カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

ベビースターとか、NXT SOFT16登場!とか。

ベビースターラーメン
th_IMG_9065
辛そうで辛くない・・のバージョン。
たしかにその味。
いいツマミになる。
あのラー油、今は普通に買えるんだろうか。

 

さて、ストリングである。
th_IMG_8779

ウイルソンが仕掛けたプロモーション。

#1000分の3秒を5秒にする

ストリングとボールの接触時間を長く、
よりソフトに、よりコントローラブルにを実現したというもの。

このパッケージのプロトモデルを各所に配布。
製品名は発表せず、プロジェクト名のみが拡散していった。

ワタクシの元にもこの試打ストリングが届いた。
ウイルソンさんありがとうございます。

ということで、NEW BLADEのブラックコスメモデルに張り上げて試打をした。
th_IMG_8780

カラーはナチュラルのみ。
ゲージは16、1.30mmだ。

1000分の3秒が5秒になったのかどうかは正直わからない。
しかし、1球目を打った瞬間に分かった。
このストリングはタダモノじゃない。

テンションは47ポンド。
フレームとストリングの特性を意識して、いつもより硬めに張ってみた。
それなのにソフト感はもちろん際立っている。

ボールがストリングに吸い付く感じは確かにある。
そしてホールド感を残したまま、ちゃんとボールは飛び出してくれる。

抜けるような感触はそれほど強くはないが、
芯はちゃんとあるというか、そうだなぁ、アルデンテって感じだろうか。(言い得て妙)

ただただ柔らかいと飛ばない感ばかりになってしまうが、
芯があることで、飛ばし感も生み出しているあたりが絶妙。

もちろんスライス系のノリは抜群。
しっかり乗って、思った通りの回転量と軌道で相手コートを滑ってくれる。
ボレーヤーへのスライスで足元に沈める、アングルに打つショットも
非常にコントロールしやすい印象である。

当然だが、ポリのようにボールを潰す感じではない。
どのショットもしっかりくわえて弾き出す印象。
潰して打ちたい方にはオススメはしない。
そういう方が使うとあっという間に切れてしまうと思うし。

コントロールショット中心、プレースメントで展開したい方、
肘や手首に故障を抱えている方も試してみることをオススメしたい。

ソフト感が売りのストリングは多々あるし、けっこう激戦区。
その中に切り込んできた NXT SOFT16。
それだけの性能を持っていると思う。

残念なのは、正規版パッケージ。
th_NS
特性がわかるデザインにできないものか。
ルキシロンのような高級感とこだわりが感じられるパッケージみたいなのもいいよね。

ワールドワイドの統一デザインなんだろうけど、
これじゃ他のラインナップに埋もれてしまうんじゃないのかなぁ。
せっかくのプロモーションがもったいない気がする。

まあ、お客様はジャケ買いならぬパッケージ買いはしないのか。
でもなぁ、もうちょっとカッコよくできませんか。
モノはいいんだし。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鈴木プロセミナーとか、名品ラケットその1とか。

日本プロテニス協会のセミナーが開催される。

12月16日(月)13時〜、会場はレックインドアテニススクール上石神井。
講師は、鈴木貴男プロである。
th_jptaseminaer20191216

日本プロテニス協会が主催のセミナーだが、一般の方も参加可能。
鈴木プロの世界に浸りたい方、ぜひお越しください。

お申し込みはこちらからどうぞ。
https://www.jpta.or.jp/news/event/20190927093735.html

もちろんワタクシもいます。
ぜひお越しください。
お待ちしております。

 

さて、Facebookのお知り合いの宮崎のテニスショップ、エリートプレーヤーズさん。

オーナーの山口さんは各種大会でのストリンガーとして活躍されている。
有明での大会などでワタクシがフラフラしていると、
お声を掛けてくださる気さくなお方。

先日、山口さんのFacebookに素敵な写真が。

th_69296538_2382788218463512_4226634130097438720_n

th_69119917_2382787941796873_3277472969298804736_n
往年の名機たちの画像である。
しかもどのラケットもコンディションが素晴らしい。

