カテゴリー別アーカイブ: テニス

テストとか、覚悟とか。

あれやこれやと依頼をいただいてテスト。

IMG_8647

IMG_8654

この日もあれこれ試打をした。

お相手してくれたのは角田コーチ。
IMG_8653
先日、7CC藤沢校からレックインドア上石神井に移った。
テニスも上手でフレッシュだから早速人気コーチに。
選手でもあったのでジュニアチームにも入っている。

ラリーのお相手ありがとう。
メッチャ疲れました。

 

さて、そんなわけで各種ハイブリッドやら
テストサンプルやらの色んなストリング、
色んなグリップテープ、
そしてラケットチューンのサンプルで
色んなラケットを使っている。

特にラケットは、同じモデルの長さ違い、グリップベース素材違いなど、
比較用にチューンしたので、それぞれに感触が違う。
この感触の違いはテニスコーチじゃなくても分かると思う。
つまりそれだけラケットチューニングは効果的ってことだ。

とはいえ、自分のラケットをそんな風にしてしまったので、
自分のテニスも何やらバラバラに。
次にプレーする時には自分仕様に戻したもので打ち込んでみたい。

 

先日、鈴木貴男プロと道具の話をした。

貴男さん曰く、「道具は覚悟です」とのこと。

「このラケットを使う」「このストリングでいく」と、
腹を決めて使い込むこと。
迷ったり、他がよく見えたりは結局良い結果は出ないと。

もちろん、どこかが痛くなるとかフィジカル的な問題があれば別だが、
コイツと一緒に戦っていくと決めれば、それがベストチョイスだそうだ。

ラケットもストリングも完璧はない。
自分のコンディションも変わるし、相手も変わる。
それでも信じて使い切ることなんだろう。

うーん、とても納得してしまった。

きっと道具だけじゃない。
この仕事をやりきる、ここで頑張る、このメンバーで戦う。
腹を決めるのは一緒。
迷いは良い結果を生まないはず。

今の自分も腹を決めてテニスに携わっているし、この場所にいる。
周囲にどう見えているかは分からないが、
自分で決めたことだからやり切る覚悟は変わらない。

だから毎日コンディションも天気も変わるけど、
ブレずにこの場所でこのチームで前に進もうと思う。
実は結構覚悟してんのよ、ワタクシ。

そんなことをあらためて思った貴男さんとの会話。

ただ、ラケットもスイングもグリップも定まらない
今日この頃のプレーは何とかしたい。
特にフォアハンドね・・・全然良い感覚がない。
はぁ、悩むぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ノンアルとか、Prince新製品とか。

ノンアルコールビールの新しい飲み方。
IMG_8704
氷を入れてキーンとね。
美味しそうだ。

甘い飲み物がシンドイ暑い日にはノンアルビールが美味しい。
出始めの頃よりも美味しくなった気もするし。

まあでも、夏の昼間から飲むビールが一番美味しいかな。
痛風注意だ。

 

