カテゴリー別アーカイブ: 仕事

壮行とか、シャンパンとか。

しばらく前のこと。
移動で大阪に行ってしまうウイルソンのNさん。

明日が引っ越し、今日はいつもの仲間とゴルフしているってことで、
ワタクシは仕事を終え、打ち上げのお店に合流。
th_IMG_5508

th_IMG_5503

つい先日のこのメンバーで飲んだっけ。
th_IMG_5507
どんだけ名残惜しいんだって感じ。

でも、いよいよ明日は引っ越しかぁ。
って、飲んでて大丈夫なのか?

少しの間、場所が離れても数十年の付き合いが消えるわけでもない。
本社は新宿だし、実家は千葉だし、ちょくちょく会えるだろう。
お互い頑張りましょう!行ってらっしゃい!

 

さて、自宅の近所にある酒屋さん。
th_IMG_4884
こだわりの品揃えでなかなか楽しいお店。

場所柄なのか、よくイベント的なことをやっている。
この日もワイン&シャンパンのテイスティングイベントをやっていた。
th_IMG_4876

様々なワイン&シャンパンをグラス売り。
th_IMG_4877

th_IMG_4879

th_IMG_4905
近所の飲食店も協力してオードブル販売もあり、
海外のオープンカフェみたいな感じ。

ワタクシもシャンパンを。
th_IMG_4881

ブルーベリーの植木。
th_IMG_4892

ご自由に摘んでくださいだそうだ。
th_IMG_4893
うん、美味しい。

せっかくなので自宅にいた長男を誘ってみたら、
めずらしく付き合うという。
th_IMG_4895

二人で飲むのはほぼ初めてか。
th_IMG_4896
そもそも彼はほとんどお酒を飲まない。
ビールは、何が美味しいのか分からないと言うし、
ぜいぜい、ほろ酔い系の甘いサワー系が精いっぱい。

そういう意味ではシャンパンは飲みやすいのかも。
チビチビ飲みながら、ポツポツと会話。

もう就職活動に向けてインターンに行くらしい。
そういう時期なのね。
家族全員が忙しくて、なかなか会話もないが、話せて良かった。

家に帰ったら、酔いが回ったのかソファで爆睡してたけど。
どんだけ弱いんだ。(笑)

カテゴリー: ファミリー, 仕事, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スパムとか、プリンスニューモデルシューズとか。

スパムメールが増えた気がする。

「どうしても3億円受け取っていただけないのでしょうか?」
みたいな笑っちゃようなものも多いが、
宅配便やAmazonを語ったものも増えてきた。
th_IMG_5568
落ち着いてよく見れば分かると思うので、
瞬間的にクリックしてしまうタイプの方は気をつけましょう。

 

さて、ちょっと前のことだが、この日も大井町スポルへ。
th_IMG_5421

プリンスさんの発表試打会にお邪魔した。
th_IMG_5422
以前は高輪テニスセンターが多かったけど、

最近、メーカーさんの試打会はほとんどここだなぁ。
ここもそんなに安くないと聞いたが、
空調は入っていない分、少しリーズナブルなんだろうか。

ということで、この日はラケットとシューズが発表された。

ラケットは一新されたBEASTシリーズと新たなスペックが加わったXシリーズ。
th_IMG_5430

プレゼンは開発のSさん。
ご自身も桜田クラブ出身のプレーヤー、息子さんはなんとJリーガーだ。
th_IMG_5423

シューズは以前、担当してくれたいたカッキー。
th_IMG_5424
最近はテニス雑誌やYOUTUBEにも登場機会が増えている。

今回のシューズはツアープロライトとワイドライトのリニューアル。
th_IMG_5439

ツアープロライト
th_IMG_5436
アッパーが変更になり、より軽量になったスピードモデルだそうだ。
最近増えてきたこのタイプのアッパー。
フィット感も良く、くせのない屈曲が良かった。

ワイドライト
th_IMG_5433

th_IMG_5434

th_IMG_5431
実はこのワイドライトはレックテニススクールではヒット商品。
足入れ感の優しさはかなりのものなのに、プレー中のブレは少ない。
今回のモデルチェンジでホールド性もさらに高まったようだし、
何より見た目がメッチャかっこいい。

