カテゴリー別アーカイブ: インプレ

TRC公開とか、PHANTOM GRAPHITE97続インプレとか。

Team REC CHALLENGEも終盤戦、
ラウンドも10まで進んだ。

ということで、最新の対戦はこの二人。
th_守谷VS佐藤LINE

守谷総一郎vs佐藤一平。

普通に考えると、若いし現役プロの守谷プロが有利だけど、
そうはいかないのが10ポイントタイブレークの面白さ。

で、今回は解説が、鈴木貴男プロと関口周一プロというコート以上の豪華さ。

そろそろ順位も見えてきた終盤戦。
ぜひご覧ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

ようやく試打ができたが、1ショット目がネットの下半分までしか
ボールが飛ばないと言う、グラファイトの洗礼を浴びた。

気を取り直して、徐々にアジャスト。
なんとかまともに飛ばせるようになったが、
やっぱりやわなラケットじゃなかった。

しっかり振って、しっかり潰して、ちゃんと鬱・・じゃない、打つ。
ああ、そうだったよね、グラファイト。
最新のテクノロジーを搭載しても、この基本は変わらなかった。

ということで、ネットプレーとサービスを。

 

アプローチから前に。
th_IMG_0760
腰高だなぁ。
加えて、コートサイドでボスが見ててやりづらいぜ。

ローボレーから前へ。

飛ばないことはない。
ただ、それなりに腕を送らないと深く行かないかな。
当てるだけでパシューン!と飛んでくれるってことはない。
わかってたことだけど。

ただ、芯を食って当たった時の快感はなんともいえない。
th_IMG_0771
ボールもしっかり伸びて滑るし、理想のボールが飛んでいく。
確率は別としてだけど。

ドロップ系やアングルについては感覚がダイレクトなので
案外コントロールしやすいと思う。
当たった途端に出ていっちゃう感じじゃないのは
感覚が重要なショットでは生きるって感じだ。

スマッシュは早め早めの準備が必要。(って、レッスンか?)
持ち重りのしないトップライト気味とはいえ、やはり全重はあるから
ボレーのような小さい動きじゃないスマッシュだと速めに反応したほうがいい。

それなりの頑張りは必要だけど、サボらず扱えればとても良いと思う。
それが続くかが問題なんだけど。

 

そしてサービス!
th_スクリーンショット 2021-02-28 7.59.33
(写真はケンスケコーチ)

ごめん。これは最後まで思ったように打てなかった。
「打てなかった」というのがキモで、
思ったようなサービスが飛んで行かなかったわけではない。

感触的に「ああ、気持ちいいなぁ」みたいな抜け感とか、
バコン!と「ボール潰してやったぜ」みいなストロング缶・・・
じゃないストロング感までには至らなかったということ。

ワタクシ的にはサービスは、スパーン!という球離れと、
バシュ!!っていう引っかかり感が好きだなんだけど、
トップに重みがないので、自分でヘッドを回していかなければならないから、
それなりのスイングパワーが必要になるのが厳しいところ。

ただ、打球はそれなりに速いし、回転もかかって、曲がるし、落ちた。
ウエイトによるスイングスピードのズレをアジャスト出来れば
問題ないような気がするけど、
時間的にそこには至らなかったというのが現実。

おそらく打ち込んでいくことで徐々に自分のテニスになっていくのだと思う。

 

ひと通り打ってみて、やっぱり簡単じゃないけど、
しっかり打てればすごい武器になる。
・・・のだろうなと思った。

ルックスにひと目惚れしてアタックしてみたら、実は手強くて、
ちゃんと本気でアタックしないと応えてくれないみたいな・・・なんのたとえだ?

