カテゴリー別アーカイブ:

カレーとか、直前練習会とか。

会社の近所の卓球ショップ。

th_IMG_8236

水谷カレーなんてのがあるのか。
錦織カレーがあってもいいな。

 

さて、いよいよ今週木曜日からテニス日本リーグが始まる。

昨日はTeam RECメンバーが集まって直前練習会を行った。
ちなみにワタクシたちはずっと会議だったので、
どんな練習をしたのかは知らないけど、
きっとリーグ必勝作戦を立てたのだと思う。

メンバーが集まるのは久しぶり。

守谷総一郎プロ
th_DSC_0063
コルセット。
ずっと着けてるんだって。
腰悪いんだね。

 

正林知大プロ
th_DSC_0061
痩せたね。
追い込みっぷりがわかる。
期待大だな。

 

竹島駿朗プロ
th_DSC_0060
マイペースな感じで調整。
Team RECのワッペン、はがれかけてるぞ。

 

佐藤一平コーチ
th_DSC_0064
何かと忙しいみたいだけど、しっかり準備しておくように。

 

関口周一プロ
th_DSC_0058

普通でいいから。(笑)

 

それぞれに調整しつつ、動画撮影なんかも。
th_DSC_0094

th_DSC_0098

 

和気あいあいな中に真剣さもあるのがTeam REC。
th_DSC_0091

 

真剣・・・か?
th_DSC_0073

気づけばもう日本リーグ。
早いなぁ。

 

西脇プロは地理的な関係で参加できていないけど、
Team RECは今年もこのメンバー+西脇プロで頑張ります。
あ、貴男さんは出ません。

th_IMG_8427

試合の様子はTeam REC Channelで配信予定。
うまくいけばなんだけど・・・・

本当に直前だったけど、良い練習ができてよかった。
とにかく頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 西脇一樹プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VANとか、NEW PRESTIGEとか。

新橋だっけ?
VAN JACKETショップ。
th_IMG_6783

ワタクシよりちょっと上の年代に方にはマストアイテムだったはず。
マストアイテムって言葉も久しぶりに使ったぞ。

少し背伸び気味に生きてたワタクシもVANの服を買い漁ってた。
スイングトップ、ブレザー、コットンハンツ、ペニーローファー、中学生の格好じゃないな。

メンズクラブも毎号買ってた。
「街アイ(街のアイビーリーガーズだっけ」にも載りたくて仕方なかった。

th_IMG_6784

いま見てもカッコいいわ。
やっぱりアイビーは基本だね。

 

さて、待ちに待ったHEAD PRESTIGEの発表。

th_HEAD_Prestige_2021_Ecommerce_Banners_JP_1000x1000

と言いながら、あれ?もう発表だっけと若干慌ててブログにアップしたり。

 

で、この新しいPRESTIGE、実はしっかり試打済み。

夏だったっけな。
今はなき大井町スポルでの新製品試打会で打たせてもらった。

IMG_5015

やっぱり、ワタクシといえばPRESTIGE。
PRESTIGEといえばワタクシ。(それはない)

 

ワクワク、ドキドキでの試し打ち。
IMG_5002

機種ごとの細かなインプレは後ほどとして、
シリーズ全体の印象は、メッチャいい!!!!だった。

新機能のオーセチックの恩恵なのか、
プレステージなんだけど、プレシテージほど難しくない。
プレステージの味と良さを残しつつ、やっぱりプレステージだよねって感じ。

IMG_5003

まあ、簡単にいうと、プレステージだけど扱いやすくなった。
でも、ちゃんとプレステージってことだ。
(わかりやすいか?)