同モデルのファンの買い替え需要だけでなく、
新たなファンの創出も期待させるニューモデルである。

そしてトップモデルのこちらも。
th_IMG_5437

th_IMG_5438
プロツアーZの新色だ。

独自のコンセプトで骨盤を立たせ、ハムストリング(太ももの筋肉)を
有効に機能させることを実現したというこのモデル。
デビューのラインナップはオフホワイト系で微妙に地味だったが(失礼)、
この色は攻撃的でカッコいい。
これまた期待のニューモデルである。

最近はテニスブランドのシューズのクオリティが飛躍的に高まっている。
各社様々なコンセプトで開発を進め、それぞれに特徴を出しているが、
プリンスさんはバイオメカニズムを突き詰め、構えや打球時の姿勢や
身体のどの部位を活用するかなど非常に機能に拘った商品作りをしている。

その昔は、テニスラケットブランドのシューズはちょっと・・・
という時代もあったが、完全に過去のものになった。

その中でも進化著しいプリンスのシューズは、
ぜひとも試していただきたいものの再先鋒である。

そういえば、プリンスのシューズ、ここ最近は試し履き以外で履いてなかったなぁ。
ニューモデル、トライしてみようかな。

カテゴリー: インターネット, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

赤まむし?とか、X-BLADE RZ発表!とか。

某日、って言ってもしばらく前だけど、新宿で一杯。
th_IMG_4944

この日は九州料理のお店。
th_IMG_4942
突き出しの明太子セットが絶品。
ご飯欲しかったな。

吉村コーチは赤まむしハイを飲んでた。
th_IMG_4946
どうなりたかったんだろう。

ちなみに吉村コーチはこの頃と比べてかなりスリムになっている。
確認したい方は、高島平インドアテニススクールへどうぞ!

 

さて、某日はここへ。
th_IMG_5772

大井町スポルである。
3年限定で出現したスポーツエンターテイメント施設。
テニス、パデル、アーチェリー、サーフィン、バッティングや
バーベキューなども楽しめる。

最近、メーカーさんの試打会もここで開催されることが多い。
駅からも近いし、インドアハードコートだし、使い勝手も良いのだろう。

ということで今日も試打会である。
ここ最近はけっこう来てるな。

この日の試打はこちら。
th_IMG_5776
ブリヂストンの新製品、X-BLADE RZシリーズである。

ブリヂストンのフラッグシップシリーズ、
X-BLADEに新たなラインナップが追加になったのだ。

基本、X-BLADEシリーズはツアー系モデル。
ボックフレームのBX、ラウンドシャフトのRSも中心軸はツアー系の攻撃モデル。
選手系には非常にウケが良いが、幅広くとなると若干厳しいものもあった。

そんな中、今回発表のRZシリーズは飛躍的に対象層を広げた。
しかも、ライトスペックにしすぎず、X-BLADEのDNAは残したまま
扱いやすい、そして攻撃も出来るモデルに仕上がっている。
X-BLADE RZは「つかんで狙えるパワー系ラケット」だそうだ。

ブリヂストンラケット特有のXーブレード製法のカーボン、
そしてカーボンとグラスファイバーを編み込むことで
高いホールド性能を実現し、マイルドな打球感がさらに向上したとのこと。
フェイス部分がしっかり「たわむ」ことで、「つかんで狙える」が実現したのだそうだ。

加えて、グリップ部に「エリクシール」素材を配し、
不快な振動をカットし、快適な打球感を実現。
サスペンション機能のあるグロメット(ブリッヂ部)など、
様々な工夫が盛り込まれた新兵器である。

th_IMG_5781

カラーリングも流行りのブルー系。
th_IMG_5782
この写真はX-BLADE RZ300。
ウエイト300g、シリーズ頂点のモデルである。

実際、飛びもスピンも平均以上に好感触。
th_IMG_5784

打球感も心地良いし、飛びも良い。
適度なくわえ感とパワーアシストは扱いやすさが際立つ。

スピン系も素直に掛かるし、スライスも気持ちよく伸びていく。
かなり素直で非常にバランスの良いオールラウンドなモデルだと思う。

300g、290g、275gと3種類のラインナップのうち、
ワタクシ的には290gがドンピシャで良かった。

X-BLADEはさすがにちょっと・・・という方も十分使える味付けだ。
詳細なインプレはまたの機会に書こうと思うが、
技術のブリヂストンがまたひとつの進化系を示した新シリーズである。

発売は8月。
お楽しみに!

