カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

チラシとか、ミーティングとか。

ライブの楽しみに入り口で配っているチラシがある。

高中正義師匠のライブでは、年末のライブのチラシが配られた。
IMG_0010
こりゃ、行くしかないでしょ。
と思ったら、この日はイベントだった。
無理だな、残念。

 

さて、今年はメーカーさんの本社(本国)の方と
ミーティングする機会が多い。

海外には日本のテニススクールのような
コーチ1名が多人数を教えるようなビジネスモデルが無いこと、
そして、テニススクールやクラブでの商品販売のボリュームが
日本ほど大きく無いために、聞きたいことも多いのだろう。

先日は、オーストリアのH社、
シカゴのW社の方とミーティングの機会をいただいた。
もちろん日本のスタッフが通訳してくれてだけど。

本国の方々はミーティングでもかなりアグレッシブ。
スクールビジネスの細かな部分、商品の動向、販売戦略など、
かなりつっこんが質問が多い。

加えて、次なる商品はどんなものが良いか、
日本市場でヒットするスペックは?カラーは?
どんなサポートやプロモーションをすれば効果的かなど、
具体的な意見も求められる。

主にボスが日本のテニス業界やスポーツ市場の現状や
スクール経営手法などのレクチャーをし、
ワタクシは販売手法や個々の商品についての話をするという感じ。

こちらが迂闊なアイデアを出そうものなら、
そのまま商品化されるのではという空気もあり、
それを販売しなければいけない日本スタッフは
若干顔が引きつってたりして。

実際、次の来日時にはプロトタイプのラケットや、
カラーサンプルを持ってきて、試打や意見を求められるから
意見もより真剣にってことになる。

あるミーティングでは随分と先の製品まで見せられて、
メーカーさんの商品開発って何年先まで決まってるのだろうと
驚いたりと、こちらも勉強になることも多い。

先日は、グリップテープや振動止めなどの試作品もテストも。
「遠慮なく意見を言ってください」と言われたので、
本当に遠慮なくダメな部分もフィードバックさせていただいけど、
そのまま本国に伝えたんだろうか。
怒ってないかな。

きっと、ウチの会社だけじゃなくて、
何社もミーティングしてるんだろうけど、
なんにしても意見がピックアップされることはありがたい。

少しでも役に立ててもらえればウレシい。
ちなみに、先日試打させてもらったプロトタイプは
来年あたり製品化されるという噂も。
楽しみである。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

出発とか、揃い踏みとか。

いよいよ日本リーグが始まる。

japanleague2017002
先日のポスターと微妙に変わったのが分かるだろうか。

そう、中村祐樹プロがメンバーに追加となったのだ。
今回はこの6名で戦う。

そして今日、ワタクシたちは最初の戦いの場、
兵庫県三木市のブルボンビーンズドームに向かう。

今回はじめてファーストステージがビーンズドームになった。
1月のビーンズドームはメッチャ寒いので、
このパターンの方がありがたいと思ってはいるが、
実際のところはどうなのだろう。

怪我をしないように、でもきっちり勝とう!
それにしても遠いぜ、ビーンズドーム。

 

