カテゴリー別アーカイブ: 西脇一樹プロ

VANとか、NEW PRESTIGEとか。

新橋だっけ?
VAN JACKETショップ。
th_IMG_6783

ワタクシよりちょっと上の年代に方にはマストアイテムだったはず。
マストアイテムって言葉も久しぶりに使ったぞ。

少し背伸び気味に生きてたワタクシもVANの服を買い漁ってた。
スイングトップ、ブレザー、コットンハンツ、ペニーローファー、中学生の格好じゃないな。

メンズクラブも毎号買ってた。
「街アイ(街のアイビーリーガーズだっけ」にも載りたくて仕方なかった。

th_IMG_6784

いま見てもカッコいいわ。
やっぱりアイビーは基本だね。

 

さて、待ちに待ったHEAD PRESTIGEの発表。

th_HEAD_Prestige_2021_Ecommerce_Banners_JP_1000x1000

と言いながら、あれ?もう発表だっけと若干慌ててブログにアップしたり。

 

で、この新しいPRESTIGE、実はしっかり試打済み。

夏だったっけな。
今はなき大井町スポルでの新製品試打会で打たせてもらった。

IMG_5015

やっぱり、ワタクシといえばPRESTIGE。
PRESTIGEといえばワタクシ。(それはない)

 

ワクワク、ドキドキでの試し打ち。
IMG_5002

機種ごとの細かなインプレは後ほどとして、
シリーズ全体の印象は、メッチャいい!!!!だった。

新機能のオーセチックの恩恵なのか、
プレステージなんだけど、プレシテージほど難しくない。
プレステージの味と良さを残しつつ、やっぱりプレステージだよねって感じ。

IMG_5003

まあ、簡単にいうと、プレステージだけど扱いやすくなった。
でも、ちゃんとプレステージってことだ。
(わかりやすいか?)

 

ちゃんと飛ぶし、ちゃんと食うし、ちゃんとしなる。
IMG_5007

でも調子に乗って適当に打つと、叱ってくれる。
「そんなワタシじゃないですから」って。

 

伝統のプレステージ。
ワタクシも初代から使っていた。

メッチャ高くて、コーチ駆け出しのワタクシには、
清水の舞台でブレークダンスを踊るくらいの覚悟だったけど、やっぱり買った。
当時はどのメーカーさんも契約してくれなかったし。

で、「HEADっていい!!」と思った。
このブランドに契約してもらえるのは一生無理だなとも思った。
実際、この歳になるまで、一度も契約してもらっていない。(苦笑)

まあ、とにかくHEAD PRESTIGEは生涯の憧れであることは間違いない。

IMG_4998

今回のカラーリングは初代を思い起こさせる渋みもありで、
ますますテンションアップのワタクシである。

関口プロもスイッチするのかな。
西脇プロはもう使ってたっけ。
周一パーソナルが届いたら打たせてね。

細かなことは、後のインプレで書くけど、
とにかくPRESTIGEファンのみなさま、ぜひ打つべし!である。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

名古屋とか、日本リーグ迫るとか。

日本プロテニス協会・事務局のSさんにもらった。

th_IMG_7198

そうか、先週は名古屋でプロテストだったのね。
事務局って大変だよね。
ホント頭が下がる。
優秀なメンバーばかりで良かった。

 

さて、いよいよ日本リーグが近づいてきた。

ポスターも届いてテンションも上がる。

th_IMG_8230

昨年は開催数日前で突然の中止だったからなぁ。
今年は大丈夫だよね。

 

そんな中、実業団委員会から通達。

「全日本選手権みたいに業者に頼んでのライブ配信は予算的に無理。
よって、各チームでライブ配信してください。
配信URLは事務局で取りまとめます。
LANケーブルは1チーム1本準備します」

マジか。
あんなバカ高いエントリーフィー払ってるのに。

全チーム配信チャンネルや設備を持っているわけじゃないだろうし、
皆、困ってるんじゃないかなぁ。

ちなみに、Team RECはYouTubeチャンネル持ってるけど、
ライブ配信設備はないので、同じくワタクシも困っている状態に。

 