 

facebook

insta

Twitter

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シュノーケルとか、キングダムとか。

現在、RECテニススクールではこんなものを販売中。
th_IMG_5721

夏だ!海だ!シュノーケリングだ!
th_IMG_5722

th_IMG_5723
ということで、シュノーケルセットを販売中。

大人用、ジュニア用、そしてライフジャケットも販売中。
th_IMG_5724

どうしてテニススクールでシュノーケル用品を?

実はこのmares(マレス)というダイビングブランドは
HEAD Japanの取り扱いブランド。
そのご縁でサマーバケーションコーナーを展開したというわけ。

maresは本格的なダイビングブランド。
シュノーケルグッズも信頼性の高い本格商品。
特価でのご提供なので、この機会にどうぞ!

 

さて、最近ハマっているもの。

th_61ovlrmOoQL

キングダム

実はマンガは読んでいない。
あるビジネス書で目について、辿って行ったら、
数多の経営者の方々がこの本を読んでいるらしい。

マンガを50数巻を買うのはちょっとってことで、
Amazonプライムビデオでアニメを観た。

アニメ「キングダム」

時は紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期。
後の始皇帝となる秦王政と、裸一貫下僕だった少年から、
後の秦の大将軍・李信になる「信」が繰り広げる戦国時代劇である。

アニメもかなりの本数だが、シーズン1を見切った。
いや、面白い。

てんこ盛りの登場人物が、帝王学、リーダー学、チームビルド、
様々な要素の中で揺れ、決断し、成長していく。

単なる立身出世物語ではおさまらない深みと熱さが
息もつかせぬ展開で繰り広げられる。

なるほど、これは大人がハマるのもわかる。
ワタクシ、中国史にはあまり明るくないのだが、
あらためて三国志を読んでみようかという気にもなった。

人は誰と関わり何をするか。
義なき者は人とは関われないし、助けも得られない。
そして生き残れない。

仕事の仲間にもぜひおすすめしたい作品である。
うーん、深いぜ。

カテゴリー: スポーツグッズ, 仕事, 仲間, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、新メンバー加入とか。

Team RECの竹島駿朗プロが石川オープンで優勝。
th_IMG_5944

今年は好調をキープしていたが、ここで優勝。
しかも単複ダブル優勝である。
素晴らしい!

竹島プロとの付き合いはもう4年目になるのかな。
最初に会ったのは、TTC(柏フューチャーズ)だったっけ。
あれから何試合、竹島プロの試合を見てきたことか。

今回は場所とタイミングの関係で勝利の瞬間を
見届けることができなかったのは残念だが、
素晴らしい結果は本当に嬉しい限りである。

早速、竹島プロにLINE。

「写真ある?」

「あります!送ります!」

th_IMG_5945
なぜかいつもこんな感じの写真の竹島プロである。

まあ、いいか。
とにかく、おめでとう!駿朗!

次の大会は毎日テニス選手権である。
しかも会場は千葉。
これは応援に行かなければだなぁ。

同大会、昨年はベスト4。
今年は優勝しよう!

