ながりの眼塊を前にた

な音をたてる銀色のまばゆい小片は、ファギンの受光器官のように思える。しかし、たとえそうだとしても、それでどうなるわけでもない。ファギンに向かうときは、自我の先端ではなく、その全体に目を向けなけれぱならないのだ。自分の気持ちとしては、いったいどちらがほんとうのところなのだろう──このハンディキャップにもかかわらずこの異星人が好きなのか、それとも、長年の友だちづきあいにもかかわらず、彼といると不安になるのか。
黒っぽい葉に覆われたファギンは、体をゆさゆさゆらし、そのたびにひとつらしながら、窓ぎわから近づいてきた。ジェイコブは中くらいに丁寧なおじぎをひとつして、待った。
「ようこそ、ジェイコブ・アルヴァレス・デムワ──ヒト=主=イルカ=主=チンプ。本日、このあわれな生物に、ふたたびきみの存在を体感させてくれたことを、うれしく思う」ファギンのしゃべりかたははっきりしていたが、抑揚に、どうしても押さえきれない独特の癖があり.そのため、スウェーデン語と中国語とまぜあわせたような感じに聞こえた。カンテンという種族は、原始イルカ語や現代イルカ語のほうが、ずっとうまく話せるのである。
「ファギンーカンテン=従=リンテン=従=シクル=従=ニッシュ、ミホーキ・キープ。また会えてうれしいよ」ジェイコブはもういちど、おじぎをした。
「ここにおられる尊敬すべき方々は、きみと意見を交換ずるためにやってこられたのだ、わが友ジェイコブ。正式に紹介を受ける心構えができているといいのだが」
ジェイコブは各異星種族につきものの、複雑につながった種族名に──少なくともその構成に──注意を払おうとした。種族名に連なる主族と類族の名前は、その種族の地位について。かなりの情報を提供してくれるのだ。ジェイコブははじめてくれるようにとうなずいた。
「それでは」、正式におひきあわせしよう。こちらはババカブ──ビラ=従=キシャ=従=ソロ=従=ハル=従=ババール=主=ジェロ=主=ブリング。〈ライブラリー〉協会のラパス分館長だ」
ETのひとりが前に進み出た。第一印象は、身長四フィートの、灰色をしたテディペアといったところだった。が、大きな鼻と目のまわりをふちどる柔毛は、そんな印象を改めさせた。
では、これが〈ライブラリー〉分館の館長、ババカブなのか! 〈コンタクト〉以来、地球が蓄えてきたとぼしい外貨は、ラパスの〈ライブラリー〉分館ひとつであらかた消えてしまった。しかも、ちっぽけな〝地方〟分館を人間にも使えるようにする膨大な作業の大半は、〝遅れた〟人類が銀河文明のレベルに追いつけるよう援助するために、慈善活動として、巨大な〈ライブラリー〉協会のサービスで行なわれたのである。その分館の館長であるパパカブは、