とにかく、ルックスのままに素晴らしいラケットだった。
本気で付き合ってみてねってことだ。

グラファイト好きなら絶対に打ってみるべしである。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

対戦公開とか、ラコステ&テクニファイバーとか。

いよいよ佳境に入ってきたTeam REC CHALLENGE。

選手たちの予定がなかなか合わず、
スケジューリングがとにかく大変だけど、
収録もようやくようやく終盤に。

ということで、鈴木貴男プロと佐藤一平コーチの対戦をアップした。
th_LINE

https://www.youtube.com/watch?v=xkZ35e9reCY

両選手の持ち味が全開の試合になった。
ぜひご覧ください。

 

さて、ブリヂストンテニスが業界から撤退し、
テクニファイバーブランドはラコステジャパンの取り扱いになった。

ラコステといえばジョコビッチ。
そしてラコステ&テクニファイバーといえばメドベージェフ。
ちょっと地味だけどショットはすごい。

全豪オープンの決勝はラコステ対決だった。
これまでこんなことあったかな。

そんな最高のタイミングでテクニファイバー&ラコステの展示会である。
th_IMG_0888

とはいえ、このコロナ禍の状況なので、招待も絞っているとか。
呼んでいただいてありがとうございます。

 

ということで会場へ。
th_IMG_0898

th_IMG_0899

ディスプレイもオシャレだし、オフィスもオシャレ。
さすがフランスブランド。
th_IMG_0897

いいなぁ、こんなオフィスで働いてみたい。

 

担当のアサノさんとあれこれ打ち合わせしつつ、
担当ではないモリモトさんと四方山話。
業界の動向やら将来やら・・・ね。

で、アサノさんから、「ぜひこの部屋をみてください」ってことで・・

th_IMG_0889
ラコステルーム。
ジュエリーショップをイメージしたとか。

中央に鎮座するのはラケット。
th_IMG_0894
ラコステのラケットが発売になるらしい。

 

ラコステのラケットといえば、ギ・フォルジェ。
フェイスの3時9時が内側に凹んだ不思議なラケットを使ってたっけ。

今回、発表されたラケットはテクニファイバーとのコラボモデル。
th_IMG_0890

テクニファイバーのテクノロジーを搭載したモデルだそうだ。
th_IMG_0891

th_IMG_0892
持った感じもしっかり感の強いモデル。
本格派向けなのだろうか。
グリップにはラコステお得意の振動吸収システムが搭載されているそうだ。

今回のモデルは限定数での販売らしい。
しかも数量を聞いたらメッチャ少なかった。
絞ってスタートする戦略らしい。
試打もおそらくできないな。

th_IMG_0895

いや、でも打ってみたいな。
目黒方面に念を送ってみようかな。

とにかく、ラコステといえば、信頼と安心の老舗ブランド。
ワタクシも高校時代から何枚のポロシャツを買ったことか。
表彰してほしいくらいだ。

高校時代、地元の強豪女子校もラコステのウォームアップを揃えてた。
同じ高校生なのに、なんだか迫力あったなぁ。

そういえば、ワタクシのダブルスのパートナーのアンザイくんもラコステのウオームアップを着てた。
坊主頭で真面目一本やり、修行僧的な雰囲気のアンザイくんのラコステはシンプルさが際立ってたな。
似合ってるかは別として。

ちなみにワタクシとアライくんは、ラコステのポロをコートで着ることは少なく、
アイビーのマストアイテムとして、もっはらネイビーブレザーにラコステのポロ、
コットンパンツ(チノパンね)に裸足にトップサイダーのデッキシューズという出で立ちで、
ヘラヘラと街中を歩いていた。

 

そんな(どんな?)ラコステさんが満を持してリリースするラケット。
良いに決まっている。

ブリヂストンさんのテニス撤退で寂しい思いもあるが、
新たな動きは歓迎すべきこと。

テニス界、スポーツ業界にさらなる風を吹き込んでほしい。
ってことで、ラコステラケット、打ちたいです!!