 

さて、Team RECに嬉しいニュースがもう一つ。

新メンバーの加入である。
th_67746856_2304607253202997_7654401486985625600_n
正林知大プロ。
プロデビュー2年目の若手上昇株である。
この度、あるご縁でメンバーに加わることになった。

正林プロの試合はあちこちで見ていた。
Team RECメンバーの対戦相手としてだけど。

一昨年だったかな。
ITF軽井沢の予選では竹島プロと対戦。
正林プロはまだ大学生だったと思うが、竹島プロに勝った。
戻ってきた竹島プロはかなり凹んでいたのを覚えている。

昨年の全日本予選では竹島プロがリベンジ。
まあ、そんな感じで敵味方はあれど縁があった選手なのだ。
th_67409208_2304607669869622_2627030997299888128_n

ランキングもまだこれからではあると思うが、
今回の加入を機にぜひともさらなるステップアップを期待したい。

契約手続きを終え、食事へ。
th_IMG_5970
今後の抱負なんかも聞けてよかった。

次の大会は竹島プロと同じく、毎日テニス選手権。
やっぱり応援に行かなきゃだなぁ。

これからの正林プロに期待である。
頑張れ、トモ!

応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

機関車とか、40周年とか。

近所のアウトレット。
th_IMG_5251
子供たちを乗せる汽車が走っていた。

ららぽーとTOKYOBAYに行くたびに子供たちがよく乗ってた。
1回500円だったかなぁ、もう忘れちゃった。

え〜と、写真・・・・あった。
th_DSC_1696
メッチャ嬉しそうだ。

この頃は無邪気が服着て歩いてる感じだったなぁ。
今はもうテニスも勝てなくなっちゃったし、
長男にいたっては大学もあと1年だし。

あらゆることで年齢を感じる今日この頃。
ふう・・。

 

さて、某日。
夕方の浅草へ。

目指すは浅草ビューホテル。
TXの改札から直結なのね、素晴らしい。

ということで、受付へ。
th_IMG_5695

この日は、足立区テニス協会の40周年記念パーティー。
th_IMG_5694

足立区テニス協会はトーナメントやテニス教室など活動も非常に活発で、
地域のテニス振興の中核的な役割を果たされている。

NEOインドアテニススクール西新井は足立区テニス協会の会員、
そして会社としても普及事業等で協力もさせていただいているというご関係。
th_IMG_5697
ということでお花。

ボスは来賓として一番前の席へ。
ワタクシたちは一番後ろの席である。
th_IMG_5701

パーティーには足立区区長さんから議員さんまで
たくさんの方々が出席されていて、その活動の深さが伺えた。
th_IMG_5702
地域協会がしっかり活動していることがスポーツ振興には非常に大事だし、
ワタクシたち民間事業者とも連携をとっていただいていることは有難い限りである。
今後との協力させていただきます。

パーティーには福井プロも来られていた。
th_IMG_5705

少しお話をさせていただいたが、東京オリンピックを控えてめちゃくちゃ忙しそうだった。
以前からとても忙しい方なので、殺人的に忙しいのだろうなと思う。
福井さん、倒れないでくださいね。

「もうさ、僕らは退いていく身だからさ。あとは若い人がやりやすいように整えないとね」
なんてことをおっしゃっていたが、現役感バリバリなので心配ないなと思ったりして。

地域と中央、協会と民間、それぞれが連携を取り、
テニスをスポーツを盛り上げていければと思う。

高齢化、少子化、人口減少、流れは変わらないが、
その流れなりに良い地域に、良い国への道はあるはず。
スポーツはその力を持っていると信じて前に進みたいな。

小さいながらも何らかの力になれればと思いつつ、
福井プロが一緒の電車で帰ったことに驚いた浅草の夜。

「黒塗りの公用車じゃないんですね」と言ったら、
「うん、僕の公用車はこれ。(電車)たくさん走ってるから便利だよ」だそうだ。
さすが福井さん。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プロテストとか、打ち上げとか。

この日は日本プロテニス協会のプロテストのテスターのお仕事。
th_IMG_5552

プロテストテスター、忙しいってのもあって、
数年前まではほとんどお手伝いできていなかった。
あまりに行かなかったら、北海道のテストに行かされるというハプニングもあったり。
まあまあの強行軍だが、北海道は楽しいし、美味しいから良かったけど。

ということで、ここ最近は年に数回の参加。
この日も今年初のテスターである。

しかも最近何故かストロークアナリシスのデモ役になることが多い。

ストロークアナリシスっていうのは、
基本フォームと問題になるフォーム双方を打ち、
それを受験生に当ててもらうというもの。
基本フォームから問題になる一箇所のみを変えて打球しなければいけない。
例えばグリップ、例えばテイクバックとか。

