ウィンブルドン ボールの弾み方 コートサーフェイスの特徴

ウィンブルドン 芝が難しい理由 コートサーフェイスとボールの弾み方
 前哨戦、真っ盛り。
 N.ジョコビッチも急遽参戦を決めた。
 芝は、期間が短く、調整が難しい。

 ウィンブルドンの特徴

ウィンブルドンが面白い点
 1;テニスの聖地。
 2:4大グランドスラム
 3:芝。
  シューズ、フットワークが全く異なる
  芝の得手不得手はトッププレーヤーでも差が出る。
 4:土のロランギャロスから、短期間で移動。
 5:正規の5セットマッチ
 6:ルール、レギュレーション

 土から芝へ 

 それでなくても難しい、クレーコートのロランギャロスから。
 一気の球足の速い、滑る、グラスコート。

コートサーフェイスとボールの弾み方
 ボールはClay_court_ballspeed

 弾んでから
 減速するが、
 一番少ないのが
 グラスコート。
 70%。
 クレーコート
 では59%、 
 その分早く感じる。

 しかも、芝の部分でボールが滑るのは、弾まずに滑る印象となる。
 選手にとっては、食い込んでくる感じ。
Ballslidegrass

 振り遅れやすい。
 だから早い対応が求められる。
 芝のストローク やはりR.フェデラーでしょう。
 

 グランドスラムのコートサーフェイス、ウィンブルドン

 ハードコートでは、イレギュラーが少ないので、
 選手も安定したプレーをできるが、
 芝では、イレギュラーが多い、
 と言うか、毎回イレギュラーの弾み方となる。

 だからハードコートでは、ボールがネットを越えてから、
 打点に入る予測をしやすいが、
 芝では弾み方が毎回微妙に異なる。

 だから、面白いのだけれど。

 しかも、芝は、フットワークで消耗してすり減って来る。
Ccourt2012

 大会初日のきれいなっ芝から、ファイナルの時には、
 芝が剥げて、踏まれたクレーコート状になる。
 ウィンブルドンの芝の変化
  

 コート、コンディションが変わるのもウィンブルドンなのだ。
 最終日のウィンブルドン,芝と言うよりも土だ。
Wimbledonccourtafter

 前哨戦で見える、芝の勝ち方。
 R.フェデラーvsA.ズべレフ 

 F.ロペス vs M.シリッチ  

 そこから見えたものは、
 サービス力、

 低いボールへの対処。 
ストロークの基本 しっかり低くして構えられるか。
 クレーコートの弾むボールの対処は異なった対応。

 その点でR.ナダルの試合が面白い。
 絶頂期には芝でも上手かった。
 R.フェデラー、R.ナダル、ライバル史

 芝のフットワーク   

 去年、杉田祐一、芝で好成績
今年も前哨戦で、D.フェレールを破り快調。
  

 芝への対応の仕方  

 コーチのアドバイス、どう聞きますか?  

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmgradingmix

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: イメージ, ウィンブルドン, ストローク, フィーリング, 全英, 科学 | 投稿者tsukky 05:20 | コメントは受け付けていません。

ロペス 光るテクニック スライス クィーンズ2017優勝 シリッチ破った

ビッグサーバーの競演 技が力を破る。 F.ロペス、優勝。
 ウィンブルドン間近。
芝での調整が進む。
 錦織圭は間に合うのか、気になるところ。
 R.フェデラーは優勝で好調さをアピール。
 R.ナダルは休養、A.マレーは初戦敗退。
 N.ジョコビッチは急遽、イーストボーンに出場。
 それぞれの調整が続く。ウィンブルドンの前、
 トッププレーヤーのコンディショニングにも注目だ。
F.ロペスはモデルも務めるイケメンプレーヤー

