月別アーカイブ: 2016年9月

錦織/杉田組 ワールドグループ残留決める

9月17日(土)、デ杯 ワールドグループ

残留がかかるデビスカップワールドグループ・プレーオフ、日本対ウクライナ戦が大阪の靱テニスセンターで行われ、初日2勝、王手をかけた日本はダブルスで錦織圭/杉田祐一組がスミルノフ/スタホフスキーを6-3,6-0,6-3破り3勝目を上げワールドグループ残留を決めた。

「4人全員で勝ち取った勝利。
日本チームとして得たものが大きかった。」と錦織。

と錦織は言うが。語弊があるかもしれないが、
錦織圭の覚悟が日本を来年もデ杯でワールドグループで戦えるようにしたと思う。

Doubles_K_20160917_024a

初日のシングルス出場ではなく、2日目のダブルスからの出場を決めた錦織。
最終日、NO.1同志の戦いをも覚悟しての決断だったことだろう。

その仮説は0-2と最悪になった場合でも、
ダブルスでまずは勝ち、
最終日、NO.1としてのシングルでも勝って2勝、
2-2で最後はNO.2の西岡良仁にかけると言うものだ。

ところが、嬉しい誤算、なんと若手の活躍で日本は初日2勝をあげる。

錦織はダブルスではツアー優勝こそないが、準優勝をしている。
しかし杉田はツアーではほとんどダブルス経験がない。
「尋常じゃなく緊張しました。
錦織(の2日目のダブルスに賭ける真剣さ)に影響され死ぬ気で戦った。」と杉田。

そもそもストロークの良い二人のペアーは最初こそちぐはくだったが、
リターンゲームでは軟式テニスのように、どちらも下がったポジションから、ストローク力で相手にプレッシャーをかける。
第1セットではなんと6度のダブルフォルトを誘発した。

相乗効果を途中から発揮し相手を圧倒、ストレート勝ち、日本に勝利をもたらした。

デ杯 ワールドグループ・プレーオフ、日本5-0ウクライナ

9月16日
〇ダニエル太郎 76(4) 76(2) 61 ●S.STAKHOVSKY
〇西岡良仁 64 57 64 75 ●I.MARCHENKO

9月17日 ダブルス
〇錦織圭/杉田祐一 63 60 63 ●SMIRNOV/STAKHOVSKY

9月18日 シングルス
〇ダニエル太郎 36 75 61 ●A.SMIRNOV
〇西岡良仁 62 62 ●D.KALENICHENKO
ワールドグループ・プレーオフ
2016年デ杯ドロー

デ杯日本チーム
錦織圭デ杯データー
錦織圭ブログ
錦織圭ATPデーター

(記事塚越亘 photo N.Koinuma/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 12:27 | コメントをどうぞ

デ杯初日 錦織抜きで若手が2勝!王手

9月16日(金)、デ杯 ワールドグループプレーオフ 日本対ウクライナ

日本が2017年もワールドグループに残れるか?
残留がかかるデビスカップワールドグループ・プレーオフ、日本対ウクライナ戦が大阪の靱テニスセンターで行われた。

日本はNO.1プレーヤーの錦織圭を外し、ダニエル太郎と西岡良仁を起用した。
「まだ疲れの残る錦織を外し、練習でも動きの良い、若い二人に賭けた。」と植田監督。
その采配が見事的中、初日貴重な2勝を飾った。

Daniel_K_20160916_17s
昨年の入れ替え戦、対コロンビアは2-2となり、最終戦に勝負がかかる。
しかも敵地、その最終戦にダニエル太郎が勝利、ダニエル太郎日本救う!

