2014年度

新年明けましておめでとうございます!
2014年もよろしくお願いします。元旦は、暖かいバンコクで通常通りの練習を行い、24日から特に怪我もなく元気に過ごしています。ここ数年は、毎年バンコクで年末年始を迎えているので、特にお正月らしいことはしていませんが、少しでも良い体を作り上げ、2014年も暖かくも厳しい応援をよろしくお願いします。
今年の目標の一つにダブルスの出場回数を増やすこと、それが全体の試合数を増やし、シングルスに少しでも良い影響を与え、自分の目指すテニスで勝負できるように努力します。2014年のスタートは、ハワイチャレンジャーの予選になると思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:39 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

リフレッシュ

こんばんは!貴男です。
昨日は、ジュニアとスタッフは観光とショッピング・食事でオフでしたが、僕は午前中に選手達で2時間ほど練習し、夕方から合流してスタッフと一緒に夕食をしてきました。ジュニア達は、少しだけテニスから離れて子供の姿に戻り、お土産などを買いリフレッシュが出来たようです。
今日からキャンプも後半に入り、最初の3日間で学んだことをどれだけコート内で発揮するか?自分のテニスのレベルアップに上手く組み込めるか?が鍵になると思います。変化することを怖がり何も変わらずに帰ってしまうジュニアもいることでしょう。しかし、ここまで時間を費やし変わるチャンスを与えてもらった両親やコーチ・プロ達の熱意に応えるためにも自ら変わる努力を続けてほしいと思います。
インドの試合で負けてしまった守屋選手と内山選手がメルボルンへの移動前に数日ですが、キャンプに入ります。もちろん自分達の練習がメインであり、子供達に教えると言うよりも近くでプレーしていることでお互いが刺激し合えるはずなので、僕も皆に負けずにファイトします!!
スタッフには色々と協力してもらい、素晴らしい環境の中で過ごせて感謝しかありません。2013年は残り1日ですが、最終日まで元気にキャンプを盛り上げていきたいと思います。それでは、また・・・・。5日はバンコクで、11日と12日はシンガポールでイベントがあるので、そちらもよろしくお願いします。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 23:07 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

5日目を終えて(バンコク)

こんばんは!貴男です。
今日の練習でバンコクキャンプの5日目を終えました。昨日から関口選手も全豪オープンの予選の前に1週間ほど調整のためバンコクに寄ってくれています。
添田選手と守屋選手はチェンナイ(インド)に移動したので、今は本村さん・関口選手・福田選手・早稲田大学を卒業する只木君とジュニアの笠原君(シンガポール在住)と僕で練習を行っています。ここバンコクの気候は、朝晩はちょっと肌寒いくらいですが、日差しが出ると暑い?暖かい?ので元気に日焼けをしながら動いています。
現在トライ中のプレースタイルを少しでも自分の物にするために色々と試行錯誤しながら日々の練習を楽しんでいます。今日が12月28日なので、もう2013年が終わろうとしていますが、皆さんは、どんな一年でしたでしょうか?
僕は、けっして納得のいく1年ではありませんでしたが、ドリームテニスでマッケンローとテニスが出来たことにより、大きなヒントを得られ何か変化が起きる予感です。自分に出来るスタイル、または自分にしか出来ないスタイルを確立するために2014年は戦い続けたいと思いますので、応援よろしくお願いします!!
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 22:42 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

バンコクより

こんにちは!貴男です。
昨日の朝6時にバンコクに着きました。例年よりも数日早いバンコク入りで、まだ暑いと言うよりは気持ちの良い天候です。これから少しずつ暑くなると思いますが、日本から移動してすぐなのでちょうどいい感じです。
沢山のプロ達がシーズンの開幕前の調整としてここキアタニやバンコク市内で練習し、インド・オーストラリア・ニュージーランドに向けて出発します。昨晩はクルム伊達選手と奈良選手で今夜は守屋選手、そして明日の夜には添田選手が移動予定です。全豪前に経由地として活用する選手も出てくると思うし、岩渕さんと福田選手(同期)も今晩到着予定です。
すでにチームイカイの僕と本村さんは、ジュニア達に負けないエネルギーと情熱で練習を開始し、それが懐かしくもあり新鮮な気分です。怪我に気をつけながら、毎日の日々を大切に過ごしたいと思います。
それでは、また・・・・・。メリークリスマス!!貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 15:05 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

