カテゴリー別アーカイブ: 仕事

優勝!とか、北へとか。

Team RECの守谷総一郎プロがITFツアー(クエート)でダブルス優勝。
IMG_9288
いいぞ〜!総一郎。

パートナーは、竹内研人プロ。
あ、日本リーグでは対戦相手だった。
とにかくおめでとう!

 

さて、某日は亀戸で日本プロテニス協会のお仕事。

th_IMG_8093
プロテストのテスターである。

この日はTeam RECから宮田コーチも受験。
規則で所属先の受験者の担当はできないので、遠くから見守るのみ。

先日、結果が届いて見事合格だったとのこと。
速やかに入会手続きしてね。

ということで、そこから2週間後。
th_IMG_8785

モノレールに乗り、看板から顔を出して写真を撮る・・わけもなく。
th_IMG_8786

羽田空港へ。
th_IMG_8787

札幌でのプロテストのテスターである。
th_IMG_8791
札幌は3年連続かな。

美味しいものを食べて、温泉に入って・・なんてことはない。
テストを実施して帰るだけ。
もう少し日程に余裕があると北の大地を楽しめるんだけどね。

あっと言う間に新千歳到着。
th_IMG_8795

送迎バスでレンタカー赤センターへ。
th_IMG_8801
新千歳のレンタカーセンターは驚くほど広大な施設。
さすが北海道である。

受付を済ませつつ、カウンターのお姉さんに
「近くで美味しいラーメン屋さんを教えてください」と頼む。

「美味しい順に3軒プリントアウトしました」だって。
さすが。

レンタカーはプリウス。
th_IMG_8802
あまり乗ったことがないので楽しみ。
運転は深谷プロがしてくれるけど。

北海道らしい景色の中、出発。
th_IMG_8806

あまり景色が変わらない中、北海道っぽい看板。
th_IMG_8807

もらった地図を頼りにラーメン屋を探す。
th_IMG_8808

あった!
th_IMG_8812
イオリ

頼んだのはもちろんの味噌ラーメン。
th_IMG_8817
美味い!やっぱり地元の推薦はハズレがない。

なんというかとても素直な味噌ラーメン。

本州でも味噌ラーメンの有名店はあるが、
太麺で野菜多めで、いかにも味噌ラーメンという感じのが多いけど、
とても普通な感じながら味は深みがあって食べやすかった。
これなら毎日食べられるな。(食べるなよ)

食通の吉田委員長もご満悦。
th_IMG_8816

店の裏には川が流れていた。
th_IMG_8819
サーモン橋。
いかもにものネーミング。
サーモンが獲れるのか?

木が違うのかな。なんか北海道っぽい景色。
th_IMG_8820

腹もいっぱいになったので、高速道路で札幌へ。
th_IMG_8825

夜は何食べましょうか?(仕事だよっ!)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

四駆とか、お大事にとか。

近所にて。
th_IMG_7469009
JEEP WRANGLER

これは、SAHARAかな。
th_IMG_7470
まさに四駆って感じのJEEP。
居住性はそんなに良くないのかな。
一度乗ってみたい。

 

さて、某日夜。
呼び出されて千葉駅方面の蕎麦屋へ。

この辺は久しぶり。
会社が変わってからすっかり来なくなった。

駅前というか商店街の様子も随分変わった。
その中、時代に取り残された感じの蕎麦屋。

店内は大盛況の満席。
人気店のようだ。

ワタクシを呼び出したのはK女史。
一緒にいるのは、ラケットマイスターの村井さん、そしてウイルソンのNさん。
今日はゴルフ〜その後の打ち上げにサプライズ合流してとのお誘いである。
ゴルフもしていないのに。

ということで、楽しく食事。
しかも全員がノンアルコール。
このメンバーで全員ノンアルって奇跡的なことだ。

天盛り。
th_IMG_7502

カレー南蛮。
th_IMG_7501

どれもメチャうま。
聞けば、Nさんが若い頃からの行きつけの店だそうだ。
これだけ蕎麦もつまみも美味しければ、再開発の中も生き残るよね。

ひとしきり盛り上がり、再会を約束して別れる。
ワタクシは17歳児のテニスのお迎えに、
あとで聞いたら、3人はサイゼリヤのドリンクバーで2次会だったとか。

 

