カテゴリー別アーカイブ: 竹島駿朗プロ

チャームとか、毎トー&ジュニアサマーとか。

今年のテニスの日のチャームが届いた。
th_IMG_6346
写真だと分かりづらいけど、ラメっぽくていい感じ。

今年は有明でのイベントも復活予定。

オリピック仕様になった有明テニスの森で
テニスを満喫するチャンスだと思う。
ご来場お待ちしております。

ワタクシも会場のどこかに・・いるのか、いないのか。
東京実業団の一部リーグの重なってるんだよなぁ。
どうなることやら。

 

さて、昨日はスペシャルな1日の予定だった。

毎日テニス選手権で、Team RECの竹島駿朗プロ、
正林知大プロが準決勝に進出。
互いにここを勝ち切れば、毎トーでのTeam REC決勝が実現する。

ついでだけど、17歳児も同会場で千葉県ジュニアサマーのシングス予選。
つまり、所属プロと子供の試合が一度に見られるという贅沢な日だった。

ワタクシも休み予定にして準備していたのだが、
あれこれと用事が入って、結局、出勤になってしまった。

まあ、でもサラリーマンだし仕方ない。
とにかくミッションをこなさねばってことで、
両プロも準決勝を勝ち上がって、Team REC対決の決勝まで来てくれることを期待。
そして、17歳児も予選を勝ち上がって本戦に入ることを信じて、仕事へ。

ATP、ITFと違ってライブスコアは無いので、妻の実況が頼り。

「(17歳児)試合に入りました」

「竹島さん、ファーストとりました。セカンド、ブレークされました」

「正林さん、ファーストとって、セカンドもリードです」

「(17歳児)競ってる。どっちに転ぶか・・」

実況する方もきっと大忙しだっただろう。

結果、正林プロは勝利。
決勝進出。
th_DSC_7554
おめでとう!

竹島プロは残念ながらフルセットで敗退。
th_DSC_7324
うーん、残念。

で、実は両プロともダブルスもベスト4進出中。
竹島プロに「シングルスは残念。ダブルス頑張れ!」とメッセージを送る。

夕方、報告が。
両プロとも、ダブルス準決勝を勝ち上がった。

これで、ダブルスはTeam REC対決が確定。
先輩の竹島プロか。
新規加入の正林プロか。

さらにスペシャルな最終日なった。
シングルスは優勝狙うとして、
ダブルスは・・・うーん、どっちも勝ってほしいぞ。

シングス決勝、川上倫平 vs 正林知大は9時45分から。
ダブルス決勝、上杉哲平・竹島駿朗 vs 住澤大輔・正林知大は、NB12時である。

フクダ電子ヒルステニスコート、京葉線蘇我駅あ最寄り。
ぜひ応援にいたしてください。

あ、そうそう、17歳児は予選決勝、最後の最後でサービスをブレークされ、
負けてしまったが、ラッキールーザーの1番で、なんとか本戦に入れそうだ。

問題は今日は毎トーとサマージュニアの会場が違うこと。
時間は絶妙にかぶっている。
距離は3km弱。
自転車で往復かなぁ。

まあ、これも贅沢な苦労である。
みんな、頑張れよ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雨とか、毎トー初日とか。

自転車で出かけたら雨が降ってきた。
冷たくはないが、携帯やらカメラやら濡れては困るので
JEF UNITEDのサッカーアリーナで雨宿り。
th_IMG_6313

子供の頃は濡れて困るもんなんて持ってなかったから、
雨だろうがそのまま走ってたな。
特に夏はすぐに乾くしね。

竹島プロに「試合中断中?」とメールしたら、
「やってます!」と返ってきた。
テニスの試合は子供モードなのか?