 テニス界のイケメンプレーヤー

 前哨戦も力が入る。

 芝では攻撃的プレーヤーが上がって来る。
 いつもこの時期、調子を上げる M.シリッチ。
 ウィンブルドン直前、二つの大きな前哨戦。

F.ロペス◎ 4-6,7-6(2),7-6(8) ×M.シリッチ
Lopezcilicscore

 芝で強い、F.ロペス。
 二人とも、サービス力は抜群。

 サービスにも特徴が出ている。
 F.ロペスは
 サースポーのメリットを活かしたスライスサービス。
 長身Lopezserrside

 だから
 角度がつく

 しかも
 右利きの
 バックハンド
 を狙う

 M.シリッチは、厚い当たりで、ウィナー狙いだ。
 
 M.シリッチは22本、F.ロペスは19本のサービスエース。
 しかもダブルフォールトはM.シリッチの1本だけだから凄い。

 試合のデータでは、M.シリッチが押している。
 すり抜けてF.ロペスが勝った感じだ。

大きな差が、バックハンド
 厚い当たりで、攻撃的なM.シリッチ。
 バックハンドスライスが主体のF.ロペス。
 このスライスが弾まずに、M.シリッチがしびれを切らす。

 バックハンド、F.ロペスの進化

 M.シリッチの強打を
 守り切った。
Lopezbsslice

 

 A.ズべレフのハードヒットを抑え込んだ、R.フェデラーとの試合と似ている。
 バックハンド、スライスの妙味だ。
 
 

 非常に厚い当たりで、ゲームを支配する、M.シリッチ。
 F.ロペスは、バックハンドスライスで耐える。
 要所を素晴らしい、アプローチショット、
 ネットプレーで仕上げる、M.シリッチ。
 どう見ても、M.シリッチが押している。
 しかし、F.ロペスはスライスで粘る。
 観客からもその驚異的な粘りに拍手。

 観客を味方につけるのは強い。
 気がつけば大逆転。

 F.ロペス 錦織圭戦から
 サースポーを活かす。  

 F.ロペスは、G.デミトロフ戦でも僅差の勝利。
 ダイビングボレーの離れ業。
 ハイライト動画  

 試合のスタッツ ロンドンのスタッツ

ハイライト動画

サービス力アップ法
サービスのイメージをつかむ
 

サービス力強化法  
 日本人は打ち上げ動作から。

肩を回すイメージをつかむ。
 
 遠投でサービス力アップ。F.ロペスの強化法

 サービス力アップ

テニス上達アイテム
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmserbasicposition

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon Champion ship 公式サイト

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: イメージ, ウィンブルドン, サービス, タッチ, テクニック, 動画, 勝因 | 投稿者tsukky 08:31 | コメントは受け付けていません。

フェデラー ウィンブルドン準備完了 Halle ファイナル、ズべレフ戦 かく戦えり

R.フェデラー 強さ。ウィンブルドンに万全
前哨戦、ゲーリーウエーバーOpen2017 
完全勝利で締めくくる
 ベテランの強さ。
 頭脳的なプレー。
 よりオールラウンダーに。
 R.フェデラーが尊敬する、P.サンプラスとの比較
 

 R.フェデラーvs A.ズべレフ戦
強さ満開 試合内容。

 R.フェデラー、試合展開の上手さ。 

 まずA.ズべレフのビッグサーブを軽くいなすリターン。
 リターンでは無理に回り込まず。
緩いリターンで、タイミングをずらす作戦だ。
 打ち気にはやる、Say

 若いA.ズべレフ、
 ついついりきんでしまう。
 アンフォーストエラー
 が急激に増えた。
 本人もイライラ感
 を募らす。
 ハードヒッターと
 対戦する時のセオリー

 R.フェデラーのリターン、
 フォアも強打せず、丁寧に、合わせる。
 スイスのお家芸、ブロックリターンだ。
 

前半は、A.ズべレフの打ち気をそらす。
 敢えてネットプレーに出ない。
 中盤、ドロップショットで相手を振り回す。
 後半は、速攻で慌てさせる。
 緩い展開にA.ズべレフが合ってきた頃、
 