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 13:20 | コメントをどうぞ

ついての知識

を放ちはじめた。これは、夢が紛れもなく記憶の様相を呈しはじめた頃、そしてわたしの心が夢をつのりゆく抽象的な不安に関連させはじめた頃のことだった。抽象的な不安をもたらしたものは、記憶が抑圧されているという感じ、時間に関する奇妙な印象、一九〇八年韓式霧眉から一三年にかけて第二人格と悍ましい交換がなされたという感じ、かなり後に味わうようになった自分自身に対する不可解な嫌悪だった。
特定の明確な細部が夢にあらわれはじめるにつれ、恐怖はいやがうえにも高まった――一九一五年の十月には、何とかしなければならないと思うようになった。悩みの種を客体化すれば、心にとりつく不安をふりはらえるかもしれないと思い、記憶喪失や幻覚の症例を徹底的に調べはじめたのは、その頃のことだった。
しかしながら、先にも記したように、その結果はまずもってほぼ正反対のものだった。やがてわたしの夢が正確に再現されているのを知ったことで、心が激しくかき乱された。とりわけ、一部の記録は、対象人物に地質学の知識――つまり原始時代の景観に――があったとはとうてい思えない、古い時代のものだったから、なおさらだった。
さらに、こうした記録の多くは、巨大な建築物や密林のような庭園――そして他のこと――に関連し窩輪報價て、きわめて恐ろしい細目を伝えていた。実際に見たということと、漠然とした印象をうけていたということだけでもひどいのに、わたしと同じ夢を見た一部の者がほのめかしたり断言したりしているものには、狂気と冒涜の気味があった。とりわけひどいことに、擬似記憶が喚起され、夢はさらに狂乱の度合を強め、やがて意外な事実がもたらされることをほのめかした。それなのに、たいていの医者は、わたしの調査方針をおおむね当を得たものとみなした。
わたしは心理学を系統だてて研究したが、もっぱらそれに刺激され、息子のウィンゲイトも同様のことをした――ウィンゲイトはこの研究を推し進め、現在の教授の地位につくことになった。一九一七年と一八年には、わたしはミスカトニック大学で特殊な科目を履修《りしゅう》した。一方、遠方の図書館に足をのばしたりしながら、医学、歴史、人類学の記録を根気よく調査するようにもなり、ついには、わたしの第二人格が不穏にも関心をいだいた、禁断の伝承をとどめる忌わしい書物さえ読むようになった。
そんな書物のなかには、完全に様変わりしていたわたしが実際にひもといたものもあり、恐ろしい本文にほどこされた紛れもない訂正と欄外の書きこみが、どことなく妙に非人間的なもののように思える字体と語法でなされているため、わたしはひどく不安にさせられた。
こうした書きこみはたいてい本文と同じ言語で記されており、見たところ、すべて等しく学者さながら辦公室屏風にすらすらと書かれているので、書きこみをした者がそれぞれの言語に精通しているように思われた。しかしながら、フォン・ユン

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 13:20 | コメントをどうぞ

りがたく思っ

じがした」まだつながれているアミの馬は道で激しくいなないていて、アNeo skin lab 美容ミが先ほど思ったことを弱よわしい震え声

でいったときも、その声がほとんど聞きとれないほどだった。「あの石から出てきよったんだ――あそこで大きくなりよったんだ――生きとるもんを何でも捕えて――心や体を養分にして育ちよ

るんだ――タッドもマーウィンもジナスもナビーもやられおった――最後はネイハムだった――みんなあの水を飲んだからだ――それでやられちまったんだ――何もかもがこことはちがう遠い世

界から来よった――いま帰ろうとしとる――」
このとき、未知の色をした光の柱が突如としてぎらつき、後に目撃者がそれぞれ異な暑假旅遊った描写をする、途轍もない形らしきものをとりはじめ、つながれたヒーローはおよそ人間が馬の声として

聞いたことがないような、空恐ろしい声をあげた。天井の低い居間に坐っていた者は全員耳をふさぎ、アミは恐ろしさと忌わしさのあまり窓から顔をそむけた。言葉ではあらわしようのないもの

だった――アミがまた窓から覗いたとき、あわれな馬は、月光の照らすなか、馬車の折れた轅《ながえ》のあいだに倒れこんでぴくりとも動かなかった。これがヒーローの最期で、ヒーローは翌

日埋葬された。しかしそのときは嘆いているような時間はなかった。ほとんどときを移さず、警官のひとりが、いまみんなのいる部Amway安利屋の紛れもない恐怖に無言で注意を向けたからだった。ランプ

の火が消されているいま、部屋全体にかすかな燐光がしのびいりはじめているのがはっきりわかった。幅広い板のはられた床やすりきれたカーペットの端で輝き、小さなガラスのはまった窓の枠

で揺らめいていた。むきだしの隅柱を登ったりおりたりして、棚や炉床の囲いのまわりで輝き、ドアや家具そのものも冒していた。刻一刻と輝きは強まり、すぐにこの家をあとにしなければなら

ないことがはっきりわかった。
アミが案内をして、勝手口から出ると、坂道を登り、野原を抜けて、十エーカーの牧草地に行った。みんなは夢の世界にいるかのようによろめきながら歩き、かなり離れた高台に行きつくまで

、誰ひとりとしてふりかえろうとはしなかった。みんながこの小道をあた。家のまえの道、井戸のそばを通る道は、とても進む気にはなれなかったからだ。輝く納屋や小屋、歪んだ

不気味な姿をして輝く果樹園の木々、そんなもののそばを通るのも、ぞっとしないことだったが、しかしありがたいことに、最もひどくねじれている枝は梢近くのものだった。チャップマン川に

かかる丸木橋をわたるとき、ちょうど月が真っ黒な雲のうしろに隠れ、橋をわたって広びろとした草原に出るのは、手探りの状態でだった。
谷とその底にある遠くのガードナー家のほうをふりかえって見たとき、恐ろしい光景が目に入った。農場全体に慄然たる未知の色がいり乱れて輝いていたのだ。木々や建物や、これまでまだ完

