カテゴリー別アーカイブ: ファミリー

カブトムシとか、ツアーケースとか。

近所で見かけたフォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)。
IMG_9297
かなり良いコンデション。
で、仕様も好み。

いいなぁ。
昔これがすごく欲しい時期もあったけど、
やっぱりこの手のクルマって手がかかるし、
お金も掛かるってことで断念。

ホント、いつかはタイプ2(ワーゲンバス)とか所有してみたいよね。

 

さて、16歳児の使っているHEADのツアーケースがかなりへたってきた。

IMG_7053

「ボロボロだし、替えれば。ツアーケース、いくつかあるよ」
というも、「まだ大丈夫です」という。
いや、もはやツアーケースというより袋って感じで身体にフィットしてるし。

いくつかの手持ちをツアーケースを見せるも、どれもちょっとって感じらしい。
聞けば、「大きすぎる」のだそうだ。

実際、ワタクシのツアーケースはどれも12本入りタイプ。
IMG_9816

ジョコビッチのシリーズもプレステージも
HEADで言うモンスターコンビというシリーズで大きい。
IMG_9817

たしかに試合はまだしも、これを背負って通学は厳しいかも。

奇跡的に小さめのツアーケースがあったので、とりあえずそれを渡す。
しばらく使っていたのを見たら・・。

IMG_9792
なんだこりゃ。
ちょっとひどいことになっていた。

表面素材が剥がれて内素材が露出している。
IMG_9793

IMG_9794
素材的にはそうなりそうな予感もあったけど、あまりに早くないかな?
それともクローゼットで寝かせている間に素材が劣化したのだろうか。
なんにしてもちょっと・・なぁ。

「ちょっと厳しいね、これ。新しいの注文しようか」

「いや、大丈夫です」

「さすがにみすぼらしいよ」

「ちょっと考えます」

普通は買ってもらえるとなれば、手放しで喜ぶもんじゃないのかな。
どうも昔から物持ちが良いというか、欲がないというか。

クラブのコーチも知り合いだし、チームの仲間も
お父さんテがニスコーチって知ってるし、
あまりにボロボロのツアーケースを持たせておくのもよろしくない気が。

16歳児は何のイメージも背負ってもいないけど、
ワタクシの立場ってのもある・・・かな。
(いや、それほどのもんじゃないか)

やっぱり高校生にはツアー9Rシリーズくらいが良さそうだ。
学生向きのシリーズってそれなりに意味があるのねと思った次第。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

強要とか、札幌ランとか。

リビングのソファ。
IMG_8110
二匹に占領されていることが多い。

隣に座ろうものなら・・
IMG_8111
「撫でて〜!」のCocoさん。
終わりなきナデナデ強要。
ちなみにCooさんは知らん顔。

 

