カテゴリー別アーカイブ:

ピラティスとか、満腹とか。

今年のREC FESTAで新たにお目見えしたピラティス。
DSC_3018
毎セッション、満員御礼の大盛況。

当日朝、スタッフも体験してみた。
DSC_5837
端っこに悪戦苦闘のスタッフが・・・

斉藤プロ、全然出来てませんぜ。(笑)
DSC_5841
トレーニングメニューに加えてみてはどうでしょう。

玉乃先生、面倒見てもらえませんか。
DSC_6198

 

さて、期待しなかったのが良かったのか、
まあまあなスコアで終えた久しぶりのゴルフ。

スループレーで昼を食べていなかったので、
帰りは皆で食事に。

マメなコバヤシコーチが事前リサーチしてくれた店へ。
IMG_6373
中華料理店らしい。

平日午後なのに店内はなかなかの盛況。
早速、生ビールを注文。
最近あまり見ない大ジョッキをいただく。
お酒を飲まない運転手がいるのっていいね。

適当に食事を頼んでビックリ。
IMG_6364

普通盛りなのに、どれもスーパー大盛りである。
IMG_6365
食べきれるのか、これ。
頼みすぎちゃったかな。

そこは大食漢のソトヤマ、サトウコーチペア、
てんこ盛りにひるむことなく、次々と片付けていく。

「あの、ハンバーグも頼んでいいすか」
IMG_6367
デカッ!

「あ、ホイコウロウもお願いしま〜す」
IMG_6368
マジか、すごいな。

大ジョッキ数杯、そしてレモンハイ、ハイボールと酒量もかなり行った。
さすがにギブアップと思いきや、「締め頼んでいいですか?」。
嘘でしょ?

IMG_6370

IMG_6371
なんとか麺とチャーハン。

これも見事に完食。
どんなお腹してるんだ?
IMG_6372
でも、この店、量だけじゃなくて美味しかった。

ゴルフ帰りに皆で寄るには最適かも。
阿Q」、オススメです。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, , 斉藤貴史プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラー飲みとか、スタジアムとか。

広島の夜。
IMG_6756

最近、飲めるラーメン屋が増えた。

昔から締めのラーメン屋でビールってパターンはあるけど、
日本酒が揃っていたり、つまみが充実していたりと
なかなかのレベル。

そして締めにラーメン。
IMG_6757
飲みすぎるわ、食べすぎるわの困った(良い)店だ。
ああ、お腹いっぱい。

 

さて、広島出張最終日は施設見学。

IMG_6909

MAZDA ZOOM ZOOMスタジアムと
隣接するスポーツクラブルネサンスさんを
見学させてもらった。

ルネサンスさんはスタジアムに隣接というか一体型。
IMG_6773
トレーニングしながら野球観戦が出来るという
すごいロケーション。

首都圏では大学施設との一体型など
その開発力とスタイルはさすが大手スポーツクラブさん。
うらやましい。

球場へ。
IMG_6817
これはパーティーシート。
前席で野球観戦、後ろのテーブルでパーティーが出来る。
ちなみに売り出しと同時に1年分は完売とのこと。

バックネット方向から。
IMG_6824

客席の勾配が非常に緩やかなのが特徴。
IMG_6819
メジャーの球場みたいだ。
行ったことないけど。

こちらは外野側のテラスシート。
IMG_6840

さらには寝転んで観戦出来る芝生シート。
IMG_6843

グルリと回ってライト側にはベーべキューシート。
IMG_6847

巨大なバーベキューグリルが置いてある。
IMG_6850
消防法とかよくクリアしたな。

バックネット裏。
IMG_6885
目線とグランドの高さが同じ。
日本一グランドに近いシートだそうだ。

ライトスタンド下の半地下には
貸切可能なパーティースペースがあったり、
とにかくシートアレンジが多い。
日本で一番シートタイプの多い球場だそうだ。

ベンチに入れてもらった。
IMG_6880

さらには関係者スペースまで。
IMG_6875
さすがにロッカールームには入れなかったが、
大満足の見学ツアーだった。

このスタジアム、最初は普通のシート中心の普通の球場だったとか。
どうすればお客様に喜んでもらえるかのアイデアを形にしていったそうだが、
法律や行政の縛り等々、たくさんのハールドをクリアしながらだったとか。