全には変色していなかった草や葉までもが、ことごとく輝いていた。枝はすべて空に向かって曲がり、不浄な炎が先端にあって、おなじ不気味な炎が揺らめきながら、家の棟木や納屋や小屋に迫

っていた。フューセリの描く幻想の情景のようで、あたり一帯を支配しているのは、混沌とした光輝くあの燐光、井戸から発する謎めいた毒素の、異界的でこの世のものならぬあの虹だった――

識別も不可能な宇宙的色彩をたたえて、沸きかえり、感じ、波うち、伸び広がり、明滅し、歪み、不気味に泡立っていた。
やがてまったくだしぬけに、その慄然たるものはロケットや隕石のように空に向かって垂直に飛びたち、あとには何ものこさず、見まもっている者たちがあえぎや悲鳴をもらすまもなく、妙に

きれいな円形の穴を雲に開けて消えてしまった。忘れられない光景だった。未知の色が銀河

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 13:11 | コメントをどうぞ

する傾向がある

ロバート・ブレイクの死を、落雷のため、あるいは放電によっ口服 避孕 藥て神経に強い衝撃をうけたためだとする世人の所信に対して、用心深い調査家は、疑義をさしはさむのをためらうだろう。確かに

ブレイクのまえにあった窓のガラスが割れていなかったのは事実だが、自然は数多くの珍奇な離れ技をやってみせるものだ。ブレイクの死顔にしても、ブレイクが目にしたものとは何の関係もな

い、原因不明の筋肉のひきつりによるものかもしれないだろうし、日記の内容にしたところで、ブレイクが自ら掘りおこした古伝や地方の迷信にでも刺激され、奔放な想像力を働かせた、その所

産なのだともいえるだろう。フェデラル・ヒルの荒《さ》びれた教会における異様な状態については――如才ない分析家なら、ためらうことなく、知ってか知らずしてかは別として、ブレイクが

少なくともいくぶんは内密の関係をもっていた、何らかの狂言であるという見方をとる。
というのも、つまりは被害者が、神話、夢、恐怖、迷信の分野に一身をささげつくし、奇怪か均衡飲食つ幽鬼めく場面や効果の追求にいれこんでいた、作家であり画家であったからなのだ。ブレイクは

かつて――自分と同様に隠秘学や禁断の伝承に深く没頭する風変わりな老人を訪ねるため――町にあらわれたことがあるが、町での滞在は死と炎の只中のうちにおわった。ブレイクをミルウォー

キーの自宅から離れさせたのは、およそぞっとしない勘のようなものが働いたためにちがいない。日記には逆のことが記されているとはいえ、ブレイクは古譚をいろいろ知っていたのかもしれな

いし、そしてブレイクの死は、文学的には非難されるべき運命にあった鬼面人を威《おど》す悪戯を、蕾《つぼみ》のうちに摘《つ》みとったのかもしれない。
しかし証拠のすべてを調べ、相関関係をわりだした人びとのなかには、合理的とも平凡ともいえない臆測に執着する者が何人か残っている。そういう者たちは、えてしてブレイクの日記のほと

んどすべての記述を額面どおりにうけとり、たとえば、古い教会の記録の紛れもない信憑性、忌み嫌われ抗衰老護膚品る邪教の〈星の知慧《ちえ》派〉が一八七七年以前に遡《さかのぼ》って存在する、証明

済みの事実、一八九三年にエドウィン・M・リリブリッジという好奇心の強い記者が失踪したことの記録、そして――とりわけ――若い作家の死顔にうかんでいた悍《おぞ》ましいまでにゆがん

だ恐怖の表情といった事実を、意味深長に指摘。ブレイクの日記には、古い教会の塔のなかにあったと記されているが、そこではなく、窓のない黒ぐろとした尖《とが》り屋根で

発見された、奇怪な装飾のある金属製の箱と妙に角ばった石とを、極端な盲信に駆りたてられるまま湾に投げすてたのは、そういう者たちのひとりだった。その男――奇妙な伝承に興味をもつ評

