センターコート

DSC02110.gif

 びっくり!

 

 

 なんとセンターコートがハードコートになっていました。

 

 

 私がやったときは芝生でした。

 

 

 センターコートに入って行った時のことを思い出します。

 

 

 決勝の日だけ、執事のような男性が私たちのテニスバッグを持ってくれます。

 

 

 ロッカールームからセンターコートへと歩き、真っ暗いトンネルに入って、その向こうにまぶしい芝生のコートが見えた時の昂揚感。

 

 

 そして、その光の中に出たときの歓声!

 

 

 私の人生であんなことはもう二度とないでしょうね。

 

 

 ちょっと寂しい¨¨。

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 19:27 | コメントをどうぞ

クーヨン・ローン・テニスクラブ

DSC02102.gif

クーヨンの駅から歩いてすぐにクーヨン・ローンテニスクラブは、以前と全く違うほど変わっていました。

 

 

数年前に数億円かけて改修下だそうです。

 

 

すごい高級なテニスクラブになっていました。

 

 

中は、まるでテニスミュージアムのように歴史的な写真や、ラケットなどが飾られていました。

 

 

上流階級の雰囲気を持ったクラブメンバーが何人も私に親切に話しかけてくれました。

 

 

私が「30年前にここのセンターコートでダブルスの決勝をしました」と言いうと、大げさに驚いてくれました。

 

 

オーストラリアの人たちは、本当に気の良い人たちです。

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 19:22 | コメントをどうぞ

ドン・トレゴニンさん

DSC02004.gif

 今日クーヨンのテニスクラブへ行ってみることになったきっかけは、昨日私がオーストラリアンオープン会場に設けられたラストエイトクラブのラウンジでカプチーノを飲んでいたら、「Aren’t
you Nana Sato?」と声を掛けてくれた人がいて、選手の誰かと思って振り向くと男性で、それがなんとドン・トレゴニンさんだったのです。

 

 

 私は10代の頃は「Naoko Sato」ではなく「Nana Sato」で出ていました。だから、多くの外国人選手はまだそう呼ぶのです。

 

 

 懐かしい話をいろいろとして、最後に「何かやってほしいことがあれば言ってね」と言われたので、「懐かしいクーヨンに行きたいのですが、電車でいくのはクーヨンの駅で降りてよいのですか?」と聞いたら、すぐにその場からクーヨンのマネージャーに電話してくれて、明日日本のNana
Satoが行くから、ちゃんといろいろと見せてやってくれとアレンジしてくれたのです。

 

 

 ドン・トレゴニンさんは日本にも何回も来ているので、日本でも知っている方が多いと思います。息子さんもコーチングを教えに、時々日本に来ているそうです。

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 19:15 | コメントをどうぞ

クーヨン

DSC02084.gif

 今日は午前の時間を使って、クーヨンへ行きました。

 

 

 クーヨンといっても、何かわからない方が多いと思いますが、以前オーストラリアンオープンが行われていたテニスクラブです。

 

 

 今のメルボルン・ナショナル・パークに移されるまで、オーストラリアンオープンはいつもクーヨンの芝生のコートで行われていました。

 

 

 私がシングルスでベスト8に残ったのも、ダブルスで準優勝したのも、クーヨンのグラスコート(芝生)でした。

 

 

 昨年も行きたかったのですが、昨年はこちらでの宿泊日数が少なかったのでいけませんでした。

 

 

 今日、思い切って行きました。

 

 

 懐かしかったぁ。

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 19:06 | コメントをどうぞ

錦織圭君

んー、残念でした。

 

 

 

だけど、かなりすごかったです。

 

 

 

満席のロッド・レーバー・アリーナで、第1シードのラファエル・ナダルと、対等な試合をしました。

 

 

 

なんと7-6、7-5、7-6。

 

 

 

いやぁー、でもナダルはもっとすごかったです。15-40の錦織君のブレークポイントとかになるとなぜかサービスエースを取るのです。

 

 

 

普通の選手なら恐くなってファーストサーブを確実に入れていくかもしれない場面で、必ずと言っていいほどエースをとります。あれは集中力?勇気?

