ご無沙汰に投稿です。

 ほんとに久々の投稿となります。新年度が始まり、春関(インカレを決める大会)が終了しました。本校からは、シングルスに本多(体育4)安藤 徳光 柿本(体育2)ダブルスに 徳光・仁坂(体育2)柿本・山崎(体育2・1)のシングルス4 ダブルス2が出場。昨年から見ると大幅に(シングルス2ダブルス1)ボトムアップ。本来ならば、まだまだ、狙っていただけに正直残念な部分も有るが、個々に、チームにと考えると年々向上が見えるのでよしとしたいと思います。本戦での結果は、3回戦に安藤のシングルス、2回戦に、徳光 仁坂のダブルスが進出したのみ。インカレ選考に安藤が近大の1年生に奇しくも敗退し、インカレの道は来年以降に持ち越し、他の選手も同じく持ち越し。狙って結果を得るにはまだまだ、我々の実力、底力の無い証拠。まだまだ、やる事は山積み。

 そんなことをよそに、春関の本戦を逃した猛者が関西チャレンジに奮闘、Spain future wc選手権に本校からも10名(本多、安藤、徳光、柿本、仁坂、中村、染谷、辛島、野口、山崎)が参加。関西チャレンジでは、中川(体育2)、山村(体育1)がベスト4シングルスに進出。他にも、仁坂も良いテニスをしていただけにベスト8止まりは残念。それぞれ、部員の思いの有る中(伸び悩みや、思うようなテニスが出来ない中)でのチャレンジでタフな試合数をこなし、自信をつけたもの、そうでないものと様々。Spain Futures も同じく。8月の夏関で大暴れしてもらいたいものです。

うれしいニュースも、、、、安藤(体育2)が、香川県の国体選考で、瀧本(立命大)、寒川(法政大)に勝利し、白井(日大)には惜敗したが、1位通過(見事です)これまで、テニス人生の中で一度も勝利した事の無い選手、しいては、高校の先輩で関東1部(法政大に進学した)の強敵を打破した事は、今後に繋がる1歩になることでしょう。

私は、12月に有るはずの学会が、6月に移動した為、岩手大学でのテニス学会。総監督の梅林先生、M1修士の川上T と学会発表。今後の体育系大学の使命(ジュニアテニス選手のパフォーマンス向上に関する要因)に関して発表してきました。

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 22:37 | コメントをどうぞ

新年度突入

 新年度突入し、現在は1週目のオリエンテーション真っ最中です。テニス部も新入生を迎えチーム層も厚くなり皆、切磋琢磨しています。今週末からインカレにつながる重要な大会(春関予選がスタートします)まずは、昨年よりも多くの本戦出場者、インカレを見据えた、トレーニング、練習をきっちりやっていきたいと思います。先日は、Intelligence Coaches Programに参加し、現代のテニススタイル、それを見据えたトレーニング(Jr期からの)に関して、アンテナを張りに行って参りました。体育系の大学においてこれからの世代のコーチにとって(ジュニアを育成する)一つの材料としていきたいと思います。

