カテゴリー別アーカイブ: 生き方

欠品とか、思い出の街とか。

サイゼリヤにて。

th_IMG_9147

「白ワインください」
「すみません。切らしてます」

ウソでしょ。
で、仕方なく赤ワイン。

サイゼリヤでそんなことあるのか。
そういえば以前、ココイチカレーで、
「すみません。ご飯切らしてまして」って言われたことあったっけ。

 

さて、数年ぶりのクロスバイクでの帝釈天詣で。

2時間弱かけてお参りできたのはいいけど、まあまあ疲れた。
同じ工程で帰ると心が折れそうだったので、
昔住んでいたあたりを巡りながらユルユルと帰ることに。

 

ああ、ここまだあるのね。
ここは台風で水没したっけなぁ。
ここは修羅場一歩手前だったっけ(意味不明)とか。
th_IMG_9600

 

で、思い出の地、総武線は本八幡駅付近へ。

大学生の頃、毎晩飲みに行っていたジャズバーへ。
th_IMG_9608
沖縄料理の店に変わっていた。
ずいぶん雰囲気違うな。

 

あの頃は毎晩のようにアルバイト先の常連のお姉さんたちと
この店で朝まで飲んでた。

お金を払った記憶はまったくないのだけど、
たぶん彼女たちが払ってくれてたんだろう。

この店でジャズを覚え、サントリーホワイトの味を覚え、
ポップコーン&醤油&七味をシェイクしたつまみだけで
延々と飲めることも覚えた。

明け方自転車に二人乗りでお姉さんを送り届けて、
家に帰って昼まで寝てた。

思えば、あの頃、ちゃんと彼女もいたけど、
毎晩、お姉さんたちと遊んでたのはなぜ?
う〜ん、不思議な時代だったなぁ。

 

そして毎晩、喫茶店の仕事終わりに通ったサイゼリヤ。
th_IMG_9604
今は創業の地として保管してある。

 

当時は創業者のご兄弟が二人で店を切り盛りしていた。
th_IMG_9605

焼肉ライスもハンバーグライスもサラダも手作りで美味しかった。
アットホームなサービスも良かった。
まあ、そりゃ、毎晩行けばね。

徐々にお店が増え、ある時から出店が加速し、
今はそんな面影も感じられない一大チェーンになってしまったけど、
あのサイゼリヤの起源に立ち会えたことは貴重な経験だった。

規模なのか、サービスなのか・・・う〜ん、テニススクールだったらどうあるべきか。
なんてことを考えながら、思い出の街を巡りながら、考えを巡らしながら、
ゆっくりゆっくり家路につく。

th_IMG_9610

色んなことを教えてくれた街。
原点を忘れずに前に進めればなと思った正月だった。

カテゴリー: トレーニング, バイク, 仲間, , 生き方, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ご褒美ダブルスとか、今年もとか。

ALLREC COACH TOURANAMENT のご褒美企画・第2弾公開!

プロメンバーと決勝進出の女屋コーチ、嵒瀬コーチのダブルスだ。

ペアは、女屋コーチ・竹島プロ VS嵒瀬コーチ・関口プロの組み合わせ。
嵒瀬・関口は、関東ジュニア以来のペアだとか。

時を経た二人のコンビネーションはいったい?
ぜひご覧ください!

 

さて、2022年が始まった。

記念日とかそういうことに恐ろしく無頓着なワタクシだが、
年の始まりは同じ場所で日の出を拝むことにしている。

千葉市の日の出は6時49分。
30分ほど前に家を出る。
th_IMG_9507
すでに少しずつ明るくなってきた。

15分ほど全力でペダルを踏んで、初日の出スポット到着。
th_IMG_9508
今年もかなりの人出。

 

東の空はまだシルエット。
th_IMG_9510
空いている場所で日の出を待つ。

 

待つこと15分ほどで太陽が昇る。
th_IMG_9546
50階建てのアパホテル越しの初日の出。
だからこの場所空いてたのね。
でも今年も無事に日の出を拝めた。

 

ということで、軽く乾杯。
th_IMG_9559

 

夕方、近所の浜に出る。
th_IMG_9569
日の入りと富士山。
なんかめでたい感じ。

 