結果的にまさにボールパークと言っても良い
エンターテイメントに溢れたスタジアムになった。

ガイドしてくださったスタッフさんによれば、
まだまだ仕掛けを進化させていく予定だとか。
ディズニーリゾートのようだ。

同じスポーツとして、テニスも見習わなければと
その姿勢に感銘を受けつつ、反省しつつの施設見学。
勉強させていただきました。

カテゴリー: 仕事, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雑貨屋とか、貴男モデルとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

移動途中で。
IMG_5160
前の自販機は新しいけど、店内は昭和の佇まい。

昔、学校のそばには必ずこういう店があった。
学校帰り、部活帰りにジュース買ったりしたっけ。

ワタクシの故郷、福島にはパレードっていう瓶ジュースがあって、
30円くらいでコーラっぽいものやオレンジジュースが飲めた。
しかも、王冠の裏側のビニールをめくるクジがあって、
10円とか50円とか当たった。

懐かしいな、パレード。
今もあるのかな。

 

さて、先日の鈴木貴男プロの研修会の時のこと。

鈴木プロの手には見慣れないブラックコスメのラケットが。
IMG_5548
ステンシルも入っているし、
契約メーカーのSRIXONには違いないらしい。

そういえば、綿貫裕介プロも日本リーグの時、
ブラックコスメのSRIXONを使っていたっけ。

「貴男さん、なんですか?これ」

「来年のモデルです。ボクのスペックに合わせてもらってます」

「替えるんですか?」

「いや、基本は変えないです。使ってみます?」

鈴木貴男使用機
IMG_5579

REVO CX2,0TOURというのは同じっぽい。
IMG_5581
ストリングはナチュラルね。

レザーをかますのは、Team RECのプロにも多い。
IMG_5583

有名な貴男グリップ。
IMG_5582
影響を受けてか、Team RECスタッフの中にも
チラホラ見かけるようになった。

実はワタクシ、20代の頃、つまりちゃんとテニスをしていた頃に
これと同じくグリップを加工していた。
(初めてみた時、すごい偶然と思った)

ということで、打ってみた。

あつかいやすい!

ヘッドが回りやすくて操作性がメッチャ良い。
鈴木プロのプレースタイルのイメージそのままに
非常にコントローラブルなセッティングになっている。

ストリングもあまりテンションが高くないらしく、
ボールのホールド感も良く、フェイスへの乗りも良い。
スライスも一瞬クッと加えてシュパン!と出る感じ。

なるほど、これが貴男仕様かと納得の試用感である。

と、隣に鈴木プロが入ってきて一緒にラリーを始めた。

「これも同じラケットね(笑)」と言いながら、ワタクシと交互にボールを打つ。
そりゃ、おんなじには打てませんて。

聞けば、このラケット、390g(!)あるんだそうだ。
しかしまったくそんな重さは感じられなかった。
(かなりトップライトなのかな)
プロの仕様機って、それぞれかなり特徴がありそうだ。
ちなみに
鈴木プロによれば、微妙に現在のものとは違う気がするとのこと。
「おそらくコスメ(塗装)が乗っていない分だと思います」だそう。

たしかにコスメで打球感変わるしね。
鈴木プロは道具に対してとても繊細だからきっと分かるのだろう。
何はともあれ、鈴木プロのラケットで隣同士でラリーしたっていう貴重な体験だった。
今度は同じラケットでラリーの相手をしてください。
何ならタイブレークマッチも・・・。

楽しみである。(←やる気満々)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, , 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラうどん参りとか、夕食とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

DRKさんがやたらとFacebookに投稿するもんだから、
一部で「ラうどん・スズキヤスオ」がブームである。

皆、レック本社に寄り、裏のスズキヤスオでラうどんを食べていく。
この日はお休みのソトヤマコーチが精算がてらやって来た。

そして、ラうどんマックス!
IMG_5608
初っ端からマックスとはさすが。

ワタクシは普通のラうどん。
IMG_5607
さらにラうどん参りが増えたらどうしよう。
血圧上がっちまうぜ。

 

