バックハンド

 バックハンドどうやっても打てない人に特徴的なのは、前足(右利きのバックハンドの右足)を踏み込んで乗ってしまい前に倒れるような形になることです。
それからターンがない人も多いです。
ターンしても右足に乗って回る人もうまく打てません。
後ろ足が浮いている、後ろ足が早く前にくるのが直すべき目安になります。

足の使い方は我が国のスターのバックハンドをご覧ください↓

つまり軸足の方に起こすというか戻るような動きをすると上手く打てます。
カカトから股関節の動きの面でもめちゃくちゃ理にかなっています。
起こす時にラケットを走らせるのがコツで、横のボールでも起こしながらピポットするフットワークもあります。
遠すぎて足裏が地面を押せなければもう打てないのでその時はスライスに変える必要があります。

小手先でスピンをかけようとしてもできなくて下半身からの使い方を覚えなくてはいけません。
細かくいうのはよくないのでこれらのことを簡潔に2つくらいのワードで伝えるようにしています。
僕の生徒達で出来ている方はしっかりトップスピンがかかって放物線を描きます。
これなら長く打つこともアングルで外に出すボールも打てますよね。

シングルならスライスだけよりよりコートを広く使えて作戦が多くなるし、ダブルスでは前衛にチャンスきますよ。
他にもフェイスアップなど打ち方がありますが今日はこれくらいで。

最後にズベレフとジョコビッチもどうぞ

僕も試合ではアレーまど回り込んでフォアを打つのでバックハンドはスライスばかりですが教えてて良くなったのでプレイスタイル変えちゃおうと思います。
(そこまで回り込む体力もスピードもないだけだけど…)

カテゴリー: 技術 | 投稿者けんぱ 22:32 | コメントをどうぞ

ボレーの足

 ボレーのラケットワークの話は今日は置いておいて足の話を軽くしようと思います。

足のせいでボレーできない方はたくさんいます。
僕が好きなダブルスプレーヤーは3人いて(カバル、マレー兄、マルクロペス)のうちこのマレーお兄ちゃんをご覧ください↓

動画でも軸足を大きめに出して遊脚は流してるだけなんですが、みんなこれを間違えちゃうんですね。
遊脚を強く踏み込み足に使うのは間違いです。
軸足さえ地面についてさえいれば人間は充分パワーが出るんですね。
実際は遊脚はやらせてあげれば大丈夫です。

それに実際には強く踏み込んでボレーするようなシーンもほぼありません。
ボレー対ストロークのような練習でも遊脚をいちいち踏み込むようなやり方はうまくいかないことがわかるはずなのにいちいちやってしまう。

一回一回がいちいち力んで上手くいきません。
一生ボレーに苦しむことになっちゃいます。
ラリーのスピードが速くなったらついていけませんよ。
流れるような動きの中にコンタクトがあるようにしないと。
できるとボレー楽しくなります。
世界一のカバルのテニスも観てください↓

明日はバックハンド苦手な人の見落としがちな理由について書きたいと思います。
疲れて娘達の寝かしつけで寝なければね(・Д・)

9時から12時半まで2本と13時から15時までです。
そのあとは娘達をテニスと公文に連れて行きます。
夜ご飯はもう作っといたから少し楽かな。

カテゴリー: 技術, 日記 | 投稿者けんぱ 01:56 | コメントをどうぞ

新しいスマホ

 スマホを約4年使ったiPhone6sから最新のiPhone11に交換しました。
4E5CEEFF-440B-4BC2-828A-6D3F1B1FA208
お風呂に何回か落としたりしましたが不死鳥のように復活してきた優秀なスマホでした。
格安SIMで月々2000円台に新しい機種のローン3000円。
それでも以前の王手キャリア契約の時よりも安い。

これで動画や写真撮りまくるぞー

テニスの動画も撮りたいですね(^^)

