新作の春

今年はいつの間にか桜が咲いて散った犬飼です手 (パー)

トアルソンからかっこいいカラーのラケットが出ましたテニス
「S-MACH XFシリーズ」ぴかぴか (新しい)
DSC_1226

試打してみたら癖が少なく、面ブレもしないで打ちやすいですよわーい (嬉しい顔)

スピンもよく掛かります手 (グー)

美浜にもグリップ2でしたら在庫があるので、すぐお渡しできますよハートたち (複数ハート)

試打希望の方もお声かけくださいわーい (嬉しい顔)

先日新大久保の韓国料理に行って、席に座ったら偶然ダッシュ (走り出すさま)

DSC_1041
「コン・ユ」が座った席でした目がハート (顔)

ドラマのトッケビや映画の新感染に出てる俳優さんです黒ハート

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 06:27 | コメントをどうぞ

花より団子

こんにちは晴れ

過ごしやすい季節になってきましたねわーい (嬉しい顔)

久々にブログを書きます冷や汗 (顔)
フロントの石橋てるみですわーい (嬉しい顔)

週末、桜を見ようと隅田川まで行ってきました桜
お天気がイマイチでしたが桜が綺麗でしたぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい)
石橋
私は久々の人混みで人酔いしていましたが、
子供達は花より団子で出店を楽しんでいましたおにぎり
石橋2
まだ間に合いますのでぜひお出かけしてみてください黒ハート

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 08:31 | コメントをどうぞ

アイスバック!!

こんにちは、フロントの石橋ゆうこですわーい (嬉しい顔)

この度、ショップに新しい商品が入荷しましたひらめき

\じゃじゃーん‼️/

image1
スリクソンのアイスバッグですペンギン

アイスバッグというと、
単色だったり幾何学模様だったりすることが多いですが、
今回のアイスバッグは夏らしいデザインで可愛いんですよ黒ハート
まだまだ肌寒い日もある春先ですが、
こちらのアイスバッグを片手にみんなで夏を先取りしちゃいましょうぴかぴか (新しい)

ちなみに私のオススメは白です目がハート (顔)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 15:55 | コメントをどうぞ

春が来ました!

皆さんこんにちは!
フロントの福原です :51 音符:

寒い冬がようやく終わり

春がやってきましたねぇ~ :155 桜:

寒いと外に出たくなくなってしまいますが
暖かくなってきたので

千葉公園に行ってみました :59 急げ:

千葉公園は蓮の花が有名ですが
桜もとってもキレイなんですよ~ :60 キラキラ:

第2

そして花壇にはチューリップも :97 チューリップ:

第3

是非見に行ってみて下さいね~
今週末位がピークかもっ!?

季節の変わり目は体調なども気を付けて下さいね!

それでは失礼しますほっとした顔

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 16:32 | コメントをどうぞ

初、袋田!

おはようございます晴れ

竜太コーチですわーい (嬉しい顔)
ついに、新元号「令和」がきまりましたねー手 (パー)
なんか、新しい時代の始まりって感じでワクワクしますねぴかぴか (新しい)

なんか、最近よくブログを更新している様なしてない様な冷や汗 (顔)
私の日常は、ゴルフしかしていないので(笑)
どこか、出かけたかな?と思いつつ…

先日、茨城県大子町付近でゴルフをした帰りにゴルフ
袋田の滝と言う所に、初めて伺いました走る人
DSC_0528
良い時期ならば、もっと水量があり大迫力との事でしたが、
想像していたよりも大きな滝でビックリしました冷や汗2 (顔)
何事も実際に見て体験、経験しないとわからないですね冷や汗 (顔)
袋田の滝をなめてましたうれしい顔

さて、次は何処にいきましょうかね~パンチ

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 08:10 | コメントをどうぞ

猫に注目!

こんにちは晴れ
皆藤ですわーい (嬉しい顔)

キャプテンマーベルという映画を観てきました目
マーベルシリーズの最新作ですひらめき

20190324075904

話の内容はアベンジャーズという組織ができる前の話です!
迫力があり、面白かったですわーい (嬉しい顔)
4月にアベンジャーズシリーズの最新作が公開するので、
それをみる予定の方は先にこれを観た方がおすすめですパンチ
マーベルシリーズとアベンジャーズシリーズはものすごくおススメです指でOK
ネコにも注目です猫

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 10:20 | コメントをどうぞ

継続は力なり!

