錦織圭リオオープンまさかの初戦負け

2月21日(火)、リオ・オープン
錦織圭が1回戦で4-6,3-6とまさかのストレート負けをした。
錦織が1回戦で敗れたのは2015年のUSオープン以来。(フランスのペアに敗れる)

錦織は日曜日にアルゼンチンオープン決勝を戦い、火曜日にはリオオープン一回戦があった。
錦織の対戦相手は地元ブラジルNo.1のベルッチだ。
二人は全仏で対戦、錦織がストレートで勝っているが、競り合いだった。

ブラジルNo.2、22歳のモンテイロは既に勝ち上がっている。そして錦織対ベルッチの勝者と対戦することになっている。

地元の応援を受けベルッチは切れないで、しぶとく闘いブラジルNo.1の意地を見せ錦織を破った。
連戦の疲れで錦織のプレーは100パーセントには遠かった。が、錦織なりにその状態でもベストを出そうともがいていた。
舞台が違っていたら違う結果になっていただろ。

<<まさかの1回戦詳細>>
●1)錦織圭 4-6 3-6 〇T.BELLUCCI(BRA)

第1セット4-4までは錦織のペースに見えたが、

第9ゲーム、錦織のサーブで30-40とブレーク・ポイントを握られる。
ベルッチは11回のラリー戦を制し、先にブレークする。

5-4ベルッチのサービング・フォ・ザ・セット、
ドロップ・ショット、ダブルフォルトなどあるが、ベルッチは40-15とセットポイントを握る。

ラリー戦が続く、
ネットインになったボールをベルッチに決められた錦織は
怒る!
そして信じられないことに、ラケットをコートに叩きつけた!

温厚な錦織圭に何があったのだろう?

第2セット

最初のサーブを落とし0-2となる。

第4ゲームもベルッチは40-0とする。
これをキープされると、3-1、勝負は決まり?と思われたが、なんとここからベルッチはサーブを落とす。2-2。

ベルッチの荒さが出てきた。

錦織サーブをキープ、3-2、段々と錦織ペースになるのではと期待したが、

3-3、錦織のサーブ、15-15からバックを連続ミスし、15-40。
7回のラリーはわずかにワイドで3-4とサーブを落とす。

3-5、錦織のサーブ、フォアをアウトし15-40とマッチポイントを握られる。
クロスを決め30-40
フォアの逆クロスを決めデュースにする。

2度目のデュース、
フォアを決められ、4回目のマッチポイント
錦織のフォアのボレーは僅かにワイド!

なんと1回戦で負けてしまった!

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:リオオープン
ATP カテゴリー500:ATPTour500リオ
賞金総額:$1,603,940(約1.7億円)
優勝賞金:$314,880(約3.5千万円)500ポイント
準優勝:$154,370(約1.7千万円)300ポイント
best4:$77,680(800万円)180ポイント
best8:$39,500(400万円)90ポイント
2回戦:$20,515(210万円)45ポイント
1回戦:$10,820(110万円) 0ポイント
大会会場:the Jockey Club Brasileiro
期間:02/20-02/26/2017
現地時刻(時差-12時間)
ライブスコア

<<1回戦>>
●1)錦織圭 46 36 〇T.BELLUCCI(BRA)
ドローPDF版
ドローネット版

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 21:24 | コメントをどうぞ

錦織圭残念ながらツアー12勝目ならず!

2月19日(日)、アルゼンチンオープン決勝。

準決勝では地元アルゼンチンのベテランベロックを激戦の末に逆転勝ち、決勝に進出した錦織圭だったが、
ドルゴポロフに6-7(4),4-6で敗れツアー12勝目を逃してしまった。

2017argopen

第1セット、オープニングゲームで錦織は30-40とブレーク・ポイントを掴むが、ドルゴポロフは2度のデュースの末にキープ。
その後、共にサービスゲームをキープし、タイブレークに。
1-4から3-4まで踏ん張るが、4-7で落とす。

第2セットの第7ゲーム、錦織は30-40のブレーク・ポイントを握られる。
そのチャンスをドルゴポロフはバックのショート・リターンエースで決める。

第10ゲーム、ドルゴポロフ40-30のマッチポイント、
錦織の返球は押されネットにかかり、ドルゴポロフが勝利。

ドルゴポロフとはジュニア時代から仲良しのプレーヤー、
2015年ブリスベン国際ではダブルスを組み準優勝したこともある間柄。
対戦成績は錦織から過去5戦5勝だったのだが。