さて、先日のこと。

Team RECメンバーの練習会が行われた。

普段は海外遠征などそれぞれの場所で活動中のメンバーだが、
なんとか皆が来れそうなタイミングがあり、
日本リーグも近いので、練習会をということになった。

当日は斉藤プロがトルコ遠征からの帰国で
練習は間に合いそうにないとのことだったが、
来れるメンバーで練習会となった。
IMG_0998

怪我から徐々に回復しつつある鈴木プロも参加。
というか、鈴木プロが仕切ってくれた。
IMG_0984

今シーズンは終了。
束の間のオフだった関口プロ。
IMG_0985

新メンバーの西郷プロも送球というのもめずらしい光景。
IMG_0988
もちろん西郷プロも一緒に練習に入った。
良い刺激になったんじゃないかな。

練習後は会議を終えたレックスタッフに近況報告と日本リーグ壮行会。
IMG_1006

新たに仲間に加わった中村祐樹プロと西郷幸奈プロも紹介出来た。
IMG_1008

プロメンバーが全員揃うのはめずらしい。
IMG_1015

せっかくなので全員で記念撮影。
IMG_1018

なかなかこういう機会はないけど、
年に一度くらいテニス〜食事会みたいな懇親企画ができたらいいな。

まずは日本リーグ頑張ってきます。
選手が・・ね。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

トルコ準優勝!とか、ラケットチューンとか。

竹島駿朗プロのITF FUTURESベトナム準優勝に続き、
斉藤貴史プロもITF FUTURESトルコでのダブルスで準優勝。
C63DB8F9-1864-4524-BCE0-AF23B7ED5C86
かなりの接戦だったけど、最後は押し切られたようだ。

本人のブログによれば、「まだ今ひとつ波に乗っていない」とのことだが、
シングルスの方もATPランキングで70位ほど上げてきたし、徐々に戻って、
1,000番を切る日も近いんじゃないかと思う。
ガンバレ!

 

さて、ある日のこと。
そんな斉藤プロからメッセージ。

「ちょっとお話ししたいんですが、電話していいですか?」

あれ、確か今はトルコのはずじゃ。
明日、ダブルス決勝だよね。
何かあったか?

若干不安になりつつ、「電車降りたら電話するよ」と返信。
早く最寄駅に着かないかと、やきもきしながら電話。

「もしもし今トルコ?」

「はい、そうです」

「明日、ダブルス決勝だよね?」

「はい、そうです」

「どうした?」

「相談があって・・」

「なに?(ドキドキ)」

「以前お話し聞かせてもらった、
ラケットのチューンナップをお願いしたくて」

(なんだ・・びっくりした)

「ああ、もちろんいいよ。合わないの?」

「いや、合わなくはないんですけど、1本1本が微妙にちがってて」

「なにが?」

「ウエイトとバランスとグリップです」

「そんなに違うの?」

「いや、微妙なんですけど、確実にちがうんです」

「それを揃えればいいわけね」

「お願いできますか?」

「でも、試合も練習もあるから、一気に全部は無理でしょ?」

「はい、そこが問題で」

「分かった。Mさんに聞いてあげる。また電話するよ」

 

ラケットスタジオのMさんに電話し、事情を話す。
日本リーグもあること、帰国のタイミングでうまくやりたいこと、
作業に何日かかるかなど・・・

「大丈夫です。3本ずつなら1日でやります」

「マジすか?大丈夫?」

「ためブロさんの頼みならやります!」

ありがたい限りである。

 

斉藤プロに再び電話。

「やってくれるって。3本ずつ出そう。それで間に合うよ」

「ありがとうございます!」

「いつどうしようか」

「月曜に帰国した時に渡すでいいですか?」

「OK、じゃレック上石神井で」

ということで、成田からレック上石神井に着いた斉藤プロ。

IMG_1019
元気そうで良かった。

「ラケットは?」

「3本しかないです」

「なんで?」

「出てこなかったんです。どうやらロシアのほうに行っちゃたみたいで」

「これは?」

「こういうことたまにあるんで、いつも3本は機内持ち込みしてるんです」

へぇ、プロならではのリスクヘッジなんだなぁ。
なるほどねぇ。

ということで、あれこれラケットをいじくり回す。
確かに感触がそれぞれ微妙に違う。
まあ、個体差は普通のことだ。

まずは基準の1本を決め、とりあえず2本を揃えてもらうことに。
以降は順次送っても、データがあるから大丈夫。

Mさんに電話し、斉藤プロと話してもらう。
とりあえず方向が決まった。

あとはロストした荷物が届いてから順次作業となった。
良かった、なんとか段取りがついた。

ラケットはプロの命、サムライの刀みたいなもの。
不安ゼロの状態がプレーに好影響なのは間違いない。

これで斉藤プロのプレーもさらに良くなるだろう。
Mさんよろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

