カテゴリー別アーカイブ: 鈴木貴男プロ

予選決勝とか、機種変とか。

三菱電機・早稲田大学フューチャーズ、鈴木プロ、竹島プロが予選決勝に臨む。

この日は研修会やら打ち合わせやらがあり、フルで応援は出来ないのだが、
レックインドアテニススクール上石神井での打ち合わせの前に
少しでもと自転車で早稲田大学テニスコートへ。

レック上石神井から早稲田大学までは自転車で10分くらい。
こんなに近くでの国際大会、しかも観戦無料。
スタッフのみんなにもぜひ見に行って欲しいな。

IMG_6112
曇りで寒い朝にもかかわらず、熱心なお客様。
コートではすでにアップが始まっていた。

2番コートに鈴木貴男プロ。
IMG_6109

一つ空けて4番コートに竹島駿朗プロ。
IMG_6110

どちらも気になるので、3番コートの綿貫プロの後ろで観戦。
どのコートも興味深いカードだ。

二人とも立ち上がりはいい感じ。
ファーストセットの途中で後ろ髪を引かれつつ、
斉藤貴史プロとの打ち合わせのため、
レックインドアテニススクール上石神井に戻る。

打ち合わせの後、斉藤プロが会場に行くというので、
結果報告を頼んで送り出す。

残念ながら二人とも敗退。
貴男さんは次は柏、駿朗はダブルスは勝ち上がり。
次も応援に行きたい。

もう少し先になるかもしれないが、
このステージで斉藤貴史プロのプレーも見られるだろう。
焦らずしっかり故障を治して暴れて欲しい。

頑張ろう!Team REC.

 

さて、落として割れたiPhone。
IMG_7047

こんな状態で使っている人も見かけるので操作してみたのだけど、
ガラスの破片が指に引っかかって危ない。
絶対指切るよ、これ。

こりゃダメだってことで、ソフトバンクショップに直行。
iPhone8を待とうと思っていたけど仕方ない。
iPhone7を購入。

買うなら最大容量モデルなんだけど、色はゴールドしかなかった。
ホントはブラックが良かったんだけど、
カバーするからいいかってことでこれも妥協。
IMG_5885

イヤホンてまだ入ってるのね。
IMG_5886

イヤホンジャックが無くなったので、
ライトニングケーブル用の変換アダプタ。
IMG_5884
やっぱり時代はパーシャル・・じゃなくてワイヤレスだな。(古い)

自宅のiMacにつないで同期。
データ量が膨大でひと晩掛かった。

Apple Payに京葉線のSuicaを登録。
クレジットカードがApple Pay未対応で登録出来ない。
これじゃiPhone7買った意味がない。

モバイルSuicaアプリを発見。
登録出来た。
良かった。

りんかい線のSuicaを登録しようと思ったら未対応だった。
うーん、カード無し生活はまだ先のようだ。

使い初めまでに、Apple IDやら何らやたらと認証が多い。
「別のデバイスにパスコードを送りました」って、
iMacもiPadもあるから何とかなるけど、
持ってない人はどうなるのだろう。

iPhoneケースはApple純正にした。
IMG_5743
裏面にTeam RECステッカー。

このケース、高いけどかなり良い。
マットな表面可能は滑らないので、落としにくい。

廉価品のマットなラバー加工だと
数日でポロポロと表面が剥がれてしまうが、
今のところそういう気配はない。
高いもの、純正品はそれなりに良いってことね。

不満はバイブレーターが弱いところ。
振動が上品すぎて気づかないことが多い。
携帯が勝手に移動しちゃうくらい振動してもいいのに。

あとは、ホームボタンのクリック感が気持ち悪い。
別にクリック感なんていらないよね。

仕方なしに乗り換えたiPhone7だけど、概ね満足。
それにつけても気になるのは、iPhone8だなぁ。
いつ出るのだろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 携帯電話, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

微炭酸とか、予選とか。

Wさんからもらった水。
IMG_6066
微炭酸水だ。

Wさんオススメの逸品だそう。
これを飲み続けていたら、健康診断の数値が軒並み改善したとか。
それは多分ウソか気のせいだ。(笑)

