カテゴリー別アーカイブ: 仕事

久しぶりとか、パーティーとか。

なんとかっていうキャベツ。
IMG_6163
シャキシャキした歯ごたえ、すごく水々しくて甘みがある。
こんなの食べたことない。

なんていうキャベツだっけ?
とにかく美味かった。

キャベツも美味いが、串焼きも美味い。
IMG_6166

目の前にはこの方。
IMG_6165
レックインドアテニススクール上石神井のネジメ支配人。
そういえば、何となく久しぶりな気が。

「最近二人で飲んでなかったっけ」

「半年ぶりです。上石神井赴任後初です」

「そうだった?忙しそうだからねぇ、キミ」

「いえ、タメブロさんが忙しいふりして帰るからです」

読まれてる・・。

 

さて先日、渋谷へ。

日本女子テニス連盟の50周年記念式典&パーティーである。
IMG_7019

本来、ワタクシなんぞが出席するような場ではないのだが、
腰痛が極限状態のボスの代わりに急遽の代理出席となった。
そのスーツだったのがワタクシだけだったというのが内情だけど。

各種表彰。
IMG_7013

前半は連盟の歴史を振り返ったり、
女子ソフトボールの宇津木氏の講演などの式典。
IMG_7014
乾杯まで1時間半掛かった。

鏡割り。
IMG_7017

若干緊張しつつ食事。
IMG_7018

ゲストの方々の祝辞。
IMG_7023
杉山愛さんもスピーチをされた。

400人近くのたくさんの出席者。
テニス界の主だった方々もほとんど出席されている。
さすが日本のテニス界の一翼を担う団体である。

各地域のテニス振興はもちろん、大会運営など、
女子テニス連盟の活動は多岐に渡る。
女性の一般プレーヤーの底辺拡大には
なくてはならない存在であることは間違いない。

もう50年という歴史も素晴らしい。
テニスを盛り上げるという共通の目的のために
連携して活動できればと思う。
連携するような立場じゃないけど・・

おめでとうございました。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シナモンロールとか、ブリヂストン新製品とか。

シナモンロール。
IMG_6332
昔はこんなもの食べなかったけどね。

いつからだろう。
海外の空港のCinnabonがキッカケかな。
カロリー満タンだけど、空港だとつい食べちゃうよね。

これはスタバ。
たまに食べるけど、なかなか美味しい。

何となく海外に思いを馳せたりして。
そうえいえば、しばらく海外に行ってないな。
そろそろまたグランドスラムに行きたいぞ。

 

さて先日、新製品の発表試打会が開催された。

ブリヂストンの渾身の新作、BEAM-OSシリーズである。
BEAMOS

会場は高輪テニスセンター。
IMG_6464
まずは商品説明から。

今回のBEAM-OSは、打球感に特徴があるらしい。

飛び系のラケットは軽量&反発を求めるため、
素材的には硬質になりがち、そしてフレームをしならせないことで
飛びや球離れをよくするために「カツン」という、
硬質な打球感になる傾向がある。

一方このBEAM-OSは、フレームシェイプやグロメットの工夫によって
ソフトな打球感ながらしっかりした飛びを実現したそうだ。

このシャフト形状もそのひとつ。
IMG_6474
絶妙にシェプされたシャフトのしなりが
フェイスへの球乗りと銜え込みを生み、
「飛ぶのに乗りが良い」を実現しているそう。

そしてグロメット。
IMG_6489
標準で2種類のグロメットがあり、
ソフトタイプと標準タイプを付け替えることで
打球感が変わる。

これはソフトタイプグロメット。
IMG_6490
根元に切れ込みがあるのは可動を稼ぐためだろうか。

実際に両タイプを打ち比べてみたが、
グロメットでこんなに変わるのかとその違いに驚いた。
それを思えば、古くなったグロメットの交換は
ラケットのリフレッシュに効果があるように思う。

