カテゴリー別アーカイブ: ファミリー

準優勝とか、家とか。

最近好調の関口周一プロがITF香港で決勝進出。
相手は今井選手だ。

休日だったのでライブスコアで応援しつつ念を送ったのだが、
残念ながらストレートで敗退。

ほどなくしてメッセージ。
「写真ある?」と聞いたら「あります!」と数枚送ってくれた。

th_62258287_595615250960415_2960559427154870272_n

th_62200636_465896177520128_3743247908963614720_n

th_62126330_536088456919498_6837048727857790976_n

th_62063711_2189895431231207_7277853101325811712_n

th_62004833_476249636445009_7909643280193683456_n

なぜかラーメン(?)の写真も。
th_62118381_2297735157221343_2201890073207635968_n
「会場の隣にあって、メッチャうまいんです」って、行けないわっ!

とにかく今週も勝ち上がって良かった。
ITFランキングも急上昇だし、
ATPチャレンジャーに手がかかるところまで来た。
頑張れ!周一。

ちなみにTeam RECの竹島駿朗プロ、守谷総一郎プロは
今週、ITF昭島(昭和の森テニスクラブ)に出場予定。
ぜひ応援お願いします!

 

さて、何とか実現した日帰り帰省
家のこと、仕事のこと、親のこと、自分たちのことなど、あれこれ話し、聞いた。
th_IMG_2730221

さすが我が親、あれこれ考えていて、
自分たちに何かあった場合の葬儀のことまで決めてあった。

うむー、さすがである。

兄弟もいるので勝手に決めるわけにもいかないが、
親が自分で決めたことならそれはそれで尊重しないと。

家のこと、仕事のこと。
そんなことも考えなければいけない時期なのね。

仕事のことも細かく聞いたのは初めてだった。
貸金庫、初めて見たぜ。
ちなみに銀行さんとの付き合いで借りたってことで
特に財産があるわけではない。

ひと通りの話を終えて、クルマを借りて妻とドライブがてら話すことに。
th_IMG_2735

慣れていないクルマで窓の曇り取りすら四苦八苦。
th_IMG_2737
よく分からん。

 

母親はワタクシが大学で家を出るまでは、家で洋裁の内職をしていた専業主婦。
たくさんの苦労をしながら自分の仕事をつくっていった。
おそらく50歳の頃じゃないだろうか。

現在は、クルマで講演会場に乗り付け、
数百人の前でパワーポイントを使って講演もしているらしい。
いい歳だが、仕事も遊びもいまだ現役。
きっと遊びもできるようになったのは、ずっと後のことなのだろうと思う。
たいした人である。

そんなことを話しながら戻ると、雨が雪に変わっていた。
th_IMG_2746

そろそろ帰ろうと食事がてら駅まで送ってもらう。
th_IMG_2753

色々考えること、やることがあるなぁ。
th_IMG_2758
また来ます。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レインボーとか、地区予選とか。

TOALSON ASTARISTA METAL RAINBOW
th_IMG_3910
名前が長いな。
アスタリスタのレインボーバージョンである。

レインボーカラーのストリングは昔からあるが、
色物的な扱いで機能は二の次みたいなもイメージもあったりしたが、
このアスタリスタは機能もバッチリ。

ガンガン打つ方には向かないが、女性やコントロール系のプレーヤーには
腕にも優しく、飛びもしっかりの優れもの。

夏に向けていかがでしょ。
REC全校で販売中です。

 

さて、ジュニアの春の大会もひと段落。

我が家の16歳児、学校系の試合は見にきてほしくないらしい。
ジュニアの公認大会は遠方で連れていくことが多いので
当然見ることになるのだが、学校関係の試合は別らしい。

たしかに学校の部活仲間との世界は別物なのだろうが、
近場の大会も多いので、やはり見に行きたいのが親心。

先日の地区大会。
見に来ないでオーラを出しながら家を出た16歳児から連絡。
「手首が不安なので、痛み止めを持ってきてほしい」とのこと。

ランニングに出ようと思ったが、急遽自転車で会場へ向かうことに。
th_IMG_3142

15分ほど走って、会場のテニスコート前。
th_IMG_3144
たくさんの高校生。
どこにいる?