皆さんに感謝です。

こんばんは!貴男です。
昨日の夜遅くですが、無事に東京に戻りました。札幌のクリスマスイベントでは、毎年協力して頂いている増田健太郎さん・岩渕聡さん・内山靖崇選手、そして武田コーチと平野コーチを含めたスタッフの方々には、本当に感謝です。18歳以下(大学生も可)と14歳以下の強化練習の部に一般・高校生と小中学生、夕方からはプライベートの枠で定員一杯の参加を頂き、ありがとうございました。
今年は、今までよりもプロ達とラリーとポイントをする時間を多く設けましたが、いかがでしたでしょうか?クリニックというと何かを教わる?というイメージが強いのですが、これは年に一度の交流会でもあります。一緒にテニスをして楽しい時間を過ごす、そしてまたテニスがしたい!と感じてもらわなくては意味がありません。
何と来年で10回目のクリスマスクリニックであり、僕のプロ生活20年目でもあるので何か記念的な企画を考えておきますので、ぜひとも参加してください。昨日は、千歳空港が大雪で乗る予定だった飛行機が欠航になりましたが、他の便に乗ることが出来て大幅に遅れましたが、24時近くに羽田に着きました。
明日にはバンコク入りの予定なので、無事に着いたことにこれまた感謝です。すでにバンコクでのキャンプはスタートし、30日からツアーのシーズン開幕に向けて数名のプロ達がバンコクで調整しています。僕のシーズン開幕戦は、1月20日の週のマウイで行われるハワイチャレンジャーの予選を予定しています。
まずはバンコクとシンガポールで約3週間ほど過ごす予定なので、心技体の全てを充実させて、2014年も戦い続けます。目標の一つとしては、今まではシングルスをメインとして戦ってきましたが、ダブルスに出場する機会を多くし、時にはダブルスだけ出場する大会があってもいいと思っています。ダブルスの試合数が増えることによりシングルスへの好影響を期待しているし、それがファンの方々のためになれば更に嬉しいです。
残り少ない2013年ですが、体調に気をつけて皆さんもお過ごしください。メリークリスマス!!それでは、また・・・・。質問がありましたので、後日メッセージに載せます。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 18:10 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

クリスマスクリニック(札幌)

こんばんは!貴男です。
今日の飛行機で札幌に移動してきました。明日と明後日は、恒例となったクリスマスクリニックで、今回もゲストとして増田健太郎さんと岩渕聡さんと内山靖崇選手が一緒に来てくれました。外は寒い寒い札幌ですが、2日間の中でジュニアはもちろんファンの方々のためにテニスを通じて楽しく真剣な時間を共に過ごしたいと思います。スタッフと参加者全員で素晴らしいイベントにしましょう!!
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 21:38 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

2位通過で準優勝

おはようございます!貴男です。
昨日行われたヒートジャパン最終日は、第3セッションで伊藤選手が守屋選手を6-1で破り3連勝、そして僕が添田選手に6-3で勝利したことにより、1勝2敗で僕と添田選手と守屋選手が並びゲーム差で僕が2位通過になりました。
鍋島アナウンサーの解説によると、もし僕が添田選手に勝利したとしても6-4以上であれば添田選手が2位だったそうです。添田選手に最初から6-3以下で勝とうなんて計算できるはずもなく、とにかく初日よりも質の高いプレーをと思ったのが吉と出ました。初日以上に観客の方々の数も多かったし、素晴らしい施設とスタッフと進行のおかげで試合がやりやすかったのは事実です。
内山選手を加えたプロ4人によるダブルスやナショナルコーチの増田健太郎さんと高田充さんペアーとも対戦できて、本当に素晴らしいイベントでした。決勝戦では、3連勝の勢いと実力のある伊藤選手にワンブレークアップの4-3までいきましたが、そこから3ゲーム連取され残念ながら4-6で準優勝に終わりました。伊藤選手のパワフルなストロークやリターンに何とか食らいついていましたが、緩急を習得したサーブやドラゴンショット並みのパスでボレーをはじかれ、本気モードの伊藤選手相手にトップギアーを最後まで維持することは出来ませんでした。
体力的な部分はある程度やむを得ないと思いますが、諦めずに努力はしていきます。それ以上の収穫は、ナショナルチームの彼らとあの最高の雰囲気の中で気持ちよくプレー出来たこと、そして自分の感覚を信じて可能な限りプレーの質を落とさずに自分のスタイルを維持できたことです。
こういうイベントで大切にしていることは、真剣なプレーの中にも楽しさや笑が起こることです。普段のツアーと一緒では意味が無いし、真剣さが足りないと僕らの価値が下がってしまいます。観客・スタッフ・選手が上手く噛み合った時、それがスポーツという分野で成功していく要素であると信じているし、これからもお互いが努力を続けていかなければ発展はないと思います。
最後に今回のイベントを開催するにあたり、メインスポンサーの「空旅.com」様をはじめ、沢山のスポンサーの方々、増田代表をはじめとする運営スタッフ、会場を提供して頂いた大成高校の皆さん、会場に足を運んでいただいたテニスファンの皆さん、本当にありがとうございました。僕を含めた選手5人は、心地よい疲労感を感じながらも全員満足した顔をしていたし、また来年も参加したいという意欲がすでに出ています。
選手担当のMTSスタッフと前田トレーナーには、色々とわがままを聞いてもらい、本当に感謝しています。さすがに全身筋肉痛は避けられませんでしたが、怪我もなく元気にしているので、今日はオフにしてまた明日から練習とトレーニングを再開したいと思います。
それでは、楽しかった2日間の余韻に今日だけは浸りたいと思います。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 08:22 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