冒頭の画像の通り、ウエイト別に4種類が揃う。

全機種を試打したが、確かに飛びは良いのに
「カツン!」という硬質な打球感は無い。

適度にしなり、適度にボールをくわえ、
一瞬にしてその戻りがボールを打ち出してくれる感じ。
IMG_6477

IMG_6473

この球乗りというかくわえ込み感は、
スピンにも効果があるように思う。

ツアー系モデルにポリストリングを張り、
ボールを潰してスピンをかけるのは一部のプレーヤー。
多くの一般プレーヤーは、ストリングの引っ掛かりや、
くわえ込みによってスピンコントロールをする方が現実的。

そういう意味でも、この打球感と飛びの両立は
一般プレーヤーにとっても朗報だと思う。

IMG_6471

IMG_6465

ボレー、サービスもこのフィーリングが安心感をくれる。
あらゆるショットにおいて、非常にコントローラブルである。

ブリヂストンのラケットというと、
どうしても名品 X-BLADEシリーズが浮かび、
選手向けというイメージもあるが、
このBEAM-OSシリーズは本当に扱いやすい。

ラケットのパワーアシストは欲しいが、
もう少しコントロールや自分の意思をボールに乗せたい方。
ダブルスをテクニック重視でプレーしたい一般プレーヤーなどに
オススメしたいシリーズである。

品名の最後についている数字がウエイト。
あとは自分のフィーリングにあうウエイトのモデルを選べば良い。

発売は4月。
お楽しみに!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラー飲みとか、スタジアムとか。

広島の夜。
IMG_6756

最近、飲めるラーメン屋が増えた。

昔から締めのラーメン屋でビールってパターンはあるけど、
日本酒が揃っていたり、つまみが充実していたりと
なかなかのレベル。

そして締めにラーメン。
IMG_6757
飲みすぎるわ、食べすぎるわの困った(良い)店だ。
ああ、お腹いっぱい。

 

さて、広島出張最終日は施設見学。

IMG_6909

MAZDA ZOOM ZOOMスタジアムと
隣接するスポーツクラブルネサンスさんを
見学させてもらった。

ルネサンスさんはスタジアムに隣接というか一体型。
IMG_6773
トレーニングしながら野球観戦が出来るという
すごいロケーション。

首都圏では大学施設との一体型など
その開発力とスタイルはさすが大手スポーツクラブさん。
うらやましい。

球場へ。
IMG_6817
これはパーティーシート。
前席で野球観戦、後ろのテーブルでパーティーが出来る。
ちなみに売り出しと同時に1年分は完売とのこと。

バックネット方向から。
IMG_6824

客席の勾配が非常に緩やかなのが特徴。
IMG_6819
メジャーの球場みたいだ。
行ったことないけど。

こちらは外野側のテラスシート。
IMG_6840

さらには寝転んで観戦出来る芝生シート。
IMG_6843

グルリと回ってライト側にはベーべキューシート。
IMG_6847

巨大なバーベキューグリルが置いてある。
IMG_6850
消防法とかよくクリアしたな。

バックネット裏。
IMG_6885
目線とグランドの高さが同じ。
日本一グランドに近いシートだそうだ。

ライトスタンド下の半地下には
貸切可能なパーティースペースがあったり、
とにかくシートアレンジが多い。
日本で一番シートタイプの多い球場だそうだ。

ベンチに入れてもらった。
IMG_6880

さらには関係者スペースまで。
IMG_6875
さすがにロッカールームには入れなかったが、
大満足の見学ツアーだった。

このスタジアム、最初は普通のシート中心の普通の球場だったとか。
どうすればお客様に喜んでもらえるかのアイデアを形にしていったそうだが、
法律や行政の縛り等々、たくさんのハールドをクリアしながらだったとか。

結果的にまさにボールパークと言っても良い
エンターテイメントに溢れたスタジアムになった。

ガイドしてくださったスタッフさんによれば、
まだまだ仕掛けを進化させていく予定だとか。
ディズニーリゾートのようだ。

同じスポーツとして、テニスも見習わなければと
その姿勢に感銘を受けつつ、反省しつつの施設見学。
勉強させていただきました。

カテゴリー: 仕事, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、出会いとか。

待っていたものがついに入荷。
IMG_6074
Team RECロングスリーブTシャツだ。

レックインドアテニススクール上石神井の
ネジメコーチ、フカダコーチと検品&仕分け。
IMG_6075
フカダコーチ、真顔が怖いぞ。

ということで、若手コーチの着用写真を。
REC Blog
なかなかいい感じに出来上がった。

基本的には予約販売だったが、若干数の在庫あり。
こちらのネットショップで入手可能です。

TENNIS SHOP 09

気になる方はお早めにお求めください。

 