 

 

 

今日もオージー(オーストラリア人)から「COME ON NISHI!」(なんでニシコリって言えないんでしょうね。なぜか「にし」なのです)という応援がそれから「ガンバッテネ」という外国人アクセントの応援も沢山ありました。勿論日本人の声援も沢山。

 

 

 

途中でね、錦織君がボレーを打って、それを拾いに行こうとしたナダルが倒れて彼の靴の紐が切れたのです。そしてナダル当然のようにそれをはき替えに行ったのですが、あれいいのかな?結構長い時間がかかったのですが、その間錦織君は体が冷えないようにタオルを体中に巻いてずっとベンチに座っていました。もしかしたら、あれは許されないのではないかと思いましたが。もし、普通の選手の紐が切れて、遠いロッカーまではき替えに行けるかといえば、行かせてもらえないでしょうね。あすでも川廷なお君に聞いてみますね。

 

 

 

ジュニア男子は相当頑張っていますよ。今日は中川なおき君の試合を見ました。ファースト取って、セカンドタイブレークで取られたところでコートを去ってしまいましたが¨¨、勝ってくれたかな。ガッツあるしかもドロップショットやボレーも積極的に使ってよいプレーをしていました。

 

 

 

みなさん、今、ジュニアだからって子供だと思ってはいけませんよ! そのスピードも動きも、すごいです。

 

 

 

日本にいるジュニア選手、そしてそのコーチのみなさんは、自分が(選手が)まだ子供だということに甘えずにいろいろなショットに挑戦してくださいね。

                                                               佐藤直子

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 20:29 | コメントをどうぞ

ジュニア選手たち

DSC01968.gif

 今日は沢山の日本人ジュニア選手たちが試合をし、その応援に私はコート移動が大変でした。

 

 

 まず7番コート11時からの山崎じゅんぺい君。彼は素晴らしい試合をしましたが、相手のブラジルの選手が昨年9月までATPの一般の試合で優勝するぐらいの飛びぬけた選手だったのに、突然フォアハンドイプスになり、フォアハンドがおかしくなったそうです。

 

 

 HOCEVAR
(GABRIEL VELLINHO)君、サーブもボレーも、バックハンドもびっくりするほどすごいのに、フォアハンドだけがカシャッとかすれた感じになってしまい、フォアハンドに打たれるとミスとなっていました。

 

 

 本人は「何やってんだよ!」みたいな感じで自分を責めたり、コーチを見ますが、どうしようもなく、イライラするばかりでした。

 

 

 私は自分がトスのイプスで悩んだので、彼の気持ちがすごくよくわかり、心が痛みました。

 

 

 相手がそうだと、試合がとてもやりにくいはずですが、山崎くんは淡々と自分がやるべきことをやって、立派でした。

 

 

 次に、11番コート11時からの福田そらちゃんを見にいったら、なんと逞しいそら君でした。

 

 

 昨年の9月から盛田ファンデーションでIMGテニスアカデミーへ送り込まれた選手で、残念ながら負けましたが、精神的に強い感じがして、将来的にも世界で十分戦っていけるなと感じました。

 

 

 続いておおやのぞみさん。今度こそジュニア女子を応援へ。今回ジュニアのテニスもしっかり見たいと思ってきたのですが、今日本では男子の方が押せ押せ感があるのか、女子は参加人数が少ないです。

 

 

 次におち君を見に15番コートへ移動しました。おち君のコーチはJPTA(日本プロテニス協会)の会員です。相手が13シードのMIEDLER(オーストリア)で、かなり逞しく、おいプレーをしましたが、残念ながら負けました。

 

 

 セレナ・ウイリアムズがアナ・イバノビッチに負けたのが今日一番のトピックですが、オーストラリア人のデラクワが勝ち残っている最後のオーストラリア人だったので、明日の新聞はきっとデラクワがカナダのブシャードに負けたニュースの方が大きいでしょう。

 

 

 今、オーストラリアはすべてがオーストラリアン・オープンで、道を歩いていても、コーヒーショップに入ってもテニスの話題が聞こえてきます。

 

 

 ジャパンオープンも早くこういう国を挙げてのイベントにしたいものですね。

 

 

 写真はそらちゃんだと思って見に行ったそら君です。

 

                               佐藤直子

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 20:20 | コメントをどうぞ

錦織圭君完勝

DSC01942.gif

 今さっき錦織圭君の試合が終わりました。相手はD Young (USA) で、とても頭の良いテニスをし、サーブを錦織君の体の中に入れてきたり、ラリーも緩急自在でアッと思うとボレーに出てきているという選手でした。