 

ちゃんと飛ぶし、ちゃんと食うし、ちゃんとしなる。
IMG_5007

でも調子に乗って適当に打つと、叱ってくれる。
「そんなワタシじゃないですから」って。

 

伝統のプレステージ。
ワタクシも初代から使っていた。

メッチャ高くて、コーチ駆け出しのワタクシには、
清水の舞台でブレークダンスを踊るくらいの覚悟だったけど、やっぱり買った。
当時はどのメーカーさんも契約してくれなかったし。

で、「HEADっていい!!」と思った。
このブランドに契約してもらえるのは一生無理だなとも思った。
実際、この歳になるまで、一度も契約してもらっていない。(苦笑)

まあ、とにかくHEAD PRESTIGEは生涯の憧れであることは間違いない。

IMG_4998

今回のカラーリングは初代を思い起こさせる渋みもありで、
ますますテンションアップのワタクシである。

関口プロもスイッチするのかな。
西脇プロはもう使ってたっけ。
周一パーソナルが届いたら打たせてね。

細かなことは、後のインプレで書くけど、
とにかくPRESTIGEファンのみなさま、ぜひ打つべし!である。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

クラウンエースとか、カメラ本体とか。

上野乗り換えで、お昼だったので寄ってみた。
th_IMG_7688
上野クラウンエースカレー。

やっぱりおいしい。
th_IMG_7689
グルメ的な美味しさじゃないけど、変わらぬ味は日本のカレー。
10代の頃から通ってる、そして店も続いているってすごいね。

 

さて、そんなわけで、カメラのレンズ問題が持ち上がった今日この頃。

なんとかしなきゃと思いつつ、このレンズは私物。
会社で買ってもらうのもなぁと思いつつ、もうひとつ大きな問題が。

カメラ本体もボチボチ限界が。

簡単にいうと、実用レベルの本体が1台だけ。
th_IMG_7394

これではさすがに厳しい。
標準ズーム、望遠を切り替えることが多いので、
やっぱりちゃんと使える本体は最低2台は欲しい。

ってことで、思いついたのがレンタル。
時代の流れに沿って、ミラーレス一眼を必要に応じて借りる計画を組んだ。
日本リーグ、3ステージで本体レンタル、締めて20万円弱。
思いの外、高いけど仕方ないよね

でも、よく考えたらミラーレス一眼の中古なら買えそう。
3回借りるより、ちょっと頑張って買ったほうが良いような。
足りなきゃ、少し自腹で足すかな。

 

そんなことを考えていたら、
Nikonからミラーレス一眼の最高機種が発表に。

Nikon Z9

th_スクリーンショット 2021-10-30 11.41.19
いい!!
性能もさすがのひと言。

専門家のレビューによれば、これをもって、
Nikonはデジタル一眼カメラをやめて、
すべてミラーレスにするつもりでは?とのこと。

そうなの?
今使ってるカメラも、フィルムカメラやレコードみたいな運命になるのか?

う〜ん、ますますミラーレスへの移行が良い気がしてきた。
さあてどうするかな。

ちなみに、このZ9、市場価格で76万8,000円 (税込)だそう。
買えるかっ!!

もう少し現実路線で考えよう。ふう・・・

 

カテゴリー: カメラ, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

立食い蕎麦とか、全日本初日・2日目とか。

某電鉄系の立ち食い蕎麦屋。
th_IMG_7845
初めて入ってみた。

こういう昔ながらの立ち食いクオリティの蕎麦、まだあるのね。
かき揚げもペラペラだし、残しちゃった。
ごめんなさい。

小諸そば、箱根そば、蕎麦一・・・とか、
最近の立ち食いそばはレベルが高いのになぁ。
あ、どこかは書きません。(わかっちゃうか)

 

さて、いよいよ全日本テニス選手権が開幕。

今年も無観客。
この状況では仕方ないが、応援にいけないのが残念。
どっちにしてもビーンズドーム(兵庫県)だから、気軽には行けないけど。

無観客、そして全日本選手権を盛り上げるプロジェクトを
日本テニス協会が立ち上げたこともあり、
ライブ配信が充実の大会になった。

この企画はとても良い。
週末、仕事をしつつライブでTeam RECメンバーを応援。

 

まずは守谷プロ。
th_IMG_7883

対するは片山プロ。
怒涛のフォアハンドのガン打ちに序盤から押し込まれる。
th_IMG_7882
反撃の糸口が見つからず、ストレートで敗退。
今日の片山プロは強かった。
残念!

