カテゴリー別アーカイブ: 関口周一プロ

契約締結とか、全日本スナップとか。

すでに公式サイトではリリースしたが、
このたびTeam RECプロメンバーに新しい仲間が加わった。

nakamurayuki

中村祐樹プロである。

中村プロは、1992年生まれの25歳。
プロメンバーでは関口プロのひとつ下になるのかな。

大学卒業後にプロに転向。
有望な若手プロのひとりである。

nakamura001

実はワタクシが中村プロを初めてみたのは、まだプロ転校前の初冬。
とある都内のクラブにJOP大会の準決勝を観に行った時。

このころはまだTeam RECに男子プロメンバーはおらず、
良い選手がいればとスカウティング的な思いもあり、
まさに中村選手を見に行ったのだが、
話をするタイミングが無く、そのまま疎遠に。

その後、Team RECは鈴木貴男プロ、関口周一プロ、
そして竹島駿朗プロと契約をし、現在の原型が出来上がった。

あれから数年を経て、中村プロと縁が繋がり、
今回の契約に至ったことは、個人的にも嬉しい思いもある。

今後、中村プロはジュニアチームのコーチなどもこなしながら、
選手活動を続けていくことになる。

一時期、怪我で苦しんだようだが、心機一転さらに飛躍の機会にして欲しい。
頑張れ!ユウキ!

 

さて、今年の全日本も閉幕した。
来年は有明では無く、大阪・ITC靭テニスセンターでの開催。
うーん、行けるかなぁ・・1週間は無理だよなぁ。
まあ、来年考えればいいか。

ということで、全日本選手権のスナップなど。

とにかく雨の多かった大会だった。
IMG_0060
コートを移したり、運営側は大変な苦労だったと思う。
寒い上に雨はもう勘弁して欲しい。

新たにTeam RECに加わった西郷プロ。
IMG_0015
今回の結果は残念だったが、来年また頑張って欲しい。

今後の予定としては、まずは安藤証券オープン
実はエントリーしない予定だったのだが、急遽出場に。
シングルスはWC申請中。
もらえるといいね。

準決勝の日はジュニアで頑張っている妹さんと観戦。
IMG_0239.HEIC
ふたりのダブルスで大会に出るのが目標なんだとか。
頑張ってね。

予選のコロシアム。
IMG_0061.HEIC
観客は少ない。
平日だし、雨だし、仕方ないけど。
予選もいい試合がたくさんあるのにね。

晴れた日は観客が多めに感じた。
IMG_0153

IMG_0148
数年前に錦織ブレイクの時ほどではないが、
天気の良い本戦は人が入るのはありがたい。
貴男さんの試合はダントツに観客が多い。

関口プロの試合後。
IMG_0172.HEIC
鈴木プロとトレーナーの横山さんと。
心強いメンバーだ。

竹島駿朗プロの試合後。
IMG_0176.HEIC
一昨年までチームメンバーだった菊池玄吾プロも一緒に。
こうして皆でのショットが撮れるのは、チームぽくて良い。

晴れた日は暑かった。
IMG_0166

IMG_0184

崩れると寒いが晴れると暑い。
ローランギャロみたい。
1回しか行ったことないけど。

全日本が終わると祭りの後って感じだよね。
あ、今日からALLREC CHAMPIONSHIPSで山梨だった。
感傷に浸ってる場合じゃない。
準備しなきゃ・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

決勝とか、準決勝とか。

全日本選手権も大詰め。
土曜日は女子決勝と男子準決勝が行われる。

会場はまあまあの観客数。
日本一を決める大会だからもっととも思うが、
雨の中、来場くださったテニスファンの方々に感謝である。
IMG_0240.HEIC

女子決勝は3度目の正直で優勝を狙う今西選手と、
怪我からのリハビリ中ながら決勝まで上がってきた秋田選手の対戦。
DSC_2388

DSC_2436

互いに譲らぬ展開でファイナルセットへ。
DSC_2452

打ち抜く秋田選手とカウンターを繰り出す今西選手の戦いは、
今西選手が耐えて優勝を決めた。
DSC_2478

2回の決勝敗退での今回の3回目の決勝は
プレシャーも相当なものだったと思うが、見事な優勝だった。
素晴らしい。
DSC_2530

 

