カテゴリー別アーカイブ: 関口周一プロ

決起集会とか、薄氷の・・とか。

2018japantennisleague2ndbanaer
応援よろしくお願いします!

 

テニス日本リーグ・セカンドステージ
練習日の夜、初日の前夜は恒例のメンバー揃っての食事。
IMG_2252

こんな美味しいお肉もありつつのイタリアン。
IMG_2254
みんなよく食べるね。

店を出た後、中村プロと斉藤プロが、
そのまま1階の松屋に入っていったのには驚いた。
店のおかわりって・・・。

 

さて、そんなわけで初日の対戦はノアインドアテニスステージさん。
一昨年は勝ち、昨年は負け、1勝1敗でタイの同業他社さんだ。
今年は順番的にも勝ちたいぞ。

オープニングマッチはシングルス2。
斉藤貴史選手vs大西賢選手
DSC_1260

DSC_1580

年齢もひとつ違いの二人。
どちらも引けない戦いだ。

予想通り試合は拮抗。
DSC_1570

互いに突き放せないものの、
僅差で斉藤選手が7-5でファーストセットをとる。
DSC_1606

セカンドセットも同じ展開。
DSC_1465

斉藤選手のガッツポーズも増えるが、タイブレークへ。
DSC_1547

ここからギアをあげて一気にタイブレークを制し、見事に勝利。
貴重な1勝を挙げた。
さすが頼れる存在だ。

シングルス1とダブルスは2面同時進行。

ダブルスは竹島駿朗選手・中村祐樹選手ペア。
DSC_1877

セカンドステージの初日で1回のみのペアリングだったからか、
若干コンビネーションに迷いがあるのか、ペースが上がらない。
DSC_1874

互いに良いショットも出るのだが、サービスブレークを許し、
4-6でファーストセットを落とす。

DSC_1807

DSC_1898

そしてセカンドセットも落とし、ストレートで敗退。
DSC_1859

これで1勝1敗のタイ。
やはり厳しい戦いになった。

そういうしているうちに、シングルス1の関口周一選手は
ファーストセットを3-6で落としていた。
DSC_1739

相手の吉備選手のショットがはまっているのもあるが、
どうにもピリッとしない展開が続く。
DSC_1921

天を仰ぐ場面も多く、なかなか突破口が見出せない。
DSC_1935

これではダメだと思ったのか、
セカンドセット途中でペースチェンジ。
DSC_1744
ペースを落としてつなぐ展開を増やした。

その甲斐あってか、セカンドセットはタイブレークで取り返す。
DSC_1717

そしてファイナルセット。
一時、5-2でリードするも、怒涛のラッシュにあい、
追いつかれてしまう。

そしてまたまたのタイブレーク。
DSC_1698

応援する方も必死。
そして胃が痛い・・・

タイブレークは先にサービスを落とし追いかける展開。
もうホントにしんどい。

ようやく追いつき、その時は来た。
吉備選手のショットがネットに掛かり、勝利!
DSC_2038

3-6 7-6 7-6の死闘を制した。
DSC_2052

素晴らしい戦いだった。
DSC_2054
すごいぞ、周一!

またまたお約束の薄氷の勝利。
2-1で5勝目を挙げ、全勝維持である。
DSC_5806

よかった&疲れた。

いよいよ今日は全勝同士、三菱電機さんとの対戦だ。
メッチャ強い相手だけど、チーム力で頑張るのみ。
応援よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

RECカーとか、練習とか。

2018japantennisleague2ndbanaer
応援よろしくお願いします!

 

Team RECカーである。
IMG_2187 IMG_2191
マグネットシートを貼っただけだが、
なかなかいい感じになる。

今回はレンタカーではなく、DRKさんとワタクシのクルマ。
やっぱり首都圏での試合だと移動が少ないから助かる。

 

さて、そんなわけで会場の横浜国際プールに入った。
IMG_2204

それぞれに集合したTeam RECメンバー。
ファーストステージ以来の顔合わせだ。

IMG_2196

IMG_2198

IMG_2197

IMG_2200

このセカンドステージで決勝トーナメント進出が決まる。

ファーストステージで全勝していると言っても、
すべての対戦が2-1の薄氷の勝利。
勝ち星が交錯するとどんな順位に転ぶかわからない。
このファーストステージでしっかり勝ちきって、
決勝トーナメント進出、そして良い順位で抜けたいところだ。

練習開始。
DSC_1134

IMG_2208

DSC_1143

DSC_1138

皆、いい感じのようだ。

明日のノアインドアさんとの対戦、しっかり戦おう。
応援よろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

節制とか、いよいよとか。

2018japantennisleague2ndbanaer
応援よろしくお願いします!