錦織の次戦は20日からリオデジャネイロで行われるリオ・オープンに出場する。
1回戦は現地火曜日のナイトセッションで地元のベルッチと対戦する。
対戦成績は錦織の1勝だが、競り合いだった。
リオ・オープンドロー

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:アルゼンチンオープン
ATP カテゴリー250:ATPTour250ブエノスアイレス
賞金総額:$624,340(約7千万円)
優勝賞金:$97,470(約1千万円)250ポイント
準優勝:$51,337(約600万円)150ポイント
best4:$27,810(300万円)90ポイント
best8:$15,840(160万円)45ポイント
2回戦:$9,335(100万円)20ポイント
1回戦:$5,530(60万円) 0ポイント
大会会場:Buenos Aires Lawn Tennis Club
期間:02/13-02/19/2017
現地時刻(時差-12時間)
ライブスコア

<<決勝>>
●1)錦織圭 67(4) 46 〇A.Dolgopolov(UKR)

<<準決勝>>
〇1)錦織圭 46 64 63 ●C.Berlocq(ARG)
〇A.Dolgopolov(UKR) 75 62 ●4)CarrenoBusta(ESP)

<<準々決勝>>
〇1)錦織圭 61 64 ●6)J.SOUSA(POR)
〇C.Berlocq(ARG) 36 62 63 ●T.Monteiro(BRA)
〇4)CarrenoBusta(ESP) 63 46 64 ●5)Ramos-Vinolas(ESP)
〇A.Dolgopolov(UKR) 75 64 ●G.Melzer(AUT)

<<2回戦>>
〇1)錦織圭 57 62 62 ●D.SCHWARTZMAN(ARG)
ドローPDF版
ドローネット版

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(photo:ArgentinaOpen)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 06:41 | コメントをどうぞ

錦織圭アルゼンチンオープン4強

2月17日(金)、アルゼンチンオープン
錦織圭の準々決勝が行われ、第6シードのソウサ(ポルトガル)と対戦、6-1,6-4のストレートで勝利、4強となった。

ソウサとは、昨年の楽天ジャパオープン2回戦で対戦、
第1セット4-0とリードしたが、突如、左でんぶを痛め棄権負けした相手だった。

C_Nishikori_17_014

第1セット、
いきなり相手のサービスゲームをブレーク。
そのまま4ゲームを連取、
1ゲームを失っただけで第1セットをとる。

第2セットは競り合うが、自分のサービスゲームをキープ、
第10ゲームをブレークし、6-4.
ストレートの快勝。

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:アルゼンチンオープン
ATP カテゴリー250:ATPTour250ブエノスアイレス
賞金総額:$624,340(約7千万円)
優勝賞金:$97,470(約1千万円)250ポイント
準優勝:$51,337(約600万円)150ポイント
best4:$27,810(300万円)90ポイント
best8:$15,840(160万円)45ポイント
2回戦:$9,335(100万円)20ポイント
1回戦:$5,530(60万円) 0ポイント
大会会場:Buenos Aires Lawn Tennis Club
期間:02/13-02/19/2017
現地時刻(時差-12時間)
ライブスコア

<<準決勝>>
1)錦織圭 vs C.Berlocq(ARG)
4)CarrenoBusta(ESP) vs A.Dolgopolov(UKR)

<<準々決勝>>
〇1)錦織圭 61 64 ●6)J.SOUSA(POR)
〇C.Berlocq(ARG) 36 62 63 ●T.Monteiro(BRA)
〇4)CarrenoBusta(ESP) 63 46 64 ●5)Ramos-Vinolas(ESP)
〇A.Dolgopolov(UKR) 75 64 ●G.Melzer(AUT)

<<2回戦>>
〇1)錦織圭 57 62 62 ●D.SCHWARTZMAN(ARG)
ドローPDF版
ドローネット版

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(photo:ArgentinaOpen)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 12:32 | コメントをどうぞ

錦織圭 苦戦 アルゼンチンオープン初戦

2月15日(水)、アルゼンチンオープン
全豪オープンでフェデラーに敗れて以来の錦織圭の試合がブエノスアイレスで行われた。

bBannerL_Nishikori_004
錦織は世界50位のシュワルツマンに第1セットを落とすものの、5-7,6-2,6-2で逆転勝ち、8強になった。

いきなりブレークに成功した錦織だったが、地元アルゼンチンのシュワルツマンはしぶとく食い下がる。
錦織、第6ゲームをブレークバックされると、5-6の第12ゲームを落とし、第1セットを奪われる苦しい展開。

