祝!穂積絵莉・二宮真琴ペア、全仏オープン準優勝!

こんにちは。

先週末までの全仏オープンは、錦織圭選手も大坂なおみ選手も、活躍はしてくれましたが、あと一歩のところでさらに上位進出を逃してしまいましたね。

そんな中、女子ダブルスで初めて、日本人同士のペアである穂積絵莉選手と二宮真琴選手が決勝進出という快挙を成し遂げました。

きっと、応援していただいた方も多かったと思います。

なぜ、今回この話題を取り上げたかというと、穂積絵莉選手はジュニア時代、自分が育ててきたジュニアと何度も激闘を繰り広げてきたライバルだったからです。

なので、本当に今回の活躍はとても嬉しかったです。

その前段の話として、ビッグKでとても印象に残っている選手は何人かいますが、その中で、池田玲と森美咲という2人の選手を外して語れません。

池田玲も森美咲も、小学校低学年からずっと自分が中心となって指導してきた選手たちです。

特に、池田玲はビッグKのすぐ近くに住んでいたため、生まれた時も覚えているくらいです(笑)。

そんな2人は、シングルスもそれなりに戦績を残していましたが、ダブルスがとても強く、何度も全日本ジュニアに出場しています。

2008年には2人で組んで14才以下で準優勝、2009年にはやはり2人で組んで16才以下でベスト4、2010年は森美咲は18才以下で出場してベスト8、池田玲は16才以下でベスト16、2011年はまた2人で組んで18才以下でベスト4、2012年は池田玲は卒業しているので、森美咲が18才以下でベスト8でした。

そんな中、特に2011年の準決勝は、穂積絵莉選手と加藤未唯選手との対戦でしたが、それはそれは激闘でした。

6-7(4)、7-6(4)、2-6というスコアで敗退はしましたが、全く引けを取らない素晴らしい内容でした。

そこで勝ち進んだ穂積選手と加藤選手は、決勝戦で二宮真琴選手と尾崎里紗選手のペアと対戦し、惜しくも準優勝となるのですが、そんな選手たちがまさか全仏で決勝戦まで行くとは、その時は思いもしませんでした。

ですが、池田と森には、良く話していました。

2人には、ダブルスで世界に出て活躍できるチャンスがあると!

残念ながら!?、2人とも学業の成績も良かったため、大学へ進学することになりますが、本当に世界を目指していたら、きっと今頃大活躍していたに違いありません。

今、ひまわりのジュニアで切磋琢磨している皆さん、4大大会など無理と思わないでください!

チャンスがある選手が、いっぱいいます!

夢をしっかり持って、目標をしっかり立てて、課題にしっかり取り組んで、ステップを一つひとつ昇って、本当に夢をかなえてしまいましょう!

かなえた後は、その次の目標があります。

後ろを振り返らないで、前に進んでいきましょう!

コーチは本気です!

ビッグKひまわり、Fight!!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!スクスクのっぽくんカップ神奈川いずみ中央大会6月、12才以下女子シングルス、佐藤由捺優勝!

こんにちは。

先週末に行われました、スクスクのっぽくんカップ神奈川いずみ中央大会6月の12才以下女子シングルスにおいて、ビッグKひまわりプレーヤーズ所属の佐藤由捺が予選から決勝戦まで4試合を勝ち上がり、見事優勝しました!

しかも、予選リーグを4-0、4-0、決勝トーナメントを6-0、6-0という、自分も記憶のない、失ゲーム0という完勝でした。

由捺、まずは優勝おめでとう!

しかも、失ゲーム0というのは、狙ってもなかなかできない、とてもすごいことだよ。

サービスゲームもリターンゲームも、完璧だったのだと思う。

でも、これで満足しては絶対にいけないよ。

これを自信に変えて、次は公認大会でぜひ優勝を狙っていこう。

公認大会で優勝するためには、強い相手に勝つことも必要になってくることと思うけど、接戦の中でも自分を見失わずに、自分がその時にできることを落ち着いてやって、それで負けたら相手が強かったと思って、相手を称えよう。

自分を見失ってミスが増えて、勝てるはずの相手に負けないように、頑張っていこうね。

まだまだ、これからだよ。

さらに大きな試合で勝っていけるように、これからも全力で戦っていこうね。

ビッグKひまわり、Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

林鈴が、YONEX VAMOS J 2018に選ばれました!