あ、テクニファイバーの話、全然してない。
ストリング、とってもいいです。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストリンガーとか、グラファイト97インプレ!とか。

こんなイラストが完成。
th_recknstringing

レッくん、実はRECオフィシャルストリンガーの資格も持っている。
なかなか手つきもいいでしょ。

ってことで、現在、REC全校でストリングキャンペーン中。
ぜひ春に向けての準備をしましょう。
詳しくはコーチにご相談ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

週明けにようやく試打の機会が。

スタッフ研修講師役でテンパっているタケダコーチをつかまえて、
「You、ちょっとボクとテニスをしないかい」とジャニーさんばりに言ってみた。
どんな言い方かには関係なく断れなかったとみえるタケダコーチ。
いいやつだな、タケちゃん。

th_IMG_0700

ということで、軽くショートラリーから、いよいよ本番。

 

ケンスケコーチに写真を頼んで、記念すべき1球目〜!
th_IMG_0711

シュパーン!・・・と、ボールはネットの下半分に突き刺さった。
th_IMG_0819
飛ばねぇ〜! 思わず倒れこむ。

グローブライドのほぼ現役プレーヤー、大友氏の
「使えますかね〜」の言葉が頭を駆け巡る。
たしかにこれは簡単じゃないかも。

いや、きっと慣れていないだけ。
ボックスフレーム好きのワタクシに使えないわけがない。

気を取りなおして、強めに、そして若干上方にボールを飛ばす。
ああ、こういう感じなのね。

 

簡単にいうと、「振ってナンボ!
以上である。

って、インプレにならないか。

とにかく、「まさにボックス」なラケットだ。
しなり感は素材が最新だからか大きくはないが、
しっかりホールドする感じはボックス特有な感じ。

初球でネットの下半分に当てておいてなんだけど、飛ばないわけではない。
「ちゃんと振らないと飛ばない」だけね、ごめん。

少し厚めに、頑張ってフルスイングしてみる。
th_IMG_0703

メッチャ、気持ちいい!!

ボールが潰れて、しかもスピンも掛かって、ズドンと相手コートに飛んでいく。
うん、やっぱりこれがこのラケットの本質なのね。

しかし疲れるぜ。
この振った時の気持ち良さと体力&筋力の限界の葛藤が・・・でもいいわ、これ。

スライスもちゃんと振らないと思うようには飛んでいかない。
th_IMG_0702
フェイスが勝手に飛ばしてくれる感じは薄いし、
トップスピンもスライスも自然な引っかかりというよりも
潰し感があっての回転という感じ。

張ってあったのはポリだと思うけど、ナチュラルだとどうなるのかな。
って、勝手に張り替えるわけにもいかないけど。

スピンは前述の通り、厚く合わせて潰してかけるイメージ。
「軽く引っ掛けて」な感じだと威力も落ちるし、思うように距離は出ない。
どこまでいっても楽はさせてくれないラケットだけど、ハマった時の快感は半端じゃない。

やっぱり大友氏のような若くてバリバリのプレーヤ向けなのかな。
でも、さらにひと味引き出せるような気もするんだよなぁ。

これ、いつまで借りてていいんだろう。
th_IMG_0790
もう返さなきゃですよね。
もうちょっとだけ打ってみようっと。

1セットくらいは持つような使いっぷりを見つけたい。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, レッくん, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スイーツとか、Prince GRAPHITE97お貸出し〜!とか。

レックインドアテニススクール上石神井にて。

ネジメ支配人から、「本日のスイーツをどうぞ」だって。
th_IMG_0385

「本日のスイーツ」、定着してきたのだろうか。
しばらくおやつには困らないな。

 

さて、週末。
レックインドアテニススクール上石神井に行ったところ、
「荷物が届いています」とのこと。

グローブライド(プリンス)さんから。
th_IMG_0627

この箱はラケットだな。
開けてみる。
th_IMG_0628
正解!!(当たり前)

中身は・・・
th_IMG_0629

おお!
先日紹介したプリンスの新製品、PHANTOM GRAPHITE97だ。

グローブライド本社のある東久留米方面に
「打ってみたいな〜」と恵方巻きを食べながら念を送ってみたら、
「しょうがないなぁ。貸してあげるよ」ってことらしい。

「貸してあげるよ」の後ろに、(使いこなせるかな?笑)って言葉がついてる気がするけど。
ちゃんと正直にインプレしますね。

 

