カテゴリー別アーカイブ: テニス

PRESTIGE試打!とか、テニス日本リーグ初日とか。

んなわけで、届いた赤いヤツはこれ。
th_IMG_9542
HEADの名品、PRSTIGEである。

早速、張り上げ。
th_IMG_9526

th_IMG_9532

うーん、今回のPRESTIGEもカッコいいわ。

で、早速試打。
Team RECのHEAD契約、関口周一プロ、守谷総一郎プロとあれこれ評価。
で感想は?
それはまた次回に。

 

さて、そうこうしているうちにテニス日本リーグの初日である。

まずは開会式。
IMG_9747
そんなのあったっけか。

公式練習を終え、いよいよ開幕戦。
DSC_1877

IMG_9752
対戦するは、協和キリンさん。
以前にも対戦したことのある強豪チーム。
全員がすごいファイターで勢いがあるチームだ。

まずはシングルス2、正林知大。
DSC_2073

日本リーグデビュー戦で緊張しているのか、
今ひとつピリッとしない展開。
DSC_2131

崖っぷちを渡りまくってゲームを落としている感じ。
何とか盛り返したりもするが、決め手が見つからない。
DSC_2006

ファーストセットを落とし、セカンドセットは何とかタイブレークに追いつく。
DSC_1988

DSC_1900
が、最後はミスが続き敗退。

互いに厳しい戦いだった。
対戦相手の杉本選手は終わった途端に全身痙攣に襲われ、
ネットまで歩くことすら出来なかった。
DSC_2133
こんな状態でのファイト、素晴らしい。

後がなくなった我がチーム。
シングルス1は竹島駿朗選手。
DSC_2149

DSC_2165

駿朗なら問題ないだろうと思っていたが、
予想に反してこれが大苦戦。
なんとファーストセットを落としてしまう。
大丈夫か、駿朗。

セカンドセットは何とか取り返す。
DSC_2208

 

ファイナルセットに入る間に、隣のコートはダブルス。
関口周一選手、守谷総一郎選手のテッパンペア。
DSC_2216

DSC_2219
リラックスムードの試合前。

そして試合開始。
DSC_2223

やはり協和キリンさんはファイターだった。
終始リード気味ながら、なかなか突き放せない。
DSC_2262

DSC_2271

思うように行かない場面も多数。
これが日本リーグか。
DSC_2401

DSC_2374

ファーストを取り、セカンドは若干もつれ気味。

DSC_2281

DSC_2295

しかし最後は自力で勝る関口、守谷が突き放す。
DSC_2430

DSC_2438

良かった。
これで1対1もタイ。
竹島駿朗選手にチームの勝敗がかかる。
DSC_2212
と、そこは実績と信頼の竹島選手。
しっかりファイナルを締めて勝利。

良かった。
何とか初日は勝利である。

それにしてもしんどい初日だった。
やっぱり日本リーグは大変だ。

今日はイカイさんとの対戦。
ますます厳しいが、全力で勝ちに行こう!

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

King Of Red登場!とか、会場入りとか。

少し早いサンタさんからラケットを預かった。
th_IMG_9435

中にはストリングも入ってる親切ぶり。
th_IMG_9436
赤いストリングですか。
あまり張ったことないけど。

サンタさんによると、「男は赤でしょ!フレームもストリングも」とのこと。
th_IMG_9440

なるほど赤い。
th_IMG_9441

th_IMG_9443

で、キャップグロメットと言えば・・・。
th_IMG_9457

 

今回預かったのは、 MPとS。
th_IMG_9438

「まずは赤を張って使ってみ」との指示で早速張り上げてみることに。

今回のキーワードは、#KingOfRed #伝承と革新の赤ラケ だそうだ。

いち早く打ちたかったので、今回の遠征に持ってきた。
つまり赤ラケのデビューは日本リーグの会場ってことに。
関口プロ、守谷プロにも打ってもらおうっと。
続報を待て!

