カテゴリー別アーカイブ: 仕事

ランニングとか、リーグ戦とか。

ランニングにはとても良い季節になった。
IMG_6812
特に朝は気持ちが良い。

もうTシャツで大丈夫だし、じゅうぶん汗もかく。
もう少ししたら短パンかな。

夏に向けてもう少し絞りたい。
あと、2kgくらいね。
酒やめればあっという間な気もするけど。

さて、某日の八王子方面は夏のような陽気だった。

以前にも実業団の対戦で来たことがある巨大保険会社グループの更生施設の運動場。
野球場、フットボール、サッカー、パークゴルフまである。

そしてたくさんのテニスコート。
以前来た時はオムニコートだったが、
数面はハードコートにリニューアルしていた。

安田善次郎氏の生涯を書いた本を読んだことはあるが、
あらためてすごい方なのだなと思ったり。

ということで、今回は日本リーグに出場チームではなく、東京6部の春季リーグ戦。
今回、各所から召集されたメンバーはこちら。
IMG_6704
リーグ初出場のメンバーもいるが、
テニススクールを運営する会社なので、
見渡せばテニスコーチばかりということで、
層は厚いというか、裾野は広いのだ。

対戦相手のチームは若手、ベテランの混成チームという感じ。
あ、こっちもそんな感じだった。

試合はダブルス2本、シングルス3本で行われ、
3本取った方が勝ちという仕組みだ。

まずはダブルス。

小林コーチ・馬場コーチ
IMG_6687

宮田コーチ・子安コーチ
IMG_6684

1勝1敗、タイでシングルスに突入。

大道寺コーチ
IMG_6693

宮田コーチ
IMG_6700

子安コーチ
IMG_6695

結果からいうと2-3で敗退。

もう少しというところを取り切れなかった。
特にベテランのテニスに絡みとられたというか、
押し切れなかったのが大きいかも。

よく拾い、よく狙ってくる。
勝負所の思い切りも試合を知っているなという印象。

あとで聞いたら、やはり若い頃はバリバリの体育会だったそうだ。
テニス中継でもお馴染みの有名俳優とペアを組んでいたとも仰っていた。

とにかくこれで土がついてしまった。
昇格するにはもう負けられない。
自力プレーオフの可能性があるところで踏みとどまらなければ。

6部まで来ると、さすがに皆さん上手い。
試合はテニスコーチだとか関係無いしね。
負けは負けとして、次の対戦に向けて体制を整えよう。
まだこれからだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、計算違いとか。

某日、商談を終えたのがお昼ちょっと前。
一緒に来ていたレック本社のハッシーと、
ちょっと早いけど昼飯食べようってことに。

少し歩いて築地市場へ。
IMG_6919

旅行客で賑わう場外。
IMG_6920
ここはテリー伊藤の実家。

卵焼き、100円だった。
IMG_6921
美味いね、やっぱり。

場内に入り、いつもの店へ。
IMG_6927

カレー屋さんである。
IMG_6930

いつもの、あいがけカレーを注文。
IMG_6928
安定の美味さである。

年間350日はカレーで大丈夫なワタクシの
ランキング上位の店である。
なかなか来れないけどね。

久しぶりに上野のエースのカレーも食べたいな。
船橋のサーラにも久しく行ってない。
カレー、美味し・・・。

 

さて先日、ボストソトヤマコーチと飲んでいた。

いや、驚いた。
自分にだ。

「もうウチに来てどれくらいだっけ?6月1日入社だよね?」

「丸6年です。来月から7年目」

「え?そうだっけ?丸5年じゃない?」

「いや、6年じゃないですか」

ソトヤマコーチも、「1年飛んでる気がします」と言う。
えーと、上石神井のオープンが・・、東日本大震災が11年だから・・・

あ、ホントだ。
まだ丸5年だった。

3年ごとに目指すところを決めているはずなのに、
どうして間違ったんだろう。
どうりで、思ったような成果に届いていないはずだ。
(そのせいか?)