さて、前日遅くに着いた札幌の街。

いつものように早起きはしたのだが、
恒例の旅先ランに若干の躊躇が。
だって、メッチャ寒そうだし。

しばらく迷ってはみたが、昨年も走れなかったし、
今年こそは走ろうと意を決して外へ。
IMG_9490

やっぱり寒い。
まあ、走ればあったまるだろう。
止まったら一層凍えそうだけど。

とりあえずススキノ方面を目指して走り出す。
IMG_9491

大通公園を横切り。
IMG_9492

ススキノへ。
IMG_9494
あんまり遠くないのね。
仕事終わりの水商売の方々とすれ違いながら走る。

適当に折り返す。
IMG_9495
カニ将軍かぁ・・食べたい。
せっかく札幌に来たのに
昨晩はコンビニだったしなぁ。

地震の影響で歩道工事が多いのかと思ったら、
この時期はいつもこうらしい。
IMG_9496

路面電車が来た。
IMG_9498
そういえば広島にもあったっけ。

三越のライオンもハロウィン仕様。
IMG_9499

あちこちをぐるりと回って、またタワーのそばへ。
IMG_9501

大通公園をホテル方面へ。
IMG_9508

北海道庁(だっけ?)でゴール。
IMG_9509

初めての街はテンションが上がるのでけっこう走れる。

調べてみたら、去年もほぼ同時期に札幌に来ていた。
たしか朝は雨が降っていてランニングを断念したんだっけ。
今年は走れてよかったぜ。

ということで、これからいよいよおつとめ。
ちょっとプレッシャーな役割もあったりするけど頑張ろう。

カテゴリー: ファミリー, ランニング, 仕事, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

モンブランとか、日本リーグ・ユニフォームとか。

休日。
PCに張り付いて、あれこれ仕事など。

キリの良いところで気分転換。
IMG_9250
妻と早めのランチへ。
ひさしぶりの星乃珈琲店。

ワタクシはピザトーストとカフェオレ。
IMG_9244

IMG_9242

妻はモンブランパンケーキ
IMG_9248
クリームの中にはアイスクリームが入っている。
美味しいがけっこうヘビー。

最初はダブルにしようかと思ったけど、
二人でも食べきれないかもよってことでシングルに。
正解である。

最近は何でもいいからガッツリってことはなく、
好きなものを適量でじゅうぶん満足って感じ。
枯れてきたか?

 

さて、日本リーグ・ファーストステージまで1ヶ月となった。

試合をするのは選手たちなので、
ワタクシたち裏方に練習はないが、何かと準備はある。

先日、今年の日本リーグチーム用のユニフォームが届いた。
IMG_9572

今年もエレッセで揃わせていただいた。
ゴールドウインさん、いつも無理を聞いていただきありがとうございます。

今年は昨年と素材が少し違うストレッチ系のものにした。

IMG_9573

IMG_9574

このタイプ、ブランドロゴはプリントなのね。
違和感が出ないからいいかも。

せっかくなので、佐藤一平コーチに着てもらった。
IMG_9561
「かわいいコックさん」の絵みたいなポーズ。

やっぱり選手が着ると一段といいね。
IMG_9564

スタッフのオジさん三人衆の着こなしは・・・。
いや、それも含めてTeam RECです!(なのね)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、叔父とか。

某所にて。
IMG_9108
VESPAだ。
適度にやれていい感じ。
リアのキャリアも雰囲気が出ている。

VESPA P125X
IMG_9109
探偵物語で工藤ちゃん(松田優作)が乗ってたのは、P150Xだったかな。
やっぱりVESPAっていいね。
もう一度だけバイク乗りたいなぁ。

 

さて、こんなワタクシにも親もいるし、親戚もいる。
ほとんど付き合いないけど。

よくある話だが、親戚の中にひとりくらいは豪快にはみ出した人がいたりする。
母の弟、つまりワタクシの叔父もそんな人だ。

子供の頃から無茶をし、牛乳配達のアルバイトでは
仲間に配達する牛乳を振舞ってしまったり、
とにかく型破りだったとか。

大学では山岳部に所属し、世界の山を登って来た。
卒業してからも総監督として山岳部を仕切っていた。

実は大学受験の時、叔父の大学に連れていかれた。
山岳部の部室に向かうと学ランの強面のお兄さんたちが
直立で並び、モーゼの十戒よろしく道をつくっている。

次々に「押忍!」と挨拶する学ランロードを
叔父と一緒に進み、部室へ。

「お茶失礼します!押忍!」

お茶でこんなにビビったのは初めてだ。

そして叔父。

「お前ら、こいつ来年ここに入れるからよろしくな」

ひときわ大きな「押忍!わかりました!」

いや、こんなバリバリのところには入らないから。

体育会は入らずにテニスサークルに入って、
女の子たちと楽しく遊ぶって決めてるし。
何が悲しくて、学ランとか、辛そうな山登りしなきゃいけないのだ。

思い描いていたバラ色の学生生活に
思い切り暗雲が立ち込めた悪夢の部室だった。

って、なんで叔父さん、オレの大学決めてるんだろう?

