カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

炭酸とか、YONEX VCORE PRO97インプレとか。

ここ数年、すっかり甘いものを飲まなくなった。
チューハイ系も甘いからあまり飲まない。

普段はブラックコーヒーか炭酸水がほとんど。
水分はほとんどこの2種類で補給している。(ホントか?)

最近は炭酸の種類が増えた。
このところ目にするのが強炭酸。
IMG_3928
レモン味がちょっと甘く感じる。

ハイボールをつくる時はレモン炭酸使うけど
そのまま飲むには素の炭酸がいいかな。

そういう意味ではこれはウマかった。
IMG_3981
味のない炭酸のどうしてドライ(辛口)になるのか分からないけど、
たしかにドライだった。(なにが?)

 

さて、ラケットインプレッション。
IMG_3287

 

YONEX VCORE PRO97
yvcp97

■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:G:310g LG:290g
■バランス:G:310 mm LG:325mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:20.0mm
■グリップサイズ:G2 / G3 / LG1 / LG2 / LG3
■ストリングパターン:16×19
■価格:35,000円(税抜き)

 

ヨネックスがVCOREシリーズをさらに強化。

選手の使用率が高く、引っ叩き系のイメージが強いVCOREシリーズ。
実際にそういう系統のモデルだし、ワタクシはそこまで打たないしと
あまり気にしていなかったのだが、今回のモデルのルックスにも惹かれ手にしてみた。

いいよね、このデザイン。
IMG_3290
渋いカラーリングがいかにもツアーモデル。
独特のデザインはマグマをイメージしたとか。

フレーム厚は21mmのフラットとかなりハードめ。
IMG_3294
個人的にはフラットビームは好みだが、
さすがに21mmはここ最近では使ったことが無いような。
ちゃんと飛ぶのかな。

試打ラケットに張ってあったストリングは
新製品のPOLYTOUR STRIKE。(だと思う)
IMG_3293
フェイスはヨネックスらしくバランスが取れている。
好きな人はずっとヨネックスで買い換えるんだよね。
この傾向は他ブランドに比べて顕著。

今回のモデルにはNamd(エヌアムド)なるカーボン素材が使用されていて、
ねじれに強く、打球時の復元力がさらに強くなったとか。
IMG_3288

ということで、「腕壊れないかな」と思いつつ試打。

おっ!けっこう飛ぶね。
しかも引っかかりも良い。

思ったよりもかなり扱いやすい印象。
21mmビームとは思えないくらいにボールが出て行く。

極端なしなりを感じないのは、Namdの恩恵なのだろうか。
ハードすぎず、しかしダルさもなく、気持ちよくボールが出て行く。
とてもバランスのとれた味付けだと思う。

フレームが薄いので振り抜きも良い。
310gのほうを打ったのだが、実際のウエイトにくらべ
体感的には10gくらいマイナスかも。

オフセンターに外しても、ビビリや飛ばない感が少ないのも
フレーム剛性のご利益なのかも。
おそるべし、Namd。

ミスヒットの許容が広いのはとても有り難いが、
センターでヒットした時の抜け感も心地よい。

 

いちばん感じたのはスピン系の引っかかりの良さ。

新製品ストリングの性能なのかもしれないが、
とにかくしっかり引っかかるので、
イメージ通りの回転がかかる。(ような気がする)

ボールが速く離れすぎないこと、かといって粘りすぎないために、
絶妙の引っかかり感が実現されているんじゃないかと思う。

このラケット。たぶん「ボール潰し系」なんだろうけど、
潰さなくてもスピンがこれだけかけられるのはウレシい。
好きだなこの感触。

 

引っかかりが良いということはサービスにも好影響。
フレーム形状ならではの振り抜きの良さと相まって
トップスライス系やスピン系はグイッと曲がって、ズコン!と落ちる。

振れば振るほどに入るっていうか、ボールがコントロールされる感じ。
やっぱり振り切ってこそのVCORE PROなのかも。

 

ボレーは普通(に良い)。
というか、あまりネットプレーしなかった。ゴメン。
感じたのは、切るイメージじゃなくて、
フラットスライスに押し出した方がいいかも。

 

