カテゴリー別アーカイブ: 音楽

双眼鏡とか、高中師匠とか。

山下公園のベンチでさっき買ったものを開封。
th_IMG_6686

双眼鏡~!(ドラえもんで)
th_IMG_6691

持ってくるのを忘れて、急遽購入。
たぶん家には双眼鏡が4つくらいある。

これでバッチリだぜ!

 

さて、そんな急遽の双眼鏡購入が必要だったわけは・・

th_IMG_6706

 

年に一度の高中正義師匠のライブなのだ。

師匠が「演るよ」って言えば行かないわけにはいかない。
で、はるばる横浜遠征となったわけ。

師匠、ご無沙汰してます。
th_IMG_6707

グッズは買わない。
th_IMG_6708
こういうのってあまり欲しいものないよね。
ピックとかなら買うかな。

このホールは初めて。
th_IMG_6712
狭すぎず、広すぎずでいい感じだ。
ただ席が・・・後ろから3列目。

今回はくじ運悪かった。
まあ、双眼鏡も買ったし、良しとしよう。

ライブが始まった。

いきなりのサンダーストームから。
テンション上がるぜ。

2曲めのONCE UPON A SONGの出だしでボリュームペダルを踏み忘れて、
1小節、音が出なかったとか、あれやこれやのグダグダもあったけど、
それも含めて師匠だから問題ない。

もう師匠もデビュー50周年なのね。
68歳らしい。

何歳になろうが、こうしてライブを演ってくれるだけで感謝だ。
師匠が演るっていうなら、どこまでも付き合いますぜ。

sundropsがなかったのは残念だけど、
黒船嘉永6年6月4日はやっぱり泣けた。

やっぱり高中師匠はいいなぁ。
お互い元気でまた会いましょう。

カテゴリー: ギター, ライブ, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

出版社とか、イヤホンとか。

水道橋あたりにて。
th_IMG_6268
少年画報社だって。

懐かしい。
th_IMG_6269
社名としてもまだあるのね。すごい。

あと、「冒険王」もあったよね。
少年チャンピオン、少年サンデー、少年マガジン・・懐かしい。
出版業界も大変そうだよね。

 

さて、消耗品ていうか、気づけばなくなっているものに
Bluetoothイヤホンがあるよね。

なんでだろうか、とにかくよくなくなる。
まあ、そういう子とは縁がなかったってことで仕方ない。

そんなわけで、新たに相棒を注文した。
th_IMG_5394

今回もJBLを頼んでみた。
そもそもこの手のギアに音質は求めていない。
消耗品だから、それなりで良し。
だいたい、音源自体が圧縮されるし。

 

開封の儀。
th_IMG_5395

この機種、コンパクトで気に入っている。
th_IMG_5396
その分、無くなりやすいんだけど。
イヤーパッドは一番大きいものに交換。
脱落防止のためだ。

充電器もコンパクトでいい感じ。

このJBLイヤホンの最大の優れものポイントは、
左右それぞれが独立して接続されること。
つまり片耳使用が可能なのだ。

普段は片耳仕様の場面はあまりないけど、
リモート会議では周囲の音も入る片耳使用はとても便利。

これ、今の時代にはかなりナイスな機能だと思う。
フィト感もいいし、あまり高くないし、今後はこれ一択かなぁ。
さあ、どれくらい付き合ってくれるかな。
頼むぜ。

 

カテゴリー: 街歩き, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ピンクイオンとか、配信ライブとか。

守谷総一郎プロ。
th_DSC_9981
最近は、ピンクイオンを愛飲。
REC各校でも取り扱いを始めた。
飲みやすいし、なかなかいい!
選手だけでなく、レッスン前後にもどうぞ!

