カテゴリー別アーカイブ: 音楽

びっくりとか、有明とか。

ゴダイゴってまだやってたのね。
IMG_0012
驚いた。
ほとんどメンバーが変わっていないのもすごい。

さらに驚いたのはこちら。
IMG_0011
なにわエキスプレスも小学生の頃からやってるような。
すばらしい!

 

さて、しばらく前のことになってしまったが、
11月、有明でジュニアイベントが開催された。

このイベントはジュニアテニスの普及のために
日本テニス事業協会が主催しているもの。
毎年、たくさんのジュニア達にテニスを楽しんでもらっている。

コーチは首都圏を中心に各スクールから参加。
IMG_9907
若手からベテランまで多くのコーチ達が協力しての開催だ。

このイベント、Japan Openが終わった次の日に開催される。
そのため、会場はまだJapan Openの設営のまま。
IMG_9898

IMG_9899

IMG_9901

正確には撤収作業が行われている中でレッスンが進行するのだ。

そのため、コロシアムコートでのクラスは
出場選手の雰囲気を味わうことができる。
IMG_9915

選手入場口。
IMG_9909

記念撮影の人気スポットになっている。
IMG_9912

会場内のあちこちはまだ機材が置いてある。
IMG_9906

IMG_9905

IMG_9902

IMG_9928
こういう裏舞台ってなかなか見られないよね。
しかし大会の運営って大変なんだなぁ。

ジュニアの皆には楽しんでもらえたと思う。
IMG_9919

このイベントで、現在の有明でのイベントはおしまい。
オリンピックに向けて改修工事に入るため、
この有明テニスの森ともさようならだ。

ありがとう、有明。
新しいコートでまた会いましょう。

カテゴリー: テニス, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルフィーとか、エアコンとか。

朝ランの途中で遭遇。
IMG_0711
THE ALFEEのツアートラックらしい。

なんかスゴいデザインだな。
高見沢さんの趣味なのだろうか。

アルフィーというか、坂崎さんのフォーク&ギター番組は
ウェブでよく観るけど、ライブは行ったことがない。
一度、行ってみたい気も。
どんななんだろう。

 

さて、リビングのエアコンの調子が悪い。
冷房も暖房も奥の方からキュルキュルと苦しそうな音がする。
正直、とてもうるさい。

このエアコンも引っ越したときに買ったからもう15年選手。
いい加減寿命かも。

とはいえ、エアコンて高い。
我が家のリビングはリフォームで和室をぶち抜いて
広げてしまったので、結構な広さ。

面積から対応機種を探すと30万円オーバー。
とてもじゃないが、ホイホイと買い換えられるもんじゃないってことで、
2年ほどはキュルキュルと付き合ってきたが、そろそろ限界。

ある日、イオンモールを歩いていたら、こんな張り紙が。

IMG_0394
横浜ベイスターズ・日本リーグ進出記念セール!(だったかな)

ウチにつけられそうなエアコンがお買い得価格に。
これ以上安いものには出会わないだろうってことで、
30秒の首脳会議の結果、購入を決定。

うん、いい買い物したぜ。

後日、白クマくんがやってきた。
IMG_0519
デカイな。

吹き出し口も飛行機の主翼ばりに複雑に動く。
IMG_0519

なんでも、人の位置を感知して、
適正な場所に風を送っくれるらしい。
IMG_0522
これがそのセンサー部。
ほぼガンダムだな。

使い終わると自分でフィルターを掃除するらしい。
時代は進んだなぁ。

これで今年の冬は静かに暖まれる。
TVの音量も大きくしないで済むのは有難いぞ。

しかし何かと出費がありますなぁ。
部屋は暖かいけど、財布は寒いぜ。

カテゴリー: ファミリー, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チラシとか、ミーティングとか。

ライブの楽しみに入り口で配っているチラシがある。

高中正義師匠のライブでは、年末のライブのチラシが配られた。
IMG_0010
こりゃ、行くしかないでしょ。
と思ったら、この日はイベントだった。
無理だな、残念。

 

