カテゴリー別アーカイブ: 竹島駿朗プロ

準優勝とか、#1000分の・・とか。

Team RECの竹島駿朗プロが東北オープンで準優勝! IMG_7120
石川オープン優勝、毎日テニス選手権ベスト4,
そして東北オープン準優勝と好調維持な感じ。いいぞ。

竹島プロから送られてきた写真。 IMG_7121
今回は家族の応援もあったようだ。
大きくなったなぁ。 今度遊んであげよう。
現在は中国テニス選手権に出場中の竹島プロ。
今週も頑張ろう。

 

さて、そんなわけで、ウイルソンさんから届いたサンプルストリング。
#1000分の3秒を5秒にする である。 th_IMG_6234
テニスで、1000分の何秒といえば、ストリングとボールの接触時間のこと。
その接触時間が長いストリングということか。

ナチュラルカラー、触り心地もかなりしなやか。 th_IMG_6236

さっそく張ってみる。 th_IMG_6238
ウイルソンさんからなので、ラケットはBLADEのブラックコスメにしてみた。
テンションは47ポンド。
柔らかめのストリングなので、少し上げて張った。

張った感触はかなりしなやか。
引っかかりによるきしみ音も無いし、とても素直なストリングという印象。
やはりマルチ系は張りやすい。 th_IMG_6239

17歳児のテニス練習の前にアップを兼ねて試打。 th_IMG_6244
まずは「柔らかい!」「粘る!」が第一印象。

非常にソフトにボールを包んでくれる感じ。
正直、包み込みすぎてちょっとやわな感じも。

うーん、もう少しシャープな感じもほしいなぁ。
ということで、振動留めを外してみた。
おっ!ちょうどいい感じなった。

「包み込む」から「くわえる」感じに変化。
微妙な言い回しだけど伝わるかな。
ただただソフトに包むんじゃなくて、
ストリングの芯が ボールを捉えてくれる感じになった。
このストリング、振動留めいらないかも。

ボールの飛び出しも少しシャープな印象に。
ソフトだけど、飛ばないとかダルい感じは無い。
しっかりくわえて、飛ばしてくれる。
バランスの良いストリングだと思う。

スピン系は引っかかる感触ではないが、
ストリングがホールドして回転をかけてくれる。
極端なパワーやスイングスピードが無くとも、
ちゃんと回転が掛かるのも万能感のあるストリングだと思う。

ボレーも一瞬くわえてくれるので、コントロールの安心感が強い。
パ~ン!と弾く感じは強くないが、意図したコースに しっかりボールを運ぶような
イメージで相手コーナーを 丁寧に突いていけるのではないだろうか。

まだそれほど使い込んではいないが、耐久性はそれほどないと思われる。
グリグリスピンのハードヒッターだと1日持たないかも。

コントロールしつつ、様々なショットを繰り出したい
テクニック主導のプレーヤーにオスメしたい。

最近のマルチ系は「ソフト感」に振ったものが多いが、
その中でもこの #1000分の3秒を5秒にする ストリングは突出してソフトだと思う。
ソフト感を求める方は振動留めをつけて、もう少し弾きがという場合は
振動留めを外してみると新たな表情が見えて良いかも。

このまま発売されるのかもよく分からないが、
ひとつのカテゴリを極めた1本かもしれない。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ダブルス表彰式とか、松山へとか。

そんなわけで毎日テニス選手権、ダブルス表彰式。
DSC_8531

まずは優勝の竹島・上杉ペア。
DSC_8542

準優勝の正林・住澤ペア。
DSC_8554

ウイナーズスピーチもなかなか良かった。
竹島プロ、ちゃんと喋れるか心配したけど、
まあまあ慣れてた。

Team RECとしても最高の形で終えられた今年の毎日テニス選手権。
DSC_8562

竹島プロは今年2つめのダブルスタイトル。
IMG_6419
また来年も頑張ろう。

 