さて、続いての男子準決勝は高橋選手が
上杉選手を圧倒して決勝進出を決めた。
新時代を象徴するかのようなすごいラリーだった。
恐るべしだな。

そしていよいよTeam REC 関口周一選手の準決勝に。
ワタクシたちもファミリーボックスに移動し応援。
IMG_0252.HEIC
うーん、見づらいな、この席。

選手入場。
22813960_1864325923897801_1298054407991962940_n
対戦相手はジュニア時代から幾多の戦いを繰り広げてきた江原選手。
昨年の全日本では関口選手が勝ったが、果たして今回は。

試合はいきなり関口選手ペース。
22904638_1864326933897700_9119548163940229475_o

チャンスを叩いて前へ。
22851944_1864326813897712_2249161067850633299_n

一気に5-2とリード。
22829331_1864326057231121_8557397485356586719_o
これはいけるかもと思いきや、江原選手も並大抵ではない。
22829773_1864326153897778_1019250926476083940_o
前に出る関口選手にパスを浴びせ、自分もネットラッシュ。
徐々に自分のペースに持っていく。

ファーストセットはタイブレーク。
そして江原選手が取る。
22851681_1864326607231066_868047535721903251_n

セカンドセットは江原選手のペース。
22904708_1864326140564446_375479556404169317_o

関口選手は必死で追いかける。
何度ものブレークチャンスをなかなかものにできない。
22792406_1864327007231026_5227764758231051858_o

もう少しのところで江原選手ナイスショットにやられる。

最後まで崩せなかった。
いや最後まで江原選手が踏ん張った。
22815312_1980433462227998_1947824511362633878_n

今対戦の軍配は江原選手に。
22894437_1864327073897686_3560911290876253442_n

いい試合だった。
22885856_1864327077231019_1508962916434220850_n

大会序盤に腹筋を痛めていた関口選手。
痛み止めを飲みながらここまでよく頑張った。
22789074_1864327087231018_594710771921217263_n
大事を取って、この先のツアーはキャンセルしたそうだ。
12月の日本リーグに向けて休養、回復、調整に入る。

Team RECにとっても長い1週間が終わった。
各メンバーそれぞれの場所で戦い、またリーグに集う。
さらに強くなって会おう。
お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

晴天とか、よし勝った!とか。

全日本選手権、関口プロの試合は4ラウンド目ということで、
めずらしく朝から会社へ。(って、普通だろっ!)

午前中の商談を済ませ、溜まりに溜まったあれこれを片付け・・・(片付かないけど)。
試合進行を睨みながら、もうひとつの準々決勝が始まったあたりで有明へ。

昨日今日は快晴。
22730588_1863530473977346_8931196833593243782_n
日なたは半袖でも暑いくらい。
毎日こんなだったらいいのにね。

伊藤選手と江原選手の試合はお互い恐ろしく硬くなっているように見えた。
普段ならしないであろうダブルフォルトやボレーミスが山積み。
これこそが全日本の重圧なのかもしれない。

試合は江原選手が押し切った。
第1シードが破れる波乱というのか。
でもこの辺りまで来ると、もはや紙一重だよね。

 

さて、いよいよ関口プロの準々決勝が始まる。
22852103_1863529690644091_6412768143248737086_n

対戦相手はWCで出場の18歳、いや19歳だっけ?
とにかく若い羽澤選手。
今回の台風の目でもある。
22780402_1863529683977425_5117625354755469677_n

