「悔しさは、僕にとっては収穫でしかない」by 羽生結弦

こんにちは。

今日は、ちょっとフィギュアスケートの話をさせてください。

日本時間の9月23日、フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)という大会があり、羽生結弦選手がショートプログラムで112.72点という世界新記録をマークしながら、フリーでは失敗を重ねて、155.52点と、フリーでは5位の成績に終わり、トータル268.24点で2位という結果に終わりました。

試合後のインタビューで、悔し涙を見せた羽生結弦選手でしたが、そのインタビューの中で、思わず「さすが!」と思ってしまった一言が飛び出します。

それが、題名でもある「悔しさは、僕にとっては収穫でしかない。」です。

本当に悔しかったに違いありません。

ですが、「この悔しさを心にしまって、試合まで残しておいて、試合で爆発させられるように、しっかり練習していきます。」との言葉通り、きっと次はやってくれることでしょう。

テニスの試合も、同じです。

いつも勝つとは限りません。

素晴らしい結果を残すことができる時もあれば、悔しい敗戦を経験することもあると思います。

その悔しさをバネに、次につなげていくことができる、それができるかどうかが、トップに上がっていけるか、それなりで終わるかの違いになっているに違いありません。

負けた試合にこそ、次につながるヒントが必ずあります。

そして、強いメンタルを持ち続けられるかどうか、自信を持って戦っていけるかどうか、そこがとても大切なことだと、ずっとジュニアに携わらせていただいて感じることです。

ひまわりのプレーヤーズのジュニアたちは、本当に上手になったよ。

あとは、自信を持って試合に行くだけです。

そして、負けた時に、「悔しさは、僕にとっては収穫でしかない」、この言葉を思い出し、次につなげていこう。

悔しさは、コーチも一緒、同じ気持ちだから、一緒にこの悔しさを次の試合で爆発させられるように、しっかり練習していこう。

Every cloud has a silver lining!

(悪いことが起こった後には何かしらの良いことが起こる)


カテゴリー: 未分類 | 投稿者ひまわりテニススクールプレーヤーズ 17:50 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">