で、話はここから。

数日後、ラケットマイスターの村井さんが倒れ、
救急車で運ばれたとの情報がSNSで流れた。

これは一大事と、メーカーさんやら、村井さんが懇意にしている
ライズテニスサービスさんなど、心当たりに連絡。
どうやら現在は状態も落ち着いて入院中らしい。

もともと無理するタイプで、過去も何度か倒れている。
ワタクシたちも会うたびに「もうちょっと節制したら」と言っているのだが、
どうにも言うことを聞かない困ったお方。
今回もほら見たことかって感じだ。

数日後、K女史が見舞いにいってきたとの連絡があった。
「あの(蕎麦屋)の日、顔は浮腫んでるし、手も震えたんだよ。説教しといたから」
そういえば・・・ほんと、怖いわ。

ということで、何とか時間をつくって病院へ。
th_IMG_8143

th_IMG_8145

そっと病室に入ると・・寝てた。(笑)

優しく起こして、サンルームみたいなところで話す。
運転してたら胸が苦しくなって、パチンコ屋の駐車場に入って、
歩いている人に助けを求めたらしい。

「助けを求めず、車の中で寝てたら天国でした」だって。
地獄じゃないのかなぁ。

とにかく無理しないで休むことですねと言うも、
「加工待ちのラケット溜まってるだろうし」だって。
全然懲りてない。

まあ、とにかくお互いいい歳だし、できる範囲で気をつけよう。
こんな話をする歳になっちゃったのも悲しいけど、
ある時代を一緒に頑張ってきた仲間たち、まだ失いたくない。
って、自分が先に逝かないようにしないとな。

あ、今は元気にラケットに埋もれて加工に励んでいるみたい。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

受験とか、パッドとか。

テニスクラブでの練習を終えた17歳児。

最近は帰りの車内で英単語の本を読んでいる。
th_IMG_9003

まだ高校2年生だが、学校的にはすっかり受験の空気なんだそうだ。
2年生で高校生のカリキュラムが終了。
3年生は受験対策の授業のシフトするとか。

そうなんだ。
私立ってどこもそんな感じなのかな。
福島の公立育ちには理解不能な世界。
大変だね。

 

さて、普段はほとんど外出しているのでノートPCは必須。
で、ガシガシ使い倒すのでけっこうなペースで壊れる。
今回は初めてのSURFACE PRO。
剛性も高いし、なかなか良い。
ちょっと重いのが難点だけど。

キーボードは取り外し可能。
キーピッチがコンパクト過ぎないのが気に入っている。
ピッチが合う合わないでミスタッチが圧倒的に変わるし、
やっぱりフィットするキーボードであることは大きな要素だ。

最近、別の問題が発生。
th_IMG_9064
パッドが反応しない。
いや、反応するときもあるのだが、うんともスンとも言わないどころか、
カーソル自体が出てこないことも増えてきた。

おそらくワタクシの指が乾いているっていうか、
何らかの信号出さなくなっているのだと思われる。

生体反応的なものが弱くなっているのか?
人間としての機能がどんどん失われていっているような気が。
大丈夫か?オレ。

じゃあ、マウス使えば良いじゃないかって話もある。
実際、マウスに頼らざるを得ない状態でもあるのだけど、
ノートPC使うのって、この個体だけで完結するからってのが大きな意味だと思っている。

外でマウス使うのって、どこで動かすの問題もあってけっこう不便。
MacBookユーザーはマウスなんて使わないし。

もう一つの方法として、タッチペンを使う手もあるけど、
いちいちペンを持つのは作業効率的にロスが大きい。
やはりパッドで操作するのが一番効率的。

Macのトラックパッドだと反応しないなんてことはないのにね。
Windows系のダメダメなところはここだなぁ。

ああ、Macのヌメヌメしたパッドが欲しい。
なんとかならんかのう。

カテゴリー: PC, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鈴木プロセミナーとか、名品ラケットその1とか。

日本プロテニス協会のセミナーが開催される。

12月16日(月)13時〜、会場はレックインドアテニススクール上石神井。
講師は、鈴木貴男プロである。
th_jptaseminaer20191216

日本プロテニス協会が主催のセミナーだが、一般の方も参加可能。
鈴木プロの世界に浸りたい方、ぜひお越しください。

お申し込みはこちらからどうぞ。
https://www.jpta.or.jp/news/event/20190927093735.html

もちろんワタクシもいます。
ぜひお越しください。
お待ちしております。

 

