カテゴリー別アーカイブ: ファミリー

道具とか、夕食とか。

高校テニス部OB仲間とのラウンド前日に練習場へ。

先日、ソトヤマコーチから借りたRシャフトのアイアンが
優しくてとてもいい感じ。

「もうカーボンのRシャフトの歳なのかなぁ」と言うと、
「じゃあ、これ使ってごらん」と父親が言う。

Rシャフトのフェアウェイウッド。
IMG_7193
メッチャ打ちやすい。
衝撃も少ないし、楽にボールが上がる。

「こっちはもっと楽だよ」と、ゼクシオのアイアン。
IMG_7194
ホントだ。
とてもいい感じにボールが飛んで行く。
ゴルフクラブってこんなに違うのね。

「明日、これもって行ってもいいよ」と言われたが、
良かったら欲しくなってしまうし、
買うには先立つ物がないってことで借りるのはガマンした。

微妙に年齢を感じた練習場だった。
はあ、もういい歳なのね。

 

さて、そんな練習を終えて夕食へ行こうってことに。

その前に父親の趣味の畑へ。
IMG_7196

小屋まで建てて、趣味なのか?これ。
IMG_7197
夏野菜の季節が楽しみだ。

帰省時は外食が多い。
家族全員で帰れば、孫たちに手料理を振る舞う気にもなるだろうが、
不肖の息子ひとりでの帰省じゃ、そんな気にもならないか。
そう言うワタクシも、片付けとか気にしないで一緒に盃をかたむける方が楽しいし。

と言うことで、いつものお店へ。
IMG_7203
魚と日本酒の美味しいお店である。
最近、店長さんが変わって店の雰囲気とサービスがさらにアップしたとか。

たしかに店の活気が倍増している。
やっぱり店長さん大事だね。

錦織圭も好きなノドグロ。
IMG_7199
メッチャ脂が乗っていてうまい。

刺身もナイスだ。
IMG_7200
店長がすすめてくれたメニューに無い日本酒を飲みながらあれこれ話す。

親とこんな風に話すなんて、昔は思いもよらなかった。
一緒に住んでたら、こんなことはなかったろうね。
こんなことも親孝行なのか。
でも、払ってもらってるから孝行してないな、ゴメン。

さあ、明日はゴルフだ。
おやすみなさい。

カテゴリー: ゴルフ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ノベルティとか、ランチとか。

HEAD新製品 MXGのパンフレット。
IMG_6727
飛び出す絵本風になっている。
こういう仕掛け、美味いよね、ヘッドさん。

他にもMXGノベルティが。
IMG_6623

IMG_6624
ロゴ入りボールペン。

こんなものも。
IMG_6724
仮面舞踏会・・いや、ウルトラセブンか。
これは使いようが・・・。

ラケットの性能は折り紙つき。
IMG_6573
レック各校で現在実施中のラケットキャンペーンでは試打が出来ます。
ぜひお試しを。

 

さて、休日。

朝からPCに向かう。
途中、ランニングを挟んでモニターとお友達。
IMG_6528
ところで、Macのデスクトップ同期って便利だね。
利便性を優先するとiPhone、iPad、Macとデバイスがappleに。
このあたりの連携性がMacのの強みかな。

そんなわけで、自宅にいる間の85%は家族に背を向け、
PCモニターと向かい合っているワタクシ、
「iMacと結婚したの?」とは言われないが、
さすがにそれもマズかろうってことで、
キリの良いところで妻と近所のアウトレットモールへ。

休日ランチである。
いつも行列のピザハウスがめずらしく空いていた。
IMG_6651

昼からビール。
IMG_6638

ピザは外カリカリ、具はしっかりボリューミー。
IMG_6643

こういうアメリカンな感じのインテリア、好きだなぁ。
IMG_6639
あ、イタリアンなのかな。
まあいいや。

パスタは若干アッサリ系。
IMG_6648
Tabasco置いてない店増えたよね。
オシャレ系なところほど置いてない。
Tabasco好きなワタクシとしては少しさびしい。