さて、今年はメーカーさんの本社(本国)の方と
ミーティングする機会が多い。

海外には日本のテニススクールのような
コーチ1名が多人数を教えるようなビジネスモデルが無いこと、
そして、テニススクールやクラブでの商品販売のボリュームが
日本ほど大きく無いために、聞きたいことも多いのだろう。

先日は、オーストリアのH社、
シカゴのW社の方とミーティングの機会をいただいた。
もちろん日本のスタッフが通訳してくれてだけど。

本国の方々はミーティングでもかなりアグレッシブ。
スクールビジネスの細かな部分、商品の動向、販売戦略など、
かなりつっこんが質問が多い。

加えて、次なる商品はどんなものが良いか、
日本市場でヒットするスペックは?カラーは?
どんなサポートやプロモーションをすれば効果的かなど、
具体的な意見も求められる。

主にボスが日本のテニス業界やスポーツ市場の現状や
スクール経営手法などのレクチャーをし、
ワタクシは販売手法や個々の商品についての話をするという感じ。

こちらが迂闊なアイデアを出そうものなら、
そのまま商品化されるのではという空気もあり、
それを販売しなければいけない日本スタッフは
若干顔が引きつってたりして。

実際、次の来日時にはプロトタイプのラケットや、
カラーサンプルを持ってきて、試打や意見を求められるから
意見もより真剣にってことになる。

あるミーティングでは随分と先の製品まで見せられて、
メーカーさんの商品開発って何年先まで決まってるのだろうと
驚いたりと、こちらも勉強になることも多い。

先日は、グリップテープや振動止めなどの試作品もテストも。
「遠慮なく意見を言ってください」と言われたので、
本当に遠慮なくダメな部分もフィードバックさせていただいけど、
そのまま本国に伝えたんだろうか。
怒ってないかな。

きっと、ウチの会社だけじゃなくて、
何社もミーティングしてるんだろうけど、
なんにしても意見がピックアップされることはありがたい。

少しでも役に立ててもらえればウレシい。
ちなみに、先日試打させてもらったプロトタイプは
来年あたり製品化されるという噂も。
楽しみである。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お目見えとか、ライブとか。

Team RECサポートメンバーの西郷幸奈プロが
レックインドアテニススクール上石神井にお目見えする。
Wilsoncourtjack

西郷幸奈プロはWilson契約選手ってこともあり、
ウイルソンさんのコートジャックとのコラボが実現した。

当日はレッスンの中でラリーに入ってくれたり、
アドバイスをしてくれたりの予定。

新製品ラケット試打も、プロとの触れ合いもお楽しみに!

 

さて某日、日比谷公園を歩く。
IMG_9954

ああ、やっぱり今年も雨だ。
このイベント、7割の確率で雨だな。

目的地の日比谷野音の周囲は入場を待つ人の列。
IMG_9956
それなりの年齢の方々ばかりなのがなんとも言えないが、
自分も似たようなものなのだろうと思いつつ、列に並ぶ。

入場。
IMG_9957
雨に反射したステージライトがキレイだぜ。
って、半分ヤケクソだ。

席を探す。
あった、思い切り後ろの端っこだ。
IMG_9960
まあ、顔見たいわけじゃないしと自分を納得させる。

運がいいのか悪いのか、端っこに覆い被さっている木が
雨の直撃を避けてくれる。
IMG_9963

しかしこの雨の中、よく皆んな来るなぁ。
IMG_9961
中高年ばっかり。(笑)

そうこの日は毎年恒例の高中正義師匠の野音ライブなのだ。
雨男の師匠のライブは今年も恒例の雨。

「みんな無理しないでね」みたいなMCでライブが始まり、
今年も師匠のギターを堪能した。

残念なのは雨の影響なのか機材トラブルっぽいのが多かったこと。
あと、寒いからかミスタッチも多かったような。

基本、毎年行っているので、今年は良かったとか、
今年は消化不良とか、どうしても比較してしまうけど、
それでもやっぱりライブはいい。

以前は誰かを誘って行っていたが、雨の確率が異常に高いので、
高中師匠の演奏をホントに聞きたい人じゃないと厳しいってことで
一人で行くことにした。
一人の方がチケットも取りやすいしね。

ということで、毎年のライブに点数をつけるつもりもないけど、
今年はBLUE CURACAOも聴けたし、Dance’ in Jamaicaも良かった。

師匠がライブをしてくれる限りは行き続けよう。
もはや、親戚の集まりとか法事みたいな感じかな。
「正義おじちゃんが来るってよ。じゃあ集まるか」みたいな。

多分人生で一番ライブを見てるのが高中師匠かな。
ライブやめるまで付き合いますぜ。
じゃあ、また来年!

