カテゴリー別アーカイブ: テニス

雨とか、本戦へ!とか。

雨、雨、雨・・である。
IMG_0060
土曜日も選手は早稲田と慶應のコートに移動し試合を消化。
竹島プロも慶應のコートで戦い、勝利をおさめた。

鈴木貴男プロの試合はキャンセル。
次の日に持ち越された。

それを知ったのは、コロシアムに入ってから。
女子の試合を観て、雨の中を濡れながら帰った。

しかし運営側も大変だろう。
序盤は試合数も多いしね。
協会のイマムーくんも忙しそうだった。(外国人じゃないよ)
頑張ってね。

 

さて、そんなわけで予選決勝は日曜日に持ち越された。
台風上陸前日のこの日、また早稲田と慶應のコートも使用しつつ、
しかしTeam RECの鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロはコロシアムにオーダーされた。
しかも続きのオーダー。
応援しやすくて良かった。

クルマで行こうか、電車で行こうか迷いながら、結局電車にした。
駐車場料金、高そうだし。

ずぶ濡れになりながらコロシアム到着。
IMG_0061.HEIC
写真を撮っている手前側の前ブロックはまあまあ埋まっているが、
雨の予選とあっては集客も厳しい状況。
それでも熱心なテニスファンには感謝である。

 

まずは鈴木貴男プロの試合。

昨年は予選決勝で敗退。
本戦には入れなかったことがニュースになった鈴木プロ。
今年は本戦に入って欲しい。
しかし本戦を逃したことがニュースになるってすごいな。

IMG_0067.HEIC
対戦相手は広川選手。
ゴツい当たりのハードヒッターだ。

試合は鈴木選手ペースで進む。
22713199_1861021877561539_1666895825117742022_o

スキあらばネットラッシュでプレッシャーをかける。
22555387_1861022280894832_7316150500609814919_o

怒涛のネットラッシュ、恐るべし。
確実に自分のステージに誘い込む。
22555447_1861022214228172_390706344303382913_o

後ろでの引き合いも巧み。
22552599_1861022354228158_6305135412694398654_n

繋ぐところは繋ぎ、一気にネットへ。
22553115_1861021960894864_564629521862822195_o

さすがの展開である。
22552933_1861022287561498_707778951328045677_o

ちなみに全日本にチャレンジシステムはありません、貴男さん。
22554973_1861022370894823_9138125110806423660_n

最後まで主導権を離さずにストレートで勝利。
22552467_1861022424228151_5850756091523145547_n
本戦進出を決めた。
さすがです。

 

続くは竹島プロ。
22688677_1861023784228015_848363530406947741_n

対戦するは福田選手。
41歳現役の福田選手は鈴木貴男プロより数ヶ月年上。
まさに双璧のレジェンドである。
22687648_1861023790894681_5595242058792058202_n

互いにサービスキープで始まったファーストセット。
22712618_1861023874228006_2050633394558471106_o

福田選手の粘りは驚異的。
22552903_1861023877561339_288174695256926497_o

なかなか突き放せない竹島プロだが、
後半の勝負所でようやくサービスブレーク。
22712235_1861023787561348_5420653417869542415_o
ファーストセットを取る。

セカンドセット。
22712426_1861024237561303_2099023192063848181_o
いきなりサービスブレークしたもののブレークバック許す。
隣でボスが「駿朗、あういうところが甘いんだよなぁ」とボヤく。

しかし、ここでひとつギアを上げた竹島プロ。
22553388_1861024287561298_2154534435721371582_o

一気に突き放しにかかりゲームセット。
本戦出場を決めた。
22555195_1861024294227964_880367750995617197_n
良かった。
昨年は予選で涙を飲んだしね。

さあ、これでTeam RECからのシングルス本戦は、
関口プロ、鈴木プロ。竹島プロの3選手。

仕事が詰まっていて、なかなか会場には行けないけど、
行ける日まで勝ち残って欲しい。

明日は関口プロと鈴木プロにダブルスがオーダーされた。
ガンバレ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