ラリー戦を支配し始め、ドロップショットも決め、第5、第7ゲームをブレーク、フルセットに持ち込む。

イレギュラーバウンスなどもあり、大変そうな試合。
2-1とリードしたところで、錦織、左ふくらはぎから足首を治療。
相手も左手首を治療、ATPトレーナーは二人を治療しなくてはいけないので、大変そうだ。

第3ゲームから4ゲームを連取で5-1、
第8ゲームはブレークされそうなピンチをしのいでキープし勝利。

準々決勝では41位で第6シードのソウサ(ポルトガル)と対戦。
昨年10月のジャパン・オープンで初対決したが、突然の腰痛で棄権負けした相手だ。

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:アルゼンチンオープン
ATP カテゴリー250:ATPTour250ブエノスアイレス
賞金総額:$624,340(約7千万円)
優勝賞金:$97,470(約1千万円)250ポイント
準優勝:$51,337(約600万円)150ポイント
best4:$27,810(300万円)90ポイント
best8:$15,840(160万円)45ポイント
2回戦:$9,335(100万円)20ポイント
1回戦:$5,530(60万円) 0ポイント
大会会場:Buenos Aires Lawn Tennis Club
期間:02/13-02/19/2017
現地時刻(時差-12時間)
ライブスコア

<<準々決勝>>
1)錦織圭 vs 6)J.SOUSA(POR)
T.Monteiro(BRA) vs C.Berlocq(ARG)
4)CarrenoBusta(ESP) vs 5)Ramos-Vinolas(ESP)
G.Melzer(AUT) vs A.Dolgopolov(UKR)

<<2回戦>>
〇1)錦織圭 57 62 62 ●D.SCHWARTZMAN(ARG)
ドローPDF版
ドローネット版

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(photo:ArgentinaOpen)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 12:59 | コメントをどうぞ

錦織圭惜しい フェデラーに敗れ全豪8強逃す

1月22日(日)、2017オーストラリアン・オープン

錦織圭の4回戦が行われ、錦織はグランドスラム大会歴代最多17度の優勝を誇る、フェデラーと対戦したが、7-6(4),4-6,1-6,6-4,3-6で惜しくも敗れてしまった。

色々な見方があるだろうが、元王者に対して良く健闘したと思う。
第1セット、4-0とフェデラーのサーブを2ブレーク・アップ、そして5-1とリードする。

錦織サーブで5-2、15-0から、やや攻め急いでしまった。
そこからなんとタイブレークに縺れる。
タイブレークは取ったが、フェデラーを生き返らせてしまった。

4R6A0110
フェデラーのテニスを上回るテニスをした錦織だったが、経験の差が勝負を左右した。

錦織圭インタビュー
「5-2から格段に彼のプレーが良くなった。
出足は彼の調子も良くなかったが、さすがに修正してきた。
自分のミスも重なって、5-5に戻された。
始めの出足が良かったので、しっかり取って、第2セットにいい形で入りたかった。
フェデラーは常にプレッシャーをかけてきた。」

観客は完全にフェデラーを後押しする。
その声援に押されフェデラーのテニスも冴えてくる。

「第2セットからフェデラーのサービスも良くなってきた。
自分のセカンドサーブ攻められた。
ネットに来るタイミングが早かったし、特に後半ブレークされてしまった。
特にここを耐えていれば、内容が変わったかもしれない。」

「負けたばかりで分析するのは難しいが、
少しサービスの入りが良くなかった。
ファーストサービスが入っていれば・・・。
特に後半、セカンドサービスを攻められた場面が多かった。
サービスゲームはいつもより悪かったかもしれない。」

「最初はフェデラーのミスが早かったので驚いた。
自分も最高レベルのプレーではなかったが、いずれサービスも入って来て、ミスもなくなってくるだろう。
危なくなってくるだろうと感じていた。」

「試合中は楽しい気持ちにはなれない。
常に展開が早く、プレッシャーをかけてくる。
落ち着いて甘いボールを打てない。
他の選手より難しい。」

「第4セットは危ない場面を切り抜けて、チャンスを取った。
そこからファイナルセットもギアを上げられれば良かった。」

「彼のプレーが良かったので仕方がない。
バッククロスばかり打たせてくれない。
ダウンザラインへ打たれたり、回り込みフォア逆クロスへ打たれたり、先に振り回される展開になった。
もう少し深いボールを混ぜるべきだった。」

「フェデラーは以前戦った時と作戦を変えてきたが、前と同じ力強いサービスが入ってくるとチャンスがなかなかなかった。」

「5セット目はなるべく集中力を保って、出足から行こうと思っていた。
疲労があったが、最後の1セットだったので頑張ろうと思った。
1ゲームの中でほんの少し欠けた所に差ができた。もったいない。」