カテゴリー: Team REC, 西郷幸奈プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

lolとか、早朝テニスとか。

15歳児の購入品。
IMG_8828
lololってグループ名なのか?
なんて読むのかも分からない。

「えるおーえるおーえる」と読むらしい。
これはアムバム名で、グループ名はlol。
「エルオーエル」というらしい。
ややこしいな。

itunesに入れて欲しいというのやってあげた。
ついでに自分のiTunesにも入れて聴いてみた。

悪くないんじゃないかな。
ヘビーローテションにはならないけどね。

 

さて、デ杯プレーオフの大阪で大変お世話になったKさん。
Kさんは御堂筋の高級外車ディーラーの入ったビルにオフィスを構える社長さん。

こんな所のオフィスっていくらするんだろう。
って、お金のことばかり気になってるなぁ。

初日は尼崎で美味しいお鮨をご馳走になった。

別れ際に「明日は7時半に迎えに来るからテニス行こう」
と言い残して颯爽と去って行かれた。

そう、今回の滞在ではテニスもしようということで、
ちゃんとラケットも持って来たのだ。

次の朝、Kさんがアウディのオープンカーで登場。
大阪城を左に見ながら高速道路をひた走る。

「どこに行くんですか?」

「奈良」

「奈良?奈良って遠いんじゃ?」

「いや、あの山の裏はもう奈良なんだよ」

そうなんですね。
案外近いのね。

ということで、テニスクラブに到着。
なんでも毎朝、このクラブで練習しているらしい。
しかもシングルスのみだとか。

IMG_9376

IMG_9378

時間はまだ8時。
すでに何人もの方がボールを打っておられた。
平均年齢高いな、ここ。

アップして練習開始。
IMG_9380

ラリーの後、「試合をしよう」とKさん。

「遠慮しないでいいから」と言われたが、
ここまでも特に遠慮はしていない。
まずいな、オレ。

試合開始。
互いに様子を見ながらラリーの引き合い。

さすが現役の全日本ベテラン選手。
打球は速くないが、とにかく配球がいやらしい。

右に左に絶妙にボールを散らす。
フォアの逆クロスは微妙なサイドスピンでボールを逃す。

ワタクシが我慢できずに叩いて前に行くと、
絶妙なコントロールでバックのコーナーへロブ。
ラリーの引き合いに戻される。
IMG_9387

一進一退の試合は最後にワタクシがガマン仕切れず敗退。
いや、参りました。

「やっぱりいつも試合に出てないとね」とはkさんの弁。
IMG_9386
ラケット、ドリンク、サポーター、ウェア等、
細かな部分にコンディションを保つための工夫が見られた。
ベテランになっても本気の試合は楽しそうだ。

続いて試合をしたハッシーも絡め取られて敗退。
IMG_9382
悔しいので、「明日もお願いします」とリベンジを申し入れた。

天気が良かったので帰りはアウディをオープンにしてもらった。
IMG_9390
風が心地よい。

しかしKさん、若いな。
IMG_9392
テニスの話、仕事の話、生き生きしている。
こんなオヤジになりたいなと思った奈良の朝。

明日は負けませんぜ。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品, デ杯, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