7kmほどランニングをして帰宅。
th_IMG_9574
ここからの夕焼けもお気に入り。

昨日から1日経っただけで、何だということも無いけど、
おそらく今年は色んなことが変わる年になる。

いや、変える年になるのだ。
流されるのではなく、流れを変える、流れを作る。

これまでと変わらず、自分の思った通りに頑張ろうと思った。
じゃあ、もう一杯飲むかな。
たしかに変わってない。(笑)

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, ランニング, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 生き方, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ペラとか、上司とか。

バスボートのプロペラ。

th_IMG_6454

これだけで、何と10万円オーバー!
アホみたいな遊びだよね。

エンジンは復活したけど、ちょっとセッティングが合わない気が。
気安く買える値段じゃないのが泣けるぜ。

 

さて、子供は育てた通りに育つっていうか、なんつうか。

仕事人としてもあるところまでは、上司の鏡写しだったりする。

 

考えてみたら、これまでお世話になった上司にたくさんの影響を受けてきた。

社会人になって最初についた上司は、昭和のサラリーマンって感じの人だった。
会社は今や一部上場の大手スポーツクラブチェーン。
その本部勤務だった。

上司が仕事が出来たのかどうかは知らない。
新聞社から転職で入ったと聞いた。
部長だったから、きっとデキる人だったんだろう。

何故に新入社員のワタクシの直の上司が部長だったのかは分からないけど、
とにかく毎日、その上司と一緒が社会人のスタートだった。

 

毎朝、スーツを着て、満員電車に揺られ有楽町へ。
銀座のオフィスに出勤した。
当時は満員の総武線に揺られるだけで、かなりのエネルギーを持っていかれたっけ。

で、その部長に指示された仕事をする。
入社したてだから、大した仕事は出来ない。
各所から送られてくるデータを整理したり、口座引き落とし書面を作成して、銀行に持って行ったり。
正直、アルバイトしながら、思い切り遊び倒してきたワタクシにはツマラナイ仕事だった。

あとはフィットネスインストラクターさんの管理。
管理といったって、バリバリ体育会気質のインストラクターのお姉さんたちには、
新卒の坊やなんて眼中に無いから、相手にされなかった。

 

毎日、昼になると部長が「飯食いに行こう」と誘う。
いや、誘ってくれる。

その日によって、中華料理屋とか洋食とか。
で、必ず瓶ビールを注文する。
そしてワタクシにも注ぐ。

仕方がないから飲む。
当時のワタクシはそんなにお酒に強くなかったので、顔に出る。
会社に戻ると、経理のおばさんが、「ああ、また飲まされたね〜」という微笑みをくれた。

 

部長が出かける先にはいつも同行した。
そして、常に「仕事とは」的な話をされた。

夜は「ちょっと飲んでいくか」と、居酒屋に連れていかれた。
ビールを飲みながら、「仕事ってのはさぁ」という話を聞く。

居酒屋を出ると、「もう一軒いくか」と、スナックに連れて行かれた。
そこで上司のカラオケを聞くのだ。

 

ようやく店を出る。
部長はタクシーを拾う。

「乗れ」と言われる。
帰る方向が一緒なのだ。
しかも部長の家は、ワタクシの家の先。
つまり最後の最後まで一緒ってことだ。

酔いも回って気持ち悪いままにベッドに倒れこむ。
そしてまた朝が来て、ネクタイを締めて満員電車に。

 

辛かった。
毎日、午後になると、部長の誘いをどう断ろうかって考えていた。
そして、はやくひとりで動けるようになりたいと。

ある日の昼、トイレに行ったら、真っ赤な血尿が出た。
それを見て、会社を辞めようと思った。

やりたいことをやろうと思った。
テニスをやろうと決めた。

 

退職を申し出ると、部長は大反対だった。
ひとつの理由は、叔父の口利きで入ったということもあったと思う。
預かった甥っ子を辞めさせたとあっては・・・との思いもあったのだろう。

それでも退職をした。
皆さんが送別会をしてくれた。
その席でも部長は「俺は認めない」と言っていた。

これが社会人最初の上司だった。

 

今思うと、たぶん一所懸命に面倒をみてくれたんだと思う。
部長があれほど連れて回るのはワタクシだけだったらしい。
事務方の女性スッタフの皆さんからも、「期待してるみたいよ」と言われた。

食事もお酒も全部ご馳走になった。
タクシーもだ。

そしていつも仕事の話をしてくれたのは、はやく育てたいと思ってのことだったのだろう。
しかし、当時はとにかくしんどかった。
このままだと身体か心が壊れると思った。
だから逃げ出した。

 