「フェデラーはケガがなければ、すぐにトップに戻ってくるだろう。
簡単には勝てない相手。」

「もったいなかった。
マレーが負けてチャンスがあったので・・・。
足りないものがある。」

「自分のやれることをやって、グランドスラムのタイトルに近づけるようにしたい。」

フェデラー対錦織対戦成績

大会データー:2017オーストラリアン・オープン
賞金総額:$50,000,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,700,000(約4億円)
準優勝:$1,850,000(約2億円)
4強:$820,000(約1億円)
8強:$410,000(5千万円)
4回戦:$220,000(2千500万円)
3回戦:$130,000(1千500万円)
2回戦:$80,000(1千万円)
1回戦:$500,000(500万円)
128ドロー、ハード
予選1/11-1/14,2017
本戦1/15-1/29,2017
会場:メルボルンパーク ナショナルテニスセンター
メルボルン現地時刻(時差+2時間)

<<準々決勝>>
17)R.FEDERER(SUI) vs M.ZVEREV(GER)
4)S.WAWRINKA(SUI) vs 12)J.TSONGA(FRA)
9)R.NADAL(ESP) vs 3)M.RAONIC(CAN)
11)GOFFIN(BEL) vs 15)G.DIMITROV(BUL)

<<4回戦>>
〇M.ZVEREV(GER) 75 57 62 64 ●1)A.MURRAY(GBR)
〇17)R.FEDERER(SUI) 67(4) 64 61 46 63 ●5)錦織圭
〇4)S.WAWRINKA(SUI) 76(2) 76(4) 76(4) ●A.SEPPI(ITA)
〇12)J.TSONGA(FRA) 67(4) 62 64 64 ●D.EVANS(GBR)

〇9)R.NADAL(ESP) 63 63 46 64 ●6)G.MONFILS(FRA)
〇3)M.RAONIC(CAN) 76(6) 36 64 61 ●13)BAUTISTA AGUT(ESP)
〇11)GOFFIN(BEL) 57 76(4) 62 62 ●8)THIEM(AUT)
〇15)G.DIMITROV(BUL) 26 76(2) 62 61 ●W)D.ISTOMIN(UZB)

<<3回戦>>
〇5)錦織圭 64 64 64 ●Q)L.LACKO(SVK)

<<2回戦>>
〇5)錦織圭 63 64 63 ●J.CHARDY(FRA)
〇13)BAUTISTA AGUT(ESP) 62 63 63 ●西岡良仁

<<1回戦>>
〇5)錦織圭 57 61 64 67(6) 62 ●A.KUZNETSOV(RUS)
〇西岡良仁 64 16 62 64 ●Q)A.BOLT(AUS)
〇M.JAZIRI(TUN) 63 64 63 ●添田豪
本戦ドローnet版
男子本戦ドロー
男子予選ドロー

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(記事森下泰/塚越亘 写真 WataruTsukagoshi/CanonEos7D/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 18:55 | コメントをどうぞ

錦織圭16強 次はフェデラーと対戦だ!

1月20日(金)、2017オーストラリアン・オープン
錦織圭の3回戦が行われ、錦織は予選上がりでシード選手を破るなどして勝ち上がってきた121位のラコ(29歳)を6-4、6-4、6-4で破り16強入りした。

4回戦ではグランドスラム大会歴代最多17度の優勝を誇る偉大なプレーヤー、フェデラーと対戦する。
対戦成績は錦織から2勝4敗。4大大会では初対戦となる。

4R6A0100

ラコはストロークが安定している。
予選から勝ち上がりシード選手にも勝っているだけあって凡ミスが少なく、テニスがうまい。
「リターンが上手く、厳しいラリー戦になるだろう。」と錦織が言った通りの対戦となり、勝負を決めるには錦織圭のテニス次第と言う展開になった。

途中ちょっと攻めあえぐところもあり、錦織の凡ミスの数が32と多かったが、
その凡ミスを46のウィナーが上回り、崩れなかったのは錦織の日々の練習の成果だろう。
終わってみれば2時間11分の快勝だった。

準々決勝入りをかけて戦うフェデラーも第10シードのベルディヒを6-2、6-4、6-4、わずか1時間半で破っている。
35歳のフェデラーは膝の怪我けがによる長期休養から復帰したばかりだが、ブレークチャンスを許さずに快勝。
「ケイの大ファン。ケイとの試合はわくわくする、楽しみだ。」とフェデラー。