あ、これこれ!
使ってました!
など、かなりホットなコメントが並んだ。

この画像、ブログに載せていいですか?と聞くと、「どうぞどうぞ」とのこと。
ありがたく載せさせていただきます。

ということで、こちらから。

Wilson PROSTAFF
th_69105336_2382787521796915_2860157269461434368_n

th_69241832_2382787728463561_4890807589283037184_n
セントビンセントかな。

現在のラケットの流れをつくったモデルだと思う。
とのかくカッコよかった。

発売当初はクリスエバートとジミーコナーズが使っていた。
値段は6万円だったっけ。
他のグラファイトモデルが3本買える値段だった。

ワタクシもこのラケットを2本、先輩コーチに譲ってもらったが、
どうにも使い切れず、手放してしまった。
というか、どこにどうしたのか覚えていない。
今思えばもったいないことをした。

ULTRA2
th_69481093_2382787858463548_2884568162764849152_n
ゴツめのシャフトの剛性感が素晴らしいモデルだった。
ワタクシ的にはPROSTAFFFよりも好みだったかな。

でもフェイスが85だったか、小さすぎてミスヒットが多かったような。
これもかなり高額モデルだった。

Wilson PROFILE
th_69148348_2382787865130214_8273849256989687808_n
厚ラケの元祖モデル。
現在の飛び系モデルの歴史はここから始まった。

当時、その形状はとても奇異に映り、
「ツチノコラケット」なんて言われてたっけ。
まあ、今見ても奇異かな。

初めて打った時、その飛びっぷりに驚いた。
しならないって、こういう感触になるのかと目からウロコだった。

それほど売れなかったのか、もっと売ろうと思ったのかわからないけど、
1本買うともう1本プレゼント的なキャンペーンを打っていた。
今だと景品法的に完全アウトだけど、当時はどうだったのだろう。

製品、プロモーション、色んな意味でウイルソンは革新的なブランドだった。
そしてそのDNAは現在も変わらないように思う。

話は尽きないし、まだお借りした画像もあるけど、
長くなったのでこの辺で。

こういうラケット持ち寄って、お酒飲みながら夜通し語り合う企画ってどうだろう。
絶対楽しいと思うんだけど。
山口さん、やりませんか?

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カワサキとか、「おひたし」とか。

高島平インドアテニススクールで発見。
th_IMG_8948
カワサキラケットの小物入れ。
まだ使ってるってすごい。

とはいえ、このロゴは後期のもの。
ワタクシ的には新しいカワサキって感じだけど。
カワサキ、フタバヤ、ミスターテニス、昭和のウッド時代、懐かしい。

 

さて、こんなツイートを発見。

社会人の基本は”ほうれんそう”
報告
連絡
相談

ほうれんそうされた側は”おひたし”
怒らない
否定しない
助ける
指示する

けっこうな衝撃を受けた。
「ほうれんそう」はよく知っているが、「おひたし」は初めて聞いた。

「ほうれんそう」と「共有」は、しつこいくらいに言っていること。
「共有がないから漏れが出る」「漏れない仕組みは共有が基本」とか。
とにかく漏れとミスを減らしたいから、「ほうれんそう」は必須である。

じゃあ、受け側は?
その答えが「おひたし」なのね。

「怒らない」「否定しない」「助ける」「指示する」
すべて意識の真ん中に置いてきたつもりだけど、
実際、そう動けているのだろうかと自問自答。

どうなんだろう・・・申し訳ない。(謝罪か)
大事だよね、ホント。

 

「ミスの少ない」は最低限として、意見が出るチームにしたい。
「誰が言ってる」ではなく「何を言っている」で判断できるチームにしたい。
顔色を伺わないで発言できるチームにしたい。
配慮は必要するが、遠慮はしないチームにしたい。

忖度は極力排除したい。
意見を反射的に否定しないで、まずは飲み込んでから反応するようにしたい。
どんな意見でも、勇気を持って発言したことを、まず認めたい。

どうだろう・・・そんな空気はあるのだろうか。

 

