祝!筑波大学オープンジュニア12月14才以下女子シングルス優勝、中島英!

こんにちは。

少し前のことになりますが、去る12月23日に行われました、筑波大学オープンジュニアの14才以下女子シングルスにおいて、シードをしっかり守って、見事優勝しました!

これで、見事JOP-TENNIS.COMの年間ランキング1位が決定し、年間ランキング1位の選手がいただける特大ボードをいただきました。

本人も、とても欲しかったそうで、これを目標にJOPを戦っていたので、特大ボードをいただくことができて、本人の喜びもひとしおのようです。

英、何事も、目標を持って取り組むことはとても大切で、そういう意味でこの特大ボードをいただけたことは、特大ボードそのものの価値よりも、特大ボードが持つ意味の方が大きいことだと思うよ。

本当に、念願がかなって、良かったね!

おめでとう!

これからも、JOPの試合は経験の意味では上の年令にどんどん出ていったらいいと思うし、これからの目標としては、さらに上のステップ、今度は関東ジュニアランキングで上位を狙ってみよう。

もちろん、できたらカテゴリー別のランキングでもいいので、関東ジュニアランキング1位を狙おう!

ここのところ、テニスはさらに大きく進歩しているのがわかるので、まずは関東公認大会優勝を目指し、さらに、東京ジュニアを突破して、関東ジュニア、全日本ジュニアに出場できるように、頑張っていこう。

他の選手も、本当にテニスが良くなってきているので、東京ジュニアでは大いに活躍が期待できるぞ!

他の大会でも、さらにランキングを上げていけるように、これから頑張っていこう。

ひまわり、Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

気持ちの良い交通誘導員のお話

こんにちは。

今日は、ある交通誘導員のお話しをしたいと思います。

ひまわりテニススクールの近くに、石川生コン株式会社というコンクリートの会社があります。

そこでは、生コンを運搬する車やトラックが、ひっきりなしに出入りしています。

その入り口には、昼休みを除いていつも同じ交通誘導員の方がいるのですが・・。

この誘導員の通行人への接し方が、本当に気持ちいいんです!

決して、ものすごい愛想を振りまくとか、そういった話ではありません。

片手を真横に挙げてトラックなどを制しながら、会釈して軽くおじぎしながら「こんにちは」というだけなのですが、それが本当にその誘導員の人柄が表れているのです。

本当にいつも、そこを通るたびにちょっと幸せな気分になります。

いつ通っても、常にこの姿勢は変わることなく、1回も裏切られたことはありません。

人を幸せにする接し方、こうひと言で言っても、そんな簡単にできることではありません。

きっと、この交通誘導員の方は、人として素晴らしい方なのだと思います。

自分がスクールで皆さんと接していて、スクール生の皆さんに同じように幸せな気分になっていただいているか、甚だ疑問ですが(笑)、この交通誘導員にあやかって、ぜひそうありたいものだと思っています。

ジュニアの皆さんも、一生懸命勉強することも、一生懸命テニスすることも大事ですが、テニスを通してスポーツマンシップを勉強して、素晴らしい大人になってほしいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

寒いとボールは弾まない、それはなぜか?

こんにちは。

連日、本当に寒い日が続いていますね。

そんな日でも、きっと皆さんはテニスに興じているものと思います。

プレーヤーズの選手たちは、夜のレッスンになるので、本当に寒い中、頑張ってレッスンしています。

そんな寒い中で、ボールが弾まないことに多くの方が気が付いていると思います。

「このボール、パンクしているのか!?」と思った人さえいるかもしれません。

その通り、寒い時は暑い時よりもボールは弾みません。

では、なぜ弾まないのでしょうか?

