カテゴリー別アーカイブ: 菊池玄吾プロ

春とか、準優勝とか。

(得意の)いちおうオフなので、長めのラン。
IMG_6169
暖かくなってきた。
汗もかくし、手も冷たく無いし、いい季節になってきた。

何より、走り出しで日が昇っているのがありがたい。
少し目が痒かったりもするけど、やっぱり春はいいなぁ。

 

さて、三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際テニストーナメント。

竹島プロ・菊池プロのペアがダブルス決勝に勝ち上がった。
本来の予定だと、甲府フューチャーズ予選で戦う竹島プロを
応援に行く予定だったが、うれしいスケジュール変更である。

決勝はBGMとアナウンスとともにコートに呼び込まれる。
17389013_1741619186168476_3478164409721208216_o

対戦相手は、仁木選手・上杉選手ペア。
IMG_6185
強豪である。

トスに勝ってレシーブを選んだ竹島・菊池。
17361508_1741618386168556_8896996302529601113_n
試合はファーストゲームから相手サービスをブレークして始まった。
立ち上がりの調子が上がらないところを叩く作戦が当たった。

序盤、リードするも徐々にイーブンペースに。
17359373_1741619279501800_8226654165682531401_o
気合のプレーが続くも、タイブレークで落とす。

セカンドセット。
17349959_1741618262835235_2174737259793192879_o
いきなりビハインドの序盤。

しかし何とかブレークバック。
17349893_1741618529501875_5066456775687378933_o
またタイブレークに突入。

そして勝負どころを押さえてセカンドセットを取る。
17389087_1741618639501864_5620169231054203738_o

いい流れでファイナルセット、10ポイントタイブレークへ。
17358790_1741618742835187_4550741824028940341_o
ここで上杉選手、仁木選手がギアアップ。
序盤から引き離しにかかる。

必死で巻き返しをはかるも届かず、3-10。
17361840_1741618886168506_4314557893888273651_n
6-7 7-6 3-10という壮絶なスコアで敗退。
うーん、悔しい。

実は竹島・菊池ペアはこれでITFのダブルス決勝は7度目。
そしてまだ優勝は無い。
17311128_1741618996168495_7868028707217604422_o
「なかなか勝てませんが、次は優勝します!」と二人の弁。

ずっとペアを組んでいる二人だから、
きっとブレークスルーするはず。
17358624_1741618986168496_3426459739924430833_o

次は勝とう。
17264687_1741619096168485_2306810821757543486_n
いい試合をありがとう。

試合を終えた二人は、菊池プロの運転で甲府にダッシュ。
そのまま予選を戦うそうだ。
17362394_1741559492841112_1717083081040694366_n
プロツアーはハードだね。

夜、竹島プロからメール。
「予選、負けてしまいました。途中で集中が切れてしまいました」
残念、次は筑波か。

今度は勝とう!頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

日差しとか、ベスト4とか。

貴重な冬の日差し。
IMG_6326
絶妙な位置に陣取るCooさん。

床を見れば、Cocoさん。
IMG_6325
これまた絶妙な日向に陣取っている。

冬の貴重な日差しっていいよね。
日差しと共に移動しながら、一日ノンビリしたい。
(休みないのよ。ここしばらく)

 

さて、昨日のこと。
レックインドアテニススクール上石神井であれこれ。

って言っても、PCのセッティングやらの雑用。
しかし昔から何でも屋だなぁ、オレ。

設定の途中、ITFのライブスコアをチェックすると、
竹島駿朗プロ、菊池玄吾プロのダブルスが始まるところ。

ちょうど作業もひと段落したところだし、会場は自転車で10分弱。
ネジメコーチと自転車で会場へ。

まあまあダッシュで会場到着。
IMG_6136
ちょうどアップが終わったところ。
良かった、間に合った。

対戦相手は、前週の亜細亜フューチャーズで優勝の高橋選手と早稲田OBの今井選手。
IMG_6148-1
かなりの強豪ペアだ。

試合は序盤から竹島、菊池ペース。
IMG_6146
早々にサービスをブレークし、波に乗る。

ファーストセットを6-3で取る。
良いペースである。

セカンドセット。
IMG_6150
ペースを崩さず、リードしつつの展開。

途中、若干危ない場面もありつつ、
竹島、菊池ペースでセカンドセットも進む。
IMG_6147

ペースを維持したまま、きっちり勝負どころを押さえ、
6-2でセカンドセットを取り、勝利。
IMG_6155

久しぶり(?)に安心して見られる試合だったかな。
IMG_6156
これでベスト4。
二人ともシングルスは負けてしまったが、
ダブルスでリベンジして欲しい。
頑張れよ!

