戦は若干危ういところもありつつ、リードを守って勝利。
2回戦へ臨む。
th_DSC_6028

th_IMG_0692
端っこのコートは木の影がちょいと気になる。
が、選手たちは気にしてないのかな。

17歳児はネットプレーが好きだ。
th_DSC_6030

いや、好きなのかどうかはわからないが、
以前に聞いた時は、「最後はボレーで決めます」と言っていたから、
そういうプレースタイルなんだろう。

時折、サーブ&ボレーもするあたり、あんまり今っぽくないかも。

ということで、2回戦も前へ、前へ。
th_DSC_6054

th_DSC_6058

短いボールが来たら叩いて前へ。
th_DSC_6061
多分、正林プロの3倍はネットに出ていると思う。(笑)
成功率は別として。

フォアのスライスも多用する。
最近のジュニアはフォアのスライス、ドロップショットも普通に使う。
この数年で一気に器用にというか、技術レベルが上がった気がする。
この辺は圭の功績も大きいんじゃないかなぁ。

ということで、シーソーゲームでの進行。
th_DSC_6120

見ていて、胃が痛くなる展開。
これが毎回つらいなぁ。
th_DSC_6131

th_DSC_6104

そしてさらに前へ。
th_DSC_6117

互いに譲らずとうとうタイブレークへ。
th_DSC_6221
さらに胃の痛い展開。

相手リードで3-5くらいまで追い詰められる。
th_DSC_6153
が、ここから怒涛の攻め。
とにかく思い切りいって欲しいと願うのみ。

そして、4ポイント連取で勝利。
th_31589018_180729001_20491657_1194118749_48ad1ff8af5772312d8411b853159dec
負けたんかいってほどに頭が下がってる。(笑)

いやぁ、よく勝ち切った。
まだ試合できるぞ、良かったな。
次はサクッと勝ってね。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。