怖いもの無しの若者相手は何が起こるか分からない。
調子に乗せないように序盤から叩いて欲しいと願いつつ、試合が始まった。
22829515_1863529687310758_4796551300589740965_o

いきなりの相手サービスのブレークで幕が開いた。
22852126_1863530340644026_5033958685569739048_n
機を見て一気にネットラッシュの場面も多く、
昨日の試合とは打って変わって強気の展開。

しっかり要所を締めファーストセットを取る。
22829098_1863530270644033_7332651634363863310_o

セカンドセット、いきなりサービスをブレークするも
すぐにブレークバックされる。
22792207_1863529917310735_1117145261373552281_o

ちょっと心配な展開になりそうだったが、
攻撃の手を緩めない関口プロ。
22770865_1863529920644068_129614445001529976_o

さらに前へ。
そしてガッツポーズ連発。
22730404_1863530190644041_2409364426436940681_n

22791951_1863530187310708_7133705162822796919_o

最後まで展開を支配しゲームセット。
22814050_1863530347310692_2731752989155492329_n

見事な勝利だった。
22815296_1863530437310683_8771597505219417390_n

さあ、今年もここまで来た、
今日の準決勝は昨年も対戦した江原選手と。
今年も勝とう!
頑張れ、周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

勝利!とか、ベスト8とか。

ようやく晴れた。
しかし週末は台風予想。
貴重な晴れである。

有明での全日本選手権。
今大会では初めて関口周一プロの試合応援。
22780393_1863008957362831_7344533316887232419_n
ラウンドはいつの間にか進み、3回戦だ。

対戦相手は綿貫裕介選手。
昨年の準々決勝の顔合わせの再現である。
22791893_1863009240696136_2368295946163942153_o

序盤、なんとなくピリッとしない関口プロ。
22792466_1863008944029499_5509251205265072079_o

振り切れていない感じもする。
22770957_1863009380696122_610303067841318142_o
差し込まれることも多い。

ん?オフィシャルを呼んだ。
22730116_1863009007362826_5860581213726933861_n
何かアクシデントだろうか。

試合は終始守勢。
22770743_1863008987362828_4576373329799398188_o

22770857_1863009170696143_5148242907120501159_o

とにかく凌ぐ展開。
22769663_1863009197362807_5262829740762969821_o

これだけスライスを多用する展開はめずらしい。
22792540_1863009404029453_341319628766088170_o
フォームも堂に入ってきた。
って、そんなこと言ってる場合じゃない。

そうこう言いながらも勝負所を押さえてセットを取る。
22791805_1863009220696138_5069130734411080442_o

セカンドセット。
22770671_1863009444029449_2216862162651441522_o

若干ペースを上げ、5-1。
しかしそこからまさかの追い上げで5-5-に。
22770961_1863009127362814_1417180430267839878_o

さらにギアをあげる。
22829896_1863009450696115_7740799542896772551_o

そしてセカンドセットは7-5で勝利。
22829232_1863009477362779_3775195871291443894_o

22730408_1863009530696107_3778798234716772824_n

いやぁ、しんどかった。
胃が痛くなった。
22791959_1863009567362770_6968020312655261898_o

「周一のおかげで日焼けできた」とは鈴木貴男プロ。
22730264_1863009574029436_8734384383535456536_n
とにかく勝って良かった。
明日も勝とう。
お疲れ様!

 

さて、もうひとりのTeam REC、竹島駿朗プロはダブルス2回戦。
22730038_1863017540695306_3647826419726268697_n

