カテゴリー別アーカイブ: 関口周一プロ

優勝!とか、マシンたちとか。

第2回 ITF ユニ・チャームトロフィー 愛媛国際オープンにて、
関口周一プロが優勝した。
IMG_3576

決勝戦の日曜日は雨で中断。
動かないライブスコアを見ながらやきもきしていたが、
結局、試合は順延になり、明けて月曜日に再開。

仕事をしながらライブスコアを確認。
ファーストセットを取り、マッチポイント。
見事優勝を決めた。

いやぁ、良かった。
よくやった!

決勝は仁木選手とだったが、ITF早稲田の準決勝で当たって勝ち、
ITF柏の1回戦で当たって負け、そして今回の決勝。
どんだけ当たるんだって感じだが、勝ち上がればまあそうだよね。

優勝の瞬間にLINEでお祝いメッセージを送り、
「写真送って」と頼んだらすぐに送ってくれたのが上の写真。

その後、表彰式の写真を送ってくれるかと思いきや、音沙汰なし。
そう、それが周一。(笑)

とにかくおめでとう!お疲れ様!

 

さて、HEADさんのネタが続くが、先日の新製品発表会。

情報解禁がまだなので、書けないことが多いが、せめてもの情報を。

いよいよ、ストリングマシンの本格展開に乗り出すらしい。
th_IMG_2657
あまり知られていないかもしれないが、
HEADはATPツアーのオフィシャルストリンガーとして
多くの大会をサポートしているので、
この展開も自然なことなのかもしれない。

実はこのマシン、昨年使わせてもらっている

IMG_7880

IMG_7886

IMG_7888

剛性も高いように感じたし、操作性も良かった。
あとは価格かなぁ。

探りを入れたのだけど、はっきりした答えはもらえなかった。
まだ決まっていないのか、ヒミツなのかは分からないけど。

個人的にも1台欲しいな。
モニターとか募集してませんか。

もうひとつ発表になったのがこれ。
th_IMG_2658
ラケット計測機。

ウエイト、バランス、スイングウエイトが計測できる。
th_IMG_2659

th_IMG_2660

th_IMG_2661

この手のマシンは他社さんからも発売されているが、
どうも販売をやめるらしい。

今後、ラケットについて、より細やかな提案をしていくには
このマシンは欠かせないものだと思う。

ラケットをどうすればより使いやすく、さらなる武器に出来るのか。
どうすれば、より快適にプレーが出来るのか。
こういった提案も必要になって来るんじゃないかと思う。

そういう意味ではHEADさんから発売になるのはグッドニュースだ。

実はこちらもいくらなのか教えてもらえなかった。
10〜20万円くらいの間なのかなぁ。
今後の展開のためにも揃えたいなぁ。

ということで、色々と新たな展開を進めているHEADさんである。

 

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

強風とか、試合開始とか。

今年のかしわ国際オープンテニストーナメント。
th_DSC_0894
毎年のことながら桜がきれいなのだが・・・

風がすごくて、コート上の落ち葉がとても多い。
th_DSC_0870

これをチェンジコートのたびに掃き掃除するのはとても大変。
とはいえ、選手も気になるレベルだから仕方ない。
th_DSC_0631
大会運営は大変である。

 

さて、寒風吹きすさぶ中、ようやく関口周一選手の試合が始まった。
th_DSC_0635

仁木選手とはITF早稲田の準決勝での対戦以来。
この組み合わせが1回戦というのだからツアーは厳しい。

th_DSC_0697

th_DSC_0719

序盤から関口選手が飛ばし、ファーストセットを6-2で取る。
調子は良いようだ。

セカンドセット、若干ペースダウン。
th_DSC_0751

th_DSC_0840

th_DSC_0877

仁木選手の怒涛の攻めに押し込まれる場面が増える。
th_DSC_0921

th_DSC_1111

th_DSC_1076

th_DSC_1038
セカンドセットは6-3で仁木選手。

勝負はファイナルへ。
th_DSC_1124

th_DSC_1152

th_DSC_1153

要所で良いプレーもあったが、不幸なネットインや
微妙なジャッジ(これは双方)もあり、いきなり1-4。
大丈夫か?周一。
th_DSC_1256

しかしここから気合いでイーブンに戻す。
th_DSC_1197

th_DSC_1235

th_DSC_1215

リードし、キープしていけば勝ちが見えるところまで来るも
サービスを落とし、タイブレークに。

th_DSC_1262

th_DSC_1272

序盤リードするも攻め込まれゲームセット。
th_DSC_1282
惜しい試合だった。

でも、ファイナル1-4からよく戻した。
本人によれば、プレーは悪くなかったそうなので次に繋げて欲しい。

次は日本シリーズ最終戦の松山。
頑張れ!周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビートルとか、かしわ国際とか。