 

さて、雨も小降りになったので、会場へ。

th_IMG_6315

やってる、やってる。
th_IMG_6316
小雨なのにメッチャ暑い。
そして、雨も上がり太陽が出たら、鬼のように蒸し暑い。

まずは竹島プロの試合から。
th_DSC_7041
待機中ですでに暑さにやられている。

初戦の相手は日本大学体育会の選手。
つまり竹島プロの後輩であり、コーチと選手との間柄ということ。
th_DSC_7082
こりゃ、絶対負けられない。

ファーストセットは6-2で順調に先取。
th_DSC_7091

th_DSC_7227
要所でのネットプレーが見事にハマる。

セカンドセットは序盤からもつれ気味。
th_DSC_7279

サービスを落として、取り返して、互いに主導権を握りきれずの進行。
th_IMG_6325

後半、竹島プロが要所を締めて勝利。
th_DSC_7336
先輩の貫禄を見せつけた。

試合後はアドバイス。
th_DSC_7340
ちゃんと後ろに手を組んで聞くのね。
日大はシャツをパンツインしないんだな。

とにかく良かった。
ストレートでってのも消耗を考えるといい展開だ。

試合を見ていたら、隣に人が。
th_IMG_6324
8月からTeam RECに加わった正林プロだ。
「暑くて、日陰に避難中でした。挨拶遅れてすみません」とのこと。
「無駄に消耗しないように試合まで日陰にいた方がいいよ」と、
挨拶もそこそこにリリース。

そして、正林プロのTeam RECとしての初試合。
th_DSC_7348
相手は斉藤秀選手。
鬼のように速いフォアを叩き込んでくる
日本リーグにも出場している強豪だ。

出だしは大事に行ったのか、今ひとつ乗れない感じもありつつの展開。
th_DSC_7405

th_DSC_7420
それでもファーストセットは6-2。

セカンドセットは一気に畳み掛けて5-0に。
th_DSC_7478

th_DSC_7583

th_DSC_7577

そこから、斉藤選手の怒涛のまくり。
サーブ&ボレー、リターンエース等、開き直りかと思うほどの
思い切りの良いプレーでペースをつかむ。

しかしさすがにそこから試合をひっくり返すには至らず。
th_DSC_7615

th_DSC_7706
ストレートで正林プロの勝利である。

Team RECパッチを強調して勝利の一枚。
th_DSC_7709
明日も頑張ろう。

それにしても暑い。
どれだけ水を飲んでも喉が渇く。
選手も大変だ。

週末まで残れば応援に行けるかな。
まずはそこまで頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

毎トーとか、Team RECオリジナルケースとか。

Team REC 竹島駿朗プロ。
th_IMG_6151
先日、レックテニススクール府中で行われた「部活応援イベント」に登場。
学生たちと汗を流した。

「暑いでしょ?」と言うと、
「屋上は風が通るんで大丈夫です」とのこと。
まあ、プロはもっと過酷なコンディションで試合してるしね。

竹島プロは今日から始まる毎日テニス選手権に出場予定。
昨年はベスト4。
今年は優勝したいぞ。

そうそう、新規加入の正林知大プロも出場予定である。

会場は千葉市のフクダ電子ヒルスコート。
最寄り駅はJR京葉線蘇我駅です。
ぜひ応援に来てください。

ふたりとも頑張れ〜!

 

さて、こんなものが出来上がって来た。
th_IMG_6170
Team RECオリジナルソフトケースである。

ロゴは刺繍。
th_IMG_6171

ラケットを入れるとこな感じ。
th_IMG_6176

入れてみたのはこのラケット。
th_IMG_6177
以前、HEADさんにつくってもらったオーダーメイドのSPEED。

ちゃんとネームも入っている。
th_IMG_6178

th_IMG_6179

ちなみにこれはまだサンプル。
商品化、量産化するかは検討中だが、
たぶん、黒ボディに白文字バージョンも加えて制作になるかな・・たぶん。

どうでしょ?
いい感じじゃないですか。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、新メンバー加入とか。

Team RECの竹島駿朗プロが石川オープンで優勝。
th_IMG_5944

今年は好調をキープしていたが、ここで優勝。
しかも単複ダブル優勝である。
素晴らしい!