調子に乗ってワインセット。
IMG_6646

IMG_6650
たまにはってことで。

あれやこれやと話をしながらのひと時。
至福の時である。

思えば今年で結婚20年なのね。
よくもまあワタクシにそれだけ付き合っているものだ。
人間出来てるね、感謝。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飛露喜とか、帰省とか。

帰省の帰り際、お袋がこれをくれた。
IMG_6801

「これね。すごく美味しいお酒。
お前と一緒に飲もうかと思ったけど、持って言っていいよ」

一緒に飲みたいなら置いておけば良いのにと思いつつもらって帰った。

数日後、飲んでみる。
IMG_6811
美味い、確かに美味い。
大吟醸ってフルーティーだね。

調べてみたら、「限定酒のため不定期。鑑評会出品酒」だそうだ。
しかも結構高い。

また手に入ったら今度は実家で一緒に飲もう。
次行くまでに探しといて。

 

さて、そんな帰省はテニスから始まり
終了後に自宅に向かった。

実家もこちらもお互い何かと忙しく、
最近の帰省はほとんど日帰りである。

昔から「夏休み、帰るよ」と言うと、「いいよ。こっちは暑いから」と言われ、
「正月、帰ろうか?」と言うと、「いいよ。こっちは寒いから」と言われた。

いつぞやなどは、大晦日の夕方に帰ったら誰もおらず、
テーブルの上に1万円が一枚置いてあり、
「旅行に行く。これでなんか食べて」とメモがあったことも。

もともとアッサリな家系だが、もはやアッサリを通り越して
あまり帰って来て欲しくないのかなというレベル。
まあ、そういうワタクシも大学時代は4年間で3回しか帰省しなかったけど。

結婚し子供が生まれてからは孫と妻に会うのは嬉しいらしく、
以前よりは会うようになったが、
子供と妻がいればワタクシはどうでも良い感じ。

「あの子はどうせ忙しいから、3人(妻&子供)で来くれば?」
みたいなことを平気で言う。
そういえば海外旅行のお土産も妻と子供の分だけだな。

いや、決して仲が悪いわけじゃない・・と思う。

と言うことで、日帰り帰省なのでとっとと食事に。
IMG_6208
運転手のワタクシはノンアルコール。
つまりは全員ノンアルだ。
昼間だし。

一応、妻の誕生祝いなどを。
IMG_6209

ついでに、両親もここ最近で誕生日と伝えたら、
同じケーキが3つも並んだ。
そんなに食えないぞってことで、持ち帰り用に包んでもらう。

シーフード&肉のレストランなので昼から豪勢な感じ。
IMG_6215

IMG_6213

14歳児、メッチャ食べる。
3人前は食べてる。
IMG_6210
長男は適量。
受験で食が細くなったか。

食事を終え、山の方へ。
福島盆地は30分も走れば、山の温泉地だ。
IMG_6221

まだ雪の残る温泉街でお土産を買う。
IMG_6224

IMG_6225
仕事で提携しているお店らしい。

滞在数時間のショートバージョンの帰省。
IMG_6219
たまにしか帰らないけど、自分が生まれた街。
四方を山に囲まれた土地は何となく落ち着く。

帰り際に、
「ゴールデンウイーク、テニス部仲間とゴルフなんだけど泊めて」
と言うと、
「どうしようかなぁ。ホテルとってやろうか?」
って、そんなに面倒か?オレ。

カテゴリー: ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、どうする?とか。

年間360日、カレーでも大丈夫なワタクシ。
初めてのカレー屋を見ると、お腹が空いてなくても入りたくなるのだが、
ここ最近の節制生活でそんなこともしなくなった。

食事のタイミングが上手く合わずになかなか行けなかったのだが、
気になっていたカレー屋にようやく行けた。

IMG_6723
日乃屋カレー

うん。まあ、普通に美味い。
特徴は・・普通に美味いってことかな。
福神漬け、ラッキョウがご自由にってのはいいかも。

久しぶりに上野のエースのカレー食べたいな。

 