「ハナクソみたいな意見しか出ない」
それは、ハナクソ程度の権限しか与えていないから。
権限範囲が明確ではなくとも、そう思わせているから。

「新しい発想が出ない」
それは、新しい発想や意見が出た瞬間の反応がプラス方向じゃないから。
それを皆が敏感に感じ取っているから、もう言わなくなっている。
意見を言うことは損だと思ってしまう。

「物を言うこと」をとても勇気のいることにしてしまっているのかもしれない。
まずは、「言う」という行為そのものを承認しなければ。

逆に「言ってもムダ」「こりゃダメだ」と思わせることができれば、それはそれで、とても楽かも。
余計な意見は出ないし、皆が「気に入ってもらえる正解」を探し始める。
ある意味、「諦めさせる」「ムダと思わせる」のは最強ウェポンだ。
そして衰退、破滅へのショートカットでもある。

 

皆、よく反応を見ているなと思う。

「機嫌悪かった」
「タイミングが悪かった」
(タイミングを計って意見言わなきゃならないのか?)

「一刀両断に否定されてた」
「瞬殺だった」
「よく分からない理由だった」

受け手がそんなんじゃ、誰もモノ言わないわってこと。
”ほうれんそう”も文化も結局のところ、すべては受け手側の問題なのだと思う。

子供は育てた通りに育つ。
チームも振る舞った通りにつくられる。
すべては自分そのものなのね。

反省しなければ。
心に刺さった「おひたし」だった。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

iPhone Xとか、DUNLOP SX発表!とか。

ソフトバンクショップがあったので寄ってみた。
th_IMG_8384

iPhone X
th_IMG_8383
なるほど〜。
今のiPhoneもバッテリーも弱ってきてるけど、
十数万円払っての買い替えまでは腰が上がらないかなぁ。
高いよね、iPhone。

 

さて、某日。
大井町はスポルへ。

th_IMG_7738

この日はダンロップさんの新製品発表会。
th_IMG_7741

来年、バボラがダンロップから離れることもあり、
ラケットのラインナップ、ストリングは?など、
ダンロップさんの今後の展開にも目が離せないところ。

th_IMG_7744

受付を済ませコートへ。
th_IMG_7748

今回発表のラケットはこちら。
th_IMG_7748

th_IMG_7749

th_IMG_7754

SXシリーズである。
th_IMG_7756
詳しくはまたの機会に。

鈴木プロも今日初めて打つそうだ。
th_IMG_7753

そして今回のビッグゲスト。
th_IMG_7768
セレナ・ウイリアムズのコーチ、ムラトグルーさん。

ムラトグルーアカデミーとダンロップが提携した関係で
今回の来日となったようだ。

ダンロップさん、IMGとも提携してるし、グローバル展開がすごい。
やっぱり大企業なんだなぁ。
ムラトグルーさんの紹介が終わり、試打が始まる。
と、「皆とラリーを」とムラトグルーさん。
th_IMG_7782
今もセレナとのヒッティングをされているそう。

えぐいスピンを打っていた。
th_IMG_7781
まさに新製品のSXシリーズの真骨頂のような打球。
すごいな。

集合写真にて。
th_IMG_7774
ムラトグルーさん、すごい筋肉。
鈴木プロからは新しいボールの説明。
th_IMG_7796

このボール、ATPツアーで使用される。
th_IMG_7799
飛びが良くてよく跳ねる印象。

とにかく豪華な発表試打会だった。

SXシリーズ、簡単に言うと、バボラ・ピュアアエロの対抗機種って感じ。
しかし実は驚きの目からウロコなテクノロジーが。
それはまた次回の心だぁ〜。(小沢昭一ふうで)

カテゴリー: テニス, テニス用品, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パワーボールとか、SMART再確認とか。

筋力が落ちてきたような気がする。
オフセンターでのショットでグリップが動く。

ということで、以前に購入したこちらを引っ張り出した。
th_IMG_5864
パワーボール。
けっこう効く、これ。
そう言えば、斉藤貴史プロも使ってたっけ。

とにかく筋力低下と戦わないと、思うようなショットも打てない。
ここから先は「老いるショック(byみうらじゅん)」との戦いだなぁ。

 