さて、昨日は羽田から松山へ。
IMG_6498

IMG_6501
全国実業団テニス対抗戦・ビジネスパルのためである。

四国は20代の頃にバイクで野宿ツアーをした以来かなぁ。
あのときはひたすら走って、テント張れる場所探して、
寝て、また走ってだったので、あまり四国を堪能した記憶がない。
毎日、レトルトカレーだったし。

なんてことを思い出しながら、会場へ。
IMG_6514

いいところだなぁ、ここ。
自然も多いし、施設も立派。
さすがに暑いが、時折吹く風は心地よい。

IMG_6519

さっそく前日練習開始。
IMG_6533

DSC_8967

DSC_8964

DSC_8961

DSC_8956

DSC_8954

DSC_8951

今年のメンバーはこの7名。
送り出してくれた仲間に感謝しつつ、ファイトする。
DSC_8947
優勝旗、持って帰りたいぞ。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 仕事, 仲間, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビジパルとか、ダブルス決着!とか。

夏の遠征は荷物が少なくて済むので助かる。
th_IMG_6474
今回はこれとリュック1個。
中身もけっこう余裕ありである。

飛行機なのでカメラ系はリュックで機内へ。
ちょっと重いがその方が安心だ。

そう、今日からテニス実業団ビジネスパル全国大会。
松山へGOである。
応援、よろしくお願いいたします。

 

さて、毎日テニス選手権・ダブルス決勝は、
あっさりと竹島・上杉ペアがファーストを取り、
セカンドセットに入った。

th_DSC_8397

th_DSC_8372

このまま竹島・上杉が取りきるかと思いきや、
正林・住澤ペアが徐々に土俵際から中央へ。
th_DSC_8410

th_DSC_8411

th_DSC_8415

互いに譲らずタイブレークに入る。
th_DSC_8435 th_DSC_8436 th_DSC_8445 th_DSC_8450
そしてタイブレークは、正林・住澤ペアが取った。
紙一重のポイントを取りきり、ファイナルのスーパータイブレーク突入。

どちらに転んでもおかしくないスーパータイブレーク。
th_DSC_8465

th_DSC_8476

th_DSC_8475
正林・住澤ペアリードで進む。

なんとか追いつきたい竹島・上杉ペア。
丁寧にコーナー、足元を突いて盛り返す。

そしてついに。
th_DSC_8482

th_DSC_8484

th_DSC_8496
竹島・上杉ペアの勝利!

暑い中、熱い戦いだった。
th_DSC_8509

やりきった二人。
th_DSC_8524
よかった。
おめでとう。

やられた二人。
th_IMG_6404
「シングルは獲ったんで。譲りました」と正林プロ。
悔しそうだけどな。(笑)

とにかく全員頑張った、
素晴らしい試合に感謝である。
th_DSC_8527
お疲れ様!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

練乳とか、毎トー・ダブルス決勝とか。

仕事もひと段落でおやつ。
th_IMG_5928
おいしいな、これ。
濃厚な牛乳の風味に氷の爽やかさがミックス。

すごく暑い日は氷系が食べたくなるそうだけど、
これは両方楽しめる。
オススメです。

 

さて、そんな毎トーも最後の試合。
ダブルス決勝である。

正林・住澤vs上杉・竹島の対戦。
th_DSC_8148
住澤プロは日本リーグでも対戦している橋本総業ホールティングスの所属。
上杉哲平選手は実業団にも出場しているテニスユニバースの所属。
上杉海斗プロのお兄さんでもある。

何より、Team REC同士の対戦。
どちらを応援すべきか悩ましくもあり、
どっちが勝ってもタイトルを獲れるわけで気楽でもある。(ゴメン)

試合開始。
th_DSC_8161

th_DSC_8155

序盤から飛ばし気味の正林・住澤ペアだが若干空回り気味か。
th_DSC_8165

th_DSC_8194

th_DSC_8196
良い雰囲気でプレーができているが、スコアは竹島・上杉ペアのワンサイド。

竹島・上杉は固いプレーで確実にゲームを重ねていく。
th_DSC_8210

やっぱり駿朗はダブルスうまいなぁ。
th_DSC_8226

th_DSC_8259

th_DSC_8237

初コンビの上杉選手とも息が合うようだ。
th_DSC_8270

 

盛り返したい正林・住澤ペアだが、なかなか突破口を見出せない。
th_DSC_8283

th_DSC_8330

th_DSC_8300

ファーストセットは、6-1で竹島・上杉。
th_DSC_8339

th_DSC_8364

やっぱりダブルスは竹島プロが一枚上手か?
セカンドはどうなる?