初日を終えて・・・・

おはようございます!貴男です。
昨日行われたヒートジャパン初日の成績は、伊藤選手に2-6・守屋選手に5-7と2敗してしまいました。守屋選手との試合では、5-4のサービスゲームで30-0までいっていただけに悔しい敗戦となり、大きなチャンスを逃してしまいました。
ここで対戦する全ての選手がランキング的に格上であり、世界でも活躍している選手ばかりですから少ないチャンスを確実にものにする強さが求められます。もちろんエキシビションマッチだから勝利だけを優先するわけではありませんが、悔しかった・・・・。
伊藤選手と対戦して彼の強さと成長を感じることが出来たし、ダブルスも真剣に楽しくプレーすることが出来ました。今日は、10時からの第3セッションで添田選手と対戦予定です。今回のメンバーで一番ランキングが高く、全豪オープンの本戦が決まっている添田選手にどれだけ自分のテニスで対抗できるか、全力で挑みたいと思います。
プロ選手として多くの観客の方々の前で戦える機会を与えて頂いたことに感謝し、協賛していただいたスポンサーの方々、そして増田プロを始め沢山のMTSスタッフに支えられてのイベントを更に盛り上げるためにも最後まで楽しんで戦いたいと思います。
今日はかなりのチケットが売れていると聞いています。一人でも多くの方々にこのイベントの趣旨を理解して頂き、楽しいからもっと見たい!また見たい!と感じてもらうことが選手の役目でもあります。選手全員で協力して、最高のヒートジャパンにしたいと思います。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 06:26 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

今週末は・・・・・

こんにちは!貴男です。
金沢のイベントと日本リーグ第1ステージが終わり、今週末は三鷹にて「HEAT JAPAN」のエキシビションマッチが予定されています。そのためと言っては何ですが、少しでも良い準備をしておかないと彼らの相手になりませんから(笑)
豪(添田)・竜馬(伊藤)・守屋(宏紀)と1試合ずつやらなければいけないし、順位決定戦とダブルスもありますからね。勝つことだけが全てではないエキシビションマッチであり、観戦に来ていただいた方々に楽しい・凄いって感じてもらえるように最大の努力をします。
会場では、僕が出しているサーブ&ボレーとスライスの本を置いて販売してもらおうと思います。僕の考えでお買い求めになった方には、今回特別に直筆サイン入りのポストカードを2枚付けようかと・・・・。要りませんかね?本にはもちろんサインを書いておきます。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 16:23 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

日本リーグ(第1ステージ・横浜)

こんばんは!貴男です。
昨日は、ウエストヒルズテニスクラブさんにて3グループのクリニックを行いました。スタッフの方々の協力もあり参加者の方々には、一緒に打ち合い何かいつもと違ったものを感じてくれたことと思います。終了後は、小松空港から羽田を経由して横浜に移動しました。日本リーグの第1ステージの最終日のサポートです。
試合には出ませんでしたが、シングルス2とダブルスでベンチに入り、吉備選手が加入してレベルアップしたノア・インドアステージに2-1で勝利し、イカイは全勝をキープです。今日改めて日本リーグを戦い(観戦とサポート)感じたことが一つあります。それは応援や声援による音の問題です。日本リーグは同じ会場内で他のチームの対戦もあり、すぐ隣で行われているため音によって様々な問題が起こります。
ジャッジが聞き取りにくくなったり、打つ瞬間に他のチームの声援が関係なく入ってきます。もちろん団体戦で盛り上がるわけですから、何も声を出すなとは言いませんが、真横で戦っているチームがある以上は、この問題を無視することは出来ません。そこで今日の試合で素晴らしいなと思ったのが、第1ステージでは「森田あゆみ」選手が参戦したキャノンです。森田選手が出場した効果があったと思いますが、どこよりも多い観客の中、テニスというスポーツにふさわしい応援の雰囲気に僕も喜んでしまいました。
声援を送ることが盛り上がることではなく、同じ会場で戦っている選手や審判のことも考えた応援・声援のやり方、そして相手選手とチームをリスペクトした形を僕は望みます。プロの選手達が多数参戦している以上は高校や大学の部活動の延長ではないし、日本リーグや所属チームの知名度とテニスと言うスポーツの地位を落とさないためにも、これからの第2ステージと決勝リーグのあり方が問われると思います。
自分達のチームが勝ってほしいからこそ応援するし、声をかけるのは理解します。だからこそコート上にいる選手が気持ちよく戦い、ベストを尽くす姿があるからこそ自然と応援が盛り上がることが一番ではないでしょうか?今一度、日本リーグの応援について考えなければ、これから先の発展はないと思います。
それでは、また・・・・。貴男p、sこれは、あくまでも個人的な意見です。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 23:21 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP