カテゴリー別アーカイブ: 勝因

錦織 激戦制してBest16へ Miami2017 ベルダスコに打ち勝つ

Miami2017 3回戦 錦織圭、ベスト16に進出
 錦織圭の相手は、元トップランカー、F.ベルダスコ。
 スペイン特有の、超超ヘビートップスピン、サービスの回転も半端ではない。
 回転男、それがF.ベルダスコ。ダブルスも上手い。
 シングルス3回戦が行われ、錦織圭が激しいラリー戦を制した。
 ブレーク、ブレークバックの流れが動く。
 先に流れに乗るのは?
 このコートサーフェイスはインデアンウエールズと違い速い。 錦織圭は得意としている。
 錦織圭は2回戦のK.アンダーソン戦の様な、テンポの良い、サービスゲーム を展開したい。
 
2錦織圭◎ 7-6(2) 6-7(5) 6-1 ×25F.ベルダスコ 2時間44分の大激戦。
Keifvscoremai

 強烈な打ち合いを制して6年連続のベスト16進出。
 お互いに多くのブレークチャンス、もつれる展開。 
 錦織圭が第3セットでペースをつかんだが、
 F.ベルダスコの1stサ-ビスにタイミングが合ってきて、リターンポイントが増えたこと。
 ブレークチャンスと獲得ポイント。
Keifbbpstats

第1セット先にブレークしたのは錦織圭。
 この日、第2ゲームで早くもブレークに成功した錦織だったが、
 連続で凡ミスを犯すなどペースを乱してベルダスコに2度のブレークを許しゲームカウント4-5に。
 その後、第10ゲームでブレークバックに成功してタイブレークへ持ち込み、
 連続ポイントでベルダスコを引き離して第1セットを先取する。

続く第2セットでは、ギアを上げた錦織が1度のブレークに成功してリードを守り切るかと期待されたが、
 第10ゲームでサービング.フォー.ザ.セットを迎える。
 しかし、取り切れずにブレークバックを許して再びタイブレークへ突入。嫌なムード。
 このセットを落として勝敗はファイナルセットへもつれ込む。
 錦織圭の丁寧なストロークが目につく。
 逆にそれだけF.ベルダスコに打ち込まれたと言う事だが。
 インデアンウエールズのJ.ソック戦 の轍を踏まないように、打ち合いを避けた。
 
 少しずつリズムを掴み試合を支配した錦織は、
 エア.ケイを披露するなど最後はベルダスコを圧倒し、勝利を手にした。

錦織はベルダスコとの対戦成績を3勝2敗と勝ち越した。
試合展開
 最初から飛ばす、先行逃げ切り型F.ベルダスコ

 相手の様子を見ながら、最後に振り切る、錦織圭。
 最終セットに強い、良いのか悪いのか。
 体力温存を考えると、、、。
 序盤で様子を見る悪い癖  

サービスの違い
 1stサ-ビスのポイント獲得率が高いF.ベルダスコ
 2ndサービスでの調整を試みる、錦織圭
Fvserkick
 F.ベルダスコのキックサービス、真似したいでしょうけれど、
 筋力トレーニングが無いと、テニスエルボーの原因になりますから、 要注意!

ストロークの違い
 基本的にほとんどがハードヒットのF.ベルダスコ
 超超トップスピンのF.ベルダスコ。ボールが曲がってすとんと落ち、
 さらに弾んで伸びる。
 スペインの選手に多い。もちろん代表はR.ナダルだ。
  
 この試合、錦織圭は、コンパクトはスウィングで、丁寧にコースを突いた。
 その回転に押されないように、高い打手で抑え込む。
Keifshiball

 錦織圭の高い打点のストローク
 第3セットでは、流れをつかむと、エアーKも飛び出し、一気に引き離した。錦織流。

 世界一のバックハンド 

ストローク戦、ベースラインの位置。
 下がって、ガンガン打ち込む、F.ベルダスコ。
 ラリーの展開によって、ベースラインから前後する、錦織圭。
 コートを上手く使う。システム5。 このシステムを知ると、テニスが強くなる。

ストローク上達の、レッスンドリル
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bm270

 次の4回戦では、世界ランク57位のF.デルボニスと対戦。

 錦織が位置するボトムハーフではシード勢の早期敗退が相次ぎ、
 下半分では錦織以外の全シードが敗退。
 上半分では第5シードのR.ナダル、第13シードのJ.ソック、3回戦進出。
 第3シードのM.ラオニッチはハムストリングの負傷により3回戦を前に棄権している。