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 02:36 | コメントをどうぞ

ポリのテンション

 ストリング。

今日は明日渡しのが2本。
グランメゾン東京の録画を観たい、ザ漫才の録画も観たい!!その気持ちを抑えて仕事終わったら観るぞ!と思うと集中力が上がりました。

さてそんなストリング のどうでもいい話。

ポリもナイロンもナチュラルも張りたてがもちろん最高ですが、段々と感触が落ちていきます。

特にポリは当たり前ですけど、ボヨンボヨンになるのが早くてそのせいで余計に飛んでしまい入るもんも入りません。

僕が1大会中にMAXで張り替えたのは山梨オープンと新潟じょんのびオープン。
グレードは50万でしたが準決勝まで行って8から10回張り替えました。
毎試合終わってから張り替えに出したり試合前に張りに出して試合中届けてもらったりで金かかりすぎました。
山梨の時は当時ヨネックス からいただいていたのでナイロンの1.32(当時ポリツアーが出る前でヨネックス にポリかなかった…)が30分くらいで切れていました。

余談ですが宿代はオール車中泊で浮かせ、ストリング張り代が2万程、帰りの山梨県北杜市から高速は使わず高速代5000円を浮かせ、移動オービスにやられ1発免停。賞金も吹っ飛び張り代と違反金、免許の講習費で莫大な出費になりました。

新潟の時はレッドコードが毎試合中2本切れてましたね。
思いっきり擦って振り抜いてました。←つぶせよ…

そんな感じで緩む前に切れてたからルキシロン使おうが何使おうがテンション維持がいいなんて謳い文句は僕には関係なかった。

ところが今はハードにプレーすることがほぼないのでもちろん使いませんが1ヶ月は切れないんじゃないかな?
レッスンでは気分で色んなポリ使ってます。

さて本題ですが、

張りたて最高→緩むポーンと抜ける→(そこを乗り越えるとと)また硬くなり使えるように!復活→完全ボヨボヨ

となります。

まあ劣化して飛ばなくなって逆に収まるようになったんでしょうが試合じゃなきゃ使える。

おそらくポリだけだと思うけど。
同じ事を言ってる仲間もいました。

なんか深く掘り下げ過ぎて余計なこといいそうなのでここらで失礼します。
スマホもついにイカれ始めましたし買い替えないとダメそうです。

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 01:15 | コメントをどうぞ

直さないと

 生徒の皆さんと違って僕はあまり練習できるわけではありませんが、やはり課題は自分がガンガン攻撃してない時のプレーです。

打つか少し下がってスピン多めしかないのであまり下がらずにしっかりボール潰しながらラリーしたいなー
この2人みたいに

この2人の試合はテレビで観ると一言でいうとつまらないんです。
練習してるみたいで。
ただラリーしてるだけみたいで退屈。
だけど実際にはこの動画を観ればわかりますよね。
当たり前なんですけどブレないしミスらないしクリーンだからただラリーしてるように見えるだけ。
両選手とも世界一ですから穴がなくて精度が高すぎる。

試合があるわけじゃないけど自分も悪いとこ全部直して、球に追いつけないとかそういうの以外は原因をなくしたいです。

教えてても生徒にはミスしそうなとこあやしいとこ、試合で使えなさそうなとこは全部注意して練習してもらってます。
グループだと重点的に個人にやってあげられるわけじゃないけどね。
そのままにして何年やっても弱点は変わらないしたいがいそのショットがそのままにしていて上手くなるのは見たことがありません。

何年か振りにレッスンに来てくれたとか別のとこでやってたけど戻ってきたとかで弱点が治って戻ってきたのは未だかつてみたことがないです。
もっとぶっ壊れたりしてる場合もある。

だから早めに直さなきゃ取り返しのつかないことになるんですね。
逆にこれはこのまま練習していけば安定して面白くなるだろうと思ってたらやっぱりっていう嬉しい場合もあるけどね。

自分が見れる時にできるだけいい方向にもっていってあとはそのままテニスしてくれればどんどん入っていくでしょというのがいつも心がけていることです。

ただ生徒さんの考え方がちょっと違った方向に行ってる場合も多くてなかなか難しいです…。
子供相手じゃないから一方的に言えないし逆にその自信はどっから湧いてくんだ?って場合もあるし、上には上がいるのは百も承知だけど僕の経験と勉強からその人の為と思って言っても伝わらない人もいる。