今度は第一試合で、デ杯で実績豊富なスタホフスキーを破り日本を勢いづけた。
スタホフスキーは2013年のウィンブルドンでフェデラーを破ったプレーヤー、ウクライナの隠れたエース。

Nishioka_K_20160916_11s
デ杯、初出場、20歳の西岡良仁。
対戦相手のマルチェンコ(同50位)はUSオープンではキルギスなどを破り、16強、4回戦では優勝したワウリンカにセットを取り活躍。
その対戦相手にしぶといプレーで食い下がる。
第4セットでは2-5、セットポイントもセーブしての見事な逆転勝利だった。

デ杯 ワールドグループ・プレーオフ、日本対ウクライナ

9月16日
〇ダニエル太郎 76(4) 76(2) 61 ●S.STAKHOVSKY
〇西岡良仁 64 57 64 75 ●I.MARCHENKO

9月17日 ダブルス
錦織圭/杉田祐一 vs KALENICHENKO/STAKHOVSKY

9月18日 シングルス
ダニエル太郎 vs I.MARCHENKO
西岡良仁 vs S.STAKHOVSKY
ワールドグループ・プレーオフ
2016年デ杯ドロー

デ杯日本チーム
錦織圭デ杯データー
錦織圭ブログ
錦織圭ATPデーター

(記事塚越亘 photo N.Koinuma/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 04:14 | コメントをどうぞ

錦織圭 全米決勝進出逃すが、世界5位復帰

9月9日(金)、ニューヨーク、USオープン12日目

錦織圭にとって2年ぶりの決勝進出をかけた準決勝が行われ、錦織はワウリンカに6-4,5-7,4-6,2-6で敗れた。

第1セットを取り、第2セット2-0までは錦織楽勝か?と思われる試合展開だった。
多少勝利を意識してしまったのか?
このセットを取っていたら展開は変わっていたのではと思われるだけに残念だ。しかも8回もブレーク・チャンスがありながら1回しかものにできなかったので。

4R6A4832

この第2セットは第4ゲームで追いつかれ、
3-3、ワウリンカのサーブで0-40から、4回あったブレーク・チャンスを逃すとズルズルと。

5-6では30-15から3ポイント連続で失い自分のサービスゲームを落とすと、疲れからか脚がうごかなくなり、逆転はできなかった。

「疲れて思考停止というか運動能力も低下した。
徐々に動けなくなって、長いポイントで食らいついていくのが難しくなった。」

「(3時間58分のマレー戦のダメージか)足がかなり重かったし、きょうのコンディションは湿気があって凄くタフだった。
多少言い訳になるが、準々決勝で5セットやっていなければもう少し元気に戦えた。
4時間の試合をしてしまったので、ドーピングでもしない限り難しいかも」と笑いを誘う。

「(今週は前にいくプレーがよくて自信もあったので)スライスを多く使うワウリンカなので積極的にネットに出て言った。
攻める気持ちも、長いラリーをしたくない気持ちも、両方だった。」

途中からの積極的なサーブ&ボレーやネットに出るプレーは自滅のように見えたが、
世界一を目指す錦織圭にとっては、
USオープン決勝をかけた大舞台でトライ、挑戦することが必要なことなのかもしれない?

この敗戦でまた学ぶのだろう。

錦織は、12日に発表される最新世界ランキングで5位に復帰する。

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子準決勝>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 63 62 36 62 ●10)G.MONFILS(FRA)
3)S.WAWRINKA(SUI) 46 75 64 62 ●6)錦織圭

<<準々決勝>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 63 62 ret. ●9)J.TSONGA(FRA)
〇10)G.MONFILS(FRA) 64 63 63 ●24)L.POUILLE(FRA)
〇3)S.WAWRINKA(SUI) 76(5) 46 63 62 ●DEL POTRO(ARG)
〇6)錦織圭 16 64 46 61 75 ●2)A.MURRAY(GBR)

<<4回戦>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 62 61 64 ●K.EDMUND(GBR)
〇9)J.TSONGA(FRA) 63 63 67(7) 62 ●26)J.SOCK(USA)
〇24)L.POUILLE(FRA) 61 26 64 36 76(6) ●4)R.NADAL(ESP)
〇10)G.MONFILS(FRA) 63 62 63 ●M.BAGHDATIS(CYP)

〇DEL POTRO(ARG) 63 3-2ret. ●8)D.THIEM(AUT)
〇3)S.WAWRINKA(SUI) 64 61 67(5) 63 ●I.MARCHENKO(UKR)
〇6)錦織圭 63 64 76(4) ●21)I.KARLOVIC(CRO)
〇2)A.MURRAY(GBR) 61 62 62 ●22)G.DIMITROV(BUL)

<<3回戦>>
〇6)錦織圭 46 61 62 62 ●N.MAHUT(FRA)