さて、Facebookのお知り合いの宮崎のテニスショップ、エリートプレーヤーズさん。

オーナーの山口さんは各種大会でのストリンガーとして活躍されている。
有明での大会などでワタクシがフラフラしていると、
お声を掛けてくださる気さくなお方。

先日、山口さんのFacebookに素敵な写真が。

th_69296538_2382788218463512_4226634130097438720_n

th_69119917_2382787941796873_3277472969298804736_n
往年の名機たちの画像である。
しかもどのラケットもコンディションが素晴らしい。

あ、これこれ!
使ってました!
など、かなりホットなコメントが並んだ。

この画像、ブログに載せていいですか?と聞くと、「どうぞどうぞ」とのこと。
ありがたく載せさせていただきます。

ということで、こちらから。

Wilson PROSTAFF
th_69105336_2382787521796915_2860157269461434368_n

th_69241832_2382787728463561_4890807589283037184_n
セントビンセントかな。

現在のラケットの流れをつくったモデルだと思う。
とのかくカッコよかった。

発売当初はクリスエバートとジミーコナーズが使っていた。
値段は6万円だったっけ。
他のグラファイトモデルが3本買える値段だった。

ワタクシもこのラケットを2本、先輩コーチに譲ってもらったが、
どうにも使い切れず、手放してしまった。
というか、どこにどうしたのか覚えていない。
今思えばもったいないことをした。

ULTRA2
th_69481093_2382787858463548_2884568162764849152_n
ゴツめのシャフトの剛性感が素晴らしいモデルだった。
ワタクシ的にはPROSTAFFFよりも好みだったかな。

でもフェイスが85だったか、小さすぎてミスヒットが多かったような。
これもかなり高額モデルだった。

Wilson PROFILE
th_69148348_2382787865130214_8273849256989687808_n
厚ラケの元祖モデル。
現在の飛び系モデルの歴史はここから始まった。

当時、その形状はとても奇異に映り、
「ツチノコラケット」なんて言われてたっけ。
まあ、今見ても奇異かな。

初めて打った時、その飛びっぷりに驚いた。
しならないって、こういう感触になるのかと目からウロコだった。

それほど売れなかったのか、もっと売ろうと思ったのかわからないけど、
1本買うともう1本プレゼント的なキャンペーンを打っていた。
今だと景品法的に完全アウトだけど、当時はどうだったのだろう。

製品、プロモーション、色んな意味でウイルソンは革新的なブランドだった。
そしてそのDNAは現在も変わらないように思う。

話は尽きないし、まだお借りした画像もあるけど、
長くなったのでこの辺で。

こういうラケット持ち寄って、お酒飲みながら夜通し語り合う企画ってどうだろう。
絶対楽しいと思うんだけど。
山口さん、やりませんか?

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サイクリングとか、テニスの日とか。

松山空港のサイクルステーション。
th_IMG_7110

しまなみ海道サイクリングが有名らしい。
http://www.cyclonoie.com/shimanamikaido.php
なんか、とっても良さそう。
時間をつくってぜひ来てみたい。
気力体力があるうちだなぁ。

 

さて、そんなわけで新しくなった有明テニスの森で、
テニスの日イベントが開催された。

ワタクシは今年もカメラマンで参加。
リニューアルされたコロシアムの集合場所へ。

全員集合のちょっと前。
th_DSC_2181
携帯でラジオ体操を流し、朝の体操タイム。
そんな流れあったっけ?

で、あれこれ準備。
th_DSC_2186

th_DSC_2224
前日の荒天で開催が危ぶまれたが、無事にテニスの日イベント開幕である。

新設されたショーコートではプロイベント。
th_DSC_2311
何という豪華なメンバー。
これもテニスの日ならでは。

坂井利郎さんと笹井プロのダブルス。
th_DSC_2392
親子ダブルス以上の開きかも。

鈴木貴男プロの提案で急遽のエキシビションマッチ。
th_DSC_2574

th_DSC_2596
ショーコートにいたお客様、ラッキーでした。

レジェンドのお二人は見学。
th_DSC_2612
平井プロもワタクシの世代には神様。

ボレーボレー大会。
th_DSC_7603

坂井さんから表彰。
th_DSC_2673

メーカーさんコート。
th_DSC_2500

ヒッティングはメーカースタッフさんが担当。
th_DSC_7339

鈴木プロが飛び入り。
th_DSC_2797

th_DSC_2831
ヒッティングもしてくれた。

手のひらケット体験コーナー。
th_DSC_7543
こういうところがテニスの入り口になるのだ。

ジュニアクリニック。
th_DSC_7652

コーチたちも全力投球。
th_DSC_2788

アクティブチャイルドプログラム
th_DSC_7679
子供達の運動能力開発的なアクティビティ。
めっちゃ盛り上がっていた。
素晴らしいプログラムだった。

車椅子テニス体験。
th_DSC_7666

他にもボルダリングやらスラックラインやら。
th_DSC_7331

th_DSC_7324
盛りだくさんの、有明テニスの日だった。

また来年もお会いしましょう。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スタッフウェアとか、入れ替え戦開始とか。