さて、広島でのセミナー。

講演終了後は懇親パーティー。
IMG_6748
首都圏開催時と変わらぬ参加者数。
広島の幹事の方々のご苦労とお力が感じられた。

それにしてもパーティーは苦手だ。
人から人へ渡り歩いて上手いこと話をするほどの社交性は無い。
人の顔も名前も覚えないのも致命的。

そして上階のラウンジでの二次会へ。
IMG_6753
苦手なら行くなよって話もあるけど。

ラッキーなことに、ゆっくりお話を伺ってみたいと
思っていた方とお話をすることが出来た。

以前に講演をお聞きして、一度お話ししたいと思っていた方である。
講演当日の懇親会だと、講師はたくさんの方に囲まれてしまうので、
お話をさせていただく機会がなく、いつかお邪魔して
勉強させていただこうと思っていた。

この日の二次会では幸運にも隣り合わせになり、
期待に違わず、非常に興味深いお話を伺うことが出来た。

ちなみにその方もワタクシのことを
それなりに詳しく知っておられたのだが、
以前どこかでお会いしていたのだろうか。
って、そういうところがダメダメなのね。

お酒も入っていたし、他の方もおられたので
すごく深い話しというわけにはいかなかったが、
近々お邪魔させていただくことを承諾いただいたのは
大きな収穫だった。

社内的にはどうしてアウトプットの機会が多くなるが、
良いアウトプットのためには、多くの良質なインプットが必要。
アウトプットばかりでは知識もスキルも枯渇するし、
数年も前のままに進化しない理論やスキルをアウトプットしても仕方ない。

この日、色々なお話しをさせていただき、
やっぱり積極的に機会をつくらないといけないなと実感。
色んな意味で外に出るようにしようと決めた。

知り合いの数至上主義じゃ無いので
広く薄くのパーティーは苦手だけど、
こういう出会いは大事にしたい。

さて、次なるは現場見学だな。
何とか時間をつくって予定を立てなければ。
インプット、インプットと・・・

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ライブとか、ロードスターとか。

ある晩、携帯にアラート。

関口周一プロがライブ配信を始めたって出ている。

アクセスしてみると・・おお、やってる、やってる。
と言っても、独り言を言いながらあれこれ試してる感じ。
IMG_5921
後ろに見切れているのは、部屋をシェアしている内山選手。

Instagramってライブ配信できるのね。
タイミングが合わないと見られないけど、
コメント書き込みでリアルタイムのやり取りも出来るし、
なかなか面白かった。

またやって。
ただ、椅子をグルグル回しながらの配信は
酔っ払ってしまうのでやめてほしいぞ。

 

さて、広島2日目は本来の目的のセミナー。
IMG_6723

まずは基調講演。
MAZDAのロードスターアンバサダー・山本修弘氏の講演。

これがとても良かった。
初っ端の広島とMAZDAの関わり、
会社の起こりをまとめた映像から
ガツンと衝撃を受け、涙。

そして山本氏の語りかけるような口調に引き込まれる。

口調は優しいが、モノづくりへの妥協無き拘り、
自分たちは何を目指しているのか、
初志は何だったのかを忘れないこと、
製品に命を吹き込むとはどういうことなのか。

ロードスターという車、その歴史を通じて
静かに、しかしとても熱く語っていただいた。

「クルマ」というモノと、
形の無いワタクシたちの商品という違いはあるが、
命を吹き込むことは同じ。

そしてそれを強い意志を持って続けること。
妥協をしないこと。

たくさんの感動と勇気をもらえた基調講演だった。
ホント、これだけでも来た甲斐があったというものだ。

ロビーにはそのロードスターが展示してあった。
IMG_6746
講演を聞いたあとだけに感がひとしお。

「クルマ」「人馬一体」「操る楽しみ」
なるほどたくさんの想いが詰まっている。
IMG_6730

エンジンルーム
IMG_6738
最近の車はヘッド部にカバーが掛かっているものが多いが、
ロードスターはあえてカバーは被せず、
エンジン音が聞こえるようにしているのだそう。
こんなところにも拘りである。