錦織も「(今日のフェデラーの)テニスを見ても、調子は良さそう。
純粋に戦ってみたい相手。
タフだが、思い切ってプレーしたい。」と。

期待の4回戦は22日日曜日の予定だ。

大会データー:2017オーストラリアン・オープン
賞金総額:$50,000,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,700,000(約4億円)
準優勝:$1,850,000(約2億円)
4強:$820,000(約1億円)
8強:$410,000(5千万円)
4回戦:$220,000(2千500万円)
3回戦:$130,000(1千500万円)
2回戦:$80,000(1千万円)
1回戦:$500,000(500万円)
128ドロー、ハード
予選1/11-1/14,2017
本戦1/15-1/29,2017
会場:メルボルンパーク ナショナルテニスセンター
メルボルン現地時刻(時差+2時間)

<<4回戦>>
1)A.MURRAY(GBR) vs M.ZVEREV(GER)
5)錦織圭 vs 17)R.FEDERER(SUI)
4)S.WAWRINKA(SUI) vs A.SEPPI(ITA)
12)J.TSONGA(FRA) vs D.EVANS(GBR)

9)R.NADAL(ESP) vs 6)G.MONFILS(FRA)
3)M.RAONIC(CAN) vs 13)BAUTISTA AGUT(ESP)
8)THIEM(AUT) vs 11)GOFFIN(BEL)
15)G.DIMITROV(BUL) vs W)D.ISTOMIN(UZB)

<<3回戦>>
〇5)錦織圭 64 64 64 ●Q)L.LACKO(SVK)

<<2回戦>>
〇5)錦織圭 63 64 63 ●J.CHARDY(FRA)
〇13)BAUTISTA AGUT(ESP) 62 63 63 ●西岡良仁

<<1回戦>>
〇5)錦織圭 57 61 64 67(6) 62 ●A.KUZNETSOV(RUS)
〇西岡良仁 64 16 62 64 ●Q)A.BOLT(AUS)
〇M.JAZIRI(TUN) 63 64 63 ●添田豪
本戦ドローnet版
男子本戦ドロー
男子予選ドロー

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(記事森下泰/塚越亘 写真 WataruTsukagoshi/CanonEos7D/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 08:47 | コメントをどうぞ

錦織圭やや手こずるが 全豪32強

1月18日(水)、2017オーストラリアン・オープン
錦織圭の2回戦が行われ、錦織はフランスのシャディを6-3,6-4,6-3のストレートで破り、7年連続となる全豪オープン32強になった。

4R6A0310

「第2セット、先にブレークされて少し焦ったが、挽回するチャンスは来ると思ってプレーしていた。
先にブレークされたことは反省すべき点。
1回戦よりはいいフィーリング、集中して入れた。」

4回戦に勝ち進むとフェデラーとの対戦になる可能性があるが、
「まだまだお互いにもう一つ勝たなくてはいけないが、
フェデラーと対戦するのは楽しみ。
ポイントの駆け引きなどで、勝ち負けに関係なくテニスをしていて楽しいと思える対戦相手。」
と言う。

その前に錦織は予選上がりでシード選手を破るなどして勝ち上がってきた29歳、ラコと対戦しなくてはいけない。
「リターンが上手く、厳しいラリー戦になるだろう。
しっかりチェックして作戦を練って戦いたい。」と錦織。

<<やや手こずった2回戦詳細>>
〇5)錦織圭 6-3 6-4 6-3 ●J.Chardy(FRA)

第1セット

ハイセンスアリーナは超満員。
日本人のためにここにしてくれたのか?ここは指定席でなく早いもの順で入れる。

シャディのゲームで始まる。
錦織は最初から集中している。
1回戦の時からキチンと修正してきているのがわかる。

錦織のバックダウンザラインウィナー。コートの中に入って、上から打ち込んでいく。
最初のサーブをブレーク。

第9ゲーム、シャディのサーブで15-40、
デュースになるが、3つ目のセットポイントをものにしてブレーク、6-3で先取。

素晴らしい!
と思ったが、第2セットはいきなりサービス・ダウン!
少し、油断したか?落としてしまう。

しかし、錦織はフォアアングルからバックアングル攻撃。
相手を極限まで走らせブレーク・バック。

第5ゲーム、
シャディの連続フォア逆クロスウィナー。
少し突っ立って打つが、振り抜きがすごい!段々、スイングが速くなってきた。
またブレークされた。

シャディの第6ゲーム、
4回のデュースの末、5つ目のブレークポイント。
最後はシャディのバックスライスネットミス。3-3とブレークバック。

落としてもすぐに次のゲームをブレークバックするので、相手に持っていかれない。

5-4とリードし、シャディの第10ゲーム。
錦織のフォアダウンザライン、
それをシャディのバッククロスがかすってネットミス。

ブレークし、6-4と第2セットも取るが、あまり嬉しそうな顔をしない錦織。
このセットは納得していないのか?

