カテゴリー別アーカイブ: 仕事

満腹とか、ダブルスとか。

日本リーグ前夜。
メンバーでの決起食事会を終え、二軒目へ。
IMG_1987

駅の裏手にあるいい雰囲気のバー。
IMG_1986
バーボンソーダが美味しい。

軽く飲んでホテルに戻ろうとしたのだが、
DRKさんが「ラーメン食べましょう」と言う。
「もう食べられないっす」と断ったのだが、
「ならば」と回転寿しへ連行された。

IMG_1991

DRKさん、頼みすぎです。
もう食べられませんぜ。

 

さて、そんな日本リーグの順位決定戦。
シングルスで2勝し、チームの勝利が決まった。

いよいよ最後はダブルス。
佐藤一平、井原力のコーチペアの登場だ。

とにかくこの2人で勝利を挙げたい。
それがワタクシたちの悲願でもある。
二人とも頑張れ!

DSC_2327
対戦するのは、小野田プロ、藤井プロのペア。
相手はプロだが全力でぶつかるのみだ。

序盤、いい感じで出だしで競る。
DSC_7429

DSC_7484

DSC_7596

しかし勝負所で突き放されてファーストセットを落とす。

悪い感じじゃない。
勝負になっている。
粘って思い切りよく全力でいけば何とかなるぞ。

セカンドセット。
DSC_7533

DSC_7573

DSC_7593

サービスゲームのブレークに成功。
よし!このまま一気に行こう。
DSC_7650

DSC_7664

DSC_7654

と思ったらブレークバック。
うーん、甘くないな、やっぱり。

とうとうタイブレークに突入。
離されそうになるところを必死で食らいつく。
DSC_7634
が、しかし最後は地力に勝る相手ペアが取り切った。

いやぁ、惜しかった。
もうちょっとなんだけどなぁ。

でも毎試合よくなっている。
参戦1年目とは確実に違っている。
あと一歩、突き抜ける何かが欲しい。

来年に向けてまた頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シゲキとか、Wilson CLASHとか。

final

 

日本リーグ・セカンドステージにて。

守谷プロの携帯品。
IMG_1441
どうやら刺激が欲しいらしい。

守谷プロが離れた隙に食べた竹島プロ。
「クソまずい!」
IMG_1440
勝手に食べて文句言うか。

「美味しさじゃなくて、刺激を求めるものなのです」
と冷静に返した守谷プロ。
刺激が足りないのか?

 

さて、ようやくその全容が明らかになったウイルソンの新製品。

プロトタイプのみが一部に出回り、インプレは語られるものの
スペックやテクノロジーは謎のままだった。

ワタクシにもプロトタイプを貸し出していただいたが、
情報には一定の制限がかけられていたので
話せたのは打球感のみ。
IMG_9997
申し訳ないと思いつつも、新しいテクノロジーを楽しませていただいた。

「ひっぱり過ぎでしょ」みたいな声もあったようだが、
まさにウイルソンさんの狙い通りだったんじゃないだろうか。

そんなダズル迷彩の全容が明らかに。

その名も「CLASH」

詳細はこちら。
https://www.wilson.co.jp/campaign/tennis/clash2019/
ウイルソンの伝道師、ミチバさんが詳細を説明している動画もあり。
まずはご覧いただきたい。

で、ラインナップは2種類。

CLASH100
clsh100f

clsh100

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:295g
■ラケット長:27インチ
■バランス:31.0cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G1/G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

 

CLASH100 TOUR
clsh100tf

clsh100t

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■ラケット長:27インチ
■バランス:30.6cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

シンプルな2ラインナップ。
どちらも試打をしたが、特性はそのままに非常に扱いやすく調整されている。

先日、レックインドアテニススクール上石神井で行われた
スタッフ向けの試打選定会でもCLASHのプレゼンが行われた。
IMG_1774

その際、用意されたCLASHの試打ラケットはなんと60本。
ウイルソンさんの気合がわかるというものである。

試打をしたコーチたちの評価も上々。
非常に扱いやすいとテンション上がり気味だった。

とにかくこのラケット、
「しなるのにブレない」「粘るのに飛ぶ」という、
相反する特性が両立している不思議なモデル。

確かに相反要素がぶつかる、まさにクラッシュ。
このネーミングセンスもさすがである。

ワタクシ的には「楽」な印象。
16歳児が打ち込んで来るハードショットも
それなりに苦労せずに返せるのはとても助かる。
あ、もちろん追いつけばという前提なんだけど。