記憶とか、TENNIS SENSORとか。

某日、西新井駅近くの飲み屋で。
IMG_0364
ソトヤマコーチと飲んでいたら、
少し前に退職し、別の道に進んだキヨシが現れた。

元気そうで何より。
新しい道でも頑張って欲しい。

ちなみに次の日、ソトヤマコーチはこの写真を見て、
「あれ?昨日、キヨシきたんですか?全然覚えてない」

マジか。
けっこう深くていい話もしたんだけど、全然覚えてないのね。
もちろんワタクシが払ったことも覚えてないに違いない。
今度、払わせてみようかな。

 

さて、HEADさんからこんなものが届いた。
IMG_0524
HEAD TENNIS SRENSOR

まだ発売前の商品とのことだが、
一部の契約コーチなどにテストを依頼しているようだ。

パッケージを開けるとこんな感じ。
IMG_0526

グリップエンド型のセンサー。
IMG_0527

グリップエンドを外すためのツール。
IMG_0529

充電ケーブル。
IMG_0530

USBポートに挿して充電する。
IMG_0531
グリップエンドとは磁石でカチッとくっつく。

グリップエンドに内蔵されたセンサーが
打球データを計測してくれるそうだ。

データは専用アプリに反映される。
IMG_1141

どんな結果が出るか楽しみだ。
週末に試してみよう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キーホルダーとか、オーダーとか。

先日、クロゼットから発掘された中にこんなものも。
IMG_9952
HEADのリールキーボルダー。
以前のロゴなので随分古いと思われる。

展示会で配られたものだったかな。
釣りにいいかも。
あ、釣りしてないか。

 

さて、こんなラケットが届いた。
IMG_0257

全体はこんな感じ。
IMG_0262

わかるだろうか。

そう実はこれ、HEAD SPEED MPなのだ。
IMG_0258

IMG_0261

IMG_0266

このSPEED、そんじょそこらのSPEEDじゃない。
IMG_0259
市販にはないカラーと、フレームにはHEAD SELECTの文字。

グリップはレザーテイストの特注。
IMG_0263

グリップエンドのロゴはHEADではない。
IMG_0267

そして、スロート内側には、Team RECの刻印が入っている。
IMG_0260

このラケット、HEADさんからいただいたもの。

本国のスタッフさんとのミーティングや、
あれこれと試打やテストを手伝ってくれたから、
お礼にオリジナルモデルをつくってあげようとのことで、
海外で展開しているオーダー企画でラケットを作成いただいたのだ。

カラー、ウエイト、バランス、ストリングパターン、
グリップタイプ等々を選び、刻印を指定する。
speedselevcet
これがその時のオーダー画面。
今、ワタクシが使いたいスペックにさせていただいた。

待つこと1ヶ月半くらいだろうか。
HEADさんから届いたのがこれ。

もちろん、もったいないので使っていない。
ありがたく会社に展示させていただいた。
本当は打ってみたいけどガマンである。

このカスタムシステム、日本からのオーダーも可能なのかな。
自分の名前、入れたラケットつくってみようかなぁ。
見る限り、SPEEDだけみたいだけど、PRESTIGEないですか?

カテゴリー: オモチャ, ステーショナリー, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

痛いとか、進呈とか。

膝痛い。
IMG_9888
じゃあ、走るなよ。

湿布してまで走るかってのが正論なんだろうけど、
一度妥協するとダメになりそうな気がして・・・。

そうして自分を追い詰めるのもいけないのかな。
もう少しゆるく生きますか。

 