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援とか、表彰とか。

毎日テニス選手権決勝。
th_IMG_6377
暑い中、Team REC応援に駆けつけてくださった皆さま、有難うございます。
毎日通ってくださった方もおられ、有難い限りである。

選手たちが泊まっていた東横インのスタッフの方も応援に来てくださったようだ。
竹島プロの応援もしてくださった。
本当にありがとうございます。

 

さて、フルセットのシングルスを戦った二人の表彰式である。
th_DSC_8050

スタッフさんの紹介で順番に表彰。
th_DSC_8058

主催の毎日新聞社様より優勝盾の贈呈。
th_DSC_8067

優勝カップの贈呈。
th_DSC_8070

もうひとつカップの贈呈。
th_DSC_8075
なんだろう、このカップは。

スポンサーのブリヂストン様より賞金の贈呈。
th_DSC_8079

続いて準優勝の川上プロ。
th_DSC_8089

正林プロのウイナーズスピーチ。
th_DSC_8099
スポンサー様、スタッフの皆さまへのお礼、
そして8月からTeam REC所属になったこともちゃんと言っていた。
えらいぞ、トモ。

川上プロと話したら、「もうフルセットはいいです〜!」と言っていた。
今大会、6試合中4試合がフルセットだったそうだ。
この暑さでそれはキツイよね。
th_DSC_8118
それにしても川上プロのファイトは素晴らしい。
走りまくって、回り込んでフォアを叩き込む。
リードされても、何かが起こりそうな予感が消えないプレー。

ちなみに昨年の日本リーグでは、関口プロが川上プロに破れている。
ITFツアーや日本リーグでの活躍も納得の戦いぶりだ。
素晴らしいファイトだった。

そして、Team REC新メンバーの正林プロ。
th_DSC_8130

「ウチのチームに入った最初の大会での優勝けっこう多いんだよ」

「そうなんですか?」

「うん。貴男さんもグアムフューチャーズいきなり優勝したし、他にもね」

「じゃ、その流れを止めずに乗っていきます」

プレッシャーに感じず、ポジティブに捉えるあたりはなかなか良い。
そして結果もそのまな流れに乗れた。
よかった、よかった。

さあ、この後のダブルスは、Team REC対決。
「チームの先輩として勝ちます!」とは竹島プロ。
どっちも頑張って欲しいが、勝つのは1ペア。

拍手のタイミングも微妙なだなぁ。
どっちも頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自転車とか、毎トー シングルス決勝とか。

暑い、今日も朝から暑い。
th_IMG_6356
そんな中、自転車で出かける。

クルマを使いたいが、子供の試合で使っているので
30分強の道のりを自転車だ。

ちょっと休んで景色を眺める。
th_IMG_6357
特に涼しい気持ちにはならない。
おそらくすでに30度は超えている。
もうすぐ目的地だ。
頑張れ、オレ。

 

さて、そんなわけでようやく着いたのがここ。
th_IMG_6358
毎日テニス選手権会場。

今日は単複決勝が行われる。
何と、シングルス、ダブルス共にTeam RECメンバーが決勝進出。
こりゃ、応援に来なきゃってことで自転車で駆けつけた。

ちなみに子供の試合は前日の予選から本戦に。
ここから3km程度の会場なので、試合の進行次第で行き来して見られるかも。
体力が持てばだけど。

それにしても暑い。
決勝はソロチェアアンパイアとボーラーがつくらしい。
th_IMG_6359
スタッフさんも大変だ。

今日のオーダー。
th_IMG_6361
シングルス決勝には正林知大プロ、
ダブルス決勝は、正林プロと竹島駿朗プロの対決である。

そうこうしているうちにシングルス決勝が始まる。
th_DSC_7711
頑張れよ〜。

対戦するのは川上倫平プロ。
th_DSC_7720
先日の準決勝では竹島プロをフルセットで破っての決勝進出。
えぐいフォアハンドを持つ、絶対に諦めないファイターである。