#pinkion  #ピンクイオン  #水分ミネラル補給  #熱中対策  #コンディション維持  #痙攣対策

 

さて、めっちゃプレミアムな竹内まりやのライブ。
奇跡的にチケットが当たったというか、
ライブ盤を購入し、優先番号をゲットして確保した。

竹内まりやって、数年おきにしかライブやらないから、これが最後かもしれないし、
なんせバックに山下達郎もいるという超豪華ライブってことで、
すごく楽しみしてしてた。

それがなんと、コロナ禍で中止。
嘘でしょ。
いや、心のどこかでそうなるんじゃないうかって思ってたけど。

でもこの状況じゃ仕方ないか。
次に演るとしたらいつになることやら。
あ〜あ、残念。

と思っていたら、「配信ライブ演ります」との案内が。
生じゃないけど、これでもいいかとチケット購入。

ちなみに配信でのライブ視聴は初体験。
4,000円くらいだったかな。
まあまあ、高いのね。

 

で、ライブ当日。
iMacの前で正座して待つ。(ウソ)

始まった!
th_IMG_4051

いいわぁ、達郎。(竹内まりやライブだよっ!)

あっという間の2時間。
PC越しでもじゅうぶん楽しめるのね。

それにしても、竹内まりやのおしゃれな衣装のバックの達郎は、
何年も前のライブと同じキャップ、シャツ、デニムにしか見えない。
夫婦でのこのギャップはなに?

でも、天才二人が組むとこうなるのねって感じのライブは4,000円でも安いな。
今度は生を見にいきたい。

カテゴリー: PC, Team REC, スポーツグッズ, 守谷総一郎プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

竹島プロとか、イヤホンとか。

ダンロップ神奈川インドアオープンテニス2021に出場していた
Team RECの竹島駿朗プロ。

シングルス・準優勝!
S__24436772
決勝は、江原プロに4-6 1-6。
江原プロ、強いね。

ダブルスは見事優勝!!
S__24436770_0
パートナーは野口選手。
ダブルス巧者の二人が組むと強いね。

決勝は、伊予銀行の 河野選手・楠原選手に6-2 6-2。
関東オープンのリベンジが出来た。

お疲れさま!おめでとう!

 

さて、生活に欠かせないもの、それはBluetoothイヤホン。

そして消耗品なのも、Bluetoothイヤホン。

th_IMG_3619
片方のイヤホンが充電できなくなった。

接点復活剤とか、あれやこれやといじってみたけど、ダメ。
毎日使うものだし、もう1年以上使ってるからなぁ。

実はもうひとつ同じものがあるのだけど、
充電が切れた場合に取っ替え引っ替え使うので。2個持ちは必須。

 

ということで、新製品購入。
th_IMG_3621
JBL~!!(ドラえもんで)

基本的には壊れたものと同じなのだけど、新製品になっていた。
そりゃそうか。
th_IMG_3622

 

少し小さくなってる。
th_IMG_3628

th_IMG_3623
JBLのロゴ部分も変わっている。
この方が見やすくていいかな。

ケース(充電器)も小さくなった。
th_IMG_3625
持ち運びしやすくなっていいかも。

ちなみに、前のケースも予備として使えるかと思ったら、
そもそも充電端子の形状が違ってた。
th_IMG_3667

th_IMG_3670

 

なんと、充電ケーブルのジャックも変わってた。
th_IMG_3630
使い回し作戦失敗。

 

めちゃ安いノーブランドだと接点の収まりが悪かったりするけど、
JBLは安めのこの機種でも、ちゃんとカチッと収まるのが良い。
th_IMG_3629

肝心のサウンドは?

よくわからない。
まあ、いいんじゃない。

そうそう、この手のイヤホンでマイク機能もあるのね。
ハンズフリーにも使えるって知らなかった。

これも1年もてばいいかな。
ここ最近は、JBLが一番コスパがいい。
洗濯しちゃっても復活するし。(洗濯するなよ)

カテゴリー: Team REC, オモチャ, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

周年エディションとか、江原プロとか。

人生の1枚、A LONG VACATION。
th_スクリーンショット 2021-05-30 18.10.19
Amazonさんが、「買ってないのない?」だって。
20周年、30周年、40周年アニバーサリーエディションまであるんだね。
って、たぶん全部持ってる。

 