<<2回戦>>
〇6)錦織圭 64 46 64 63 ●K.KHACHANOV(RUS)

<<1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子3回戦>>
〇8)M.KEYS(USA) 75 46 76(3) ●大阪なおみ

<<2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
〇20)K.BERTENS(NED) 63 63 ●奈良くるみ

<<1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
ぶっつけ本番のUSオープンだった!
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 photo Wataru Tsukagoshi/CanonEos7D)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 00:22 | コメントをどうぞ

錦織圭 最強マレー破り全米4強

9月7日(水,日本時間8日早朝)、ニューヨーク、USオープン10日目

錦織圭が最強のマレーを1-6、6-4、4-6、6-1、7-5、3時間58分の激闘の末に破り、準優勝した2014年以来、2年ぶりの4強になった!

マレーは7月はウィンブルドンに優勝、8月のリオ・オリンピックでは金メダリストになっている。
今NO.1の座にいるジョコビッチより安定し、強いと言われている。
そのマレーを錦織はガチの勝負で破った。

2016.07.sep.Q.F.usopen035681
リオ・オリンピック準決勝ではマレーに錦織圭の良さを封印されてしまいストレート負け。
対戦成績、錦織から1勝7敗
それらの敗戦を反省して臨んだマレー戦。

オープニングゲーム、マレーのサーブ、
2本のウイナーを決めるなど、錦織は0-40のブレーク・チャンスを掴む。
しかしそのチャンスを生かせず、マレーにキープを許すと、わずか1ゲームキープできただけで1-6で落とす。

第2セットも、3-3、錦織40-30で雨が本格的に降り出す。
約30分の中断。

ここまでは錦織のプレーはちぐはぐだった。
がしっかりと1ポイントを取りキープする。

その中断でマイケル・チャンコーチと話し、修正できたのだろう。
プレーに迷いがなくなる。

マレーのセカンド・サーブでは積極的にリターン・エースを狙いにいった。
そのリターンが試合後半になり、マレーのサービスキープにボディーブローのように効いてくる。

凄いバトルはファイナル・セットにもつれ込む。

錦織のサーブ、4-3の第8ゲーム、
40-0から追い上げられ40-30。

決まった思われたチャンス・ボレーをネットする。
決めていれば5-3、王手をかける大事なポイントだった。
しかしキープできずに落とす。

ブレークされた時、女子シングルスの3回戦、ファイナル・セット5-1リードから同じ様な場面でボレーをロングにし敗退した大坂なおみの試合を思い出した。
大坂はこのボレーミスを機に勝てる試合を落とした。
松岡修造だったら、このイージミスを境に負けてしまっただろう?(いつも修造をコケにして申し訳ありません。凄く世話になっているのに!)

「(40-0のリード、と40-30のイージミス)勝ちかけていたところから落としたので、かなりメンタル的に落ち込んだ」と錦織。
ズルズルと行ってしまうのではと思ったが。

続くゲームをキープされ、4-5とリードされ、流れはマリーになった。

プレッシャーのかかる第10ゲームを錦織はラブでキープ。
これも凄いことだ。

第11ゲーム、30-30から相手のダブルフォルトで30-40とブレーク・チャンス、

ドロップ・ショットを放つ錦織、
その短いボールに前進してきたマレー、
錦織は返球のコースを読み、逆に頭上を超すブロック・ボレーをマレーのいないところにきれいに決める。

ラケットをネットに叩きつけ悔しがるマレー!
錦織の絶妙なショットでブレークに成功した。
6-5!!!!!
凄い!!!!!!!!!

6-5、サービング・フォ・ザ・マッチ、
いきなりダブルフォルト!
プレッシャーがかかっているのだろう。0-15

それはマレーも同じだった。
フォアで勝ち15-15
リターンがネット 30-15
勝負をかけたリターンがロング 40-15とマッチポイント

セカンド・サーブ、
12回のラリー、フォアのダウン・ザ・ラインを放ち、ネットに詰める錦織、
マレーのバックはネット!