前半の武器は、バックハンド、スライス 7色のスライス。
 滑るスライスではなく、ゆるく深くはいるスライス
スライスマスターカード 

中盤の武器は、ドロップショット
 読まれてもドロップショット。
 R.フェデラーが凄いのは、ドロップを打った次
 錦織圭もこうしたら効果的と思うが。
 

 ドロップショットの後、ポジションを前にして、
 ネット戦にも備えている。
 強引には打ち合わない。

後半の武器は、フォアに回り込む強打
 緩いボールで、相手のタイミングをずらす。
 相手が焦ったところで、得意の強打。

 速攻、3球目攻撃 
 サービスからRf3rdattackhalle

 相手を
 外に押し出し、
 展開
 バックを攻める

 ネットプレー
 が上手いので
 相手には
 大きなプレッシャー

 
 サーブ&ボレー 
 前半からRfsvoaz

 サーブ&ボレー
 に出たら、
 A.ズべレフは
 待ち構えている

 そこで
 緩いボールを
 多用。

 後半、
 サーブ&ボレーで一気に勝負。
 サービス力アップ
 勝利の法則シングルス

 フォアに回り込む。
 この時はA.ズべレフは完全にタイミングをずらされていた。
Rffsre3ways
 R.フェデラーが肩を入れて構えた時点で、
 A.ズべレフの足が止まる。

R.フェデラー、フォアに回り込む 多い選択肢。
 基本のフォアの打ち方  

 ビッグ4の実力 強さと個性  

 R.フェデラー A.ズべレフ ハイライト動画

R.フェデラーのベストショット Halle 2017

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ウィンブルドン, ストローク, テクニック, フェデラー, 作戦, 動画, 戦略 | 投稿者tsukky 12:22 | コメントは受け付けていません。

フェデラー 抜群の強さ、戦略で強打かわす ズべレフ戦 ハレ2017

R.フェデラー King of grass ゲーリーウエーバーOpen優勝
 芝で、強い,上手い、R.フェデラー
 ハレの決勝。
 相手は去年敗れている、若武者、A.ズべレフ
 R.ガスケの攻撃をしのいで、成長を見せている。

 K.カチャノフに打ち勝った、R.フェデラー。
 守備からの展開を見せる、A.ズべレフ
 対 攻撃のR.フェデラー を予想した。
 去年のこの大会でA.ズべレフがR.フェデラーを破り注目された。
 

 N.ジョコビッチを破る、A.ズべレフ  

 芝の戦い。

R.フェデラーの勝ち上がり、K.カチャノフ戦
 

 F.マイヤー戦 

 R.フェデラーの戦略、戦術勝ち。
 序盤と後半は戦略を変えてきた。

 R.フェデラー◎ 6-1,6-3  ×A.ズべレフ
Rfazscorehalle

 二人ともダブルフォールト無しの緊張した展開。
 錦織圭選手は見習って欲しい
 

 試合を決定づけるブレークポイントコンバージョン
 
 左に試合全体のブレーク数/チャンス

 右のセットの下に、ブレーク数/チャンス
 赤字は、多かったブレーク数、 
蛍光ピンクは多かったブレークチャンスを示している。

R.フェデラーが効率良くブレーク。
競った時の勝負強さ、Big4の貫録だ。

第1セットはR.フェデラーが完全にA.ズべレフを抑え込んでいる。
 1stサ-ビスのポイント獲得率は100%。
 効率の良い、フェデラーのサービス。
 決してRfserwiderange

 速くはない。
 相手の
 読みを外す名人。
 逆を突く。
 ワイド、センター、
 幅広いレンジ

第2セットになり、A.ズべレフも反撃したが、
 R.フェデラーのサービス力が半端ではなかった。

 面白い試合だった。
 攻撃のR.フェデラー
 vs 
 ベースライン後方の魔術師A.ズべレフ
 
 1stサ-ビスのポイント獲得率93%、
 A.ズべレフの53%を圧倒した。
 R.フェデラーの強力サービス  

 ブレークチャンスを1回の抑え、ブレーク許さず。
 ビッグサーブのA.ズべレフのサービスゲームを4回破っている。

 A.ズべレフも、一方的な展開を許さず、
 第2セット強力サービスで粘りを見せたが。
 時すでに遅し。

 実はR.フェデラーの緩いボールが効を奏した。
 これは皆さんも、ハードヒッターとの対戦で試して欲しい。
Sayrffaint

R.フェデラーの強さ、総まとめ
 R.フェデラーの上手さに脱帽
  

 R.フェデラー、強くなった訳
  

 冷静なR.フェデラー 禅の学び  

 テニスはフィーリング  

 R.フェデラー Feelingslicetouch

 スライスタッチ
 抜群
 だから
 バックハンドが
 多彩

 テニスはタッチ それには ラケッティング
 
 
 詳しい勝因は、午後にアップします。

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 ★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, サービス, スコア, ズベレフ, フェデラー, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 08:45 | コメントは受け付けていません。