うーん、これじゃダメかなぁとか
色々考えていたのだけど、1年得した気分。
もう少しだけ猶予が出来たって言うか、頑張れる時間が出来た。

とはいえ、大きな意味で考えると、人生も仕事もさほどの時間はない。
とにかく今すべきことをしっかりやろう。

止まっているヒマはない。
どこまでやれるかだな。
まずは丸6年に向けて動こう。

それにしても、1年計算間違うなんて。。バカ。

カテゴリー: 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アパートとか、肘痛とか。

某所のアパート。
IMG_6093
グルリとオールドアメリカンな装飾が施してある。
オーナーさんの趣味なのかな。
こういう雰囲気好きだけど、住んでる人はどうなんだろう。

 

さて、肘が痛い。
テニス人生で5本の指に入るほどの痛みだ。

肘関節の上下の筋肉が腫れていて痛いのもあるが、
関節を曲げ伸ばしすると、パキッと音がして引っかかりがある。
こりゃ、遊離骨折したな。

犯人。
IMG_6134
先日、佐藤一平コーチとラリーをして以来の痛みだ。

日本リーグメンバーのボールはやっぱり重かった。
手加減てものを知らないのかな。
って、実は手加減してたんだろうな。
一平のせいにしてごめんよ。

ということで、不定期に参加させていただいている
テニス界、ビジネス界のとても偉い方とのテニスも
HEAD PRESTIGEじゃ無理ってことで、バボラの軽めモデルで。
IMG_6913
しかも型落ちの試打ラケット。
とてもテニススクールのスタッフとは思えないチョイスだ。

さらに次の週。
あまり痛みも引かず、それでもテニスがあるってことで、
レックインドアテニススクール上石神井のネジメコーチに
「肘にやさしいラケット貸してくれる」と聞いたところ
渡されたのがこれ。
IMG_7027
YONEX EZONE Feelである。

確かに取り回しは良いし振動もとても少ない。
適度にヘタッて緩んだストリングも振動を殺しているような気が。
で、このラケット、ウエイトが255g・・
って、どんだけ肘が悪いと思っているのだろう。

とはいえ、楽なのは確か。
サービスはスピードを出すのに苦労するが、
そんなものだと思えば、まあ良いかって感じ。

ちなみに最初は振動止めを着けていたのだが、
あまりのノー感じに途中で外したら良い具合。

EZONEの振動吸収性ってすごいのね。
他モデルではこのフィーリングは代替えが効かないのがよく分かる。

その都度都度のコンディションに合った道具選びって大事だね。

はあ、それにしても早く治らないかな。
遊離骨折は放っておいても治らないけど、
せめて腫れは引いて欲しい。

寄る年波で回復も少しずつ。
もう少しでバックハンドのトップスピンが打てそうだ。
頑張れ、オレ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飲み会とか、道具とか。

某日、某所で飲んだ。
IMG_6620

普段なかなか揃わないメンバーで楽しく飲んだ。

よく喋り、よく笑い、なぜか居酒屋の座敷なのに
吉田拓郎の「ある雨の日の情景」を歌えと強要されたり。(苦笑)
自分で歌えるようになってください。

鹿児島の郷土料理に舌鼓を打ちながら、
面倒な話は無しでノンストップ。
IMG_6621

IMG_6619

まあ、これからもお互い、
そして皆んな何とかやっていくだろう。

色々あるから人生。
常に今の選択がベストなんだろう。

あ、終電無くなる。
今度は新宿あたりで飲みましょう。

 

さて、ゴルフである。

先日のまあまあのラウンドまで、
実はゴルフから少し遠ざかっていた。

その前にラウンドしたコースがトーナメント前で
やたらと難しく、めちゃくちゃなスコアだった。

なんて、コースのせいにしているが、
K女史に大敗を喫しているから、言い訳にもならず、
打ち上げでK女史に「まあ、元気だしなよ」と言われる始末。

もうしばらくゴルフはいいかな、肘も痛いしね
と自分的に言い訳していたのだが、
先日は前からの約束だったラウンドだったので
重い腰を上げたというわけ。

で、特にダメだったアイアンをソトヤマコーチに借りてみた。
IMG_6347

今まで使っていたのは、スチールシャフトのSフレックスとかなりハードタイプ。
今回、借りたのはカーボンシャフトのRフレックスと柔らかめ。
IMG_6346
プレステージからインスティンクトライトに変更って感じかな。

で、これがすこぶる良い。
適度なシャフトのしなりがボールを楽に飛ばしてくれる。
番手ひとつ分は飛距離がアップした。

加えて、手の振動も少ない。
多少のミスヒットでもまあまあ気持ち良くボールが飛ぶ。
うーん、クラブってこんなに違うのね。

そういえば以前、かつて柳川のエースで、
現在テニス&ゴルフメーカーの執行役員のHさんに、
「ゴルフは道具だよ。ボールだけでも10打変わるから。あとクラブはね・・」と
延々30分、道具に関する説教・・・じゃない、有難い話を伺ったことがあった。

あの時は「ホントですかぁ」なんて聞いてたが、実際その通りだと思った。
同時に「もうRシャフトの年齢なのね」と軽く凹んだりしたが、
それよりも楽に良いスコアが出た方が良いに決まっている。