 

さて、いよいよテニス日本リーグが始まる。
ファーストステージは兵庫県・ブルボンビンズドーム。
新幹線で集合場所の新神戸へ。
IMG_9608
富士山がきれい。
良いツアーになりそうな予感。

新神戸でメンバー集合。
IMG_9610

レンタカーをピックアップし、会場へ。
とりあえずお昼ごはん。
IMG_9611

1年ぶりのビーンズドーム。
IMG_9619

IMG_9634

車のドアに指を挟んだ守谷プロ。
IMG_9623
勝利のVサインではなく、指が腫れてるのアピール。
片手打ちなので大丈夫の声多数。

練習開始。
IMG_9642

DSC_1700

DSC_1739

DSC_1720

IMG_9643

2時間の練習を終え、居残り練習をする関口プロ、守谷プロ。
IMG_9676

良い調整が出来たと思う。
IMG_9681

IMG_9683

いよいよ初戦。頑張ろう。
IMG_9666

応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サプライズ登場!とか、出発とか。

th_th_1stslide
応援よろしくお願いします!

 

レックインドアテニススクール上石神井に竹島駿朗プロが登場!

レッスンに入っていただき、お客様と打ち合ったりと楽しい時間を過ごした。
レッスンに来られた会員様、ラッキーでした。
隣のコートの皆様、次回にご期待ください。

レッスン後、ミニあんぱんを食べていた竹島プロ。

「それが昼飯?」

「いえ、朝ごはんです」

「もう昼だよ。飯食いにいくか」

というこよとで上石神井駅近くのカレー屋さん。
th_IMG_9422
味良し、量もじゅうぶんのナイスなお店。
ちなみにナンはおかわり自由だ。

竹島プロ、これから登場機会は増える予定。
お楽しみに!

 

さて、そんなわけで、あっという間に日本リーグがやってきた。

会議やらセミナーやら展示会やら打ち合わせやら、
あれこれにバタバタと追われ、気づけばもう出発日。

時間の速度が少しずつ速くなっているに違いない。
またはワタクシの速度が落ちているのかのどちらか。(たぶんこっちだ)
あ、または働き方改革に逆行して仕事が増えてるかだな。(こっちも否定できない)

ということで、ファーストステージは兵庫決戦。
セカンドステージの1月よりまだ寒くないと思われる(というか期待の)ビーンズドーム。
新幹線での移動だから、荷物をどの程度にするかがポイント。

一眼レフカメラ:2台
レンズ:標準ズーム1本、望遠ズーム1本、デカイ単焦点1本
ビデオカメラ
外付けマイク
一脚
折りたたみ椅子
パソコン
充電器
その他電子機器多数

緩衝材代わりに着替えあれこれ。
うーん、これでキャリーケースはパンパンだ。
th_IMG_9589

他にも仕事用の資料やらなんやら。
今回はちょっとした事情でラケットも持っていく。
けっこう大荷物だなぁ。

まずは無事に東京駅までだな。
混んでる京葉線に大荷物持ち込むのは気がひけるぜ。

日本リーグ、幕張メッセでやってくれないかな。
(やらないよ)

とにかく日曜日まで全力で勝ち星を取りに行こう。
頑張ろうぜ!Team REC。

まずは皆んなちゃんと来いよ。

*Team RECは新神戸集合なのだ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寒いとか、必勝祈願とか。

th_th_1stslide
応援よろしくお願いします!