フェデラー 強力若手、カチャノフに打ち勝つ 攻撃はフォアから ハレ2017

R.フェデラー 僅差で勝ち切る 11回目の決勝へ Halle2017
 ゲーリーウエーバーOpen2017 セミファイナル。
 芝のスペシャル、去年の覇者、
 F.マイヤーを破った、R.フェデラーと、

 錦織圭に棄権勝ち で上がった、
 K.カチャノフの打撃戦。
 ノックアウト形式って感じの打合い。
 

 R.フェデラーの強さと、
 K.カチャノフ、才能が見えた試合。
 攻撃テニスの真っ向勝負、軍配は?

R.フェデラー◎ 6-4,7-6(5)  ×K.カチャノフ
Rfkkhallescore

 1ブレーク差。
 チャンスが多かったのはK.カチャノフ。
 1stサ-ビスのポイント獲得率はほぼ同じ、72%。
 差が出たのは2ndサービスのポイント獲得率。
 R.フェデラー62%、K.カチャノフ50%。

 安定指数で、R.フェデラー+1、K.カチャノフ -。
 アンフォーストエラーは、K.カチャノフのバックハンドに多かった。
 R.フェデラーはフォアハンドに多かったが、

 勝利の法則 安定指数で
Rfkk

  

 これは二人のプレースタイルと関係する。
 フォアに回り込む、R.フェデラー、当然フォアハンドが増える。

 バックにボールを集められる、K.カチャノフ、バックハンドが増える。

R.フェデラーの早い試合展開にしっかり付いて行った。
これだけ競って、1時間24分 1ゲーム当たり3分半。
 これはR.フェデラーの試合時間
 R.フェデラーFrtop4matchtime

 早い
 遅いのは
 R.ナダル
 ラリー戦

 N.ジョコビッチ、
 錦織圭は中間
 プレースタイルが良く表れる。

 試合スタッツ  

試合後、R.フェデラーが語ったが、
僅差の試合、勝ててラッキー、
 特に第2セットのタイブレークはタフだったと。
 ゲーム差は、わずかなミス。
 フォーストエラーの差に見える。

最盛期のR.フェデラーは、ウィナーが多く、アンフォーストエラーが少ない。
 パーフェクトのプレーヤー。
 芝で強いのは 

 今は、アンフォーストエラーを恐れず、ウィナー狙い。
 R.フェデラーのN.ジョコビッチ戦

 ウィナー狙いのアプローチショットのミス。
 確実性。
 錦織圭が負ける時は、このミスが多い
 

 サービス、レシーブのミスは極端に少ない。
 R.フェデラー、リターンからの攻撃 

 K.カチャノフはフォアに回り込む事は少ない。
 バックハンドに自信があるのだろう。

 R.フェデラー、フォアに回り込む時の攻めの多彩さ、
 逆クロスに回り込む
 逆クロスに打つと見せかけて、ダウンザライン
 逆クロスに打つと見せかけて、ドロップショット

 肩を入れるのでコースを読めない。
 ボールを良く見る 
 R.フェデラーほど、Rf_bs_imp_course_hide

 視線を
 打点い残している
 選手はいない。 

 ボールを良く見る
 これもあるが、
 合理的な
 身体の
 反射で
 振り出しを良くしている。
 
 Halle セミファイナル R.フェデラーvsK.カチャノフ

 これで決勝は、復活のR.ガスケを下した、A.ズべレフ
 去年のハレで、R.フェデラーは敗れている

 R.フェデラー、驚異の勝ち数
  

 フェデラー タッチの良さ  

 テニス上達のヒント 

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 ★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: イメージ, ストローク, フェデラー, 作戦, 動画, 勝因 | 投稿者tsukky 08:38 | コメントは受け付けていません。