 

続いて登場は正林プロ。
th_IMG_7884

拠点のむさしの村LTCで毎日追い込んで、
自分的にもかなりの成長がということで、満を持しての全日本。

ただ、相手は江原プロ。
全日本選手権覇者でもあり、ここ最近の大会でも必ず上位入賞の猛者。

正林プロ、行けそう!との展開もあったが、
肝心なところでポイントを落とさない江原プロの試合巧者ぶりにつかまり、
ストレートで敗退となった。

 

空けて2日目。

新加入の西脇プロが登場。

実は前日夜に電話があった。

「パッチはウォームアップにもつけたほうがいいですか?」

「アップはどっちでもいいよ。アイロンどうした?」

「アイロンのあるホテルに移動しました」

どこのホテルでも聞いたらアイロン貸してくれると思うけど・・・

 

そんなやりとりがありつつ。試合開始。
th_IMG_7929

対するは筑波大学の田形選手。
一進一退の展開でファーストセットはタイブレークになり、惜しくも落とす。
セカンドは肝心なところでサービスダウン。
そのまま押し切られてゲームセット。
田形選手、強かった。

 

そんなハラハラな試合の途中、ボスからLINE。
「駿朗、サービス落とした」

竹島プロのダブルスも始まっていた。
th_IMG_7931
2面展開で応援。
仕事は中断である。

相手はシードの清水・羽澤ペア。
うまくかみ合わず、3-6 3-6で敗退。

 

大会2日目、いまだTeam RECの勝ち星は見えずである。

全日本だからそりゃ厳しいのは当たり前。
ダブルスも残っているし、関口プロ、竹島プロのシングルスもある。
まだまだここから。
がんばろう!Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

店名とか、Rock Starとか。

LONG BEACH って、いい店名だなって。
カリフォルニアだよね〜。
th_IMG_5255

絶対着そうない服ばっかり並んでた・・・

 

さて、FAST AND FURIOUS 9(ワイルドスピード)を見てから、
アメ車ブーム沸騰中のワタクシである。

シボレー、マスタング、ダッジ、ロードランナー・・・ああ、いいわぁ。
ドムが乗るアメ車たちはどれもガソリン撒き散らして走るクルマだけど。

一方で、ブライアンたちが乗る日本車も楽しい。
スープラ、スカイライン、RX8・・・
ワタクシの購入チョイスには絶対上がってこないけど、
一度は乗ってみたいクルマたちでもある。

 

先日、裏原宿あたりで見かけたクルマ。

目に入った瞬間に心を奪われた。

th_IMG_5256

おおお!なに?これ。
シボレーかな。
それにしてはそこまで大きくないけど。

 

しかもメッチャきれい。
th_IMG_5258

なんなの、このステキなシルエット。
th_IMG_5259

th_IMG_5261

思い切りアメ車テイストで少しコンパクトな感じ。

タイヤもしっかりGoodrich。
th_IMG_5262

ヘッドライトはリトラクタブルじゃないから、コルベットじゃないよね。
th_IMG_5263

人のクルマをあまりジロジロ見るのもなんなので、
ちょっと写真撮らせてもらって離れたけど気になって仕方ない。

 

調べてみたら、光岡自動車の「Rockstar」というクルマらしい。

光岡自動車といえば、市販車をベースに様々なコンセプトのクルマを出しているメーカー。
そのラインナップのひとつがRockstarらしい。

 

いやぁ、かっこいいわ。
やっぱり、コルベット・スティングレーがモチーフだそうだ。
ベース車両はマツダ・ロードスター(ND)だって。

4,785,000円かあ。
ランクルより安いな。
限定生産だから、急がないといけないのか、そうか。

って、なぜかやる気になっているワタクシである。

カテゴリー: ゴルフ, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飲みとか、ウォーミングアップとか。

空けたので・・・
th_IMG_7407
お店で飲むのってホントに久しぶり。
そして誘ってきたメンツはいつも通り。

まあ、これも楽しいよね。
新規事業、絶対成功させよう!