さて、某日はここでの早朝テニスからスタート。
th_IMG_8366
緊張しつつもテニスは楽しい。

この日は Wilson CLASH100を持ってきた。
th_F828E9E3-1307-4455-81DD-27BFF9EC54CF

目的はあらためてのストリングの試打。
th_IMG_8370

「#賢いストリング」プロモーションとその性能が大当たりし、
爆発的なヒットを飛ばしているこちら。
th_IMG_8418

正式製品版はこれ。
th_product
LUXILON SMART125である。

すでに取扱済みであり、キャンペーンでもかなりの支持をいただいたこのストリング。
あらためて打ってみようと思い立った。

で、思ったこと。

説明通り!

スライスやタッチショットはかなりの粘りを感じる。
ポリ系なのにフェイスにボールが吸い付く感じ。
そして柔かなフィーリング。

アングルにボレーをフワッと落としたい時などは、
そのフィーリングが大きくプラスに働く。

極端なスピンをかけずに柔らかくアングルにパスを落としたい時も
同じく、ソフトなタッチでコントローラブルなフィーリングで
ボールを運ぶ感じになる。

これだけだとただの柔かめなストリングだが、
SMARTの特徴はそのハードヒットの際にそのフィーリングが激変、
ストリングが踏ん張って、硬質な打球感になるというのがウリ。

実際どうなのか?

この日のテニスではハードヒットするようなシチュエーションはあまりなかった。

が、なるほどこれだ!と思った場面。

レック本社のハッシーの渾身のファーストサービスをリターン。
その時のフィーリングが「パン!」と急に変化。
フェイスにボールが食い込む感じが消え、
突然テンションというか面剛性が上がったような感触になった。

自分からもある程度振ってはいるが、相手からの打球もそれなりに速い場面。
柔らかくスイングした時とのフィーリングの変化は大きかった。

この場面での硬質な打球感というか撓まないフェイス感は、
ボールコントロールにおいて大きな安心感になると思った。
ここでボールがフェイスに食い込み、ストリングが撓んだ感じになると
ボールがどこかにふけてしまうのではないかと思う。

自分から叩いていく場面でもそれは同様だと思う。
こういう使い分けを勝手にしてくれるところが、
たしかに「#賢いストリング」だなと、今更ながら再確認した次第。

錦織圭がこのストリングを試打して、「なんだ?これ。気持ち悪い」と言ったのは
その変化が非常に顕著だったということ。
ショットによってフィーリングが変化しすぎるのはちょっとという人もいるだろう。

ワタクシは、大事な場面で信頼度が上がるという意味で基本的には賛成派である。
実はこのストリング、CLASHに張り上げた時、フレームがしなるモデルなので
特性が分かりづらいかなと若干後悔したのだが、それも杞憂に終わるくらい、
ストリングの特性が出たことは驚きだった。

ルキシロン、おそるべし。
いまさらだけど。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

POMとか、選手ギアとか。

POMジュース100円は超お買い得。
th_IMG_7713
高輪テニスセンター裏手の自販機。
オススメ。

 

さて、もうちょっとあった楽天ジャパンオープンの想ひで。

やっぱり気になるのは選手のギア。

ダニエル太郎
ラケットはピュアドライブ。
th_DSC_3572
ロングっぽい・・かな。
振動留めもちゃんとバボラ。

今回大躍進の内山選手
th_DSC_3334
ラケットは、ULTRA。
いや、BLADEベースかな。
モンフィスが使ってる系とは違うのだろか。

GOFFIN
th_DSC_4526
ラケットはBLADE。
LEADTAPEは見えなかった。
でもノーマルってことはないよね。
RAWフレーム状態で調整してあるんだろうなぁ。
シューズはasicsのSOLUTIONSPEEED系。

CLIC
th_DSC_4824
ラケットはHEAD PRESTIGE。
当然、ワンオフだと思う。

スロート部分にLEADTAPEを貼っている。
しかも左右非対称。
どういう意図なのだろう。

シューズはasics。
th_DSC_4851
GELRESOLUTION系かな。
こんなカラーあるのね。

チョンヒョン
th_DSC_4909
ラケットはYONEX VCOREPRO。
新しいモデルね。
フェイストップからサイドまでLEADTAPEがグルリと貼ってある。