さて、日本リーグ試合初日の夜。
ビデオ担当のホンドーくんとDRKさんと打ち上げ。

ホンドーくんとはお酒も食事も初めてだが、
若いのに日本酒が好きだそうだ。
IMG_5290
ということで、ワタクシも付き合って八海山。

DRKさんも頼んでないのに付き合って八海山。
IMG_5291
のんべえオヤジになってる。

たまにはいいね、日本酒。

その後、ボスと合流し駅側のBARへ。
IMG_5216

ハイボール、美味し。
IMG_5215

店の雰囲気も良い。
IMG_5214

結局二日連続で通った。
遠征先でいい店見つけると連日通っちゃうよね。
昨年の帯広も同じBARに毎晩通ったっけ。
IMG_5213
Old Oak 時代屋」、溝の口に来たらオススメです。

 

店を出て、DRKさんのワガママでラーメン屋を探す。
IMG_5293
行列している有名店へ。

うーん、美味しいけどちょっと微妙。
もう少しパンチが欲しい気が。

ボスも「ラうどんの方が好きだなぁ」って。

もしかしてワタクシたち、ラうどんでパンチドランカーになっているのかも。
ラうどん、パンチ効いてるからねぇ。

カテゴリー: Team REC, 仲間, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タイムとか、オールドラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

愛用のアプリ
IMG_3893
Nike+RUNCLUBである。

毎日、このアプリでランニングを記録している。
最近アップデートがあった。
IMG_4312
フォントが好みになったのは良いが、動きがやたらと不安定。
特に立ち上がりとフィニッシュ後の記録が遅い。
アップデート前のサクサクな感じに戻らないものか。

ところで、ここ数日、タイムが良くなった。
IMG_4484
先週末、標高の高いところを走ったからか。
数日で以前のタイムに戻るだろうかと思いつつも
今のところ、これまでに無いタイムで走り続けている。

まだまだ成長する余地あり?
もう少し頑張ってみよう。

 

さて、先日お邪魔したRACKET STUDIOさん。
IMG_2994

お宝が山ほどあって見きれずに
また来ようと後ろ髪引かれる思いで店を後にした。

その後、Team RECのイハラコーチの
ラケットチューンなどを依頼したが店には行けていない。
仕事にかこつけて行けば良かったな。

ということで、前回お邪魔した時に見せてもらったもの。

ウイルソンのオールドラケット。
IMG_2999
機種名はわからない。
この時代って機種名あったのかな。

ストリングは当然ナチュラルなのだろう。
当時の言い方だと「シープ」かな。
ワタクシも学生時代はずっと「シープ」って言っていた。
歳が分かるね。

グリップエンドの細工も繊細。
IMG_3002
エンドマークが鋲打ちしてあるのはウッドならでは。

こちらはジャッククレーマー。
IMG_3003
上よりも時代的には随分後だと思う。

このジャッククレーマー、少し違う。
IMG_3004
分かるだろうか。
王冠マークが7クラウンなのだ。

一般的に知られているモデルと比較してみる。
IMG_3017
よく知るモデルは3クラウンなのだ。
これは初期型なのかな。

さらにこちら。
IMG_3006
ラケット革命、つまり初代の厚ラケの原型。

形はウイルソンのPROFILEそのままだが
ウイルソンのラケットではない。
IMG_3007
ウイルソンがこのテクノロジーを購入し、
初代PROFILEを発売、この世に厚ラケが誕生したそうだ。

実はラケットのテクノロジーってのは各メーカー独自開発と思いきや、
すべてがそうではなくて、工場からメーカーが買ったりするんだそうだ。
「実はあのテクノロジー、ウチに買わなかったやつなんです」
なんてことも少なくないとか。(「とか」と言っておこう)