 

さて、そんなこんなで、みらいカップ会場。

関口プロ、鈴木プロも着いたので練習コートで撮影を。
th_IMG_7412
周一が隠しているのは・・さて何でしょう。

 

各々に準備して練習コートへ。
th_IMG_7413

アップもそれぞれ。
th_DSC_3900

th_DSC_3903

th_IMG_7418

 

呑気な人がひとり。
th_IMG_7419
竹島プロに見えるけど、気のせいだな。

 

練習開始。
th_DSC_3929

th_DSC_3974
相変わらず寸分違わぬフォーム。

 

あ、貴男さんばかり撮っちゃったけど、関口プロの練習か。
th_DSC_4375

th_DSC_4312

 

天気も良いし、素晴らしいシチュエーション。
th_IMG_7420
海外みたいだなぁ、ここ。

 

練習はネットプレーへ。
th_DSC_4278

th_IMG_7472
似てきてる気が。

 

休憩。
th_IMG_7444

結局、プレステージに戻った関口プロ。
th_IMG_7436
新しいプレステージはまだ打っていないのだそう。

 

今回、プロの練習というか、コーチングを間近で見れたのはラッキーだった。
th_IMG_7540

鈴木プロのアドバイスは、時に細かく、時に大きく考えさせるという
メリハリが効いているなと思った。
勉強になります。

 

最後はリラックスタイムで終了。
th_IMG_7602

さあ、いよいよ準決勝だ。
頑張ろう!!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 竹島駿朗プロ, , 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

KALDIとか、moveウェアお披露目とか。

最寄りの駅ナカ。
th_IMG_6253
KALDI COFFEE FARMがある。

遅くまでやってるし、ワインも豊富。
th_IMG_6252
この便利さに最近気付いたワタクシである。
イイ!!

 

さて、すでに発表された鈴木貴男選手のニューウェア、move。

先日、鈴木プロからLINE。

「みらいカップの関口に帯同するので、新しいウェアの写真撮ってもらえますか」

そりゃあ鈴木プロの頼みとあらばってことで、千葉県柏市のTTCへ。

メッチャ混んでて死ぬかと思った。
県内移動で3時間弱って・・・

なんとか練習開始時間にTTC到着、撮影会へ。

関口プロとの練習でウェアの撮影もしてしまおうという目論見。
周一、待ってもらってゴメン。

 

ということで、新たな鈴木プロのパートナー、move!
th_DSC_4173

 

これいいな、つくってくれないかな。
th_IMG_7449

th_DSC_4230

 

これもいい感じ。
th_IMG_7421

色んなパターンをつくってくれたらしい。
th_IMG_7518

th_DSC_4434

th_DSC_4447

プラクティスウェアも。
th_IMG_7556

このあたりをコラボモデルにしようかな。
th_IMG_7500

練習しつつ、付き合ってくた関口プロ。
th_IMG_7597
ありがとね。

試合後のツーショット。
th_IMG_7685
このロンTもいい感じ。

鈴木プロも初めて着用してのプレー。
軽いし、動きやすいそうだ。

move、Team REC、TAKAO SUZUKI、コラボモデルも画策中です。
お楽しみに!

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

立ち食い蕎麦とか、コーチトーナメントとか。

気になっていた立ち食い蕎麦屋。

th_IMG_6487

ようやく開いている時間に通れた。
th_IMG_6486
美味しい!
チェーン店の立ち食い蕎麦とはちょっと違う感じ。
また行こうっと。

 

さて、この度Team REC 初の企画、コーチの個人戦が行われる。

th_本戦POP

これまでは「事業所対抗戦」という団体戦はあった。
事業所対抗戦は歴史ある大会で、
毎年めっちゃ熱い戦いが繰り広げられているのだが、今回は初の個人戦。

各校の予選を勝ち上がった選手が、自校の威信をかけて戦うという、
超プレッシャーな戦いである。

 