 

兵庫のファーストステージでの夕食。
IMG_1462

IMG_1463
普段の夜はこんなに食べることはない。
会場から部屋に戻って、仕事を終えてから食事をするから
時間も遅くなる。
ホテル出発が早いとランニングも出来ない。
したがって遠征時は太る。

今回からはちょっと気をつけようと思う。
仕事が終わらなければ、無理に外に出ずに
コンビニでおにぎりでも買って部屋で済ませてしまおう。

ファーストステージの夜中の体調不良事件はけっこう衝撃だった。
大好きな鯖にまさかあたるとは。
疲れてるとダメってことがよくわかった。
気をつけよう。

 

さて、そんなテニス日本リーグ・ファーストステージ。
ずいぶん前のことのような気もするし、つい先日のような気もするし、
とにかく何だか、バタバタと毎日をこなしていたら、
あっという間にセカンドステージがやって来た。

セカンドステージは前年上位チーム同士の対戦。
かなり厳しい戦いになりそうだ。

とはいえ、ファーストステージも強豪ぞろいだったから、
正直どうなるかわからない状態で、ドキドキで臨んだので
あまり変わらないけど。

セカンドステージは、ノアインドアさん、三菱電機さん、トップランさんと対戦する。
対戦予測をしても、やはりやってみないと分からないって感じ。

全日本で背中を痛め、ファーストステージの2試合目以降は
ダブルスに回った関口プロもほぼ完調みたいだし、
ひとまずTeam RECの布陣は整った。
IMG_1400

あとは全力でやるだけ。
とにかく、出来るだけ良い順位で決勝に臨みたい。

横浜ってのも兵庫よりはアウェイ感がなくて良い。
お客様もたくさん応援に来ていただけるとうれしいな。
ぜひ会場に足をお運びください。

そんなこんなで、今日は佐藤一平と中村祐樹を拾って会場に向かう。
それにしても荷物が多いぜ。
IMG_2186
新幹線での手持ちよりは制限が少なくていいけど。

今日は練習日、そして金〜日まで天王山だ。
ガンバろうぜ。

カテゴリー: PC, Team REC, ダイエット, テニス, ランニング, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

集合とか、コンペとか。

2018japantennisleague2ndbanaer
応援よろしくお願いします!

 

Team RECプロメンバー集合写真
IMG_1015
全員が揃うことは滅多にないので貴重な1枚。

今度、全員でイベントやりたいな。
REC FESTAで集まってもいいし、Team REC感謝デーとか。
考えてみよう。

 

さて、これまた昨年のこと。

メッチャ冷え込んだ早朝から埼玉へ。
着いた先はゴルフ場。
IMG_0812
木の奥から顔を出す富士山がきれいだ。

この日はレックゴルフコンペ。
IMG_0810
年に1度、お取引先様にお集まりいただいてのコンペである。
今回も各メーカー様をはじめ、たくさんの方々にご参加いただいた。
日頃から本当にありがとうございます。

ワタクシも気合満々でスタート。
IMG_0815
ヨネックスのAさん、テニスクラブオーナーのHさんと一緒だ。
よろしくお願いします。

元ゴルフ関係だったHさん。
IMG_0820
メッチャ飛ぶ。
ドライバーだと飛び過ぎてしまうので、ほとんど3番で打つ。
多分ドライバーを使ったのはドラコンホールのみだ。
スコアも普段は70台らしい。

ヨネックスのAさん。
IMG_0829
社長さんからいただいたという、
ヨネックス社製のウエッジを持ってきてた。

社長さんからクラブをもらえるってことは
将来有望な社員てことなのだろう。
仲良くしておこう。

そのウェッジは絶対にピンに寄ると言っていたが、
それほど寄らなかったのは、
クラブ云々ではなく、腕の問題なのだろう。

とにかく良いメンバーで楽しく回らせていただけた。

名物17番ホールもなんとかクリアしたし。
IMG_0832

Hさんは3番ウッドで、ワタクシたちのドライバーショットを
はるかに超えて池に入れていた。
IMG_0834
どんだけ飛ぶんですか。(驚)