勝った錦織圭!!!!!!
世界一の実力者との互角の勝負は世界中を感動させたに違いない。

準決勝は9月9日ワウリンカと対戦する。

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子準決勝>>
1)N.DJOKOVIC(SRB) vs 10)G.MONFILS(FRA)
6)錦織圭 vs 3)S.WAWRINKA(SUI)

<<準々決勝>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 63 62 ret. ●9)J.TSONGA(FRA)
〇10)G.MONFILS(FRA) 64 63 63 ●24)L.POUILLE(FRA)
〇3)S.WAWRINKA(SUI) 76(5) 46 63 62 ●DEL POTRO(ARG)
〇6)錦織圭 16 64 46 61 75 ●2)A.MURRAY(GBR)

<<4回戦>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 62 61 64 ●K.EDMUND(GBR)
〇9)J.TSONGA(FRA) 63 63 67(7) 62 ●26)J.SOCK(USA)
〇24)L.POUILLE(FRA) 61 26 64 36 76(6) ●4)R.NADAL(ESP)
〇10)G.MONFILS(FRA) 63 62 63 ●M.BAGHDATIS(CYP)

〇DEL POTRO(ARG) 63 3-2ret. ●8)D.THIEM(AUT)
〇3)S.WAWRINKA(SUI) 64 61 67(5) 63 ●I.MARCHENKO(UKR)
〇6)錦織圭 63 64 76(4) ●21)I.KARLOVIC(CRO)
〇2)A.MURRAY(GBR) 61 62 62 ●22)G.DIMITROV(BUL)

<<3回戦>>
〇6)錦織圭 46 61 62 62 ●N.MAHUT(FRA)

<<2回戦>>
〇6)錦織圭 64 46 64 63 ●K.KHACHANOV(RUS)

<<1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子3回戦>>
〇8)M.KEYS(USA) 75 46 76(3) ●大阪なおみ

<<2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
〇20)K.BERTENS(NED) 63 63 ●奈良くるみ

<<1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
ぶっつけ本番のUSオープンだった!
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 photo佐藤ひろし/TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 20:16 | コメントをどうぞ

錦織圭 2m超の巨人退治 USオープン8強!

9月5日(月)、ニューヨーク、USオープン8日目

錦織圭の4回戦が行われ、錦織は身長2メートル11センチのカルロビッチを6-3,6-4,7-6(4)とストレートで破り2年ぶりの8強入りを決めた。

カルロビッチは1回戦の盧彦勳(台湾)戦では、なんと大会最多記録61本のサービス・エースを記録。(その試合は46,76(4),67(4),76(5),75。ゲームで換算すると15ゲーム以上をサービス・エースで取った計算になる)

その相手に対して集中して試合に入り、カロビッチの最速217キロのサーブを返球。
第1セットの第4ゲームで早々とカロビッチのサービスゲームをブレークし、第1セットを6-3で先取し、第2セットも6-4で取る。
第3セットでは第5ゲームでブレークチャンスを逃した錦織は4-5でサーブが入らず、2本連続のセットポイントを握られるが、そこをしのぎタイブレークに!

P4r 760
なんとタイブレークでは6-0とリード、結局7-4でタイブレークを取り勝利した。

「今日の試合は良かった。
一番はカルロビッチのサービス・コース予想が当たったのが、大きかった。
ファースト・サーブは難しいが、セカンド・サーブは速いが読むことができた。
それが効いた。
作戦勝ち。コーチたちのおかげ。」

「ストローク戦があまりなかったので、リズムはそこまでつかめていないが。
自然と2週目に入ると集中力が出てくる。相手も強くなってくるので。」

準々決勝ではオリンピック金メダリスト、今一番乗っていて強いと言われるマレーと対戦する。
「マレーとプレーするのが楽しみ。自信がついて体力的にも問題がなくて、自信を持って臨める。
相手は強いが、なるべく強い気持ちを持って臨みたい。」

二人の対戦成績は錦織圭から1勝7敗
準々決勝は9月7日の予定。

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子準々決勝>>
1)N.DJOKOVIC(SRB) vs 9)J.TSONGA(FRA)
10)G.MONFILS(FRA) vs 24)L.POUILLE(FRA)
3)S.WAWRINKA(SUI) vs DEL POTRO(ARG)
6)錦織圭 vs 2)A.MURRAY(GBR)