いつも飲んでいる炭酸より飲みやすいし、いいかも。
しかもとても安いとか。

いいモノ教えてもらった。
今度まとめ買いしよう。

 

さて、いつも通り「いちおう」休日。

朝も早くから西へ2時間。
着いたのはここ。
17191288_1738346186495776_6044140978857829287_n
早稲田大学東伏見テニスコート。

JAPAN FUTURESシリーズ2戦目、
三菱電機・早稲田大学フューチャーズ 国際テニストーナメントが始まった。
17201024_1738346216495773_6690267311606186409_n

この日は予選2回戦。
Team RECの竹島駿朗プロ、鈴木貴男プロが出場ってことで
応援に駆けつけたのだ。

会場は予選ながら熱心な方々でそこそこの人出。
ありがたいことである。

まずは竹島駿朗プロの試合。
対戦相手は早稲田の学生さんだ。
17265040_1738401276490267_2922245438003557484_n

序盤から長いラリーの引き合いになる。
17265096_1738401159823612_8644459655729591634_n

互いに粘りを見せ、なかなかポイントが動かない。
まあ、それも竹島プロのペースなのだけど。

徐々に相手を引き離し、ファーストセットは6-3。

さらにセカンドセットでも突き放しにかかる。
17190999_1738401346490260_334744245967587558_n

粘り強い相手に多少手こずったものの、
安定のプレーでセカンドセットは6-4。
17192449_1738401063156955_7358170837902798718_o

まずは予選決勝に進むことが出来た。
17200928_1738401493156912_68382179339041984_n

試合後、しばらく話をした。

「今日はあまり前(ネット)に出なかったね」

「はい、出づらかったのもありますが、出なかったものあります」

「作戦てこと?」

「パスが上手いって聞いてたので」

なるほど、そういうことだったのね。
「もっと攻めんかいっ!」って心の中で思ってた。

何はともあれ、勝ててよかった。
とにかく本戦に行こう。
明日も頑張れ!

 

この日、鈴木貴男プロがオーダーされたのは4試合目。
どの試合も接戦で進行が遅い。

しばらく時間があるだろうってことで、
一緒に見ていたレック本社のハッシーとご飯を食べに一旦会場を出る。

戻って来ても、まだ試合が始まる気配がない。
16時頃、コートを変更してようやく鈴木プロの試合が始まった。

鈴木プロが登場した途端に大勢のお客様が席を移動。
やっぱり人気あるんだな。

試合開始。
17211918_1738536193143442_4431105038817537337_o

対戦相手はやはり早稲田の学生さん。
互いにサービスキープが続き、一進一退の展開。
17191845_1738536349810093_73543975197562934_o
ネットラッシュをかける鈴木プロ。
パスで応酬する対戦相手。

ファーストセットはタイブレークへ。
17192535_1738536253143436_183438318909120924_o
ここで鈴木プロのギアがアップ。
一気に攻め込んでタイブレークを制した。

セカンドセットは貴男劇場。
17156184_1738536516476743_309903894053137702_n

サービスとネットプレーでポイントを重ねていく。
17264553_1738536426476752_959734036682310549_n

ナイスプレーにお客様からはため息と拍手。
こういう場面は鈴木プロならでは。
人気があるのもよくわかる。
17097695_1738536413143420_2486135527515607539_o

セカンドセットは6-3で締めてゲームセット。
17211857_1738536589810069_1593019276527019173_o

陽が落ちかけたコートで最後まで
たくさんの方が試合を見ていた。
17218779_1738536723143389_8661239082871021515_o
お疲れ様でした。

まだまだ肌寒い東伏見だけど、コートの戦いは熱い。
ランキングポイント獲得を目指し、
必死な選手たちの戦いを是非見に来てください。(観戦無料だし)

さあ、あと1試合で本戦。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ファンナイトとか、打ち上げとか。