第3セット

錦織の第1ゲーム、セカンドを叩かれる。
少し浅くなったのとシャディがこれしかやることがなくなったから!
第2セットと同じく、最初のゲームをブレークされる。
良くないなあ~!

シャディのダブルフォルトで1-1とブレークバック。
同じような展開だ。

錦織の第3ゲーム、40-0。
相手が集中を欠いたところでサーブ&バックダウンザラインボレーウィナー。
上手い!
こういう隙を見せないテニスが好きだな~!
2-1とキープ。

錦織のフォアは良く引きつけて、相手をよく見ている。
いつでも相手の状況次第でコースを変えられる準備がある。

シャディの第8ゲーム、
錦織の回り込みフォアダウンザラインウィナー。
5-3とブレーク。

最後は錦織のフォアクロスをシャディのフォアクロスがアウト。
6-3で錦織のストレート勝ち。

1回戦よりだいぶ良くなったが、まだまだ、自分の力の半分も出していないぞ!

大会データー:2017オーストラリアン・オープン
賞金総額:$50,000,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,700,000(約4億円)
準優勝:$1,850,000(約2億円)
4強:$820,000(約1億円)
8強:$410,000(5千万円)
4回戦:$220,000(2千500万円)
3回戦:$130,000(1千500万円)
2回戦:$80,000(1千万円)
1回戦:$500,000(500万円)
128ドロー、ハード
予選1/11-1/14,2017
本戦1/15-1/29,2017
会場:メルボルンパーク ナショナルテニスセンター
メルボルン現地時刻(時差+2時間)

<<3回戦>>
5)錦織圭 vs Q)L.LACKO(SVK)

<<2回戦>>
〇5)錦織圭 63 64 63 ●J.Chardy(FRA)
西岡良仁 vs 13)BAUTISTA AGUT(ESP)

<<1回戦>>
〇5)錦織圭 57 61 64 67(6) 62 ●A.KUZNETSOV(RUS)
〇西岡良仁 64 16 62 64 ●Q)A.BOLT(AUS)
〇M.JAZIRI(TUN) 63 64 63 ●添田豪
本戦ドローnet版
男子本戦ドロー

添田豪予選突破!8名が挑戦したが
男子予選ドロー

女子本戦 大阪なおみ2回戦へ
女子本戦ドロー

穂積絵莉見事予選突破 6名が予選に挑戦
女子予選ドロー

(記事森下泰/塚越亘 写真 Wataru Tsukagoshi CanonEos7D/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 17:20 | コメントをどうぞ

錦織圭 全豪初戦3時間半の大苦戦

1月16日(月)、2017オーストラリアン・オープンが開幕した。

錦織圭は1回戦でA.クズネツォフ(RUS)45位、25歳を5-7、6-1、6-4、6-7(6)、6-2、3時間34分と苦しみながらも勝利。2回戦へと進出した。

4R6A0045

「(クズネツォフは)ボールをフラットで打ってきたので、攻められる場面が多く、それに対応しきれなかった。
それとコートが速いので難しかった。
途中から左右に振るのは意識した。
最後やっと攻撃的なプレーができた。」

「メンタル的に攻めていなかったのが(苦戦した)一番の原因だと思う。」

「フィジカル的なものは全く問題ない。
今日はどうであれ勝つのが一番。
1回戦で長い試合で勝てたのが、自信になってくれると思う。」

「2回戦で対戦するシャディとは久しぶりの対戦。すごく展開が早い。」
シャディは相手が怪我でラッキーなことに棄権勝ち。

「まだ、1回戦だからいいですが、これが2回戦や3回戦なら相手を恨みますけどね!(笑)」
と錦織。

「優勝する気で闘っている。」
と頼もしい言葉をあとにしてインタビュールームを後にした。

<<苦戦した錦織圭1回戦の様子>>
〇5)錦織圭 5-7 6-1 6-4 6-7(6) 6-2 ●A.KUZNETSOV(RUS)

第1セット
4-4でクズネツォフに先にブレークされる。
続く第10ゲームですぐにブレークバックするが、第11ゲームを落とし、第1セットは5-7、苦しいスタートとなる。