と、16歳児がこちらを見つけてやってきた。
痛み止めを受け取ってさっさと中に入っていってしまった。
ありがとう、じゃ帰ってねということか。

外周を周り、目立たないように様子を伺う。
th_IMG_3146
まだ試合開始前だし、どこにいるのかも分からないので
とりあえず帰ることに。

一旦帰宅、ランニングへ。
th_IMG_3156

実は試合会場はランニングコースの折り返し点なのだ。
外側道路から木立越しにコートを見る。
th_IMG_3155
覗きみたいだけど。

少し大胆に近くへ。
th_IMG_3154
どうやら試合には入っていないようだ。

待っていても仕方ないので帰ることにした。
ちょっとでも見たかったな。
残念。

みんな子供の試合って見に行ってるのかな。
どうですか?

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

17歳とか、データとか。

17歳になった。
th_IMG_4714
まあ、16歳児だから次は17歳なのは当たり前だけど。

生まれた時から色々あって、大変な時期もあったけど、
ここまで大きくなってくれた。
th_IMG_4715
年頃だからか最近は愛想がまったくないが、
自分を振り返ればまだ良い方か。

朝、バタバタしていて、ちゃんとおめでとうが言えなかったので、
LINEを送ってみた。

普段の彼の返信は「はい」のみ。

「今日はテニスいくの?」
「はい」

「気をつけてね」
「はい」

LINEでも愛想ないんかいっ!

「おめでとう!楽しい17歳にしてね」と送ってみた。
「はい!」

「!」がついた。
微妙な感情表現。(笑)

テニスをする機会も減っているけど、また一緒に練習をしよう。
いや、してください。
楽しい17歳になりますように。

 

さて、そんな17歳児のラケットにそっと装着したHEAD TENNIS SENSOR。

データを表示してみた。
th_IMG_4652

アプリを立ち上げ、センサーと同期させると
測定したセッションのデータが一気に読み込まれる。
th_IMG_4653

この日の練習の打球数は948球。
ただし、送球なども感知されてしまうので、
実際はこれより若干少ないと思われる。

総合データはショット毎に分類される。
フォアハンド・バックハンドストローク、フォア・バックボレー、スマッシュ、サービスなど。
ラケットの動き、振り幅などを感知して分類されるとのことで、けっこう正確。

これはフォアハンドストローク全般。
th_IMG_4654

スイートスポットヒット率、スピード、スピンなどが表示される。
スイートスポット82%って高いのか低いのか?
シャンクもけっこう多いからなぁ。
そしてさらに細かな分類。
各ショットの中での球種に分けらる。
th_IMG_4655
これはバックハンドドライブ。
他にフラット、スライスなどを感知。
おそるべしジャイロセンサー。

こちらはサービス。
th_IMG_4656

実際これを見せての話はしていないが、データを積み上げていけば
その日の調子なども分かるんじゃないかと思う。

ちなみに、データはラケットを登録して収集されるため、
より正確になっているはず。
th_IMG_4657
HEADラケット限定だけど。

ということで、久しぶりに使わせていただいたが、
テニスセンサー、かなり面白いというか、
プレーの助けになりそうなツールだと思う。

現在、REC各校で行われているラケットキャンペーンに
HEADさんが来られた際は、このセンサーを使っての測定カウンセリングを行う予定。
ぜひ体感してみてください。
オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

グランピングとか、椅子とか。

近所の新しい住宅街の一角。
th_IMG_2527

グランピング設備がある。
th_IMG_2528

th_IMG_4661 th_IMG_4664
下2枚は去年撮った写真。
今はもっとグレードアップしている。

おしゃれなテラスとテント、バーベキュー設備。
人数多い方が楽しそうだ。
最近会えていない草野球チームの皆んなとかどうかな。

 

さて、長男物持ち良すぎ事例その2。

リビングのワークスペースの椅子。
th_IMG_3920

10年ほど前にIKEAで購入。
たしか3,000円くらいだった。

長男の定位置はリビングのこの椅子。
勉強やらゲームやらYOUTUBEやら、あれこれずっとここである。
理由は簡単。
自分の部屋だとWiFiが弱いのだ。

それだけ使っていれば・・
th_IMG_3918
割れてる。
言わないから気づかなかった。
どうしてこういう椅子に座り続けるのだろう。
きっと基本性能はギリギリクリアしてるからなんだろうな。

「この椅子は辛くない?」
「え?ああ、まあ」
「挟みそうだし危ないよ」

基本、壊れているのは座面のみ。
昔の商品だがパーツ購入が出来ないかIKEAカスタマーセンターにメール。

残念ながらIKEAはパーツ売りはしないらしい。
「完成品をご購入ください」との回答。

ならばリーズナブルなのはやっぱりニトリでしょ。
近所のニトリで買ってきた。

th_IMG_3932

th_IMG_3933

ニトリの説明書って親切でわかりやすい。
th_IMG_3934

IKEAの組み立て説明書はちょっと戸惑うこともあるが、
これはワールドワイドでどこ国の人が見ても分かるようにしているからだとか。
なるほど考え方の違いなのね。

完成。

th_IMG_3936

これで3,000円台って、ホントに「お値段以上」だな。
ニトリおそるべし。

そして快適な椅子を手にいれた長男は今日もリビングに鎮座している。

カテゴリー: ファミリー, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジージャンとか、テニスセンサーとか。

アウトレットにて。
th_IMG_2786
白のジージャンといえば?

