カテゴリー別アーカイブ: 関口周一プロ

ミストとか、正林プロクリニックとか。

某所の商店街。
th_IMG_5021

アーケードからミストが。
th_IMG_5022
ちょっとだけ涼しい感じがした。

グランドスラム会場でも定番のミスト噴射。
案外効果あるのかな。

もう夏だ。
色んな制限があるけど、今年の夏も楽しみたい。

 

さて、レックインドアテニススクール上石神井での
Team RECプロメンバーによるスペシャルクリニック。
3人目の登場は、正林知大プロ。

正林プロはまだプロデビューして間もないメンバー最年少。
性格的にはとぼけたところがあるので、つねにマイペースに見える。
竹島プロ曰く「コイツ、ぼくのこと舐めてますから」だそうだ。
たしかにそんな気も・・・っていうか、なめられんなよ、駿朗。

 

そんな正林プロだが、経験の少ないクリニックってことで
いちおう緊張しているのか、前日、LINEが。

「明日、必要なものありますか?どんな格好で行けばいいですか?」
と、とぼけた質問。

「履歴書を忘れず持ってくるように。あと、スーツでネクタイね」
と、とぼけた返事をしておいた。

正解は「持ってくるのはラケット、服装はテニスウェア」だ。
って、当たり前だろっ!

 

前日、「明日は正林プロのイベントなのでアテンドに入ります」
とボスに言ったら「オレも行く」とのこと。

「どうしてですか?」と聞くと「ちゃんと盛り上げるか心配だから」だって。
知大、信用されてないぞ。(笑)

ボスが見てたらプレッシャーにしかならないと思うんだけど。

 

まあ、そんなわけで当日。

th_IMG_4913
「メチャ緊張してます」というが、まったくそうは見えないマイペースぶり。

レッスン開始。
th_IMG_4914
ネジメコーチが一緒だから大丈夫でしょ。

デモンストレーションから技術解説。
th_IMG_4925

おお!ちゃんと教えてる。
th_IMG_4926
当たり前か。ゴメン。

でも、プロってショットがすごいから、説明も説得力あるよね。
うらやましい。

あまり見たことのない(笑)ボレーもちゃんとこなしてた。
th_IMG_4933

しっかり皆さんと打ち合って、アドバイスもして、
楽しくてためになるレッスンになったと思う。

th_IMG_4936
ご参加の皆さん、ありがとうございました!

終了後、コメント動画撮影。
th_IMG_5428

関口プロも守谷プロも何テイクか撮り直したのだが、
一発でOKを(自分で)出した正林プロ。
このあたりも只者じゃない感が。

何はともあれ、お疲れ様!
次回も頑張ってね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ノベルティとか、周一クリニックとか。

ユニクロで買い物をしたらくれた。
th_IMG_4292

タンブラーらしい。
th_IMG_4293

ノベルティにしてはしっかりしたつくり。
th_IMG_4294
ただちょっと小さいかな。
結局使ってない・・・。

 

さて、某日、イベントが開催された。

Team RECプロメンバーによるスペシャルクリニックである。

このクリニックはツアーが中止になっている間、
所属のプロ選手達が、いつも応援してくださっているTeam RECの皆さん
(会員の皆様もTeam RECなのね)に
何か出来ないかということではじまったもの。

プロメンバーの心意気がとても伝わってくる、
そしてこんな時でなければ実現しない企画なのだ。

まず最初を飾ったのは関口周一プロ。
IMG_4816
押しも押されぬTeam RECのエースである。

所属してもう何年になるっけ?
最初に会社で会ったのも随分昔な気がするよ。

募集開始からあっという間に満員御礼というさすが関口プロの枠。
ゲットできた方はラッキーでした。

ということでクリニック開始。
IMG_4794

IMG_4795

デモンストレーションから各ショットの説明。
IMG_4801
なんか上手いこと喋ってる。
鈴木貴男プロと一緒にイベントをこなして、鍛えられたと見える。
いいいぞぉ、周一。

ラリーパートでは個別に細かなアドバイス。
IMG_4805
1対1で打ち合って、自分だけのためにアドバイスをもらえる豪華な時間。
ワタクシもこんな丁寧に接してもらったことはありません。
て、当たり前か。

サービス。
IMG_4813
ガン打ちで参加者の皆さんを威嚇しないように。(笑)

身長は高い方ではないが、サービスの威力はすごい。
会った頃から、毎年威力が増している気がする。
これも貴男さん効果なのだろうか。

ということで、あっという間の80分。
最後は記念などをしつつ終了。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
関口プロ、お疲れ様でした。

IMG_4818
そして誰より疲れたのは、一緒に入ってくれたネジメコーチだろう。
レッスンが終わって自分のデスクに戻った時には
あしたのジョーみたいに灰になってた。
お疲れさま!