とにかくこのVCORE PRO97、ツアーモデルなのに使いやすいのがスゴい。

長丁場の試合で最後まで大丈夫かと言われると、ワタクシはわからないけど、
ボックスフレームで常に「飛ばさなきゃ感」を持ちながら打つのとは明らかに違う。
新素材の恩恵を受けつつ、攻撃的なプレーを実現できるラケットじゃないだろうか。

確実に進化、いやけっこう劇的な進化を実現したVCORE PR0。
当然、VCOREユーザーの買い替えにおすすめだが、
ツアー系モデルでもう少しフレームパワーの恩恵や
キレが欲しくなった方にもおすすめじゃないだろうか。

 

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

OB OG会とか、新製品ストリングとか。

レック興発・スタッフOB/OG会のfacebookグループが立ち上がった。
recobog01
レック興発OB・OG会

元スタッフの皆さんの交流の場になればと思って開設したのだが、
開設2日でメンバーが400名を超えた。

まあ、45年の歴史を持つスクールだから卒業生も多い。
テニスコートや試合会場でも元スタッフさんという方に会うことも多いしね。

テニスメーカーさんにもOB/OGがいて、
レック興発の担当をしてくれていたりもする。
若手だとワタクシがコーチテストを担当した方も。

もっと昔のOBだと議員さんとか。
とにかく幅広い。

このfacebookグループ、基本的に非公開の承認制なのだけど、
たくさんの卒業生の方々に集まってもらえたらうれしい。

様子を見て、何かイベントや交流会をしましょう。
お楽しみに!

 

さて、某日。
早朝から高輪テニスセンターでテニス。
IMG_3973

たまに呼んでいただける定例テニスである。
今回、メンバーが揃わなかったらしく、お声がかかった。

メンバーはテニス界のとても偉い方。
普通ならばワタクシなどは会話をすることなどないだろう。

そんなお方とダブルスを組ませていただいた。
「7割動いてね」と言われれば、「わかりました」以外に答えはない。

もうお幾つなのだろう。
80歳は超えられたと聞いた。

さすがに全面走るのはという感じだが、追いつけばちゃんと返球される。
思い切りの良いショットでストレートアタック。
見事に抜いて笑顔でガッツポーズ。
プレーを楽しんでおられる姿はスポーツの本質が感じられる。

錦織圭をはじめ。数々の選手をサポート、輩出されたのは
テニスへの愛情を持っておられるからなのだろうと。
お会いするたびに思う。

そんなテニスで使ったラケットがこちら。
IMG_3974

ラケットは型落ちのHEAD RADICALだが、ストリングはひと味違う。

実は今月から取り扱いを始めた新製品。
その名も「TECRELAX(テックリラックス)」。

ゴーセンの名品、テックガットの名を配したストリングは、
テックの「ソフト&ホールド」の感触をより突き詰めたモデル。

テックガット特有の極細繊維のマルチフィラメントに
スパイラルをミックスし、より振動吸収性を高めた。

ゲージは1.25mmと細め。
ハードヒットする男性プレーヤーだとすぐに切れてしまうかもしれないが、
タッチを追求したい女性プレーヤーにはジャストフィットだと思う。

女性プレーヤーでも数ヶ月で切れるかもしれないが、そこがミソ。
女性プレーヤーはストリングを切ることがとても少ない。
それだけに張り替え時期がわかりにくい。
このストリングはフィーリングを維持しつつ、あるところで切れる。(可能性が高い)
だから張り替え時期がわかりやすいのだ。

自らのプレーでストリングが切れるのもテニスの醍醐味。
男女問わずのエントリープレーヤーや女性層にもそれを味わってほしい。

カラーは4タイプ。
IMG_4700
ブルー・ピンク・イエロー・ブラック。
すべてにキラキラなスパイラルが入っている。

実はこのストリング、カタログに載っているプロパー商品ではなく、
このコンセプトのためにつくられたセミオーダー品。
テニスショップさんや他のテニススクールさんでの取り扱いはほぼない。

そのため各色限定数の販売。
完売の場合は次のキャンペーンまでお待ちいただくことになる。

「タッチ&ソフト」が欲しい方、ぜひこの機会にお試しくださいなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