実業団委員会に問い合わせてみた。

「カメラはバックフェンスの外ですか?
そうならば、バックフェンスの高さを教えてください。
あと、LANケーブルはどこまで延びていますか?
電源が無いと配信出来ないですが、それは準備いただけるのか?」

次の日、まあ、あっさりとよくわからない返信だけが来た。
ビーンズドームに行ってサイズを測るわけにもいかないし、
記憶と想像を駆使して、必要と思われるものを揃えるしかない。

 

ということで、色々と調べつつ、分かったものから揃えていく。
th_IMG_8267

高さのある三脚も用意した。
たぶんバックフェンス3〜4mだよね。(そういうことも教えてくれない)

 

これでパーツがつくのかな。
th_IMG_8268

 

これでカメラに接続できるのか?
th_IMG_8271

 

だいたい、LANもじゅうぶんな速度出てるんだろうか?
全日本選手権の配信も業者さんに委託したのに大変だったって聞いたし。

日程は迫っているし、通常業務もあるし、ほぼパニック状態なワタクシである。
ああ、焦るぜ。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, カメラ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

立食い蕎麦とか、全日本初日・2日目とか。

某電鉄系の立ち食い蕎麦屋。
th_IMG_7845
初めて入ってみた。

こういう昔ながらの立ち食いクオリティの蕎麦、まだあるのね。
かき揚げもペラペラだし、残しちゃった。
ごめんなさい。

小諸そば、箱根そば、蕎麦一・・・とか、
最近の立ち食いそばはレベルが高いのになぁ。
あ、どこかは書きません。(わかっちゃうか)

 

さて、いよいよ全日本テニス選手権が開幕。

今年も無観客。
この状況では仕方ないが、応援にいけないのが残念。
どっちにしてもビーンズドーム(兵庫県)だから、気軽には行けないけど。

無観客、そして全日本選手権を盛り上げるプロジェクトを
日本テニス協会が立ち上げたこともあり、
ライブ配信が充実の大会になった。

この企画はとても良い。
週末、仕事をしつつライブでTeam RECメンバーを応援。

 

まずは守谷プロ。
th_IMG_7883

対するは片山プロ。
怒涛のフォアハンドのガン打ちに序盤から押し込まれる。
th_IMG_7882
反撃の糸口が見つからず、ストレートで敗退。
今日の片山プロは強かった。
残念!

 

続いて登場は正林プロ。
th_IMG_7884

拠点のむさしの村LTCで毎日追い込んで、
自分的にもかなりの成長がということで、満を持しての全日本。

ただ、相手は江原プロ。
全日本選手権覇者でもあり、ここ最近の大会でも必ず上位入賞の猛者。

正林プロ、行けそう!との展開もあったが、
肝心なところでポイントを落とさない江原プロの試合巧者ぶりにつかまり、
ストレートで敗退となった。

 

空けて2日目。

新加入の西脇プロが登場。

実は前日夜に電話があった。

「パッチはウォームアップにもつけたほうがいいですか?」

「アップはどっちでもいいよ。アイロンどうした?」

「アイロンのあるホテルに移動しました」

どこのホテルでも聞いたらアイロン貸してくれると思うけど・・・

 

そんなやりとりがありつつ。試合開始。
th_IMG_7929

対するは筑波大学の田形選手。
一進一退の展開でファーストセットはタイブレークになり、惜しくも落とす。
セカンドは肝心なところでサービスダウン。
そのまま押し切られてゲームセット。
田形選手、強かった。

 

そんなハラハラな試合の途中、ボスからLINE。
「駿朗、サービス落とした」

竹島プロのダブルスも始まっていた。
th_IMG_7931
2面展開で応援。
仕事は中断である。

相手はシードの清水・羽澤ペア。
うまくかみ合わず、3-6 3-6で敗退。

 

大会2日目、いまだTeam RECの勝ち星は見えずである。

全日本だからそりゃ厳しいのは当たり前。
ダブルスも残っているし、関口プロ、竹島プロのシングルスもある。
まだまだここから。
がんばろう!Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