こんにちは。

ビッグKひまわり所属の選手、林鈴がこの度、YONEX VAMOS J 2018というプロジェクトに選ばれました!

このプロジェクトは、ヨネックスが主催するジュニア支援プロジェクトであり、中学3年生以下、中学1年生以下、小学5年生以下の3カテゴリー各地区合計32名が集まり、キャンプを実施するものです。

このキャンプ優秀者は、各地区の代表が集まるJAPANキャンプに参加し、さらにJAPANキャンプの優秀者には来年のヨーロッパ遠征に特別招待選手として参加することになっています。

このプロジェクトに選ばれるだけで、本当に大変な名誉であり、ありがたいことだと思っています。

鈴、まずはこのプロジェクトに選ばれて、本当に良かったね。

でも、ここに選ばれたから良し、では絶対にないよ。

関東地区代表からJAPAN代表となって、海外遠征に行けるように、まずは頑張っていこう。

しかも、そこがゴールではないから、選んでいただいてキャンプに参加するからには、それに対して結果を出していくことで、選んでいただいた恩返しをしていこう。

このキャンプの目的が、世界に挑戦していく選手の育成なので、恩返しをするということはそういうことだぞ!

これからだぞ!

Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!東京都中学校テニス選手権大会第1ブロック女子シングルス優勝芝山真由、準優勝小川愛、女子ダブルス優勝小川愛・(有馬咲来)!

こんにちは。

先日まで行われていました、東京都中学校テニス選手権大会第1ブロック女子シングルスにおいて、昨年と同様に、ビッグKひまわり所属の小川愛芝山真由が、共にそれぞれ第1シードと第2シードを守り、決勝戦で激突して、その結果、昨年のリベンジを果たした芝山真由が優勝、小川愛が準優勝となりました。

数多くの中学生の選手が出場している本大会において、しっかりと決勝戦に勝ち進むのは、たとえ実力的に当然の結果とはいっても、テニスは何が起こるかわからないスポーツなので、良く勝ち上がったと思います。

ダブルスは、小川愛が同じ学校の有馬咲来さんとペアを組んで、見事優勝することができました。

真由、優勝おめでとう!

決勝戦まで行く間も、強敵と対戦しなくてはならなかったと思うけど、良く勝ち上がったね。

そして、決勝戦は愛を倒しての優勝、優勝したこと以上に価値のあることだと思うよ。

これを自信に、本大会はもちろんのこと、関東公認大会にも本当にたくさん出場して、ランキングを上げていこう。

自信をしっかり持って戦い続けられれば、来年の関東ジュニア出場は充分に狙えるよ。

目標を持って頑張っていこう!

愛、準優勝まずはおめでとうって言っておくよ。

多分、愛からしたら準優勝はちっとも嬉しくないよね。

でも、まずは相手の真由を称えよう。

その上で、なぜ敗戦したのかを冷静に分析し、次の本大会にこの悔しさをぶつけていこう。

ダブルスは、しっかり優勝できたね。

おめでとう。

ブロック大会はあくまで予選だから、本大会で頑張っていくぞ!

そして、その先にある関東中学校、全国中学校はもちろんのこと、関東ジュニア、その先の全日本ジュニアに向けて、しっかり練習していこう。

これからだぞ!

Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!2018 Verde Cup ⼭梨北杜ジュニアテニストーナメント春14才以下女子ダブルス、中島英・小林千陽ペア優勝!

こんにちは。

先週末まで行われていました、2018 Verde Cup ⼭梨北杜ジュニアテニストーナメント春の14才以下女子ダブルスにおいて、中島英と小林千陽(ビッグK)のペアが、第1シードを守って、見事優勝しました!

確実にポイントを重ねて、決勝戦は5-1から2ゲーム追い上げられる展開となりましたが、最後は英がボレーを決めての勝利でした。

英、千陽、まずは優勝おめでとう!

第1シードだったし。優勝するチャンスは充分にあったと思うけど、そういった状況でもしっかりと勝ち切ることは、テニスにおいては難しいこともあるので、良く勝ち切ったと思うよ。

東京ジュニアでは、悔しい思いもしたと思うけど、テニスはこれで終わりではないから、ここからまたポイントを積み重ねて、来年こそはさらに上を目指せるように頑張っていこう。

どんな環境でも、そこでどのようにしてどのような気持ちで練習していくかが大切だから、ここからが正念場だよ。

頑張っていくぞ!