開幕!とか、1回戦とか。

いよいよ開幕。
IMG_0018
全日本選手権である。

ただ、雨&メッチャ寒い。
なんだこの天気。
確かに全日本の期間、冷たい雨が降る日があるイメージはあるが、
ここまで寒くて雨が続くのはねぇ。

IMG_0019

仕事もテンパってるし、試合のスケジュールはメチャクチャだし、
いったいどうなる全日本&ワタクシって感じ。

とにかく年末までを乗り切らなければ。
瞬発力&対応力が大事だな。
(やっつけって意味じゃありません、念のため)

 

さて、そんなわけでTeam RECメンバーの動向を追う。

竹島プロが練習中。
IMG_0013
調子は悪くなさそうだ。

関口プロもやってきた。
IMG_0026
遠征から戻ったばかりで、洗濯に忙しいとか。

この度、サポートメンバーとして契約した西郷幸奈プロ。
IMG_0015
ITF浜松からとんぼ返りでの参戦だ。

予選1回戦の対戦相手はは17歳、アメリカで活動中の選手。
今回はワイルドカードでの出場だそうだ。

22553002_1860117800985280_828584455047655891_o
腹筋を痛めているとの西郷プロ。
苦しい展開が続く。

途中、盛り返すも及ばす敗退。
22550565_1860116820985378_8256736332971758903_o
ハードなスケジュールの中、頑張ったが残念。
ダブルスは本戦なのでリベンジしてほしい。

 

続いての登場は鈴木貴男プロ。
Team RECの顔としてぜひ本戦に入ってほしい。

対戦相手は大学生。
試合は終始、鈴木貴男プロが支配していた。
22553003_1860127277650999_2761827881051175693_o

まさに鈴木貴男劇場のネットラッシュ。
22519060_1860127437650983_6065953747835563823_n

雨で中断があったものの、ペースは変わらない。
22539028_1860127524317641_3232853839788437882_o

6-3 6-3で勝利。
22555138_1860127604317633_1288958979379399734_n
2回戦にコマを進めた。
いつ見ても鈴木プロの試合はエキサイティングだ。

 

コートを移動し、竹島プロ。
DSC_7844

試合は始まったばかり。
DSC_7885
しかし何度も雨による中断。
最終的にはサスペンデドに。

週明けに台風も来るし、今年の全日本は荒れ模様。
厳しいのは全選手が同じ条件。
しっかり整えて勝ち上がろう。

Team REC、頑張るぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよとか、研修会とか。

雨が続く東京だが、いよいよ全日本テニス選手権が開幕。

Team RECからも4名が出場。
alljapan2017
有明のコートにそれぞれの思いをぶつけて欲しい。

今年は何故か殺人級に忙しく、
どれだけ有明に行けるか分からないが、
全力で応援するのは変わらずである。

みんな、ガンバレ〜!
でも今日も待機が長そうだなぁ。
まあ、これもテニスか。

 

さて、そんな全日本選手権直前、Team RECスタッフ研修に
鈴木貴男プロと竹島駿朗プロが参加。
IMG_9969
実は参加ではなく、もともと講師でお願いしていたのだけど。

全日本選手権直前ということもあり、序盤は練習メニュー。
プロ選手のメニューを紹介してもらい、皆で実践。
IMG_9988

両プロも本気モードで調整かな。
IMG_9977

IMG_9984

ひと通りのプラクティスメニューの後は、
各ショットについて掘り下げての研修会。
IMG_9993

最後はダブルスフォーメーションの考え方について
意見交換をしながら、いかにレッスンに組み込むかなどを検討。
IMG_9990

プロのダブルスの考え方、ワタクシたちコーチの考え方、
スクールとしてのカリキュラムなど、
様々な切り口での意見交換は非常に有益だったと思う。

根本の部分ではひとつの流れだが、
年齢やレベル、男女によってどう考えるか。
面白くも、突き詰めなければいけないテーマだと思った。

延々と脈々と続くテニススクールのカリキュラム。
レベル毎の技術要件は本当なのか。
時代で変わって行くのが普通ではないかなど、
考え始めると夜も眠れなくなってしまう。
(って、三球照代かっ!)

