カテゴリー別アーカイブ: ステーショナリー

キーホルダーとか、オーダーとか。

先日、クロゼットから発掘された中にこんなものも。
IMG_9952
HEADのリールキーボルダー。
以前のロゴなので随分古いと思われる。

展示会で配られたものだったかな。
釣りにいいかも。
あ、釣りしてないか。

 

さて、こんなラケットが届いた。
IMG_0257

全体はこんな感じ。
IMG_0262

わかるだろうか。

そう実はこれ、HEAD SPEED MPなのだ。
IMG_0258

IMG_0261

IMG_0266

このSPEED、そんじょそこらのSPEEDじゃない。
IMG_0259
市販にはないカラーと、フレームにはHEAD SELECTの文字。

グリップはレザーテイストの特注。
IMG_0263

グリップエンドのロゴはHEADではない。
IMG_0267

そして、スロート内側には、Team RECの刻印が入っている。
IMG_0260

このラケット、HEADさんからいただいたもの。

本国のスタッフさんとのミーティングや、
あれこれと試打やテストを手伝ってくれたから、
お礼にオリジナルモデルをつくってあげようとのことで、
海外で展開しているオーダー企画でラケットを作成いただいたのだ。

カラー、ウエイト、バランス、ストリングパターン、
グリップタイプ等々を選び、刻印を指定する。
speedselevcet
これがその時のオーダー画面。
今、ワタクシが使いたいスペックにさせていただいた。

待つこと1ヶ月半くらいだろうか。
HEADさんから届いたのがこれ。

もちろん、もったいないので使っていない。
ありがたく会社に展示させていただいた。
本当は打ってみたいけどガマンである。

このカスタムシステム、日本からのオーダーも可能なのかな。
自分の名前、入れたラケットつくってみようかなぁ。
見る限り、SPEEDだけみたいだけど、PRESTIGEないですか?

カテゴリー: オモチャ, ステーショナリー, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

文具カフェとか、SPORTECとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

原宿の裏通りを歩いていて発見。
IMG_1924
文具カフェだって。

なんか楽しそうな店だ。
IMG_1925
色んな文具を試せる店らしい。

文具って楽しいよね。
東急ハンズの文具売り場なんかメッチャ楽しい。

この店も一度行ってみたいな。
でも、こういう店でのんびりする時間、
なかなか無いんだよなぁ。
もう少しゆとりのある生活を・・だなぁ。

 

さて、先日のこと。
暑い中、汗だくで東京ビッグサイトへ。

SPORTEC2016というフィットネス関係の展示会である。

ワタクシたちの生業は基本はテニスだが、
これからはテニスにプラスアルファの価値が必要との思いは
ずいぶん前から強く持っている。

まあ、実はこういう思いは多くのテニス業者が持っていて
色々なトライをしているところも少なくないのだが、
テニス界の体質が古いのか、まだまだという感じ。

さらなる価値創造のためには、それじゃいけないってことで
極力、他業種などの情報を取るようにしているのだが、
その中でもフォットネス系はスポーツ系という括りは一緒だし、
分かりやすい刺激とヒントを得られるのが良い。

ってことで、会場へ。
しかし、ビッグサイトって各棟へのアクセス悪いな。
歩かせ過ぎだよ。

会場内はかなりの盛り上がり。
ゴルフの展示会でも感じるが、フィットネスでも
テニスとのマーケット規模の違いを実感。

会場にはフード系やドリンク系もあり、
水素水やオーガニックフードなどが多かった。

そしてマシン系。
IMG_2310

エクササイズ系。
IMG_2312
目についたのは格闘系フィットネス。
音楽に合わせてパンチ、キックを繰り出すのは
相当な運動量と、何よりストレス解消になりそうだ。

ステージでも格闘系エクササイズを実演中。
IMG_2304

動きと音楽のシンクロっぷりがハンパない。
IMG_2307
キック、パンチを繰り出すタイミングで
サウンドアタックが入ったりするのだけど、
これってどうやって出しているのだろう。

毎レッスンにDJがつくわけはないだろうし、
最初から楽曲に組み込まれているのかな。
だとすると、インストラクターの技量は超人級だ。

いつもフィットネス系に触れると感じるのだが、
とにかくインストラクターのパフォーマンスレベルが高い。
IMG_2308

音楽は流れ続けるから、
間違ったからといって止めるわけにもいかないし、
「ちょっと休ませて」ってわけにもいかない。

汗だくになっているお客様と同じ動きをしながら、
全員を盛り上げ、引っ張っていく。
こういう要素を持っているテニスコーチって
どれくらいいるのだろうと思ったり。

競技の特性上、どこまでのテンションですべきかってのはあるだろうが、
ワタクシたちももっとパフォーマンス力、プレゼン力を上げなければと
いつも思う。
そんなことを思いながら会場を後にした。

