やられる覚悟

レッスンしてるとよくこんな言葉が聞かれます。
「前でたらロブやられそうで…」
「厳しいとこいかないとやられそうで…」
など自分を上回られてしまうことに怖がっている人が多いです。

『やられる覚悟』があるかどうかだと思います。
恐怖心と戦ってはいけないです。
普段は人のことそんなにすごいと思わないのになぜコートではリスペクトし過ぎるんですかね。
それで焦ったり普段よりやり過ぎてしまう。
それで勝てるわけがないんです。

相手のプレーに相手の戦績に相手の雰囲気にビクビクしたら間違いなく勝てないです。
僕も自分より強い有名選手に勝った時は普段以上やったというよりは普段のプレーで大丈夫と思えて力が抜けていいプレーが出来てきた感覚でした。

逆に全然大丈夫なのに通用しないんじゃないかいくら打っても返されるんじゃないか前に出ても抜かれるんじゃないかと怖がってるときはアッサリです。

だけど生徒さんの場合、技術がなくてやられてる場合もあるんですねもちろん。
でもまずは自分なりに持ってるもので打ってやられてから考えてください。
やられてください。
そこで分析できる力の方が大事です。

球がショボいのかコースが甘かったのか相手が良過ぎたのか諸々。
おバカさんはここで大きく間違えます。

ただレベルによっても違うんですね。
例えば女性ミドルレベルのアダルトプレーヤーだとアプローチして並行陣につくとすぐロブされてやられてしまうケースにぶち当たります。

ここでアプローチがショボいのかコンビネーションを含めたロブの処理がダメなのか判断して練習しなければなりません。
1番ダメなのはロブが怖いから出るのやめようです。

まずやられる覚悟です。
やられてからしか判断できません。

ロブされないようにするにはどんなアプローチがいいかわかるでしょう。
いくつも方法はありますよね?
聞かれて答えれない人はいません。
考えればわかりますよねそれを打てるように練習するんです。

半分以上ポイント取れれば勝てるスポーツなんですよ。ギャンブルはいりません。
相手に半分以下のテニスをやらせましょう(無理をさせる)。
やられる覚悟でテニスすれば世界行くわけじゃないんだから十分です。

市民大会で勝ち進みたい方、上位常連の選手はなんと思ってるか。
「ラリーしてれば、返しとけば勝手にミスるでしょ」と。
そう思って無理はしてきません。
これで予定通りすぐミスしたら始めから負けたようなもんです。

「この試合勝つのは大変な思いをしなきゃいけない。この相手からポイントを取るにはかなり頑張らなきゃいけない。」と思わせないと勝ち目はないです。

今日はこのくらいにしておきますね。
お付き合いありがとうございました。


カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 01:00 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">