で、このラケットってなんだろうと思った時にはこれ。
IMG_3030
ある年代までのすべてのラケットが載っている。
この本だけでもかなりの価値があると思う。

ああ、また店に行きたい。
近々なんとか時間を見つけてお邪魔しよう。

カテゴリー: テニス用品, ランニング, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タバコとか、インプットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

電子タバコ(でいいの?)
IMG_1519

火をつけずにタバコを加熱して吸うらしい。
IMG_1518
吸うところを見せてもらったが、
ほとんど煙も出ず、匂いもほとんど無い。
すごいな、これ。

「吸った感は薄いんですけど」とのことだが、
吸わない人というか、タバコの臭いや煙が苦手な人への
配慮としてもかなり効果的な気がする。

でもこれ1万円するらしい。
高いね。

で、タバコも専用。
こちらも普通のタバコと値段は変わらないらしい。

ところで、普通のタバコっていくらするのって聞いたら、500円弱もするのね。
驚いた。

その昔、ワタクシが吸ってた赤ラークは270円だった気が。
500円じゃ嗜好品というよりも贅沢品だ。
喫煙者は大変だろう。

ついでに驚いたのが、マイルドセブンてもう無いのね。
どうしてメビウスに改称したんだろう。
すっかりタバコと縁遠くなったワタクシには知らないことだらけだ。

 

さて、一転、こちらは野菜の夜。

昔からお世話になっている大手スポーツクラブのMさんにお会いした。

Mさんには昔から公私ともにお世話になっている。
ビジネス的な刺激や知識を得ることも多く、
またどう働き生きるべきかなどの考え方もたくさんいただいた。

そんなMさんから「久しぶりに会いましょう」とのお誘い。
目をつけている店があるらしい。

向かった先は銀座。
しばし歩いて入った小ぢんまりしたビストロ風のお店。
IMG_1850

とりあえあずビールで乾杯し、食事を頼む。
IMG_1837
カルパッチョ風だが、魚ではなく野菜である。

焼きとうもろこし
IMG_1843

新玉ねぎ
IMG_1838
甘みがハンパない。

ブロッコリー
IMG_1836
軽く塩を振って食べる。

なんとかっていうコーン
IMG_1849
プリプリの食感である。

野菜が売りのお店らしい。
聞いたことのないような名前の野菜を使ったメニューがたくさん。

そして今流行りのデトックスウォーター。
IMG_1848
セレブの間で大流行なんだそうだ。

どうやら野菜をテーマに仕掛けを目論んでいるようだ。
こだわりの野菜とアクティビティーの組み合わせ、
内面外面双方からの健康を打ち出す作戦かな。

色んな話を聞きながら、あらためてインプットの大切さを感じた。
日々の業務に追われてしまうと、ついアウトプット的な作業に忙殺される。

しかし、良いアウトプットのためには、
常にアンテナの感度を上げ、大量のインプットが必要なのだ。

他社、他業種から、世間の動きから、刺激やヒントを得る。
それは意識を持つことと、時間を捻出すること。
Mさんに会うといつもそれを強く思う。

「忙しいことは全然偉くありませんよ」と言うMさん。
しかし忙しくないわけがない。
タイムマネジメントなどのビジネススキルが高い故だと思う。

「自分は仕事してるかな」
「現状を回すだけになっていないか」
「中長期的には何をしたかったのか」
「良いアウトプットしてる?」
「そのためのインプットは?」

ワインの入った頭で色んなことを考えた野菜な夜だった。
ありがとうございました。
またお願いします。

カテゴリー: 仕事, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

神田とか、G-TOUR1発表!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

神田の夕刻である。
IMG_1591
あるストリングメーカーさんにお邪魔し、
「たまには食事でも」ということになった。

このあたりは飲み屋に苦労しないね。
この日行ったのも魚の美味しい、雰囲気の良い店だった。

程よくお腹も膨れ、2軒目を探す。
IMG_1592

あやしい客引きをかわし、選んだのはスポーツマンらしく、
スポーツバーっぽいHUB。
IMG_1594

久しぶりの好物のMaker’s Mark。
IMG_1593

もうSさんとは25年くらいのお付き合いだろうか。
プロケネックスを使わせてもらっていた頃は、お互い20代だったのね。

Sさんはナショナルチーム、そしてグランドスラムのストリンガーだった。
それ以前に高校大学時代は名プレーヤーだった。
今はほとんどプレーしないみたいだけど。

そして、Tさんとも20年の付き合いか。
Tさんはナショナルチームの現ストリンガー。
デ杯、フェド、そして選手との契約担当として
校内外を飛び回っている。

選手の話、テニス事情など、色々と勉強になった。
また色んなお話しを聞かせてください。

 