さて、先日の関東オープン。
th_IMG_4067

竹島プロがダブルス決勝を戦う30分前。
1コート空けてシングルス決勝が始まっていた。

男子シングルス決勝は、慶應大学の羽澤選手、そして江原プロの対戦。

江原プロは先日のJPTT・盛田杯でもTeam RECの助っ人として戦ってくれた選手。
Team RECの関口プロとは同期。
幾度となく死闘を繰り広げている。

数年前の全日本選手権でも関口プロと対戦。(準決勝だったかな)
フルセットで江原プロが勝っている。

江原プロのプレースタイルは超ファイター。
どんな劣勢からでも気合と根性で試合をひっくり返す。
まさに握手するまで油断できない選手である。

 

そんな江原選手が若手の一番手、羽澤選手と対戦。
th_DSC_9481

ダブルスを見つつ、シングルスも気になる忙しい観戦だった。
th_DSC_9488

シングス決勝ははかなり競っていたものの、羽澤選手が若さで押し切った。
うーん、江原くん、粘ってたけどなぁ。残念。

 

ということで、表彰式。
th_DSC_9606

負けた直後だからちょっとさえない表情だけど・・・
th_DSC_9613

あれこれ終えた後、すれ違ったので、「お疲れさま!」と声をかけたら、
「先日はありがとうございました!ダブルスはTeam REC残念でした!」
と爽やかに答えてくれた。

「ありがとう!またね!(ウチにくる?)」と答えておいた。

しかしまあ、相変わらずのナイスガイだ!
ワタクシのことを覚えてたのにも驚いたけど。(エライ!って、普通か)

やっぱり人柄って大事。
ちなみに、Team RECの所属選手の判断基準は「いいヤツ」ってこと。
チームの看板背負ってもらうんだから、応援してもらえる選手じゃないとね。
この判断基準は、EXILEさんと一緒ね。

 

ということで、ナイスガイの江原プロにも会えた関東オープン。
けっこうなロングドライブだったけど、行ってよかったな。

そうそう、江原プロからこんなリリースがあった。
th_193505125_10161445995274129_9170290014852243462_n

応援したい方は、ぜひ「Team浅草」へ。
ワタクシも入るかな。

 

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

一発撮りとか、周一モデル・試打とか。

無人島にひとつだけ持って行くとしたらって質問に
「A LONG VACATION」のCDと答えるワタクシである。
th_スクリーンショット 2021-05-22 15.56.46

その大瀧詠一師匠も亡くなってしまい、寂しい限り。

こんな動画を見つけた。

https://youtu.be/E22j7pV09C8

すごいわ、これ。
と思ったら、YouTubeから削除されてた。

NHK BSで放映した大瀧詠一追悼番組。

「君は天然色」を豪華バックバンドで演奏している。
超豪華メンバーが大瀧詠一師匠のボーカルに合わせて、一発撮りの演奏。
ボーカルが録音、演奏が生という逆バージョン。

こんなことできるのね。
すばらしい!
探してみてください。

 

さて、先日のこと。
レックインドアテニススクール上石神井で試打をした。

試したのはこちら。
th_IMG_3141
ぜんぶHEADね。
じつはこのラケットたち、すべて関口周一モデル。

関口プロが使っていたり、試してみたラケットたち。
試打の結果、実戦投入には至らなかったものもあるが、
HEAD社が関口プロ仕様にしてくれたものたち。

ウエイト、バランス、グリップ形状、モノによってはモールドも、
関口プロのリクエストに合わせてチューンされている。

以前、ラケットマイスターさんで関口プロパーソナルの
PRESTIGEのスペック計測をしてもらったことがあるが、
年代の違うモデルでもすべてがドンピシャで揃っていた。

今回はSPEED、RADICALもあるので微妙な違いはあると思うが、
バランス、ウエイトは合わせてあると思われる。
もちろんグリップ形状も関口プロ仕様だ。

ということで、この4本をまとめて試打してみようと思い立ったのだ。

 

まずは、関口プロといえばのPRESIGE。

th_IMG_3143

HEAD契約プロのPRESTIGEはほとんどがオールグロス(艶出し)塗装だが、
関口プロのPRESTIGEもグロス塗装。
th_IMG_3144
これがいちばん分かりやすい市販品との違いかな。

ストリングは縦ナチュラル、横ポリのハイブリッド。
ナチュラルはBabolat TOUCH TONIC、ポリはHEADのHAWK(たぶん)。
th_IMG_3145
テンションは48ポンドくらい。(だった気がする)