 

寒くなってきた。
我が家のCooさんとCocoさんもこんな感じ。
th_IMG_9400

th_IMG_9401
ゴンぎつね状態。
わかりやすいぞ、君たち。

 

さて、某日。
ネオインドアテニススクール西新井から電車を乗り継ぎ、着いたのはこちら。
th_IMG_9460

駅前広場に寅さんが。
th_IMG_9463
ということで、ここは葛飾柴又。

一平コーチも寅さんと記念撮影。
th_IMG_9461

この日は恒例の日本リーグ必勝祈願に柴又帝釈天へ。
帝釈天は勝負の神様。
我がTeam RECは毎年、帝釈天に勝利の祈願をするのが習わしなのだ。

こんな寅さんいたっけ?
th_IMG_9465

せっかくなのでボスとツーショット。
th_IMG_9466

昔ながらのお店の前の看板は一平コーチ。
th_IMG_9467
とりあえずのっておくのがレック流。

日が傾きかけた参道を帝釈天へ。
th_IMG_9468

th_IMG_9469
いつもように必勝祈願をしていただく。
毎度のことながら気持ちが引き締まる。

無事に祈願を終え、帰り道。
th_IMG_9484

もちろんそのまま帰るわけもなく・・・。
th_IMG_9485

th_IMG_9487
軽く一杯。

今年もあっという間に日本リーグの季節になった。
ホントに時間が経つのが早い。
ちょっと前に決勝トーナメントだった気がするけど。

今年は正林プロも加入し、戦力アップのTeam TEC。
昨年の結果を超えるべく全員で戦う。

もっと強いチームに。
もっと応援してもらえるチームに。
もっと良いチームに。

実業団リーグ、ビジネスパル、日本リーグ、それぞれのステージで
Team RECは皆さんと一緒に勝利を目指して戦う。
今年の日本リーグも応援よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コンテナショップとか、すすきのナイトとか。

th_th_1stslide
応援よろしくお願いします!

 

札幌アーケード街。
th_IMG_8848

th_IMG_8849
コンテナハウスみたいなお店が。
けっこう繁盛している。

アーケード内にお店が置けるって、それだけスペースがあるってことだよね。
やっぱり北海道はでっかいどうだな。(古い)

 

さて、そんなわけで北海道の藤原テスターの案内ですすきのへ。
IMG_8859

昨年は仕事の都合で前日夜遅くに札幌入りしたので、
皆さんと一緒の食事はかなわなかったので、今回初。
IMG_8862

細い路地からビルの2階へ。
行きつけの焼き鳥屋さんらしい。
IMG_8864

焼き鳥も美味しいが、刺身も美味しい。
IMG_8867
さすが北海道。
でも、こんなに食べられませんぜ。

テスター仲間も北の味覚を堪能。
IMG_8866
っていうか、本業が忙しいらしく、メールと電話対応で大変そうだ。

徐々にハイボールが濃くなってきたような気が。。
IMG_8868

いやぁ、美味しかった。
IMG_8869

さあ、帰って寝よう。
としたら、「もう一軒用意してあります」とのこと。
もう眠いんですけど。

さらにディープな感じのビル。
IMG_8872

行きつけのスナックらしい。
IMG_8871
もう飲めません。

小一時間ほど盛り上がってタクシーでホテルへ戻る。

「次はどうしますか?」と、渋谷テスターと深谷テスター。
若いなぁ。

「次は寝る。おやすみ」と断ったら、二人はどこかに消えた。

次の朝、「どこに行ったの?」と聞いたら、
「ラーメン食べた気がするんですけど、憶えていないです」だって。
どんだけ飲んだんだ。
変なお店には行ってないようで良かった。

やっぱり北海道は美味しくて安い。
こりゃ太るよね。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間, , 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

芝犬とか、懐かしラケットその3とか。

有明にて。
th_DSC_2772
芝犬って可愛いよね。
黒もいいし、茶色もいい。

茶色の芝って、どうしてあんなに唐草模様が似合うだろう。
東京ぼんたかっ!(知ってる人は50歳以上)

 