カテゴリー: Team REC, テニス, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ちくわぶとか、日本リーグ・スナップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とある日の会社飲み。
IMG_4747

ちくわぶって関東に来て初めて知った。
IMG_4748
今も滅多に食べないけど、不思議な食べ物だ。

ちなみに、もんじゃ焼きも初めて食べたのは20歳過ぎ。
食文化の違いって面白い。
飛行機に初めて乗ったのは27歳くらい。
あ、単なる田舎モンってことか。

 

さて、日本リーグ・ファーストステージも終わり、
写真などを整理し、日常業務へ。

スナップなどを載せてみる。

アリーナのコート裏はこんな感じ。
DSC_1254
単なる通路である。
選手が座って観戦出来る席があったように記憶していたが、
どうやらあれは決勝トーナメントの東京体育館だったようだ。

ということで、試合の様子はこんな風に観る。(苦笑)
DSC_6781

覗き魔かって感じだが、案外迫力のあるアングル。
IMG_5276
バックハンドを打っているのは竹島プロ。

 

関口プロのアップは長い。
控え室にマットを敷き、延々とストレッチ。
そして様々な器具を使い色んなことをする。

コートに出てからもこんな感じ。
DSC_4752
このルーティンをしっかりこなすあたりに
ランキングとプロ意識を毎回強く感じる。

 

ちなみに斉藤プロのアップも長い。
というか、怪我からのリハビリってこともあって、
暇さえあればトレーニング的なことをしている。

そのせいか、筋肉がすごいことになっている。
IMG_5388
胸筋を強調する斉藤プロ。
いいよ、別に。(笑)

練習ではラリーもしていた。
DSC_4707
間近で見たのは初めてだが、すごいボールを打っていた。

「貴史、すごいな」と言ったら、
他のプロによれば「50〜60%って感じですね」とのこと。
完全復帰が楽しみだ。

 

いつも駐車場側の関係者入り口を使うので
正面エントランスの景色は馴染みがない。
IMG_5301

あまり人がいなくてさびしい。
IMG_5302

正面のビジョン。
IMG_5303
これももっと何とか出来そうな気がする。
ウチに委託してくれないかな。
カッコ良くしまっせ。

 

荏原トレーナー。
IMG_5317
初出場の昨年からチームに帯同してくれている。

選手のコンディショニングには欠かせない存在。
IMG_5205
あらためて書くが、ゴッドハンドだと思った出来事もあった。

 

3日目、夏までTeam RECメンバーだった菊池玄吾プロが来てくれた。
DSC_6784
竹島プロの試合を観て、「チキってますね、アイツ」だって。
たしか後輩だよね、キミ。
しかしチームを離れた後もこうして来てくれるのはウレシい。

そんな感じのファーストステージ。
長くなったので、続きはまた今度。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

快勝とか、惜敗とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

設定間違えて更新されてなかった。
どれくらいの方が読んでくださってるか分からないけどごめんなさい。

中盤戦に入った全日本テニス選手権。
この日、Team RECメンバーはダブルスで登場。

まずは関口プロ。
14876640_1662387370758325_2947226686614419140_o
前日、雨で延期になった試合の続きである。

ファーストセットを落とし、セカンドセットも1-2で
ワンダウンという厳しい状況からの再開。
巻き返しに期待がかかる。

序盤から飛ばす、関口プロ、竹内プロ。
14543904_1662387680758294_5759048490428973285_o
昨日の試合は観ていないが、かなりのプッシュぶり。
しかし関口プロのフォアハンドは速いなぁ。

着実にポイントを重ねセカンドセットを奪取。
14570718_1662387447424984_2250428118480906362_o

そしてファイナルセットへ。
14633681_1662387500758312_169519550700416733_o
ショットのキレは衰えず、ファイナルも押せ押せで進む。

最後までしっかり締めて逆転勝利。
14853020_1662387760758286_174365754204662102_o

地力を見せた一戦だった。
14856116_1662387764091619_3076358292552633182_o
素晴らしい。

 

さて、次に登場は竹島駿朗プロ。
14570666_1662471890749873_3869555579105979188_o
これ以上はないというコンビネーションを誇る菊池玄吾プロとのペア。