Fight!

IMG_7902

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!東京都中学校テニス選手権大会第5ブロック女子ダブルス優勝、小松由茉・林鈴ペア!

こんにちは。

現在、東京都中学校テニス選手権大会の予選である、ブロック大会が各地で行われていますが、第5ブロックにおいて小松由茉と林鈴のペアが、見事優勝を成し遂げました。

第2シードで戦った今大会、4試合で2ゲームしか落とさない完勝でした。

また、同時に行われていたシングルスでは、小松由茉が準優勝、林鈴が9位、中島英はベスト32に終わりました。

男子では、シングルスで本戦に江森慎之介と矢野遥士の2人が本戦に入りましたが、初戦で敗退し、順位決定戦で江森慎之介がベスト4に入って19位、矢野遥士が初戦で敗退してベスト32止まりでした。

一方ダブルスでは、矢野遥士が同じ学校の選手とペアを組んで、見事4位になりました。

この結果、小松由茉と林鈴の2人が単複共に、矢野遥士がダブルスで、東京都中学校テニス選手権大会本戦に出場することとなりました。

由茉、鈴、遥士、まずはそれぞれ、本大会出場おめでとう。

本大会でも、一人ひとりが持ち前の実力をいかんなく発揮し、上位大会への切符を勝ち取ることをまずは願っているよ。

まだ、他のブロック大会は終わっていないブロックもあります。

各選手がしっかりと活躍してくれることを願っています。

ビッグKひまわり、Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!千葉SYSオープンジュニア4月優勝、沼田悠太郎!

こんにちは。

先日まで行われていました、千葉SYSオープンジュニア4月において、JTクラスに所属している沼田悠太郎が見事優勝しました!

16ドローで行われた本大会、第2シードの沼田は、2回戦から3試合を戦って、失ゲーム1という見事な戦いっぷりでの優勝でした。

悠太郎、まずは優勝おめでとう!

どんな大会でも、その大会を最後まで勝ち切ることは、本当に大変なことだよ。

そんな中、1ゲームしか落とさないで優勝したことは、悠太郎にとってとても大きなことだと思うよ。

これをステップに、次のステージに進んでいこう。

そしてもちろん、この大会の優勝はゴールではないから、さらに上の大会で結果を出していけるように、頑張っていこう。

プレーヤーズの選手のみなさんも、いろいろな大会に出場して、暴れていくぞ!

Fight!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

畠中君代校長、ITFよりFed Cup Commitment Award受賞!

ビッグKとひまわりテニススクールの校長である畠中君代が、この度ITFより輝く栄誉、Fed Cup Commitment Awardで表彰されました!!

この賞は、国別対抗戦のワールドグループの試合に20試合以上出場するか、その下のカテゴリー(日本ですとオセアニアゾーン)も含めた全ての国別対抗戦に40試合以上出場した選手が表彰される、栄誉ある賞です。

畠中校長は、1970年から1973年、それから1977年に、全てワールドグループに出場し、その戦績は、シングルス118敗、ダブルス122敗、トータル2310敗という素晴らしい戦績で、日本チームに多大なる貢献しました。

コーチ一同、校長がこのような賞をいただいたことを誇りに思うと同時に、そのような校長が始めたビッグKテニスという名を汚さぬよう、これからもひまわりテニススクールを盛り上げて参る所存ですので、今後ともよろしくお願い致します。

31100490_1327113394054884_2466721252782374912_n

31123938_1327113477388209_7863935928992006144_n

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

健闘しました、全国選抜ジュニアテニス選手権関東予選大会、林鈴12位。

こんにちは。

先週末、全国選抜ジュニアテニス選手権大会の関東予選が行われました。

この大会は、上位に進出した選手が全国選抜ジュニアテニス選手権大会に出場できます。

今年は、ビッグKひまわりからは林鈴が出場しました。

小松由茉は補欠でしたが、残念ながら欠場者は無く、出場することはできませんでした。

林鈴は、1回戦を強豪相手に無難に勝ち上がり、2回戦で第7シードの麻坂さんに惜しくも敗退、コンソレーション(順位決定戦)に回ることになりました。

コンソレーションでは、2回順調に勝ち上がり(順調といっても、2人とも強豪選手でしたが)、コンソレーションのベスト8で阿出川さんに惜しくも敗退、9位から12位決定戦に回ることになりました。