それは、ボールの中に秘密があります。

通常使用しているボールは、プレッシャーライズドボールといって、ボールの内圧が外気圧よりも高くなっていて、そのため中の空気が圧縮された状態になっています。

その状態で、ボールが弾むと、さらに圧縮された状態になった空気は、反発して押し戻そうとします。

ちょうど、ラッシュアワーの満員電車にさらに人が乗ろうとしたときと似ていますね。

その押し戻す力が、ボールを弾ませる力になっています。

ここから、少し難しい話になります。

空気は、窒素が8割、酸素が2割で、この2つの分子でほぼ占めています。

その窒素分子や酸素分子は、細かく振動しています。

この振動が、気温が高いと活発に振動し、気温が低いと動きが鈍くなります。

ちょうど、人間と一緒ですね(笑)。

気温が上がり、ボールの中の分子が活発に動くと、それだけボールの内圧が高くなります。

逆に、気温が低くなると、ボールの中の分子の動きが鈍くなり、それだけボールの内圧が低くなります。

内圧が低くなるほど、ボールが弾んだ時に押し戻す力は弱くなります。

つまり、気温が低いとボールは弾まないのです。

もちろん、ボールに使用されているゴムが、寒くなると硬化することもすこしは起因していると思いますが、主には内圧によるものだと理解しています。

ちなみに、ノンプレッシャーボールというのがありますが、これは内圧が外気圧と一緒のボールで、ボールのゴム自体でボールを弾ませているため、気温の影響をあまり受けず、弾み方もある程度一定です。

ただし、打球感はプレッシャーライズドボールに到底及びません。

それから余談ですが、標高の高い場所でテニスをするとボールはやはり高く弾みますが、これは標高が高いと外気圧が低くなり、その分ボールの中の空気がより膨張して、中からボールを膨らませようとする力が働き、その結果ボール自体がパンパンになるからです。

以上、アカデミックな解説でした(笑)。

理解できなかったとしても、テニスは環境に大きく影響を受けるということです。

試合に出るジュニアの皆さんは、そういった環境も把握できるようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

MUFGジュニアトーナメント2018東京予選大会

こんにちは。

先週末、駒沢公園にてMUFGジュニアトーナメント2018東京予選大会の予選と本戦1回戦がありました。

MUFGジュニアとは、16才以下の選手で争われる全国大会です。

16才以下の東京都のランキング上位56名しか出られない今大会でしたが、ひまわりテニスクラブから14才以下のカテゴリーの小松由茉、小川愛、13才以下のカテゴリーの林鈴が出場しました。

予選1回戦は全員突破しましたが、予選決勝は、残念ながら小川愛と林鈴が敗退し、小松由茉だけが本戦に出場しました。

その本戦1回戦では、1月末現在16才以下の東京都10位の選手が相手でした。

フルセットの大接戦を演じ、互角以上の戦いをしましたが、あと一歩及ばず 、2-6、6-3、1-6で敗退となりました。

最後は力尽きましたが、本当に内容のある素晴らしい試合だったと思います。

小川愛は、予選1回戦は15才以下14位の強豪選手で、あの往年の名選手の娘さんとの試合でしたが、内容の良いテニスで相手を追い込み、9-7で制しました。

予選決勝は、力尽きて敗退しましたが、 次につながる良い経験をしたと思います。

林鈴は、予選1回戦は14才以下東京都13位の選手に8-1と圧勝し、2回戦で16才以下17位の選手とこれまた大接戦を演じ、あと2ポイントのところまでいきましたが、最後は力尽き、8-9(2)での敗退となりました。

ですが、試合を通してミスも少なく、しっかりした攻撃もできていて、全く16才以下の他の選手と引けを取らない試合をしていました。

3人とも、まだ14才以下と13才以下という中、16才以下の東京都のトップが全て出場する大会で、本当に全く上級性と遜色ない試合をしていたと思います。

由茉、愛、鈴、今回の試合を通していえることは、もうみんなは14才以下の選手でも13才以下の選手でもなく、16才以下で普通に戦って、勝っていかなくてはいけないレベルに達している選手だと実感したよ。

もうこのカテゴリーは、参加することに意義があるのではなく、勝ち上がっていくことに意義があることは、間違いないよ。

もうすぐ東京都選抜ジュニア、そして東京ジュニアが待っているけど、その大会はもう絶対に突破して、最低限関東ジュニアには出場しなくてはならない。

そして、ただ関東ジュニアに出場するだけでなく、全日本ジュニアにも確実に行かなくてはならないよ。

そのためには、東京ジュニアでしっかり勝ち上がって、関東ジュニアではシードを取りにるように、頑張ろう。

充分、その実力はあるからね。

頑張れ、由茉、愛、鈴!

ひまわりFight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

-4.0度!

こんにちは。

今日は、本当に寒い朝を迎えました。

東京都心の今日の最低気温、なんと-4.0度!

こんな気温、東京では聞いたことありません!