これがなかなか難しく、散々トレーニングをしてきたはずなのだが、
やっぱり本番は緊張する。
ストローク・ボレー・サービス・オーバーヘッドと
ひと通り打ち終わった頃にはいつも汗だくである。

正答率が低いと「デモが悪かったんじゃないの」という空気が流れるので、
とにかく皆んな、ちゃんと見て当ててねと祈りながらのデモである。

加えて、数日前のテニスで肘を痛め、ボールが打てるかどうかもあやしい状況。
朝一で、「打てなかったら代わってね」とフカヤテスターに保険を打っておく。

少しボールを出してもらって打ってみる。
痛いけど、なんとかいけそうだ。
腹決めてやるか。

というこで、なんとか正答率も高く無事終了。
ふう、疲れたぜ。

と、テストはここからが本番。
打球テスト〜レッスンテストと休みなく採点が続く。

テスト項目は多岐にわたるから、事前にしっかりと採点表を読み込んで行く。
受験生はある意味人生かかってるし、漏れなくしっかり見て判定しないとね。
けっこうテスターの方もプレッシャーがかかる仕事なのだ。

すべてのスケジュールをこなし、無事終了。
心も体も疲れたぜ。
テスターの皆さん、お疲れ様でした。

 

さて、そんなテストの帰り道、テスター仲間と軽く打ち上げ。
th_IMG_5558
船橋駅あたりで飲むのはほぼ初めてかも。
地元感はあるけど、何故か飲む町じゃなかったなぁ。

あえて渋い系のお店へ。
th_IMG_5559

th_IMG_5560

美味い。
ただ、オヤジさんの愛想が・・
th_IMG_5561
まあいいや、気にせず飲む。

プレッシャーから解放されての一杯は美味しいね。
次はいつかな。
オファーがあったらまた頑張ります。

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新緑とか、「やる」コツとか。

新緑の表参道。
th_IMG_4396
朝のウォーキングはこの季節はいちばん気持ちが良い。
一年中こうだといいのに。

 

さて、あれこれ聞かれたりする。

「どうして毎日、ランニングできるんですか」

「どうして毎日、ウォーキングできるんですか」

「どうして毎日、ブログ更新できるんですか」

どうもこうもないので返答のしようがない。
あえて言えば、「毎日やる」と決めたから。

それ以外に理由ってある?

まずは決めること。
それをやること。
いたってシンプルな構造。

そりゃ、雨が降ってるとか、時間がないとか、大変だとか、
疲れているとか、体調が悪いとか、色んな状況はある。
それでやめるかどうかのハードルは人それぞれ。

ハードルが低い人は簡単にやめてしまう。
そして何らかの理由を見つけて、いつかやらなくなる。

だから基本的には「できるかぎり」とか「なるべく」はつけずに「やる」と決める。
自分で「やる」と決めたのだから、やる以外にない。

「やらない」思考のハードル、つまり言い訳はない。
あるとすれば「どうしても出来ない」ハードル。

出張中で用具がないとか。
病気だとか。
大雨だとか。
そんな時は仕方ない。

そういえば、広島に出張に行った時、
スーツに革靴で近くの山に登ったっけ。
これはやりすぎだった。

こんなことも聞かれる。

「仕事とプライベート、両立してます?」

これは正直わからない。
ワタクシは両方大事にしているつもりだし、
家族に「休みの日もずっと仕事して」と言われたことはない。
手が空けば妻とお茶飲みに出かけるし、
用事があればその日に手が空くように調整して動いているつもり。
ただ、それで良いのかは家族に聞いてもらうしかない。