さて、宮崎のテニスショップ、エリートプレーヤーズ
オーナーの山口さんからいただいた写真、まだあった。

PUMA BORIS BECKER SUPER
th_69310375_2382788338463500_2893959770182516736_n

これも一世を風靡したラケットだ。
いや、ベッカーが一世風靡したってことか。

ダブルファーストみたいなキャノンサービスを引っさげて
あっという間にトップに登りつめたベッカー。
ダイビングボレーも含め、たしかに衝撃的だった。

サービスが最大の武器だったことは間違いないが、
グリップがどうにも厚く見えて、違和感ありありだった。

フォアハンドストロークも大きなテイクバックから、
インパクト後に肘をたたんで加速していくようなスイング。

バックハンドのスライスは、ギュンと振り下ろし、
インパクト後にラケットヘッドがキュッと立っていく。
これまでのスライスのイメージは形を保ちながら
前に送り出すようなスイングイメージだったので、
なぜスイング後半でヘッドが上がるのか、よくわからなかった。

これまでとは明らかに違った理論のプレースタイルを理解すべく、
コーチ仲間たちと、テニスクラシックやテニスジャーナルの連続写真を見ながら、
あーでもない、こーでもないと遅くまで話し合ったものだ。

ベッカーのバックハンドだけでひと晩語れるって、
そんな時代もあったのね。懐かしいな。

その時思ったのが、プレースタイルにもグリップにも
スイングにも正解はないってこと。
結局、その時代のトップが正解になるのだなと思った。

この頃は、ベッカーがいて、エドバーグがいて、チャンがいて、
まだレンドルもいて、マッケンローもナイキのウェアで頑張ってた。
アガシ、サンプラスは出始めだったのかな。

思えば、プレースタイルはバラバラ。
それだけにテニスを見るのも面白い時代だった。

ワタクシは、デビッド・ペイトが好きだったなぁ。
変則のサービスフォーム、固いストローク、絶妙なボレー、
そして一癖ありそうな顔つきにアディダスのウェア。
ラケットはWilson ULTRA2だったっけ。
スコット・デイビスとのダブルスは最高に面白かった。

あとは、ポール・アナコーンもいた。
プリンスグラファイトに超ローテンションのストリング。
打球音がしないんじゃないかってくらい緩かったのに、
サービスはメチャ速いし、ショットコントロールも絶品だった。

最近はコーチとしてツアーで見かけることもあってウレシい。
またプレーしているところ見たいな、

 

あ、BORIS BECKER SUPERの話だった。

最初にベッカーが出てきたときは、PUMAのラケットだったけど、シルバーのモデルだった。

多分、モールドは一緒だけど、もちろんシグネーチャーモデルなんかじゃなかった。
そもそもPUMAのラケットなんて市場ではほとんど見かけなかったし、
ベッカーが使ったからこそのブランドだった気がする。

ベッカーがメジャーになってすぐに、このモデルが発売になった。

このラケット、グリップエンドのネジを回すとラケットの長さが変わる。
パワーの欲しい人は長く、コントロールプレーヤーは短めに調整する仕組み。(たぶん)

そんなふうに簡単に長さが変わるラケットの剛性は大丈夫なのかと思うが、
そんな文句も出ないくらいにベッカーは強かったし、巷にもこのラケットが溢れた。

ワタクシ的にはこんなにフェイスの横幅が広いラケットは
面安定性に不安があってとても使えないってことで、
何度か借りて使ったことはあるが、試合で使ったことはない。

ちなみに、PUMAはこの時代、ベッカーモデルのウェアも出していて、
あちこちのコートにベッカーもどきが、
サービス前に顎を上げて体を前後にゆらゆらさせていた。(同年代はわかるはず)

その後、ベッカーはPUMAと条件が合わなかったのか、
使用契約は終了し、ESTUSAというメーカーと契約。
ESTUSA製のまったく同じ(にしか見えない)モデルを使用していた。
モールドってパテントあるはずなんだけど・・・謎。

とにかくプロも華やか。
ラケットも売れた良い時代である。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