さて、先日。
クローゼットを整理して、大量の服を捨てた。
多くはTシャツだけど、一度も着ていないものもたくさんあった。

会社で揃えたゲームシャツも。
IMG_9946
これは2世代前のモデル。
シンプソンさんに作ってもらった。

袖のロゴがワッペンじゃなくてプリントなので、
ゴワゴワしなくて良い。

生地自体は少し厚手なので、首回りが少し気になるというか、
もう少し軽いといいかなっていうのもあるが、
その分、ヘタらないので、今も愛用しているスタッフも多い。

これは前回のユニフォーム。
IMG_9947
薄手、軽くてとても動きやすい。
かなりスリムなシルエットで、若干着る人を選ぶ。
まあ、テニスコーチだからうちのスタッフは大丈夫・・と信じたい。

これくらい薄くて軽い生地が好みだなぁ。
昔から試合の時は出来るだけ何も着けたくないってタイプ。
時計着けて試合する選手もいるけど、ワタクシ的には考えられない。

まあ、とにかく軽くていいシャツだ。

このウェアたち、ご覧の通り一度も着ていない。
もらっているわけじゃなくて、ちゃんと買ってるのにもったいない。

でも、今後もおそらく着ない。
RECロゴのウェアは15歳児が試合で着るわけにもいかない。

ということで、スタッフにあげることにした。

社内メーリングリストで「これあげます」とメールを送ったら、
数人から速攻で返事が来た。
先着順じゃないけど。

複数枚あったので、とりあえず希望者には渡った。
着てもらえるところに行けて、シャツも本望だろう。

ちなみに今年のウェアもまだ一度も着ていない。
IMG_0271
うーん、テニスしろよって感じか。

とあるオファーでコートに出てもいるんだけど、
試合するわけじゃないのから、着ないのよね。

よし、試合するか!(ウソ)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新機種とか、Wilson Natural登場!とか。

どうだろう、iPhone X。
IMG_0409
発表当初は少し心が動いたけど、結局何もしてない。

iPhone7はSuica機能が搭載されたという意味で、
買い替えの動機になったけど、
今回の8とXは機能的な革新性が感じられずだ。

顔認証とかあまり興味ないし、全面ガラスパネルは
落としたらすぐに壊れそうだ。

何より高いよね。
大した変化も感じられない携帯にそんなに出せませんぜ。

 

さて先日のこと。

ストリング打ち比べ。
IMG_0075
ラケットはワタクシ的ベンチマークのHEAD RADICAL MP。
HEADさん、貸し出しありがとうございます。

ストリング3本合計で36,000円の試打である。
って、ラケット買えちゃうぜ。

1張り12,000円のストリングは巷で話題のナチュラル。
IMG_0077

ウイルソンとルキシロンから新たにリリースされたナチュラルストリングだ。

このストリング、何が違うかというと、原料から違う。

オーガニック・グラス・フェド・カウという
自然の牧草で飼育された牛の腸を使用している。

そのため原料になる牛の腸には、
βカロチン、ビタミンE、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれていて、
ストリングの打球感・耐久性を向上させるのだそうだ。

ちなみに見た目もかなりクリア。
試しに少し折り曲げげてみても屈曲部分が白くなることはない。
コーティングもかなり良いようだ。

で、ウイルソンとルキシロンの違いは・・・

ルキシロンはハイブリッドを前提としていて、
摩擦係数が低いコーティングが施されている。
つまりスピン性能により影響を与える
スナップバックが起こりやすい仕様になっているのだ。

そして繊維は9本で構成され、かなり細かい。

一方、ウイルソンは単張り前提。
繊維は8本、ルキシロンとは差別化してある。
今回、このストリングを新たにラインナップに投入すべく
皆で試打をしようってことになったわけ。

IMG_0080

ユーザーの方には関係ないけど、張り上げも非常にしやすい。
ナチュラルを張り上げる際はより気遣いも多いのだが、
癖もなく、キレイに動いてくれるのでとても張りやすい。
品質を象徴した変化だと思う。

 