結局その大学に入ることは回避できたけど、
あそこで押し切られていたら、また違った人生だったんだろうな。

学生時代は、テニスコーチのアルバイトと、
叔父が経営する飲食店でのアルバイトで毎日が過ぎていった。

横浜の叔父の店が終わると皆で夜の街に繰り出して遊んだ。
叔父にも野毛あたりでよく飲ませてもらった。

伊勢佐木町のオカマバーにも連れて行ってもらったっけ。
叔父さん、おかまのケンケンとどうしてあんなに仲良しだったんだろう。

二人でバイクでツーリングにも行った。
ちなみに叔父が本当にバイク免許を持っていたのかは知らない。
たぶん持ってたんだろうけど、そういうことを超越しているような人だった。

夜中にもよく呼び出された。
「おお、起きてるか。今から飯食いに来い」

千葉から三浦半島の突端まで100kmの道を走った。
怖いとかそういうことじゃなくて、
叔父が「来い」と言ってくれることが嬉しかった。

とにかくあらゆることが豪快だった叔父にすごくお世話になった。
母親も叔父を信頼していて、「この子は預けるから鍛えてやってくれ」って感じだった。

ある時、叔父が言った。

「お前はひ弱だ。大地震が来たらたぶん最初に死ぬ。
泥水すすっても生きていけるようになれ」

「どういうこと?」

「インドに行け。1年放浪して来い」

「インド_?」

「1年インドを放浪すれば少しは強くなるだろう」

「学校が・・」

「休学しろ。お袋(母)もそれでいいってよ」

「どうやって行くの?インド」

「おれが漁船を紹介してやる」

さすがにビビった。
母親もそれでいいって・・・なんつう親だ。

でもそれは無理だ。
しばらく横浜に近づかず、その話を葬った。

とにもかくにも豪快を絵に描いたような叔父。
もう何年も会っていないが、人生の師匠であり憧れの存在だ。

しばらく前、叔父が体調を崩したと聞いた。
叔父らしく、誰にも会わないと言っているとも。
会いたいが、連絡をしたら怒られそうだ。

会いたい人に会えない、近くにいたい人のそばにいられない。
それでも自分から突っ込んで行くべきか。
難しい。

カテゴリー: バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ちょい飲みとか、怪我したとか。

「一杯だけいきましょう」とはこの男の常套句。
IMG_9111
一杯だけで済んだことはない。
あれやこれやと話し込んで、日本酒に突入。

うーん、ロックなオレたち。
シェキナベイベー!

日高屋って安いね。
気に入った。

 

さて、ある日。
学校に行っている16歳児から連絡。

怪我をしたらしい。
バスケットボールだか何かで、ふくらはぎを思い切りぶつけたとか。

とりあえず帰って来るように言うも、
自転車にも乗れないくらい痛いという。

本人、「とりあえず病院に行きたい」と言う。

週末だし、病院もやってるかどうか分からない。
一晩様子をみてから受診すればと言うも
「いや、今日診てもらいたい」と言い張る。

ははぁ、明日の練習試合に出たいんだなと気づく。
明日の部活は他校との練習試合。
それに出場したいから、今日中に病院に行ってしまえとの作戦らしい。

今日行こうが明日行こうが、それほど結果は変わらないが、
受診結果で打撲程度で大したことがないとなれば、
無理をしてでも試合をするつもりなのだろう。

そうまでして試合したいのか。
そもそもそんな状態で試合に出たら仲間にも悪いだろうに。

学校に迎えにいく。
IMG_8561
自転車を引いて、足を引き摺る16歳児。

病院に行きたいと言い張るので、妻が連れていくことに。
ワタクシは自転車を受け取って自宅へ。

受診結果は骨には異常なしの打撲。
大したことがなくてよかった。

それにしても彼はよく怪我をする。
原因はいつもハンドボールとかバスケットボールとか、
友人と遊んでいてのことばかり。

しかもなぜか試合前が多い。
以前は指の骨にヒビを入れて3大会くらいを棒に振った。
今回は練習試合だからまだ良いが、もう少し大事にして欲しいぞ。

思えば、スポンジボールで始めたテニス。
ジュニアもあと2年でおしまいだ。
早いなぁ。(しみじみ)