誕生日とか、日本リーグとか。

「Cooさん、Cocoさんの出番が少ない」とのお声かけをいただいた。
リクエストにお応えして・・・。

先日は、Cooさんの誕生日だった。
記念日的なものを一切覚えないことがポリシー(覚えられないだけ)
のワタクシだが、奇跡的にCooさんの誕生日は覚えていた。

なぜならGoogleカレンダーに入れておいたのが表示されたから。
結婚記念日とか入力しておいても忘れるのに、
どうしてCooさんの誕生日だけ・・・。

そして、ちゃんとそういうことを覚えている長男。
アルバイト先のドッグカフェで犬用ケーキを買ってきた。
優しいね。(特に犬には)

匂いでわかるのか、ケーキに釘付けな2匹。
th_IMG_9414

待ちきれず覗き込む2匹。
th_IMG_9409

Cocoさんは誕生日ではないが半分ずつ。
th_IMG_9416

ちゃんと「待て」ができるCooさん。
th_IMG_9419
「よし!」と言った途端にひと口で終了である。
味分かったのかな。

Cooさんももう12歳。
家に来た頃はこんなだった。
th_DSC_8279

th_DSC_8549
家族に色んなことがあった時も、Cooさんの存在に救われたこともたくさんあった。

最近は遊んで攻撃も少なくなってすっかり落ち着いてしまったけど、
やっぱり昔と変わらず家族のアイドルのまま。
(Cocoさんのかまって攻撃はすごい)

動きや振る舞いはまだ老犬という感じはしないけど、
窓際の日なたでのんびり外を眺めているのを見ると、
いい歳ってことなんだろうなと思ったりもする。

もうCooさんのいない我が家は考えられない。
とにかくまだまだ長生きしてほしい。
誕生日、おめでとう。

 

さて、この前終わったばかりだと思っていた日本リーグがもうやって来た。
th_th_1st stage
なんか、日が経つのが早すぎないか。
ちょっと前に決勝トーナメントだった気がするけど。

で、今年のTeam RECはブルーブロック。
japanleagueblock
どこを見ても強豪チームなのは当たり前だけど、
今年も大変な戦いばかりって感じかな。

今年はメンバーに正林知大プロも加わり戦力アップしたが、
他のチームの戦力増強っぷりもすごいので、なんとも・・。

ということで、ファーストステージは兵庫県三木市のビーンズドーム。
期間は、12月5日(木)〜8日(日)。
関東から応援に来るのは大変だが、ご来場いただければウレシいな。
来られなくとも念を送ってください。

試合の経過は、Facebook、HPでも出来るだけ早くアップするので、
いいね!や応援コメント、よろしくお願いいたします。

個人的には昨年のビーンズドームは最終日に風邪でリタイヤしているので、
今年は全日程を無事に乗り切るのが目標である。

って言いながら、数日前から風邪っぽくてとてもしんどい状態。
週明けまで治さなくちゃ。
ワタクシへの応援もお願いしたいところである。(なんの?)

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラテとか、懐かしラケットその2とか。

某日の亀戸あたり。
th_IMG_8092

早く着いてしまったので、カフェで時間調整。
th_12F53925-A229-41FE-A0BA-10A33F09C5D5
ハートをつくられても・・・
年齢は無関係らしい。

 

さて、そんなわけで、宮崎のテニスショップ、エリートプレーヤーズ
山口さんのラケットコレクションをもう少し。

ROSSIGNOL F200
th_69285447_2382788285130172_2910976447789137920_n
マッツ・ビランデルの使用モデルとして有名。
というより、ビランデル以外に使ってた選手いたっけ?