大会会場にて。
IMG_2807
プロモーションカー。
こういうの REDBULL にもあった。
車はMINIだった。

BEETLEもいいね。

 

さて、そんなわけで、この日はここへ。
IMG_2803
柏はTTC(吉田記念テニス研修センター)である。

ITFツアーも亜細亜から始まり、早稲田、筑波、甲府と来て
5戦目のかしわ国際オープンテニストーナメントに入った。
このジャパンシリーズ、全戦参加はかなり厳しいようで
選手たちもランキングとスケジュールを見ながら大会を選んでいる感じ。

ワタクシは様子を見ているわけではないが、
今年はなかなか時間が取れずに、早稲田の2日間のみの応援。

今大会はTeam RECからの出場は関口プロのみ。
本戦からだし、おそらく初戦は水曜日になるだろうってことで調整。
読み通りに5番コートの3試合目にスケジューリングされた。
そしてようやく柏に来れたというわけ。

あ、そうか。この大会は観戦有料だった。
1,100円支払って入場。
あとでボスに聞いたら選手の関係者は申し出れば無料だったらしい。失敗。

ここTTCは1、2番コートに屋根がかけられインドア化した。
IMG_2805

天井高17mだそうだ。
IMG_2813

IMG_2814
公式戦対応だとこうなるのか。
すごいな。

会場はかなりの観客数。
IMG_2815

IMG_2811
平日なのに素晴らしい。

それにしても寒い。
晴れてはいるが風がメッチャ強くて冷たい。
IMG_2816

IMG_2819

Team REC卒業生の菊池玄吾選手の試合を見つつ関口選手の試合を待つ。
IMG_2824

IMG_2823

関口選手の予定コートで前の試合が始まり移動。
IMG_2827

かなりの熱戦。
ファイナルに入る。

なかなか試合が始まらない。
それにしても寒い。
写真ではこの寒さが伝わらないのが残念。う〜。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

今日もとか、決勝戦とか。

そんなわけで日曜日も早稲田大学東伏見キャンパスへ。

th_IMG_2449

少し早めに出たので、2駅手前の上石神井から歩いてみた。
20分ちょっとくらいだろうか。
まあ、いい感じのウォーキングだ。

 

さて、三菱電機・早稲田大学インターナショナルテニスオープン2019
(ITF World Tennis Tour $15,000 USD)もいよいよ決勝戦。

我がTeam RECのエース、関口周一選手が韓国のホン・ソンチャン選手と対戦。
th_DSC_0120
何としてでも勝って欲しいと祈るような気持ちで応援。

ホン選手とは昨年の同大会の1回戦で対戦しているらしい。
その時はホン選手の勝利。
ぜひともリベンジをしてほしいものだ。

試合開始。
th_IMG_2452

th_DSC_0123

th_DSC_0259

th_DSC_0164

th_DSC_0137
それほど派手さはないが、ディフェンスからの切り返しも上手いホン選手。

対する関口選手は積極的にネットラッシュを仕掛ける。
th_DSC_0221 th_DSC_0224
th_DSC_0183

ファーストセットはタイブレークに突入。
序盤、リードしかけるもミスが続いてセットを落とす。

まだまだいける。
頑張れ。

セカンドセット。
序盤もつれ、ブレーク、ブレークバックの展開。
th_DSC_0311

th_DSC_0325

th_DSC_0315

さらに積極的に仕掛ける関口選手。
しかし要所でホン選手の素晴らしいクロスのパスを浴び、1ダウン。

何とかもう1ゲーム戻したいところだったが、
突き放されてゲームセット。
th_DSC_0357

残念ながら準優勝だった。(じゅうぶん立派)
th_DSC_0360

th_DSC_0402
試合後のスピーチ、久しぶりに聞けて良かった。

最終日、良い試合をありがとう。
ホン選手、おめでとうございます。
th_DSC_0446

 

