カテゴリー別アーカイブ: 仲間

バイクとか、リニューアルオープンとか。

ハーレーショップにて。
th_IMG_0603
死ぬまでに一度は乗ってみたいハーレーダビッドソン。
これはちょっと運転しづらそうだな。

あ、大型免許ないや。
最近、スタッフ間でバイクが流行りそうな予感。
また乗るか。
きっと家族は大反対だな。

 

さて、風は強いが富士山がきれいなテニスコート。
IMG_1219

そんなここは府中。
そう、今日はレックテニススクール府中のリニューアルオープンなのだ。

ビル全体が改修工事ってことで、長らくの休校になってしまったけど、
クラブハウスもコートも全面リニューアルでの再開である。

工事完成が早まったこともあり、バタバタの準備が続いていて、
実はシステム系はまだ完全に整っていないので、ちょっとご不便をおかけするかも、ごめんなさい。

 

ということで、いちおう整った状態をご紹介。

クラブハウス
DSC_7415
フロントカウンターが移動して広々な感じになった。

フロントは入り口横に移動。
DSC_7419

せっかくなので、フロントのYさんのスマイルも。
DSC_7465

フロント横にはショップスペース。
DSC_7421
まだ並べ切れていないのは、プレオープンてことでご勘弁。

 

ロッカールーム、レストルームもあれこれやり替えた。
DSC_7436

 

コートもリニューアル。
DSC_7491
あまりバウンドも速すぎず、いい感じ。
ラリーが楽しめるサーフェースだと思う。

そうそう、今期からボールも新しくなった。
DSC_7516
すべてが新らしくなったレックテニススクール府中。

あ、スタッフはそのままですので、ご安心を。
IMG_1243

スタッフ一同、全力で皆さまのテニスライフをサポートします。
ご来場お待ちしております!!

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

TRC公開とか、PHANTOM GRAPHITE97続インプレとか。

Team REC CHALLENGEも終盤戦、
ラウンドも10まで進んだ。

ということで、最新の対戦はこの二人。
th_守谷VS佐藤LINE

守谷総一郎vs佐藤一平。

普通に考えると、若いし現役プロの守谷プロが有利だけど、
そうはいかないのが10ポイントタイブレークの面白さ。

で、今回は解説が、鈴木貴男プロと関口周一プロというコート以上の豪華さ。

そろそろ順位も見えてきた終盤戦。
ぜひご覧ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

ようやく試打ができたが、1ショット目がネットの下半分までしか
ボールが飛ばないと言う、グラファイトの洗礼を浴びた。

気を取り直して、徐々にアジャスト。
なんとかまともに飛ばせるようになったが、
やっぱりやわなラケットじゃなかった。

しっかり振って、しっかり潰して、ちゃんと鬱・・じゃない、打つ。
ああ、そうだったよね、グラファイト。
最新のテクノロジーを搭載しても、この基本は変わらなかった。

ということで、ネットプレーとサービスを。

 

アプローチから前に。
th_IMG_0760
腰高だなぁ。
加えて、コートサイドでボスが見ててやりづらいぜ。

ローボレーから前へ。

飛ばないことはない。
ただ、それなりに腕を送らないと深く行かないかな。
当てるだけでパシューン!と飛んでくれるってことはない。
わかってたことだけど。

ただ、芯を食って当たった時の快感はなんともいえない。
th_IMG_0771
ボールもしっかり伸びて滑るし、理想のボールが飛んでいく。
確率は別としてだけど。

ドロップ系やアングルについては感覚がダイレクトなので
案外コントロールしやすいと思う。
当たった途端に出ていっちゃう感じじゃないのは
感覚が重要なショットでは生きるって感じだ。

スマッシュは早め早めの準備が必要。(って、レッスンか?)
持ち重りのしないトップライト気味とはいえ、やはり全重はあるから
ボレーのような小さい動きじゃないスマッシュだと速めに反応したほうがいい。

それなりの頑張りは必要だけど、サボらず扱えればとても良いと思う。
それが続くかが問題なんだけど。

 

そしてサービス!
th_スクリーンショット 2021-02-28 7.59.33
(写真はケンスケコーチ)