面倒を見る、育てる。
そういう立場になって、塩梅ってつくづく難しいなと思う。

基本的にワタクシはベタベタしないタイプの上司だ。
食事もお酒もほとんど誘わない。
むしろ、一切断っていた。
忘年会すら行かなかった。

上司と飲んで楽しいわけないじゃん。
こっちが誘って、部下に断る理由を考えさせるのが嫌だった。
あの頃のトラウマである。

面倒を見る、どういうふうに?
距離感は?
うーん、とても難しい。

あの時の部長の対応は、今ならほぼすべてパワハラだ。
昔もダメな気がするけど、表現方法と距離感を取るのが上手じゃなかったんだろうなと思う。

色んな意味で感謝はしている。
今でも下にはつきたくないけど。

反面教師的な影響が大半だけど、部下への接し方を学ばせてもらった。
とにかく影響を受けた上司のひとりではある。
出会えたことには感謝である。

カテゴリー: ボート, 仕事, 生き方, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

MVPとか、家族ラウンドとか。

浜松町にて。

th_IMG_8265

大谷選手のMVP記念バージョンの東京タワー。

ホントすごい。
実力があって、爽やかで親切で男前。
ワタクシの若い頃もそこまでじゃなかったぞ。(どこまで?)

 

さて、家族会議からひと晩明けて。

次の日はゴルフ。
IMG_7769

一緒に回るのって10年ぶりくらい?
たしか霧で前が見えない妙高高原だったっけ。

今回はメッチャ良い天気。

 


IMG_7775
80歳を超えているが、まあまあ飛ばす。
元気だなぁ。

ちなみにいつも通り、スコアは数えていない。(笑)

 


IMG_7777
週一を超えるペースで回っているらしい。
グリーン周りからのテクニックはさすが。

 

いつも一緒に行っているのかはわからないけど、
元気でこんな楽しみがあるのはいいことだ。
IMG_7784

 

このあたりって蕎麦が美味しいのかな。
IMG_7781

 

色々と話ながらのんびり回る。
IMG_7787

ぎっくり腰気味だったが、スコアはいつ通りだったのでよしとしよう。
(いつも大したことないってのがわかった)

 

楽しいラウンドだった。
こういうゴルフもいいな。

これまでのこと、これからのこと色々話せて良かった。
ワタクシ自身もどうしたものかってことも多いのだけど、
これからまだ人生の先もありそうだし、頑張らないと。

次はいつになるか。
元気なうちに親孝行しなきゃと思った栃木の2日間。

カテゴリー: ゴルフ, ファミリー, 生き方, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

KATANAとか、ヨコハマとか。

SUZUKI KATANA
th_IMG_7140
歴史上、いちばんかっこいいバイクだと思う。
ハンス・ムートって天才だな。

 

さて、某日は久しぶりの街へ。

th_IMG_6647

横浜である。

以前は飲み会というか情報交換会的な集いで来ていたが、
そんな集まりも無くなり、すっかりご無沙汰なYOKOHAMAだ。

 

桜木町駅を降りて、駅前のビルへ。
th_IMG_6642

ここは大学時代にずっとアルバイトしていたところ。
叔父が経営していた飲食店で働いてた

そのころも新しいビルではなかったけど、ずいぶんと寂しい感じに。
th_IMG_6641

懐かしいな。
昼休みはこの並びの喫茶店でコーヒー飲んで、
タバコ吸って、マンガ読んでた。

店が終わると、仲間たちと伊勢佐木町へ。
当時は大きなフロアのディスコがいくつもあった。
夜中まで遊んで、フラフラしている女の子に声をかけたり。

そしてサーフボードを抱えて始発の東海道線に乗り湘南方面へ。
辻堂で降りて海まで歩いていって波乗り。

帰りは通勤ラッシュの東海道線で横浜へ戻った。
迷惑だっただろうなぁ。

横浜からお店に直行して開店準備という毎日だった。

住んでいたのは千葉だったのに・・・
いつ帰ってたんだろう?
いつ大学に行ってたんだろう?
不思議な街、ヨコハマである。(違うよ)

 

思い出に浸りつつ、海方面へ。
th_IMG_6655

 

The YOKOHAMAなロケーション。

th_IMG_6668

th_IMG_6685

 

赤レンガ倉庫。
th_IMG_6660
ショップになってるのね。
昔、こんなだったっけ?