天気も良いし、風も無いし、コースも良いし(難しいけど)、
素晴らしいコンディションでのラウンドは最高だった。
スコアは最高じゃなかったけど。

表彰式

個人戦はヨネックスのSさんが優勝。
IMG_0875

団体戦はこちらのチームが優勝。
IMG_0878

紅葉をバックに1枚。
IMG_0896
ご参加ありがとうございました。
今後ともレック興発をよろしくお願いいたします。

ちなみにこのコンペ、最下位チームは
次年度も同一メンバーで回るというルールがある。

Hさん、Aさん、来年もよろしくお願いします。
(最下位だったのだ。涙)

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、治療とか。

テニス日本リーグ・ファーストステージのダイジェスト動画が出来た。

これまでTeam RECは常にテッパンというか
王道のオーダーで戦ってきたが、今回はパターンを変えてみた。

このフレキシブルなオーダーで全勝出来たのは本当に大きい。
戦い方の幅が広がったし、相手も予測しづらくなったと思う。

セカンドステージは前年上位陣同士の戦い。
個々のパフォーマンス、チーム力、戦略、
あらゆる要素を駆使して勝ちに行く。

1月19日(金)~21日(日)
横浜国際プール
(神奈川県横浜市都筑区北山田7-3-1)

ぜひ応援にいらしてください。
よろしくお願いいたします!

 

さて、久々に大きな怪我をした休日。

明けて次の日、近所の病院へ。
この病院はいつも混んでいてなかなか予約が取れない。

8時からネット予約開始ってことで、PCの前で待ち構えて、
時報と同時にリロードし、予約ボタンを押す。
おそらくかかった時間は3秒強。
なのに7人待ちって・・・。

妻からの「最初から行ってた方がいいよ」とのアドバイスで、開院時間に行く。
なるほどすぐに呼ばれた。

ベッドに寝かされ、先生が患部を診察。

「ああ、これ骨が見えてますね〜。派手にやりましたね〜」

「骨?」

「骨っていうか、正確には頭蓋骨の骨膜。
骨ってこういう構造になっていて・・・」

と絵を描こうとする。
いいです、今は。

「縫いますか?」

「いや、縫えないですね」

「なんで?」

「傷口に砂利がいっぱい入ってるから、まずこれを出さないと」

「砂利ですか」

「この状態で半日経ってると感染が怖いから、傷を閉じられないんです」

やっぱり救急車呼べばよかったのか。

「とりあえず、洗って、砂利とります」

治療

「少し痛いですよ」

「すごく痛いです。イテテテ」

「痛いですよね〜。も少しガマンね〜」
と看護師さん。
オレは子供かっ!

「はい、じゃあしばらく洗浄と消毒に通ってください。
その後に縫います」

「やっぱり縫いますか?(やだなぁ)」

「ええ、縫います。このままじゃ再生しないかもしれないんで」

レントゲンでは骨に異常はなし。
よかった。

「先生、やっちゃいけないことありますか?」

「洗髪は我慢してください。あとお酒」

「はあ・・」
(頭はラップでカバーして洗おう。酒は仕方ない。いい機会かも)

「お酒は血流が良くなって痛みが増しますから」

「他には何か制限ありますか?」

「え〜と、もうぶつけないでください」

わかっとるわ!