ごめん。これは最後まで思ったように打てなかった。
「打てなかった」というのがキモで、
思ったようなサービスが飛んで行かなかったわけではない。

感触的に「ああ、気持ちいいなぁ」みたいな抜け感とか、
バコン!と「ボール潰してやったぜ」みいなストロング缶・・・
じゃないストロング感までには至らなかったということ。

ワタクシ的にはサービスは、スパーン!という球離れと、
バシュ!!っていう引っかかり感が好きだなんだけど、
トップに重みがないので、自分でヘッドを回していかなければならないから、
それなりのスイングパワーが必要になるのが厳しいところ。

ただ、打球はそれなりに速いし、回転もかかって、曲がるし、落ちた。
ウエイトによるスイングスピードのズレをアジャスト出来れば
問題ないような気がするけど、
時間的にそこには至らなかったというのが現実。

おそらく打ち込んでいくことで徐々に自分のテニスになっていくのだと思う。

 

ひと通り打ってみて、やっぱり簡単じゃないけど、
しっかり打てればすごい武器になる。
・・・のだろうなと思った。

ルックスにひと目惚れしてアタックしてみたら、実は手強くて、
ちゃんと本気でアタックしないと応えてくれないみたいな・・・なんのたとえだ?

とにかく、ルックスのままに素晴らしいラケットだった。
本気で付き合ってみてねってことだ。

グラファイト好きなら絶対に打ってみるべしである。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

HP公開とか、オープン間近とか。

RECホームページにあらたなコンテンツが加わった。

th_プロモーションサイト

テニスをはじめよう。またはじめよう。

テニスってどうやってはじめるの?という方に
わかりやすく始め方を伝えたいなってことで。

また、一度でもプレーしたことがある人がとても多いスポーツ。
しばらく遠ざかっていた方もぜひということで。

ぜひ一度アクセスしてください。

 

さて、リニューアルを控え、休校中のレックテニススクール府中
リニューアル工事もいよいよ終盤。

レックテニススクールだけのリニューアルじゃなくて
ビル全体の大規模修繕工事だから、立ち入れない期間もあったり、
他の工事との調整があったりと、なかなか大変だったけど
ようやくここまで来た。
まだ全然片付いていないけど、ちょっとだけご紹介。

エントランス。
th_IMG_1146
基本の位置は変わらずだけど、貴重品ロッカーを設置。
ぜひご利用ください。

 

フロントの位置を変更してロビーを広くとった。
th_IMG_1150

 

ロッカールーム入り口もスッキリデザインに。
th_IMG_1143

 

フロントカウンター
th_IMG_1145
とても立派なカウンターが出来上がった。
ちょっと大きかったかな。
でも、ローカウンターもつくったので、
座っていただいて落ち着いてご案内できるようになった。

 

ショップコーナー
th_IMG_1144
これまではコートに向けたウインドウ側にあったけど、壁際にスッキリ配置。
これでコートを見渡しやすくなり、ロビーもさらに快適になった。

天井も床も貼り替えていい感じになった。
コロナ禍でなければゆっくりと過ごしていただきたいところなんだけど。

 

そしてコート。
th_IMG_1156
人工芝で少しだけ砂が入っている。

砂が表面に浮いてくるタイプではないので、
基本的にはオールコート用のシューズで問題なし。
これまでのシューズでお越しください。
th_IMG_1155
なんか、変なの写ってる。

 

で、出来上がったコートでちょっとテニスをしてみた。
ネットはなかったけど10分ほどラリー。

球足も遅すぎず速すぎずでいい感じ。
まだ砂が落ち着いていないので、ちょっとだけバウンドが暴れるけど、
これはしばらくしたらなくなるはず。

このサーフェースにして正解だな。
良かった。
th_IMG_1158

 

当初の予定だとリニューアルオープンは3月9日(火)だったのだけど、
工事が順調に進んだため若干前倒しでプレオープンすることに。

3月3日(水)からレッスンを開始します。
日曜日まで通常レッスンと同じタイムテーブルで営業するので、
振替分、プラスワンなどを利用してぜひ受講ください。
もちろん、「どんなか見にきたよ」でも大歓迎です。