シューズはナイキ。
th_DSC_4864
最近のナイキのモデル名はよくわからない。
あんまりテニスに力入れてないし。
フェデラーが履いてるシリーズかな。

そしてジョコビッチ。
th_DSC_3942
ラケットはSPEED X。
実際のフレーム何なのだろう。
PRESTIGEベースな気もするが、よくわからない。

一度打たせてもらえないかな。
HEAD Japanに1本くらいないのだろうか。
あっても貸してくれないか。

シューズはasicsのジョコビッチシグネーチャー。
18,700円なり。
高っけ〜ぞ!

ということで、選手のギアを追いかけてるだけでも楽しいトーナメントなのだ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コーギーとか、テニスセンサーとか。

ペットショップにコーギーがいた。
ガン見していたら、店員さんが出してくれた。
th_IMG_6207
かわいいなぁ。
そうそう、赤ちゃんの頃ってお腹は毛が生えてなかったんだっけ。

「かわいいですよね。いかがですか?」
「ウチ、コーギー二匹いるんです。すみません」

申し訳ない。

 

さて、狙ったわけではないのだが、ネオフェスタのゲスト、
守谷総一郎プロ、宇野真綾プロともにラケット契約はHEAD。

使用ラケットは、宇野プロはINSTINCT。
守谷プロはこれまでPRESTIGEだったが、
G360 RADICAL PROにスイッチしたばかりだそうだ。

守谷プロ、以前もRADICALを使用していたはず。
RADICALとPRESTIGEを行ったり来たりしている感じ。

で、せっかくなのでプロのデータも取ろうってことで、
センサーをつけてストロークを打ってみる。
th_IMG_7551

th_IMG_7560

興味津々な守谷プロ。
th_IMG_7553
結果は?

宇野プロはINSTINCTがドンピシャ合っているらしい。

守谷プロは・・・?
th_IMG_7554.MOV

「数値見る限り、SPEEDのほうがええんちゃうかなぁ」との診断。

「マジっすか!?SPEEDかぁ」心揺れている(笑)

まあ、数字はウソつかないしね。
どうする、総一郎。

ということで、このテニスセンサー、なかなか優れものである。
th_IMG_4799
1万円ちょっとと安くはないけど、それだけの価値はあると思う。
ぜひともお試しあれ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポストとか、試打!とか。

先日のLINEアカウントの案内。
よく考えたら、スマホのブラウザ画面にQRコードが表示されても
それは読み込めないことに気づいた。(そりゃそうだ)

LINEの「友達追加」〜「ID検索」で、@rec-tennis で検索してください。

登録よろしくお願いいたします!

 

松山空港にて。
th_IMG_7114
松山の街のあちこちにあった。
さすが俳句県。
(ていう言い方あり?)

 

さて、某日。
自宅でシコシコとストリンギング。

th_IMG_6470

試打ストリングである。
th_IMG_6468

取り扱い提案をいただいたストリングは一定条件で張り上げて、
Team RECスタッフで試打をする。

打球感(飛び・回転・ソフト感、その他あれこれ)を規定の評価シートで
段階評価し、取り扱いした方が良いかどうかを集計する。

性能は?価格は?カテゴリ的にハマるところはあるか?など、
お客様に良い提案が出来るかをイメージしながら決めていく。

やはりお客様のプレーや状態をいちばん知っているのはコーチ。
コーチングスタッフの評価が高くないとねということ。

けっこう皆、辛口な時もあり、ハードルも高いが、
やはり皆が認めたものはお客様にも喜ばれるのだ。

ということで、張り上げてミーティングに持ち込む。
th_IMG_6471

皆、なかなか良いところを突いてる。
もちろんこの評価はそのままメーカーさんにフィードバックさせていただく。
取り扱いの有無もそうだが、また次の提案にも繋げていただけるのが大事なのだ。