しばらく不自由な生活が続きそうだ。
年末で忙しいのに・・・。
まいったね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

デニムとか、日本リーグスナップとか。

明治通りのリーバイスショップ。
IMG_1278
あったかいジーンズってなんだよ。
そんなのデニムじゃないよね。

リーバイスがそんなの出す時代になったのね。
ユニクロじゃないんだから。
ちょっと残念。

 

さて、日本リーグのスナップなど。

会場のビーンズドーム。
IMG_1393

IMG_1390
どでかいドームにテニスコートが配置してある。
防災避難施設だそうだけど、とにかく寒い。

こんな大きなドームに空調を効かせるのは確かに無理。
で、こんなものが各所に配置してある。
IMG_1436

IMG_1437
ぬく助くんて言うのか。
なんとも言えないネーミング。

 

今回もTeam RECカーで会場入り。
IMG_1380
マグネットシートなんだけど、
遠征でも使えるこのシステムはオススメ。

 

斉藤貴史プロ。
IMG_1387

DSC_6912
いつも何かしらのトレーニングやストレッチをしている。

そのためか、かなりの細マッチョ。
中村プロもそのボディに興味津々・・て、変な意味じゃないよ。

 

ダブルスに出場した佐藤一平コーチ、井原力コーチ。
DSC_8928
ウェアが微妙に揃っていない。

実は井原コーチは前日から風邪気味、当日はヘロヘロだった。
チェンジコートでベンチに戻ってくる目も虚ろな感じ。
ウェアが揃っていないのはそのせいかも・・。

次の日、佐藤コーチ、井原コーチともに発熱でダウン。
社員研修を欠席した。
疲れてたのね。

今回は全員のゲームシャツにロゴを入れた。
DSC_6360
皆でTeam RECの看板を背負うのは気合が入る。
ちなみにワタクシたちのシャツの背中も同じく
ロゴが入ってたのだが、一度もアップを脱ぐこともなく、
お披露目の機会はなかった。
(そりゃそうだ)

 

Team RECは仲が良く、ノリも良い。

日替わりのヒーローを囲んで1枚。
25152142_907885106035137_8347421345930524485_n
ユウキ、よくやった!

次の日はこれ。
IMG_1628
橋本総業ホールディングスさんとの勝負に競り勝った
関口プロと竹島プロを囲んで。

最終日はこちら。
24899822_908871709269810_46801022619779611_n
協和発酵キリンさんとの最終ダブルスに
競り負けた、一平、リキを囲んで。

そんな楽しいTeam REC、次は横浜決戦に臨む。
楽しく真剣に頑張ろう!

応援よろしくお願いします!
ぜひ

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士山とか、ユウキ!とか。

日本リーグに向かう朝。
とても天気が良かった。
IMG_1285
富士山がとてもキレイだったけど、
こんな写真しか撮れなかった。
新幹線からベストショットポイントってどの辺なんだろう。

 

さて、今年のTeam RECは中村祐樹プロも加わり、
さらに強く、さらに楽しくなった。

最初に会った時、「人見知りなので・・」と、口が重かった中村プロ。
面接で口が重いって・・・大丈夫か?と思ったのはヒミツだ。

まあ、Team RECはスタッフもプロも楽しいメンバーばかりだし、
入ってしまえば、なんとでもなるかなと臨んだファーストステージ。

目論見通り、皆で中村プロをイジり・・じゃない歓迎し、
徐々に中村プロも場に馴染んできた。

勝敗が分かれ目になりそうな厳しい場面の起用。
そして大接戦の連続。
皆で中村プロを応援で後押し。

「ユウキ!行け〜!」
「ユウキ!オレたちがついてるぞ〜!」
「ユウキ!足動かせ!(笑)」

そのためかは分からないが、
すっかりチームに溶け込んだユウキ。
徐々にユニークさもわかってきた。

ボディビルドにはまっているユウキ。
24852546_1886588655004861_986220441679806886_n
橋本総業の松尾プロの次にマッチョ。
そんなに鍛えてどうする?
テニスはガン打ちというよりも、柔らかいフォームで
相手の嫌なところを突いていくタイプなので、
筋肉いらないと思うんだけど。

レンズを向けると「あ、ここ撮るんですか」と照れる。
IMG_1533

ちなみに、ビデオカメラを向けると、
「あ、やばい」と言って動きが止まる。
昔の人かっ!