対戦相手は正林選手・柴田選手。
22780146_1863017267362000_8841806484340924125_n

ファーストセットを取り、セカンドセットも・・と思いきや、落とす。
22780273_1863017447361982_1558814835981606830_n

大丈夫?どうした?
22730081_1863017524028641_3540257184333437634_n

心配のセカンド終盤からファイナルセットはギアチェンジ。
22730127_1863017537361973_5566652072088137934_n

一気に相手を突き放し勝利。
ふう、ちょっと焦ったよ。

応援に来ていたTeam RECメンバーで。
IMG_0176.HEIC
今日はあと1試合だ。
頑張ろう。

少し時間が空いたので会社に戻る。
ダッシュで仕事を片付けていたら、
そろそろ試合が始まりそうな感じ。
ふたたびダッシュで有明へ。

ダブルス準々決勝はコロシアムコート。
相手は第1シードの仁木選手・今井選手ペア。
22814272_1863024057361321_4402390296452180467_n

22728920_1863024387361288_6587300399145524339_n

さすがに第1シードは強い。
ファーストはあっさり落とし、セカンドセットは
リードしながら取りきれずタイブレークに。
22815129_1863024477361279_6468561430156539889_n
最後は取りきれず敗退。
今年はベスト8だった。

昨年を思えば悪くない結果だったのかもしれないが、
まだまだこんなものじゃない。
明日からさらなる進化に期待の竹島プロである。
頑張れ、駿朗!

そして今日は関口プロのシングルス準々決勝。
勝とうぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

また雨とか、Japan Openスナップとか。

また雨である。

全日本選手権、選手も運営側もたまらないだろうと心配しつつ、
試合がキャンセルになれば、鈴木貴男プロの身体の回復には
良いかもと思ったが、会場を移動しての試合になった。

鈴木プロは2回戦を棄権した。
やはりそうか。
そもそも1回戦を戦い切ったことも驚きだったし。
この先を考えると、まずは回復を願うばかりだ。

会場を移して行われた試合。
Team RECの竹島選手は吉備選手に敗退。
関口周一選手は島袋選手に勝ち、3回戦に進んだ。

今日は関口選手がシングルス、竹島選手がダブルスを戦う。
勝とう。

 

さて、もう随分と前のことのような気がする楽天ジャパンオープン。
忘れないうちに写真などを。

ビーチテニスもすっかり大会に根付いた感がある。
IMG_9733
ジャパンオープンとトーナメントを共催するのは
とてもナイスなアイデアだと思う。
会場も賑やか、華やかだし、選手もさらにモチベーション上がるよね。

PLAY&STAYコーナー。
IMG_9736
カリスマコーチの神谷さんが担当。
神谷さんはたしか同世代。
精力的な活動はとても刺激になる。

今年のオフィシャルカーはプジョー。
IMG_9735
SUVも出したのね。
いいね、これ。
買えないけど。

ロイヤルシートの入り口。
IMG_9739
ちゃんとチケットを持っているのに、
「止められたらどうしよう」と一瞬ビビるのは
セレブ要素がかけらもないからだ。

なんだかんだで、毎年ここで観戦できることに感謝。

ロイヤルシートのレストラン。
IMG_9742

RADOがスポンサーだ。
IMG_9743
RADOって言えば、中学生の頃、祖父の形見か何かで
腕時計を持っていた記憶がある。
当時は、RADOの価値も知らないし、オヤジ臭いし、
重いしで、カシオのペラペラのデジタルが欲しかった思い出が。

あのRADOの腕時計どうしたかな。
今ならアンティークウォッチとして使いたい。
実家にあるのだろうか。

行けたのが遅かったので、レストランのランチタイムは終わっていた。
ティータイムのコーヒーとスイーツ。
IMG_9744
ちなみにケーキはこれが完成形。

皿の中央に何か持って来てくれると思ったあなた、
セレブじゃないですよ。(実はワタクシ)