判のいい医者――は、公私にわたってはなはだしく非難されたが、ほうっておけばあまりにも危険すぎるものを地上からとりのぞいたのだと、自信たっぷりに主張したものだ。
こうした二派にわかれる考え方のなかで、読者は自ら判断を下さなければならない。資料は懐疑的な角度から実質のある委細を与えてくれるし、加えて、ロバート・ブレイクが見た――あるい

は見たと思いこんだ――か、見たふりを装った情景も、素描というかたちで残されている。さて、日記を仔細に、私心なく、ゆっくりと調べることによって、一連の謎めいた出来事を、その中心

人物が述べている観点から要約してみよう。
若きブレイクは、一九三四年から三五年にかけての冬に、プロヴィデンスにもどり、カレッジ・ストリートはずれの草地に建つ古びた住居の上階をかりきった――そこはブラウン大学のキャン

パスに近い、東にのびる大きな丘の頂で、背後には大理石造りの大学付属ジョン・ヘイ書館が位置している。人なつっこい大きな猫が何匹も、手近な納屋の屋根で日なたぼっこをしているような

、牧歌的な古色をたたえた小さな憩の庭にある、こぢんまりと

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 12:46 | コメントをどうぞ

こから出ていかれ

物置きべやのうす明かりに目がなれてくると、ミルドレッドはイーニッドは、あたりを見まわしてみました。物置きは、天じょうの高い大きなへやで、使い古しの道具類でいっぱいでした。明かりは、ひとつだけあるアーチ形の窓から、さしこんでいます。
「助かった!」イーニッドが歓声をあげると、窓を指さしました。「窓dermes 脫毛があるよ。あそるじゃない」
「あーら、かんたんね」ミルドレッドは皮肉たっぷりに、「たった三メートルぐらいしか、高さが無いもんね。わたしたち、鳥みたいに飛んだらいいわけよね」
「いろんなものをつみあげたら、窓にとどくんじゃないかな」イーニッドは、やけっぱちになって、古いつくえや、こわれたベンチ、がくらたでいっぱいのダンボールの中などを、くまなく捜索し始めました。
「見て、ミルドレッド!」とくい気ないにの声が、聞こえました。
「ほうきがあったよ!」
イーニッドは、木づくりのたんすから、古ほけたほうきを、引っぱりだしました。もうすこしで、ポキリと、ふたつに折れてしまいそうですが、今はなんとか、つながっています。イーニッドは、腰にまいたサッシュベルトをはずすと、できるだけかたくまきつけま科研項目した。
「これでよし!」と、イーニッド。「もう、飛べるよ。あの窓、ふたりが通れるぐらい、大きそうだ。さあ、いこう!」
ほうきに浮かぶよう命じて、ふたりの問題児は、ほうきにまたがりました。イーニッドが前にすわり、ミルドレッドは、イーニッドの腰に腕をまわして、うしろにこしかけました。
まず、外に飛んでいかれるぐらいの、高さになるまで、「上へ、上へ、上へ!」ふたりは、ほうきに命じて、ヘリコプターのように、上昇させようとしました。ところが、ほうきはぎくしゃくして、命令に応じるのもやっとのありさまです。こんなことでは、乗り続けていられるだろうかと、ふたりが、心配になりだしたところで、なんとか、窓の高さまで、たどりつきました。
「窓の外に、何が見える?」イーニッドが、ほうきをふらつかないように固定しようと、必死になりながら、いいました。
ミルドレッドが、目をこらしてみますと、どこかのへやの壁と、天じょうの一部が見えました。
「たぶん、」と、ミルドレッド。「この窓。外に向いてないと思うわ。ここをぬけると、大きな石のへやに出るみたい」
「わかった、ともかく出かけたほうがいいや。このほうき、もうすぐ折れちゃ阿柏西普うよ」へやにたちこめるほこりとクモの巣で、くしゃみをしながら、イーニッドがいいました。「通りぬけるから、頭をさげて」
「ところで、どこに出るのかしら?」かがみこんで、窓を通りぬけながら、ミルドレッドは考えました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 12:50 | コメントをどうぞ

威厳を守るた


る。ぼくたちが彼女に危害を加えるつもりがないことを納得させられるまで、その丘のこちらが

わにとどまっていてくれ。そこには水がある。だが、彼女のすみNeo skin lab 呃人かにあまり接近するなよ。馬たちに水をやれるまで、ちょっと待たなけりゃならないだろう」
「なにをそうぶりぶりしてるんだ?」シルクがきいた。
「時間があれば、あのわなをしかけた人間を捜し出して、脚をへしおってやるところだ――何ヵ所もな。もう戻らなくちゃならない。彼女と子供がひどく腹をすかせているんだ」ガリオンは袋を