あ、そうそう、コート後ろでレッスンを見ていたら、
お客様から「今度は部長さんのレッスン受けてみたいです」と言われた。
ありがたいような、困ったような。
プロクリニックよりも希少なパターンだと思います、はい。

ちなみに、ここからは、守谷総一郎プロ、正林知大プロが続く。
それぞれに複数回組んでいるのでお楽しみに!
あ、もう満員なのか。

実はもうひとり「ボクもやります!」を手を挙げてくれた選手が。
お待たせしました!
鈴木貴男プロクリニックもご用意しました。
詳しくは、レックインドアテニススクール上石神井の案内を見てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画公開とか、HEADブラックコスメ試打とか。

関口周一プロの、HEADブラックコスメラケットのインプレ。
th_IMG_4789

SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNELで公開になった。

忖度なしでのインプレってことだが、なかなかいいところ突いてたと思う。
さすがプロ・・・って、当たり前か。

ちなみに球出しで出演しているのはワタクシなのだが、
あまりに小さくて、なんだか分からない。(笑)
協力者とかでテロップ出してれないかな。

 

さて、そんなわけで、巷で噂のHEADブラックコスメラケット。
th_IMG_4511

関口周一プロが相手という豪華なんだか、
地獄なんだかわらない状態であらためて試打をした。

たぶん、まだ細かいこと言っちゃいけないんだと思うので、
画像も大雑把なものだけにしておくが、なかなか良いのは間違いない。
th_IMG_4508

フォルム的にはまあまあシャープでツアー系っぽい。
ラジカルっぽくも見えるし、スピードみたいな気もする。

で、実際に打ってみると、その系譜のどちらでもない感じ。

とにかく、球持ちっていうか、食いつき感ていうか、粘りがすごい。
フェイスがしっかりとボールを食ってくれて、飛び出す感じ。

表現的には「柔かい」とも言えるのかな。
ボールがフェイスにめり込む感じもある。

WilsonのCLASHを初めて打った時もこんな感じだったかな。
でも、CLASHはフレームのしなりが食いつき感になってたけど、
このブラックコスメはフレーム剛性は高め、フェイスがくわえる感じ。
CLASHとはちょっと違うかな。

なんだろう。
ストリングパターンなのだろうか。
グロメットなのだろうか。
フェイスのボールの捉え方がこれまでのどれとも違うような。

そんな食いつき感のおかげで、安心感は非常に高い。
当然、スピンもよく掛かるので、振れば振るほど入る感じ。
飛び出し感は少し鈍いかもしれないが、
ことスピン、そしてコントロール的には高次元の安定性を持っていると思う。

関口プロの試打でも、プレステージの弾き感とは違って、
ブラックコスメは一瞬遅れてボールが出てくる感じ。
そしてトップスピンの落ち方が明確に大きい。

実際、ワタクシも関口プロパーソナルのプレステージと打ち比べたが、
ボールの飛び出し感はプレステージ、スピンと安定性はブラックコスメという感じだった。

このラケット、フレームの薄さからは想像つかないくらい扱いやすい。
どんなモデルで出てくるのかはまだヒミツだが、
ワタクシもじゅうぶん使いたくなる1本であることは間違いない。

HEADのK林さんによれば、「もう数日で情報を解禁します」ってことなので、
気になっている皆さん、あちこちにアンテナ張っておいてください。
お楽しみに!