担当のヤマモトさん、ウェブ戦略のセキグチさん、
グリップテープもつけてくれるあたり、心遣いが細やか。
ありがとうございます。
th_IMG_0638

いつになく気持ちを込めて巻き上げてみた。
th_IMG_0640

このグリップテープ、巻きやすいね。
スタートからの1周半で全然シワが寄らない。
この部分の微妙なシワって、まあまあストレスなんだよね。

 

あらためてじっくり眺める。
th_IMG_0653

いやぁ、美しい。
th_IMG_0656

 

スロートのグラファイトラインもよく見ないと分からないくらいにシンプル。
th_IMG_0655

初めて現物をみたスタッフが、「プロトタイプですか?」って言ったほど。
th_IMG_0654

 

そして潔いボックス形状。
th_IMG_0656
最近は微妙なボックス形状も多いけど、これぞボックスって感じ。

ボックスタイプっていうと、Prince REBELシリーズが大好きだった。
モンフィスが使っていたモデル、95だっけ。
あれ、最高に良かったな。
中古で買って、もう一度味わってみたいくらいに良かった。

でも、こうして見ると、やっぱりプリンスはグラファイトだね。

いやぁ、カッコいいわ。
さあてと・・・いつ打つかな。

って、打ってないのかよっ!!

週末のインドアテニススクールに空きコートがあるわけがない。
この日は皆に見せびらかして、ロビーで素振りして終了である。
ああ、早く打ちたい。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ナチョスとか、PHANTOM GRAPHITE97とか。

ビールのおともにスペシャルナチョス。
th_IMG_9840
ドリトスにとろけるチーズとケチャップをかけてレンジでチン。
とても簡単だけど、とても美味しい。
タバスコをちょっとかければ、もう絶品!

ぜひお試しを!
オススメです!

 

さて、雪の降る中、おじゃましたプリンス新製品内見会。
あれこれ説明いただき、Xシリーズの新製品も見せていただいた。

そして!!!
何は無くともプリンスといえばグラファイト。

昨年から気になるグラファイトシリーズの発売が続いているが、
トドメを刺すような新製品が発表になった。

ジャーン!!
th_IMG_0238
グラファイトと言えばのクロスバーがすてき。

 

PHANTOM GRAPHITE 97
th_IMG_0236
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

なんとも美しいこのフォルム。
97サイズだとさらに精悍さが際立つ。
スロート部のラインを目立たないようにシンプルにし、
高級感あふれるゴールドのロゴをあしらったフレーム。
th_IMG_0239
グロス塗装も含めて、メッチャかっこいい。

フェイス内側のPHANTOMの文字は、個人的には無くてもいいけど・・・
th_IMG_0242

機能的には、ATSでフェイス上部の剛性を高めて、
ビームはフレームトップ部に厚みを持たせ、ブレをなくしている。
th_IMG_0243
スタンダードなモデルながら最新機能を搭載。

 

最新ながらも、このボックス形状が何とも美しく、
しなりと粘りも予感させてくれる。
th_IMG_0244

展示品を振ってみたが、トップ部が軽いのもワタクシ的にはかなり好み。
ストリングが張っていないことを考慮しても、
315gの重みはほとんど感じなかった。

 

いや、このラケット、いいわ、ほんと。
説明してくれたグローブライド大友氏はインカレバリバリから入社の超本格派。
YouTubeでもそのパワフルプレーを披露しているが、いちばん好きなモデルだそうだ。

ワタクシもボックスフレーム大好きなので、
ぜひこれを使ってみたいと言ってみたら、
「使えますかね〜。けっこうハードなモデルですよ」
的なコメントが返ってきた。

まあ、そうなんだけどさ。
いいじゃん、好きなんだから。

 

「いいなぁ。打ちたい」と前担当のセキグチさんに言ったら、
「コートありますから、ぜひどうぞ!」って・・・雪降っとるやんけ!!