第2セット
錦織が第4ゲーム、第6ゲームもブレーク、6-1で取る。

第3セット
第4ゲームで先にサーブを落とすが、第5ゲームをブレークバック。
第7ゲームでクズネツォフの連続ダブルフォールトがあり、このセット2度目のブレーク。
6-4で逆転。

第4セットもお互いにブレーク合戦があるが、タイブレークへ。
錦織5-2とリードしていたが、タイブレークを落とす。

試合はファイナル・セットに縺れる

錦織は第4、第8ゲームをブレーク、苦戦しながらも勝利。

大会データー:2017オーストラリアン・オープン
賞金総額:$50,000,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,700,000(約4億円)
準優勝:$1,850,000(約2億円)
4強:$820,000(約1億円)
8強:$410,000(5千万円)
4回戦:$220,000(2千500万円)
3回戦:$130,000(1千500万円)
2回戦:$80,000(1千万円)
1回戦:$500,000(500万円)
128ドロー、ハード
予選1/11-1/14,2017
本戦1/15-1/29,2017
会場:メルボルンパーク ナショナルテニスセンター
メルボルン現地時刻(時差+2時間)

<<1回戦>>
〇5)錦織圭 57 61 64 67(6) 62 ●A.KUZNETSOV(RUS)
西岡良仁 vs Q)A.BOLT(AUS)
〇M.JAZIRI(TUN) 63 64 63 ●添田豪
本戦ドローnet版
本戦ドローPDF版

添田豪予選突破!
杉田祐一(111位)、ダニエル太郎(125位)、添田豪(141位)、伊藤竜馬(172位)、守屋宏紀(181位)、サンティラン晶(211位)、吉備雄也(230位)、内山靖崇(237位)ら8名が予選に挑戦
男子予選ドロー

女子本戦
土居美咲(42位)、大坂なおみ(47位)、奈良くるみ(76位)、日比野菜緒(99位)、尾崎里紗(100位)予選を勝ち上がった穂積絵莉が本戦から
女子本戦ドロー

穂積絵莉見事予選突破
加藤未唯(186位)、桑田寛子(199位)、澤柳璃子(201位)、穂積絵莉(217位)、青山修子(221位)、森田あゆみ(怪我の休養で世界ランクなし)の6人が予選挑戦
女子予選ドロー

(記事森下泰/塚越亘 写真 Wataru Tsukagoshi CanonEos7D/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 18:10 | コメントは受け付けていません。

ブリスベン国際 準優勝

1月8日(日)、ブリスベン国際の決勝が行われ錦織圭はディミトルフに2-6,6-2,3-6で敗れ、2017年シーズン開幕戦優勝は残念ながらならなかった。

4R6A0179
「残念ながら優勝を逃がした。
ディミトルフは凄く積極的で良いプレーをしていた。
ディミトルフの努力を賞賛したい。
6年目で初めての決勝進出、それと良いテニスができ、全豪オープンにむけて良いテニスができた。」と錦織。

地元の英雄ロイ・エマーソンに「ナイス・プレー」と言われ微笑む錦織圭。

「凄くエモーショナルな勝利だ。
こんなことは試合が始まる前には期待していなった。」
テイム、ラオニッチ、錦織圭とトップ10プレーヤーを連破、2014年以来2年半ぶりの優勝に笑顔のディミトルフ。

二人の対戦成績は錦織の3-0だったが。

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:ブリスベン国際
ATP カテゴリー250:ATPTour250ブリスベン
賞金総額:$461,330(約5千万円)250ポイント
優勝賞金:$72,000(約1千万円)150ポイント
準優勝:$37,900(約500万円)90ポイント
準決勝:$20,545(250万円)90ポイント
準々決勝:$11,705(130万円)45ポイント
2回戦:$6,900(90万円)20ポイント
大会会場:Queensland Tennis Centre
期間:01/01-01/08/2017

オーダー・オブ・プレー

ブリスベン現地時刻(時差+1時間)
ライブスコア

<<決勝>>
〇7)G.Dimitrov(BUL) 62 26 63 ●3)錦織圭

<<準決勝>>
〇7)G.Dimitrov(BUL) 76(7) 62 ●1)M.Raonic(CAN)
〇3)錦織圭 76(3) 63 ●2)S.Wawrinka(SUI)

ナダル破れる!
<<準々決勝>>

〇1)M.Raonic(CAN) 46 63 64 ●5)R.Nadal(ESP)
〇7)G.Dimitrov(BUL) 63 46 63 ●4)D.Thiem(AUT)
〇3)錦織圭 61 61 ●W)J.Thompson(AUS)
〇2)S.Wawrinka(SUI) 67(2) 64 64 ●K.Edmund(GBR)