ロシニョールといえば、もっと前だと
ウッドのモデルでSTRATOなんてのもあった。
えーと、使ってた選手は・・思い出せない。

テニスマガジンに載ってた写真だけが頭に浮かぶ。
年取ったなぁ。

このF200はフレームがかなり柔らかくて、
まったくワタクシ好みではなかったが、
この時代、あちこちのクラブではよく見かけた。

縦ストリングを張るときに強く引きすぎると
フレームが陥没してしまうなんてことも聞いたような。
それだけ柔かいってことか。

ビランデルといえば、88年のUSオープン決勝の
レンドル戦が印象に残っている。

片手バックのスライスを多用し、「プレースタイル変えた?」
と思わせるような試合展開。
サービスはけっこうエースを取っていたような気がする。
なるほど、こういうテニスもありなのかと思ったっけ。

ちなみにこの時のレンドルのガッツポーズが思い切りカッコ悪くて、
強いけど、ホントに絵にならない人だなぁって感じだった。(ごめん)

現在のラケットのフレーム剛性からは考えられないようなモデルだった。
でも、グランドスラム制覇機なのだ。

 

BRIDGESTONE
th_69622208_2382788231796844_5114875461884706816_n

上は、B10シリーズ。
一番下は、BXというモデル。

BXは使っていたことがある。
フレーム剛性が高く、ストリングパターンが荒くて
よくスピンがかかった記憶がある。
たしか白戸仁プロが使ってたような。

自分的にはかなり気に入っていたモデルだったが、
4万円くらいしたんじゃなかっただろうか。

ストリングパターンが粗いから、やたらと切れるので、
2本じゃ怖くて試合に行けないし、でもお金なくて買えないしと、
悩ましいラケットだったっけ。

 

Wimbledon
th_70006148_2382788068463527_4826112114651299840_n
80〜90年代、ウインブルドンの使用率は高かった。
ALLPROがプリンス・グラファイトみたいな扱いだったかな。

th_69694007_2382788098463524_7170501849756205056_n

ワタクシはSUPER SERVEというモデルを使っていた。
写真のラケットと同じダブルブリッヂだったけど、
このラケットはボロンプロかなぁ。
(山口さん、教えてください)

まあまあ気に入ってたけど、正直に言えば、プリンス・グラファイトは高くて買えず、
ウインブルドンで我慢していたって時期だった。
6万円のラケットなんて、何本も揃えられないよね。
月給15万円だったし。(しかも交通費込みで)

SUPER SERVEはもう一度打ってみたいな。
歴代のラケットは1本は残してあるのだが、
このラケットは、というかコーチ駆け出しのこの時期のラケットは
残っていないものが多い。

なぜかというと、お金がなくて、手持ちのラケットを誰かに売らないと
次のラケットが買えなかったのだ。
月給15万円だし。(もういい)

 

YONEX R-50
th_69714269_2382788278463506_6670171394229141504_n
しなりのある柔らかフレームの印象だったヨネックスが、
剛性感の強いモデルを出したって思ったのがこのR-50。
(個人の感想です)

ヨネックスはR27以降使ったことがなかったが、
R-50は一瞬だけ使っていた。

たしかお世話になっていた近所のテニスクラブの先輩コーチが
やたらとラケットを買い換える方で、飽きたのはもらったのだと思う。

他にも、DUNLOP DP50とか、PROSTAFFもくれたっけ。
練習もつけてくれたし、ビリヤードにも連れていってくれて、
食事も食べさせてくれ、試合もよく一緒に行った。
いい人だったなぁ。
今はどちらにおられるのだろう。

ラケットを見るとその時代を思い出す。
ああ、懐かしい。

でも、あの頃には死んでも戻りたくない。
だって、月給15万円ポッキリだし。(もういいよっ)

ラケットコレクションナイト、いつやりますかね。

カテゴリー: テニス, テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、北へとか。

Team RECの守谷総一郎プロがITFツアー(クエート)でダブルス優勝。
IMG_9288
いいぞ〜!総一郎。

パートナーは、竹内研人プロ。
あ、日本リーグでは対戦相手だった。
とにかくおめでとう!