ゼミ(研究室)のサイト更新しました。
宮地研究室

テニス部(新入生更新しました)。
大体大テニスHP

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 10:44 | コメントをどうぞ

関東遠征終了

 大体大に着任し、2年目の関東遠征が終了した。2/年実施する(春・夏)中で、毎回テーマを持ち望む。春よりも夏、夏よりも春にかけて個々のスキル・チームのボトムがアップしていることが伺える。今回は、慶応、日体大、日大と(指導者が居る大学)3校対抗戦、マッチ練習を行った。各チームともにほぼフルメンバー(インカレ上位選手、インカレ選手)で対応してくれて、非常に感謝している。特に、競ったゲームを展開、インカレ選手への勝利等、練習試合とはいえこのような経験は大きい。関西の上位でも自信を持ちプレー出来るであろう。勿論その中で、勝ちこした選手、負け越した選手様々。そこは、特に問題ではなく、問題はこの3日間で何か1つ何かを得る事である。毎回感じる事はミスしない、ミスが早い、当然戦うステージが違う選手が多いので、ミスは出て当たり前。問題はなぜミスしているのか?(プレッシャーをかけられての焦り、打ち急ぎ、など、、、)そこを理解することが大事である。基本的なベースを上げ、(まだまだ、けがへの意識普段のケア、、食事、睡眠、ケガの原因など)インカレで戦うステージを目指し、チームとしても”1部へ復帰”(昇格ではなく、、)簡単な事ではない、簡単なことではない、チーム力の底上げ(立ち振る舞い、言動や行動)→ そんなことをしながらも、あと2、3日で新入生が入学。まだまだ、課題だらけであるが1つ1つ4月に向けて準備してゆきたい。

練習試合の結果大体大テニスhP

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 21:37 | コメントをどうぞ

大体大学内合宿終了(男子部)

 15日〜18日にかけて、男子部大学内合宿終了しました。 本合宿のテーマは『70%』 個々のベースアップを(年間通じて)図る為に、とにかくマッチ練習を数多く盛り込んだ(新一年生も参加)。日々変容するパフォーマンスを 体力が続かない、調子が悪い、ハード面での因子を 理由にせず その時で出来るパソーマンスを最大限に発揮させることを目的とした。(勿論、人間の形成、特に体大における特性を掲げ、実践型のコーチングを現場で獲得する為に、予備、予行演習はばっちりのはずです。(データを生かす、練習の創意工夫をこらすなどなど、、)皆、身体にむち打ちいい雰囲気で実践できたことと思います。明日は一日オフをとり、身体を休め翌日からの基本の反復を行っていきたいと思います。

 さて、私は今週末より 福岡へ選抜視察に向け移動し、そのまま、新2年生から4年生の関東遠征へ引率します。身体には留意してじっくりいきたいと思います。では、、では、、

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 21:54 | コメントをどうぞ

今年度もあと少しで終わり

 先週、新進テニストーナメントが終了した。(7名が本戦でプレイ)(昨年はダブルスで1組)だけを考えるとこの、2年で大きく変わろうとしている。結果はシングルスベスト16に本多(体育3)安藤(体育1)、2Rに徳光、柿本、仁坂(体育1) 1R 中村(体育2)。ダブルスは 2R 徳光 仁坂(体育1)、1R 田中 中村(体育2)という結果に終わった。シングルスベスト16の2人は、高校時代はエリートの部類に入るのであろうか???(勝手に私の判断であるが、、、こんちくしょう的な根性論← 今時はやらないと言えばそうかもしれないが、、実際 学問、研究も効率的な方法論は有るが、基本 根性も必要だと自分で勝手に思っている。)第6シード 加藤(関大)前回準優勝の高木(近大)にそれぞれ勝利。関西のトップに勝利したことは非常にすばらしく、名前に負けず同じ土俵で戦えたこと、成長を伺えた。次のラウンドもチャンスもあったが、フィジカルに難あり、思うようなプレーが持続できなかったようだ。このレベルで慣れる事が必要だし、(このフィジカルは厄介であり、自分自身の経験でも、アップセットを120%出し切り遣り切った翌日の試合は、股関節が肉離れしたような、日々のトレーニングでどんなに追い込んでも、この痛みは無いぐらい厄介な物で、、、交通事故で歯を食いしばりすぎて、ものすごい筋肉痛(打撲のような)痛みと表現した方がいいかもしれない。(ゲームでの緊張感、普段とは異なる空間での動きに身体を慣れさせるしかない。)日々のトレーニングや練習での考え方も改善してくれるであろう。(気づき)他の選手、ダブルスもそれぞれ、収穫、課題、発見があり、4月の春関(インカレ)に向けて精進してほしい。まだまだ、1部、王座で戦うチームには意識を改善してゆくことが必要であり、今月の関東での遠征でもそれぞれ、考える時間となってくれればよいが、、、この恵まれた施設やコーチング研究、体育学など様々なソフトをフル活用することが上達に繋がり、しいては、エキスパートな(体育教員、コーチ、トレーナー)人材になることには他の大学には『ない』環境であり、自分としてもうらやましく思うこのごろである。