歌本とか、大阪入りとか。

神田あたりで。
IMG_7963
懐かしい。
平凡の歌本だ。
表紙は野口五郎か。

昔は平凡、明星の歌本でギターを弾いてた。
コード譜も怪しいのたくさんあったけど、
楽譜も高価だったから、重宝した。

初めて手にしたギターで弾いた曲は・・・
”あのねのね”の「空飛ぶ円盤の唄」だった。

その程度の音楽性で今日まで生きている。

さて、相変わらずバタバタと忙しい。
こんなペースで大阪に行けるのだろうかって感じ。

朝もバタバタで旅支度。
そしてキャリーを引っ張りながらいつものウォーキング。
IMG_9353
とりあえず原宿表参道交差点に旅支度は違和感なし・・かな。

午前中、音速で仕事を片付け、新幹線に飛び乗る。
予定通り、移動中は睡眠を確保。

名古屋あたりで目が覚め、気づけば新大阪。
IMG_9356

靱公園近くのホテルに向け、少し歩いてみた。
IMG_9363

昨年もこのあたり走ったっけなぁなんて。
懐かしい。
IMG_9361

なぜかホテルの部屋が喫煙だったりしたが、
本社スタッフのハッシーが禁煙ルームに間違えられていて
交換して一件落着。

出だしからバタバタの大阪入りだった。

今日は朝から大阪の元全日本選手のベテランの皆様とテニスの予定。
デ杯も自分のテニスも楽しみである。

あとは天気だなぁ。
降るなよぉ。

カテゴリー: ギター, テニス, デ杯, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

連戦とか、80年代とか。

Team RECジュニアの夏。

それぞれに頑張った。
うれしいこと、残縁なこと、色んなことがあった夏。

石井さやか選手は、全日本ジュニアでシングルス準優勝、ダブルスは優勝。
IMG_8784
関東ジュニア〜全国小学生〜全日本ジュニアと遠征続き。
そしてすぐにRSK杯でまた白子だ。

プロツアーの過酷さが話題になっているけど、
ジュニアも連戦でかなり大変だと思う。
皆、体調に気をつけて頑張って欲しい。

 

さて、頼んでおいたCDが届いた。
IMG_8522
Come Along2 山下達郎

1984年の作品はリマスタリングされて再リリースされた。
このアルバムは小林克也のDJで曲間を繋いだ企画もの。
どうやら最初はレコード店の店内用に企画されたものらしい。

懐かしいノンストップ感。
一気に聴き終えてしまった。

80年代ってこういう企画ものが多かった。
小林克也のDJ企画ものといえば、コモドアーズのベスト盤。

cdsbs
80年リリースの”Ballade Special Edition”。

コモドアーズのバラッドナンバーに小林克也のDJがもろハマり。
「Sail on」だったかな、「あぁ、あの頃は若かった・・」
から始まるイントロは最高の雰囲気だったっけ。

残念ながらこのアルバム、CD化はされていないらしい。
レコードは中古市場にあるらしいが、再生機を持っていない。
レポードプレーヤー買うかな。

そういえば、同時期に海外FMのオムニバスがあった。

もはや記憶が定かではないが、スペイン語(たぶん)のDJが
ノンストップで曲を紹介していくもので、
ラリー・リーの「Don’t Talk」とか入ってた。

確か小林克也のDjのパートもあったと思う。
高中正義の曲も入っていた気がするので、
たぶん日本の企画もの。

メジャーではない曲も多かったのでCDにはなっていないだろうし、
カセットテープも捨ててしまったし、
もう二度とめぐり合えないかもしれない後悔の1枚である。
生きてるうちにもう一度巡り会いたいな。

今回のCome Alongシリーズみたいに再販されるのは
また聴くことが出来るけど、もう二度と会えない作品も
たくさんあるんだよなぁ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

70年代とか、散策とか。

1972年の作品なのね。

ということは、まだ小学4年生くらい。
井上陽水と吉田拓郎にハマり始めた頃。

洋楽を聴き始めるのはもう2年先くらい。
それもカーペンターズとビートルスから。

でもこの曲はなぜか心に残っている。
この映像もとてもいい。

ジージャンにベルボトム、ギターはMartinかな。
いいよね、70年代。

ああ、年取ったなぁ。

 