関口プロのチューブを借りてトレーニング。
IMG_1544
「どうやるんですか?これ」
って、チューブよりもダンベルなんだろうな。

 

3日目の大接戦でシューズが限界に達したユウキ。

「もうダメかも」

「替えのシューズは?」

「無いっす」

「こんな足袋みたいになったの履いてるのに、替え持ってきてないの?」

「大丈夫かと思って」

大丈夫じゃないだろ、どう見ても・・・

ってことで、あちこち電話してシューズ探す。
28,5センチなんてそうそう無いぞ。

結局、神戸元町のフィールドさんで見つかった。
選手たちをホテルに送り、そのままユウキと神戸へ。

イルミネーションの季節だからか、大渋滞の元町付近。
ようやく店へ。

自分のと同じモデルを試履きしたユウキ。

「ちょっと小さくなりましたか?これ」

キミのシューズがヘタリ過ぎてただけだよっ!

次の日の試合の序盤、首をひねりながらプレーする。
どうやら止まり過ぎてスライドがしづらいらしい。
普通だからこれが。

やたらとサーフェースで足を擦って
後半は少し慣れたようだけど、世話がやけるぜ。

そんなこんな色々ありながら、仲間になったユウキ。
セカンドステージも頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

繋がらないとか、最終日とか。

ブルボンボーンズドームはモバイルWi-Fiが使えない。
IMG_1461

山の中だからって言ってしまえばそれまでなんだろうけど、
PC作業が出来ないのはちょっと困る。

館内にはフリーWi-Fiが飛んでるようなことも書いてあったけど、
それもうまくつかまらないので、頼みの綱はiPhoneでのデザリング。
通信量食うからあまり使いたくないんだよなぁ。

と思ったら、Wi-Fiの設定を変えたらモバイルWi-Fiが繋がった。
良かった、何だったんだろう。

ちなみに、セカンドステージの横浜国際プールも
決勝トーナメントの東京体育館も館内はモバイルWi-Fiが繋がらない。
これは事実としてどうにもならない。
何とかならないものか・・・。

 

さて、テニス日本リーグ・ファーストステージも最終日。
夜中の発疹事件からほとんど寝ておらず、フラフラで会場へ。

とはいえ、自分は試合をするわけではないので、
疲れるはずもないのだが・・・。

最終日はファーストステージ全勝をかけての戦い。
対戦するは協和発酵キリン様。
昨年も対戦したガッツ溢れるチームである。

シングルス2は今日も斉藤貴史選手。
24862476_1886924764971250_3375020371370004828_n

ここまで負けなし。
キッチリとポイントゲッターの役割を果たしている齊藤選手。
24959080_1886924794971247_5218880937274069877_o

こんな場面もありながら、しっかりストレートで勝利。
24958640_1886924804971246_6754510211504964089_o

頼れる先鋒でいてくれた。
25074812_1886924808304579_9084134541364990009_o

 

続いて登場は中村祐樹選手。
24955731_1886924964971230_3853298789872668278_o

2日目、3日目とフルセットの大接戦でかなり消耗していると思われたが、
この日もシングルス1の大役をまかせた。

予想していたとはいえ、試合は互いに譲らずの展開。
25073103_1886925041637889_5839367711844054944_o
ピンチになるほどに笑顔の中村選手。

ファーストを落とし、セカンドを奇跡的に取り返し、
勝負の行方はファイナルセットへ。
24991161_1886924961637897_2529180392083345752_n

勝負どころで相手サービスをブレーク。
24955459_1886925051637888_2589139889123050931_o
気合もマックス。

そしてマッチポイントをものにして勝利!
コートに倒れこむ中村選手。

それほどにこの3日間はキツかったと思う。
本当によく勝ってくれた。
ユウキ、お疲れ!

これでチームの勝利が確定。
最終ダブルスには佐藤一平コーチ、井原力コーチが出場。
24883416_1886925334971193_5538467233701713448_o

ファーストセットを落とし、セカンドセットを取り返し、
勝負はファイナルのスーパータイブレークへ。
24958831_1886925298304530_4057574970768624638_o

ベンチの関口選手も激を飛ばす。
25299340_1886925274971199_5602111879859537768_n

タイブレーク序盤で引き離され万事休すかと思われた6ポイント差を
奇跡的なまくりで8-9まで戻す。
25075221_1886925224971204_1406651322734932581_o

あと1ポイントでタイ。
勝利の光が見えたところで、痛恨のボレーネット。
あと10センチ飛んでいればの境目で勝利の女神は相手に微笑んだ。
24993279_1886925414971185_8201305743145469264_n