とにかく、個人的には期待値マックスなPHANTOM GRAPHTE97である。

ああ、打ちたいぞ〜!!(東久留米に届け〜)

カテゴリー: インプレ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

必需品とか、Prince X115とか。

朝ランの必需品、モバイルバッテリー。
th_IMG_9378
以前のiPhoneはランニングアプリを立ち上げてると
あっという間にバッテリーなくなってたし。

今のiPhone12Proはバッテリー長持ちで、
モバイルバッテリーの出番はなくなった。
ああ、身軽で走れるっていいね。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井からさらに西へ。

と、朝から降っていた雨が雪に変わった。
th_IMG_0229
マジかぁ、積もらなきゃいいけどと思いながら、さらに西へ。

目的の場所に着いた頃はさらに勢いが・・・
th_IMG_0231
駐車場からあの建物まで行かなきゃいけないんだけど、
傘持ってないのよね。

そんなここはどこかというと、グローブライドさんの本社。
プリンス新製品の内見会にお邪魔したのだ。

ホントはダイワの釣り用品、見たいんだよなぁ。
ダイワブランド、契約してほしいなぁ。
来年は頑張って釣りに行くけど。

って、バカなこと言ってる場合じゃない。

グローブライドさん、場所的にちょっと電車ではしんどい。
荷物もあったりして、この日はクルマできたのだけど、
この雪だからクルマは正解だったな。

 

ということで、あれこれ今期の新製品の説明を受け商談。

中でも気になったラケットをご紹介。

Prince X115
th_IMG_0252

th_IMG_0249

 

Xシリーズに超軽量、ビッグフェイスの115(平方インチ)が加わった。
th_IMG_0254

持ってみたらその軽さに驚くほど。
225gだっけ。(間違ってたらごめん)

とにかく軽く、操作性は抜群。
「こんなに軽くて打ち負けないの?」と聞いたが、
トップ部の厚みからも分かるように面剛性は高いそうだ。
th_IMG_0253

th_IMG_0255

実はこのXシリーズが発売になった時、
企画ものの一発屋で終わるんじゃないかとの危惧もあったけど、
しっかりシリーズものとして継続、好評をいただいている。
この115でさらに対象層が広がったテッペキなラインナップになったと思う。

まずは打ってみたいな。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

復帰!とか、お祝いラリー&試打とか。

レックインドアテニススクール上石神井のタケダコーチが復帰した。
IMG_9627

実はタケダコーチ、ゴールデンキッズのデモンストレーションで
背中をケガしてしまい、1か月以上もレッスンから離脱を余儀なくされていた。

なかなか具合が良くならず、何度もMRIを撮ったり、
あれやこれやの治療を経てようやくレッスンに復帰。
長かったね、良かった良かった。

これでネジメ支配人もお休みが取れるかな。
こっちも良かったよ。(倒れないでね)

 

さて、そんなわけで快気祝いにタケダコーチとラリーをしてあげることに。

というのはウソで、試打をしたいボールがあったから。
タケちゃんもまだ打っていないってことで、空き時間の15分で
じゃあ打つか!となった。

せっかくなのでラケットはこれで。
IMG_9617
HEAD RADICALプロトタイプ2本とG360 PRESTIGE。

実はこのPRESTIGEは関口プロパーソナルモデルである。
IMG_9624
モールドは?グリップは?ウエイトは?バランスは?
興味は尽きないが、簡単に言うと、ヘッド軽めで打ちやすい。(簡単すぎ)

機会があれば、まだラケットマイスターさんで計測してもらうかな。
(いつも仕事の邪魔してるけど)
まあ、詳しくはまたの機会に。

 

頑張ったワタクシの図。
IMG_9636
動く姿ははどこかにある。

で、あらためて打ち比べてみた。
IMG_9618

うん!いい!
しっかり粘りがあるのに打ち出し感は悪くない。
ボックスっぽい形状が適度なしなりを出してくれているのか?
でもパワーロス感は無いという不思議なセッティング。
さすが最新モデル。