いやぁ、いいなぁ。
いつかロードスターに乗ってみたくなった。

ひとりでこの車でドライブ・・房総?箱根?
いいじゃないか。

って、気分壊すなよ。
IMG_6742

貫く、モノを愛する、妥協しないって
そういうことなのねと再認識出来た2時間だった。
またぜひお話を伺いたいと強く思った。
ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, クルマ, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欠席とか、3位とか。

長男が高校を卒業した。
IMG_6078

3年間、学校行事にはほとんど行けなかったので、
せめて卒等式にくらいはと休みにしていたのだが、
直前で数件の予定が入ってしまい、結局仕事になってしまった。

当日朝、「おはよう。卒業おめでとう。ごめん、卒業式行けないんだ」
と言うと、「ありがとうございます。大丈夫です」と長男。
ここ数週間で一気に大人になったような気がする。

妻からメールをもらったが、感動的な式だったらしい。
見たかったけど、まあ仕方ない。

とにかく、おめでとう。
大学4年間、しっかり学び、たくさん遊べよ。

 

さて、ビジネスパル東京大会最終日。
ベスト4まで勝ち上がったレック興発は準決勝に臨んだ。

今日勝って、東京大会から2枠しかない関東大会への切符を
何としてでも手に入れたいところ。
IMG_6082
今週も前週と同じメンバーだ。

結果は1-2で敗退。
17038709_1737855386544856_3079493469002969188_o

17240562_1737855096544885_2959798784417514810_o

17240475_1737855006544894_8017151092876321880_o

17203119_1737855499878178_7600718857773781227_n

17202748_1737855233211538_2413076683644250105_n

ダブルス1は取ったが、シングルスは競りに競って6-8で敗退。
勝敗の掛かったダブルス2も接戦の末、敗退。

残念ながら準決勝敗退。
関東大会への切符は手にすることが出来なかった。

3位決定戦は3-0で勝利し、最終結果は3位だった。
IMG_6085

あと1ポイント、あと1ゲーム、あのポイントがなど、
悔しい思いもあるが、結果は結果として受け入れるしかない。
必死なのは相手も同じだから。

Team RECにはいくつかのチームがある。

日本リーグに出場しているトップチーム、東京実業団リーグに出場中のチーム、
ビジネスパルのチーム等、その都度メンバーを入れ替えながら戦っている。

それぞれのステージでレベルの差はあるが、
どのステージも真剣勝負だ。

社会人の大会、リーグは企業の福利厚生や
レクリエーションの意味合いを持ちながらの出場も多い。
試合はもちろん超真剣だけど。

ただ、Team RECは少し違う。

テニスを生業としている私たちだから、
テニスをより知ること、
テニスにより真摯に向き合うこと、
テニスの厳しさを知ること、
真剣な試合の場に身を置くこと。

それらが日々の仕事に生き、お客様に良いレッスンを
提供する大事な礎になると思い挑戦している。

ある同業他社さんは、このビジネスパルで大きな傷を負ったと仰っていた。
勢いに乗って出場した全国大会。
全国のレベルに跳ね返され、鼻っ柱を折られ、メンバーのエゴが噴出、
チームワークも壊れ、とても痛い思いをしたと聞いた。
しかし同時にそれは戒めとしてとても良い経験になったそうだ。

ワタクシたちもこれらのステージに出るためには色々なことがある。

まず選手を送り出す各スクールの苦労。
大変な思いをして穴を埋めて仲間を送り出す。
社会人の大会は土日が多いが、ワタクシたちの仕事は土日が忙しい。
選手を送り出すのは本当に大変なのだ。