進化とか、全日本開幕!とか。

入社以来の懸案事項だったステープラー問題。
ちゃんと留められる確率が50%程度だったのね。

とはいえ、あまり会社にいないし、紙での提出も減ってきたので、
そのまま9年経ってしまった。

先日、ようやく新調。
th_IMG_3391

力もいらないし、なんとこんなキレイに留まる。
th_IMG_3392
文具ってどんどん進化してるのね。

 

さて、全日本選手権が始まった。

昨年は有明のインドアコート。
もちろん無観客。
どうやら関係者枠があって、選手帯同で入れたらしいのだけど、
勝ち上がりが読めないわ、時間がないわで、結局行けなかった。

そして今年はブルボンビーンズドーム。
日本リーグで勝手知ったる会場だけど、さすがに遠い。

そして今年も無観客。
やはり関係者枠があるようなのだけど、気軽に行ける場所ではない。
決勝まで残りましたってことなら考えなくもないけど。

ということで、遠くから皆の活躍を祈る今週になりそうだ。

 

ちなみに今年はTeam RECから5人の選手が出場。

関口プロは第2シード。
誰が勝ってもおかしくないメンバーだけど、
ここ数年、出場すればベスト4には入っているので、
今年もじゅうぶんチャンスあり。

今回はコーチに鈴木貴男プロを迎え、Team REC体制で優勝を狙う。

 

竹島プロは単複出場。
ペアは菊池玄吾プロ。
テッパンの二人でダブルスも優勝狙えると思う。

 

そして、正林プロ、守谷プロ、西脇プロも出場。

で、ドローを見たら、全員がボトムハーフに固まっている。
なんでこんな・・・って、スクールの大会じゃないから、所属は関係ないよね。
これだと、Team REC同士の決勝はないけど仕方ない。

 

そんなこんなの大会直前。
関口プロからLINE。

「Team RECのワッペンなくなりました〜。送ってください」

「どこに?」

「ホテルに」

ウェア変わったんだったね。
早めに聞いてあげればよかった。
なんとか間に合うかな。

 

ふと、西脇プロの顔が浮かんだ。

「ワッペン送ったっけ?」

「いえ、もらってません」

言えよ。(笑)

「ホテルに送るよ」

「ホテル決めてません」

ウソでしょ、間に合うのか?

「大会事務局に送ってください」

「そんなのあり?」

「たぶん」

大丈夫かいな。
まあ、日本テニス協会には知り合いも多いから、なんとかなるか。

結局、ホテルが決まって無事に届いたらしい。

「アイロンがありません」

それは知らん。自分でなんとかせい。

 

そんなバタバタの全日本。
1回でも多く勝ち上がってほしい。
がんばれよ〜!

カテゴリー: Team REC, ステーショナリー, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 西脇一樹プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コラボとか、日本リーグ組合せ決定!とか。

渋谷は宮下公園下のアパレルブランドショップ。

th_IMG_6259

へ〜、ウイルソンとのコラボだ。
th_IMG_6260

th_IMG_6261

こういう企画やるのね、ウイルソン。
渋谷の街にテニスの風が吹くのは良いことだ。

 

さて、テニス実業団の最高峰、テニス日本リーグの組み合わせが決まった。

昨年はコロナ感染状況を鑑み、直前で中止。
正直、このタイミング?というのもあったし、選手たちも「できたんじゃ」との思いもあったようだ。

とにかく先が見えない状況だったし、協会、実業団委員会の判断も尊重されるべき。
ただ、残念だったことは間違いない。

 

そして今年。
先日、日本リーグ部長会議が行われ、抽選の結果、今年の組み合せが決まった。

ちなみに組み合わせは、前年の1位から順番にくじを引いて
レッド、ブルー、2グループへの振り分けが決まっていく。

グループが決まり、最後にファーストステージ、セカンドステージの会場、
12月、1月それぞれ、横浜国際プール、兵庫県ビーンズドームかが決まる。

できれば、極寒のビーンズドームは12月に済ませておきたい。
1月のビーンズドームはめっちゃ寒いうえに、毎回雪が降ったりして、
「帰れるのか?」状態になったりするので。