 

中華街方面へ。
th_IMG_6700
ここは余り来なかったなぁ。
叔父さんに連れられて、高そうな中華料理ごちそうになったっけ。
紹興酒飲むのはきつかったをよく覚えてる。

 

山下公園に来てみた。
th_IMG_6695

いい天気。

大学を(奇跡的に)卒業して、某大手スポーツクラブチェーン本部に入社。
横浜のクラブの支配人を兼任しながら、週の半分ずつを横浜と銀座に通ってた。

横浜のクラブでは「ポスティングしてきます」と言って、
山下公園のベンチで日向ぼっこしてたこともあったなぁ。
若かったというか、ほんとダメだったよね、あの頃。

そんな素敵な思い出の横浜。
あ、本来の目的の場所に行かなきゃ。

カテゴリー: バイク, 生き方, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルセデスとか、家族会議とか。

両親と会うのは何年振りだろうか。
コロナ禍になってからは帰省もできず、たまに電話するだけ。
久しぶりに会ったら、クルマが変わってた。

th_IMG_7726

前はEクラスだったような。
寄る年波で少し小さくしたのかな。
これがなんてやつなのかは知らんけど。

 

さて、そんなわけで某日。
東北自動車道を北上。

実家からの指令があったのだ。

「緊急事態宣言も解除になったし、家族会議をするので中間地点に集合。ゴルフ付きね」

 

ということで、着いたのが東北道・矢板ICから少し走ったゴルフコース。

紫塚ゴルフ倶楽部

宿泊も出来て、食事も美味しく、温泉つきのゴルフクラブ。
両親がよく使っていて、支配人とも懇意にしているらしい。

着いたのは夕方。
th_IMG_7732

 

なんか海外みたいな雰囲気。
th_IMG_7740

 

本当は少人数では取れないヴィラを押さえてくれた。
th_IMG_7741

内風呂は源泉掛け流しの檜風呂。
th_IMG_7745

 

美味しい食事。
th_IMG_7752

th_IMG_7753

お腹いっぱい。
寝ていいですか?

とはならず、リビングで家族会議。

家のこと、ウチの会社のこと、老後のこと、葬儀のこと。
今後起こるべきことについて、両親の考えを聞いた。

ちなみに葬式は散骨で申し込んであるから、心配はいらないとのこと。
「散骨に立ち会うとオプション料金かかるから来なくていい」だって。(おいおい)
当然、お墓もいらないって。

 

小さいながら商売をしている会社のことについても、
現状や今後について話し合う。

ワタクシの小さい頃、母は専業主婦として毎日家にいた。

学校から帰ると、洋裁の内職をしている部屋に行き、
ストーブの上で給食で残したコッペパンを焼いて、
それを食べながら、母の洋裁仕事を見るのが好きだった。

そんな主婦だった母。
ワタクシたちが家を出てから、自分で仕事を始めた。
たぶんすでに50歳を過ぎていたのじゃないだろうか。

最初はまったく仕事にならなかった。
数千円の商品を客先に届けるのに、軽自動車で吹雪の峠を越えたそうだ。
「ここで車が故障したら死んじゃうんだろうな」
と思いながら山道を走ったと聞いた。

いつしか少しずつ扱いが大きくなり、個人事業主から会社組織にした。
ワタクシにはわからない、大変な苦労があったはず。

 

そんな母も80歳を越え、家や会社や仕事の先を考えるところに差し掛かった。
いちおう長男のワタクシに必要なことを伝えておきたいということらしい。

両親の思いを聞き、ワタクシの現状を話し、
今後どうしていくかを話し合った。

そして母が言った。

「引き際を自分で決められる人生を歩きなさい」

っていうか、アナタ、全然引いていないし。(笑)
80歳過ぎて、仕事も現役、メルセデスを乗り回し、ゴルフもスキーも。
おそるべし。

 

そうだね。
人生終盤、自分の道は自分で決めないとね。

これまでずっと、その時の上を支えて長いこと裏方家業をやってきた。
まあまあ影で頑張ったかな。

専業主婦が徒手空拳で事業を始めて、
ここまで苦労してきた母親の言葉は胸に刺さった。
オレなんてまだまだ小僧だなって。

オレはこれまで何をしてきた?
そしてこれから何をする?
とにかくいい仕事がしたいな。
後悔しない人生を送らなきゃと思った、栃木の夜。

カテゴリー: クルマ, ゴルフ, ファミリー, 仕事, , 生き方 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。