「粘る、乗る」は多くのプレーヤーに恩恵をもたらすと思う。
ここ数年、ラケットはどんどん硬くなり、打球感も乾いた硬いフィーリングに向いた。
最近はその揺り戻しで、打球感がソフトになってきたが、
CLASHはその究極のフィーリングなのかもしれない。

とにかく不思議なフィーリングのCLASH。
「ラケットに革命を起こした」というだけはある。
wcbnnr

ウイルソンさんの一大キャンペーンで試打できるところも多いと思う。
来週から始まるレック各校でのキャンペーンでもたくさんの試打を用意したので
ぜひとも体感して欲しい。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ブランドとか、食べ過ぎ注意とか。

某アウトレットにて。
IMG_0370
PAPAS・mademoisellenonnonブランド、まだ健在らしい。

マドモアゼルノンノンといえば、森尾由美が来ていたフワフワ系。
パパスは大人の男がコンセプトのカジュアル系。

デザイナーの荒牧太郎氏の輩出するブランド。
と思ったら、PAPASってBIGIグループなのね。

80〜90年代、好きだった時期もあったけど、とにかく高くて。
シャツ1枚が2万円近くしてたような・・・。

まあ、当時は服はとにかく高かった。
MELROSEとか、BIGIとか、コム・デ・ギャルソンとか買ってたなぁ。
DGRACEのスタジャンなんてレザーとはいえ何万円だったっけ。
まあ、デザイナーズブランドだからそんなもんか。

ユニクロの登場は服にかけるコストを劇的に引き下げた。
ワタクシの年齢もあるんだろうけど。

デザイナーブランド系の服って今も売れてるんだろうか。
ウチの子たちって、どこの何を着てるんだろう。

 

さて、日本リーグ兵庫遠征の夜。
DRKさんと食事。

ホテル近くのお好み焼き屋へ。

名物らしい「ネギ焼き」
IMG_1430
ウマイ!

続いて、おつまみ系にチーズ焼き。
IMG_1431
ベーコンとジャガイモにチーズが絡んで絶妙。
ビール&ハイボールも進む・・はずだが、体調不良でそれほど進まない。(涙)

シメに豚玉を頼んだ。
IMG_1433
やっぱり基本定番は美味しいね。
ああ、もう満腹である。

と、DRKさん。
「塩焼きそば頼んでいいですか」

「いいけど、そんなにもう食べられないっすよ」(体調悪いし)

IMG_1432

美味しかったが、太めの麺がお腹にずっしりこたえた。
DRKさん、良く食べるなぁ。

飲んだ後には必ずラーメン食べるし。
どうして太っていないのだろう。(どっか悪いのかな)

それにしても関西は食事が美味しい。
値段も手頃だし、つい食べすぎてしまう。
西へ出張の際は食べ過ぎ、体重増に注意である。

今回は体調の関係でそれほど食べられなかったが、
まあ、それはそれで良かったかも。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

却下とか、ガッツポーズとか。

某日のレックインドアテニススクール上石神井。
フカダコーチと昼食。

ワタクシ「どうする?時間ないからすき家でいいか」
フカダコーチ「いやぁ、イマイチかなぁ」
ワタクシ「じゃあ、餃子の満州?」
フカダコーチ「ピンとこないっす」

結局、フカダコーチの希望の店へ。
IMG_0956

IMG_0957

美味いからいいんだけど、
昼飯でここまで意見を却下するのは彼くらいだ。
やるな。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ。

昨年も苦戦続きの決勝トーナメント進出だったけど、
今年も怪我・故障も多く、それこそメンバーが足りない状態で
とても厳しい状況での予選リーグだった。

ファーストステージは竹島プロが手術で欠場。
ということは4人?