最後に周一だけで1枚。
th_DSC_0459

うん、次また頑張ろう。
th_DSC_0462

お疲れ様!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

早稲田へとか、準決勝とか。

おそろしくバタバタの毎日。
ようやく休日に・・・と思ったのだが、
早朝に家を出て西東京へ。

ついたのはここ。
th_IMG_2431

早稲田大学東伏見キャンパスである。

ここでITF TOUR、日本での2戦目、
早稲田大学インターナショナルテニスオープン2019
が開催中なのだ。
th_IMG_2432

レックインドアテニススクール上石神井からほど近い場所なのだが、
予定が詰まっていてなかなか見に来ることが出来なかったのだが、
Team RECの関口周一選手が準決勝まで残ってくれたので
応援に来たというわけだ。

th_IMG_2433

寝ても覚めても一年中テニス絡みだなぁ。
ありがたいことだ。

 

さて、まあまあ肌寒いが時折陽射しもある中、試合が始まった。
th_IMG_2436

対戦相手は仁木拓人選手。
th_DSC_9887
これまでに何度も対戦し、練習も一緒にして来た仲だと思う。

とはいえ、この対戦見るのは初めてかなぁ。
楽しみ。
そして勝ってほしい。

試合序盤は互いに譲らぬペースで進む。
th_DSC_0001

th_DSC_0015

th_DSC_0008

要所で関口選手がサービスをブレーク。
th_DSC_0023
そのままファーストセットを取った。

いい感じでセカンドセットへ。
しかし序盤でサービスダウン。
th_DSC_0051

th_DSC_0077
不幸なジャッジもあったりして、
タイブレークで落とし、ファイナルセットへ。

スタート、メッチャ長いサービスゲームをやっとキープ。
長いぜ。

th_DSC_9920

th_DSC_9947

少し関口選手ペースになって来たところで仁木選手がMTOを取る。
th_DSC_0045
腰か背筋を痛めたようだ。
後で聞いたら「冷えちゃいました」ってことだったので
大事には至らなかったようでひと安心。

そして試合は関口選手ペースに。
th_DSC_9955

th_DSC_9971
粘る仁木選手を突き放しにかかる。

そして試合終了。
th_DSC_0084

th_DSC_0085
2時間越えのいい試合だった。

決勝進出は久しぶりじゃないだろうか。
th_DSC_0099
いや、周一の決勝見るのは初めてかも。

試合後、「疲れた〜。気持ちが」だって。
th_IMG_2440

優勝しようぜ!頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

空き時間とか、リフトバックとか。

日本リーグにて。

選手はチームの試合がない時はなにしてるのか。
th_IMG_2083

th_IMG_2082
ゲームだな、これは。

試合後、ケアを受けながら。
th_IMG_2117

だいたいゲームかインスタかって感じ。
th_IMG_2118
ちなみに何のゲームかはわからない。

試合前は皆、自分の世界で、けっこうピリピリしてるんだけど、
試合が終わると今時の若者たちになるのだ。

 

さて、トヨタ・ヒストリカルガレージ第2弾。
DSC_2450

DSC_2449
昭和30年代生まれはこれだけで何か分かるはず。

そう、トヨタセリカ・リフトバック2000GTである。
DSC_2445

とにかくカッコ良かった。
この手のクルマだとギャランGTOと双璧なイメージがあるが、
セリカのほうが高級車っぽい感じがして好きだった。

TVでは「太陽にほえろ!」の殿下も乗ってたっけ。
島公之役の小野寺昭さんの育ちの良さそうな雰囲気も相まって
「カッコいいのに高級車」のイメージがついた気がする。
DSC_2448

DSC_2447

調べてみたら、当時の価格で120万円くらい。
カローラが50万円くらいだから、やっぱり高級車だ。

そういえば、子供の頃は家族で出かけると、
走る車を見て車種名を我先に叫ぶのが遊びだった。

「パブリカ!」
「ランサーセレステ!」
「チェーリーGX!」
「キャロル!」
「マークツー!」
「ローレル!」
「カリーナ!」

カリーナって言えば、千葉ちゃん(千葉真一)だったなぁ。
ローレルって言えば、「おっお〜、ローレル♪」ってCM。
うーん、懐かしい。

子供達も車の名前、たくさん知ってた。
それだけクルマが憧れの時代だったんだよね。

前にも書いた気がするけど、家に来た初めてのクルマは、スバル360だった。
そして、スバルR2〜カローラ〜スプリンターだったかな。
あとはよく覚えてない。

ちなみに現在、我が実家には、アルファード、メルセデス、
そして軽トラックがある。(農家じゃないよ)
どういう変遷なのだ?