さて、某日。
3時半に起きて、14歳児と電車に。
IMG_6461
埼玉は羽生にあるクラブに試合に向かうのだ。

14歳児の春休みスケジュール最後の大会は、
雨で日程が大幅にずれ込み、会場に連れて行くのもひと苦労。

数日前の1・2回戦の日は妻が帯同。

今回のドローは2回戦で外シードの選手に当たるので、
初日で終わりかもと思っていた。

結果メールが届いた。

「1回戦、6-1勝ちました」

「次はシード選手かな。いいテニスをしよう」

「はい。頑張ります」

2回戦、妻から実況メール。

2-0
3-1
4-1
5-1
6-3で勝ちました。

マジか。
良かったけど、次の日程、誰も連れていけないぞ。
どうする?

結局、ワタクシが仕事前に会場に同行し、
帰りはひとりでってことになった。

しかし遠いな、ここ。
IMG_6462

田んぼ沿いの道を延々歩く。
IMG_6465

ようやくクラブに着いた。
IMG_6466

なぜか雰囲気がおかしい。
テニスバッグを背負ったジュニアがこちらに何人も歩いて来るし。

クラブハウスに張り紙。

「今日の午前中の男子の試合はコート不良のため明日に延期です」

マジか!
また明日もこのパターンか・・・

と、隣で困っている14歳児。

「どうした?」

「明日から学校が」

「始業式?」

「そう。クラス替えもあるし」

普通の日なら休んで試合に行くのもありだけど
(親としてアリなのかは分からないけど)、
始業式しかもクラス替えかぁ。

学校に本当の理由を言うわけにもいかないし、
さてどうしたものか。

とりあえず帰り道のマックで悩む14歳児。
IMG_6467
せっかくシードに勝ったし。
でもクラス替えか。
もしかしたらもっと勝ち上がれるチャンスかも。
学校には言えないよね、やっぱり。

色んな思いが頭を巡り結論が出ない。
でも、それを決めるのも選手の仕事なのよ。
欠場届け提出のリミットまで悩んで決めるが良い。

結局、欠場を決めた14歳児。
まあ、これも自分の条件の中で自分で決めたこと。
それはそれでまたひとつ経験したね。

次の日、学校から帰ってきた14歳児。

「クラス替えで担任がテニス部の先生だった。
多分理由を言えば休ませてくれたと思う」

まあ、そんな予感もあったけど、結果論だから仕方ない。
次も頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メダルとか、コートとか。

竹島プロに見せてもらった。
早稲田フューチャーズ、ダブルス準優勝のメダル。
IMG_6193
ん?CHAMPIONて書いてある。

優勝と入れ替わってないか?
若干不安が・・・。
その後の顛末は聞いていない。

 

さて、某日。
早朝にクルマを北へ走らせる。

那須高原SAで休憩。
IMG_6195
ちょっと寒いね。

しかし最近のSAはキレイだな。
IMG_6197
ドッグランまである。

目指すは実家。
長男の受験も終わり、報告がてらの帰省である。

渋滞を避けるために早く出たから、
9時前に福島に着いてしまった。

こんな時間に帰ってもってことで、
市営テニスコートへ行ってみる。
ワタクシがテニスを始めた原点の場所である。

クラブハウスに入ってみると、受付待ちの列。
IMG_6199
並んでいる高校生に「ここに並べば使えるの?」と聞くと、
「はい。コートが埋まってしまわなければ」とのこと。

受付方法も昔のままなんだな。
どうして予約制にしないのだろう。

受付カウンターへ。
ギリギリ最後の1面が取れた。
2時間3人で400円ちょっと。

安さに感動。
いつもは、3,500円/hだもんね。

と言うことで、ネット張り。
IMG_6201

IMG_6202

そうそう、そんなシステムだったっけ。
IMG_6203

と言うことで、早速プレー開始。
IMG_6205

長男は受験明けで半年ぶりくらいのテニス。
DSC_0402

次男(14歳児)は、ほぼ毎日プレーだから、その差は歴然。
DSC_0503
まあ、仕方ないよね。

30分ほど過ぎたあたりで長男が離脱。
DSC_0545
手の皮が剥けたらしい。
すっかりヤワになっちまったなぁ。

仕方がないので、ワタクシと14歳児で試合。
DSC_0465

それにしても肘が痛い。
加えて、コートの砂が均一じゃなくてバウンドが暴れるもんだから、
オフセンターでヒットが多く、なおさら肘に響く。

結局、良いところ無くワタクシの負け。
勝ち誇った顔の14歳児。
まあ、肘痛いからね。(言い訳)