フレームサイドのPRESTIGEのロゴに、MPとかPROの表記がない。
th_IMG_3146
以前は、SとかPROとか入っていたのだけど、このPRESTIGEにはない。
(たしかチリッチのPRESTIGEにはPROと入っていた)
まさにパーソナルの証。

グリップエンドのキャップも市販品と違ってシール。
th_IMG_3147
ロゴに丸い跡があるが、シールを剥がすと小さな穴が空いていて、
調整用のシリコン注入ができるようになっている。

 

ということで、試打開始。

関口プロのPRESTIGEは何本か打ったことがあるけど、
これもとても打ちやすい。

ワタクシ好みの「ちょっとトップライト」なのもちょうどいい。

現行のPRESTIGEはかなり柔らかくて、RAも低めなのだけど、
関口パーソナルはそこまで柔らかくない気がする。

おそらくだけど、これまでのRAが維持されているんじゃないだろうか。
急にRAが変わったら、そんなに簡単にスイッチできないよね。
関口プロ本人も「たぶん何世代か前のだと思います」と言っていた。

柔すぎず、粘りはあるけど、球離れも感じられるバランスの良さが
このPRESTIGEの特徴のひとつ。

 

で、ナチュラルだからなのか、スピン系の引っかかりも良い。
たしかナチュラルのゲージはボールフィールの130ではなく、
ロンジビリティだから太めのはず。

そういえば、鈴木プロも以前はかなり太ゲージのナチュラル使っていたと言ってた。
ナチュラルって太くても引っかかりが良いってことなんだろうか。

ネットプレーも操作性も良いし、適度に弾くので扱いやすい。
ナチュラルならではの抜けるようなフィーリングも気持ち良い。

いやぁ、いいね、これ。
問題は何本も揃えられないとこかな。(って、これがいちばん問題)

 

ちなみに相手は、ちょうど研修を終えたところの嵒瀬コーチ。
th_IMG_3162

「年の差考えてやさくしてね」とお願いしてみたが、
徐々にボールが速くなり、危険なくらいに。

ちゃんと真ん中で捉えてるのにボールがフェイスに食い込んで、
持ち上げるのに苦労するの、久しぶりに感じたぞ。

さすが関口プロとダブルスを組んでただけはある。
というか、遠慮しないあたりが天然でいいぞ。
(これでも遠慮してて、ホントはもっとエグイボールなのかも)

少しほつれ気味だったナチュラルもかなりほつれてしまった。
ワタクシのせいではなく、嵒瀬コーチの球威のせいだと思われるけど。
th_IMG_3161
どうせなら切っちゃいたかったな。

そんなわけでラケットの好みもあれこれなのだけど、
ワタクシの好みのモデルは関口パーソナル PRESTIGEだったりする。
なんの参考にもならないね。
申し訳ない。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 関口周一プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オススメとか、ぬって焼いたらとか。

Amazonミュージック
th_スクリーンショット 2021-05-01 15.19.30
Spotifyも入れてるけど、Amazonミュージックも数ヶ月無料ってことで、入れてみた。
有料になるのいつだっけ?
忘れて有料版に行きそうな予感バリバリ。

しかし何でもあるのね。
これじゃiTunesの存在感もあやしくなるな。

そしてAmazonのサイトを開くと、聴いた曲のCDがオススメで出てくる。
この前はオススメが松田聖子だらけに。(聴いてたのか?)

すごいね、Amazon。

 

さて、カレーなんだけど。(またかっ!)

KALDI COFFEE FARMで人気の商品があるって聞いた。
最寄駅構内にも店があるので、開いていればのぞいていたのだけど、
人気商品だけになかなか遭遇できなかった。

 

某日、あまり期待しないで寄ってみたら・・・
あった〜!!

th_IMG_1313
ぬって焼いたらカレーパン〜!(ドラえもん風でね)

「おひとり様2個まで」だって。
一瞬、子供に電話して駅まで来させようかと思ったが、
カレーに対する熱量が分からなかったので、断念。

大人なところを見せて2個購入。(大人なのか?)