全日本選手権のスタッフウェア。
th_DSC_9708
思い切り日本語でベタな感じ。

これ、大会終わったらもらえるんだと思うけど、
普段着は絶対ありえないし、そこらのテニスコートで着るのも勇気がいるなぁ。

 

さて、東京テニス実業団1部残留をかけた入替戦がはじまった。

相手はソニーさん。
やはり大企業はインカレ選手が何人もいる。
そりゃそうだけど。

試合は日本リーグに準拠してシングルス2から。

目黒コーチが先鋒である。
th_DSC_8508

ベンチには山本靖昌コーチ。
th_DSC_8485

相変わらずグリップ薄いぜ。
th_DSC_8491
厚いグリップに換えたいぞ。
「無理っす!」(本人)

少々危ない場面もありつつも気合のプレー。
th_DSC_8530

th_DSC_8600

th_DSC_8635

見事ストレート勝利である。
th_DSC_8662

まずは1勝。
出だしの1勝は本当に大きい。
よくやった、目黒コーチ。

続いてはシングルス1、奥田コーチ。
th_DSC_8687

th_DSC_8714

なぜかストリングが自分のではなく、目黒コーチの張ってきたとかで、
全然感触が合わないらしい。
th_DSC_8821
ずっと首をひねりながら、ストレスいっぱいな感じ。

相手も強いから尚更ミスが響く。
それでも何とかペースをつかんでゲームを重ねていく。
th_DSC_8922

そして勝利!
th_DSC_8931

よかった!これで残留決定である。
th_DSC_8933
ふう・・・。

最後はダブルス、山本(靖)・山本(僚)
th_DSC_8939

チームの勝利は決まったが、全勝で春に弾みをつけたいところ。
th_DSC_8942

th_DSC_8946

が、これがなかなかうまくかみ合わず苦戦。
th_DSC_8982

ちょっとシャンクが多かったかな。
th_DSC_8986

相手も上手く、ひっくり返すチャンスをくれなかった。
th_DSC_9035

th_DSC_9085

th_DSC_9045

結局、4-6 2-6のストレート負け。
課題も見つかったので、次に向けて調整だな。

そんなわけで、とても厳しかった秋季リーグも終了。
th_DSC_9123
春に向けてまた整えよう。
お疲れ様!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カワサキとか、「おひたし」とか。

高島平インドアテニススクールで発見。
th_IMG_8948
カワサキラケットの小物入れ。
まだ使ってるってすごい。

とはいえ、このロゴは後期のもの。
ワタクシ的には新しいカワサキって感じだけど。
カワサキ、フタバヤ、ミスターテニス、昭和のウッド時代、懐かしい。

 

さて、こんなツイートを発見。

社会人の基本は”ほうれんそう”
報告
連絡
相談

ほうれんそうされた側は”おひたし”
怒らない
否定しない
助ける
指示する

けっこうな衝撃を受けた。
「ほうれんそう」はよく知っているが、「おひたし」は初めて聞いた。

「ほうれんそう」と「共有」は、しつこいくらいに言っていること。
「共有がないから漏れが出る」「漏れない仕組みは共有が基本」とか。
とにかく漏れとミスを減らしたいから、「ほうれんそう」は必須である。

じゃあ、受け側は?
その答えが「おひたし」なのね。

「怒らない」「否定しない」「助ける」「指示する」
すべて意識の真ん中に置いてきたつもりだけど、
実際、そう動けているのだろうかと自問自答。

どうなんだろう・・・申し訳ない。(謝罪か)
大事だよね、ホント。

 

「ミスの少ない」は最低限として、意見が出るチームにしたい。
「誰が言ってる」ではなく「何を言っている」で判断できるチームにしたい。
顔色を伺わないで発言できるチームにしたい。
配慮は必要するが、遠慮はしないチームにしたい。

忖度は極力排除したい。
意見を反射的に否定しないで、まずは飲み込んでから反応するようにしたい。
どんな意見でも、勇気を持って発言したことを、まず認めたい。

どうだろう・・・そんな空気はあるのだろうか。

 