ということで、様々な思いのくじ引きの結果がこちら。
th_IMG_6977

レック興発はレッドブロックに入った。
th_IMG_6978

え〜と、メッチャきつい。
隣と比べちゃいけないけど・・きつい。
日本リーグだから、どっちに入っても、どのチームもレベル高いんだけど・・きつい。

とにかく頑張るのみだ。

 

ってことで、今年のメンバーは・・・

関口周一プロ
th_DSC_1529
押しも押されぬ、Team RECのエース。
今年もきっちり勝ち星あげてくれるはず。

 

竹島駿朗プロ
th_DSC_2456
最近、とても調子がいい。
シングルスもいいけど、ダブルスもいい。
つまり日本リーグにはとてもいいということ。
頼もしいぜ。

 

守谷総一郎プロ
th_DSC_9778
昨年から今年は国内大会が中心。
悩んだり、ふっきれたり、色々あるけど頑張っている。
ファイターでチームの士気をあげてくれるし、単複どちらもいけるのがありがたい。

試合終わったあとの反省会、今年も付き合うよ。
頑張ろうぜ。

 

正林知大プロ
th_IMG_6990
先日会社に来たばかり。

毎日毎日、むさしの村ローンテニスクラブで、
猛練習で有名な柳川高校より練習をして体重も8kg落とした。
(注:正林プロは柳川出身ではありません)
th_IMG_5135
食事にも気を使って、チキンを食べてた。

本人曰く、「自信がついてきました」だって。
「練習キツすぎます」と言っていたのはヒミツにしておくよ。
しっかり頼むぞ。

 

西脇一樹プロ
th_IMG_6475
新規加入の新戦力。

先日はITFツアーのダブルスでも優勝した。
th_IMG_6933
上り調子の新メンバーに期待が膨らむ。

ちなみにチュニジアで一緒だった正林プロが、
「ダブルスですか?なんか微妙なプレーのペアでした。どうして優勝できたんだか」
と言っていたのは、言わないでおくよ。

頑張ろうね。

 

そして、佐藤一平コーチ。
th_IMG_2134
Team RECコーチ代表、そしてチームの主将でもある。
最近は練習時間とれてるのだろうか。
必ず出番はあるからちゃんと準備しておくように。

 

こんなメンバーで戦う、今年のテニス日本リーグ。
ファーストステージはビーンズドームになった。
このへんはくじ運がいい。

あ、無観客かどうかはもう少し様子を見るそう。
何らかの形で観戦できることを願う。

今年も応援よろしくお願いいたします!!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 西脇一樹プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジャージできた!とか、優勝報告とか。

できた〜!

th_IMG_6975

th_IMG_6976

Team REC Tシャツに続いてのジャージ完成である。
ウォームアップは昨年つくったけど、カジュアルに羽織れるものがほしいな
ということでつくったのがこのジャージ。

いい感じにできたよね。

ちなみにこの企画はスタッフ限定。
欲しかった方、ごめんなさい。

 

さて、Team RECに新規加入した西脇一樹プロから報告が。

遠征中のチュニジア、ITF TOUR M15 MONASTIRでダブルス優勝!
th_IMG_6933

いやぁ、良かった!

ITF TOURでは初優勝だったとのこと。
移籍直後、こりゃ縁起が良い。

 

実は所属直後の優勝はTeam RECあるある。

最初は穂積絵莉プロ。
所属契約になった次の週に全日本選手権シングルスで優勝した。

この頃は、所属名は「レック興発」だったので、
歴代優勝者としては、正式な社名で記録されている。

ただ当時我が社は実業団でも全国区でもなく、大会に出場するたびに、
オフィシャルから、「レック開発さ〜ん」とか、「レック興産?」とか、
まともに呼ばれたことがない状態。
って、けっこう失礼だよね、これ。

だからというわけではないが、表記名をわかりやすく、
でもって、使いやすく、応援してもらいやすくしたいということで、
「Team RECにしましょう」と提案させてもらって、この名称が生まれたという経緯がある。
もう9年前か。
なんだか懐かしいな。