<<2回戦>>
〇3)錦織圭46 64 63 ●Q)J.DONALDSON(USA)

<<1回戦>>
〇V.TROICKI 64 75 ●Q)西岡良仁
ドローPDF版
ドローネット版

西岡良仁予選突破!予選1回戦では添田豪破る!
予選ドロー

錦織圭ダブルス、テイムと組み8強
ダブルスドローPDF

錦織圭この大会後、
9日(月)はシドニーでナダルとのエキジビションマッチ、
16日(月)からはグランドスラム大会、オーストラリアン・オープンだ。

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(記事/写真 塚越亘/Wataru Tsukagoshi CanonEos7D)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 06:29 | コメントをどうぞ

錦織圭ワウリンカ破り ブリスベン決勝

1月7日(土)、ブリスベン国際

準決勝が行われ錦織圭は第2シード、世界4位のワウリンカと対戦し7-6(3),6-3のストレート勝利で決勝進出を果たした。
4R6A0066
ワウリンカとの対戦成績は錦織から3勝4敗

第1セット
ワウリンカのサーブで始まる。
ワウリンカは連続サービス・エースを決め15でキープ。

それに対して錦織はデュース5回、3度ブレーク・ポイントを握られながらやっとこさキープする。

「自分のサービスゲームでは、ワウリンカに攻められ余裕がなかった。
何とか耐え切れたのが良かった。」

お互いにサービスキープで6-6となる。
ここまで錦織が取ったポイントは35、対するワウリンカは39と4ポイントも差がある。
4ポイントは1ゲームの数、それだけ錦織は押され気味で苦戦していた。

自分のサービスゲームをキープする事だけに気持ちがいき、余裕のなかった錦織だったが、いい意味で集中していた。

「タイブレークに入りリターンも考えることができるようになった。」と言う。
タイブレーク1-2から5ポイント連取でセットポイントを掴む。

2度目のセットポイントはワウリンカがミス、7-3で第1セットを取る。

第2セット

先にブレークする錦織、3-1とリードするが、すぐにブレーク・バックされてしまう。

「油断をしないように!」と言い聞かせ集中を増したと言う。
第6ゲームを15でブレークし4-2。

その後は第7、第9ゲームをしっかりとキープ
昨年のUSオープン準決勝で敗れたワウリンカをストレートで下して決勝進出を決めた。

決勝はラオニッチを破ったディミトルフと対戦する。
二人の対戦成績は錦織の3-0だ。

錦織圭出場の大会データー
大会正式名:ブリスベン国際
ATP カテゴリー250:ATPTour250ブリスベン
賞金総額:$461,330(約5千万円)250ポイント
優勝賞金:$72,000(約1千万円)150ポイント
準優勝:$37,900(約500万円)90ポイント
準決勝:$20,545(250万円)90ポイント
準々決勝:$11,705(130万円)45ポイント
2回戦:$6,900(90万円)20ポイント
大会会場:Queensland Tennis Centre
期間:01/01-01/08/2017

オーダー・オブ・プレー

ブリスベン現地時刻(時差+1時間)
ライブスコア

<<決勝>>
3)錦織圭 vs 7)G.Dimitrov(BUL)

<<準決勝>>
〇7)G.Dimitrov(BUL) 76(7) 62 ●1)M.Raonic(CAN)
〇3)錦織圭 76(3) 63 ●2)S.Wawrinka(SUI)

ナダル破れる!
<<準々決勝>>

〇1)M.Raonic(CAN) 46 63 64 ●5)R.Nadal(ESP)
〇7)G.Dimitrov(BUL) 63 46 63 ●4)D.Thiem(AUT)
〇3)錦織圭 61 61 ●W)J.Thompson(AUS)
〇2)S.Wawrinka(SUI) 67(2) 64 64 ●K.Edmund(GBR)

<<2回戦>>
〇3)錦織圭46 64 63 ●Q)J.DONALDSON(USA)

<<1回戦>>
〇V.TROICKI 64 75 ●Q)西岡良仁
ドローPDF版
ドローネット版

西岡良仁予選突破!予選1回戦では添田豪破る!
予選ドロー

錦織圭ダブルス、テイムと組み8強
ダブルスドローPDF

錦織圭この大会後、
9日(月)はシドニーでナダルとのエキジビションマッチ、
16日(月)からはグランドスラム大会、オーストラリアン・オープンだ。

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(記事/写真 塚越亘/Wataru Tsukagoshi CanonEos7D)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 18:38 | コメントをどうぞ