さて、某日。
高輪テニスセンターへ。

上階のプライベートコートへ。
IMG_8475
プリンスの新製品ラケットの試打会である。

まずは商品説明。
IMG_8471
ラケット担当のSさんはテニスも本格派。
桜田クラブ出身だったと思う。

今製品の特徴はこちら。
IMG_8476
TeXtremeシリーズにTwaron(トワロン)という素材が搭載された。

トワロンというのはこちら。
IMG_7990

防弾チョッキにも使用されている素材で、
糸自体は柔らかいが、シート状になると
非常に高い剛性を持つそうだ。

このトワロンをフレームに配することで、
ボールをつかむフィーリングが増すのだが、
相反する弾き感も出るということらしい。

そんなことがどうしたら実現出来るのかと思いながら、
早く打ってみたいと心が弾む。

今回発表のラインナップ。
IMG_8477

同型モデルにO3グロメットとレギュラーグロメットタイプが用意されている。
IMG_8478

IMG_8479
比較用に従来モデルも準備されているあたりに
新製品への自信が感じられる。
まずは現行モデル打つ。

テキストリームシリーズは少し硬質な乾いたフィーリングで剛性が感じられる。

プリンスに限らず、最近のモデルは素材剛性が上がり、
フィーリングはどんどん硬くなっているように感じる。
一体どこまでいくのかという気がするほど。

そこにブレーキというか揺り戻しが掛かってきたのが最近のモデル。
HEADのグラフィンタッチ然り、このトワロンもそうなのだろうか。

いよいよ、トワロン搭載のBEAST 03 100から。
IMG_8490

おっ!粘る!乗る!
ホントだ。つかむのに飛ぶ!
なんでこんな感触が両立するのだろう。

IMG_8486

IMG_8495

IMG_8496

続いてレギュラーグロメットタイプも試打。
IMG_8504

IMG_8508

IMG_8515

明らかに現行モデルに比べて打球感はソフトになった。
いや、ソフトっていうか、クッとくわえるという表現が正しいかな。
決してダルい感じでも、ボンヤリした感じでもなく、
芯の感触は残しつつも、フェイスがボールを捉える感じ。

もちろんボールが飛ばないわけでもなく、
ちゃんと狙ったコースに気持ちよく飛んでいく。

スピンの引っかかりも良い。
現行モデルよりもくわえるからなのか、
スピン量も多いように感じる。

現行のテキストリームも良いが、
この感触は広いプレーヤーに支持されそう。

うーん、
スゴイな、プリンス。

 

個々のモデルのインプレはあらためて書くとして、
とにかくトワロンの効果は明確ってことは確か。

さらに進化を遂げたプリンス・テキストリームシリーズは期待大である。
BEASTっていうネーミングもいいね。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

AIとか、マシンとか。

発泡酒
IMG_8716
AIが気の合うバーチャル飲み仲間を紹介してくれるそうだ。
知らない人とチャットしながら飲む気になんかなんないし、
AIに紹介してもらいたいとも思わないけどなぁ。

世の中の人たちってそんなに社交的なのか?
はたまた繋がりに飢えてるのか?
今でじゅうぶんです、ワタクシ。

 

さて、ネオインドアテニススクール西新井。

コートで何やら組み立て中。
IMG_8621

パイプでフレームを組み立てて、ネットを張ってと。
IMG_8623

完成!
IMG_8624
テニスマシン・マイオートテニスである。

ネット下部に設置されたボックスから、
トスバッティングよろしくボールが出てくる。
IMG_8632

それをネットに向かって打つ。
ボールはネットを伝ってボックスに入り、
また打ち出されるという仕組み。

早速試してみる。
IMG_8627
レッスンを受けているM支配人にも優しいボール。
バネの調整で、ボレーもスマッシュもいける。

ハナザトコーチのハードヒットでも大丈夫。
IMG_8628

2人組で交互にアプローチ〜ボレーもいける。
IMG_8630

ボールは通常のイエローからオレンジボールまでOK。
何より、ボール拾いが必要ないのは効率的。
反復練習にはもってこいである。

ということで、これをレッスンで導入する予定。
フォーム形成等、きっとあなたのお役に立つはず。
お楽しみに!

カテゴリー: インターネット, テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

セミナーとか、会議とか。

某日、テニス業界団体のセミナーに参加。
このセミナーがメーカー各社の展示会と重なっていたため
展示会周りが一日に凝縮された。

色んな話が聞けて良かったけど。

ちなみにこれは渾身・・じゃない懇親パーティー。
IMG_7950

セミナーは撮影禁止なので、
写真だけだと遊んでるように見えるけど、
一応勉強の一日だったのよ。
IMG_7953
結構脳みそ動かした日。

 

さて、某日は別の業界団体の事務局へ。
jpta

全国から各地区の長が集まる会議ってことらしい。

実はこの度、ワタクシも東京地区の地区長を仰せつかったため、
久しぶり(でもないか)に事務局にお邪魔した。

前半は活動主旨や協会全体の方向性、すべきことに確認。
後半は各地区長の自己紹介及び活動報告。

ちなみに就任したてのワタクシは報告すべき活動などない。
かといって、「何もありません」ってのもカッコ悪いので、
今後の活動予定をある程度準備して報告させていただいた。