こんにちは永徳です手 (パー)

 何事もコンスタントに継続することは大事です。
テニスも同じですテニス
1週間に1回もしくは2回やることで少しずつテニス用の筋肉やそれに伴った感覚が鍛えられていきますわーい (嬉しい顔)
不定期にやるのはあまり感心しませんがく〜 (落胆した顔)
3日続けてやったと思ったら、2週間やらない。
土日のみで平日はやらない(ウィークエンドプレーヤー)というのはあまり効率よくありません。
やらない間にテニス用の筋肉が落ちる(もとに戻る)からです冷や汗2 (顔)
それでも感覚だけはある程度残ります冷や汗 (顔)
練習でつかんだいいイメージは残りますわーい (嬉しい顔)
テニスをやらなくてもイメージトレーニングさえやればずっと感覚は残り続けます。
でもテニス用の筋肉は確実に落ちますあせあせ (飛び散る汗)
それを改善するにはコンスタントにやることです手 (グー)
ウィークエンドプレーヤーなら水曜日あたりにもう1回やれれば週末のテニスのトレーニング効果が持続して効率よく積み上げられるでしょう。
もしできなければ10分でもランニングなどできればかなり違います走る人
トーナメントで勝つ人は間違いなくコンスタントにやってます走る人
レベルアップしたい人は先ずはここから見直しましょう手 (パー)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 06:27 | コメントをどうぞ

スムーズな流れを考える!!

コーチのポールです晴れ
是非、参考にして下さいねパンチ

When you think of water, what do you imagine?
水と言えば、何を思い浮かべますか?

It certainly isn’t rigidity, nor is it disjointed in movement. Water flows smoothly and fluidly. That is the image you should have in your mind when you think about movement in tennis. Tennis needs fluidity!
水は流れているときは固くもないし、ガタガタとは流れない。水はスムーズに流れる。これこそはテニスの動作を考えると、あなたが思い浮かべるべきことなのだ。テニスに流動的な動きが必要だ。

If you ever look at the pros play, their strokes look effortless and smooth. That all comes down to the fluid movement of their bodies. Everything from the split-step to contact and follow-through needs to be ONE smooth movement.
プロのテニスを見ると、彼らのストロークが力を抜いて、楽に打っているようにみえる。それは彼らの体の流動的な動きによって行われている。スプリットステップから打点そしてフォロースルーまですべてが一連の動きでなければならない。

Many amateur players and club players seem to struggle with this movement, so in this blog, let’s take a look at the problems which prevent this fluid movement.
多くのアマチュア・クラブプレーヤーはこの動きを習得するのに苦労しているようだ。だから、このブログで流動的な動きを妨げている問題について語ってみよう。

Problem No.1: Timing of the take-back.
This is probably the biggest problem when it comes to club players. Many people wait until the ball has bounced in front of them, and then proceed to take the racket back. By the time the racket has been taken back the ball has already bounced and is quickly approaching the player’s body. This is why many players tend to hit late or hit too close to their bodies. A lot of players tend to rush the swing and get off-centre shots because of this exact problem. How do we fix this? Well, I like to tell my students at school and people I coach that they should take the racket back by the time the ball bounces in their court. An ideal way of imagining this is to split-step as your opponent is about to hit, or as they hit the ball. The next movement should be the unit turn of the core and the racket take-back (this should be done as the ball comes over the net), and then the foot movement to get into position to swing.
問題1:テイクバックするタイミング
アマチュアプレーヤーに関して、これが一番大きい問題だ。多くの選手がボールがバウンドするまで待って、それからラケットを引く。ラケットを引いているころには、ボールはバウンドしプレーヤーの体の近くに飛んできている。だから、多くの選手は振り遅れたり、体の近くで打っている。だから、多くの選手はスイングに焦って、打点がずれてしまう。では、どのように改善したらいいか?僕が生徒やクラブの選手達に教えているのは、自分のコートでボールがバウンドする前にラケットを後ろに引くようにすることだ。相手が打とうとするときか打っているときにスプリットステップをするのが理想だ。次の動きは体の中心から体を捻り、ラケットをテイクバックする(これはボールがネットを超えるころには終えてなければならない)。それからスイング出来るポジションに足を動かす。

forehand-acceleration

Problem No.2: How to hit the ball/swing.
This may sound strange to many players, but it is still a major problem for some. A lot of people swing the racket with their forearm or shoulder, but this leads to muscling the racket and subsequently, a disjointed movement. You may have heard that strokes are hit with the legs, and that couldn’t be truer. As can be seen from the above problem, if the player has their racket back and ready to swing, they should easily be able to drop the racket head and smoothly swing to hit the ball in front of their body. However, that is not the only thing going on here. As the oncoming ball bounces in the court, the player should drop the racket head (at the same time as the ball falls to the ground, if possible), and also drop their centre of gravity by loosely dropping their hind leg from their hip joint (this drop of the hind leg should be in synchrony with the racket head drop). The swing then starts by turning the hips and driving the legs into the oncoming ball. Remember that the racket swinging arm needs to be kept loose and the racket should whip around to the contact point. Some players have the movement down, but still have some problems with their swing and contact point. What else could be going wrong? That leads us into problem No.3.
問題2:スイングのし方
多くの選手たちにとって、変に聞こえるが、しかし何人かにとっては重要な問題だ。多くの選手たちは腕や肩を使ってスイングをするのだが、そうすると力が入ってしまう。そしてその結果、スムーズな動きではなくなる。ストロークは足で打つものだと聞いたことがあるかもしれないが、それは確かだ。問題1で書いた通り、選手はテイクバックし、打つ準備が出来ていれば、ラケットの面を落として、スムーズにボールを体の前で簡単に打てるはずだ。しかし、これだけでは不足である。自分のコートでボールがバウンドしたときに合わせて、ラケットの面を落とすべきだ(もしできればボールが地面に落ちてきたと同時に面を落とす)。そして、股関節から体の重心を落とす(テイクバックの後ろの足から腰を落とすタイミングはラケットの面を落とすタイミングと一緒)。スイングは腰を捻って、足のレッグドライブで始める。スイングするときに腕は力を抜いて、打点までラケットをムチのように動かす。数人の選手は上手く出来ているが、スイングや打点については、何人かにはまだ問題がある。他に何が問題なのか?問題3で説明します。