 F.ベルダスコのホットショット動画

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マイアミオープン 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, ストローク, データ分析, 作戦, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:43 | コメントは受け付けていません。

錦織 マイアミ2017劇場 快調にスタート K.アンダーソン リターン冴る

錦織圭、快調な滑り出し マスターズ マイアミ2017
 ランキング、1位、A.マレー、2位、N.ジョコビッチを欠き、
 一方で、R.フェデラー、R.ナダル、J.D.ポトロが活躍しそうな雰囲気を見せるマイアミ。
 暑さは引いたが、風が強い、時折雨の中断もあり、選手には厳しい状況だ。
 錦織圭は第2シード、重圧にならないと良いが。
 

 試合の入り方が重要。ここ最近の試合では、序盤のブレークで追いつく辛い展開が多い。
錦織圭◎ 6-4,6-3 ×K.アンダーソン
Keikevinscoremai

 ビッグサーバー、K.アンダーソンを軽くさばく。
 マイアミ 6年連続、3回戦進出。
 錦織圭の試合後のインタビューがそれを語る。
 「一番良い出来だった。パーフェクト。
 全ての試合がこう行けば、苦労はないのに」と締めくくった。
Keibsmai

 K.アンダーソンは今でこそ70位台だが、それは負傷で欠場していたから、
 最高ランクは2015年の10位。
 錦織にも2015,上海でストレートで勝っている。 この時は大接戦。
 
 錦織圭には、マスターズの初戦としては、嫌な相手だったはず。

久し振りに、見ていて安心感のある試合運び。
 試合のリズム、テンポが良かった。
 錦織圭の良い時の試合展開。
 早い展開
勝因は、サービスゲーム、0-15からポイントを連取されなかった事。
 連続ポイントを許さず、相手に嫌な感じを与えた。
 勝利の法則、ポイント連取
 

実は、今年の錦織圭は、サービスゲームの入りが悪く、リードされては追いつく展開 が多かった。
 
 K.アンダーソンは203㎝の長身からのビッグサーブが武器。
 1stサ-ビスのコースをよく読み、リターンでプレッシャーを与えた。
 2ndサービスのキックサービスにもよく対応、

結果的に、錦織圭はファーストサーブ、セカンドサーブでもK.アンダーソンを上回った。
 インデアンウエールズでのJ.ソック戦が良い勉強になった。
 錦織圭得意の速いコート、これも試合展開を早くするのに良かった。
 その結果、セットの早い段階でブレーク、K.アンダーソンにプレッシャーを与え続けた。

ウィナーの比較、サービスエースがK.アンダーソンには10.
 しかしストロークでは、錦織圭が圧倒。
Keikevinwinner

 試合を大きく分けたのがアンフォーストエラー。 錦織圭がたったの12で、
K.アンダーソンの26を大きく引き離している。
 勝利の法則、アンフォーストエラーを減らせ

 

 リターンミス K.アンダーソンは38%、錦織圭は33%,この差5%は大きい。
 錦織圭のリターンの良さ が見える。
  
 錦織圭のリターンが良いのでK.アンダーソンにはプレッシャーになった。
 ストローク戦を有利に 

 次の相手は、25シードのF.ベルダスコと予選勝者のE.エスコベドのどちらかと対戦する。
 西岡良仁選手、2回戦、インデアンウエールズで錦織圭を破ったJ.ソック相手に、
 1ブレークでリードしていたが、ひざの負傷で、棄権。
 残念。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
Bmpageexample

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニスの部活活性化をフォロー します。

 ダブルスFormation Book
ダブルスの陣形の全てが分かる。
 ソフトテニス専用編

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マイアミオープン 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, データ分析, リターン, 作戦, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 05:20 | コメントは受け付けていません。

錦織 ギアアップでベスト8へ マスターズ制覇へ向け

錦織 ドラマ進行中 マスターズ制覇に向けて インデアンウエールズ2017
 錦織、落ち着いて同僚ヤングをさばく。
 錦織は自分ペースをつかみ、ベスト8に勝ち上がった。
 去年に続き、苦手なイメージを払拭している。
 まだ優勝の無い、マスターズ。ぜひ狙いたい。
 ドローに恵まれているのも事実。チャンスを活かす、運も実力の内。
錦織圭◎ 6-2,6-4 ×D.ヤング
Keidyscoreiw