ワタクシの理解だと地区会は会員の質的向上を目指して
セミナーや研修会を開催するのが役割だったのだが、
基本的には地域会員の横のつながりを強化することが主な役割らしい。

横のつながりといっても、年中懇親会や飲み会を企画するわけにもいかないし、
それだけで人を集めるほどのコネクションももない。

なんせ、東京地区って北関東も含まれるらしく、
全国で一番人数の多い地区らしいし。
それも今回初めて知ったんだけど。

ということで、11月にセミナーを企画した。

テーマは「脳活性化・シナプソロジープログラム」と
「鈴木貴男プロ・サービスのすべて」の豪華2本立てだ。

基本的にはプロテニス協会会員向けだが、会員以外の方も参加可能。
会場はレックインドアテニススクール上石神井を予定している。
詳しいことは近々正式決定を経てご案内出来ると思うので、お楽しみに。

そんな会議を終え、有志で懇親会。
IMG_8417
埼玉・千葉・神奈川・東京・・つまり関東地区が
うまく連携し、業界と協会を盛り上げていければってことで、
各地区長と手を握り合った。

業界の端っこのワタクシだが、
微力ながら何らかの力になれればと思う。

また仕事が増えてしまった気もするが、
なんとか同時進行で頑張ろう。
そろそろ各方面に恩返しの歳かもしれないし・・・ね。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ライザップとか、ストリングマシンとか。

ちょっと前の写真。
IMG_7865
近所のファミマで遭遇。

ゴルフの次は英会話。
そしてサラダからお菓子まで。
おそるべしライザップ。

 

さて、先日のこと。
HEADオーストリアの方とミーティングをする機会をいただいた。

その際、HEADのストリングマシンがあることを聞いた。
知らなかったのだが、ATPツアーなどにもストリンギングブースを出しているそうだ。

その時は社交辞令半分、興味半分で、
「触って(張って)みたいですね」と言ったのだが、
後日、HEADさんから「会社に1台あるので、見に来てください」とのお誘い。

ストリンギングは興味のある分野なので、
マシンも色々触ってみたいってことでお邪魔した。
IMG_7868

なんでも別フロアへの引越し直前とのことで、
いつものミーティングスペースは段ボール箱の山。

マシンとご対面。
IMG_7871
マシンもプレステージっぽいのね。
カッコイイ。

比較的シンプルな作りかな。
IMG_7873

操作部もシンプルで使いやすそう。
IMG_7884
もちろん必要な調整機能は揃っている。

ターンテーブルはどこかで見たような・・
IMG_7880
ゴーセンさんのマシンと同じじゃないだろうか。
工場が同じところなのかな。

工具トレイは少し小さめ。
IMG_7885
もう少し広い方がいいかなぁ。

チャックはテンションを掛ける際に
少し上にグイッとあがる仕組み。
IMG_7886
最近はこの動きをするマシンは少ない。
以前だとウイルソンのマシンがそうだった。

マシンの説明を受けていたら、Hくんがやってきた。
IMG_7870
「これ張ってください」とMXGを2本。

「1本でじゅうぶんだよ。なんで2本?」

「助かるからです」

「もしかしてキミの仕事押し付けてる?」

「まあそう言わずに。これあげますから」
IMG_7889
メロンで買収された。
悔しいけど美味しかった。

ということで、早速ストリンギング。
IMG_7888
ターンテーブルも慣れているタイプってのもあるが、
とても扱いやすい。
ほとんどストレスなく張りあげることが出来た。