ネットワークシステム、電話等が間に合わない可能性があるので、
プレオープンの数日間はその辺のご不便はあるかもしれないけど、
新しくなったレックテニススクール府中にぜひいらしてくださいなのだ。

ワタクシにも会えるかもです。
あ、どうでもいいですか、そうですか。

カテゴリー: PC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チョコとか、マスクとか。

バレンタインデーの週はスクールのバックヤードにチョコがたくさん。
みなさんに可愛がっていただいているのがよくわかる。
ありがとうございます。

th_IMG_0646
そんなわけでおこぼれを「今日のスイーツ」にするワタクシ。

 

さて、プリンスさんから新製品のマスクがリリースされた。

生産数がめっちゃ少ないとのことだったけど、数枚のみ入手できた。
th_IMG_0371

新素材な感じでまとわりつかないのがいい。
th_IMG_0372

内側はこんな感じ。
th_IMG_0373
このドットがどういう効果があるのかは分からない。

ヒモ部分はアジャスタブル。
th_IMG_0374
耳が痛くなりがちなワタクシにはとてもありがたい。

ロゴはくっきり。
th_IMG_0375
他のメーカーさんの前ではちょっと・・だなぁ。

この立体構造は圧迫感がほとんどないのがいい。
th_IMG_0376
マスクもどんどん良くなるね。

効果についてはよくわからないけど、つけ心地が良いのは助かる。
合わないやつだと一日中、耳たぶが痛いし。

マスクなしで過ごせるようになるのがいちばんいいんだけどね。
早くおさまってくれないかなぁ。

ちなみにここ最近の愛用はミズノさんのマスク。
スイムウェア素材だったっけ?
柔らかくて肌触りが良い。

メーカーさんのマスクは他社さんとお会いする時に着けられないってのがちょっと。
かといって全メーカー揃えるわけにもいかないし。
そういう時は不織布マスクかユニクロかって感じかな。

まあ、テニスウェアやバッグもお会いする人なりに気を遣うし、
一緒っていえばそうなんだけど。

あ、Team RECのマスクもまだストックがあるけど、
これは春から夏にまだ活躍かな。
その頃は世の中、どうなってるかね〜。
頑張ろう、人類。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 仲間, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハイエースとか、敬語とか。

ランニングコースにて。

th_IMG_0311

th_IMG_0312
毎週、イベント用のハイエースが停まっている。

実はRECカーの参考にさせてもらったのはヒミツ。

 

さて、たいへんお世話になっている大阪のハセガワくん
もう10数年の付き合いになる。

初めてあったのは前職の時の面接。
変わった子だなと思ったけど、妙な熱量があったので採用した。

一緒に仕事をするなかでは紆余曲折やぶつかり合いもあったけど、
そのパワーと思い込み力でどんどん力をつけていった。
いつのまにか欠かせない仲間として大きな存在に。

そんなある時、突然「辞めます」と衝撃の発言。
聞けば、もっとやりたいことが見つかったとか。
故郷の大阪に戻り3年計画で起業するという。

去る者は追わないことにしているワタクシだが、さすがにこの時は引き止めた。
同僚たちも総動員して止めたけど、結局気持ちは変わらず、彼は去っていった。
それほどの覚悟だったのだろう。

 

それからポツポツと近況報告もありつつ、彼は宣言通り起業した。
そして今も立派に会社を切り盛りしている。

もうどう考えてもワタクシのはるか先を進んでいる彼だが、
今も会う時は徹底して敬語である。

年齢も違うってのはあるにしても、とうに上司部下ではないし、
彼が言う「あの時に鍛えていただいた」のも大昔のことなのに。

 

現在もおおよそ月1回のペースで打ち合わせをしているのだが、
先日、彼の会社で打ち合わせをしていて気づいた。
社員の皆さんにも敬語なのね。

昼食をとりながら聞いてみた。

「社員さんにも敬語なのね?」

「はい。基本的にすべての方に敬語です」

「なんで?」(って、ワタクシが敬語じゃない)

「敬語を使っておいて間違いはないからです」

「距離がある感じにならないの?」

「西郷隆盛は目上目下関係なく、すべての人に敬語だったそうです。それに習っています」

そうなんだな。
やっぱり徹底ぶりがすごい。

 