とても濃厚ながらクドくなくてで美味しかった。
表現もセレブじゃない。
食レポは無理だな。

オフィシャルウェアはFILA。
IMG_9749
そう言えば、大人になってから、FILAには縁がない。

高校生の頃は、同時インターハイに優勝した大スター、
藤田秀丸選手に憧れて、ボルグモデルのポロシャツを買ったっけ。
憧れられる方も迷惑だな。

今年の観客の入りは圭がいないにしてまあまあ。
DSC_5853
まあ、チケットは欠場発表前だけどね。

様々なイベントやショーアップなど、
運営側の工夫の成果もあるのだと思う。

長くなったので、残りは後日ってことで。

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シグルスとか、ダブルスとか。

朝イチからテニス事業協会で会議。

この日の全日本選手権は1ラウンド目から竹島プロが出場するのだが、
さすがに間に合わない。
何とか勝ってくれよと願いつつ会議を終える。

ライブスコアを見ると、竹島プロは勝利、鈴木貴男プロの1回戦が始まっている。
試合ペースの速い貴男さんだが、セカンドセットには何とか間に合うかも。

ダッシュで有明へ。
IMG_0145
まだ試合は終わっていない。

1番コートに行くとすごい観客数。
IMG_0146

平日なのに、さすが貴男さん。
22769798_1861954217468305_3858479089690628954_o
今日もキレキレかな。

と、貴男さんに異変が。
腹筋、背筋を押さえて審判に何やら話しかける。

どうやらトレーナーを要請したようだ。
22780568_1861954220801638_4068330751682809185_n
メディカルタイムアウトを取る。
かなり痛そう。
重症なのか?

再開後もとてもツラそう。
22792444_1861954514134942_3810984714762964648_o

サービスも棒立ちでしか打てない。
22769752_1861954274134966_4258497103692350202_o

それでもネットラッシュでポイントを積み重ねる。

状態はさらに悪くなっている様子。
22791857_1861954517468275_1536677997365220271_o

22770026_1861954510801609_7403734887726710367_o
ラリー中にこの状態。

とうとうサービスもアンダーハンドになった。
22712239_1861954584134935_6522062259926014639_o

これはリタイヤした方が良いのではとハラハラしながら見守る。
それでも試合を続ける。

そしてここから勝利への執念〜鬼の形相に。
22712495_1861954344134959_1822261129364738706_o

微妙なジャッジに思わず座り込む場面も。
22713238_1861954420801618_8249820926141748109_o

そしてネットへ。
22770466_1861954644134929_660619937695318680_o

怒涛のプッシュだ。
22769565_1861954340801626_8295766733553758585_o

この状況で恐るべし。
22713300_1861954667468260_249172256945602173_o

22555558_1861954664134927_2300391636048678442_o

そしてとうとう押し切った。
22555668_1861954697468257_3287467241431687173_o

あの状態から勝利をもぎ取るとは。
まさに勝負の鬼。
22728833_1861954730801587_1728865512750166468_n
なんて人だろう。
感動して泣きそうになった。

話は出来なかったので、状態は分からないが、
出来る限り回復させて欲しい。
でも、無理しないで欲しい。

 

さて、貴男さんの試合が終わった後。
4番コートで竹島駿朗プロのダブルスが始まった。

竹島プロは午前中にシングルス1回戦を戦い勝っている。
ダブルスも勝って、弾みをつけたいところだ。
22687841_1861946037469123_5546622643191811617_n
パートナーは菊池玄吾プロ。
ジュニア時代からペアを組む一番息の合った選手である。

対戦相手は、高橋選手、徳田選手ペア。
22780308_1861946044135789_7878392133929514073_n
最近伸び盛りの若手ペアである。

相変わらず玄吾のプレーはキレが良い。
22770597_1861946120802448_8449420912012775131_o

竹島プロも良い動きをしている。
22791896_1861946224135771_1667335624091188777_o
ファーストセットは7-5。

セカンドセットも5-2でリード。
これは決まったなと思ったが、そうはいかず、
追い上げられてタイブレークにもつれ込む。
22770520_1861946217469105_3189848657695098357_o