ということで後日、17歳児の相手をする機会があったので、
まとめて試打をしてみた。
台風前夜だけど。
th_IMG_7293

なるほどなぁ。
th_IMG_7296

th_IMG_7302

th_IMG_7300

th_IMG_7297

1本ずつメモをしつつ、順番に打つ。
(練習にならないね。ゴメン)
同一カテゴリーじゃないので比較はないのだが、
どんな層にどうハマるかを考えつつ、試打。

まずは自分の打球感覚をセットするところからかな。
しばらく打ち込んでからじゃないとわかんないや。
うーん、普段からもう少しボールを打つ機会を増やさないとだなぁ。

最近は柔らかめのポリも増えて、一定のシェアを維持するようになったけど、
飛び系のマルチってやっぱりいいね。
ストリング選びも終わりがない感じなだなぁ。

と言いつつ、標準はHEADのSONIC PRO(ポリ)なんだよね。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウェブマガジンとか、帽子とか。

そんなわけで、ウイルソンの #1000分の3秒を5秒にする プロジェクト。

Wilson WEBMAGAZINEにも記事が掲載された。
th_webmgzn1000

ワタクシもコメントさせていただいた。

ちなみに立場はオピニオンリーダーらしい。
いつからそうなったのだろう。

そういえば、HEADさんの発表会の際、
本国スタッフの皆さんをご紹介いただいたのだが、
HEAD JapanのS社長はワタクシを「インフルエンサー」と紹介くださった。

他にもブロガー、プロコーチ、シナプソロジーインスタラクター等々、
様々な肩書を持つ男。
そしてその正体は・・・ただのサラリーマンである。

 

さて、帽子である。

実業団やら日本リーグやらイベントやら、
写真を撮るとき、横位置に構えているときは
キャップのツバが邪魔にならないのだが、
縦構図にカメラを構えるとカメラボディにツバが当たってしまう。

そういう時は後ろ向きに被ったりするのだが、
邪魔にならない方法はと思い立って、これを購入。
th_IMG_6422

思い切り似合わなそうだが、まだまだ暑いし、
一度試してみることにした。

このままだと微妙なので、ワッペンチューンを。
th_IMG_6424

どうでしょ?Team REC仕様。
th_IMG_6426
似合わなかったら、優しく否定してください。

実はこの帽子、ビジネスパル全国大会に向けて買ったのだが、
荷物に入れ忘れて、未だデビュー前である。
情けない。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テニスの日とか、松山スナップその1とか。

テニスの日のチャームが届いた。
th_IMG_6346
今年はラケット。

昨年は改修工事のために有明でのイベントはなかったけど、
今年は一部のエリアを使用してイベントが開催されるそうだ。
全てではないが新しい有明テニスの森も見られるテニスの日イベント。
9月23日は有明にいらしてください。

テニスの日公式サイト

 

さて、ビジネスパル、松山のスナップ。

さすがミカン県、松山。

空港ロビーの中央にはこんなディスプレイ。
IMG_6507

その横には・・
IMG_6505
蛇口からミカンジュース。
これ、そこらじゅうにある。
もちろん本当に水道管で繋がっているわけではない。

松山といえば鯛めし。
IMG_6508
早速、空港のレストランで注文。

鯛を出汁に浸け・・
IMG_6509

IMG_6510

ご飯に乗せて食す。
IMG_6511
あっさりしていて美味しかった。
若者たちはもう少しパンチとボリュームが欲しかったかも。

会場。
IMG_6550

IMG_6549
とても立派な総合運動場だった。
国体かなにかでつくったのかな。

コートはハード。
かなり食うし、バウンドも伸びた。(と思う。打ってない)
IMG_6548
ボールはあっという間にこんな状態。

周囲は山。
IMG_6521
盆地育ちなので山に囲まれると落ち着く。

立派なスタンドもある。
IMG_6746

ここがメインコートなのかな。
IMG_6747

IMG_6750
初日の雨はまいった。
蒸し暑いわ、試合はワンセットのノーアドになるわ、
ちょっと厳しい状況だった。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。