ワタクシの年代は間違いなく、松田優作だろう。

「太陽にほえろ」のジーパン刑事の殉職シーン。
めちゃカッコいいジーパンが「死にたくないよ・・」と言いながら、
カッコ悪く死んでいく。

腹を打たれ血に気づき、「なんじゃこりゃぁ!」と叫ぶシーンは
当時の小学生は皆んな真似したはず。

実は名シーンを見返してみたら、ジージャンじゃなくて
白のサファリジャケットなのね。
そういえば、当時、サファリジャケット流行ってたなぁ。
記憶っていい加減なものだ。

 

さて、HEADテニスセンサー。
th_IMG_3955

発売時に何度かテストさせていただいたが、
ある提案をいただき、久しぶりにお借りした。

あらためてテニスセンサーってなに?ってところから。

テニスセンサーはグリップエンドパーツに仕込まれた
ジャイロセンサーが打球時の様々な情報を計測してくれるもの。
th_IMG_3953

SONYのテニスセンサーなども基本的な仕組みは同様だと思うが、
HEADの場合はグルップエンドキャップにそれを仕込まれているのがミソ。
エンド部の出っ張りがないため違和感なく使用できる。

またウエイトも元々のエンドキャップがセンサーの重さでできているので、
センサーを装着することでのバランス変化もないという優れものである。

まずは充電。
th_IMG_3952
マグネットでペタッとくっつく。

まずは既存のエンドキャップを外す。
th_IMG_3962

で、こんなふうに装着する。
th_IMG_3963
まったく違和感なし。

測定はラケットを振れば自動で電源が入る仕組み。
まず、専用のアプリをスマホやタブレットなどのデバイスに入れる。
th_IMG_4652

接続はBluetooth。
使用モデルを一覧から選ぶ。
th_IMG_4657
ラケット毎の正確なデータ計測のためだ。
もちろん登録されているのはHEADのラケットのみ。

実はG360 RADICALの試打もかねてのテストだったが、
アプリにはまだG360 RADICALは登録されていなかった。
とりあえず前モデルで登録。

計測結果も画面はこんな感じ。
th_IMG_3966
細かなデータが計測される。

いよいよ実測。
実はワタクシのプレー時間だとサンプルが足りない気がして、
そっと16歳児のラケットに装着して練習に送り出してみた。

結果はまた次回にするが、やはりテニスセンサー、なかなかのものである。

実はREC各スクールでのラケットキャンペーン期間中、
HEAD DAYの場合、このセンサーを使用してラケットフィッティングを実施予定。
ショットを数値化し、よりマッチングの良いモデルをご紹介できるはず。
チャンスがあればぜひトライしてみてください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マスタングとか、ボロボロとか。

Ford Mustang
InkedIMG_2620_LI

IMG_2619

InkedIMG_2618_LI

60年代のモデルだろうか。
とてもキレイな状態。
カッコいいなぁ。
所有はしなくていいけど、一度乗ってみたい。

 

さて、長男は物持ちが良い。
古くなっても壊れてもずっとそれを使い続けている。

先日、妻が自転車を借りたところ、あまりのへたり具合に驚いたとのこと。
変速もうまくいかないし、そこらじゅう錆だらけ。
th_IMG_3938

毎日これで学校へバイトへと使っているから、
使用頻度を思えば、じゅうぶん元を取っている感じ。

「これじゃ厳しいでしょ」というと「まだ走るし」とのこと。
th_IMG_3937

これじゃ疲れるし危ない。

「新しいの買おうよ」
「え、いいの?」

いいよ、もしかして気遣ってた?ゴメン。

ということで自転車屋へ。
th_IMG_3941

特にこだわりはないらしく、選んだのがこれ。
th_IMG_3969
自転車って安くなったよね。(昭和比)
昔はもっと高かったと思うんだけど。

それにしても彼はどうして電車で通学しないのだろう。
雨の日も風の日も、ヘタしたら雪の日もだ。

免許を取ったのにクルマを貸してくれとも言わない。
原付買ってくれとも言わない。
クルマが大きくて駐車場から出す時点で嫌ってのも分かるが、
運転したいとか思わないのだろうか。
とにかくどこへでも自転車である。