この大会に優勝すると、Team REC所属プロと
試合が出来るという豪華特典が与えられる。

誰と試合するかは未定。
これから調整します。

 

本戦大会は無観客、非公開で行われるが、
大会の様子はYouTubeのTeam REC CHANNELで配信予定なので、
ぜひともチャンネル登録をお願いします。

Team REC CHANNEL

 

ちなみにスクールは15校なので、15ドロー。
もう1校あれば、16ドローと収まりが良かったのだけど・・・

で、ボスから、「本社を入れれば16ドロー。出たら?」と言われた。
もうちょっと早く言ってくれればなぁ・・・って、ウソです。

 

各校毎の応援Tシャツなんかもあって、けっこう盛り上がっている。
image004
(ワタクシは注文し忘れた)
当日、ワタクシは撮影班として、いつもの通り裏方稼業の予定。
配信素材だから失敗は出来ないってことで、実は超緊張なのだ。

本戦はもうすぐ。
配信をお楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つけ麺とか、VCORE PRO100インプレとか。

代々木は、「いそじ」のつけ麺。

th_IMG_5488

ラーメン久しぶり。
ここはしつこくなくて好きだな。

 

さて、先日のこと。

th_IMG_5746
新製品ラケットを試打してみた。

 

YONEX VCORE PRO 100
th_IMG_5747

■フェイスサイズ:110平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:300g
■バランスポイント:320mm
■フレーム厚:23mm
■グリップサイズ:1・2・3
■ストリングパターン:16 × 19
■価格:35,000円

 

YONEX VCORE PROの新製品が発表になった。
この時点では発売前。
出来立てホヤホヤの新製品を貸し出していただいた。

今回のVCORE PROはこれまでとずいぶん違う印象。
th_IMG_5748

シャフト部が長くなっているのが一番の違いかな。
th_IMG_5752
付け根の段差もなくなった。

th_IMG_5751
しなりが期待できそうな形状に変化している。

 

フェイスは伝統のアイソメトリック。
th_IMG_5750
ヨネックスじゃなきゃって人はこの形状から離れられないのだろうな。

 

ビームは23mmフラット。
th_IMG_5754
ちょっと厚みが増した感じもあるが、実は前モデルとそこまで違いはない。
前のVCORE PROは一部が22mmだったかな、

ちょっと厚みを感じるのは、シャフトが長くなったせいか、
コスメチックのせいなのか、わからないが打ちやすそうな予感。

 

さっそく打ってみる。

おおお!!!
いいじゃん、これ。

飛ぶね、普通に。
飛びすぎないけど、適度に気持ちよく飛んでいく感じがいい!

シャフトもしなりが増えたのか、少し粘ってくれるんだけど、
弾き出しもシャープな印象。
なんか、とてもオールラウンドで使いやすい。

 

VCORE PROってこんなだったっけ?
もう少し硬くてパキパキ言ってた印象なんだけど、すごく使いやすくなった。

ボールの軌道も適度に上がるし、スピンも自然にかかりやすい。
スライスの乗りもシャフトの恩恵なのか、しっかり乗ってから飛んでいく感じ。
極端な味付けではないけれど、素直に反応してくれる扱いやすさが際立つ。

PROってモデル名なのに、こんなに使いやすくていいのかな。

 

あと、張ってあるストリングもいい感じ。
柔らかめのポリなのだろうか。
弾きと乗りのバランスが絶妙だ。

ヨネックスのストリングは最近、非常に評価が高いけど、
この新製品もかなりの完成度のようだ。
いいな、これ。

th_IMG_5755

ネットプレーも自然な飛びの恩恵が大きい。
癖なく自然な軌道を描いてくれるので、コントロールに安心感がある。

乗るけど、キレも良いという絶妙なバランスの実現はさすがヨネックスという感じ。
薄めのフレームでガンガンストロークで攻めつつも、最後はネットで決める的な
プレーイメージが湧くラケットってとても楽しい。