<<男子4回戦>>
〇1)N.DJOKOVIC(SRB) 62 61 64 ●K.EDMUND(GBR)
〇9)J.TSONGA(FRA) 63 63 67(7) 62 ●26)J.SOCK(USA)
〇24)L.POUILLE(FRA) 61 26 64 36 76(6) ●4)R.NADAL(ESP)
〇10)G.MONFILS(FRA) 63 62 63 ●M.BAGHDATIS(CYP)

〇DEL POTRO(ARG) 63 3-2ret. ●8)D.THIEM(AUT)
〇3)S.WAWRINKA(SUI) 64 61 67(5) 63 ●I.MARCHENKO(UKR)
〇6)錦織圭 63 64 76(4) ●21)I.KARLOVIC(CRO)
〇2)A.MURRAY(GBR) 61 62 62 ●22)G.DIMITROV(BUL)

<<男子3回戦>>
〇6)錦織圭 46 61 62 62 ●N.MAHUT(FRA)

<<男子2回戦>>
〇6)錦織圭 64 46 64 63 ●K.KHACHANOV(RUS)

<<男子1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子3回戦>>
〇8)M.KEYS(USA) 75 46 76(3) ●大阪なおみ

<<女子2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
〇20)K.BERTENS(NED) 63 63 ●奈良くるみ

<<女子1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
怪我そして手術のためにぶっつけ本番のUSオープンだった。
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 森下泰 TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 11:20 | コメントをどうぞ

錦織圭スライスに手こづるが勝利16強

9月3日(土)、ニューヨーク、USオープン6日目

3回戦が行われ、錦織圭はフランスのベテランN.マウを4-6,6-1,6-2,6-2で破り16強になった。

マウは今年のウィンブルドン、ダブルスで優勝(パートナーHerbert)、現ダブルスランキングNO.1のプレーヤー。
2010年ウィンブルドン1回戦でイスナーと3日間にわたる死闘を戦い、4-6,6-3,7-6(7),6-7(3)、ファイナル・セットは68-70で敗れている。(ファイナル・セットだけで8時間11分かかっている)

マウのスライスをうまく使った柔らかいボールと突然の攻撃に錦織は苦労、
「スライスに対応できず、ストローク戦で勝てなかった。
第1セットを取られて、動揺しそうな時もあったが、落ち着いていこうと思った。」と錦織。

それでも何とか立て直して、勝ちに結び付けたのはさすが!
今年のグランドスラムはこれで全て4回戦以上。力が本当についてきている!

P3r

「このまま行くと負けてしまうな?と最悪の展開を考えながらプレーしている。
なるべくポジティブに考えるが、常に同時に最悪も考えている。
ブレークされても、気持ち的にパニックにならないようにしている。」

「ここまで3回戦い。全体的に良くない。
特に2,3回戦は苦しい展開だった。
テニス自体は悪くないが、このままではトップの選手には勝てない。
そろそろギアを上げて、テニスを上げていきたい。」

8強入りをかけて身長2メートル11センチのカルロビッチと対戦する。

「カルロビッチはサービスが良くて、最近かなり調子がいい。攻略するのは難しい。
どちらかと言うとやりたくない相手。
特に自分のサービスをもっと上げないといけない。セカンドサーブを叩かれてしまうので。」

錦織圭とカルロビッチの対戦成績は1勝2敗
試合予定は9月5日だ!

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子4回戦>>
1)N.DJOKOVIC(SRB) vs K.EDMUND(GBR)
9)J.TSONGA(FRA) vs 26)J.SOCK(USA)
4)R.NADAL(ESP) vs 24)L.POUILLE(FRA)
10)G.MONFILS(FRA) vs M.BAGHDATIS(CYP)

8)D.THIEM(AUT) vs J.DEL POTRO(ARG)
3)S.WAWRINKA(SUI) vs I.MARCHENKO(UKR)
6)錦織圭 vs 21)I.KARLOVIC(CRO)
2)A.MURRAY(GBR) vs 22)G.DIMITROV(BUL)

<<男子3回戦>>
〇6)錦織圭 46 61 62 62 ●N.MAHUT(FRA)

<<男子2回戦>>
〇6)錦織圭 64 46 64 63 ●K.KHACHANOV(RUS)