forehand-drop-edge-face

Problem No.3: Breathing.
Breathing is imperative. The timing of inhaling and exhaling also plays a huge part in the fluidity of a player’s strokes. The way I usually do it is to inhale as I take the racket back and exhale as I swing in order to guarantee that my upper body muscles are fully relaxed, which let’s the racket smoothly swing and move straight through contact. There are variations to this and if you watch and listen to the pros hitting, the sound they make is not just for show. They are focussing on exhaling as they swing and through contact to maximise the fluidity of their swing.
問題3:呼吸
呼吸はとても重要である。呼吸するタイミングも選手のストロークの流れに影響している。個人的に僕はラケットのテイクバックに合わせて、息を吸って、スイングしながら、息を吐く。そうすると体の筋肉には力が入っていなく、ラケットでスムーズにボールを打つことが出来る。選手によって呼吸するタイミングが若干変わるが、プロ選手の練習を見て聞くと、声が出ている理由があると分かる。スイングしながら、スイングの流れをスムーズになるように、息を吐くことに意識している
stanforehand

These are the 3 major problems that I see in many club and recreational players. Each of these problems can subsequently be broken down into smaller steps, but as a guideline, use them the next time you step out on court. Remember to put all these steps together and from split-step to follow-through, have ONE fluid movement, start to finish. Good luck.
この3つの問題はアマチュアプレーヤーの中では良くある。この問題はさらに細かく分解できるけれど、次にコートに立つときに、この3つはガイドラインとして使えるはずだ。この3つの問題を纏めて、スプリットステップからフォロースルーまで1つのスムーズな動きにする。
Tennis_Swing_Tulane
頑張りましょう!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 07:51 | コメントをどうぞ

テニス最高!

試合三昧ぴかぴか (新しい)

コーチの鈴木ですわーい (嬉しい顔)
3月は毎週試合に出ていますテニス

ぴかぴか (新しい) 柏市事業所対抗戦ぴかぴか (新しい)
UNOカップ
ジョイントカップ
894670A4-F6FC-407F-910D-2F26714E49DD
ジョイントカップは今週ですが、UNOカップのレベルがとてつもなかったですパンチ
全国制覇している面々や久しぶりに会った埼玉時の同僚、
高校の後輩、練習や試合をしてもらっている猛者
今まで出たどの試合よりも強く激しくて、考え方を変えさせられる位の衝撃が走りました冷や汗 (顔)

体の使い方、テンポ、ボールの速さ、潰し方、タッチ、筋肉、対応力、立ち居振る舞い、オーラ…

やれることはまだまだあると実感しました手 (グー)
通用するところは、もっと精度を増してダッシュ (走り出すさま)
恥ずかしくなるくらい弱点も露呈したので、対応できなかったところは練習あせあせ (飛び散る汗)

1つ思ったことは
テニスがやっぱり楽しくて奥深くてサイコーだということでした揺れるハート
レッスン等にも活かしたいと思いますパンチ

もっとうまくなるぞー!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 15:26 | コメントをどうぞ

初レッスン!

おはようございます晴れ
最近、花粉の飛散量が多いですなー泣き顔
竜太コーチですわーい (嬉しい顔)

最近、趣味のゴルフも暗礁に乗り上げ…曇り
色々な事が練習では出来るのにコースでは上手く行かない…
果たして、自分の打ち方は理に叶っているのだろうか…
それとも、道具(使用クラブ)が合っていなのか…
何をどうしたら良いのだろかモバQ

そんな矢先、1DAYゴルフレッスンがあるではありませんか手 (グー)
午前中、スイング解析exclamation
午後、アプローチ、パター、⇒数ホールプレー。
DSC_0524
※太陽で画像が見にくく申し訳ありません冷や汗 (顔)
で、結果ひらめき
良い所、悪い所、先生に見て頂いて大変勉強になりましたひらめき
普段、自分が「あーだ、こーだ」と何気なく発言しておりますが、
分かりやすく説明しなければと感じました黒ハート
自分も、スクール生の方に納得頂けるレッスンを目指して行きます指でOK

カテゴリー: 未分類 | 投稿者mihamatg 08:33 | コメントをどうぞ