ちなみに張りあげは1本でやめておいた。
Hくんの仕事を残しておいてあげないと。

ストリングマシンはメンテナンスも一体で考えないと販売は難しい。

かなりの使用頻度のものだし、やはり壊れることもある。
マシンが動かないと商売がストップしてしまうので、
修理完了までのスピードがとても大事。

代替え機やメンテナンス出来るスタッフの確保など、
それなりの準備がないといけないから、
当面は大会ブースなどでの活躍になるようだ。

何にしても経験をさせていただいた。
ありがとうございました。

ちなみにその後、HEADスタッフの皆さんと食事に行ったのだが、
なぜか電車に乗って八重洲方面のお店。

「何で八重洲?」と聞いたら、
「ああ、ボクこれから大阪出張なんです。ここなら新幹線乗りやすいし」
とHくん。

そんな理由で皆んなを移動させるとは・・
相変わらず調子がいいというか、何というか。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

うなぎ?とか、SWANSとか。

ネオインドアテニススクール西新井近辺を歩き回ってみた。

みたことのない歩道の柵。
IMG_8327

なにこのオブジェ。
IMG_8328
ニョロニョロ?
いや、うなぎか?

何だろう?
この辺りの名産品なのだろうか。
誰か教えて。

 

さて、この度、Team RECは、SWANSアイウェアとコラボする。
大4

SWANSは山本光学株式会社が展開するブランド。
スキーゴーグルではよく目にするトップブランドだ。

山本光学は創業100年を超える日本の老舗。
歴史と確かな技術力、そして日本生産にこだわった信頼の製品を世に送り出している。

その山本工学が展開するSWANSのアイウェアを
今回、縁あってRECも取り扱うことになった。

先日、スタッフ向けに製品説明会があり、
各ラインナップを試着させていただいた。

IMG_8425

プロゴルフの石川遼選手なども契約するSWANSだけあって
掛け心地も軽く、視界も良好。

アスリートっぽいタイプから、タウンテイストのデザインまで
ラインナップが揃っているのもうれしい。
IMG_8429

IMG_8436

IMG_8440

大きな特徴は、日本メーカーならではの「JAPAN FIT」
IMG_8428
日本人の顔を知り尽くした日本メーカーが、
日本人のためのジャストフィットラインを提供。

swans002
(SWANSホームページより)

掛け心地が軽いのもフィット感が最上だから。
激しく動いても無駄に動いたりズレたりしないのは、
パフォーマンスを阻害しないという意味では非常に効果が高い。

レンズも当然ハイクオリティ。
swans001

〜ホームページより引用〜

SWANSに採用されるレンズは透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性に優れたポリカーボネート製。

防弾装備や航空機のキャノピーなどにも用いられるこの樹脂を、
高い成型技術によって光学性能の優れたレンズへと加工してSWANSのレンズは作られています。

またSWANSのレンズは有害な紫外線を99.9%以上カットするだけではなく、
スポーツに求められる高い強度を実現した「ペトロイドレンズ」や、
一定の波長の光線をコントロールする技術によって視認性を良くする「アイスブルーレンズ」、
ギラツキを抑えくっきりとした視界を確保する「偏光レンズ」、
雨や汗の付着を抑えクリアな視界を維持する「クラリテックスコート」など、
使用シーンに求められるレンズ機能を提供しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実際、レンズの歪みはサングラスにとっては致命傷。
どこのサングラスとは言わないが、実際に着用していて
めまいのような症状で気持ち悪くなってしまうものもある。

歪みが少ない、強度があることは品質的に非常に重要。
それを高い次元で実現しているのがSWANSである。

ついでに言えば、海外ブランドのサングラスより価格も手頃。
割引きも含めれば、60%くらいの出費で手に入るのもうれしい。

そんなSWANSサングラスを
Team RECのコーチ(兼選手)たちが今後着用する。
大6

実は各スクールでもすでに販売を開始。
順次、サンプル展示が始まるのでご期待くださいなのだ。

カテゴリー: SWANS, Team REC, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

おめでとう!とか、SPORTECとか。

レックインドアテニススクール上石神井に行ったら、
お祝いのお花が飾ってあった。
IMG_8380
会員様から、武田コーチの結婚祝いだそうだ。
有難いことである。
武田コーチ、おめでとう!

隣には・・・
IMG_8379
Team RECジュニア、石井さやか選手の関東ジュニア単複優勝盾。
こちらも素晴らしい!
おめでとう!