 

さっそく次の日、つくってみる。(ワクワク)
th_IMG_1358
食パンと、バターと、ぬって焼いたらと、わたし〜♪(平松えりで)

ちなみにバターナイフはワタクシのハンドメイド。
th_IMG_1359
木を削って、やすりでならして、塗装した力作。
ってほどの手間でもなかったけど。
そういえば、ワタクシ以外使ってないな、これ。

 

食パンにバターを塗り、ぬって焼いたらを準備。
th_IMG_1360
ホントにぬって焼くだけなのね。

開封!
th_IMG_1361

なんか、パリパリしててイメージと違う。
th_IMG_1363

塗りにくいし。
th_IMG_1364
冷蔵庫に入れちゃいけなかったのかな。

まあ、細かいことは気にしない(ワカチコ)ってことで前に進む。
th_IMG_1366
とりあえず敷き詰める。
こんなもんでいいのかな。

 

で、忘れちゃいけないこちら。
th_IMG_1367
水分を含ませて一緒にオーブンに入れると、
パンがパサパサにならないという優れもの。

オーブンIN!
th_IMG_1368

なるほど、徐々に溶けていくのね。
th_IMG_1371
なんか、とっても良い感じ。

完成!
ずっとオーブンを覗き込み、
焼き加減を凝視する変なオジサンの甲斐あって良い感じに。
th_IMG_1374
うん!なかなか美味い。
こりゃ、ヒットするわけだ。

そうだ!もっと美味しくするには・・
th_IMG_1394
チーズカレートースト〜!(ドラえもんね)

食べ過ぎです。

カテゴリー: PC, インターネット, 街歩き, 買い物, 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画公開とか、カローラとか。

先日書いた守谷プロとのむさしの村ローンテニスクラブ遠征が動画でアップされた。

th_LINE

むさしの村ローンテニスクラブで練習したよ

ワタクシは映ってないけど、ぜひご覧ください。

 

さて、近所のショッピングモール。
時々懐かしいクルマが展示してあったりする。

先日はこんなクルマが。
th_IMG_8208

th_IMG_8209
トヨタ・カローラ初代モデルだ。

 

カローラといえば、昭和を代表する名車。
誰もが車を持つことが夢だった時代に差し掛かり、
一気にモータリゼーションを加速させたエポックメイキングなクルマだ。

th_IMG_8210

th_IMG_8211

何かで聞いたけど、日本一、開発費用が掛かっているクルマだとか。
たしかに、今に至るまで続いているモデルだから、
開発費を累積すればそうなるんだろう。

ご多分に漏れず、子供の頃、我が家もカローラに乗っていた。
カローラの前は、スバル360、スバルR2だったから、2代目のカローラからだと思う。
そしてスプリンターになり、またカローラみたいな流れだったっけな。
とにかく懐かしい。

 

ホワイトリボンもタイヤもいい。
th_IMG_8212

th_IMG_8213

th_IMG_8215
デラックスのエンブレムもいかにもって感じだ。

車が庶民の夢だった昭和の頃、日本の経済成長とともに
我が家のクルマも徐々に大きくなっていった。
といっても、5ナンバーの大衆車だけど。

ガソリン入れると、社内もガソリン臭くなるし、
排ガスの匂いで気持ち悪くなって、乗るたびに車酔いしてたけど、
子供の頃の思い出に欠かせないのがクルマだ。

昭和のクルマに乗ってみたいな。
スズキ・キャロルとか、パブリカとか・・・近所のおじさんが乗ってたやつ。
今、走る個体はメッチャ高いんだろうね。
いいなぁ、昭和カー。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

トレーラーとか、お気に入りゾーンとか。

キャンピングトレーラー。

th_IMG_8326

th_IMG_8328

リモートワーク用にも人気だって。
確かに自宅の状況によってはリモートって難しいもんね。

そういえば、昔、移動しながらレッスンしながら、デスクワークしながらの頃、
車中で仕事が出来るようにって、ブルーバードワゴンから三菱シャリオにしたっけ。

ハイエースのキャンパーとかいいよね。
欲しい。

 