最近は日々に忙殺され気味でインプットが少なくなっていたが、
良質なアウトプットのためにはインプットを増やさなければと
あらためて思ったSPORTECだった。

実は、現在、新たなトライアルを企んでいる。
まだまだ仕込み中だが、きっと皆さんに喜んでもらえるはず。
良いものに仕上げたいと思う。
しばらく時間は掛かるかもしれないがお楽しみに。
・・って、全然分からないか。

カテゴリー: ステーショナリー, トレーニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハサミとか、パッドとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ハサミを買った。
IMG_1896
あるテレビ番組で紹介されていたタイプ。

特に高価なものではない。
300円くらい。

キモはここ。
IMG_1897
刃が緩やかにカーブしていることで、
力を入れずに切ることが出来るのだそうだ。
なんでもダンボールもスイスイ切れるとか。

ダンボールは切っていないが、切れ味は抜群。
少しの力でスイスイ切れる。
こういう進化って特許あるのかな。
すごい発明だよ、これ。

 

さて、子供たちが交互にストリングを切ってくるので
お抱えストリンガーになっているワタクシである。

12歳児は切れるとすぐに、
「ガットが切れてしまいました。張ってもらえますか?」
とメールが来るので、張りの予定が立てやすいのだが、問題は長男。

すっかり酔っ払った頃に「ガット切れました。明日、朝練なんだけど」と言う。
そんな状態でストリンギングをするわけにもいかないので、
早起きして張ることになるのだ。
IMG_1985
もう少し相手の都合というか、段取り力を身につけてほしい。
社会人になった時に困るぞ。

とはいえ、最近は現場でのストリンギングの機会がほとんど無く、
自分のラケットに試打ストリングを張るくらいだったから、
張りの感覚が鈍らないのはありがたい。
(いちおう「張人」だし・・)

 

先日、Facebookでどなたかが紹介していたもので
心ときめくツールがあった。

これである。
rpntbk

ストリンギングしない方には何のことやらだろうが、
こんなふうに使用する。
rpnnt
ストリングを仮留めする際に、フレームに傷がつかないように
スターティングクランプとフレームの間に挟む緩衝パッドである。

通常は小さな皮にストリングが挟める切り込みを入れた
ものを使用することが多いのだが、これはなかなかオシャレ。
こだわりツール好きなワタクシにはたまらない一品である。

検索し探し当てると、スペインのテニスショップらしい。
http://www.parnellknot.com/index.php/en/

ちなみに店名の「パーネルノット」はストリングの結び方の名前。
レックのマニュアルでも標準になっている留め方である。

サイトにはネットショップもあり、このパッドも通販しているようだ。
2個で20ユーロくらいだから、買ってもいいかなと思ったのだが、
国外発送対応可なのかが分からず注文出来ないでいる。
欲しいな、これ。

 

ワタクシが現在使っているのは、
ストリングのパッケージを重ね合わせて自作した紙製のパッド。
IMG_1983
HEADロゴはカッコイイが、やっぱりしょぼい。

ということで、とりあえず自作することに。
レザーグリップの予備があったので、これを加工。
IMG_1982

出来た!
IMG_1981
うーん、不器用である。

使ってみた。
IMG_1984
もちろん、紙製よりは使い易い。
この形状もご利益ありな気も。

ただ、ちょっと柔らかすぎるかな。
レザーグリップだとしなやかすぎるようだ。
少し固めのレザーを加工するのが良いかも。

やっぱりスペインから通販で購入してみるか。
または、いっそレザークラフトショップでオリジナルを作ってもらうか。
このためのだけにレザークラフトを覚えるのは・・・無いな。

ああ、欲しいぜ。

カテゴリー: ステーショナリー, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

残念とか、プライムとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今週末。
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

タスマニアに遠征中の穂積プロ。
シングルス1回戦はこちらの会議の真っ最中だった。

ウメダコーチからLINEで刻々と入る実況も
会議を進行しなければいけないので
こっそり見るわけにもいかず・・・。

休憩時間にiPhoneを見たら、
ファイナルセットタイブレークの6−8という
激戦の末、敗退していた。
IMG_6805
うーん、残念。
あとはダブルスで頑張ろう。

今回のパートナーは宮村プロ。
1回戦は無事に勝ち上がり、
次の日は藤原理華プロ・波形純理プロと対戦。

遠いタスマニアで日本人同士、
しかも3人がプリンス契約という不思議な対戦に。

昨日夕方、ウメダコーチから「勝ちました」との報告。
次はオーストラリアペアらしい。
しばらく帰ってこなくていいから、タイトルを獲って欲しい。
ガンバレ、絵莉!