ファーストセットは6-4で取り、
セカンドセットもマッチポイント手前まで追い詰める。
14712886_1662472184083177_786418666416682741_o

こりゃ、ストレートで決まりかなと思いきや、まさかの反撃。
14853214_1662472310749831_14759606199746904_o

タイブレークに突入し、なんと落としてしまう。
14853094_1662471967416532_314697353808088231_o

そしてファイナルセット。
14859899_1662472600749802_9037949675961088521_o

お互いにサービスダウンをするもブレークバックなど、
どちらに転んでもおかしくない展開。

そして大詰め。
サービスダウンを喫し勝負あり。
竹島・菊池、ベスト8で敗退である。

しかしここ最近は学生が強い。
早稲田、慶応の選手が次々とプロを破っている。
それはそれで活性化には良い傾向なのかもしれない。
頑張れ!学生。

というわけで、Team RECの全日本は関口プロのみとなった。
ぜひ優勝してほしい。

シングルス、次の相手は綿貫裕介選手。
同年代対決なのかな。
ぜひ頑張ってほしい。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 10:42 | コメントは受け付けていません。

公園とか、シングルス快勝とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングコースの海沿いの公園で。
IMG_4083

なにやらゾンビの看板。
週末にゾンビハザードなるベントが行われるらしい。

ゾンビから3時間逃げ回る鬼ごっこ的なイベントらしい。
参加は大人3,900円。
鬼ごっこにねぇ・・・

我が家の近所には大きな公園が多いのだが、
最近はこういったイベントが増えた。
措定管理の影響なんだろうね。

ところで、指定管理ってちゃんとビジネスになってるのかな。
一時期、関わったこともあるけど、
どうも行政の一方的な都合でしか動いていないような気もする。
なかなか難しいね。

 

さて、全日本テニス選手権。
いよいよ関口周一プロのシングルスである。

この日も朝から有明へ。
少し肌寒い曇り空の中、試合開始を持つ。

関口プロ登場。
14633715_1661664257497303_1448341433994204224_o
第3シードなので1回戦はBye。
初回戦の相手は山崎純平選手である。

試合は壮絶なラリーで始まった。
14853258_1661664774163918_1480329820051393217_o

互いに譲らぬ強打の応酬。
14853258_1661664684163927_2723528186550579262_o

しかし主導権は終始、関口プロにあった。
14753388_1661664807497248_118637547818738797_o

前に前に積極的な攻撃を仕掛ける。
14612636_1661664947497234_8034948021392267569_o

ファーストセット6-2、そしてセカンドセットも6-2。
14559956_1661665220830540_8953874908941807007_o

緩むことなく、きっちり試合を締めた。
14608679_1661665244163871_2763038213598901825_o

久しぶりに関口プロのシングルスを見たが、
確実に進化しているように感じた。

鈴木貴男プロの影響もあるのだろうか、
これまで以上にプレーに幅が出た印象。
今大会、さらに進化した関口プロに期待したい。
DSC_1535

今日はシングルスは無し。
昨日、サスペンドになったダブルスのみ。

そして、Team RECとしては、竹島駿朗プロが
菊池玄吾プロとのダブルスで準々決勝に臨む。
頑張れよ〜!

カテゴリー: Team REC, ランニング, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

会場入りとか、試合結果とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

全日本選手権3日目。
遠征から戻った関口周一プロが会場入りした。

この日は軽く練習するとのことで、ダブルスの調整。
DSC_0645

リラックスムードも漂いながらも締まった練習。
DSC_0615

DSC_0630

今回からTeam RECスーパーバイザーとして
メンバーのサポートにも回ってくれた鈴木プロからもアドバイス。
DSC_0681

良い練習が出来たようだ。
DSC_0692

 

さて、そんな3日目は予選決勝の日。

予想はしていたが、鈴木貴男プロと竹島駿朗プロの試合時間が重なった。
うーん、どっちを見に行くべきか・・

とりあえず、試合進行が早い鈴木プロのコロシアムへ。
14691055_1659588644371531_7045099898772949182_n

この日の相手は藤井プロ。
14711438_1659585774371818_3206932098045820450_o
我が家の14歳児もファンのセンス溢れる選手。