なんでも、48年ぶりだとか・・。

なるほど、どうりで聞いたことなかったわけか(笑)。

自分ですら、生まれていません(笑)。

自分の自宅に一番近い、府中にある気象庁の観測所が発表した今日の最低気温はさらにすごく、-8.4度!!

もう、東京とは思えません!

明日、あさっての朝の最低気温も、今日に匹敵するくらいになる予報ですので、皆さん、言われるまでもないと思いますが、しっかり温かくして出かけましょう。

スクールでのナイターのプレーヤーズレッスンは、今週は手袋を許可しています。

なんせ、氷点下ですから!

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

謝淑薇(シェイ・スーウェイ)のその後

こんにちは。

先日の記事の続きです。

謝淑薇は、オーストラリアンオープンの2回戦で、第3シードのMuguruza(ムグルザ)に勝利したことは、お伝えしました。

続く3回戦で、第26シードのRadwanska(ラドワンスカ)相手に、これまた6-2、7-5で勝利してしまいました。

どこまで続く、この快進撃と思っていましたが・・。

次の4回戦で、第21シードのKerber(ケルバー)に、6-4、5-7、2-6で惜しくも敗退し、ベスト16止まりとなりました。

この試合も2セットまでは本当に互角で、しかもセカンドセット5-4リードまでいったのですが、試合をものにすることはできませんでした。

謝本人は、本気でシングルスの世界No.1を目指すと話していたので、この結果は不本意であったに違いありません。

ですが、とてもすごいことだと思っています。

これからも、謝淑薇の活躍に乞うご期待!

大坂なおみも、ベスト16までいきました。

ミスが減れば、本当に世界一が見えそうです。

2人が、4大大会の決勝で戦う日を夢見ています。

いや、もっと言えば、ひまわりの選手が4大大会の舞台で活躍する日を、本当に夢見ていますよ!

ひまわり、Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

謝淑薇(シェイ・スーウェイ)

こんにちは。

今、全豪オープンがオーストラリアで開催されています。

そこで、自分の思い入れのある選手が、大活躍しているので、お伝えします。

その選手は、謝淑薇(シェイ・スーウェイ)といいます。

彼女は、WTAダブルスランキングで2014年に世界No.1になったことのある選手で、シングルスの現在のランキングは88位、最高位は2013年の23位なのですが、今年の全豪オープンの1回戦で、予選勝ち上がりで中国のZhu Linに勝つと、その勢いで2回戦、なんと第3シードのMuguruza(ムグルザ)に、7-6(1)、6-4で勝利してしまったのです!

この謝淑薇という選手ですが・・、

実はビッグKで3年間育てた選手なのです!

自分が初めて海外遠征をした(過去の記事を参照してください)バングラデシュで、飯島と準決勝で戦った選手が、この謝淑薇でした。当時のことを、本当に良く覚えています。

それはそれは小さな少女だった謝淑薇は、13歳でこの大会に出場し、16歳の飯島相手に接戦ながらも随所で圧倒し、見事に勝ち上がっていきました。

本当に賢い試合展開で、飯島がどうやったらこの選手に勝てるか、当時本当に悩みました。

細身の身体ながら、小気味よいテンポで打ち合い、相手のショットをカウンターで攻めていくスタイルは、当時も今も変わっていません。

その後、何度か対戦しましたが、やはり勝つことは出来ませんでした。

その数年後、縁あってビッグKを頼って東京に来て、畠中校長の家で下宿しながら練習することとなります。

その当時、レッスン態度はお世辞にも良いとは言えず、練習を中止させたことも何度もあります。

ですが、心を入れ替えて練習し始めてからは、みるみるうちにランキングを上げていき、現在の活躍へとつながるのです。

そんな謝淑薇も、現在32歳。

決して若いとは言えません。

フォームも、お世辞にも上手な打ち方とは言えません。

ボレーなんて、厚いグリップでラケットを持っています。

ですが、ラケット面でボールを捉える能力は抜群で、コンパクトなテイクバック、フォロースルーから打たれるフラット系のボールは、ストローク、ボレー、共に強く、それはそれは安定してベースライン深くビシビシ入ってきます。

次の3回戦の相手は第26シードのRadwanska(ラドワンスカ)ですが、それに勝つと、シャラポワとの対戦の可能性が高いです。

ちなみにシャラポワは、昔日本の草津でデビュー戦を戦い、見事に優勝しましたが、その大会はこれまたなんと、ビッグKが主催となって開催した大会だったのです!