最近はほとんど関わってあげられないけど、
限りあるジュニア期間を楽しんで欲しい。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

夏野菜とか、2勝19敗とか。

ビジネスパル全国大会会場にて。
IMG_7745

福島の夏野菜が振舞われていた。
IMG_7716

きゅうり。
IMG_7743
味噌をつけて食べる。
とても美味しかった。

トマト(だよね?)
IMG_7744
とてもキレイだった。
って、食べてないのか。
(食べてないのよ)

 

さて、毎年の恒例行事。

朝、PCに向かいひと仕事していたら、
「今夜は家で食事する?」と聞かれた。

「わかんないけど・・なんかある?」
と答えてから気づいた。

今日は結婚記念日だった。
今年も見事に忘れていた。

これで2勝19敗かな。
それすら正確なのかもあやしいけど。

不意打ちの質問はずるい。
せめて「今日は何の日でしょう?」くらいでお願いしたい。
まあ、それで怒られたことは一度もないのだけど。

「夜、乾杯くらいできればなと思って」というので、
今日は根性で早めに帰ろうと思って家を出た。

夜、なぜかこんなところでこんな人と・・・
IMG_8097
「今日は結婚記念日なんだよ」と言うと、「では、軽くですね」と言う。
意味わかってんのかな。

ホントに軽くで終えて、家に帰る。
IMG_8101

ワインで乾杯。
IMG_8102
二人で飲むのは久しぶりだ。

何かとお世話になりっぱなしで申し訳ない。
本当に感謝感謝である。
もう少し家族の方を向けるようにしようと思ったとか、思わないとか。
(どっちだよ!)

カテゴリー: ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、サポーターとか。

某所で見かけたバイク。
IMG_8024
SUZKI GSX400 IMPULSE

学生時代に欲しくてたまらなかったバイクだ。
集合管といい、バックステップといい、リアショックといい、
とてもいい感じにチューンしてある。
しかもコンディションがメッチャ良さそう。

いいなぁ、バイク。
この先の人生で乗ることあるのかな。
スキーとバイクとサーフィンあたりはもう無いかなぁ。
やってみたいけどね。

 

さて、16歳児。
しばらく前から手首の痛みに悩まされていた。
聞けば、小指側の手首が痛むらしい。

最近、Team RECのコーチや選手たちにも
手首の故障者は多く、斉藤貴史プロもそうだったし、
少し前は竹島プロも痛いと言っていた。

コーチでも武田コーチ、吉村コーチ、梁元コーチも手首故障組。
なんとか回復した者もいれば、未だ痛みと付き合っている者も。

無理しないことが大事ということなのだろうが、
長期間練習を休むこともしたくないのは当然で
悩ましいところである。

少しでも助けになればと、サポーターをあげた。
IMG_6899
実は昔、ワタクシも手首を痛め、ずっとサポーターをしていた。

TRU-FITのこのサポーター、実は足首用だったような。
適度な厚みでいい感じに締めてくれるので
3つほどをローテーションして使っていた。

「使ってみる?」と渡したところ、気に入ったようで
使ってくれるのは良いが、毎日何時間も使うため
あっという間にボロボロに。
IMG_6900
ベルクロもすっかり粘着性を失い、止まらなくなってしまった。