さて、もう随分前になってしまった気もするが、広島。

広島の朝は早い。
いや、自分が早いだけなんだけど。

ここ最近は試合遠征でテニスウェアとシューズの装備が多く、
そのまま朝ランに行けるパターンだったのだけど、
今回はスーツでの出張なのでウェアもシューズもない。

朝に体を動かさないのはどうにも気分が悪いってことで、
窓から見える山に登ることに。

前日リサーチしておいた情報によれば
歴史街道的な散歩コースになっているらしく、
歴史好きなワタクシには最適なコースだ。
IMG_6714

入り口は東照宮。
IMG_6707

いきなりの石段攻撃に息があがる。
IMG_6708

お参りをしつつ本殿横を抜け、裏手へ。
IMG_6711

IMG_6713

ここからが本番なのか。
さらに急な石段を登る。
IMG_6716
急だけど、石段だし、なんとか・・

さらに上へ。
IMG_6717
石段がラフになってきた。

そして急勾配、鳥居は続くけどほぼ山道。
IMG_6718

さこの先、スーツに革靴で行けるのか不安に。
IMG_6720

何度も転びそうになりながらさらに登る。
他に誰もいない。
これを散歩道というのか?
夏だったら間違いなく虫とか野生動物とか出るだろうな。

木の隙間から街を見下ろす。
IMG_6721
結構登った。
そして疲れた。

まだ頂上は遠そうだ。
あとどれくらいで到達なのかが分からないのが辛い。
時間も無くなってきたし、見上げればさらに険しい坂道。

仕方ない。
断念して下山。
下りはさらに怖い。

スーツに革靴なんて山をなめちゃいけませんと
神様に叱られているような気分に。

冬なのに汗だくだ。
運動にはなったけど、気分は中途半端。
明日またチャレンジしてみようか。

そんな広島二日目の朝。

カテゴリー: ギター, 仕事, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サチモスとか、立ち位置とか。

最近のお気に入り。

サチモスの”STAY TUNE”

なんか聞いたことあると思ったら、CMで使ってたのね。
とても良かったので、他の曲も聴いてみたけど、すごく良い。

色んなジャンルのテイストが詰まった、
いい意味で捉えどころがない感じが気に入った。
休日の午後にまったり聴くとか、
夜のドライブのBGMなんかに合うそうだ。
ドライブなんてしないけど。

CD、揃えるかぁ。
久々に良い出会い。

 

さて、しばらく前のこと。
「大いに不満だ」とその人は言う。

久しぶりに一緒に入った新宿のBar。
バーボンを前にして、そんな言葉から話は始まった。

「何がですか?」

「どうしてそんなに後ろへ下がろうとする?」

「前に出ると面倒だからです」

「面倒?」

「目立てば、叩かれたり、引っ張れられたりしますので」

「いいじゃんか。それだけのことやってるんなら」

「地味にいい仕事したいんです。
給料はたくさん欲しいけど、ポジションは要りません」

「それはないな。ポジションと責任と報酬はセットだ」

うーん、今日は退いてくれなさそうだ。

 

「何がそうさせるのだ」

「仕事はちゃんとやります。
与えられたミッションは期待以上の結果を出したい。
それは約束します」

「それは分かる。
あなたがウチに来てから、たくさんのことが変わった」

「でも、そうして頑張ると、ある時点から尻尾を踏まれたりする」

「なんで?」

「そう言うことが面白くない人もいるってことです」

「悪いけどウチは違う。少なくともオレとしてはもっとやれって思うんだけど」

「もちろんやりますけど、目立つのはちょっと。
昨日今日入ったような立場ですし、影からしっかり支えます」

「6年目にもなって何言ってる。のんびりさせる気ないから」

 

どうも、社内的に引き過ぎらしい。
仕事そのものは引いてはいないし、むしろ逆のつもりなのだが、
様々な場面で前に出ようとしないのがよろしくないそうだ。

ハーパー12年のロックをお代わりした。
ボスはソーダ割りを3杯目だ。

 

とにかく余計なことを気にせずに、もっとやれってことらしい。
もちろんワタクシもそのつもりでやってきているし、これからも変わらない。
目立ちたいとか、そういう要素はあまりないってこと。

最終的な評価は周囲が勝手にするものだし、
次代に残るのは人じゃなくて仕事っていうか成果の部分だと思う。

この会社のメンバーに加わる時に言われたこと、ミッションを忘れたことはない。
全てはそこに向かって動いているつもり。

どこに名前が出るとか、自分がどうなるとかは
ひとまず置いておいて動き続けようと、
あらためて心に決めた新宿の夜。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