一時はリードされ危ない場面もあったが、そこは長年のペア。
22792528_1861946117469115_3548994517341421895_o

絶妙のコンビネーションでまくる。
22555576_1861946324135761_5213909135207134730_o

22791765_1861946404135753_5372955845084760887_o

そして勝利!
22728842_1861946567469070_9126623839759618640_n

素晴らしい試合だった。
22729177_1861946630802397_7459206557988433412_n

ということで、昨日のTeam RECは全勝。
今日は10時に関口プロ、鈴木プロ、竹島プロの
シングルスが並びでオーダーされている。
(見られないじゃん)
そして午後はダブルス。

しかし天気予報は雨。
鈴木プロの回復にはいいかも。

それにしても今年の全日本は雨が多いなぁ。
こっちも大変だけど、選手はもっと大変だ。
しっかり整えて勝ちましょう。
頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雨とか、本戦へ!とか。

雨、雨、雨・・である。
IMG_0060
土曜日も選手は早稲田と慶應のコートに移動し試合を消化。
竹島プロも慶應のコートで戦い、勝利をおさめた。

鈴木貴男プロの試合はキャンセル。
次の日に持ち越された。

それを知ったのは、コロシアムに入ってから。
女子の試合を観て、雨の中を濡れながら帰った。

しかし運営側も大変だろう。
序盤は試合数も多いしね。
協会のイマムーくんも忙しそうだった。(外国人じゃないよ)
頑張ってね。

 

さて、そんなわけで予選決勝は日曜日に持ち越された。
台風上陸前日のこの日、また早稲田と慶應のコートも使用しつつ、
しかしTeam RECの鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロはコロシアムにオーダーされた。
しかも続きのオーダー。
応援しやすくて良かった。

クルマで行こうか、電車で行こうか迷いながら、結局電車にした。
駐車場料金、高そうだし。

ずぶ濡れになりながらコロシアム到着。
IMG_0061.HEIC
写真を撮っている手前側の前ブロックはまあまあ埋まっているが、
雨の予選とあっては集客も厳しい状況。
それでも熱心なテニスファンには感謝である。

 

まずは鈴木貴男プロの試合。

昨年は予選決勝で敗退。
本戦には入れなかったことがニュースになった鈴木プロ。
今年は本戦に入って欲しい。
しかし本戦を逃したことがニュースになるってすごいな。

IMG_0067.HEIC
対戦相手は広川選手。
ゴツい当たりのハードヒッターだ。

試合は鈴木選手ペースで進む。
22713199_1861021877561539_1666895825117742022_o

スキあらばネットラッシュでプレッシャーをかける。
22555387_1861022280894832_7316150500609814919_o

怒涛のネットラッシュ、恐るべし。
確実に自分のステージに誘い込む。
22555447_1861022214228172_390706344303382913_o

後ろでの引き合いも巧み。
22552599_1861022354228158_6305135412694398654_n

繋ぐところは繋ぎ、一気にネットへ。
22553115_1861021960894864_564629521862822195_o

さすがの展開である。
22552933_1861022287561498_707778951328045677_o

ちなみに全日本にチャレンジシステムはありません、貴男さん。
22554973_1861022370894823_9138125110806423660_n

最後まで主導権を離さずにストレートで勝利。
22552467_1861022424228151_5850756091523145547_n
本戦進出を決めた。
さすがです。

 

続くは竹島プロ。
22688677_1861023784228015_848363530406947741_n

対戦するは福田選手。
41歳現役の福田選手は鈴木貴男プロより数ヶ月年上。
まさに双璧のレジェンドである。
22687648_1861023790894681_5595242058792058202_n

互いにサービスキープで始まったファーストセット。
22712618_1861023874228006_2050633394558471106_o

福田選手の粘りは驚異的。
22552903_1861023877561339_288174695256926497_o

なかなか突き放せない竹島プロだが、
後半の勝負所でようやくサービスブレーク。
22712235_1861023787561348_5420653417869542415_o
ファーストセットを取る。

セカンドセット。
22712426_1861024237561303_2099023192063848181_o
いきなりサービスブレークしたもののブレークバック許す。
隣でボスが「駿朗、あういうところが甘いんだよなぁ」とボヤく。