ソトヤマコーチ、使っていないみたいだし、
しばらくこのクラブ借りてみようと思う。

ちなみにソトヤマコーチのドライバーは、
シニア向けのGLOIREとかいうヤツ。
ジジイだな。

カテゴリー: ゴルフ, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ソファとか、スタッフ&キャラクターとか。

ソファの背もたれの上がお気に入りらしい。
IMG_6918
不安定じゃないかと思うのだが、
絶妙なバランス感覚で寛いでいる2匹。

当然、人間は座れない。
無理に座っても、犬のマフラーをしている状態になる。
冬はまだ良いが、夏は暑くてたまらない。
床でノンビリしてくれよ。

 

さて、有明の森スポーツフェスタ。
コートでも多くのイベントが行われた。

車椅子テニス。
DSC_2431
ここもいつも賑わっている。

星義輝選手。
DSC_5784
パラリンピックに出場されているオリンピアン。

元は車椅子バスケットの選手。
現在は車椅子テニスの選手。
なんと69歳だそうだ。

すごいバイタリティーとオーラ、そして優しさを感じた。
福島県出身らしい。
同郷だ、ウレシい。

ジュニアテニス教室。
DSC_5468

プロ選手と各スクールから集結したコーチたちが
フルパワーで子供たちと楽しんでいた。

菅野プロ
DSC_5482

山本プロ
DSC_5453

藤井プロ
DSC_5541

坂井プロ
DSC_5490

鴻巣コーチ
DSC_5518
付き合いは長いがテニスしてるの初めて見たかも。(笑)

選手、コーチ総出で盛り上げる感じがとても良い。
錦織圭の世界ツアーでの活躍もうれしいが、
こういうグラスルーツの活動でも盛り上げなければと思う。

会場には色んなキャラクターが。

テニボくん
DSC_2408

 

タウテニくん
DSC_5587

てにまるくんとシンガーソングライターのyoshimiさん。
DSC_2382

yoshimiさんの活動はこちらから。
http://yoshimin.com

たくさんのお客様とスタッフさんで賑わった有明の森スポーツフェスタだが、
この後、有明は東京オリンピックに向け改修工事に入るので、
来年以降は一旦お休みになる。

充電期間を経て、さらに楽しいイベントになることだろう。
またその時にお会いしましょう。

IMG_6979
スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

カテゴリー: スポーツ, テニス, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コロシアムとか、スポーツフェスタとか。

GW初っ端の4月29日の朝。
DSC_2095
有明コロシアムの屋根が徐々に開かれていく。

コロシアム内に人はいない。
なかなか経験できない風景に少し震えた。

 

さて、そんなコロシアムも含め、この日は有明の一大イベント、
有明の森スポーツフェスタ2017の日である。

広大な有明テニスの森公園全域を使用し様々なイベントが行われる。
DSC_5368

開会式を皮切りに芝生広場ステージ前、各コートでイベント開始。

こちらはコロシアムでラリー。
DSC_2157

コーチングスタッフがラリーをしてくれる。
DSC_5442
コロシアムのコートに降りる、しかもラリーをするって
なかなか経験出来ることじゃない。
貴重な体験だ。

後半は的当ても。
DSC_2482
案外、当たらないのね。

コロシアム内外でも様々なアトラクション。
こちらはボルダリング。
DSC_2172
すっかりメジャーになったこのスポーツ。
長蛇の列で大人気だった。

最近メジャーになってきたスラックライン。
DSC_2180
体験なのでさすがに綱渡り的なものだけど、
この競技、実はすごいテクニックでラインの上で
飛んだり跳ねたりする。

その他にも体力測定や脳年齢測定、肌年齢測定など
健康系のアトラクションも人気だった。

芝生広場では様々な参加型イベント。
DSC_2639

フラフープって奥が深いのね。
DSC_5715

テニス誌スマッシュさんのブースでは
毎回好評の「スマッシュの表紙になろう」撮影会。
DSC_5286
テニス芸人さんも登場。
よく揃えたな、このボルグのコスチューム。
ラケットは希少品かも。

天気も良く、ペット連れの方も多数。
DSC_2425
カワイイ犬ともたくさん会えた。

今回もカメラマンで参加したのだが、
担当エリアが決まっていて、全域は見られなかった。
コートの方も少し回ったので、それはまたの機会に紹介したい。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

計測とか、打ち上げとか。

REC FESTA、スピードガンコーナーにコーチの計測結果一覧が。
IMG_7067

佐藤一平コーチが最速。
IMG_7068
少し低めに出ることが多いので、
本当はもう少し出てるんじゃないかな。

なぜかワタクシも。
IMG_7069
写真が古いぞ。いつのだ、これ。どっから見つけてきた?
低めに出るのでホントは180キロくらいだと思う。(ウソ)