そのシャラポワが、決勝で戦った相手こそ、この謝淑薇だったのです!

ぜひ皆さん、この謝淑薇(シェイ・スーウェイ)という名前をよく覚えておいてください。

そして、全豪オープンでの応援を、よろしくお願いします。

ジュニアの皆さん、テニスは打ち方も大切です。

より良いボールが打てるようになることは、勝つために重要だとは思います。

ですが、試合はフォームが重要ではありません!

どのように、自分の感覚で相手のボールを捉え、しっかりとコントロールされたボールを相手のコートに叩き込んでいくか、それがとても重要です。

いろんな選手のプレーを見ながら、自分のテニスに磨きをかけていってください。

頑張れ、スーウェイ!

頑張れ、ひまわり!

P.S.大坂なおみの応援も、よろしくお願いします!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!Verde Cup ⼭梨北杜ジュニアテニストーナメント冬、16才以下女子ダブルス準優勝、小松由茉、林鈴!

こんにちは。

現在行われている途中の、Verde Cup ⼭梨北杜ジュニアテニストーナメント冬の16才以下女子ダブルスにおいて、小松由茉と林鈴のペアが、ノーシードから決勝戦まで勝ち上がって、決勝戦では第2シードに惨敗したものの、見事準優勝しました。

由茉、鈴、まずは準優勝、おめでとう!

16才以下でも、このカテゴリーで勝ち上がれる実力は充分あると思うよ。

目標はあくまで全日本ジュニアでの活躍だし、そのためにはその前の関東ジュニア、東京ジュニア、そしてその他学校の大会でも全国大会での活躍が一つの目標だから、シングルスはもちろん、この経験を生かしてダブルスでも全国で活躍できるように頑張っていこう。

この山梨北杜の大会では、シングルスで勝ち上がったら対戦することになってしまうけど、まずは2人ともそこまでは確実に勝ち上がり、2人で本気の対戦をしてほしい。

ひまわりの選手みんなで、ひまわりテニスクラブを盛り上げていこう!

Fight!

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます。

ひまわりに来て、2回目の新年を迎えることができました。

本当に我ながら、遠いところを毎日毎日、良く来るなと感心しますが(笑)、これも一重にレッスンで一生懸命頑張っているジュニアの皆さんのお陰と、本当に感謝しています。

皆さんが頑張って練習している姿、試合でひまわり代表として奮起してくれている様子が、自分が往復4時間近くをかけて来るモチベーションになっています。

これ、本当に(笑)!

今年は、いろいろなことを変えていき、より強い選手を育てていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

では、今年もよろしくお願い致します。

ひまわりの皆さんに幸あれ!

ひまわりテニススクール

プレーヤーズヘッドコーチ

小澤尚二

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

プロテニス選手の辻佳奈美さんが、ひまわりテニスクラブに遊びに来てくれました!

こんにちは。

今日で、無事にピーナッツカップの運営も終了しました。

その最終日に、なんとプロテニス選手の辻佳奈美さんが、ひまわりテニスクラブに遊びに来てくれました!

辻佳奈美さんは、2007年に全国小学生大会で優勝すると、翌2008年には全日本ジュニアの14才以下で優勝し、RSK杯全国選抜ジュニアも優勝するなど大活躍し、2010年にフランスで行われたジュニアツアー(14歳以下)の最高峰の大会、「Les Petits As」でにほんじんとして初優勝し、アジア人初のジュニア世界一になると、14歳3ヶ月で日本テニス協会認定プロ選手になりました。この記録は、現在も破られていません。

2016年に、結婚を機に惜しくも引退し、今年の秋に男の子を出産、その後、現在現役復帰を目指して活動中で、ひまわりテニスクラブも練習拠点の候補になっているそうです。

久しぶりにお会いしましたが、すっかりお母さんをしていました(笑)。

まだまだ21歳、これから充分に世界を目指していけること間違いないので、自分もできる限り応援していきたいと思います。

近い将来、ひまわりで練習する姿が見られる、かも!

もしかしたら、プレーヤーズのレッスンにコーチとして入ってくれる、かも!

辻さんへの応援、どうぞよろしくお願いします!

IMG_7185

IMG_7186

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