#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております
#HEADTENNIS
#TeamREC

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

卓球とか、関口プロとラリーとか。

スポーツショップを視察に。

卓球も球出しマシンあるのね。
th_IMG_4204

ラケット、いくらくらいするんだろう。
th_IMG_4205
2万円オーバー!高いのね。
しかも、カーボンが入ってるって。

知らなかった。
時代は進んでいる。

卓球クラス、開講したいんだよね。
もっと勉強しなきゃ。

 

 

さて、そんなわけで、Team RECの関口周一プロ。

テニス365ネットのワッキーテニスチャンネルの収録をサクッと終え、
自らのYOTUBE CHANNEL「SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL
のHEADブラックコスメモデルのインプレ撮影も順調(そうか?)に終わった。

「おつかれ!」

「ありがとうございました」

「ところで、オレもう1回このブラックコスメ打ちたいんだよね」

「そんなに打っていないんですか」

「うん。ということで、テニスするか!周一くん」

「いいっすよ」

 

実は関口プロとはほとんどラリーをしたことがない。
もしかしたら一度も無いかも。

だいたい関口プロと一緒にいるのはツアー会場か日本リーグ。

試合前の選手はルーティンも持っているし、場合によってはピリピリしている。
関口プロは試合に向けて集中していくと、近寄りがたい空気も発するタイプ。
そういう時は無理に話しかけずに放っておくことにしている。

練習も空き間もないことはないが、
さすがに真剣勝負の場所で「ちょっと打つか」と言えない。

あ、でも何故か竹島プロには「駿朗、ちょっと打ってあげようか」とは言う。
駿朗も「お願いします!鍛えてください」とか合わせてくれるし。(笑)
キャラクターによるってことか。

ただ、駿朗のワタクシと打つときの手抜き感は半端ない。
この辺の演技力はまだまだだなと思う。(必要か?)
斉藤貴史プロはワタクシと打っても一所懸命感出してくれるんだけどな。

 

そんなわけで、関口プロとは初対戦。

ワタクシがブラックコスメ、関口プロは自分のプレステージでラリー開始。

もちろん、関口プロはフルパワーでは打っていないが、
やたらとボールが伸びてくる。
必死で返すも、かなり重い感触。

ただでさえ、食いつきのあるブラックコスメモデルが
さらに食いつく感じが強調されている気がするが、
飛びは悪くないのが救いって感じ。
流して返せるボールがほとんどないってツライね。

そして時おり見せるハードヒット。
クロスコートのコーナーギリギリに直線的で
恐ろしく速いボールが突き刺さる。
まあ、こういうボールは無視するので問題ないんだけど。(苦笑)

しばらく打ち合ったら、もう汗だく。
いやいや、プロとのラリーを堪能させてもらった。

th_IMG_4789

「ラストね〜。周一、ありがとう」と言ったら、
黙って自分のプレステージを差し出し、
ワタクシの持っていたブラックコスメを奪い取る。

もしかして、交換してまた打とうってこと?
しかも、周一パーソナルのプレステージ使えってか?

そんなわけで後半戦。
そろそろ倒れていいっすか?

もうお腹いっぱい。
楽しいような地獄のような、夢のような時間を過ごさせてもらった。
息も絶え絶えに、ラケットの感想などを話し合う。
th_IMG_4790
関口プロ的には食いつきが良すぎるようだ。
やっぱりまだプレステージがいいなってことだった。

うん、周一パーソナル、けっこう打ちやすいよね。
冗談抜きで、そんなに扱いにくいセッティングじゃないんだよね。

ワタクシ的には、食いつきとスピンのブラックコスメはけっこう気に入った。
フレームが薄めなわりにはソフトだし、使いやすいと思う。
正規版の発表、発売が楽しみだ。

 

ちなみにその日夜から身体のあちこちがギシギシと痛かった。
次の日の通勤は電車で座ってても腰が痛くて・・もう。
それだけプロはすごいってことね。

関口プロ、またお願いします。
今度は試合をしよう。(無謀)

#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております
#HEADTENNIS
#TeamREC

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ゴールデンキッズとか、周一的インプレ!とか。

レックインドアテニススクール上石神井でもゴールデンキッズの体験会が始まる。
th_IMG_4791
壁面バナーやHPから続々と申し込みをいただいている。
とても良いプログラムです。
お子様の運動能力開発にぜひどうぞ!