 

さて、なんだかんだのREC FESTAも無事に閉幕。

最後はプロ、吉崎アナウンサーも一緒にスタッフ皆で締め。
IMG_7175

IMG_7172

このイベントはまだ3回目と歴史は浅いが、
レックの大事なイベントのひとつになった。

皆で準備し作りあげる過程も楽しい。
各校のスタッフが連携出来る数少ない機会でもある。

IMG_7081

IMG_7079

IMG_7077

IMG_7153

IMG_7076

今年は総勢50名強のスタッフが集結。
IMG_7098
皆さん、本当にお疲れ様でした。

恒例の外山シェフの「美味しいなにか」はあまりに人気で、
なかなかスタッフの口に入らないってことで、
最後にスタッフ用に準備。
IMG_7178

豚汁&ビールで軽く打ち上げた。

この後、それぞれに本格的な打ち上げに行ったりと
各所に散って行ったようだが、
何かと力尽きたワタクシは大人しく家に帰った。

帰るまでが、REC FESTAってことで。
お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ギブソンとか、アトラクションとか。

ギブソンのスピーカーだって。
IMG_7017
ウッド素材じゃないと思うけど、
レッドサンバースト&トラ杢だ。

まさにギブソンて感じではあるけど、
ちょっと安易というかステレオタイプだなぁ。

ステレオだけに・・・(上手くないよ)

 

さて、思い返せばあっという間のREC FESTA2017。
少し振り返ってみる。

アトラクションは毎年少しずつ変化&進化している。

今年初お目見えのピラティス。
DSC_3018
数セッションに時間を区切って実施してもらったのだが、
毎回満員の大盛況ぶり。
やはり美容と健康は皆が興味のあるところらしい。

玉乃真理子インストラクターは、
鈴木貴男プロのピラティスの先生でもある。
DSC_6198

興味のある方は、玉乃先生のスタジオまでどうぞ。
ピラティス&リンパケア Fun☆Body

第1回から大人気の段ボール迷路。
DSC_6102

子供達にはちょうど良いサイズらしい。
DSC_6172

結構な勢いで皆クリアしていく。
DSC_6011

親子の誘導作戦も楽しい。
DSC_6014

昨年からお目見えのけん玉。
DSC_6020
イチジョーさんのノリとホスピタリティが絶品のコーナー。

ダルマ落とし。
DSC_5907

毎年ダルマが微妙に違うのは大人の事情。
(単にレンタル先が変わっただけなんだけど)
DSC_6010

脳の活性化プログラム、シナプソロジーコーナーは
オカノコーチ、ネジメコーチが担当。
DSC_3033

上手くできなくてもOK。
DSC_3035

ついつい皆、笑顔に。
DSC_3031
それが大事。

エグチコーチ担当のスリリングタワー。
18221849_1768266446837083_6856615334119054093_n
昨年のペットボトルボーリングから模様替え。
なかなかむずかしい。

フカダコーチ担当はワンパットチャレンジ。
18221880_1768266510170410_1906639921963954226_n
子供たちにガイドレーンがあるところが優しさ。

ちなみに鈴木貴男プロも挑戦。
入らなかった。
テニスのようにはいかないか。

4番コートではスピードガンやストラックアウトやら。
DSC_5997
一番奥のコートながら大人気。
いつも順番待ちの列が出来ていた。

とまあ、周りきるにはなかなか大変なメニュー。
楽しんでいただけたかな。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キスチョコとか、準備OKとか。

とある日の夕食。

IMG_6087

いつもこんな感じなわけでは無い。
当たり前か。

キスチョコ、久しぶりに見たぞ。
IMG_6092
今もあるんだね。

ところでこの紙って何のためにあるのかな。
取りやすくしてるのだろうか。

キスチョコって名前は?

子供の頃から食べてるけど、初めて疑問に思った。
誰か教えてください。

 