フェデラー 芝の強さを解剖 攻撃力、フォアハンド ハレ2017

R.フェデラー 芝の王者 攻撃的ストローク、戦術
 攻撃テニスを貫いた。
 R.フェデラーの武器は
 キレの良いサービス、
 そして速攻。
 それを可能にする、
 フォアハンドの決定力にある。
Rfsernet

 これが決まらなくても、
 次に必殺のボレーがある。
 相手は芝のスペシャリスト、F.マイヤー 
 2016 D.ティエムを破っての優勝。 
 錦織圭も破っている。 
 
 去年のこの大会の覇者。
 芝になるととたんに強くなる。

 お互いに芝を知り尽くしている。
 芝のコート、難しさは
 芝でボールが滑り、弾まない事。

 そしてフットワークも足元が不安定で、
 ストップ、走り出しが難しい

スプリットステップの足場が不安定。
 止まるのが難しい。Saysplitcycle

 相手が
 打ったら
 軽く
 ジャンプ
 これが滑る

 そして一歩目が
 また滑る。

R.フェデラー◎ 6-3,6-4  ×F.マイヤー
Rffmayscore

 R.フェデラーは、1stサ-ビスのポイント獲得率が86%。
 相手をノーブレークに抑え、
 自身は、12回のうち2回のブレークチャンスを活かした。
 R.フェデラー、芝の強さ

 芝の対応はどの様に? 2016

 クレーコート、グラスコートはシューズの戦争 とも言われる。
 
相手も芝のスペシャリスト。
 速攻勝負となる。
 R.フェデラーはフォアハンドで攻撃的。
 しかし決して無理打ちではない。
 フォアハンドストロークの基本
 R.フェデラーのストロークのグリップ。
 
 F.マイヤーを左右に振り、
 得意のフォアで強打して、アプローチショット。
 F.マイヤーに意識的にパッシングショットをダウンザラインに狙わせて、
 コースを予測、
 ボレーも相手の逆を突く,ストレートで仕留めた。
Rfattackmayer

美しいR.フェデラーのテニス  

 R.フェデラーのサーブ&ボレー 

これでR.フェデラーは錦織の棄権で勝った、K.カチャノフと対戦する。
 若手で切れの良いテニスをする。

 もう一つの組み合わせは、
 復活中のR.ガスケとA.ズべレフ 
A.ズべレフの魅力 オールラウンドでコートサーフェイスを選ばない。

 両方ともベテラン対、若手の対決だ。

 クイィーンズの激戦 ハイライト動画
 毎年、この頃からポイントを稼いでくる、M.シリッチ
 M.シリッチ、D.ヤングを破る。
 G.デミトロフ、フルセットでメドベレフ破る。

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭、出場。嫌な相手、F.ベルダスコと対戦。
 BS朝日 20日、(火)19時放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

Halle Best8 ハイライト動画 K.カチャノフ R.フェデラー

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: エッセイ, スコア, フェデラー, 作戦, 動画, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 09:57 | コメントは受け付けていません。

錦織 早めにリタイア ウィンブルドンを見越す ハレ2回戦

錦織圭 またもや。3年連続のリタイア 怪我と対策
 ウィンブルドンへの前哨戦、
 調整中だった。
 出だしの4ゲーム、全く普通のスタートだった。
 本人も、急に痛くなったと。
 左臀部。
Keiretirehalle1

 ロシアの若手、K.カチャノフ戦
 棄権までのスタッツでは、イーブンの展開。
 K.カチャノフは2ndサービスでのポイント獲得率が低かったので、
 錦織のチャンスがあったと思うが。
 ただ懸案の1stサ-ビスの確率は50%台で低かったですね。
 

 結果的には、F.ベルダスコと組んで出た、ダブルス
 第1シードをフルセットまで追いつめたが、
 この疲労も影響したのだろう。
 芝の感覚に慣れようとの、ぎりぎりの調整が裏目に出た。