錦織圭のインデアンウエールズ2016
 インデアンウエールズ
 初戦の2回戦エバンス戦で、調子を上げ、
 3回戦G.ミューラーを破り、一気にギア上げる。
  
他のドローでは、R.フェデラーvsR.ナダル
 ダブルスでもR.ナダルは調子が良い。
N.ジョコビッチvs N,キリオス このドロー、死の山と言われている。

 観客にとっては、うれしい事だが。
 N.ジョコビッチは、ダブルスでも調子を上げている。
 D.ティエムvsG.モンフィルズの黄金カードがベスト8で行われている。

フロリダのニック.ボロテリーテニスアカデミィーを本拠地にする、D.ヤング
 第1セットは危なげない滑り出し。ノーブレークで2つブレークして6-2。
 しかし第2セット、悪い癖。何御粘りもなくブレークを許し1-4とリードされる。

 しかし焦らない、サービス力があるトッププレーヤーは
 1-4はたったの1ダウン。
 ブレークで追いつく。
本日の御教訓 1-4は焦らない
 たったの1ダウン
 1:チャンスは必ずある
 2;相手の油断をつけ
 3:自分を信じて
Saykei14

 ここからが錦織圭の真骨頂。ギアを入れて、一気に5ゲーム連取。
らしいと言えば、錦織圭らしいのだが
 スローな展開Keishiftleverattack_2

 相手の様子を見る
 弱点を見つけたら
 一気に畳みかける
 このギアの入れ方
 Kei’s Way

 6回のブレークチャンスで2回成功。
 リターンゲーム 
 ギアの上げ方と錦織圭

 錦織圭、ストロークの進化
Keistfbiw

 ベスト8では、J.ソックとジャジリの勝者と当る。まだドロー運がある。
 相手には悪いが。

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennie2magscorefullset

 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, ストローク, データ分析, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:03 | コメントは受け付けていません。

錦織 インデアンウエールズで吠える ベスト16へ パッシングショットの冴え

錦織、調子を戻し、3年連続ベスト16 インデアンウエールズ2017
 A.マレー、J.W.ツォンガが敗れ、波乱含みの展開。
 今年まだ調子の上がらない錦織圭だったが。
 T.ベルディフに大逆転勝ちの西岡に続けと、錦織圭が吠えた。
 エバンスに快勝。これで火がついた。

 西岡は、I.カルロビッチを下し、T.ベルディフも破る、ベスト16に先に進出。
 大坂なおみは、Keys戦、注目されたが敗れた。

 2回戦で、調子を上げた錦織。
 今年の試合で多い、接戦が少なくなった。
錦織圭 余裕で、お得意様G.ミューラーを処理。
 サーブ&ボレー大歓迎。  

錦織圭◎ 6-2,6-2 ×G.ミューラー
Keigmiwscore

 早いテンポは錦織圭が大好き。
 これでテンポに乗れる。
 ミスらしいミスが少なかった。
 ノーブレークで、10回のチャンスで4回ブレークに成功。
 課題の1stサ-ビス、78%と、超高い数字。
ファーストサーブ
 のポイント獲得率でこそ、
 G.ミューラーが上回ったが、
2ndサービスでは
 55%と高率。Keiser2ndiw

 最近の錦織圭
 を支えている
 セカンドサーブ。

 リターンゲームもポイント獲得率47%と、G.ミューラーを圧倒した。
 G.ミューラーはサービスを中心に展開する。
 ダブルスにも出場して、ネットプレーも上手い、ベテラン。
 G.ミューラーのネットプレー対、錦織圭のパッシングショットの構図。
 ショートクロスとポール回し的なダウンザラインと両方打てるので、
 ネットプレーヤーは的を絞りにくい。
 しっかり構えられると、動けない。
 錦織圭のパッシングショットが勝った。
 錦織圭の嫌いな、少し遅い、コートサーフェイスが幸いした。

 錦織圭のストローク 

 錦織圭のストロークの進化  
Ws000004

 パッシングショット ダウンザライン、ショートクロスと自由自在
 

 次の対戦相手は、同じニック.ボロテリーテニスアカデミィーのD.ヤング
 錦織圭の4連勝だが、先回は、危なかった。
 D.ヤングのムーンボール攻撃に、たいして早いタイミングで叩けるかが勝機だ。
  2016 楽天オープン 逆転勝ち  

本日の御教訓 勝利の法則
自分展開に持って行く
1:1stサ-ビスの確率を上げる
 2:2ndサービスで、ポイントを稼ぐ
 3:得意ショットで勝負、パッシングショット