IMG_6204
実家を目の前にしてまずテニスってのもどんだけって感じだけど、
久しぶりの家族テニスは楽しかった。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝市とか、違いとか。

先日、ランニングから戻ると、広場が何やら賑やか。
IMG_6937

たまに開催されている朝市らしい。
IMG_6939

会場にはたくさんの店が。
IMG_6945

千葉の特産品というわけではないらしいけど。
IMG_6942

IMG_6948

ランニングにはお金を持って出ていないし、
モバイルSuicaでの支払いもできないので、
お腹が空いたけどガマンした。
IMG_6947
今度は小銭を持って出ることにしよう。

 

さて、14歳児のラケット、またグロメットが割れた。
冬は仕方ないのかな。
IMG_6950
余計に買っておいて良かったぜ。

新しいグロメットは気持ちが良い。
IMG_6952

が、フレームもボロボロになって来たなぁ。
IMG_6953
この1世代前のRADICAL MPがお気に入りのようだけど、
手持ちを使い果たしたらどうするかなぁ。

今回、そっと違うタイプのストリングを張ってみた。
IMG_6954
同じポリ、カラーも一緒、テンションも同じで張り上げた。

次の日、14歳児に聞いてみた。

「昨日直したラケットどう?」

「うーん、引っ掛かりが悪いっていうか、なんかちょっと」

「違う気がする?」

「うん。どうしてかな」

「で、どうした?」

「違うやつ使ってる。前に張ったやつ」

違いが分かるのね。

もっと弾くようにとか、引っかかるようにとか、
少し緩くとか強くとか、色々言ってるけど、
どうせ雰囲気だろうって思ってたんだけど。

まあ、毎日毎日ボール打ってりゃ分かるか。
次は同じの張ってあげるよ。
練習頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シェフとか、買い替えとか。

先日のREC FESTAのご案内記事

ブログを読んでいた外山コーチからクレーム。

「ボクの担当パートの記載がありませんが」

申し訳ない。
もちろん恒例の「外山シェフの美味しいなにか」もあります。
IMG_5710 8.48.48

IMG_0446

「裏で一人で作っていると寂しいんですよねぇ」

「表でオープンキッチンやる?手際とか色々とバレるけど」

「やめときます」

ということで、お楽しみに!

 

さて、このところ我が家の家電が次々に壊れていく。
経年といえばそれまでなのだが、物入りの春に出費がかさむのは正直痛い。

次は掃除機。
IMG_6963

妻によれば、
「毎日、頑張ってと声をかけながら使っているけど、最近吸引力が・・」
とのこと。

そりゃ10年も使ってればね。
・・ではなく、ボースがボロボロ。
IMG_6962
恐ろしく貧乏くさい補修がしてある。

犯人たち。
IMG_7026
大きな音がダメなのか、掃除機は敵らしい。

掃除を始めるとワンワンと大騒ぎ。
怖いのか周辺を駆け回るだけで近づかないのだが、
電源を切った瞬間に噛み付いてくる。
そしてボースがボロボロにというわけ。

さすがにもうダメだねってことで、いよいよ買い換えることに。
IMG_6960
妻が以前から欲しがっていたダイソンである。

なんかすごい形状だな。
IMG_6959
デザインなのか、機能ゆえなのか分からないけど。

決め手はここ。
IMG_6961
ホースではなく金属の筒になっている。
これなら噛まれても安心。

ということで、使ってみた。

当たり前だけど、吸引力は素晴らしい。
音は、まあこんなものかな。

ゴツイ外観通り、ちょっと重い。
バッテリー内蔵だから仕方ないけど、
長時間は厳しいんじゃないかなってくらい重い。

犬たちは・・相変わらず吠えまくる。
そして噛み付く。
今度は穴はあかない。

ほとんどがキミたちの抜け毛の掃除なのだよ。
むしろ味方だと思うんだけどね。
ネットの動画だと掃除機に吸われて気持ち良さそうな犬もいるのに。
掃除機でブラッシングが出来たらどんなに楽だろうと思うが、まず無理だ。
仲良くしておくれ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