日本リーグ・決勝トーナメント初日の夜、
Team RECファンミーティングが開催された。

決勝トーナメント1回戦終了後の夜、
Team RECアドバイザーの鈴木貴男プロ、
そして選手たちを交えての食事会。

開催されたのは東京体育館の敷地内にあるグッドモーニングカフェ
DSC_2783
こんな雰囲気の良い店があったのね。

試合後、身体のケアを終えた選手たちも参加。
DSC_2781
賑やかな会になった。

まずは乾杯。
DSC_2794

そして選手たちの挨拶。
DSC_2798

DSC_2800

DSC_2815

鈴木貴男プロのインタビュー&解説で、
今日の試合を振り開けるコーナー。
IMG_6567

DSC_2833

皆で食事と飲み物を楽しみながら、あっという間の2時間。
DSC_2811

最後はプロからのプレゼントグッズの抽選会もあり、
皆さん大満足だったようだ。

こういう機会を持てるのもTeam RECならでは。
来年の日本リーグも決勝トーナメントの進出して、
今度は勝利の夜としてイベントを開催したいな。

皆さん、ご参加ありがとうございました。

 

さて、そんなイベントを終え、
店を出たらお腹が空いていることに気づいた。

ワタクシを含め、レック本社スタッフは
ソフトドリンク1杯のみでイベントを運営をしてたんだっけ。

打ち上げをしましょうと千駄ヶ谷付近を彷徨うも
金曜の夜ってことで、目ぼしい店はどこも満席。

結局、本拠地の代々木駅方面へ。
と、Kさんが半地下の良さげな店を発見。
IMG_6574

なんとか席も確保出来た。
IMG_6570

チーズをつまみにワインで乾杯。
IMG_6571
ふう、やっと落ち着いたぜ。

決勝トーナメントに向けて、ここ最近は本社スタッフも大忙し。
通常業務をこなしながら、あれこれ準備をしてくれた。

試合は残念だったけど、たくさん応援に来てくださったし、
イベントも喜んでいただけて良かったねなんて話しながら、
皆でつくっているTeam REC、日本リーグをあらためて思ったりした。
ホントにお疲れ様でした。

ということで、なかなか良い店を見つけることができた。
また行きましょう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

坂道とか、激戦とか。

休日。(いちおうだけど)
朝も早よから電車を乗り継ぎ、目指すは日吉。

1時間ちょっとで到着。
案外近いな。

改札を出て慶應大学のキャンパスの奥へ。
IMG_5724

いつ来ても素敵なキャンパスだ。
そういえば、14歳児が「大学、慶応もいいな」って言ってた。
「あそこは金持ちばかりだから、学力はともかくウチにはどうかな」
って言っておいた。

なんてことを思い出しながら、さらに奥へ。
IMG_5725
そう、慶応チャレンジャーが開催中。
今日はTeam RECの関口周一プロの予選2回戦なのだ。

さらに奥へ。
そして長い坂を降りる。
IMG_5726
坐骨神経痛なのか、ひどい腰痛を患っているボスは、
「あの坂は無理だ。応援頼む」ってことで欠場。
鍼灸じゃなくて整形外科に行った方がいいですよ。

コートに到着。
IMG_5727
若干息が・・やっぱり無理でしたね。

選手はコートで練習中。
オフィシャルは準備中だ。
IMG_5729
いよいよ数週間に渡る国内大会のシーズンイン。
楽しみな春がやって来た。

 

さて、Team RECの関口周一プロは第1試合にオーダーされた。
DSC_4863

対戦相手は、Jimmy Wang。
DSC_4876
かなりタフな対戦相手。

関口プロのサポートも兼ねて会場に来ていた鈴木貴男プロも
「今年はレベルが高いです」とのこと。
そういえば、前日の関口プロからのメールにも
「なんで予選でこんなレベルなのって感じです」って書いてあった。