竹島プロとの付き合いはもう4年目になるのかな。
最初に会ったのは、TTC(柏フューチャーズ)だったっけ。
あれから何試合、竹島プロの試合を見てきたことか。

今回は場所とタイミングの関係で勝利の瞬間を
見届けることができなかったのは残念だが、
素晴らしい結果は本当に嬉しい限りである。

早速、竹島プロにLINE。

「写真ある?」

「あります!送ります!」

th_IMG_5945
なぜかいつもこんな感じの写真の竹島プロである。

まあ、いいか。
とにかく、おめでとう!駿朗!

次の大会は毎日テニス選手権である。
しかも会場は千葉。
これは応援に行かなければだなぁ。

同大会、昨年はベスト4。
今年は優勝しよう!

 

さて、Team RECに嬉しいニュースがもう一つ。

新メンバーの加入である。
th_67746856_2304607253202997_7654401486985625600_n
正林知大プロ。
プロデビュー2年目の若手上昇株である。
この度、あるご縁でメンバーに加わることになった。

正林プロの試合はあちこちで見ていた。
Team RECメンバーの対戦相手としてだけど。

一昨年だったかな。
ITF軽井沢の予選では竹島プロと対戦。
正林プロはまだ大学生だったと思うが、竹島プロに勝った。
戻ってきた竹島プロはかなり凹んでいたのを覚えている。

昨年の全日本予選では竹島プロがリベンジ。
まあ、そんな感じで敵味方はあれど縁があった選手なのだ。
th_67409208_2304607669869622_2627030997299888128_n

ランキングもまだこれからではあると思うが、
今回の加入を機にぜひともさらなるステップアップを期待したい。

契約手続きを終え、食事へ。
th_IMG_5970
今後の抱負なんかも聞けてよかった。

次の大会は竹島プロと同じく、毎日テニス選手権。
やっぱり応援に行かなきゃだなぁ。

これからの正林プロに期待である。
頑張れ、トモ!

応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コーナーとか、Team REC Tシャツとか。

テニス漫画「BREAKBACK」コーナーがRECテニススクール各校に増殖中。

作者のkASA先生から送っていただいた
サイン入りの複製原画と一緒にコミックが置いてある。

こちらは、NEOインドアテニススクール西新井
th_IMG_4918

こちらは、高島平インドアテニススクール
th_IMG_5084

これはRECテニススクール府中ね。
th_IMG_5074

バナーも作成し、HPリンクも貼ってある。
th_BBbanner01

現在4巻まで発売中。
テニスをする方ならなおさらの読み応えの作品。
ぜひお読みください。

BREAKBACK x Team RECのコラボ企画とか出来ないかな。
KASA先生に相談してみようか。

 

さて、今年もこの季節がやってきた。
って、まあまあバラバラな時期での企画だけど・・。

そう、Team REC Tシャツ2019年モデルの発表である。

今年の基本デザインはこちら。
th_拡大1
メインロゴは2種類。
袖におなじみの09ロゴを配してある。

09ロゴは今回若干アレンジしてみたが、
なかなかいい感じに仕上がったと思う。

ボディも2タイプ。
TシャツとロンTである。

Tシャツをつくれば「ロンTないの?」と聞かれ、
ロンTをつくると「今度、Tシャツいつ?」と聞かれることが多いので、
今回は同時発売にさせていただいた。
これで文句ないっすよね。

 

カラーはこんな感じ。
th_スクリーンショット 2019-06-13 7.35.16

実はこれも毎回あれこれご意見をいただく。

「ねえねえ、女性のこと考えないで色決めてるでしょ」
いつもTeam RECの応援にきてくださる女子のみなさん、なかなか辛口である。
図星なんだけど。

そんなわけで、今回は女性目線も取り入れてのカラー展開。
どうすか?これで。

このTeam REC Tシャツは現在、RECテニススクール全校で予約受け付け中。
多少多めには作る予定ではいるが、在庫分はいつもあっという間になくなってしまう。
確実に手に入れたい方は、6月23日までに各校フロントへどうぞ。

 