「これまで」と「これから」の両面を睨み、
前に進まなければと思った研修会だった。

IMG_9975

鈴木プロ、竹島プロ、ありがとうございました。
全日本選手権も頑張ってください!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

居場所とか、斉藤貴史プロとか。

ワタクシのワークスペースの足元。
IMG_9595
ほとんどの場合、Cocoさんが寝ている。

間違って踏んでしまいそうだ。
迂闊に足を動かせないから疲れるし。
犬ってどうして狭いところが好きなんだろう。

 

さて、先日のこと。
斉藤貴史プロが来社。
IMG_9559
最近の活動報告やら打ち合わせやら。

ちょうど昼飯時。
せっかくレックに来たなら・・・
IMG_9560
ということで、ラーメン・ヤスオへ。

注文したのは、らうどんMAX。
IMG_9561
普通に食べ切ってた。
さすが若者。

最近はこのラーメン屋が聖地巡礼みたいになってる。
「レックといえば、らうどん」みたいな。
DRKさんの情報操作の賜物である。

ちなみに毎日らうどん食べてると思われているみたいだが、
実はそれほどでもない。

DRKさんは、週に2〜3回。(多いな)
ボスは週1回って感じ。(我慢してるっぽい)
ワタクシは月に1回のペースである。(節制中)

テニス関係者の皆様、一度は食べてみてください。

ラーメン・ヤスオ

小田急線・南新宿駅から徒歩1分。
レック興発の斜め裏である。

ちなみにレック興発は南新宿駅の改札を出て、
左にサイドステップで7歩である。

らうどんの後に寄っていただければ、お茶くらいはお出しします。
(いないことが多いけど)

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

冷奴とか、GT RADICAL MPとか。

ファミマの冷奴
IMG_9567
ここ最近のお昼の定番である。

実は大阪&博多遠征でウエイトが上昇気味。

ランニング&ウォーキングは続けているが、
気温の下降のせいで代謝が落ちているのか、
ダウントレンドにならなない。
ならばまた豆腐攻撃再開というわけ。

この先、出張、遠征も多いので、出来ることをしておこうと思う。
もちろんラーメンなんてとんでもない。
誘わないでください。

 

さて、とうとう情報解禁になった。

IMG_8190

そろそろモデルチェンジだよねってことは
HEADファンには分かっていたはず。
そう、これが新しいRADICALなのだ。

Graphene Touch RADICAL MP
IMG_8192
■フェイスサイズ 98平方インチ
■ラケット長 27.0インチ
■フレーム厚 20-23-21mm
■ウエイト 295g
■バランス 320mm
■ストリングパターン 16×19
■グリップサイズ:2・3・4
■価格 35,000円

展示会で初めてみた時は「おっ!大丈夫?」と一瞬思ったほどに
イメージチェンジが施されたデザイン。
IMG_8196
ちなみにこの網目は血管をイメージしているそうだ。
腕の延長のように使いこなせるって意味らしい。

スペックは当たり前だけどラジカル。
バランスが少しだけ変わったのかな。
IMG_8191

GrapheneXTからGraphene Touchになったニューラジカル。
この素材の変化は他機種でも顕著。
明らかにフィーリングが変わった。

そんなわけで、さっそく打ってみた。

たしかにラジカル!
そしてたしかに Graphene Touch!

ラジカルの偏りのない扱いやすさはそのままに
グラフィンタッチによって、粘りやホールド感が増している。

グラフィンシリーズがリリースされ、その変化によって
フレーム剛性、硬度が増し、打球感がより硬質にドライになっていったが、
今モデルは少しソフトなフィーリングになった。

この変化は、このままの進化はどこまでいくのだろう、
どんだけ硬いフィーリングになるのと思っていたワタクシ的にも
歓迎すべき変化である。

少し粘りと銜え込みが増した分、コントロールにおいての安心感が増した。
一気にボールが離れていくのではなく、一瞬くわえる感触は
物理的な差は兎も角として、コントロール感は強い。

この咥える感じ、粘り感はともすれはダルさや
シャープ感の無さに繋がりかねないが、
そこまでいかない一歩前の味付けはさすがHEADである。

スピン性能も一瞬の粘り感により高まったように感じる。
特にヘビーに回転をかけたい場合にはよりその恩恵を感じられた。
高い弾道で深く、ネットプレーヤーの足元に低くなど、
思うようなスピンが得られた。