さて、そんなわけでこの日紹介された新製品ストリングがこちら。
IMG_1632
GOSEN G-TOUR1

ポリの単糸タイプのストリング。
IMG_1633
パッケージに「威力重視」とある通り、選手向けのハードヒット仕様だ。

ある海外ブランドの選手使用率がダントツに高いストリングを指標に
開発されたこのストリングは、ポリ素材の配合を変えることで
ボールを飛ばす、潰すことに加え、スピン性能というご利益までついてきた。

守谷選手、井藤選手、長尾選手、内田選手等、ゴーセンストリング契約選手に
試打をしてもらったところ、「叩ける」「なんでか、最後で落ちて入る」と
その場で皆が「今日からこっちにします」と仕様の変更を申し出、
根こそぎサンプルを持って帰ってしまったらしい。

そんなG-TOUR1のPVはこちら。

国内の強豪高校テニス部にも試打をしてもらったそうだが、
使用希望者が非常に多かったというこのストリング。
選手、学生などの使用比率が一気に上がりそうな予感。

ということで、ワタクシも張ってみた。
IMG_1634
確かにハードそうな面構え。

しかし思ったほど張り辛くはない。
IMG_1636

打ってみた。
確かにハードというかしっかりしている。
フェイスが暴れず、ボールを潰す感触が強い。
もちろん、しっかり振り抜いてこそ実現する感触ではあるけど。

ボールが特段引っかかる感じがないのに、
しっかりスピンが掛るのも不思議。

ちなみにいい年のワタクシ的には、
縦ナチュラルとのハイブリッドを試してみたいなと思った。
さすがにもう縦横とも、叩くポリじゃしんどいかも。

しかしこれは選手にはたまらないフィーリングだろう。
ゴーセンさん、なかなかスゴいヤツを作ったなという感じ。
威力を求めたい方、一度試してみては。

カテゴリー: テニス用品, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

軽井沢とか、昭和の森とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

軽井沢フューチャーズに行ったのは平日だった。
IMG_1196
空いてていいね。

で、関口プロとお昼を食べに行った店。
IMG_1200
レストラン・スプーン

他のプロ選手たちも来ていた。
オフィシャルなのかな。

ワタクシが食べたのはこちら。
IMG_1198
値段も手頃で美味しかった。
有名なパン屋さん、浅野屋の斜向かいにある。
オススメです。

 

さて、何故だかゆっくり休む日がなかなか無い。
側から見ると、好きなことをやっているように見えるようだが、
「好きなこと」は合っているが、もう少し時間が欲しい感じ。

で、今週末の土曜日。
めずらしく何も無い休日。
本当に久しぶり。

妻に「土曜は本気でのんびりするよ」と宣言。
がしかし、昭島方面からうれしい情報が入った。

昭和の森フューチャーズで、Team RECの菊池玄吾プロが
吉備選手を下してベスト4進出。
13423854_1594594684204261_3971282535681610869_n
(写真提供:北沢カメラマン)

国内最後のフューチャーズで躍進中の玄吾。

さらには鈴木貴男プロからメール。
「明日、菊池の応援と、竹島との練習で昭和の森に行きます。来られます?」

そりゃぁ、Team RECメンバーが揃うなら行きますよ、はい。
ということで、何もしないはずの休日は消失。
しかしうれしい消失なので良しとする。

こうなったら、玄吾には何が何でも勝ってもらおう。
いっその事優勝してしまえ!