実はワタクシも基本敬語である。
それは年齢が下でも、部下であっても同じ。
酒席などで多少くだけることはあるが、基本は敬語。
彼ほど徹底はしていないなと思ったけど。

ただ、根っこは同じだと思う。

上司や年上には敬語。
部下にはぞんざいな口調ってのはどうも苦手。
仮に出世して上司になった途端に偉そうになる人、信用できる?無理。

取引関係の立場で口調が変わるのも苦手。
どうして立場が強いと偉そうな口調や態度になるのかがわからない。

この前まで担当者であんなに親しくしてたのに、
部署が変わって、担当を外れた途端によそよそしくなる人とか。
なんだろう、この変わりようって。

 

なんかねぇ。
常に上下とか立場を意識しながら、使い分けるのって大変じゃないかな。
すべての人に敬意を払って接する方がシンプルなのにどうしてそうなるんだろう。

自分のポジションを確認したいのかな。
「オレはお前より上だぞ」「客だぞ」とか。

事あるごとに、端々にそんな確認行為が見える人っている。
細かなことに拘って本質を見ずに押さえ込むとか。

立場的に反論出来ないの分かってて意地悪や嫌味っぽいことを言ったり。
それを冗談にまぶしたって、言ってることは一緒。
相手は「勘弁してくださいよ〜」って笑いながら言うしかないの知ってるくせに。

そういう人と付き合うのって疲れる。(から、付き合わない)

関係性や上下や肩書きだけでなく、すべての人を認め、敬意を払う。
西郷さんて偉かったのね。

そしてハセガワくんも偉いわ。
今となっては彼にしてあげらることもなくて、
教えてもらうことばかりだけど、出会えて良かったよ。
これからも色々教えてね。

カテゴリー: Team REC, クルマ, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

対戦公開とか、ラコステ&テクニファイバーとか。

いよいよ佳境に入ってきたTeam REC CHALLENGE。

選手たちの予定がなかなか合わず、
スケジューリングがとにかく大変だけど、
収録もようやくようやく終盤に。

ということで、鈴木貴男プロと佐藤一平コーチの対戦をアップした。
th_LINE

https://www.youtube.com/watch?v=xkZ35e9reCY

両選手の持ち味が全開の試合になった。
ぜひご覧ください。

 

さて、ブリヂストンテニスが業界から撤退し、
テクニファイバーブランドはラコステジャパンの取り扱いになった。

ラコステといえばジョコビッチ。
そしてラコステ&テクニファイバーといえばメドベージェフ。
ちょっと地味だけどショットはすごい。

全豪オープンの決勝はラコステ対決だった。
これまでこんなことあったかな。

そんな最高のタイミングでテクニファイバー&ラコステの展示会である。
th_IMG_0888

とはいえ、このコロナ禍の状況なので、招待も絞っているとか。
呼んでいただいてありがとうございます。

 

ということで会場へ。
th_IMG_0898

th_IMG_0899

ディスプレイもオシャレだし、オフィスもオシャレ。
さすがフランスブランド。
th_IMG_0897

いいなぁ、こんなオフィスで働いてみたい。

 

担当のアサノさんとあれこれ打ち合わせしつつ、
担当ではないモリモトさんと四方山話。
業界の動向やら将来やら・・・ね。

で、アサノさんから、「ぜひこの部屋をみてください」ってことで・・

th_IMG_0889
ラコステルーム。
ジュエリーショップをイメージしたとか。

中央に鎮座するのはラケット。
th_IMG_0894
ラコステのラケットが発売になるらしい。

 