そして、様々な思いがある。

メンバーに選ばれずに泣く。
悔しい思いを胸に秘め、「オレの分も頑張れよ」と仲間を送り出す。
自分が行きたいに決まっているが、それを乗り換え、ひとつ成長する。

そんな思いを背負って出て行く選手。

負けて泣く。
勝って泣く。
貢献出来ずに泣く。
打ち切りで試合が出来ずに泣く。

悔しい、嬉しい、様々な経験を思いをもらう。
色々なことをこの場からもらう。

Team RECは楽しそうに見えるかもしれないが、実はいつも超真剣だ。
おちゃらけて見えるかもしれないが、必死で戦っている。

負ければ悔しいし、涙も出る。
負けて「えへへ、負けちゃいましたぁ」なんてヘラヘラ出来ない。
たくさんの仲間の思いと、応援を背負っているから。

あとひとつで関東大会という次のステージにチャレンジ出来た。
今年はここで終わりなのが悔しい。

試合をしていないワタクシも悔しい。
選手はもっと悔しいだろう。

だからまた来年に向けて進む。
レックのモットー、「楽しく真剣に」を胸に前に進みたい。

最後に、いつも応援に来てくださる皆様、本当にありがとうございます。
選手を送り出してくれる仲間たちもありがとう。
皆、必死で頑張った。
次だね、次!

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

70年代とか、散策とか。

1972年の作品なのね。

ということは、まだ小学4年生くらい。
井上陽水と吉田拓郎にハマり始めた頃。

洋楽を聴き始めるのはもう2年先くらい。
それもカーペンターズとビートルスから。

でもこの曲はなぜか心に残っている。
この映像もとてもいい。

ジージャンにベルボトム、ギターはMartinかな。
いいよね、70年代。

ああ、年取ったなぁ。

 

さて、もう随分前になってしまった気もするが、広島。

広島の朝は早い。
いや、自分が早いだけなんだけど。

ここ最近は試合遠征でテニスウェアとシューズの装備が多く、
そのまま朝ランに行けるパターンだったのだけど、
今回はスーツでの出張なのでウェアもシューズもない。

朝に体を動かさないのはどうにも気分が悪いってことで、
窓から見える山に登ることに。

前日リサーチしておいた情報によれば
歴史街道的な散歩コースになっているらしく、
歴史好きなワタクシには最適なコースだ。
IMG_6714

入り口は東照宮。
IMG_6707

いきなりの石段攻撃に息があがる。
IMG_6708

お参りをしつつ本殿横を抜け、裏手へ。
IMG_6711

IMG_6713

ここからが本番なのか。
さらに急な石段を登る。
IMG_6716
急だけど、石段だし、なんとか・・

さらに上へ。
IMG_6717
石段がラフになってきた。

そして急勾配、鳥居は続くけどほぼ山道。
IMG_6718

さこの先、スーツに革靴で行けるのか不安に。
IMG_6720

何度も転びそうになりながらさらに登る。
他に誰もいない。
これを散歩道というのか?
夏だったら間違いなく虫とか野生動物とか出るだろうな。

木の隙間から街を見下ろす。
IMG_6721
結構登った。
そして疲れた。

まだ頂上は遠そうだ。
あとどれくらいで到達なのかが分からないのが辛い。
時間も無くなってきたし、見上げればさらに険しい坂道。

仕方ない。
断念して下山。
下りはさらに怖い。

スーツに革靴なんて山をなめちゃいけませんと
神様に叱られているような気分に。

冬なのに汗だくだ。
運動にはなったけど、気分は中途半端。
明日またチャレンジしてみようか。

そんな広島二日目の朝。

カテゴリー: ギター, 仕事, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鬱陶しいとか、全体とか。

ソファでくつろぐ3匹。
IMG_7026
Cocoさんが一番偉そうだけど。

実はソファでこんなふうにしていることは少ない。
誰かが座るとすぐにこうなる。
IMG_5888
「撫でて」攻撃だ。
とにかくべったりくっついてくる。

「こんな彼女がいたら鬱陶しくてしょうがないよね」
と長男に言ったら「ふーん」と流された。
彼にもそのうち彼女が出来るのだろうか。
アッサリしたタイプの方が楽だぞ。

 