 

そんなTeam REC。
次なる優勝は、鈴木貴男プロの所属契約変更直後のグアムフューチャーズ優勝。
アドバイザー契約から所属契約に変更になった直後だった。

さらには、菊池玄吾プロのITF FUTURES優勝。
正林プロの毎日テニス選手権優勝と、所属直後はうれしいニュースが続くのがお約束。

 

Team RECはゲンが良い。
そんな中で、所属契約になって4日目での西脇プロの優勝報告だった。

決勝はフルセットの接戦だったが、しっかりスーパータイブレークを押さえて勝利。
良かった、良かった。

パートナーの小倉選手も日本リーグでよくあ会う選手。
最近は彼のYouTubeチャンネルもよく見てるから、親近感ありでこれまたうれしい。

小倉選手YouTube 【OGUchannel】

 

遠征はもう1週続くとのことだが、ぜひ連続優勝して帰って来てほしいぞ。

帰国後は全日本選手権、そして日本リーグである。
新たなメンバーに期待も膨らむTeam RECである。

現メンバーも含め、応援よろしくお願いしますなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 西脇一樹プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

原宿とか、西脇一樹プロ加入!とか。

原宿は竹下通り。
th_IMG_5799
閉店しちゃった店も多い。

人、来ないもんね。
大丈夫かな、日本。

 

さて、先日のこと。
ある選手がREC本社を訪ねてきた。

訪ねて来たといっても、ちゃんとアポを取って来たんだけど。
子供じゃないから当たり前か。

その選手は、西脇一樹選手。

プロ活動4年目(?)になり、さらなるステップアップを求め、
新たな環境、活動を求め、Team RECに入りたいとのことだった。

Team RECはプロメンバーも多いし、もう枠がねぇ・・・
なんて話をボスもしていたので、
「無理だと思うけど、それでも良かったら話だけは聞くけど」
ということでの来社だった。

可能性が無い話ならワタクシは同席しなくていいかなと思ったのだけど、
「プロ担当なんだから同席するでしょ!」との指示で一緒に話を聞いた。

一所懸命にこれまでのこと、現状、活動予定を説明する西脇プロ。

いいヤツじゃないか!

と、おそらくボスも思った。(はず)
そして「なんとかしてあげたい」と思うだろうと・・・

Team RECメンバーになってもらうにはいいヤツってのが大事。
看板背負ってもらって、一緒に戦おうと思えるか、
お客様、スタッフ、皆さんに応援してもらえる人間なのかが一番大事。
そういう意味で一樹は、「いいヤツじゃん」だと思った。

とはいえ、そこは予算枠もあるので、そう簡単にもいかない。
後日、検討結果の条件を伝え、「それでも来たければ」と連絡した。

そして、西脇選手から連絡。
「お世話になることに決めました!」

決めたんか〜い。
まあ、元気があっていいか。

「契約締結どうする?」と聞いたら、「海外遠征に行っちゃいます」とのこと。
じゃあ、挨拶とサインは後日で、まずは遠征頑張れということになった。

 

そんなわけで、10月1日からTeam RECメンバーになった西脇一樹プロである。

th_IMG_6475

「リリースに使うからいい写真送ってね」
「わかりました!」
がこれだけど。(笑)

 

加えて、
「プレーの写真も送ってね」
「了解です!」

th_IMG_6790

th_IMG_6793

th_IMG_6792

顔がわからん(笑)

かろうじて・・・
th_IMG_6794

まあ、遠征先だし、選手仲間に頼んだのだろう。
ちゃんとした写真はまた今度ね。

 

ということで、プロフィール。

生年月日:1994年10月29日

出身:京都府

出身校:明治大学

プロ転向:2017年

主な戦歴
2016年 全日本学生テニス選手権 シングルスベスト4

2019年 シンガポールフューチャーズ シングルスベスト4
オランダフューチャーズ シングルスベスト4

テニス始めた年齢:10歳

JTAランキング:40位(10/2現在)

もちろん日本リーグにも出場する。
応援よろしくお願いいたします!なのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, , 街歩き, 西脇一樹プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。