散歩とか、ブラックコスメとか。

CooさんとCocoさんの朝の散歩はワタクシの仕事だ。

朝は時間がないので近所をあっさり回って終わり。

休日は少し長めにと思うのだが、
他の家の犬に会うと大騒ぎになるのが困りもの。
どうしてあんなに他の犬が気になるのだろう。

ちなみに1匹ずつ連れている時はけっこうおとなしい。
そんあに吠えないし、他の犬を見かけてもそれほどでもない。
どうして2匹だとそうなのか・・・心理状態が読めない。

コンビニで買い物をする間、店の前につないでおいた。
IMG_4687
店の中から観察してみると、並んで大人しく待っている。
押し合っているようにも見えるけど。

お利口さんじゃないか。
写真を撮ろうと外にでたら・・・
IMG_4689
まったくこっちを向いてくれない。

自由な2匹である。
もういいや。

 

さて、こんなものが届いた。
IMG_4887
箱・・・分かるか。

開けてみると。
IMG_4888
中蓋にメッセージ。

「当選おめでとう!
ヘッドのスペシャルラケットをアンタが世界でいちばん先に打てまっせ!」
ということのようだ。(かなり意訳)

オーストリアのHEADサンタさんからの贈り物か。
ちなみに「当選!」と言われても、特に何かに申し込んだ覚えはない。
後で請求書とか来ないだろうな。

中はというと。
IMG_4889
セットになっている。

ストリング。
IMG_4890
ポリとナイロン2種類。

ボール。
IMG_4891
オリジナルロゴだ。

振動どめ。
IMG_4892
この目のデザインがキモらしい。(キモいじゃないよ)

HEADさんからのメッセージカードも。
IMG_4893
まだちゃんと読んでいない。

ラケットはブラックコスメ。
IMG_4896

つまり製品版ではないってこと。
IMG_4898

じゃあ、これなにっていうと。
IMG_4900
次世代SPEEDのブラックコスメモデルらしい。

当然ニューテクノロジーも乗っているはずだが、
テクノロジーやらスペック詳細は未公開。
時期が来ないと分からないということだ。

まずは張り上げて使ってみることにしよう。
打てばだいだい分かるし。(ウソ)

とにかく、
「出来立てホヤホヤの完成前モデル貸してあげるから打ってみ」
ってことらしい。

インプレをお楽しみに!

カテゴリー: テニス, テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ボードとか、開幕!とか。

REC FESTAのウェルカムボード。
IMG_4588
レックインドアテニススクール上石神井のフロントスタッフ製作。
上手いなぁ。
タレント豊富なスタッフ陣である。

 

さて、そんなわけで準備万端でREC FESTA2018の朝を迎えた。

毎年、暴風やら雨やらの前夜から、当日は快晴というパターンなのだが、
今年は前日午後から良い天気。

すべては日頃の行いのおかげである。(もちろんワタクシのだ)

プロメンバー、ピラティスの玉乃先生も会場入り。
31900677_1968523956811330_4826626827827019776_n

スタッフミーティングを終え、記念撮影。
IMG_4610
良い1日にしよう!

スタート時間前からお客様がたくさん来られて開場!
各アトラクションを楽しんでいただく。

今年は何となく健康づくり的なアトラクションが揃った。

Vトレーニング。
31947772_1969170363413356_640393775750840320_n
東京メガネさんの展開する視力トレーニングプログラムだ。
反応時間では竹島プロが驚異的な数値を叩き出した。

中村プロも挑戦。
31932578_1969169910080068_8390431033228525568_n
もう少しで竹島プロを抜きそうなスコア。
さすがプロ。

が、しかし、後半でジュニアがあっさり竹島プロのスコアを抜きさった。
さすが、ゲーム世代ってことだろうか。

こちらは体力測定コーナー。
31934827_1968524916811234_1372682031816769536_n
握力・背筋力・前屈・上体そらし・垂直跳びなどを測定。
ワタクシび前屈はマイナスと小学校時代からの安定数値だった。

こちらはシャトルゴルフ。
31949567_1969170263413366_4208219990391783424_n
シャトルの先端がゴルフボールみたいになったているものを
前方のキャッチネットに入れるゲーム。

けっこう難しいので、ジュニアはラケット&テニスボールで。
31498725_1968524796811246_901111201289732096_n

メンココーナー。
31590031_1968524836811242_8357238748575956992_n

31946661_1969170163413376_2189445714705121280_n
これまでも、けん玉などのレトロゲームコーナーを展開のイチジョーさん。
今回はメンコと、さすが昭和の男。
カラオケの十八番が少年隊だけのことはある。