 

さて、関口周一プロ。

レックインドアテニススクール上石神井でのテニス365ネットの
ワッキー テニス365チャンネルの収録が、思いの外早めに終わった。

「周一、おつかれ。帰る?」

「いや。時間早いんで、ボクのYOUTUBEの撮影しようかな」

「何撮る?」

「HEADのブラックコスメのインプレどうすか」

「いいんじゃない。もってんの?ブラックコスメ」

「無いっす」

「どうすんだよ」

「ためブロさんのあるじゃないすか」

「あ、オレのでね」

「ステンシル入れていいすか。
ステンシルなし打ってたら怒られちゃうんで」

「そうだよね。契約プロだもんね」
(ワタクシは契約していない。念のため)

ということで、ステンシルを入れてと。
th_IMG_4784

「あ、iPhone固定するスタンド持ってきてない」

「ダメじゃん。何か代用品探そう。ボールキャスターにテープで留めるか」

「いい場所見つけました!」

th_IMG_4786-1

ほんとだ。
いい感じにハマってる。

「ちょっと角度が下向きだなぁ。そこでラケット振ってみ」

「こうすか?どうです?」

「頭が切れるっていうか、軌道がわからないかも」

「少し上向けましょう。なんか無いかな」

「あった!これでどうだ」

th_IMG_4786
とりあえずの嵐。(笑)

ということで、ブラックコスメと周一パーソナルのプレステージを打ち比べ。

送球はワタクシ。
th_IMG_4785
プロに球出し・・・ちょっと緊張するな。

で、送球位置からだと2つのラケットの軌道の違いがよくわかる。

ブラックコスメはフェイスに食いついてからぐわっとボールが出ていく。
推進力よりもスピン量の比率が高いからか、かなりの急角度でボールが落ちる。

プレステージはブラックコスメに比べると、弾きよく打ち出される感じ。
直線的にネット上を通過し、一気に落ちてベースラインに収まる。
いわゆるエッグボール気味の軌道。

以前、日本リーグの練習後のビーンズドームで、
ラジカルプロとプレステージを打ち比べた時も
明らかな違いが見られたけど、今回も違いが明確で面白かった。
動画でもうまく見えるといいな。

打ち終わり、周一がカメラ前に。
映り方をチェックしてるのかと思ったら。
th_IMG_4786-2

蹲み込んでコメントしてた。
もうカメラ動かせないもんね。(笑)
th_IMG_4787

最後にワタクシの手持ちiPhoneでオープニングを撮影し、なんとか無事終了。

ブラックコスメモデルの情報解禁前に、
SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL
で公開されると思う。

ワタクシの正確無比な送球とあわせてお楽しみください。

#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております
#HEADTENNIS
#TeamREC

カテゴリー: Team REC, インターネット, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

しあわせとか、ワッキーチャンネルとか。

新しいものには手を出しておけってジイちゃんの遺言で買ってみた。(遺言はウソ)
th_IMG_4604
うーん、幸せじゃなかったし、くせにもならなかった。
レモンはまだいいとして、バターはちょっと。
ほんのり甘いポテチはビールには合わん。

て、想像しなきゃ。

 

さて、某日。

レックインドアテニススクール上石神井へ。
この日は休館日だが、あるアポがあった。

というのは・・・
th_IMG_4768
関口周一プロとワッキーさん。

ワッキーさんはYOUTUBEで、ワッキー テニス365チャンネルを運営中。
数々のトッププロへのインタビューやコラボ企画をこなしている。

先日、テニス365ネットさんと打ち合わせの際に
「Team RECプロメンバー&最近はYOUTUBERでもある関口プロと
ワッキーさんのコラボなんてどう?」と打診してみたところ、
やってみようということになり、この組み合わせが実現したというわけ。

関口プロ YOUTUBE CHANNELはこちら。
SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL

 

軽く打ち合わせをし、さっそく撮影開始。
th_IMG_4773

関口プロのサービス練習などを撮っていく。
th_IMG_4779
周一、サービス速くなった?
それとも久しぶりに見たからかな。(失礼だ)

 

で、ワッキーとのからみ。
th_IMG_4781

ラリーやら試合やら。
なかなか面白い感じで撮影してた。
遠目だったから、雰囲気だけだけど。

楽しい雰囲気で撮影終了。
近々、動画がアップされると思う。
th_IMG_4783

お二人ともお疲れ様でした!