肩にかついで大股に歩きさった。自分の怒りが理性的でないことはわかっていたし、セ・Neo skin lab 美容ネドラやみんなに無愛想な態度をとる言い訳などありはしなかったが、どうすることもできなかった。死

を容認する雌狼の冷静な態度と、夫を失ったことへの嘆きが、ガリオンの心をかきむしり、怒りがかれの目を乾かせていた。
いったん姿を変えてしまうと、袋は運びづらかった。ガリオンはたえずよろけながらも、袋を地面にひきずらないように頭を高くあげて進みつづけた。
ふたたびすみかについてみると、ポルガラとベルガラスは雌狼と話をしていた。耳を傾けている雌狼の目に、疑念が浮かんでいた。
「わたしたちの話を受け入れることができないのよ」ポルガラが言った。
「嘘を言っていると思ってるの?」ガリオンは袋を地面に落としてたずねた。
「狼にはその言葉の意味は理解できないわ。彼女はわたしたちがまちがっていると思っているのよ。こうなったら見せるしかないわ。彼女が最初に会ったのはあなたなんだから、あなたのことな

らもうすこし信用するかもしれないわね。元の姿に戻りなさい。どっちみち、袋の結び目をほどくのに劉芷欣醫生両手がいるわ」
「わかったよ」ガリオンは想像力の中に自分自身のイメージをひきこんで、姿を変えた。
「まあおどろいた」雌狼は驚嘆した。
ベルガラスは鋭く雌狼を見た。「どうしてそう言った?」
「そうお思いになりませんの?」
「慣れているのだ。どうしてその言葉を選んだのだ?」
「自然に口から出たのです。わたしは群れのリーダーではありませんから、自分のめに注意して言葉を選ぶ必要はないんです」
ガリオンは袋をあけて、肉とチーズを雌狼の前の地面においた。彼女はむさぼるように食べはじめた。かれは飢えている子供のかたわらに膝をついて、鋭い歯に指をかまれないように気をつけ

ながら、食べ物を与えた。
「一度に少しずつよ」ポルガラが注意した。「気持ち悪くさせるようなことはしないで」
腹いっぱい食べると、雌狼は足をひきずって、ふたつの岩のあいだからわきでている泉に近づき、水を飲んだ。ガリオンは子狼をだきあげて、泉まで連れていき、水を飲ませてやった。
「あなたって他の人間とちがうわ」雌狼が言った。
「ああ。多少ね」ガリオンは同意した。
「結婚してるの?」
「ああ」
「狼と、それとも人間の雌と?」
「このたぐいの雌とさ」ガリオンは自分の胸をたたいた。
「ははあ。彼女はあなたと一緒に狩りをするの?」
「われわれの雌は普通狩りはしないんだ」
「なんて役立たずなの」狼は軽蔑するように鼻を鳴らした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 15:35 | コメントをどうぞ

