カテゴリー別アーカイブ: 竹島駿朗プロ

優勝!とか、G360 RADICAL Sインプレとか。

第95回 関西オープンテニス選手権大会において、
竹島駿朗プロがダブルス優勝!
IMG_4649
パートナーは菊池玄吾プロ。
昔から組んでいる鉄壁コンビである。

第一シードを守っての優勝、素晴らしい!
おめでとう!駿朗、玄吾。

ちなみに竹島プロが送ってくれた写真、
上のちゃんとしたものはとても解像度が低く
もう一枚の高解像度画像はこちら。
IMG_4650
なんでこっちが高画質?
こっちを使って欲しかったのかな。

 

さて、4月に発売になったHEAD G360 RADICALシリーズ。

先週末からスタートしたREC各校のラケットキャンペーンにも
試打ラケットが揃っているので、ぜひお試しいただきたい。

ということでインプレ。

HEAD G360 RADICAL S
th_233939_Graphene_360_Radical_S_xxx_1

■フェイスサイズ:102平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:22-25-23mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2
■価格:31,000円(税抜)
th_IMG_3638

本シリーズ中、唯一のフレーム形状が違うのがSである。

ウエイトは280g、フェイスサイズは102平方インチと
扱いやすいパワー系に振ってある。

このSモデルはどのシリーズにおいても、痒いところに手がとどく絶妙な位置付け。
もうちょっと軽ければ・・・、もうちょっと飛んだらという
微妙なもうちょっとをカバーしてくれるのだ。

ということで、試打してみた。

th_IMG_3640

打ちやすい!
うーん、なんというか全体にソフト。

実は今回のG360 RADICAL、フレーム剛性が上がったのか、
攻撃的で良いという意見と、硬いという意見がある。

剛性が上がったという意味ではどちらの意見もあっていて、
感じ方、表現の違いなのだろうが、確かに人によっては
「硬くてしんどい」と思うかもしれない。

そういう意味ではこのSがその溝を埋めてくれるモデルだと思う。

フェイスサイズのわずかなアップが、飛びとソフト感を作ってくれる。
MP、PROのドライな剛性感よりも若干ソフトにボールを捉え、
気持ちよく弾き出してくれる。

全体にほんのわずかなマイルド感は扱いやすさを生み出し、
RADICALのオールラウンド差を際立たせている。

スピンも自然なスイングでちゃんとかかる。
ヘビースピンはそれなりに振る必要があるが、
ラリーの引き合いでは無理せずとも適度なトップスピンがかかり、
安心感をもたらしてくれる。

th_IMG_3639

ボレーも自然な飛び。
押し込む意識を強く持たなくとも、
フェイスがボールをホールドし、飛ばしてくれる。

ネットでの扱いやすさと飛び。
ダブルス中心のプレーヤーには恩恵が大きいと思う。

サービスはスピン系はもう少しキレが欲しいかなと思ったが、
素直に回転がかかるため、安心感は大きい。

ウエイトが軽めで極端なトップヘビーではないので、
自分からそれなりに振っていくことも必要かもしれない。

全体には非常に扱いやすいラケットだ。
RADICALいいけど、PROは無理!MPもちょっとなぁと思ったら、
ぜひこのSを手にとって欲しい。

とにかくこのS設定、絶妙です。
お試しあれ。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東京オープンとか、主将とか。

th_banar

 

竹島駿朗プロが東京オープンテニスにて、
シングルスベスト4、ダブルスで準優勝!
th_IMG_3136
準決勝の日、ようやく応援に行けたが、
会場の都合か撮影禁止で写真は無し。

とにかくよく頑張った!
おめでとう!