アトラクションに参加するとスタンプがもらえ、
それを集めると景品があたるガラポンに挑戦できる。
31949823_1969170043413388_6860287284067958784_n
ラケットバッグやら豪華景品が揃っていた。

外ではフードコーナー。

かき氷チーム。
31911520_1968524606811265_608799893242249216_n
雪のように繊細な氷は、さすが職人ホンザワコーチ。

綿菓子チーム。
31905638_1968524623477930_3901858680382947328_n

ポップコーンチーム。
31525045_1968524696811256_168102571834081280_n

初登場のコロコロ焼きチーム。
31895176_1968524590144600_7869700801600421888_n
ホットケーキの生地をたこ焼き機で焼いて、
中にチョコレートやらの具が入っている。
美味しかったな、これ。

ピラティスコーナー。
31919511_1969170150080044_5800911567327330304_n

講師の玉乃さんは、鈴木貴男プロのピラティスの先生でもある。
31944611_1969169930080066_4616549394580242432_n

今回はテニスボールを使った、
テニスプレーヤーのためのピラティスを教えてくれた。

奥のコートでは的当てコーナーなど、たくさんの方々に楽しんでいただけたと思う。
午前中からフルスロットルである。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ありがとうございましたとか、もうすぐ締め切りとか。

REC FESTA2018が無事に閉幕した。

IMG_4610

今年もたくさんの皆様にお越しいただいた。
本当にありがとうございました。

 

ご協賛いただいたメーカー各社様、
鈴木貴男プロ・竹島駿朗プロ・中村祐樹プロ、
ティラピスの玉乃先生、東京メガネ様、ビジョナップ様、
HEAD JAPANの小林様、そして運営スタッフのみんな、
関わってくださったすべての皆様に感謝である。
ありがとうございました。

今年も無事に終えることが出来てホッと一息・・・
をつく間も無く、来年に向けてさらなる進化の歩みが始まる。

まだ4回目のREC FESTAだけど、レック興発の歴史を刻むイベントに育てよう。
そのためには、もっともっと皆様に楽しんでいただくことかな。
来年もお楽しみに!(早いよ!)

さて、Team REC Tシャツ 2018年モデルの予約受付中である。

teamrectshirts2018

今年は3タイプ、全10カラーをご用意。

ポスターだとデザインがわかりづらいかもしれないので、
各デザイン、1カラーずつだけどご紹介。

ボックスロゴタイプ
bxbw
Team RECの基本ロゴタイプ。
袖には09ロゴ。
実は微妙にバランスなどを変えているので、
さらに洗練されたイメージになっている。(と思う)

 

09ロゴタイプ
09rw
RECカーなどでもおなじみの09(レック)ロゴ。
あえての前面にドカンと乗せてみた。
背面左腰にはボックスロゴ。
アクティブなイメージかな。

 

ステンシルロゴタイプ
stnw
ステンシル文字タイプ。
アメカジっぽい雰囲気。
プレー時以外のシーンにも。
背面左腰にはボックスロゴ。

 

ということで、今回も基本は受注生産。
5月13日までに各校フロントにお申し込みいただけると手に入る。

お客様からは「ロンTは?」とのお声もいただいているのだが、
ごめんなさい、それは秋風が吹く頃に企画するかも・・・です。

ちなみに以前のタイプはすべて完売。
もう手に入らない。
欲しい人は忘れずにお申し込みを。

スクール会員様ではない方は・・・えーと、
知り合いのTeam RECメンバーに聞いてみてください。

お届けまで少々お時間をいただきますが、お楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チョコボールとか、準備中とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

コンビニで気になったモノ。
IMG_3734
チョコボールアイスか。
どんな味なんだろう。
気になる。(なら買えよ)

チョコボールって息長いな。
物心ついた頃からあるもんね。

銀のくちばし5枚、金のくちばし1枚で
おもちゃの缶詰もらえるんだっけ。

もらったことあったような、なかったような。
昔すぎて記憶があやふや・・。

 