ちなみに、ウズベキスタン遠征中の関口周一プロは3回戦敗退。
それでもATPチャレンジャーでベスト8だから大したものだ。

この後はしばらくトレーニング期間に入るとのことだが、
まずは無事に帰国してほしい。

さて、そろそろ昭島に向けて出かけるかな。
遠いぜ・・。

カテゴリー: Team REC, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランチとか、頑張れ!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社から一本裏は一方通行の細い道。
道というより路地って感じだ。

そこに美味しいラーメン屋やら、
知る人ぞ知る店が並んでいる。

先日の昼、気になっていた店に入ってみた。
IMG_9234
基本的にはBarのようだ。
カウンターにはお酒が並ぶ。

昼から一杯やるわけにもいかないので
目当てのランチメニューのモンスターカレーを頼む。
IMG_9235
モンスターっていうほど大盛りじゃないけど、
玉ねぎがたくさん入っていて、
野菜の甘みとまろやかさが食べやすくて良い。

ワタクシ的にはもう少し辛くても良いのだが、
深みのある味はなかなかのものだった。

しかもこれで500円。
うーん、代々木ってリーズナブルだぜ。

ということで、この店。
スポーツバー・ウルトラモンスター

あ、モンスターって店の名前だったのね。
しかもスポーツバーだった。
そういえば、マスターがそんなこと言ってたな。

今度、夜に行ってみようかな。
あ、節酒中だった。
禁酒じゃないからいいか。

 

さて、そんなわけで、すっかりTeam RECブログの
様相を呈している今日この頃である。

とはいえ、この時期はフューチャーズが続き、
Team RECメンバーが国内フル活動。

選手たちは海外の活動も多く、
いつでも試合を応援できるわけではないなので
この時期は追いかけないわけにはいかない。

その日本のフューチャーズもいよいよ最終戦。
舞台はかしわ国際テニストーナメント(TTC)だ。

前日は雨で全ての試合がキャンセル。
この日はシングルスの2回戦と準々決勝が行われる予定。
Team RECは鈴木貴男選手と菊池玄吾選手が勝ち残っていて
どちらもファーストラウンドに組まれている。

しかし、ワタクシはもともとの予定は休日だったが、
急な商談が入り、会場に行けず。
商談をしながら、心だけ会場に飛ばしていた。
(ウソです。ちゃんと商談しました)

商談を終え、訪問先を出る。
ダッシュで柏に向かおうかと思い、ライブスコアを確認。
なんと、二人とも負けていた。
うーん、残念。

ということで、会場に行っていたDRKさんからの写真。

鈴木貴男選手は第1シードの仁木選手と対戦。
T1

Team RECタオル、愛用ありがとうございます。
T5

ファーストセットを3-6で落とす。
T8

と、そこでドクターを呼ぶ。
T6

やはり右肘の回復がじゅうぶんではないようでリタイヤ。
T7
試合も残念だが、肘の具合が心配だ。
まずはしっかり治療して欲しい。

そして菊池玄吾選手は第3シードの越智選手と対戦。
G4

G6

G5
こちらもストレートで敗退。
今日はTeam RECの日ではなかったようだ。

日本のシリーズを終え、選手たちはポイントを求め、また動き出す。
どこにいても応援していることは変わりない。
頑張ろう。

ちなみに中国のITF$25,000の出場中の関口周一プロは
現在ベスト8。
次はインドの選手と対戦だ。
こっちも頑張れ!

さらには東京オープンテニス選手権35歳以上で、
平田コーチが第1シードを破りベスト8に進出中。
image1
得意技のヘディングボレーもしなかったそうだ。
今日は準々決勝〜準決勝。
頑張れ!