 

MPとPRO、取り換えながら打ってみる。
IMG_9622

取り回しは完全にMP。
しかし打球感というか打ち応えはPROかな。
しっかりつぶして重いボールが出ていく感じがある。

うーん、どっちがいいかな。
MPのほうが扱いやすいけど、今回のはPROも振れそうだし。
(注:ちゃんと返します)

IMG_9621

なんか、とても気に入ってしまった。
th_Radical _2021

th_Radical_2021_BeautyShot_InstagramCore_4_Branded

th_Radical_2021_BeautyShot_InstagramCore_6_Branded

本チャンのデザインもカッコいいしね。

実はこのRADICAL、もうすぐ詳細が明らかになる。
打たせてもらったのは、MP,PROの2種類だけど、
どんなラインナップで来るのか?
お楽しみに!

え? ボールのインプレ?
諸事情あって、それはヒミツ。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エビフライとか、YONEX NEW VCORE発表!とか。

大阪にて。
th_IMG_8814
エビフライ専門店だそうだ。
さすが、大阪。
美味しかった。

 

さて、先日のこと。
YONEXのSさんから連絡。

「満を持しての新製品が出ます!試打ラケットを送ります」とのこと。

「皆さんに試して欲しいけど、12月4日まではシークレットで」

ってわけで、試打は届いて張り上げてあったのだけど、
お客様の前で試打をするわけにもいかず、結局打てず仕舞い。

ああ、打ちたかったなぁ。
きっと昨晩の営業終了後にネジメコーチ、試打してるんだろうなぁ。
羨ましい。

ということで、新製品画像をサクッとご紹介。

VCORE98
th_IMG_9026

th_IMG_9028

th_IMG_9032

th_IMG_9031

th_IMG_9030

■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:305g
■ラケット長:27inch
■バランス:315mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップ:G2/3
■価格;33,000円

その他のスペックは公式サイトで見てください。
https://www.yonex.co.jp/tennis/news/2020/12/2012041100.html

謳い文句は「跳弾道ストロングスピンラケット」だそうだ。

ヨネックスさんからのリリースによれば、
『現在世界のテニスはパワーもスピードもさらに増して益々攻撃力が高まっています。
その為、世界のトッププレー ヤーのテニスにおいて
「相手の手元で急激に落ちて弾むスピンボール」は不可欠となってきており、
今回の新VCO REシリーズは、スピン性能を向上することを最重要目的として取り組み、
それに必要な新テクノロジーを用いて開 発した自信作となっております。』
ということだそうだ。

より攻撃的なスピンに振ったのね。
フェイスの球持ちがすごいのかな。
うーん、ますます打ちたいぞ。

 

で、試打は3本届いた。あと2本。

VCORE100
th_IMG_9036

th_IMG_9040

th_IMG_9039

th_IMG_9037

■フェイスサイズ: 100平方インチ
■ウエイト:300g
■ラケット長:27inch
■バランス:320mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップ:G1/2/3
■価格;33,000円

おそらくこのモデルがシリーズの中核をなすと思われる。
いわゆるゴールデンスペックね。

 

そして・・・

VCORE100L
th_IMG_9049

th_IMG_9058

th_IMG_9055

th_IMG_9054
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:280g
■ラケット長:27inch
■バランス:330mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップ:G1/2
■価格;33,000円

このスペック、VCOREユーザーの幅を一気に広げそうだ。
これを書いている時点では、細かなスペックを把握していないけど、
Lってことだから、ライトスペックだろう。

これまでもLGスペックはあったけど、シリーズのひとつとして
Lスペックがあるのは強みになると思う。

実はYONEXラケットにあまりご縁のないワタクシ。
最後に自分使用機として使ったのは、R-27。(おいおい)
以降、YONEXは使っていた時期がない。

いや、別に合わないわけじゃないんだけど、なんだろうか・・・
ヨネックスさんて、契約インストラクター制度がとてもしっかりしていて、
入り込む隙間がない感じがあったりするからかなぁ。