一体、どれだけ違うのか?
興味津々で打ってみる。

違う!明らかに違う。

シャープなのに食いつく。
食いつくけどダルくない。

ナチュラルなので当然振動も少ない。
抜けるようなフィーリングが心地よく手元に伝わってくる。

ナチュラルの本来ってこんな感じだったなぁ。
でも、遠い昔のコーティングの薄いナチュラル、
パシフィックとかはすぐに切れてしまったっけ。

そんな感触を残しつつ、しっかりしたコーティングで
耐久性もありそうなのが、最新のナチュラルなのだろう。

ではまず、ルキシロンとウイルソンの違い。

簡単にいうと、ルキシロンはシャープ、ウイルソンはホールド。
摩擦係数なのか、繊維の数なのか、明らかに打感は違う。
ルキシロンはより先鋭的、ウイルソンはよりナチュラルっぽい。

ルキシロンは16と17の2ゲージを試したが、
当然ながら17ゲージはシャープ。
16のほうがナチュラルを感じられるのかな。
切れると財布に厳しいし。

ということで、採用になったのが、Wilson Natural16。
IMG_0794
より食いつくナチュラルフィーリングを感じて欲しいとい理由だ。
ちなみにフェデラー、錦織圭もこちらのナチュラルをチョイスしている。

今回のキャンペーンではレック全校で、
このナチュラルを張り上げた試打ラケットを用意した。
IMG_0793
ぜひ、より進化したナチュラルストリングを感じていただきたい。

正直、価格は高いが、ナチュラルはテンション維持性能も高いし、
コーティングもしっかりしているので、結果的に割高になることもないと思う。

まずは試打を!
オススメです!

カテゴリー: テニス, テニス用品, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポスターとか、シャツとか。

日本リーグのポスターが届いた。
IMG_0417
これが届くといよいよって気持ちになる。

ポスター、毎年思うけど、もうちょとクオリテイを何つうか・・。

写真はまあ選び方もセンスなので言わないが、
Tennis Japan Leagueの文字もよく見るとシャギー(ギザギザ)入ってるし、
この辺は何とでもなるものだと思うんだけどな。

実業団テニス最高峰の試合ってことだし、改善よろしくお願いいたします。

 

さて、そんな日本リーグのウェアが少しずつあがってきた。

昨年まではゲームシャツには袖口ワッペンのみだったが、
今年からは背中にロゴを入れることにした。

実業団リーグってことで、コマーシャリズムは基本制限なし。
せっかく大きなロゴを入れられるだから、
ちゃんと入れようってことになったのだ。

まずはプロ選手のウェア。
プロはそれぞれに契約があるので、契約メーカーのウェアにプリント。
色目はチームで揃えるというデ杯方式を採用した。
ちなみに今年はネイビーね。

関口周一プロ
IMG_0003

IMG_0004
Simpsonのウェアである。
チェック部分へのプリントに少し苦労した。

竹島駿朗プロ
IMG_0005

IMG_0006
SRIXONのウェアなのだが、なかなかネイビー系がなく、
シンプルなポロシャツになった。

一部で「体育の先生みたい」という声もあるというか、
広めているのはワタクシだ。

斉藤貴史プロ
IMG_0007

IMG_0008
ROCHEのウェア。

派手なウェアを着ることが多い斉藤プロだが、
今回は統一イメージのため、めずらしく大人の装い。

そして、コーチたちのウェア。
IMG_0271

IMG_0275
Team RECスタッフで揃えたエレッセである。

このウェアはカラーオーダーなので、
他と被らない(はず)。

袖にはTeam RECワッペン。
IMG_0272

反対袖にはコラボしているSWANSアイウェアのロゴ。
IMG_0273

徐々に準備が進み、気持ちも盛り上がってきた。
チームメンバーでの全体練習の日程も決まったし、
しっかり整えて、まずはファーストステージを乗り切ろう。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発掘とか、写真館とか。