家計的には有り難いけど。
気をつけて、これも乗りつぶしておくれ。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、薪ストーブとか。

川沿いの朝ランコース。

何年も前から放置してあるバイク。
th_IMG_2523

最初の頃は形があった。
たしか、YAHAMA XJ400。

徐々にパーツが減り(盗まれ?)、こんな姿に。
盗難車なのだろうか。
心が痛む。

 

さて、しばらく前のこと。
実家に帰った。

昔からあまり実家に帰ることもなかったワタクシ。
大学生の頃は1年生のGWに帰ったきり、その後、数日帰った気もするが、
4年間を通じてほとんど帰らなかった。

母親はワタクシが家を出る時、
「この子はもう帰っていないだろうな」と思ったらしいが、
ほぼその通り、ほとんど家に寄り付くことはなかった。

特段、実家が嫌いとかそういうことではなく、
こちらの生活で手一杯というか、楽しくて仕方なかったのだと思う。

家も家で「たまには帰ってこい」ということもなく、
就職も「好きにすれば良い」の姿勢を貫いてくれた。
本心は分からないけど。

2年前くらいにFacebook経由でテニス部の仲間に繋がり、
たまに会ってゴルフもしているし、テニスの活動もあるってことで、
なんとか時間をつくって年2回くらいは帰るようになった。

とはいえ、無理やり時間をつくってなので、
行ってゴルフしてすぐに帰るみたいなパターン。

 

最近、友人たちも歳を重ね、家のこと、親のことなどの話題も増えた。
当然自分も同じ歳だし、親もいい歳になってきた。

いい歳になった親だが、年中、ゴルフだの旅行だの海外だのと
いまだ現役感バリバリで元気に飛び回ってくれている。

とはいえ、何かあった時に慌てるのも困るし、
家のことをほとんど知らないのもまずいだろうってことで、
一度そういう話しておこうってことになっていた。

親の条件は、妻も一緒にくること。
ワタクシひとりではダメらしい。
簡単に言うと、とても妻との仲が良く、信頼しているってこと。
ワタクシが実の子なのだが、どうも信頼度が違うらしい。(苦笑)

まあ、確かにそういうことも必要だし、近々帰るよと日程を決めたのが一昨年。
妻や子供のこともあり何とか日帰りの日程をひねり出すも、
期せずして映画製作のテニス監修と撮影の仕事が入りお流れ。

その後、ズルズルと日程を決めずにいたのだが、
ようやく日帰り帰省にこぎつけた。
th_IMG_2693
春先の福島はまだ寒い。
th_IMG_2698

「こんなに寒かったっけ?」と聞くと、昨日までは暖かかったらしい。

th_IMG_2717

冷たい雨も降ってるし、タイミング悪かったな。

暖を取ろうと言うことで、リビングの薪ストーブを炊く。
th_IMG_2718

th_IMG_2716
売ってる薪はよく燃え長持ちするらしい。
たしかに薪ストーブってメッチャあったかい。

とりあえず、コーヒー&ケーキ。
th_IMG_2728

ストーブの前に集まり、あれこれ話す。
th_IMG_2730221

火を見ながら不思議な気持ちで色々な話を聞く。
家族でこんなふうに話したのいつ以来だろうか。

それにしても火っていくら見ても飽きないなぁ。
(ちゃんと聞いてんのか?)

オチはないけど、長くなったので、このへんで。

カテゴリー: バイク, ファミリー, ランニング, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

REC FESTAとか、豊洲とか。

今年もやります!もちろん!

th_ポスター

恒例のREC FESTAである。

鈴木貴男プロはもちろん、サプライズゲストも。(?)
クリニックは事前申し込み制だが、
その他イベントは当日参加でOK!
th_タイムスケジュール

5月4日はレックインドアテニススクール上石神井へ!
1日楽しみましょう!
お待ちしています!

さて、iMacを引き取りに渋谷に行った帰り。
せっかくなので寄り道。

久しぶりだな、豊洲のららぽーと。
th_IMG_2169
この辺の開発っぷり、半端ないね。

けっこう近いんだけど、妻と一緒に来るのはいつ以来だろう。
th_IMG_2167
ちょっと寒いけど、晴れていて気持ちが良い。

で、ドッグランで犬たちを見て癒される。
th_IMG_2164
ウチの2匹も連れてきてみたいが、他の犬たちと一緒にしたら
どんなことになるのか想像もつかないのでパス。

犬で癒され、仕事のトラブルの電話でプラマイゼロになったのはヒミツだけど。(苦笑)

ちょっとショッピングモールを見て回るもすぐに飽きる。
最近はこういうところで何か欲しくなるてことが減ってきた。
枯れてきたのか?
それとも、違うところに興味が動いたのか?