IMG_8193

個人的にはグロス(艶出し)コスメが好みなのだが、
まあ、そこは良しとしよう。

実はRADICAL MPはラケット試打のベンチマークとして考えることが多い。
ストリングのテストでもRADICAL MPに張ることも少なくない。
何れにしても、普通に扱いやすいモデルとしての位置付けがRADICALなのだ。

そのRADICALがさらに使いやすくなった。
偏りがないということはプレーヤーのタイプに合わせられるということ。
多くのプレーヤーの頼れる1本になることは間違いない。

正式発売は来年の予定だが、一部のみ11月に先行販売される。
レックでもそれなりの本数を確保。
試打ラケットも準備出来た。
興味のある方はお早めにどうぞ!

情報解禁前の試打だったので、ラケットを隠しての記念撮影。
IMG_8216
実はRADICAL以外にも・・・それはもう少し先のお楽しみで。

カテゴリー: インプレ, ダイエット, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お土産とか、契約締結!とか。

ウインブルドンのお土産。
IMG_9058

マルチサックである。
IMG_9059

オランダ在住の近所の野球仲間(って変な表現)の奥様&お子さんが
ウインブルドン観戦に行ったそうだ。

アムテルフェーンてイギリス近いのだろうか。
あ、結構近い。

いいなぁ。
ウインブルドンはいつか行きたい。
やっぱりテニスを生業にしてるものとして
グランドスラムはひと通り観ておきたい。
いつかね。

 

さて、Team RECにサポートメンバーが新加入。
DSC_5849

西郷幸奈プロである。
saigoyukina

西郷幸奈 Profile

テニスを始めた年齢 : 5歳
現在の所属先 : 総武グリーンテニスクラブ
身長 : 160cm
血液型 : B型
生年月日 : 1996年4月27日
星座 : おうし座

Play Style
利き腕 : 右利き
フォア :
バック :
プレースタイル :
得意なパターン : ネットプレー

Gear
ラケット:Wilson
グリップテープ : キモニー

Team RECは10月16日付で西郷幸奈プロとサポート契約を締結した。
今後、西郷プロはTeam RECのパッチを着け、プロ活動を行う。

Team RECの男子プロのように所属契約ではなくサポート契約だが、
チームメンバーの一員として、様々な活動を一緒に取り組んで行く予定だ。

もちろん、アドバイザーの鈴木貴男プロをはじめとして、
メンバーとも練習やアドバイスなどを受けながら、
さらなるスキルアップを目指してもらえればと思う。

西郷プロの現在の日本ランキングは40位台だが、
プロのキャリアは始まったばかり。
これからどんどんランクを上げ、グランドスラムを目指す。

実は彼女のご家族とはいくつものご縁があっての、
今回のきっかけにもなったのだが、
契約そのものは西郷プロの将来性と人柄によるもの。

Team RECの若手選手のスタートアップのサポートをという期待に応えて、
ぜひとも頑張って欲しいと思う。

ちなみに先週のITFトーナメント・牧之原では、
ダブルス準優勝の立派な成績。

ワタクシもまだ西郷プロの試合をじっくり見たことはないのだが、
全日本選手権にも出場予定なので応援に行こうと思う。

新たなTeam RECメンバー、西郷幸奈プロをぜひよろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大阪とか、出会いとか。

会社の棚から出てきたそうだ。
IMG_9335

IMG_9336
まさに大阪に行く直前のことだった。

「持っていく?」と経理のKさん。
持って行きません!

 

さて、そんな大阪ナイトのファイナルはハセガワくんと。
デ杯2日目が雨で中止になり、少し早めに落ち合った。

案内されたのは、あべのハルカス。
IMG_9517
天王寺の一等地にあるランドマークだ。
いやあ、眺めいいね、ここ。

しかしキミ、ジャージで来るなよ。
よく入店させてくれたよ、このラウンジ。
IMG_9516
この日ご一緒させていただいたのは、
ハセガワくんの経営者仲間というか、
お世話になっている社長さん。