体幹とか、REC FESTAとか。

毎晩、うめき声が聞こえる。
IMG_6127
振り向けば14歳児。
体幹トレーニングをしているのだそうだ。

すでに腹筋はシックスパッド状態の14歳児。
次は体幹か。

コーチからの宿題なのかな。
ちゃんと毎晩やるところかがエライ。
のん気なCooさんとの対比も良い。

 

さて、ようやく春の陽気。
RECの春の一大イベントといえばこちら。

recfestapop

今年で3回目の開催になるREC FESTA。
会場は、レックインドアテニススクール。
日時は5月4日10時から。
入場は自由である。

初年度は、昨年の全日本選手権ダブルス優勝の長尾プロ、奥プロを
ゲストに招きエキシビション、クリニックを実施。
昨年のゲストプロは、Team RECの竹島駿朗プロ、菊池玄吾プロ。

そして今年は、Team RECプロメンバーが3人。
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、斉藤貴史プロが参加。
もしかすると・・・関口周一プロも来れるかもしれないが、
こちらはツアーの状況次第なので、期待せずで。

ということで、目玉企画の一つ、クリニックの告知が始まった。
recfestaproclinic
今年はコートを分けずに3名のプロ全員と触れ合えるパターンを予定。
ラリーで挑むもよし、アドバイスを受けるもよし、記念撮影もよし。
思い切り堪能していただけるように準備中である。

申し込みは各校にて受付。
希望者多数の場合は抽選になるのはゴメンなさい。

ちなみに、クリニック参加の方には、
REC FESTAオリジナルTシャツを進呈。
recfestatshirts
ちなみに、Tシャツのプリントは、
「食って!遊んで!レックフェスタ」という意味。

クリニック以外にも、綿菓子、かき氷、的当て、スピードガン、
エキシビションマッチ、ダンボール迷路、巨大だるま落としなど、
たくさんのアトラクションを予定。

一日中、一緒に遊びましょう。
お楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

八天堂とか、特技とか。

先日の試合会場でいただいた差し入れ。
IMG_6084
とても美味しかった。

結構有名なお菓子だとか。
八天堂、知らなかった。

いつもTeam RECの応援ありがとうございます。
また差し入れてくださいませ。

 

さて、乾杯!
IMG_6966
昼間なのでソフトドリンクだ。

長男の受験も終わり、行き先も決まった。
最後の方で一気に頑張った気もするが、それも彼のタイプ。

お疲れ会ってことで近所のお店へ。
IMG_6968

IMG_6977

IMG_6974

IMG_6969

ちょっと頼みすぎた。
ウチはあんまり食べないなぁ。

久しぶりに皆でゲームセンターへ。
小さい頃はよく遊びに来たけど、ここも久しぶり。

長男がUFOキャッチャーへ。
IMG_6978

次々とぬいぐるみをゲットしていく。
IMG_6979

かなりの腕前だ。
IMG_6981

あっという間に荷物がいっぱいになる。
こんな特技があったのね。
というか、キミ受験勉強してたか?

しかしこんなにぬいぐるみ取ってどうすんの?

ああ、こういうことね。
IMG_6990

気に入ったらしい。
IMG_6986

長男と彼らの仲良しの理由はこういうところにもあるのかも。

カテゴリー: Team REC, ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欠席とか、3位とか。

長男が高校を卒業した。
IMG_6078

3年間、学校行事にはほとんど行けなかったので、
せめて卒等式にくらいはと休みにしていたのだが、
直前で数件の予定が入ってしまい、結局仕事になってしまった。

当日朝、「おはよう。卒業おめでとう。ごめん、卒業式行けないんだ」
と言うと、「ありがとうございます。大丈夫です」と長男。
ここ数週間で一気に大人になったような気がする。