 

さて、ペンである。
IMG_6770
ここ数年愛用して来たLAMYの4PEN。

雰囲気は良いのだが、どうも書き始めのインクの出が悪い。
先日、UniのJETSTREAMを購入したところ、その書き味の良さに感動。
RIMG0558hgg
雰囲気を取るか、性能を取るか悩んでいたのだが、
何にしても一番の問題は太すぎて手帳のペンホルダーに入らないこと。
そんなわけでペンケースに入れて持ち歩いていた。

ところが先日、東急ハンズでJETSTREAMの高級版を発見。
IMG_6768
三菱鉛筆 ジェットストリームプライム 3&1多機能ペン (ボールペン0.7mm インク:黒・赤・青、シャープペンシル0.5mm) ブラック MSXE450000724

細身のボディにシャープペン・赤・青・緑のボールペンとLAMY4PENと機能も同じ。
しかもLAMY4PENはシャープペンが0.7mmだが、このJETSREAMは0.5mm。
値段は5,000円とちょっとお高いが、かなり理想に近い。

ところが東急ハンズの売り場にはピンク色のモデルしか無い。
買ってしまおうかちょっと迷ったが、ひとまず諦め、
帰宅後、Amazonで検索。
無事にブラックを見つけ購入。
IMG_6769
なかなかの書き味。

手帳カバーのペンホルダーにもピッタリだ。
IMG_6772

いい買い物したぜ。
後日、メガネをかけて良く見たら、
変な石があしらっている事に気づいた。
IMG_6984
高級感を出そうと思ったのかもしれないが、
これはちょっと余計かな。

でも、かなりオススメの一本である。

カテゴリー: ステーショナリー, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発売中とか、CamiAppとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

テニスクラシック_ブレーク1月号が発売になった。
IMG_6046
発売は毎月5日だからとっくに出ていたのだが、
何かと忙しくて忘れていた。(申し訳ない)

今月号の「ショット習得のキモ教えます!」では
アングルボレーの解説をしている。
相手のボール(パス)が色んなパターンで飛んでくる中、
ラケットの動きを表現するのって難しいね。

手伝ってくれたタケダコーチ、担当のY嬢と
あれこれ言いながらなんとか仕上げたって感じ。
ご一読いただけたらウレシイ。

 

さて、年の瀬ということでスケジュール管理が気になる時期である。

ワタクシ、スケジュールはすべてGoogleカレンダーで管理している。
経費清算やら勤務記録やら見直すのも便利だし、
リスケジュールも打ち直すだけなので簡単、
PC、iPhone、iPadすべて同期するのも助かる。

が、大きな問題がひとつ。
通話中にスケジュール画面が見られないこと。

アポの多くは電話で入る。
話をしながら互いのスケジュールを調整してというのが、
どうにもやりにくいのだ。

スピーカーにして会話しながら確認というのも
外やひと目がたくさんある場所ではやりにくい。
いちいちMacbookを開いたり、iPadを出したりでは
せっかくモバイル機で管理している意味が無い。
ここが唯一にして最大のネック。

あ、モバイル機の弱点がもうひとつ。
タスク管理が上手く出来ない。

ワタクシ、もともとタスク管理は手帳&ポストイット派。
やらなければいけない項目毎に1枚ずつポストイット作り手帳に貼る。
終わった項目から剥がして捨てる。
ポストイットがビラビラと手帳に貼り付いてる時は
仕事が溜まっていることがひと目で分かる仕組みだ。

iPhoneにも付箋アプリを入れているが、
そもそもアプリを開かなければ見る事が出来ないし、
普段ひと目で分かるようになっていなければ
「やらなきゃ」と思わない。

ということで、いちおう高橋書店の手帳はそのままに
モバイル機と併用状態から抜け出し切れずにいる。

ワタクシ、ビックリするほど字がヘタ。
直筆の文書を書いた途端、中身に依らずまったく説得力が無くなる。
そんなわけですべてを電子文字にしたいのだが。

そんな中、ステキなノートを発見。
RIMG0645
CamiApp(キャミアップ)

手書きメモをデータ化出来るノートである。
使い方は簡単。
スマフォに専用アプリをインストールして、撮影し取り込むだけ。
camiapp

キモはこれ。
RIMG0647
紙面の四隅に見える黒いカバー部を淵に見立てて認識させる。

もうひとつのキモはここ。
RIMG0648
左上のアクションマーカーを塗りつぶすことで、分類出来る仕組みになっている。

会議や打ち合せの記録はMacbookかiPad、iPhoneのメモ機能を使っている。
これはiCloudで同期されるのでとても便利だが、テキストのみで絵は書けない。
このCamiAppなら絵も付箋もそのままの状態で取り込める。(はず)
ということで、新たな扉が開けそうな予感のノートなのである。

つまりはかなりの工夫をしないと
仕事的に追いつかなくなって来たってことなんだけど。
ガンバレ、オレ。

カテゴリー: ステーショナリー, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。