 

さて、某日。
何とか仕事を片付けて有明へ。

いつもはテニスの森方面へ行くのだが、この日は逆方向へ。
IMG_8350

目指すは東京ビッグサイト。
SPORTEC2018なる見本市が行われているのだ。

この見本市はフィットネスを中軸に
ギアメーカーからフード、ドリンク系、プログラムなど、
フィットネス、健康産業の現在がわかるというもの。

テニスそのものは無いが、スポーツ界のトレンドや
ワタクシたちにも取り入れられそうなものやヒントが
たくさんありそうだということで、ここ数年は足を運んでいる。

会場は巨大な展示ホールをぶち抜きの大規模なもの。
フィットネス産業の勢いを象徴するかのようだ。

とりあえず、あちこち見て回る。
IMG_8354
ボディパンプかな。
何度かやったことがあるがメッチャきつい。
次の日は腕が上がらなくなる。

これはサイクルマシンを漕ぎながらのエクササイズ。
IMG_8352

この辺りは体幹系かな。
IMG_8356

IMG_8357

ゴルフシュミレーターブースもたくさんあった。
IMG_8361

この日の目的の一つ。
IMG_8363
フィットライトトレーナー。

数個のランプがプログラムによって順に光る。
そこを触れてライトを消していく。
それをしつつ、各スポーツの動きを取り入れて行く。

例えばテニスなら素振りをしながら、ランプをタッチする。
反応とフットワークを正確に行う。

プログラムはこのデバイスでコントロールする。
IMG_8365
ちょっとやってみたが、かなりキツイ。
これはいいトレーニングになりそうだ。
メッチャ高いことを除けば。。

プログラムを動かし、ランプに指示を送る電波を
日本仕様に変更するのに費用が掛かったそうだが、
スタンダードタイプのセットで60万円オーバーは
そう簡単に買える額じゃないなぁ、やっぱり。

フード&ドリンク系はプロテイン、
そして水素水も相変わらず多かった。
水素水ってホントに効果あんのかな。

それにしても毎回思うのだが、
フィットネスインストラクターさんの
パフォーマンス力はすごい。

あれだけ激しいエクササイズをこなしながら終始笑顔だもんね。
テニスコーチも見習わなけばと、あらためて思ったりした。

とにかく元気で派手なフィットネス。
IMG_8358

テニス界も負けないように頑張りましょう。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

打ち上げとか、小学生大会とか。

打ち上げ。
IMG_8318
いつもの扇屋。
ここしかないわけじゃないが、いつもここ。

メンバーはいつもじゃない。
初顔合わせ。

だからか、ここまで連行される。
IMG_8319
元気だなぁ、みんな。
危なく終電逃すところだった。

ちゃんと帰れたかな。
お疲れ様でした。

 

さて、そんな打ち上げの日、朝も早くから足立区へ。

足立区スポーツセンターのコートでテントの設営やら、
バナーの設置などを汗だくで。
IMG_8293

めずらしいツーショット。
IMG_8295

今日は足立区小学生テニス大会の日。
IMG_8296
足立区テニス協会の取り組みにワタクシたちテニス事業者も全面協力、
地域のテニスを盛り上げようという企画だ。

開会式。
IMG_8305

後ろで見守る親御様も真剣。
IMG_8300

外山レフリーのルール説明。
IMG_8309
少し緊張気味?

暑い中、試合が始まる。
IMG_8313

まだ試合に慣れていない層が対象なので
ロービングについているコーチも大変である。
IMG_8315
トラブルも自分達で考え、解決出来るように導いていく。
コート横で見守る親御様は応援のみで口を出さない。
こうして試合を覚え、全て自分達で出来るようになっていく。