Saykeimatchprogress

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

 テニスの部活活性化をフォロー します。   
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, スコア, ストローク, データ分析, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:47 | コメントは受け付けていません。

錦織 待望の勝利 インデアンウエールズ3回戦へ 課題も

錦織圭、欲しかった勝利で3回戦へ。 課題を洗い出す。インデアンウエールズ2017
 錦織圭、やっと登場。
 第4シードで、初戦が2回戦から。
 世界ランク41位ながら、今年好調のD.エヴァンスを6-3, 6-4のストレートで下す。
 5年連続5度目の3回戦進出を果たし、
 今季マスターズ初戦を白星で飾った。
 西岡の快勝。ビッグサーバー、I.カルロビッチを撃破。

 大坂なおみ、シードを破り 因縁の対決、Keys戦へ。
錦織圭◎ 6-3,6-4 ×D.エバンス
Evansscore

しかし試合内容は、イマイチ。まだまだ調子に乗れない。
 今の錦織圭には大きな一緒位だが、上を目指すには、高い目標が必要だ。

 今年を象徴するような不安な出だし。
 自分を追い込まないと、火がつかないのか。
 気持ちの整理と集中力を高める必要がある。
試合展開の良い時 を思い出そう。
 課題は、1stサ-ビスの確率。
 確率を挙げたら、1stサ-ビスのポイント獲得率はどうしても落ちる。
 
 2ndサービスのポイント獲得率。
 そして結果的にサービストータルのポイント獲得率。

 トッププレーヤーは1stサ-ビスのポイント獲得率は70-80%が必須だが。

 第1セット、錦織はミスが目立ち第1ゲームでいきなりブレークを許したが、
 第2ゲームですかさずブレークバックに成功。その後もエヴァンスの粘り強い攻撃に苦戦するも、
 第8ゲームで再びブレークしてこのセットを先取する。
Evansstats

続く第2セット、錦織はパッシングショットを決めるなどで第1ゲームでいきなりブレークに成功。
 第2ゲームでは、エヴァンスの力強いプレーを前にブレークバックを許すも、
 第9ゲームで再びエヴァンスのサービスゲームを破って勝利した。

 ベースラインから下げられ過ぎていた。
 しかし持ち前の俊敏なフットワークが助けた。
 錦織圭のフットワーク
Keifwiw

 フットワークドリル満載 ボール出しマニュアル  

3回戦では、56位のJ.ヴェセリ第25シードのを破ったG.ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。
 錦織圭が勝ち越しているが、この試合、15本のサービスエース、1stサ-ビスのポイント獲得率90%越。
 要注意の相手だ。

 3連勝だが、強力なサービスに苦しめられている。
 2016バーゼル、大逆転
Keimullerscorebasel

 

本日の御教訓 次の試合に臨む
自分のベストをイメージ
 1:試合の進め方をシミュレーション
 2:相手はビッグサーバー、コースの整理。
 3:デュースゲームに集中力

 シード勢が勝ち進んだ場合、4回戦で第14シードのL.プイユか第23シードのS.クエリーと、
 準々決勝で第6シードのM.チリッチと顔を合わせる組み合わせ。

世界ランク5位の錦織はBNPパリバ・オープンに、今年で7年連続9度目の出場。
 過去の最高成績は昨年のベスト8進出で、J.イズナーに競り勝ち、準々決勝進出。
 準々決勝でR.ナダルにストレートで敗れた。

今季は、2月の5連覇がかかっていたメンフィス(ATP250)をスキップして
 
アルゼンチン.オープン(レッドクレー、ATP250)とリオ.オープン(レッドクレー、ATP500)のクレー2大会に第1シードで出場。

 アルゼンチン・オープンは準優勝を飾ったが、A.ドルゴポロフに不甲斐ない負け方。
 リオ・オープンでは1回戦で地元のT.ベルッチにまさかのストレート負けを喫していた。

 今大会は第1シードのA.マレー、第7シードJW.ツォンガが初戦の2回戦で敗れる波乱。

お陰様で人気ブログに上位3位まで独占。インデアンウエールズ情報です。
0313blog

 1位 次の相手.エバンス  
 2位 錦織圭のランキング  
 3位 インデアンウエールズ注目ドロー  

 僕としては、ダブルスにトッププレーヤー乱入 を読んで欲しいんですが。
  ダブルス、スペシャリスト対シングルストッププレーヤーのダブルスが楽しみ。

 テニスの部活活性化をフォロー します。   
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, データ分析, 作戦, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 12:00 | コメントは受け付けていません。