「ハナクソみたいな意見しか出ない」
それは、ハナクソ程度の権限しか与えていないから。
権限範囲が明確ではなくとも、そう思わせているから。

「新しい発想が出ない」
それは、新しい発想や意見が出た瞬間の反応がプラス方向じゃないから。
それを皆が敏感に感じ取っているから、もう言わなくなっている。
意見を言うことは損だと思ってしまう。

「物を言うこと」をとても勇気のいることにしてしまっているのかもしれない。
まずは、「言う」という行為そのものを承認しなければ。

逆に「言ってもムダ」「こりゃダメだ」と思わせることができれば、それはそれで、とても楽かも。
余計な意見は出ないし、皆が「気に入ってもらえる正解」を探し始める。
ある意味、「諦めさせる」「ムダと思わせる」のは最強ウェポンだ。
そして衰退、破滅へのショートカットでもある。

 

皆、よく反応を見ているなと思う。

「機嫌悪かった」
「タイミングが悪かった」
(タイミングを計って意見言わなきゃならないのか?)

「一刀両断に否定されてた」
「瞬殺だった」
「よく分からない理由だった」

受け手がそんなんじゃ、誰もモノ言わないわってこと。
”ほうれんそう”も文化も結局のところ、すべては受け手側の問題なのだと思う。

子供は育てた通りに育つ。
チームも振る舞った通りにつくられる。
すべては自分そのものなのね。

反省しなければ。
心に刺さった「おひたし」だった。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

北へとか、全日本・守谷プロとか。

バタバタの毎日である。

あれこれとやらなければいけないことを千切っては投げ、
トラブルに対応しつつ、商談やら各種手配やら、実業団やら。
ここ最近はバタバタを通り越してカツカツ状態だ。

そんな中、今日明日は北海道で仕事である。
1泊だし、極力身軽な感じで。
th_IMG_8775

特に美味しいものを食べる予定も観光の予定もない。
ミッションをこなして帰ってくるだけ。
ちょっと寂しい。

寒いのかな。
調べてみたら、最低気温はひと桁なのね。
寒さ対策だけはしていこうっと。

 

さて、そんなわけで、ピンチの守谷総一郎プロの応援に4番コートに駆けつけた。

相手は近畿大学の松本選手。
ファーストセットを落としセカンドセットもブレークダウンという厳しい状況。
th_DSC_9415

チャンスを探しながら粘る。
th_DSC_9446

th_DSC_9486

しかし要所で得意のネットに詰めるも、ことごとくパスを抜かれる。
th_DSC_9499
この日の松本選手のクロスパスは絶品だった。

もう後がないセカンドセット終盤。
なんとかブレークバックし、タイブレークに持ち込む。
th_DSC_9582

th_DSC_9597
渾身のプレーでタイブレークを取り、ファイナルセットへ。

流れを掴みかけたかと思われたファイナル。
早々にサービスダウン。
th_IMG_8627
そしてトレーナーを呼び、MTO。
どうやら足に痙攣が来たらしい。

なんとか踏ん張る。
th_DSC_9627
もはや気持ちで動いている感じ。

そして力尽きた。
th_DSC_9704
今日は守谷プロの日ではなかったか。

西郷プロのダブルスを見ていたら守谷プロが来てくれた。
th_IMG_8635

昼食を食べつつ、試合を分析。
セカンドセットのタイブレークで、すでに両腿が痙攣していたそうだ。

コートサーフェース、そしてダンロップフォートというボールに対して
どこまでアジャストしなければいけなかったかなど、
増田健太郎コーチと話し合ったとのこと。

今日も良い経験をした。
次に繋げて欲しい。

ちなみに、「動画撮るからコメントして」と頼むと、
悩みながらもまあまあ上手に喋ってくれたのはさすがである。
総一郎、スターの要素あるぞ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ようやくとか、全日本1回戦とか。

実業団やら、何やらでバタバタの毎日。
ようやく全日本選手権に行くことができた。
th_IMG_8598

th_IMG_8602

th_IMG_8601

th_IMG_8599

日曜日、本戦1回戦の人出はこんな感じ。
th_IMG_8617
ちょっと寂しいかなぁ。
楽天ジャパンオープンは予選でもかなりの人だったんだけどね。
近くでトップ選手の試合が見られるし、無料だし、是非とも足を運んでほしいと思う。

 