Keidbhalle

 左の臀部は、バックハンドの軸となる左脚を支える。
 両手打ちでは負担も増える。
 両手打ち、メリット.デメリット
 ダブルスでは動きも激しいので、負担になったのだろう。

 去年の楽天オープンでも同じ部位を  
 仕方がない。
 プラス思考で 考えたら、良く早く油断した。

 今なら、ウィンブルドンまで時間がある。
 ウィンブルドンが本番なのだから。
 しっかり身体を休ませて欲しい。
 こんな時は、プラス思考で臨むしかない。
 休養しながら、フィーリング、タッチを良くしよう。

Photo

このハレは錦織圭はついていない、3年連続での負傷。
 問題はその先。
 ハレ2016の負傷 
 サービスに必要な、左脇腹。

 去年は、ウィンブルドンまでに調整したが、
 M.シリッチ戦で無念のリタイア  

 2015ハレ 左ふくらはぎ A.セッピ戦 
 

怪我をしたら、コーチの必須知識 RICE

 試合前のストレッティング 

 試合後のクールダウン 

上達を約束する、スポーツ&アートのテニスグッズ
 
 試合のスコア をつけよう  
  スコアをつけるテニスシステム手帳 

Bi3cscore

 ソフトテニス用 A5 手帳  

 システム手帳の内容  

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 BS朝日 錦織圭のATP500,放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, コンディショニング, フィーリング, 怪我, 錦織圭 | 投稿者tsukky 06:52 | コメントは受け付けていません。

錦織 ハレ2017 若手ビッグサーバー、K.カチャノフと激突

錦織 Halle2017 ロシアの若手K.カチャノフと対戦
 ウィンブルドンへの前哨戦、ドイツ、ロンドンの2か所で。
 シードダウンが相次ぐ、激戦。日本のエース錦織圭は?
 ウィンブルドンの芝にどう慣れるか。これが前哨戦の意味
  
 芝のコート、テニスの醍醐味。
 環境への適応力も試される。オープンスキルのスポーツ
 
錦織、ダブルスで第1シードとフルセットの大激戦。
クボット・メロ◎ ×錦織・ベルダスコ
Keidbscorehalle

 シングルスの初戦を戦った、F.ベルダスコとのペア。
 相手のクボット、メロ組は、直前の大会で優勝している、
 ダブルススペシャリスト。

 錦織圭もダブルスは上手い。もっと出場して欲しいが、体力が。
 
 F.ベルダスコもツアーファイナルで総合優勝している。

 DB上達の秘訣 Formation・Book  硬式テニス用
 

 ソフトテニス用 ダブルス・Bookの内容
 

 ダブルスで戦う理由。
 体力の消耗もあるが、芝への慣れを考えると必要な事。
 特にダブルスではネットプレーが増えるので、
 ウィンブルドン対策にもなる。
 ウィンブルドンとネットプレー

Saykeiadapt

ウィンブルドン、前哨戦の意味
 全ては芝の殿堂、ウィンブルドンのため。
 錦織圭、ダブルスパートナーとの対戦、辛勝
 
次の相手、ロシアの21才、K.カチャロフ。
 45位 ロランギャロスでbest16
 A.マレーに敗れたが、
 J.イズナー、T.ベルディフのビッグサーバーを破っている。

 対戦は錦織圭の1勝 だが、ビッグサーバーでなかなかのつわもの。
  去年のUSオープン、2回戦。

 今年のHalleでも、リターンの良いG.シモンを破っての勝ち上がり。
芝に慣れていないと言うが。
Keikk

 198cmの長身で、1stサ-ビスはサイドに打ち分け、オープンコートを作りに来る。
 2ndサービスは、錦織圭のボディを狙って、簡単にリターンから攻撃させないようにしてくるだろう。

 しかし、サービス力で劣る錦織圭は、リターンゲームからの展開になる。
 錦織圭のリターンゲーム、芝  
 第1セットから、早い展開で勝負したい。
 3球目攻撃に期待しよう。