<<男子1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子3回戦>>
〇8)M.KEYS(USA) 75 46 76(3) ●大阪なおみ

<<女子2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
〇20)K.BERTENS(NED) 63 63 ●奈良くるみ

<<女子1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
怪我そして手術のためにぶっつけ本番のUSオープンだった。
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 森下泰 TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 16:59 | コメントをどうぞ

錦織圭苦戦、雨の中継を味方に32強

9月1日(木)、ニューヨーク、USオープン4日目

2回戦が行われ、錦織は身長2メートル、将来有望な20歳のK.カチャノフ(ロシア)と対戦、苦戦を強いられるが6-4,4-6,6-4,6-3で勝利、3回戦に進んだ。

第3セット、4-4、雨の中断がなかったら試合はどうなったかわからない。カチャノフのプレーは20歳と思えないほど落ち着いていて凄かった。

2時間半の中断、マイケル・チャン・コーチは冷静に試合を分析、適切なアドバイスをした事だろう。
チャンの優秀さ!
そのアドバイス通りのことができる錦織圭の凄さを感じた一戦だった。

その凄さを支えたのは毎日の基本練習だったのだろう!

3回戦はフランスのベテラン35歳のN.マウと対戦する。
9月3日オーダー・オブ・プレー

P1090086

苦戦した錦織圭2回戦詳細
〇6)錦織圭 6-4 4-6 6-4 6-3 ●K.KHACHANOV(RUS)

第1セット、
先にブレークを許すがブレーク・バック4-4となる。

26回のラリーを制すなど、錦織5-4とキープ。

カチャノフから4-5のサービスゲーム、
バックのダウン・ザ・ラインを決め、0-40と錦織がセットポイントを掴む。

カチャノフはサービス・エースなどで30-40とするが、
なんとここでダブルフォルト!
錦織がなんとか6-4で第1セットを取る。

本当にやっとこだ!
ポイント数は33対32.わずか1ポイント差!

第2セット、
一方的に突き放すことができない。
逆にやっとこしのいでいる感じがする。
カチャノフがいつ爆発してくるのか?こわごわ見ている。

4-4、錦織のサーブ、フォアのリターン・エースを決めカチャノフがブレーク!

5-4、カチャノフのサービング・フォ・ザ・セット、
11本目のサービス・エースを決め、第2セットをカチャノフが取り返す。

この2ゲームはカチャノフの気合と気迫によって、軽いゾーンができた。
やばいぞ!これは。
ランキングなんて関係ない。
こいつは必ず上に来るぞ!

第3セット、
カチャノフの第8ゲーム、15-40の大ブレーク・チャンス。
またもや、サービスでしのがれる。

3つ目のブレーク・ポイント、
カチャノフのフォア逆クロスアプローチ。
上から打つので、錦織のバックダウンザラインパスが抜けない。

また、サービスセンターエース。
なんと16本目のサービス・エースで4-4とキープする。

ここで雨が降ってきた。
14時10分。選手は退散。

奈良くるみの試合に入っているが、サスペンデッド。
ここから雨がかなり強く降る。

2時間30分の中断。
16時45分に再開。

この中断でチャンコーチと話し、整理できたのだろう?
錦織のバックが伸びて行く。
フォアの逆クロス・ウィナー。
5-4とキープ。
先ほどよりも数段上だ

0-40とセットポイント、
15-40、2回目のセットポイント、
カチャノフのフォアはネット!

第3セットを6-4で取る。

第4セット、

あまり気落ちしていない感じのカチャノフ。
ガックリと気落ちしたら、このセットも簡単に行けると思うのだが、そのそぶりを見せない!

そして、先に錦織のサーブをブレークした!
たいしたものだ!

錦織も凄い!ブレーク・バックし3-3。

錦織の第7ゲーム、

錦織、バックのダウン・ザ・ラインウィナーを決める。
半面の逆クロス・ウィナーだね~!すごい角度だ。

錦織のフォアダウンザラインアプローチからフォアクロスハーフドロップボレーウィナー。
これは適当に突っ立って打つ。
まるで遊びの練習のよう。お客さんは超大喜び!