さて、自宅のワークスペース。
th_IMG_0147
リビングの一角なんだけど、好きなものたちを勝手にならべてある。

お気に入りのCD。
th_IMG_0148
外せないのはナイアガラレーベル(大瀧詠一)ね。

ミニカー
th_IMG_0155
ディズニー「カーズ」のマックイーン。
ストックカーレースっていいよね。

ワーゲンバス、ピックアップ&バスボート、Hard Rock Cafeのマスコット。
th_IMG_0153
あと、忘れちゃいけない、キース・ヘリング。(大好き)

ショットグラスも。
th_IMG_0156
後ろにはビレッジバンガード企画のCD BOX。

 

で、先日、レックテニススクール府中のカリタコーチからもらったラケット。
th_IMG_3210

HEAD EXTREME
th_IMG_3209

「要ります?」

「欲しい!持ってないし」

「使わないから、どうぞ」

まあ、たしかに使わないよね。
th_IMG_3212
小さいし。(笑)

HEADのコーチコンベンションの参加記念品だって。
カリタコーチはこの手のものに興味がないらしい。

ワタクシ的にはラッキーだ。
HEADコーチコンベンション、呼ばれないし。

 

ということで、EXTREMEが加わって、
ますますお気に入りのゾーンになったワークスペースである。
th_IMG_3215

って、よく考えたら、このへんも断捨離が必要なんだろうか。
ここは最後にだな。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, テニス, テニス用品, ボート, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

AIRSUPLYとか、ホワギョーとか。

青春の1枚

th_IMG_9677

Lost in Love、名曲!

大学1年生の頃、アルバイトしていた喫茶店でヘビーローテーションだった。
って、あの頃、ヘビロテなんて言葉はなかったな。

他には、REO SPEED WAGON、JOURNEY、TOTO、FOREIGNERとか。
簡単に言うと、ベストヒットUSA的な曲をBGMにしてた。
もちろんカセットテープね。
懐かしい。

 

さて、ソウルフードってものがある。

千葉県民のソウルフードといえば・・・餃子である。
といっても、宇都宮と張り合うわけじゃなくて、
餃子は餃子でも「ホワイト餃子」だ。

たぶん発祥は野田市。
千葉県、そして都内城東方面に数店舗ある。

どうしてホワイト餃子というのかは知らない。
千葉県民は「ホワギョー」と呼ぶ。

 

そんなホワイト餃子はワタクシにも青春の味。

コーチ駆け出しの頃、毎日、知り合いのコーチのクラブに押しかけ、
練習をつけてもらい、練習後はビリヤードに付き合い、
その後はホワイト餃子を奢ってもらうのがお決まりのコースだった。

当時は順天堂大学の裏手にホワギョーがあって、学生たちで賑わっていた。
順天堂大学出身の有名スポーツ選手のサイン色紙がずらりと並んでたっけ。
たしか、鈴木大地選手のサインもあった。

本当によくホワギョーを食べさせてもらった。
自分で払ったことあったかな。

そんな思い出のホワギョー、習志野店は今はもうない。

 

東京は葛飾にもお店あるってことで、
先日、近くまで行ったついでに寄ってみた。。

th_IMG_0288
混んでいるもののなんとか座れそう。

1,5人前を注文。
これ基本ね。
ご飯は頼まないのも基本。

 

ビールを飲みながら待つ。
th_IMG_0280
当時はビールはクルマだったから飲まなかった。

 

キター!
th_IMG_0283
焼くというより、油で揚げた感じの餃子なのだ。

 

メッチャ熱いので、それぞれを切り離して冷めやすくする。
これも基本ね。
th_IMG_0286

醤油、お酢、ラー油、七味でタレを調合し食す。
うま〜い!!
やっぱりこれだな。

味変に、マヨネーズを注文。
ミニチューブのマヨネーズが来たら、
小皿に出し、七味をかけて、餃子をつける。
これも基本。

ああ、美味しい。

 

知ってるだけでも30年同じ味ってことだよね。
これぞソウルフードだ。

あ、でも千葉じゃないか、ここ。
まあ、細かなことは気にしない。
懐かしさでお腹も胸もいっぱいにあった夜だった。

カテゴリー: , 街歩き, 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。