さて、それは全体主義なのか。
それとも組織論なのか。
よく分からなくなることがある。

「アイツがいると皆がダメになる」って台詞。

かつてのドラマの「腐ったミカン理論」なのか。
あの当時は、人はそんなじゃないって話だったと思う。
たぶんね。

実はワタクシの故郷では放送してなかったから、
リアルタイムじゃ観ていないのだけど。

しかしそういう台詞、たくさん聞く。
学校じゃ無くて社会に出てからの方が多かったりする。

「皆が倒れちゃうからな」
「(〜は)組織にとって良くない存在」
「このままじゃ会社がダメになる」

本当にそうだろうか。
本当にそうだったのだろうか。

その人間はそこまで影響力を持っていたのだろうか。
そんな評価をされている人間が
組織をダメにするほどのポジションにいるのだろうか。
だとすれば、その状態そのものが、組織のアキレス腱かもしれない。

本当にその人間は組織をダメにするほどの破壊力と能力を持っているのか。
そもそも評価していない人材なのに。

単に自分に合わない、自分が好きではないことを
言い換えただけじゃないのだろうか。

人を外す、排除するために、
「全体」という葵の御紋を持ち出していないか。

「(〜がいると)皆がダメになる」は一見正論だけど、
便利で危険な言葉かもしれない。

よほど能力があって、それが負の思考で
意図的に組織を潰そうと破壊力を持って動いているなら
徹底的に潰し、排除すべきだと思うけど、
そこまでの人間は現実にはあまり会ったことがない。
ドラマの世界ではよく見る話だけど。

多くは、それぞれの正義のベクトルがブレているか、
自分のことしか考えていないという瑣末なレベルが多い。
つまり、その程度のことで組織はダメにならないし、
ダメになるような組織は、それで無くとも早晩ダメになるってこと。

腐ったミカンを取り除くことで全体が良くなることはない。
せいぜい現状維持だ。

一度腐ったミカンは腐り続けて、菌を周囲に撒き散らし腐らせるが、
人は腐っていても立ち直る可能性がある。

取り除くよりも、方向を合わせる、立ち直らせる方が良い場合もある。
ただただ、文句を撒き散らしているとかの問題があれば、
一時的に保管場所(ポジション)を変えることはあるかもしれないけど。

何れにしても、組織論なのか、個人的な感情論なのか、勘違いをしないようにしたい。
本当にそれが全体を良くすることなのか。
自問自答出来るメンタリティを持っていなければと思う。

「皆がダメになる」はとても怖い言葉。
自分の中にそれが浮かんだ時は要注意。
もう一度、冷静に「人」ではなく「コト」で考えたい。

カテゴリー: ファミリー, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お役目終了とか、お祝いとか。

先日、ひとつのお役目を終えた。
IMG_5933
日本プロテニス協会の選挙管理委員会。

次期の執行部組成のための役員選挙の
選挙管理委員長のお役目を仰せつかったのだ。

これで選挙管理委員長、何回めだろう。
無駄に会員歴が長いからか、たまにこういう役割が回ってくる。

仕事は、告示、立候補受付、開票、承認等々。
今回は立候補者が定数ちょうどだったので、
無投票で開票作業はなかったが、それでも緊張はする。

投票予定日に委員と監査役にて当選者認定をして
無事にお役目を終えた。

今後は現理事会で推薦理事の選出、総会で承認を経て、
新たな体制の船出となるのだが、
まあここから先はワタクシの仕事ではない。

一会員としては、さらに強い協会になるべく、
私心無く、志のある方、マネジメント力やバランス感覚のある方に
引っ張っていって欲しいと願うのみである。
よろしくお願いします。

テニス業界3団体のバッヂが出て来た。
IMG_5935
プロテニス協会、テニス事業協会、テニス協会だ。
思えばすべての団体に関わっている。
ライセンスホルダーとしてだけの団体もあるけど。

テニスに関わる各団体が方向と力を合わせて
前に進んでい行ければ良いなと思う。

業界の底辺というか隅っこにいるワタクシだが、
いちおうそんなことも願ってはいる。
力にはなっていないけど。(すみませんね)

偉い皆さん、ホントによろしくお願いいたします。

 