序盤、鈴木プロのペースが上がらない。
14753836_1659585891038473_5988104834486940140_o

苦しみながら何とかイーブンで進むもセットポイントで
不幸なネットインでファーストセットを落とす。

セカンドセットも一進一退。
14714833_1659585991038463_3569019684748030244_o

14707849_1659586074371788_5335086920200847107_o

気迫のプレーで攻めるも僅かの差で敗退。
14712747_1659585694371826_8567584933576433307_o

14708005_1659586094371786_7712434102073861699_o
惜しい敗退である。
それにしても「本戦出場ならず」がニュースになるってすごいな。

一方、8番コートでは竹島駿朗プロが試合中。
竹島プロの応援に回ったボスとメールでスコア速報を交換。
どうやら劣勢らしい。

急いで8番コートへ。
14753877_1659586901038372_6724728335397364545_o

ファーストセットを落とし、セカンドもリードし切れない。
14753243_1659587067705022_2660811550976229422_o

相手の佐野選手も気迫のプレー。
14707979_1659586964371699_6712757248917825253_o

僅かに佐野選手が上回り、敗退。
14500687_1659587081038354_2856404156708986775_o
もうちょっとだったんだけど・・残念。

これで予選出場選手は全て敗退。
あとは関口プロに頑張ってもらおう。

 

そして、ダブルス。
DSC_0720

長年のテッパンペアの竹島・菊池である。
DSC_0495

相手は学生ペア。
怖いもの無しにガンガンに攻め込む。
そこを攻めたりかわしたりでファーストセットを取る。
DSC_0645

セカンドセットはリードされ、嫌なムードが漂う。
DSC_0655
しかし土壇場でまくりゲームセット。

初戦突破である。
DSC_0759
ふう、疲れるぜ。

こうなったらダブルスは優勝してしまおう!
頑張れ!

そんな全日本3日目。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

玄吾とか、夏休みとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

昨年7月よりTeam RECメンバーとして活動してきた菊池玄吾プロ。
8月から新たな所属先で活動をスタートする。

菊池プロから相談を受け、その内容を聞いた時、
ワタクシたちの判断は「ぜひ受けるべき」というもの。
プロ活動により良い条件ならば受ける。
それがプロとしての正しい判断である。

Team RECとしては、玄吾プロを気持ち良く送り出すことにした。

そんな菊池プロが挨拶に来てくれた。
では食事でもと定番のお店へ。
IMG_2592

色々な話をしながら、この先の活躍を祈る。
IMG_2594

「玄吾、何飲む?」と言うと、頼んだのがこれ。
IMG_2598
熱燗好きだったのか?
知らなかった。

ひとしきり飲んで食べて話した。
1年間という短い期間だったが、とても良い1年間だったと思う。
チームにとっても良かったし、玄吾にとってもフューチャーズの優勝をはじめ、
ランキングアップに繋がる良い期間だったと思う。

ぜひこの1年を土台にさらに上に登り詰めて欲しい。
IMG_2601
所属は変わっても、応援する気持ちは変わらない。
玄吾、ありがとう!頑張れ!

 

さて、先日のノドグロを食べたのは故郷でのこと。
IMG_2500
入社以来、初めての夏休みを取ってみたのだ。
しかも、家族は関係なく一人で。

お盆の渋滞を避けて、新幹線で一路福島へ。
家から2時間で着いてしまうので、伊勢原校に行くよりも近いかも。

実は結婚以来、一人での帰省は初めて。
そもそも帰省自体、ほとんどしない。

「お盆、帰ろうか?」と言うと、親が「暑いからいいよ。来なくて」と言い、
「正月、帰ろうか?」と言うと、「寒いからいいよ」と言う。
帰ってきて欲しくないのかなと思いきや、自分たちも遊びに行くかららしい。
ゴルフだ海外だとうらやましい限りである。

ということで、実家着。
のんびりする間も無く向かったのはゴルフ練習場。
IMG_2503
次の日、ラウンドの予定があったので軽く調整。
と言うと上手そうに聞こえるが、全然クラブを握っていなかったので、
不安だっただけなのだけど。

いつも通り、すぐに飽きて終了。
まあ、練習しても、変わらないし。

帰宅。
あっという間にヒマになる。

時間がある時はカロリー消費ってことで、
ランニングに出かけることに。
IMG_2509

久しぶりの故郷は道がよく分からない。
IMG_2513

適当に10km弱走る。
IMG_2521

いい感じに汗をかいた。
これでビールが美味しく飲める。

ということで、先ほどのノドグロの宴への繋がるのだ。
なかなか会えない親と近況などをあれこれ。
正しい夏休みの姿である。

IMG_2515
もう一杯、飲んでいいかな?