さて、そんなわけで、ようやくの全日本選手権。
この日は、Team RECメンバーも出場。

正林プロは前日に敗退してしまったが、
竹島プロ、守谷プロ。西郷プロが揃い踏みの日曜日だ。

コロシアムロビーで守谷総一郎プロに会った。
th_IMG_8616
「調子は?」
「悪くないです」
何よりである。

ということで、コロシアムは竹島駿朗プロの試合。
th_DSC_9162

th_DSC_9182

対戦相手は、福田勝志プロ。
th_DSC_9147
今大会最年長、43歳での本戦出場である。
すごいことである。

その福田プロがど根性のプレー。
拾って拾って、打って、竹島プロを翻弄する。
th_DSC_9262

th_DSC_9273
なかなか決め手が打てない竹島プロ。
天を仰ぐ場面も。

それでもファーストセットは6-4。
th_DSC_9279

th_DSC_9285

セカンドセットも粘りに苦しむ。
th_DSC_9296

th_DSC_9371

th_DSC_9328
福田プロのパワー、恐るべしだ。

実は途中で、守谷総一郎プロの試合が始まっていて、
ファーストセット、いきなり0-5と厳しい局面。
もしかすると、試合が終わってしまうかもってことで、
コロシアムを外れる。

結局、竹島プロが勝利した。
良かった。
それにしても福田プロのど根性には恐れ入った。

ホッとしたのも束の間。
守谷プロが大学生相手に大苦戦。
どうなる?
かんばれ、総一郎。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

どん兵衛とか、こけら落としとか。

どん兵衛おにぎり。
th_IMG_7599
ローソンで発見。

見事にどん兵衛味が再現されている。
th_IMG_7600
最近のおにぎりはすごいな。

 

さて、ようやくお披露目された有明テニスの森。
公式には楽天ジャパンオープンがこけら落としになるのだろうか。

実はその直前、ワタクシたちは有明でのイベントに臨んでいた。
そう、テニスの日のイベントである。

前日は雨。
準備もままならない状況で、まさかの中止も心配されたが、
なんとか雨もあがり無事に開催されそうな朝を迎えた。

久し振りの国際展示場駅。
th_IMG_7601

テニスの森へのデッキは少しきれいになったような。
th_IMG_7602

いつも階段はそのまま。
th_IMG_7603

で、リニューアル第一弾はこの階段。
th_IMG_7605
ストレートに会場に降りられるようになっている。
これで導線が劇的に改善したと思う。

どうして今までなかったのだろう。
あ、4番コートがあった位置か。
そりゃ無理だ。

コロシアムは楽天ジャパンオープンの準備中。
th_IMG_7604

エントランス
th_IMG_7621

VIPエリアも準備が整い始めた。
th_IMG_7616

th_IMG_7615

コロシアム上階への直結階段も新設された。
th_IMG_7620
これもかなり渋滞緩和に役立つと思う。

全体にシックな感じに色が塗り替えられている。
th_IMG_7608

th_IMG_7623
高級感というか歴史感もあっていい感じ。

で、今回のリニューアルの目玉はここ。
th_IMG_7606

ショーコートである。
th_IMG_7626

th_IMG_7630
コロシアム横に3,000人(だっけ?)収容のコートが出現した。

コート入り口
th_IMG_7651

芝生広場方面からの階段もある。
th_IMG_7630
これ楽天ジャパンオープンの時も渋滞がなくてすごく良かった。

コートへ。
th_DSC_2258

th_DSC_2259

th_DSC_2260
まだ誰もボールを打っていないコートに足を踏みれるのは、ちょっと感動的。

放送ブース。
th_DSC_2263

誰よりも早くボールを打ってみたかったが、
準備も詰まっていてさすがにそれは無理だった。

アザーコートに行ってみる。
th_DSC_2246

th_DSC_2247

th_DSC_2255
面数、すごく減ったのね。

以前、1、2番コートとクラブハウスがあったところは、
インドアコート&クラブハウスになっている。
th_IMG_7634

エントランス
th_IMG_7688

フロント
th_IMG_7692

インドアコート入り口
th_IMG_7689

コートサーフェースはまだだった。
th_IMG_7690
4面×2列の配置で8面のインドア。
素晴らしい施設だ。

コート面数が減ったことで、通路もゆとりの広さ。
th_IMG_7633

th_IMG_7631

新しい有明をいち早く体験。
貴重な朝だった。

さあ、テニスの日イベント開始だぜ。

カテゴリー: テニス, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。