ラコステのラケットといえば、ギ・フォルジェ。
フェイスの3時9時が内側に凹んだ不思議なラケットを使ってたっけ。

今回、発表されたラケットはテクニファイバーとのコラボモデル。
th_IMG_0890

テクニファイバーのテクノロジーを搭載したモデルだそうだ。
th_IMG_0891

th_IMG_0892
持った感じもしっかり感の強いモデル。
本格派向けなのだろうか。
グリップにはラコステお得意の振動吸収システムが搭載されているそうだ。

今回のモデルは限定数での販売らしい。
しかも数量を聞いたらメッチャ少なかった。
絞ってスタートする戦略らしい。
試打もおそらくできないな。

th_IMG_0895

いや、でも打ってみたいな。
目黒方面に念を送ってみようかな。

とにかく、ラコステといえば、信頼と安心の老舗ブランド。
ワタクシも高校時代から何枚のポロシャツを買ったことか。
表彰してほしいくらいだ。

高校時代、地元の強豪女子校もラコステのウォームアップを揃えてた。
同じ高校生なのに、なんだか迫力あったなぁ。

そういえば、ワタクシのダブルスのパートナーのアンザイくんもラコステのウオームアップを着てた。
坊主頭で真面目一本やり、修行僧的な雰囲気のアンザイくんのラコステはシンプルさが際立ってたな。
似合ってるかは別として。

ちなみにワタクシとアライくんは、ラコステのポロをコートで着ることは少なく、
アイビーのマストアイテムとして、もっはらネイビーブレザーにラコステのポロ、
コットンパンツ(チノパンね)に裸足にトップサイダーのデッキシューズという出で立ちで、
ヘラヘラと街中を歩いていた。

 

そんな(どんな?)ラコステさんが満を持してリリースするラケット。
良いに決まっている。

ブリヂストンさんのテニス撤退で寂しい思いもあるが、
新たな動きは歓迎すべきこと。

テニス界、スポーツ業界にさらなる風を吹き込んでほしい。
ってことで、ラコステラケット、打ちたいです!!

あ、テクニファイバーの話、全然してない。
ストリング、とってもいいです。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハグとか、プロのこだわりとか。

帰ってくると、まず犬たちとハグをする長男。
th_IMG_8975

「ただいま。寂しかった?ごめんね」と話しかける。
そんなこと、犬にしか言ったことないよね、きっと。

後ろで順番待ちをして、耳をたたんでいるCocoさんが笑える。

 

さて、某日。
高島平インドアテニススクールへ。

この日のミッションは案内ツールにナレーションを入れるというもの。
もちろん、ワタクシがナレーションをするわけもなく、
フロントスタッフのナナコさんにお願いをした。

ナナコさんはフロントスタッフでもありながら、プロシンガーでもある。

以前、デ杯の応援で一緒に大阪に行ったときに
カラオケボックスで歌を聴いたが、メッチャうまかった。
これがプロなのねって、リクエストしてずっと歌っていて欲しいくらい。

まあ、プロに「うまい」ってのも失礼だけど、
カラオケで感動したのは後にも先にもこの時だけ。

服部名々子Officail Blog
応援お願いします。

声も滑舌も彼女に勝る人はいないだろうってことで、
今回のミッションへの参加をお願いした。

初めてのことで、何がどうなるやらで、
フロントスタッフのホンドーくんにも音響担当として協力依頼。
結果、ワタクシは指示出しとOK出しの監督みたいになってしまった。
(楽してゴメン)

 

あれやこれやの準備をして、2階の個室へ。
th_IMG_0011

読み合わせやらリハーサルをして録音開始。

うん。やっぱり上手い!

確認しま〜す!
はい、OK!!いいんじゃない。

と、ホンドーくんが「ちょっと待ってください。バックに雑音が」。
よく聞くと、外でクルマのドアを閉めた音が入っていた。
すごい耳だな。

 

テイク2

いいね〜!OK!

「ちょっと待ってください」とナナコさん。
「微妙に引っかかったところが・・・」
そうかなぁ。

「ああ、ここですね。録りなおしましょう」とホンドーくん。
二人ともすごいな。

実はホンドーくん、音響系の仕事の経験もあるそうだ。
なるほど、プロだったのね。

 

半分ほど録音を終えたところで、レッスンの入れ替え時間に。
防音室ではないので、様々な音が入ってきて中断。

ここでの録音は限界かもってことで、試しにスクールバスの中に。
クルマの出入りに注意さえすれば、録音環境は良さそう。

ちょっと寒いけど、バスの中で録音再開。

 