いやぁ、残念。
もう少しだった。
25289722_1886925424971184_7139804042751970452_n
コーチペアのリーグ勝利はセカンドステージに持ち越された。

それでもチームは今ステージを全勝で抜けた。
すべてが2-1という本当に奇跡的な勝利での全勝は大きい。

セカンドステージは前回の上位チーム同士の対戦だはが、
ファーストステージを思えば、あまり変わらない。

色んな意味で収穫の大きかったファーストステージだった。
1月のセカンドステージも全力で戦いたい。

しかし疲れたぜ。
試合もしてないのにね。

カテゴリー: Team REC, インターネット, テニス, 中村祐樹プロ, 携帯電話, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

不調とか、3勝!とか。

兵庫のホテル、夜中の3時頃。

目が覚めて、全身が猛烈に痒くなった。
身体中に何やらミミズ腫れみたいなものが。

昨晩食べたシメ鯖が良くなかったのか?
こんなの初めて。

次の日、妻に聞いたら、体調次第でそういうこともあるらしい。
疲れているのだろうか。
まあ、ここ2ヶ月、人生で一番新幹線に乗ったと思うし。

しかし驚いた。
このまま死ぬんじゃないかと、「発疹 症状 治療」で検索しちゃったぜ。
旅先で体調崩すと不安倍増だね。

ここしばらく続いていた遠征続きの生活はもうすぐ終わり。
日常業務の忙しさに戻る。
年内、何とか乗り切りたい。

 

さて、日本リーグ3日目。

とにかく今年の予選リーグはきびしい。
どう見てもそれぞれのブロックのバランスが悪いように思う。
これも抽選の結果だから仕方ないけど、いやとにかく厳しい。

3日目、Team RECは橋本総業さんと対戦。

橋本総業さんは女子チームは日本リーグ決勝常連チーム。
そのうち男子チームも作るだろうと言われていたが、
とうとう現実となり、あっという間に地域リーグを勝ち上がり、
日本リーグに参戦してきた強豪である。

リーグ初日から薄氷の勝利をおさめてはいるが、
この日もどう転ぶか分からない対戦となった。

まずはシングルス2、斉藤貴史選手。
DSC_7853

先の2日間、きっちり2勝を挙げている斉藤選手。
この日も最初から飛ばし気味でいい感じ。
DSC_7855

序盤、拮抗した場面もあったが、徐々に岸選手から主導権を奪う。
DSC_7924

そしてストレートで勝利。
DSC_7966

良かった。
今回、斉藤選手の確実なポイントゲットは本当に大きい。

 

シングルス1は、昨日に続き中村祐樹選手。
DSC_5282
対戦相手は松尾選手。

二人が相対するとプロレス会場みたいなビジュアル。
どうやら一緒にジムに通う仲らしい。
筋肉対決だ。

ファーストセットは松尾選手に押し切られて落とす。
24879787_1885562168440843_1547633111266495096_o
サービスがメッチャ速くて勝負どころで入ってくるので厳しい。

セカンドセット、粘りに粘って取り返す。
24958665_1885562171774176_4032667459869367426_o

ここでアクシデント。
DSC_5284
連日の疲労が溜まったか、メディカルタイムアウトを取る。

何とか耐えてファイナルセット。
24958793_1885562175107509_6905943197258041701_o

24883482_1885562101774183_3416922542943365821_o
取れそうで取れない。
それでも食らいつくが、最後に突き放され敗退。
いい試合だったけどなぁ、残念。

 

勝負はダブルスにかかる。
ここまで関口プロはまだ勝ち星がない。
「とにかく勝ちます」とコートへ。

DSC_8266

竹島プロとのコンビネーションも合ってきたか。
DSC_8255
ファーストセットを取る。

しかし怒涛の反撃にあいセカンドセットを落とす。
DSC_8284

24883536_1885561611774232_1876606533996164162_o

いやぁ厳しい。
勝負はスーパータイブレークにもつれ込む。

ファーストポイントをいきなり落とし、苦しい展開。
なかなか追いつけない。
ようやく追いつき、一気に突き放しにかかる。

勝った!
DSC_5378
関口プロの喜びようが激戦を物語っている。

本当にわからない展開だった。
DSC_5382
お互いナイスプレーである。

これで3勝。
DSC_5396

ファーストステージの目標だった全勝抜けまであと一つ。
DSC_5402
最終日も耐えてしのいで頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