ストロークにすごいスピンがかかっているので、アウトかと思うと入っているというパターンが何回もありました。

 

 

 

立ち上がりは相手のペースで0-3まで行って腰が抜けましたが、2-5までいったかな、そのあとスーパーショットで切り抜けて7-5で取り、あとは危なげなく勝ちました。

 

 

 

 「NISHI,NISHI、KORI、KORI!」みたいな変な掛け声をオーストラリアの若者たちが作ってきて、応援してくれました。が、返って錦織君の邪魔をしていた感もありました。

日本人の間からは失笑が漏れていました。

 

 

 

今回錦織君は16シードですが、もう貫禄が出ているぐらい、何があっても焦らず、騒がず、立派でした。

 

 

 

次はナダルですが、今ロッド・レーバー・アリーナで、モンフィスと対戦していますが、ナダルが勝ちそうです。

 

                          佐藤直子

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 20:20 | コメントをどうぞ

奈良くるみちゃん

DSC01960.gif

 奈良くるみ選手は一番大きなロッド・レーバー・アリーナの第一試合でヤンコビッチと対戦しました。

 

 

 試合はほとんど対等、セカンドはもう手を伸ばせば届くところまで頑張りました。

 

 

イライラするヤンコビッチに対して、黙々と懸命に試合をするくるみちゃんに、観客も「COME ON NARA!」と声援を送ってくれました。

 

 

お陰で日本人の印象がとてもよくなったと思います。

 

 

 

今日は西郷ゆきなさん、高橋ゆうすけ君、中川なおき君の試合も応援しました。ジュニア選手たちもそれぞれ頑張っていました。

 

 

私のジュニア時代を懐かしく思い出しました。

 

                     佐藤直子

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 20:19 | コメントをどうぞ

オーストラリアンオープン

DSC01863.jpg

これは昨晩出したつもりで、送られていませんでした。今送ります。

 

 

メルボルンに無事着きました。

 

 

東京を出たときは雪がどうのこうのという話でしたが、こちらは42度!

 

 

もう何もしていないのに汗がポタポタと落ちます。

 

 

シャラポワが「オーブンからだしてよ!」と言ったようです。(まさにそのぐらいの暑さです)

 

 

伊達さんも「この歳になるとこの温度の中で2時間たっているだけでもしんどいので¨¨。(試合で走り回った)」と言ってインタビューで笑わせていましたけど、その意味がよくわかりました。

 

 

宮村さんのダブルスを見ました。セカンド3-5ダウンから頑張って5-5にしましたが、7-5で取られました。よいダブルスをしていました。今後を期待したいですね。

 

 

明日のスケデュールをまだ見に下りてませんが、きっと錦織圭君と奈良くるみちゃんがやるので、気合を入れて応援したいと思います。

 

 

今日メルボルンパークに着いてすぐ、日本テニス協会会長の畔柳さんと、ジャパンオープンのトーナメントディレクターなどをやっていて日本のテニス界の貴重な存在となっている川廷ナオ君に会いました。こんな広い会場で偶然会えるなんて、ラッキーでした。

 

 

今日は何もせずに試合会場をあっち行ったりこっち行ったりしただけなのに、疲れましたよ。朝7時25分にシドニーについて、乗り換えてメルボルンにきました。やっぱり突然の暑さにやられたかな。

 

 

してみると、伊達さんはそうとうすごいですよね。この、頭がぼーっとしてめまいがするような暑さの中で、16歳相手に3セット!本当に頭が下がります。

 

 

 

写真はオーストラリアンオープンの会場にある冷たい霧がでるサービスのところで、砂漠のオアシスのような感じで霧浴びしている私です。できれば、あそこにずっといたかった!

 

 

                                                                        佐藤直子

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 20:17 | コメントをどうぞ

オーストラリアンオープンへ

2014-01-16_120103.jpg

私は今成田空港へ向かっています。

オーストラリアンオープンへ行きます。

オーストラリアンオープンのベスト8に残った、ラッキーな戦績があり、「last 8 club 」というところから招待が来ました。

伊達さんは残念ながら負けてしまいましたが、錦織君勝ち残っていてくれると嬉しいのですけど。

〓〓〓〓佐藤直子 〓〓〓〓

カテゴリー: 日記 | 投稿者佐藤直子 16:00 | コメントをどうぞ