何度か録り直して最終ページまで完了。

最初から聞き直してみたら・・・

「前半の部屋とバスの中と声の反響が違う」と言い出す二人。
「やっぱり納得いないので、前半も録り直しましょう」とのこと。

そうかなぁ、ページも切り替わるしいいんじゃない・・・
とは言えず、最初から録り直し。
無事に録音を終えた。

 

さすがプロの二人のこだわりはすごい。
おかげでとてもいい感じに仕上がった。
th_IMG_0010
ホント、ありがとう。

ちなみにホンドーくんはTeam REC Channelをはじめとした動画編集や
各種ポスターの製作も担当してくれている。
色んな才能が集まっていて、とても心強いTeam RECなのだ。

終了後はリーズナブルなトンカツ定食でお疲れランチ。
あと2バージョン、よろしくね。

 

カテゴリー: PC, Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スイーツとか、Prince GRAPHITE97お貸出し〜!とか。

レックインドアテニススクール上石神井にて。

ネジメ支配人から、「本日のスイーツをどうぞ」だって。
th_IMG_0385

「本日のスイーツ」、定着してきたのだろうか。
しばらくおやつには困らないな。

 

さて、週末。
レックインドアテニススクール上石神井に行ったところ、
「荷物が届いています」とのこと。

グローブライド(プリンス)さんから。
th_IMG_0627

この箱はラケットだな。
開けてみる。
th_IMG_0628
正解!!(当たり前)

中身は・・・
th_IMG_0629

おお!
先日紹介したプリンスの新製品、PHANTOM GRAPHITE97だ。

グローブライド本社のある東久留米方面に
「打ってみたいな〜」と恵方巻きを食べながら念を送ってみたら、
「しょうがないなぁ。貸してあげるよ」ってことらしい。

「貸してあげるよ」の後ろに、(使いこなせるかな?笑)って言葉がついてる気がするけど。
ちゃんと正直にインプレしますね。

 

担当のヤマモトさん、ウェブ戦略のセキグチさん、
グリップテープもつけてくれるあたり、心遣いが細やか。
ありがとうございます。
th_IMG_0638

いつになく気持ちを込めて巻き上げてみた。
th_IMG_0640

このグリップテープ、巻きやすいね。
スタートからの1周半で全然シワが寄らない。
この部分の微妙なシワって、まあまあストレスなんだよね。

 

あらためてじっくり眺める。
th_IMG_0653

いやぁ、美しい。
th_IMG_0656

 

スロートのグラファイトラインもよく見ないと分からないくらいにシンプル。
th_IMG_0655

初めて現物をみたスタッフが、「プロトタイプですか?」って言ったほど。
th_IMG_0654

 

そして潔いボックス形状。
th_IMG_0656
最近は微妙なボックス形状も多いけど、これぞボックスって感じ。

ボックスタイプっていうと、Prince REBELシリーズが大好きだった。
モンフィスが使っていたモデル、95だっけ。
あれ、最高に良かったな。
中古で買って、もう一度味わってみたいくらいに良かった。

でも、こうして見ると、やっぱりプリンスはグラファイトだね。

いやぁ、カッコいいわ。
さあてと・・・いつ打つかな。

って、打ってないのかよっ!!

週末のインドアテニススクールに空きコートがあるわけがない。
この日は皆に見せびらかして、ロビーで素振りして終了である。
ああ、早く打ちたい。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

昭島とか、竹島プロシーズンインとか。

休日。
朝も早よから電車の旅。

2時間弱、西へ向かい着いた先は昭島。
前回来た時は落ち葉の絨毯だったけど、スッキリな銀杏並木。
th_IMG_0560
しかしいい天気。

昭島ならではの飛行機も。
th_DSC_3453

ようやくシーズン開幕だ。
こんな状況だけど、今年も頑張ろう。

 

さて、そんな昭島は昭和の森テニスクラブ。
Team RECの竹島プロのシーズン開幕戦が行われていた。

連日、報告をもらっていたのだが、なかなか応援に行けず。
ようやく休日にあたったので、急遽応援に行くことにした。

天気はいいが、風が強めの昭和の森。
th_IMG_0561
頑張れよ〜。

試合開始。
th_DSC_3353

相手は松村選手。
th_DSC_3318
フルスイングのファイターだ。

まずは竹島プロのペースで試合が始まった。
th_DSC_3481

しっかり繋いで、機を見てネットへ。
th_DSC_3370
駿朗パターン(by関口プロ)である。

ファーストセットは6-2。
th_DSC_3515
いい感じ。
このまま一気に行きたいところ。

 