言葉を無視し

「ベルディンがどうやってそれをやったかなどときいculturelle兒童益生菌てもむだだぞ」ベルガラスは言っていた。「やつがわしに言ったのは、トスが呼ぶのなら、シラディスはここへきてもいいと言ったということだけなのだ」
ダーニクとトスは二、三のジェスチャーをかわした。「トスは呼んでもいいと言ってますよ」鍛冶屋が通訳し1451015918_bIGIoDHMた。「いまシラディスにここへきてもらいたいんですか?」
ベルガラスは首をふった。「いや、ザカーズが同席するまで待とう。遠方からイメージを投影するのは、シラディスには非常に疲れることなのだ」老人は渋い顔をした。「ベルディンは彼女を呼ぶ前に、わしらで会話をめいっぱい盛りあげたらどうだと提案している。どうもやつはときどきメロドラマチックになることがあるのだ。何年もそのことで話し合ってきたが、ときどき逆行しおる。おはよう、ガリオン」
ガリオンは三人に軽くうなずいてから、テーブルについた。「Neo skin lab 騙シラディスはぼくたちのできないなにをやろうとしてるんだい?」
「よくわからんのだ」ベルガラスは答えた。「だが、彼女がザカーズに不思議な影響力を持っていることは周知の事実だ。シラディスを見るたびに、ザカーズは物事にたいする把握力をなくすきらいがある。ベルディンのやつ、なにを考えているのかどうしてもはっきりと教えようとせんのだが、ひとりで悦に入っているようだった。けさ、ひと芝居打つ元気があるか?」
「そうでもないけど、なんとかやれると思う」
「ザカーズをちょっと刺激するのだ――やりすぎは禁物だぞ、だが、あおられてやつがこっちに脅しをかけるように仕向けるのだ。それを見計らって、わしらはシラディスを呼ぶ。それとなくやるのだぞ。少しずつザカーズを追いつめるのだ」老人はトスを見た。「ガリオンとザカーズが議論をはじめたら、わしから目を離すな」と指示した。「わしは口元を隠して咳をする。そのときがおまえの女主人が必要になるときだ」
トスはうなずいた。
「他のみんなにも話すのかい?」ガリオンはたずねた。
ベルガラスは目を細めて考え、「やめておこう」と言った。「なにが起きているのか知らないほうがみんなの反応柬埔寨旅行團も自然かもしれん」
ダーニクがかすかに微笑した。「芝居がかったことが好きなのは、ベルディンひとりじゃないようですね」
「もともとわしはプロの語り部だったのだからな、ダーニク」とベルガラスは思い出させた。「聴衆をリュートよろしく自在に繰ることができるのさ」
残りの人々が目をさまし、朝食が出されたあと、アテスカ将軍がテントに入ってきた。「皇帝陛下から、仕度をしておくようにとの仰せです。一時間以内にマル・ゼスへ出発です」
ガリオンはそれを阻止するためにすばやく手を打った。「皇帝陛下に伝えてくれ、きのうはじめた会話を終わらせるまではどこにも行かないとね」
アテスカは一瞬あっけにとられた顔になったが、やがてわれにかえった。「皇帝に向かってそんな話し方をする人間はいません、陛下」かれはきっぱりと言った。
「だとしたら、目先が変わっておもしろいと思うかもしれないよ」
アテスカは背筋をそらせた。「皇帝はただいま手がふさがっておられます」
ガリオンは椅子にもたれて、脚を組んだ。「持つよ」有無を言わせずに言った。「それだけだ、将軍」
アテスカの顔がこわばった。ややあって、ぎごちなく一礼すると、将軍は回れ右をしてひとことも言わずに出ていった。
「ガリオン!」セ・ネドラがあわてて言った。「わたしたちはザカーズしだいなのよ。わざと失礼な態度をとったのね」
「かれだって、それほどぼくに丁寧だったわけじゃない」ガリオンは肩をすくめた。「マル・ゼスへ戻るつもりはないと言ったのに、ぼくのたんだ。かれの注意をひくにはちょっと時間がかかることもあるようだな」
ポルガラはじろじろとガリオンを見ていたが、やがてベルガラスに向きなおった。「ふたりでなにをたくらんでるの、おとうさん?」
老人は片目をつぶってみせたが、答えなかった。
カル・ザカーズがやってくるまで、ほぼ二分かかった。かれは目を血走らせ、顔を真っ赤にしてテントに飛び込んできた。「どういう意味だ?」わめくようにガリオンに言った。
「どういう意味だとは、どういう意味だ?」
「皇帝の命令だぞ!」