俺は俺のやり方で精一杯レッスンする。
良いことにはいいと言い、おかしいことにはおかしいと言う。
別に嫌われてもいい。嘘は言わないし取り繕わない。
ちゃんと伝わるはず。
めげずに頑張ります。

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 02:04 | コメントをどうぞ

また雨

 また雨だった。

ところが娘2人共体調を崩し、誰かに預けないで1日看病できた。
2人共お腹を壊して何度も何度もトイレに行かなくてはいけません。
荒れちゃうから毎度シャワーで洗ってあげないといけないし食べ物も食べてくれない…

心配になりますが元気は元気で神経衰弱で遊んだり本を読み聞かせたり色々遊ぶことができました。

次女はボーリングに行きたいと連呼してました…。

親としてはいいから寝てくれ〜って( ̄▽ ̄;)

僕も明日は働きたいです。

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 00:45 | コメントをどうぞ

ザ.ビースト

 マックスミルニーが錦織のコーチに!

ミルニーがフルタイムでチャンがパートタイムなんですね。
F94DBA50-30B3-4FA7-B38E-A6C87451B7C1
ミルニーがシングルの時はかなりネットプレーが多いプレーヤーでダブルスではグランドスラム取ってる選手。

僕の印象だと冷静に黙々と試合するメンタルの強い選手。

ヒューイットとUSオープン優勝した時もペアのヒューイットが「カモンっ!」吠えまくってるなか冷静にプレーしてたのが印象に残っています。

練習も真横でじっくり見たことがありますがやはりネットでまくってましたね。
ちなみに大好きなモヤ(現ナダルのコーチ)と練習してたので見てた。

ビックサービスとネットですが錦織とプレースタイルは違うけど関係ないか。。

今年だとティームがニコラスマスーと組んでインディアンウェルズ、ウィーン、ATPファイナル準優勝などなどと躍進したみたいに錦織もまたトップ5くらいいってくれないかなー?

今日は動物園に行くはずが次女が39度以上の発熱…

事情を説明してもそんなのは関係なく「パパだいっきらいっ!」を連発する長女を連れてテラスモールへアナ雪2を観に行ってきました。
かわいそうだしね。
57C82FC0-10A3-4906-BAC9-C59322EB0B0A
物語はとても面白かったしあのエルサの歌も素晴らしかった。
なんかリアルになってたしIMAXもすごいしやっぱ映画館はいいなと思いました。
やたら前半歌ばっかりで飽きそうなとこ後半は面白かったです。

明日次女は回復するでしょうか…

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 21:53 | コメントをどうぞ

やっと晴れ

 やっと晴れましたね!
寒いけど気持ち良かったです。

先週から
金曜日4レッスン中止
土曜日午前中3時間レッスン午後1レッスン中止
月曜日午前午後開催
火曜日3レッスン中1レッスン中止
水曜日3レッスン中2レッスン中止
木曜日3レッスン中1レッスン中止

という感じでした。
できたレッスンも雨に濡れながらで特に木曜日は周りにテニスしてる人はあまりいない中頑張ってくれました。

水曜はどのニュース番組やネットの予報でも午後から雨や夕方から強く降る予報でしたが朝から雨でした。
朝のレッスンでは(コートがハードの上に敷いただけの人工芝だったので)水溜りできるわ雨宿りしたりしながらでたくさん練習させてあげられなかったので申し訳なくなり、午後のレッスンも早々中止を決めたのですが、全く降らず…。
雨の中レッスンで寒いといけないしまた雨宿りしたりさせるのが申し訳ないと思って中止にしたのに天気予報あたらないですね。
やっぱり予報で早々判断はやめようと思いました。
確実にできたレッスンでした。

明日も晴れるみたいで土曜日は午前午後両方レッスンを引き受けることは基本的にないですが雨の振替で頑張ってきます。

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 01:44 | コメントをどうぞ

決め事

 今日も雨にやられました。

もう散々だ。夕方から雨じゃなかったの?

逆に夜はナイター練習に行くことができました。

決め事をして臨みました。

球の質やペースは落とすことなくミスを減らす

できんの?!やれたらやってるよね?