誰もも休めないし、誰も怪我も出来ない。
もし何かあったらどうなる?って状況。

関口プロとは「こうなったら(鈴木)貴男さんに頼むしかないでしょ」との会話まで。
ちなみに鈴木プロは日本リーグはもう卒業ということで出場はしない約束。
せめてベンチコーチに入ってくれれば(相手もやりづらい?)と思うのだが、
それもしないということになっている。

「周一、こんな状況だし、貴男さんに聞いてみ」
「いやぁ、聞けないっす。聞いてくださいよ」
「オレも聞けないよ」

後で鈴木プロが言うには、
「どうにもメンバーが足りなくなったら1試合は覚悟した」
とのこと。
聞けば良かった。

そんな厳しい予選もなんとか切り抜け、
今年も決勝トーナメントの切符を手にできた。
これもチーム力に他ならないと思う。

やっぱり団体戦は燃える。
スタッフもお客様も一丸になって選手を応援する。
それに選手も応える。

ガッツポーズ連発でさらに意気があがる。
そして勝てればこれ以上の喜びはない。

ということで、ガッツポーズ集。

DSC_5749

DSC_5729

DSC_5728

DSC_5680

DSC_5635

DSC_5614

竹島プロが多いのは、たまたま。
そう言えば以前、鈴木プロが、
「駿朗は大学でリーグ戦戦ってるし、チーム戦向き」
と言っていたっけ。

関口プロ
DSC_5582
このゲームの関口プロの集中力は凄かった。

決勝トーナメントもガッツポーズ連発で頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

駐車場とか、フル観戦とか。

年末。
会社近くのコインパーキング。

IMG_1108

時間が無く、慌てて精算。
車に戻るもロック板が降りていない。
なんで?

あ、駐車位置番号間違えた。
時間も無いので泣く泣く再度精算。

1番に駐車のどこぞのアナタ。
ためブロサンタからのクリスマスプレゼントだよ。(泣)

 

さて、遠征前からの体調不良はどうにもならず、翌日病院へ。

あまり薬を出すのが好きじゃないはずの医師なのに。
IMG_1676
そんなに悪いのか?
薬でお腹いっぱいになっちゃうぜ。

結局、仕事は休ませてもらい休養にあてることに。
ずっとベットに・・・と言いたいところだが、
普段の休日とあまり変わらないくらいにPCの前に。

とりあえず最低限のことを済ませ、
これじゃイカンてことでベッドへ。

タブレットで全豪オープンを見ながらウトウト。
IMG_1677
ラオニッチ強いな。
ズべレフ、ラケット折っちゃダメだよ。

目が覚めたらちょうど錦織圭の試合がはじまるところ。
IMG_1680

まあ、軽くストレートで勝つだろうと見ていたら、
予想外の接戦というか、大苦戦。
いや、崖っぷち。

もう目が離せなくなり、リビングのテレビに移動。
何度もうダメだと思っただろう。
その度に逆境をはね返す圭。

そして最後まで確信の得られなかった勝利をもぎ取った。
IMG_1688
そりゃ、チャンも泣くわ。

いい試合を見た。
たまたま風邪で休んでたから最初から最後まで見られた。
それはそれで良かったってことにしよう。

カテゴリー: クルマ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポーズとか、勝利!とか。

フルセットをものにした関口選手。
試合後のショットを撮り忘れたと言ったらこのポーズ。
IMG_1602
実はボックスティッシュは関口選手のベンチの必需品。
CMを狙っているわけではありません。
本人、「(依頼)来るかな」って言ってたけど。

 

さて、そんなわけで、三井住友海上さんとの勝負はダブルスに。
これ以上ないという舞台が竹島選手・佐藤選手に用意された。

実はチームにおいて、社員コーチのダブルスで勝利をあげるのは悲願。
いつもあと少しのところで勝利がするりと逃げていく。

佐藤・井原のペアでもそれは同じ。
この日は社員同士ではないが、まずは竹島プロと組んだ
佐藤一平コーチに勝利をあげてほしいこというのが皆んなの願い。

とにかく負ければチームの決勝進出もない。
勝つしかない崖っぷち、そして勝てばヒーローという大舞台なのだ。

IMG_1603

試合開始。
DSC_5628

DSC_5622
竹島プロも必死に引っ張る。

守谷プロもベンチからアドバイス。
IMG_1606

互いに譲らずファーストセットはタイブレークへ。
DSC_5773
ポイントを取って取られて、最後は取り切った!
まずは1セットアップだ。

セカンドセットも互いに譲らない展開。
DSC_5640

DSC_5756

総力戦。
DSC_5721
竹島プロが吠える!