 

さて、今年の春季リーグ、レック興発東京チームの主将である。
th_DSC_1355
チームの牽引役、そしてムードメーカー、それが平田主将だ。

この日もウォーミングアップから、
度肝を抜くカラーコーディーネートで、
皆の緊張を解く気遣いの男、平田主将。
th_IMG_3039

そして今季も平田劇場の予感。
th_DSC_1552

th_DSC_1528

th_DSC_1531

ファイティングスピリットと笑いの高次元融合。
th_DSC_1480

th_DSC_1457

もちろん、締めるとこはキッチリ締めて勝利に貢献。
th_DSC_1445

もうちょびっと身体絞りますかね。
th_DSC_1394

今大会はヘディングボレーもなかったし、
どチャンスボールでボールではなくラケットを飛ばすこともなかったが、
とにかく目が離せない男、それが平田主将。

彼が主将ならこのチームは大丈夫。
明るく前向きに戦えるだろう。
今季も頼りにしてます!

ということで、次の対戦は4月21日(日)19時から。
会場は高島平インドアテニススクールなので見学自由です。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

空き時間とか、リフトバックとか。

日本リーグにて。

選手はチームの試合がない時はなにしてるのか。
th_IMG_2083

th_IMG_2082
ゲームだな、これは。

試合後、ケアを受けながら。
th_IMG_2117

だいたいゲームかインスタかって感じ。
th_IMG_2118
ちなみに何のゲームかはわからない。

試合前は皆、自分の世界で、けっこうピリピリしてるんだけど、
試合が終わると今時の若者たちになるのだ。

 

さて、トヨタ・ヒストリカルガレージ第2弾。
DSC_2450

DSC_2449
昭和30年代生まれはこれだけで何か分かるはず。

そう、トヨタセリカ・リフトバック2000GTである。
DSC_2445

とにかくカッコ良かった。
この手のクルマだとギャランGTOと双璧なイメージがあるが、
セリカのほうが高級車っぽい感じがして好きだった。

TVでは「太陽にほえろ!」の殿下も乗ってたっけ。
島公之役の小野寺昭さんの育ちの良さそうな雰囲気も相まって
「カッコいいのに高級車」のイメージがついた気がする。
DSC_2448

DSC_2447

調べてみたら、当時の価格で120万円くらい。
カローラが50万円くらいだから、やっぱり高級車だ。

そういえば、子供の頃は家族で出かけると、
走る車を見て車種名を我先に叫ぶのが遊びだった。

「パブリカ!」
「ランサーセレステ!」
「チェーリーGX!」
「キャロル!」
「マークツー!」
「ローレル!」
「カリーナ!」

カリーナって言えば、千葉ちゃん(千葉真一)だったなぁ。
ローレルって言えば、「おっお〜、ローレル♪」ってCM。
うーん、懐かしい。

子供達も車の名前、たくさん知ってた。
それだけクルマが憧れの時代だったんだよね。

前にも書いた気がするけど、家に来た初めてのクルマは、スバル360だった。
そして、スバルR2〜カローラ〜スプリンターだったかな。
あとはよく覚えてない。

ちなみに現在、我が実家には、アルファード、メルセデス、
そして軽トラックがある。(農家じゃないよ)
どういう変遷なのだ?

最近の子供たちはクルマの名前なんて知らないんだろうなぁ。
時代は変わった・・・。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、修理とか。

テニス日本リーグ、ありがとう動画が出来た。

思い出しつつ、感謝しつつ観た。
皆様もぜひご覧ください。

 

さて、SSD換装大作戦に失敗し、起動しなくなったiMac。
th_IMG_1760

あれこれ調べても打開策が出てこない。
基本は自分で直したいと思うも、基盤系だとどうしようもない。

とりあえず、どこが悪いのか診断だけでもしてもらおうと、
以前にMac miniをフュージョンドライブ化してもらった
マック専門修理店「愛Mac」にメール。
(すごい名前だが腕は確か)

この店、診断は無料。
原因を探し見積もりが出た時点で修理をお願いするかを決めれば良い親切店。

まずはメールでコンタクト。
iMacを店に送り込むことになったのだが、
大きすぎて普通の宅配便では送れないとのこと。

愛Macに聞くと、「少々高いですが、家財便でおくってください」とのこと。
梱包もしてくれ、保険にも入ってくれるそう。

数日後、家財便で送り出す。
3,000円高いぜ。

さらに数日後、メール。

「ロジックボードの故障です。36,800円かかります」

やっぱり作業途中で何らかのミスがあったのだろう。
とはいえ、動きもおかしくなっていたし、
何れにしてもこのままってわけには行かなかったので
修理をお願いした。

待つこと数日。
「修理完了しました。家財便で送ります」との連絡。

最初から頼めば良かったって話もあるが、
とにかく直って良かった。

SSDにOSも入れてくれって頼んでおいたし、
戻ってきたらサクサク快適に動くはず。
楽しみだぜ。

・・と、実はこの先、まだまだ長い道のりが待っているとは想像だにしていなかった。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビジョンとか、感謝!とか。