西岡 カルロビッチにストレート勝ちで3回戦へ インデアンウエールズ2017

西岡良仁、金星 ビッグサーバー、I.カルロビッチを破る  インデアンウエールズ2017
 インデアンウエールズに激震。第シードA.マレーが敗れた。
 カナダの予選上がりの、V.ポスピシルにストレート負け。
 詳しい、内容は、後でアップする。

 波乱含みのインデアンウエールズ

西岡良仁、シードのI.カルロビッチを破る。
西岡良仁◎ 6-4,6-3 ×I.カルロビッチ
Ikscore

 ラッキールーザーで勝ち上がっている西岡、
 ビッグサーバーで、ブレークが難しいI.カルロビッチから、3ブレーク。
 さすがに1stサ-ビスのポイント獲得率では下回ったが、
 2ndサービスのポイント獲得率で、追いつく。
 2ndサービスの重要性を示してくれた。
 西岡は、マスターズで最高の3回戦進出。
 西岡の予想  
 強力なサービスを武器に、速攻を仕掛ける、I.カルロビッチだが、
 西岡のグリグリトップスピン、異常なまでの粘りに屈した感じだ。

 西岡のテニス。サースポー。
 体格に恵まれない分、走り回る。 
 そしてグリグリのトップスピンが特徴だ。

Fsiw

  

 トップスピンの打ち方  

 相手は、巨人、210cm I.カルロビッチ。
 サービスの成績は抜群。
 サービスエースの記録も更新中。 この時で1万本。
 3月まで、11801本 1試合平均で20本近く。
 I.カルロビッチのサービス、スタッツ  

 こんなI.カルロビッチ相手に、西岡は、サービスエースを12本に抑えた。
 しかもダブルフォールトを8誘っている。

柔良く剛を制する
。まさに西岡のテニスだ。

Statsik

 次の相手は、T.ベルディフ。去年のロランギャロス、1回戦で対戦
 第1セットこそ、簡単に落としたが、第2、第3セットと粘り、T.ベルディフを慌てさせている。
 
 T.ベルディフは、まだ調子を出していない。
 トッププレーヤーのランキング 3月
 つけ込むスキがある。
 I.カルロビッチ戦同様、リターンゲームに集中して、先にブレークを狙おう。

本日の御教訓 柔よく剛を制する
 西岡、真骨頂
1:ボールをSay

最後まで追う
2:チャンスはある
3:粘り勝つ

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennis2magstandard2

 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: データ分析, マスターズ, 勝因, 西岡良仁 | 投稿者tsukky 18:18 | コメントは受け付けていません。

西岡、大坂 2回戦へ インデアンウエールズ2017

インデアンウエールズ2017 最新情報 西岡、大坂、快勝で2Rへ
 男子、女子、日本選手の話題を中心の紹介したい。
 ライブスコアで試合内容を見る事が出来る。
 お楽しみください。
男子シングルス、トッププレーヤーのしのぎあい。
 N.ジョコビッチのドローは死のドロー
 
 トップがひしめく。
 R.フェデラーが調子を上げている。

 男子ダブルスは、シングルスのトッププレーヤーのうち7名がエントリー。
 ダブルスのスペシャリストとの激突が楽しみ。
 A.マレー、N.ジョコビッチ、S.バブリンカが参戦。
 
 地上波で放映して欲しいですね。

女子では、全豪で姉妹対決をした、V.ウィリアムスが敗れる波乱。
 ベテランのJ.ヤンコビッチに敗れた。

錦織圭はシードで2回戦から登場。
 インデアンウエールズ、本人は相性が悪いと言っていますが、、、。
 2011年から、

 
 1回戦、2回戦、3回戦、4回戦、クオーターファイナルと少しずつ上がって来ています。これは?
 去年はR.ナダルに敗れ ましたが。ビッグサーバーのJ.イズナーに勝っています。