とはいえ、都度都度で各種モデルは試打をさせてもらっている。
特にこのVCOREシリーズはワタクシ的にも好きなモデルである。
しっかり食いついてくれるし、変なパキパキ感もなく、
ボールの芯を撃ち抜く感じが秀逸なのか良い。

今回のモデルがどんな進化を見せてくれるのかはとても楽しみ。

見た目的にはこれまでを踏襲している感じ。
th_IMG_9041

th_IMG_9043

th_IMG_9047

th_IMG_9051
特徴的なAEROFINも健在だしね。

ああ、ますます打ちたくなったぞ。
何とか時間をつくって試打しに行こう。

シリーズ的には他にも数種類のモデルが出るので、
必ず合うモデルが見つかるはず。

ちなみに試打ラケットはREC全校に届いているので、
興味のある方はぜひお試しいただきたい。

発売は1月下旬と、焦らしすぎな気もするが、
全豪オープンの時期に合わせてるのかな。

とにかくYONEXの名品VCOREは打ってみるべし!なのだ。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

男前とか、プロとプロトを試打とか。

某日、レックテニススクール府中にて、
守谷総一郎プロにTeam RECの日本リーグユニフォームを渡した。

とりあえず着てみってことで、写真撮影。
IMG_8362

IMG_8368

IMG_8369

男前が着るとさらにカッコいいユニフォームだ。
うん、よしよし!

 

さて、そんな守谷プロ、この日は西郷幸奈プロと一緒にイベントに参加いただいた。
詳しくはまた今度書こうと思うが、たくさんのお客様と(距離を保ちながら)
触れ合っていただき、とても良い1日になったと思う。
DSC_2221

イベント開始前、守谷プロにHEAD RADICALのプロトタイプを見せる。
IMG_8349

「総一郎、これ来た?」

「いえ、届いてないです」

「そうなの?なんでだろ」

「きっと新しいの送ると、すぐ浮気するからだと思います」

「なるほどね〜。ラケット、コロコロ変わるもんね。
打ってみたい?どうしよっかな〜」

ということで、見せびらかしておしまい。

 

夕方、イベントも無事に終わったところで、
「総一郎くん、ちょっともんであげようか」と言ってみた。

「もんでもらえる?肩ですか?」と絶妙な返しをする腕はない総一郎。
そのまま「お願いします!」ってことで、プロトタイプの試打が始まった。

守谷プロの普段のテンションは51ポンド。
プロトはワタクシ仕様だから、LYNX TOURを45ポンド。
大丈夫なのかなと思ったら、テンションあまり気にしてないらしい。(いいのか?)

 

ということで、MPとPROを取替えながら試打。

IMG_8540

うん、やっぱりいいぞ!これ。

前作のラジカルはかなりカンカンというかパンパンというか、
硬質な打球感で球離れとパワー感を全面に出したようなフィーリングだった。
なんだかずいぶんと硬くなっちゃたなという感じもあったが、
そのパワー感は歴代1位だったかも。

それが今回のRADICALは少しマイルドな味付けに。
うーん、なんていうか、ボックスタイプよりのホールド感もありつつも、
だからと言ってパワーがないわけではないという絶妙な感じ。

現行ラジカルももちろん好きだけど、
もともとボックス好きのワタクシはこっちの方が好きかも。

そしてやっぱり、PROの方が打ちごたえはある感じ。
MPは取り回し良く、パワーアシストも若干強めな感じかな。

ひとしきり打っての守谷プロ。
IMG_8409
「少し柔らかくなりましたね。粘る感じがいいかも。ボックスぽいですね」
だって。
おんなじ感想だ。

確かにこのホールド感は安心感直結だな。
ボールも暴れにくいし、バランスというか完成度高いな。
どんな形で製品版になるのか楽しみだ。

 