とにかくテニスがお好きな方で、
技術にも選手にもとても詳しい。

プレーも何十年も欠かさず続けているそう。
きっとワタクシよりはるかに練習してるはず。

この日は熱いテニス談義と経営談義。
(経営者じゃなくてスミマセン)
楽しい時間を過ごさせていただいた。

気づけば、外はすっかり夜の帳。
IMG_9520
良い出会いをありがとうございました。

ということで、この遠征でお世話になったKさんと、
ハセガワくんのお仲間をご紹介して、
大阪の経営者テニス会を開きたいなということに。

まずはKさんの全日本ベテランが終わったらセッティングだ。
楽しみである。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランチパックとか、イベントとか。

妻が買ってきた。
IMG_9714.HEIC
ランチパック信玄餅風だって。

ワタクシ「どう?」

妻「うーん・・それぞれに食べたいって感じかな。ひとつ食べる?」

IMG_9715.HEIC

妻「どう?」

ワタクシ「パンの中に信玄餅が入ってる・・それだけ」

妻「でしょ?」

でしょ?じゃないよ。

 

さて、秋ってどうしてこんなに忙しいのだろう。

ただでさえ忙しいのに、博多に行ったり、
加えて、ある仕事を受けたりしてしまったものだから、
毎日が綱渡り状態である。
いや、何度か綱から落ちてるかも。

JAPAN TENNIS WEEKSと称した有明国際、
東レPPO、楽天JAPAN OPENも終わったが、
この後は全日本選手権へと大会はまだ続く。

ところで、全日本はJAPAN TENNIS WEEKSじゃないのかな。
全日本こそがそれだと思うんだけど。

そして大会以外にもあれやこれやのイベントが目白押し。

地域活性化プロジェクト
project001

西岡良仁プロ、斉藤貴史プロ、沼尻啓介プロの
若手三人衆によるイベントである。

自分たちの手でファンと近いイベントをとの主旨で、
最初にこの話を相談された時は、「皆忙しいだろうに大丈夫?」
と思ったが、形になったようだ。

ワタクシたちも目立たぬところでお手伝い。
プロ3名とも、とても気合いが入っているようで、
きっと良いイベントになると思う。

まずは茨城県つくば市のNJテニスクラブでの開催だが、
おそらく何回か他所でも開催されるのではないかと思われる。

公式サイトはこちら。
http://yoshihito-nishioka.com/topics/イベント開催のお知らせ!/

当日は見に行きたいなと思いつつ、
実は日程丸かぶりでもう一つのイベントが。

HEAT JAPAN
heatjapan01

三鷹のMTSアリーナで開催されるエキシビションマッチ。
トッププロ参戦の贅沢なイベントである。

公式サイトはこちら。
http://tennis.jp/heatjapan

Team RECの鈴木貴男プロはこのイベントには欠かせないメンバー。
今年は添田プロ、伊藤プロ、内山プロ、吉備プロとともに
熱くて楽しい2日間を演出してくれる。

このイベント、一度見に行きたいと思いつつ、一度も行けていない。
今年こそはと思っていたのだが、斉藤プロのイベントも同日。
うーん、1日ずつお邪魔するかなぁって感じ。

まだまだシーズンではないし、
そもそもテニスプレーヤーにオフはほとんどないので、
こういったイベントはとても貴重な機会だと思う。
ぜひご参加を!

 

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

時代とか、SRIXONシューズインプレとか。

日課の通勤ウォーキング。

明治通り沿いに新しい店が。
IMG_9553
Right-ONて、まあまあ安いカジュアルウェアの店だよね。

ワタクシの感覚だと中高生御用達って感じなんだけど、
明治通りに大型店が出るような規模なのね。
渋谷の一等地にニトリも出来たし、時代を感じるなぁ。

 

さて、現在レック各校ではシューズキャンペーン開催中である。

ワタクシもこの機会にシューズを購入してみた。
これまではほとんどアディダスしか履いていなかったが、
今回は新しいブランドに挑戦である。
IMG_9653
SRIXONの新製品、プロスパイダー アルファグリップである。