 初戦の対戦相手、D.ブラウンとD.エバンスは少し前のドーハで対戦。
 D.エバンスがサーブ&ボレーのダブルスを6-2,6-3で退けている。

 エキジビションマッチでは、J.D.ポトロに単複で勝利。
 こんな笑顔が出れば、リラックスも可能
Ws000002

 スーパーショットも出るのですが。

Ws000001

 練習風景の動画。お役に立てば。

西岡良仁 ◎ 6-4,6-1  ×E.イメル
西岡良仁 まさにラッキー、予選決勝敗退の憂さ晴らし、
 1回戦を快勝。
Nishiiw2score

 11回のブレークチャンスから6回活かし、自身は1回しか落とさなかった。
 集中力があった証拠。
 1stサ-ビスのポイント獲得率は余り良くなかったが、
 2ndサービスのポイント獲得率68%でイメルの26%を大きく上回った。
 西岡の特徴
 俊敏な動き。
 しつこいテニス。
 厚いグリップから強烈なトップスピン。しかもサースポー。
 次は超ビッグサーバーのI.カルロビッチと対戦する。
 身長210㎝。
 サービスエースの記録更新中 
 数少ないブレークチャンスをどう活かすか。
リターンは、山を張って読むしか方法はない。

大坂なおみ◎ 6-4,6-2 ×尾崎里紗
52位の大坂は、相手のブレークを許さず、
 自身は4ブレークに成功。
Onrisaiwscore

 サービス力で圧倒した。
 次は中国の30シード、34位S.ジャン。 去年東京で対戦、2-6,3-6で敗れている。
 クルム伊達とペアを組んで上達しました。
 雪辱を果たしたいところ。
サービスの
魅力はあるが、Serao

その優位さを
活かしきれて
いない。
 簡単に
 ブレークを許す、
 試合の
 淡白さが
 やや心配。
 大坂なおみのサービス力 

 月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Wbbird2lob21

 Baby Stepに学ぶ テニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, 動画, 勝因, 大坂なおみ, 西岡良仁, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:49 | コメントは受け付けていません。

錦織 全豪2017、リズムをつかみ3回戦へ 

錦織圭の挑戦、オーストラリアンオープン2017
錦織圭今年の目標を高く掲げている。
 マスターズ、グランドスラムの制覇だ。
 マスターズ ATP1000の大会。準優勝が2回ある。
 グランドスラム、これは全米でファイナルまで勝ち上がている。
 全豪では、7年連続で3回戦出場。
ベスト8(3度)がこれまでの最高成績。
 昨年はJ.W.ツォンガを破り、2年連続の準々決勝進出を果たし、。
 
 大会覇者となったノバク・ジョコビッチに3-6 2-6 4-6で敗れた。

 グランドスラムの重要性
 2016 全仏優勝でグランドスラム達成のN.ジョコビッチ
 
 初戦苦しんだクズネトフ戦のマッチレポート  大会サイト 結構面白いですよ。
Keicharstats

2回戦 J.シャーディ戦 ビッグサーバーでフォアの強打が特徴。
錦織圭◎ 6-3,6-4,6-3  ×J.シャーディ
Keicharscore

 真ん中の数字は、ブレーク数/チャンス

 いきなりJ.シャーディのサービスゲームをブレーク
 ブレークポイントを迎えたが、無事にキープ。
 懸案の1stサ-ビスの確率は69%で良い方。
 しかし1stサ-ビスのポイント獲得率が67%と良くない。
 得意の2ndサービスで56%と上げた。
 J.シャーディの23本のウィナーだが、56本のアンフォーストエラーに助けられた。
 錦織圭は21本のウィナー 30本のアンフォーストエラーは普段の錦織圭にしては多い。
 錦織圭の安定指数 
USオープン2014 N.ジョコビッチ戦から  

 安定指数で21-30=- -9  23-56= -23

 第2セット、錦織圭はいきなりサービスゲームをブレークされる。
 嫌な立ち上がり。
 しかしすぐにブレークバック。

 J.シャーディのサービス、フォアハンドが良くなる。
 しかし、J.シャーディのサービスにバランスを崩されるも、リターンする。
 錦織圭のバランス感覚の良さ。

Keiunmalancedre

 第2セットは特にフォアの回り込み、逆クロスが決まり始める。要注意の場面をしのぐ。
 上手いプレーヤーでも、相手にタイミングが合ってしまう時がある。
 しかし、それは何回も続かない。テニスは確率のスポーツだからだ。
 テニスは確率のスポーツだからだ。

 錦織のコメント、J.シャーディは同じところに打つと、逆襲されるので
 的を絞られないように散らした。

 初戦のクズネトフ戦と同じ戦法だ。
 セットを追うごとに、錦織圭の展開が良くなるが、
 ブレークされるのが多い点は、注意したい。
 
 
錦織圭のオンコートインタビュー  ハイライト動画
 

錦織圭 vs J.シャーディ戦 ハイライト動画 

この結果、次の3回戦は、予選上がりのチェコのL.ラコ。2回戦では逆転勝ちを収めた。
 戦績は、錦織圭の2連勝。
 
テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボード
2画面見開き表紙付作戦ボード。

Maglobbirdview

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 
A5memoc2cbird2

 テニス システム手帳2017 

 テニス システム手帳2017 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
オーストラリアンオープン2017 公式サイト