日本ならきちんと膝を曲げて丁寧に打て!と言われるのだが。
すげ~な~!4-3とキープ。

錦織、これで調子づいたか?
30-30で錦織のバックダウンザラインリターンをカチャノフがアウト!とチャレンジ。
これがかすっているよ~!

30-40、でカチャノフのフォアクロスアウト。5-3と待望のブレークアップ。

5-3、錦織のサービング・フォ・ザ・マッチでは0-30から
3ポイント連続でナイスサーブ、40-30とマッチポイント

最後は122マイルのサービス・エース!
かっこいい~!
さすが錦織圭!

しかしカチャノフは必ず上に来る選手!
怖い存在になるだろう。

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子3回戦>>
6)錦織圭 vs N.MAHUT(FRA)

<<男子2回戦>>
〇6)錦織圭 64 46 64 63 ●K.KHACHANOV(RUS)

<<男子1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子3回戦>>
大坂なおみ vs 8)M.KEYS(USA)

<<女子2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
〇20)K.BERTENS(NED) 63 63 ●奈良くるみ

<<女子1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
怪我そして手術のためにぶっつけ本番のUSオープンだった。
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 森下泰 TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 12:47 | コメントをどうぞ

錦織圭初戦勝利 2回戦は2メートル、20歳の巨人

8月30日(火)、ニューヨーク、USオープン

錦織圭の1回戦が行われ、錦織はドイツのB.ベッカー、を6-1,6-1,3-6,6-3で破り2回戦に進出した。

P1080974

6-1,6-1までは完璧なテニスだった。
しかし、第3セット、3-4、第8ゲームのサーブを錦織が落としてからは流が変わる。

「ベッカーのテニスがガラッと変わった。」3-6で落とす。

「第4セットもいい出足ではなかった。
(第3ゲームをブレークされ)1-2、そこでベッカーにキープされていたら5セットもあっただろう。
難しい試合、苦しいテニスだった。」と錦織。

第4セットもベッカーの流れだったが、そこでのダブルフォルトに助けられ勝利。

「あまり期待していない。
1試合1試合、いい試合をしようと思っている。
結果は後でついてくると考えている。
ボーとして試合に入っている。」と錦織。

2回戦は身長2メートル、20歳、勢いのあるK.カチャノフ(ロシア)と対戦する。

9月1日オーダー・オブ・プレー

大会データー:2016USオープン
賞金総額:$46,300,000(約50億円)
優勝賞金(男女同額):$3,500,000(約4億円)
準優勝:$1,750,000(約2億円)
4強:$875,000(約1億円)
8強:$450,000(5千万円)
4回戦:$235,000
3回戦:$140,000
2回戦:$77,200
1回戦:$43,300(500万円)
128ドロー、ハード
本戦8/29-9/11,2016
会場:USTA Billie Jean King ナショナルテニスセンター
NY現地時刻(時差-13時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子2回戦>>
6)錦織圭 vs K.KHACHANOV(RUS)

<<男子1回戦>>
〇6)錦織圭 61 61 36 63 ●B.BECKER(GER)
〇23)K.ANDERSON(RSA) 63 75 64 ●西岡良仁
ドローPDF版
ドローnet版

<<女子2回戦>>
〇大坂なおみ 64 76(3) ●Y.DUAN(CHN)
奈良くるみ vs 20)K.BERTENS(NED)

<<女子1回戦>>
〇大坂なおみ 6-7(4) 63 64 ●C.VANDEWEGHE(USA)
〇奈良くるみ 60 75 ●S.VOEGELE(SUI)
〇C.WITTHOEFT(GER) 64 61 ●30)土居美咲
〇K.MLADENOVIC(FRA) 64 75 ●日比野菜緒
女子本戦ドロー

USオープン予選
男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀、
女子は尾崎里紗、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子、江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴が挑戦したが。
男子予選ドロー
女子予選ドロー

2014年USオープン準優勝プレーバック
怪我そして手術のためにぶっつけ本番のUSオープンだった。
錦織圭残念!だが全米準優勝は凄い!
錦織圭NO.1のジョコビッチ破り全米決勝!

錦織圭ATPデーター
錦織圭ITFデーター
錦織圭ブログ

(塚越亘 森下泰 TennisJapan)

カテゴリー: 錦織圭 | 投稿者塚越亘 08:41 | コメントをどうぞ