が、セカンドセット、さらに風が強くなり、両選手ともに難しい状況に。
th_DSC_3545
竹島プロも対応しきれずミスも増えてきた。

セカンドセットは2-6。
一気に形勢が逆転してしまった。

 

ファイナルセット。
th_IMG_0565
先にサービスを落としたのは竹島プロ。

追う展開になってしまうも、なかなか突破口が見つからない。
th_DSC_3266

ビハインドのまま終盤へ。
th_DSC_3601

途中、兆しも見えたが、振り切られ敗退。
th_DSC_3602
うーん、残念。
いい感じでスタートしただけに悔やまれる。

「とても悲しいです」とは本人の弁。
また次だね。

でも、久しぶりに試合が観られてよかった。
やっぱりテニスコートの熱い空気はいい。
まだまだ状況は見えないけど、スポーツの強さを信じたい。

そして、Team RECメンバーの活躍もね。

 

竹島プロの次の試合は3月のロイヤルSC(埼玉)の予定。
守谷プロ、正林プロも出場予定なので、ぜひ応援をお願いします!!

しかし遠いぜ、昭島・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

そばとか、関口プロ登場!とか。

立ち食いそばって、美味しいところと、
今ひとつなところが極端じゃない?

th_IMG_0055

初めて行ってみたこの蕎麦は・・・うーん。
なんだろ、ヌルいのかなぁ。
あ、新幹線に乗らなきゃ。

 

さて、オーストラリアである。

全豪オープンのために入国〜2週間の隔離期間がようやく明けたそうだ。

ホテルにカンヅメというのは大げさではなくて、
各階に見張り(?)のスタッフもいるそう。
鈴木プロが冗談で「出たら撃たれます」と言っていたが、
それだけ厳重な体制ということなのだろう。

そんな鈴木貴男プロ。
カンヅメ状態を利用してインスタライブを頻繁に行っている。

また、練習後のコートからもライブ配信。
th_IMG_0225

th_IMG_0226
なかなかみられない貴重なシーンなので、ぜひアクセスして欲しい。

鈴木貴男プロ インスタグラム
takaosuzuki76

 

この日も夕方からインスタライブ。
携帯にライブ開始の案内が出るので、ついアクセスをしてしまう。

参加すると名前(インスタネーム)がタイムラインに表示され、
律儀な鈴木プロは必ず拾って挨拶してくれる。(本名で。笑)
コメントもちゃんと拾ってくれるので、ある意味気が抜けない。

先日は関口プロがアクセス。
鈴木プロが「周一、出られる?」と声がけするも反応なしだったので、
「しゅーいち、出て!」とコメントしてみた。

鈴木プロが「周一、出てって指示が出てるよ」と再度呼びかけ。
そのためかどうかは分からないが、関口プロ登場。
th_IMG_0258
食事帰りの運転中だった。
夫婦の共同作業配信だな。(笑)

そのまま自宅に移動し、あれやこれやのテニス談義。
th_IMG_0259
とても楽しい時間だった。

鈴木プロのインスタライブには、他にもプロが多数出演。
さすがの人脈と行動力である。

 

で、この日の終盤に気づいた。
th_スクリーンショット 2021-01-28 20.57.45
貴男さん、Team REC Tシャツ着てくれてる。

思わずコメントしたら、「Team REC CHALLENGEも観てくださいね」
とちゃんと告知してくれた。
ありがとうございます。

隔離生活が解除されて、この2週間ほどは時間がないかもしれないけど、
貴男さんのことだから、出来る限りの情報発信をしてくれるはず。

ぜひ全豪の空気をお楽しみくださいなのだ。

そんな全豪オープン直前のオーストラリアだけど、
関係者に陽性反応が出て、日程が中断。
大丈夫かな。
無事に開催されますように。

カテゴリー: Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, , 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。