試合開始。
th_DSC_7746

th_DSC_7762

th_DSC_7753
出だしは上々。

正林プロのペースで進む。
th_DSC_7797

th_DSC_7856

th_DSC_7841
さすがにあっさりではないが、ファーストセットを6-4でとる。

このままのペースでいけば・・・と思うが、そうはいかないのが川上プロ。
セカンドセット中盤から鬼のようなフォアハンドが炸裂。
一気にペースを掴む。

一緒に見ていた竹島プロも、「昨日はこれで全部やられました」とのこと。
th_IMG_6375

信じられないくらい回り込んでの逆クロスが炸裂である。
th_DSC_7867

th_DSC_7881

一方、正林プロはミスが目立ってきた。
th_DSC_7871
セット終盤はファイナルに向けて体力温存の構え。
セカンドセットは、6-2で川上プロ。

そしてファイナルセット。
th_DSC_7932

th_DSC_7959
粘り強く、そして要所では打ち込む。
緩急がいい感じで回ってきた正林プロ。

中盤、川上プロのミスが続く場面で一気に突き放しにかかる。
th_DSC_7998

サービングフォーザマッチ。
th_DSC_8006

フォアハンドを打ち込み、その返球がライン割った。
th_DSC_8012

激闘に終止符、優勝である。
th_DSC_8035

th_DSC_8049
暑くて長かった。
よく切れずに立て直した。
素晴らしい勝利である。

まあまあ元気そうな正林プロ。
th_DSC_8054
この後はダブルス決勝だ。
しっかり回復させて頑張ろう。

おめでとう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:03 | コメントは受け付けていません。

チャームとか、毎トー&ジュニアサマーとか。

今年のテニスの日のチャームが届いた。
th_IMG_6346
写真だと分かりづらいけど、ラメっぽくていい感じ。

今年は有明でのイベントも復活予定。

オリピック仕様になった有明テニスの森で
テニスを満喫するチャンスだと思う。
ご来場お待ちしております。

ワタクシも会場のどこかに・・いるのか、いないのか。
東京実業団の一部リーグの重なってるんだよなぁ。
どうなることやら。

 

さて、昨日はスペシャルな1日の予定だった。

毎日テニス選手権で、Team RECの竹島駿朗プロ、
正林知大プロが準決勝に進出。
互いにここを勝ち切れば、毎トーでのTeam REC決勝が実現する。

ついでだけど、17歳児も同会場で千葉県ジュニアサマーのシングス予選。
つまり、所属プロと子供の試合が一度に見られるという贅沢な日だった。

ワタクシも休み予定にして準備していたのだが、
あれこれと用事が入って、結局、出勤になってしまった。

まあ、でもサラリーマンだし仕方ない。
とにかくミッションをこなさねばってことで、
両プロも準決勝を勝ち上がって、Team REC対決の決勝まで来てくれることを期待。
そして、17歳児も予選を勝ち上がって本戦に入ることを信じて、仕事へ。

ATP、ITFと違ってライブスコアは無いので、妻の実況が頼り。

「(17歳児)試合に入りました」

「竹島さん、ファーストとりました。セカンド、ブレークされました」

「正林さん、ファーストとって、セカンドもリードです」

「(17歳児)競ってる。どっちに転ぶか・・」

実況する方もきっと大忙しだっただろう。

結果、正林プロは勝利。
決勝進出。
th_DSC_7554
おめでとう!