さて、某日、毎月1回の会議。

たまたま誕生日だった。
DRKさん、会議で言わなくていいから。
しかも何回も。

終了後はいつもの打ち上げへ。
IMG_7004

いい加減酔っ払った頃、サプライズでお祝い。
IMG_7002

ちゃんとロウソクも。
IMG_6999

うれしいやら、恥ずかしいやら。
IMG_7001
飲み会ど真ん中でケーキ食べないよね。
と思ったら、皆食べてた。

関係なくお酒ひと筋の人もいたけど。
IMG_7008
何にしても、みんなありがとう。

しかし野郎ばっかりだな、この会社。(苦笑)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アプリとか、ビジネスパル2日目とか。

ポッドキャストをよく聴く。
ほとんどはビジネスもの、あとはラジオ。

ラジオはTBSの番組がほとんど。
そのTBSラジオが昨年ポッドキャスト配信をやめた。

代わりにTBSラジオクラウドなるウェブ配信を始めたのだが、
これがおそろしく使いづらい。
そもそもネット環境に繋がっていないと聞けないってのがダメ。
通信量も食うし、ネットが繋がらないところではお手上げ。

それでも我慢して使っていたののだが、
ようやくアプリがリリースされた。
IMG_6988
ラジオクラウド。

番組をダウンロードして自由に聴くことが出来る。
ダウンロード時間も短くて容量的にもいい感じ。
好きな番組をWi-Fiでダウンロードすれば良いだけなのでとても便利。

評判の悪かったTBSラジオクラウド。
「現在試行錯誤中。もっと良い環境を提供すべく動いております」
って言ってたけど、本当だったのね。
良かった、良かった。

 

さて、ビジネスパル2017東京大会二日目である。
初日の前週をなんとか抜けたTeam REC。
この日は4R~QFに挑む。

とにかく決勝まで行かないと関東大会は無い。
なんども言うけど、東京大会の枠が2チームってのは厳しい。
何とかして欲しい。

今回のメンバー。
17021521_1733822723614789_8484075363955490163_n
ニューフェイスも1名入り若干フレッシュな感じ。
いや、そうでもないか。

ダブルス1は、平田選手・渡邊選手。
17039138_1733994006930994_2269747746740441862_o

ビジネスパルは何度も経験している二人。
16938946_1733993953597666_6743922268317370287_n

17015806_1733994170264311_7036798267040163437_o

信頼と実績のペアのはずだったが、
そこは勝負事、良かったり悪かったりで、
4Rは勝利、QFでは星を落とした。

チームの勝利にはじゅうぶん貢献してくれた。
それにしても、平田コーチにボールが行くと
つい何か(おもしろプレー)を期待してしまうのはなぜ?
17098450_1733994316930963_8988112460841681563_n

 

シングルスはニューフェイス、奥田選手。
武蔵境校の若手である。
16992015_1733995140264214_9025300699945065468_o

インカレ選手でもある奥田コーチ、
思い切りの良いプレーで見ていても楽しい。
16991718_1733995553597506_1202425876805894563_o

今後若手の主力として活躍してくれそうな予感。
17039087_1733995183597543_7230386065040666679_o

いい若手が入社したぜ。
17097719_1733995266930868_850782035068516637_o
しっかり2勝を挙げた。

 

ダブルス1は、苅田選手・武田選手。
16864184_1733997106930684_2374230113362401425_n

安定のコンビネーションの二人。
17155527_1733996596930735_4620626421586004915_n
序盤からしっかりペースを作れるのが強み。

苅田コーチの堅実なプレー。
17039095_1733996533597408_7979452233404342182_o

そこに武田コーチの思い切りの良いショットが噛み合う。
17015995_1733996546930740_1616288588465409212_o

きっちり2勝を挙げた。
17103691_1733997180264010_5939540094281635001_n

と言うことで、何とか2日目もクリア。
16939672_1733996990264029_3903534879680636698_n

これでベスト4。
いよいよ次の土曜日は準決勝。
これに勝てば関東大会確定だ。
17155517_1733998056930589_3455632167671274375_n

しっかり勝って次のステージに進もう。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, ラジオ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。