さらに、毎夏恒例の実業団団体戦ビジネスパル
昨年の全国大会で準優勝だったので、
今年8月の松山市での全国大会にストレートイン。

で、恒例のビジパルメンバー用のTeam REC Tシャツをつくる。
th_スクリーンショット 2019-06-13 7.33.57

初のカモフラ柄に背中に09ロゴ。
なかなかカッコイイ。

スタッフに見せたら、「ビジパルメンバーだけなんてずるい。欲しいっす」の声多数。
急遽、スタッフからも受注を取ることにした。
在庫が足りるのか心配だけど。

ちなみにこのバージョン、ボディは別確保なので一般販売は無し。
ごめんなさい。

そんなこんなで、カラバリ豊富なTeam REC Tシャツ、絶賛受け付け中です。
お申し込みは各校フロントまで。

これを着てぜひ松山に応援に来てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝とか、家とか。

最近好調の関口周一プロがITF香港で決勝進出。
相手は今井選手だ。

休日だったのでライブスコアで応援しつつ念を送ったのだが、
残念ながらストレートで敗退。

ほどなくしてメッセージ。
「写真ある?」と聞いたら「あります!」と数枚送ってくれた。

th_62258287_595615250960415_2960559427154870272_n

th_62200636_465896177520128_3743247908963614720_n

th_62126330_536088456919498_6837048727857790976_n

th_62063711_2189895431231207_7277853101325811712_n

th_62004833_476249636445009_7909643280193683456_n

なぜかラーメン(?)の写真も。
th_62118381_2297735157221343_2201890073207635968_n
「会場の隣にあって、メッチャうまいんです」って、行けないわっ!

とにかく今週も勝ち上がって良かった。
ITFランキングも急上昇だし、
ATPチャレンジャーに手がかかるところまで来た。
頑張れ!周一。

ちなみにTeam RECの竹島駿朗プロ、守谷総一郎プロは
今週、ITF昭島(昭和の森テニスクラブ)に出場予定。
ぜひ応援お願いします!

 

さて、何とか実現した日帰り帰省
家のこと、仕事のこと、親のこと、自分たちのことなど、あれこれ話し、聞いた。
th_IMG_2730221

さすが我が親、あれこれ考えていて、
自分たちに何かあった場合の葬儀のことまで決めてあった。

うむー、さすがである。

兄弟もいるので勝手に決めるわけにもいかないが、
親が自分で決めたことならそれはそれで尊重しないと。

家のこと、仕事のこと。
そんなことも考えなければいけない時期なのね。

仕事のことも細かく聞いたのは初めてだった。
貸金庫、初めて見たぜ。
ちなみに銀行さんとの付き合いで借りたってことで
特に財産があるわけではない。

ひと通りの話を終えて、クルマを借りて妻とドライブがてら話すことに。
th_IMG_2735

慣れていないクルマで窓の曇り取りすら四苦八苦。
th_IMG_2737
よく分からん。

 

母親はワタクシが大学で家を出るまでは、家で洋裁の内職をしていた専業主婦。
たくさんの苦労をしながら自分の仕事をつくっていった。
おそらく50歳の頃じゃないだろうか。

現在は、クルマで講演会場に乗り付け、
数百人の前でパワーポイントを使って講演もしているらしい。
いい歳だが、仕事も遊びもいまだ現役。
きっと遊びもできるようになったのは、ずっと後のことなのだろうと思う。
たいした人である。

そんなことを話しながら戻ると、雨が雪に変わっていた。
th_IMG_2746

そろそろ帰ろうと食事がてら駅まで送ってもらう。
th_IMG_2753

色々考えること、やることがあるなぁ。
th_IMG_2758
また来ます。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、G360 RADICAL Sインプレとか。

第95回 関西オープンテニス選手権大会において、
竹島駿朗プロがダブルス優勝!
IMG_4649
パートナーは菊池玄吾プロ。
昔から組んでいる鉄壁コンビである。

第一シードを守っての優勝、素晴らしい!
おめでとう!駿朗、玄吾。

ちなみに竹島プロが送ってくれた写真、
上のちゃんとしたものはとても解像度が低く
もう一枚の高解像度画像はこちら。
IMG_4650
なんでこっちが高画質?
こっちを使って欲しかったのかな。