しかし、ここでひとつギアを上げた竹島プロ。
22553388_1861024287561298_2154534435721371582_o

一気に突き放しにかかりゲームセット。
本戦出場を決めた。
22555195_1861024294227964_880367750995617197_n
良かった。
昨年は予選で涙を飲んだしね。

さあ、これでTeam RECからのシングルス本戦は、
関口プロ、鈴木プロ。竹島プロの3選手。

仕事が詰まっていて、なかなか会場には行けないけど、
行ける日まで勝ち残って欲しい。

明日は関口プロと鈴木プロにダブルスがオーダーされた。
ガンバレ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

開幕!とか、1回戦とか。

いよいよ開幕。
IMG_0018
全日本選手権である。

ただ、雨&メッチャ寒い。
なんだこの天気。
確かに全日本の期間、冷たい雨が降る日があるイメージはあるが、
ここまで寒くて雨が続くのはねぇ。

IMG_0019

仕事もテンパってるし、試合のスケジュールはメチャクチャだし、
いったいどうなる全日本&ワタクシって感じ。

とにかく年末までを乗り切らなければ。
瞬発力&対応力が大事だな。
(やっつけって意味じゃありません、念のため)

 

さて、そんなわけでTeam RECメンバーの動向を追う。

竹島プロが練習中。
IMG_0013
調子は悪くなさそうだ。

関口プロもやってきた。
IMG_0026
遠征から戻ったばかりで、洗濯に忙しいとか。

この度、サポートメンバーとして契約した西郷幸奈プロ。
IMG_0015
ITF浜松からとんぼ返りでの参戦だ。

予選1回戦の対戦相手はは17歳、アメリカで活動中の選手。
今回はワイルドカードでの出場だそうだ。

22553002_1860117800985280_828584455047655891_o
腹筋を痛めているとの西郷プロ。
苦しい展開が続く。

途中、盛り返すも及ばす敗退。
22550565_1860116820985378_8256736332971758903_o
ハードなスケジュールの中、頑張ったが残念。
ダブルスは本戦なのでリベンジしてほしい。

 

続いての登場は鈴木貴男プロ。
Team RECの顔としてぜひ本戦に入ってほしい。

対戦相手は大学生。
試合は終始、鈴木貴男プロが支配していた。
22553003_1860127277650999_2761827881051175693_o

まさに鈴木貴男劇場のネットラッシュ。
22519060_1860127437650983_6065953747835563823_n

雨で中断があったものの、ペースは変わらない。
22539028_1860127524317641_3232853839788437882_o

6-3 6-3で勝利。
22555138_1860127604317633_1288958979379399734_n
2回戦にコマを進めた。
いつ見ても鈴木プロの試合はエキサイティングだ。

 

コートを移動し、竹島プロ。
DSC_7844

試合は始まったばかり。
DSC_7885
しかし何度も雨による中断。
最終的にはサスペンデドに。

週明けに台風も来るし、今年の全日本は荒れ模様。
厳しいのは全選手が同じ条件。
しっかり整えて勝ち上がろう。

Team REC、頑張るぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよとか、研修会とか。

雨が続く東京だが、いよいよ全日本テニス選手権が開幕。

Team RECからも4名が出場。
alljapan2017
有明のコートにそれぞれの思いをぶつけて欲しい。

今年は何故か殺人級に忙しく、
どれだけ有明に行けるか分からないが、
全力で応援するのは変わらずである。

みんな、ガンバレ〜!
でも今日も待機が長そうだなぁ。
まあ、これもテニスか。

 

さて、そんな全日本選手権直前、Team RECスタッフ研修に
鈴木貴男プロと竹島駿朗プロが参加。
IMG_9969
実は参加ではなく、もともと講師でお願いしていたのだけど。