食事会とか、2日目とか。

日本リーグ前日、会場入りの夜は皆で食事。

IMG_1371

実はメンバー揃っての食事はこの日だけ。
体のケアやら、夜も色々と忙しくて、時間が揃わないので、
昨年からそれぞれにってことになった。

せめて前日だけでもってことで、
ちょっとしたお祝いもありつつの食事会。

もちろん選手はノンアルコール。
というか、選手ってほとんどお酒飲まないのね。
当たり前か・・・ゴメン。

 

さて、日本リーグ2日目。
結果から言うと、この日も勝つことが出来た。
しかし連日、薄氷の勝利って感じ。

この日はとにかくユウキの活躍が光った。
色んな意味で素晴らしい勝利だった。

と言うことで、今日、Team RECは、あきやま病院さんとの対戦。
24313190_1885562651774128_6919045149450331892_o

あきやま病院さんは昨年から参戦ながら、プロを何名も揃えた強豪チームである。

しかも、プレスリリースによると、あのアルマグロとも契約したらしい。

前日はアルマグロの姿は見えなかった。
今朝会場にいたらどうしようと思う気持ちと、
アルマグロと対戦してみたいという気持ちが複雑に絡み合ったのだが、
結局、アルマグロは来なかった。

セカンドステージに来るのだろうか。
謎である。

試合はシングルス2から始まった。
24831321_1885562571774136_5603521278599125137_o
斉藤貴史選手と小野選手の対戦である。

いつものように序盤から気合いじゅうぶんのプレーの斉藤選手。
24837552_1885562031774190_6770626517046240710_o
チャンスを見て、積極的にネットへ。

徐々にラリーを支配し、小野選手を追い詰める。
24837705_1885562395107487_7889560822423354169_o

ファーストセットを取り、
そのままの勢いでセカンドセットも取り、勝利。
24883259_1885562568440803_4621352537561599706_o

シングルス2が勝ってくれるとチームに勢いがつく。
24879914_1885562481774145_8009379146595318549_o
これで王手だ。

 

続いてのシングルス1は、中村祐樹選手。
24955710_1885562315107495_5030541580804298353_o
オーダーが決まった時には
若干引き気味のユウキだったが、実力は折り紙つき。
パワーと技のバランスが良い選手なのだ。

ファーストゲーム、いきなり藤井選手のサービスをブレーク。
良い出だしである。

しかし、ここから取って取られてが続き、
5-7でファーストセットを落とす。

かなり拮抗した試合になっていて、
本人も周りもヒートアップ。
24958665_1885562171774176_4032667459869367426_o
スーパープレー連発である。

24831328_1885562248440835_4456898744821552928_o

セカンドセットを7-5で取り返す。
24879787_1885562168440843_1547633111266495096_o

24831291_1885562645107462_90546355511969691_o

そしてファイナルセット。
24958793_1885562175107509_6905943197258041701_o

藤井選手がメディカルタイムアウトを取る。
中村選手はペースを崩さず、しっかり攻めきった。
24883482_1885562101774183_3416922542943365821_o
中村選手、勝利!よくやった、ユウキ!

新加入の中村選手の勝利でチームがさらに一体になった。
チームの勝利と共に大きな意味のある一勝だった。

 

最後はダブルス。
24837617_1885561618440898_2852298966135302919_o

ここも勝って全勝で明日に進みたいところだが、
小野田選手、守谷選手のペアはなかなか手強い。
24955507_1885561948440865_8837959440804490160_o

24958840_1885561615107565_2707493299986597086_o

ファーストセットを取るもセカンドは落とす。
24958825_1885561951774198_3866179609143709580_o

24837216_1885561748440885_3908370618233580846_o

ファイナルはスーパータイブレーク。
24883536_1885561611774232_1876606533996164162_o

24837520_1885562098440850_720839514628110606_o

いい雰囲気だったんだけど、惜しくも8-10で負け。
24879878_1885561551774238_4903354855624505677_o

うーん、残念。
まあでもチームはこれで2勝。
明日も勝って、決勝トーナメントへの可能性を広げたい。
ファーストステージもあと2戦。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。