妻からメールをもらったが、感動的な式だったらしい。
見たかったけど、まあ仕方ない。

とにかく、おめでとう。
大学4年間、しっかり学び、たくさん遊べよ。

 

さて、ビジネスパル東京大会最終日。
ベスト4まで勝ち上がったレック興発は準決勝に臨んだ。

今日勝って、東京大会から2枠しかない関東大会への切符を
何としてでも手に入れたいところ。
IMG_6082
今週も前週と同じメンバーだ。

結果は1-2で敗退。
17038709_1737855386544856_3079493469002969188_o

17240562_1737855096544885_2959798784417514810_o

17240475_1737855006544894_8017151092876321880_o

17203119_1737855499878178_7600718857773781227_n

17202748_1737855233211538_2413076683644250105_n

ダブルス1は取ったが、シングルスは競りに競って6-8で敗退。
勝敗の掛かったダブルス2も接戦の末、敗退。

残念ながら準決勝敗退。
関東大会への切符は手にすることが出来なかった。

3位決定戦は3-0で勝利し、最終結果は3位だった。
IMG_6085

あと1ポイント、あと1ゲーム、あのポイントがなど、
悔しい思いもあるが、結果は結果として受け入れるしかない。
必死なのは相手も同じだから。

Team RECにはいくつかのチームがある。

日本リーグに出場しているトップチーム、東京実業団リーグに出場中のチーム、
ビジネスパルのチーム等、その都度メンバーを入れ替えながら戦っている。

それぞれのステージでレベルの差はあるが、
どのステージも真剣勝負だ。

社会人の大会、リーグは企業の福利厚生や
レクリエーションの意味合いを持ちながらの出場も多い。
試合はもちろん超真剣だけど。

ただ、Team RECは少し違う。

テニスを生業としている私たちだから、
テニスをより知ること、
テニスにより真摯に向き合うこと、
テニスの厳しさを知ること、
真剣な試合の場に身を置くこと。

それらが日々の仕事に生き、お客様に良いレッスンを
提供する大事な礎になると思い挑戦している。

ある同業他社さんは、このビジネスパルで大きな傷を負ったと仰っていた。
勢いに乗って出場した全国大会。
全国のレベルに跳ね返され、鼻っ柱を折られ、メンバーのエゴが噴出、
チームワークも壊れ、とても痛い思いをしたと聞いた。
しかし同時にそれは戒めとしてとても良い経験になったそうだ。

ワタクシたちもこれらのステージに出るためには色々なことがある。

まず選手を送り出す各スクールの苦労。
大変な思いをして穴を埋めて仲間を送り出す。
社会人の大会は土日が多いが、ワタクシたちの仕事は土日が忙しい。
選手を送り出すのは本当に大変なのだ。

そして、様々な思いがある。

メンバーに選ばれずに泣く。
悔しい思いを胸に秘め、「オレの分も頑張れよ」と仲間を送り出す。
自分が行きたいに決まっているが、それを乗り換え、ひとつ成長する。

そんな思いを背負って出て行く選手。

負けて泣く。
勝って泣く。
貢献出来ずに泣く。
打ち切りで試合が出来ずに泣く。

悔しい、嬉しい、様々な経験を思いをもらう。
色々なことをこの場からもらう。

Team RECは楽しそうに見えるかもしれないが、実はいつも超真剣だ。
おちゃらけて見えるかもしれないが、必死で戦っている。

負ければ悔しいし、涙も出る。
負けて「えへへ、負けちゃいましたぁ」なんてヘラヘラ出来ない。
たくさんの仲間の思いと、応援を背負っているから。

あとひとつで関東大会という次のステージにチャレンジ出来た。
今年はここで終わりなのが悔しい。

試合をしていないワタクシも悔しい。
選手はもっと悔しいだろう。

だからまた来年に向けて進む。
レックのモットー、「楽しく真剣に」を胸に前に進みたい。

最後に、いつも応援に来てくださる皆様、本当にありがとうございます。
選手を送り出してくれる仲間たちもありがとう。
皆、必死で頑張った。
次だね、次!

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。