試合開始。
DSC_4920

序盤は圧倒的なWang選手ペース。
DSC_4891

DSC_4886

いきなりのサービスダウンから、ラリーの主導権を握られる展開。
DSC_4951

ファーストセットは防戦一方で2-6。
DSC_4976

DSC_5018
いや、こりゃ厳しいわという空気。

そしてセカンドセットもリードされ、嫌な予感が。

が、ここから関口プロ、怒涛のまくり。
DSC_5072

DSC_5118

DSC_5224

DSC_5232

ブレークバックからタイに持ち込み、
勝負はタイブレークに。
DSC_5235
しかしマッチポイントを握られ、崖っぷち。

ところがどっこい、起死回生のショットが決まり、
タイブレークを取って、セットオール。
DSC_5250

DSC_5255

マジか!スゴイぞ周一!(胃が痛い)
DSC_5322

ファイナルセット序盤で仕事の電話。
こんな時に・・・
電話を終えコートに戻ると、関口プロの3-0リード。
DSC_5307

そして、Wang選手のMTO。
DSC_5332
背中を痛めたらしい。

そこからは周一劇場。
一気に攻め込み、6-2でファイナルセットを制した。
DSC_5378

いやぁ、よく勝った。
素晴らしい。
DSC_5396

鈴木プロ曰く、「必死に食らいつけばこんなご褒美もあります」とのこと。
とにかく予選決勝に進出だ。
DSC_5405
本戦に上がって、しっかりポイントを稼ごう。

今日も頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SFEとか、研修会とか。

バイオリンとロックっていうと、ワタクシの年代で頭に浮かぶのは、
エレクトリックライトオーケストラかな。

あと、ジミー・ペイジがバイオリンの弓でレスポールを弾く姿とか。
あの奏法って、ビジュアル的なインパクトは強いけど、
正直あまり意味が・・どうなんだろう。

そんなわけで、バイオリンとロックな動画。

Sword of the Far East

バイオリンロックってことだけど、この動画はロックの名曲のメドレー。
ロックチャンチャカチャンみたいで聴きやすい。

聴いたことがない曲はないくらいのメジャーメドレーに
かわいい女性のバイオリニスト・Ayasaがメイン映像なので、
つい最後まで見てしまう。

アルバム揃えようとまではいかないけど、
仕事のBGMとか、お酒のおともにオススメな動画。
一度くらいはライブに行ってみたいかも。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井にて若手社員研修会。

IMG_6422

シナプソロジー実演で盛り上がったあとは、
自らのキャリアの棚卸しと将来のルートマッピング。

この研修会ももう2年以上になる。
人事異動などで少しずつメンバーも変わっているが、
怖いものなしの若手は前のめりなのでとても楽しい。
守りに入ると伸びが鈍化するから、この調子でどんどん行って欲しい。

そんな座学研修の後は、参加メンバー解放にてオンコート研修。
IMG_6430

今回の講師は鈴木貴男プロ。
そして練習に来ていた関口周一プロ、竹島駿朗プロも参加してくれた。
IMG_6431

今回のお題はアプローチ〜ネット。
IMG_6439
ラリーの引き合いからネットに出るタイミング。
どんな球種から前に出るのか効果的かなど、
鈴木プロのエッセンスが詰まった展開。

ダブルスでのアプローチでは、めずらしい関口・竹島ペアも実現。
IMG_6443

この二人のダブルスと打ち合えるのも貴重な体験だ。
IMG_6447

その後は個々のお悩み解決コーナー。
リクエストに合わせて矯正などを見せてもらった。

今回もあっという間の鈴木貴男プロにより研修会。
これで何回目だろうか。
社内でこういう機会を持てるのは本当にありがたい。

折しもこの日は日本リーグ・決勝の直前。
IMG_6455
関口、竹島領プロには抱負などを語ってもらい終了。

プロの皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
IMG_6459
また次回をお楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ペッパーくんとか、コスメとか。

ショッピングモール。
ペッパーくんがいた。

IMG_6333

話しかけてみた。
初めてだ。

ちゃんと反応するのね。
ただ、レスポンスがイマイチ。
しばらく考えてから返事を返してくれる。

AIってこんなもんなのかな?
いや、SIRIなんてもっと速くて、
気の利いたこと言ってくれるよね。

この差は何だろう。
ボディアクション連動ってこともあるのかな。
ポンポンとやりとりを楽しむにはもう少しって感じかな。

ペッパーくんより犬の方が楽しいな。
IMG_1435
言うこと聞かないけどね。

 

さて、最近は何本かのラケットを使いまわしている。
ストリングのパターンを変えて違いを確認するためだ。

その中で、気に入ったパターンがあるのだが。
ふと気づいた。
IMG_6630

もしかしてラケットが好きなのかもしれない。
数種類のラケットに様々なパターンで張っているのだが、
全部が同じモデルでは揃わず、2本ずつって感じ。
PRESTIGE Sも新旧にそれぞれ張っている。