「いつ寝てるんですか?」と聞かれる。
ちゃんと寝ているのでご心配なく。

どうも、忙しく見えるらしい。
それはワタクシの不徳の致すところ。
たしかにヒマなほうではない。

やらなければいけないことは山積みだし、やりたいことも山積み、
先に向けて準備しなければいけないこともたくさん待っている。

「どうやってこなしているんですか」

時間はひねり出す以外に方法はない。

誰にでも公平に1日は24時間だ。
そこから時間をひねり出すには、
通勤時間、移動時間の細かな隙間を拾っていくとか、
寝る時間を少し削るとか、休日の1日だけはそれに充てるとか、
何らかの工夫とガマンは必要。

休日、遅くまで寝ていて、のんびりくつろいで、
時間がないですよねと言われても・・何も言ってあげられない。

多少の工夫とコツと仕組みづくりは必要だが、
最終的には「やると決めること」とやめないで続けること。
それ以外に、ほんの少しずつでも前に進む方法はない。

「どうしてそこまで(できるの?)」と聞くってことは
何らかの秘策や「楽チン時間捻出術」みたいなものが欲しいのだろうか。
そんな質問をしていること自体、「甘いんだよ」と思う。

残念ながらそんなものはない。
結局は「やるんだよ」だけ。
これもひとつの能力なのかもしれないけど。

だから誰にでも出来る。
だけど誰にでもやらない選択もある。

例えば、少しの工夫とコツを教えても、
ああ、この人はやらないだろうなと思うことも多い。
結局、ノウハウで楽するには限界がある。
普通に持ち上げられるウエイトを気が向いた時にあげても筋肉はつかない。

ワタクシの人生において、
「やらなかったけど上手くいった」ことはとても少ない。
「やったけど上手くいかなかった」ことはけっこうある。
「やったから上手くいった」これがいちばん多い。

だから「やる」ことが最善だと思うようにした。
ラッキーは再現性に乏しい。
だからラッキーが起こりやすいところまでは自力で持っていくしかない。
楽もラッキーも降ってはない。

だから「やる」。
ちょっとしんどくても「やる」。
でも、自分で決めたことだから、そもそもしんどいと思うことはない。

しんどくはないけど、楽しいことばかりでもない。
感情云々ではなく「やる」という自分信仰みたいなものか。
これを持っていると強い気がするし、天才じゃないのでそれ以外に道はない気がする。

カテゴリー: 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

親子テニスとか、怪我したとか。

この4月から、レック各校で「親子テニスレッスン」を開講した。

対象は未就学児で、親子でテニスを楽しむプログラムになっている。
テニスの上達はもちろん、運動能力の開発や、
「ご挨拶」「並ぶ」「待つ」「協力する」ことなども
テニスを通じて学んでもらえればとの狙いだ。

しかも、なんと受講料は無料!
まずはテニスを楽しんで欲しいということでの
スタートアップサポートプログラムなのだ。

時間・曜日が違うので、興味のある方は各校にお問い合わせを。

レックインドアテニススクール上石神井(東京都練馬区)
室内コート3,5面・空調完備(西武新宿線・上石神井駅徒歩5分・駐車場完備)

レックテニススクール府中(東京都府中市)
屋外室内コート3,5面(JR府中本町駅前・駐車場完備)

Neoインドアテニススクール西新井(東京都足立区)
室内コート4.5面・空調完備(東武スカイツリーライン・西新井駅徒歩8分・駐車場完備)

高島平インドアテニススクール(東京都板橋区)
室内コート5面(都営三田線・高島平駅 徒歩15分・無料送迎バスあり)

宣伝ぽくて恐縮だが、一人でも多くの方にテニスをってことで
無料のプログラムなので、お気軽にどうぞ。

ちなみに、出席毎に子供達は出席カードにシールを貼っていく。
シールが溜まるとこれがもらえる。

th_IMG_5326

手作り感満載のミニチュアラケット。
シールもラケットも子供達に大好評。
ぜひ一緒にテニスしましょう!

 

さて、某日のレックインドアテニススクール上石神井。

先日、補修を入れたコートラインを確認しようと
靴を脱いでコートの中に入ろうと思ったら、
ネットを留めている金属製のアンカーに思い切り足をぶつけた。
th_IMG_5417

あまりの勢いに最初は痛みすらなかったが、
じわじわと痛みが・・・。

誰にいうでもなくガマンしながらクラブを出ての帰り道。
普通に歩けない感じに。

帰って患部を見る。
th_IMG_5328
思い切りの内出血。(足の写真でゴメン)

けっこう痛い。
もしかして折れてる?またはヒビとか?