いらない服を大量に捨てた。
一生掛かっても着きれないほどのTシャツやら。

15歳児に「Tシャツあげるよ、練習で着れば」と言うと、
「いいです。Tシャツ多すぎる・・・」と断られた。
たしかに・・・。

さらにウォークインクローゼットを整理したら、
箱に入ったままの新品のスニーカーがゴロゴロと。
IMG_9948.HEIC
他にもナイキのフォレストヒルズが2足とか。

「忘れてたでしょ?」

「わ、わすれてないよ」

「どうすんのこれ?」

「履くよ。もちろん」

「なんで同じものが何足も?」

「履く用とコレクション」

「死んだら棺桶にたくさんシューズ入れてあげる。顔が隠れるくらい」

「う・・よろしく頼む。でも斎場に怒られるかもよ」

ちゃんと履きます。
申し訳ない。

 

さて、箱根での1枚。
IMG_9195
富士屋ホテルの目の前の写真館。

写真館て言い方も最近は聞かない。
今はなんて言うのだろう。
フォトスタジオとか?

創業明治11年てすごいな。
IMG_9201

ショーウインドウには有名人の写真。
IMG_9197

昭和テイストが心をくすぐる。
IMG_9200
加納典明って・・

おっ、お宝写真。
IMG_9199
ジョンだ。
さすが富士屋ホテル前だぜ。

オノヨーコも随分歳をとったみたいだし、
元気なのはポールだけなのなろうか。

リンゴは何してる?
息子がミュージシャンみたいなことは聞きたけど。

久しぶりにホワイトアルバムを聴いてみた。
やっぱりいいね、ビートルズ。

一気に昭和に引き戻された箱根の風景。

カテゴリー: シューズ, スポーツグッズ, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寝坊とか、HEAD GT BLUE SPEED MPとか。

7時過ぎ、年に何回かあるかないかの遅めの起床だ。

ALLREC CHAMPIONSHIPSから戻った晩、
自宅に着いた途端にどっと疲れて寝てしまった。

それにしてもひどい渋滞だったな。
なんとかならないかな、中央道。

5時前から意識はあるのだが、結局体がいうことをきかなかった。

今日は休みとはいえ来週の仕込みやらやること満載なので、
起きなければと思いつつ、時間が経ってしまった。
あまりこういうことはないのだけど・・・。

ちなみに血圧を測ってみたら、ここ最近の最高値だった。

そんなわけであれこれ仕事を片付けて
ようやくランニングに出た。
IMG_0352
なんとなくフワフワしていて調子は今ひとつ。
ゆっくりめに9kmほどで終了とした。

大丈夫か?オレ。

 

さて、HEADからスペシャルディションのラケットが発売される。
gtspeedbl003

Graphene Touch BLUE SPEED MP
gtspeedbl

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:平均300g
■バランス:320mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップサイズ:2・3
■価格:35,500円

SPEED MPのズベレフモデルでる。
zvrv

HEADの若手看板選手の筆頭、ズベレフのATPツアーファイナル初挑戦に向け、
彼の好きなカラーであるブルーをメインカラーに据えた特別モデルだ。
trfnl

SPEEDはジョコビッチと白のイメージが強いが、
このカラーはまた別の斬新さがある。

ワタクシ自身はSPEEDの使い手ではないが、
1本手元に置いておきたいと思わせてくれるカッコ良さだ。

HEADの看板選手といえばもちろんジョコビッチだが
現在は怪我で戦線離脱中。
年齢的にもこの先ずっということもないだろうし、
新たなるスターが欲しいところに、
実力とルックスが揃った若手スターの登場。
さすがHEADさんのスカウトは良い目をしている。

今回の発売には、付属品としてシューズケースとプロダンプナー(振動止め)付属。
トータルでブルーコーディネートを楽しめるようになっている。

限定発売とのことだが、レック各校でも少数確保。
スペックは現行SPEED MPと同じなので、
SPEED MPの購入を検討されれいてこのカラーが気に入った方は
お早めの決断をオススメしたい。

無くなり次第終了なのでご注意を。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。