あ、でも、ギターは欲しいな。
テレキャスターね。
ひとりでキースリチャーズやっても仕方ないけど。

せっかくなのでランチ。
th_IMG_2173

th_IMG_2174

クルマなのでソフトドリンク。
th_IMG_2171
正しい夫婦デートの姿である。

滞在1時間ちょっと。
さあ、帰ってiMacのセッテイングをしよう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラムとか、シングルスとか。

海沿いのランニングコース。
th_IMG_2230
休日、たまにドラム体験をやっている。

昔は友達のバンドのヘルプで少しだけ叩いたこともあったけど、
どんだけ前なんだって感じ。

久しぶりに触ってみたいが、声をかける勇気がない。
しかも曲は昭和歌謡だし。(笑)

 

さて、早々にダブルスは初戦負けの16歳児。
学校の仲間も応援に来てくれているらしく、親には近寄らない。
まあ、そりゃそうだ。

続いてはシングルス。
th_IMG_2345
もうすぐ試合のようだ。

ひとりアップを始めた。
th_DSC_8956

th_DSC_8958
邪魔しないように望遠で撮影。
所属プロじゃあるまいし、そこまで気遣わなくていいか。

この日の対戦相手は同じクラブの1学年上の選手。
th_DSC_8974

クラブでも試合をしたりしているので、お互いに知り尽くした仲。
ちなみに対戦成績は相手の圧勝だそうだ。
しかし試合は何があるかわからない。
ガンバれ。

おっ!悪くないんじゃない?
th_DSC_8963

th_DSC_8980

と思ったら、徐々に押し込まれブレークダウン。
th_DSC_8968

th_DSC_8993

ペースを変えようと色々やってみたものの
互いを知っているからかひっくり返すには至らず。
th_DSC_9049

残念ながら敗退である。
うーん、なかなか厳しいなぁ。

側から見てると、もっと泥臭く、
何が何でもって感じでやってみたらとも思うが、
おそらくそう見えないだけで、本人は必死なんだろうな。

何にしてもテニスは自分だけで戦うスポーツ。
そもそもあれこれ口出しはしないと決めてるしね。
また練習して次も頑張ろう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, ランニング, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

再開とか、ダブルスとか。

休日。
th_IMG_2235-EFFECTS
ようやく暖かくなってきたので朝ラン再開。
このところウォーキング中心だったのでちょっときつい。
徐々に慣らさなきゃ。

 

さて、いちおう休日。

5時半にクルマを出し、16歳児をクラブへ。
春の大会シーズンが始まり、この日は県ジュニア。
皆で早朝練習をしてから会場に行くのだそうだ。

th_IMG_2338

年末もそうだったが、節目の試合の日にはこういうことしてくれる。
コーチには感謝である。
やっぱりジュニア指導は情熱だな。

ということで、早朝練習を終え会場へ。
th_IMG_2340

この日は単複予選。
ダブルスは同じ部活の仲間。
先生からしばらく一緒に組むように勧められているらしい。
そういえば公式戦のダブルス見るの初めてかな。

コールされコートへ。
th_DSC_8899

ウェア、全然揃っていないのね。
th_DSC_8902
いや、これでも揃えてるのか?
よくわからん。

試合開始。
th_DSC_8904

th_DSC_8907

それほど力の差があるとも思えないが、なかなか決め手が見つからない。
th_DSC_8915

笑顔。
試合中、こんな顔するのか。
th_DSC_8921
シングルスでは見られない表情だ。

ネットポジションがサイドに寄り過ぎ。
これではリターンにまったくプレッシャーがかからない。
th_DSC_8929
この辺りがダブルスしてないってことなんだろうか。

「もっとセンターに立て!」
「動かないとプレッシャーかけられないぞ」
「思い切ってポーチに出ろ」
心の声はあれど、見守るだけ。
まあ、テニスってそういう競技なんだけど。

勝負所で押し切られ崖っぷち。
th_IMG_2344

もう少しの場面もありつつ・・・
th_DSC_8942

押し戻せずにゲームセット。
th_DSC_8951
ふたりともあまりダブルスを知らない感いっぱい。
学校的には固定ペアなんだろうから、
場数を踏んでコンビネーションつくっていくことかな。

次のシングルスも全力で頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。