横浜国際プールのビジョン。
DSC_2330
東京体育館と比べると若干粗い。
渾身のチーム紹介動画だったんだけど、ちょっと残念。

 

さて、そんなわけで今年の日本リーグは幕を閉じた。

結果は5位。

竹島プロの怪我や様々なアクシデントを思えば、
予選リーグを戦い抜き、決勝トーナメントに進出し
5位に入れたのは素晴らしい結果だと思う。

メンバーもカツカツの苦しい状況でも
全員で全力で戦えたのも財産だ。

DSC_7684

毎年、様々なドラマがあって結果がある。
3ヶ月間に及ぶチーム戦ならではのドラマってことなんだろう。

今年の決勝大会は横浜、2日目は順位戦&雪ってこともあって、
足を運んでいただけなかった方も多かったかもしれない。
しかし初日も2日目も熱い応援をいただいたことに感謝したい。

DSC_7698
選手たち、スタッフはもちろんだが、
応援してくださる皆様も一緒にチームでありたい。
それがTeam RECのポリシー。
それを感じられる場のひとつが日本リーグでもある。

選手たちも背中を押してもらってさらに力を出せたと思う。
本当にありがとうございました。

最後に嬉しいことが。
DSC_7739
関口プロが、日本リーグ40勝の表彰をいただいた。

おめでとう!
DSC_7742

戦いを終え、選手たちはそれぞれの場所に向かった。
DSC_7749

プロメンバーは京都での大会である。
コーチ、ワタクシたちスタッフはスクールへ。

それぞれの場所で頑張って、力をつけてまた集まろう。
そして来年は最終日のコートに立とう。

We are Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満腹とか、ダブルスとか。

日本リーグ前夜。
メンバーでの決起食事会を終え、二軒目へ。
IMG_1987

駅の裏手にあるいい雰囲気のバー。
IMG_1986
バーボンソーダが美味しい。

軽く飲んでホテルに戻ろうとしたのだが、
DRKさんが「ラーメン食べましょう」と言う。
「もう食べられないっす」と断ったのだが、
「ならば」と回転寿しへ連行された。

IMG_1991

DRKさん、頼みすぎです。
もう食べられませんぜ。

 

さて、そんな日本リーグの順位決定戦。
シングルスで2勝し、チームの勝利が決まった。

いよいよ最後はダブルス。
佐藤一平、井原力のコーチペアの登場だ。

とにかくこの2人で勝利を挙げたい。
それがワタクシたちの悲願でもある。
二人とも頑張れ!

DSC_2327
対戦するのは、小野田プロ、藤井プロのペア。
相手はプロだが全力でぶつかるのみだ。

序盤、いい感じで出だしで競る。
DSC_7429

DSC_7484

DSC_7596

しかし勝負所で突き放されてファーストセットを落とす。

悪い感じじゃない。
勝負になっている。
粘って思い切りよく全力でいけば何とかなるぞ。

セカンドセット。
DSC_7533

DSC_7573

DSC_7593

サービスゲームのブレークに成功。
よし!このまま一気に行こう。
DSC_7650

DSC_7664

DSC_7654

と思ったらブレークバック。
うーん、甘くないな、やっぱり。

とうとうタイブレークに突入。
離されそうになるところを必死で食らいつく。
DSC_7634
が、しかし最後は地力に勝る相手ペアが取り切った。

いやぁ、惜しかった。
もうちょっとなんだけどなぁ。

でも毎試合よくなっている。
参戦1年目とは確実に違っている。
あと一歩、突き抜ける何かが欲しい。

来年に向けてまた頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

決起集会とか、勝利!とか。

テニス日本リーグ、試合前夜はチーム全員で決起食事会。
恒例のイタリアンだ。
IMG_1984
このお店、美味しいしボリュームもある。

ワインが美味しいのもポイント高し。
あ、選手はノンアルコールだ。

食事を終え、店の前で1枚。
IMG_1985
この後、選手たちはサーティーワンへ。(たぶん)
アイスクリームを食べながらミーティングをするらしい。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメント。
準々決勝で敗れてしまい、順位決定戦に回ったTeam REC。