なんて調子に乗ってラリーしてたらめっちゃ疲れた。
IMG_8539

実はこの写真、動画から切り取ったもの。
実際に打球している動画はどこかに上がっているので、
興味のある方は探してみてください。

ラリー中のプロとの会話もなかなかナイス。
見つけた人は音声もどうぞ。

ちなみに一日中カメラマンをつとめ、気温もグッと下がった頃に
アップもストレッチもせずに、いきなりはじめたラリーってことを
頭において、温かい目で見てください。

ラリー後の守谷プロ、西郷プロ。
「いい感じですね!日本リーグ、試合いけますよ!」

って、いけるかっ!!
ああ、身体痛い。

#PEOPLESRACKET
#HEADTENNIS
#teamrec
#rectennis
#headtennis
#headradical

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 西郷幸奈プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

石垣とか、HEADプロト壁打ち!とか。

表参道
th_IMG_6926
ここたしか石垣みたいなものがあって、お店だったよね。
ブルックスブラザースだっけ?本家、潰れちゃったからかな。

と思ってたら、ポールスチュワートだった。
th_スクリーンショット 2020-11-06 17.57.50
ごめん。

この石垣って、明治神宮をお参りする表参道が出来た時に
土留めのために造られたそう。
今残っているのはここだけってことは、
表参道の両脇はずっと石垣だったってことか。

今は何の工事なんだろう。
こういうものは残して欲しいな。

 

さて、HEADさんから届いたプロト。
張り上げたのはいいけど、なかなか打つ機会がない。

何だか予定が満載でどうにも時間が取れず。
このまま年末まで駆け抜けられるか不安になるくらいのスケジュール。

ようやく休みにたどり着いたけど、
18歳児もテニスを引退してしまったし、
近所に顔のきくコートも相手もいない。

そうだ!こんな時は壁だね、カベ!

ってことで、近所の壁打ちに。
th_IMG_8265
ラッキー!空いてる。

ワクワクしながらラケットを取り出す。
th_IMG_8280

まずがMPからだな。
th_IMG_8269

いい感じに弾く。
th_IMG_8271
やっぱりRADICAL系はパワーあるのかな。

全モデルほどカンカンと硬質な感じはしないけど、
気持ちよく抜ける感じもあって、
反発というかパワーを感じる。

EXTREMEのようは球持ち感はなく、
一瞬のホールドから速い打ち出しという感じ。
EXTREMEほどホールドせず、フェイスがあれこれしてはくれないけど、
INSTINCTよりはパワーアシストがあるような気がした。

やっぱりHEADラケットのベンチマークになるモデルなのかな。

 

続いて、PRO。
th_IMG_8273

MPに比べると少し重厚感が出る。
th_IMG_8267
MPよりも若干球持ちがというか潰し感がある。

ウエイト計測してないけど、振り抜きやすさはMP。
ただしっかり振って合わせた時のパワー感はPROかな。

潰しながらも抜けも良いって感じは、
使いこなせればかなりの武器になりそうな予感。

ストリングは2本とも同じで張ったんだけど、
まあまあフィーリングが違う。
うまくそれぞれの特性が出ている感じ。
th_IMG_8279

これ、製品版はいつ発売になるんだろ。
先日、HEADの小林さんと飲んだ時に(あ、商談もしました)
色々聞き出そうとしたら、「今回はあえて何も言わずにで打ってください」
と笑顔でかわされたので、ホントに情報がないのだ。

まあ、とにかくこのプロト、かなり気にいった。
って、まだ壁打ちだけど。

 

テンション上がって30分以上打ってたら、メッチャ疲れた。
壁打ちってハードだね。
th_IMG_8276

あたりもすっかり暗くなってしまったので帰ることに。
th_IMG_8284
地元で夕焼け見るのも久しぶりかも。
楽しかったぜ。

#PEOPLESRACKET
#HEADTENNIS
#teamrec
#rectennis
#headtennis
#headradical

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。