さて、いよいよ今日はREC FESTA。
ワタクシたちTeam RECスタッフも前日夕方から会場設営。

それぞれに担当がありつつも、皆で分け合いながら準備を進めるあたりが
チームとしてこなれてきたっていうか、ホントありがたい。

フロントスタッフチーム。
IMG_4567

タケダコーチ、フカダコーチ、ヨシムラコーチは、
たくさんの景品を展示中。
IMG_4569
メーカー様のご協賛に感謝感謝である。
本当にありがとうございます。

こちらはダンボール迷路チーム。
IMG_4571
第1回のREC FESTAからの名物アトラクション。
そろそろダンボールがへたってきて、今回がファイナルになるかも。
いや、また新たに買うかも・・。

今回初お目見えのシャトルゴルフ。
IMG_4572
テストと言いながら遊び始めるフカダコーチ。

ゴルフ未経験のオカノコーチも。
IMG_4574
凝り性のオカノコーチ、ゴルフはじめたら上手くなるだろうあなぁ。
(やらなくていいよ、抜かれるのイヤだから)

外のフードコーナーチーム。
IMG_4578
ホシノコーチがポップコーンを作ってくれた。
美味しい!オススメです。

こちらはメンコチーム。
IMG_4589
ジョーちゃん曰く「カンペキです!」だそうだ。

ちなみにワタクシの故郷、福島ではメンコではなくパッチと呼んでいた。
メンコは、牛乳瓶のフタより小さいサイズの呼び方だった。
この辺りは地域差があるようだ。
近々、解明して論文を発表したい。(ウソ)

今回は、体力測定的なアトラクションも。
IMG_4580
女子にしては驚異的な背筋力のナッチコーチ。

男子にしては驚異的に低い握力のフカダコーチ。
IMG_4581
右手の握力が27kgのテニスコーチって・・・。

で、AV班のワタクシたち。
AVって言ってもアダルト何とかじゃないよ。

久しぶりの配線に四苦八苦。
IMG_4592

思い出しながら何とか完了。
IMG_4590

ふう・・疲れたぜ。
IMG_4593

この他にも楽しめる企画満載のREC FESTA。
何時に来て何時に帰っても大丈夫。
ぜひご来場ください!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準備とか、カバーとか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

いよいよ今週金曜日はREC FESTA。
スタッフもそれぞれのパートで準備に余念がない。

ワタクシも音響機材を引っ張り出して下準備。

大量のケーブルに埋もれつつ・・・

えーと、これがアンプで。
IMG_4532

で、こっからスピーカーケーブルをと。
IMG_4533
こっちはスピコンでつないで・・

で、こっちがミキサーで。
IMG_4531
アンプ出力、どっからとるんだっけ?
まずい、久しぶりすぎて忘れてる。

なんとか繋いで、音出しテストを。

あ・・・iPhoneてイヤホンジャックないんじゃん。

何かとやり直しな1日だった。
大丈夫!当日までに思い出します!

 

さて、クローゼットを整理していたら出て来た。
IMG_3650
YONEX CARBONEX2のカバーである。
(もちろん本体もある)

この頃、ヨネックスってアメリカプロテニス協会のオフィシャルだったのね。
IMG_3651
ロゴも今とは違うね。

現在のロゴもいいけど、昔のもなかなか良い。
utalg

こちらも。
IMG_3649
DUNLOP MAXPLYのカバー。

一時、DUNLOPロゴはテニス市場から消えかけたが、
最近は方針が変わって、またDロゴが復活した。
IMG_3648
契約選手やコーチたちのステンシルもSRIXONからDUNLOPに変わった。
ここまで押して来たSRIXONブランドの扱いはどうなるのかな。
伝統のDUNLOPロゴの方が海外にも押し出しが効くのだろうなぁ。

今後はラケットフレームのロゴもダンロップに緩やかに移行するとか。
逆にSRIXONモデルは希少になるかもね。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 中村祐樹プロ, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

モンブランとか、YONEX ECLPSION2とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

近所のケーキ屋さんのモンブラン。
IMG_3769
とても美味しい。

ちなみに店員さんの愛想は悪い。
スイーツって人を幸せにするものだと思う。
笑顔で接客すれば、スイーツも喜ぶよ。

で、これ、長男が買ってきてくれた。
「誕生日に何もしてなかったから」だそうだ。

彼は案外マメ。
CooさんとCocoさんの誕生日にも犬用ケーキを買ってくる。

こういうところはワタクシと正反対。
似なくて良かった。

ちょっとした気遣いと優しさは女子に人気・・・
のはずなのだけど、まったく彼女がいる気配がない。
大丈夫か?