TAIDAI Tennis

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 19:06 | コメントをどうぞ

新進戦予選終了

新進の予選が終了し、シングルスは6名(うち本直2名)、ダブルスは2組が3月1日からの本戦へ出場する。実際のところ、もう少しの本戦への切符を手にしたかったのは、本音であるがとりあえずは最低目標はクリアできた。(スキー実習等で練習が満足できない状況であったが、とりあえずはというところで)(某大学も不参加、4年生もいないという点では非常にチャンスであったが、現実狙って上がる、なし得るというには、簡単なことではない)
 今回の新進は、来年のインカレを決める(春関本戦)トーナメントに大きく関係する。ここで、どのくらいポイントを獲得し、ランキングを上げて行くかがキーとなる。大会前のミーティングにおいて、年間の目標、2−3年後の目標設定をし、そのためにどのくらいのポイントが必要であり、そのための練習やトーレニング、個々の得意 不得意の強化を掲げさせ、現実的な実際を可視化させた。チームの目標としても今年は何としても1部復帰、来年は、王座に出場するチームとなるならば、本戦においての上位進出が必至である。今週から、来年度の入学生が練習参加し、4月からよいスタートを切れるようにしてゆきたい。

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 19:52 | コメントをどうぞ

スキー実習

昨日より、10日まで菅平にてスキー実習です。昨夜は、教員と学長先生のすべてで懇談会?でした。今日は、ラングラーフ(午前) 午後はゲレンデ トレーニングです。あさってより学生が実習です。

先日は 神戸学院と 立命館と練習マッチ。それぞれの課題が浮き彫りです。まだまだ、個々のベースをアップしなければなりません。

31日アウェーで神戸学院と練習マッチ 15勝 19敗
(ダブルス)
本多・柿本 (4)6-7.3-6 西川・福本 負け
田中・中村 3-6.6-4.8-10 川井・坪内 負け
仁坂・徳光 6-2.6-3 比嘉・水田 勝ち
辛島・森 0-6.4-6 前川・佐藤 負け
出来・山本 3-6.4-6 澤・永田 負け
佐藤・染谷 3-6.4-6 安井・鶴田 負け
仁坂・徳光 5-7.3-6 前川・佐藤 負け
辛島・森 6-2.6-3 西村・坂口 勝ち
田中・中村 7-6(5).7-5 松折・三村 勝ち
出来・山本 1-6.2-6 鶴田・安井 負け
本多・柿本 (4)6-7.6-4.8-10 村田・東川 負け
佐藤・染谷 3-6.6-4.8-10 川井・坪内 負け
安藤・中川 1-6.3-6 前川・佐藤 負け
(シングルス)
徳光 6-3 佐藤 勝ち
田中 4-6 澤 負け
仁坂 6-4 水田 勝ち
辛島 5-7 比嘉 負け
佐藤 6-0 徳野 勝ち
山本 0-6 西村 負け
染谷 (5)6-7 安井 負け
出来 4-6 水田 負け
本多 6-3 坪内 勝ち
柿本 6-4 川井 勝ち
徳光 7-5 東川 勝ち
佐藤 6-2 三村 勝ち
仁坂 6-2 石川 勝ち
田中 4-6 鶴田 負け
柿本 6-4 石川 勝ち
山本 2-6 松折 負け
中川 6-4 水田 勝ち
出来 2-6 村田 負け
辛島 4-6 坂口 負け
安藤 6-3.5-7.10-6 西川 勝ち