このサポーター、どうやら廃盤らしく手に入らない。
別のものを探し何個か買ってみたものの
薄すぎたり、ラッピング機能だけだったりと
良いものが見つからない。

sptr01

sptr02
テニス向けのサポーターって結構少ないのね。

そんなこんなで、はたと気がついた。
IMG_6941
そうだ。
プリンスでサポーター出してたっけ。

医療機器メーカーとのコラボ商品で信頼性も高そう。
IMG_6942

内側には薄手のパッドが入っていて
痛む側の手首に合わせる仕組みになっている。
IMG_6943

サイズ感も適度でプレーの邪魔にならなそう。
IMG_6944

着けてみたらこれがジャストフィット。
どうしてこれに気づかなかったのだろう。

ここ最近は痛みはほとんどないらしいが、
やはりサポーターがあった方が安心感があるらしい。

あとは耐久性かな。
安くはないので大事に使って欲しい。

とうことで、このシリーズ、オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

勝った!とか、筋膜とか。

関西は台風、北海道は地震と大変なことになっている。

関西ではテニス関係同業者さんにも被害が出ているし、
北海道には出張中のレック社員や友人も足止め。

まずは無事なのは良かったが、不自由な思いをしているだろう。
とにかく早期の復旧を祈りたい。

そんな大変な日。
良い意味で大変なこともあった。

錦織圭、大坂なおみ、揃ってUS.OPENベスト4。
IMG_8077
錦織圭の試合は出社直前までかかったため、
ランニングもパスして全力応援。
素晴らしい勝利だった。

次はジョコビッチ。
勝てない相手はいないゾーンに入っていると信じつつ、
テニス関係者としても何が何でも勝ってほしい。

大坂もじゅうぶん優勝のチャンスあり。
どちらも頑張れ!
ホント、お願いします!

 

さて、筋膜剥がしなるものが流行っているらしい。

細川コーチが持っていたので使わせてもらった。
グリグリと適度な刺激が、痛い&気持ち良い。

「疲労回復にも効果ありますよ」というので買ってみた。
IMG_6733

効きがいいかなと思い、表面に凹凸があるものにしてみた。
IMG_6734

自分で腿、ふくらはぎをやってみた。
なかなかの刺激。

16歳児を寝かせてグリグリやってみた。
悶絶する16歳児。

それでも気に入ったらしく、自分でグリグリやっていた。
IMG_6737
(なんだろうって顔のCocoさん)

筋膜剥がし、けっこう良さそう。
オススメグッズです。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

歳三とか、筋とか。

会津若松のホテルにて。
IMG_7804
新撰組・土方歳三だ。

土方歳三は尊敬する人物のひとり。
いや、筆頭かな。

幕末の善悪はイデオロギーだけでは語りつくせない。
勝てば官軍だから、誰が正しくて誰が間違っていたかは
一概には言えないし、歴史評価的な勝者は結果論だ。
薩長、会津、幕府、政府と単純に割れるものではない。

ワタクシの土方歳三像は「燃えよ剣」の土方だ。
組織においてすべきことを妥協せず貫く。
何を守るべきか、何を通すべきか。
保身や日和見ではなく、「義」と「誠」をただ貫く。

その土方が「ならぬものはなりませぬ」の会津に入ったのも
歴史の必然だったのかもしれない。

思いがけず、ホテルのロビーで会った土方を前に暫し固まったワタクシであった。

 

さて、子供に対して叱ったり、諭したりする。
いちおう親だから、まあ当たり前だ。

話の根本はなんだろうと考えてみる。
やはりそれは「筋」なんだろうと思う。

正しくないことはダメだよ。
筋が通らないことをしてはいけない。
世の親だれもが、筋から外れたことをした時に
叱ったり、諭したりするのだろう。

 

しかし、成長し世の中に出ると、筋が通らないことや
理不尽なことはたくさんある。

今は知らないが、ワタクシの学生時代の部活だって
理不尽のかたまりみたいな場所だった。

どうして年がひとつやふたつ上ってだけで、
圧倒的な立場の違いで理不尽なしごきが許されるのだろう。
6kmのランニングコースを「100周走っておけ!」とか平気で言ってたもんね。