カテゴリー: Team REC, ファミリー, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝とか、ありがとう!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ITF・Vietnam F1 Futures-Becamex IDC Cupで、
竹島駿朗プロ・菊池玄吾プロのペアが準優勝した。
DSC_3765 (1)
これは昨年の全日本選手権の写真。

この2人はずっとダブルスを組んでいて、
コンビネーションも抜群。
今回の成績も納得である。

これで今回の遠征で、竹島プロは3種連続でダブルス準優勝。
3連続決勝進出を褒めるべきか、3週連続決勝敗退に喝を入れるべきか
微妙なところではある。

毎回、「今度決勝に出たら絶対勝ちます!」とメールが来ていたが、
優勝は次回に持ち越しになった。

あとはシングルスのポイントが欲しいところ。

少しずつ本戦勝利が増えてきて、
昨年後半からのポイント獲得に苦しんでいたところから
徐々に復調の兆しが見えた来たように思うが、
もう一歩爆発して欲しいなと思う。

次大会もシングルスは予選から。
しっかり勝ち上がってポイントを稼ごう。

 

さて、今日から8月。
少し残念なお知らせがある。

昨年、Team RECメンバーに加わった菊池玄吾プロがチームを去る。
DSC_1954

これは契約期間満了によるものであり、
何らかの問題などがあったわけではない。

実は菊池プロに別所属のオファーがあり、
その条件が彼の選手生活においてとても良いものだったためである。

ワタクシたちTeam RECは、選手と一体で活動するチームではあるが、
選手を縛るチームではない。

選手にはもっともっと上に上って行って欲しいと思っているし、
それをできる範囲でサポートする。

ランキングやステージが上がれば、
その選手の価値も上がり、良い話も来るようになる。

選手の価値が上がれば、ワタクシたちがサポートし続けられる
範囲を超えて、サポンサーもつく。
その場合は一緒に喜び送り出すというのがチームのスタンス。
それがプロ選手の価値であり、目指すところだから当然である。

菊池プロの所属契約期間は1年間と短かったが、
日本リーグを一緒に戦い、国内トーナメント出場の時も
応援をすることが出来た。

IMG_8508

IMG_6895

IMG_6205

DSC_2480

DSC_1708

そして、ITFトーナメント(昭和の森)では念願の初優勝。
13458754_1595575434106186_2901061326692212503_o
所属先として一緒に喜べたのも貴重な経験だ。

今日から菊池プロは福井県体育協会の所属として活動する。

実は契約開始時期は年度替りの4月を希望されたようだが、
Team RECの契約期間満了まではとの菊池プロの思いもあり、
7月末を持っての所属終了となった。
菊池プロの思いにも感謝したい。

所属は変わるが、菊池プロを応援する気持ちは変わらない。
次はチャレンジャーで優勝だな。
ガンバレ!玄吾!
そしてありがとう!

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ワッペンとか、スピーチとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

サンプルが上がってきた。
IMG_1542
Team RECのワッペンである。

これまで選手・スタッフが着けていたのは「REC」のロゴワッペンだったが、
登録名を考慮し、Team RECにリニューアル。

カラーはいつも通り2タイプ。
ウェアの色によって使い分ける。

実はこのワッペン、一般販売も考えている。
Team RECの主旨からも皆さんもどうぞというわけだ。

プロ選手と同じワッペン、釣りやモータースポーツだと多いのだが、
テニスの世界ではあまりないのかも。
ネットショップで販売予定。
お楽しみに。

 

さて、壮絶な試合を制した菊池玄吾プロ。

フューチャーズでは、昨年のグアム決勝、今年の亜細亜大学決勝と
2回涙を飲んで、3度目の正直の優勝である。
IMG_1662
うれしいながらも出し尽くした感のある表情。

そして表彰式。
DSC_2507
綿貫プロはやっとの思いで表彰台へ。

どうやら足が痙攣していて、立っているのも辛そう。
DSC_2510
菊池プロが綿貫プロの太腿を揉んだりしていて微笑ましかった。

賞金、賞品を受け取り・・
DSC_2532

ウイナーズスピーチ。
13433198_1595575574106172_8418495190018977214_o
うん、いいスピーチだった。

後で玄吾からメール
「緊張していて、Team RECの名前出すの忘れました。すみません」
まあ、めでたいから良しとしよう。

主催者、スタッフさんと記念撮影。
13422281_1595575610772835_5841039164150815389_o

いい顔してる。
とにかく、まずは一つ勝った意義は大きい。
しかしプロ活動においては一つの通過点に過ぎない。

明日からまた鍛えて、次の優勝を目指そう。
そしてチャレンジャー、グランドスラムへ近づいていこう。
頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャンセルとか、決勝とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近は家族の時間が合うことがほとんどない。
全員が顔をあわせるのは、朝の30分ほどか、夜23時ごろだけ。