竹島プロは残念ながらフルセットで敗退。
th_DSC_7324
うーん、残念。

で、実は両プロともダブルスもベスト4進出中。
竹島プロに「シングルスは残念。ダブルス頑張れ!」とメッセージを送る。

夕方、報告が。
両プロとも、ダブルス準決勝を勝ち上がった。

これで、ダブルスはTeam REC対決が確定。
先輩の竹島プロか。
新規加入の正林プロか。

さらにスペシャルな最終日なった。
シングルスは優勝狙うとして、
ダブルスは・・・うーん、どっちも勝ってほしいぞ。

シングス決勝、川上倫平 vs 正林知大は9時45分から。
ダブルス決勝、上杉哲平・竹島駿朗 vs 住澤大輔・正林知大は、NB12時である。

フクダ電子ヒルステニスコート、京葉線蘇我駅あ最寄り。
ぜひ応援にいたしてください。

あ、そうそう、17歳児は予選決勝、最後の最後でサービスをブレークされ、
負けてしまったが、ラッキールーザーの1番で、なんとか本戦に入れそうだ。

問題は今日は毎トーとサマージュニアの会場が違うこと。
時間は絶妙にかぶっている。
距離は3km弱。
自転車で往復かなぁ。

まあ、これも贅沢な苦労である。
みんな、頑張れよ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雨とか、毎トー初日とか。

自転車で出かけたら雨が降ってきた。
冷たくはないが、携帯やらカメラやら濡れては困るので
JEF UNITEDのサッカーアリーナで雨宿り。
th_IMG_6313

子供の頃は濡れて困るもんなんて持ってなかったから、
雨だろうがそのまま走ってたな。
特に夏はすぐに乾くしね。

竹島プロに「試合中断中?」とメールしたら、
「やってます!」と返ってきた。
テニスの試合は子供モードなのか?

 

さて、雨も小降りになったので、会場へ。

th_IMG_6315

やってる、やってる。
th_IMG_6316
小雨なのにメッチャ暑い。
そして、雨も上がり太陽が出たら、鬼のように蒸し暑い。

まずは竹島プロの試合から。
th_DSC_7041
待機中ですでに暑さにやられている。

初戦の相手は日本大学体育会の選手。
つまり竹島プロの後輩であり、コーチと選手との間柄ということ。
th_DSC_7082
こりゃ、絶対負けられない。

ファーストセットは6-2で順調に先取。
th_DSC_7091

th_DSC_7227
要所でのネットプレーが見事にハマる。

セカンドセットは序盤からもつれ気味。
th_DSC_7279

サービスを落として、取り返して、互いに主導権を握りきれずの進行。
th_IMG_6325

後半、竹島プロが要所を締めて勝利。
th_DSC_7336
先輩の貫禄を見せつけた。

試合後はアドバイス。
th_DSC_7340
ちゃんと後ろに手を組んで聞くのね。
日大はシャツをパンツインしないんだな。

とにかく良かった。
ストレートでってのも消耗を考えるといい展開だ。

試合を見ていたら、隣に人が。
th_IMG_6324
8月からTeam RECに加わった正林プロだ。
「暑くて、日陰に避難中でした。挨拶遅れてすみません」とのこと。
「無駄に消耗しないように試合まで日陰にいた方がいいよ」と、
挨拶もそこそこにリリース。

そして、正林プロのTeam RECとしての初試合。
th_DSC_7348
相手は斉藤秀選手。
鬼のように速いフォアを叩き込んでくる
日本リーグにも出場している強豪だ。