 

さて、テニスシューズである。

それほどプレー頻度の高くないこの頃だが、
シューズの消費は激しい。

昨年末に購入したWilson RUSHPRO2,5も1足はご臨終。
もう1足ももうすぐ穴が開く。

同時期に購入したSRIXON PROSPIDER αGRIP2も
もはや虫の息である。
IMG_9652

IMG_9658

犯人はこいつ。
DSC_0951
サイズが同じなのを良いことに
勝手にワタクシの棚からシューズを持っていく。

毎日練習しているもんだから、あっという間に履き潰す。
おかげでモデルによっての耐久性が分かっていいけど、
どこのシューズが持ちがいいかは書かないでおく。
で、今回購入したのはこれ。
IMG_3603
YONEX ECLPSION2

ヨネックスの上級機種、ワウリンカ使用モデルだ。

ワタクシ、実にヨネックスシューズを購入するのは30年ぶり。
ヨネックスがテニスシューズを発売した初代モデルから数代履いた以来。

当時はハイカットが流行っていて、ヨネックスもミドルカットから
クオーターカットみたいなシューズだったと思う。
とはいえ、最初のころは、あっという間に穴も空くし、
うーんまだまだだなぁ・・・みたいな印象だったっけ。

ということで30年ぶりのヨネックス。
さてどんだけ進化したかなと期待しつつ足入れ。
IMG_3608

IMG_3604

なんと!この剛性感はなんだ?
ヒールカップがきっちりと踵をホールドしてくれて大きな安心感が。
シューズはヒール部分が難しいと、メーカーの方に聞いたことがあるが、
このシューズはスッポリ、しっかり足を固定してくれる。

アッパー部は最近はやりのタイプ。
IMG_3606
この手のアッパーってはき心地は良いかもしれないけど、
ちゃんとホールドしてくれるのかなって疑問も持っていたが、
その疑問は良い方に裏切られた。

若干きつめに前足部を全体に包んでくれる。
足型が合わないと厳しいかもしれないが、
踵のホールドと合わせて、かなりのしっかり感。

アッパー部の弱い部分も補強が。
IMG_3607
あっという間にいっちゃうこの部分の補強は必須だ。

ソールはヨネックスお得意のパワークッション。
IMG_3609
卵を落としても割れずに弾むという近未来素材。

プレーをしてみたが、シューズ剛性とホールドによる安心感は大きい。
テニスギアメーカーのシューズの中ではかなりしっかりタイプだと思う。
アディダスに近い感じかな。

ダッシュもスライドも安心して動けるし、耐久性も良さそうだ。

30年ぶりのヨネックスシューズは恐るべき進化を遂げていた。
って、当たり前だけど。

宣伝になってしまうけど、このシューズも含め、
レック各校ではシューズキャンペーン実施中。
ぜひ一度足入れしてみてほしい。

良いシューズはパフォーマンス向上にも怪我防止にもご利益ありだ。
オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、シューズとか。

レックゴルフスクール水道橋で打ち合わせ。
次へ移動と思ったが、食事をしていないことに気づいた。

そういえば博多ラーメンの店があったなと思い行ってみる。
(博多ラーメンてすぐに出てくるのが理由)

店がなくなっていた。
代わりにカレー屋さん。

「カレーの市民 アルバ」だって。
なんだそりゃ。

食券を買い、しばし待つ。
IMG_3922
いわゆる金沢カレー系ね。

こういうの増えたね、最近。
味は大きな外しがないから、複数展開しやすいんだろう。
普通に美味しかったっす。

 

さて、なんだか久しぶりにちゃんと休日。
さすがに松山フューチャーズまでは応援に行けないし。

ということでランニング。
IMG_3944

昨日の暴風とは打って変わって最高の天気。
IMG_3950

走っていて、つま先に若干の違和感。
いや、以前からなんとなく感じてはいたが、
あれこれする気にはならず放置していた。

シューズを脱いでソールを確認・・・
IMG_3948
あ・・こりゃダメだ。

テニスシューズだったら確実に買い替え。
怪我するし、何より足に悪い。
健康になるためのスポーツでこれはない。

これまでに感謝して引退いただくことに。
ラストランである。
IMG_3946
今までありがとう。

しかしいい天気だ。
IMG_3951
あまりの天気の良さに、いつもより多く走っております〜!
染之助染太郎かっ!