対戦するのは、あきやま病院さん。
実は予選リーグでも対戦し、敗れている相手。
今回は何としてでもリベンジしたいところである。

まずはシングルス2、守谷選手。
DSC_6929
対戦相手は小倉選手。
予選リーグと一緒だ。

試合開始。
DSC_6999

良い立ち上がりで小倉選手を突き放していく。
DSC_7013

DSC_7085

応援団も力が入る。
DSC_7010

ベンチコーチには竹島プロ。
DSC_7009

ファーストセットを取り、セカンドセットも主導権を握る。

DSC_7126
そして勝利!

頼れる先鋒、守谷プロである。
IMG_2113
お疲れ様!

さあ、王手をかけた。
次で一気に決めたい。

シングルス1の関口周一選手登場。
DSC_7140

対戦相手は川上選手。
DSC_7226
予選リーグでは関口選手に勝っている。
ここでリベンジしておきたい相手だ。

DSC_7236

押される場面もありつつリードを守る。
DSC_7249
完全にはずしてるな、このショット。

ファーストセットを取り、徐々に相手を追い詰める。
DSC_7214

DSC_7202
いい雰囲気である。

DSC_7266

DSC_7279

徐々に気合マックス。
DSC_2313
そして勝利!

チームの勝利を見事決めてくれた。
DSC_2321
ありがとう!周一。

さあ、あとはコーチペアのダブルスだ。
最後も勝って締めよう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援とか、試合開始とか。

テニス日本リーグの応援席。
IMG_2001

IMG_2007

IMG_2004
年々グレードアップというか工夫が凝らされていく。
スタッフ皆の協力の賜物である。

試合中はコートにいるのであまり関われないのだが、
制作班も受付班もいつもありがとうございます。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメントである。
毎年熾烈な予選リーグを勝ち抜いてこの場所に立てている。
今年もけっこう大変だったが、何とかたどりついた。

そしていよいよ決戦の日である。
対戦するのはイカイさん。
反対ブロックの1位チームだ。

当然、とても強いが、こちらも戦力を揃えている。
全力でぶつかるのみである。

51769728_2182876252042765_2511443905422032896_n

試合開始。
まずはシングルス2、守谷総一郎選手。
51633377_2182876332042757_4038116487783776256_o

対戦相手は今井選手。
51616531_2182876485376075_59552371553861632_o
正直あまり対戦成績は良くないが、
互いにプロなのでなにがあるかは分からない。

・・・はずなのだが、なんとファーストセットを0-6で落としてしまう。
どうした総一郎。

セカンドセット、若干持ち直す。
51768479_2182876432042747_1067567761267359744_o

井原選手も心配そう。
51489588_2182876415376082_138390778354335744_n

51161226_2182876342042756_3795721173686288384_o

しかしセカンドセットも落とし敗退。
今日は守谷選手の日ではなかったようだ。

もう一試合も落とせない。
続いて、シングルス1、関口周一選手。
51544733_2182876665376057_1921237428115341312_o

相手はケビン・キング選手。
メッチャ身長の高いサウスポー。
サービスがえげつない。

ファーストゲームをいきなりブレークした。
悪くないぞ。
51644406_2182876692042721_2290817332416610304_o

51917025_2182876822042708_3920031112214085632_n

しかしブレークバックされたりと試合は一進一退。
というか、徐々に追い込まれファーストを落とす。
51818566_2182876915376032_4589471953651236864_o