こちらがオールコート用。
IMG_9652

こちらはオムニクレーコート用。
IMG_9658
価格は14,200円。

テニスシューズって高くなったね。
でも、原材料費や人件費の高騰であまり利益は多くないんだとか。
実は初めてのSRIXONである。

テニスメーカーのシューズはこれまでにも何度か履いてみたが、
アディダスに比べるとどこのブランドも若干ソフト。
アディバリケードに慣れた足には少し頼りなかったりした。

そんなわけでゴツ目のアディダスからの乗り換えなので、
少し不安もありつつの初めてのSRIXONだ。

履いてビックリ。
ソールがしっかり厚い。
クッション性が高く、足が疲れない。

ソールが薄めでコートをダイレクトに感じられるタイプも良いが、
ワタクシ的にはこれくらいの適度なクッション性の方が好みである。

アッパーは最近主流のタイプ。
IMG_9660
非常に柔軟性に優れ、足を優しくラッピングしてくれるような印象。
アッパーが足の屈曲についてきてくれるのはとても気持ちが良いし、
何より足とシューズがケンカしないのがありがたい。

ストップ&ダッシュ性能も文句なし。
足とシューズが高次元でフィットしているから、
不安なく激しい動きにもトライできる。

うーん、さらに進化したSRIXONシューズ。
これはなかなかのものだ。

個人的にはシューズって慣れるまでにマメができたり、
どこか痛くなったりして、しばらく時間がかかるものだったけど、
そういう慣らし期間が無いってのはとてもありがたい。

まだ履き始めて時間が経っていないので、
耐久性についてはこれからの検証だけど、
かなりお買い得なモデルだと思う。
オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、組み合わせ決定!とか。

週末、嬉しいニュース。

Team REC 竹島駿朗プロが、ITF Thailand F7 Futuresにて、
江原プロとのダブルスで優勝した!

IMG_9884

この週、毎日の報告が「体調悪いです」の連続だったので
おいおい大丈夫か?と心配していたが、
「何とかダブルスは頑張ります」の言葉通りに優勝。
良かった、良かった。

次は全日本選手権だね。
Team REC、頑張ろう!

 

さて、テニス日本リーグの組み合わせが決まった。

japanleague2017

今年、レック興発はブルーブロック。
見ての通り、強豪ひしめく熾烈なブロックだ。

全国実業団からの勝ち上がり組も、
今年から男子チームを発足した橋本総業をはじめ強豪揃い。
右を向いても左を向いても楽な試合はひとつもないだろう。

それが実業団のトップカテゴリー、日本リーグなのだ。
とにかく皆一丸となって、全力で勝ちに行くのみだ。

TeamREC0001
これは昨年のTeam REC

Team REC2017のメンバーは・・

関口周一
19025313_1788210074842720_6120734211089860981_o
Team RECのエース。
今年もしっかりポイントゲッターとして活躍してくれるはず。
もともとキャラクターも立っているが、
Team RECの鈴木貴男プロの影響でプレーにも幅が出た。
今年も頼むぜ。

 

竹島駿朗
19225710_1791644497832611_5042483352587289856_n
シングルスもダブルスもいけるマルチプレーヤー。
特にダブルスの戦績はピカイチ。
先週のITFフューチャーズ(タイ)でも優勝している。
どこでもいけるいやらしさはTeam RECの幅を広げてくれる貴重な存在だ。

 

斉藤貴史
19055451_1791020757894985_785186282406091072_o
手首の故障から、昨年は出場機会が少なかったが、
今年は復帰し、ツアーを回り始めた。
苦境から這い上がった人間はより強くなることを開眼してくれるはず。
復活劇に期待である。

 

 

佐藤一平
20689637_1822435578086836_6227659531925468743_o
夏のダンロップスリクソン社会人を制し、
調子乗る・・じゃない、波に乗る主将である。

 

井原力
20616876_1822435664753494_5087562418118135259_o
バズーカーショットは今年も健在。
少し大人のプレーも織り交ぜながらの暴れん坊ぶりで
コートを駆け回る予定。

そして、チームスタッフこのオジサンたち。
21371339_866474303509551_4953272324376114415_n

22195749_877826429041005_5001665482020625655_n
どこを探してもちゃんとした写真がないのが泣けるぜ。
大丈夫か?

ということで、今年のリーグも頑張ります。
選手が・・・ね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。