そしてワタクシは通常業務とやり繰りしながらの数週間。
来週は落ち着いて仕事が出来るだろうか。
頑張れ、オレ。

カテゴリー: Team REC, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発見とか、柏FU1回戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

新宿御苑近くを歩いていて発見。
IMG_9725
懐かしの歌謡曲BAR「ヤングマン」だって。
行ってみたい。

代々木ミルクホールは安いけど、
この辺は場所的に高いのかな。
飲みに行く機会が減ったね。(当社比)
まあ、健康にはいいんだけど。

 

さて、春のジャパンフューチャーズシリーズ最終戦、柏フューチャーズ。
男子本戦2日目にTeam RECメンバーが勢揃い。
しかも、上手い具合に1ラウンド目から順番に入る予定。

ワタクシも朝から会場へ。
DSC_9029
5月上旬の陽気とのこと。
最高の大会日和である。

コートでは竹島駿朗プロと菊池玄吾プロが練習中。
IMG_9735
上がってきた竹島プロと話したら、
「試合時間、遅そうです。玄吾に付き合うことなかったかも」
だって。

そうこうしているうちに試合開始の時刻。

最初に登場は鈴木貴男プロ。
DSC_8442

対戦相手は大西賢プロである。
DSC_8152
大西プロは新進気鋭の若手。
日本リーグでもお会いするが、
いつも丁寧挨拶をしてくれる好青年。

この日はコーチが来られず、一人ということで
「大変申し訳無いのですが、試合が始まったら
ビデオカメラのスイッチを押してもらえますか」
と、とても丁寧に頼まれた。

「頑張ってねというのも変だけど、いい試合を期待しています」
とコートに送り出す。

試合は大西選手ペース。
なかなかショットが安定しないのか、
鈴木プロらしからぬミスも出て、
ファーストセットは大西プロ。

セカンドセットも大西プロペースで始まり、
こりゃヤバイかも、やっぱり肘気にしてるぞと
ハラハラしながら応援。
DSC_8178

が、そこは百戦錬磨の鈴木プロ、
徐々にそして強引に自分のペースに引きずり込み、
セカンドセットを奪取。

そしてファイナルセット。
IMG_9744
リードしたところで、左太腿に違和感?
メディカルタイムアウトを取る。

大丈夫かなと心配するも、ここから一気に畳み掛け勝利。
DSC_8454

ハラハラドキドキ、そしてスリリングなプレーと、
鈴木貴男ワールド前回の故障明けの復帰戦だった。
DSC_8461

貴男さん、流石です。
IMG_9748

ちなみに貴男さんのコートは特に観客が多かった。
IMG_9743
試合も面白いもんね。

 

同じコートに続いて入場は菊池玄吾プロ。
DSC_8601
今大会は本戦からの出場である。

対戦するは予選から勝ち上がってきた森谷プロ。
DSC_8653
片手バックハンドのネットラッシャー。
最近ではめずらしいタイプの売り出し中の若手選手。
ワタクシも注目している選手である。

試合は菊池プロペースで進むも、後半はもつれ気味。
DSC_8649
こんな場面もありつつ、どっちに転んでもおかしくない展開。

しかし要所で僅かに勝った菊池プロが試合を制した。
DSC_8618

いやぁ、しんどかったね。
DSC_8716
直後、「どう?」と聞いたら「微妙っす」とのこと。
「でも勝ったから、明日までに整えます」だそうだ。
ふう、良かったぜ。

 

なんてことをしていたら、ひとつ隣のコートで
竹島駿朗プロの試合が始まった。
DSC_8801

相手は岸選手。
DSC_8826
松井選手が出場を断念したのでラッキールーザーで上がってきた。

ファーストセットは竹島プロ。
DSC_8765
いいペース、久々にポイントゲットかなと思いつつ、
一旦コートを離れ、あれこれ電話やらの仕事。

コートに戻ってみると・・ありゃ、セカンド取られてる。
DSC_8806
何しとんじゃ。

一緒に見ていたネオインドアテニススクール西新井の
サトウコーチによると、セカンドの途中から失速した感じですとのこと。

ファイナルセットも押され気味に進み、
最後まで流れを引き寄せる事が出来ずゲームセット。
DSC_8846

終了後、クラブハウスで反省会。
IMG_9750
そのまま柏駅まで送りながらさらに反省し、
次に向けての気合を入れた。

こういう時期もある。
とにかく前に進もう。

ということで、2人が2回戦に進んだTeam RECである。
今日は1日雨予報。
鈴木貴男プロは体を休められるかな。

頑張ろう、Team REC。

カテゴリー: Team REC, テニス, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, , 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。