Wowow で放映されている。

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: スコア, データ分析, 全豪, 動画, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 07:02 | コメントは受け付けていません。

錦織 大苦戦で初戦突破 第5セットにはらしさが見える 全豪2017

1回戦、A.クズネトフの粘りにフルセットの大苦戦。
 錦織圭のオーストラリアンオープン、2017が始まった。
 日本選手では、大坂なおみがフルセットで、西岡良仁もフルセットながら初戦突破。
錦織圭の初戦、難敵のクズネトフ 
 錦織圭◎ 5-7,6-1,6-4,6-7(8),6-2  ×クズネトフ
Keiakuzscoreao1

 ブレーク合戦を制した。9ブレークの錦織圭、5ブレークのA.クズネトフ。
 1stサ-ビスのポイント獲得率が68%と低かった。
 しかし第5セットは、自分のテニスができたと。
 錦織圭 クズネトフ、ウィンブルドン2016 苦しい展開から打破。
  
 今年の課題はフルセットに持ち込まれない事だと思う。

 試合スタッツ  
 苦戦した錦織圭。自身も余裕がなかったと。
 しかし、よく考えれば、錦織圭選手は試合を、相手の動きに合わせて展開を作り上げるタイプ。
 錦織圭の体格から言えば、仕方がない事だとも言える。
 他の選手は、ほとんどがビッグサーバー。サービス力はある。
 錦織圭は相手のサービスゲームを耐えて、展開を作り必要がる。
 錦織圭の展開力
  
 この辺が今年の課題ではないか。
 持久戦が得意なのだが、体力の温存を考えたら、今年は出来るだけフルセットマッチは避けたいところだ。
 そのためには錦織圭はリターンゲームが得意だが、
 よりサービス力アップを目指したい。
 試合に勝つ、速い、早い展開を考えたら、
 速攻、特にネットプレーを多用したい。

Kei17

 次の対戦はJ.シャーディ。長身のビッグサーバー。
Keijcha42

錦織圭 J.シャーディ 錦織圭の4勝2敗
 直近では錦織圭の3連勝。
 直近 バルセロナ クレー R16 6-3,7-5

2015 マスターズ パリ R32 7-6(4),6-7(6),6-1
 ビッグサーバーで錦織圭を苦しめている。
 大接戦 での勝利  
 2014 楽天オープン 錦織圭◎ 6-4,6-2×J.シャーディ

テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボード
2画面見開き表紙付作戦ボード。

Maglobbirdview

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 
A5memoc2cbird2

 テニス システム手帳2017 

 テニス システム手帳2017 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
オーストラリアンオープン2017 公式サイト

Wowow で放映されている。

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, オーストラリアンオープン, スコア, データ分析, 作戦, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 11:05 | コメントは受け付けていません。

錦織 2017順優勝で開始 次のオーストラリアンオープンに準備

錦織、悔しい負け方。G.デミトロフに初敗戦。
 ブリスベーン国際2017.決勝の相手は、M.ラオニッチを破り勝ち上がったG.デミトロフ、
 今年は決意を持って挑んでいいる。
G.デミトロフ◎ 6-2,2-6,6-3 ×錦織圭
Gdkeiscorebb

 真ん中の数字は、ブレーク数と、チャンスの数。
 少しずつG.デミトロフが上回っている。

 試合の内容は面白い展開だった。
 去年一時は40位台までランキングを落とす。
 しかし、元8位は、今年復調の兆しを見せている。
 最初のゲームはG.デミトロフのダウンから始まった。
 サービス力に勝るG.デミトロフ、サービスエースは7本。
効率良く勝ったのがG.デミトロフ。
 サービス力、G.デミトロフ
 攻撃力は錦織圭
 守備力で錦織圭、
 メンタル、体力でも錦織圭が上のはずだが。
 