2月3日 立命館 24勝 11敗
【シングルス】
中村 63,62 河西 勝ち
柿本 62,62 榎本 勝ち
本多 75,60 高橋 勝ち
山本 64 栗栖 勝ち
柿本 60 宇田 勝ち
徳光 63 高橋 勝ち
仁坂 63 榎本 勝ち
山本 26 里 負け
佐藤 61 市川 勝ち
染谷 46 古川 負け
丸谷 62 川手 勝ち
辛島 26 中山 負け
山本 63 増田 勝ち
仁坂 75 中山 勝ち
染谷 57 市川 負け
柿本 16 高橋 負け
安藤 46 瀧本 負け
山本 64 川手 勝ち
佐藤 62 河西 勝ち
中川 (1)67 宇田 負け
辛島 06 古川 負け
中川 75 西野 勝ち
本多 62 榎本 勝ち
山本 06 宇田 負け
佐藤 46 松本 負け
【ダブルス】
本多・柿本 75,36,10-5 榎本・高橋 勝ち
徳光・仁坂 26,62,10-7 西野・瀧本 勝ち
中川・安藤 62,63 中山・宇田 勝ち
辛島・森 64,63 川手・里 勝ち
丸谷・山本 63,64 増田・栗栖 勝ち
佐藤・染谷 64,16,13-11 古川・市川 勝ち
中川・安藤 57,61,10-6 西野・瀧本 勝ち
中村・丸谷 64,76(6) 松本・河西 勝ち
徳光・仁坂 64,63 中山・宇田 勝ち
佐藤・染谷 63,75 川手・里 勝ち
辛島・森 36,26 古川・市川 負け
中村・丸谷 61,62 増田・栗栖 勝ち

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 08:13 | コメントをどうぞ

新年既にスタートしております

 さて、2016年も既にスタートしておりますが、あけましておめでとうございます(かなり違和感感じてますが、、、更新しようと思い、ずるずる日がすぎてしまいました)。大体大のテニス部も7日よりスタート。私は、ユニバーシアードの合宿が7日からスタートしたので、12日〜体大のスタートです。授業も再開し、平行し部活も各運動部で始動はじまり、いよいよ、3年目を迎えようとしています。昨年は、プライベートでも色んな事が起き、(現在も進行中ですが)1つ1つなすがままに(自分の意志では変える事が出来ないので)行くしかないように感じています。そういう歳なんでしょうか、、、

 毎年、ユニバの合宿もこの時期に測定(体力測定)や座学(コーチング、人間形成)を行う訳ですが、年を追うごとに当然そこで携わる代表選手は変わり、チームを巣立っていった選手達も、この時期は全豪ですが、ツアーへ飛び立つ姿を陰ながら応援する事が1つの楽しみでもあります。女子は、今回 土橋フェドジャパンに青山選手も代表入りしました。男子も、吉備、仁木両選手が、200番台から300前半に位置し、楽しみな情報も耳にします。大学生頑張って(OB)も欲しいものです。今年は、全豪本戦に男子は5人、女子は4人と非常に楽しみな大会となりそうです。

 話変わり、体大チームも次の新進に向け練習をスタートし、春の関西学生→インカレにつながる しいては、1部昇格する為にまず、年間通じて65−70%の個々の力をコンスタントにパフォーマンスできるよう、『言い訳無し』『体力が全て』をキーワード的に 安定した力を獲得する為に 1からやり直しです。 彼らのポテンシャルを引き出せるよう更に追求してゆきます。

 個人研究室のHP始めました。ゼミや研究 授業についての情報交換です。この時期はゼミ論等でバタバタです。(精神的にも、肉体的にも)→  クリックしてください! 大阪体育大学コーチング系 宮地研究室

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 19:50 | コメントをどうぞ

今年もあと少し

 以下 PC表示で閲覧ください
この度、研究室のサイトあたらしく解説しました。http://www.miyachilab.net
大阪体育大学 コーチング系 宮地研究室