 

さて、某日は亀戸で日本プロテニス協会のお仕事。

th_IMG_8093
プロテストのテスターである。

この日はTeam RECから宮田コーチも受験。
規則で所属先の受験者の担当はできないので、遠くから見守るのみ。

先日、結果が届いて見事合格だったとのこと。
速やかに入会手続きしてね。

ということで、そこから2週間後。
th_IMG_8785

モノレールに乗り、看板から顔を出して写真を撮る・・わけもなく。
th_IMG_8786

羽田空港へ。
th_IMG_8787

札幌でのプロテストのテスターである。
th_IMG_8791
札幌は3年連続かな。

美味しいものを食べて、温泉に入って・・なんてことはない。
テストを実施して帰るだけ。
もう少し日程に余裕があると北の大地を楽しめるんだけどね。

あっと言う間に新千歳到着。
th_IMG_8795

送迎バスでレンタカー赤センターへ。
th_IMG_8801
新千歳のレンタカーセンターは驚くほど広大な施設。
さすが北海道である。

受付を済ませつつ、カウンターのお姉さんに
「近くで美味しいラーメン屋さんを教えてください」と頼む。

「美味しい順に3軒プリントアウトしました」だって。
さすが。

レンタカーはプリウス。
th_IMG_8802
あまり乗ったことがないので楽しみ。
運転は深谷プロがしてくれるけど。

北海道らしい景色の中、出発。
th_IMG_8806

あまり景色が変わらない中、北海道っぽい看板。
th_IMG_8807

もらった地図を頼りにラーメン屋を探す。
th_IMG_8808

あった!
th_IMG_8812
イオリ

頼んだのはもちろんの味噌ラーメン。
th_IMG_8817
美味い!やっぱり地元の推薦はハズレがない。

なんというかとても素直な味噌ラーメン。

本州でも味噌ラーメンの有名店はあるが、
太麺で野菜多めで、いかにも味噌ラーメンという感じのが多いけど、
とても普通な感じながら味は深みがあって食べやすかった。
これなら毎日食べられるな。(食べるなよ)

食通の吉田委員長もご満悦。
th_IMG_8816

店の裏には川が流れていた。
th_IMG_8819
サーモン橋。
いかもにものネーミング。
サーモンが獲れるのか?

木が違うのかな。なんか北海道っぽい景色。
th_IMG_8820

腹もいっぱいになったので、高速道路で札幌へ。
th_IMG_8825

夜は何食べましょうか?(仕事だよっ!)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発表!とか、近所とか。

HEADさんの展示会にお邪魔した。
th_IMG_8375

みんなが待っていたあのモデルが発表に!
それは・・・まだい言えないのだ。

今度はこんな感じなのね。
ああ、打ってみたい。
いつ頃打てるのだろう。

 

さて、某日。
何と休みである。(普通だよ)

近所のカフェというか、ブルワリーというか、
新たに開発している居住区のお店が1周年で何かやっているらしいってことで
散歩がてら行ってみた。

ランニングではよく通るけど、あまりお茶飲みに来ることはない。
th_IMG_7921
カフェと地ビールが飲めるダイナーと
多目的スペースが一緒になったようなお店。

内装はアメリカンな感じでワタクシ好み。
th_IMG_7922

th_IMG_7924
ウォーホールも大好きだ。

左側のブルワリーで地ビールを飲みたかったが、
この日は右側のカフェへ。

th_IMG_7926

th_IMG_7927

th_IMG_7928

小腹が空いたのでアップルパイを。
th_IMG_7925

実は昔はアップルパイ食べられなかった。
果物を温めたり、焼いたりってないでしょって。
田舎の子だったからか。

ブルワリーとカフェの間のスペースでいただく。
th_IMG_7932

th_IMG_7931

奥の簡易ステージではDJプレイ。
th_IMG_7923

アップルパイはリンゴがゴロリと入っている。
th_IMG_7939
アイスラテとアップルパイの穏やかな休日の昼下がり。
いつもこんなだといいんだけど。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。