 新しい世代の担い手。
 D.ティエム、A.ズべレフ、T.フリッツ、と若手には良い選手が揃っている。

 若手の新しいテニス  
 ベースライン後方から打ち込んでくる、破壊力。

 シードダウンが続く、ウィンブルドンの前哨戦。
 J.W.ツォンガ、D.ティエムも敗れた。

 快調に飛ばすのがA.ズべレフ。
 ダブルスでも活躍。  ハイライト動画
 

 R.フェデラー、何故芝で強いか 

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 ソフトテニス作戦ボード、特注版
 ダブルスの説明が楽。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen

 BS朝日 錦織圭のATP500,放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, フェデラー, 予想, 作戦, 動画, 錦織圭 | 投稿者tsukky 07:49 | コメントは受け付けていません。

錦織 ベルダスコ戦、辛勝 ハレ2017 課題は

錦織圭のグラスコート、シーズン、初戦 ゲーリーウエーバー2017
 注目のウィンブルドン前哨戦。ドイツ、イギリスで
 ドイツはハレ、イギリスはロンドンのクィーンズ。
 激震が走る、ソードダウンだ。
 ロンドンでは、王者、A.マレー、S.バブリンカが初戦負け。
 N.キリオスも転倒し、棄権。 芝生は難しい。

 勝つには勝ったが、
 今年は錦織選手の試合解説で、
 毎回この言葉を書いている気がする。
 ロランギャロス F.ベルダスコとは因縁の試合
 乱高下の多かった試合。
同じような反省点残った。

 ハイライト動画もあるので参考にして欲しい。
 
 
 僕は錦織選手にはもっと堂々とした態度で試合をしてもらいたい。
 走ってコートに向かう、R.ナダル、S.バブリンカの様に。

 錦織選手らしい、試合への集中の仕方なのだろうけれど。
 表情を出さない。メンタル.タフネスの常識。
Keifacehalle

 勝ち負けで表情の違い
 

 ウィンブルドン、前哨戦のトッププレーヤー 
 シードダウン続出、芝の難しさを象徴。

 芝生への対応。シューズとフットワーク
 
 F.ベルダスコ戦の予測
 こうあって、欲しかったのですが。

錦織圭◎ 6-7(7) ,6-3,6-4  × F.ベルダスコ
Keifvscorehalle1

 第1セットは緊張感が合って良い滑り出しだった。
 お互いにブレークできないまま、タイブレークへ。
 要所でF.ベルダスコのサービスエースが効いた。
 第2セット、錦織は少ないチャンスを活かした。

覇気がないのが第3セット、
 一気に引き離さなくてはいけない場面なのに、 
 ギアが入らない。
 普段ならギア入れが上手くいく のに。
Saykeiadapt

 7回のブレークチャンスで1回しか活かせなかった。
 結果オーライの試合。

 はきり言って不甲斐ない、課題が多く残る試合。
 試合は相手が有って成り立つことが良く分かる試合。
 F.ベルダスコの多くのミスが助けた。
 腰を痛めた様子で、第2セットからショットに切れが無い。
 錦織圭も、付き合ってアンフォーストエラーを連発。
 いつものような切り裂くような爽快なショットが無い。

 ボレーには切れがあった。これは使えるから、
 アプローチショットのミスがもったいない。
キレのある、錦織のボレー
 読みが良いKeivohalle

 相手の
 ボールを誘う

 戦略家
 踏み込む
滑るボレー

 時折見せるサーブ&ボレーも効果的。 これも使える。
 使って欲しい。
 ウィンブルドンでは必須アイテム。

 1stサ-ビスのポイント獲得率は90%を越えているのだから、
 もっと楽勝のはずなのだが。

試合をもつれさせた要因は、二つある。
 1:相手の左右前後の揺さぶりが少ない。
 特にドロップショット、ロブの立体構成が序盤で出なかった。
 2:アプローチショットのミス。