観戦とか、オーディオとか。

全豪オープンはフェデラーの優勝で幕を閉じた。

シードダウンが相次ぎ、錦織も破れ、
周囲は徐々に「フェデラーにもう一回優勝を」との空気。
そして反対側の山を見れば、ナダルが登ってきた。

こりゃ、フェデラー、ナダルの決勝では?との期待の中、
会社で仕事をしつつ、フェデラー対ワウリンカの
準決勝をライブスコア観戦。

そろそろ帰ろうかと思っていたのに
試合はファイナルセットに。

この試合を観ずしてテニス業者じゃないでしょってことで
本社イチジョーさんとWOWOWオンデマンドで観戦。
IMG_6303
もう仕事は終わりってことで、隣のコンビニでビール&つまみ。

そしてフェデラーが勝った。
IMG_6307

やっぱりこの大会はフェデラーだよねってことで乾杯。
IMG_6306
そのまま祝杯をあげ続け、またすっかり遅くなってしまったぜ。
でもいい試合だった。

 

さて、某所を歩いていて、リサイクルショップのウインドウで発見。
IMG_5970
カセットデッキ、懐かしい。
オートリバースって言葉もすっかり昭和語である。

初めてカセットテープなるものに出会ったのは小学校の時。
我が家にソニーのラジカセがやってきて、
4本あったテープには、かぐや姫、ビートルズ、ジョーンバエズ、
カーペンターズ、ディランなんかが入っていたのを覚えている。

このテープからワタクシのビートルズの歴史が始まった。
たしか、Daytripper、Ticket to Ride、Yellow Submarineだったかな。

とにかく誰かが録音してくれたこのテープは、
それまで陽水と拓郎一辺倒だった小学校四年生の心を鷲掴みにして、
一気に世界をひろげてくたっけ。

ちなみにその時のテープにはサンバードのロゴが入っていた。
きっと今はなきスーパー・長崎屋のオリジナル廉価版の
カセットテープだったのだろう。

以降、ワタクシの部屋はレコードとカセットで溢れていく。

小遣い日にはレコード屋に直行。
全ての棚を見つくす勢いでレコードを
シュタッ、シュタッと次々に見ていく動作は
店内あちこちで見られたっけ。
買うのは1枚だけなんだけど。

部屋にあった木製ボディの家具っぽい佇まいの古いステレオも
テクニクスのレシーバータイプのステレオになった。

レシーバータイプってのは、プレーヤー部が別で
アンプとチューナーが一緒になってるもの。
そういえば、あのステレオ、カセットデッキ付いてなかったな。

まだ当時はプレーヤー、アンプ、チューナー、デッキ、スピーカーが別々の
コンポタイプはとても高価だったのだと思う。

それでも自室にステレオが来たのがとても嬉しくて、
1日中、ステレオの前にいたような気がする。

時は進み、高校生、大学生になると、
アンプ、プレーヤー、デッキなどを持つようになり、
それっぽいシステムを組んで音楽を楽しんでいた。

レコードからカセットにラインで録音出来るようになったのはこの頃。
そしてウォークマンが外出時には手放せないアイテムになっていったっけ。

そういえば、ダブルカセットなんてのもあった。
あれって、カセットテープからカセットテープへダビングしてたのかな。
メッチャ音質落ちただろうな。

その後、MD、CDの出現で一気に音質と取り扱い性が向上。
ポータブルのCDプレーヤー、MDプレーヤーも持ってた。
どうしてMDってなくなったんだろうね。

そうそう、オープンリールのプレーヤーも持ってた。
AKAIのヤツね。
メッチャ大きくて重かったけど、音質、出力共に凄かった。
それで、ザ・クルセイダーズやローズマリークルーニーなんかを聞いてた。

今はそれ全部がiPhoneひとつ、
手のひらで済んでるってスゴいことだ。

オーディオは今も趣味のものとして支持されていて、
アナログレコードも復権気味だそうだ。

レコードにスプレーかけて、ブラシで拭いて、
そっと針を落として・・音楽を聴く儀式も悪くない。
レコードスプレーの匂いも懐かしいな。

なんてことをリサイクルショップの店頭で暫し妄想している
ヘンなオジさんはワタクシです。

カテゴリー: テニス, 街歩き, , 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。