日別アーカイブ:

祝!東京都選抜ジュニアテニス選手権大会14才以下女子シングルス、林鈴準優勝!、健闘しました、小松由茉8位、小川愛ベスト16!

こんにちは。

平昌冬季オリンピックも残りわずか、ここにきて怒涛のメダルラッシュになっていますね。

女子カーリングの銅メダルに、さらには今回から始まったスピードスケート女子マススタートにおいて、高木奈那選手が見事に金メダル!

感動しました。

そんな中、ビッグKひまわりに改称してから、最初の快挙が舞い込んできました。

東京都選抜ジュニアテニス選手権大会という、東京都の12才以下と14才以下のランキング上位32名のみが出場できる大会の14才以下女子シングルスにおいて、ビッグKひまわりの林鈴が並み居る強豪を押しのけて、失セット0で決勝進出!

決勝戦では、惜しくも第2シードの長谷川采香さんに敗退しましたが、見事準優勝という快挙を成し遂げました!

オリンピックでいうと、銀メダルですね。

また、ビッグKひまわりからは、他にも2人の選手が出場しました。

最終結果は、林鈴以外は小松由茉が8位、小川愛がベスト16という結果でした。

東京から32人のランキングで選ばれた選手のみが出場できるこの大会で、3人のビッグKひまわりの選手が出場したこと、このことだけでもとても素晴らしいと思いますが、さらに3人の選手がそれぞれ勝ち上がって、ベスト16に3人とも入りました。

ベスト8には2人入ったので、これもすごいことでしが、ベスト16でビッグKひまわりの林鈴と小川愛が直接対決するという残念なドローで、もしドローが違っていたら、小川愛もベスト8に入れた可能性が高いので、そうなったらベスト8に3人が入るという快挙も成し遂げられた可能性が高いです。

この大会の結果により、全国選抜ジュニアテニス選手権関東予選に出場が決まります。

(最終的にだれが出場するかは、後日加筆します。)

鈴、準優勝、まずはおめでとう!

スコア的には接戦があったけど、接戦の中、要所を締めて危なげなく勝ち上がったかな。

昨年は、12才以下で全国選抜に出場したので、今年は絶対に14才以下でまずは全国選抜に出場し、そこでさらに上を目指していこう。

出場が目標ではなく、あくまでその上だからね。

由茉、最後は残念だったけど、体調が悪い中、本当に良い戦いができていたと思うよ。

8位だと、関東選抜に出場するのは少し厳しいけど、この大会が最終目標ではないし、この大会が全てではないので、何か課題を持って、次のステージに進んでいこう。

愛、ドローが2回戦でビッグKひまわり同士になってしまい、本当に残念だったけど、愛は愛で充分鈴に勝つチャンスのあるテニスをしていたよね。

内容も、本当に素晴らしかったよ。

充分にベスト8に入っていてもおかしくないテニスだったよ。

練習課題の方向性は間違ってないと思うので、これを良い教訓に、次のステージに進んでいこう。

みんな、もう東京ジュニアは始まっているよ。

過去を振り返るのは一瞬にして、次の目標に向かって新たな気持ちで戦っていこう。

目指せ、全員関東ジュニア出場!

Fight!

image1

image2

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