それにしても、ワッキーさん、ホントにテニスが好きなのね。
すごくテニスを楽しんでいるし、テニス愛も感じられた。
こういう発信ていいなぁ。

ぜひ、ワッキー テニス365チャンネルをご覧ください。

いろいろ話をしていく中で、他にも楽しそうなアイデアがたくさん出てきた。
またうまくコラボできるといいな。
一緒にテニスを盛り上げましょう!

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

豪華イベントとか、メンバー近況とか。

休校明けの特別企画!
th_プロ補講

Team RECプロメンバーによる補講イベントが開催される。

ツアー再開を待ちながら各々練習していたメンバー。
「これだけ日本にいるのはこの機会だけだし、何か出来ることないですか」
と有難い申し入れが。

ならば、スクール会員の皆さんとのテニスでしょということで急遽企画。
テニスを楽しんでもらい、プロたちのことを知ってもらい、
もっとTeam RECを選手を応援してもらいたい。

そんなプロたちの思いと心意気も詰まった企画。
ぜひお申込みください。

*今回はレックインドアテニススクール上石神井の会員様のみです。
ごめんなさい。
他校と一般の方向けはまた検討しますね。

 

さて、そんなTeam RECプロメンバーの近況など。

ATP,WTA,ITFが8月からのツアー再開を発表した。
おそらく様々な制限やケアのもとでのトーナメントになると思われるが、
まずは一歩前に進んだということで、少し安心した。

Team RECメンバーも最大限のケアをしつつ、
ツアー生活に戻っていってほしい。

ちなみにこの期間中、Team RECプロメンバーは何をしていたかと言うと、
やることがないから寝てばかりいた・・・わけはない。

各々、じゅうぶんではない環境ながらコートを確保し、
練習〜トレーニングの日々を送っていた。

鈴木プロは、先日、こんな活動を開始。

th_スクリーンショット 2020-06-21 17.45.23
スターテニスアカデミー

YOUTUBEで新番組を立ち上げ。
小野田プロと一緒にテニス深いところまで掘り下げた番組を配信。
技術の深い部分、感覚的な部分、裏話など、情報満載。

正直、無料配信で良いのだろうかと思うくらいの内容。
いいんですか?貴男さん。

ということで、かなりオススメの新番組である。
その他、徐々にクリニック等も再開方向のようなので、
鈴木プロの直接指導を受けられる機会もあるかも。
お楽しみに!

 

関口周一プロも練習場所を変えながら、練習&トレーニングの日々。
実はレックインドアテニススクール上石神井にもちょくちょく来ていた。

これはある日のトレーニング風景。
th_スクリーンショット 2020-06-21 17.34.30

楽しそうだけど、キツイのね。
th_スクリーンショット 2020-06-21 17.34.43

先日は、添田プロと一緒にひたすらトレーニング。

「終了です。ありがとうございました」
「あれ?ボール打たないの?」
「テニスは午前中、しっかりやってきました」

残念。
添田プロと関口プロのラリー見たかったな。
チャンスがあれば割り込んで一緒に打たせてもらおうと思ったのに。(無謀)

休業中、何かできないかと考えた関口プロ。
こんなことにもチャレンジ。
th_EaJjpwpVcAAy4NU

Uber Eatsの配達である。
th_shuichiscrshot
周一、嬉しそうだ。

「トレーニングにもなるし、いいかも」
って言ってたけど、ホントにやったのね。
いい経験だね。

 

で、実は守谷総一郎プロもUber Eatsの配達をしていたそうだ。

https://www.instagram.com/p/CBk0cmcpJGo/?utm_source=ig_web_copy_link

先日、会社に来た時に、
「時間が余っちゃって。何かアルバイトないですか?」
と言っていた。

スクールも休校中でイベントも組んであげられず、
「再開したらイベントやろうね」と言っていたのだが、そういえばあの時、
「Uber Eatsの配達やろうかと思うんですよね。トレーニングにもなるし」
って言ってたな。
ホントにやったのね。

ということで、様々な活動をしていたプロメンバーもツアーに向けて動き出す。
皆、またここから頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ボルボとか、スタッフ研修会とか。

VOLVO
940かな。

th_IMG_3564

この角ばったクラシックフォルムのボルボが好きだ。
昔、740に乗ってた。
よく壊れたけど、いい車だった。
懐かしい。

 