サービスもバランスの良さが際立って、扱いやすい。
フラット系は振った通り、プラスちょっとパワーな感じで飛んでくれる。
回転系の引っかかりも良いので、思った軌道でボールが曲がったり、落ちたりしてくれる。

これって万能ツアー系じゃないかな。
PROというモデル名だけど、難しすぎない。
ツアー系ではあるけど、バランスの良さが扱いやすさにつながっている。

 

300gが扱いきれることが前提だけど、まあまあ幅広く使ってもらえると思う。
97も合わせて打ったけど、こちらは100より絶妙に飛ばないセッティング。
なるほど、3平方インチの差も絶妙に味つけてるなという印象だ。

ワタクシ、ずいぶん長いことヨネックスのラケットを自分用として使っていないけど、
このVCORE PRO100は使い込んでみたいなと思った1本だった。
オールラウンドなプレーを目指す方に、ぜひ試打をオススメしたい。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

原宿とか、西脇一樹プロ加入!とか。

原宿は竹下通り。
th_IMG_5799
閉店しちゃった店も多い。

人、来ないもんね。
大丈夫かな、日本。

 

さて、先日のこと。
ある選手がREC本社を訪ねてきた。

訪ねて来たといっても、ちゃんとアポを取って来たんだけど。
子供じゃないから当たり前か。

その選手は、西脇一樹選手。

プロ活動4年目(?)になり、さらなるステップアップを求め、
新たな環境、活動を求め、Team RECに入りたいとのことだった。

Team RECはプロメンバーも多いし、もう枠がねぇ・・・
なんて話をボスもしていたので、
「無理だと思うけど、それでも良かったら話だけは聞くけど」
ということでの来社だった。

可能性が無い話ならワタクシは同席しなくていいかなと思ったのだけど、
「プロ担当なんだから同席するでしょ!」との指示で一緒に話を聞いた。

一所懸命にこれまでのこと、現状、活動予定を説明する西脇プロ。

いいヤツじゃないか!

と、おそらくボスも思った。(はず)
そして「なんとかしてあげたい」と思うだろうと・・・

Team RECメンバーになってもらうにはいいヤツってのが大事。
看板背負ってもらって、一緒に戦おうと思えるか、
お客様、スタッフ、皆さんに応援してもらえる人間なのかが一番大事。
そういう意味で一樹は、「いいヤツじゃん」だと思った。

とはいえ、そこは予算枠もあるので、そう簡単にもいかない。
後日、検討結果の条件を伝え、「それでも来たければ」と連絡した。

そして、西脇選手から連絡。
「お世話になることに決めました!」

決めたんか〜い。
まあ、元気があっていいか。

「契約締結どうする?」と聞いたら、「海外遠征に行っちゃいます」とのこと。
じゃあ、挨拶とサインは後日で、まずは遠征頑張れということになった。

 

そんなわけで、10月1日からTeam RECメンバーになった西脇一樹プロである。

th_IMG_6475

「リリースに使うからいい写真送ってね」
「わかりました!」
がこれだけど。(笑)

 

加えて、
「プレーの写真も送ってね」
「了解です!」

th_IMG_6790

th_IMG_6793

th_IMG_6792

顔がわからん(笑)

かろうじて・・・
th_IMG_6794

まあ、遠征先だし、選手仲間に頼んだのだろう。
ちゃんとした写真はまた今度ね。

 

ということで、プロフィール。

生年月日:1994年10月29日

出身:京都府

出身校:明治大学

プロ転向:2017年

主な戦歴
2016年 全日本学生テニス選手権 シングルスベスト4

2019年 シンガポールフューチャーズ シングルスベスト4
オランダフューチャーズ シングルスベスト4

テニス始めた年齢:10歳

JTAランキング:40位(10/2現在)

もちろん日本リーグにも出場する。
応援よろしくお願いいたします!なのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, , 街歩き, 西脇一樹プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。