 

さて、4月に発売になったHEAD G360 RADICALシリーズ。

先週末からスタートしたREC各校のラケットキャンペーンにも
試打ラケットが揃っているので、ぜひお試しいただきたい。

ということでインプレ。

HEAD G360 RADICAL S
th_233939_Graphene_360_Radical_S_xxx_1

■フェイスサイズ:102平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:22-25-23mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2
■価格:31,000円(税抜)
th_IMG_3638

本シリーズ中、唯一のフレーム形状が違うのがSである。

ウエイトは280g、フェイスサイズは102平方インチと
扱いやすいパワー系に振ってある。

このSモデルはどのシリーズにおいても、痒いところに手がとどく絶妙な位置付け。
もうちょっと軽ければ・・・、もうちょっと飛んだらという
微妙なもうちょっとをカバーしてくれるのだ。

ということで、試打してみた。

th_IMG_3640

打ちやすい!
うーん、なんというか全体にソフト。

実は今回のG360 RADICAL、フレーム剛性が上がったのか、
攻撃的で良いという意見と、硬いという意見がある。

剛性が上がったという意味ではどちらの意見もあっていて、
感じ方、表現の違いなのだろうが、確かに人によっては
「硬くてしんどい」と思うかもしれない。

そういう意味ではこのSがその溝を埋めてくれるモデルだと思う。

フェイスサイズのわずかなアップが、飛びとソフト感を作ってくれる。
MP、PROのドライな剛性感よりも若干ソフトにボールを捉え、
気持ちよく弾き出してくれる。

全体にほんのわずかなマイルド感は扱いやすさを生み出し、
RADICALのオールラウンド差を際立たせている。

スピンも自然なスイングでちゃんとかかる。
ヘビースピンはそれなりに振る必要があるが、
ラリーの引き合いでは無理せずとも適度なトップスピンがかかり、
安心感をもたらしてくれる。

th_IMG_3639

ボレーも自然な飛び。
押し込む意識を強く持たなくとも、
フェイスがボールをホールドし、飛ばしてくれる。

ネットでの扱いやすさと飛び。
ダブルス中心のプレーヤーには恩恵が大きいと思う。

サービスはスピン系はもう少しキレが欲しいかなと思ったが、
素直に回転がかかるため、安心感は大きい。

ウエイトが軽めで極端なトップヘビーではないので、
自分からそれなりに振っていくことも必要かもしれない。

全体には非常に扱いやすいラケットだ。
RADICALいいけど、PROは無理!MPもちょっとなぁと思ったら、
ぜひこのSを手にとって欲しい。

とにかくこのS設定、絶妙です。
お試しあれ。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東京オープンとか、主将とか。

th_banar

 

竹島駿朗プロが東京オープンテニスにて、
シングルスベスト4、ダブルスで準優勝!
th_IMG_3136
準決勝の日、ようやく応援に行けたが、
会場の都合か撮影禁止で写真は無し。

とにかくよく頑張った!
おめでとう!

 

さて、今年の春季リーグ、レック興発東京チームの主将である。
th_DSC_1355
チームの牽引役、そしてムードメーカー、それが平田主将だ。

この日もウォーミングアップから、
度肝を抜くカラーコーディーネートで、
皆の緊張を解く気遣いの男、平田主将。
th_IMG_3039

そして今季も平田劇場の予感。
th_DSC_1552

th_DSC_1528

th_DSC_1531

ファイティングスピリットと笑いの高次元融合。
th_DSC_1480

th_DSC_1457

もちろん、締めるとこはキッチリ締めて勝利に貢献。
th_DSC_1445

もうちょびっと身体絞りますかね。
th_DSC_1394

今大会はヘディングボレーもなかったし、
どチャンスボールでボールではなくラケットを飛ばすこともなかったが、
とにかく目が離せない男、それが平田主将。

彼が主将ならこのチームは大丈夫。
明るく前向きに戦えるだろう。
今季も頼りにしてます!