エクスプローラーは正しく表示されないことがあります
ブラウザーはCromeをご利用ください。

今年もあと少しで終わります。 部活においても、今年はほとんど休み(大きな)がなく、この期間しっかりとリフレッシングし、来年1年間の体力英気を養ってもらいたいと思います。今年度の年末関西学強化合宿も終わりました。今回は、オンコートは亜細亜大学の堀内先生(私の恩師でもある)と、私。座学は同じく、堀内先生(コーチング論)と梅林先生(トレーニング論)園田学園女子大のフィットネストレーナー山本氏(限界突破)、体力測定は、大体大の院生(梅林研究室)と毎年、盛大に上位、下部校 昨年は、ユニバチーム、各地域学生、今年は関東からも数名参加。私は、フットワークに関係する練習メニューを実施しました。フットワークはとても大事です。特にテニスのフットワークは多様性、動的複雑系で、研究的側面から見ても現場のコーチングから見ても分析は難しい。どのような足さばきをすれば、<いい>というのは実際なく、定量化するには困難な側面がある。まあ、その瞬間に最適なポジション確保、最適なインパクトを迎えるために選手が選択すればいい話ですが、ある程度定量化することにより、ジュニア期(特に12歳くらいまで脳神経系が発達する)の指導コンセプトを明確にする必要性は感じています。また、体育大においてもジュニア期からの指導方法論を体系化し、エキスパートな指導者、コーチを育成するのも我々教員、コーチ、監督のマターです。

 昨日、アドバイザーも務めるサントピアテニスパークのジュニア指導に行ってきました。その際に、フットワークのデータを取らせてもらいました。(コーチ、選手)この年代U12-14は身体もしっかりしてきていて、2か月見ないとびっつくりするほど成長している子もいます。しっかりとけがしない身体つくりも必要です。年末ですが、ばたばた続きます。明日は、志津テニスクラブに行く予定です。

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 15:10 | コメントをどうぞ

雑感

体大テニスHP

さて、またまた久々の投稿となります。先週は、家族にとっても受け入れがたいことが起きてしまい、未だに身辺整理ができません。そんな中でも生活や時は同じ時間で進み一つ一つこなさなければなりませんし、前を向いていかないといけません。今週は、実技推薦試験も終了し来年度更に期待出来ることとなるでしょう。
 さて、本日関西学生地域テニストーナメントが終了し男子は、シングルスベスト4に 1年生の安藤、ダブルスベスト8に2年の中村・柿本組、1年の徳光・仁坂という結果でした。特に男子シングルスは、6Rに キャプテンの本多、1年の柿本と昨年の成績を大きく上回りました(昨年はシングルス5R1名のみ)6R進出からポイントが入るため、来年2月の新進テニストーナメントに向けて収穫のある大会となりました。今年の春からの個人戦、リーグ戦で皆成長し、今年の残りのトーナメントが楽しみであり、来年への期待も膨らみます。
 しかしながら、来年インカレに出る為には=1部へ昇格すること、最低でも50−100ポイントが必要(今年度のランキングをベースとするなれば、)となると、新進ではベスト8を狙って行く事が必要になるでしょう。また、リーグ戦で1部に昇格する為には、まだまだ、関西のランキングに載る選手を出していかねばなりません。または、ランキングも60番台を目指していき、そこで必要なスキルを各自が把握してゆくことも必要です。ブロ決勝ではまだまだ、本戦に上がる選手をまだまだ出さないと、到底そこには辿り着かないということを皆が認識し、今やるべき事に取り組むことが必要でしょう。今年残るは、関西ミニリーグ戦、北信越学生テニス選手権(関西から2名出場に(1年の安藤が出場)、関西学生合宿とまだまだ続きます。

カテゴリー: 日記 | 投稿者宮地弘太郎 20:56 | コメントをどうぞ