14歳児の誕生日のお祝いをしようってことになった。
特別に何かをするわけではないが、皆で食事をということ。

これが全く予定がかみ合わない。
結局、誕生日から1ヶ月先の日曜日、
しかもランチに行くことに。

とりあえず近所のホテルのレストランを予約。
長男は塾の隙間時間での合流である。

そんな日の前日。
そう、Team RECの菊池玄吾プロがITFトーナメント
昭和の森国際男子オープンの準決勝を勝ち上がった。

ということは、明日は決勝。
当たり前だけど。

そりゃ、行かないわけにはいかんでしょってことで、家族に謝罪。
「ゴメン。明日も昭和の森になった。食事は延期で。キャンセルして」

本人もあまり気にしていないようで「そうなんだ。いいよ」とのこと。
「昭和の森に行く?決勝観られるよ」と言うと、
「昼間は勉強するので」と断られた。
ああ、そうですか。

しかしうちの家族は物分りが良い。
非難コメントは無し。
そういうものだと思っているのだろう。
申し訳ないね。

次の予定が合うのはいつのことだろう。
来年の誕生日までには行こう。

 

さて、そんな昭和の森国際男子オープン決勝戦である。
前日ほどはないが、やはり暑い。

13445764_1595494850780911_5466480141440558983_n

写真だとそれほどではないが、観客もまあまあ多い。
IMG_1656
ありがたいよね、こういうの。

決勝は綿貫裕介選手と対戦。
13483240_1595574754106254_6029989143337102240_o
綿貫選手はそれほど大柄ではないが、
ボールをしばき倒すファイターである。

試合開始。
13443026_1595574874106242_1188107649052483966_o

互いに全く譲らない展開。
13483070_1595574854106244_8294980569456296636_o
長い試合になりそうな予感。

4-4から菊池選手のサービスゲーム。
ブレークポイントを握られる。

何度かの攻防の後、ブレークポイントで綿貫選手のファオが深く入る。
そしてそこにはコートの補修跡。
ボールはイレギュラーし、思わず菊池選手がミス。
ブレークされる。

そのまま綿貫選手がサービスキープ。
ファーストセットは綿貫選手の6-4。

セカンドセット。
ブレークされるもブレークバックとこれまた譲らぬ展開。
13497601_1595574897439573_4848704405559689837_o
攻める菊池選手。

これは綿貫選手のリターンが主審を直撃した直後。
13497774_1595574994106230_8083573369293311570_o
すごい音がしてメッチャ痛そうだった。
菊池選手苦笑い。

しかし要所でミス。
13502757_1595575044106225_6795209315035816019_o
ヒートアップしてきた。

そしてファーストセットのブレークポイントと同じ場所でイレギュラー。
13490577_1595575114106218_4934404917418728753_o
イライラが募る。

タイブレークに突入。
菊池選手が先行するも、綿貫選手も盛り返す。

綿貫選手のマッチポイント。
落とせばゲームセット。
綿貫選手がネット、取りきれない。

菊池選手のブレークポイント。
何度もチャンスが来るが取りきれない。
胃の痛くなるような展開が続く。

そしてとうとう菊池選手がセカンドセットをもぎ取った。
13458696_1595575130772883_2874287063675517970_o

バスルームブレークを挟みファイナルセット。
13475114_1595575370772859_2842083348524948714_o
菊池選手が一気に攻める。

対する綿貫選手は失速気味。
13442437_1595575337439529_7068896785254379726_o
どうやら痙攣が来ているらしい。

思うようにプレー出来ない綿貫選手。
攻め込む菊池選手。
そしてファイナルセットは6-0。
13458754_1595575434106186_2901061326692212503_o

菊池選手、ITFトーナメント、3度目の決勝進出で初優勝である。
13483070_1595575504106179_4886969574343071201_o

いやぁ、しびれた。
セカンドのタイブレークはどうなるかと思ったよ。
ホント、よく踏ん張ってひっくり返した。
ふうぅ・・見てる方も疲れたぜ。

カテゴリー: Team REC, ファミリー, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。