一平も吠える!
DSC_5775

応援団も全力!
DSC_5689

5−4で王手!
DSC_5663

DSC_5783

そして勝利!
ようやくこの時が来た。
決勝に生き残ったのもうれしいが、この1勝を待っていた。

本当に良かった。
よくやった!
素晴らしい大舞台をよく制した。

しかし最終日にはさらなる大舞台が待っていた。
そしてワタクシの体調はどんどん悪化していくのだった。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

夜明けとか、第2戦とか。

兵庫の朝は遅い。
IMG_1497
7時頃にようやく明るくなる感じ。

寒さもあるが暗いし、何より体調が回復しないので
とてもじゃないがランニングに行く気が起きない。
ああ、1日くらいは走りたいぜ。

さて、そんな兵庫遠征も4日目。
テニス日本リーグ・セカンドステージ3日目である。

この日は明治安田生命さんと対戦。

東京実業団リーグの頃から数えると、
5回は対戦しているんじゃないだろうか。
関東実業団の決勝も明治安田生命さんとだったっけ。

DSC_5368

相手チームもメンバー補強されているし、
強い選手はそのまま健在だし、強い。
過去の対戦成績はまったく関係ない。

シングルス1・2、2面同時進行で試合が始まった。

シングルス1は関口周一選手。
DSC_4961

DSC_4983

対するは、野口選手。
最近、ITFツアーでも成績をあげている若手選手である。

試合は予想通り、長いラリーの応酬で始まった。
どちらも譲らないラリーが続く。

DSC_5046

ファーストセットを落とし、セカンドセットに突入。
厳しい展開になった。

隣ではシングルス2の守谷選手。
DSC_4947

DSC_4932

押し気味に試合を進めているが、
もつれ気味で油断ならない状況。
DSC_5091

セカンドセットもどちらに転んでもおかしくない展開ながら、
勝負どころでここ一番の集中力を見せた守谷選手が勝利をもぎ取った。
DSC_5093
素晴らしい!これでまず1勝である。

そしてもつれたシングルス1。
セカンドセットも取って取られてで、タイブレークに入った。
DSC_5110

 

DSC_5149
押し気味で進んだと思われたタイブレークだったが、
僅かの差で落としゲームセット。

DSC_5141

DSC_5156
残念、これで1勝1敗。
勝負はダブルスにかかった。

頼みの綱のダブルスは、竹島選手・佐藤選手。
DSC_5234

DSC_5243
竹島プロが必死で引っ張るも、なかなか勝ち星があげられないダブルス。
何とか勝利をあげたいところである。

守谷プロもベンチコーチとしてサポート。
DSC_5274

しかしファーストセットを落とし、後のないセカンドセットへ。
DSC_5291

DSC_5317

DSC_5294

スタッフも必死に応援。
DSC_5320

そしてセカンドセットはタイブレークへ。
DSC_5359

終盤リードし、これは行ったか!と思ったが、
最後にまくられて、ゲームセット。
DSC_5367
とても惜しい敗戦になってしまった。

これでチームは4勝2敗。
まだ決勝進出の可能性は低くないものの
最終日は前年王者の三菱電気さんだし
もう負けられない状況になっている。

とにかく次の対戦で勝つことである。
総力戦で臨もう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寒いとか、初日とか。

寒いと覚悟を決めていたからか、
それとも晴れているからか、例年よりは
寒くない気がするビーンズドーム。
IMG_1399

車から出るとやっぱり寒いかな。
IMG_1354

IMG_1356

底冷えするのね、ここ。
IMG_1357

ということで陣地設営。
IMG_1363

IMG_1370
慣れて手際も良くなってきた。

メンバーもそれぞれアップ開始。
IMG_1359

IMG_1366

IMG_1369

とにかく初戦は大事。
ステージの勢いが決まるからね。
今日も必勝で!

 

さて、そんなこんなで試合が始まった。
初日の対戦はリコーさん。
これまで何度も対戦している強豪チームである。
DSC_4341

この日の対戦はセンターコート。
まずはシングルス2の守谷総一郎選手から。

DSC_4382

DSC_4356

ちなみに守谷プロはここまでずっとシングルス2として
オープニングマッチを戦ってくれている。

DSC_4426

DSC_4436

守谷プロのファイトがチームに勢いをもたらすという
とても良い形でのオーダーが組めているのは大きい。

この日もストレートで勝利。
DSC_4475

頼りになる先鋒だ。
DSC_4484
お疲れ様!