ワタクシが気に入ったのは前PRESTIGE Sに張ったパターン。
適度なしなりと粘り感が良いような気がする。
新モデルは若干乾いた、硬い感じがするのだ。
やはり素材の進化で剛性が上がってるのかな。

あと、ポイントになるのは持った時の感触。
現行はつや消し、前モデルはグロス(つや出し)。
個人的にはつや出しの方が持った感じが好きかな。
もはやストリングの話じゃないけど。

ちなみに関口プロのPRESTIGEのコスメはグロスだ。
IMG_6069
もちろん、市販品ではなく、本国で関口プロ用に作られたもの。

聞けば、選手用はグロスだそう。
「グロスの方が柔らかいんですよ」とのこと。
ふーん、そうなのか。

関口プロのラケットは打たせてもらったことがないけど、
そもそもPRESTIGE Sというはデカールだけで、
中身は違うから、多分比較対象にならないと思う。
でも、一度打ってみたいぞ。

鈴木貴男プロも何代か前のモデルで
ブリッジのロゴ部分だけがつや消しで、
左手の人差し指の腹に当たる感触がどうにも気になり、
つや消し部の無いコスメにしてもらったとか。
そんなことしてもらえるなんて、さすがトッププロ。

そういえば、貴男さんは、つや出しの方が硬く感じるって言ってた。

そんな会話をプロと交わしながらも、
コスメと硬さの関連性の答えは出なかったけけど、
プロならではディープな話を聞くのは楽しい。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カラーとか、最終マッチとか。

斉藤プロである。

彼のウェアの色合いは若干独特。
IMG_5174

派手っていうか、何ていうか・・
IMG_6049

ウェアは契約しているメーカーさんなのだけど、
こんなカラーあったっけ?という派手さ。
16601623_1722922321371496_3391037178903489109_o
真面目な性格とウェアのギャップが楽しい斉藤プロである。

 

さて、日本リーグ・決勝トーナメント。
最後はダブルス。
是非ともコーチペアで勝利を飾り、今大会を締めたいところ。

臨むは、佐藤一平、井原力選手。
16601831_1722938404703221_4093963884338101832_o

序盤、両選手のショットが上手く噛み合い、
ファーストセットを6-3で取る。
16601794_1722938411369887_697995565050243907_o

相手はかなりの強豪だが、このままのペースなら
なんとか振り切れるのではと期待が膨らむ。

16487671_1722938528036542_9015286916718119106_o

16601600_1722938484703213_9054327224575844383_o

しかしそこは百戦錬磨の相手、そう簡単には行かず、
セカンドセットは5-7で落としてしまう。
16665700_1722938564703205_8881399178303054246_o

勝負はファイナル、スーパータイブレークへ。
16707499_1722938578036537_6868145638319662017_o

16700562_1722938471369881_4599404364227134371_o

一進一退の攻防ながら、レックのリードの展開。
あと、2ポイントで勝利というところまで来た。
しかし、相手も粘り、追いつかれてしまう。

ポイントは9-9に。
もう一歩も退けない。
どちらに転んでもおかしくない展開。

応援団も祈るような気持ちで声援を送る。
そして最後2ポイントは相手チームに。
ファイナル、9-11で敗退である。

16664957_1722938688036526_6336240259644628238_o

前日の試合もそうだったが、もう少し、本当にもう少しだった。
しかしその1ポイント、2ポイントが遠かった。

でも、戦える。
次こそはと思える展開。
それも大きな収穫だ。

今大会、Team RECは昨年と同じ5位だった。
16602394_1722253154771746_6526458294911854055_o

来年はさらに高みにという気持ちはもちろんだけど、
その前に応援に駆けつけてくださった皆様、
このステージを用意してくれ、送り出してくれたスタッフの皆さんに
に心から感謝します。
16716336_1722940401369688_3264854342392334065_o
本当にありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

意義とか、復活!?とか。

日本リーグ、東京体育館のビジョンにはチーム紹介の映像が流れる。
各チームの独自製作なので、それぞれにカラーがあって楽しい。
IMG_6545
Team RECの映像が流れたのでシャッターを切った。
ちょうど白川コーチのところだった。