最近の子供たちはクルマの名前なんて知らないんだろうなぁ。
時代は変わった・・・。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、修理とか。

テニス日本リーグ、ありがとう動画が出来た。

思い出しつつ、感謝しつつ観た。
皆様もぜひご覧ください。

 

さて、SSD換装大作戦に失敗し、起動しなくなったiMac。
th_IMG_1760

あれこれ調べても打開策が出てこない。
基本は自分で直したいと思うも、基盤系だとどうしようもない。

とりあえず、どこが悪いのか診断だけでもしてもらおうと、
以前にMac miniをフュージョンドライブ化してもらった
マック専門修理店「愛Mac」にメール。
(すごい名前だが腕は確か)

この店、診断は無料。
原因を探し見積もりが出た時点で修理をお願いするかを決めれば良い親切店。

まずはメールでコンタクト。
iMacを店に送り込むことになったのだが、
大きすぎて普通の宅配便では送れないとのこと。

愛Macに聞くと、「少々高いですが、家財便でおくってください」とのこと。
梱包もしてくれ、保険にも入ってくれるそう。

数日後、家財便で送り出す。
3,000円高いぜ。

さらに数日後、メール。

「ロジックボードの故障です。36,800円かかります」

やっぱり作業途中で何らかのミスがあったのだろう。
とはいえ、動きもおかしくなっていたし、
何れにしてもこのままってわけには行かなかったので
修理をお願いした。

待つこと数日。
「修理完了しました。家財便で送ります」との連絡。

最初から頼めば良かったって話もあるが、
とにかく直って良かった。

SSDにOSも入れてくれって頼んでおいたし、
戻ってきたらサクサク快適に動くはず。
楽しみだぜ。

・・と、実はこの先、まだまだ長い道のりが待っているとは想像だにしていなかった。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラケットとか、ラウンドとか。

関口周一プロ
th_IMG_1460
昨年からHEAD SPEEDをテスト中。
日本リーグでも1試合だけ使っていた。

関口プロのラケットはオーダーメイド。
オーストリアのHEADのラボでつくってもらっているとか。
th_IMG_1457
グロップテープはドライタイプ。
フレームサイドにはウエイトがぐるりと貼ってある。
何グラムあるんだろう。

ちなみに守谷総一郎プロのPRESTIGEは市販品と同じだそうだ。
th_IMG_1461
本人曰く、「市販品ベースでボクの好みのセッティング持っていけるので」とのこと。
グリップはゴーセンのウェットタイプ。
それぞれである。

 

さて、ゴルフである。
実はあまりゴルフをしていない。

お誘いいただいてもなかなか都合が合わなかったり、
まあお金もかかるしね。

年明け、久しぶりのラウンド。
前々から約束していた千葉の仲間での新年会ゴルフだ。
th_IMG_1697

場所はたまに行くラヴィスタゴルフクラブ。
th_IMG_1692
南欧風の雰囲気の良いコースである。
難しいけど。

ここはホテルが併設されていて、今回はラウンド後に一泊して
新年会をしようってことに。
th_IMG_1693

どんなスコアかでお酒の味も変わるかも。
平常心で楽しくやろう。
th_IMG_1699
このメンバーじゃ無理だけど。

ラウンド開始。
th_IMG_1701
ウイルソンのNさん。
ほとんどパープレーで回る。
ひとり別次元でプレーする方。

ライバルK女史。
th_IMG_1708
かなりのラウンド数をこなしているらしい。
1m以内のパットはまず外さないという面倒な相手。

ラケットマイスター、M氏。
th_IMG_1707
毎日、山のように届くラケットをチューンナップしていてゴルフどころではないらしい。
ただもともと上手いので、これまた相手にならない。

