ぶれちゃダメ

今日は最近感じていることを書きたいと思います。
長くなるので面倒くさい人は読まないでくださいな。
ただ試合に出たりする生徒で見てくれた人は必ず読んでください。

僕は自分の生徒でありmateの皆さんにはブレないで欲しいと思っています。
今までの経験や勉強したことから方向性を考えて自分なりに一人一人1番良いんじゃないかと思うテニスや取り組み方をアドバイスしています。

凝り固まった考えや閉鎖的な中で偉そうに自分の考えを押し付けてもいません。

小さなゴールをそれぞれ段階的に設けてそれに向かって練習するだけを考えています。
途中に試合があってそこに負けようが勝とうが一喜一憂しません。
ゴールがその試合の勝ち負けじゃないからです。
もちろん目標の試合があったらそこに合わせて取り組むけど基本はそこで勝とうが負けようが小さなゴール1つ1つは絶対変えません。

例えば今まではストロークでつなぐことしかできなかったから今度は自分からネットに行き攻めることも出来るようになりたいとします。

強くなる人はそのゴールの前に試合があったら試合で勇気を出して取り組んでることをやろうとします。

変わらない人は、
1.試合だと怖いから一度もやれない(でも心の中ではやらなきゃとは思う)

思ってるだけじゃ永遠に変わらないです

2.やってみたが失敗が何度か続いたので試合中ネットに出るのをやめた

仕方ないかもしれません。だけど出るべき時は出ましょう

3.失敗したので使えない意味のない取り組みだったと思い、以後練習でもネットに出るトライすらしなくなる

最悪

4.コーチの教えたことは合ってないと不満を覚える
↑技術がないのを人のせいにしないで

1から4全てダメ。
ネットに出るべき時に出るんです。
そこに躊躇いも強制もない。
出ない時は出なくていいし、出るべき時だと思ったら出ればいい。
付け加えればネットに出る練習をしたから全部出るのも頭を使ってない。

その試合出来ないことは関係ないんですよトライしてるんだから。
そんなにすぐゴール出来るわけない。
小さな発見を積み重ねて成功させていくんですよ。

1回戦で負けたよ練習してることができなかった→取り組みに疑問… ?!
甘いよ!

すぐ負けて何も発見できてないくせに疑問感じてやめちゃダメだ。
それは間違いなく上手くなれない人の考え方。

「コーチと練習してるみたいにしっかり打っていきたいのにポワンポワン当ててくるだけの人に負けました。打たない方がいいみたいです。私も当ててコントロールしていこうかな。」

えー?
打つとか打たないとかマジ意味わかんない。
理解してない。
シチュエーションごとにとんなボールを打ったらいいかアドバイスしてるはず。
1番最もダメな考え方。
ちゃんと勝ち進んでいく人のテニスを残って観ていきましょう。

「コーチがセカンドサーブをしっかりバックハンドに入れて攻撃させるなっていうから縮こまってフォルトばかりしてしまいました。ただいれても大丈夫だと思います。」

一生打ち込まれててください。一生ロブされてください。一生短く落とされてください。一生しょぼいサーブ打っててください。

って他人なら言えるけど自分の生徒見過ごせないでしょう。

みんなブレすぎ。技術がない勇気がない発揮する力がないのを取り組み方のせいにしちゃだめ。

いいのその時出来なくてもゴールに向かってれば!

とにかく小さなゴール目指してやり続ければ絶対あとで以前より階段登ってるから。

ちょっとのことで取り組みをやめちゃう人は絶対変わらない。
一生!一生変わらないです。

ブレない心、今自分は何に取り組んでるかの確認。
勝ち負けに左右されない。

達成する喜びを味わって欲しいからマジでブレないで欲しい。
疑問は何でも聞いてくださいね。

僕がたくさん失敗してきたからわかるんですよ。
お前は必ず上にいける、今のまま続けていけば必ず目標までいけるよとかどれだけ言われてきても今この有様だ。

言ってくれたコーチやプロの目が節穴だったのか?そうではなくて自分がブレたからだ。
ブレなきゃもっと結果を出せたと思うんです。

もうブレまくりでなんども取り組みをやめてきた。
小さなゴールは見なかったし結果ばかり気にしたからブレた。

今でも耳に焼き付いていて「何でお前はそんなテニスになったんだ!」
「つまらないテニスになったな…」
「思ったより1センチも伸びなかったな」

これはみんな名のあるその時々のコーチに後々会った時言われたことでほんとに悔しかった言葉。

皆さんも賢いテニスプレーヤーになってください。


カテゴリー: 技術, 日記 | 投稿者けんぱ 02:28 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">