白川コーチは今大会での出番はなかったが、
しっかりとチームをサポートしてくれた。

もちろん、出場できない悔しさや失敗、色々な思いはあるだろうが、
この経験から、また一歩前に進んでくれるだろうと思う。

そして、彼らを送り出す各校スタッフの思い
映像製作を担当してくれているスタッフのH藤くんや
応援の段取りをしてくれた本社スタッフの皆んなの思いも大事にしたい。

そういうことも含めて、この取り組みの意義があることを忘れてはいけない。
東京体育館だけが日本リーグではないのだ。(と、ワタクシは思う)

 

さて、決勝トーナメントは準々決勝で敗退してしまったTeam REC。
2日目は順位戦に臨むことになる。
16707512_1722921484704913_6943743285491257896_o

対戦相手はリコーさん。
16602151_1722921428038252_8028118360635676741_o
兵庫でのセカンドステージ最終戦では
前日の試合で負傷した竹島プロを欠き、1勝2敗で破れている相手だ。

勝てば5位、負ければ7位。
昨年の最終成績は5位だから、なんとか勝って
昨年の成績を維持したいところだ。

そしてシングルス2、斉藤貴史選手の登場である。
16716052_1722921974704864_68415784938950011_o
昨年の怪我〜手術以来、公式な場でのシングルスは初めて。
本人には、少しでの違和感が出たら迷わずリタイヤするように伝えての、
ある意味、復帰戦である。

と、いきなり斉藤選手のサービスエースで試合が始まった。
16722643_1722921984704863_121151205380964268_o

その後もノータッチエースを量産する斉藤選手。
16587219_1722921804704881_1447948282985031234_o
そして吠える。

随所にスーパーショットを散りばめ、試合は斉藤劇場へ。
16487737_1722922078038187_6225617801270522333_o

16716280_1722921824704879_8002991117511246827_o

一体、何本のサービスエースを奪っただろうか。
16602401_1722922228038172_2833936332991478551_o

相手の熊谷選手は、このリーグで何人ものプロ選手を破っている強豪。
しかしこの日の斉藤選手はそれを上回った。
16665767_1722922284704833_502643217260145759_o

これまで溜まりに溜まっていたパワーを
放出するかのようにガッツポーズの嵐。
16664982_1722921931371535_4504672969163255561_o

16601623_1722922321371496_3391037178903489109_o

応援団も盛り上がる。
16707483_1722921638038231_8703063224721686346_o

鈴木貴男プロの言い方を借りれば、まさに「暴れた」斉藤選手。
ベストコンディションの斉藤選手のプレーを知らないので、
個々のショットはまだこれからなのかもしれないが、
復活の狼煙を上げたことには違いないと思う。

16602246_1722922378038157_7086897194718943520_o

ツアー復帰まではもう少しだと思うが、
ますます先が楽しみになった斉藤プロの試合だった。
16665919_1722922401371488_3713738949526084079_o
ナイスゲーム!貴史!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イベントとか、最終日とか。

2月10日(金)、日本リーグ決勝トーナメント初日、
鈴木貴男プロと一緒に応援の皆さんで交流しようという
イベントが開催される。

TeamRECFANivent
会場は東京体育館直近のカフェ。
美味しい料理とドリンク(フリー)、鈴木プロとの語らい、
参加プレゼント、そして選手も顔を出すかもの、スペシャルナイト。

若干、お席があるので募集をオープンにした。
スクール会員の方以外もご参加いただけます。
興味のある方は、レックインドアテニススクール上石神井までお電話ください。
TEL 03-5927-0909

お申し込みは本日までです。
お待ちしております!

 