連帯責任てのもよく分からない。

もちろん管理責任はあるのだろうけど、部員の一人が、
例えば喫煙で補導されて部そのものが出場停止ってのもおかしな話。

部活動中にみんなでとか、部室がそういう場所になっていたのなら
部全体の責任だと思うけど、外で勝手にやったことの責任を
全員がというのはどうなのだろう。

責任てどこまで広げれば良いの?って気もする。

 

社会に出てからだって、理不尽や筋の通らないことはたくさんある。

学生時代の部活動のように純粋な(?)理不尽とは違って、
保身や思惑などが絡んでくることもあるから始末に悪いというか、
なんでそんなことに・・ということもあると思う。

とにかく、学校であれ、社会であれ、正論や王道ばかりじゃない。
筋が通っていないことを我慢したり、
納得いかないままに受け入れなければいけないことも少なくない。

 

では何故それでも、子供に筋を説くのか。

やっぱり筋を通す人になって欲しいから・・・だと思う。

筋を知らずに育てば筋を通さない大人になる。
それは他者を傷つけ、物事の本質を捻じ曲げる。

それで自分が損をするならまだしも、
仮に圧倒的な立場の違い(強さ)を持っていて
曲がった筋を通してしまうことは仁義に反する。

政府与党の「ご飯論法」はまさにそれ。
対勢力との力関係が拮抗していたら、
とてもじゃないが展開できない理屈だ。
圧倒的優位だからこそのゴリ押しでしかない。

 

ことほど左様に世の中は様々な「筋」でできている。
それでもその曲がった筋を通さなければいけなかったり、
曲がった筋を受け入れなければいけないこともあるだろう。

しかし、それが正しいのか、正しくないのかの軸は持っていて欲しい。
先生が言ったからすべて正しい、偉い人が言うから正しい。
何の疑問を持たず、自らのフィルターを通さず、
ただただ盲目的に従う人にはなって欲しくない。

普通に考えて、おかしいものはおかしいのだ。
筋が通らないことは通らないのだ。
それが分かっていることが大事。

分かっているからこその苦しみもあると思うが、
それとの向き合い方も含めて、筋が分かっている人であってほしい。

「ならぬものはなりませぬ」であって欲しいと思う。

 

実はこの「ならぬものはなりませぬ」の会津藩の教え、
大人になるまで知らなかった。

福島県といっても、地域が違えば文化も気候も違う。
ワタクシ、会津っ子じゃないのよね。

でもいい教えだと思う。
「筋」を知ろう。

カテゴリー: ファミリー, , 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

素焼きとか、応援とか。

ちょっと前のマイブーム。
IMG_6557
素焼きアーモンド。

塩と油を使っていないってことで健康的なのか、
カロリー控えめなのかはわからないけど、
なんとなく体に良さそうな気が。

けっこう美味しい。
オススメです。

 

さて、18歳以下カテゴリーにぶっ飛ばされた16歳児。
IMG_7049

反省しつつ、クラブチーム仲間の試合を応援。
IMG_7036

ひとつ年上の彼はよく声をかけてくれて
練習でも打ち合うことが多い。

とにかく身体能力とバランスが良く、
豪快でキレの良いショットを連発する選手だ。

しかしその彼も試合ではクラブでの練習ほどのショットは打てないし、
ミスも連発する。

途中から足が痙攣し、まったく打てなくなり、
互いに体力が消耗し、最後は8-8でタイブレークのところを
7-7からタイブレークにはいってしまった。
それほどに双方が消耗していたのだろう。

間違っていたとはいえ、最後はタイブレークを制し勝利。
泥臭くても、ボロボロでも勝利を呼び込む執念。
そんな仲間の試合を見て、16歳児は何を感じただろう。

「さて帰ろう。また駅まで歩く?」

藤沢駅まで反省会をしながら歩こうってことに。
IMG_7051

3kmくらいなのかな。
IMG_7053
色々話しながら、アイスを食べながら帰る。

またひとついい経験をした。
夏の大会はまだ折り返し点。
多分観られるのはこの試合だけになると思うけど、
次に向けて頑張ろう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。