ということで、次の対戦は4月21日(日)19時から。
会場は高島平インドアテニススクールなので見学自由です。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

空き時間とか、リフトバックとか。

日本リーグにて。

選手はチームの試合がない時はなにしてるのか。
th_IMG_2083

th_IMG_2082
ゲームだな、これは。

試合後、ケアを受けながら。
th_IMG_2117

だいたいゲームかインスタかって感じ。
th_IMG_2118
ちなみに何のゲームかはわからない。

試合前は皆、自分の世界で、けっこうピリピリしてるんだけど、
試合が終わると今時の若者たちになるのだ。

 

さて、トヨタ・ヒストリカルガレージ第2弾。
DSC_2450

DSC_2449
昭和30年代生まれはこれだけで何か分かるはず。

そう、トヨタセリカ・リフトバック2000GTである。
DSC_2445

とにかくカッコ良かった。
この手のクルマだとギャランGTOと双璧なイメージがあるが、
セリカのほうが高級車っぽい感じがして好きだった。

TVでは「太陽にほえろ!」の殿下も乗ってたっけ。
島公之役の小野寺昭さんの育ちの良さそうな雰囲気も相まって
「カッコいいのに高級車」のイメージがついた気がする。
DSC_2448

DSC_2447

調べてみたら、当時の価格で120万円くらい。
カローラが50万円くらいだから、やっぱり高級車だ。

そういえば、子供の頃は家族で出かけると、
走る車を見て車種名を我先に叫ぶのが遊びだった。

「パブリカ!」
「ランサーセレステ!」
「チェーリーGX!」
「キャロル!」
「マークツー!」
「ローレル!」
「カリーナ!」

カリーナって言えば、千葉ちゃん(千葉真一)だったなぁ。
ローレルって言えば、「おっお〜、ローレル♪」ってCM。
うーん、懐かしい。

子供達も車の名前、たくさん知ってた。
それだけクルマが憧れの時代だったんだよね。

前にも書いた気がするけど、家に来た初めてのクルマは、スバル360だった。
そして、スバルR2〜カローラ〜スプリンターだったかな。
あとはよく覚えてない。

ちなみに現在、我が実家には、アルファード、メルセデス、
そして軽トラックがある。(農家じゃないよ)
どういう変遷なのだ?

最近の子供たちはクルマの名前なんて知らないんだろうなぁ。
時代は変わった・・・。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、修理とか。

テニス日本リーグ、ありがとう動画が出来た。

思い出しつつ、感謝しつつ観た。
皆様もぜひご覧ください。

 

さて、SSD換装大作戦に失敗し、起動しなくなったiMac。
th_IMG_1760

あれこれ調べても打開策が出てこない。
基本は自分で直したいと思うも、基盤系だとどうしようもない。

とりあえず、どこが悪いのか診断だけでもしてもらおうと、
以前にMac miniをフュージョンドライブ化してもらった
マック専門修理店「愛Mac」にメール。
(すごい名前だが腕は確か)

この店、診断は無料。
原因を探し見積もりが出た時点で修理をお願いするかを決めれば良い親切店。

まずはメールでコンタクト。
iMacを店に送り込むことになったのだが、
大きすぎて普通の宅配便では送れないとのこと。

愛Macに聞くと、「少々高いですが、家財便でおくってください」とのこと。
梱包もしてくれ、保険にも入ってくれるそう。

数日後、家財便で送り出す。
3,000円高いぜ。

さらに数日後、メール。

「ロジックボードの故障です。36,800円かかります」

やっぱり作業途中で何らかのミスがあったのだろう。
とはいえ、動きもおかしくなっていたし、
何れにしてもこのままってわけには行かなかったので
修理をお願いした。

待つこと数日。
「修理完了しました。家財便で送ります」との連絡。

最初から頼めば良かったって話もあるが、
とにかく直って良かった。

SSDにOSも入れてくれって頼んでおいたし、
戻ってきたらサクサク快適に動くはず。
楽しみだぜ。

・・と、実はこの先、まだまだ長い道のりが待っているとは想像だにしていなかった。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。