ウイルソンNさんは置いておいて、それでも午前中はビリ。
th_IMG_1710
午後はなんとか追い上げるも3人とも1打差で並んでビリ。

うーん、ゴルフって難しい。
気持ちを切り替えて美味しく飲もうっと。

こういう反省の無さが上達しない一因なんだろうなぁ。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, テニス, テニス用品, 仲間, 守谷総一郎プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

全日本室内とか、白子とか。

Team RECの守谷総一郎プロが島津全日本室内選手権のダブルス準優勝!
th_9371210134303
パートナーは竹内研人プロ。
おめでとう!素晴らしい!

ちなみに、Team RECの関口周一プロはシングルスベスト4。
終了後、ツアーに出てしまったので写真はなし。
次は優勝だな。ガンバレ!

 

さて、そんな2019年の幕開け、実は体調不良で最悪だった。
たぶん、ネオインドア西新井のイトウコーチから風邪をもらったんだと思う。
間違いない。

そんな体調不良の中、ようやく休みにたどり着いたのだが、
早起きして房総方面は白子へGO。
16歳児の試合のためである。

渋滞は無いだろうと思いつつも早めに出たら、
集合時間の1時間以上前についてしまった。

th_IMG_1292
寒いぜ白子。
熱あるし。

どうにもだるいので、クルマの中でひたすら寝る。
気づけば試合時間に。

気力を振り絞ってコートへ。
まあ、戦うのは彼なんだけど。
th_DSC_3988

ちなみに会場には顔見知りの方も多数。
知り合いのコーチもジュニア合宿で来られていたようだが、
まともに会話を出来そうになかったので、
マスクとサングラスで完全防備で自分の世界に入っていた。
ご挨拶も出来ず失礼しました。

ということで、予選1回戦。
th_DSC_4009

まあまあの出だしながら、互いに譲らぬ展開。
th_DSC_4070
勝負所で相手サービスをブレークしてリード。

チェンジコートはいつもこんなふうにチョコンと座る。
th_DSC_4045
強そうに見えないんだけど。

なんとかリード守って終盤。
th_DSC_4133

th_DSC_4138

無事に初戦勝利。
th_DSC_4149

良かった。
でも次の試合までまた待たなければ。
クルマでもうひと眠りするか。

うー、ツライ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 守谷総一郎プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

久々とか、撮影とか。

この時期は暗いし寒いしで。平日はランニングはほぼ休み。

休日、ようやくランニング。
IMG_2120
日陰にはまだ雪。

いつもより遅めの時間だったので、海沿いのカフェが開いていた。
IMG_2123

ふーん、パンも売ってるのか。
IMG_2121

ここは外にソファが置いてある。
IMG_2122

一度、ここでお茶したいと思っているのだが、
ランニングの時はお金持ってないし、
このためにここまで来るのもねってことで、いまだ実現せずだ。
IMG_2124
暖かくなったら来てみるかな。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメント前日練習。
関口周一プロから写真撮影を頼まれた。

新たに契約したJOMA(ホマ)のウェアを着用した写真がないのだそうだ。
ポイント練習に入ったところでウェアを着替え撮影。

「ウェアロゴとTeam RECパッチが写っている写真が欲しいです」

そんなアングルあるのか?

「あと、カッコよく」

それはキミの問題だろう。

普段の試合では撮れないアングルをってことで、
センターネットに張り付いたりして撮影。
頭の上をボールがビュンビュン飛び交って、まあまあ怖い。

途中、ギリギリのショットもあったらしく、
守谷プロから「怖くないんですか?」と聞かれたほど。

ファインダー覗いてるとボール見えてないから怖さもないのだよ。
ただ、周一の「ヤバッ!」という表情で危なかったことはわかったけど。

ということで周一らしい写真が撮れた。
51407540_307061886645320_2387502681246662656_n

51461696_2015423288577434_2624644507311800320_n

51816558_283676555646192_6136606640679419904_n

 

ちなみに「こんな感じで」と本人が言ったポーズがこちら。
DSC_6044

DSC_6041

DSC_6123

こっちのほうは周一らしいな・・・。
使えないか。

カテゴリー: Team REC, カメラ, ダイエット, テニス, ランニング, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。