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 18:24 | コメントをどうぞ

の後も相変わら

一九二三年七月十六日に、職人がその仕事のケリをつけてしまうと、わたしはイグザム修道院跡の館に引き移った。この建物を再建するには、実にうんざりするほど骨が折れた。住む人のいないままにうち捨てられていたこの建物は、外側の骨組以外には、ほとんど跡形も残っていなかったからである。が、その土地は、わたしの祖先が住んでいた邸の跡であったから、金に糸目はつけなかったのだ。この土地には、ジェームズ一世の御代《みよ》以来、だれ一人住むものがいなかった。そしてその御代に、行き届いた説明はいたしかねるが、じつになんとも恐ろしい性質の悲劇が起こり、この館の主人と子供が五人、それに召使がいくたりか殺され、その家の三番目の息子がこの事件の恐るべき犯人であるという嫌疑をうけたのであるが、この男こそ、わたしの直系の初代の祖先であって、この忌まわしい家系の血を伝えるただ一人の生き残りだったのである。
ただ一人生き残ったこのあと継ぎは、ひと殺しという汚名をうけて、遺産を国家に没収されたが、告発された当人は、申し開きをしようとか、あるいは財産を取り戻そうとか、そんなけぶりは少しも見せなかった。良心や法律よりも、もっと遙かに恐ろしいなにものかに、ひどく心をせきたてられるまま、自分の目に見えるところと、心に刻みつけられた記憶とから、その古めかしい建物の影を、ただもうふり払いたい一心から、十一代目のイグザム男爵ウォルター・ド・ラ・ポーアは、イギリスの地をあとにして、アメリカのヴァージニアへ逃げて行き、そしてその地で一家を築き、やがてこの一家の家名は、それから百年とたたぬうちに、デラポーアと呼ばれるようになったのである。
このウェールズのイグザム修道院跡には、そず人は住まなかった。もっとも、その建物は、のちにいたって、ノリス家の財産として指定され、その古めかしい独特の混合建築様式のせいで、大いに好事家《こうずか》の研究対象にはなったのである。じじつこの建物のなかには、サクソン風、ないしは、ロマネスク調でありながら、その上に、すっくとゴシック式の塔が突っ立っているところがあったり、またその基礎工事のほうも、それよりもっと古い様式のもの――たとえばローマ風、いや古代ケルトのドルイド教(古代ケルト族の間に信じられた一種の自然宗教)式、ないしはこの土地柄のウェールズ風のものであるとか、あるいはそういう様式がいくつかたがいにまじりあったものとかが、かわるがわる現われているところがあったのであるが、これは伝説というものが、本当のことを伝えるものであると仮定しての話である。土台はたいへん特異なもので、その一方の端は、そのまま足もとから、すぐ固い石灰岩の断崖になっており、この断崖のふちに立つと、修道院から、アンチェスター村の三マイル西にある荒涼たる谷間が一望のもとに見わたせた。
建築家や好古家は、この遠いむかしの奇妙な遺物を喜んで研究したが、土地の人たちはそれをひどく嫌がっていた。村の連中は、数百年前にわたしの祖先が住んでいた時代から、その建物をひどく気味悪がっていたし、住むものがないままにうっちゃっておかれたため、苔やかびのはえたこの建物をひどく忌みきらっていた。わたしは、自分が呪われた家柄の出であることを知ってから、初めてアンチェスターにやってきた。だからこそ今週、職人たちにイグザム修道院跡を爆破させ、その土台の痕跡をも取りかたづけさせているのである。かねてからわたしは、最初にアメリカに渡ってきた初代の祖先は、妙な嫌疑を受けたためにこの植民地にやっ