セカンドセットも先にサービスブレーク。
51733918_2182876888709368_1796617264099753984_n

しかしまたブレークバック。
51718701_2182876855376038_5233406186908286976_n

セカンドセットはタイブレークに突入。
51461781_2182876745376049_7373560636426420224_o

リードした!いける!
51508105_2182876938709363_2798977002223173632_n

しかしここから怒涛の巻き返しにあう。
最後はダブルフォルトで力尽きた。
残念、Team REC敗退である。

こうなったらダブルスで一矢報いたい。
竹島駿朗選手、佐藤一平選手登場。
51516003_2182877012042689_6966467366775422976_o

51670552_2182877118709345_2312536372147126272_o

相手は本村選手、小野澤選手。
51502878_2182877288709328_1854410206595776512_n

応援団も必死の応援。
50458284_2182876518709405_1747749486983118848_n

何とか頑張ってほしいところだが、勢いのついた相手は強かった。
51593584_2182877202042670_4115863861221916672_o

51622312_2182877318709325_3741443318324658176_n

51588543_2182877178709339_6348408567720050688_n

ストレートで押し切られて敗退。
51415143_2182877378709319_7502426272534888448_n

残念ながら風を起こすことは出来なかった。
これも勝負、仕方がない。

明日は順位戦の臨むことになる。
最後まで全力で戦おう!
51998034_2182877422042648_3276945435645706240_n

たくさんの応援、ありがとうございました!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

集合とか、練習とか。

いよいよ日本リーグ決勝トーナメント。
行きしなにちょっとアクシデントもありつつ会場入り。

それぞれに公式練習に備える。
51316399_2182181248778932_7807857391411658752_n

51760233_2182181335445590_2635103615965986816_o

51805328_2182181325445591_5988089261449019392_n

男前の守谷プロ。
52130091_2182181262112264_5005258108260319232_o
「真剣な顔で何見てるの?」

「マンガ読んでました」

マンガかよっ!
やはり若者である。

ミーティング。
51538837_2182181215445602_613366306766323712_n
意思統一と気合注入。

 

さて、そんなことをしているうちに練習時間になった。
周りを見渡せば強豪チームの皆さん。
まあ、決勝だから当たり前だ。
51768505_2182181428778914_5578776653347160064_n

51762303_2182180908778966_4246546633568813056_n

51338574_2182181078778949_1691557386172497920_n

51290731_2182181022112288_311431570441371648_n

51346017_2182181542112236_300942796448071680_o

51544744_2182181558778901_5852364386475180032_n

DSC_6054

ピリッとしつつもリラックスした良い雰囲気である。
DSC_6126

準備は整った。
相手は強いが全力で勝ちに行こう!

応援よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

来社とか、いよいよ前日とか。

final

 

関口プロから電話。

「会社に寄っていいっすか?」

「いいよ。なに?」

「領収書持って行きます」

ということで、日本リーグに向けてとか、あれこれ話す。
IMG_1787

「勝ちたいねぇ」

「勝ちたいっす」

「勝とうな」

「はい。全力でいきます」

決戦はもうすぐ。
頑張ろう。

一緒に食事でもと思ったけど、
全然仕事が終わってなくて誘えなかった。
ごめん、また今度。

 

さて、そんなTeam RECもいよいよ正念場。
明日からテニス日本リーグ・決勝トーナメントである。
今日は会場入りして前日練習。

昨日はチームの備品をあちこちで積み込みつつ準備。
応援グッズ、応援席ディスプレイなど、スタッフ皆で準備した。
選手だけでなく、本社スタッフ、スクールスタッフ総出で応援体制である。
そう、それがTeam RECなのだ。

ということで、ようやく帰宅して気づいた。
自分の準備が何も出来ていない。

とりあえずバッグ類を出してみた。
IMG_1911
カメラバッグ、キャリーケース、バックパック。
この時点でどれも中身はカラである。(涙)

まあ、兵庫じゃないし、何かあれば帰ればいいよね。(開き直り)

とにかく総力戦で臨むのみ。
勝負に絶対はない。
選手、お客様、コーチ、スタッフ、皆で戦おう。

決勝トーナメント

皆んなでTeam REC魂を見せましょう!
応援よろしくお願いいたします。

ああ、準備しなきゃ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。