とりあえず妻に湿布を貼ってもらう。
th_IMG_5329
まいったなぁ。
今週、展示会で出歩くのに。
あ、試打会もあったっけ。
動けるのか?

何より、ランニング、ウォーキングが出来なくなるのがツライ。
あーあ、自らの不注意を呪うもどうにもならない。

次の日、駄目もとでランニングに出てみる。
th_IMG_5343
軽く走ってみると、「あれ?痛くない」。
むしろ歩く方が微妙に負担がかかって痛いかも。

ならばと、あやしい曇り空の中、走り出す。
th_IMG_5347

海沿いに出て、ちょっと休憩。
th_IMG_5350

と、雨が降ってきた。
やっぱり降ってきたか。
神様が「こういう時はやめとけ」って言ってるのかも。

降ったり止んだりの中、なんとか10km走って終了。
ちなみに、歩く方が痛いので、疲れても走り続けないといけない。
どんな拷問だ。

そこまでして走るものなのか。
この決めたらやらないと気が済まない性格、治らないんだろうな。
いい汗かいたぜ、ふう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イカ天とか、日本プロテニス協会とか。

都内某所の道路。
th_IMG_5091

何らかの表示なのか会社のマークなのかわからないが、
「おっ!イカ天!」と思ってしまった。

「イカ天」分かる人、手を挙げて!

かの名番組、平成名物TV「イカすバンド天国」である。

1989年から深夜番組の王者に君臨したイカ天。
毎週、この番組を見てから寝てた。
いや、この番組を見ないと寝られなかった。

BEGIN、FLYING KIDS、マルコシアスバンプ、 BLANKY JET CITY、JITTERIN’JINN・・
他に書ききれないほどたくさんの名バンドを輩出した。
「たま」の出現回は、その世界観に思わず涙したほど。

THE BOOTSとか、LITTLE CREATURESも良かったなぁ。
その他、キングにはならなかったけど、The家元とか。
「砂場」のボーカルは濱田マリだった。(後のモダンチョキチョキズ)
たくさんの名バンドがあったっけ。

みうらじゅんも「カリフォルニアの青いバカ」で出てたっけ。
リモートの池田貴族、惜しい人を亡くした。
人間椅子、今も活動してるのかな。
「まさこさん」も良かったね。

萩原健太さんの理詰めの総評と吉田建さんの辛口が良かった。

何とも良い時代だった。
またギター弾こうって思ったもんね。
この話題はキリがないのでまた今度。

 

さて、某日。
所属団体である(公社)日本プロテニス協会の総会に出席。
th_IMG_5197

30年近く会員でいながら、総会に出席するのは多分2度目。
一度目はベストマネジメント賞なるものを頂いた時に表彰式に出るためだった。

今回出席の出席は理事に就任するため。
この度、日本プロテニス協会の理事として運営をお手伝いすることになったのだ。

長年所属しながら、執行部に関わったことはなかった。
これまでのお手伝いといえば、地区会の地区長としてセミナーを開催したり、
テスターとしてプロテストのお手伝いくらい。

本業もあるし、当然ながらそれも手一杯なので、
プロテニス協会の仕事を手伝う余裕もなかった。

もちろん今でもそんな時間はないのだが、それなりの年齢にもなって来たし、
テニス業界のために動くというか、恩返しの時期でもあるだろうってことで、
今回の理事就任となったわけ。

とはいえ、役職自体が初めてなので、知らないことばかり。
新任の理事もおられるが、多くは何期も務めてこられた先輩ばかり。
まずは力になれるところを探して雑巾掛けからという感じ。

何をどこまでできるかも分からないが、任期は2年。
様子ばかりを見ていたらあっという間に終わってしまう。

とにかく一つでも少しでも役に立てるように動いていこう。
所属していて良かったと思える協会であるように。

th_IMG_5512

頑張ってみます。
皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。