さて、こんな状況になる前のお話ね。念のため。

しばらく前、レックインドアテニススクール上石神井で、
Team RECスタッフ研修会が行われた。

講師はこのおふたり。
th_DSC_2039
鈴木貴男プロと関口周一プロだ。

鈴木貴男プロには、年に数回のスタッフ研修をお願いしている。
そしてかなりの確率で関口プロも参加してくれている。
th_DSC_2048

おそらく日本にいる時は100%の確率で参加。
貴男さんに呼び出されてるのかな。

こんな豪華な研修をタダで受けられるなんて、
Team RECスタッフは幸せ者だ。
th_DSC_2045

あ、現在スタッフ募集中です。
Team RECに加わりたい方は、HPからエントリーをどうぞ。

ということで、研修開始。
th_DSC_2074

まずは両プロのデモンストレーションから。
th_DSC_2082

th_DSC_2095
テニスってこんなに簡単で楽しいものなのかと思ってしまうような
テンポの良いラリーが続く。

そして徐々に理論〜実践へ。
th_IMG_2658

th_IMG_2674

すべてのショットを網羅していく。
th_IMG_2711
話している通りにデモンストレーションをする、
しかもミスなく、かなりの精度でって、すごいよね。

「まあ、これが仕事ですから(笑)」と、鈴木プロは仰るけど、
我々コーチも、これが仕事なのは一緒。
言動一致のデモを心掛けねばと強く思ったりした。

終盤。
コーチたちへのアドバイスも熱く細やか。
th_IMG_2714
なかなかないよね。こんなこと。

関口プロも。
th_IMG_2698
女子には特に優しい気が・・・(ウソだよ)

とても濃くて熱い時間はあっという間に過ぎ、終了。
th_IMG_2657
両プロ、ありがとうございました。

みんな。お疲れ様。
レッスンに活かそうね。

こんな研修会もしばらくは形を変えたり、工夫をしないと出来ないなぁ。
ほんの数カ月間のことなのに、すっかり世界が変わってしまった。
早く元に通りになることを信じて頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

閉店?とか、発信とか。

いつもの出勤ウォーキングコース。
裏原宿あたり。
th_IMG_3463

th_IMG_3464
何だか、空き店舗が増えたような気がする。
これも自粛の影響だろうか。

このままじゃ、ホントに経済崩壊になる。
ポピュリズムでも劇場型でもない意思決定を望む。

 

さて、Team RECのプロメンバーたち。

現在は練習場所もままらない状況らしい。
そもそも使えるコートがない。
何とか使えるコートを見つけても、時間も限られるらしい。

まあ、仕方がないといえばそれまでだが、
試合も7月まで無くなったこの状況でモチベーション維持は大変だろうな。

そんな中、普段では出来ないことにトライしているメンバーも。

関口周一プロはSNS系を強化中。

先日は、インスタライブを開催。
たまたま通知が出たので入ってみた。

あれって、入ったユーザーのIDが表示されるのね。

配信中の周一に「こんにちは。ためブロさん」と言われ、ちょっと焦った。
th_IMG_3316
少し覗いただけなのに退出しづらいじゃんか。

ちなみにその後、少しコメント入れてみたが、拾ってくれなかった。(笑)

 

そんな感じで関口プロはYOUTUBEでも撮り溜めた動画を少しずつ配信している。

th_スクリーンショット 2020-01-09 21.31.20
SEKIGUCHI SHUICHI TENNIS CHANNEL

 

これはしばらく前。

撮影はワタクシだ。

 

あと、こちら。

これも撮影したのはワタクシ。
日本リーグのビーンズドームの時だ。

チームでの練習終了後に、ラケットを試したいので、
撮影をしてほしいと頼まれ、iPhoneで撮影してあげたもの。

YOUTUBEでは画像が荒れているが、実際はもう少しクリアに撮れている。
なんで、荒れるんだろう。

この時に思ったのは、ラケットでこれだけ違うのかということ。
ボールの軌道、スピード、コートへの収まり具合が明確に違った。

ラジカルはパワーはあるけど、かなり打球が暴れている。
一方、プレステージは軌道が明確に安定している。
プロだし、徐々にアジャストはしていくのだろうが、
パッと持って、同じように打つと、ここまで違うのかと驚いたテストだった。