その結果、試合を自分のペースで進める事が出来なかった。
 良くも悪くも、F.ベルダスコのミスでのポイント。
 減らしたいアンフォーストエラー

 勝利の法則
 

 最近多い、ブレークポイントを取り切れない。
 F.ベルダスコがここぞでサービスエースを打ってきたせいもあるが。

1:相手の前後の揺さぶり
 得意のドロップショットを出したのは、試合後半。
 
 
 F.ベルダスコは全く反応出来なかった。
 F.ベルダスコのようなハードヒッターには早めの揺さぶりが必要だ。

F.ベルダスコは、剛腕ストローク、
 サースポーで得意はフォアの回り込からの左右の振り。
 錦織圭は、ストローク戦でも打ち勝ちたかったのだろう。
 その気持ちは分かるが、試合を先にF.ベルダスコに支配されてしまった。
 錦織圭のウィナー狙いの準備段階のアプローチショット。

 そのショットで決めるのではなく、次のネットプレーで仕留めたい、
 そのための準備ショットだが、ネットミスが多い。
 少し焦っている。

錦織圭は試合後のインタビューで、
 

 この試合はベストではなかったが、
 芝への対応としては、上手く調整している。
 芝は今まであまり得意ではなかったが、
 感触はつかんでいると、コメントしている。

次はロシアの若手、ビッグサーバー、K.カチャロフと当る。
 リターンの名手、G.シモンを破った。
 急成長している、ロシアの若手。
 ロランギャロスでもベスト16に上がり、
 ランキングも急上昇。
 錦織圭の1勝、大苦戦だった。

R.フェデラーと練習をする錦織圭 ハイライト動画

 杉田祐一選手、ラッキールーザーでR.フェデラーと試合するラッキー。
 惜しくも敗れたが、良い経験になったはず。

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 ソフトテニス作戦ボード、特注版
 ダブルスの説明が楽。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭、出場。嫌な相手、F.ベルダスコと対戦。
 BS朝日 20日、(火)19時放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, スコア, 予想, 動画, 勝因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 09:15 | コメントは受け付けていません。

ウィンブルドン2017に向けて 前哨戦 トッププレーヤー集結

2017 ウィンブルドン 芝 前哨戦、花盛り
 トッププレーヤーのテニス
 トッププレーヤーはグランドスラムをメインにスケジュールを調整する。
 グランドスラムの特徴
 特にウィンブルドンは、世紀の5セットフルセット。
 これは過酷、しかも優勝までは7回。

グランドスラムに合わせて4つのシーズンがある。
 オーストラリアンオープン
 ロランギャロス
 ウィンブルドン
 USオープン

ロランギャロスのクレーコートからウィンブルドンのグラスコート
 この時期が一番短い。だから調整が大変

 しかもコートサーフェイスが大きく異なる。
 テニスがオープンスキルのスポーツである事が良く分かる。
 天候、周りの環境が影響する。

Sayingopenskillf1

 
 選手のコンディショニングも重要だ。
 クレーコート、芝では、インドアが少なく、
 外のコート、
 天候、風、大きく作用される。
 特に、日没、雨での順延は、トッププレーヤーと言えども、
 心の強さが求められる

 テニスはメンタルの戦い

 ロランギャロスで死の淵からよみがえった、錦織vsチャン戦。
 負けかかった前半 
 勝ち抜けた後半 
 順延で助かった例。 

 ウィンブルドンまでの短い調整機関、
 前哨戦を選び、調整する。
 2016 前哨戦の結果 で見えたもの
 
ドイツのハレ、ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭の初戦は、あの剛腕サースポー、F.ベルダスコ

Hallestadium

 

 R.フェデラー、D.ティエム、錦織圭、A.ズべレフ、登場
  早くもシードダウン続出。
  
 

イギリス クィーンズ  ハイライト動画
 
 A.マレー、M.ラオニッチ、G.デミトロフ、J.W.ツォンガが登場.
  N.キリオスは負傷、棄権。
Queensclubtennis

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭、出場。嫌な相手、F.ベルダスコと対戦。
 BS朝日 20日、(火)19時放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ウィンブルドン, トッププレーヤー, フェデラー, マレー, 予想, 全英, 動画 | 投稿者tsukky 09:28 | コメントは受け付けていません。