全日本選手権直前ということもあり、序盤は練習メニュー。
プロ選手のメニューを紹介してもらい、皆で実践。
IMG_9988

両プロも本気モードで調整かな。
IMG_9977

IMG_9984

ひと通りのプラクティスメニューの後は、
各ショットについて掘り下げての研修会。
IMG_9993

最後はダブルスフォーメーションの考え方について
意見交換をしながら、いかにレッスンに組み込むかなどを検討。
IMG_9990

プロのダブルスの考え方、ワタクシたちコーチの考え方、
スクールとしてのカリキュラムなど、
様々な切り口での意見交換は非常に有益だったと思う。

根本の部分ではひとつの流れだが、
年齢やレベル、男女によってどう考えるか。
面白くも、突き詰めなければいけないテーマだと思った。

延々と脈々と続くテニススクールのカリキュラム。
レベル毎の技術要件は本当なのか。
時代で変わって行くのが普通ではないかなど、
考え始めると夜も眠れなくなってしまう。
(って、三球照代かっ!)

「これまで」と「これから」の両面を睨み、
前に進まなければと思った研修会だった。

IMG_9975

鈴木プロ、竹島プロ、ありがとうございました。
全日本選手権も頑張ってください!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、組み合わせ決定!とか。

週末、嬉しいニュース。

Team REC 竹島駿朗プロが、ITF Thailand F7 Futuresにて、
江原プロとのダブルスで優勝した!

IMG_9884

この週、毎日の報告が「体調悪いです」の連続だったので
おいおい大丈夫か?と心配していたが、
「何とかダブルスは頑張ります」の言葉通りに優勝。
良かった、良かった。

次は全日本選手権だね。
Team REC、頑張ろう!

 

さて、テニス日本リーグの組み合わせが決まった。

japanleague2017

今年、レック興発はブルーブロック。
見ての通り、強豪ひしめく熾烈なブロックだ。

全国実業団からの勝ち上がり組も、
今年から男子チームを発足した橋本総業をはじめ強豪揃い。
右を向いても左を向いても楽な試合はひとつもないだろう。

それが実業団のトップカテゴリー、日本リーグなのだ。
とにかく皆一丸となって、全力で勝ちに行くのみだ。

TeamREC0001
これは昨年のTeam REC

Team REC2017のメンバーは・・

関口周一
19025313_1788210074842720_6120734211089860981_o
Team RECのエース。
今年もしっかりポイントゲッターとして活躍してくれるはず。
もともとキャラクターも立っているが、
Team RECの鈴木貴男プロの影響でプレーにも幅が出た。
今年も頼むぜ。

 

竹島駿朗
19225710_1791644497832611_5042483352587289856_n
シングルスもダブルスもいけるマルチプレーヤー。
特にダブルスの戦績はピカイチ。
先週のITFフューチャーズ(タイ)でも優勝している。
どこでもいけるいやらしさはTeam RECの幅を広げてくれる貴重な存在だ。

 

斉藤貴史
19055451_1791020757894985_785186282406091072_o
手首の故障から、昨年は出場機会が少なかったが、
今年は復帰し、ツアーを回り始めた。
苦境から這い上がった人間はより強くなることを開眼してくれるはず。
復活劇に期待である。

 

 

佐藤一平
20689637_1822435578086836_6227659531925468743_o
夏のダンロップスリクソン社会人を制し、
調子乗る・・じゃない、波に乗る主将である。

 

井原力
20616876_1822435664753494_5087562418118135259_o
バズーカーショットは今年も健在。
少し大人のプレーも織り交ぜながらの暴れん坊ぶりで
コートを駆け回る予定。

そして、チームスタッフこのオジサンたち。
21371339_866474303509551_4953272324376114415_n

22195749_877826429041005_5001665482020625655_n
どこを探してもちゃんとした写真がないのが泣けるぜ。
大丈夫か?

ということで、今年のリーグも頑張ります。
選手が・・・ね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。