そこでも接戦続きでしたが(くどいようですが、本当に関東のレベルは高く、どの選手をとっても本当に強い選手ばかりなんです!)、12位に甘んじることとなりました。

鈴、まずはお疲れ様。

12位という結果になったけど、この大会で3勝4敗と、4回負けたことは、大きな経験になったと思うよ。

もちろん、負けることは辛いことではあるけど、むしろそこから得た教訓を、次のステップにつなげることができるとしたら、これほどチャンスなことはないよ。

敗因を分析して、次の試合につなげていこう。

ここで立ち止まるわけにはいかないよ。

必ず飛躍して、次の大会でブレイクしよう!

他のビッグKひまわりの選手も、これから学校の試合などもあると思うけど、更なる飛躍をイメージして、ここから頑張っていくぞ!

ビッグKひまわり、Fight!

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

祝!東京ジュニアテニス選手権大会、シングルスベスト4に1人、ベスト16に2人、ダブルスベスト8に3組!

こんにちは。

先日、ビッグKひまわりの選手の東京ジュニアテニス選手権大会が終了しました。

この大会は、全日本ジュニアテニス選手権大会の関東予選である関東ジュニアテニス選手権大会の東京予選にあたります。

つまり、この大会で上位に進出すると、関東ジュニアテニス選手権大会に臨むことができます。

ビッグKひまわりからは、以下のような結果となりました。

18才以下男子シングルス

郡司龍美・・・予選決勝敗退(ベスト128)

16才以下男子シングルス

大島巨幹・・・予選1回戦敗退(ベスト256)

16才以下男子ダブルス

大島巨幹・鈴木翔大・・・本戦1回戦敗退(ベスト32)

14才以下男子シングルス

江森慎之介・・・予選1回戦敗退(ベスト256)

12才以下男子シングルス

田島圭一朗・・・予選1回戦敗退(ベスト256)

沼田悠太郎・・・予選決勝敗退(ベスト128)

14才以下女子シングルス

小松由茉・・・準決勝進出(ベスト4)

小川愛・・・3回戦進出(ベスト16)

林鈴・・・3回戦進出(ベスト16)

中島英・・・本戦1回戦敗退(ベスト64)

14才以下女子ダブルス

小松由茉・林鈴・・・準々決勝進出(ベスト8)

中島英・(小林千陽)・・・準々決勝進出(ベスト8)

小川愛・(吉岡あい)・・・準々決勝進出(ベスト8)

12才以下女子シングルス

宮嶋柚季・・・本戦1回戦(ベスト64)

佐藤由捺・・・予選決勝(ベスト128)

以上のような結果となりました。

この結果、関東ジュニアテニス選手権大会に出場できるのは、下記の選手となる予定です。

14才以下女子シングルス

小松由茉、小川愛、林鈴

14才以下女子ダブルス

小松由茉・林鈴(ランキングにて)

以上の3人となりました。

東京ジュニアテニス選手権大会は、ジュニアの選手に関してまずは出場できなくてはならない、そして、関東ジュニアテニス選手権大会に出場することが、まずは最低限の目標宇という話を、いつもしています。

それぞれの選手が、うまくいった試合もあれば悔しい試合もあったに違いありません。

出場していながら関東ジュニアテニス選手権大会に出場できなかった選手、また、東京ジュニアテニス選手権大会そのものに出場できなかった選手、来年の東京ジュニアテニス選手権大会に目標を定めて、まずはしっかり試合に出場して、ランキングを上げていこう。

関東ジュニアテニス選手権大会に出場している選手は、次の目標である全日本ジュニアテニス選手権大会に出場することを最低目標に、これから夏に向けてしっかり準備をしていこう。

学校の大会や関東選抜ジュニア、全国選抜ジュニアに出場する選手もいるので、春先の試合に向けても、気を緩めることはできないぞ。

次のステップに向けて、頑張っていこう。

ビッグKひまわり、Fight!

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