転んだり、擦りむいたり、熱中症気味になったり、
色々なことがありながら、運営サイド、保護者様も一緒に見守り、
自立した選手を目指し、戦ってもらう。

試合だから当然勝ち負け、結果はあるし、
緊張して思うようにプレーできない場面もあったかもしれないが、
まずは試合が出来たことが大事。
IMG_8317

皆ここが第一歩。
そしてここからさらに羽ばたいて欲しい。

トップジュニアも勝負の夏だが、これからもみんなのサポートも
地域協会やテニス事業者の大事な役割。
こういう取り組みが他の地域にも広がれば良いと思う。

それにしても暑かった。
そりゃビールも進むし、カラオケもいくわね。
お疲れ様!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、2回戦とか。

ウォーキング通勤途中の風景。
IMG_8062
時間に余裕のある時は裏原宿をぐるっと回る。

店頭ディスプレイなのかな。
IMG_8061

いいねぇ、アメリカン。
IMG_8060
長距離は疲れそうだけど。

一度は乗ってみたいな。
あ、大型免許持ってないや。

 

さて、色んな悩みもありつつの15歳児の夏の初戦は、
なんとか勝ち上がり、少しの休憩を挟み2回戦へ。

20449201_1399031763506996_5749008743031273366_o

相手は体の大きなサービスの良い選手。
スピードもあるが、回転系でコースをつくのも上手い。

ファーストサービスが入ると出だしから厳しいが、
粘りに粘ってなんとかついていく。
20248497_1399031840173655_8756112124520892801_o

序盤のサービスダウンをもう少し取り返せずの時間続くが、
後半、思い切りの良いショットでイーブンに戻す。
20280545_1399031836840322_7558102578301014834_o

以降。互いに譲らずの展開。
20280506_1399031826840323_6668201357359581403_o

マッチポイントもあったが取り切れず、
最後はサービスにやられて敗退。

惜しかった。
勝てたかも、あの1本がとの思いはあるだろうけど、
でもこれが勝負、それが実力だ。

帰りは試合についての反省をあれこれ。
負けたものの元気は出たようなので良かったかな。
ジュニアの夏はあっという間だし、何年も無い。
思い切り楽しんで欲しい。

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

痙攣とか、ナイスゲームとか。

ロッカールームで倒れこむ梁元コーチ。
20617057_1408714319205407_3193219355314315500_o
足から背中まで痙攣が襲っている。

フィジカルがウリの梁元コーチがここまで・・・
恐るべし、日本の夏、金鳥蚊取り。
ってふざけてる場合じゃない。

 

さて、梁元コーチをそこまで追い込んだのが、
第38回DUNLOP SRIXON社会人テニス選手権
東京大会 男子シングルス・Aクラス決勝だ。

メッチャ暑い中、11時過ぎに決勝戦が始まった。
決勝のカードは、佐藤一平コーチと梁元善貴コーチ。
Team REC同士の対戦となった。

「試合前に並んで!」と無理やりのフォトセッション。
20615566_1822509798079414_7443213930758815181_o

試合開始。
20615725_1822509951412732_4173237377260795787_o
梁元コーチが佐藤コーチのサービスをブレークしてスタート。

ここから、梁元コーチの粘りvs佐藤コーチの突破力という
予想通りの展開になる。
20617229_1822510188079375_6415175718238367522_o

20645395_1822510334746027_2893607577712131518_o

打つ、佐藤コーチ。
守る梁元コーチ。
どちらも引かない。

3-3からの第7ゲームはいつ終わるのかというデュースの繰り返し。
20626975_1822510238079370_6780898120753448907_o
そして佐藤コーチがもぎ取りリード。

互いに消耗戦の様相で試合は続く。
20626593_1822510531412674_2365324657790060661_o

20626987_1822510668079327_2653122268877898831_o

そして最後は一平コーチが振り切った。
20545512_1822510681412659_1300387689053733550_o
暑い中、熱い良い試合だった。
そして冒頭の痙攣へと続く。

小一時間苦しんで、ようやく表彰式。
20643107_1822510741412653_8046957243024119924_o
どっちも頑張った。
素晴らしい試合だった。
お疲れ様!おめでとう!

さあ、クラブに戻ってレッスンをしよう。(大丈夫?)

カテゴリー: Team REC, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。