さて、デ杯・フランス戦最終日。
今日もたくさんの観客で埋め尽くされたコロシアム。

すでに勝敗は決してしまったが、
何とか強豪フランスに一矢報いたいところ。

予想通りフランスはトップのガスケとシモンを下げたオーダーに変更。
日本は西岡とダニエルと予定通り。

第一試合は西岡対マユ
DSC_1287

ツォンガ、モンフィスの来ない布陣の3番手で
世界ランク42位ってどんだけ層が厚いのだ。

DSC_1330

DSC_1365
攻めるマユに守る西岡という展開。

セカンドサービスになると一気にリターンダッシュで攻め込む。
DSC_1396

DSC_1399

1-6とファーストセットを落とす。
DSC_1359

そして時々手首を触って辛そうな表情。
DSC_1318

メディカルタイムアウトを取る。
DSC_1421

試合を再開するもセカンドセット1-1でリタイヤ。
DSC_1434

どうやら金曜日の試合中に痛めたらしい。
DSC_1439
日本4敗である。

しかしまだ最終試合が残っている。
DSC_1566
応援団もまだ元気。

最終戦は微熱のあるダニエルに代わり内山が登場。
フランスはエルベール。
DSC_1473

最終戦の団長エールはフランス陣営から。
DSC_1485
フランス応援団も喜んでいた。

試合は内山ペースで進んだ。
DSC_1515

DSC_1540

サービス、ラリーと終始主導権を握る。
DSC_1518

DSC_1558

強い時のウッチーそのままに最後まで押し切った。
DSC_1564

ようやく日本にセットが、勝利がもたらされた。
DSC_1597

正直、フランスチームが最終日をどう考えていたのは分からない。
日本チームも体調不良が重なり苦しい台所事情だったようだ。
いずれにしても、結果は1-4で敗退。

世界の壁は厚い。
圭がいないと苦しいのも事実。
それでも9月のプレーオフには勝って、もう一度世界に挑もう。
DSC_1623

厳しい3日間だったけど、また戦いを見たい。
頑張ろう、日本!

カテゴリー: Team REC, テニス, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

綱渡りとか、敗退とか。

2月10日(金)、日本リーグ決勝トーナメント初日、
鈴木貴男プロと一緒に応援の皆さんで交流しようという
イベントが開催される。

TeamRECFANivent
会場は東京体育館直近のカフェ。
美味しい料理とドリンク(フリー)、鈴木プロとの語らい、
参加プレゼント、そして選手も顔を出すかもの、スペシャルナイト。

若干、お席があるので募集をオープンにした。
スクール会員の方以外もご参加いただけます。
興味のある方は、レックインドアテニススクール上石神井までお電話ください。
TEL 03-5927-0909

お申し込みは2月7日(火)までです。
お待ちしております!

 

朝からトラブル発生。

というか、仕事が終わらず、そして増えたので、
デ杯応援に行けない状況になってしまった。

元々の予定でもギリギリまで仕事してから
有明に向かう予定だったので、いきなり追い込まれる。

ここでパニックになると最悪の状況に陥ること必至。
まずは落ち着いて優先順位をつけ、作業方法、予想時間と工程を確認。
それから取り掛かる。

奇跡的に、いや段取りの結果的に何とか終わった。
有明に行けることになった。
良かったぜ。
ワタクシの入場時刻と試合は関係ないけどね。

それにしても、ずっと続いてるこの綱渡りな感じ、何とかならないかね。
段取りと効率と作業スピードなんだろうなぁ。
能力が上がるかは疑問だけど、まだ工夫の余地はありそうだ。
頑張るべ。

 

さて、そんなわけで有明コロシアムへ。
DSC_0976
会場に入るとちょうど試合が始まるところだった。

日本は内山・杉田、フランスはエルベール・マユ。

正直言って、力の差は大きいこの対戦。
そして結果はご存知の通り、ストレートで敗退。
ダブルスは何が起こるか分からないって気持ちもあったけど、
何も起こらず、押し切られた感じ。

それにしてもフランスペアは上手かった。
そして強かった。
DSC_1096

DSC_1099

日本も食い下がる場面もあったけど、食い下がりきれなかった。
DSC_1183

DSC_1148

DSC_1129

DSC_1125

DSC_1119

ストレートの敗戦は勝負所を外さないフランスペアの試合運びそのもの。
DSC_1206

DSC_1082

DSC_1226

これで日本の1回戦敗退が決まった。
次は残留をかけてプレーオフだ。

DSC_1239

DSC_1247

とにかくフランスは強かった。
関係者の方によれば、今年の優勝候補らしい。
そりゃ、ツォンガ、モンフィスを欠いてもこれだもんね、強いわ。
DSC_1269
つでに言えば、ノア監督もカッコよかった。

日本も頑張った。
そしてまた残留を決めてくれると信じたい。

ここからもう一度スタート。
IMG_6394
頑張ろう。
応援します。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。