さて、いよいよ今日はREC FESTA。

昨日は皆で会場設営。
1回目に比べると随分と手際も良くなった。
最初は夜中2時でも終わってなかったからね。

ワンパットゴルフコーナーは深田コーチ。
IMG_7047

ダルマ落とし。
IMG_7038
細川コーチのパワーショット。

恒例のダンボール迷路。
IMG_7045

ダンボールスペシャリストなメンバー。
IMG_7046

今年はピラティス体験コーナーも。
IMG_7057

アトラクションを体験するとクジが引ける。
IMG_7065

景品はこちら。
IMG_7064

レックのイベントといえばうまい棒。
IMG_7063
今年はバスクリンもプレゼント。
間違って食べないように。

斉藤プロが登場。
IMG_7048

ひと通り遊んで回っていた。
IMG_7061

IMG_7054

IMG_7056
ゴルフのセンスは無いらしい。

今年は音響機材も増強。
IMG_7066

選手にはヘッドセットマイクも準備。
IMG_7052
試合中のつぶやきなども聞いてもらえるようにした。
竹島プロが何をつぶやいているのか興味ありだ。

外には、ポッポコーン、かき氷、綿菓子コーナー。
IMG_7060

そんな盛りだくさんのREC FESTAは10時スタート。
プロクリニック以外はどなたでも参加自由。
ぜひお越しください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スピードとか、ヤニックとか。

一昨日のレックインドアテニススクール上石神井。

梁元コーチ、細川コーチの練習の合間にREC FESTAのリハーサル。
IMG_7020
スピードガンコンテストである。

速さを競うルールではないが、そこはコーチ。
つい皆で最速コンテストとなってしまう。

いい数値を出すコツをつかんだ細川コーチ。
IMG_7022
170km/h後半だったかな。

コツを掴めない梁元コーチ。
IMG_7023
延々156km/hを出し続けていた。
そんなに遅くないはずなんだけどね。

実はワタクシもやってみたが140km/h台後半。
まあ、スーツだったからね。(言い訳)

と言うことで、今日はREC FESTA前日の最終準備。
毎年手際は良くなっているので夜中まではかからないと思うが、
しっかり寝られる時間に終えて、明日に備えよう。

今年のREC FESTAは新しい試みも盛りだくさん。
お待ちしています!

 

さて、RACKET STUDIOさんは宝箱。
前回お邪魔した時も面白いもの、懐かしいものを見せてもらった。

特徴的な3本スロート。
一定年齢以上の方ならピンと来るはず。
IMG_5984

ルコックスポルティフのラケットだ。
IMG_5986
ルコックといえば、最近の日本では綿貫陽介プロのウェアだが、
当時はヤニック・ノアがメインキャラクター。

このラケットもヤニック・ノアモデル。
IMG_5982
ブリッヂ部にはオートグラフ。

ここにもノアの名前が。
IMG_5983

ここもか。
IMG_5985
どんだけ入れるんだよ。

このラケットの最大の特徴の3本スロートは、
おそらく強度を出すためのものだと思うが、
このタイプは、後にも先にも見たことがない。

通常、スロート部の剛性を高めるためには
スロート中央部に横にもう1本ブリッヂを渡す。

Prince Graphite,BORON、BRIDGESTONE PROBEAM、
Wimbledon ALLPRO,SUPER SERVEなど、当時はこのタイプが多かった。
ちなみにPrince BORONとWimbledon SUPER SERVEはブリッヂ2本増しだ。

ここ最近、このブリッヂ増しタイプは少なくなった。
軽量化や素材の進化で構造的な強化が必要なくなったのかもしれない。

確かに、80年代のラケットって、カーボンでも今ほどカッチリしていないし、
重いものも多いから、ここ20年くらいのカーボンの進化は革新的なのだろう。

で、このルコックの3本スロートだが、どこまでその役割を果たしているのかは知らない。
そして、このラケットを使っていた選手は、ノア以外に知らない。
まさしくルコック=ノアな時代だったんじゃないかと思う。

それにしてもノアはカッコよかった。

流れるような打ち方でもなかったような気もするし、
あの体格ならもっとスゴイボールも打てたかもと思うが、
赤土にまみれながらのガッツ溢れるプレーは見るものを釘付けにした。

切り落とすようなバックのスライスは真似してみたけど、
バウンド後、全然滑らずに止まってしまったのを憶えている。
どうやって打ってたんだろうね。

デ杯、フランス戦で見た監督ノアは相変わらずカッコよかった。
DSC_1269
勝負が決してしまった3日目は、ノアのテニスを見たかったという
不謹慎な思いを持ったオールドファンも多かったんじゃないだろうか。

ちなみにワタクシ、20代前半の頃、ルコックのラケットを使っていた。
このタイプじゃなくて、ウッドの1本シャフトのタイプ。
シャフトがブルーでキレイだったのと、
やはりヤニックノアと書いてあったを憶えている。

そういえばウェアもルコックを来ていた。
ノアが来ていた縦のピンストライプのタイプ。

懐かしいな。
それにしても、どうしてルコックのラケットを使っていたのか、
その経緯はまったく憶えていない。

当然、契約なんてしてもらえるわけもないから、
自分で買ったのだと思うんだけど、記憶がない。
歳とったね、オレ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。