と思うが僕のミスは際どいところを狙い過ぎてしまうことなのでやめればいいだけ。

でもできなかった…。
我慢できない。
エグいコースばかり狙ってしまう。
ほんと直らない。

それから差がつくと遊ぶ。
というかファンタジーなショットを選択するようになる。
負けてると粘ってミスを減らして追いつきにいくが追いつくともう変えてしまう。
この癖や性格が治らない!
大事な試合でもやってきた。

日常でもそう。
余裕があるとダラダラしてあとで慌てたり、とにかく切羽詰まらないとやらない。
逆に追い詰められてると頑張るんだけど。

今月も雨だらけで大ピンチだ。
でも何もやりようがない。
またラケット売るしかない。

まあとにかくコートでこの性格が直らない限り僕が強い選手達に勝つことはないでしょう。

ただ今日の練習ではストロークの感触は良くていいショットは打てていたし、バックハンドに大きな発見があった。
レッスンは何本も潰れて大きな額がぶっ飛んでるけど、もしそのお金でバックハンドが打てるようなったとしたら安いもんだ。

例えば10万でフォアが開眼したら安いもんだと思う。
毎月お金払ってレッスン通ってほとんど変わっていかないなら全然安いもんだ。

と自分に言い聞かせて仕事がなくなっているショックを和らげている。

明日はできるかな…

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 01:19 | コメントをどうぞ

パンチ

 今日は午前レッスンは中止で午後は2本できました。

今日のレッスンだけでなく感じることですが、自分がやりたいそれぞれのレベルに応じて動けない(用意できない)人はどうしてもミスしてしまいます。

例えば市民大会上位を狙いたいとしてもその上位選手のプレースピードやボールのスピード、展開のスピードに動きが間に合わなければ当然余裕がないのでミスしてしまいます。

僕は生徒にものすごくクイックに動けとは言っていません。
自分が普段プレーするレベルに対応できるだけの、
準備の早さと動きの早さができなくてはいけません。

たいていミスは遅れのせいです。
無駄な動きや不必要なフットワークの多さ不必要な細かさ、無駄な力の入れによる遅れ、無駄なタメ
余計な動作を省いていくことを練習しながらのレッスンが今日は2本続きました。

そしてたくさんの生徒さんを教えさせてもらってますが上達に差があります。
練習量や環境面は置いておいて大きいのは理解力と練習してることをいかに普段心掛けて実行してるかということかと思います。

「負けてもいいから言われた通りやろうと思って。」みたいなフレーズが出る場合がコーチしてるとあるのですがそんなこと言う人は一生できないでしょうね。

ほんとに勝つつもりでやって初めて発見があるもので負けてもいいという気持ちでやったものに得るものはないと思います。
だいたい勝つ為に教えてるし。

例えばです。

短いボールがきてコートの中に入って積極的にネットを取る練習をしたとします。
試合になったらロブで抜かれてしまう。

作戦が悪いんでしょうか?相手がロブ上手いんでしょうか?
違うよネットに行くショットがダメダメなんでしょう。
いいロブ上げさせないように工夫すれば良いでしょう。

当然女子ダブルスだとパワーが男性よりないからロブ上げられてしまうんです。
だけど球速くなくたってロブを上げにくくする方法はあるし考えて欲しいです。
負けてもいいから出るなんてやってるから学ばない。
勝つつもりだからギリギリのところで見つけることができるんです。

ボディの方向にアプローチするとかゆっくりめのスピンではねさせるとか、スライスで低くするとか浅くするとかなんでもあるでしょう。
これすら思い浮かばないで何度もロブで抜かれてるなんて人はいないと信じたいです。

さて今日は保育園で長女がパンチされて目の周りが少し赤かった。
聞けば毎日誰々に蹴られた、頭突きされたとかそんな話ばっかり。
そろそろ我慢できなくなりそうです。

僕も毎日のように聞かされるので「殴り返してやりなさい。」と言ってみると「やり返したらいけないんだよ!」と娘達に僕が怒られるのです。

娘達が乱暴されてると聞いて悲しくない親はいないでしょう。
どーしたもんかね。

カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 00:22 | コメントをどうぞ