 

ちなみに、途中で出てくるラケットスペックは、関口プロのラケットを預かり、
ラケットマイスターさんで計測してもらったもの。
ちゃんと揃っているところが、さすがパーソナルモデルである。

現地で関口プロにこの動画を送り、
関口プロからコーチに送って観てもらったそうだが、
結論は「やっぱりプレステージだね」というものだった。
選手とコーチ、そして側で見ていたワタクシも意見は一致した結果だった。

 

で、これは面白練習系。

関口プロの奥様が鬼のボール出しをしてくれている。
ちなみに奥様のユカちゃんは、島津製作所のスタッフ兼コーチ。
少し前までは、選手として活躍していた。

この動画での球出しは、その片鱗が見えた鬼送球だけど、
他のドレーニング動画では、スポーツ選手らしからぬ、
困ったコーディネーションぶりを披露している。(笑)

まあ、そんなこんなで、「今出来ること」を実践している関口プロ。
ぜひ、YOUTUBEチャンネル視聴〜登録をお願いします。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

失業?とか、贅沢試打とか。

関口周一プロが会社に寄ってくれた。
th_IMG_2378
練習の帰りのようだ。

すべてのツアーが中止になり、「失業状態です(苦笑)」とのこと。
ツアー中止が発表された日は、さすがにショックで練習をキャンセルしたそう。

選手は皆、先の見えない複雑な思いで日々を過ごしていることだろう。
Team RECのメンバーたちの報告によれば、それぞれ再開の日を信じ、
練習とトレーニングに取り組んでいるようだ。

関口プロは、この時だからと自身のYOUTUBE CHANNELや
Instagramのライブ配信など、普段できないことにも
積極的に取り組んでいる。

SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL

チャンネル登録がまだの方はぜひ!

とにかく今できること、そして最大限のケアをするしかない。
先はまだ見えないけど、負けずに頑張ろう。

 

さて、少し前のこと。
レックインドアテニススクール上石神井へ。

打ち合わせや、あれこれの合間に、
預かっているHEAD G360+ SPEEDを試打することに。
th_IMG_2418

th_IMG_2425

お相手はこの方。
th_IMG_2380
竹島駿朗プロ。

たまたま研修で来ていた竹島プロの休憩時間奪って、
無理やり試打の相手をしてもらった。
まあ、若いから休憩いらないよね、知らんけど。

ということで、とても贅沢な試打を。
th_IMG_2390

せっかくなので動画も撮影してみた。
facebookに載せてみたので、興味のある方はそちらからどうぞ。

あ、ちなみにワタクシのfacebookは友達にならないと投稿は見られない。
あと、全然知らない方の友達申請はそのまま放置なので、
繋がりとか、何らかのコメントをお願いします。

竹島プロにリクエスト。

「動画だからさぁ、プロも本気で打ってるふうな演技してね。
流して相手してる感じだと、オレのプレーが引き立たないじゃん。
分かるよね?」

捏造である。(笑)
th_IMG_2386
ちゃんとそれっぽく打ってるか?駿朗。

ということで、ネジメカメラマンに撮影をお願いしつつ、
新しいSPEEDをさらに深く試してみた。
th_IMG_2388

やっぱり今回のSPEEDシリーズ、明らかに打ちやすくなっている。
前作からのこの味付け方向は大正解じゃないかな。
確実の対象層が広がると思う。

最後はサービス。
th_IMG_2397

竹島プロにもちょっとだけ試打してもらった。
「悪くないですね」と分かったような分からないような感想だった。
まあ、ダンロップ契約プロだからな。

プロ独占での贅沢な試打はまあまあ疲れた。

後日、日本プロテニス協会の会合に行ったら、皆さんに
「最近、ようテニスしとるなぁ。メッチャ頑張っとるやん」
と言われた。(関西弁の方が口火を切った)

「いや、あれがテニスしたすべてです」

「オレならプロに、打とうよなんてよう言わんけどな」
(正確な関西弁が再現できているかは不明)

けっこう、みんな見てるのね。
ヘタなプレーできないなと思った。

とにかく今回のSPEEDは良い!
そして、竹島プロは付き合いが良い。
ありがとう、駿朗。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。