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 13:17 | コメントをどうぞ

散らかった庭に転

のところが崩れ落ちており、ほかの二つの塔には、前に時計の文字盤が付いていたにちがい

ない穴がぽっかりと黒い口だけをあけてい迪士尼美語 好唔好た。へこんだ切妻《きりづま》破風《はふ》の屋

根や、とがった切妻がぎっしりと密集しているところは、いかにもはっきりと、虫に喰い荒

らされたような感じがあったし、いまこの坂を走り降りて町に近づいて行くにつれ、町の屋

根は、大部分、落ちくぼんでいることがわかった。また広範囲にわたっPretty Renew 美容院て、寄せむね屋根や

、円屋根や、手摺《てすり》のある「見晴らし台」などのついたジョージ王朝風の家の立ち

並んだ一画もあった。これらの家は、おおむね海からはかなり離れたところにあって、その

なかには、ほどよく住めそうな状態の家が一、二軒あった。こういう家並みのあいだを通り

抜けてずっと内陸の方へ入いって行くと、廃止になった鉄道の、錆《さ》び抗衰老ついた、雑草の

生《お》い茂った線路が見え、今はもう電線もついていない電信柱が倒れそうになっており

、ロウレイやイプスウィッチの方に行くむかしの馬車道が、うすぼんやりとした線を描いて

いるのが見てとれた。
こういう荒れ果てた町の様相の一番ひどいところは、海辺に近いところであったが、それ

でも海岸地帯の中央辺には、小工場とおぼしい、かなり保存のいい煉瓦建ての白い鐘楼《し

ょうろう》が見えた。一面に砂で埋まっている港には、そのまわりをむかしの石の防波堤が

とり囲んでいた。そしてその防波堤の上に、漁師が二、三人腰をおろしている姿が見えてき

た。彼らの坐っている堤防の突端には、もとは燈台でもあったらしく、なにかその土台のよ

うなものが残っていた。この堤防の内側には砂州《さす》ができていて、その上に、老朽し

た小屋と、繋留《けいりゅう》してある小船がいくつかあり、えびを入れるつぼが取り散ら

かっているのも見えた。あの鐘楼のような建物の横を流れている河は、南の方へ向きを変え

、防波堤の末端で海に合流する地点以外に、深いところはないらしかった。
海岸のあっちこっちに、波止場の残骸が頭をだして、どこまでも老朽しつづけて行き、そ

のなかでも一番南に当たるところが一番ひどく荒れていた。海上遙かかなたには、波が高い

にもかかわらず、長々とした黒い影がちらりと見えた。その岩礁は、海面から、その上の部

分が見えるか見えないかぐらいしか出ていなかったが、それでもやはり、目に見えない妙に

不吉な感じを見るものに与えた。これこそあの〈悪魔の暗礁〉にちがいないと、わたしは思

った。それをじっと見ているうちに、ただ激しい反感だけではなく、なにか誘いこまれるよ

うな、妙に不思議な気分が湧くのを感じたが、気がついてみると、おかしなことに、その誘

いこまれる気分のほうが、最初に感じていた反感よりもだんだん強くなってくるのだ。
これまでのところでは、途上で人と行き会わなかったが、やがて車は、さまざまな荒廃の

段階を示している見捨てられた農場の横を通りかかった。するとわたしは、こわれた窓にぼ

ろをつめこみ、貝殻や魚の死んだのが、がっている数軒の人家を認めた。

ときおり、ものうげな顔をした人々が、荒れ果てた庭で仕事をしたり、魚くさい下の海岸で

、蛤《はまぐり》を掘っている姿が見かけられた。また猿みたいな顔つきの子供たちがかた

まって、雑草のボウボウと生い茂った戸口のところで遊んでいるのも見受けられた。どうい

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 13:24 | コメントをどうぞ

トユをむんずと掴

猫を押さえつけて口でバタバタ動く雛を傷つけないように取りだし、
隔離部屋を作り、タオルや毛糸で巣を作り、そこで成鳥になるまで
育て上げねばならんのですnu skin 產品
小さな注射器に水でふやかした雑穀を入れて、バタつく雛の口を
2人がかりでこじ開け、餌を少しずつ注射器で押し込む。
生き餌もやらねばならず、毎日草むらに行っては小さなバッタを
捕まえてきて口に押し込む。
これを毎日続けねばならず、ほんとにもう大変なんで牛熊證剩餘價值す。
夜明けからピーピーひっきりなしに鳴くから朝もおちおち寝てられない。
ピーピー鳴けば猫が反応してニャーニャーうるさい。
朝の5時からバッタ探しに出掛け、息子がバッタを与える ( 私には無理)。
バタバタと羽を広げて動くようになれば、ベランダで飛ぶ練習をさせねばならぬ。
雛を狙ってカラスもやって来るし、カラスを追い払い、猫から守り、
仕事に行く前と仕事から帰ってきたらひっきりなしに餌を与え、
餌の時間があるから残業も出来ず、1ヶ月以上雛中心の生活なんです。

こうやって育てた雛が巣立つ時はもう感動。みんな飛んでいPretty renew 傳銷った姿を
見ながら大泣き!

何年か前に2階のベランダで飛ぶ練習をさせてた雛が着地する時に
ベランダの角の廃水のトユの穴にスポッと入ってしまったことがあり、
私と娘は大騒ぎ。
近所中響きわたる大声で「ギャーっ!! ピーちゃーんっ!! ピーちゃーーん!!」と
半泣きで叫び、 穴に手を突っ込んだもののピーちゃんはトユの中ほどで
ピーピー鳴いて詰まっとる。
あわてて1階へ降り、庭へ走り出て、み、思いっきりトユを
揺さぶりバキッと折りピーちゃんを救出しました。

ピーちゃんは無事に巣立ちましたが トユの修理代20万円也… 。
ほんとにもう何やってんだか…。

我が家の猫はとてもどんくさいのに、ツバメ以外にもヤモリやトカゲ、
子ネズミなど、いろんなモノを捕まえてくる。
ヤモリやトカゲなど「もうこれ以上切る尻尾はありません」てとこまで
尻尾を切って逃げ回り、尻尾だけがチロチロ動いてるし本体はタンスの
後ろとかに逃げ込むし、タンスの中身を全部出してタンスを動かし救出する
(中身が入ったままだと重くて動かん)。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者enexcsq 19:06 | コメントをどうぞ