出だしは大事に行ったのか、今ひとつ乗れない感じもありつつの展開。
th_DSC_7405

th_DSC_7420
それでもファーストセットは6-2。

セカンドセットは一気に畳み掛けて5-0に。
th_DSC_7478

th_DSC_7583

th_DSC_7577

そこから、斉藤選手の怒涛のまくり。
サーブ&ボレー、リターンエース等、開き直りかと思うほどの
思い切りの良いプレーでペースをつかむ。

しかしさすがにそこから試合をひっくり返すには至らず。
th_DSC_7615

th_DSC_7706
ストレートで正林プロの勝利である。

Team RECパッチを強調して勝利の一枚。
th_DSC_7709
明日も頑張ろう。

それにしても暑い。
どれだけ水を飲んでも喉が渇く。
選手も大変だ。

週末まで残れば応援に行けるかな。
まずはそこまで頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

毎トーとか、Team RECオリジナルケースとか。

Team REC 竹島駿朗プロ。
th_IMG_6151
先日、レックテニススクール府中で行われた「部活応援イベント」に登場。
学生たちと汗を流した。

「暑いでしょ?」と言うと、
「屋上は風が通るんで大丈夫です」とのこと。
まあ、プロはもっと過酷なコンディションで試合してるしね。

竹島プロは今日から始まる毎日テニス選手権に出場予定。
昨年はベスト4。
今年は優勝したいぞ。

そうそう、新規加入の正林知大プロも出場予定である。

会場は千葉市のフクダ電子ヒルスコート。
最寄り駅はJR京葉線蘇我駅です。
ぜひ応援に来てください。

ふたりとも頑張れ〜!

 

さて、こんなものが出来上がって来た。
th_IMG_6170
Team RECオリジナルソフトケースである。

ロゴは刺繍。
th_IMG_6171

ラケットを入れるとこな感じ。
th_IMG_6176

入れてみたのはこのラケット。
th_IMG_6177
以前、HEADさんにつくってもらったオーダーメイドのSPEED。

ちゃんとネームも入っている。
th_IMG_6178

th_IMG_6179

ちなみにこれはまだサンプル。
商品化、量産化するかは検討中だが、
たぶん、黒ボディに白文字バージョンも加えて制作になるかな・・たぶん。

どうでしょ?
いい感じじゃないですか。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、新メンバー加入とか。

Team RECの竹島駿朗プロが石川オープンで優勝。
th_IMG_5944

今年は好調をキープしていたが、ここで優勝。
しかも単複ダブル優勝である。
素晴らしい!

竹島プロとの付き合いはもう4年目になるのかな。
最初に会ったのは、TTC(柏フューチャーズ)だったっけ。
あれから何試合、竹島プロの試合を見てきたことか。

今回は場所とタイミングの関係で勝利の瞬間を
見届けることができなかったのは残念だが、
素晴らしい結果は本当に嬉しい限りである。

早速、竹島プロにLINE。

「写真ある?」

「あります!送ります!」

th_IMG_5945
なぜかいつもこんな感じの写真の竹島プロである。

まあ、いいか。
とにかく、おめでとう!駿朗!

次の大会は毎日テニス選手権である。
しかも会場は千葉。
これは応援に行かなければだなぁ。

同大会、昨年はベスト4。
今年は優勝しよう!

 

さて、Team RECに嬉しいニュースがもう一つ。

新メンバーの加入である。
th_67746856_2304607253202997_7654401486985625600_n
正林知大プロ。
プロデビュー2年目の若手上昇株である。
この度、あるご縁でメンバーに加わることになった。

正林プロの試合はあちこちで見ていた。
Team RECメンバーの対戦相手としてだけど。

一昨年だったかな。
ITF軽井沢の予選では竹島プロと対戦。
正林プロはまだ大学生だったと思うが、竹島プロに勝った。
戻ってきた竹島プロはかなり凹んでいたのを覚えている。

昨年の全日本予選では竹島プロがリベンジ。
まあ、そんな感じで敵味方はあれど縁があった選手なのだ。
th_67409208_2304607669869622_2627030997299888128_n

ランキングもまだこれからではあると思うが、
今回の加入を機にぜひともさらなるステップアップを期待したい。

契約手続きを終え、食事へ。
th_IMG_5970
今後の抱負なんかも聞けてよかった。

次の大会は竹島プロと同じく、毎日テニス選手権。
やっぱり応援に行かなきゃだなぁ。

これからの正林プロに期待である。
頑張れ、トモ!

応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。