 G.デミトロフ、驚異の柔軟性、スライダーマン
 
 N.ジョコビッチと同じように、身体が柔らかい。

G.デミトロフの積極的に軍配が上がった。
 粘られると集中力を欠きやすくなるG.デミトロフが最後まで戦い切った。
 逆に錦織圭が最終セット、集中力を失った。

 フルセットにはなっているが、簡単にセットを取り合う淡白な試合に見える。
 内容は、迫力満点の激しいラリー戦。
 サービス力に勝る、G.デミトロフが主導権を握り、
 錦織圭の2ndサービス、ワイドが少し甘くなると、リターンエースを狙われた。
 派手なストローク戦、両者ベースラインから下がらず、打ち合う。
 錦織圭が逃げたセンターのボール、少し甘くなったところを、G.デミトロフの
 逆クロスが決まり始めた。
 予測とフットワークの良い錦織圭が一歩も動けないシーンが多く見られた。
 最近の錦織圭には珍しい事。
コースを読みにくい、G.デミトロフのバックハンド。片手打ちの見事さ。
 攻撃のトップスピン、守備のスライスを打ち分けている。
Gdbs2ways

トップスピンマスター 
スライスマスターカード
 トップスピン、スライスセット

 結果的には、錦織圭は、ドロップショットを使って揺さぶりをかけるべきだ。
 この大会では、S.バブリンカ戦では面白い様にドロップショットが決まった
 

 G.デミトロフはラリーのタイミングが合っていた。
 そして自身ももっと前に出る。これが必要だった。
 第2セット奪って、普段なら調子に乗るところだが、
 第3セット、錦織圭はブレークチャンスが無かった。
 この粘るテニスは、トップ4に入るには重要。
 5回のブレークチャンスで3回成功。
 一方錦織圭は7回のチャンスがあったが、2回しかキープできなかった。
 課題の1stサ-ビスは、良く入っていたが。 試合平均で71%なので安定性はある。

 錦織圭が奪った第2セットは、ウィナーがアンフォーストエラーより2本多かった。
 落とした、第1セットはウィナー6本、アンフォーストエラー11本。
 第3セットもウィナー6本に対してアンフォーストエラー7本。
 サービスのポイント獲得率、
 リターンのポイント獲得率でも、G.デミトロフが良かった。

この両者、ネットプレーでのポイント獲得率が異常に高い。
 G.デミトロフ13/16=81% 錦織圭も13/14で93%。
 普通はR.フェデラーなどのネットプレーの上手い選手でもせいぜい65%。
 錦織圭はS.バブリンカでは100%。

 錦織圭が落とした第3セット。錦織圭はたったの1回しかネットに出ていない。
 これが敗因ではないか?
 確かにパッシングショットは怖いが、チャンスボールは前に出る勇気を相手に示せば、
 大きなプレッシャーとなる。
試合を象徴するG.デミトロフのポイント
①ワイドサービスGdkeinetpass

②錦織圭
 やっと返す
③甘いボールを
叩いて前に
④錦織強烈に
 沈めるパス
⑤やっと返す
⑥フォアの
 回り込み
ウィナー狙い
ハードヒット
⑦待ち構えて
アングルボレー
  勝利のためには、第3セット、10回はネットに詰めて、積極性を示して欲しかった。
 そのために、ブレークチャンスが来なかった。
 錦織圭の試合展開
 錦織圭のネットプレー  

これで行けるかと思いきや、サービス力に勝る、G.デミトロフが最初のセットを奪う。
 流れは、完全にG.デミトロフに。しかし第2セット、
錦織圭がG.デミトロフが勝手にポイントをくれた感じで、奪い返す。
 第3セット、錦織圭が認めるように、G.デミトロフが息を吹き返してきた。

 最終セット、臀部の違和感でトレーナーを呼ぶ錦織圭。
 不吉な予感がするが、オーストラリアンオープンまでは試合をしないので、
 しっかり休養、課題のオーストラリアンオープンに挑んで欲しい。
 ナダルとのダブルスで出場予定のエキビジションマッチを欠場
 
 オーストラリアンオープンに備える。
 ブリスベーンで幸先よく150ポイントゲット。
 オーストラリアンオープンの成績で3位に上がる可能性がある。

G.デミトロフ 錦織圭ファイナルハイライト動画
 

錦織圭がS.バブリンカに勝った試合のハイライト動画
 
 本日の御教訓 試合を支配する
よりアグレッシブに
1:攻める姿勢を見せる
2:ネットプレーを多く
3:ドロップショットで変化を
Saykei

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
 ブリスベーン国際、公式サイト  

 Wowow で放映されている。

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, ストローク, デミトロフ, 作戦, 勝因, 敗因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 12:57 | コメントは受け付けていません。