続いて登場は関口周一選手。
DSC_4529

若干体調不良気味なのが気になるのだが・・・
DSC_4566

DSC_4555

ファーストセットを取るもセカンドセットは追いつかれ落とす。
DSC_4652
どうにも納得いくプレーが出来ないようだ。

ファイナルセットも膠着状態が続く。
しかし勝負どころのゲームで一気にラッシュ。
DSC_4675

DSC_4687
攻めまくりの気合い入りまくりで相手を突き放す。
ここ一番の集中力はやはりすごかった。

最後はペースを緩めず勝利。
チームの勝利も決めてくれた。
素晴らしい!

今ひとつプレーに納得がいかなかったという表情。
DSC_4705
悪いなりに勝つってのも強さなのね。

そしてダブルス。
竹島駿朗選手は怪我からの復帰戦。
佐藤一平選手をしっかり引っ張って全勝で初日を終えたいところ。

DSC_4769

DSC_4752

DSC_4766

ファーストセットは怒涛の攻めで奪取。
DSC_4715
相手ペアはかなり強いのだが、これは行けそう。

DSC_4771

セカンドセットもリード。
DSC_4790

DSC_4818

が、しかしほんの少しのミスから相手にペースを握られ
セカンドセットを落としてしまう。

うーん、さすが強豪ペア。
すんなりとはいかないなぁ。

DSC_4835

勝負はファイナル10ポイントタイブレークに。
ここからは一気に押し切られ勝負あり。
DSC_4854
フルセットで敗戦である。

残念だが、竹島選手の体調も大丈夫そうだし、まあ良かったかな。
とにかく初日を勝利出来たのは大きい。
今日は試合はないのでしっかり調整して明後日に備えよう。
DSC_4878

ひとつでも勝ち星を重ねて決勝トーナメントに行こう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スマートEXとか、前日練習とか。

東京駅から新神戸へ。
いよいよ日本リーグ・セカンドステージ開幕だ。

スマートEX、はじめて使ってみた。
IMG_1306
iPhoneのSuicaに登録すれば、タッチだけで乗車できる。
めっちゃば便利だな、これ。
オススメです。

さて、そんなわけで今年の集合場所は新神戸駅。
それぞれの場所から集まり、レンタカーをピックアップし、
会場のブルボンビーンズドームへ。

IMG_1313
予想はしていたけど寒いな、やっぱり。

まずは昼食。
IMG_1312

そしてアップ開始。
IMG_1318

IMG_1319

ファーストステージを怪我のため欠場した竹島プロも復帰。
なんとか間に合って良かった。

練習開始。
DSC_4326

DSC_4325

DSC_4322

DSC_4315

DSC_4312

しっかり2時間、調整した。
いい感じだと思う。
IMG_1342

初日の今日はリコーさんと対戦。
初戦をしっかり勝ちきって勢いをつけたいところだ。
IMG_1343

ん?関口プロがいない?
遅れるけどちゃんと来ます。
たぶん・・ね。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プチ打ち上げとか、イヤホンとか。

昨年末、仕事がひと段落し、軽く打ち上げ。
初めての店。
IMG_0980

ピザも美味しいし、ワインも美味い。
IMG_0979
また行きましょう。
いつも助けていただいてありがとうございます。

 

さて、すっかり完全ワイヤレス派である。
IMG_9132
この開放感は一度味わったら離れられない。

泣き所はバッテリー。
IMG_9131
2時間は持たない。

よって、イヤホンは2台持ち。
片方のバッテリーがなくなったら、
もう一つを出して、片方はケースで充電する。

で、この最初に買ったほうのイヤホンがとうとう壊れた。
立ち上がってもすぐに接続が切れてしまう。

2年くらい持っただろうか。
使用頻度を思えばじゅうぶんだろう。

ということで、もう一台購入することに。
値段もこなれて来たし、種類も増えたので迷いつつ・・・
IMG_9134
今使っているタイプをチョイス。
特に不満はないし、とにかく安いのが魅力なのだ。

心配だったペアリングの混乱もなく無事に接続完了。
同型でデバイス側での表示型番が一緒でもそれぞれに認識されるのね。
IMG_9195

ということで、新型はケースにゴロ入り。
IMG_9194
混乱しないから助かる。

イヤホンの進化もそろそろこのあたりまでだろうか。
ケーブルが無くなるって、これ以上の進化あるかな。
想像つかないぞ。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。