あ、ということで、レック各校でシューズキャンペーン開催中です。
パフォーマンスは足元から!
その口が言うか。

カテゴリー: テニス用品, ランニング, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カフェとか、X-BLADE RS 300インプレとか。

某所にて。
喫茶店の店頭に置いてあった。
IMG_3912

ナンバーがついていたから、実走行可能なのだろう。
IMG_3913
いいね、これ。
欲しい。
どこがつくってるんだろう?

店の雰囲気もGood!
今度寄ってみよう。

 

さて、この春も新製品ラケットが続々発売された。

レック各校でも先日までラケットキャンペーンが開催されていて、
ワタクシもこれ幸いとあれこれ試打をしてみた。

その中には発売日が今回のキャンペーンに間に合わなくて、
5月のキャンペーンに持ち越しになったものも・・・
IMG_3231

ということで、高輪テニスセンターでの発売前試打会に行ってきた。
IMG_3230

今回のコピーはズバリこれ!
IMG_3252

BRIDGESTONE X-BLADE RS 300
IMG_3232
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■フレーム厚:24〜26〜23mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップサイズ:1、2、3
■価格:30,000円

ブツは、ブリヂストン X-BLADE。
名機X-BLADEがメジャーアップデートされた。

今回のX-BLADEはフェイス形状も変更。
若干縦長フェイスになった。

名機のリニューアルというと素材変更や
オプション機能付加みたいなパターンも多いが、
今回の進化は金型から変更という思い切ったもの。

幾度ものテストを重ねてこのフェイス形状にたどり着いたとか。
IMG_3236
縦長フェイスからはパワーアップの予感が。

ラウンドのフレーム構造は変わらず。
IMG_3235

ビームはシャフト部が少し厚くなっている。
IMG_3238

ブラックフレームに大きめロゴもなかなかカッコイイ。
個人的にはマット(つや消し)ではなくグロス(艶出し)が良かったかな。

さっそく打ってみた。

おっ!つかむ!

ラウンド形状だからあっという間にボールが出て行ってしまうかと思いきや、
しっかりフェイスがボールをホールドしてくれる。
ストリングがポリってこともあるのかもしれないが、
この掴み感はコントロールの安心感も大きいと思う。

つかむがボールはしっかり飛ばしてくれる。
縦長フェイスは掴んだ先のパワーも約束してくれるようだ。

フレームの剛性も高い感じがするし、どちらかといえば
グリグリのスピンよりも叩くスイングに向いてるのかな。

ラウンドフレームは球離れが良いイメージが強いが、
この適度なつかみ感の味付けはなかなかのものだと思う。

まさに走って、打って、勝利しろ!って感じ。
しっかり振り抜いて攻撃てねってところだろうか。

ボレーは少し押す感じかな。
しかし決してダルくはない。
一瞬つかんでシュパン!と出て行ってくれるので、
実際にはキレの良いボールになっているのだと思う。

おそらく、フェイスの5時・7時部分に配された
パワースタビリティカーボンの剛性アップによる
恩恵も大きいのだと思う。

いちばん気に入ったのはサービス。

縦長フェイスの上部でのヒットを意識して打つと
さらにフェイスの剛性が感じられるのだが、
パワーに加えて引っかかりも強いので、しっかりスピンもかかる。

振れば振るほどにボールが落ちてコートに収まるのは
とても心強い。

全体にブレのない安心感は攻撃的なプレーを可能にしてくれそう。
まさに「走って、打って」のアグレッシブなプレーヤーにオススメ。

メジャーアップデートが見事にハマった新しいX-BLADEだが、
価格設定が30,000円というのには驚いた。

ブリヂストンのラケットはジャパンブランドらしく、
非常に精度が高く、個体によるバラツキも少ないのにこの値段て。

驚きのお買い得モデルじゃないだろうか。

カテゴリー: インプレ, クルマ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。